カテゴリー別アーカイブ: PICK UP ARTIST

WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】


EXCLUSIVE: WORLD PREMIERE AND INTERVIEW WITH TONY MILLS!!

GOD GAVE HIM A VOICE・・・ex-TNT, SHY, SERPENTINE, LEGENDARY SINGER TONY MILLS SET TO RELEASE HIS NEW SOLO RECORD “OVER MY DEAD BODY” ON 2/23 !!

tm6799454
昨年 TNT を離脱しソロ活動を開始した TOMY MILLS。SHY, SIAM, SERPENTINE, TNT と渡り歩いてきた不世出のシンガーが送り出す久々のソロアルバム “OVER MY DEAD BODY” は W.E.T. , WORK OF ART でお馴染みメロハーマスターこと ROBERT SALL が共作、ROYAL HUNT の ANDREAS PASSMARK が参加、数々の傑作を生み出してきた伝説的プロデューサー NEIL KERNON がプロデュースという万全の体制で製作され彼のキャリアを総括したような素晴らしい作品に仕上がりました。今回、弊 WEBZINE ではその新作から TNT, W.E.T. を髣髴させる爽快なメロディックメタルナンバー “NORTHERN STAR” と SHY, JOURNEY 風な都会的メロディーが見事な AOR “4 IN THE MORNING” の2曲を世界初公開、並びに TONY の超ロングインタビューを掲載することが出来ました。

続きを読む WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】

SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】


EXCLUSIVE COMMENT FROM MATT HALPERN OF PERIPHERY

Periphery-Juggernaut

MODERN PROG METAL NEW HERO, PERIPHERY SET TO RELEASE THE DUAL ALBUM “JUGGERNAUT: ALPHA” AND “JUGGERNAUT: OMEGA” ON 1/27 !!

periphery2013

PROG METAL/DJENT シーンのニューリーダー、PERIPHERY 待望の新作が来年の 1/27 に発売されます。“JUGGERNAUT: ALPHA” ” JUGGERNAUT: OMEGA”。コンセプトアルバムを2枚同時リリース!!勝負を賭けてきましたね!アルバムの出来如何では 2015 年が PERIPHERY の年になる可能性も充分にあります。MESHUGGAH を原点とした TECH-METAL でありながら同時に EMO, ELECTRONICA, JAZZ-FUSION, PROG, POP といった様々な音楽からのインプットをカラフルに巧みに配置し唯一無二の独自性を構築してきた PERIPHERY。彼らの素晴らしさはミュージシャンをも唸らせるような複雑でテクニカルな演奏、楽曲ながら、ティーンネイジャーが夢中になるようなキャッチーさやロックの原衝動を兼ね備えている点です。今回はタイトル、ジャケ共にポケモンリスペクトでバリバリにティーンを意識し、さらに勝負を賭けてきていますね。そして勿論、ポケモンを意識してきたというのは 2014 年二度に渡って訪れ最高のパフォーマンスでガッチリとそのハートを掴んだわれわれ日本のファンに対する更なるアピールでもあります。PERIPHERY を支える凄腕ドラマー、MATT HALPERN から日本のファンに向けて独占メッセージを公開します!!

pr10858633_10101837988483325_8869572862384305348_n

続きを読む SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PAOLO COLAVOLPE OF DESTRAGE

ITALIAN RISING STAR !! TECHNICAL, POWERFUL, AND CHAOTIC !! INTELLIGENCE MODERN METAL BAND DESTAGE ARE GONNA COMING TO JAPAN ON 2015 AGAIN !!

dr1011894_10153242557070104_679622586_n

 ボーニョボーニョボニョザガナノゴ~~で図らずも自らの狂信的ジブリ愛、日本愛を世の中に広く知らしめる事に成功したイタリアン・ライジングスター、DESTRAGE。DISARMONIA MUNDI の奇才 ETTORE RIGOTTI の肝入りで製作した 2nd アルバム “王様はデブで老いぼれである” のイカレっぷりが各所で好評を博し、あれよあれよという間にメタル界の大御所 METAL BLADE と契約を結んでしまいました。今年そこから発表した彼らの最新作 “ARE YOU KIDDING ME? NO.” は弊サイトのリーダーズポールにランクされたように実に素晴らしい彼らの最高傑作となりました。確かにアルバムタイトルや曲名に象徴されるように彼らのイカレた部分は非常に魅力的なのですがこのアルバムでは良い意味で成熟し、荒削りだった部分が改善されています。とは言え SIKTH, PROTEST THE HERO, BETWEEN THE BURIED AND ME などをさらに闇鍋化させたようなその INSANE なサウンドは十二分に健在。昨今のバンドたちよりギターヒーロー的なプレイを連発するギターチームも最高にクールですね。二度目の来日も決まったようで止まるところを知らない彼らの快進撃。ボーカルの PAOLO に話が聞けました。

dr10351677_10154393502840104_3706134212707193132_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】


EXCLUSIVE: INTEVIEW WITH ANNA MURPHY OF ELUVEITIE

ANNA MURPHY OF ELUVEITIE TALKS ABOUT THEIR NEW ALBUM “ORIGINS”, PADE KISTLER, HURDY-GURDY, AND LIVE IN JAPAN !!

ev10646974_10152605556766284_5478603399512808541_n

今年は FOLK / VIKING METAL が本格的に日本に上陸を開始した年になったように思います。11月には PAGAN METAL ALLIANCE という FOLK / VIKING 系のバンドを集めたフェスが開催され ENSIFERUM, MOONSORROW, OLPHANED LAND といったバンドの好演で盛り上がりました。そしてこのバンドの公演も大好評でしたね。ELUVEITIE。メンバーにハーディー・ガーディー、バグパイプ、ヴァイオリン奏者を含む本格的な FOLK METAL バンドです。8月に発表した最新作 “ORIGINS” も DARK TRANQUILIRY, IN FLAMES 直系の本格的なメロデスを骨格としながらケルト神話の世界観と民族楽器を使用したフォーキーなメロディーで肉付けを施した彼ららしい快作に仕上がっていますね。SWISS MUSIC AWARDS を獲得したり日本の HONDA とスポンサー契約を結んだりとバンドにとっても重要な年になりました。ただメンバーチェンジの多いバンドで先の来日公演でもバグパイプに日本国旗をブッ刺しながらステージ上をウロウロし、”KAMIKAZE WHISTLER” の異名を欲しい儘にした PADE KISTLER は脱退してしまいました。その辺りも含めてヴァイオリンの二コールちゃんと二人で ELUVEITIE の “KAWAII” を担当するボーカル/ハーディー・ガーディー奏者の ANNA MURPHY に話が聞けました。

ev10569059_10154397035060447_6015828543462868721_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】

WORLD PREMIERE AND EXCLUSIVE MESSAGE: “CARBON PHRASES” 【ALKALOID】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “CARBON PHRASES” OF ALKALOID

THE WORLD’S MOST EXTREME SUPER PROG METAL BAND “ALKALOID” SET TO RELEASE THEIR DEBUT ALBUM “THE MALKUTH GRIMOIRE” ON 2015 !!

THE LINE UP IS:
・MOREAN (DARK FORTRESS, NONEUCLID)
・CHRISTIAN MUENZNER (SPAWN OF POSSESION, ex-OBSCURA, ex-NECROPHASIST)
・DANNY TUNKER (ABORTED, ex-GOD DETHRONED)
・LINUS KLAUSENITZER (OBSCURA, NONEUCLID)
・HANNES GROSSMANN (BLOTTED SCIENCE, ex-OBSCURA, ex-NECROPHASIST)

al10354932_807354669287120_8413516454139916687_n

衝撃の OBSCURA 解体から半年。OBSCURA を脱退したメンバーを中心に上記の凄まじい経歴を持つ歴戦の兵たちが結集した新バンド ALKALOID の新曲が遂に到着しました!!”CARBON PHRASES”。知性と展開美に凶悪さを刻み込んだようなそのサウンドは曲名からも”凶暴な CYNIC ” と形容したくなります。以前 MOREAN が弊サイトのインタビューで語ってくれた通り、各自の個性を生かしながらも過去所属したどのバンドとも違う独自性のある音楽を届けてくれたのではないでしょうか。今回、弊サイトではバンドの中心人物にして世界でも屈指のテクニックを誇るドラマー HANNES GROSSMANN に曲解説と バンドについて独占でコメントを頂く事が出来ました。

al1174732_620216998023107_1655172071_n

【HANNES GROSSMANN】

【ABOUT “CARBON PHRASES”】

Actually we just uploaded one whole track which is called “Carbon Phrases”. This song starts like modern rock/pop song but then transends into a tech death metal song. It is over 9 minutes long and the listener will be taken on a journey where tension is always created and reliefed. There are of course stunning guitar solos and blazing drum fills, but the main statement of this song is the variety in human life. The lyrics are about the tought process of a writer/artist, but in fact it has a double meaning. A “Carbon Phrase” literally would be a line of a script or play written on a paper with a pencil. But since carbon is the matter all physical beings on this earth share, “Carbon Phrases” is also a metaphor for our DNA.The other track is an album teaser. It’s just one minute of 4 different songs, just to get an impression of how the other material sounds.

“CARBON PHRASES” という新曲を公開したよ!この曲はモダンなロック/ポップ的に始まるんだけど徐々にテクデスに移行するんだ。9分を超える長尺曲でリスナーは緊張とその解放という旅に出る事になるね。勿論目を見張るようなギターソロと燃えるようなドラムフィルは健在だけどこの曲の要は人生の多様さについての主張なんだ。歌詞はライターやアーティストの思考プロセスについてなんだけど、これはダブルミーニング。”CARBON PHRASE” とは文字通りだと手書きの文章とか鉛筆で書き下ろしって意味だよね。だけどカーボンは地球上にある全ての物質の起源だから、”CARBON PHRASES” とは DNA の隠喩でもあるのさ。アルバムティーザーでは他の曲も聴けるよ。4曲が一分づつ。他の曲の印象も感じて欲しいな。

al10846087_826141704075083_185215868684087942_n

【ABOUT DIFFERENCE BETWEEN OBSCURA】

The difference between Obscura is, that we take the music and the lyrics to much wider places. It is much “more” considering contrasts. The contrast of the parts and the whole songs to another is drastic. We finally want to prove with Alkaloid that metal doesn’t have to stay in a narrow field of one particular style. Since I wrote the biggest part of the music on Obscura’s last two albums, and also Chris’ guitar work was one of the most crucial factors to Obscura’s sound, there are of course elements in Alkaloid which are fairly similar to Obscura. Maybe Alkaloid is just the most logical consequence when taking the music on Obscura’s “Omnivium” to the next higher level.

OBSCURA との違いだけど、僕らは音楽と歌詞をもっと広義に解釈しているんだ。思考の対比を強くしている。曲毎、パート毎の対比が顕著だよね。僕らは最終的にメタルが狭いフィールドや、ある一定のスタイルに止まらない事を ALKALOID で証明したいのさ。OBSCURA の過去2作において僕は音楽の大半を書いた。クリスのギターワークも OBSCURA サウンドの重要な要素の一つだったね。だから当然だけど ALKALOID には OBSCURA と似ている部分もあるよ。だからまあ ALKALOID の音楽は OBSCURA の “OMNIVIUM” を次の段階に進めたものっていうのが最も論理的な結論かもしれないね。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thank you for giving us the opportunity to share our music with Japanese listeners. I’ve been to Japan twice (with Obscura) and it was one of the best touring experiences ever. So I’d be psyched if people in Japan were receptive for the music of this new band as well.

日本のリスナーに僕らの音楽をシェアする機会をくれてありがとう!OBSCURA で日本には2回行っているんだけど最高のツアーのひとつだったよ。日本のみんなが新しいバンドも同じように受け入れてくれたら最高だね!!

HANNES GROSSMANN

こちらは同時に公開されたアルバム収録曲でクリスのギターソロ曲 “C VALUE ENIGMA” です。フランツ・リストのピアノ曲をギターにおこしたかのような超絶技巧で同時に刹那的な美しさを放っています。ギタリストなら聴いて損はなし!!

ABOUT CROWDFUNDING

al20141130233221-Guitar_Package

Producing a professional album is a lot of work. We need to invest a lot of time and money into recording our instruments. But this is just a small part of what needs to be done. We also need to get the album mixed and mastered. For this job we work with V Santura, who also has mixed most of the albums of the other bands we play(ed) in, like Obscura and Dark Fortress. But then we need to get the physical copies pressed, we need artwork, fotos, a booklet and a general album design. Even counting the unpaid hours of work we’ve to put into the album ourselves, we still need people to do all these jobs. And since we want to produce the best quality possible, we need to hire nothing but professionals. So none of the funded money will lead to personal enrichment! Everything will be used to deliver the best quality. We worked hard and are offering EXCLUSIVE perks which are LIMITED; and which YOU hopefully find interesting enough to eventually support our campaign.We appreciate everything you do in order to help us. May it be selecting a perk and thus advancing our album or just telling a friend about this campaign, consider our gratitude to be endless!

日本では未だあまり馴染みのない CROWDFUNDING というシステム。海外では昨今主流の音楽制作手段になってきています。ミュージシャンに直接いくらか払う事で音楽もしくはそれぞれの値段に見合った報酬を得るというシステムです。直接ミュージシャンにお金を届けられるしお互いにとってメリットがありそうですね。今回 ALKALOID もこの手段を採用しています。V SANTURA (TRIPTYKON, NOEUCLID) に MIX & MASTER 頼んだり、フィジカル作ったりするのにとにかくお金がかかるからぜひ助けて欲しいとの事です。

INDIEGOGO: ALKALOID DEBUT ALBUM

ぜひこちらからチェックしてみて下さい。

alkaloid-band

ALKALOID 結成後世界で初めて MOREAN に行ったショートインタビューはこちら

READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

【RELATED WORKS】

NONEUCLID “METATHEOSIS”

ala3019364325_2

昨年発表された 2nd アルバム。MOREAN と LINUS の別バンドです。TRIPTYKON の V SANTURA がギターを弾いています。古き良きオールドスクールな THRASH と DOOM, モダンな PROG METAL を掛け合わせたようなサウンドが非常に魅力的。

READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

DARK FORTRESS “VENEREAL DAWN”

MOREAN が参加しているドイツ産 MELODIC BLACK METAL。彼らの最新作は非常にクオリティーが高いですね。凶悪だった頃のOPETH にブラックメタルをやらせたかのような深遠さと崇高さを感じます。こちらにも V SANTURA が参加・・・

OBSCURA “OMNIVIUM”

HANNES, CHRIS, LINUS が参加していたドイツ産テクデスバンドの最新作。後に HANNES と CHIRIS は脱退。テクデス!!って感じだった前作に比べて今作ではプログレッシブ、アトモスフェリックなアプローチが格段に増え、非常に思考性の高いアルバムに仕上がりました。HANNES が ALKALOID はここと繋がっているというのも頷けますね。

ABORTED “NECROTIC MANIFESTO”

GOD DETHRONED, PROSTITUTE DISFIGURMENT などを渡り歩いたデスメタル渡り舟こと DANNY TUNKER が今作から参加。リフのフックが格段に増し、流暢でメロディックなギターソロと併せて非常に聴きやすいオールドスクールなデスメタルに仕上がっています。

BROTTED SCIENCE “THE ANIMATION OF ENTOMOLOGY”


HANNES, RON JARZOMBEK, ALEX WEBSTER というシーンきってのテクニシャン達が集結したプロジェクト。スリリングすぎてボーカルが全く不要ですね。

WORLD PREMIERE: “BACK ON MY TRAIL” “TURN BACK TIME” 【REVOLUTION SAINTS】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “BACK ON MY TRAIL” OF REVOLUTION SAINTS !!

It’s a fun record. It’s not safe. It is a musician’s record,” states Castronovo.

revolution_saints_04

DOUG, DEAN, JACK のバンド REVOLUTION SAINTS がもう一曲新曲を公開しました。アルバムオープナーの “BACK ON MY TRAIL”です。コード進行、声、コーラスの付け方などまるで勢いのある JOURNEY といった趣で素晴らしさしかないですね!!アルバムを楽しみに待ちましょう!!

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “TURN BACK TIME” OF REVOLUTION SAINTS !!

DOUG ALDRICH (ex-WHITESNAKE, BMR, LION), JACK BLADES (NIGHT RANGER), DEAN CASTRONOVO (JOURNY) JOIN TOGETHER AS A NEW BAND “REVOLUTION SAINTS !! THEY SET TO RELEASE THEIR DEBUT ALBUM “REVOLUTION SAINTS” ON 2/20 !!

rs10432118_292035241000693_2775075025672280120_n

WHITESNAKE を脱退した DOUG ALDRICH が NIGHT RANGER, DAMN YANKYS の歌って弾けるベーシスト、JACK BLADES, JOURNY, BAD ENGLISH の歌って叩けるドラマー、DEAN CASTRONOVO と結成した新バンド REVOLUTION SAINTS。 彼らのデビューシングル “TURN BACK TIME” が遂に発表となりました。誰が歌うのか?という点にも注目が集まりましたがこの新曲ではディーンがメインで歌ってジャックがヴァースやボーカルハーモニーを担当という形のようです。そもそも歌唱には定評のあるディーンですが STEVE PERRY 譲りの絶品のボーカルを披露しています。ダグのカッティングリフもキレキレで正統派メロディックロックの素晴らしさを凝縮したような曲ですね。デビューアルバム “REVOLUTION SAINTS” は 2/20 、日本では 2/18 に FRONTIER RECORDS から発売です!!

rs10606037_300273150176902_3196252973155066836_n

From the opening notes of “Back On My Trail” to the piano outro on the album-closer “In The Name Of The Father (Fernando’s Song),” it is clear Revolution Saints is a musical force to be reckoned with. Songs “Locked Out Of Paradise,” “Dream On” and “Here Forever” showcase the diversity that permeates throughout the entire album. Deen’s band mates from Journey also make an appearance on the album with guitarist Neal Schon showing up on “Way To The Sun” and vocalist Arnel Pineda singing on “You’re Not Alone.” The album’s 80’s vibe is reminiscent of some of the biggest hard rock tracks of the day, but with a modern feel, backed by top-level musicianship.
デビュー作 “REVOLUTION SAINTS” にはディーンのバンド JOURNEY からギタリストの NEAL SCHON が “WAY TO THE SUN” に、ボーカルの ARNEL PINEDA が “YOU’RE NOT ALONE” にそれぞれゲスト参加しています。トップレベルのミュージシャンシップに支えられたアルバムは 80年代のビッグなハードロックのヴァイブを残しつつそこにモダンな雰囲気も加わって完成しました。

rs無題

The track listing for Revolution Saints is:
  1. Back On My Trail
  2. Turn Back Time
  3. You’re Not Alone (Feat. Arnel Pineda)
  4. Locked Out Of Paradise
  5. Way To The Sun (Feat. Neal Schon)
  6. Dream On
  7. Don’t Walk Away
  8. Here Forever
  9. Strangers To This Life
  10. Better World
  11. How To Mend A Broken Heart
  12. In The Name Of The Father (Fernando’s Song)
https://www.facebook.com/RevolutionSaints
http://www.frontiers.it

【RECOMMENDS】

LION – DANGEROUS ATTRACTION

KAL SWAN, DOUG ALDRICH, JERRY BEST, MARK EDWARDS という 80~90 年代のシーンにおいてそこそこ重要人物達を擁した悲運のバンド。何が悲運かは適当にググッて下さい。重要なのはカルとダグがこのアルバムでは非常に生き生きとしている事。

BAD MOON RISING – S/T

LION 解散後、ダグとカルの二人が結成したバンド。このアルバムはカルの歌唱が最大限生かされた英国の湿り気を帯びたメタルで実に素晴らしいです。グランジ/オルタナの台頭にしたがって徐々に彼らの音楽性も拡散して行きます。彼らの最終作 “OPIUM FOR THE MASSES” などはカルの歌唱力を生かしているとはお世辞にも言えませんがダグのギターはアイデア豊富でそれはそれで楽しめます。この後カルは音楽業を引退し、ダグは BURNING RAIN ~ WHITESNAKE, そして今に至ります。

HARDLINE – DOUBLE ECLIPSE

JOURNY 終了後、BAD ENGLISH で何か満たされなかった NEAL SCHON が新たに結成したバンド。ニール、ディーン以外にも JOHNNY GIOEL, TODD JENSEN というメロハー界隈ではそこそこ重要人物が参加しています。楽曲の出来はなかなか良いのですがニールのギタリストとしての良さを100%発揮しているかというと疑問です。ただこの曲は完璧な名曲。アーネル加入後の JOURNY がいかにロックとして素晴らしいかわかりますね。

WORLD PREMIERE: “SYMPHONIC POEM PART 1 (NAUSICAA) 【GARDENJIA】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “SYMPHONIC POEM PART 1” OF GARDENJIA

ITALIAN MODERN PROG/DJENT BAND GARDENJIA SET TO RELEASE THEIR NEW ALBUM “NAISICAA OF THE VALLEY OF THE WINDON 12/21. IT IS A CONCEPT ALBUM BASED ON “NAUSIKA” AND MOVIE SCORE OF JOE HISAISHI.

gd17772_629268973753966_1638794544_n

BANDIERA DO MODERN PROG !! イタリアが生んだモダンプログの旗手、GARDENJIA。今年発表した良作 “MATERIA OSCURA” に続く新作が12/21に早くも届きます。タイトルは “NAISICAA OF THE VALLEY OF THE WIND“。宮崎駿の名作「風の谷のナウシカ」と久石譲のサウンドトラックを基にしたコンセプトアルバムです。そこから “SYMPHONIC POEM PART 1” を世界初公開です!!

gd10389418_970929702921223_5533818170741878819_n

【ABOUT NAUSICAA AND MESSAGE FOR JAPAN】

“The album is inspired by 1984 Hayao Miyazaki masterpiece Nausicaä of the valley of the wind. We tried to create an image of Nausicaa a bit different, firstly to respect the master work because the original character is untouchable.  It is a conceptual album based on the film and on the original movie score of Joe Hisaishi, we selected the music to perform and re-arranged all in our style. The album turned out as one long song made of 16 chapters. The album art shows a “grown up” Nausicaä in a post-atomic context, she has also developed some special faculties as the third eye.
The reasons that led us to create this project are many, first of all to pass in a certain sense, the message of the work of the master Miyazaki based primarily on respect and love for nature, a message more relevant than ever in these times.
The hate for the war and to all manifestations of hate and violence that still reduces men to beasts.
Cooperation, the rediscovery of a life lived in a community whose life and whose work is in close relationship with the elements of nature. Today might sound almost like a utopian message, but we believe it is important to reiterate these concepts, especially for future generations, also because our generations are destroying any possibility of future created in harmony and peace.
Our work is also a tribute to the great geniuses, Hayao Miyazaki, Joe Hisaishi, Studio Ghibli, a large team of artists who created masterpieces that will remain in time forever. We recently had news of the announced end of the career of the master Miyazaki, who gave us a last masterpiece like “The Wind Rises”, an incredible work of extreme beauty, also giving us a great picture of us Italians. This work is also a tribute to Japan, wonderful land of contrasts.
Thank you Master.”
gdimg_0
このアルバムは1984年作、宮崎駿の「風の谷のナウシカ」にインスパイアされているんだ。少しだけ原作と違うものを作りたかったんだ。あくまで敬意を払いながらね。オリジナルのキャラクターはアンタッチャブルだから。
コンセプトアルバムでナウシカの映画と久石譲のサウンドトラックに基づいているんだ。採り上げる曲を選択し、全て僕達のスタイルに再アレンジしたんだ。16章から成る長い1曲のように仕上がったね。アートワークは”成長した”ナウシカなんだ。原爆以後という文脈でね。(注:ナウシカは反原爆の主張が込められていると言われている)サードアイのような特殊な能力もいくつか開花しているんだ。
このプロジェクトを始めた理由はいくつかあるんだけど、何よりもまず原作者宮崎駿の自然に対する愛と敬意というメッセージを届けたかったんだ。ある意味今こそ適切な時期なんじゃないかなあ。戦争と全ての憎しみ、暴力に反対する決意表明は獣と化す人間を減らすはずだよ。共生。生活したり働いたりしている君のコミュニティーを再発見してみよう。自然との緊密な関係が見えてくるはずなんだ。今日では桃源郷のようなメッセージに聞こえるかもしれないけどね。だけどこのコンセプトを繰り返し伝える事が大事だと信じているんだ。特に未来の世代にとってね。それに僕らの世代が調和と平和に満ちた未来の可能性を壊すべきではないんだ。
同時にこの作品は宮崎駿、久石譲、スタジオジブリという偉人達へのトリビュートでもある。傑作を作った大アーティスト集団で永遠に歴史に残るだろう。最近宮崎氏引退のニュースを聞いたよ。最後に傑作「風立ちぬ」を残してくれたね。信じられないほど究極に美しいし、イタリアの風景を扱っているのも嬉しいね。最後に多様性の国日本への敬意を表して挨拶を終えよう。ありがとう、巨匠。
                             GARDENJIA

Nausicaä of the Valley of the Wind (new album trailer)

a3209250750_2

GARDENJIA – MATERIA OSCURA

https://gardenjia.bandcamp.com/

https://www.facebook.com/GARDENJIA

https://www.youtube.com/user/GARDENJIA

https://twitter.com/Gardenjia

Gardenjia are based in Puglia, Italy

Giuseppe Miglietta: guitars, synths
Antonio Martire:drums synths
Raffaele Galasso: voice, guitars, synths, mix\mastering
Paolo Pezzuto: bass

additional musicians:
Ezio Contino: sax

WORLD PREMIERE: “HOLD ON” 【BEARDFISH】


WORLD PREMIERE: BEARDFISH LAUNCH “HOLD ON”. FIRST TRACK FROM THEIR FORTHCOMING ALBUM “+4626-COMFORTZONE”

bf10806323_10152371895080667_4676909083101685853_n
Swedish progressive-rockers Beardfish recently announced the release of their new album ‘+4626-COMFORTZONE’ for the 12th January 2015 in Europe. Now the band are pleased to reveal the first track to be taken from the album in the shape of ‘Hold On’ which you can listen to exclusively here:
http://prog.teamrock.com/news/2014-12-03/beardfish-premiere-hold-on

スウェーデンのプログバンド、BEARDFISH。来年の1/12に新作 “+4626-COMFORTZONE” を発売します。アルバムからのファーストカット、”HOLD ON” を公開です!!

http://prog.teamrock.com/news/2014-12-03/beardfish-premiere-hold-on

bf1395270_10151659979695667_91511684_n

The band had this to say about the track: “Hold On was one of the first songs that came along for +4626-COMFORTZONE and it sort of set the mood for the rest of the album with the rhythm and the intertwined guitar riffs and melodies. The lyrics deal with trying to hang on to something that is slipping out of grasp and not being in connection with your inner self, to the point that you don’t recognize yourself in the mirror. A song that felt great right from the start and it still keeps getting better every time we play it live! Hope you’ll like it!”
“HOLD ON” は新作 “+4626-COMFORTZONE” からのファーストカットだよ。リズムや絡み合うギターリフ、メロディーがアルバムの雰囲気を伝えるのに丁度良いと思ったんだ。今も良い感じだけど演奏するごとにさらに良くなるだろうね。気に入ってくれるといいな!」             BEARDFISH

The full track-listing for the album is as follows:

1. The One Inside Part 1 – Noise In The Background
2. Hold On
3. Comfort Zone
4. Can You See Me Now
5. King
6. The One Inside Part 2 – My Companion Throughout Life
7. Daughter Whore
8. If We Must Be Apart (A Love Story Continued)
9. Ode To The Rock’n’Roller
10. The One Inside Part 3 – Relief

Look out for more information in the coming weeks!

BEARDFISH Online:
www.beardfishband.com
www.facebook.com/beardfish
www.myspace.com/beardfishband

INSIDEOUTMUSIC online:
www.insideoutmusic.com
www.youtube.com/InsideOutMusicTV
www.facebook.com/InsideOutMusic
www.twitter.com/insideouteu

WORLD PREMIERE: “DYING ROSE” “THE WISH” 【SWEET & LYNCH】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “DYING ROSE” OF SWEET & LYNCH

 “Dying Rose is the perfect representation of this album. It’s heavy yet dynamic with a riff and melody that reminds you of the greatest era in rock. George and I are proud of this song and excited that you all have the opportunity to finally hear it in it’s entirety and to see it as well!” exclaims Michael Sweet

WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “THE WISH” FROM SWEET & LYNCH’S UPCOMING ALBUM “ONLY TO RISE”

Sweet & Lynch are releasing the first official video from their upcoming debut album, Only To Rise. The video is for the album opener “The Wish”. The video shows Michael Sweet and George Lynch performing the song together amongst imagery that corresponds with the song’s lyrics. The video was shot in Los Angeles and was directed by Devin DeHaven, known for his work with Rick Ross, Whitesnake, Kiss and R. Kelly to name a few.

MICHAEL SWEET (STRYPER, EX-BOSTON) と GEORGE LYNCH (EX-DOKKEN, LYNCH MOB) が手を組んだスーパーグループ SWEET & LYNCH。アルバムのオープニングを飾る 記念すべきファーストPV、”THE WISH” を公開です!!このPVは DEVIN DEHAVEN (WHITESNAKE, KISS, R.KELLY) が撮影しています。

sl10712460_568215109991607_7015139503788712794_o

“After almost a year of talking about the Sweet & Lynch album we’re extremely proud to premiere the first music video, The song takes you back to a time when guitar heroes ruled the airwaves and melodies soared. The thought was to bring back the late 70’s/early 80’s with a modern twist and remind people of one of the best eras in hard rock/metal. George and I are proud of how this album turned out and we’re counting the days for the release, We’re equally as proud of the fan base out there. So many people have been there through thick and thin and this album is a testimony to the perseverance of working hard and working even harder.  George, Brian, James and myself gave 110% to every note played and sung and we hope that it shows.”
「ほぼ一年に渡って SWEET & LYNCH の話をしていたんだけど遂に初のPVを公開できて誇らしく思うよ。この曲は君達をギターヒーローの時代に誘うだろうね。HR/HM が輝いていた 70’s 後半から 80’s 前半のヴァイブにモダンな感覚を加えたような感じさ。GEORGE も僕も発売が待ちきれないよ!ファンのみんなにも感謝しているんだ。GEORGE, BRIAN, JAMES そして僕は全ての音に100%を注ぎ込んだからね!」                     MICHAEL SWEET

sl10435434_551584394988012_753820543683905701_n

Only To Rise is scheduled for release on January 23rd in Europe and January 27th, 2015 in the United States via Froniters Music SRL. Backing up Sweet & Lynch on this new musical adventure is bassist James Lomenzo and drummer Brian Tichy. Sweet & Lynch recently launched a pre-order for the new album via PledgeMusic. The pre-order features various bundle packages for fans and is live at: http://www.pledgemusic.com/projects/sweetlynch. The album is also available via Amazon at: http://geni.us/SweetLynchAMZ.

“ONLY TO RISE” は FRONTIERS MUSIC SRL から1/23に発売されます。BRIAN TICHY, JAMES LOMENZO という強力なリズム隊も聴き所の一つですね。プロデュースは STRYPER の最新作、”NO MORE HELL TO PAY” で好評を博した MICHAEL SWEET 自身が行っています。購入、PLEDGEはこちらから。 http://geni.us/SweetLynchAMZ. http://www.pledgemusic.com/projects/sweetlynch.
日本盤の購入はこちら。先行1/14発売!!

sl604155_559113040901814_2085269465578950553_n

 
以前公開された収録曲 “SEPTEMBER” のLYRIC VIDEO です。
そしてこちらは今月発売となる LYNCH MOB の新作 SUN RED SUN から “PLAY THE GAME”。ONI LOGAN が歌っています。なんとジョージ師匠、二ヶ月連続リリースです!!

sl1557669_804249789631892_4033266559498031320_n

https://www.facebook.com/SweetLynch
http://www.pledgemusic.com/projects/sweetlynch
http://www.frontiers.it

WORLD PREMIERE: “TWILIGHT OF THE GODS” 【BLIND GUARDIAN】


WORLD PREMIERE: “TWILIGHT OF THE GODS” FIRST SINGLE OF BLIND GUARDIAN’S FORTHCOMING ALBUM “BEYOND THE RED MIRROR”!!!

来月発売、BLIND GUARDIAN の新作 “BEYOND THE RED MIRROR” からファーストシングル “TWILIGHT OF THE GODS” を世界初公開です!!

twtwilight_of_the_gods-e1412878799778

NUCLEAR BLAST NEWS: TRAILER OF BEYOND THE RED MIRROR OF BLIND GUARDIAN

 bg10676113_10152332414002113_5402086335223057048_n

“We do have a really great pre-production, very precise and rich in details,” shares BLIND GUARDIAN drummer Frederik Ehmke. “We completely separate the creative part from the purely performance part of recording.  This means that my head is clear and I can focus 100% on the performance.”

Guitarist Marcus Siepen adds: “We like to keep our options open to the very end. We do not record just two rhythm guitar tracks; we add several tracks, also with different tunings… we enrich the sound with down-tuned guitars. A wall of sound!”

Metal’s most epic storytellers BLIND GUARDIAN have just released the first new album trailer for their highly-anticipated tenth studio release, »Beyond The Red Mirror«, due out in Europe on January 30th, 2015, February 2nd in the UK and February 3rd, 2015 in North America.
METAL 界で最もエピカルなバンド、BLIND GUARDIAN。遂に1/30に発売となる新作 BEYOND THE RED MIRROR からファーストトレイラーを公開です!!

bg10547550_10152477365747113_1764157744146921360_n

“It is impossible for us to choose a song that represents the whole album. The upcoming single needs to be seen as an appetizer- ‘Twilight Of The Gods’ is perfect, because it reveals incredible dynamic and contains great melody lines”, shares BLIND GUARDIAN vocalist & lyricist Hansi Kürsch.
「アルバム全体を表現するような一曲を選ぶのは難しかったよ。前菜のような役割が求められるからね。”TWILIGH OF THE GODS” は完璧だったよ。信じられないくらいダイナミックで素晴らしいメロディーラインを有しているからね。」                      
HANSI KURSCH

The track listing for »Beyond The Red Mirror« is as follows:

 

  1. Ninth Wave
  2. Twilight Of The Gods
  3. Prophecies
  4. At The Edge Of Time
  5. Ashes Of Eternity
  6. Distant Memories (bonus track on limited editions + vinyl)
  7. Holy Grail
  8. The Throne
  9. Sacred Mind
  10. Miracle Machine
  11.  Grand Parade
bg10430901_10152477371072113_5610635089705665831_n
Four-and-a-half years in the making, »Beyond The Red Mirror« was recorded at Twilight Hall Studio in Grefrath, Germany and produced by Charlie Bauerfeind (SAXON, HAMMERFALL, HELLOWEEN). The album’s spellbinding tracks showcase BLIND GUARDIAN’s long-awaited collaborative work with three different classical choirs from Prague, Budapest, and Boston, plus two grand orchestras – each featuring 90 musicians.  An endeavour demanding that attention be paid to the lyrics as much as to the music, »Beyond The Red Mirror« is a desperate search for truth, an exploration of the relativities of good and evil, a testimony of the consequences of lost opportunities, a glimpse into a distant universe’s dystopian society, and a story about a prophecy, a promise of revolution, a plot for revenge, and a miracle machine with powers far beyond what mere mortals could have dreamed possible.
前作から四年半の時間を経てリリースされる新作 BEYOND THE RED MIRROR は SAXON, HAMMERFALL, HELLOWEEN を手掛けた CHARLIE BAUERFEIND のプロデュースで録音されました。プラハ、ブタペスト、ボストンのコーラス隊と二つのオーケストラと共演し総勢90人のミュージシャンが参加しています。

www.blind-guardian.com | www.facebook.com/blindguardian | www.nuclearblast.de/blindguardian