NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GATES : BLOOM & BREATH】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GATES !!

gt10644917_837948622906141_8347983666104607430_n

EMOTION, PASSION, BEAUTY, INTELLIGENCE, ATOMOSPHERE・・・”BLOOM & BLEATH” OF GATES HAS EVERYTHING !! ETHAN, DAN K, KEVIN TALK ABOUT THEIR DEBUT ALBUM, MUSICAL UPBRINGINGS AND MORE !!

ニュージャジーから現れたトリプルギター、5人組 GATES。MINERAL, AMERICAN FOOTBALL, THE APPLESEED CAST の持つ瑞々しくエモーショナルなメロディーと EXPLOSIONS IN THE SKY, THIS WILL DESTROY YOU が提唱する知的でアトモスフェリックな POST-ROCK サウンドを見事に融合させたデビュー作 “BLOOM & BREATH” は各所で大好評を博しています。例えば EMO/INDIE は単調すぎるとか POST-ROCK はキャッチーさに欠けるといった向きにも大いにアピールし得るジャンルブレーキングな作品ですね。アートワーク、音楽、詞といったトータルなコンセプトも実に美しく昨年の BRIGHTEST HOPE は間違いなく彼らでしょう。今回弊 WEBZINE では ETHAN, DAN K, KEVIN 3人に話を聞くことが出来ました。どうぞ。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GATES : BLOOM & BREATH】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RIKARD SJOBLOM OF BEARDFISH !!

bf7890_10151479667301344_390878346_n

SWEDISH PROG ROCKERS BEARDFISH SET TO RELEASE THEIR BRAND NEW ALBUM “+4626-COMFORTZONE”ON 1/12 !! RIKARD SJOBLOM TALKS ABOUT NEW ALBUM, HIS MUSICAL UPBRINGING, AND MORE !!

bf10806323_10152371895080667_4676909083101685853_n

ANEKDOTEN, ANGLAGARD といった名前を挙げるまでもなくスウェーデンが良質なプログロックの一大生産地であることはご存知の通り。昨今かの地から現れるバンドの多くはメロトロンやオルガンを駆使した古き良きヴィンテージロックに現代的な構成美や手法を取り入れ人気を博していますね。BEARDFISH もそんなバンドの一つ。ただ前作 “THE VOID” では特に荒々しいヘヴィーロックの部分を強調し彼らの個性を主張、確立し始めたような気がします。

【PRE-REVIEW “+4626-COMFORT ZONE”】

今回発売に先駆けて1/12発売の新作 “+4626-COMFORTZONE” を試聴させて頂く事が出来ました。非常に良いアルバムですね。完成度は間違いなく彼らの作品でも一番でしょう。こういったプログロック作品は作り手側の押し付けのような音楽になることが往々にしてあります。複雑で高尚ながら聴き手に伝わらない。現に彼らの初期作にはそういった面も見受けられました。しかし今作はフレーズやメロディーにフック、引っかかるフレーズが格段に増えましたね。 “COMFORT ZONE” “IF WE MUST BE APART” といった10分前後の長尺曲では彼らの敬愛する KING CRIMSON やその他諸々の有名フレーズをあざといまでに巧みにオマージュしながらも(インタビューでも認めているように)彼ら特有の瑞々しいメロディーと生々しく時に攻撃的なギターやオルガンのリックで発展させ息つく暇を与えません。後者などボーカル入りの “RED” が現代の FORCUS に展開し DOORS と共演!!みたいなトチ狂った感じが素晴らしいですよ。 他の5分前後の曲達はプログロックというよりは最早ただロックと表記したいですね。コンパクトでバラエティーに富んでいてどれをシングルに切っても問題なさそう。例えば FOO FIGHTERS とか SOAD とか QOTSA と同列に語ってもおかしくないというか。DOORS の持っていたムーディーさやサイケな雰囲気と ZEPとか THE WHO 的王道ギターロックを現代的にオルタナ感をまぶして融合させたような。とにかく非常に充実しています。プログファンにこういった楽曲群がどう評価されるのかは判りませんがもっと広いフィールドで勝負できる可能性を感じました。

RATING: +4626-COMFORT ZONE    9/10     

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANGRA : SECRET GARDEN】


EXCLUSIVE !!! INTERVIEW WITH KIKO LOUREIRO OF ANGRA !!!

ag10906094_10152654634507252_6756645854000744304_n

BRASILIAN GUITAR VIRTUOSO, KIKO LOUREIRO TALKS ABOUT ANGRA’S NEW ALBUM SECRET GARDEN, NEW SINGER AND MORE !!

紆余曲折。ブラジルが誇るナショナルトレジャー、 ANGRA 通算8枚目のアルバム SECRET GARDEN はかなりの難産でした。まずオリジナルボーカルでカリスマ的存在だった ANDRE MATOS の後を引き継いで見事にバンドを再生させた EDU FALASCHI が脱退。バンドの歴史の大半在籍した名ドラマー/パーカッションの達人 RICARDO CONFESSORI も脱退。後任としてライブ参加からなし崩し的にあのミスターメロスピ、FABIO LIONE をメンバーに引きずり込み、ギターの RAFAEL, EPICA の SIMONE, DORO PESCH 姉さんといったゲストボーカルの力も借りつつなんとか完成に漕ぎ着け日本先行で発売されました。内容は微塵もそんなゴタゴタを感じさせない充実度です。実際オリコンチャートでも初登場7位を記録!このバンドの肝はやはりメロディー。ボーカル、ギターフレーズ共に前作よりも良いと思いました。勿論彼らならではの技巧、知識を生かしたインテリジェンスも以前より比較的シンプルながら効果的です。日本でも多くのギタリストに崇拝される天才ギタリスト KIKO LOUREIRO が忙しい中、少しですが新作について語ってくれました!!どうぞ。

ag10393177_791065430933665_7315849728479135953_n

【SECRET GARDEN】

ag10384846_876311909075683_1772308504592568955_n

Q1:  “Secret Garden” has just launched only in Japan !! How are you feeling now?

【KIKO】: It is always a great feeling to complete an album. It’s a lot of work to compose and record.  Now  I have a great expectation to hear what the fans will say. We are trying different elements on this album and I’m very curious about  the feedback we will get.

Q1: “SECRET GARDEN” が日本先行リリースされましたね。どんなお気持ちですか?

【KIKO】: アルバムを完成させるのはいつだって最高だよ。作曲やレコーディングに多くを注ぎ込む訳だからね。今はファンからの反応が楽しみで仕方がないよ。このアルバムでは違ったエレメントを試したしフィードバックには本当に興味があるんだ。

Q2: At first, Fabio Lione join the band. Why did Angra choose him? And do you think that is right decision so far?

【KIKO】:  It was a natural choice.  Great singer and great person . Also very experienced to work and tour with.

Q2: FABIO LIONE がバンドに加わりましたね。なぜ彼を選んだのですか?今のところ上手くいっていますか?

【KIKO】: とても自然な決断だったよ。偉大なシンガーで偉大なボーカル。共に働きツアーを行うに充分の経験も積んでいるからね。

ag1958026_837940746246133_5706682651744628069_n

Q3: Speaking of vocal, this album has lots of singers. Simone Simons of Epica, Doro Pesch, and Rafael are singing. Why?

【KIKO】: Rafael had the dream to sing in an Angra album. Why not after so many years? He has a great voice and deserves to fulfill his dream. On Temple of Shadows we had some guests too and we liked   how it come out so this time We wanted to  invite great singers again.

Q3: ボーカルと言えば今回は EPICA の SIMONE SIMONS, DORO PESCH, そして RAFAEL も歌っていますね。

【KIKO】: RAFAEL は ANGRA のアルバムで歌うのが夢だったんだ。なぜこんなに長い年月掛かったのかって?彼は素晴らしい声を手に入れたから夢を叶えるに値するんだよ。”TEMPLE OF SHADOWS” でも何人かゲストに来てもらって気に入ったから今回も偉大なシンガー達を招いたのさ。

Q4: Anyway, “Secret Garden” is one of the best album of Angra. Everything we want is in it. Beautiful melody, progressive aspect, and AWESOME your shredding guitar !! Is this a conceptual album? Which song do you most proud of?

【KIKO】: I always think about the whole processes and the whole work, not in a single song. I really like the final result but  the judgment has to come from the fans. They will tell us if we went to the right direction or not.

Q4: “SECRET GARDEN” は ANGRA の作品でもベストなアルバムの一枚ですね。美しいメロディー、プログの要素、勿論あなたのシュレッドも最高です!!特に気に入っている曲はありますか?

【KIKO】: 僕はいつも曲単位ではなくプロセス全体、作品全体で考えるようにしているんだ。本当に仕上がりには満足しているけど判断はファンによって下されるべきだからね。彼らが正しい方向に進んでいるのかそうでないのか教えてくれるだろう。

ag544951_852531051453769_6637062264442731392_n

Q5: Do you think Jens Bogren is one of the reason that “Secret Garden” become really masterpiece?

【KIKO】: Everyone has a role in producing the album. Composers,  musicians , management, Roy Z and Jens. Definitely Jens was very important for the quality of the songs and album.

Q5: JENS BOGREN の関与は吉と出たようですね。

【KIKO】: このアルバムの製作陣は全員役割を果たしたね。コンポーザー、ミュージシャン、マネージメント、ROY Z に JENS。確実に JENS の存在は曲、アルバムのクオリティーにとって非常に重要だったよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thanks a lot !! Also we are looking forward to Japan tour 2015 !! Message for Japan, Please !!

ag10600587_837940666246141_1445725737666755208_n

We all love to go to Japan.  I’m counting the days to go! Looking forward to meet Japanese fans, play for this beautiful crowd, walk on the streets eat the great food, enjoy the country and learn more from such an incredible people Thanks a lot!! Kiko

ANGRA は日本に行くのが大好きなんだ。指折り数えて待っているよ!日本のファンに会って、美しい観衆のためにプレイし、日本をエンジョイしてみんなから色々学ぶのを楽しみにしているよ。どうもありがとう!!

KIKO LOUREIRO

<ANGRAジャパン・ツアー2015>

2015年5月18日(月) 大阪 BIGCAT 2015年5月19日(火) 名古屋 クラブクアトロ 2015年5月20日(水) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST 2015年5月21日(木) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST [問]クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/05angra/

ANGRA FACEBOOK PAGE

DISKUNION: SECRET GARDEN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ
PLZ PUSH LIKE! OUR FACEBOOK PAGE!!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHARLES (VIOLIN/CLEAN VOCAL) OF NE OBLIVISCARIS !!

noNe_Obliviscaris_CITADEL_1_2(c)Svartwerk

AUSTRALIAN PROG METAL BAND, NE OBLIVISCARIS WILL COME TO JAPAN IN JUNE !! DON’T MISS THEIR BEAUTIFUL MELODY, INTELIGENCE SOUND, AND AWESOME PERFORMANCE !!

2012年にデビュー作にして傑作、”PORTAL OF I” で彗星の如くシーンに登場したオーストラリアのプログメタルバンド NE OBLIVISCARIS。彼らの勢いは止まる所を知りません。2013年には早くも日本ツアーを成功させ、昨年は 2nd アルバム “CITADEL” をリリース。一部で「舌出る」と呼ばれ親しまれたこの作品、2枚目のジンクスなどどこ吹く風で弊サイトのリーダーズポールでも上位に入った他、海外の権威あるFBのライク何万系のサイトでも軒並み高評価を獲得しました。彼らの素晴らしさはまず楽曲が10分を超えても決して長いと思わせないその構成力。クリーンボーカル、ヴァイオリンを駆使した静と動の駆け引きにメロディーの素晴らしさが相俟って唯一無二の世界観を構築しています。加えて時折顔を覗かせる DJENT やモダンでアトモスフェリックなプログメタルからの影響が白眉で、時代の寵児感と舌が出まくっていますね。6月に行われる2度目の来日公演は見逃せないものになるでしょう。海外の権威あるFBのライク何万系サイトからの取材が殺到したため掲載が遅れてしまいましたが(これはマジです)バンドの要、ヴァイオリン/クリーンボーカルの TIM CHARLES です。どうぞ。

no10605995_10152592277479898_6748307934585965047_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】

FEATURE ARTICLE: NEIL KERNON (GRAMMY WIN PRODUCER) TALKS ABOUT JAPANESE MUSIC !!


EXCLUSIVE: LEGENDARY PRODUCER NEIL KERNON TALKS ABOUT JAPANESE MUSIC, HIS WORKS, AND MORE !!

nk10703859_10153125595705715_5963869472976605843_n

HALL & OATES の “PRIVATE EYES” をプロデュースしグラミー賞を獲得した伝説的プロデューサー、NEIL KERNON。DOKKEN, QUEENSRYCHE, NEVERMORE をはじめメタル界で手掛けたアーティストも数知れず。知らないうちに彼の作品を耳にしている事も多いのではないでしょうか。今回 TONY MILLS の “OVER MY DEAD BODY” を扱う事になり NEIL と話す機会を得たのですが、日本の音楽に対する造詣の深さが尋常ではなく急遽語って頂く事になりました。一流の外国人音楽プロデューサーから見た日本の音楽。面白いです。どうぞ。

tm6210191_orig

続きを読む FEATURE ARTICLE: NEIL KERNON (GRAMMY WIN PRODUCER) TALKS ABOUT JAPANESE MUSIC !!

MATH-ROCK SPECIAL !!! LIVE REPORT: BAHAMAS FEST 【MATH-FEST JAPAN】


EXCLUSIVE: TAK YAMAMOTO, EXECUTIVE PRODUCER OF BAHAMAS FEST TALKS ABOUT MATHFEST JAPAN !!

fb10428672_587636234674508_3385617026045130003_n

世界の音楽シーンで日増しにその存在感を増しつつあるニュームーブメント、MATH-ROCK。まさに日の出の勢いである MATHMATICAL なアーティストたちを集めたロックフェス、第1回 “BAHAMAS FEST” が今年ここ日出づる国日本で開催され、非常に話題を呼びました。マスフェスト及びその発端となったマスコンピの立役者である TAK YAMAMOTO 氏にライブレポート、裏話などを語って頂きました。

bfa2661311604_2

続きを読む MATH-ROCK SPECIAL !!! LIVE REPORT: BAHAMAS FEST 【MATH-FEST JAPAN】

WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】


EXCLUSIVE: WORLD PREMIERE AND INTERVIEW WITH TONY MILLS!!

GOD GAVE HIM A VOICE・・・ex-TNT, SHY, SERPENTINE, LEGENDARY SINGER TONY MILLS SET TO RELEASE HIS NEW SOLO RECORD “OVER MY DEAD BODY” ON 2/23 !!

tm6799454
昨年 TNT を離脱しソロ活動を開始した TOMY MILLS。SHY, SIAM, SERPENTINE, TNT と渡り歩いてきた不世出のシンガーが送り出す久々のソロアルバム “OVER MY DEAD BODY” は W.E.T. , WORK OF ART でお馴染みメロハーマスターこと ROBERT SALL が共作、ROYAL HUNT の ANDREAS PASSMARK が参加、数々の傑作を生み出してきた伝説的プロデューサー NEIL KERNON がプロデュースという万全の体制で製作され彼のキャリアを総括したような素晴らしい作品に仕上がりました。今回、弊 WEBZINE ではその新作から TNT, W.E.T. を髣髴させる爽快なメロディックメタルナンバー “NORTHERN STAR” と SHY, JOURNEY 風な都会的メロディーが見事な AOR “4 IN THE MORNING” の2曲を世界初公開、並びに TONY の超ロングインタビューを掲載することが出来ました。

続きを読む WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】

SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】


EXCLUSIVE COMMENT FROM MATT HALPERN OF PERIPHERY

Periphery-Juggernaut

MODERN PROG METAL NEW HERO, PERIPHERY SET TO RELEASE THE DUAL ALBUM “JUGGERNAUT: ALPHA” AND “JUGGERNAUT: OMEGA” ON 1/27 !!

periphery2013

PROG METAL/DJENT シーンのニューリーダー、PERIPHERY 待望の新作が来年の 1/27 に発売されます。“JUGGERNAUT: ALPHA” ” JUGGERNAUT: OMEGA”。コンセプトアルバムを2枚同時リリース!!勝負を賭けてきましたね!アルバムの出来如何では 2015 年が PERIPHERY の年になる可能性も充分にあります。MESHUGGAH を原点とした TECH-METAL でありながら同時に EMO, ELECTRONICA, JAZZ-FUSION, PROG, POP といった様々な音楽からのインプットをカラフルに巧みに配置し唯一無二の独自性を構築してきた PERIPHERY。彼らの素晴らしさはミュージシャンをも唸らせるような複雑でテクニカルな演奏、楽曲ながら、ティーンネイジャーが夢中になるようなキャッチーさやロックの原衝動を兼ね備えている点です。今回はタイトル、ジャケ共にポケモンリスペクトでバリバリにティーンを意識し、さらに勝負を賭けてきていますね。そして勿論、ポケモンを意識してきたというのは 2014 年二度に渡って訪れ最高のパフォーマンスでガッチリとそのハートを掴んだわれわれ日本のファンに対する更なるアピールでもあります。PERIPHERY を支える凄腕ドラマー、MATT HALPERN から日本のファンに向けて独占メッセージを公開します!!

pr10858633_10101837988483325_8869572862384305348_n

続きを読む SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PAOLO COLAVOLPE OF DESTRAGE

ITALIAN RISING STAR !! TECHNICAL, POWERFUL, AND CHAOTIC !! INTELLIGENCE MODERN METAL BAND DESTAGE ARE GONNA COMING TO JAPAN ON 2015 AGAIN !!

dr1011894_10153242557070104_679622586_n

 ボーニョボーニョボニョザガナノゴ~~で図らずも自らの狂信的ジブリ愛、日本愛を世の中に広く知らしめる事に成功したイタリアン・ライジングスター、DESTRAGE。DISARMONIA MUNDI の奇才 ETTORE RIGOTTI の肝入りで製作した 2nd アルバム “王様はデブで老いぼれである” のイカレっぷりが各所で好評を博し、あれよあれよという間にメタル界の大御所 METAL BLADE と契約を結んでしまいました。今年そこから発表した彼らの最新作 “ARE YOU KIDDING ME? NO.” は弊サイトのリーダーズポールにランクされたように実に素晴らしい彼らの最高傑作となりました。確かにアルバムタイトルや曲名に象徴されるように彼らのイカレた部分は非常に魅力的なのですがこのアルバムでは良い意味で成熟し、荒削りだった部分が改善されています。とは言え SIKTH, PROTEST THE HERO, BETWEEN THE BURIED AND ME などをさらに闇鍋化させたようなその INSANE なサウンドは十二分に健在。昨今のバンドたちよりギターヒーロー的なプレイを連発するギターチームも最高にクールですね。二度目の来日も決まったようで止まるところを知らない彼らの快進撃。ボーカルの PAOLO に話が聞けました。

dr10351677_10154393502840104_3706134212707193132_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】


EXCLUSIVE: INTEVIEW WITH ANNA MURPHY OF ELUVEITIE

ANNA MURPHY OF ELUVEITIE TALKS ABOUT THEIR NEW ALBUM “ORIGINS”, PADE KISTLER, HURDY-GURDY, AND LIVE IN JAPAN !!

ev10646974_10152605556766284_5478603399512808541_n

今年は FOLK / VIKING METAL が本格的に日本に上陸を開始した年になったように思います。11月には PAGAN METAL ALLIANCE という FOLK / VIKING 系のバンドを集めたフェスが開催され ENSIFERUM, MOONSORROW, OLPHANED LAND といったバンドの好演で盛り上がりました。そしてこのバンドの公演も大好評でしたね。ELUVEITIE。メンバーにハーディー・ガーディー、バグパイプ、ヴァイオリン奏者を含む本格的な FOLK METAL バンドです。8月に発表した最新作 “ORIGINS” も DARK TRANQUILIRY, IN FLAMES 直系の本格的なメロデスを骨格としながらケルト神話の世界観と民族楽器を使用したフォーキーなメロディーで肉付けを施した彼ららしい快作に仕上がっていますね。SWISS MUSIC AWARDS を獲得したり日本の HONDA とスポンサー契約を結んだりとバンドにとっても重要な年になりました。ただメンバーチェンジの多いバンドで先の来日公演でもバグパイプに日本国旗をブッ刺しながらステージ上をウロウロし、”KAMIKAZE WHISTLER” の異名を欲しい儘にした PADE KISTLER は脱退してしまいました。その辺りも含めてヴァイオリンの二コールちゃんと二人で ELUVEITIE の “KAWAII” を担当するボーカル/ハーディー・ガーディー奏者の ANNA MURPHY に話が聞けました。

ev10569059_10154397035060447_6015828543462868721_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】

Just find your own music