タグ別アーカイブ: best new music

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANGRA : SECRET GARDEN】


EXCLUSIVE !!! INTERVIEW WITH KIKO LOUREIRO OF ANGRA !!!

ag10906094_10152654634507252_6756645854000744304_n

BRASILIAN GUITAR VIRTUOSO, KIKO LOUREIRO TALKS ABOUT ANGRA’S NEW ALBUM SECRET GARDEN, NEW SINGER AND MORE !!

紆余曲折。ブラジルが誇るナショナルトレジャー、 ANGRA 通算8枚目のアルバム SECRET GARDEN はかなりの難産でした。まずオリジナルボーカルでカリスマ的存在だった ANDRE MATOS の後を引き継いで見事にバンドを再生させた EDU FALASCHI が脱退。バンドの歴史の大半在籍した名ドラマー/パーカッションの達人 RICARDO CONFESSORI も脱退。後任としてライブ参加からなし崩し的にあのミスターメロスピ、FABIO LIONE をメンバーに引きずり込み、ギターの RAFAEL, EPICA の SIMONE, DORO PESCH 姉さんといったゲストボーカルの力も借りつつなんとか完成に漕ぎ着け日本先行で発売されました。内容は微塵もそんなゴタゴタを感じさせない充実度です。実際オリコンチャートでも初登場7位を記録!このバンドの肝はやはりメロディー。ボーカル、ギターフレーズ共に前作よりも良いと思いました。勿論彼らならではの技巧、知識を生かしたインテリジェンスも以前より比較的シンプルながら効果的です。日本でも多くのギタリストに崇拝される天才ギタリスト KIKO LOUREIRO が忙しい中、少しですが新作について語ってくれました!!どうぞ。

ag10393177_791065430933665_7315849728479135953_n

【SECRET GARDEN】

ag10384846_876311909075683_1772308504592568955_n

Q1:  “Secret Garden” has just launched only in Japan !! How are you feeling now?

【KIKO】: It is always a great feeling to complete an album. It’s a lot of work to compose and record.  Now  I have a great expectation to hear what the fans will say. We are trying different elements on this album and I’m very curious about  the feedback we will get.

Q1: “SECRET GARDEN” が日本先行リリースされましたね。どんなお気持ちですか?

【KIKO】: アルバムを完成させるのはいつだって最高だよ。作曲やレコーディングに多くを注ぎ込む訳だからね。今はファンからの反応が楽しみで仕方がないよ。このアルバムでは違ったエレメントを試したしフィードバックには本当に興味があるんだ。

Q2: At first, Fabio Lione join the band. Why did Angra choose him? And do you think that is right decision so far?

【KIKO】:  It was a natural choice.  Great singer and great person . Also very experienced to work and tour with.

Q2: FABIO LIONE がバンドに加わりましたね。なぜ彼を選んだのですか?今のところ上手くいっていますか?

【KIKO】: とても自然な決断だったよ。偉大なシンガーで偉大なボーカル。共に働きツアーを行うに充分の経験も積んでいるからね。

ag1958026_837940746246133_5706682651744628069_n

Q3: Speaking of vocal, this album has lots of singers. Simone Simons of Epica, Doro Pesch, and Rafael are singing. Why?

【KIKO】: Rafael had the dream to sing in an Angra album. Why not after so many years? He has a great voice and deserves to fulfill his dream. On Temple of Shadows we had some guests too and we liked   how it come out so this time We wanted to  invite great singers again.

Q3: ボーカルと言えば今回は EPICA の SIMONE SIMONS, DORO PESCH, そして RAFAEL も歌っていますね。

【KIKO】: RAFAEL は ANGRA のアルバムで歌うのが夢だったんだ。なぜこんなに長い年月掛かったのかって?彼は素晴らしい声を手に入れたから夢を叶えるに値するんだよ。”TEMPLE OF SHADOWS” でも何人かゲストに来てもらって気に入ったから今回も偉大なシンガー達を招いたのさ。

Q4: Anyway, “Secret Garden” is one of the best album of Angra. Everything we want is in it. Beautiful melody, progressive aspect, and AWESOME your shredding guitar !! Is this a conceptual album? Which song do you most proud of?

【KIKO】: I always think about the whole processes and the whole work, not in a single song. I really like the final result but  the judgment has to come from the fans. They will tell us if we went to the right direction or not.

Q4: “SECRET GARDEN” は ANGRA の作品でもベストなアルバムの一枚ですね。美しいメロディー、プログの要素、勿論あなたのシュレッドも最高です!!特に気に入っている曲はありますか?

【KIKO】: 僕はいつも曲単位ではなくプロセス全体、作品全体で考えるようにしているんだ。本当に仕上がりには満足しているけど判断はファンによって下されるべきだからね。彼らが正しい方向に進んでいるのかそうでないのか教えてくれるだろう。

ag544951_852531051453769_6637062264442731392_n

Q5: Do you think Jens Bogren is one of the reason that “Secret Garden” become really masterpiece?

【KIKO】: Everyone has a role in producing the album. Composers,  musicians , management, Roy Z and Jens. Definitely Jens was very important for the quality of the songs and album.

Q5: JENS BOGREN の関与は吉と出たようですね。

【KIKO】: このアルバムの製作陣は全員役割を果たしたね。コンポーザー、ミュージシャン、マネージメント、ROY Z に JENS。確実に JENS の存在は曲、アルバムのクオリティーにとって非常に重要だったよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thanks a lot !! Also we are looking forward to Japan tour 2015 !! Message for Japan, Please !!

ag10600587_837940666246141_1445725737666755208_n

We all love to go to Japan.  I’m counting the days to go! Looking forward to meet Japanese fans, play for this beautiful crowd, walk on the streets eat the great food, enjoy the country and learn more from such an incredible people Thanks a lot!! Kiko

ANGRA は日本に行くのが大好きなんだ。指折り数えて待っているよ!日本のファンに会って、美しい観衆のためにプレイし、日本をエンジョイしてみんなから色々学ぶのを楽しみにしているよ。どうもありがとう!!

KIKO LOUREIRO

<ANGRAジャパン・ツアー2015>

2015年5月18日(月) 大阪 BIGCAT 2015年5月19日(火) 名古屋 クラブクアトロ 2015年5月20日(水) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST 2015年5月21日(木) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST [問]クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/05angra/

ANGRA FACEBOOK PAGE

DISKUNION: SECRET GARDEN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ
PLZ PUSH LIKE! OUR FACEBOOK PAGE!!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHARLES (VIOLIN/CLEAN VOCAL) OF NE OBLIVISCARIS !!

noNe_Obliviscaris_CITADEL_1_2(c)Svartwerk

AUSTRALIAN PROG METAL BAND, NE OBLIVISCARIS WILL COME TO JAPAN IN JUNE !! DON’T MISS THEIR BEAUTIFUL MELODY, INTELIGENCE SOUND, AND AWESOME PERFORMANCE !!

2012年にデビュー作にして傑作、”PORTAL OF I” で彗星の如くシーンに登場したオーストラリアのプログメタルバンド NE OBLIVISCARIS。彼らの勢いは止まる所を知りません。2013年には早くも日本ツアーを成功させ、昨年は 2nd アルバム “CITADEL” をリリース。一部で「舌出る」と呼ばれ親しまれたこの作品、2枚目のジンクスなどどこ吹く風で弊サイトのリーダーズポールでも上位に入った他、海外の権威あるFBのライク何万系のサイトでも軒並み高評価を獲得しました。彼らの素晴らしさはまず楽曲が10分を超えても決して長いと思わせないその構成力。クリーンボーカル、ヴァイオリンを駆使した静と動の駆け引きにメロディーの素晴らしさが相俟って唯一無二の世界観を構築しています。加えて時折顔を覗かせる DJENT やモダンでアトモスフェリックなプログメタルからの影響が白眉で、時代の寵児感と舌が出まくっていますね。6月に行われる2度目の来日公演は見逃せないものになるでしょう。海外の権威あるFBのライク何万系サイトからの取材が殺到したため掲載が遅れてしまいましたが(これはマジです)バンドの要、ヴァイオリン/クリーンボーカルの TIM CHARLES です。どうぞ。

no10605995_10152592277479898_6748307934585965047_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】

SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】


EXCLUSIVE COMMENT FROM MATT HALPERN OF PERIPHERY

Periphery-Juggernaut

MODERN PROG METAL NEW HERO, PERIPHERY SET TO RELEASE THE DUAL ALBUM “JUGGERNAUT: ALPHA” AND “JUGGERNAUT: OMEGA” ON 1/27 !!

periphery2013

PROG METAL/DJENT シーンのニューリーダー、PERIPHERY 待望の新作が来年の 1/27 に発売されます。“JUGGERNAUT: ALPHA” ” JUGGERNAUT: OMEGA”。コンセプトアルバムを2枚同時リリース!!勝負を賭けてきましたね!アルバムの出来如何では 2015 年が PERIPHERY の年になる可能性も充分にあります。MESHUGGAH を原点とした TECH-METAL でありながら同時に EMO, ELECTRONICA, JAZZ-FUSION, PROG, POP といった様々な音楽からのインプットをカラフルに巧みに配置し唯一無二の独自性を構築してきた PERIPHERY。彼らの素晴らしさはミュージシャンをも唸らせるような複雑でテクニカルな演奏、楽曲ながら、ティーンネイジャーが夢中になるようなキャッチーさやロックの原衝動を兼ね備えている点です。今回はタイトル、ジャケ共にポケモンリスペクトでバリバリにティーンを意識し、さらに勝負を賭けてきていますね。そして勿論、ポケモンを意識してきたというのは 2014 年二度に渡って訪れ最高のパフォーマンスでガッチリとそのハートを掴んだわれわれ日本のファンに対する更なるアピールでもあります。PERIPHERY を支える凄腕ドラマー、MATT HALPERN から日本のファンに向けて独占メッセージを公開します!!

pr10858633_10101837988483325_8869572862384305348_n

続きを読む SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PAOLO COLAVOLPE OF DESTRAGE

ITALIAN RISING STAR !! TECHNICAL, POWERFUL, AND CHAOTIC !! INTELLIGENCE MODERN METAL BAND DESTAGE ARE GONNA COMING TO JAPAN ON 2015 AGAIN !!

dr1011894_10153242557070104_679622586_n

 ボーニョボーニョボニョザガナノゴ~~で図らずも自らの狂信的ジブリ愛、日本愛を世の中に広く知らしめる事に成功したイタリアン・ライジングスター、DESTRAGE。DISARMONIA MUNDI の奇才 ETTORE RIGOTTI の肝入りで製作した 2nd アルバム “王様はデブで老いぼれである” のイカレっぷりが各所で好評を博し、あれよあれよという間にメタル界の大御所 METAL BLADE と契約を結んでしまいました。今年そこから発表した彼らの最新作 “ARE YOU KIDDING ME? NO.” は弊サイトのリーダーズポールにランクされたように実に素晴らしい彼らの最高傑作となりました。確かにアルバムタイトルや曲名に象徴されるように彼らのイカレた部分は非常に魅力的なのですがこのアルバムでは良い意味で成熟し、荒削りだった部分が改善されています。とは言え SIKTH, PROTEST THE HERO, BETWEEN THE BURIED AND ME などをさらに闇鍋化させたようなその INSANE なサウンドは十二分に健在。昨今のバンドたちよりギターヒーロー的なプレイを連発するギターチームも最高にクールですね。二度目の来日も決まったようで止まるところを知らない彼らの快進撃。ボーカルの PAOLO に話が聞けました。

dr10351677_10154393502840104_3706134212707193132_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】

TOP 30 BEST ALBUMS OF 2014 【MMM READERS POLL】


READERS POLL 2014: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

mmmA1366

48 PEOPLE VOTED !! THX THX THX !!

1: OPETH – PALE COMMUNION

op1393776_10152715969158410_2578177366856299948_n

POINT: 69.5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

2: ANIMALS AS LEADERS – THE JOY OF MOTION

aal1899980_10152282178211639_513755368_n

POINT: 57

READ THE REVIEW HERE – NEXT SENSE

3: INTERVALS – A VOICE WITHIN

iv1545035_612612432109005_1910997994_n

POINT: 51

READ THE REVIEW HERE – SPUTNIK

4: BABY METAL – S/T

bmmScreen Shot 2014-02-26 at 9_10_56

POINT: 42,5

READ THE REVIEW HERE – GRUMBLE MONSTER

4: BORIS – NOISE

bna0395701593_2

POINT: 42,5

READ THE REVIEW HERE – GUILTY FOREST

6: CYNIC – KINDLY BENT US FREE

cna2258119394_2

 POINT: 37,5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

7: ARCHITECTS – LOST FOREVER // LOST TOGETHER

architectsuk-lostforever

POINT: 37

READ THE REVIEW HERE – UNDER THE GUN

8: SKYHARBOR – GUIDING LIGHTS

sha3919737527_2

POINT: 33,5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

READ THE INTERVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

9: VAMPILLIA – THE DIVINE MOVE

vps27223178

POINT: 32

READ THE REVIEW HERE – DECAYED SUN RECORDS

10: FALLUJAH – THE FLESH PREVAILS

fj51lmCH3kOAL__SY355_

POINT: 29,5

 READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

10: THE NOVEMBERS – RHAPSODY IN BEAUTY

nvndf30cb8d6d98309c09bc2ce0a7d14d16

POINT: 29,5

READ THE REVIEW HERE – GRUMBLE MONSTER

12: ANATHEMA – DISTANT SATELLITES

at無題          POINT: 28

READ THE REVIEW HERE: SONGMEMORIES IN MY HEAD

13: DEVIN TOWNSEND – Z2

dt無題              POINT: 27

DEVIN TOWNSEND FANS JAPAN
READ THE REVIEW HERE: DEVIN TOWNSEND FANS JAPAN

14: DESTRAGE: ARE YOU KIDDING ME? NO.

dr無題               POINT: 26

15: NE OBLIVISCARIS – CITADEL

10304788_10152605957594898_200598014682521613_n              POINT: 24

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

16: SUKEKIYO – IMMORTALIS

sk無題           POINT: 23,5

READ THE REVIEW HERE: DECAYED SUN RECORDS

17: A. C. T – CIRCUS PANDEMONIUM

act無題                POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: CAMELLETGO BLOG
NO.1 ALBUM 2014 (SO FAR) OF EMPTY LORD

17: ALCEST – SHELTER

alc無題             POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: DIES IRAE
READ THE REVIEW HERE: GRUMBLE MONSTER

17: AKAI KOUEN – MOURETSU RITOMI

ak無題                 POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: NEXT SENSE

17: DESTINY POTATO – LUN

a2276940674_2             POINT: 23

READ THE INTERVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

17: INVENT, ANIMATE – EVERCHANGER

ia無題             POINT: 23

22: SIANVAR – S/T

sva3149165295_2              POINT: 21

22: POLYPHIA – MUSE

ph無題             POINT: 21

24: THE CONTORTIONIST – LANGUAGE

ct無題               POINT: 20

25: SITHU AYE – PULSE

sy無題              POINT: 19

25: WIDEK – OUTSIDE THE UNIVERSE

wd無題           POINT: 19

27: SOEN – TELLURIAN

se1505434_815641751819715_3276670940934560809_n             POINT: 18,5

READ THE INTERVIEW HERE -MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

28: THE KINDRED – LIFE IS LUCIDITY

tk無題           POINT: 17,5

29: TRAINWRECK – OLD DEPARTURES, NEW BEGINNINGS

twa0257776112_10           POINT: 17

READ THE REVIEW HERE – LONGLEGSLONGARMS RECORDS

30: VAMPILLIA – MY BEAUTIFUL TWISTED NIGHTMARES IN AURORA RAINBOW DARKNESS

vp無題                 POINT: 16,5

31: INSOMNUM – SHADOWS OF THE DYING SUN

is無題             POINT: 16

 

31: ISOLATE – HIBINOKOTO

isl無題                 POINT: 16

READ THE REVIEW HERE: GUILTY FOREST

 

【SUM-UP】

まずは読者の皆様ご投票ありがとうございました。おかげさまで48人もの方にご投票頂きました。結果として大変興味深い順位になったのではないでしょうか。基本的にほぼジャンルのくくりなしに投票頂いたのですが洋楽、邦楽、メタル、ロック、メジャー、インディーと、勿論弊 WEBZINE の特性上プログ系がやや多いにせよ、バランス良いランキングになったのが嬉しいですね。
今回リーダーズポールを行った理由の一つに、果たして日本の大きな音楽系雑誌はしっかりと扱うべきアーティストを扱っているのだろうかという疑問が沸いて来たからというのがありました。音楽通、音楽好き、海外
の意見とズレているのでは?と感じたからです。好きだから扱う、あまり好きではないから扱わない、では日本のシーンはまた何年も遅れてしまいます。勿論もっと細分化されジャンル毎に音楽系雑誌が乱立すれば素晴らしいのでしょうがそんな時代でもないですね。若者が雑誌を買わないという理由もあるでしょう。それでも雑誌は未だに音楽文化の最大の発信源であると思います。インタビューも弊サイトが申し込むよりもよっぽど熱心に答えてくれるでしょう。雑誌しか読まない読者はおそらく今回上位の AAL, INTERVALS も知らないのではないでしょうか。ベビメタちゃんは海外でベストメタルアルバムに選ばれました。また何作も発表した為にやや順位が落ちましたが(合計するとベスト3に入る)日本が誇る VAMPILLIA はどうでしょうか。SKYHARBOR は?FALLUJAH は? ALCEST は?もし知らないとしたらそれは非常に残念な事です。現在日本で人気のあるなしに拘らず、ジャンルどうこうに拘らず、クールなもの新しいものはどんどん発信していって欲しいものです。そうする事でファンも増えるでしょう。来年は PERIPHERY の年になる(はず)です。この結果を少しでも反映させて頂ければ幸いです。尚、今回30位に惜しくも入らなかったもの、入ったけれど詳しく取り上げられなかったものに関しては後日特集ページを作成しようと考えています。勝手にリンクを貼らせて頂いたサイトの皆様にはほとんどテロのような感じでしょうがご容赦下さいませ。最後にもう一度、読者の皆様ありがとうございました。来年もぜひ宜しくお願い致します。
MMM EDITOR IN CHIEF: SIN

JUMP TO THE ARTIST’S CHOISE

PLEASE PUSH “LIKE” OUR FB PAGE

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SKYHARBOR : GUIDING LIGHTS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KESHAV DHAR OF SKYHARBOR

INDIA BASED SUPER PROG/DJENT BAND SKYHARBOR RELEASED THEIR AWESOME NEW ALBUM “GUIDING LIGHTS”!!

Skyharbor042_1

インドの新鋭、DJENT/PROG 界期待の星、SKYHARBOR が待望の 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” を BASICK RECORDS からリリースしました。 先日レビューにも綴りましたが DANIEL TOMPKINS が正式に加入、バンドも固まって DJENT とアトモスフィアを融合させた POST-DJENT という方向性が明確に定まったモダンメタルの大傑作だと思います。バンドの中心人物の一人 KESHAV DHAR にインタビューを行う事が出来ました。”GUIDING LIGHTS” を紐解き、さらに良く理解するためにぜひ読んでみて下さい。どうぞ。

sha3919737527_2

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SKYHARBOR : GUIDING LIGHTS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FREAK KITCHEN : COOKING WITH PAGANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATTIAS “IA” EKLUNDH FROM FREAK KITCHEN!!

REMARKABLE SWEADISH TRIO “FREAK KITCHEN” RELASED AWESOME NEW ALBUM “COOKING WITH PAGANS”!!

fk10443994_10152748074584766_8444750809242560546_n 

 “APPETIZER” の日本リリースが1994年。という事は今年デビュー20周年となるスウェーデンの GUITAR GOD, MATTIAS “IA” EKLUNDH 率いる変態ハードロックトリオ FREAK KITCHEN。前作 “LAND OF THE FREAKS” から5年の月日を経て彼らの新作 “COOKING WITH PAGANS” がリリースされました。彼ら独特のキャッチーなメロディーと時に複雑怪奇な曲展開。ギターの切れ味も益々鋭さを増してきている感さえあります。サイトを始める際、この人にインタビュー出来たらいいな、と漠然とまず考えた MATTIAS “IA” EKLUNDH になんとロングインタビュー出来ました。多くは要らないでしょう。どうぞ。

【ABOUT “COOKING WITH PAGANS”】

fk10626668_10152733177704766_5064623766876894294_n

Q1: Your new album ‘ Cooking with Pagans’ is about to launch in world wide!! ‘Land of the Freaks’ was released in 2009. So, It took 5 years. We waited for that for a long time. How are you feeling now? And why is it taking so SPUNKING long?

【IA】: I am feeling well and happy, thank you. Yes, it took a long time but hopefully it was worth the wait. In between the two most recent records, I recorded my Freak Guitar – The Smorgasbord album and the album Art Metal: The Jazz Raj with my friend Jonas Hellborg and Indian drummer Ranjit Barot. I also built my Apple Horn studio in the forest of Sweden, outside of my hometown of Gothenburg.

Q1: 新作 “COOKING WITH PAGANS” がリリースされましたね。前作 “LAND OF THE FREAKS” のリリースが2009年ですからリリースに5年間かかった事になります。その理由と今のお気持ちを聞かせて下さい。

【IA】: とても良い気分だし幸せだよ、ありがとう。うん、確かに長い時間かかってしまったけど待っただけの価値がある作品になったと思うよ。新作までの5年間は僕のソロ作FREAK GUITAR” の”THE SMORGASBORD” ART METAL “THE JAZZ RAJ” (友達の JONAS HELLBORG とインド人ドラマー RANJIT BAROT とのプロジェクト)を製作していたんだ。あとは僕の地元ゴーセンバーグの外側にあるスウェーデンの森に APPLE HORN STUDIO って自分のスタジオを建てたんだ。

Q2: ‘Cooking with Pagan’ is nice title. And I love the artwork with that. Why did you choose this title? And is this album have any conceptual story? 

【IA】: We had the privilege of being contacted by amazing Disney animator Juanjo Guarnido a while back. He was a rabid Freak Kitchen fan and was eager to draw the artwork. I had the idea from way back that the cows sort of took over, having them with our heads chopped off in front of a cannibal kettle and Juanjo really liked it and did the best possible artwork. There is no deep meaning or concept behind it, just a groovy cover. We are so grateful to have him onboard.

Q2: “COOKING WITH PAGANS” はタイトルもアートワークも素晴らしいですね。何かコンセプトはありますか?

【IA】: 名誉なことに僕らは、しばらく前に素晴らしいディズニーのアニメイター JUANJO GUARNIDO から連絡を貰ったんだ。彼は熱狂的な FREAK KITCHEN のファンでアートワークの製作を熱望していたんだ。僕は前から、マスコットの牛は引き継ぎながら、人喰い鍋の前で牛に僕らの生首を持たせるってアイデアを暖めていたんだ。JUANJO はそのアイデアをとても気に入って出来うる限り最高のアートワークを製作してくれたよ。深い意味やコンセプトはなくてただグルーヴィーなカバーだよ。彼にはとても感謝しているよ。 fk10671340_772254589513927_5580124228207018816_n

Q3: “Slop-py-py-py-py-py-py-py-py! Sloppy!” is FREAKY cool!! Black/White PV is also nice. Yeah, I think that’s exactly Freak Kitchen’s song. We can sing a long with chorus. And guitar phrase “EFF#G EFF#G A A# B” is very impressive. That kind of rhythmical phrase is trademark of Freak Kitchen. Anyway, you always think great deal of catchy feeling and sing a long chorus as much as musical difficulties. I love that. Why?

【IA】: I am a sucker for melodies combined with good music. You can sing really aggressive but still carry a tune. We also have influences from all over the world that we like to fuse with traditional song writing… and that together becomes Freak Kitchen sounding music (that I am glad you like).

Q3: “SLOPPY” はまさに FREAK KITCHEN らしい曲ですね!シンガロング出来るキャッチーなコーラスと音楽的複雑さを兼ね備えています。

【IA】: 僕は良い音楽に付随するメロディーに夢中なんだ。思いっきりアグレッシブに歌ったりもするだろうけどそれでもやはりちょっとした歌は歌うよね。世界中の伝統音楽から影響を受けてその要素を混ぜたりもする。そういったものが全て合わさって FREAK KITCHEN の音楽になるんだ。気に入ってくれると嬉しいな。

Q4: I roar with laughter about the title’I don’t want to golf’ . Is there any rock song of that kind of title?? NOPE. And lyrics include the words ‘Hole in one’ or ‘Bunker’. haha. Your song title is sometime very strange like ‘Anal Bleach’ ‘Murder Groupie’ ‘Propaganda Pie’ …How did you come up with it?

【IA】: I want to put out music and lyrics I haven’t heard before. I also think you can write about virtually anything. Stuff I think about, while walking the Swedish woods with my two German shepherd dogs, usually manifest itself into our songs. Although a lot of tunes may come off as funny at first, when you read between the lines, they are actually quite harsh and upsetting. Humor is a good way to share difficult topics so they get bearable.

Q4: “I don’t want to golf” という曲名には笑いました。あなたは他にも “Anal Bleach” “Murder Groupie” “Propaganda Pie” などかなり変わった曲名をつける時がありますがそういう曲名はどうやって思いつくのですか?

【IA】: 僕は今まで聞いた事のない音楽や歌詞を発表したいんだ。実際君達だって何か書けるはずさ。例えば僕は二匹のジャーマンシェパードとスウェーデンの森を歩いている時に曲のアイデアを思いついたりする。多くの曲はまず愉快な印象を与えるかもしれないけど、よく行間を読めば実際はそれらが非常に無情で動揺を誘う事に気づくだろうね。ユーモアは難しい話題を扱う時有効なんだ。それで耐えられるってところがあるからね。

Q5: Did you sing in ‘Private Property’? I felt it was sing by singer like Doug Pinnick. Very low and nice voice.

【IA】: It is Chris, our bass player that is singing it. He is also the man behind songs like Razor Flowers, Infidelity Ghost and The Only Way. I will tell him you like his voice.

Q5: “Private Property” の歌はあなたですか?あなたの声より低い気がしました。良い声ですね。

【IA】: CHRIS だよ。僕らのベーシストが歌っているよ。彼は他にも RAZOR FLOWERS, INFIDELITY GHOST, THE ONLY WAY で歌っているよ。君が気に入ったと彼に伝えておくよ。

fk1782170_10152718810869766_250939441361382789_n

Q6: ‘Come back to Comeback’ and Ranks of terrified’ is very challenging song, I think. It’s like guitar play to burst into flames. Are you satisfied with that?

【IA】: I do what I do and sometimes I, like in Ranks of the Terrified, use tapping as a riff. People tend to use tapping non percussive, like a waterfall, whereas I think you can do wonderfully, rhythmical things with it. So I do.

Q5: “Come back to Comeback” “Ranks of Terrified” はとてもチャレンジングな曲ですね。火の出るようなギタープレイがとても印象的です。

【IA】: 僕は僕らしくやっているだけさ。時々僕は、”RANKS OF TERRIFIED” でやっているように、リフにタッピングを使うんだ。タッピングを流れるようにパーカッシブな要素なしで行う人は多いけど、もっとリズミカルに素晴らしくやることだって出来ると思うんだ。僕もそうやっているよ。

fk10419509_10152523808489766_4977460293075517427_n

 【ABOUT FREAK KITCHEN】

Q1: Let’s talk about your works from the past. My favorite FREAK song is ‘Vaseline Bizinez’. That song has perfect balance between catchy feeling and musical difficulties. Anyway, What album and song are you most proud of?

【IA】: This is really hard to say. Naturally I am most happy with the new one, Cooking with Pagans. But a song like Teargas Jazz from the previous one is a highlight in our career as well. There are a whole bunch of tunes I like. Another favorite is We’ve Heard it All Before from the third album. I always like that.

Q1: 過去作の話をしましょう。どのアルバムと曲が最も誇らしいですか?

【IA】:  とても難しいね。自然な事だけど今は新作 “COOKING WITH PAGANS” が一番気に入っているよ。ただ前作の “TEARGAS JAZZ” のような曲は自分のキャリアでも新作と同じくらいハイライトだね。好きな曲は山ほどあるよ。3枚目の“WE’VE HEARD IT ALL BEFORE” は大好きだね。常に好きだよ。

Q2: Freak Kitchen is always trio. Why are you particular about three piece?

【IA】 It gives you a lot of freedom and you have to get yourself together. There is nothing to hide behind, you have to play well or it will totally collapse. I adore the trio format.

Q2: FREAK KITCHEN は常にトリオ編成ですね。なぜトリオに拘っているのですか?

【IA】: トリオにはたくさんの自由があると同時に自分をコントロールする必要がある。ごまかしは効かないししっかり演奏しないと全てが崩壊してしまう。だからトリオが好きなんだ。

【ABOUT MATTIAS “IA” EKLUNDH】

fk10734164_10152841827714766_8696136755849175564_n

Q1: I think you are one of the first person using polyrhythm riffs in Metal. That kind of approach becomes popular now a days. Anyway, do you hear Meshuggah or Djent? And what do you think about them?

【IA】: Fredrik of Meshuggah is a close friend and broke so much ground with what he is doing. I think though that most of the so called Djent stuff is a lame ripoff of Meshuggah who are in a totally different league.

Q1: あなたはメタル界隈で最初にポリリズミックなリフを導入した人物の一人だと思います。今ではその考え方は当たり前のものになっていますが。MESHUGGAH や DJENT は聴きますか?

【IA】: MESHUGGAH FREDRIK とはとても親しい友人で彼は本当に多くの新境地を開拓したよね。これは僕の考えだけど、ほとんどのDJENTって呼ばれる音楽は完全に別格であるMESGUGGAHからパクったクソつまらないものだと思うんだ。

Q2: Would you talk about your gears? What do you like your main guitar Caparison Apple Horn 8? And please tell me other guitars and amps. I love your magical tone and harmonics. I can’t believe you don’t need lots of effects…

【IA】: I think the use of effects take you away from your true sound, who you really are (unless you built the effects yourself, that is). There is so much hiding in the guitar itself you don’t need a lush pedal board in between you, the instrument and the amp, in my opinion. The Apple Horn 8 is a marvelous guitar, the best one I have ever played and I will bring it to Japan shortly so you can hear and see for yourself.

Q2: 機材について教えて下さい。愛器 CAPARISON APPLE HORN 8  のどの辺りが気に入っていますか?あなたがあまりエフェクトを使用せずあのトーンやハーモニクスを生み出しているのが信じられません。

【IA】: エフェクトを多用する事は君の本当のサウンド、本当の君らしさから君を遠ざけてしまうと思う(自分でエフェクトを構築してないなら尚更ね)。ギター自体の良さを消してしまうから君と楽器とアンプの間に豪華なペダルボードは必要ないと思うよ。あくまで僕の考えだけどね。THE APPLE HORN 8 は素晴らしいギターだよ。今まで弾いた中でも最高のものだね。日本にも少しの間だけど持って行くから自分の目と耳で確かめて欲しいな。

meimages

Q3:You sometimes use hose clip, a remote control, dildo, and other toys or everyday necessities. Haw,Haw,How did you come up with it?And did you use new toys in this album?

【IA】: Not so many toys on Cooking with Pagans but all the more on Freak Guitar – The Smorgasbord that was released last year; combs (Musth), balloons (Trumpet Lesson) and more.

Q3: あなたがホースクリップやリモコン、ディルドー、その他生活用品やオモチャを演奏に使用する事は有名ですが今回は何か新しい物を使用しましたか?

【IA】: COOKING WITH PAGANS ではあまり使用しなかったんだけど FREAK GUITAR では沢山使用したよ。THE SMORGASBORD は去年リリースされたんだけど、MUSTH では櫛を、TRUMPET LESSON では風船を、あと色々と使ったよ。

Q4: You are take part in the documentary film ‘ Axemen of Sweden’ along with John Norum, Kee Marcello, and others. Why does Sweden create lots of talented guitarists? And is there any young guitarist you like in the world?

【IA】: There are tons of tremendously gifted guitarist out there, no doubt. I still go back to my old Django Reinhardt records though to hear true attitude, something I do lack in today’s shredders. But I am sure there is someone out there who will turn the guitar world upside down. I really hope so for the future of guitar, an instrument so groovy and potent. I am not sure why so many good guitarists come from Sweden. We’ve got nothing to do here, in the cold wintertime, than to stay inside and practice I guess, haha.

Q4: JOHN NORUM, KEE MARCELLO, などと共にドキュメンタリー映画 “AXEMAN OF SWEDEN” に参加していましたね。なぜスウェーデンから多くの才能に溢れるギタリストが輩出されるのでしょう?また若手で気に入っているギタリストはいますか?

【IA】: 疑いようもなく多くの才能あるギタリストがスウェーデンから現れているね。僕は今でも今日のシュレッダー達に欠けている何か・・・正しい態度とでも呼べる何かを聴くためにしばしば古いDJANGO REINHARDT のレコードをかけるんだ。ただギターの世界をひっくり返すような誰かが現れると信じてもいるんだ。ギターというとてもグルーヴィーで力強い楽器の未来のためにもそう望んでいるよ。なぜスウェーデンからこんなに多くの良いギタリストが現れるんだろうね。寒い冬には家に籠ってギターを練習するくらいしかやる事がないからかもしれないね(笑)

Q5:I love your solo projects. But why do you create solo records? Is that your challenge for guitar and music?

【IA】: My solo records are important to me as it gives me a window to explore and come up with new music, music I have yet to hear out there. It is a true blessing to have someone like Steve Vai supporting you in this mission, to break new ground and discover various ways to approach the guitar. Thank God, Steve finds what I do important and I have total freedom to do what I want to do. I love going into my studio and create something out of total nothing.

Q5: ソロプロジェクトも素晴らしいですがなぜFKとは別にやる必要があるのでしょう。

【IA】: 僕のソロ作品は重要な意味を持っているんだ。新しい音楽を探索したり発見したりする為の窓的なものと言えるかもしれないね。STEVE VAI のような人が、ギターの新境地を色々なアプローチで開拓するというこのミッションをサポートしてくれるなんて本当に天恵としか思えないよ。神様ありがとう。スティーブは僕のやる事を重要だと認めてくれるし僕のやりたい事を完全に自由にやらせてくれる。僕はただスタジオに入って何もないところから製作するのが好きなんだ。

fk531154_10151347415129766_1240715209_n

【FIVE ALBUMS: KEY TO IA】

FRANK ZAPPA: OVERNITE SENSATION

fk1

KISS: DESTROYER

fk2無題

MAHAVISHNU ORCHESTRA: THE INNER MOUNTING FLAME

fk3無題

THE TUBES: WHAT DO YOU WANT FROM LIVE

fk4無題

DEAN MARTIN (COMPILATION): I’M IN LOVE WITH YOU

fk5無題

 【MESSAGE TO JAPAN】

fk548454_10150756039009766_641946471_n

Thank you for your stunning support over the years, dear Japanese friends out there. I hope to see as many of you as possible in December during my Caparison Clinic visit. Loads of more freaky music coming your way soon! Spread the word, take care and stay freaky.

親愛なる日本の友人達へ。長年に渡る変わらぬサポートをありがとう。12月にCAPARISON CLINICで訪れている間に出来るだけ多くの人と会えたらいいな。もっともっと多くの FREAKY MUSIC がもうすぐ君達の元に届くだろう!僕達の音楽をどんどん広めて欲しいな。体に気をつけて FREAKY でいよう!
                    MATTIAS “IA” EKLUNDH

fk無題12

購入はこちらから
CAPARISON CLINICのご予約
FREAK KITCHEN HP
THANKS A LOT, MATTIAS AND FREAK KITCHEN!!

VIDEO MESSAGE + PRE-REVIEW : GUIDING LIGHTS 【SKYHARBOR】


VIDEO MESSAGE TO JAPAN FROM DEVESH DAYAL OF SKYHARBOR!!!

PRE-REVIEW : GUIDING LIGHTS BY SKYHARBOR

Skyharbor-Guiding-Lights-album-art

SKYHARBOR WILL RELEASE THEIR 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” ON 11/10 !!

インドの新鋭、DJENT/PROG 界期待の星、SKYHARBOR が11/10 に待望の 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” を BASICK RECORDS からリリースします。マネージメントのご厚意で発売に先駆けて全曲聴くことが出来ました。レヴューと ギタリスト/ソングライター、KESHV のコメントを掲載します。

Skyharbor042_1

ABOUT “GUIDING LIGHTS”

Guiding Lights offers 10 new tracks of exhilarating and heady progressive music, weaving a sonic tapestry of technically beautiful and imaginative melodies around crunchy metal riffs and sweeping, atmospheric vocals.
The album was funded by fans after a fast-paced and successful PledgeMusic campaign and has been mixed and mastered by legendary Australian producer Forrester Savell (Karnivool, Animals As Leaders, Dead Letter Circus).
“GUIDING LIGHTS” は爽快なプログロックの新曲が10曲収録されています。美しくテクニカルな音のタペストリーと創造性のあるメロディーがクランチーなメタルリフと押し寄せるアトモスフェリックなボーカルに共鳴しています。このアルバムは PLEDGEMUSIC CAMPAIGN をファンの方々によるファンドで成功させる事により製作されました。非常に早いペースで集まりましたね。ミックスとマスタリングはオーストラリアの伝説的プロデューサー、FORRESTER SAVELL (KARNIVOOL, ANIMALS AS LEADERS, DEAD LETTER CIRCUS) が手掛けていますよ。

sh10702082_719004961507810_7049492317523340737_n

Track-listing:
1. Allure  6:46
2. Evolution  5:39
3. Idle Minds  7:46
4. Miracle  5:59
5. Halogen  7:02
6. New Devil  6:55
7. Patience  4:42
8. Guiding Lights  9:22
9. Kaikoma  4:37
10. The Constant  9:33

【COMMENT FROM KESHAV DHAR】

“We are thrilled to announce that our second record is officially complete, and it is titled ‘Guiding Lights’. We have worked incredibly hard over the last two years on making this album the most spectacular effort we could create, and we thank our AMAZING fans for helping bring it to life and take it to the next level! We can’t wait for you to sink your teeth into it!”
公式に僕らの 2nd アルバムが完成したことを発表出来て興奮しているよ。タイトルは “GUIDING LIGHTS” 。このアルバムを作る為、過去2年以上に渡って僕らは信じられないくらい働いたね。僕らが作り得る最高の物が出来たと思うよ。このアルバムに息を吹き込み、一段上の段階に進む手伝いをしてくれた僕らの AMAZING なファンのみんなには本当に感謝しているよ!君達がこのアルバムに没頭するのが待ちきれないね!
                                                                          KESHAV DHAR

【REVIEW : GUIDING LIGHTS】

全てが一段も二段も進化した作品。そう評価せざるを得ないでしょう。彼らのデビュー作、“BLIDING WHITE NOISE: ILLUSION & CHAOS” MARTY FRIEDMAN (ex-MEGADETH), DANIEL TOMPKINS (TESSERACT), VISHAL J. SINGH (AMOGH SYMPHONY) といった錚々たるメンツをゲストに向かえ製作されましたがその事よりも作品の内容、質の高さで世界に驚きを持って迎えられました。LOG のクリス・アドラーをして”Right now, I am very much into a band called Skyharbor from India”(今、インドの SKYHARBOR ってバンドにクッソハマってるぜ)などと言わしめた訳ですから。
それから3年。DANIEL を正式メンバーに向かえ製作された本作は完全にアジアの音楽が世界レベルで戦える事を証明しています。まず KARNIVOOL やAAL, DLC などを手掛けたプロデューサー、FORRESTER SAVELL を起用した事により全体的に音の良さ、クリアさ、”圧”が際立っていますね。加えて、TESSERACT にも復帰しノリにノッているダニエルの歌唱には本当に目を見張るものがあります。彼らの目指す DJENT とアトモスフィアを融合させた POST-DJENT。その美しさを表現するのに彼以上の適任はいないでしょう。確かにガチガチの DJENT っぽさやスクリームはかなり減ったのでそこを求める向きには少々物足りないかも知れません。ただそこは僕達の PERIPHERY に任せれば良い訳で。SKYHARBOR は DEFTONES やTOOL の血を引く KARNIVOOL, DEAD LETTER CIRCUS といった新世代オルタナと SIGUR ROS やそれこそ日本が誇る MONO のような美しいポストロックの空気を目一杯吸い込んだ POST-DJENT 確立するべきだと思うし、このアルバムで確立したと言っても過言ではないと思います。
T5 HALOGEN, タイトル曲の長尺曲 T8 GUIDING LIGHTS を聴けば TESSERACT よりもさらにオーガニックなアトモスフィアを追求する彼らの挑戦が感じ取れると思います。だからと言ってキャッチーさが後退しているかというと全くそんな事はなくアルバム最後を飾る T10 THE CONSTANT などはこちらも10分近い大曲ですが DJENT の持つダイナミズム、ポストロックのアトモスフィア、プログロックの構成美、新世代オルタナのキャッチーさ全てを兼ね備えた DJEPICAL な曲に仕上がりました。T1 や先行公開された2曲も非常にキャッチーで新しいファン層を取り込む事に貢献するでしょう。T9 KAIKOMA で日本語のナレーションが使用されているのも嬉しいですね。SKYHARBOR が最早プロジェクトではなくタイトなバンドとなった事を証明する方向性のしっかり定まった傑作です。 THIS IS POST-DJENT!!

                   RATING 10/10

WAIT WITH LISTENING THEIR 1ST ALBUM

 

sh無題

Guiding Lights follows on from the critically acclaimed 2011 debut ‘Blinding White Noise: Illusion & Chaos’ which won the band fans worldwide, including Lamb of God who handpicked the band to support them in India and saw the band picked to play at festivals across the globe including Euroblast, Techfest, Download, and Graspop and resulted in awards for Best Song, Best Album and Best Band at the Rolling Stone India Metal Awards.

http://store.basickrecords.com/artist/skyharbor

https://www.facebook.com/skyharbormusic

AND YES!! WE NEED MORE, ANUP!!

as10712887_10103089444350608_5299098221859945523_nas10448749_660977830643857_219095336589683286_nas10666060_733760939994153_146060005848083736_n

asB1ZJS2RCcAE6ry9as10687117_10152690709272279_5202866403299764693_n

WORLD PREMIERE: “CITADEL” FULL STREAM 【NE OBLIVISCARIS】


WORLD PREMIERE: FULL STREAM OF NE OBLIVISCARIS’S UPCOMING ALBUM “CITADEL”

SEASON OF MIST から11/7に発売される NE OBLIVISCARIS  の新作 “CITADEL” の FULL STREAM です!!

no10369906_10152508028074898_7355980390643523456_n

 傑作です。普段そういった形容詞は使用しないSoMさんが “AMAZING NEW ALBUM” と銘打って来た事からもこのアルバムの特異性が分かります。アルバム冒頭の組曲 ‘PAINTER OF THE TEMPEST‘ 、特に16分にも及ぶPARTⅡの完成度は圧巻です。前回公開した ‘PYRHIC’ も素晴らしい出来でしたが更にその上を行っている気がしました。クリーンパートの充実振りが前作からの確かな進化を感じさせますね。11/7、楽しみに待ちましょう!!尚、彼らのインタビューも到着次第掲載致します。乞うご期待です!

PYRRHIC

                                                                                 BY NE OBLIVISCARIS
MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF NE OBLIVISCARIS
11/7発売、NE OBLIVISCARISの新作CITADELから新曲をもう一曲!!PYRRHIC。9分50秒の戯曲。世界初公開です!!
興奮冷めやらぬので少し感想を。世の中にはごく稀に、完璧な一曲というのが存在します。その基準は勿論、人それぞれ。ただ私にとってこの曲はまさにそうでした。1stからの進化を如実に感じさせながら見据える先はさらに遠方。OPETHが90~00年代に果たしてきたPROG DEATH/BLACKシーンのリーダー的役割、その重責を受け継ぐ覚悟をこの一曲で示したのではないでしょうか。この曲で彼らが提示したアグレッション、アトモスフィアは非常に現代的。そこにNE OBLIVISCARIS独特のメロディーと狂おしいまでに扇情的なヴァイオリンの音色が加わることで妖怪の仕業としか思えないゲラゲラポーが誕生したのです。アルバムを通して聴くのが待ちきれませんね。

ne10641230_10152699148689898_202601901723910275_n

www.facebook.com/NeObliviscarisBand
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/NeOeshop

 

PAINTER OF THE TEMPEST (PART Ⅲ): REVERIES FROM THE STAINED GLASS WOMB

                                                                   BY NE OBLIVISCARIS
MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF NE OBLIVISCARIS
ヴァイオリンを含む6人編成、オーストラリアのプログレッシブブラック/デスメタルバンドNE OBLIVISCARIS。世界に驚きを持って迎えられたデビュー作にして名作’PORTAL OF I’に続く彼らの2ndアルバム’CITADEL’からアコースティックギターとヴァイオリンのデュエットが美しいREVERIES FROM THE STAIND GLASS WOMBを世界初公開です。

【ABOUT THIS SONG】

10615608_10152656720044898_4884298584954741414_n

“We present to you ‘Painters Of The Tempest Part 3’…another piece of the 23 minute song that forms the centrepiece of our new album ‘Citadel’. This is the final part of the song and it follows straight after ‘Part 2, Movement 3: Curator’ that was the taste taste of our new album released online earlier this month. We definitely feel that ‘Painters Of The Tempest in its entirety is our most ambitious work to date and Part 3, featuring only acoustic guitar and violin and showcasing a completely different side to the band, is something we are particular proud of.”

今回聴いてもらうのはPAINTERS OF THE TEMPESTという大曲の第三部なんだ。僕らの新作CITADELの大部分を占める23分の曲の一部だよ。その大曲の最後のパートで今月の初めに公開した’Part 2, Movement 3: Curator’の直後に来る曲なんだ。PAINTERS OF THE TEMPESTは僕らの今までの作品の中で間違いなく完全に最も野心的だと感じているし、アコースティックギターとヴァイオリンだけをフューチャーして完全にバンドの違った一面を見せたPART3は特別誇りに思っているよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Ne_Obliviscaris_CITADEL_2_2_small(c)Svartwerk

Thank you Japan for your amazing support! We were lucky enough to play 3 shows in Japan last year, and it was a real highlight of our Asian tour. We can’t wait to get back over there and play some more shows in support of ‘Citadel’, which is out worldwide November 7. Thanks!

日本の皆さん素晴らしいサポートをありがとう!僕らは去年、幸運な事に日本で3回の公演を行う事が出来たんだ。本当にアジアツアーのハイライトだったと思うよ。11/7に全世界で発売される新作’CITADEL’に伴うツアーで日本に戻ってまたライブをするのが待ちきれないよ。ありがとう!
                      FROM NE OBLIVISCARIS

彼らと彼らのレーベルSEASON OF MISTのFacebookページです。ぜひ合わせてチエックして下さい!!

www.facebook.com/NeObliviscarisBand
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/NeOeshop

 

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【MACHINAE SUPREMACY】


EXCLUSIVE : INTERVIEW WITH MACHINAE SUPREMACY

SWEDISH  “SID METAL” MACHINAE SUPREMACY RELEASED AWESOME CONCEPT ALBUM ‘PHANTOM SHADOW’!!

 mc579922_10150974948341887_1869355503_n

【”SID METAL”】

MACHINAE SUPREMACY の新譜 ‘PHANTOM SHADOW’ が素晴らしい出来です。彼らを語る時、まず注目されるのがそのオールドスクールなゲーム音楽的サウンド、所謂 CHIPTUNE を大胆に導入している点でしょう。確かにそれは彼らの重要なアイデンティティーだと思います。ただ近作の彼らは AMARANTHE 擁するメジャーの SPINEFARM RECORDS と契約を果たしたという事もあり、より多くのファンにアピールするであろうスケールの大きいメタルへとシフトしている気がします。とにかくアルバムを通してメロディーの充実度が尋常ではないです。スウェーデンは数々の豊潤なるメロディックロック/メタルバンドを輩出してきましたが、案外彼らこそその正統後継者なのかもしれませんね。勿論、彼らならではの CHIPTUNEに加えてシュレッドギター、ストリングス、女性ボーカルなど数々の”ギミック”もこの大作を彩り豊かなものにしています。折角の機会なので NINJYA MAGIC KAWASAKE YAMAMOTO の話だけは絶対に聞こうというニンジャ・スレイヤーの覚悟でインタヴューを行いました。どうぞ。

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【MACHINAE SUPREMACY】