NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OUR OCEANS : OUR OCEANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TYMON KRUIDENIER OF OUR OCEANS !!

12088541_946940855371321_8694347093339683011_n

EXIVIOUS, ex-CYNIC, Tymon Kruidenier talks about his new band OUR OCEANS!! Debut album “Our Oceans” has deep, melancholic, nostalgic and dreamy melodies all through the album !!

Jazz, Fusion をメタルと融合させているバンドはいくつかいますが、EXIVIOUS はそのビジョン、テクニックではなく楽曲にフォーカスした方法論がメンバーの CYNIC, TEXTURES といった経歴も相俟って高く評価されているインストゥルメンタルバンドです。
その EXIVIOUS のメンバー3人をフィーチャーした新バンドが今回取り上げる OUR OCEANS です。彼らが新しい名前で挑むのはインストではなく、歌モノのPost-Prog サウンド。CYNIC でグロウルを担当していたとはいえ、ボーカルの Tymon がクリーンボーカルを収録するのはこのアルバムが初。しかし、それを微塵も感じさせないような見事な歌唱がアルバムの核となっています。優雅に、ソフトに、エモーショナルに歌いあげる Tymon のボーカルは確かに彼が敬愛する Jeff Buckley を想起させますね。
また、非常にメランコリックなメロディーラインも素晴らしく、プログレッシブな演奏に極上のメロディーが乗るという点では ANATHEMA や Steven Wilson と比較されるのも頷けます。ただ、OUR OCEANS のより空間を意識したサウンドは SIGUR ROS のような Post-Rock とも通じるものがあり、そのサウンドスケープが彼らの特徴ともなっています。それは実は EXIVIOUS にも感じることですが。
同時に、もう1人の元 CYNIC, Robin のスムースでスイートなフレットレスベースが見事なまでに作品にマッチしており、OUR OCEANS の個性を創造することに強く貢献しています。勿論要所で炸裂するギタリストとしての Tymon のソロワーク、そしてドラマー Jasper のパーカッシブなアプローチも聴き応え充分。歌モノからインスト、プログロックから RADIOHEAD のファンまで幅広くアピールするような作品だと感じました。
今回弊誌では、バンドの要 Tymon Kruidenier に話を聞くことが出来ました。どうぞ!!

12063754_946813898717350_7436393434389983218_n

MMM RATING IS

OUR OCEANS “OUR OCEANS” : 9,1/10

【INTERVIEW WITH TYMON KRUIDENIER】

383622_270824459626885_1775232586_n

Q1: At first, Our Oceans has three members of Exivious. So, what made you start this as a new band? Do you want to continue both bands?

【TYMON】: Our Oceans started with me and a female singer on vocals. I took the liberty of choosing the musical and conceptual direction of the band and went for a singer/songwriter type approach. I’ve been a long time fan of bands like Radiohead and Jeff Buckley and I felt I had something to say in that genre. Anyway, back your question: When it came to choosing musicians to work with for Our Oceans, it was a really organic process. Robin just made sense, his fretless bass work just fits in perfectly and Michel has been my long time composing buddy, so I asked him to write a couple of songs for Our Oceans as well. They’re also good friends, so that makes it all the more enjoyable to work with them. Jasper, the drummer, has been in our local circle of friends/musicians for a long time. His approach to drums is very artistic and quite different from any other drummer I know. I figured his approach would suit our music very well, and I’m glad to say I wasn’t wrong. As for Exivious, we’re planning to write a new album soon. So both bands will continue to exist side by side.

Q1: OUR OCEANS は3人が EXIVIOUS のメンバーです。なぜ新しいバンドとして始めようと思ったのですか?これからは両方を続けていく予定なのでしょうか?

【TYMON】: OUR OCEANS は僕と女性シンガーをボーカルにフィーチャーして始まったんだ。僕は自由にバンドの音楽やコンセプトを選んだんだけど、そうしたらシンガーソングライターのようなアプローチになったんだよ。僕は長年 RADIOHEAD や Jeff Buckley のファンだったから、このジャンルについて言いたいことがあったんだね。君の質問に戻るけど、OUR OCEANS のミュージシャンを選ぶプロセスは実にオーガニックだった。Robin のフレットレスベースは完璧にフィットしたし、Michael は長い間作曲の相方だからね。だからいつもと同じように彼に OUR OCEANS の曲を何曲か書いてくれないかって頼んだ訳さ。彼らとは良い友達でもあるから、一緒に働くのも楽しいしね。ドラマーの Jasper はローカルシーンで長い間友人だったんだ。彼のドラムに対するアプローチはとてもアーティスティックで、僕の知るどのドラマーとも異なっているね。彼のアプローチは僕たちの音楽にとても良く合うと思ったんだけど、間違ってなかったね。EXIVIOUS に関しては近々新作の作曲を始める予定だよ。だから2つ共続いていくことになるね。

Q2: What’s the meaning behind your band name “Our Oceans”?

【TYMON】: It doesn’t have a very specific meaning, I like the fact that it’s open to interpretation. For me personally, I like to look at the ‘Our’ part as a reference to everyone and everything, while the ‘Oceans’ part would refer to depth and life. The 2 words on their own are very generic, obviously, but together they form quite an elegant bond.

Q2: OUR OCEANS というバンド名前 にはどういった意味が込められているのでしょう?

【TYMON】: 特に意味はないんだけど、オープンな解釈が可能だから好きなんだよ。個人的には、”OUR” の部分は全員、全てといった意味で、”OCEANS” は深さや人生に関連すると思う。2つともそれ自体は一般的で明確な言葉なんだけど、くっつくととてもエレガントだよね。

Q3:Anyway, your debut album “Our Oceans” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【TYMON】: Honestly, I’ve been so focused on this album, for over a year, doing most of the composing, the engineering, the production, the mixing, the guitars, the vocals… that it’s really hard to keep perspective. I hope I did a good job but I can’t really tell anymore haha. That’s how it usually is though. All I know is I gave it my absolute best and I think I managed to express myself in a new way, so I’m happy about that. The response has been amazing actually, much better than I expected to be honest. I figured Our Oceans would be a fun little side project for a very small, niche market. But it seems the interest is stronger for Our Oceans than it has been for Exivious in the past. I guess having vocals has a lot to do with it.

Q3: デビュー作、”OUR OCEANS” がリリースされましたね。今はどういったお気持ちですか?また反響はいかがですか?

【TYMON】: 正直言って、僕はこのアルバムに1年以上集中してきたんだ。ほとんどの作曲を手がけ、エンジニアリング、プロダクション、ミキシング、勿論ギターにボーカル…本当に大変だったよ。良い仕事が出来ていればいいけど…それ以外言えないね(笑)完全にベストを尽くしたし、新しいやり方で何とか表現することも出来たから満足しているよ。反応は今のところ驚異的で、正直言って期待していたよりも良いね。OUR OCEANS はニッチなマーケットのとても小さいサイドプロジェクトになるだろうと思っていたんだけど、EXIVIOUS よりも強く興味を持たれているように感じるよ。ボーカルが入っていることと関係があると思う。

Q4: “Our Oceans” has beautiful, dreamy, melancholic, nostalgic melody all through the album. Also, I felt the artwork and lyrics definitely reflect your music. Could you tell us about the concept of “Our Oceans”?

【TYMON】: Thank you! Well to me, Our Oceans is a singer/songwriter band in the first place. What this means to me, is that the message it carries has to be honest, pure and personal. Most of the songs are about very earthly topics like relationships and love. We tried to reflect this in everything from the music to the artwork to the lyrics.

Q4: “OUR OCEANS” はアルバムを通して、ドリーミーでメランコリックでノスタルジックな美しいメロディーを聴くことが出来ますね。アートワークや歌詞も音楽を反映しているように感じます。アルバムのコンセプトを教えていただけますか?

【TYMON】: ありがとう!僕にとって OUR OCEANS はまずシンガーソングライターバンドなんだ。それはどういう意味かと言うと、アルバムが持つメッセージは正直でピュアでパーソナルなものになるってことなんだ。大半の楽曲はとても日常的な人間関係や愛が題材なんだよ。それを音楽や歌詞、アートワーク全てに反映させているんだ。

12243477_959667610765312_8810184433598078204_n

Q5: So, Tymon’s vocal is very important part of Our Oceans. Your voice is really deep and beautiful. I think you were growl singer in Cynic. Is this the first time to record your clean voice? And who do you respect as a singer?

【TYMON】: Thank you very much! I never sang before, besides the growling thing. The story behind the vocals is that I began seriously training about 1.5 years ago now. The plan was to see if I could get my vocals to a level where they would be good enough to use for Exivious. Like I said above, Our Oceans started with a female vocalist. We were actually half way the recording process when we realized it wouldn’t work out with her. Things just didn’t gel on a musical and personal level. At that point, I was only singing for 9 months or so and didn’t feel that confident about my vocals yet. But with the singer/songwriter concept in mind, I felt it was best if I would give it a try. Maybe the vocals wouldn’t be the best from a technical standpoint, but at least they would be honest and heartfelt. So I gave it my absolute best, it was a lot of work. But in hindsight, I’m very glad things worked out the way they did. It accelerated my singing progress tremendously and I’m beginning to feel much more comfortable with my voice. It’s beginning to be a part of me, just like my guitar playing. One singer I admire a lot is the great Jeff Buckley. Both from a technical standpoint as well as an emotional one. Another singer I love is Petter Carlsen. He has the most angelic voice I’ve ever heard from a guy.

Q5: Tymon のボーカルは OUR OCEANS の重要なファクターの1つです。素晴らしいクリーンボイスですが、CYNIC ではグロウルを担当していましたよね?クリーンに挑戦するのは初めてですか?また尊敬しているシンガーはいますか?

【TYMON】: どうもありがとう!うん、グロウル以外は歌ったことがなかったよ。真剣にボーカルのトレーニングを始めたのも一年半前なんだよ。EXIVIOUS で使えるくらいのレベルになれたら充分だと考えていたんだ。さっきも言ったように、OUR OCEANS は女性ボーカルでスタートしたんだけど、レコーディングの半ばくらいになって彼女とは上手くいかないと分かったんだ。音楽的にだけじゃなく個人的にもね。その時点で僕は9ヵ月しか歌っていなかったから、ボーカルに全然自信がなかったんだ。だけどシンガーソングライターのコンセプトは頭にあったから、僕が挑戦するのがベストだと感じたんだよ。テクニック的にはベストと言えないかもしれないけど、少なくともアルバムのボーカルは正直で心が感じたままなんだよね。後から考えてみると、そうなってとても良かったと思うんだ。おかげで僕のボーカルプロセスは飛躍的に向上したし、自分の声にもより快適さを感じるようになったからね。ギターのように、僕の1部となり始めたんだ。1人、僕が尊敬しているのは偉大な Jeff Buckley だよ。テクニック的にも感情的にも最高だよね。もう1人は Petter Carlsen で、彼は男性とは思えないような天使の歌声を持っているんだ。

Q6: Also, Fretless-Bass is one of the identity of Our Oceans. That warm and jazzy tone really fits your music. Off course, Fretless-Bass fits fusion music like Exivious. But I think there is a few Rock bands using the instruments. Did you think it would fit Our Oceans from the beginning?

【TYMON】: We did give it some thought, because as much as I love the fretless bass, it has the tendency to sound very sweet and smooth. And with our music being kind of sweet already, it might have been ‘too much’. But I’m glad we chose the fretless approach in the end. Robin’s instrumental voice is just working so well with whatever I do. I’m always super happy with the results after we finish a recording session together.

Q6: 同様に、フレットレスベースも OUR OCEANS の重要な特徴の1つですよね?こういった歌モノのロックで使用しているバンドは決して多くはないですが、最初から上手くいくと考えていましたか?

【TYMON】: それについては考えがあってね、僕はフレットレスベースのスイートでスムースなサウンドが大好きなんだよ。勿論、僕たちの音楽もスイートだから、ちょっとやり過ぎになってしまうかもしれないと危惧していたのさ。だけど結局は使用して良かったと思うんだ。Robin の楽器を使用した”声”は僕のどんな音楽にもフィットするんだ。いつもレコーディングを終えるととても幸せな気持ちになるんだよ。

380058_270824509626880_1247245502_n

Q7: Tymon and Robin were in Cynic. Coincidentally, Cynic took clean vocal / melodic approach in “Kindly Bent to Free Us”. What do you think about Cynic now? Do you feel sympathy with them?

【TYMON】: Robin and I were actually still in the band when we started working on that album. I can completely understand Paul’s need to pursue a musical direction like the one you hear on Kindly Bent, but I just wasn’t feeling that comfortable with the songs and also didn’t agree with a lot of their business ethics. But yeah, I do sympathize with Paul’s need to write that type of music. Personally though, I think it’s a better idea to do this under another band name. Like we did with Our Oceans, as opposed to releasing this album with Exivious.

Q7: Tymon と Robin は最近まで CYNIC に所属していました。偶然にも、彼らの最新作 “Kindly Bent to Free Us” では彼らもクリーンでメロディックなアプローチを強めていました。今の CYNIC についてはどう思いますか?

【TYMON】: 実は Robin と僕はあのアルバムの制作を始めたとき、まだ CYNIC にいたんだよ。君があのアルバムで聴いたような、Paul の求める方向性は完全に理解していたんだけど、楽曲がどうもしっくり来なかったし、彼らのビジネスのやり方にも納得いかなかったんだ。だけど、Paul がああいった楽曲を作ることには共感しているよ。個人的には他の名前でやれば良いのにとは思うけど。ちょうど僕たちが EXIVIOUS と OUR OCEANS を分けているようにね。

Q8: Perhaps, you often compared with Kscope roster like, ANATHEMA or Stevens Wilson. Do you think you are involved with Post-Prog movement?

【TYMON】: We didn’t have a very clear and thought-out picture of how things had to sound, before we started the band. Everything grew organically: the musical direction, the songs, the arrangements, the production style, the mixing approach, and so on. We approached this band with a really open mind, just focusing on the singer/songwriter aspect. Other than that, we just let everything happen. So it’s interesting for us as well, to listen to the album now and realize the similarities with artists such as Steven Wilson and Anathema. I guess it makes sense though, when you think about it, because both artists have a focus on melancholic songs, with a background in prog music.Other than that, we’re not very concerned with labels or what movement we’re a part of. But post-prog sounds good to me!

Q8: おそらく、OUR OCEANS は Kscope のロースター、ANATHEMA や Steven Wilson と比較されることが多いでしょう。Post-Prog というムーブメントについてはどう思っていますか?

【TYMON】: このバンドを始める前、僕たちはサウンドについて明確なビジョンを持っていなかったんだ。方向性も、楽曲も、アレンジメントも、プロダクションも、ミックスのアプローチも、全てはオーガニックに形成されていったんだよ。シンガーソングライター的なものという以外は非常にオープンで流れに任せたんだよ。面白いことに、そう言われて今聴いてみるとなるほど Steven Wilson や ANATHEMA に似ているというのも分かるね。君がそう思ったのは、おそらくその2つとも、プログレッシブな背景を持ったメランコリックな音楽だからだろうな。僕たちは特別レーベルやムーブメントに関心がある訳じゃないんだけど、Post-Prog は好きな音楽だね!

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TYMON’S LIFE!!

BJORK “VESPERTINE”

BjorkVespertine-2

ALLAN HOLDSWORTH “SECRETS”

Allan_Holdsworth_-_1989_-_Secrets

DEATH “SYMBOLIC”

Symbolic_Album

CYNIC “FORCUS”

61akmnSSRDL._SY355_-2

JEFF BUCKLEY “GRACE”

grace

【MESSAGE FOR JAPAN】

Tymon_Kruidenier

I really hope to finally play in your country some time soon, I’ve heard some really great things from my colleagues about the prog scene in Japan and touring there in general. And our bass player, Robin, has just visited Japan for a couple of weeks and loved it. So I can’t wait to see it with my own eyes!

僕は本当に近いうちに君たちの国でプレイしたいんだ。仲間たちから日本のプログシーンとそこでツアーをする素晴らしさを聞いているからね。ベースプレイヤーの Robin はちょうど日本に何週間か滞在して大好きになったって言っているよ。自分の目で見るのが待ちきれないね!

TYMON KRUIDENIER

OUR OCEANS FACEBOOK PAGE

www.ouroceans.net

EXIVIOUS FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です