NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PLUSH : PLUSH】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MORIAH FORMICA OF PLUSH !!

“I Taught Myself How To Play Guitar By Taking My Dad’s Aerosmith CD’s And Not Coming Out Of My Room Until I Learned a Song.”

DISC REVIEW “PLUSH”

「父の AEROSMITH の CD でギターを学んでいったわ。曲を覚えるまで、自分の部屋から出ないくらいのめりこんだのよ」
ロックは死んだ。そんなクリシェが囁かれるようになって、どれ程の時が過ぎたでしょうか。今のところロックは息をしていますし、メタルに至ってはより生命力をみなぎらせながらその重い鼓動を刻んでいるようにも思えます。それでも、黎明期、全盛期を支えてきたレジェンドたちが次々と病に倒れる中、私たちロック・ファンは潜在的にロックが消え去る日の恐怖を抱えながら生きているのかもしれません。ただし、そんな心配は結局、杞憂となるはずです。PLUSH の登場によって。
「6歳からギターを始め、10歳からライブ活動をしているの。16歳のときには NBC の “The Voice” シーズン13に出演したわ」
世界を変えるようなファースト・アルバムをリリースすることができるバンドは決して多くはありません。古くは LED ZEPPELIN, THE DOORS, BLACK SABBATH, 時が満ちて VAN HALEN のファーストはロック・ギターに革命を起こしましたし、GUNS N’ ROSES のデビューは文字通り破壊衝動を封じられていた若者たちの “食欲” を解放しました。さらに、SLIPKNOT や KORN の登場はメタルの在り様を変え、EVANESCENCE は女性がメタル世界に進出するきっかけとなりました。そして、PLUSH のセルフ・タイトルも同様に、世界を変えるようなファースト・アルバムとなるはずです。
「性別は関係なく、誰でもいいから探してみようと思ったんだけど、そんな時に Lzzy Hale がSNS でシェアしてくれて、Bella に出会うことができた。だから、最初の目標は女性だけのバンドを作ることではなかったんだけど、結果的にはそうなってよかったわね」
EVANESCENCE がメタルの門を女性に大きく解放してから18年の月日が経ちました。少しづつ、少しづつ、ボーイズ・クラブだったメタル世界も変化を遂げ、ついに21歳以下の女性4人が世界を震わせる時が訪れたのです。
もちろん、セクシーであること、キュートであること、”女性らしく” あることを求める人たちは今でも少なからず存在し、SNS で場違いなコメントを振りかざしています。ただし、PLUSH が勝負している土俵は、女性として “ホット” であるかどうかではなく、音楽が “ホット” であるかどうか。「女の子ばかりなのにあんなに上手いとは思わなかった、みたいな無邪気なコメントもあるわね」 という Moriah の言葉通り、ただロック/メタル・バンドとして、PLUSH は最高峰の実力と楽曲を兼ね備えているのです。
「Brooke は GODSMACK や TOOL みたいなヘヴィなバンドに大きな影響を受けている。一方、私はクラシック・ロックやメタルが好きなんだけど、同時に最近のポップスも大好きなのよ。レディー・ガガが大好き!Ashley は独自の雰囲気を持っていて、幅広いジャンルの音楽を愛しているんだけど、ALICE IN CHAINS は大好きみたいね。Bella はクラシック・ロックだけじゃなく、Joe Satriani をはじめとする伝説的なギタープレイヤーも愛しているわ。そうやって、私たちは皆、自分が影響を受けたものを演奏や作曲に取り入れているんだと思う」
重要なのは、PLUSH が AEROSMITH に端を発するアメリカ的なアリーナ・ロックを受け継ぎながら、70年代から現代に連なる様々なロックの色彩を野心的に、大胆に調合している点でしょう。例えば、オープナーの “Athena” には HEART の壮大さ、HALESTORM の熱量、LED ZEPPELIN の野心が混ざり合い存分に五感を刺激しますし、”傷つけられた。幸せでいて欲しくない。でもそんなあなたをまだ欲しがる私が大嫌い” と負の感情をぶちまける “Hate” にはたしかに ALICE IN CHAINS の暗がりが宿ります。
“Better off Alone” のダイナミックなリフワークには TOOL や GODSMACK のインテンスが封入され、一方で “Sober” や “Sorry” には Alanis Morrisette の知的で内省的な面影が見え隠れ。”Bring Me Down” で Gaga や Pink のモダンなポップスに接近したかと思えば、”Don’t Say That” では AEROSMITH 仕込みのパワー・バラードを披露。
PLUSH はロックの教科書を熟読しつつ、強烈な個性を誇る Moriah の絶唱と、バークリー仕込みの Bella のシュレッド、そして DISTURBED や ALTER BRIDGE, MAMMOTH WVH にも通じるダークでスタイリッシュなアメリカン・モダン・ハードを三本柱に、強力で未知なるアリーナ・ロックを完成させたのです。DISTURBED や STAIND を手がけた Johnny K の仕事も見事ですね。NWOAHR だけでなく、ENUFF Z’NUFF や MEGADETH もプロデュースしているだけあって、メロディーや曲想の陰陽が立体的。そうして “ぬいぐるみ” と名付けられたバンドには命が吹き込まれ、敬愛する EVANESCENCE, HALESTORM とツアーに出ます。
それにしても、ドーピングした Ann Willson の表現が完璧にハマるほど、Moriah の歌唱は絶対的。James Durbin にも圧倒されましたが、それ以上の逸材かもしれません。アメリカのオーディション番組恐るべし。
今回弊誌では、Moriah Formica にインタビューを行うことができました。「私たちがよく経験するセクシズムは、ソーシャルメディアでのコメントよ。正直なところ、ライブでは経験したことがないのよね。だけど、SNS は無知や愚かな行為がチェックされず、まかり通る場所でもあるのよね」どうぞ!!

PLUSH “PLUSH” : 10/10

INTERVIEW WITH MORIAH FORMICA

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【MORIAH】: My name is Moriah Formica. I’m a 21 year old singer/songwriter/guitar player from Upstate NY. I’ve been playing since I was 6 years old and doing live shows since I was 10. I was also on Season 13 NBC’s The Voice when I was 16 years old. The band is made up of myself, Brooke Colucci (drums), Bella Perron (lead guitar) and Ashley Suppa (bass/back up vocals). I grew up listening to my dad’s 80’s rock and metal favorites. My absolute favorite was Aerosmith! I could tell you every little thing about that band haha.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【MORIAH】: 私は Moriah Formica。ニューヨーク州北部出身、21歳のシンガー・ソングライター/ギター・プレーヤーよ。6歳からギターを始め、10歳からライブ活動をしているの。16歳のときには NBC の “The Voice” シーズン13に出演したわ。
バンドは、私、Brooke Colucci(ドラム)、Bella Perron(リードギター)、Ashley Suppa(ベース/バックボーカル)の4人で構成されているの。
私は、父が好んで聴いていた80年代のロックやメタルを聴いて育ったのよ。私が一番好きだったのは AEROSMITH よ。このバンドについては、どんなことでも話せるくらい大好きなの。

Q2: What inspired you to start playing your instrument? Who was your musical hero at that time?

【MORIAH】: Well, Aerosmith and Joe Perry inspired me. When I was 5 years old my aunt bought me Guitar Hero for Christmas and I would play that game for hours every day. Eventually I asked my parents for a real guitar and they bought me this small guitar with a built in amp from Target. I was 6 years old. I taught myself how to play guitar by taking my dad’s Aerosmith CD’s and not coming out of my room until I learned a song.

Q2: 音楽を始めたきっかけも AEROSMITH だったんですか?

【MORIAH】: そうね、AEROSMITH と Joe Perry にインスパイアされたの。5歳の時に叔父が、”Guitar Hero” をクリスマス・プレゼントでくれたんだけど、私はあのゲームを毎日何時間もプレイしていたわ。
そして遂に、両親に本物のギターが欲しいと頼んだの。2人はターゲット (アメリカのスーパーマーケット) でアンプ内蔵の小さなギターを買ってくれたわ。それが6歳のときね。それから私は父の AEROSMITH の CD でギターを学んでいったわ。曲を覚えるまで、自分の部屋から出ないくらいのめりこんだのよ。

Q3: It seems that The School of Rock and Lzzy Hale are involved, how did the band come to be? What’s the meaning behind your band name “Plush”?

【MORIAH】: The School of Rock is where Brooke and Ashley met when they were younger. When Brooke and I decided to put a band together Brooke had mentioned Ashley and knowing her from a couple years back. Regarding Lzzy Hale, she’s always been super supportive of me. She knew we were trying to put together a band and that we were having a tough time finding a lead guitarist. So, she posted our ad on social media and Bella happened to see it! We all got together and jammed and there was immediate chemistry.

Q3: PLUSH の結成には、スクール・オブ・ロックと HALESTORM の Lzzy Hale が関わっているようですね?

【MORIAH】: スクール・オブ・ロックは、Brooke と Ashley が若い頃に出会った場所なのよ。Brooke と私がバンドを組むことになったとき、彼女は Ashley のことを話していて、数年前から彼女のことを知っていたのよね。
Lzzy Hale についてだけど、彼女はいつも私のことを応援してくれているの。彼女は、私たちがバンドを結成しようとしていることや、リード・ギタリストを見つけるのに苦労していることを知っていたのよね。そこで、彼女が私たちのことをソーシャルメディアに掲載したところ、たまたま Bella がそれを見たの!そして、みんなで集まってジャムをしたら、すぐにケミストリーが生まれたわ。

Q4: Recently, the number of women in the world of rock and metal has been increasing, but I think it is still very small. Under such circumstances, why did you decide to form a band with only women?

【MORIAH】: Honestly, having an all female band was not the initial goal. I had my solo project that I had been doing for several years and came across Brooke on Instagram. I was floored at how good she was and showed my dad. My dad found out that she only lived 2 hours away and was able to connect with her dad through a venue we both had played at different times. So we got together and jammed on several occasions and the chemistry was amazing. We then put out a cover of “Barracuda” by Heart during the pandemic that went viral. At that point we were like ok we should put together a band. That’s when Brooke mentioned Ashley. So the 3 of us jammed a few times and it was awesome. So once the 3 of us were in place and all we needed was a lead guitarist we kind of thought it would be cool to find another female. We had several send in audition videos of songs we chose and were just not feeling it. There was a point where we thought maybe gender wouldn’t matter and we should look for anyone and that’s when Lzzy shared and we came across Bella. So, the initial goal was not to form an all female band but it just kind of turned into that.

Q4: ロックやメタルの世界にも、最近では女性の数が増えてきました。それでもまだまだ少ないですが。そんな中で、あなたたちは女性だけでバンドを結成しました。

【MORIAH】: 正直に言うけど、女性だけのバンドというのは最初から考えていたわけじゃないの。私には数年前からやっていた自分のソロ・プロジェクトがあったんだけど、Instagram で Brooke に出会ったのよね。彼女の素晴らしさに圧倒されて、父にその動画を見せたわ。父は、彼女が私たちの家から2時間しか離れていないところに住んでいることを知って、二人が別の時に演奏したライブハウスを通じて、彼女の父とつながるったの。それで、何度か一緒になってジャムったんだけど、その相性の良さに驚いたわ。
その後パンデミックが起こって、私たちは HEART の “Barracuda” のカバーを発表して話題になったのよね。その時、私たちはバンドを組むべきだと思ったのよ。その時、Brooke が Ashley のことを勧めてくれた。それで、3人で何度かジャムってみたんだけど、すごく良かったわ。3人のメンバーが揃い、あとはリード・ギタリストが必要だと思ったときに、もう一人女性がいたらかっこいいなと思ったのよね。それで、私たちが選んだ曲のオーディション・ビデオを何人かの女性ギタリストに送ってもらったんだけど、どうもしっくりこなかった。そこで、性別は関係なく、誰でもいいから探してみようと思ったんだけど、そんな時に Lzzy がシェアしてくれて、Bella に出会うことができた。だから、最初の目標は女性だけのバンドを作ることではなかったんだけど、結果的にはそうなってよかったわね。

Q5: When I had interview with Serena of Svalbard, she said “Personally, I have suffered so much sexism in the metal scene that I think the time is right to kick against it and make an outwardly feminist metal album. This album is my reply to anyone who makes negative comments to a girl onstage.”. Of course, compared with decades ago, a lot of women have risen in the music scene. But as a woman, do you feel something negative or sexism like Serena?

【MORIAH】: Yes we do. What we experience a lot are comments on social media. We haven’t experienced anything at live shows to be honest. However, social media is a place where ignorance can go largely unchecked. So we’ll see lots of comments about how “hot” we are. Some vulgar sexual comments or private messages. Comments about how we are really good for “girls” or middle aged men being upset that we are not smiling. Even just innocent comments from people saying things like wow….I wasn’t expecting you to be that good.

Q5: SVALBARD の Serena にインタビューを行ったとき、彼女は「個人的には、メタル・シーンで多くの性差別を受けてきたわ。だから今こそそれを蹴散らして、表立ってフェミニストなメタル・アルバムを作るべきだと思ったの。このアルバムは、ステージ上の女の子に否定的なコメントをする人への私からの返答よ」と語ってくれました。
もちろん、数十年前と比べれば、音楽シーンでは多くの女性が台頭してきています。しかし、女性として、Serena のようにメタル世界で何かネガティブなことやセクシズムを感じることはありますか?

【MORIAH】: そうね、あるわ。私たちがよく経験するのは、ソーシャルメディアでのコメントよ。正直なところ、ライブでは経験したことがないのよね。だけど、SNS は無知や愚かな行為がチェックされず、まかり通る場所でもあるのよね。
だから、私たちがどれだけ “ホット” であるかというコメントをたくさん目にしてしまう。下品な性的コメントやプライベート・メッセージまで送られてくるの。それに、私たちが “女の子” としていかに “カワイイ” かというコメントや、中年男性が私たちが笑っていないことに腹を立てるコメントなんかもあるのよね。あとは、「うわぁ、女の子ばかりなのにあんなに上手いとは思わなかった」みたいな無邪気なコメントもあるわね。

Q6: Last year, we faced pandemics, a chaotic presidential election, climate effects, and a divided world. How did these events affect this new record and yourself?

【MORIAH】: Honestly, the only thing that affected the record and myself is the pandemic. If it weren’t for the pandemic this band would likely not exist. As mentioned, I was doing my solo thing until the pandemic and quarantine hit. That stopped everything and gave me a lot of time to think about my goals and my career. It also gave me time I wouldn’t have necessarily had to jam with Brooke and Ash. The biggest thing is Brooke and I would not have recorded the viral video of Barracuda that brought our management/label opportunities and everything that’s happened to this point.

Q6: そういった女性に対するハラスメントもそうですが、昨年のパンデミックや大統領選、それに気候変動といった問題が世界の分断を浮き彫りにしましたね。このレコードにも影響を及ぼしたのでしょうか?

【MORIAH】: 正直なところ、レコードと私自身に影響を与えた唯一のことは、パンデミックよ。もしパンデミックがなかったら、このバンドは存在しなかったかもしれないから。
前述したように、パンデミックとロックダウンが起こるまで、私はソロ活動をしていたの。パンデミックですべてが止まり、自分の目標やキャリアについて考える時間がたくさんできたわ。それに、Brooke や Ashley と一緒にジャムをするための時間も取ることができた。最も重要なことは、パンデミックで “Barracuda” のバイラル・ビデオを録っていなかったら、マネージメントやレーベルからのチャンスを得ることができなかったし、ここまでのすべての出来事が起こらなかったということなのよ。

Q7: What’s great about you guys is that you’re arena rock, but you’re also clever enough to incorporate alternative touches like Alice in Chains, Godsmack, and Tool. Are you conscious of not doing anything conventional or something like that?

【MORIAH】: Well thank you. That means a lot just hearing that because it’s nothing we are doing consciously. What’s really cool is that each of us have similar but very different influences. We all have classic rock influences from our parents but Brooke is really influenced by Godsmack, Tool and heavy bands like that. Whereas I love classic rock, metal but current pop also. I LOVE Lady Gaga. Ashley has her own vibe and loves a wide spectrum of music but also LOVES Alice and Chains and Bella loves the classics but also Joe Satriani and other guitar playing legends. So, I think we all just bring our influences into our playing and writing.

Q7: あなたたちが素晴らしいのは、アリーナ・ロックの王道を歩みながら、ALICE IN CHAINS, GODSMACK, TOOL といったバンドのオルタナティブなタッチを巧みに取り入れている点だと感じました。

【MORIAH】: どうもありがとう。意識してやっているわけねはないけど、そう言ってもらえるととても嬉しいわね。
私たちは皆、両親からクラシック・ロックの影響を受けているけど、Brooke は GODSMACK や TOOL みたいなヘヴィなバンドに大きな影響を受けている。一方、私はクラシック・ロックやメタルが好きなんだけど、同時に最近のポップスも大好きなのよ。レディー・ガガが大好き!Ashley は独自の雰囲気を持っていて、幅広いジャンルの音楽を愛しているんだけど、ALICE IN CHAINS は大好きみたいね。Bella はクラシック・ロックだけじゃなく、Joe Satriani をはじめとする伝説的なギタープレイヤーも愛しているわ。そうやって、私たちは皆、自分が影響を受けたものを演奏や作曲に取り入れているんだと思う。

Q8: How was collaborating with Johnny K and so far, which lesson did you learn from it?

【MORIAH】: Johnny K is amazing. Not only is he a great producer but he’s also a great writer. We completely vibe together. He took the songs I wrote and really made them better by helping restructure them or add different lyrics here and there. He’s just so talented. What I love most about him is that he does not force his ideas on me or us. He just gives suggestions and most of the time he’s right haha. He’s also very willing to allow us to stick to our guns if we want to keep something.

Q8: DISTURBED や STAIND を手がけた伝説的プロデューサー、Johnny K とのコラボレーションはいかがでしたか?

【MORIAH】: Johnny K は素晴らしいわ!彼は素晴らしいプロデューサーというだけではなく、素晴らしいライターでもあるからね。私たちは完全に意気投合しているのよ。私が書いた曲を、彼が再構成したり、あちこちに別の歌詞を加えたりして、より良いものにしてくれたの。
彼にはとても才能があるわ。彼の一番好きなところは、自分の考えを私やバンドに押し付けないところよ。ただ提案をしてくれるだけなんだけど、でもほとんどの場合、彼は正しいの。それでも私たちが何かを維持したい場合には、自分の考えを貫くことを快く認めてくれるわ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MORIAH’S LIFE

AEROSMITH “TOYS IN THE ATTIC”

EVANESCENCE “FALLEN”

EVANESCENCE “EVANESCENCE”

KORN “FOLLOW THE LEADER”

HALESTORM “STRANGE CASE OF”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello Japan!! We hope to one day be able to visit your beautiful country and play some shows!

こんにちは、日本のみんな!いつかあなたたちの美しい国を訪ねて、プレイしてみたいわ!

MORIAH FORMICA

PLUSH Facebook
PLUSH Official
PAVEMENT MUSIC

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です