NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TONY MACALPINE : CONCRETE GARDENS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TONY MACALPINE !!

tTony-MacAlpine-004_sml

LEGENDARY GUITAR VIRTUOSO TONY MACALPINE SET TO RELEASE AWESOME NEW ALBUM “CONCRETE GARDENS” ON 4/21!! 

【PRE-REVIEW “CONCRETE GARDENS”】

STEVE VAI との共演は勿論、PLANET X, CAB, RING OF FIRE, など多数のプロジェクトに参加。同時に数多の名作ギターインストソロ作品を残してきたギター・ヴィルトゥオーソ TONY MACALPINE。4/21 に4年ぶりのソロアルバム “CONCRETE GARDENS” をリリースします。自身の名を冠した10年ぶりのソロ作品、前作 “TONY MACALPINE” では、彼のソロ作品としては初めて多弦ギターを導入。現代的なへヴィネスと彼の持つクラッシックやジャズへの深い素養を組み合わせたような快作で、彼の復活を印象付けました。ドラムに名手 AQUILES PRIESTER を起用した 新作 “CONCRETE GARDENS” はその方向性をさらに推し進めたような作品です。アルバムオープナー、”EXHIBITIONIST BLVD” から DJENTY なリフと彼らしいロマンチシズムの融合が素晴らしくアルバムの雰囲気を伝えます。次の “THE KING’S RHAPSODY” はさらにヘヴィー&グルーヴィー。MESHUGGAH ライクな8弦リフも見事に活用。 “EPICA” にも同様のリフは登場しますがこちらは STRAVINSKY のような現代音楽の影響も感じます。彼のスイープテクニックは完全に群を抜いていて、しかも純粋に楽曲のために使用しますが “MAN IN A METAL CAGE” はまさにそんな曲。ARCH ENEMY の JEFF LOOMIS が参加した “SQUARE CIRCLES” はギターの掛け合いが GEORGE LYNCH との “TEARS OF SAHARA” を想起させます。ラストの2曲 “CONFESSIONS OF A MEDIEVAL MONUMENT” “CONCRETE GARDENS” はまさに圧巻。彼のトレードマークはギターハーモニーと転調なのですが、それらを惜しむ事なくふんだんに使用したクラシカルでエモーショナルな楽曲です。後者は MACALPAIN + DIENT といった感覚もありますね。お馴染みピアノのソロ曲でアルバムは幕を閉じます。一所に留まらず、常に挑戦を続ける TONY らしいアルバム。ヘヴィーな “CONCRETE” と 美しい”GARDENS” の対比をお楽しみ下さい。

CONCRETE GARDENS: RATING 9/10

tm10421103_10153700967584517_5921879629775850018_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TONY MACALPINE : CONCRETE GARDENS】

WORLD PREMIERE: “SOROR IRRMATOR” 【ANTHRAX】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !!”SOROR IRRMATOR” OF ANTHRAX !!

CARD-CARRYING MEMBER OF THE BIG FOUR, ANTHRAX SET TO RELEASE NEW ALBUM LATER ON THIS YEAR !!

anunnamed

グラミーにノミネートされること5回、METALLICA, MEGADETH, SLAYER, とともに THE BIG FOUR の一角を堅持し続ける THRASH METAL LEGEND, ANTHRAX。JON DONAIS をギタリストに迎えて初の新作の発表を今年の後半に控えて、新曲をコンピレーションに提供、公開しました。”SOROR IRRUMATOR”。前作 “WORSHIP MUSIC” もガッツィーな好作でしたが、同時にジョーイに合っていない曲、曲ごとの出来不出来が存在したのも事実。今回公開された新曲は前作のキラーチューン “FIGHT ‘EM ‘TIL YOU CAN’T ” を超えるような素晴らしいデキ。ジョーイのボーカルも冴え渡っています。アルバムに期待大です!!

an10945376_10153051055740469_5383956859352830682_n (1)

»Worship…« was made up of a lot of different types of songs, some thrashy, some very mid-90s ANTHRAX-sounding, but this new one is really thrashy.”
“WORSHIP MUSIC” はスラッシーだったり、90年代中盤の ANTHRAX ぽかったりと様々なタイプの楽曲を収録していた。新作はただほんとうにスラッシーなんだ。

CHALIE BENANTE

an10891681_10152936151440469_2084448201311536765_n

“The thing about ANTHRAX… we have this heavy, thrashy music and Joey’s powerful and melodic vocals. I love heavy music, but I also love melody, so the challenge is to blend them together so they sound like ANTHRAX, and I think we’ve done a really good job of that, especially on this new record.
I know that there are a lot of expectations out there for this new album, but that doesn’t really affect us because we write the way we write. We’re all from New York, so we love a challenge, and while I’m happy to have people say that ANTHRAX is back and that ‘Worship Music’ was the best album of our career, we raised the bar on this one, I think we have the goods with the new songs, and I’m proud to say that. At the end of the day, all you can do is have it come from the heart, do your best, and hope that people like it. That’s what we did with ‘Worship Music,’ and look what happened.”
結局、ANTHRAX とはヘヴィーでスラッシーな音楽とジョーイのパワフルでメロディックなボーカルなんだ。ヘヴィーな音楽を愛しているけどメロディーも大好きだ。それらをブレンドすると ANTHRAX になるんだ。これまでもよくやっていると思うけど新作では特に良い仕事が出来たよ。新作には大きな期待がかかっているのは知っているけど全く影響はないね。自分たちのやりたいように曲を作るだけさ。僕たちは全員ニューヨーク出身だからチャレンジが好きだ。ANTHRAX が戻ってきた、”WORSHIP MUSIC” は最高傑作だって言われるのは嬉しいね。今回はさらにハードルを上げたよ。素晴らしい新曲があるしそれを誇りに思っている。気に入ってくれたら嬉しいよ。

FRANK BELLO

an10806320_10152896809930469_3768125478141310042_n

“The lyrics I write tend to go along with the way the music sounds, and this new music is very angry, Lots of people said that »Worship Music« was a return to the roots of the band…well, this record is even more so. Unlike »Worship Music,« we wrote this new album with a line-up, with Joey in the band, and that has made all the difference in the world. Joey being a part of the band again, going on five years already, it definitely feels like a unit. Everything that was great about him on ‘Worship’ is there even more on this new record.”
僕が書く歌詞って音楽に沿っているんだけど、今回はとても怒っているね。”WORSHIP MUSIC” はバンドのルーツに戻ったって多くの人に言われたけど、このレコードはもっとかもね。”WORSHIP MUSIC” と違う点は、ジョーイがバンドにいる状態で作曲が出来た事だろうね。それは全然違ったものをもたらしたよ。5年前からジョーイはバンドに加わり今では完全にユニットのように感じる。新作では彼の素晴らしさが惜しみなく披露されているよ。

SCOTT IAN

www.anthrax.com | www.facebook.com/anthrax | www.nuclearblast.de/anthrax

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!