カテゴリー別アーカイブ: JAPANESE VIDEO PREMIER

WORLD PREMIERE: “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” 【ARCADE MESSIAH】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” BY ARCADE MESSIAH

 
UK PROG BAND “KINGBATHMAT” FRONT MAN JOHN BASSETT’S NEW PROJECT “ARCADE MESSIAH” IS ABOUT TO LAUNCH THEIR SELF TITLED DEBUT ALBUM. PROG ROCK MEETS STONER/POST METAL. FULL OF GUITAR RIFFS, ATOMOSPHERE, AND INTELLIGENCE.

AM10552615_815454721819367_8787795718166516098_n

UK の PROG/PSYCHEDLIC バンド KINGBATHMAT の中心人物 JOHN BASSETT が新しいインストプロジェクトを立ち上げました。その名も ARCADE MESSIAH 。サイケ寄りの要素が強い KINGBATHMAT に比べてこちらは POST-METAL/STONER 寄りの音。もちろん彼らしいプログロック譲りの知性は変わらず保たれているので例えば MASTODON や ISIS のファンにもオススメ出来ると思います。そして何よりイケメンなので推せます。アルバムは11/24 発売。要チェックです!!

sma2471364671_2

【MESSAGE TO JAPAN】

am10521202_828968273801345_8576922865001090651_n
Hello, I hope you like this song “The Most Popular Form Of Escape”, it is from the album Arcade Messiah, which comes out on November 24th and will be available as a (free pay what you want) download on bandcamp . The idea for this instrumental album was partly inspired from listening to the soundtrack of the Anime series “Death Note”. I watched that series at the start of this year and enjoyed it very much but it was the soundtrack and the vibe I took from it which stayed with me and initially got me thinking about making an instrumental album. Thankyou for checking out Arcade Messiah.
ハロー。みんなが “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” を気に入ってくれたら良いな。新作 “ARCADE MESSIAH” からの新曲だよ。11/24 に発売されるんだ。BANDCAMP では NAME YOUR PRICE でダウンロード出来るよ。このインストアルバムのアイデアは所々だけどアニメ DEATH NOTE のサントラにインスパイアされているんだ。今年の初めにあのシリーズを見てとても楽しんだんだ。だけど今回僕がインスパイアされたのはサントラとそのヴァイブ。それは頭を離れないし何と言ってもインストアルバムを作る原動力になったんだからね。ARCADE MESSIAH をチェックしてくれてありがとう!
                                                                       JOHN BASSETT
ANOTHER NEW SONG CALLED “SUN EXILE”

【RECOMMENDS】

ama0269774722_2

KINGBATHMAT 目下の最新作。コンセプト作。心の怪物(心理的障害物)は内なる不安と、私たちの知覚を操作する為マスメディアが恐怖を煽って生まれる外的な不安の二つから作られるという人間心理に迫った意欲作。ほぼ全曲が10分前後の長尺曲で、プログロックの繊細さとサイケロックの奔放さが交互に、時に同時に押し寄せる様は圧巻です。

ama2987409359_2

今年の3月に発売された JOHN BASSETT 氏のソロデビュー作。全編アコースティックで貫かれたその世界観は PINK FLOYD から PORCUPINE TREE まで脈々と受け継がれる仄暗くも美しい UKサイケフォークの薫りを強烈に放っています。オススメです。

 http://arcademessiah.com/
http://www.johnbassettmusic.com/

WORLD PREMIERE: “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” 【GRORR】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” BY GRORR

FRENCH PROG METAL TITAN “GRORR” WILL RELEASE AWESOME CONCEPT ALBUM “THE UNKNOWN CITIZENS” ON 11/14 FROM VICISOLUM RECORDS !!

gg1236678_10154769920735179_4871802282242723041_n
アートワークや音楽に”和”のテイストを取り入れたエスニックなフランス産プログメタルバンド “GRORR” 。彼らの待望の新作、“THE UNKNOWN CITIZENS” が11/14に VICISOLUM RECORDS からリリースされます。バンドから日本のファンに向けたメッセージと新曲 “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” を世界初公開です!!

全曲先行試聴させて頂きましたが前作ANTHILL” の流れを汲んでさらに発展させたような素晴らしい作品になっていると思います。MESHUGGAH, GOJIRA, DEVIN TOWNSEND, TOOL, KING CRIMSON, DJENT・・・。そういったプログレッシブでインテリジェントなバンド達にエスニックな要素を加えたような音楽はコンセプト作という枠組みの中でさらにその唯一無二感を高めていますね。特に今回提供して頂いた曲はそのアルバム内でも一際輝きを放っていました。まるで読経のようなボーカルラインから東欧の民謡のようなヴァイオリンパートへ突入する様は圧巻でまさに和洋折衷メタル。ぜひ試聴してみて下さい!!

Gra3931617906_2

【ABOUT “THE UNKNOWN CITIZENS”】

The Unknown Citizens :
The Unknown Citizens is based on the poem by W.H. Auden, « the unknown citizens”. He relates the fates of three ordinary citizens. Auden writes « Were they free ? Were they happy ? The question is absurd ; if something was wrong, we would have known for sure ». The album takes a closer look at that question.
The Unknown Citizens is a three-parted concept album. Each part is very different from the two others and has its own atmosphere, its own intruments and its own sound shades. In the end, the sum of these three parts forms a whole.
Each life is composed of three tunes. They tell the three important stages of the life of the character.
First there is « the fighter », a WW1 french soldier. After he fought in the trenches then against his demons, he finally finds peace in the oblivion and in death.After war and destruction comes the generation of « the worker ». He dedicates his life to the rebuilding of the destroyed world and sacrifices his personal goals for the legacy he’s leaving to the next generation.
And finally there is « the dreamer » who was born in a « peaceful and comfortable » world. He’s less worried about material matters, but he has to be careful when he comes back down to earth …
There is this kind of fatality in each of these lives. The thread of their existence is mostly determined by the place and the day they were born.
THE UNKNOWN CITIZENS
“THE UNKNOWN CITIZENS” は W.H.AUDEN の詩『無名の市民』に基づいて製作されました。彼はその詩の中で3人の平凡な市民の運命を関連付けました。彼はこう記しています。『彼らは自由だったのだろうか?彼らは幸せだったのだろうか?そんな問いは馬鹿げている。もしも不都合な点があったとしたら、見逃されるはずはないからだ。』 アルバムはこの問いに着目しています。”THE UNKNOWN CITIZENS” は三部構成のコンセプトアルバムです。どのパートも他のパートとは非常に異なっていて、独自の雰囲気、独自の楽器、独自の色合いを持っています。ただ結局はこれら三つのパートが合わさって全体を形作っているのです。どの章(人生)も三曲から成ります。彼らは人生というものが持つ三つの重要な段階を伝えているのです。最初は”THE FIGHTER”。第一次世界大戦時のフランスの戦士です。壕での戦いの後、彼は意識を失い死への狭間で心の平穏を見つけます。戦争と破壊の後、”THE WORKER” の時代が訪れます。彼は人生を壊された世界の再生に捧げ、栄光というゴールを犠牲にしてまで次の世代へと繋げます。そして最後は”THE DREAMER”。”平和と快適”の世界に生まれた世代。彼は物質的にはあまり心配しなくても良いのですが地に足をつけて生きていく事が非常に難しいのです。どの人生も何かしら不幸を抱えています。ただ人生の在り方がほとんど生まれた場所と日にちによって決まるというだけの話なのです。

gr10355020_10154408467580179_6222901232087377709_n

【MESSAGE TO JAPAN】

For The Japanese’s Fans :
Why do we choice to present a song of the “Worker’s life”, to the Japanese auditors ?  When we first thought about the worker, it remind us the Japanese people who have to rebuilt their country after world war 2. We also decide to make our next stop motion video clip based on “You Know You’re Trapped”, he will be finished around January 2015.
So we hope you’ll enjoy this song, and our new album !! We are very proud of it !! We never went to Japan but it’s a dream to do it one day !! Hope to see you soon, cheers from France !!
Grorr
親愛なる日本のファンへ

なぜ今回日本のリスナーの為に”WORKER’S LIFE” から曲を選んだかって?”WORKER” について考える時まず思い浮かぶのが第二次世界大戦から国を復興させた日本の人たちだからなんだ。同時にこの曲を次のビデオクリップにしようと決めたからでもある。来年の一月には完成するはずだよ。この曲と新しいアルバムを楽しんで欲しいな!!この作品をとても誇りに思っているんだ!!日本には行ったことはないんだけどいつか行くのが夢なんだ!!近いうち会えると良いね。フランスからありがとう!!

GRORR

彼らの人気を高めた傑作アルバム“ANTHILL” と彼らのFBページ、レーベル(このレーベルは良いバンドを多く抱えています)のページです。併せてチェックして下さい!!

gra3781815192_2

http://www.facebook.com/pages/Grorr/292298055178

http://www.vicisolum.com/

 

 

 

JAPANESE PREMIERE : ‘KIEV’ AND ‘KIEV (HAIOKA REMIX)’ 【UMMAGMA】


JAPANESE PREMIERE : ‘KIEV’ AND ‘KIEV (HAIOKA REMIX)’ FROM UMMAGMA’S UPCOMING ALBUM “KIEV REMIXES”

‘KIEV’

‘KIEV (HAIOKA REMIX)’

CANADIAN/UKRAINIAN TEAM ‘UMMAGMA’ WILL RELEASE INTERNATIONAL REMIX ALBUM ‘KIEV REMIXES’ ON 10/31!!

本誌でも大好評だった SOUND OF SPUTNIK のメンバー二人によるプロジェクト UMMAGMA。彼らの ‘KIEV’ という曲を様々な国の様々なアーティストがリミックスした ‘KIEV REMIXES’ というアルバムが Emerald & Doreen Recordings から10/31にリリースされます。今回はそこからオリジナルテイクと 日本人アーティストSHINTARO HAIOKA がリミックスを行った素晴らしいテイクを日本のファンの皆さんへ特別に公開します!!

safe_image

ug61J0IQzhSOL__SL500_AA280_

【ABOUT ‘KIEV’】

In this new release, Ummagma rise above the decay and mayhem encountered in that country to embrace diversity and beauty, while taking their music in new directions. ‘Kiev’ is not only the epicenter of massive civil unrest – it is the name of this release, and is ultimately a message of hope. The outcome shows that what is the end for one person may be the start for another.  In ‘Kiev’, this Canadian-Ukrainian team celebrates their freedoms, exploring the root of today’s problems to create beauty in the face of hostility. Even more importantly, it shows that beauty can blossom even in the midst of ugliness. Despite heavy turmoil in Ukraine, Ummagma look forward to a brighter future for Eastern Europe. 

UMMAGMA はこの新作で新しい方向性を提示しました。ウクライナが直面している腐敗や混乱。そこから脱するような多様性や美しさを抱く事で。キエフが象徴しているのはただ市民の不安の震源地というだけではなく希望へのメッセージでもあるのです。私たちはウクライナとカナダのチームです。自由に感謝し、敵意に満ちた今日の問題のルーツを美しさを奏でることで探求していきます。重要なのは醜さの中でも美は花開くという事です。ウクライナは確かに大混乱のさなかにありますがUMMAGMA は東ヨーロッパの明るい未来を見据えています。

um10395857_838683079494150_7625144984888278315_n

This release is an impressive package featuring the original track ‘Kiev’ plus 9 remixes from 9 fantastic artists from as many countries, celebrating the splendour of the original composition in their own unique styles. One of these artists is Japanese producer Shintaro Haioka, who is one of just three Red Bull Music Academy artists from Japan, renowned for mixing traditional Japanese instrumentation, such as the koto, with electronic chill sounds.  In the words of the Academy, which is now underway in Tokyo, “Haioka offers a distinctively Japanese take on modern electronic music, and one that rationalises the past with the future, and his nation with the world.”

今回のリリースは ‘KIEV’ のオリジナルトラックと様々な国の9人の素晴らしいアーティストがリミックスを行った ‘KIEV’ の9バージョンが収められています。それぞれが独自のスタイルでオリジナルの楽曲に輝きを与えています。その中に一人、日本人アーティストがいます。RED BULL MUSIC ACADEMY に所属する日本人3人の中の一人、SHINTARO HAIOKA です。琴のような和楽器をミックスする事で有名ですね。アカデミーの言葉を引用すると、「HAIOKA は彼独特の過去と未来、日本と世界を結ぶようなモダンなエレクトロミュージックを創造している」という風に紹介されています。
Haioka wants to represent Japanese style at RBMA

【MESSAGE FOR JAPAN】

Once again we have the fortune of working with a good record label and also the opportunity to introduce our music to you. For this, we are thankful. This release is a bit different than the Sounds of Sputnik release, which recently premiered here in Marunouchi Musik Magazine, because it’s just Ummagma, our duo, which was created and blossomed on the basis of love. We have been experiencing a very strange time in our lives due to the war in Ukraine, but it has united us even more and made us even more determined to make music – to create something beautiful – even if many people are looking in the other direction. This song ‘Kiev’ is a statement about everything wrong with our greedy society, but the song ends on a note filled with hope. Love, light and hope – that is what we wish – for everyone and, most immediately, for anyone taking the time to listen to this music. We also hope you will explore Shintaro Haioka’s music further, as we think he is brilliant!  Domo arigatou gozaimasu!
幸運にも良いレーベルとめぐり合い、また皆さんに私たちの音楽を紹介する事が出来ました。本当に皆さんには感謝しています。今回のリリースは以前MMMで紹介した Sound of Sputnik (こちらの記事)とは少し異なっています。Ummagma というデュオで愛の音楽だからです。ウクライナの戦争によって私たちは人生でも最も奇妙な時を経験しています。ただそれによって私たちはより結束し、美しいものを作るという音楽への熱意を新たにしました。この’KIEV’ という曲は全てが間違っている私たちの貪欲な社会へのステイトメントです。ただ最後は希望で一杯の音で終わりますよ。皆さんへの愛、光、希望。それこそが私たちの望む物なのです。同時に Shintaro Haioka の音楽もぜひチェックして下さい。彼は本当に素晴らしいと思っているからです。どうもありがとうございます。

                      FROM UMMAGMA

ug1474411_742304745798651_1972793562_n

彼らの関連ページです。合わせてチェックして下さい!!

http://ummagma.bandcamp.com

www.facebook.com/ummagma

http://twitter.com/ummagma

 

WORLD PREMIERE: “CITADEL” FULL STREAM 【NE OBLIVISCARIS】


WORLD PREMIERE: FULL STREAM OF NE OBLIVISCARIS’S UPCOMING ALBUM “CITADEL”

SEASON OF MIST から11/7に発売される NE OBLIVISCARIS  の新作 “CITADEL” の FULL STREAM です!!

no10369906_10152508028074898_7355980390643523456_n

 傑作です。普段そういった形容詞は使用しないSoMさんが “AMAZING NEW ALBUM” と銘打って来た事からもこのアルバムの特異性が分かります。アルバム冒頭の組曲 ‘PAINTER OF THE TEMPEST‘ 、特に16分にも及ぶPARTⅡの完成度は圧巻です。前回公開した ‘PYRHIC’ も素晴らしい出来でしたが更にその上を行っている気がしました。クリーンパートの充実振りが前作からの確かな進化を感じさせますね。11/7、楽しみに待ちましょう!!尚、彼らのインタビューも到着次第掲載致します。乞うご期待です!

PYRRHIC

                                                                                 BY NE OBLIVISCARIS
MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF NE OBLIVISCARIS
11/7発売、NE OBLIVISCARISの新作CITADELから新曲をもう一曲!!PYRRHIC。9分50秒の戯曲。世界初公開です!!
興奮冷めやらぬので少し感想を。世の中にはごく稀に、完璧な一曲というのが存在します。その基準は勿論、人それぞれ。ただ私にとってこの曲はまさにそうでした。1stからの進化を如実に感じさせながら見据える先はさらに遠方。OPETHが90~00年代に果たしてきたPROG DEATH/BLACKシーンのリーダー的役割、その重責を受け継ぐ覚悟をこの一曲で示したのではないでしょうか。この曲で彼らが提示したアグレッション、アトモスフィアは非常に現代的。そこにNE OBLIVISCARIS独特のメロディーと狂おしいまでに扇情的なヴァイオリンの音色が加わることで妖怪の仕業としか思えないゲラゲラポーが誕生したのです。アルバムを通して聴くのが待ちきれませんね。

ne10641230_10152699148689898_202601901723910275_n

www.facebook.com/NeObliviscarisBand
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/NeOeshop

 

PAINTER OF THE TEMPEST (PART Ⅲ): REVERIES FROM THE STAINED GLASS WOMB

                                                                   BY NE OBLIVISCARIS
MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF NE OBLIVISCARIS
ヴァイオリンを含む6人編成、オーストラリアのプログレッシブブラック/デスメタルバンドNE OBLIVISCARIS。世界に驚きを持って迎えられたデビュー作にして名作’PORTAL OF I’に続く彼らの2ndアルバム’CITADEL’からアコースティックギターとヴァイオリンのデュエットが美しいREVERIES FROM THE STAIND GLASS WOMBを世界初公開です。

【ABOUT THIS SONG】

10615608_10152656720044898_4884298584954741414_n

“We present to you ‘Painters Of The Tempest Part 3’…another piece of the 23 minute song that forms the centrepiece of our new album ‘Citadel’. This is the final part of the song and it follows straight after ‘Part 2, Movement 3: Curator’ that was the taste taste of our new album released online earlier this month. We definitely feel that ‘Painters Of The Tempest in its entirety is our most ambitious work to date and Part 3, featuring only acoustic guitar and violin and showcasing a completely different side to the band, is something we are particular proud of.”

今回聴いてもらうのはPAINTERS OF THE TEMPESTという大曲の第三部なんだ。僕らの新作CITADELの大部分を占める23分の曲の一部だよ。その大曲の最後のパートで今月の初めに公開した’Part 2, Movement 3: Curator’の直後に来る曲なんだ。PAINTERS OF THE TEMPESTは僕らの今までの作品の中で間違いなく完全に最も野心的だと感じているし、アコースティックギターとヴァイオリンだけをフューチャーして完全にバンドの違った一面を見せたPART3は特別誇りに思っているよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Ne_Obliviscaris_CITADEL_2_2_small(c)Svartwerk

Thank you Japan for your amazing support! We were lucky enough to play 3 shows in Japan last year, and it was a real highlight of our Asian tour. We can’t wait to get back over there and play some more shows in support of ‘Citadel’, which is out worldwide November 7. Thanks!

日本の皆さん素晴らしいサポートをありがとう!僕らは去年、幸運な事に日本で3回の公演を行う事が出来たんだ。本当にアジアツアーのハイライトだったと思うよ。11/7に全世界で発売される新作’CITADEL’に伴うツアーで日本に戻ってまたライブをするのが待ちきれないよ。ありがとう!
                      FROM NE OBLIVISCARIS

彼らと彼らのレーベルSEASON OF MISTのFacebookページです。ぜひ合わせてチエックして下さい!!

www.facebook.com/NeObliviscarisBand
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/NeOeshop

 

WORLD VIDEO PREMIERE “BALL-ROOM” 【OBSIDIAN KINGDOM】


BALL-ROOM

                                                   OBSIDIAN KINGDOM

OBSIDIAN KINGDOM WILL RELEASE RE-ISSUE OF THEIR AMAZING ALBUM “MANTIIS” ON 10/24 FROM SEASON OF MIST!!

 衝撃を持って迎えられた”スペインの至宝”、 OBSIDIAN KINGDOM のデビューアルバム “MANTIIS” 。世界に500コピーしか存在しなかったフィジカルが SEASON OF MIST と契約を果たした事で RE-ISSUE 版として10/24に再リリースされます。それに伴い製作された BALL-ROOM のPVを世界初公開です!!

ok1384109_10154727689195635_7828152293915042527_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

Behold Obsidian Kingdom’s music video for BALL-ROOM, one of the bloodiest chapters out of MANTIIS and a shocking visual tale portraying sex, death, and a good load of frenzied pleasures. Shot and directed by the band and Oyeme! Studio in a damp basement, this clip is not recommended for the faint of heart. Don’t forget to wash your eyes after you’ve watched it.
Regarding territorial expansion, we just wanted to let you know that it means so much to us to be officially introduced to Japan by Marunouchi Muzik Magazine, and that we are totally in love with the Land of the Rising Sun and can hardly wait to travel there and play as much as possible.
マーケットを拡大するという点で、僕達がMMMによってオフィシャルに日本に紹介されるという事はとても意味があるんだ。日本は僕達が完全に心を奪われている”日出づる国”だからね。日本に行って出来るだけ多くプレイするのが本当に待ちきれないんだ。
                        OBSIDIAN KINGDOM

ok10268650_10154138728530635_7950037300461562264_n

【ABOUT “MANTIIS”】

ok無題

スペイン産ロック/メタルは確実にその存在感を強めて来ています。JARDIN DE LA CROIX, TOUNDRA, QUAOAR, OH,TRIKELIANS!, ・・・。その中でも一際異彩を放っているバンドがこの OBSIDIAN KINGDOM です。まず何と言ってもこのバンド、イケメン揃いです。絵になります。普段紹介しているバンドが絵にならないと言っている訳では決してありませんが絵になります。加えてこのアートワーク。衝撃的でした。この蟷螂女(共食い中)、IHSAHN, ULVER などを手掛けた RITXI OSTARIZ によって描かれています。そしてマスタリングはかの JENS ”名作請負人” BOGREN 氏。これだけの陣容がデビュー作から揃えられたのも一重に彼らの音楽が素晴らしいからだと思います。今回 BALL-ROOM がPVになりましたが正直そこじゃない感あります。と言いますかこのメタルオペラはアルバムを通して聴くことを強くオススメします。OPETH のようなプログメタルから CULT OF LUNA 的ポストメタル、加えて ULVER が持つ前衛的な感覚をも取りいれて彼ら自身の世界観を構築していますね。サイレント・ヒルなどで有名な山岡晃氏にも影響を受けているそうです。

ok10253793_10154666498990635_6234885021692094734_n

【ABOUT TOUR WITH SOLSTAFIR】

ok10653462_10154589540960635_5058092021108904233_n

レーベルメイトの SOLSTAFIR とユーロツアーを行います。彼らもアイスランドの風景を閉じ込めたような哀愁と慟哭の音を聴かせます。ぜひご一聴を。

 

Obsidian Kingdom tour-dates with Sólstafir

 

31 Oct 14 London (UK) The Dome Tufnell Park

01 Nov 14 Leeds (UK) Damnation Festival

04 Nov 14 Colmar (FR) Le Grillen

05 Nov 14 Luzern (CH) Konzerthaus Schüür

06 Nov 14 München (DE) Strom

07 Nov 14 Stuttgart (DE) 1210

08 Nov 14 Frankfurt (DE) Nachtleben

09 Nov 14 Köln (DE) Werkstatt

10 Nov 14 Antwerp (BE) Trix

11 Nov 14 Rotterdam (NL) Baroeg

12 Nov 14 Nijmegen (NL) Doornroosje

13 Nov 14 Bielefeld (DE) Forum

14 Nov 14 Berlin (DE) K17

15 Nov 14 Staffelstein (DE) Metal Hammer Paradise

16 Nov 14 Poznan (PL) Blue Note

17 Nov 14 Warszawa (PL) Proxima

18 Nov 14 Wien (AT) Viper Room

19 Nov 14 Budapest (HU) Dürer Kert

20 Nov 14 Ljubljana (SI) Gala Hala

21 Nov 14 Graz (AT) Explosiv

22 Nov 14 Innsbruck (AT) Weekender Club

24 Nov 14 Luynes (FR) Le Korigan

25 Nov 14 Barcelona (ES) Razzmatazz 3

26 Nov 14 Madrid (ES) Caracol

27 Nov 14 Lisboa (PT) RCA Club

28 Nov 14 Porto (PT) Hard Club

 ok10311782_10154138727920635_1735389242745029163_n
彼らとSEASON OF MISTさんのFBページです。ぜひ合わせてチェックして下さい!!
www.facebook.com/obsidiankingdom
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/OKmantiisshop

 

JAPANESE PREMIERE “CLAW POINT” 【STOLAS】


CLAW POINT

                                                                        STOLAS

STOLAS WILL LAUNCH THEIR NEW ALBUM “ALLOMATERNAL” ON 11/7 !!

DANCE GAVIN DANCE のギタリスト、WILL SWAN が主催するレーベル BLUE SWAN RECORDS から11/7に新譜 “ALLOMATERNAL” を発売するUS産 POST-HARDCORE の雄 STOLAS。彼らの持ち味である”激しさ”が光る新曲、CLAW POINT を日本独占公開です!!

sl1043878_816098295079782_3549102252579283785_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

“Claw Point” is an aggressive, tumultuous piece that contains some of the most riff-driven and spacious parts on Allomaternal. Word’s getting around that Allomaternal is a concept album, and “Claw Point” chronicles the first major conflict in the story. You’ll have to wait for the album to drop to hear it in context.
For any listeners we may have in Japan, it’s an honor to not only share our craft with you but also speak directly with you. Many thanks to Sin for facilitating that conversation.
Also, be sure to check out Allomaternal when it drops November 7th at http://stolas.bandcamp.com/
“CLAW POINT” はアグレッシブで騒がしい曲だよ。 “ALLOMATERNAL” の中でも最もリフが強力で雄大な部分だと言えるだろうね。歌詞に関して言うと “ALLOMATERNAL” はコンセプトアルバムで、”CLAW POINT” は物語の中の最初の大きな闘いを記した曲なんだ。それを念頭においてこの曲を聴きながらアルバムのリリースを楽しみにして欲しいな。
日本のリスナーの皆さんへ。僕達の楽曲をシェアして貰うだけじゃなくこうして直接メッセージを送ることが出来て光栄に思っています。Sinさんの協力にも感謝しています。
11/7に発売になる僕らの新譜 “ALLOMATERNAL” もぜひここからチェックして欲しいな!http://stolas.bandcamp.com/
                                 STOLAS

sla3354705029_2

非常に光栄な言葉を頂きました。ありがとうございます!上記BANDCAMPページから先行公開されている残りの2曲も聴く事が出来ます。例えば HAIL THE SUN, SIANVAR, SECRET BAND, EIDOLA といった勢いのある BLUE SWAN ロースター勢の中でも契約一番手としてのプライドを叩きつけたかのような群を抜いた内容が期待できそうですね。コンセプトアルバムというのも POST-HARDCORE 界隈ではなかなか新しい試みではないでしょうか。ALLOMATERNAL, 楽しみに待ちましょう!!

sl10626885_819023631453915_8840285296710826041_n

彼らとBLUE SWAN RECORDSさんのFBページです。合わせてぜひチェックして下さい!!
http://www.facebook.com/pages/Stolas/227322643957353
https://www.facebook.com/BlueSwanRecords

 

 

WORLD PREMIERE “TINY COFFINS (FINAL MIX) & WORLD IS SQUARE” 【INVALIDS】


TINY COFFINS (FINAL MIX)

                                                     INVALIDS

iva2467535856_2

WORLD IS SQUARE

                                                       INVALIDS

US MATH-ROCK GIANT WILL LAUNCH THEIR NEW ALBUM “STRENGTHS” ON 10/28!!

USから現れたマスロックジーニアス、INVALIDS の10/28発売になる新譜 “STRENGTHS” から TINY COFFINS (FINAL MIX) を本誌で世界初公開です!!

以前 MUSICAL MATHEMATICS で公開された曲ですが NICK がベースを録り直したファイナルミックスです。同時に WORLD IS SQUARE の掲載許可とメッセージも頂きました。

iv10378929_979374755411199_8437101335487304453_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

Hello Japan! I am so excited to share these two tracks from the new Invalids album entitled “Strengths” that will be released on the 28th of October on Japanese record label Friend of Mine Records. I have drawn influences from Japanese music my whole life, from video games and wonderful composers like Nobuo Uematsu, to awesome bands like toe, Mouse on the Keys, and nuito. Now I am very pleased and honored to have so many Japanese fans, and I hope you all enjoy these songs and the rest of Strengths! :333                

                                                                                     PETE DAVIS  

ハロー、日本のみんな!INVALIDS の新作 “STRENGTHS” からこの2曲を披露出来てとても興奮しているよ!アルバムは10/28に日本のレーベル FRIEND OF MINE さんから発売されるんだ。僕は人生を通して日本の音楽から影響を受けていてね。ビデオゲームと植松伸夫氏のような素晴らしいコンポーザーから TOE, MOUSE ON THE KEY, NUITO のような最高のバンドまでね。日本に多くのファンが居るのはとても嬉しいし誇らしいよ。この2曲を楽しんで新作 “STRENGTHS” も楽しみにして欲しいな!

                                                                 PETE DAVIS

iv1390540_758229957525681_870796169_n

個人的に大好きな MATH ROCK プロジェクトなので弊サイトで掲載できた事は非常に感慨深いものがあります。よくテクニカルで変態的プレイなんて言われたりしますし実際そうなんですけど、私は彼らの本質はそこではなく、美しい情景が浮かぶような曲自体にあると思っています。実際今回提供して頂いた2曲もオーサムすぎますね。アートワークはPETEが曲を提供したり POLYPHIA のアートワークを描いたり可愛かったりで今をときめく YVETTE YOUNG さんが手掛けています。”STRENGTHS” 期待しましょう!!

invalidstreeagain

FREND OF MINE RECORDS さんの HP と INVALIDS のFBページです。ぜひあわせてチェックして下さい!!
http://www.fomr-d.com/
http://www.facebook.com/invalids

WORLD PREMIERE “EARTHBORN EVOLUTION” FULL ALBUM STREAM!! 【BEYOND CREATION】


“EARTHBORN EVOLUTION”

                  FULL ALBUM STREAM !!

                                       BEYOND CREATION

CANADIAN TECH DEATH CRUSHER “BEYOND CREATION” WILL LAUNCH THEIR SECOND ALBUM “EARTHBOUND EVOLUTION” ON 10/24

Beyond_Creation_PCN4298-band_small(c)Anthony_Dubois

昨年、BRUTAL X’MAS で来日も果たしたカナダのテクデスクラッシャー BEYOND CREATION 。10/24リリースの新譜 “EARTHBOUND EVOLUTION” のフルストリームを公開です!!

bc1507444_633155546730064_1194426050_o

 物凄いアルバムを作ってきましたね・・・よく OBSCURA と比較されるバンドなのですが、彼らがドイツらしい質実剛健さを軸にしているのに対して BEYOND CREATION は良い意味でもっと柔らかい、柔軟な感覚を持っているように思います。メロディーも非常に大切にしているのが伝わって来ますよね。サウンドの要は AUGURY, QUO VADIS, TERAMOBIL, でも活躍する DOMINIC LAPOINTEのベース捌き。CYNIC, DEATH のファンなら彼の操る6弦フレットレスベースには否が応でも魅了されるはずです。またギター隊のプレイも秀逸で、GOROD THE FACELESS のようなシーンの先頭を走るテクデス的プレイから GUTHRIE GOVAN, ANIMALS AS LEADERS のようなもっとプログレッシブで美しい表現方法まで披露しています。

bc1528616_633149493397336_1514257783_n

12月頭に決定している MORS PRINCIPIUM EST との来日も楽しみですね!!

bc10550036_693679977393584_8008142482828617588_o

bc10415603_769040456474905_3876571825806086965_n

彼らとSEASON OF MISTさんのFBページもぜひ合わせてチェックして下さい!!
www.facebook.com/beyondcreationofficial
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=52