NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SPELL : OPULENT DECAY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CAM MESMER OF SPELL !!

“We Think Our Music Is a Lot More Diverse Than That. We Never Try To Write ‘Heavy Metal Songs’ – We Just Try To Write The Best Songs We Can! Sometimes It Might Sound Like Pop, or Prog, or Gospel, or Disco, or Goth”

DISC REVIEW “OPULENT DECAY”

「カナダには偉大なバンドがたくさんいるけど、RUSH はアンタッチャブルな存在さ。19枚ものアルバムを全くの駄作なしで製作できるバンドが他にいるかい?彼らはキャリアを通じて何度も進化を遂げているし、常に適切で興味深い存在であり続けた。」
RUSH, TRIUMPH とカナダが生んだトリオは須らく、その音楽に絶佳の魔法を宿してきました。そしてその魔法は文字通り “呪文” の名を冠する若き三銃士 SPELL へと受け継がれていきます。
「”NWOBHM” や “NWOTHM” のラベルが貼られることが多いようには思えるね。おそらく CAULDRON, SKULL FIST, ENFORCER といった “ニューウェイブオブトラディショナルヘビーメタル” のムーブメントが勃興した時にバンドを始めたからだろうな。」
たしかに、SPELL はそのキャリアを通じてトラディショナルなメタルを磨き上げ、鮮やかな光沢を付与することに多大な貢献を果たしています。ただし、その狭い世界のみにとどまるには、SPELL の魔法はあまりに虹色です。
「僕たちの音楽は彼らよりもはるかに多様だよ。なぜなら僕たちは “ヘヴィーメタルソング” を書こうとはしていないから。ただ、できる限り最高の曲を書こうとしているんだ。だから時にはポップ、プログレッシブ、ゴスペル、ディスコ、ゴスのように聞こえるかもしれないね。良い音楽ならジャンルなんて気にしないのさ。」
“Opulent Decay” のサイケデリックな波光を受けて、SPELL の術式は神秘的なオーラとアクティブな胎動の共存を可能にします。エアリーなギタリズム、幾重にも重なるエセリアルなシンセ、叙情と憂いのハーモニー。時に Steve Harris を想起させる縦横無尽のベースラインはバンドの強力な碇です。
ポップ、プログレッシブ、ゴスペル、ディスコ、ゴスを巧みに操るメタルの新司教と言えば GHOST でしょう。ただし、バンドの首脳 Cam は GHOST や OPETH を目指しているわけではないと断言します。
「僕たちが自らを “Hypnotizing Heavy Metal” と称するのは、他のラベルが当てはまらないからなんだ。僕たちは音楽が魔法だと信じている。人々の現実を変える力を持った魔法だよ。”催眠術” をかけるようにね。それこそが僕たちの目標なんだ。」
ヒプノティックヘヴィーメタル。夢見心地の催眠術を施すヘヴィーメタルは、よりニッチでアンダーグラウンドな場所から現実を変える波動です。
BLUE ÖYSTER CULT の神曲 “(Don’t Fear) The Reaper” のヴァイブを纏う死神の哲学 “Psychic Death”、地下スタジアムの匂いを響かせるタイトルトラックに、よりリズミカルプログレッシブな “The Iron Wind”。何より、GHOST 成功の要因を抽出し黒魔術のポットで煮詰めたような “Deceiver” のロマンティシズム、訴求力にはただならぬものが感じられますね。
今回弊誌では、ベース/ボーカル Cam Mesmer にインタビューを行うことができました。「日本のバンドは大好きだよ!聖飢魔II、CROWLEY, LOUDNESS, GISM, THE EXECUTE, TOKYO YANKEES, THE COMES, G-SCHMITT, GHOUL なんかだね。日本には最高に強力でユニークなヘヴィーメタルとパンクの文化が根付いていて、僕はそこから最も影響されているんだよ。」どうぞ!!

SPELL “OPULENT DECAY” : 9.8/10

INTERVIEW WITH CAM MESMER

Q1: First of all, it’s really hard time now due to corona virus, especially musical industry. As a musician, and as a person, how do you spend your corona crisis days?

【CAM】: Hi, thanks for asking. We’ve lost some jobs and our summer tour plans and album release party were cancelled, but we’re still healthy and we have enough to get by, so we count ourselves lucky. We’ve been keeping busy while we’re in quarantine! Lots of cooking, reading, working on new music and getting out into nature by ourselves. Personally, I’m enjoying the solitude, though I feel for those who’ve fallen ill or whose lives have been damaged. I also wish the three of us could get together to rehearse!

Q1: コロナウイルスが世界を脅かし、特に音楽産業にとっては厳しい局面です。まず、ミュージシャンとして、1人の人間として、このコロナ危機をどのように過ごしているのか教えていただけますか?

【CAM】: その質問をしてくれてありがとう。僕たちは仕事も失ったし、夏のツアー計画もアルバムのリリースパーティーもキャンセルされてしまったよ。それでもまだ健康だし何とかやっていけている。だから自分たちでは幸運な方だと思っているんだ。
自己隔離の間はとても忙しくしているよ!たくさん料理をしたり、読書をしたり、新たな音楽を製作したり、自然の中に浸ったりしてね。個人的には孤独を楽しんでいるけど、病に伏せてしまった人や人生が行き詰まってしまった人には同情を禁じ得ないね。あとは3人で集まってリハーサルが出来れば良いんだけど!

Q2: This is the first interview with you. So, at first could you tell us about your band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【CAM】: Yeah! Al and myself (Cam) are brothers, and we met Graham through the local music scene back in 2007. We were inspired by our favourite bands like Priest, Maiden, Rush, Triumph, Accept, and so we put a band together. We had all been playing in other bands before this, but when we started it felt like our first ‘serious’ band where we’d put everything we had into it.

Q2: 本誌初登場です。まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【CAM】: もちろん!Al と僕 Cam は兄弟なんだ。Graham と会ったのは地元の音楽シーンだったね。2007年のことさ。JUDAS PRIEST, IRON MAIDEN, RUSH, TRIUMPH, ACCEPT といった大好きなバンドから共にインスパイアされていたから、バンドを結成することにしたんだよ。
それまでは、全員が別のバンドでプレイしていたんだけど、このバンドをはじめてからはこれが全てを注げる最初の “シリアスな” バンドだと感じるようになったんだ。

Q3: How did Spell come together? What made you name your band Spell?

【CAM】: The three of us started playing heavy metal together in 2007, and as the years went by our interests expanded and our music became more unique. We thought of the name SPELL, and I was surprised to see that it was untaken! I immediately trademarked it, haha. When people ask us what kind of music we play, I say ‘Hypnotizing Heavy Metal’ because no other label quite seems to fit.

Q3: そこからどのように活動を広げていったのでしょう? SPELL というバンド名の由来は?

【CAM】: 2007年に3人でトラディショナルなヘヴィーメタルをプレイしはじめたんだけど、時が経つにつれて僕たちの興味はより拡大して、ユニークな音楽に進化していったんだ。
SPELL というバンド名を思いついたとき、この名がまだ未使用だったことに驚いたね!すぐに登録したよ (笑) もし誰かにどんな音楽を演奏しているのか尋ねられたら、”Hypnotizing Heavy Metal” と答えるようにしているんだ。他に適したラベルがないからなんだけど。

Q4: Regarding Canadian Trio (it seems all members of Spell can sing but) , of course we remind Rush. Unfortunately, Neal has passed away…What’s Rush to you?

【CAM】: Rush is the greatest Canadian rock band! There are many other great ones, but RUSH is untouchable. What other band has 19 studio albums without a single bad moment? They have evolved so many times throughout their career, and always remained relevant and interesting. They never fell into a rut to repeat what they’d already done or play ‘greatest hits’ – they continued to challenge themselves musically and artistically until the last day of their career. We’ve seen RUSH play over and over again and its never boring. Canadian rock music won’t be the same without them. (Honourable mention for other Canadian rock superstars go to Triumph and Voivod).

Q4: 同じカナダ出身のトリオと言えば、RUSH もそうですよね?

【CAM】: RUSH は最高のカナディアンロックバンドだよ!もちろん、カナダには偉大なバンドがたくさんいるけど、RUSH はアンタッチャブルな存在さ。19枚ものアルバムを全くの駄作なしで製作できるバンドが他にいるかい?彼らはキャリアを通じて何度も進化を遂げているし、常に適切で興味深い存在であり続けた。
RUSH は、すでに実験したことを繰り返したり、”グレイテストヒッツ” をプレイすることに夢中になることはなかったね。キャリアの最終日まで音楽的、芸術的に、自分自身に挑戦し続けたんだ。 僕たちは何度も何度も彼らを見ているけど、一度も退屈したことなんてないよ。
つまりカナダのロックミュージックは、彼らなしで語ることができないんだ。もちろん、カナディアンロックのスーパースター TRIUMPH と VOIVOD にも言及しておかなければならないけどね。

Q5: I said Rush, because lot’s of media labeled you as like “NWOTHM”, but I feel you are more progressive, diverse (Gospel singing is awesome!) and sometimes pop, right? So, it seems there are some similarities with Ghost and Opeth, do you agree that?

【CAM】: People can call us whatever they want, it doesn’t bother us. We seem to get the ‘NWOBHM’ or ‘NWOTHM’ label a lot because we started out right when the ‘New Wave of Traditional Heavy Metal’ movement was taking off with bands like Cauldron, Skull Fist, Enforcer, etc. But, we think our music is a lot more diverse than that. We never try to write ‘heavy metal songs’ – we just try to write the best songs we can! Sometimes it might sound like pop, or prog, or gospel, or disco, or goth – we don’t care, as long as it’s good. If I am lucky enough to receive the incredible gift of a beautiful song, I would never be so ungrateful as to throw it away because it ‘isn’t metal enough.’
In regards to Ghost and Opeth – we were compared to them in a recent article on REVOLVER, but we haven’t actually listened to either of those bands very much. I intentionally didn’t listen to Ghost because I didn’t want to be subconsciously influenced by such a popular band, and I don’t think I’ve ever heard more than one or two Opeth songs. But, I’m happy for people to hear whatever they want in our music. If an Opeth fan tells us we sound like Opeth, then that’s a compliment!

Q5: RUSH を引き合いに出したのは、SPELL が NWOTHM の文脈で語られながら、よりプログレッシブで、美しきゴスペルまで組み込んだ多様なバンドだと感じたからです。GHOST や OPETH に通じる所もありそうですが?

【CAM】: リスナーは好きなように呼べばいいと思う。何と呼ばれようが別に構わないよ。”NWOBHM” や “NWOTHM” のラベルが貼られることが多いようには思えるね。おそらく CAULDRON, SKULL FIST, ENFORCER といった “ニューウェイブオブトラディショナルヘビーメタル” のムーブメントが勃興した時にバンドを始めたからだろうな。
でも僕たちの音楽は彼らよりもはるかに多様だよ。なぜなら僕たちは “ヘヴィーメタルソング” を書こうとはしていないから。ただ、できる限り最高の曲を書こうとしているんだ。だから時にはポップ、プログレッシブ、ゴスペル、ディスコ、ゴスのように聞こえるかもしれないね。良い音楽ならジャンルなんて気にしないのさ。
運が良ければ、信じられないほど美しい楽曲という贈り物を受け取ることができるけど、それをメタル成分が足りないという理由で捨て去るほど愚かではないからね。
GHOST と OPETH に関しては、REVOLVER Mag でも比較されていたけど、実際にはどちらのバンドもあまり聴いたことはないんだ。人気のあるバンドに無意識のうちに影響を受けたくなかったから、意図的に GHOST を聴かなかったし、OPETH だってせいぜい1,2曲しか聴いたことがないんだからね。
それでも、僕たちの音楽に彼らと似た部分を発見し気に入ってくれるなら嬉しいよ。OPETH ファンが OPETH のようだと言うなら、それは褒め言葉だからね!

Q6: Of course, Ghost are really influenced by Blue Oyster Cult. And I feel you also take big inspiration from their psychedelic heavy rock, that’s why you are called Hypnotizing Heavy Metal. Do you agree that?

【CAM】: Of course we love 70’s heavy rock like Uriah Heep, Dust, 70’s Scorpions, Flower Travelin’ Band, Rush, Todd Rundgren, Budgie, etc. We also love tons of other music, too – Nina Simone, Brian Eno, Genesis, King Crimson, Neu!, Miles Davis, to name a few. We call ourselves ‘Hypnotizing Heavy Metal’ because there don’t seem to be any other labels that quite fit. We believe that music is magic, with the power to alter a person’s reality, to hypnotize. That is what we aim to do. As Bob Welch says in the Fleetwood Mac song Hypnotized: “there’s no explaining what your imagination can make you see and feel, seems like a dream, they got me hypnotized.”.

Q6: GHOST が BLUE OYSTER CULT から影響を受けていることは周知の事実ですが、SPELL にも70年代のサイケデリックロックの香りが漂っていますから、そういった意味で比較されるのかも知れませんね。

【CAM】: もちろん、僕たちは70年代のヘヴィーロックを愛しているよ。URIAH HEEP, DUST, 70年代の SCORPIONS, FLOWER TRAVELIN’ BAND, RUSH, Todd Rundgren, BUDGIE といったバンドのね。他にも山ほどあるよ。Nina Simone, Brian Eno, KING CRIMSON, GENESIS, NEU!, Miles Davis…。
僕たちが自らを “Hypnotizing Heavy Metal” と称するのは、他のラベルが当てはまらないからなんだ。僕たちは音楽が魔法だと信じている。人々の現実を変える力を持った魔法だよ。”催眠術” をかけるようにね。それこそが僕たちの目標なんだ。
Bob Welch は FLEETWOOD MAC の楽曲 “Hypnotized” の中でこう言っている。「君の想像力が見せたり、感じさせたりするものを説明することはできないよ。それは夢のようで、催眠にかけられたようだから。」

Q7: Lyrically, as well as the influence of romantic poets like Keats, Shelley and Coleridge, there’s an underlying concept in “Opulent Decay”. All of the songs deal with the contrast between opulence and austerity, right?

【CAM】: The lyrics on this album are about the contrast between opulence and austerity, or decay. When is opulence something to be desired, and what are its limitations? When can austerity give you strength, and what takes it too far? I have seen adults so accustomed to luxury that they are unable to cope without constant gratification, brought down by the slightest discomfort. I have also seen truth-seekers devote themselves so slavishly to asceticism that they deny nearly all physical pleasures and joys. Opulent Decay examines this balance and the dangers that await on either side.

Q7: アルバム “Opulent Decay” は強欲と禁欲の対比について語っているようですね?

【CAM】: その通りだよ。腐敗についても触れているね。きっと、望めば望むほど強欲には限りがないだろう。禁欲が力を与えるならどこまでがやればよいのだろう。
僕は贅沢に慣れ親しんでいる大人たちが、その絶え間ない満足感なしで、ほんの少しの不快感にさえ耐えられず生きていけない様子をみてきたんだ。同時に、真実の探求者がほとんどすべての肉体的な喜びを否定するほどに一心不乱に修行に専念しているのも見てきたよ。”Opulent Decay” はこのバランスと、いずれの側でも待ち受けているだろう危険性を描いているのさ。

Q8: This is an interview from Japan, so, is there any influence from Japanese anime/video game, musical culture in your music?

【CAM】: None of us are really video game players or anime fans, but we love a lot of Japanese bands! Sekima-ii, Crowley, Loudness, GISM, The Execute, Tokyo Yankees, The Comes, G-schmitt, Ghoul,, etc. Japan has some of the strongest and most unique traditions in heavy metal and punk that are most influential to me, as well as a sense of stark aesthetics that can be seen in films like Tetsuo: The Iron Man. We love Japanese culture and hope to visit and perform in Japan soon!

Q8: 日本からのインタビューなので、日本のゲーム/アニメ文化や音楽シーンからの影響があればお聞きしたいのですが?

【CAM】: 僕たちはアニメやゲームはあまり詳しくないんだけど、日本のバンドは大好きだよ!聖飢魔II、CROWLEY, LOUDNESS, GISM, THE EXECUTE, TOKYO YANKEES, THE COMES, G-SCHMITT, GHOUL なんかだね。
日本には最高に強力でユニークなヘヴィーメタルとパンクの文化が根付いていて、僕はそこから最も影響されているんだよ。映画 “鉄男” に存在したような冷厳な美学と共にね。日本ですぐにでもプレイして、その文化を味わいたいね!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CAM & AL’S LIFE

These are some picks from Cam and Al. Graham may have quite different choices.

IRON MAIDEN “PIECE OF MIND”

This album introduced me to heavy metal when I was a young teenager. I believe that Seventh Son is the strongest Maiden album, but this one was my first.

10代の頃、ヘヴィーメタルへの入り口となったアルバム。”Seventh Son of a Seventh Son” が最強のメイデンアルバムだと信じているけど、これが最初の作品だった。

ACCEPT “METAL HEART”

This album brought heavy metal to a whole new place of absolute power and complete unified efficiency within a band. It helped me learn how to write a song.

このアルバムはメタルを全く新しい場所へと誘った。完全無欠のパワーとバンドとしての効果的な団結という意味でね。楽曲の書き方を学んだ作品さ。

THE DEVIL’S BLOOD “DEMO”

The Devil’s Blood – Demo (2007): This demo is magic. When it came out on MySpace it drew a line between those who put the overall intention above the medium used to express it, and those who couldn’t. (In simpler terms, some black metal fans thought it was too groovy to be evil, and others like myself realized that the grooviness actually only made it more insidious.) TDB crossed boundaries in ways that seem normal or expected now, but at the time and in that climate were very new and exciting. Al and Cam traveled to Germany in 2009 to see The Devil’s Blood, and it remains the most incredible show I’ve ever seen. There probably hasn’t been a greater band in the last 20 years.

魔法のデモだね。MySpaceで発表されたとき、意図を理解した人とできなかった人の間に線を引いたよね。(簡単に言うと、ブラックメタルのファンの中には、グルーヴィーすぎて邪悪さに欠けると思う人もいたよ。) とても新しくて刺激的だったんだ。僕たち兄弟は2009年にドイツを訪れ、彼らを見ているんだ。今まで見た中で最も素晴らしいショーであり続けているよ。おそらく過去20年間でこれほど優れたバンドは存在しないね。

NINA SIMONE “HIGH PRIESTESS OF SOUL”

Nina Simone – High Priestess of Soul: This album opened new doors for me and gave me the gift of looking beyond rock and metal for inspiration. The moods and tones in soul and blues can be as heavy as the heaviest Black Sabbath riff and the singing is no joke.

新たな扉を開き、インスピレーション的にロックやメタルの向こう側を見るという贈り物を与えてくれたね。 ソウルとブルースのムードとトーンは、最も重いサバスのリフと同じくらい重く、歌唱も最高だよ。

GENESIS “LIVE 1973”

Genesis – Live (1973): This album taught me about unbelievable musicianship and performance art. It doesn’t always have to be logical to be incredible! I don’t think anybody today could recreate something as cool as what was done in this performance.

信じられないほどのミュージシャンシップとパフォーマンスを教えてたね。常に論理的である必要はないんだよ。 今日の誰もが、このライブと同じくらいクールな何かを再現できるとは思わないね。

MESSAGE FOR JAPAN

Yes – we can’t wait to visit! We’ve been looking for a way to tour Japan for a few years now. If anyone can to help us book, please email cammesmer (at) gmail.com

日本に行くのが待ちきれないね!何年もずっと憧れているんだよ。もしブッキングしたい人がいたら cammesmer@gmail.com まで連絡をお願いします!

CAM MESMER

SPELL Facebook
SPELL Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です