タグ別アーカイブ: Blackbraid

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACKBRAID : BLACKBRAID I】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH Sgah’gahsowah OF BLACKBRAID!!

“Our Ancestors Have Been Painting Their Faces In This Way For Thousands Of Years, Long Before Metal Existed, So We Honor Them By Painting Our Faces In The Same Ways.”

DISC REVIEW “BLACKBRAID I”

「自然に対する尊敬の念は、僕の人生の中で大きな部分を占めている。だからそれは、僕の音楽にも大きく反映されているよ。僕は自然を敬い、神聖な方法で人生を送れるよう最善を尽くしているんだ。 BLACKBRAID は、日常的に自然を体験する機会に恵まれていない人々に、自然からのメッセージや体験を届ける手助けをする方法なんだよね」
近年、ブラックメタルに携わる者は皆、自身の中から湧き出るテーマや意図を持っているように思えます。反差別、反暴力、反ファシズム。
このジャンルを築いたいくつかのバンドが持っていた右翼的で人種差別的なニュアンスを考えれば、それはまさしく革命的な変化であると言えるでしょう。ただし、BLACKBRAID はそういった新しい波とも少し距離を置いているように見えます。首謀者 Sgah’gahsowah はただ、自身のブラックメタルを聴いて、外に出て、自然と対話してほしいと願っているのです。
「そう、僕はネイティブ・アメリカンだよ。人生の大半をニューヨーク州北部に住んで過ごしてきた。若いころは少し引っ越しもしたけど、長い間この地域、アディロンダックに住んでいるんだ」
Sgah’gahsowah のあり方は、今日の世界に蔓延する絶対悪や政治を無視していると主張する人もいるかもしれませんが、地球の状態や気候問題を見れば、もっとシンプルに、自然の中に身を置いてみることの重要性が伝わるはずです。人生の大半を大自然の中で過ごし、日焼けをし、狩り、釣り、剥製など、スピリチュアルで伝統的な生き方を貫く Sgah’gahsowah。
窓の外には3万エーカーの山々が広がり、今は人里離れた場所で24時間365日自然とつながる彼はただ、ハイキングをしたり、山を見たり、小川で泳いだりすることを知らない人々に、音楽を通してそれを伝えたいだけなのです。大都会の高級ブランドならいくつでも名前を挙げられる人が、鳥の名前や魚の名前は一つも挙げることが出来ない。それは果たして “自然” なのか?Sgah’gahsowah はそんな現実を憂い、自分の見ている世界を音楽によって見せたいのです。そこから、何かが変わるかもしれないと仄かな期待を寄せながら。
「僕たちの祖先は、ヘヴィ・メタルが存在する何千年も前からこの方法で顔にペイントしてきたんだよ。だからこそ、僕たちはメタルをやる時に、先祖と同じように顔にペイントを施すことが誇りなんだ。フルートや他の先住民の楽器を使うときも同じで、こうした伝統を自分のブラックメタルに取り入れることができるのは名誉なことなんだ」
もちろん、自然への尊敬と崇拝は、ネイティブ・アメリカンの祖先を敬うことにもつながります。”Sacandaga” や “As the Creek Flows Softly By” を聴けば、彼がネイティブな楽器の音、そして魂をブラックメタルに受け継ぐことを一切恐れないことが伝わります。同時に、始まりの場所、”Barefoot Ghost Dance on Blood Soaked Soil” のような楽曲では、USBM, 特に WOLVES IN THE THRONE ROOM や PANOPTICON といった自然崇拝のカスカディアン・ブラックに対する憧憬をも隠そうとはしません。敬うべきを敬い、敬意に値しない価値観は捨て去る。さらにその場所からも一歩進んで、郷愁を誘うアコースティック・フォーク “As the Creek Flows Softly By”、そしてアコースティックとエレクトリックの二重奏で相互作用を喚起する “Warm Wind Whispering Softly Through Hemlock” と BLACKBRAID は自身に与えられた “ギフト” を存分に見せつけていくのです。
「ブラックメタルが持つ反キリスト教的な思想に共感するのは確かだけど、自然や闇に対する畏敬の念も大きな部分を占めていて、ブラックメタルは僕の音楽にとって完璧なメディアだと思っているんだ」
WAYFARER, UNTAMED LAND, DARK WATCHER のようなアメリカ西部をテーマとするバンドが活躍する中で、USBM には明らかに先住民の声が欠けていました。それはもちろん、ブラックメタルの根元にあったアンチクライストという考え方が、キリスト教に冷酷に弾圧され抑圧された先住民にとって親和性が高いから。しかし、Sgah’gahsowah はそれでも誰かを責めるよりも、闇や自然を敬っていたいのです。政治は彼にとってあまりにも不純な闇だから。争いからは何も生まれないことを知っているから。
今回弊誌では、Sgah’gahsowah にインタビューを行うことができました。どうぞ!!

BLACKBRAID “BLACKBRAID I” : 10/10

INTERVIEW WITH BLACKBRAID

Q1: First of all, what kind of music were you listening to, when You were growing up?

【Sgah’gahsowah】: I listened to a little bit of everything. My parents listened to alot of classic rock so I was listening to that at a very early age. By the time I was nine or ten I had discovered other big metal like Metallica and Judas Priest etc.. It wasn’t until I was maybe 14 or so that I first heard black metal, I think gorgoroth or dimmu borgir would probably be the first black metal bands that I ever heard and I was hooked from then on.

Q1: 本誌初登場です!まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【Sgah’gahsowah】: 何でも少しは聴いていたような感じかな。両親はクラシック・ロックをよく聴いていたから、幼い頃からそういった音楽は聴いていたよ。そして、9歳か10歳になる頃には、METALLICA や JUDAS PRIEST といったビッグ・メタルに出会っていたんだ。
GORGOROTH か DIMMU BORGIR が初めて聴いたブラックメタル・バンドで、それ以来夢中になったよ。

Q2: You come from Adirondack, which has brought a great deal of attention to Blackbraid, but you have given very little information about your own background. What has your life been like so far? Do you have Native American blood yourself?

【Sgah’gahsowah】: I am native american, yes. I have lived in upstate NY for most of my life. I grew up not too far from where I live now, I moved around a bit when I was younger but I have been in the area for a long time.

Q2: あなたはアディロンダック山地の出身で、それもあって BLACKBRAID には大きな注目が集まっています。あなた自身のバックグラウンドについてはほとんど情報がないのですが、これまでどのような人生を歩んでこられたのでしょうか?
また、あなた自身はネイティブ・アメリカンの血を引いているのでしょうか?

【Sgah’gahsowah】: そう、僕はネイティブ・アメリカンだよ。人生の大半をニューヨーク州北部に住んで過ごしてきた。若いころは少し引っ越しもしたけど、長い間この地域、アディロンダックに住んでいるんだ。

Q3: How does living in Adirondack, connecting with nature, and living spiritually influence your music and lyrics?

【Sgah’gahsowah】: My respect for nature is a huge part of my life so this is reflected in my music very often as well. I try to do my best to honor nature and live life in a sacred way, and Blackbraid is a way I can help bring that message to other people who are not as fortunate to be able to experience nature on an every day basis.

Q3: アディロンダックに住むというのは、どんな感じなのですか?自然とつながり、スピリチュアルに生きることは、あなたの音楽に影響を及ぼしていますか?

【Sgah’gahsowah】: 自然に対する尊敬の念は、僕の人生の中で大きな部分を占めている。だからそれは、僕の音楽にも大きく反映されているよ。僕は自然を敬い、神聖な方法で人生を送れるよう最善を尽くしているんだ。
BLACKBRAID は、日常的に自然を体験する機会に恵まれていない人々に、自然からのメッセージや体験を届ける手助けをする方法なんだよね。

Q4: What made you choose your band name “Blackbraid”?

【Sgah’gahsowah】: I am not really sure to be honest, when I was making up names for the project it just felt right..

Q4: “Blackbraid” というバンド名を選んだのはなぜだったんですか?

【Sgah’gahsowah】: 正直に言うとよくわからないんだけど、プロジェクトの名前を作っているときにこれがしっくりきたんだよね。

Q5: There have been black metal bands like Wayfarer that have focused on the American West, but you must be the first to focus on the Native American theme. By using them as your theme, do you also want to confront the discrimination and oppression that has been and still remains?

【Sgah’gahsowah】: I dont want to say I am the first to do it because there are alot of other native bands doing this before me. I might be getting alot of attention at the moment, but bands like ifernach, ixachitlan, pan amerikan native front, etc… have been doing it way longer than me. So I would say I am more just inspired by them and try to write what comes naturally, which is usually based in my love for nature.

Q5: これまで、WAYFARE のようなアメリカ西部に焦点を当てたブラックメタルはありましたが、ネイティブ・アメリカンをテーマにしたのはあなたが初めてではないでしょうか?
そうすることで、昔も今も残る差別や抑圧と向き合いたいという思いもあるのでしょうか?

【Sgah’gahsowah】: ネイティブ・アメリカンのバンドは他にもたくさんいるから、僕が初めてとは言いたくないんだ。たしかに今は、僕が注目されているかもしれないけど、IFERNACH, IXACHITLAN, PAN AMERIKAN NATIVE FRONT といったバンドは、僕よりもずっと前からこのした活動を行っているからね。
だから、僕はどちらかというと、彼らからインスピレーションを受けて、そこから自然に出てくるものを書こうとしているのだと思う。それはたいてい、僕の自然に対する愛に基づいたもなんだよ。

Q6: What does it mean to you to corpse paint in Native American form or incorporate indigenous folk music and instruments?

【Sgah’gahsowah】: Our ancestors have been painting their faces in this way for thousands of years, long before metal existed, so we honor them by painting our faces in the same ways. It is the same when I use flute or other native instruments, it is an honor to be able to incorporate these things into my black metal. .

Q6: ネイティブ・アメリカンの姿でコープス・ペイントをしたり、その民族音楽や楽器を取り入れることは、あなたにとってどのような意味があるのでしょうか?

【Sgah’gahsowah】: 僕たちの祖先は、ヘヴィ・メタルが存在する何千年も前からこの方法で顔にペイントしてきたんだよ。だからこそ、僕たちはメタルをやる時に、先祖と同じように顔にペイントを施すことが誇りなんだ。
フルートや他の先住民の楽器を使うときも同じで、こうした伝統を自分のブラックメタルに取り入れることができるのは名誉なことなんだ。

Q7: Musically, the contrast between the beautiful nature-worshipping atmosphere like Wolves in the Throne Room, Panopticon and the intense black metal is quite fascinating! Are Cascadian Black Metal, USBM like them important pioneers for you?

【Sgah’gahsowah】: Yes, absolutely. I am definitely a fan of those guys and cascadian black metal in general, those bands definitely helped put usbm on the map and really pave the way for something like Blackbraid to gain attention and be successful.

Q7: 音楽的には、WOLVES IN THE THRONE ROOM や PANOPTICON のような自然を崇拝する美しいアトモスフィアと、激しいブラックメタルのコントラストがとても魅力的ですね。
カスカディアン・ブラック や USBM のようなバンドはあなたにとって重要なパイオニアなのでしょうね?

【Sgah’gahsowah】: うん、完全にその通りさ。そういったバンドは間違いなく USBM をメタルの地図に載せ、BLACKBRAID のようなバンドが注目を集め、成功するための道を開くのに大きな貢献を果たしているからね。

Q8: It is a fact of history that Christianity has had a terrible attitude toward the indigenous peoples of the world, but you chose the expression “black metal” because of the anti-Christ philosophy?

【Sgah’gahsowah】: I love to listen to black metal myself so it is only natural that I would want to write a black metal album I think. I do definitely identify with the anti christian philosophy of black metal, but reverence and respect for nature and the dark iis also a big part of it too, I just think black metal is a perfect medium for my music all around.

Q8: キリスト教が世界中の先住民を冷酷に扱ったことは周知の事実ですが、あなたが “アンチ・クライスト” のブラックメタルを選んだのは、そのあたりにも理由があるのでしょうか?

【Sgah’gahsowah】: 僕自身、ブラックメタルを聴くのが好きだから、ブラックメタルのアルバムを作りたいと思うのは自然なことだと思うんだよ。ブラックメタルが持つ反キリスト教的な思想に共感するのは確かだけど、自然や闇に対する畏敬の念も大きな部分を占めていて、ブラックメタルは僕の音楽にとって完璧なメディアだと思っているんだ。

FIVE ARTISTS THAT CHANGED BLACKBRAID’S LIFE

DISSECTION

LORD BELIAL

IMMORTAL

SATYRICON

AGALLOCH

MESSAGE FOR JAPAN

Blackbraid is honored to have fans in Japan and would love to come to Japan one day, hopefully very soon!

BLACKBRAIDは日本にファンがいることを光栄に思っているし、いつか、できればすぐにでも日本に行きたいと思っているんだ!

BLACKBRAID Bandcamp
BLACKBRAID

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!