sin23ou のすべての投稿

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SYLVAN : HOME】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SYLVAN !!

sy10931502_10155125646030541_8776336143656500302_n

 GERMAN NEO-PROG BAND SYLVAN SET TO RELEASE AWESOME CONCEPT ALBUM “HOME” ON 2/17 !!

【PRE-REVIEW “HOME”】

ドイツの NEO-PROG バンド SYLVAN が 2/17 に新作 “HOME” を発売します。”POSTHUMOUS SILENCE” 以来のフルコンセプト作 77分。前作 “SCENERIES” は90分のダブルアルバムでしたがそれに勝るとも劣らない濃密さです。”NOT FAR FROM THE SKY” の美しいストリングスに導かれてある女性の物語は幕を開けます。TOOL のような無機質なクリーンリフから一転、MARCO の個性的な歌唱力を最大限に生かしたドラマティックな “SHADE OUT OF CLOUDS” は早くもアルバムのハイライト。それと対を成すような 10 分の大曲 “IN BETWEEN” には KORN のような激しさがあります。と同時に中盤の昔 DREAM THEATER が持っていたような景色の浮かぶような展開は見事です。ディレイを駆使したギターワークや同じ歌詞を少しずつ音程を変えて歌い続ける手法がまるで U2 な “THE SOUND OF HER WORLD”。”SHINE” は今作のファーストシングル。COLDPLAY のシングルだと言われても違和感がないほどラジオフレンドリーでキャッチー。溢れ出るエモーションの量がハンパなくてエモウターも壊れる程です。シアトリカルで劇場形の2曲を挟んでアルバムはピアノとシンセサイザーが非常に美しいドラマティックな “HOME” で終幕を迎えます。”SHAPE OUT THE CLOUD” のメロディーを再登場させながら余韻を引きずるように77分の物語は幕を閉じました。極上の77分。もちろんテクニカルなシュレッドやエキサイトメントを求める向きにはオススメしませんがメロディーやアトモスフィアの質、ドラマ性の高さは DREAM THEATER, PORCUPINE TREE の良いとこ取り以上の何かがあると言っても過言ではないと思います。

RATING 9,5 / 10

sy10394081_10154881329400541_4333462862989407217_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SYLVAN : HOME】

WORLD PREMIERE: “HOLY WAR” “ORPHAN” 【TOTO】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “HOLY WAR” OF TOTO !! 

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “ORPHAN” OF TOTO !!

TOTO IS BACK!!  TOTO XIV is the band’s first album of new material since 2006’s Falling In Between.  However, the band personally considers the new album to be the true follow-up to TOTO IV, which made the band global superstars.

Toto band

 伝説のバンド TOTO が新作と共に帰ってきます。10年ぶりに発表される新作 TOTO XIV はバンドを世界的スーパースターに押し上げた名作 TOTO Ⅳ の真の後継作となる予定です。今回弊サイトではその復活作から変拍子やビッグなコーラスを取り入れたまさに TOTO な1曲、”ORPHAN” を公開致します。

Toto XIV COVER

【TOTO ARE】

tt10384448_286413354874744_3100011519792180417_n

“This is opposite of going through the motions. We are treating this like it is Toto V, our follow-up to TOTO IV. We just want to be the best version of ourselves that we can be. Be true to ourselves and make the best music we can. Entertain people which is what we were put on this Earth for.”

このアルバムは全くもって形だけのものじゃないんだ。実際僕たちはこのアルバムを TOTO Ⅳ に続く TOTO Ⅴ として扱っているんだ。僕たちに出来うる最高のヴァージョンにしたかったし自分たちに正直に最高の音楽を作りたかった。これを世界に発表する事でみんなを喜ばせたいね。

STEVE PORCARO

tt387164_301510299873981_38363938_n

“I think of TOTO as a unit and a band that carries a responsibility when it goes out there in to the public consciousness. There is so much negativity and darkness that I think you have to be as Quincy Jones puts it, ‘beams of light that blast through the darkness’.”

TOTO はスポットライトを浴びると必ず責任を果たすバンドだと思っている。世の中にはネガティブな事、暗い事もたくさんあるけどそういう時は QUINCY JONES の言葉を思いだすと良い。”闇を撃ち落すのは光の光線”

DAVID PAICH

tt529780_10151282993557862_604012706_n

“When you put us in a room, and everybody brings in their pieces, the next thing you know it all fits together. Everybody’s performances are top notch. We are really bringing our best out, forcing ourselves to make personal best choices, what’s best for the music. I’m really excited to hear what people think.” 

部屋に入って各自のアイデアを持ち出すと全ては完璧にフィットしたんだ。全員が最高潮のパフォーマンスだったね。各自が最高のものを持ち寄ったし、音楽的に最高のチョイスをするようにしたんだ。みんなの感想が本当に待ちきれないね。

STEVE LUKATHER

tt19361_321365440930_7976806_n

“We are talking about a band where everybody is a writer, and everybody is a lead singer, and everybody is a player. All involved brought this trio to the table where it could just live on its own.”

僕たちは TOTO は全員がライターでリードシンガー、そしてプレイヤーだと思っているんだ。全員がこの三つに関わっていれば自ずと上手く行くだろうね。

JOSEPH WILLIAMS

 

TOTO XIV TRACK LISTING
  1. Running Out Of Time
  2. Burn
  3. Holy War
  4. 21st Century Blues
  5. Orphan
  6. Unknown Soldier (For Jeffrey)
  7. The Little Things
  8. Chinatown
  9. All The Tears That Shine
  10. Fortune
  11. Great Expectations

 【WHAT’S TOTO Ⅳ】

tt51PQQM-9gfL

メンバーが新作はこのアルバムの続編だ!と口を酸っぱくして語っている TOTO Ⅳ とはどんなアルバムなのでしょう。1982年発表、グラミー6部門制覇。400万枚のセールス。スゴイ・・・では具体的に何が凄かったのか。まずはそのクリアでメリハリのあるサウンド。そしてメンバー全員の卓越した演奏、作曲技術を全て楽曲のために生かしている事。これだけテクニシャンが揃っているのにエゴが感じられないアルバムも珍しいですね。例えば “ROSANNA” など今は亡き JEFF PORCARO のシャッフルテクニックが炸裂しているのですが彼のシャッフルがなければここまで名曲にはなり得なかったでしょう。何よりタイトなプレイに痺れます。またルカサー様のギターとホーンがユニゾンするキメのフレーズなども実はジャジーで難解なのですがこのフレーズでなくてはならない必然性を感じます。2人のシンセ奏者を要して当時最先端だったデジタルシンセを使いこなしているのも特筆に価するでしょう。日本のシンセ狂、TK 氏が TRUE KISS DESTINATION で AFRICA をカバーしたのも必然と言えますね。

TOTO FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!

WORLD PREMIERE: “ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” “THURISAZ DREAMING” 【ENSLAVED】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” OF ENSLAVED !!

ENSLAVED の新作 “IN TIMES” から新曲2曲目、”ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” を公開!!同郷 SHINING の “ONE ONE ONE” にも通じるような HARDCORE的 アグレッションで始まりボグレン印のクリーンコーラス、呪術的シンガロングパートと目まぐるしくも創造性に溢れた一曲です!!

enunnamed

“One Thousand Years Of Rain” is by far the most “mythological” song on the album. As the title are hinting towards, we are not dealing with the most positive
aspects of life here. We are rather dealing with the darker sides of human interaction here, and our tragic ability to destroy everything we are trying to build.
On the other hand, things have to be torn down in order to create something new, so the song is in that aspect, about hope too. Enjoy folks!”
“ONE THOUSAND YEARS OF RAINS” はアルバムで最も神話的な曲だよ。タイトルが示すように、僕たちはこの曲で人生の最もポジティブな側面を扱っている訳ではないんだ。人間間の暗い相互作用について、築いた全てを壊してしまうという悲しい性についての話だよ。ただ一方で、新しいものを築くためには物事を壊さなければならない訳で、この曲は希望の側面もあるって事だね。

GRUTLE KJELLSON

en10494654_10152218312867201_3259074089365064689_n

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “THURISAZ DREAMING” OF ENSLAVED !! 

NORWEGIAN PROGRESSIVE EXTREME METAL BAND ENSLAVED SET TO RELEASE THEIR NEW ALBUM “IN TIME” ON 3/6 !!

esunnamed

ノルウェーのプログレッシブエクストリームバンド ENSLAVED。彼らの新作 “IN TIME” が 3/6 に発売となります。個人的に現在のメタル界で最重要バンドの一つと信じて疑わない訳ですが、今回公開するアルバムからのファーストカット “THURISAZ DREAMING” が期待に違わぬ素晴らしい出来です!!ルーツである凶悪なブラックメタルパートで始まり彼ら特有のメロディックなクリーンボーカル移行、高まるカタルシスと共に荘厳なまでのクライマックスを迎えます。前作 “RITIIR” はメタル史に残る大傑作でしたがこの曲を聴く限りでは “IN TIME” はそれをも上回る可能性がありますね。尚、今回もミックスを JENS BOGREN が担当しています。

es1unnamed

“Finally, the first song from the album is released upon the world! This great lyric video is certainly a good way to present the song and the album. “Thurisaz Dreaming” was the first song to be written for the album, and kept the place as the natural opener for the album all the way throughout the entire making of the album. It leaps out of the speaker and grabs you by the throat – it’s a song that makes you take a stand right there during the first seconds of the album: are you up for the journey?! Of course you are!“

遂にアルバムからのファーストカットが公開されたよ!この素晴らしいリリックビデオは曲とアルバムの雰囲気を如実に伝えている。”THURISAZ DREAMING” はこのアルバムのために最初に書いた曲なんだ。自然とアルバムのオープナーになったし始めから終わりまで全体の雰囲気を伝えているよ。アルバムの最初の数秒で君たちは決断を迫られるだろう。この音楽の旅に出るかい?もちろん出るよね!

 IVAR BJORNSON

enslaved-2

“In Times” will be released on March 06, 2015 via Nuclear Blast! Pre-order the album here: http://smarturl.it/ENSLAVED-InTimes

http://www.enslaved.no | www.facebook.com/enslaved

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!

WORLD PREMIERE + INTERVIEW “PLEASE COME HOME” 【LONELY ROBOT】


WORLD PREMIERE: DEBUT SONG !! “GOD vs MAN” OF LONELY ROBOT + EXCLUSIVE INTERVIEW WITH JOHN MITCHELL !!

TALENTED VOCAL/GUITARIST JOHN MITCHELL OF IT BITES STARTS SOLO PROJECT !! LONELY ROBOT GIVES US AWESOME PROG ROCK FROM SPACE !!

lr524133_968210896528894_2370248329858517578_n

【PRE-REVIEW “PLEASE COME HOME”】

FROST*, KINO, ARENA などでキャリアを重ね、あのフランシス・ダナリーの後任として IT BITES に加入。2枚の素晴らしいスタジオアルバムを発表し日本での人気、知名度も増してきた才気溢れるミュージシャン JOHN MITCHELL。彼が新たにソロキャリアを開始しました。その名も LONELY ROBOT。アー写だと宇宙服を着込んだミスター・ビーンにしか見えませんがロンリーロボット。発売に先立ってアルバムを試聴する事が出来たのですが素晴らしいの一言。今回公開するアルバムからのファーストカット “GOD vs MAN” は少し荒々しさすら感じられるオルタナ風味の楽曲ですがアルバムはもっとバラエティーに富んでいます。全体的には IT BITES の2作とベクトルは近いと思います。多彩なゲストを迎えた事も功を奏したかもしれませんね。アルバムのハイライトは FROST* の同僚、JEM GODFREY が参加している8分の長尺曲 “LONELY ROBOT” でしょう。彼らしい爽やかで耳を惹きつける素晴らしくキャッチーなメロディーと展開美が同居しています。”WHY DO WE STAY” では女性ボーカル HEATHER FINDLEY との素敵なデュエットも聴く事が出来ます。最も感銘を受けたのは “A GODLESS SEA”。コードというよりモード的なアプローチが非常に美しく神秘的。”CONSTRUCT OBSTRUCT” は IT BITES でもしばしば聴く事が出来るミニマルなテーマの反復が POLICE 的で素直にカッコいいです。あとはぜひご自分の耳と JOHN の言葉でご判断ください。インタビューです、どうぞ。

RATING: 9/10

続きを読む WORLD PREMIERE + INTERVIEW “PLEASE COME HOME” 【LONELY ROBOT】

PICK UP ARTIST + SPECIAL MESSAGE: INMAZES 【VOLA】


EXCLUSIVE: VOLA’S SPECIAL MESSAGE FOR JAPAN!!

HERE IS NEW PROG STAR FROM COPENHAGEN !! VOLA GIVES YOU REALLY ECLECTIC MUSIC BASED ON GROOVE METAL/DJENT. 

SONY DSC

コペンハーゲンから現れた4人組 VOLA。デンマークは伝統的に芸術性の高いアーティストを輩出していますがこのバンドも実にアーティスティック。プログメタル界のフライングタイガーコペンハーゲンであると断言できます。楽曲の骨格であるギターリフは明らかに MESHUGGAH/DJENT を基にした現代的なヘヴィーグルーヴィースタッフ。しかし肉付けの部分が巷の凡百のバンドたちとは全く趣を異にします。煌びやかなシンセ/ピアノサウンドと甘いボーカルメロディーが70~80年代のプログロック、もっと言ってしまうと STEELY DAN, AIR SUPPLY, TOTO, CHICAGO のような雰囲気を醸し出しまくっているのです。さらに言ってしまうと同郷の MEW のメタル版といった感覚もありますね。マスタリングをあのイェンス・ボグレンに依頼し、デンマークの芸術家が手掛けたという前衛的なジャケットやアー写からも彼らが既存のメタルの枠を壊して RULE THE WORLD しようと意気込んでいるのが痛いほど伝わりますし、そうなる予感とポテンシャルは十分です。

vo1888478_10153933687725054_445414180_n

VOLA’s music exists in a borderline area of rock, that is as high-flying and melodically fulfilling as it is itchy and heavy. The band forms quirky trails of distorted bass and guitars, entangling synth lines and constantly groove-driven drums that play up against wide vocal harmonies and deep-blue-textured electronica.

voa4138172011_2

【MESSAGE FOR JAPAN】

Hello Japanese music fans! We are VOLA, a band from Copenhagen, Denmark, who have just released the debut album “Inmazes”. In short Inmazes deals with the subject of being trapped inside a mental maze. We have created 10 songs around this theme, which musically are products of our varied inspirations ranging from 70’s progressive rock to present day electronica, industrial and even extreme metal. We hope that you will enjoy what you hear! We would love to come to Japan and play, so be sure to spread the word about our music if it appeals to you.

日本の音楽ファンの皆さん、こんにちは。僕たちはデンマーク、コペンハーゲン出身の VOLA というバンドだよ。ちょうどデビューアルバム “INMAZE” を発売したところなんだ。簡潔に言うと、 “INMAZE” は精神的な迷宮に囚われてしまう事について扱っているよ。このテーマに沿って10曲作ったんだ。音楽的には70年代のプログロックから今日のエレクトロニカ、インダストリアル、そしてエクストリームメタルといった幅広い分野からインスピレーションを得て完成したね。楽しんでくれたらいいな!ぜひ日本でライブをやりたいからもし気に入ったらぜひ僕たちの音楽を広めて欲しいよ。

VOLA

vo393168_10150925825075054_818734913_n

volaa2055760116_2

VOLA FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE!

FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” 【SHINING】


FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” OF SHINING !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “VILJA & DROM” OF SHINING !!

THIS IS THE NIKLAS KVARFORTH’S MUSICAL EVOLUTION AND EXPERIENCE SO FAR! SWEDISH SHINING RETURN WITH THEIR NINTH RECORD “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” ON 4/20!!

snKvarforthPromo2

先日初来日を果たしたスウェーデンの所謂 SUICIDAL BLACK METAL、SHINING。ディプレッシブとプログブラックのちょうど中間のような物哀しく知的な音像はここ日本でもファンが多いですね。意外にツインリードなんかはメタルメタルしてて聴きやすかったりもしますが何と言っても狂気をはらんだ天才、NIKLAS のロッカーとしてのカッコよさ、刹那な雰囲気が彼らを唯一無二のバンドにしている気がします。今回弊WEBZINEでは 4/20 にSoMから発売される新作 “Ⅸ- EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” からコロコロと猫の目のようにその展開を変える素晴らしい新曲 “VILJA & DROM” を世界初公開致します!!

SOM350-Shining-500X500px-72dpi-RGB

His ninth album, ‘IX – Everyone, Everything, Everywhere, Ends’ is another excellent example of Niklas’ genius. Reaching back to their black metal roots, SHINING simultaneously melt eclectic influences from progressive rock, jazz, even pop and more into deeply emotional laments from the dark side of the soul. Niklas’ vocals come in an even greater variety of expressions which few would suspect in a singer coming from the extreme metal scene. 

新作は彼らのブラックメタルのルーツに立ち返りながらもプログロック、ジャズ、ポップでさえも取り込んで魂のダークサイドに深く、エモーショナルに語りかけるような作品になるそうです。二クラスのボーカルもとてもエクストリームメタルとは思えないほどに表現力を増しているようですよ。


www.facebook.com/shiningofficial
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=90

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRYAN FUNCK OF THOU !!

th2

HEATHEN, 4TH FULL ALBUM OF THOU, WAS SELECTED AS NO.1 METAL ALBUM OF PITCHFOLK!! PAINFUL AND RAW, BUT MELODIC AND TRANSPORTIVE. THAT’S EXACTLY RIGHT !!

thou

 ルイジアナの憎しみと混沌の支配者 THOU。彼らの創造してきた DOOM/SLUDGE サウンドに救いは全くありませんでした。ただ聴く者を地の底へ引きずり込むような闇のサウンドこそ THOU の真骨頂。ところが昨年発表した彼らの最新作 “HEATHEN” では少しばかり様子が違っていました。これまでの作品群に比べて明らかに叙情性、芸術性、構成美、アトモスフィアといった要素に重点が置かれ、ほんのりと救いのあるサウンドに変化していたのです。PITCHFOLK はそのあたりに目敏く反応し、昨年のベストメタルアルバムに “HEATHEN” を選出していました。現在要注目のバンドである事に間違いはありませんね。今回弊サイトではボーカルの BRYAN にバンドや作品について濃密に語って頂く事が出来ました。

tha0610068978_10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】

FULL ALBUM STREAM: “BLOODKVLTS” 【THE MONOLITH DEATHCULT】


FULL ALBUM STREAM !! “BLOODKVLTS” OF THE MONOLITH DEATHCULT !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “HANGMEN ALSO DIE” OF THE MONOLOTH DEATHCULT !!

the-monolith-deathcult-bloodkvlts-2015

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! REIGN OF HELL OF THE MONOLITH DEATHCULT !!

SUPREME AVANT-GARDE DEATH METAL, THE MONOLITH DEATHCULT SET TO RELEASE AWESOME NEW EP “BLOODKVLTS” ON 3/23 FROM SEASON OF MIST!!

md600917_572919516071371_205707314_n

オランダの最高にアヴァンギャルドなデスメタルバンドが帰ってきます!!THE MONOLITH DEATHCULT。このバンド完全にイカレています。アー写でバットやらチャカやら構えて殺しにきている時点で完全にイカレている訳ですが音楽も完全にイカレています。基本は NILE のような中東、エジプトのオリエンタルな要素を取り入れたブルータルなデスメタル。ただシンフォニックだったりエレクトロニカの要素をなぜかふんだんに取り入れ訳の分からない前衛的なものを作り出しています。訳の分からない前衛的なものですがフックが多くて聴きやすい、リピートしたくなるという所がニクイですね。前作 “TETRAGRAMMATION” は変態音楽史上に残る傑作なのでぜひ聴いて頂きたいところ。そんな彼らですが3/23に新EPをリリースします。タイトルは “BLOODKVLTS”。今回はそこから新曲 “REIGN OF HELL” を世界初公開!!彼らのトレードマークである訳の分からないナレーションから荘厳に、シンフォニックに、そして凶悪凶暴に展開する秀曲です。

md10373492_951854001511252_5213131476221565416_n

THE MONOLITH DEATHCULT strike again! Their new EP ‘Bloodkvlts’ is a brutal demonstration of extreme technical prowess, crushing songwriting, and a sublime dose of the Dutchmen’s reckless humour. The band remains true to their close embrace of deadly 90’s influences with hints of CANNIBAL CORPSE, DEATH, NILE, NAPALM DEATH, ASPHYX, and BEHEMOTH shining through these meat-grinding songs.This album convinced critics and fans alike by delivering destruction with punishing riffs, vicious drum slaughter, and ridiculously brutal vocals. Following up on this success and helping to shorten the waiting time until their highly anticipated next full-length, the band now release ‘Bloodkvlts’. Put on your steel helmet and prepare for an ultra-heavy barrage…

THE MONOLITH DEATHCULT が戻ってきたぜ!次のフルアルバムが待ちきれない欲しがりなクソ豚野郎共にこいつをくれてやる!!”BLOODKVLTS” だ。鋼鉄のヘルメットを被ってウルトラヘヴィーな弾幕に備えろよ!!

md539148_571053579591298_486385348_n


Tracklisting
1. Reign of Hell
2. I Conquistador
3. Der Hexenhammer
4. Doom of the Tawusê Melek
5. Hangmen Also Die
6. GeneSYS
7. Die Waffe Mensch RMX
8. Den Ensomme Nordens Dronning
Line-up
Robin Kok: fretted and fake fanned fretless bass, vox and howling insanity
Michiel Dekker as The Teacher: guitars (untuned & retuned), Kahler misuse, vox and supreme inanity
Carsten Altena aka The Macrobiotic Offline Member: Stalin organ, mammoth orchestral stabs and fiddling vanity

mda3081698506_2

www.facebook.com/monolithdeathcult
www.facebook.com/seasonofmistofficial

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACK CROWN INITIATE : THE WRECKAGE OF STARS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK SHAW OF BLACK CROWN INITIATE !!

bc10612556_369533619868283_2354042432920780802_n

“THE WRECKAGE OF STARS” IS ONE OF THE MOST IMPORTANT MODERN METAL ALBUM. YOU WANT TO KNOW WHAT’S FUTURE OF METAL, LISTEN THE AWESOME ALBUM !!

デビュー EP “SONG OF THE CRIPPLED BULL” で US 産バンドとは思えないような叙情性溢れるプログデスサウンドを聴かせ、界隈に衝撃を与えた BLACK CROWN INITIATE 。彼らが 1st アルバム “THE WRECKAGE OF STARS” を発表しました。EP では乱暴に言えば OPETH と DJENT を足してノルウェーに移住させたような音楽を提示していましたが 1st フルでは少し音楽性に変化が見えます。具体的には THE FACELESS, FALLUJAH といった TECH-METAL に近づきましたね。ただ例えば OPETH, EXTOL, GOJIRA, BEHEMOTH といった欧州からの影響は未だに顕著で、さながらアメリカから欧州への回答といった雰囲気を感じさせます。特にクリーンボイスがカットインする際の世界の変わり様には目を見張るものがありますね。今回、弊サイトでは以前インタビューを掲載したマスロックプロジェクト INVALIDS でもベースをプレイする NICK SHAW に話を聞く事が出来ました。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACK CROWN INITIATE : THE WRECKAGE OF STARS】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ORDEN OGAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SEEB OF ORDEN OGAN !!

Orden-Ogan_20151-500x333

THE FUTURE OF POWER METAL !! MODERN GERMAN POWER METAL BAND ORDEN OGAN IS BACK WITH “RAVENHEAD” !! MORE METAL, MORE CHORUSSES,  MORE ORDEN OGAN!!

ジャーマンメタル。現代ではほぼ死に絶え、古から活動を続けるシーラカンスのようなバンドだけが暖かいファンに見守られながら水槽の中でのみその生存を許されたジャンル。時は流れ2010年代。突如としてメガ進化を遂げ水槽から飛び出し世界に衝撃を与えたバンドが現れました。ORDEN OGAN。BLIND GUARDIAN, RUNNING WILD といったジャーマンメタル直系の世界観、メロディーセンス、大仰さを引き継ぎながらモダンでプログレッシブな要素を大胆にに導入しまさにパワーメタルの未来といった存在になりつつあります。端的に言えばまずギターが上手い。ジャーマンメタルの9割はギターが下手、失礼アイデアが貧困でそれがシーラカンス化を生んだ要因の一つな訳ですが、OOの TOBI は LAMB OF GOD や CHILDREN OF BODOM のような現代的なリフやリードをバシバシ盛り込み楽曲にアクセントとエキサイトメントを持ち込む事に成功しています。同時にシンフォニックやフォーク/ヴァイキング、具体的には WINTER SUN, MOONSARROW, ENSIFERUM といったバンドと共鳴するような素養も併せ持ちここ日本でも彼らのオルデンがオーガンするのは最早時間の問題ですね。今回、弊サイトでは新作にして最高傑作、全ての面でパワーアップを果たし主なレビューでも高評価連発のキラーなアルバム “RAVENHEAD” についてボーカル、ギター、キーボードを担当する SEEB に話を聞く事が出来ました。

oo10448186_939494016078530_605597758351221635_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ORDEN OGAN】