NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WOBBLER : FROM SILENCE TO SOMEWHERE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LARS FREDRIK FRØISILIE OF WOBBLER !!

13458733_1147156968663640_3427288071587581565_o

Norwegian Progressive Master, Wobbler Gives You An Ear Candy Of Classic Prog Vintage Sounds, And Challenging Spirits With Masterpiece “From Silence To Somewhere” !!

DISC REVIEW “FROM SILENCE TO SOMEWHERE”

70年代初頭のプログレッシブワールドを現代に再構築する、ノルウェーのレトロマイスター WOBBLER が素晴らしき追憶のメモリーレーン “From Silence to Somewhere” をリリースしました!!プログレッシブの新聖域から創生する全4曲47分、あの時代の天真爛漫な空気を再現した濃密なエピックは、改めてクリエイティブの意味を伝えます。
90年代後半から活動を続けるプログクインテット WOBBLER は、前作 “Rites at Dawn” で本格化を果たしたと言えるでしょう。新たに加わったボーカル/ギター Andreas Wettergreen Strømman Prestmo が醸し出す Jon Anderson にも似た多幸感は、より緻密で繊細なコンポジション、瑞々しい北欧シンフォニックの息吹、飛躍的にグレードアップしたプロダクションとも相俟って、バンドを一躍シーンのトップコンテンダーへと位置づけることになりました。
インタビューにもあるように、オリジナルメンバーでリードギタリスト Morten Andreas Eriksen の脱退、そして期限、制約を設けないコンポジションにより、6年という長い月日を経てリリースされた最新作 “From Silence to Somewhere” はそして実際、タイムレスなプログロック史に残る傑作に仕上がったのです。
ファンタジーとインテリジェンスの魅力的な交差点は、21分の劇的なタイトルトラックで幕を開けます。メタモルフォシスやアルケミー。バンドが以前から追求する超自然のテーマは、彼らの奥深きヴィンテージサウンドへとより深く融合し、同時にダークでミステリアスな翳りは光と影のコントラストを際立たせる結果となりました。
タイムチェンジを孕んだ愛しくも耳馴染みの良い6拍子のイントロは、いつしか YES の崇高へとシフトし、カンタベリーの精神、イタリアンプログのシンフォニーや多様性をも携えながら激しさを増していきます。
ルネサンスの優美でクラシカルな響きは狂熱のトリガー。パーカッシブな宴の合図を皮切りに、フルートが狂い咲く淫美でエスニックなダンスは遂にその幕を開けます。ANGLAGARD や ANEKDOTEN のダークなインテンスと JETHRO TULL のフォルクローレが同居するエキサイティングなプログレッシブ舞踏会は、新鋭の気概とクリエイティビティの確かな証。そしてたどり着く大円団、KING CRIMSON と YES が鬩ぎ合い迎えるフィナーレはまさに圧巻の一言。
実際、このプログロックの完璧なるジグソーパズルは、カラフルなムーグとハモンド、オーガニックなギターリック、リッケンバッカーの骨太なベースライン、ダイナミズム溢れるドラムスといったヴィンテージのピースを集約し、メロトロンの温かな額縁でつつみこむように構成されているのです。
故に、”Tarkus” と “Sound Chaser”, “Heart of the Sunrise” の暗重でエニグマティックなダークキメラ “Fermented Hours” でさえ、全くオマージュのイメージ、メタリックな領域へは近づかず、WOBBLER の卓越した個性として昇華しているのですから、バンドのコンポジションが如何に精巧で時間をかけた美しきタペストリーであるか伝わるはずです。
アルバムは、ハープシコードが牽引する幻想的な狐火 “Foxlight” で幕を閉じます。幽玄なイントロダクションと相反するエッジーなメインパートは、ハープシコードをリード楽器に据えたダイナミックなロックファンタジー。事実、ヴィンテージキーボードのコレクターでもある鍵聖 Lars Fredrik Frøislie ほどヘヴィーにハープシコードを操るプレイヤーは、ルネサンスの時代から数えても存在しないに違いありません。
天賦の才能は悪魔の楽器を伴って、自らの最高到達点を軽々とと突破して見せたのです。同時にバンドは、この楽曲、そしてレコードでプログレッシブロックに灯る可能性の炎を高々と掲げて見せました。
“Prog is not Dead” と世界に宣言するマスターピース。今回弊誌では、Lars Fredrik Frøislie にインタビューを行うことが出来ました。In Lingua Mortua, Tusmørke, White Willow でも活躍するスペシャリスト。「LEPROUS のボーカル/キーボード Einar は、僕たちが Andreas を得る前にボーカルのオーディションを受けに来たんだ。LEPROUS のみんなは長年僕たちのファンだそうだね。」 どうぞ!!

a0637587424_10-2

WOBBLER “FROM SILENCE TO SOMEWHERE” : 10/10

INTERVIEW WITH LARS FREDRIK FRØISILIE

15774981_10154146819755544_265530495130183073_o

PHOTO BY KETIL HARDY
Q1: This is the first interview with you. First of all, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【LARS】: I grew up sneak-listening to my older brother’s LP-collection which contained Led Zeppelin, Black Sabbath, Yes, The Doors, etc. When i was around 14-15 i discovered bands like ELP, King Crimson, Genesis, Van der Graaf Generator, Gentle Giant, Änglagård, etc, which made great impact on my musical taste which shapes into Wobbler.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドについて話していただけますか?

【LARS】: 僕は兄の LP コレクションを盗み聴きしながら育ったんだ。LED ZEPPELIN, BLACK SABBATH, YES, DOORS なんかのね。
そして、14, 5歳の時に ELP, KING CRIMSON, GENESIS, VAN DER GRAAF GENERATOR, GENTLE GIANT, ANGLAGARD のようなバンドを発見したんだよ。彼らは後に WOBBLER を形作る僕の音楽観に多大なインパクトを与えたんだ。

Q2: So, Lars, your keyboard, synth sound and technique is really fantastic. I love your nostalgic, human-warm, organic soundscape. I also know you are eager vintage keyboard collector. So, What inspired you to start playing piano or keyboard? Who was your hero at that time?

【LARS】: When i was 9 years old i saw the movie «the Goonies» where the kids had to do a «puzzle» by playing the right notes on the church organ made of bones. So naturally i thought if i ever came in that situation, i’d better know how to play the keyboard. So my grandmother gave me a Casio-keyboard (which i still have) for my 10th birthday. Small keys, which came in rather handy years later when i got my first cembalo, which has rather small keys as well. The biggest keyboard-hero in the beginning was Ray Manzarek (the Doors) and Rick Wakeman.

Q2: ヴィンテージキーボードのコレクターとしても知られるあなたの、ノスタルジックでオーガニックな温かみのあるサウンド、プレイは実に素晴らしいですね。キーボードをプレイし始めたきっかけについて教えていただけますか?

【LARS】: 9歳の時に、僕は “グーニーズ” の映画を見たんだ。映画の中で、子供たちは骨で作られたチャーチオルガンの正しい音をプレイして、 “パズル” を解かなければならなかったんだ。だから自然と僕は、そんなシチュエーションに遭遇した時のために、キーボードのプレイを知っておいた方が良いと考えたんだよ。
それで祖母が、僕の10歳の誕生日にカシオのキーボードをプレゼントしてくれたんだ。今でも持っているよ。小さな鍵盤で便利だったな。何年か後に最初のチェンバロを手に入れたんだけど、それも小さな鍵盤だったね。
僕にとって、最初の偉大なキーボードヒーローは、Ray Manzarek (DOORS) と、Rick Wakeman だったね。

Q3: Let’s talk about your newest album “From Silence To Somewhere”. 6 years and half have been passed since your previous release “Rites at Dawn”. Actually, Wobbler was formed in 1999, but there are only four full-length. It can not be said Wobbler is prolific band, is it? haha.

【LARS】: We don’t have any deadline, so we don’t need to rush anything. Also we want to make sure we release as good music as possible, and that can take time. After Rites at Dawn was released in 2011, Morten (guitarist) quit, so we went into some sort of depression as a band. Eventually we found Geir Marius Bergom Halleland, whom we grew up with – so he has much of the same musical background as the rest of us; which is essential to us. Anyway, when he joined we were a full band again, and we began to record in 2014 and slowly now and then worked on the album which was finished early 2017.

Q3: では、最新作 “From Silence To Somewhere” について話しましょう。リリースには、前作 “Rites at Dawn” から6年という長い期間を要しました。実際、WOBBLER の結成は1999年ですが、これまで発表したのは4枚のアルバムのみですね。決して多作なバンドとは言えませんね(笑)

【LARS】: 僕たちはどんな締切も設けないようにしているんだ。だから全く急ぐ必要はないんだよ。同時に、とにかく出来るだけ良い音楽をリリースしたいと思っているんだ。そのためには、どうしても時間がかかってしまうんだけどね。
2011年に “Rites at Dawn” をリリースした後、ギタリストの Morten が脱退し、バンドとしてある種意気消沈していたんだ。やっとのことで、新しいギタリスト Geir Marius Bergom Halleland を見つけたんだよ。彼は僕たちと共に育ったから、ほとんど同じような音楽的バックグラウンドを持っているよ。それは僕たちにとって不可欠なことなんだ。
彼が加わり、またフルバンドに戻ったから、2014年にレコーディングを始めたんだ。ゆっくりと徐々に作業を進めて、アルバムは2017年の初頭にアルバムが完成したのさ。

Q4: “From Silence To Somewhere” is a 4 track album with 3 tracks between 10 and 20 minutes and one that comes in at 3 minutes. And Wobbler keep creating such a great epic since debut-full “Hinterland”. It’s not said to be “Commercial”, but definitely we love your way! Anyway, how is your usual writing process? Do you intend to make such a long song from the beginning?

【LARS】: Thank you. This varies. Sometimes it is planned, like «From Silence to Somewhere» was supposed to be an epic track from the beginning, as well as «Hinterland». What often happens though, is that the songs keep growing and getting longer and more elaborate as the whole band works on the material. This time we included a jam-song on the album as well; «Fermented Hours» was something we jammed one late evening at Andreas’ country house. We had the house for ourselves, and filled the living room with instruments, food and wine.

Q4: 4曲のみが収録されたアルバムは、1曲を除き全てが10分~20分の大曲で占められていますね。勿論、WOBBLER はデビュー作からこのやり方を貫いて来ました。コマーシャルとは言えませんが、大好きな方法論です。ある程度始めから長尺の楽曲を想定して書いているのでしょうか?

【LARS】: ありがとう。色々だね。時には計画して長い楽曲を書くよ。例えば、”From Silence to Somewhere” は最初からエピックとなるべく作られた楽曲だね。”Hinterland” も同様だよ。
だけど、僕たちのライティングプロセスでよく起こるのは、楽曲が成長し続け、どんどん長くなって行くというパターンだね。そしてバンド全体がマテリアルをより詳細に詰めて行くんだ。
同時に、今作ではジャムソングもアルバムに収録したんだ。”Fermented Hours” はある遅い夕暮れに Andreas の郊外の家でジャムった成果なんだよ。僕たちはバンドで家を所有していてね。リビングルームは楽器と食事、ワインで満たされているんだよ。

0010018531_10

Q5: “From Silence To Somewhere” may have a concept about wondering view on metamorphosis, change and alchymism. And it seems to be a bit of a continuation from your previous album “Rites at Dawn”. Are they band’s long pursue themes?

【LARS】: Since Andreas joined the band in 2009 he has been the main lyric-writer, and he has very into those themes in everything he does and is.

Q5: アルバムのコンセプトは、前作から引き続き魔法や錬金術を扱っているようですね?それはバンドが長らく追っているテーマにも思えますが。

【LARS】: Andreas が2009年にバンドへ加入してから、彼がバンドのメインライターとなったんだ。彼はとてもそういったテーマに入れ込んでいてね。ほとんど全てを捧げていると言っても過言ではないよ。

Q6: Musically, certainly there are some influences from 70’s great prog acts like King Crimson, Yes, Genesis. But also, “From Silence To Somewhere” has more diverse aspects. Definitely, it’s more dark and intense record, like Anglagard, Anektoden, and more eclectic like Italian prog. I really love your flamenco and renaissance influences. Could you please talk about your new ground and inspirations with this fantastic record?

【LARS】: Those bands you mentioned are important, as well as PFM, Museo Rosenbach and Il Balletto di Bronzo. As well as Gryphon and pure Renaissance-music. I’m also a huge fan of Santiago de Murcia (Rolf Lislevand has some great records with his music; specially «Codex» with the fantastic teorbe and portative organ). But, yeah this album is perhaps a bit darker. Rites at Dawn was quite uplifting and positive, full of life. The song «Rendered in Shades of Green» was actually meant to be the outro for Rites at Dawn, but it was too dark. So that became the song that set the mood for this new album. It was inspired by the 1979 version of Nosferatu.

Q6: 音楽的には、当然 YES や KING CRIMSON のようなビッグバンドからの影響もそうですが、ANGLAGARD, ANEKDOTEN のようなダークなインテンス、さらにはイタリアンプログの多様性も強く感じました。

【LARS】: 君が挙げたようなバンドは重要な存在さ。PFM, Museo Rosenbach, Il Balletto di Bronzo なんかと並んでね。GRYPHON やピュアなルネッサンスの音楽も忘れてはいけないよ。
同時に僕は、Santiago de Murcia (18世紀にスペインで名を馳せたギタリスト/コンポーザー) の大ファンでもあるんだ。Rolf Lislevand は彼の音楽と共に偉大なレコードを残しているね。特に、”Codex” には素晴らしいテオルベとポータティブオルガンが収録されているよ。
そうだね、確かにこのアルバムはもしかしたら少しダークかもしれないね。”Rites at Dawn” は実に晴れやかでポジティブな満たされた作品だったからね。
“Rendered in Shades of Green” は実を言うと “Rites at Dawn” のアウトロとして書かれた楽曲なんだ。だけどとてもダークだよね。そしてこの楽曲が新作のムードを決定付けることとなったんだ。1979年の西ドイツのホラー映画 “ノスフェラトゥ” にインスパイアされたんだよ。

a1065940670_16

Q7: Mellotron, Harpsichord are off course, clarinet, recorder, many vintage instruments are used in the record. In fact, sometimes I remind Jethro Tull. Definitely, it’s a amazing retro orchestra, and no more digital productions. What made you stick into that kind of instruments and production?

【LARS】: I do have quite a bit of analog synths from after 1975 (like the Prophet-5, Roland VP-330), but i decided i still wanted an early 70s sound for this album as well which is something we’ve done since album 1. There’s something about the period 1967-1974 that tickles my ears in everything from the analog sound of the recording, to the great-sounding instruments of that period. It sounds timeless to me, much more than a new soft-synth that becomes outdates within months.. It’s very important to us to use the real stuff. One plays a real mellotron in a totally different way than the new digital version. It sound much more alive. The digital version is like a computer which always starts from zero when you play it. A real mellotron behaves like an grumpy uncle, and you never know which foot he has risen with this morning.
Exactly these Wobbles and imperfections is what i like about the mellotron and minimoog.

Q7: メロトロン、ハープシコード、フルート、クラリネット、リコーダーなどアルバムには豊かなヴィンテージ楽器が色を添えています。実際、アルバムにはデジタルなプロダクションなど存在もしていませんよね?

【LARS】: 確かに僕は、Prophet-5, Roland VP-330 のような1975年以降に製造されたアナログシンセをいくつか持っているんだよ。だけど、このアルバムでもやっぱり僕は70年代初期のサウンドが欲しいと思ったんだ。 ファーストアルバムから鳴らしているようなね。
1967年から1974年にかけての期間は、全てにおいて僕の耳を惹く何かが存在するんだよ。レコーディングのアナログサウンドから偉大な楽器の響きまでね。僕にとってそのサウンドはタイムレスなんだよ。最新のソフトシンセが数ヶ月で時代遅れとなってしまうのとは対照的だよね。
僕たちにとってリアルな楽器を使用するのはとても重要なんだ。本物のメロトロンを実際にプレイすれば、デジタルとは全く違うサウンドが得られるよ。サウンドが生きているんだ。
デジタルバージョンは、プレイするとき常にゼロから始まるコンピュータのようなものだよね。対して本物のメロトロンは、気難しい叔父さんのように振る舞う訳だよ。
まさに、そういった揺らぎや不完全さこそ、僕がメロトロンやミニムーグを気に入っている理由なんだよ。

Q8: So, Leprous, Ihsahn, In Vain, Major Parkinson, and you, Norway seems to be a crossroad of prog between modern and retro. Have you been acquainted with them? What’s your perspective about the Norwegian scene?

【LARS】: I haven’t heard those bands, even though i’ve heard about them. I know Ishahn’s band Emperor, and the vocalist/keyboards in Leprous auditioned for Wobbler’s vocalist before we got Andreas, and i know they’ve been Wobbler-fans for years. But the underground prog scene in Norway is very good these days with bands like Wesebergland (Ketil plays flute on our albums), Jordsjø (Håkon plays flute with us live), Tusmørke, White Willow, and Arabs in Aspic to mention a few. Lots of cool stuff brewing here these days. Lots of prog-festivals and bands and fans, so that’s nice.

Q8: 最後に、Ihsahn, LEPROUS, IN VAIN, MAJOR PARKINSON, そして WOBBLER など、ノルウェーにはモダンとレトロが交差するプログの波が押し寄せているように感じます。母国のシーンについてはどう感じていますか?

【LARS】: あんまりそういったバンドは聴いたことがないなあ。名前は聞いたことがあるけどね。Ihsahn のバンド EMPEROR は知っているよ。それに LEPROUS のボーカル/キーボード Einar は、僕たちが Andreas を得る前にボーカルのオーディションを受けに来たんだ。LEPROUS のみんなは長年僕たちのファンだそうだね。
ただ近年、ノルウェーのアンダーグラウンドなプログレッシブシーンは豊かだと言えるね。Wesebergland (Ketil が僕たちのアルバムでフルートをプレイ), Jordsjø (Håkon が僕たちのライブでフルートをプレイ), Tusmørke, White Willow, Arabs in Aspic などはあくまでも氷山の一角だよ。最近はクールなアルバムも沢山生まれていて、プログフェス、バンド、そしてファンも増えているんだ。とても良い事だよ。

Wobbler_Press-3_Photo_Terje-Skår-e1502290720965

FIVE ALBUMS THAT CHANGED LARS’S LIFE

KING CRIMSON “IN THE COURT OF THE CRIMSON KING”

In_the_Court_of_the_Crimson_King_-_40th_Anniversary_Box_Set_-_Front_cover.jpeg

It was perhaps the first album i heard where i aware that this is called «progressive rock» or «symphonic prog». I was around 14 years old and life was never the same again.

おそらく、僕が最初に意識して聴いたプログロック、もしくはシンフォニックプログだと思う。14歳くらいの時かな。

EMERSON, LAKE AND PALMER “TRILOGY”

Trilogy_(Emerson,_Lake_&_Palmer_album_-_cover_art)

Never knew there existed that great music with just a 3 piece band (and no guitar). Great inspiration.

スリーピース、ギターレスでこんなにも偉大な音楽が存在するなんて知らなかったよ。素晴らしいインスピレーションさ。

YES “FRAGILE”

Fragile-4

An album i’ve been listening to since i was a child. Still do! Love every aspect of it. Also love the crisp sound of the drums, the trebly bass (even though the sound of The Yes Album is perhaps my favorite-sound of the band, and Close to the Edge the favorite Yes-album).

子供のころから聴いているアルバムだね。そして今でも聴いているよ!全ての要素が気に入っているんだ。ドライなドラムサウンド、トレブリーなベースも大好きさ。アルバムで言えば、”Close to the Edge” がフェイバリットだし、サウンドは “The Yes Album” がベストだけどね。

ANGLAGARD “HYBRIS”

220px-Hybris_Cover

I remember driving through the Norwegian forest listening to the album for the first time, and that was a fantastic goose bumps-moment. Cool to hear the archaic sound, where one mixes renaissance music, 70s prog and Swedish folk, which has definitely been an inspiration for Wobbler specially in the early days.

最初にこのアルバムを聴きながら、ノルウェーの森をドライブした時のことを覚えているよ。まさに素晴らしきホラーファンタジーの世界だったね。ルネサンスと70年代のプログ、スウェーデンのフォークミュージックをミックスしたアルカイックなサウンドは本当にクールだね。特に WOBBLER 初期のインスピレーションとして外せない存在だね。

KRAFTWERK “COMPUTER WORLD”

Kraftwerk_-_Computer_World

-Kraftwerk «Computer World». A while after i discovered the «prog world», i discovered the «computer world». Though it’s not that easy to hear in the music of Wobbler, it has had great impact on me. Also albums such as «Trans Europe Express» with the great Orchestron-sounds. I use the Optigan quite a bit on «From Silence to Somewhere» which is sort of an homage to Kraftwerk, so i guess there are some Kraftwerk in Wobbler as well..?

プログワールドを発見した後しばらくして、僕は “コンピューターワールド” も発見したんだ。WOBBLER の音楽の中にその影響を見つけることは簡単ではないけれど、僕にとっては大きなインパクトだったんだ。”Trans Europe Express” のような偉大なオーケストラサウンドもね。
“From Silence to Somewhere” で僕は、少しだけオプティガンも使用したんだけど、これは
KRAFTWERK へのある種のオマージュだと言えるね。だからやっぱり WOBBLER の音楽の中にその影響はあるのかもね。

MESSAGE FOR JAPAN

10172769_738883982824276_2278094745987991244_n

I visited Tokyo and Kyoto (and Kinosaki) during the cherry blossoms this year. My first visit to Japan, and what a great place! Very friendly people, polite and in some ways a bit similar to Norwegians. And of course the culture, food, gardens, temples, hot springs, you name it.. I want to come back again and this time bring the whole band so we can play a concert or two.

実は、僕は今年東京と京都、そして城崎を訪れたんだ。桜の咲く頃にね。初めての日本だったけど、なんて素晴らしい場所なんだろう!とてもフレンドリーで礼儀正しい人たちは、いくつかの点で少しノルウェー人に似ているかもしれないね。勿論、文化、食事、庭園、お寺、温泉…全てが印象的だったよ。また日本に行きたいな。その時はバンド全員で、一度か二度コンサートが出来たらいいな。

LARS FREDRIK FRØISILIE

WOBBLER Facebook Page
WOBBLER Bandcamp
KARISMA RECORDS Facebook Page
KARISMA RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です