11224682_974219802634721_7843292317610162893_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HORRENDOUS : ANARETA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JAMIE KNOX OF HORRENDOUS !!

Horrendous-Ecdysis-03-500x330

Splendid “Post-Death Metal” From Philadelphia !! HORRENDOUS takes Death Metal to the place that never dreamed of going !!

デスメタルの最新型、US産恐怖のスリーピース HORRENDOUS が新作 “Anareta” をリリースしました!!
Jamie (Drums) と Matt (Guitar, Vocal, Bass) の Knox 兄弟と Damian (Guitar, Vocal, Bass)から成るフィラデルフィアの新鋭は海外のメタルシーンで今最も注目を集めている存在でしょう。Dark Descent Records から10月にリリースされた “Anareta” は老舗メタルマガジン Decibel Magazine において “Album of the Year” 1位、Pitchfork 誌で8.2という高評価を獲得。他の大手音楽誌においても軒並み “Best Metal Albums” に選されています。
では、彼らの何がこれほどまで高く評価されているのでしょうか?それはおそらく、デスメタルの”過去と未来”を見事に融合しているからだと思います。
まず”過去”にフォーカスしてみると、彼らがUS産デスメタルとヨーロピアンデスメタル、2つのルーツを併せ持った稀有なバンドであることが分かります。それを象徴するのが “Siderea” から “Polaris” への流れ。”Siderea” は EDGE OF SANITY = Dan Swano が書きそうな哀愁の叙情的インストで、そこに繋がる “Polaris” のリフやボーカルはメカニカルでカミソリのような DEATH = Chuck Schuldiner そのもの。またその2つが共存している “Stillborn Gods” のような楽曲も存在します。どちらかをリスペクトしているバンドは山ほどあると思いますが、フロリダとゴーゼンバーグをまたに掛け、高いレベルで独自に再現しているアーティストは決して多くはないでしょう。余談ですが、フレットレスベースのように聴こえるジャジーなベースラインも CYNIC や DEATH を想起させ実に効果的ですが、実際は普通のベースを使用しているそう。
では”未来”とは何でしょう?キーワードは “Math” と “Atmosphere”。オープニングトラック “The Nihilist” が示すように、アルバムを通して彼らはリフやリズム面で非常に数学的なアプローチにトライしています。KRALLICE や LITURGY が最新作で同様の挑戦を試みたことも記憶に新しいですね。また、”Acolytes” の後半では DEAFHEAVEN を彷彿とさせるようなアトモスフェリックなパートを導入しています。Post-Black 界隈が発信する、現代メタルシーンのトレンドと言えるこの2つの要素をデスメタルに取り入れることで Post-Death Metal とも呼べるような新鮮味を生み出しているように感じました。勿論、難しい話を抜きにしても、好奇心を満たす実験性と、ブルータリティー、そしてキャッチーなメロディーを兼ね備えた実に素晴らしい作品だと思いますよ。
今回弊誌では、ドラムスを担当するバンドのリーダー、Jamie Knox にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

11224682_974219802634721_7843292317610162893_n

MMM RATING IS…

HORRENDOUS “ANARETA” : 9.8/10

【INTERVIEW WITH JAMIE KNOX】

12341053_1011517778904923_3553976787793924698_n

Q1: This is first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Horrendous come to be? And what’s the meaning behind your band name “Horrendous”?

【JAMIE】: Horrendous is made up of three members: brothers Matt and Jamie Knox and Damian Herring. We started the band in college (Spring 2009); at the time, Matt and I were involved in some other music projects. We invited Damian to come jam with us and things clicked. We wrote and recorded our first demo within 5-6 months after that first session and have been going strong since then. Our band name doesn’t have any specific meaning – it came up during a brainstorming session and sounded cool so we went with it.

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせて下さい。HORRENDOUS 結成の経緯とバンド名の由来を話していただけますか?

【JAMIE】: HORRENDOUS は Matt と Jamie の Knox 兄弟と Damian Herring の3人がメンバーなんだ。バンドを始めたのは大学時代で 2009年の春だったね。当時 Matt と僕はいくつか他のプロジェクトにも関わっていたんだよ。Damian を誘ってジャムったんだけど、ピンと来たんだ。それで、最初のデモをそのセッションから5,6ヵ月の内には制作していたね。バンドはどんどん強力になっているよ。バンド名に特別な意味はないんだけど、話し合っている内にクールに思えたから決めたんだ。

Q2: So, your newest album “Anareta” is just out now! How are you feeling now?

【JAMIE】: We are very proud of the album since we put so much work into it. Everything, including the songs themselves, the artwork, and the production came together nicely and very quickly, allowing us to release it only a year after Ecdysis. So things feel great now and we hope to keep the momentum going.

Q2: 新作 “Anareta” がリリースされましたね。今はどういったお気持ちですか?

【JAMIE】: 実に大きな労力を注いだから、このアルバムを誇りに思っているんだ。楽曲自体は勿論、アートワーク、プロダクション、全てがナイスだね。”Ecdysis” から1年という短いブランクでリリース出来たのも大きかったし。だから今は最高の気分だし、これが続けばいいね。

a4167524112_10

Q3: “Anareta” was awarded Decibel Magazine’s album of the year. Also, Pitchfolk rated it 8,2. What do you think about great reactions from medias and fans?

【JAMIE】: We really appreciate all the positive attention and support – it is reassuring and gives us even more reason to continue doing what we do. And hopefully accolades from big publishers like Decibel and Pitchfork help to expose more people to our music – in the end, that is really what we want. We also love seeing reviews of the album in which the writer really understands and appreciates our work. It is a great feeling when people put that much time into listening to your music..

Q3: “Anareta” は Decibel Magazine の “Album of the Year” に輝きましたし、Pitcfork でも8.2という高得点を叩き出しています。ここまでの高評価を期待していましたか?

【JAMIE】: 全てのポジティブなリアクションとサポートには本当に感謝しているんだ。励みになるし、それ以上に僕達の音楽を続ける動機になるんだよ。そういった Decibel や Pitcfork のような大手メディアからの賛辞が、より多くの人に僕たちの音楽が届く助けになれば良いなあ。結局はそれが最終目標なんだから。勿論、ライターが本当にアルバムを理解し、賞賛してくれているレビューを見るのは大好きだよ。時間をかけて自分の音楽を聴き込んでくれることほど嬉しいことはないからね。

Q4: When you named this great album as “Anareta”, what was in your mind?

【JAMIE】: We had a difficult time deciding on an album title – many were considered but Anareta was the one that we were able to agree upon. Anareta refers to the destroyer planet, the one that represents death and misfortune and negatively influences one’s life. It seemed to be a good fit for the lyrics and artwork, so we stuck with it.

Q4: この素晴らしいアルバムを “Anareta” と名づけたのは、どういった理由からですか?

【JAMIE】: アルバムタイトルを決めるのは難しかったね。沢山の案が出たんだけど、”Anareta” には全員が納得したね。”Anareta” とは惑星の破壊者で、死と不幸と人生のネガティブな面を司る。歌詞やアートワークにもピッタリだったから、気に入ったよ。

946392_603356659721039_2015903944_n

Q5: Lot’s of fans are surprised at sinister artwork. Could you tell us about the concept, lyrical themes, and artwork of “Anareta”?

【JAMIE】: There isn’t a unifying concept for the album thematically, but it often touches on themes of personal philosophy and trying to find truth. This search can be fruitful or dangerous, and I think the artwork and album title somewhat reflect the potential dangers arising from the worlds we develop in our minds to explain our observations and interpretations.

Q5: そのアートワークですが、非常に邪悪な雰囲気を持っていますね。アルバム全体のコンセプトを教えて下さい。

【JAMIE】: アルバムに統一されたコンセプトは存在しないんだ。だけど、しばしば人生観については触れているし、真実を見つけようとしている。その探求は実を結ぶかも知れないし、危険なものかもしれない。アートワークやタイトルは、自分たちの意見や解釈を説明するため、心の中に築いている世界から生じる危険性をいくらか反映していると思うよ。

Q6: “Anareta” reminds me good old 90’s Death Metal. But also, it has modern and eclectic elements. Mixing Old and Modern makes “Anareta” special record, I think. What do you think about that?

【JAMIE】: Sure, I think we take a lot of varied influences (many of which are non-death metal or even non-metal) and fuse them into our own songwriting style. We follow our own musical instincts which I think take us into new territories and keep our music interesting. We certainly aren’t interested in rehashing the past, but our music has some elements from the greats that have come before us that help us to forge our own sound and to look forward.

Q6: “Anareta” の音楽は古き良き 90年代のデスメタルを想起させます。ただ、それだけではなくモダンでエクレクティックな面も存在しますね。新旧のミックスが “Anareta” を特別なレコードにしていると感じました。

【JAMIE】: 勿論。僕たちは色々な影響を取り入れていると思っているよ。デスメタルには限らないし、メタルですらないものもあるね。そしてそれらをソングライティングのスタイルにミックスしているんだよ。自分たち自身の音楽的な本能に従っているし、それが新しいテリトリーに誘い、僕たちの音楽を興味深いものにしているんだ。過去の焼き直しに興味はないけど、勿論僕たちが今のサウンドになるまで鍛えてくれた偉大なバンドたちの要素はあるだろうね。

156059_503300023060037_670948378_n

Q7: “Acolytes” final part is so beautiful and atmospheric. It reminds me Deafheaven. Also, Math / Polyrhytmic approach is important elements of Horrendous. Liturgy take mathy elements in their music. Do you have a sympathy with these New Wave of Post-Black bands?

【JAMIE】: I respect what they are doing and think a lot of it is interesting. Some people like to argue about how “metal” they are, but if the music has any merit, then who cares? We don’t specifically take any significant influence from these bands, but it is nice to be held in a similar regard to bands who are trying to push the envelope in one way or another.

Q7: “Acolytes” の最後のパートは実に美しく、アトモスフェリックですね。DEAFHEAVEN の様ですらあります。ポリリズミカルなアプローチも HORRENDOUS の特徴ですが、最近では LITURGY もそういった手法を取り入れています。そういった新しい Post-Black バンドたちに共感を覚える部分はありますか?

【JAMIE】: 彼らがやっていることをリスペクトしているし、とても面白い音楽だと思っているんだ。彼らがメタルか否かについて好んで議論する人もいるけど、良い音楽なら、そんなこと誰が気にするんだい?僕たちが特に重大な影響を彼らから受けている訳じゃないけど、何とかして限界を超えようとしているバンドたちに例えられることは嬉しいね。

Q8: I think you have two roots of Death Metal. One is US Death Metal, like Morbid Angel, Death, Cynic. And the other is European Death Metal, like In Flames, Edge of Sanity, Dark Tranquillity. It may be hard question, but which roots is more important for you?

【JAMIE】: I don’t think either of those schools of death metal is more important for us. Both are of course very influential. I suppose that early on, the European influence may have been a bit stronger, but I don’t think this is the case anymore. I personally enjoy the US side slightly more, but I don’t think our songs necessarily lean one way or another very strongly. I would say we aren’t really influenced much by some non-Florida type US bands like Incantation, and I think that’s fairly clear from our music.

Q8: 最後に最も重要なデスメタルのルーツについてお伺いします。HORRENDOUS は MORBID ANGEL, DEATH, CYNIC といった US デスメタルと、AT THE GATES, IN FLAMES, EDGE OF SANITY といったヨーロピアンデスメタルの要素を持つ稀有なバンドだと感じています。難しい質問だとは思いますが、どちらの要素がバンドにとってより重要だと思いますか?

【JAMIE】: どちらが重要かなんて考えられないなあ。勿論、両方からとても影響を受けているね。初期はヨーロッパからの影響が少し強かったかも知れないと思うけど、楽曲にもよるよね。個人的には US サイドの方が楽しめるけど、僕たちの楽曲が必ずしもそれに強く傾倒しなければならないとは思わないな。1つ言えるのは、INCANTATION のようなフロリダタイプではない US デスメタルにはほとんど影響されていないってことだね。それは僕たちの音楽を聴けば明らかだと思うよ。

horrendous-3

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JAMIE’S LIFE!!

MERCYFUL FATE “DON’T BREAK THE OATH”

MercyfulFateDBTO

IRON MAIDEN “SOMEWHERE IN TIME”

Iron_Maiden_-_Somewhere_in_Time

JUDAS PRIEST “SAD WINGS OF DESTINY”

Sad_wings_of_destiny_cover-2

DEATH “THE SOUND OF PERSEVERANCE”

TheSoundOfPerseverance2011

MEGADETH “RUST IN PEACE”

Megadeth-RustInPeace

【MESSAGE FOR JAPAN】

1959728_674824169240954_1304627451_n

We hope to perform in Japan sometime in the future! Thanks for the support!

いつか日本でプレイ出来たらいいな!サポートをありがとう!!

JAMIE KNOX

HORRENDOUS FACEBOOK PAGE
http://horrendous.bandcamp.com

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です