タグ別アーカイブ: Rings Of Saturn

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RINGS OF SATURN : ULTU ULLA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AARON STECHAUNER & MILES BAKER FROM RINGS OF SATURN !!

001-3

MA Based “Alien Core” Act, Rings Of Saturn Shows The Positive Possibility Of DeathCore, With Spacey Melodies And Galactic Chaos Of Their Newest Record “Ultu Ulla” !!

DISC REVIEW “ULTU ULLA”

メタルワールドの UMA、人知を超えたテクニカルデスコアアクト RINGS OF SATURN が、バンドの円熟を知らしめる神秘 “Ultu Ulla” をリリースしました!!シュメール語で “記録に残らないほど太古の昔” をアルバムタイトルへと冠した作品は、しかし厳然とアカシックレコードにその造化の妙を刻みつけます。
「もし宇宙に音楽が存在するならば、それは RINGS OF SATURN のようなサウンドだろう。」
予測不能なまでにカオティック、無慈悲なまでにテクニカル。カリフォルニアの超常的カルテットが創造する音宇宙は、 “エイリアンコア” と称されるほどに異次元で別世界。故に、複雑でメカニカルなその “非人間的” サウンドストラクチャーは、常に賛美と批判を等しく内包して来ました。
しかし、テクニカルデスコアシーンの盟主 Unique Leader Records から、メタルシーンの総本山 Nuclear Blast Records へと移籍を果たし、「全てがより意図を持ち、目的にフォーカスして行われている」 状況でリリースされた最新作 “Ultu Ulla” は、バンドに対するインヒューマンでデジタルという難詰を須らく沈黙させるに充分なクオリティーとディレクションを誇ります。
「このレコードで僕たちは、間違いなくより成熟し、構築されたサウンドの方向に進んだね。僕は音楽が究極にスムースに流れることを常に意識しているんだよ。」 と Miles が語るように、”Ultu Ulla” でバンドは自らのストロングポイントを保ちつつ、以前より確実にキャッチーなメロディーやナチュラルなストラクチャーへフォーカスしていると言えますね。つまり、RINGS OF SATURN は “法則” と “混沌” から成り立つ大宇宙のように、その音楽性を拡大させているのです。
アルバムオープナー “Servant of this Sentience” はバンドのイノベーションを象徴する楽曲です。極限にテクニカルなタッピングのイントロダクションは、同時に溢れ出るコズミックな旋律の銀河を創造しアルバムのムードを伝えます。
新加入、Aaron Stechauner の正確で硬質なドラミングは確かにマシナリーですが、切れ込むリフワークはメロディックデスメタルを想起させるほどエナジーに満ちてメズマライズな SF の世界を流麗に構築しているのです。グロウルとスクリームをフレキシブルに行き来する Ian の咆哮を伴って、作品にある種のキャッチーさ、普遍的なダイナミズムが生まれているのは明らかですね。
「デスコアそれ自体の影響より、全く異なるジャンルからの影響の方が僕たちの音楽、アイデアをより興味深く、新鮮にしていると思うんだ。」 Aaron が語るように、多様なインフルエンスもアルバムのテクスチャーを深く、魅力的にしています。
デスコアのチャグ感とシンフォニックなストリングス、さらに NECROPHAGIST のような難解さが渾然一体となる “Parallel Shift”。フォーキーなワルツとブラストビートが煌めきと獰猛を包含する “The Relic。さらに、”Unhallowed” や “The Macrocosm” で見せるアコースティックなアイデア、ジェントルなムードが象徴するように、バンドがデスコアというジャンルのポジティブな可能性へ変貌を遂げたのは確かです。
アルバムは、ピアノとクラッシックギターで古代インカの宇宙への交信を再現する “Inadequate” で幕を閉じました。
今回弊誌では、ドラマー Aaron Stechauner, ギタリスト Miles Baker の2人にインタビューを行うことが出来ました。「僕は”デスコア”のファンだったことは1度もないんだ。」 どうぞ!!

18839198_10155223343308463_594009574045800036_n-2

RINGS OF SATURN “ULTU ULLA” 9.5/10

INTERVIEW WITH AARON & MILES

5931B6FD-rings-of-saturn-to-release-ultu-ulla-album-in-july-inadequate-music-video-streaming-image

Q1: First of all, how is Summer Slaughter 2017? There are legends like Dying Fetus, Origin, and new generation like you, Slaughter to Prevail mixed together, right?

【AARON】: It’s a great tour to be on, especially this year in my opinion. Some legendary things are happening on this tour, like Black Dahlia’s 10 year anniversary of Nocturnal. It’s mind blowing!

【MILES】: It’s great I am having a great time on this tour!

Q1: まずは Summer Slaughter 2017 の感想を聞かせてください。RINGS OF SATURN, SLAUGHTER TO PREVAIL といった新鋭と、ORIGIN, DYING FETUS といったベテランがミックスされたラインナップですね?

【AARON】: 素晴らしいツアーが続いているよ。僕の中で、特に今年はそう感じられるね。
実際、このツアー中には、伝説的な出来事がいくつか起こっているんだよ。例えば THE BLACK DAHLIA MURDER が “Nocturnal” の10周年アニバーサリーを行ったりね。最高だよ!

【MILES】: このツアーでは最高の時間を過ごせているよ!

Q2: You contracted with mega label Nuclear Blast. How is the situation different from Indie or DIY process?

【AARON】: Everything is done with a lot more intention and purpose that has years of experience behind it. We’re allowed to focus on our craft while everyone at Nuclear handles the other side of the spectrum. It’s a nice contrast to how it was in the past, with people scrambling to figure everything out all at once.

【MILES】: Correct. Well it’s a lot different because there are a lot of things that the label handles and has access to that we would otherwise handle and perhaps not have access to.

Q2: 前作からのインターバルで、メガレーベル Nuclear Blast と契約に至りましたね。DIY やインディーの時代と比べてどう変わりましたか?

【AARON】: やはり Nuclear Blast には長年の経験があるからね。全てがより意図を持ち目的にフォーカスして行われているよ。
つまり、Nuclear Blast の人たちがプロモーションなど別の仕事をこなしてくれるから、僕たちは自分たちの音楽に集中出来る訳さ。過去と比べてみればその違いが良く分かるよ。全てを1度にこなさなければならなかったんだからね。

【MILES】: 間違いないね。レーベルには僕たちが扱えなかったり、アクセス出来ないことを実現する力があるんだよ。

Q3: So, let’s talk about your newest record “Ultu Ulla”. It seems “Ultu Ulla” means “Time Immemorial” in Sumerian Cuneiform. You know, how did you find such a strange word? haha.

【AARON】: Yes. But, our singer had the idea for the name “Time Immemorial” first and then found the translation to Sumerian online.

【MILES】: Yeah, this was something our vocalist Ian decided.

Q3: では最新作 “Ultu Ulla” について話しましょう。”Ulta Ulla” とはシュメールの楔形文字で “太古の昔” という意味があるそうですね?

【AARON】: そうだね。ただ、まずシンガーの Ian がまず “Time Immemorial” “太古の昔” というアイデアを出して、それをネットでシュメール語に訳したんだ。

【MILES】: そうだね、Ian が決めたことだよ。

Q4: The theme of album is about aliens transcending space and time. You seems to be heavily influenced by themes of alien life and outer space. Why does the concepts attract you?

【AARON】: It’s always been the theme and novelty of the band. I wasn’t around for the conception, but it’s something that keeps fans interested and entertained. In the end, that’s the whole point of it all anyways!

Q4: アルバムのテーマは時空を超えるエイリアンについてだそうですね? RINGS OF SATURN が、地球外の生命や宇宙にこれほど惹かれるのはなぜでしょう?

【AARON】: それはいつだってバンドのテーマだし、僕たちの象徴でもあるね。
勿論、そのコンセプトを立ち上げた時にはまだ、僕はバンドに加入していなかったんだけど、ファンが興味を持ち、楽しんでくれる一つの要因ではあるよね。まあ、結局そのテーマこそが全てのポイントなんだよ。

59445ABC-rings-of-saturn-discuss-ultu-ulla-artwork-a-big-part-of-the-band-is-the-visual-aspect-video-image

Q5: As your music is called “Aliencore”, your music was so chaotic and even to be said random. It sounded how music from outer space must sound like. And that attracts lot’s of fans. But this new record seems to be slightly different, and you seems to open the new chapter. I mean, it’s about the songs like “The Relic” and “The Macrocosm”. Do you agree that?

【AARON】: We definitely have opened up a new chapter. I would still say that we are the same band, and still embody “aliencore.” We’ve taken our roots and ingredients that make us who we are and simply refined them, and progressed with this record.

【MILES】: Yeah! This record is a definite movement towards a more matured and structured sound. I did a lot of music study in school and privately and I have always been very into things flowing extremely smoothly. That was something that was worked on a lot with this record all while keeping the ole classic RoS vibe in places too.

Q5: RINGS OF SATURN の音楽は、”Aliencore” と呼ばれるようにランダムと言える程にカオティックでまさに地球外の様相を呈していましたね。実際、それが多くのファンを惹き付けて来た訳です。しかし、新作では新たな章が幕を開けたように感じます。

【AARON】: 間違いなく僕たちは新たなチャプターを開いたね。それでも勿論、僕たちは同じバンドで、今でもエイリアンコアを体現しているんだけど。
ただ、このアルバムでは、僕たちを定義付けるルーツや成分をより抽出し、シンプルに洗練させたんだよ。進化するためにね。

【MILES】: まさに!このレコードで僕たちは、間違いなくより成熟し、構築されたサウンドの方向に進んだね。
僕は学校でも個人的にも音楽を物凄く学んで来たんだ。だから音楽が究極にスムースに流れることを常に意識しているんだよ。それこそが今回のレコードでトライしたことなんだ。勿論、クラッシックな RINGS OF SATURN のヴァイブをしっかりと保ちながらね。

Q6: Regarding the change, some people criticized that your music was too digital, not human-touch, but what do you think about that opinion?

【AARON】: The point of this band was always to sound inhuman and alien, really. With that said, there are ways to make yourself sound foreign and esoteric while still keeping physical human traits, musically speaking. Personally, I think that’s what we’ve achieved with this record. Hopefully other people agree!

【MILES】: Tone and production have a lot to do with that. I think this record is a lot less digital sounding.

Q6: 成熟、変化の話をしましたが、これまで RINGS OF SATURN の音楽は、デジタル過ぎるとか、人間味に欠けるとの批判も浴びてきましたね?

【AARON】: このバンドの重要なポイントは、常に非人間的、エイリアン的な部分なんだよ。それは確かだね。だからその批判に対処するには、深遠かつ宇宙的なサウンドを、フィジカルで人間味のある特徴で描けば良いんだよ。音楽的にはね。
個人的に、僕たちはこのレコードでそれを達成したと思うよ。みんなが同意してくれれば良いんだけどね。

【MILES】: それにはトーンとプロダクションも大いに関係するんだ。このレコードはあまりデジタルではないよ。

Q7: There were lot’s of member change in the band. But since 2014, the lineup is very stable. You know, Alex’s departure from Fallujah was really surprise for me. Similar things do not happen to Rings of Saturn, do you? haha

【AARON】: There have been a lot of changes, yeah. That is a lot of times just the way it goes in bands. A plethora of reasons come to almost every individual in a band that leaves them considering the need to turn the page in their life, in one respect or another. Sometimes those reasons weigh down and weigh down on you until you’re finally ready to say farewell.

【MILES】: Yes, there have been in the past. Yeah, I’d say it’s pretty stable now! I hope not haha!

Q7: 過去にバンドには多くのメンバーチェンジがありましたが、2014年からは安定しているように思えます。

【AARON】: 本当に沢山のメンバーチェンジがあったよね。数え切れない程に。多くの場合、その理由は、脱退したバンドのメンバーが人生の新たなページをめくることについて考えたからなんだろう。
時には、その理由がどんどん重くなっていくよ。別れを告げるまでね。

【MILES】: うん、本当に多くのメンバーチェンジがあったね。今は頗る安定しているよ!もう起きないといいね(笑)。

Q8: I think you are one of a few unique, creative band in a genre, Deathcore. What’s your perspective about the genre? Which band are you emphasize with in the genre?

【AARON】: To be honest I’ve never been a “fan” of deathcore. That isn’t to say I don’t like it; however, it’s never been my peak interest. Over the years of touring with many bands that I’d never really given a listen to in the past, it’s definitely opened my perspective. Still, I think the fact that my influence (as well as Miles’) on our music comes from genres completely different than out own has made for some really interesting and fresh ideas. That’s my opinion, at least. Like Mitch said, “the last thing I want to do is listen to metal and have it inspire what I’m doing in my band. I don’t want to sound like anybody else; I want people to be behind us and sound like us.”

【MILES】: Thank you. I personally listen to different music and not a whole lot of deathcore.

Q8: RINGS OF SATURN はデスコアというジャンルの中で、独自性やユニークさを保つ数少ないバンドだと感じます。このジャンルについてはどういった考えをお持ちですか?

【AARON】: 正直に言って、僕は”デスコア”のファンだったことは1度もないんだ。別に嫌いな訳じゃないよ。ただ、僕の興味のピークに位置したことがないだけであってね。
ここ数年、僕が全然聴いたことのないような多くのバンドとツアーを回ったんだけど、それによって間違いなく新たな価値観が生まれたね。
とは言え、デスコアそれ自体の影響より、マイルスのように全く異なるジャンルからの影響の方が僕たちの音楽、アイデアをより興味深く、新鮮にしていると思うんだ。まあこれは僕の考えだけど。
Mitch (Lucker)が 「僕がやりたくないのは、メタルを聴いてそのインスピレーションをバンドへと落とし込むこと。他の誰かのようなサウンドにはなりたくないんだ。それよりも、誰かに影響を与え、僕たちのようなサウンドにさせたい。」 と語ったようにね。

【MILES】: ありがとう!個人的に、デスコアはあまり聴かないんだ。他のジャンルを良く聴くよ。

TxMp83v

FIVE ALBUMS THAT CHANGED AARON & MILES’S LIFE 

OPETH “GHOST REVERIES”

85177

THE DEAR HUNTER “THE COLOR SPECTRUM”

220px-TheDearHunter-TheColorSpectrumCover

JUSTIN TIMBERLAKE “THE 20/20 EXPERIENCE”

220px-Justin_Timberlake_-_The_2020_Experience

PANIC AT THE DISCO “PRETTY ODD”

220px-PatD_-_Pretty._Odd.

BLINK 182 “ENEMA OF THE STATE”

Blink-182_-_Enema_of_the_State_cover-3

(AARON)

CHILDREN OF BODOM “EVERY ALBUM”

Hate_Crew_Deathroll_(musical_album)

OBSCURA “OMNIVIUM”

OBSCURA-OMNIVIUM

ARSIS “STARVE FOR THE DEVIL”

Arsis_-_Starve_for_the_Devil

WINTERSUN “WINTERSUN”

Wintersun_cover

STEEL PANTHER “FEEL THE STEEL”

Steel_panther_feel_the_steel

(MILES)

MESSAGE FOR JAPAN

ringsofsaturn

I hope to see you all very soon. Cheers!

Hope to see you all soon and thank you for the support!

みんなにすぐ会いたいよ!元気でね!
みんなにすぐ会えたらいいな。いつもサポートをありがとう!

AARON & MILES

RINGS OF SATURN Facebook Page
RINGS OF SATURN Official Site
NUCLEAR BLAST Facebook Page
NUCLEAR BLAST Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!