1618629_1037618092968186_4433654816916716668_n

INTERVIEW WITH TRULS HAUGEN 【CIRCUS MAXIMUS : HAVOC】PRE-RELEASE IN JAPAN SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TRULS HAUGEN OF CIRCUS MAXIMUS !!

12314470_1031321923597803_7639732609410053225_o

Norwegian Prog Metal five piece, Circus Maximus set to release their newest album “Havoc” on 3/2 PRE-RELEASE in Japan !!

メタル交差点、ノルウェーが誇る伝統的プログメタルの正統後継者 CIRCUS MAXIMUS が日本で3/2、海外で3/18に4年ぶりの新作 “Havoc” をリリースします!!
彼らの素晴らしさは、パイオニア DREAM THEATER のスリリングなインタープレイ、複雑な展開をしっかり血肉としながらも、北欧ならではの瑞々しいメロディーを前面に押し出している点にあると思います。それを可能にしているのはまずシーンきっての実力者 Michel Eriksen の卓越したボーカル、澄み切った声質でしょう。KAMELOT で Roy Khan の代役を務めた経歴は伊達ではありません。彼らの最高傑作と名高い “Isolate” 収録の “Arrival of Love” は Michel の特徴を十二分に活かした名曲だと言えるでしょう。JOURNEY さえ想起させる軽快なギターリフに乗る、どこかセンチメンタルでポップな Michael のメロディアスなボーカルは、CIRCUS MAXIMUS が他のプログメタルバンドたちとは明らかに一線を画す存在であると主張しています。
また、時に使用されるシンフォニックなキーボードサウンドやクワイアもじつに効果的。そうして生まれたダークでミステリアスな空気感が彼らの
ヨーロピアンなアイデンティティーを強く伝えてくれますね。
さて、今回弊誌は “Havoc” の全曲試聴以前にインタビューを決行しました。その理由は、まず前作 “Nine” が、質は高いけれども少し全体のインパクトが薄れたように感じられたこと。そして先行公開されたシングル2曲の内、”Havoc” が CIRCUS MAXIMUS の楽曲とは思えないほどアメリカナイズされたヘヴィー&ダークな楽曲だった為です。勿論、もう1曲 “The Weight” は非常に彼ららしい、強力なメロディーとエスニックなテイストを備えたプログレッシブな楽曲だった訳ですが、それ故に彼らの目指すところを確認し、リリース前に読者の皆様にアルバムの方向性をお伝えしたかったのです。
さて、”Havoc” とはどのような作品なのでしょう。バンドの創立メンバー、Haugen 兄弟の弟、ドラマーの Truls Haugen に語ってもらいました。どうぞ!!

1618629_1037618092968186_4433654816916716668_n

【INTERVIEW WITH TRULS HAUGEN】

171460_142602082469796_1067723_o

Q1: The amazing show, “Live in Japan” was released on you tube. It was supported by lot’s of fans with Indiegogo Campaign. How was your first show in Japan, Loud Park 2012? Was it special for you?

【TRULS】: Yes, we played the prestigous Loud Park Festival in 2012 and it was totally amazing! We didn’t expect the concert to be filmed either so that was a bonus for us. So when we got home we started an IndieGogo campain to fund the release and it was very succesful. A very special concert and trip for us indeed.

Q1: CIRCUS MAXIMUS の初来日公演となった Loud Park 2012 ですが、”Live in Japan” として You Tube で公開されましたね?多くのファンが Indiegogo キャンペーンを通してサポートした訳ですが、特別なものになったのではないですか?

【TRULS】: そうだね、僕たちはあの有名な Loud Park で2012年にプレイしたね。全てが素晴らしかったよ!あのコンサートが撮影されているなんて思っていなかったから、僕たちにはボーナスみたいなものだっね。
それで家に帰った後、それをリリースするために資金を集める Indiegogo キャンペーンを始めたんだ。大成功に終わったね。実にスペシャルなコンサートと旅だったよ。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Circus Maximus come to be? And what’s the meaning behind your band name “Circus Maximus?

【TRULS】: My brother Mats and I started playing together in the early 90’s when we were kids. We were playing covers of bands like Metallica, Megadeth and Testament. In the mid 90’s we got really into progressive music by listening to bands like Dream Theater and Symphony X and around the year 2000 we started to call the band Circus Maximus. The name of the band my brother and I found in a video game called “Ripper”. I think that was in 95 or 96. We didn’t even think about the big Gladiator Stadium (now a huge grass field) in Rome.

Q2: 初インタビューなので、まずはバンドについて教えて下さい。CIRCUS MAXIMUS 結成の経緯とバンド名の由来を話していただけますか?

【TRULS】: 兄の Mats と僕は子供の頃、90年代の初めに共にプレイし始めたんだ。METALLICA や MEGADETH, TESTAMENT といったバンドのカバーをプレイしていたよ。90年代の半ばには DREAM THEATER, SYMPHONY X のようなバンドを聴いてよりプログレッシブなバンドにのめり込むようになったのさ。そして 2000年前後には CIRCUS MAXIMUS というバンドを始めていたよ。
バンド名は兄と僕が “Ripper” というビデオゲームで見つけたんだ。95年か、96年のことだったと思う。それがローマの闘技場(今は大草原になっている)のことだとすら知らなかったんだ。

Q3: So, your newest album “Havoc” set to be released soon! How are you feeling now?

【TRULS】: Very excited! It is always a bit scary to reveal your new “baby” to the public. We have been working very hard on it and we can’t wait to show off our new live show as well!

Q3: 新作 “Havoc” が間もなくリリースされますね!今のお気持ちはいかがですか?

【TRULS】: とても興奮しているよ!いつも新しい作品を世に出す時は少し不安なんだけどね。このアルバムのためにハードワークして来たし、新しいライブをみんなに見せるのも楽しみだね。

Q4: When you named the album as “Havoc”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of “Havoc”?

【TRULS】: Well, Havoc is the title of one of the new songs and it is a very different song were the lyrical content is very dark and destructive. It’s about just going “crazy” and wreaking havoc in the process. That song repesents the darker and heavier side of the album, both musically and lyrically and it was also a fitting title for the album. The thin red line lyrically is about being “burned”. For example in a relationship, in every day life or even literally… The feeling you are left with in a sence.

Q4: タイトルを “Havoc” に決めた理由、アルバムのコンセプトを教えて下さい。

【TRULS】: うん、”Havoc” は新曲のタイトルの1つで、歌詞の内容が暗くて破壊的な、かなり趣を異にする楽曲なんだ。作曲のプロセスはほとんどクレイジーで、大混乱だったんだよ。この楽曲は音楽的にも歌詞の面でも、アルバムのダークでヘヴィーな1面を表しているね。同時に、アルバムタイトルにもフィットしたんだ。
歌詞も一線を画していて、激怒している状態について。例えば人間関係であったり、日常生活であったり、文字通りの意味さえあるね…。ある程度は残る感情だよ。

1909514_849563451773652_1841999219401569998_o

Q5: The artwork reminds me Japanese “Origami”, the art of Paper folding which is often associated with Japanese Culture. Does the artwork associate with “Origami”?

【TRULS】: Not really, but we are open to interpretations. It represents our “version” of the flame symbol. It also kind of looks like a robots head….hehe.

Q5: アートワークは日本の文化に根付いている”折り紙”を想起させますね?

【TRULS】: どうだろうね。まあ、色々な解釈があっていいと思うよ。僕たちは、炎のシンボルを表現したつもりなんだ。ロボットの頭にも見えるよね(笑)

Q6:How was the writing process? How have you evolved on “Havoc” since your former release “Nine”?

【TRULS】: We basically kept the same sound we had from “Nine”. Especially with the organic audio mix. It is important to stand out in this day and age were it seems like all metal mixes are extremely generic and streamlined…. and boring. Musically we are much broader than ever I think by having vast counterpoints and musical aspects. I believe that there are music for everyone on this album. It is also funny to piss off the prog fans by being different… haha. There’s nothing more “prog” than that…hehe.

Q6: 作曲過程はどうでしたか?前作 “Nine” と比べてどの様に進化を遂げましたか?

【TRULS】: 基本的には “Nine” と同じサウンドを保っているよ。特にオーガニックなオーディオミックスに関してはね。昨今のメタルのミキシングは、どれも似たり寄ったりで合理化されていてつまらないよね。だから際立たせることが重要だったんだ。
音楽的には、今までよりも幅広くなっていると思う。莫大な音楽的要素や対比が使用されているからね。このアルバムは全ての人にアピールするアルバムだと信じているんだ。同時に、音楽性が違うことが Prog ファンをイライラさせるんだから面白いよね(笑)実は”異なっている”ことほど”プログレッシブ”なことは無いのにね(笑)

Q7: I’ve heard two songs from “Havoc”. “The Weight” has beautiful melody, prog aspect, and a bit oriental feeling. It sounds just like Circus Maximus. But “Havoc” is heavy, dark, and aggressive. I think it’s new direction for you. Does “Havoc” have the wide range of musical aspects?

【TRULS】: Like I answered in the previous question, Yes. We didn’t have anything to do with the choice of singles released so far, that was the record label’s decision, but I think those two songs represent a couple of the counterpoints in mentioned. “The Weight” being a “proggy” song with a strong melody but still a bit soft around the edges, and “Havoc” being a heavy, short monster that roll over you like a freight train. The rest of the album takes even more left and right turns musically.

Q7: 仰る通り、公開されているシングル2曲は、アルバムの幅広い音楽性を象徴しているようですね。

【TRULS】: うん、まあシングルカットの選択に僕たちは今の所関わってないんだけどね。レーベルの決定だよ。だけどさっきも言ったように、この2曲は対比が重要な意味を持つアルバムの1面を示していると思う。
“The Weight” は”プロギー”な楽曲で、強力なメロディーとソフトとさえ言えるような音楽性だね。対して “Havoc” はヘヴィーで短いモンスター。貨物列車のように君を揺さぶるだろう。アルバム残りの部分も、音楽性はさらに右往左往するんだよ。

Q8: Anyway, have you heard Dream Theatre’s new release “The Astonishing”? How do you like it? Is there any possibility that you will make such a long conceptual album someday?

【TRULS】: Dream Theater has and always will be the kings of progressive metal. I love most of their albums and must say that their new one is very ambitious one. Not quite my cup of tea though… With Circus Maximus we released a concept album in 2007 with “Isolate”, and we have had and still have a thin red line lyrically in all our releases. I think that is more than enough for us at this point. But never say never…

Q8: 最後に、DREAM THEATER の新作 “The Astonishing” はもうお聴きになりましたか?ああいった長尺のコンセプトアルバムにいつかチャレンジしてみたいと思いますか?

【TRULS】: DREAM THEATER は昔も今も Prog Metal の王様だよ。僕は彼らの作品の大半を愛しているけど、新作はとても野心的だと言わなければならないだろうね。正直あまり好みではなかったよ…
CIRCUS MAXIMUS は2007年にコンセプトアルバム “Isolate”をリリースしているね。毎回異なる題材を扱って来たよ。現時点でああいった長尺コンセプトアルバムは僕たちにはやり過ぎだと思えるんだけど、まあ何が起こるか分からないからね…

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TRULS’S LIFE!!

METALLICA “KILL’EM ALL”

Metallica_-_Kill_'Em_All_cover

MEGADETH “COUNTDOWN TO EXTENSION”

Countdown_album_cover

DREAM THEATER “AWAKE”

R-6157864-1412522811-5101.jpeg-2

SYMPHONY X “THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY”

SymphonyXTheDivineWingsOfTragedy

FAITH NO MORE “KING FOR A DAY, FOOL FOR A LIFETIME”

Faith_No_More_-_King_for_a_Day..._Fool_for_a_Lifetime

【MESSAGE FOR JAPAN】

11289436_929127063817290_4303757423588946341_o

Thank you so much all your support! We can’t wait to come back and play for our Japanese friends!

いつもサポートしてくれてありがとう!!また友人たちのために日本に戻ってプレイするのが待ちきれないよ!

TRULS HAUGEN

CIRCUS MAXIMUS FACEBOOK PAGE
CIRCUS MAXIMUS OFFICIAL SITE
DISK UNION MARQUEE/AVALON HAVOC PRE-ORDER

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です