a2220009983_10

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EARTHSIDE : A DREAM IN STATIC】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BEN SHANBROM OF EARTHSIDE !!

10593116_525432327601648_3944837810363086300_n

Incredible New Commer from US!! EARTHSIDE create dramatic “Cinematic Rock” with Orchestra. “A Dream In Static” is one of the important release on 2015 !!

モダンプログシーン、上半期のブライテストホープが NATIVE CONSTRACT だとしたら下半期は間違いなく彼らでしょう。”Cinematic Rock” を指標する期待のUS産4人組 EARTHSIDE がデビュー作 “A Dream In Static” をリリースしました!
実は BUSHWHACK という Post-Djent を掲げていたバンドを母体とするバンド。メンバー全員が音楽の学位を持っているという驚くべき背景を元に、持てる知識と創造性を全て注ぎ込んだ非常に野心的なアルバムです。フックに満ち、カラフルでストーリーを感じさせる作風は、まさに彼らが掲げる”映画”をイメージさせますね。
まず言及すべきはアルバム2曲目の “Mob Mentality” でしょう。なんとモスクワスタジオ交響楽団、つまりオーケストラが楽曲に全面参加しているのです。勿論、オーケストラを起用したロック/メタルバンドはこれまでにも少なくありませんが、メタルの楽曲にチョロっとストリングスを加えたといった程度の生ぬるいものが多かったように思います。彼らのやり方はそれとは根底から異なっており、まずオーケストレーションありきのコンポジションなため、圧倒的な構成力と生き生きとした生楽器の演奏を楽しむことが出来ますね。
EARTHSIDE はこのデビュー作で4人のシンガーを起用しています。”Mob Mentality” では SEVENDUST の Lajon Witherspoon が参加しているのですが、ソウルフルに歌い上げる彼のスタイルが見事にハマッています。他にも TesseracT の Dan Tompkins, SOILWORK の Bjorn Strid, FACE THE KING の Eric Zirlinger といったジャンルもカラーも異なる実力派シンガーたちを適材適所に起用し、様々な”色”を感じさせる作品に仕上げています。
音楽的には、Djent/モダンプログを柱としながらも、アトモスフェリックなポストロックから TOOL 的マス/オルタナティブ、モダンなメロディックデスメタルの要素まで幅広く、彼らのやり方で見事に取り込んで、新しいジャンル “Cinematic Rock” を生み出したとさえ言えるのではないでしょうか?ポストプログ/Djentの雄、 TesseracT を大仰にドラマティックにしたようなサウンドだと感じる人もいるでしょう。KARNIVOOL や TEXTURES のように洗練された繊細なイメージを持つ人もいるでしょう。
ストックホルムまで出向いて Jens Bogren + David Castillo というモダンメタルシーン最高最重要レコーディングチームと制作したことも大吉でしたね。彼らと組むことでさらに最新のメタル/プログを色濃く反映した傑作 “A Dream In Static”。 今回弊誌ではバンドのソングライター/スポークスマンにして驚異的なドラマーでもある Ben Shanbrom に話が聞けました。どうぞ!!

11887882_725603900917822_4648080240917460334_n

MMM RATING

EARTHSIDE “A DREAM IN STATIC” : 9,8/10

【INTERVIEW WITH BEN SHANBROM】

12046686_752500694894809_7915648303925693873_n

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about the band. How did Earthside come to be? And what’s the meaning behind your band name Earthside?

【BEN】: Earthside initially existed as a band under a different name formed by Jamie, Frank, and me nearly 10 years ago. While Frank and Jamie have a long, decorated history as childhood best friends and musical rivals, I came into the fold by random circumstance. Frank briefly attended my high school and we became fast friends—Jamie watched us jam on an epic Ukrainian Bell Carol cover and decided that I was the right guy to help form the foundation of this new project. Ryan joined during the transition phase between our old band and Earthside, but played a very important role in shaping the modern sound and groove-laden pulse much of our music has.
The biggest difference between the band we are now and the one we started off as, is that we take ourselves far more seriously on the artistic end than we did as high schoolers or college students. We’ve always enjoyed experimenting with strange ideas and unusual sounds, but now we understand that there is a finesse to doing ambitious things, and the emotional impact and meaning of a given song always outweighs shock value or other gimmicks.
The name Earthside has no absolute meaning—it arose from a very casual bedtime brainstorm, hah. Its significance lies more in the mental picture it creates, rather than a literal meaning. Earthside, for me, conjures up the idea of something massive and captivating that awakens the senses of wonder and curiosity we often lose in the frantic pace of “real life.”

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせてください。Earthside 結成の経緯と、バンド名の由来を教えていただけますか?

【BEN】: EARTHSIDE は最初、僕と Jamie, Frank が違う名前で10年ほど前に結成していたんだ。Frank と Jamie の間には長くて興味深いストーリーがあってね。というのも彼らは子どもの頃から親友で、音楽のライバルだったんだよ。僕はそういった状況の中に加わることとなったんだ。Frank は僕の高校に少しの間通っていて、僕たちはすぐに仲良くなったよ。Jamie は僕と Frank が “Ukrainian Bell Carol” をジャムるのを見て、僕がこの新しいプロジェクトに相応しいと確信したのさ。Ryan はその母体となったバンドから EARTHSIDE への移行期に加わったんだけど、僕たちの音楽をモダン化させ、グルーヴを加えることに重要な役割を果たしたんだ。
EARTHSIDE と母体となった高校、大学時代のバンドとの最も大きな違いは、現在はアーティスティックな面を非常にシリアスに考えている点だろうね。僕たちは変わったアイデアや、普通ではないサウンドで実験することをいつも楽しんで来た。ただ、今はそういった野心的な試みを巧妙に実現出来るって分かっているからね。楽曲にエモーションや意味を持たせることは、ギミックや衝撃値よりもいつだって重要なんだよ。
EARTHSIDE ってバンド名それ自体には全く意味はないんだ。寝ようとしていたら思いついたんだよ(笑)この言葉は文字の意味よりも、それによって生まれる心像やイメージが重要なんだよ。僕にとって EARTHSIDE とは”現実世界”の狂騒で忘れてしまいがちな、好奇心、不思議に対する感動を魔法のように大きく魅惑的に蘇らせてくれる言葉なんだ。

Q2: Your debut album “A Dream In Static” is just out now!! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【BEN】: It’s funny; a few weeks ago we were on a tour bus looking at each other in our sweatpants and unwashed t-shirts and collectively realized, “hey, our album’s out today.” With everything going on, we had nearly forgotten! There has been so much build up to this release and so many years of planning, I just don’t think it has sunk in yet. In spite of this, we’ve been very humbled by the enthusiasm so many people have had for this project, and the penetrating level at which our fans have connected with our music. Some of these songs have already taken on a very deep meaning with some of our listeners, which many of them have been kind enough to share with us. It’s very powerful to affect people on that level—it’s what made us love music to begin with.
On the flipside, we know there are people who don’t really know what to do with a band like us—we don’t fit a pre-established mold, and either you get that and embrace it like we do, or you are totally confounded by us! We are slowly educating these dissenters ;).

Q2: デビュー作 “A Dream In Static” がリリースされましたね。今のお気持ちはいかがですか?また、これまでの反響はどうですか?

【BEN】: 面白い話があるんだけど、数週間前、僕たちはツアーバスの中でスウェットパンツと洗ってないTシャツを着たお互いを見ながら「ねえ、今日僕たちのアルバムが出るんじゃない?!」って気がついたんだ。いろいろ忙しくて、ほとんど忘れていたんだよ!今回のリリースには多くの労力と歳月を注いだんだ。だから自信はあるよ。にも関わらず、多くの人がこのプロジェクトに見せてくれる熱意や、ファンがどれだけ僕たちの音楽を愛してくれているかを知ってもとても謙虚な気持ちでいるんだ。親切なことに、シェアしてくれて知ったんだけど、アルバムの内、何曲かはすでにあるリスナーたちにとってはとても深い意味を持つようになっているんだよ。そこまで人に影響を与えるなんてパワフルだよね。それこそが僕たちが音楽を愛するようになったきっかけなんだけどね。
それでも、僕たちは EARTHSIDE のようなバンドをどう扱って良いか全く分からない人がいるのも知っているよ。僕たちは既存の型に囚われない音楽をやっているから、それを受け入れない限り、混乱させられるんだろうね!そういった反対派もゆっくりと教育しているよ(笑)

Q3: “A Dream In Static” is amazing album. Great Melody, Atmosphere, Intelligence, and heaviness are all in one in this record. We can hear the influences from Modern Prog Metal to Djent, and even Post-Rock. Yes, this record remind me blockbuster movie or epical RPG game. Actually, you call yourself as “Cinematic Rock”. So, do you think you are making new genre or
new taste music?

【BEN】: Thanks very much for the kind words on our album! The idea of “cinematic rock” for us is not for the sake of genre semantics, but our personal mission to provide our listeners with a really unique, absorbing listening experience and a live show that truly stands out (we have an extensive multimedia component to our shows that helps us to effectively convey the cinematic dimension of the music).
My bias aside, I can’t really name a band that I’m aware of that is doing exactly what Earthside is doing at the moment. We view this project as its own one-of-a-kind effort that we hope listeners will approach with an open mind, and the “cinematic” angle helps us explain our art in a universal way—as music that captures the captivating, emotional, unpredictable, and story-driven allure of fine film.

Q3: 実際 “A Dream In Static” は革新的で素晴らしい作品ですね。メロディー、アトモスフィア、インテリジェンス、ヘヴィネス全てが一級品です。モダンプログから Djent、ポストロックの影響まで感じられます。ご自身では “Cinematic Rock” と呼んでいるようですが、確かに大作映画のような音楽ですね。

【BEN】: ありがとう!”Cinematic Rock” というアイデアはジャンル論を行うためではなく、僕たちのリスナーに本当にユニークな音楽と際立ったライブを提供するために考えたんだ。僕たちは大規模なマルチメディアコンポーネントをショーに持ち込むから音楽に映画の要素を加える事が出来るんだよ。
僕の先入観はさておいて、現時点で EARTHSIDE がやっていることを正確に把握はしているんだけど、ジャンル名を付けるのは難しいね。とにかくこのプロジェクトはユニークだから、オープンマインドで聴いて欲しいね。”Cinematic” というアングルは、普遍的に僕たちのアートを解説しているとは思うよ。魅力的でエモーショナル、予想も出来ないようなストーリーの素晴らしい映画のような音楽だね。

Q4: So, when you named this album as “A Dream In Static”, what was in your mind? Could you tell us about the concept of “A Dream In Static”?

【BEN】: “A Dream in Static,” like the title ‘Earthside,’ came from my brainstorming and existed as a name before we attributed any meaning to it. “A Dream in Static” now has a dual meaning to us—it creates the mental picture of a warm, peaceful dream sequence interrupted violently by visual and auditory disturbances (like an old VHS tape struggling through its abuse to still produce something useful or maybe beautiful). There is a light and dark side to the pursuit of a dream—this record in one sense seeks to capture that full color spectrum.
On the other hand, this visual motif along with the title itself tells the story of this record’s creation and the states of disarray our lives were in during its very long and arduous recording process. In English, the word “static” can also mean “non-moving,” or “stationary.” This record for us expresses the feeling of living a dream that holds your life hostage and seemingly keeps you from moving forward in your life. Dreaming is what brings us hope and holds the potential to create great meaning in our lives, but ultimately at what cost? This is a scary question for many people.

Q4: この作品を “A Dream In Static” と名付けた時、心に在ったことを教えてください。

【BEN】: “A Dream In Static” も EARTHSIDE と同じく僕の頭に浮かんできた言葉で、意味を与える前から存在したんだ。今では2つの意味を持っている。1つ目は、暖かくピースフルな夢だけど、音と画像が乱暴に妨害を受けるような連続した心の映像を生み出すって意味。まるで古い VHS のテープが、乱用されてもまだ意味のある美しい映像を再生する時のようにね。夢はモノクロだって言われるけど、このレコードはフルカラーなんだよ。一方で、タイトル自身とビジュアルモチーフは、このレコード制作のストーリーと、長くて困難な制作過程における僕たちの病んだ生活ぶりも伝えているよ。英語で “Static” とは動かないとか静かなって意味なんだ。このレコードは僕たちにとって、夢を追うことで人生が”人質に”とられるとか停滞するような感覚を表現しているんだ。確かに、夢は人生に希望や大きな意味をもたらしてくれる可能性はあるよ。だけど言ってしまえば、その代償は?これは多くの人にとって恐ろしい質問だと思うんだ。

10523286_570137033131177_540320818610890296_n

Q5: Lot’s of fans are surprised at the feature of Moscow Studio Symphony Orchestra. And they made this record a step above. Off course, lot’s of bands use Orchestra in their songs, but your way is more sophisticated. I noticed that Orchestra sound really fits with Metal/Prog by this album. Did you plan adding Orchestra Sound from the beginning? What made you so? And do you want to continue this great challenge at next release?

【BEN】: We absolutely intend to continue working with orchestras and various world music ensembles, but it depends on what the song ultimately demands. “Mob Mentality” was Jamie’s senior thesis project at his university. He only completed half of it in time for graduation, earning him an A- grade. The rest of the band, with myself included, saw the potential in this piece to be a game-changer song and pushed Jamie over 4 painful years to finish it! Needless to say, we are very glad we did.
I appreciate you noticing the differences in the orchestral arrangement on this record. In the case of “Mob Mentality,” the very concept of the song was to create a rock/progressive metal composition where the orchestration dictates the direction of the music and not the other way around, as many rock and metal bands typically do. We are also very strong believers in the power of real instrumentation. Programmed orchestra in this case would have completely undercut the meaning of the song.

Q5: モスクワスタジオシンフォニーオーケストラを起用したことは大きな驚きでした。そして彼らの参加がこのレコードを特別なものにしていますね。勿論、オーケストラを使用するバンドは多く存在しますが、あなた達のやり方は非常にソフィスティケイトされています。この試みはこれからも続けますか?

【BEN】: 僕たちは絶対にオーケストラやワールドミュージックのアンサンブルとの共演を続けていこうと思っているよ。ただ、楽曲が求めるかにも拠るんだ。”Mob Mentality” は Jamie の大学の卒業制作だったんだ。彼は卒業に間に合うよう、半分仕上げただけだったんだけど、A-を獲得したんだよ。僕も含めて残りのメンバーは、このマテリアルが革命的な楽曲になると見抜いて、Jamie をプッシュして4年もかけて完成させたんだ。言うまでもなく満足しているよ。
君がこのレコードにおけるオーケストラアレンジの”違い”に気づいたことを賞賛するよ。”Mob Mentality” の場合、まずオーケストレーションが音楽の方向性を指し示した、オーケストラ先導のロック/プログメタルという作曲法、楽曲のコンセプトなんだ。多くのロック/メタルバンドの典型的なやり方とはあべこべだよね。同時に僕たちは生楽器の力を強く信じていてね。こういった場合、プログラムのオーケストラサウンドは楽曲の意味を完全に失わせるんだ。

Q6: Earthside has no full-time singer. But we can hear lot’s of amazing voices in this record. Bjorn Strid of Soilwork, Lajon Witherspoon of Sevendust, Daniel Tompkins of TesseracT, and Eric Zirlinger of Face the King joined in “A Dream In Static”. I think they are in different genres and have different colors. Is that important point to choose singers of this record? And are there any plans of adding full-time singer?

【BEN】: I agree with the general sentiment you expressed—our use of different singers comes down to us painting with different colors and allowing each song to truly have its own natural identity. There is such diversity present on the instrumental and compositional levels of this record, that to go with just one voice would not have accomplished our creative goal.
It was a real feat of logistics and planning getting so many singers involved, but we are very proud of all of their contributions to this record. Obviously, people do ask about whether we’ll get a full time singer or go fully vocal in the future—these options are not out of the question, but generally listeners seem to be responding positively to the vocal/instrumental mixture and the mystery of who we’ll work with on the next album—we’ve already got some ideas there.

Q6: EARTHSIDE にはフルタイムのシンガーは存在しません。SOILWORK の Bjorn、TesseracT の Dan、SEVENDUST の Lajon といったゲストシンガーたちがアルバムに色を添えています。彼らはジャンルもスタイルも異なりますね?

【BEN】: 大筋では君の意見に同意するよ。僕たちが異なったシンガーを起用するのは、作品に彩りをもたらすと共に、その楽曲が持つアイデンティティーを真に際立たせてくれるからなんだ。演奏と作曲がここまで多様性に満ちたレコードだと、1人のシンガーだけで僕たちの創造性を満足させることは出来ないんだろうね。
多くのシンガーを起用することは論理的で計画されたものだったけど、このレコードに対する彼ら全員の貢献をとても誇りに思っているんだ。明らかに、フルタイムのシンガーを加入させないのかとか、全曲ボーカル入にしないのとかはよく尋ねられるんだけど、まあ有り得なくはないね。だけどほとんどのリスナーがこのボーカル/インストルメンタルという形を気に入ってくれているし、次のアルバムは誰が歌うんだろうっていうワクワク感も良いじゃない?すでにいくつかアイデアはあるんだよ(笑)

11027927_712053582272854_6362729530024865944_n

Q7: So, you are from New Haven, Connecticut of US. But “A Dream In Static” was recorded at Stockholm, Sweden. What made you so? Was that important for you to record with David Castillo and Jens Bogren?

【BEN】: As with all other aspects of this project, it ultimately came down to assembling the right team of people to work with—not just guys, or girls, with talent, but people who really believe in what we’re doing and want to be a part of it. We could clearly sense the excitement from our exchanges with David and Jens and wanted to involve them both in roles that played best to their individual strengths. We are extremely happy with the work they have each done and their commitment to making this album sound as epic and richly layered as possible.
In regards to our stay in Sweden, this decision speaks heavily to our worldly mindset. The fact that we are from Connecticut isn’t very important to us—progressive music has always existed more as an international community, rather than a local scene. We wanted to put ourselves out there and build meaningful relationships with bands we deeply respect and industry professionals across national borders.

Q7: あなた達はアメリカのコネチカット出身ですが、アルバムはスウェーデンのストックホルムでレコーディングされました。David Castillo, Jens Bogren と制作することが重要だったのでしょうか?

【BEN】: このプロジェクトは全ての面に置いて、究極に正しいメンツが集結したと言えるね。男性女性に関わらず、才能があり、僕たちのやっていることを本当に信じてその一部になりたいと思ってくれる人たちだよ。David と Jens とのやりとりには明らかに興奮したね。そして彼らの個性を最も発揮できる形で関わって欲しかったんだ。彼ら2人の仕事には最高に満足しているし、アルバムのサウンドを可能な限りエピカルでリッチにしてくれたと思うよ。
スウェーデンでレコーディングを行った理由だけど、それは僕たちが世界を強く見据えているからなんだ。確かに僕たちはコネチカット出身だけどそれは全然重要じゃないよ。プログレッシブミュージックは、ローカルシーンよりもより国際的なコミュニティなんだよ。僕たちはここを出て、世界を股にかけて深く尊敬するバンドたちや、この世界のプロフェッショナルたちと意味のある関係を築きたいんだ。

64336_552042198273994_449916056936359690_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN’S LIFE!!

INCUBUS “MAKE YOURSELF”

51+hNRjZDVL

The first serious album I bought—I was all pop punk, until hearing this at the end of elementary school. A lot of great songs, vocal melodies, and thoughtful lyricism throughout this album. Fittingly, it helped me “make myself.”

TOOL “LATERALUS”

Tool_-_Lateralus

Possibly my favorite drum album … or album in general. As a drummer and songwriter, the influence this work had on me was tremendous.

PORCUPINE TREE “FEAR OF A BLANK PLANET”

Fear_of_a_blank_planet

Another favorite drum album, and one with such a unique and personal take on some very timely subject matter.

KARNIVOOL “THEMATA”

Karnivool_Themata

One of the best alternative rock records in recent memory- from a vocal, compositional, production, and creative standpoint, this album absolutely stands the test of time and has made a clear mark in progressive, alternative rock, and metal genres.

TEXTURES “SILHOUETTES”

61jiH3z3pDL._SX355_

A favorite metal record among the band. Textures found an incredible balance of creativity and accessibility on this blisteringly heavy, yet incredibly intelligent record. Stef Broks is also a drum god, but then again, the players on all of these albums are haha

【MESSAGE FOR JAPAN】

1170810_329885350489681_1509234195_n

We cannot wait to play your country! We have a great respect for the creative culture of Japan and always find inspiration in different ways of life and beautiful natural surroundings. I’m also a huge Dir en grey fan—it would be incredible to play with them across Japan.

君たちの国でプレイするのが待ちきれないんだ!日本のクリエイティブな文化をとてもリスペクトしているし、異なった生活や、美しい環境にはいつもインスピレーションをもらっているんだよ。僕はDir en grey の大ファンでもあるんだ。彼らと日本で共演出来たら素晴らしいだろうね。

BEN SHANBROM

EARTHSIDE FACEBOOK PAGE
earthsideband.com
(怒りの以下略) EARTSIDE “A DREAM IN STATIC” REVIEW

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です