12573866_870079086444523_2291912257475781609_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MANDROID ECHOSTAR : CORAL THRONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATT HK OF MANDROID ECHOSTAR !!

12038061_819569464828819_4032916054761091299_n

Canadian Prog Metal six piece, MANDROID ECHOSTAR has just released their debut full-length album “Coral Throne” !!

キャッチーなメロディーとテクニック、そしてプログレッシブな展開を兼ね備えたカナダの新鋭 MANDROID ECHOSTAR が新作 “Coral Throne” をリリースしました!!
2013年にリリースされた EP”Citadel” でそのポテンシャルは充分に証明していた彼らですが、初のフルアルバムとなる今作でブレイクすることは間違いないでしょう。MANDROID ECHOSTAR の魅力はモダンなプログメタルとクラッシックなロック/メタルを見事に融合している点だと思います。AVENGED SEVENFOLD の出世作 “City of Evil” はモダンメタルと SONATA ARCTICA のようなパワーメタルを融合した素晴らしい作品でしたが、MANDROID ECHOSTAR の”Coral Throne” は Djent や カオティックな要素まで取り入れさらにアップデートされた内容となっているのです。
アルバムオープナーである “Hypnos” は彼らの長所を凝縮したような楽曲。パワーメタル然としたギターハーモニーのイントロからグルーヴィーな低音リフに移行する瞬間が実にクールです。トリプルギターを最大限に活かして、ギターハーモニーと低音リフの共存を可能にしたエポックメイキングな佳曲ですね。
“Violet Skies” を聴けば Michael Cicca の強力な歌唱と共に彼らのクラッシックメタル/ロックへの傾倒ぶりが分かるでしょう。壮大なスケールで紡がれるエピックな楽曲は初期 ANGRA のようなテイストすらあります。よりプログレッシブで複雑な “Zelos” にも感じましたが高音でファルセットをミックスする Cicca の歌唱はエモというよりも Andre Matos を想起させますね。
同時に、彼らのカナダの血にも触れない訳には行きません。”The Lotus” に象徴されるように、つい最近まで共にツアーを行っていた PROTEST THE HERO のリフワークに影響を受けているのは確実でしょう。”Matoax” に至っては RUSH のようなポップさすら感じますね。カナダから出現するプログバンドはやはり何か持っています。シャープでフレッシュなモダンサウンドとオールドスクールをミックスさせた彼らの楽曲は幅広い層にアピールしそうですね。
今回弊誌ではアートワーク、歌詞、そしてドラムスを担当する Matt HK に話を聞くことが出来ました。どうぞ!!

12573866_870079086444523_2291912257475781609_n

MMM RATING IS…

MANDROID ECHOSTAR “CORAL THRONE” : 8,8 / 10

【INTERVIEW WITH MATT HK】

1239018_10153186127145414_344928596_n

Q1: This is the first Interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did MANDROID ECHOSTAR come to be? And what’s the meaning behind your band name “MANDROID ECHOSTAR”?

【Matt】: As a band we have a fairly average back story. Myself, Steve, Adam and James were all good friends who had been in various bands together and all had very similar musical ideals, and the other half of the band, Michael and Sam, were in a band together and good friends. Over the course of 2011 we all met and realized that we wanted to start a musical project together.
The name Mandroid Echostar doesn’t have a specific meaning, it was something coined by our bass player Adam. But i think we chose it because it embodied what we wanted to make of the band – Something fun and epic, that is both simple and complex but doesn’t take itself too seriously.

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせて下さい。MANDROID ECHOSTAR 結成の経緯と、バンド名の由来を教えていただけますか?

【Matt】: バンド結成の経緯は、ありふれたような話しかないんだ。僕と Steve, Adam, James はいくつかのバンドで一緒にやっていた良い友達で、とても近い音楽的なビジョンを持っていたんだ。Michael と Sam は別のバンドで一緒にやっていたんだよ。2011年の間に僕たちは全員が会って、一緒にプロジェクトを始めたいと分かったんだ。
MANDROID ECHOSTAR という名前だけど、特に意味はないんだ。ベーシストの Adam が考えたんだけど、僕はこの名前にバンドの目指すところが込められていると思うな。楽しくてエピカル、単純だけど複雑な面を持っていて深刻になりすぎないって感じがね。

Q2: You guys just finished “The Kezia 10th anniversary Tour” with PROTEST THE HERO. How was that?

【Matt】: The Kezia tour was amazing. It was our first tour that spanned almost the entirety of Canada, and we couldn’t have asked for a better band to go out with. We’ve known the guys in Protest the Hero for quite a while, and they are some of the nicest, most humble people i know, which makes spending an entire month with them easy. They’re all very fun and easy going guys. Kezia is also a record that our band grew up on, so being included in that tour and watching them play it every night was special for all of us..

Q2: 現在は PROTEST THE HERO との “Kezia” 10周年ツアーを終えたところですよね?いかがでしたか?

【Matt】: Kezia ツアーは最高だったよ。カナダ全域を回ったのは初めてだったし、これ以上ないバンドと共演出来たんだからね。PROTEST THE HERO のメンバーはかなり前から知っているんだ。僕の知る中でも最もナイスで謙虚な人たちだね。だからひと月一緒に過ごすのも楽だったよ。楽しくて気楽な人たちだからね。それに僕たちは “Kezia” を聴いて育ったから、彼らが毎晩あのアルバムを演奏するのを眺めるのは、バンド全員にとって特別なことだったのさ。

12068741_819646948154404_6077449248382817090_o

Q3: So, your newest album “Coral Throne” is just out now !! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【Matt】: We are all feeling very happy and relieved to have “Coral Throne” out! It was a long process from writing and recording to the actual release, so we are very glad to have that wait over and done with. The anticipation of getting that record into the hands of your fans is both exciting and nerve wracking, you spend a long time hoping that people will understand your vision, and it is very gratifying to learn that they understand and enjoy the product of your hard work.
The reactions so far have been amazing! We have been hearing from many fans, and they seem to be enjoying it very much! We’ve also had a lot of great reviews, and a lot of support and encouragement from our peers. The day it came out, “Coral Throne” was the number 1 metal album and the number 12 rock album on iTunes, which was incredible. .

Q3: では、新作の話をしましょう。”Coral Throne”、遂にリリースされましたね! 今のお気持ちはいかがですか?またこれまでの反響はどうですか?

【Matt】: 僕たち全員が幸せだし、”Coral Throne” をリリース出来てホッとしているんだ!作曲しレコーディングを行い、実際にリリースするまで長い道のりだったからね。遂にリリースすることが出来て本当に嬉しいんだ。レコードを手にしたファンの反応を予想するのはエキサイティングでもあり、ナーバスにもなるね。ビジョンを理解してくれることを祈りながら長時間かけて制作する訳だから、ファンに通じて楽しんでもらえたら嬉しいし報われるよ。
反響は今のところ素晴らしいよ!多くのファンと話をしたんだけど、彼らはとても気に入ってくれているようだったね!レビューも素晴らしいものが多いし、仲間からのサポートや激励も助けになっているよ。”Coral Throne” がリリースされた日には、iTunes のメタル部門で1位、ロック部門でも12位を獲得したんだ。信じられないね。

Q4: When you named this great album as “Coral Throne”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【Matt】: This album is a metaphorical and fictional account of colonialism, and the things that colonialism entails, such as cultural genocide. In this story we focus on the clashing of two different religions and how that unravels between two dominions and between individual people. I came up with the album title “Coral Throne” to reference something that is both powerful and fragile, as well as in reference to some colonial invader, as something that has come from the sea to assert its reign on the land.

Q4: タイトルを “Coral Throne” とした理由、アルバムのコンセプトを教えて下さい。

【Matt】: この作品は比喩的でフィクションだけど、植民地化とそれによって引き起こされる、文化の破壊のような弊害について語っているんだ。この物語の中で僕たちは、2つの異なる宗教間の対立と、それにより生じる主権者間、個人間のほころびに焦点を当てているんだ。”Coral Throne” というタイトルを思いついたのは、パワフルだけど壊れやすい、植民地侵略者、海から現れて統治するといった事柄に関連するからなんだ。

12274369_844035382382227_4730376100822622810_n

Q5: What’s Classic Metal/Rock to you? I really love your way of mixing Modern Metal and Classic Metal. “Violet Skies” definitely typical example of that.
A7X did close approach in “City of Evil”. Are you influenced by them somewhat? Or you have roots of epical Power Metal such as Helloween, Sonata Arctica?

【Matt】: We are all huge fans of both classic rock and classic metal. Most of us grew up on bands like Van Halen, Led Zeppelin and Pink Floyd, and I think that inspiration comes across in our music. We are all huge fans of “City of Evil” in particular and we certainly relate with Avenged Sevenfold on the love of the grandiose feel and non stop guitar harmonies, that record in particular was an important part of our musical upbringing. We also have some power metal fans in the band, and our influence from that music is much the same as what we take from Avenged Sevenfold, being the epic sound and focus on guitar. Therion and Blind Gaurdian are a couple of the band favourites! I also know that Helloween and Sonata Arctica are some of the first metal bands our singer Cheech ever listened too and loves, so it was pretty funny that you mentioned them.

Q5: あなた達のクラシカルなメタルとモダンなメタルを融合させるやり方は素晴らしいですね。A7Xも “City of Evil” で同様の手法を取っていました。彼らから影響を受けましたか?また HELLOWEEN, SONATA ARCTICA のようなクラシカルなロックやメタルはあなたにとってどのような存在ですか?

【Matt】: 僕たち全員がクラシカルなロックやメタルの大ファンなんだよ。ほとんど全員が、VAN HALEN, LED ZEPPELIN, PINK FLOYD のようなバンドを聴いて育ったし、インスピレーションの1つだと思っているよ。
同時に僕たち全員は特に “City of Evil” の大ファンでもあるんだ。彼らの持つ壮大なスケール感、ギターハーモニーの洪水を愛しているから、A7Xには間違いなく影響を受けているよ。あのレコードは僕たちの音楽的な背景の中でも特別なものなんだ。
また、僕たちはパワーメタルのファンでもあるね。A7Xが影響を受けたのと同じようなバンドに影響を受けているんだ。エピックなサウンドでギターにフォーカスされたようなね。THERION と BLIND GUARDIAN は大好きだよ!シンガーの Cheech が初めて聴いたメタルバンドが HELLOWEEN や SONATA ARCTICA で彼らを愛していることも知っているよ。だから君が彼らに言及したのは、とても面白いね。

Q6: When we focus on your proggy side, you are often compared with Coheed & Cambria. Yeah, I agree that. But we can’t miss your Canadian Blood. Protest the Hero is off course, and “Matoax” reminds me even legendary Rush. What’s Canadian Blood to you?

【Matt】: I can certainly say that we are proud to be in the company of amazing bands like Rush and Protest the Hero as a Canadian Prog band. But I feel that Canada, being such a young country, doesn’t have a history of music that is deep enough to give it an inherent sound. As far as Canadian Prog Rock/Metal goes, we are all products of global influence, especially in this day and age where Canadian music is just as easy for us to find and be influenced by as the music of Japan or any other country.

Q6: あなた達のプログレッシブサイドに焦点を当ててみると、COHEED & CAMBRIA との比較が多いですよね。ただ、PROTEST THE HERO や RUSH のような”カナディアン・ブラッドに言及しない訳にはいきません。

【Matt】: 1つ言えるのは、PTH や RUSH のような素晴らしいカナディアンプログの仲間入りが出来て誇らしいということだね。ただ僕が感じるのは、カナダはまだまだ若い国で、音楽の歴史もなく深く受け継ぐようなサウンドもまだ存在していないんだ。だからカナダのプログロック/メタルに限らず、特に今日の音楽シーンからグローバルに影響されているよ。僕たちくらいの世代なら、日本やその他の地域の音楽をDigって聞き込むことも容易いからね。

Q7: Your album art work is always fabulous, mystic, nature based. Does that relate to the identity of your band?

【Matt】: Thank you! I create all of the album art myself, and it is always based on the concept of each album in one way or another. I write a lot of our lyrics about humanity and our relationships to nature and ourselves, and these concepts give a lot of opportunity to write epic and mystical stories, which I personally love and find to suit Progressive music perfectly. So yes, those concepts are definitely something that has become part of our bands identity.

Q7: あなたのアートワークはいつも素晴らしいですね。

【Matt】: ありがとう!僕が全てのアートワークを手がけているんだけど、全てのアートワークはそれぞれアルバムのコンセプトを元にしているんだ。僕はほとんどの歌詞も書いているんだけど、内容は人間性や、自然と人間との関係についてだよ。そういったコンセプトがあるからエピカルでミステリアスなストーリーが書けるんだ。そしてそれはプログロックに完璧にフィットするね。だから、僕たちのコンセプトは間違いなくバンドのアイデンティティだよ。

Q8: Three guitarists are in MANDROID ECHOSTAR now. You know, lot’s of band two or single guitarists in the band. What made you stick to triple guitar?

【Matt】: The reason for us having three guitar players is mainly orchestration. With three guitars we can do all of the harmonized leads we want without loosing the power of the rhythm guitar, as well as this it allows us to make a riff more intense by tripling instead of just doubling or to write parts with many nuances that necessitates three different guitar parts.

Q8: MANDROID ECHOSTAR はトリプルギターという珍しい形態を取っていますね。

【Matt】: うん、トリプルギターにしている主な理由はオーケストレーションなんだ。3人のギタリストがいることで、リズムギターのパワーを失わずに全てのギターハーモニーを再現出来るんだ。それにギター2本より強力なリフを書くことも出来るしね。求められる細かいニュアンスを表現することが出来るんだよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MATT’S LIFE!!

BLINK 182 “ENEMA OF THE STATE”

Blink-182_-_Enema_of_the_State_cover

DEFTONES “WHITE PONY”

MI0002932694

MASTODON “BLOOD MOUNTAIN”

Mastodon_-_Blood_Mountain

PROTEST THE HERO “KEZIA”

61922XMBAXL-2

KIMBRA “VOWS”

vows_cover

【MESSAGE FOR JAPAN】

1441367_468639889921780_795934500_n

Konnichiwa! I can safely say that Japan is the place that we are most looking forword to visiting, and hopefully we will be able to play some music in your wonderful country soon! And we hope that you enjoy our new record!!

こんにちは!日本は僕たちが最も訪れたかった国だと言っても良いだろうね。君たちの素晴らしい国ですぐにライブを行えることを願っているよ。それまで僕たちの新しいレコードを楽しんでね!

MATT HK

MANDROID ECHOSTAR FACEBOOK PAGE
MANDROID ECHOSTAR OFFICIAL SITE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です