タグ別アーカイブ: Djent

JAPANESE PREMIERE>>>KEIRO NO HI BY 【Clément Belio】


KEIRO NO HI

                                                         By Clément Belio

MARUNOUCHI MUZIK MAGAZIN PRESENTS JAPANESE PREMIERE

9/22に発売となるフランスの奇才八弦師、Clément Belioさんのフルアルバム’CONTRAST’からまさに日本のファンの為の曲KEIRO NO HIを曲解説、メッセージ付で世界独占公開です。

CB858997_10151467233178908_1171205130_o

【ABOUT KEIRO NO HI】

This track is actually the most “japanese” one of the album.
I’ve always loved Japanese music, especially mathrock…
Nah seriously, Japan has the BEST mathrock bands in the world haha, TOE, Lite, Mouse on the keys…
So that song is my humble tribute to them, and especially to Ryuichi Sakamoto and TOE.
Pentatonic scales, fun drums grooves, acoustic guitar, and in the middle of the song, an intense groove between all those elements.
The tittle, “Keirô no Hi”, is as you probably know, a Japanese holiday celebrated annually to honor elderly citizens, and this year I think it was on the 15th of september, which was the first date plan of album release… Also, as my grandmother died recently,  so I decided to dedicated that song in particular to her.
Anyway, this is one of the most “authentic” track of the album, because of the multiple LIVE instruments recorded (by yours truly), hope you enjoy…                By Clement Belio
この曲はまさにアルバムの中で最も日本的なんだ。僕は本当に日本の音楽が好きで特にMATH ROCKを愛しているよ。いや真剣に日本には世界で最高のMATH ROCKバンドがいるよね、TOE, LITE, MOUSE ON THE KEYS・・・だからこの曲は彼らへの控えめなトリビュートと言えるだろうね。特に坂本教授とTOEへかな。
ペンタトニックスケール、面白いドラムのグルーヴ、アコースティックギター。曲の中盤ではそれら全ての要素が絡まりあい強烈なグルーヴを発しているよ。
’敬老の日’ってタイトルは勿論知っていると思うけど一年に一度老人に感謝をする日本の休日だ。今年は9/15だったと思うんだけど、実はその日こそ最初のアルバムリリース予定日だったんだ。同時に最近僕は祖母を亡くしたから特にこの曲を彼女に捧げようと決めたのさ。
とにかくアルバムの中で最も’本物の’曲だと思うよ。多様な楽器を全て僕が生演奏で録音したからね。楽しんでくれるといいな・・・

CB254697_10150293182513908_7352388_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

こちらも新作からJUMPZ。フュージョン、ワールドミュージック、DJENT, MATH-ROCK, が溶け合ったような素晴らしい曲です。まさに彼の真骨頂ですね。
My most humble tribute to your country is that song…
I’ve always been fascinated by all I could see from Japan, from the mathrock bands to the YouTube videos “wtf japan seriously” haha, from several comics to tv shows…
Well, I really want to come to Japan and see all of this at least one time in my life.
This song reflects that desire and that admiration, I really hope you enjoy that modest tribute to what Japan has best to offer :)                           By Clement Belio
’敬老の日’は日本に対する僕の最大限のトリビュートなんだ。
僕は日本に関するあらゆることにいつも魅了されているからね。MATH-ROCKバンドからYouTubeでみる”wtf japan seriously”(笑)。漫画やテレビも素晴らしいよね。
本当に日本に行きたいし人生で少なくとも一回はそういったものを実際に見てみたいんだ。
この曲にはそういった願いや憧れが反映されているんだ。僕に出来る最大限の日本へのトリビュートを本当に楽しんで欲しいな。

新譜、過去作の購入はこちらから

http://clems6belio.bandcamp.com/

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【NOTHING MORE】


【WHAT’S NOTHING MORE LIKE?】

MOTLEY CRUE,SIXX:A.M.,PAPA ROACH,5FDP,BUCKCHERRY,ESCAPE THE FATE…錚々たるバンド達が名を連ねるELEVEN SEVEN MUSICがこの夏満を持して送り出すアーティストがこのNOTHING MOREです。
ELEVEN SEVEN MUSICは所属アーティストを見て貰えば分かりますが、基本的に大衆受けを狙った音楽性のレーベルです。そのレーベルが目を付けたNOTHING MOREの面白い所は大衆受けするようなコンパクトでメロディアスな楽曲でありながらDjent,Alternative,Electro,Progといった時代を反映した先鋭的な要素を採り入れている点だと思います。例えばイケメンな部分も含めてBABY METALの方法論と実は似ているかもしれませんね。
「売れそうな」オタク音楽、メジャーだけどHipな音楽。そんな感想を持ちました。ボーカルのJonny Hawkinsがアルバムやバンドについて語ってくれます。

【ABOUT ALBUM RELEASE】

無題ko
Q:Your new album “Nothing More” has just released. How is the reaction?
【Jonny Hawkins】:The reaction has been amazing – it has surpassed our expectations.  One of the coolest things about it is hearing personal stories from people we meet on the road about how one of the songs got them through a difficult situation in their life.  We met a guy who lost his wife and was left as the only parent to their 2 young boys – he said that all he did for the month after she died was blast “God Went North.”  It helped him through the uncertainty of his wife being gone and not knowing what to do being a single parent.
Q:新作”Nothing More”がリリースされましたね。反応はいかがですか?

【Jonny Hawkins】:素晴らしいよ。完全に予想以上だね。ロードで会った人たちから僕らの曲のおかげで彼らがそれぞれの困難な状況を切り抜けられたって話を聞けるのは最高にクールな事だ。
妻に先立たれて二人の男の子のシングルファーザーになってしまった人に会ったんだ。彼はこう言っていたよ。「妻が亡くなってから一ヶ月間やった事といえば”God Went North”を爆音で流す事だけだったよ」とね。妻を亡くした不安とシングルファーザーとしての心配事からこの歌が彼を救ったんだ。(”God Went North”は恋人、妻を病気で失う歌)

Q:Please tell me why did you contract with Eleven Seven Music?
【Jonny Hawkins】:This is our first label in our long history of DIY work – they stood out to us because of their sheer passion and love for their bands.  At the end of the day money and a reputable name and a big building can all go away – but the thing that remains is the passion with which the label works.
Q:Eleven Seven Musicと契約したのはなぜですか?

【Jonny Hawkins】:長い間DIYでやってきたから初めてのレーベルなんだ。彼らは真摯な情熱と愛をバンドに注いでいるという点で際立っていたよ。結局はお金や名前、大きなビルなんてどうでも良いんだよね。レーベルの仕事に熱意を持っているかどうかが重要なんだ。

【ABOUT ”NOTHING MORE”】

10463967_10152506098809287_1171551415622847162_n

Q:Would you tell me the origine of band’s name Nothing More? And why did you titled your band name on this album?
【Jonny Hawkins】:When we set out on this journey as a band, we were testing out if the experience of being a working musician was for something for people of privilege, or if it was something we could create from our limited resources.  We discovered that you can do whatever you want, if you are passionate enough about it.  We want all our work to point back to the fact that we are nothing more than human beings like everyone reading this.  Success is not a testament to things out of your control – you can achieve your dreams.  We made that the name of our album to reinforce that point.
Q:NOTHING MOREというバンド名の由来を教えて下さい。そしてなぜそれをアルバムタイトルにしたのでしょう。

【Jonny Hawkins】:僕らがバンドという旅を始めたのは、一つの実験でもあったんだ。「果たしてミュージシャンになるのに資格が必要なんだろうか?限られた”特権階級”しかなれないんだろうか?僕らの限られた才能で何かを生み出すことが出来るのだろうか?」・・・そして知ったよ、強い熱意さえあれば何でも出来るって事をね。
僕らの全ての作品が僕らはこれを読んでくれているみんなと同じただの(Nothing More)人間だっていう事実を指摘してくれる事を願っているよ。成功は君がコントロール出来る事象ではないと思う。ただ夢は必ず叶える事が出来るよ。この事を強調したくてタイトルにしたんだ。

Q:How have you progressed from “The Few Not Fleeting”?
【Jonny Hawkins】:“The Few Not Fleeting” was my first experience as a singer – having been a drummer for many years, singing was a bit foreign to me at first.  The Self Titled release that we have out now is really just a coming-of-age / maturation for me as a singer and the other guys as writers and musicians.  This record encompasses a lot of things we always wanted to communicate and sound like. “The Few Not Fleeting” was more of an experimental process.
 Q:前作”The Few Not Fleeting”からどのように進化しましたか?

【Jonny Hawkins】:“The Few Not Fleeting”はシンガーとして初めての作品だったんだ。何年も僕はドラマーだったからね。最初歌うことには少し戸惑ったね。このセルフタイトルの新作で僕はシンガーとして成熟しているし他のメンバーはそれぞれライター、ミュージシャンとして成熟しているよ。このレコードには僕らがこんなサウンドにしたいと思っていたものが入っているよ。”The Few Not Fleeting”はもっと実験しながら作った感じだね。

【MUSICAL INFLUENCES】

Q:I think you have a lot of aspects of music. Metal,Alternative,Prog-rock,Djent,Dubstep…But in the same time,You have strong and beautiful melody. Is that important for you?
【Jonny Hawkins】:Melody and lyrics are really at the heart of all of it.  If you don’t have those done right it doesn’t matter how you dress it up.  We go through phases of music that we are listening to that span a variety of genres but the thread throughout them all are strong melody and a real story.  Without that you might as well be an instrumental band.
Q:NOTHING MOREは色々な音楽的要素を持っていますよね。Metal,Alternative,Prog-rock,Djent,Dubstep…ただ同時に強力で美しいメロディーが常に存在します。それは重要な事なのでしょうか。

【Jonny Hawkins】メロディーと歌詞は全ての中心だよ。どんなに曲を飾り立てたってそれらがしっかりしていないと意味がないんだ。僕らは色々な音楽的段階を経てきていて多種多様な音楽を聴いているけど、それらに共通して言えるのは強力なメロディーと本物の歌詞を備えているという点なんだ。それがないならインストバンドになったほうがましだよ。

Q:Do you hear bands of new generation like Periphery,Karnivool,Chevelle?
【Jonny Hawkins】:YES!  We love all of those bands.  Periphery and Karnivool (along with many others we listen to) are at the forefront of what the new generation of rock is going to be.
Q:PERIPHERY,KARNIVOOL,CHEVELLEといった新世代のバンドを聴きますか?

【Jonny Hawkins】うん!全部大好きだよ。特にPERIPHERY,KARNIVOOLは(僕らが聴いている他のバンド達と並んで)ロック新世代の最先端にいると思うよ。

【FIVE ALBUMS】

10339599_10152397245309287_3769572247420275213_n

Q:Would you tell me five albums that changed your life? And recently,what are you listening to?
(人生を変えた5枚のアルバムと最近のお気に入り)
 Life-changing albums, in no particular order…

Tool – AENIMA

Brother Ali – THE UNDISPUTED TRUTH

Karnivool – THEMATA

Rage Against The Machine – EVIL EMPIRE

Ben Folds – ROCKIN THE SUBURBS

Listening to right now …

Soliloquist of Sound – NO MORE HEROES

M83 – HURRY UP, WE’RE DREAMING

【ABOUT JAPAN】

10290604_10152419172189287_4639267284141486329_n

Q:Most of Japanese likes melodic rocks. And we still buy more CDs than any other countries. Do you think Japan is going to be important market for you? And do you hear some Japanese musics?
【Jonny Hawkins】:We played with a Japanese band called CROSSFAITH at DownloadFestival in England this year and they were excellent.  We also toured with a band called SUPE some time ago and we are goodfriends with a guitar player who was in OPUS DEI.  He really peaked our interest in playing Japan.  We have been discussing the market with him and the feasibility of us getting over there.  It is absolutely  in our sites.  We would love to learn about other Japanese bands – tell us about YOUR favorites!
Q:多くの日本人はメロディーのあるロックが好きです。そして他の国に比べてCDを購入しているリスナーが多いです。日本は重要なマーケットになると思いますか?日本の音楽を聴いたりします?

【Jonny Hawkins】CROSSFAITHは今年、イングランドのDownloadFestivalで共演したよ。彼らは素晴らしかったね。SUPEというバンドともしばらく前にツアーをしたしOPUS DEIにいたギタリストとはいい友達なんだ。彼は真剣に僕らを日本でプレイさせたがっていたよ。彼とはよく日本のマーケットや僕らの来日の可能性について話をしているんだ。他にも日本のバンドを知りたいな。ぜひ君たちのオススメを教えてよ!

Finally,Message for Japanese Fans!!

Until I learn some Japanese so I can say more – “We can’t wait to get over there and see you!”
ついに日本語をいくつか覚えたくらいなんだ。だから言わせて欲しい「日本に行って君達に会うのが待ちきれないぜ!」

Thanks a lot,Jonny and Jamie,Nothing More,and Eleven Seven Music!!