ooo2014112501

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ORDEN OGAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SEEB OF ORDEN OGAN !!

Orden-Ogan_20151-500x333

THE FUTURE OF POWER METAL !! MODERN GERMAN POWER METAL BAND ORDEN OGAN IS BACK WITH “RAVENHEAD” !! MORE METAL, MORE CHORUSSES,  MORE ORDEN OGAN!!

ジャーマンメタル。現代ではほぼ死に絶え、古から活動を続けるシーラカンスのようなバンドだけが暖かいファンに見守られながら水槽の中でのみその生存を許されたジャンル。時は流れ2010年代。突如としてメガ進化を遂げ水槽から飛び出し世界に衝撃を与えたバンドが現れました。ORDEN OGAN。BLIND GUARDIAN, RUNNING WILD といったジャーマンメタル直系の世界観、メロディーセンス、大仰さを引き継ぎながらモダンでプログレッシブな要素を大胆にに導入しまさにパワーメタルの未来といった存在になりつつあります。端的に言えばまずギターが上手い。ジャーマンメタルの9割はギターが下手、失礼アイデアが貧困でそれがシーラカンス化を生んだ要因の一つな訳ですが、OOの TOBI は LAMB OF GOD や CHILDREN OF BODOM のような現代的なリフやリードをバシバシ盛り込み楽曲にアクセントとエキサイトメントを持ち込む事に成功しています。同時にシンフォニックやフォーク/ヴァイキング、具体的には WINTER SUN, MOONSARROW, ENSIFERUM といったバンドと共鳴するような素養も併せ持ちここ日本でも彼らのオルデンがオーガンするのは最早時間の問題ですね。今回、弊サイトでは新作にして最高傑作、全ての面でパワーアップを果たし主なレビューでも高評価連発のキラーなアルバム “RAVENHEAD” についてボーカル、ギター、キーボードを担当する SEEB に話を聞く事が出来ました。

oo10448186_939494016078530_605597758351221635_n

【ABOUT “RAVENHEAD”】

Q1: Hi, thanks a lot for accepting our offer! “Ravenhead” has just released. How are the reactions?

【SEEB】: The reactions from press and fans alike are phenomenal. It seems to be a huge success at this point, but it is just out for a few days, so I can’t say much.

Q1: “RAVENHEAD” がリリースされましたね。反響はいかがですか?

【SEEB】: プレスやファンからの反響は驚異的だよ。今の時点では大成功を収めているように思えるけど、まだ数日しか経ってないから多くは語れないね。

Q2: You are touring in Europe with Hammerfall. How’s that?

【SEEB】: It’s great. We were expecting a great expierence, but the tour succeeds all of our expectations. A lot of dates are totally sold out and the fans are incredible. Seems to be a very good package, haha.

Q2: 現在 HAMMERFALL とヨーロッパをツアー中ですね。

【SEEB】: 最高だよ。最高の経験を期待していたんだけど、実際ツアーは僕たちの期待を全て叶えているね。ほとんどの日程はソールドアウトでファンも信じられないくらい素晴らしい。出演バンドがとても良い組み合わせだからかな(笑)

oo1383437_705749972786270_1718794687_n

Q3: Anyway, let’s talk about “Ravenhead”. What’s “Ravenhead”? Would you tell us the story behind it?

【SEEB】: ORDEN means the religious “order” in german, OGAN is old-celtic for “fear”, so the band name means the order of fear. You can see the (immortal) monks of the order of ogan on the main cover. On the back cover there is a hughe castle-like looking building that lies on a hill or ledge. That is actually an abbey (or monastery). Ravenhead is the name of that abbey, the home of the order of ogan, and refers to the higher location (head) and the ravens in the sky over the abbey. It’s also explained in the new lyric video of the titletrack, you can find that on Youtube.
It’s some sort of a loose concept concerning the same location, where all the storys take place – at the abbey of Ravenhead and the lake in front of it, somewhere at the end of the world. It’s all about telling some small, dark stories, but most of the lyrics also have a second level of meaning.

Q3: では新作 “RAVENHEAD” について話しましょう。”RAVENHEAD” とは何ですか?ストーリーを教えて下さい。

【SEEB】: ORDEN とはドイツ語で宗教上の儀式を意味する。OGAN とは古いケルト語で恐怖を意味する。だからバンドの名前は”恐怖の儀式”という意味になるんだ。アートワークには恐怖の儀式を行っている悪の僧侶が描かれているね。そして裏ジャケにはビルのような大きな城が丘か岩棚にそそり立っている。これは修道院なんだ。”RAVENHEAD” とはこの修道院の名前で恐怖の儀式の本拠地なんだ。修道院の上空 (HEAD) にはカラス (RAVEN) が群れている。タイトルトラックの新しいリリックビデオでも確認できるよ。コンセプトは全てこの地についての物語で比較的自由だね。世界の終わりのどこか、RAVENHEAD 修道院とその前に位置する湖の話さ。曲毎にダークなストーリーがあるんだけど同時にそれらのほとんどはダブルミーニングなんだよ。

Q4: I love “To the End”. I thought it was revolutionary album in Power Metal. But You make further progress in “Ravenhead”. You go one step higher level in melody, songs, technic, orchestration. Do you agree with that? How have you been “Progressed”?

【SEEB】: Thank you very much. Yes, we are a band that is very close to our fans and we try to talk to people a lot. They pointed out a lot that the two trademarks of the ORDEN OGAN sound are the heavy riffs (the “Metallica” Feel in the riffs) and the strong sing along chorusses. So this time we thought, ok, If the chorusses are the most important thing in our music we should focus on those and started to compose all the chorusses first and then the rest of the songs. This might be the reason why “Ravenhead” turned out to be the strongest ORDEN OGAN record concerning the chorusses so far.

Q4:  “TO THE END” はパワーメタル革命を起こしたと言えるほど重要なアルバムでした。”RAVENHEAD” では更に進化を遂げましたね。メロディー、楽曲、テクニック、オーケストレーション。全てにおいて一段上の段階に進んでいます。

【SEEB】: ありがとう!僕たちはとてもファンに近いバンドで彼らとはよく話をするんだ。ORDEN OGAN には2つのトレードマークがあるとファンの多くが指摘するね。メタリカのようなへヴィーなリフとシンガロング出来る強力なコーラス。だから今回僕たちは一考したんだ。OK, もしコーラスが僕たちの音楽で一番重要なものならそれらに焦点を当てるべきだってね。だからまず全てのコーラスを書いてから曲の残りを書いたんだ。それがコーラスに関しては、 “RAVENHEAD” が最強の ORDEN OGAN のアルバムになった理由かもしれないね。

Q5: The first short song named “Orden Ogan”. That’s off course band name. Why did you name so?

【SEEB】: See explaination in question 3. The melody is hummed by dark and deep male voices and reminds of gregorian monk chorals. So the image with the ORDER of OGAN was there quickly. Also the intro melody is played again (with guitars) in the solo part of the song “Ravenhead”, which is the abbey of the order. So there is the next connection.

Q5:  アルバムはバンド名と同タイトルの “ORDEN OGAN” という小曲で幕を開けます。

【SEEB】: Q3の説明も併せて見て貰いたい。メロディーはダークでディープな男声によって囁かれる。さながらグレゴリアン聖歌のようにね。この”恐怖の儀式”のイメージをすぐに伝える事が出来るね。同時にイントロのメロディーは “RAVENHEAD” のギターソロでもう一度プレイされるよ。儀式の修道院さ。そうして物語は繋がっていくんだ。

Q6: It’s often said that Orden Ogan is a successor of Blind Guardian. Artwork is painted by Andreas Marschall. And Thomen played in “Easton Hope”. Off course, big choir is common point of you and Blind Guardian. What’s Blind Guardian to you?

【SEEB】: I was a big Blind Guardian Fan when I was 14 or 15 years old, but developed into another direction then, concerning my personal musical taste. I don’t actually see the Andreas Marschall connection in this way because he painted for a lot of bands in the 1990ies (In Flames, Dimmu Borgir, Hammerfall, Nightwish, Kreator…). Andreas meanwhile is a good friend of the band and his artworks fit our music perfectly. Its an honour to be compared to Blind Guardian or even be called “successor”, but we don’t want that all actually. We’re just doing the music we love to do because we love to do it.

Q6: ORDEN OGAN は BLIND GUARDIAN の後継者というように言われる事が多いですよね。実際、あなた達のアートワークは彼らを手掛けた ANDREAS MARSCHALL が描いていますし元BGのトーメンも過去作にゲスト参加しています。 ビッグなクワイアも共通点ですよね。彼らはどういった存在ですか?

【SEEB】: 14,5歳の頃は BLIND GUARDIAN の大ファンだったよ。ただ僕の個人的趣向に関してはそこから違った方向に進んで行ったね。ANDREAS MARSCHALL を彼らと繋げて考えてはいないよ。なぜなら彼は90年代に他にも多くのバンド (IN FLAMES, DIMMU BOUGIR, HAMMERFALL, NIGHTWISH, KREATOR) なんかを手掛けているからね。ANDREAS はバンドの良い友達でもあり、彼のアートワークが僕たちの音楽に完璧にフィットするから起用しているんだ。BLIND GUARDIAN と比較されたり彼らの後継者とさえ呼ばれる事は光栄だよ。だけど僕たちは実際全くそれを望んではいないんだ。ただ好きだから好きな音楽を演奏しているだけだよ。 

oo522222_525699387457997_1842983561_n

Q7: Also, Orden Ogan has lots of modern aspects. I think, especially, guitar riffs and solo is. It’s sometime like Lamb of God or Children of Bodom. That is why you are called future of power metal. How about that?

【SEEB】: Well we are the generation that grew up with the traditional german powermetal scene as well as with all the modern stuff. So we are pretty open for all kinds of metal and therefore able to implement all those elements into our sound. The most important thing as a songwriter is to know when something does NOT work. And as I am my own worst critic I guess that works quite well on this side, haha.

Q7: 同時に ORDEN OGAN には現代的な要素も多く存在しますね。特にギターリフやソロには LAMB OF GOD や CHILDREN OF BODOM のようなバンドからの影響が伺えます。その辺りもあなた達がメタルの未来と称される所以でしょうか。

【SEEB】: そうだね。僕たちは伝統的なジャーマンパワーメタルと同じくらい全てのモダンなメタルに影響を受けて育った世代なんだ。だからどんな種類のメタルにもとてもオープンだし、それら全ての影響を自分のサウンドに持ち込む事が可能なんだ。ソングライターとして最も重要な事はそういった要素が”ハマらない”瞬間を見抜く事だと思う。手前味噌だけどそういった部分は上手く行っていると思うよ(笑)

Q8:  Joacim Cans (Hammerfall) and Chris Boltendahl (Grave Digger) joined this album. What’s the circumstances of that?

【SEEB】: I have to say first – I am not a big fan of namedropping. If we work with people it has to fit on several levels. We have to like the people and the song has to have the need for another voice. We were on tour with Grave Digger in 2011 and became friends. I was asked to sing the choirs on the latest Grave Digger record and as soon as we were finished Chris offered to sing on our record in exchange. In the very moment he asked I already knew which song and part that would be. Perfect fit. And it was great to work with Chris. He is a nice, intelligent and very funny guy.
On Sorrow is your tale we felt that we needed another voice in the bridge part. That was the time when the Orden Ogan / HammerFall tour was confirmed – so that was really an obvious choice. Joacims flights were already booked, but due to health issues he had to cancel but was luckily able to record the vocals in his own studio.

Q8: 今回は JOACIM CANS (HAMMERFALL) と CHRIS BOLTENDHAL (GRAVE DIGGER)  がゲスト参加していますね。

【SEEB】: まず言っておきたいんだけど僕はネームバリューで彼らを起用している訳じゃないんだ。あるレベル以上にフィットしないと起用しないよ。違った雰囲気の声が必要だったんだ。GRAVE DIGGER とは 2011 年にツアーをして友達になった。彼らの新作でコーラスを歌って欲しいと頼まれて、今度は僕たちのレコーディングが終わるやいなやクリスが代わりに僕たちのアルバムで歌ってくれるって言ってくれたんだ。その瞬間すでに僕は、彼がどの曲のどのパートにふさわしいか判っていたね。完璧にフィットしたよ。彼とやれて最高だったな。優しく知的でとても楽しい人だよ。”ON SORROW IS YOUR TALE” のブリッジパートには違う感じの声が必要だと感じていたんだ。ちょうど僕たちと HAMMERFALL のツアーが発表になった頃だったから JOACIM に頼むのは自然な事だったよ。フライトは予約されていたんだけど彼の健康問題でキャンセルになってしまってね。ただラッキーな事に彼のスタジオで録ったテイクを収録する事が出来たよ。

【FIVE ALBUMS】

SEEB’S FIVE ALBUMS THAT CHANGED HIS LIFE !!

ORDEN OGAN “TO THE END”

BECAUSE IT LITERALLY CHANGED OUR LIFES

oo351054

RUNNING WILD “DEATH OR GLORY”

BEST METAL RECORD EVER MADE

oo418RM2NZH4L

 SEPULTURA “ARISE”

MY FIRST METAL RECORD

oosepultura-arise

BENEDICTION “THE GRAND LEVELLER”

GOT ME INTO DEATH METAL

oo1746

 

METALLICA “AND JUSTICE FOR ALL”

BECAUSE IT’S MASTERPIECE OF CREATIVITY

ooMetallica_-_and_justice_for_all-front

oo10891508_969028056458459_8483598646395204699_n

 

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thanks a lot for buying our Albums and Merchandise. You keep our music alive. We’d love to come over to Japan and play for you guys. Hope it will be possible in the next years.

アルバムやマーチを買ってくれてありがとう。君たちが僕らの音楽を支えているんだ。本当に日本に行って君たちのためにプレイしたいよ。近いうちに実現するといいね!

SEEB

ORDEN OGAN FACEBOOK PAGE
AFM RECORDS FACEBOOK PAGE
BUY HERE: DISKUNION “RAVENHEAD”

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です