タグ別アーカイブ: Sweden

WORLD PREMIERE: WHO’S FOOLING WHO? 【THOMAS LARSSON】


WORLD PREMIERE: YOU CAN LISTEN TO THREE SONGS FROM THOMAS LARSSON’S LATEST ALBUM “WHO’S FOOLING WHO?” !!

 iTUNES: WHO’S FOOLING WHO?

ONE OF THE GREATEST SWEDISH GUITAR PLAYER THOMAS LARSSON (GLENN HUGHES, BALTIMOORE, SIX FEET UNDER, YEAH BOP STATION) IS BACK !! 

tr249979_191188987598133_3089918_n

 THOMAS LARSSON。YEAH BOP STATION, BALTIMOORE, SIX FEET UNDER, などで北欧ハードロック栄光の80~90年代を駆け抜け、あの GLENN HUGHES に抜擢されアルバムを製作。続いて参加した日本公演を収めたライブアルバム “BURNING JAPAN LIVE” は絶好調の GLENN と彼を支える北欧の若手プレイヤーの好演で今でも語り継がれる大名盤です。THOMAS の美しいトーンは当時から KEE MARCELLO と並んで群を抜いていました。今回2006年のソロアルバム “HARMONIC PASSION” 以来8年ぶりの復活作 “WHO’S FOOLING WHO?” がリリースされるにあたり弊紙ではその新作からPVとアルバムから2曲、合計3曲を独占公開することができました。彼の持ち味であるブルージーなフィーリングと素晴らしいトーン。自らボーカルも兼任しそれも非常にハマっていますね。バックボーカルは GORAN EDMAN が担当。都会的で洗練された大人のロックを聴かせてくれています。

THOMAS IS BACK IN BUSINESS. I HOPE I WILL COME TO JAPAN SOON AGAIN !!

THOMAS LARSSON

tr411516_10150984124446905_1155216110_o

 【WORKS FROM PAST】

GLENN HUGHES “FROM NOW ON”

完全に人間を辞めていた感のある80年代を終えクリーンにディスタイムアラウンドしたグレン・ヒューズのソロ2作目。トーマス他 EUROPE のメンバーなど北欧人脈でバックを固め非常に優れたハードロックアルバムとなりました。変なモヒカンにして若作りしてるしもうこんな音楽はやらないんだろうな。

 THOMAS LARSSON “HARMONIC PASSION”

一つ前のソロアルバム。トーンの美しさと技術の正確さには本当に舌を巻きます。多様な音楽を取り入れたギターインスト作品。AXE-fxを使用した試奏動画。上手い・・・

 BALTIMOORE

SIX FEET UNDER 時代からの盟友 BJORN LORDI のバンドに参加したりしなかったりのトーマスさん。地味な存在ですが名曲たくさん持っていますよ。”MY BLUE MOON” “BALLERINA” なんかは必聴の部類かと。

THOMAS LARSSON HP

THOMAS LARSSON FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RIKARD SJOBLOM OF BEARDFISH !!

bf7890_10151479667301344_390878346_n

SWEDISH PROG ROCKERS BEARDFISH SET TO RELEASE THEIR BRAND NEW ALBUM “+4626-COMFORTZONE”ON 1/12 !! RIKARD SJOBLOM TALKS ABOUT NEW ALBUM, HIS MUSICAL UPBRINGING, AND MORE !!

bf10806323_10152371895080667_4676909083101685853_n

ANEKDOTEN, ANGLAGARD といった名前を挙げるまでもなくスウェーデンが良質なプログロックの一大生産地であることはご存知の通り。昨今かの地から現れるバンドの多くはメロトロンやオルガンを駆使した古き良きヴィンテージロックに現代的な構成美や手法を取り入れ人気を博していますね。BEARDFISH もそんなバンドの一つ。ただ前作 “THE VOID” では特に荒々しいヘヴィーロックの部分を強調し彼らの個性を主張、確立し始めたような気がします。

【PRE-REVIEW “+4626-COMFORT ZONE”】

今回発売に先駆けて1/12発売の新作 “+4626-COMFORTZONE” を試聴させて頂く事が出来ました。非常に良いアルバムですね。完成度は間違いなく彼らの作品でも一番でしょう。こういったプログロック作品は作り手側の押し付けのような音楽になることが往々にしてあります。複雑で高尚ながら聴き手に伝わらない。現に彼らの初期作にはそういった面も見受けられました。しかし今作はフレーズやメロディーにフック、引っかかるフレーズが格段に増えましたね。 “COMFORT ZONE” “IF WE MUST BE APART” といった10分前後の長尺曲では彼らの敬愛する KING CRIMSON やその他諸々の有名フレーズをあざといまでに巧みにオマージュしながらも(インタビューでも認めているように)彼ら特有の瑞々しいメロディーと生々しく時に攻撃的なギターやオルガンのリックで発展させ息つく暇を与えません。後者などボーカル入りの “RED” が現代の FORCUS に展開し DOORS と共演!!みたいなトチ狂った感じが素晴らしいですよ。 他の5分前後の曲達はプログロックというよりは最早ただロックと表記したいですね。コンパクトでバラエティーに富んでいてどれをシングルに切っても問題なさそう。例えば FOO FIGHTERS とか SOAD とか QOTSA と同列に語ってもおかしくないというか。DOORS の持っていたムーディーさやサイケな雰囲気と ZEPとか THE WHO 的王道ギターロックを現代的にオルタナ感をまぶして融合させたような。とにかく非常に充実しています。プログファンにこういった楽曲群がどう評価されるのかは判りませんがもっと広いフィールドで勝負できる可能性を感じました。

RATING: +4626-COMFORT ZONE    9/10     

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOEN : TELLURIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH  FORMER OPETH DRUMMER LEGENDARY MARTIN LOPEZ OF SOEN

FORMER OPETH DRUMMER MARTIN LOPEZ’S BAND SOEN RELEASED AWESOME NEW ALBUM “TELLURIAN”!!

se6055_0952014080505

EX-OPETH, AMON AMRATH の伝説的ドラマー、MARTIN LOPEZ。彼が自分のバンドとしてメンバーを集め立ち上げたのが SOEN です。2012年に発表された彼らの1stアルバム “COGNITIVE” では2つの話題がファンの関心を集めました。まずは EX-TESTAMENT, SADUS などで知られるこちらも伝説的フレットレスベーシスト STEVE DIGIORGIO が参加し伝伝説説のリズム隊を形成した事。もう一つはその音楽性がなぜかあの TOOL に似ていた事です。前者は驚きと感嘆を持って迎えられ、後者は物議を醸したような気がします。それから2年。彼らの新作が届きました。タイトルは “TELLURIAN”。個人的な感想ですが前作を遥かに超える出来の良さだと思います。SOEN と疎遠になると言うよりは TOOL とだいぶ疎遠になりましたね。一聴して彼と判るそのドラミングとリズムパターンを自然に繰り出している今作は、前作よりも OPETIC な雰囲気を感じさせます。奇しくもクリーンのみになった今の OPETH と近いような気さえしてきますね。もしくはRIVERSIDE。ただ前作で披露した無機質で数学的なリフも所々に点在し、その不思議なコントラストが魅力的。向上したメロディーとエモーションも相まって彼らの個性を確立しつつあるのではないでしょうか。8年経った今でも日本のOPETIAN 達は二言目にはロペスロペスと言いますがそれは OPETH 初来日@ラウパ直前の脱退が衝撃だったというのもあるでしょう。まだ見ぬ伝説 MARTIN LOPEZ です。どうぞ。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOEN : TELLURIAN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FREAK KITCHEN : COOKING WITH PAGANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATTIAS “IA” EKLUNDH FROM FREAK KITCHEN!!

REMARKABLE SWEADISH TRIO “FREAK KITCHEN” RELASED AWESOME NEW ALBUM “COOKING WITH PAGANS”!!

fk10443994_10152748074584766_8444750809242560546_n 

 “APPETIZER” の日本リリースが1994年。という事は今年デビュー20周年となるスウェーデンの GUITAR GOD, MATTIAS “IA” EKLUNDH 率いる変態ハードロックトリオ FREAK KITCHEN。前作 “LAND OF THE FREAKS” から5年の月日を経て彼らの新作 “COOKING WITH PAGANS” がリリースされました。彼ら独特のキャッチーなメロディーと時に複雑怪奇な曲展開。ギターの切れ味も益々鋭さを増してきている感さえあります。サイトを始める際、この人にインタビュー出来たらいいな、と漠然とまず考えた MATTIAS “IA” EKLUNDH になんとロングインタビュー出来ました。多くは要らないでしょう。どうぞ。

【ABOUT “COOKING WITH PAGANS”】

fk10626668_10152733177704766_5064623766876894294_n

Q1: Your new album ‘ Cooking with Pagans’ is about to launch in world wide!! ‘Land of the Freaks’ was released in 2009. So, It took 5 years. We waited for that for a long time. How are you feeling now? And why is it taking so SPUNKING long?

【IA】: I am feeling well and happy, thank you. Yes, it took a long time but hopefully it was worth the wait. In between the two most recent records, I recorded my Freak Guitar – The Smorgasbord album and the album Art Metal: The Jazz Raj with my friend Jonas Hellborg and Indian drummer Ranjit Barot. I also built my Apple Horn studio in the forest of Sweden, outside of my hometown of Gothenburg.

Q1: 新作 “COOKING WITH PAGANS” がリリースされましたね。前作 “LAND OF THE FREAKS” のリリースが2009年ですからリリースに5年間かかった事になります。その理由と今のお気持ちを聞かせて下さい。

【IA】: とても良い気分だし幸せだよ、ありがとう。うん、確かに長い時間かかってしまったけど待っただけの価値がある作品になったと思うよ。新作までの5年間は僕のソロ作FREAK GUITAR” の”THE SMORGASBORD” ART METAL “THE JAZZ RAJ” (友達の JONAS HELLBORG とインド人ドラマー RANJIT BAROT とのプロジェクト)を製作していたんだ。あとは僕の地元ゴーセンバーグの外側にあるスウェーデンの森に APPLE HORN STUDIO って自分のスタジオを建てたんだ。

Q2: ‘Cooking with Pagan’ is nice title. And I love the artwork with that. Why did you choose this title? And is this album have any conceptual story? 

【IA】: We had the privilege of being contacted by amazing Disney animator Juanjo Guarnido a while back. He was a rabid Freak Kitchen fan and was eager to draw the artwork. I had the idea from way back that the cows sort of took over, having them with our heads chopped off in front of a cannibal kettle and Juanjo really liked it and did the best possible artwork. There is no deep meaning or concept behind it, just a groovy cover. We are so grateful to have him onboard.

Q2: “COOKING WITH PAGANS” はタイトルもアートワークも素晴らしいですね。何かコンセプトはありますか?

【IA】: 名誉なことに僕らは、しばらく前に素晴らしいディズニーのアニメイター JUANJO GUARNIDO から連絡を貰ったんだ。彼は熱狂的な FREAK KITCHEN のファンでアートワークの製作を熱望していたんだ。僕は前から、マスコットの牛は引き継ぎながら、人喰い鍋の前で牛に僕らの生首を持たせるってアイデアを暖めていたんだ。JUANJO はそのアイデアをとても気に入って出来うる限り最高のアートワークを製作してくれたよ。深い意味やコンセプトはなくてただグルーヴィーなカバーだよ。彼にはとても感謝しているよ。 fk10671340_772254589513927_5580124228207018816_n

Q3: “Slop-py-py-py-py-py-py-py-py! Sloppy!” is FREAKY cool!! Black/White PV is also nice. Yeah, I think that’s exactly Freak Kitchen’s song. We can sing a long with chorus. And guitar phrase “EFF#G EFF#G A A# B” is very impressive. That kind of rhythmical phrase is trademark of Freak Kitchen. Anyway, you always think great deal of catchy feeling and sing a long chorus as much as musical difficulties. I love that. Why?

【IA】: I am a sucker for melodies combined with good music. You can sing really aggressive but still carry a tune. We also have influences from all over the world that we like to fuse with traditional song writing… and that together becomes Freak Kitchen sounding music (that I am glad you like).

Q3: “SLOPPY” はまさに FREAK KITCHEN らしい曲ですね!シンガロング出来るキャッチーなコーラスと音楽的複雑さを兼ね備えています。

【IA】: 僕は良い音楽に付随するメロディーに夢中なんだ。思いっきりアグレッシブに歌ったりもするだろうけどそれでもやはりちょっとした歌は歌うよね。世界中の伝統音楽から影響を受けてその要素を混ぜたりもする。そういったものが全て合わさって FREAK KITCHEN の音楽になるんだ。気に入ってくれると嬉しいな。

Q4: I roar with laughter about the title’I don’t want to golf’ . Is there any rock song of that kind of title?? NOPE. And lyrics include the words ‘Hole in one’ or ‘Bunker’. haha. Your song title is sometime very strange like ‘Anal Bleach’ ‘Murder Groupie’ ‘Propaganda Pie’ …How did you come up with it?

【IA】: I want to put out music and lyrics I haven’t heard before. I also think you can write about virtually anything. Stuff I think about, while walking the Swedish woods with my two German shepherd dogs, usually manifest itself into our songs. Although a lot of tunes may come off as funny at first, when you read between the lines, they are actually quite harsh and upsetting. Humor is a good way to share difficult topics so they get bearable.

Q4: “I don’t want to golf” という曲名には笑いました。あなたは他にも “Anal Bleach” “Murder Groupie” “Propaganda Pie” などかなり変わった曲名をつける時がありますがそういう曲名はどうやって思いつくのですか?

【IA】: 僕は今まで聞いた事のない音楽や歌詞を発表したいんだ。実際君達だって何か書けるはずさ。例えば僕は二匹のジャーマンシェパードとスウェーデンの森を歩いている時に曲のアイデアを思いついたりする。多くの曲はまず愉快な印象を与えるかもしれないけど、よく行間を読めば実際はそれらが非常に無情で動揺を誘う事に気づくだろうね。ユーモアは難しい話題を扱う時有効なんだ。それで耐えられるってところがあるからね。

Q5: Did you sing in ‘Private Property’? I felt it was sing by singer like Doug Pinnick. Very low and nice voice.

【IA】: It is Chris, our bass player that is singing it. He is also the man behind songs like Razor Flowers, Infidelity Ghost and The Only Way. I will tell him you like his voice.

Q5: “Private Property” の歌はあなたですか?あなたの声より低い気がしました。良い声ですね。

【IA】: CHRIS だよ。僕らのベーシストが歌っているよ。彼は他にも RAZOR FLOWERS, INFIDELITY GHOST, THE ONLY WAY で歌っているよ。君が気に入ったと彼に伝えておくよ。

fk1782170_10152718810869766_250939441361382789_n

Q6: ‘Come back to Comeback’ and Ranks of terrified’ is very challenging song, I think. It’s like guitar play to burst into flames. Are you satisfied with that?

【IA】: I do what I do and sometimes I, like in Ranks of the Terrified, use tapping as a riff. People tend to use tapping non percussive, like a waterfall, whereas I think you can do wonderfully, rhythmical things with it. So I do.

Q5: “Come back to Comeback” “Ranks of Terrified” はとてもチャレンジングな曲ですね。火の出るようなギタープレイがとても印象的です。

【IA】: 僕は僕らしくやっているだけさ。時々僕は、”RANKS OF TERRIFIED” でやっているように、リフにタッピングを使うんだ。タッピングを流れるようにパーカッシブな要素なしで行う人は多いけど、もっとリズミカルに素晴らしくやることだって出来ると思うんだ。僕もそうやっているよ。

fk10419509_10152523808489766_4977460293075517427_n

 【ABOUT FREAK KITCHEN】

Q1: Let’s talk about your works from the past. My favorite FREAK song is ‘Vaseline Bizinez’. That song has perfect balance between catchy feeling and musical difficulties. Anyway, What album and song are you most proud of?

【IA】: This is really hard to say. Naturally I am most happy with the new one, Cooking with Pagans. But a song like Teargas Jazz from the previous one is a highlight in our career as well. There are a whole bunch of tunes I like. Another favorite is We’ve Heard it All Before from the third album. I always like that.

Q1: 過去作の話をしましょう。どのアルバムと曲が最も誇らしいですか?

【IA】:  とても難しいね。自然な事だけど今は新作 “COOKING WITH PAGANS” が一番気に入っているよ。ただ前作の “TEARGAS JAZZ” のような曲は自分のキャリアでも新作と同じくらいハイライトだね。好きな曲は山ほどあるよ。3枚目の“WE’VE HEARD IT ALL BEFORE” は大好きだね。常に好きだよ。

Q2: Freak Kitchen is always trio. Why are you particular about three piece?

【IA】 It gives you a lot of freedom and you have to get yourself together. There is nothing to hide behind, you have to play well or it will totally collapse. I adore the trio format.

Q2: FREAK KITCHEN は常にトリオ編成ですね。なぜトリオに拘っているのですか?

【IA】: トリオにはたくさんの自由があると同時に自分をコントロールする必要がある。ごまかしは効かないししっかり演奏しないと全てが崩壊してしまう。だからトリオが好きなんだ。

【ABOUT MATTIAS “IA” EKLUNDH】

fk10734164_10152841827714766_8696136755849175564_n

Q1: I think you are one of the first person using polyrhythm riffs in Metal. That kind of approach becomes popular now a days. Anyway, do you hear Meshuggah or Djent? And what do you think about them?

【IA】: Fredrik of Meshuggah is a close friend and broke so much ground with what he is doing. I think though that most of the so called Djent stuff is a lame ripoff of Meshuggah who are in a totally different league.

Q1: あなたはメタル界隈で最初にポリリズミックなリフを導入した人物の一人だと思います。今ではその考え方は当たり前のものになっていますが。MESHUGGAH や DJENT は聴きますか?

【IA】: MESHUGGAH FREDRIK とはとても親しい友人で彼は本当に多くの新境地を開拓したよね。これは僕の考えだけど、ほとんどのDJENTって呼ばれる音楽は完全に別格であるMESGUGGAHからパクったクソつまらないものだと思うんだ。

Q2: Would you talk about your gears? What do you like your main guitar Caparison Apple Horn 8? And please tell me other guitars and amps. I love your magical tone and harmonics. I can’t believe you don’t need lots of effects…

【IA】: I think the use of effects take you away from your true sound, who you really are (unless you built the effects yourself, that is). There is so much hiding in the guitar itself you don’t need a lush pedal board in between you, the instrument and the amp, in my opinion. The Apple Horn 8 is a marvelous guitar, the best one I have ever played and I will bring it to Japan shortly so you can hear and see for yourself.

Q2: 機材について教えて下さい。愛器 CAPARISON APPLE HORN 8  のどの辺りが気に入っていますか?あなたがあまりエフェクトを使用せずあのトーンやハーモニクスを生み出しているのが信じられません。

【IA】: エフェクトを多用する事は君の本当のサウンド、本当の君らしさから君を遠ざけてしまうと思う(自分でエフェクトを構築してないなら尚更ね)。ギター自体の良さを消してしまうから君と楽器とアンプの間に豪華なペダルボードは必要ないと思うよ。あくまで僕の考えだけどね。THE APPLE HORN 8 は素晴らしいギターだよ。今まで弾いた中でも最高のものだね。日本にも少しの間だけど持って行くから自分の目と耳で確かめて欲しいな。

meimages

Q3:You sometimes use hose clip, a remote control, dildo, and other toys or everyday necessities. Haw,Haw,How did you come up with it?And did you use new toys in this album?

【IA】: Not so many toys on Cooking with Pagans but all the more on Freak Guitar – The Smorgasbord that was released last year; combs (Musth), balloons (Trumpet Lesson) and more.

Q3: あなたがホースクリップやリモコン、ディルドー、その他生活用品やオモチャを演奏に使用する事は有名ですが今回は何か新しい物を使用しましたか?

【IA】: COOKING WITH PAGANS ではあまり使用しなかったんだけど FREAK GUITAR では沢山使用したよ。THE SMORGASBORD は去年リリースされたんだけど、MUSTH では櫛を、TRUMPET LESSON では風船を、あと色々と使ったよ。

Q4: You are take part in the documentary film ‘ Axemen of Sweden’ along with John Norum, Kee Marcello, and others. Why does Sweden create lots of talented guitarists? And is there any young guitarist you like in the world?

【IA】: There are tons of tremendously gifted guitarist out there, no doubt. I still go back to my old Django Reinhardt records though to hear true attitude, something I do lack in today’s shredders. But I am sure there is someone out there who will turn the guitar world upside down. I really hope so for the future of guitar, an instrument so groovy and potent. I am not sure why so many good guitarists come from Sweden. We’ve got nothing to do here, in the cold wintertime, than to stay inside and practice I guess, haha.

Q4: JOHN NORUM, KEE MARCELLO, などと共にドキュメンタリー映画 “AXEMAN OF SWEDEN” に参加していましたね。なぜスウェーデンから多くの才能に溢れるギタリストが輩出されるのでしょう?また若手で気に入っているギタリストはいますか?

【IA】: 疑いようもなく多くの才能あるギタリストがスウェーデンから現れているね。僕は今でも今日のシュレッダー達に欠けている何か・・・正しい態度とでも呼べる何かを聴くためにしばしば古いDJANGO REINHARDT のレコードをかけるんだ。ただギターの世界をひっくり返すような誰かが現れると信じてもいるんだ。ギターというとてもグルーヴィーで力強い楽器の未来のためにもそう望んでいるよ。なぜスウェーデンからこんなに多くの良いギタリストが現れるんだろうね。寒い冬には家に籠ってギターを練習するくらいしかやる事がないからかもしれないね(笑)

Q5:I love your solo projects. But why do you create solo records? Is that your challenge for guitar and music?

【IA】: My solo records are important to me as it gives me a window to explore and come up with new music, music I have yet to hear out there. It is a true blessing to have someone like Steve Vai supporting you in this mission, to break new ground and discover various ways to approach the guitar. Thank God, Steve finds what I do important and I have total freedom to do what I want to do. I love going into my studio and create something out of total nothing.

Q5: ソロプロジェクトも素晴らしいですがなぜFKとは別にやる必要があるのでしょう。

【IA】: 僕のソロ作品は重要な意味を持っているんだ。新しい音楽を探索したり発見したりする為の窓的なものと言えるかもしれないね。STEVE VAI のような人が、ギターの新境地を色々なアプローチで開拓するというこのミッションをサポートしてくれるなんて本当に天恵としか思えないよ。神様ありがとう。スティーブは僕のやる事を重要だと認めてくれるし僕のやりたい事を完全に自由にやらせてくれる。僕はただスタジオに入って何もないところから製作するのが好きなんだ。

fk531154_10151347415129766_1240715209_n

【FIVE ALBUMS: KEY TO IA】

FRANK ZAPPA: OVERNITE SENSATION

fk1

KISS: DESTROYER

fk2無題

MAHAVISHNU ORCHESTRA: THE INNER MOUNTING FLAME

fk3無題

THE TUBES: WHAT DO YOU WANT FROM LIVE

fk4無題

DEAN MARTIN (COMPILATION): I’M IN LOVE WITH YOU

fk5無題

 【MESSAGE TO JAPAN】

fk548454_10150756039009766_641946471_n

Thank you for your stunning support over the years, dear Japanese friends out there. I hope to see as many of you as possible in December during my Caparison Clinic visit. Loads of more freaky music coming your way soon! Spread the word, take care and stay freaky.

親愛なる日本の友人達へ。長年に渡る変わらぬサポートをありがとう。12月にCAPARISON CLINICで訪れている間に出来るだけ多くの人と会えたらいいな。もっともっと多くの FREAKY MUSIC がもうすぐ君達の元に届くだろう!僕達の音楽をどんどん広めて欲しいな。体に気をつけて FREAKY でいよう!
                    MATTIAS “IA” EKLUNDH

fk無題12

購入はこちらから
CAPARISON CLINICのご予約
FREAK KITCHEN HP
THANKS A LOT, MATTIAS AND FREAK KITCHEN!!

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【MACHINAE SUPREMACY】


EXCLUSIVE : INTERVIEW WITH MACHINAE SUPREMACY

SWEDISH  “SID METAL” MACHINAE SUPREMACY RELEASED AWESOME CONCEPT ALBUM ‘PHANTOM SHADOW’!!

 mc579922_10150974948341887_1869355503_n

【”SID METAL”】

MACHINAE SUPREMACY の新譜 ‘PHANTOM SHADOW’ が素晴らしい出来です。彼らを語る時、まず注目されるのがそのオールドスクールなゲーム音楽的サウンド、所謂 CHIPTUNE を大胆に導入している点でしょう。確かにそれは彼らの重要なアイデンティティーだと思います。ただ近作の彼らは AMARANTHE 擁するメジャーの SPINEFARM RECORDS と契約を果たしたという事もあり、より多くのファンにアピールするであろうスケールの大きいメタルへとシフトしている気がします。とにかくアルバムを通してメロディーの充実度が尋常ではないです。スウェーデンは数々の豊潤なるメロディックロック/メタルバンドを輩出してきましたが、案外彼らこそその正統後継者なのかもしれませんね。勿論、彼らならではの CHIPTUNEに加えてシュレッドギター、ストリングス、女性ボーカルなど数々の”ギミック”もこの大作を彩り豊かなものにしています。折角の機会なので NINJYA MAGIC KAWASAKE YAMAMOTO の話だけは絶対に聞こうというニンジャ・スレイヤーの覚悟でインタヴューを行いました。どうぞ。

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【MACHINAE SUPREMACY】