カテゴリー別アーカイブ: BEST NEW MUSIC

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FRIKO : WHERE WE’VE BEEN, WHERE WE GO FROM HERE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FRIKO !!

“I Personally Am Obsessed With Whatever That Magic Is That Makes Records “Classic”. So I Spent a Lot Of Time Over The Past Few Years Listening To All These Records That We Give This Honor And Taking In What They Had To Say.”

DISC REVIEW “Where we’ve been, where we go from here”

「レコードを “クラシック” にする魔法、それが何であれ、それに取り憑かれている。だから、ここ数年、僕たちはそうした “名盤” だと思えるレコードを聴き、そのレコードが語っていることを受け止めることに多くの時間を費やしてきた。僕にとって、これらの “名盤” たちに共通しているのは、彼らが何かを語っているということ。それが言葉であれ音楽的なものであれ、そこには目に見える即効性があった。”Pet Sounds” における即効性は、”OK Computer” における即効性とはまったく違うけれど、それでも僕の中では同じカテゴリーのものなんだ」
“friko4u”。みんなのためのFRIKO。それはシカゴのインディー・ロック・シーン、HalloGallo 集団から登場し、瞬く間に世界を席巻した FRIKO のインスタグラムにおけるハンドル・ネーム。FRIKO が何者であろうと、彼らの音楽は世界中から聴かれるために、つまり音楽ファンの喜びのために作られているのです。
そのために、FRIKO のフロントマン Niko Kapetan とドラマー Bailey Minzenberger は、THE BEACH BOYS から RADIOHEAD まで、自らが名盤と信じる作品を解析し、”目に見える即効性” という共通点へとたどりつきました。カラフルであろうと、難解であろうと、先鋭であろうと、名盤には必ずある種の即効性が存在する。そうして彼らは、その信念を自らのデビュー・フル “Where we’ve been, where we go from here” へと封じ込めました。
「シカゴのシーンがとにかくフレンドリーであるところだと思う。たとえば他の3つのバンドと一緒にライブをすると、みんなお互いのセットに残って見てくれる。みんなコラボレーションしたり、他のバンドで演奏したりする。シカゴは、LAやニューヨークのような他のアメリカの主要都市と違って、20代から30代前半の人たちが手頃な家賃で住めるということもあると思う。だから、ここでの生活をエキサイティングなものにしようとする若者がたくさんいるんだよ」
アルバムに込められた想い。それは、”私たちがいた場所、そしてここから進む場所”。シカゴのインディー・シーンは決してLAやNYCのように巨大ではありませんが、それを補ってありあまるほどのエナジーと優しさがありました。競争ではなく共闘。その寛容さが彼らを世界規模のバンドへと押し上げました。DINASOUR JR? ARCADE FIRE? THE CURE? レナード・コーエン?ショパンにワグナー?!比較されてもかまわない。彼らは “名盤” のタイムマシンでただ世界を笑顔にしたいだけなのです。
FRIKO のオフィシャル・サイトの URL は “whoisfriko.com”。そこには ARCTIC MONKEYS が2006年に発表したEP “Who the Fuck Are Arctic Monkeys” を彷彿とさせる不敵さがあります。きっとFRIKO って誰?の裏側には、誰だって構わない、私たちは私たちだという強い信念が存在するはずです。
「SQUID, BLACK MIDI, BLACK COUNTRY, NEW ROAD の大ファンなんだ。彼らは、私たちよりもっとヴィルトゥオーゾ的なミュージシャンだと思うし、だから技術的なレベルでは太刀打ちできないから、エモーショナルでタイトなソングライティングの面でアクセントをつけようとしているんだ (笑)。でも、そうした新しいエネルギーが再びロック・ミュージックに戻ってきているのを見るのは素晴らしいことだし、若い人たちにとってはエキサイティングなことだと思う」
そうして FRIKO は、ポスト・ロックやプログまで抱きしめた新たな英国ポスト・パンクの波とも共闘します。いや、それ以上に彼らの寛容さこそが、長年すれ違い続けたアメリカと英国のロックの架け橋なのかもしれません。なぜなら、そこには David Bowie や QUEEN、そして THE BEATLES の魂までもが息づいているのですから。FRIKO は誰?その質問にはこう答えるしかありません。大西洋を音楽でつなぐエキサイティングな時計の “振り子” だと。
今回弊誌では、FRIKO にインタビューを行うことができました。「僕は宮崎駿の映画で育った。ジブリ映画は、僕が書く音楽に、音楽以外のどの作品よりも影響を与えている。宮崎駿には、世界中の人々に通じる特別な何かがあるんだ」 どうぞ!!

FRIKO “WHERE WE’VE BEEN, WHERE WE GO FROM HERE” : 10/10

INTERVIEW WITH FRIKO

Q1: First, can you tell us what kind of music you guys grew up listening to?

【NIKO】: I grew up listening to a lot of my dads favorite bands, like The Cure, The Smiths, Led Zeppelin, Yes. My mom loved 70s soft rock so I also heard a lot of Hall and Oates and Fleetwood Mac. The biggest for me though is probably when my parents took me to see LOVE in Las Vegas (A Beatles centered play/musical) when I was 8 and I immediately fell in love with the Beatles and pretty much only listened to them from 8-12 years old.

【BAILEY】: Growing up, my dad would play a lot of music for my sister and I. My dad is a great musician and he would practice classical guitar around the house. He introduced me to Alan Holdsworth, John Abercrombie, Pat Metheny, and other great guitar players. He also used to burn CD’s for my sister and I; a song that I rediscovered recently from one of these CD’s is “Let Go” by Frou Frou.

Q1: まず、お二人がどんな音楽を聴いて育ったのか教えてください。

【NIKO】: 父が好きだったバンド、例えば THE CURE, THE SMITHS, LED ZEPPELIN, YES などを聴いて育ったね。母は70年代のソフト・ロックが好きだったので、HALL & OATES や FLEETWOOD MAC もよく聴いていた。8歳のときに両親に連れられてラスベガスの “LOVE”(ビートルズを中心とした演劇/ミュージカル)を観に行って、すぐに THE BEATLES が大好きになり、8歳から12歳までは彼らしか聴かなくなったんだ。

【BAILEY】: 父は偉大なミュージシャンで、家の中でいつもクラシック・ギターの練習をしていたわ。Allan Holdsworth, John Abercrombie, Pat Metheny、その他の偉大なギタリストを紹介してくれたんだ。彼はまた、私と妹のためによくCDを焼いてくれた。最近、このCDの中から再発見した曲は、Frou Frou の “Let Go” だよ。

Q2: How did you two meet and how was Friko born? What’s the meaning behind your band name Friko?

【NIKO】: Me and Bailey went to the same high school, and actually sat next to each other in a class, but never talked until after high school. Bailey and Jack (the engineer for the record) asked me to play bass in their band, and after my high school band broke up I asked Bailey to join what would become Friko. I knew Bailey was an amazing drummer ‘cause I’d see them playing with our high school band all the time haha.

Q2: では、お二人の出会いについて、お話ししていただけますか?

【NIKO】: 僕と Bailey は同じ高校に通っていて、実際にクラスで隣の席になったんだけど、高校を卒業するまで話したことはなかった。でも、Bailey と Jack (レコードのエンジニア)が、彼らのバンドでベースを弾いてみないかと誘ってくれた。そうして僕の高校のバンドが解散した後、僕は Bailey に一緒にやろうと誘ったんだ。彼女が素晴らしいドラマーだということは、高校のバンドで演奏しているのをいつも見ていたから知っていたんだ。それが FRIKO になったんだよ。

Q3: There are some great bands coming out of the Chicago indie rock scene, the Hallogallo collective right now, and you guys are probably part of it. What is it about Chicago that nurtures talent like yours?

【FRIKO】: Yes! So many good Chicago band within that group of folks and outside of it like Horsegirl, Lifeguard, sharp pins, Finom, Chaepter, Sick Day, VV Lightbody (I could go on)
But I think what nurtures that is how friendly the scene is in Chicago. You’ll play a show with three other bands and everyone will stay for each others sets. Everyone collaborates too or plays in each others bands. I think it also comes down to the fact that Chicago, unlike other major US cities like LA and New York, has affordable rent for people in their 20’s and early 30’s. So there’s a lot of young people trying to make life here exciting.

Q3: シカゴのインディー・ロック・シーン、Hallogallo集団から素晴らしいバンドが生まれています。あなたたちもその一員でしょう。シカゴの何があなたたちのような才能を育てるのでしょうか?

【FRIKO】: そうだね!Horsegirl, Lifeguard, sharp pins, Finom, Chaepter, Sick Day, VV Lightbody など、そのグループ内にも外にもシカゴの良いバンドがたくさんいる。
それを育んでいるのは、シカゴのシーンがとにかくフレンドリーであるところだと思う。たとえば他の3つのバンドと一緒にライブをすると、みんなお互いのセットに残って見てくれる。みんなコラボレーションしたり、他のバンドで演奏したりする。シカゴは、LAやニューヨークのような他のアメリカの主要都市と違って、20代から30代前半の人たちが手頃な家賃で住めるということもあると思う。だから、ここでの生活をエキサイティングなものにしようとする若者がたくさんいるんだよ。

Q4: That’s what’s really great about you guys, you’re bridging eras that are relevant to everything from The Beach Boys to Radiohead, Dinasour Jr, Arcade Fire. Do you consciously try to make music that is “like a time machine”?

【NIKO】: I personally am obsessed with whatever that magic is that makes records “classic”. So I spent a lot of time over the past few years listening to all these records that we give this honor and taking in what they had to say. And for me what all these “classic” albums have in common is they just had something to say. Whether that is verbally or musically, there was something urgent in the music that was tangible. And that urgency in Pet Sounds is totally different than the urgency in OK Computer, but it’s still the same thing in my mind.

Q4: あなたたちが本当に素晴らしいのは、THE BEACH BOYS から RADIOHEAD, DINASOUR JR, ARCADE FIRE に至るまで、すべての時代を音楽で橋渡ししていることです。意識的に “タイムマシンのような” 音楽を作ろうとしているのですか?

【NIKO】: 個人的には、レコードを “クラシック” にする魔法、それが何であれ、それに取り憑かれている。だから、ここ数年、僕たちはそうした “クラシック” だと思えるレコードを聴き、そのレコードが語っていることを受け止めることに多くの時間を費やしてきた。
僕にとって、これらの “名盤” たちに共通しているのは、彼らが何かを語っているということ。それが言葉であれ音楽的なものであれ、そこには目に見える即効性があった。”Pet Sounds” における即効性は、”OK Computer” における即効性とはまったく違うけれど、それでも僕の中では同じカテゴリーのものなんだ。

Q5: More to the point, you guys have a very British flavor despite being an American band, don’t you? I have never heard an album that comes so close to The Beach Boys’ masterpiece “Pet Sounds,” which I love, and your music has the taste of the artists who once carried England on their shoulders, such as David Bowie, Elton John, and Queen, would you agree?

【NIKO】: I grew up listening almost entirely to British music. Bands like The Cure, The Smiths, Queen, Bowie etc. We’re all so essential to my childhood that I think I took that in very subconsciously. The British brought that emotion to rock music and that’s why I think there’s been so much passing between the US and UK in music over the past 5 or 6 decades.

Q5: もっと言えば、あなたたちはアメリカのバンドでありながら、とてもイギリス的なテイストを持っていますよね? THE BEACH BOYS の名作 “Pet Sounds” にこれほど接近したアルバムを聴いたことがありませんよ。他にも、David Bowie, Elton John, QUEEN など、かつて英国を背負っていたアーティストのテイストが、あなた方の音楽にはあると思います。

【NIKO】: 僕はほとんどイギリスの音楽を聴いて育ったからね。THE CURE, THE SMITHS, QUEEN, David Bowie みたいな音楽をね。みんな僕の子供時代に欠かせない存在だから、無意識のうちにそれを取り込んでいたんだと思う。イギリス人はロック・ミュージックにそのエモーションをもたらしてくれたし、だからこそ過去5、60年の間に、音楽におけるアメリカとイギリスのすれ違いはとても多かったんだと思う。

Q6: Speaking of the UK, a new wave of post-punk that embraces prog and even post-rock, such as Squid and Black Midi, is gaining great popularity. Are you inspired by them?

【FRIKO】: We’re big fans for sure of both of those bands and BCNR. I think we consider them to be much more virtuosic musicians and that’s why we try to accent the emotional and tight-nit songwriting side of our music since we can’t compete on a technical level haha.
But it’s great seeing all this new energy being brought back into rock music again, I think it’s exciting for young people. We really want to find more Japanese bands though so please send us reccomendatuons if you have!

Q6: 英国といえば、プログやポスト・ロックさえも取り込んだポスト・パンクのニュー・ウェーブ、SQUID や BLACK MIDI が今人気を博しています。彼らからもインスピレーションを得ていますか?

【FRIKO】: 私たちは、その2バンドと BLACK COUNTRY, NEW ROAD の大ファンなんだ。彼らは、私たちよりもっとヴィルトゥオーゾ的なミュージシャンだと思うし、だから技術的なレベルでは太刀打ちできないから、エモーショナルでタイトなソングライティングの面でアクセントをつけようとしているんだ (笑)。
でも、そうした新しいエネルギーが再びロック・ミュージックに戻ってきているのを見るのは素晴らしいことだし、若い人たちにとってはエキサイティングなことだと思う。私たちはもっと日本の新しいバンドを見つけたいと思っているから、もしオススメがあるならぜひ推薦状を送ってほしい!

Q7: Why did you decide on the album title “Where we’ve been, where we go from here”?

【FRIKO】: The title came straight from that same lyric in the song “Where we’ve been”. That was the one song on the album that came to me in one sitting and it was pretty much done in a couple hours. Because of that, it has this magic for us, and that title just describes the process of making this album in that it encapsulates our friendships, living together, and making music for the past three years.

Q7: アルバムタイトルを “Where we’ve been, where we go from here” としたのはなぜですか?

【FRIKO】: タイトルは、”Where we’ve been” という曲の中の同じ歌詞から取ったんだ。この曲はアルバムの中で速攻で思いついた曲で、2、3時間でできたんだ。そのおかげで、この曲には私たちにとっての魔法がかかっているし、このタイトルは、この3年間のバンドの友情、共同生活、そして音楽制作のプロセスを表しているんだ。

Q8: As we enter the 2020s, the world is being overshadowed by increasingly dark shadows of war, pandemics, division, and oppression. Your music seems to be a relief for those who feel the pain in such a world, world you agree?

【FRIKO】: I mean we would love for that to be the case! It feels like the least we can do to contribute to helping others. We want to do more and more active work in that realm of things as we gain traction too because we think being an artist in this day and age should go hand in hand with philanthropy. In fact it HAS to. So once we gain our footing in the sense of making a living wage off of music we want to dive into that headfirst.

Q8: 2020年代に入り、戦争、パンデミック、分裂、抑圧など、世界はますます暗い影に覆われています。FRIKO の音楽は、そうした世界で痛みを感じている人々の救いになれるような気がします。

【FRIKO】: そうであってほしいよね!人を助けることが、私たちにできるせめてもの世界に対する貢献だと感じているよ。私たちも牽引力を得ながら、そうした領域でもっともっと積極的な仕事をしていきたい。今の時代、アーティストであることはフィランソロピー、慈善、奉仕、利他的活動と手を取り合うべきだと思うから。実際、そうしなければならないんだ。だから、音楽で生計を立てるという意味で足場を固めたら、真っ先にそこに飛び込みたいんだよ。

Q9: Are you interested in Japanese subcultures such as anime, games, music, or traditional culture?

【NIKO】: I’m just about to be finished with FullMetal Alchemist and it’s quickly become my favorite TV series of all time. It was my first foray into anime TV shows, but now I’m gonna be digging muchhh deeper.
I also grew up on the Hayao Miyazaki movies. Those movies have influenced the music I write more than any other non musical piece of art. He’s got something very very special that can get through to people all over the world.
Also I loveee Hiroshi Yoshimura, and every artist on the Kankyo Ongaku compilation LP. Japan no doubt has the best ambient music.

【BAILEY】: I stumbled upon Chihei Hatakeyama a year or so ago and love his album ‘A Long Journey’ from 2010.

【DAVID (New Bassist)】: I’d say generally speaking most of my favorite media comes from Japan, and that’s been the case since I was very young. A ton of my favorite music ever comes from Japan ― Haruomi Hosono is a huge influence on how I play bass, as Happy End is one of my very favorite bands. Outside of that, I’ve spent an embarrassing amount of money on older Japanese records by Anri, Tatsuro Yamashita, Ryuichi Sakamoto, and so many more people I’d call my personal heroes. I play so much Japanese music in the van while we’re on the road, it’s a huge part of my musical DNA.
I would also argue I’m the biggest gamer in the band (and I’m sure I’ll get challenged on that). I play a ton of JRPG’s, my favorite games of all time are Persona 5 and Chrono Trigger. I just beat Like a Dragon 7, and am currently in the very beginning of Persona 3 Reload! Some of my other favorite games are Metal Gear Solid (2 is my favorite) and Silent Hill 2

Q9: 最後に、アニメ、ゲーム、音楽、伝統文化など、日本のサブカルチャーに興味がありますか?

【NIKO】: “鋼の錬金術師” はもうすぐ見終わるところなんだけど、今までのテレビ・シリーズで一番好きな作品になったよ。これは僕が初めてハマったテレビ・アニメ作品なんだけど、これからはもっと深く掘り下げていきたいと思っている。
僕は宮崎駿の映画で育った。ジブリ映画は僕が書く音楽に、音楽以外のどの作品よりも影響を与えている。宮崎駿には、世界中の人々に通じる特別な何かがあるんだ。
また、吉村弘や環境音楽のコンピレーションLPに収録されているすべてのアーティストも大好きだ。日本には間違いなく最高のアンビエント・ミュージックがあるね。

【BAILEY】: 1年ほど前に偶然見つけた畠山地平の2010年のアルバム “A Long Journey” が大好きなの。

【DAVID (新ベーシスト)】: 一般的に言って、僕の好きなメディアのほとんどは日本から発信されている。はっぴいえんどは大好きなバンドのひとつだし、細野晴臣は僕のベースプレイに大きな影響を与えている。それ以外では、杏里、山下達郎、坂本龍一など、個人的なヒーローと呼べる人たちの古い日本のレコードに、恥ずかしいくらいお金を費やしてきた。移動中はバンの中で日本の音楽をたくさんかけていて、それは僕の音楽的DNAの大部分を占めているんだ。
また、僕はバンドの中で一番のゲーマーだとも言える(この点については、きっと異議を唱えられるだろう)。JRPGをたくさんプレイしていて、一番好きなゲームは “ペルソナ5” と “クロノ・トリガー”。ちょうど “龍が如く7″ をクリアして、”ペルソナ3 Reload” をやりはじめたばかりさ!他に好きなゲームは “メタルギア・ソリッド(2が一番好き)と “サイレント・ヒル2” かな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FRIKO’S LIFE!!

Modest Mouse “The Lonesome Crowded West”

Radiohead “In Rainbows”

Philip Glass “Glassworks”

The Beach Boys “Pet Sounds”

Donny Hathaway “Donny Hathaway Live”

MESSAGE FOR JAPAN

It’s been so surreal to see how much people in Japan are enjoying the record and it really means the world to us! We worked so hard for so long on this record and it was really just the band and two other friends who helped make it. It was such a homegrown effort, and to see it resonating across the world is just amazing! We’ve also always said our number one spot we want to tour is Japan, so hopefully see you very very soon!

日本のみんながこのレコードを楽しんでくれているって知るのはとてもシュールで、私たちにとって本当に意味のあることなんだ!このアルバムは、バンドと2人の友人だけで作ったんだ。だからこの手作りの努力の結晶が世界中で反響を呼んでいるのを目の当たりにして、本当に驚いている!私たちはいつも、ツアーで一番行きたい場所は日本だと言っているんだよ!だからすぐに、本当にすぐに会えたらいいね!

FRIKO

FRIKO Facebook

FRIKO Official

FRIKO Instagrum

ATO RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

COVER STORY 【REMEMBERING VITALIJ KUPRIJ (ARTENSION, RING OF FIRE, TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA)】


REMEMBERING VITALIJ KUPRIJ (ARTENSION, RING OF FIRE, TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA)

“Knowledge, Experience, and Confidence Are The Tools That I Use To Improve Myself. Knowledge Is Something You Gain As You Do It. You Apply Your Knowledge And Get Experience Out Of It. Confidence Is Something You Need In Your Vision To Survive And To Defend Your Point Of View As An Artist. Otherwise You Are Just a Copy Machine Or a Shallow Artist.”

HIGH DEFINITION

ウクライナ系アメリカ人のマエストロ、Vitalij Kuprij が亡くなりました。享年49歳。Vitalij は、コンサートホールのグランド・ピアノでベートーヴェンの協奏曲第4番を弾くのも、アリーナでフル・ロック・バンドに囲まれてネオクラシカル・メタルを披露するのも、両方お手のものでした。
Vitalij はクラシック、メタル、どちらのジャンルにも精通しており、クラシックの楽曲を演奏するソロ・アルバムと、コルグのキーボードでロックするプログ・メタル ARTENSION や RING OF FIRE でも存在感を発揮。のちに、あの TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA にも加わり、メタル世界にとって不可欠な存在となっていきました。ARTENSION のファーストは本当に斬新で、キャッチーで、変態で、あの時代に消えかけていたプログ・メタルの炎を再燃させてくれました。
特筆すべきは、彼が教育をしっかりと受けたプロのクラシック奏者だったことで、当時メタル世界の演奏者に彼のような背景を持つ人物はほとんどいませんでした。だからこそ斬新で、個性的な作曲術、特殊なミキシング、鍵盤を打ちのめすような演奏、強烈なアイデンティティまで愛されるようになりました。アルバムを聴けば、音を聞けば、クレジットを見るまでもなく彼だとわかる。
だからこそ、あまりに早すぎるのです。ただでさえ、メタル世界にカリスマ的キーボーディストはほとんど残されていませんし、新たに登場してもいません。Jens Johansson, Andre Anderson, Jordan Rudess, Derek Shrenian…残念ながら、明らかに両手に収まるほどの人数です。Vitalij がこれから残すはずだった音楽、育てるはずだった人たち…あまりにも大きな喪失です。せめて、彼の言葉、ストーリー、メソッドをここに残しておきましょう。音楽は永遠に消えませんが、物語は語り継がねば消えてしまうのですから。

Vitalij の家はミュージシャンの家系でした。
「父はプロのトロンボーン奏者だった。彼はたくさんの役割があってね。トロンボーンが主な楽器だったけど、音楽教師でもあり、音楽学校の校長でもあり、文化会館の館長でもあった。 自分のバンドも持っていて、ベース奏者でもあったね。父は私をトラブルに巻き込んだ張本人さ (笑)。
最初は父の親友が、私にアコーディオンを習わせようとしたんだ。アコーディオンは、ウクライナではとてもとてもポピュラーな楽器だこらね。父はその年の9月のアコーディオン・レッスンに申し込んだ。レッスンを始める前日、父は私を仕事場に連れて行った。そこでフォーク・バンドのために作曲をしていて、私はそこにあったアップライト・ピアノに駆け寄ったんだ。後で父に聞いたんだけど、私はそこでジャムを始めたらしい!私の指は自然にピアノの鍵盤に触れた。 父はその友人に電話して、私をアコーディオンのレッスンからピアノのレッスンに変えることを告げた。 私の人生は完全に変わったんだ! 本当に感謝しているよ。アコーディオンは嫌いじゃないけど、ピアノは王様だからね!」
そうして Vitalij は、ウクライナでクラシックの訓練を受けることになりました。
「クラシックの訓練は基本的に伝統的な西洋音楽だったね17~18世紀の偉大な作曲家を学んでいった。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスとかね。ウクライナにも偉大な作曲家が何人かいて、学校では彼らの曲も教わったよ。 その中には今日まで心に残っている素晴らしいピアノ曲がいくつかある。 もちろん影響を受けたよ。 レフコ・レヴツキーという偉大な作曲家がいた。彼の音楽は、とても民俗的なものだ。とはいえ、私の訓練の主な基礎はドイツとフランスの音楽だったね」

最も影響を受けたクラシックの作曲家は誰だったのでしょう。
「いつも変わるんだ。自分の楽器や真のクラシック・トレーニングの技術をマスターしたければ、視野を広げ、一つのことに集中しないこと。ただ私にとって際立っていた作曲家はショパンかな。 ショパンは主にピアノのために作曲した。幼い私にとって、ショパンは憧れの存在だったよ」
11歳の時、Vitalij は音楽的訓練を続けるために家を出てモスクワに行き、その後、全ユニオン・ショパン・コンクールに史上最年少で出場して優勝しました。
「当時のソ連では、どんな訓練を受けてもスパルタだった。軍事であれ、音楽であれ、絵画であれ何であれ、軍隊のように行われていたんだ。とても厳しかった。 狭い部屋に5人という寮生活で、プライバシーはなく、すべてが公開されていた。シャワーは週2日。それは最も奇妙なことだったけど、同時に感謝しているんだ。私は必要な規律を得たからね。レッスンは、西欧やアメリカで行われているような週1回ではなかった。私は1日に2、3時間のレッスンを2日おきに受けていた。残りの時間は練習に充てたね。
すべての作曲家を勉強したけど、先ほども言ったようにこの頃の私はショパンに惚れ込んでいて、他の曲は弾きたくなかった。 それは政府に “ファック・オフ” と言っているようなものだった。 先生に “他の曲は弾きたくない” と言ったので、学校の先生たちは、ショパンだけに専念させていいかどうかで議論になった。最終的に、学校の代表としてショパン・コンクールに出場するなら、ショパンの曲だけに専念してもいいということになったよ。
そのコンクールで優勝したことで、本当に道が開けた。 13歳の時に3ヶ月間、列車でソ連をツアーしたんだ。
ショパン・コンクールはロシアの北にあるカザンで開催されてね。私は初めて飛行機に乗ったのだけど、ひどい吹雪の中だったよ。まあだから、良い思い出もあるんだけど、ロシア人と思われることもあるのは困るね。私はウクライナ出身だから」

そんなクラシックの申し子が、他のジャンルに目を向けるきっかけが、Yngwie Malmsteen でした。
「たしかに父がフォーク・バンドで演奏したりするのは見ていたけれど、私は完全にクラシック・オタクだった。 当時、ソ連にはメロディヤというレコード会社しかなかったんだ。兄が Yngwie のアルバム “Trilogy” を買ってきてくれたんだ。それをかけて、あの素晴らしき “Liar” を聴いた。 すぐにバンドを組みたくなった。友達に頼み始めたんだ。
Yngwie のアルバムに心を掴まれたけど、THE BEATLES の “A Taste of Honey” というアルバムもあったし、QUEENのアルバムもあった。 それらすべてをいつも聴くようになったんだ」
Yngwie のどこに惹かれたのでしょう?
「Yngwie はそれほどキーボードをフィーチャーしていなかった。 初期のアルバムではもっと多かったかもしれないけどね。だから結局は、Yngwie の演奏だった!とてもテクニカルで、同時にメロディアスだった。表現力とハーモニーが大好きだった。
それから何年も経ってから、イングヴェイから電話があって、彼のバンドに誘われたんだ。彼のアルバム “Alchemy” に参加してくれってね。彼は電話してきて、私をフロリダに呼んで、このアルバムでキーボードを弾いてくれと言ってくれたんだ。
でも当時私はすでにソロアルバムを2、3枚出していて、ARTENSION のアルバムも2、3枚出していた。そしてクラシックの世界でもブレイクしようとしていたんだよね。だから、そのオファーを丁重に断ったんだ。
Yngwie と一緒に仕事をしたかったけど、彼がシュレッドしている間に2つか3つのコードを弾くために、自分のレコードや ARTENSION のレコードでやっていたことを諦めたくなかったんだ。でも、ギターとキーボードの革命的なシュレッドでネオ・クラシックのモンスターを作れたら最高だと思う!そのレコードは音楽的に素晴らしいと思う。
ただね、気がつくと、彼は日本のマスコミで私のことを “経験がない” と酷評していた。私はロックの世界に入ったばかりで、まだ何も発表していないとね。彼は私のことをよく知りもしなかった。私が “イエス” と言わなかったからって、マスコミで私をゴミ扱いしないでよ (笑)」

ウクライナやソビエトでは、メタルを学ぶことも簡単ではありませんでした。
「徐々に学んで行ったよ。私の国では何でも手に入るわけではなかったからね。西洋のロックバンドのほとんどは、ずっと後になってから来るようになった。私の国にはロック文化がなかったんだ。 でも結局、兄が洋楽をたくさん集めていたので、それを聴いて自分の音楽スタイルを確立していったんだ」
コンクールで優勝した後、Vitalij はソビエトで国内ツアーを行いその後、スイスでさらに修行を積みました。
「バーゼル音楽院で4年間、全額奨学金をもらって勉強したよ。有名なオーストリアのピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダーに師事してね。彼は西洋の演奏スタイルや規律について多くのことを教えてくれたんだ。私はロマン派的でロシア的な環境で育ったので、ブッフビンダーは西欧的な規律ある態度で私を磨いてくれたんだよ」
ARTENSION のギタリスト Roger Staffelbach に出会ったのもスイス留学中でした。
「Roger はもう25年来の友人だよ。夏の間、スイスの小さな町に住んでいたんだけど、そこにピアノ・バーがあって、よく通ってジャムっていたんだよ。そこに Roger が入ってきて、自己紹介してくれたんだ。私はドイツ語が話せなかったから、少し言葉の壁はあったけど、彼はキーボード奏者を探していてね。彼と私は意気投合し、一緒に演奏するようになった。月曜日から金曜日まで、私は電車で1時間のところにある音楽アカデミーで音楽を学び、金曜日の夜、電車で Roger の家に行き、週末は彼のガレージでリハーサルをした。 日曜の夜はまたアカデミーに戻る。
Roger と私は、さらに2人のスイス人奏者と素晴らしいインストゥルメンタル・カルテットを結成したんだ。ATLANTIS RISING という名前だった。私はネオクラシックの曲を書き始め、カセットテープを作るためにお金をつぎ込んだ。カセットテープを300本は作ったと思う。私たちはスカンクのように無一文で、CDを作りたいだけのハングリーな少年だった!」

このカセットの一つが、シュレッドの総本山、シュラプネル・レコードに届くことになりました。
「シュラプネルの Mike Varney が聴いてくれたよ。Roger と私は2人ともアメリカに行くことになった。Roger が西海岸にいる間に、私はカーティス音楽院のオーディションを受けるためにフィラデルフィアに行ってね。 オーディションの後、私は Roger のところへ飛んで行き、その後2人でカリフォルニアのノバトへ飛んで Mike に会ったんだ。当時、シュラプネルは、私たちがやっていることと似たような音楽をたくさんリリースしていたからね。そして彼らは私たちと契約し、それが ARTENSION となったんだ」
世界でも有数の難関音楽学校に入学し、ARTENSION を結成してファースト・アルバムをリリースし、翌年にはファースト・ソロ・アルバムをリリース。カーティスに通いながら、どのようにすべてのバランスをとっていたのでしょう。
「大きなキャリアを築くのは、2つの分野を情熱的にターゲットにすると難しい。でも、私はそれがどんなに難しいことであっても気にしなかった。学期を終えて、他の学生が休みに入っている間、私はピアノで作曲をし、自分が何を書いていたかを思い出す。そしてカリフォルニアに飛び、ARTENSION でレコーディングをし、また戻ってクラシックの勉強に戻る。カーティスは厳しい学校で、おそらく世界ナンバーワンだろうな。
ARTENSION だと、”Phoenix Rising” は素晴らしいと思うし、もちろん “Into the Eye of the Storm” は最も印象に残る作品だけど、私は “Forces of Nature” が本当に好きなんだ。新しいベーシストとドラマー (John Onder と Shane Gaalaas が加わって、また違った雰囲気になった」

ARTENSION でツアーは行ったのでしょうか?
「いや、ARTENSION はライブをやったことはないんだよ。でも、日本での成功が大きかったので、ほとんどやれそうだった。ファースト・アルバムはゴールドになるところだったからね。日本でのツアーを計画したんだけど、ツアー・マネージャーが私の書類をめちゃくちゃにしたんだ。 当時私はまだ若く、ソ連のパスポートを持っていて、アジアを旅行するときにどんな特典があるのか知らなかった。 私はサンフランシスコのホテルで就労ビザが下りるのを待っていた。で、結局私はそのツアーに出られなかったので、他のメンバーはプロモ出演をして、飛行機で帰ってきたんだ」
ARTENSION のアルバムには、”I Don’t Care”, “I Really Don’t Care”, “I Really, Really Don’t Care” というピアノ曲が収録されていました。
「最初のアルバムでは “I Don’t Care” だった。座ってジャムったんだ。Mike が私の才能を高く評価してくれていたから、ちょっと披露したかったんだ。アルバムにピアノ・ソロの曲を入れなければならなかった。 そして次の作品では、そのコンセプトを続けたいと思った。安っぽいけど面白い(笑)」
2001年にボーカリストの Mark Boals のソロアルバム “Ring of Fire” で彼と一緒に仕事をするようになりました。
「Mark とやれることで興奮はしなかったが、もちろん賞賛はした!彼は僕にとってとても重要なアルバム “Trilogy” で歌っていて、一緒に演奏しようと誘ってくれたんだからね!楽しかった。そのソロ・アルバムにちなんで、実際のバンドになったんだ。私が曲を書き、Mark が歌詞とメロディーを書いた」

バンドは2枚のスタジオ・アルバムと、日本で録音された2枚組の素晴らしいライヴ・アルバムをリリースしました。ただ、Vitalij が参加していない作品もあります。
「Mark と私はいくつかの点で誤解しあっていた。大げさなことではなく、私たちが同意できなかったことがあっただけなんだ。ARTENSION は、キャリアの始まりという点で、私の心に少しだけ近かったので、私は ARTENSION と自分の作品に集中し続ける一方で、Mark には他のプレイヤーと一緒にやるように伝えたんだ」
Vitalij のソロアルバムはほとんどがインストゥルメンタルで、ソロのための十分なスペースがあり、鍵盤を前面に出しています。ARTENSION はボーカルを起用していますが、RING OF FIRE ほど大人しくはありません。
「ソロ作は私がほとんどの曲を書いたので、常にキーボード中心だ。ボーカルを書く機会も模索していたけどね。ボーカルものでは、私が派手になるという点では限界があったかもしれないけれど、ソロ・アルバムを通してならそれができる。 アルバムが進むにつれて、バンド自体のパワーに集中するようになったから、私が目立つことは少なくなった。でも、どのアルバムにも必ず私らしさがあるよ。
それに、ARTENSION では John West の音域を知り、バンドのスタイルを知り、バンド内のプレイヤー同士の相性を知りながら書くことも意識した。RING OF FIRE でも同じだ。
今は、ただ書いて、とてもパワフルでエモーショナルな感じの音楽にしたいと思っている。より作曲に集中し、より成熟したレベルに持っていく。自分が経験したことから集めた知識をすべて活用し、特定のバンドやプロジェクトをターゲットにすることなく、淡々と書いている。私はただ自分の書いたものを捕らえ、保存し、発展させ、変化させ、また戻ってきたいだけなのだ。 音楽を書くことは、とにかく驚異的だ。とても無邪気なプロセスで、新しい情報が生まれるから大好きだ。 何もないところから始めて、音楽的でスピリチュアルな情報を得る」

例えば、RING OF FIRE アルバムの中を見ると、”All music written by Vitalij Kuprij” と書かれていますが、ギター、ベース、ドラムのパートも Vitalij が書いているのでしょうか?
「すべての曲、すべてのパートをキーボードで書いているよ。だから、ギター、ドラム、ベースがキーボードで演奏され、他のメンバーが何を演奏すべきかの明確な方向性を示しているんだ。 特に後期のアルバムでは、より考え抜かれたものになっている。即興的なものはなるべく省いて、自分自身に任せるようにしている。 だからレコーディングのためにメンバーが集まったときには、構造的にはかなり練られているんだ。
ただ、決まった公式があってはならないと考えている。何かを目指さなくてはならないが、物事は自然に起こるものだ。それがあなたなのだから」
TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA での最初のツアーは2009年のイースト・ツアーでした。
「あれは完全に “青天の霹靂” 。ある朝起きてコーヒーを飲み、メールをチェックした。彼らのマネジメントから、Paul O’Neill と会うためにフロリダまで来てほしいというメールが来ていた。 彼らがどのようにして私のことを知ったのかはわからない。Paul が何でもできてフレキシブルなキーボーディストを探していたのは知っている。彼はレコード業界で一緒に仕事をしたことのある人に電話して、その人が私を推薦してくれたんだ。数週間後、私はそこにいた」

TSOや SAVATAGE のことは知っていたのでしょうか?
「SAVATAGE は知っていたよ!なんて素晴らしいバンドなんだ!Burrn! 誌の SAVAGAGE 特集に載ったこともあるんだ。SAVAGAGE の曲を演奏するのは楽しいよ。もし彼らと一緒にツアーに出て、彼らの曲だけを演奏できるのなら、今すぐにでもやりたいよ。とてもロックで楽しくて、本当に僕の好みなんだ。Chris Caferry は John West と仲が良かったので、彼のことはよく聞いていたしね」
2015年の Wacken では、その SAVATAGE の一員とさはてプレイしました。
「うれしい依頼だった!私は彼らと彼らの音楽が大好きなんだ。これも私にとって忘れられない瞬間だった。それが Wacken だったことも、イベントの規模も忘れて。SAVATAGE の音楽を演奏することは、僕にとってとてもスリリングなことだった。Roger と初めて会って、ATLANTIS RISING を結成したときのことを思い出すよ。フロリダでリハーサルをやっていたんだけど、演奏しながら文字通り飛び跳ねていたよ。
“Jesus Saves” を演奏しているとき、私は飛び跳ね、汗をかき、ただとても楽しかった。2014年のヨーロッパTSOツアーで SAVATAGE の曲を演奏したのは素晴らしかったけど、SAVATAGE の一員として、SAVATAGE を愛し、SAVATAGE を観に来てくれたファンのためにここで演奏するのは本当に特別なことだった」

ウォームアップのルーティンなどはあるのでしょうか?
「楽屋にキーボードがあって、指の運動をして血の巡りをよくするんだけど、それはクラシックで訓練されたキーボード奏者としてはごく普通のことなんだ。でも、本番前の精神集中が大事なんだ。 ステージに上がる10分くらい前からシャットダウンして、目を閉じてアドレナリンと責任感に苛まれるモードに入るんだ」
Vitalij のアルバムのライナーノーツには、たいてい、”知識、経験、自信” を使っていると書かれています。
「それは私が自分自身を向上させるために使うツール。知識はやっていくうちに得られるもの。知識を応用して経験を積む。自信は、アーティストとして生き残り、自分の視点を守るために必要なものだ。そうでなければ、ただのコピーマシンか、浅薄なアーティストになってしまう」
クラシックの方だけに専念して、クラシックのピアニストとして名を馳せることを考えたことはあるのでしょうか?
「もちろん、若い頃はね!ヴラジミール・ホロヴィッツは私のアイドルだからね!ヨーロッパでオーケストラと共演したこともある。リサイタルもやったし、マスタークラスも開いた。ブラームスのピアノ協奏曲第1番、ラフマニノフの第2番、ベートーヴェンの第4番を演奏したよ!でも、そう、私は木のように自分を広げている。 私は音楽の力と喜びを感じられることをしたいんだ。私はクラシックの訓練を受けているので恵まれているけど、選択肢はたくさんある。クラシックを演奏することもできるし、ネオクラシカルなシュレッドを演奏することもできる。 私に音楽の喜びをもたらしてくれるものなら何でもいいんだ」

ホロヴィッツをアイドルとして挙げていますが、ロック面では誰に影響を受けているのでしょうか?
「ロックをあまり聴くことができなかった国から来たので、そのような影響という点では、本当にスクエア・ゼロからのスタートだった。尊敬する偉大なロック・キーボードのレジェンドたちのディスコグラフィーを研究していたら、自分自身の何かを失ってしまうということに気づいたんだ。私は完全に暗闇の中で狩りをするような気持ちでやっている。 偉大な音楽の一部が無意識のうちに沁み込んでしまい、”生の自分” を少し失ってしまうことが怖いんだ。
確かに Keith Emerson, Jon Lord, Rick Wakeman には大きな愛と敬意を抱いている。そして現役のプレイヤーでは、Jens Johansson を尊敬している。昔の彼はとても面白くて、とてもクールだった。彼自身も素晴らしい。Mike Pinella の大ファンでもある。Jordan Rudess も大好きだ。以前は、テクノロジーに重点を置く彼の芸術へのアプローチに懐疑的だった。 私は作曲してからスタジオでレコーディングするのが好きなんだ。しかし、そうしたプレーヤーに憧れているにもかかわらず、私は彼らから影響を受けてはいない。よくアーティストに尋ねると、”この人やこの人がいなかったら、私は今やっていない” と言うだろうが、私はそうではない。 自分の要素に集中する余地がなくなるから、頭の中にあまり詰め込みたくないだけなんだ」
メタルで好きな作品はあるのでしょうか?
「私は DREAM THEATER が大好きだ。すべてのアルバムを知っているし、メンバー全員にも会ったことがある。まだスイスにいた1993年に彼らのアルバム “Images and Words” にハマったんだ。Gary Moore, QUEEN, Sting も大好きだ」
クラシック以外の音楽を探求したことはありますか?
「もちろん。 常にね。ジャズでもヒップホップでも何でも、いろいろなジャンルの音楽を探求するのが好きなんだ。私はいつも作曲をしているし、これらのスタイルの音楽を演奏したり書いたりしてきた。音楽に限界はないんだよ」 安らかに…


参考文献: MUSIC AND ART: INTERVIEW VITALIJ KUPRIJ

COVER STORY 【MARILLION : BRAVE 30TH ANNIVERSARY】


COVER STORY : MARILLION “BRAVE” 30TH ANNIVERSARY !!

“We Knew It Wasn’t Immediate, We Just Hoped That People Would Give It The Time Of Day And Allow It To Grow On Them.”

BRAVE


30年前、”Brave” というレコードが全英アルバム・チャートで10位を記録しました。その9年前にヒットしたシングル “Kayleigh” で知られていたバンドが、別のシンガーをフロントマンに起用した作品です。今となってはすっかり昔の話ですが、バンドは今でも精力的に活動を続けていて、今でも最高到達点を更新し、今でも筋金入りのファンたちは “Brave” 記念日を盛大に祝っているのです。しかし、そのバンド、MARILLION はなぜこれほど強力なファンベースを今でも維持できるのでしょうか。そして、”Brave” リリース後に何が起こり、彼らはプログの新境地におけるパイオニアとなったのでしょうか。MARILLION の長く奇妙な旅路を振り返ります。
まず事実の整理から。MARILLION は1979年に結成され、1982年から1988年の間に4枚のスタジオ・アルバムをリリース。ポスト・パンクから現れた変則的なプログ・バンドから、ヒット曲を持ちテレビ出演を果たす正真正銘のロック・バンドへと成長していきました。Fish は、GENESIS 時代の Peter Gabriel のようなシアトリカルな雰囲気を漂わせながら、愛、薬物乱用、パラノイアをテーマにエッジの効いた現代的な歌詞を放つスコティッシュとしてバンドの顔となります。そうして彼らは、パンクに挫折したロック・ファンや、その鋭いフックに魅了されたポップ・ファンを取り込み、瞬く間に支持を得ていったのです。
1985年のアルバム “Misplaced Childhood” では、シングル “Kayleigh” が2位を記録する大ヒットとなり、アルバムはチャートのトップに躍り出ました。しかし、Fish の歌詞にある薬物によるパラノイアが単なる演技以上のものであることが判明するなど、舞台裏ではすべてがうまくいっていたわけではありませんでした。もう1枚アルバムを出した後、Fish は脱退し、MARILLION はすべてを使い果たしたように見えました。しかし、これは驚くべき第2幕の始まりに過ぎなかったのです。

1989年、バンドは新しいシンガー Steve Hogarth を迎えて “Season’s End” をリリースします。Fish 時代の忍び寄るメロドラマは、成熟し洗練された絵画に変わり、アルバムはヒット。バンドにまだ命があることを示しました。Fish は紛れもなくカリスマ的ポップ・スターで、ウィットに富み、物知りで、名声ゲームに惹かれると同時に反発するような人物でしたが、Hogarth は目を見開き、誠実で、正直な情熱を音楽に注ぎました。
ただし、その後のアルバムはチャートへの食い込みが弱くなり、ヒット、ポップ・スターダムは遠い過去の出来事のように思えました。レコード・レーベルであるEMIも、ヒット作を出すことができなかったバンドのコストが急騰するのを防ぐため、安価なその場しのぎのアルバムを望んでいました。
1994年。そうした背景の中で MARILLION は、セヴァーン橋で彷徨っているところを発見された少女をテーマにしたコンセプト・アルバムを携えて再登場しました。Hogarth はこれまでで最も感情的な歌詞を掘り下げ、この悲劇的な少女のあらゆる側面を探求しました。一方バンドは、ギタリストの Steve Rothery が心を揺さぶるソロと魅惑的なテクスチャーを何度も繰り出しながら、最も鋭敏な音楽を作り上げたのです。それは MARILLION が個人的なテーマから社会的なテーマへと、商業的な成功から芸術的な成功に舵を切った瞬間でした。

80年代半ば、Hogarth は地元のラジオ放送で、イギリスのセヴァーン橋で一人でさまよっているところを発見された10代の少女についての、警察の説明を聞きました。発見されたとき、彼女は誰とも話すことができなかったか、あるいは誰とも話さないことにしていたのです。しばらくして、警察はラジオで少女の身元を知る人に対して呼びかけることにしました。結局、少女は家族に引き取られ、家に戻されたのですが、Hogarth はこのことをメモし、MARILLION が後のアルバム “Brave” の制作に取りかかるまで、何年もあたためておいたのです。
制作に入ると Hogarth は橋の上の少女のことを思い出し、アルバムが彼の頭の中で形になっていきます。バンドは “Living with the Big Lie”と “Runaway” の2曲を書き、前者は人々がいかに物事に慣れてしまい、すっかり鈍感になってしまうかを歌ったもので、後者は機能不全の家庭から抜け出そうとする少女の苦境を歌ったものになりました。Hogarth はこのストーリーをバンドに話し、性的虐待(当時メディアでますます報道されるようになったテーマだった)、孤立、薬物中毒、そして自殺を考えたり試みたりするほどの衰弱といった問題や恐怖を持つ人生という架空の物語を提案したのです。
セヴァーン橋は1966年に開通して以来、自殺の名所となっており、名もなき少女のような悩める魂を惹きつけてやみません。彼女は自分の名前を名乗ろうとせず、話すことさえ拒否しました。警察はラジオやテレビで情報提供を呼びかけ、その時、Hogarth は彼女のことをはじめて耳にしました。
「まるで推理小説の最初のページのようだと思った。走り書きして、そのことはすぐに忘れたんだ」
しかし、”飛び降りなかった少女” の物語は、Hogarth の心の奥深くに留まり、潜在意識の波のすぐ下に浮かんでいたのです。

Hogarth が再び彼女のことを考えたのは1992年のこと。その頃、彼は数年前に加入したバンド MARILLION のシンガーになっていて、バンドが新しいアルバムのために曲作りをしていたとき、彼はバンドメンバーに “飛び降りなかった少女” の話をしたのです。
この物語を中心に作られたアルバム “Brave” は、彼らのキャリアの中で最も重要な作品となりました。このアルバムによって、彼らの将来が決まったのです。”Brave” は、バンドとしての彼らを最終的にひとつにまとめましたが、同時に長年のレーベルであるEMIとの関係を取り返しのつかないほど悪化させ、彼らの以前からのファン層を一気に遠ざける結果も伴いました。痛みを伴う改革。それが現在の彼らをもたらしたのです。
当時 “Brave” が大失敗した大博打に思えたとしても、今日では1990年代の偉大なコンセプト・アルバム、傑作として語り継がれているのは痛快なものがあります。知性と深みのある踏み絵のようなアルバム。つまり、セヴァーン橋の少女の物語は、MARILLION のメタファーとして読むこともできるのです。少女は飛び降りませんでしたが、MARILLION は飛び降りたのです。
「”Brave” は、ジグソーパズルのピースがついに揃ったアルバムだった。MARILLION は、私を加えた別のバンドになった。今のバンドになったんだ」
Hogarth と MARILLION のパートナーシップは、1989年の “Season’s End” で軌道に乗りましたが、それはある意味、反抗的な行為でもありました。
「多くの人が、Fish なしでは失敗すると思っていた。でも、メンバーはみんな一緒に仕事ができることに興奮していたし、あっという間だった。”今、自分たちはどんなバンドになりたいのか?”ということを考えるために立ち止まることはなかったね」

キャリアを始めて10年以上が経ち、MARILLION は貴重な教訓を得ていました。「EMIのやり方で商業的なレコードを作ろうとしたが、うまくいかなかった。売れても売れなくても、少なくとも芸術的には満足できる作品を作ろう」
彼らの次の行動は、正反対の方向に進むこと。”Holidays in Eden” が素早く、きらびやかで、最終的にはある種の妥協だったとすれば、”Brave” はそうではありませんでした。
“Holidays In Eden” と “Brave” の間に、MARILLION の世界ではいくつかの重要なことが変化しました。その中には、彼らがコントロールできるものもあれば、そうでないものも。ただ、彼らが下した重要な決断のひとつは、オリジナルのラケット・クラブに新しい機材を導入し、次のアルバムのために前金を使うことでした。
「レーベルは大反対だった。でも僕らは、”複数のアルバムに使えるよ” って言ったんだ。そのおかげで、後にEMIから契約解除された時のための準備ができたんだ。私たちは、ゆっくり仕事をし、あらゆる選択肢を模索し、音楽について熟考し、あごをひっかいたり、頭をなでたりするのが好きなんだ。そして、ここだけの話、”次のアルバムは好きなだけ時間をかけよう “と思ったんだ。そしてそうしたんだ」
そうして MARILLION は、南フランスの正真正銘のシャトーでレコーディングする機会を突然与えられました。ドルドーニュ地方のマルアットにあるその城は、バンドのUSレーベルIRSの代表であり、POLICE のドラマー、Stewart Copeland の弟の所有物件でした。
「そのアイデアが気に入ったんだ。そうだ、家を探そう、そうすれば費用も抑えられるし、雰囲気のある場所を探して、そこで仕事をしよう。僕らはみんな、それが面白いレコードになるし、冒険になると思ったんだ。夜が明けてすぐに着いたんだ。丘の上に見えて、基本的にのホラーハウスだったよ」

“Brave” は、実際に5人で書いた初めてのアルバムだったと Rothery は言います。
「コンセプト・アルバムであったからこそ、このアルバムは、私たちにとって、とても重要な作品となった。コンセプト・アルバムだったから、他のメンバーも私たちがやろうとしていることを理解しやすかった。私が思うに、今回はレコードを作るか、傑作を作るかのどちらかだ。だから、どうしてほしいか言ってくれとね。それでみんな、”傑作を作ろう” となった」
作業を進めるにつれて、曲は焦点が定まり始め、包括的なコンセプトも定まっていきました。橋の上の少女についての直接的な物語というよりは、彼女がそこにたどり着くまでの一連のスナップショット。さらに Hogarth によれば、歌詞の多くには自伝的な要素が薄っすらと隠されていたといいます。”Living With The Big Lie”, “Brave itself” そして特に “The Hollow Man”。
「私は動揺していた。外見はますますピカピカになり、ジャン・ポール・ゴルチエを身にまとっていた。小さな子供2人の父親でありながら、それに向いていない、そう感じていた。そのすべてのバランスを取りながら、バンドの運命を復活させるような素晴らしい作品を作り上げようとしたんだ」
すべての曲がコンセプトに合っていたわけではありません。”Paper Lies” の脈打つハード・ロックは、レーベルの強い要望でアルバムのムーディーな音楽の流れに刺激を与えるために収録されたもの。もともとは悪徳新聞王ロバート・マクスウェルの死にインスパイアされたもので、後付けで既存の物語に組み込んだに過ぎません。この曲の主題である、ヨットからの転落事故で謎の死を遂げたロバート・マクスウェルにちなんで、この曲は巨大な水しぶきで終わります。「この曲には VAN HALEN からの影響があるかもしれないね」

“完成したときでさえ、それが何なのかわからなかった” そう Hogarth は言います。
「ミックスを聴いて、とても緊張したのを覚えている。興奮すると同時に、”これは THE WHO の “Quadrophenia” か何かに似ている。みんなにどう評価されるかわからない” って思ったね」
地平線には他にも嵐が立ち込めていました。EMIは、MARILLION が “Brave” の制作に要した時間の長さに良い印象を抱いていませんでした。この 生々しい アルバムは、数ヶ月遅れで、しかも決して安くはなかったからです。Rothery は言います。
「その7ヶ月が終わるころには、レーベルとの関係には壁が立ちはだかっていた。素晴らしいレコードを作ったことが、この莫大な出費とレーベルとの関係の悪化を正当化できるほど成功することを願わなければならなかった」
EMIの失策。それはリスニング・パーティーで起こります。彼らは、さまざまなジャーナリストやラジオの重役を招待し、聴いているのが誰なのかを知らせないというやり方をとりました。
「あれはEMIの大失態だった。EMIは人々に PINK FLOYD の新しいアルバムだと思わせようとした。そうすれば、より多くの人がプレイバックを聴きに来てくれると思ったからだ」
しかし長い間、批評家の捌け口となってきたグループにとって、”Brave” は驚くほど好評でした。”Q” 誌は、このアルバムを “ダークで不可解” と絶賛。Hogarth はその表現にほほえみます。「私はそれが気に入った。褒め言葉だよ」
しかし、”ダークで不可解 “は、伝統的に商業的な成功とはイコールではありません。”Brave” は、ギリギリのところでUKトップ10に食い込みましたが、ファーストシングルの “The Hollow Man” は30位。続いてリリースされた軽快な “Alone Again In The Lap Of Luxury” はトップ50にすら入りませんでした。

ただ公平に見て、”Brave” のタイミングは最悪でした。”Brave” がリリースされたのは、ブリットポップ・ムーヴメントが花開き始めた頃。自殺願望のある少女をテーマにした70分のコンセプト・アルバムは、BLUR や OASIS の前では常に苦戦を強いられることになりました。
「即効性がないことはわかっていた。私たちはただ、人々がこのアルバムに一日の時間を与え、彼らの中で成長することを望んでいた」
ツアーでバンドはアルバムを最初から最後まで演奏し、Hogarth は Peter Gabriel 流に曲の登場人物を演じました。ある時は、髪をおさげにして口紅をつけ、女の子自身を演じます。これは意図的な挑戦でした。
「コンサート会場の雰囲気は、”クソッタレ、これは何だ?”という感じだった。アンコールで “Brave” 以外の曲を演奏したときは、まったく違うショーになった。人々が安堵のため息をついているのが体感できたよ」
ツアーもアルバムも、MARILLION のオーディエンスを増やす、あるいは維持することにはあまり貢献しませんでした。”Brave” のセールスは30万枚ほどで、今となっては良い数字ですが、5年前の “Seasons End” の半分以下だったのです。セールス的には、確かに以前より落ち込んでいました。
“Brave” が長引いたことと、明らかに成功しなかったことは、所属レーベルのトップも気づいていました。少なくとも次のアルバムではより速く仕事をすることを考えるべきだとバンドは認め、そのアルバム “Afraid Of Sunlight” は、”Brave” のちょうど1年後にリリースされました。しかし、すべては遅すぎました。彼らの予想通り、レーベルは間もなく彼らを切り捨てました。
「メディアから嫌われるバンドに戻ってしまった。メインストリームの音楽メディアを見る限り、私たちは生きる価値がなかった。いつも通りのね」

しかし、”Brave” には後日譚が。この “ダークで不可解 ” なレコードは、当時は売れ行きが芳しくなかったものの、今では独自の余生を過ごしています。彼らは過去20年の間に2度このアルバムを再訪し、2003年と2011年にアルバムをフルで演奏しています。
「”Brave” で多くのファンを失った」そう Hogarth は言います。「評判は良くなかった。だけど今では誰もが振り返って “なんて素晴らしいアルバムなんだ” と言う。発売された日には誰もそんなことは言わなかったのにね」
その長寿の理由のひとつは音楽的なもの。慎重なテンポ、移り変わるムード、日本語の使用や南仏の洞窟で岩が水しぶきを上げる音を録音するような細部へのこだわり。それは、究極の負け犬バンドによる究極の負け犬レコード。
「僕らを聴いてくれた人たちは、時間を投資することを厭わないんだ。彼らは、”よくわからなかったから次の作品に移る” のではなく、”ああ、よくわからなかったからもう1回聴いてみよう” と思ってくれるんだ」
結局、”Brave” は当時のチャートに知的で複雑なコンセプチュアル・ミュージックのスペースがまだあることを証明したのです。このアルバムから、わずか3年後にリリースされたレディオヘッドの “OK Computer”、そして ANATHEMA の傑作 “The Optimist” へと知性を求める音楽ファンは一本の線をたどることができるはずです。”The Optimist” は、無意識のうちに “Brave” のサイコ・ジオグラフィックな旅路と呼応しており、MARILLION が20年の後に発表する “F.E.A.R.” は “Brave” と非常に多くの特徴を共有するアルバムになりました。
Pete Trewavas は言います。「僕たちは、どこでも聴けるようなキラキラした音楽を演奏するためにここにいるんじゃない。何か違うことをやって、木々を揺らして、人々に考えさせるためにここにいるんだ。そうであってほしいし、今もそうでありたいよ」
橋の上の少女は結局、MARILLION のストーリーを知っているのでしょうか?Hogarth は、彼女の両親が彼女を迎えに来て、ウェスト・カントリーに連れ帰ったという記事を読んだことを覚えています。
「彼女はその後、それなりに幸せに暮らしたと思う。連絡は取っていないが、アルバムのことは知っているのではないかな」

後に小さなレーベルに移籍した彼らは、商業的な成功との闘いを続け、ついにはアメリカ・ツアーをする余裕がないことを認めざるを得なくなり、どん底に達します。しかしその後、非常に驚くべきことが起こりました。
そうした変化にもかかわらず、バンドには依然として強力なファンベースがあり、そのファンはますます熱狂的になっていました。MARILLION を見ることができなくなることを覚悟したアメリカのファンは、バンドをアメリカ国内で活動させるために6万ドルを出資。実質的に MARILLION はクラウド・ソーシングに成功した最初のバンドとなったのです。インターネットの台頭に注目した MARILLION は、自分たちのファン層と関わる前例のない方法を発見し、それまでは想像もできなかったレーベルを通さない “個人的な” つながりを築くことに成功したのです。
このファンとのつながりは、バンドだけでなく、音楽ビジネスのあり方にも大きな影響を与えました。ファンとの絆を築き、ファンのことを知り、ファンがバンドに何を求めているかを理解することで、MARILLION はレコーディング前にアルバム代金を支払ってもらうという前代未聞の過激な行動に出ることができました。1万枚以上の予約注文を受け、”Anoraknophobia” はファンによって支払われる、多くのメジャー・レーベルのアーティストが切望するような自主性を得ることができました。”ヒット” レコードを作らなければならないというプレッシャーがなく、すでに制作費用をまかなっていた MARILLION は、自分たちが望む、そしておそらくより重要なことですが、ファンが求める音楽を作ることができたのです。熱心なスポンサー (ファン) には、レコードに写真や名前を載せたり、アルバムの特別なヴァージョンを提供することで、彼らは自分たちのために新しい道を切り開くことをやってのけました。

この試みがバンドの新時代の幕開けとなった一方で、メインストリームのメディアで MARILLION は今だにオールディーズ・アクトとして一括りにされ、世間一般の認識も Fish の全盛期から真に前進していないというイメージに固執していました。ラジオやテレビで流されることはめったになく、バンドはカルト的で、流行に乗り遅れた存在だと思われていたのです。プログというジャンルがもはや消えかかっていたために、例え MARILLION について言及されたとしても、中世の吟遊詩人の一団で、リュートを演奏し、トロールについて歌っているのだと言われることも珍しくはありませんでした。彼らがもはや論理的には RADIOHEAD の “OK Computer” と接近していたことなど気にすることもなく、世間一般では、MARILLION のファンであることは最も時代遅れなロートルだと見なされていたのです。
クラウド・ファンディングが以前は手の届かなかった安全性を保証した一方で、バンド、特に Hogarth は、真剣に受け止められようとする試みに苦痛を感じていました。音楽がまだビッグ・ビジネスだった時代、MARILLION のメインストリームからの追放と彼らの熱狂的なファンは、奇妙で場違いな存在と見なされました。音楽プレスはバンド名を見て80年代を思い浮かべ、それに従って判断するだろうという諦めもありました。インタビューのたびに、Hogarth はジャーナリストたちに、先入観を捨てて、ただ恣意的に彼らを切り捨てるのではなく、実際に音楽を聴いてほしいと懇願しましたが、それは無駄骨でした。
その後、マリリオンは2004年の “Marbles” と2007年の “Somewhere Else” でヒット・アルバムとトップ20シングルを獲得し、チャートの上位に返り咲きました。しかし、チャートでの成功でさえも、バンドが以前のような地位を取り戻すことは簡単ではありませんでした。レコード・チャートは上位にランクインしていましたが、これは、自分たちの好きなバンドが特別な存在であることを世界中に知らしめようとする、ファン層の断固とした努力によるところが大きかったのです。ファンは MARILLION を広めるために極限まで努力する用意があり、こうしたチャートの順位は、バンドに対する外部からの純粋な関心というよりも、むしろファンの意志の強さを表していたのかもしれません。

この時期までに、MARILLION はファンの間でほとんど神のような地位を築いており、ファンもまた、グループに対する強烈な、時には極端なまでの愛情を示していました。Hogarth の指揮の下、このバンドは人生をサウンドトラック化するようになり、彼の複雑で情熱的なソングライティングは多くの人々にとってほとんどスピリチュアルな尊敬の念を抱かせるようになっていたのです。コンサートは、バンドへの愛を通して生涯の友情を築き、世界中の様々な場所で開催されるコンベンションに参加し、バンドはファンの好きな曲を演奏することで愛情に応えました。
多くのファンにとって、MARILLION は本当に重要な唯一のバンドであり、他のバンドが恐れをなして踏み入れないような場所に行く存在となりました。ここ数年、バンドに対する雪解けは進み、音楽メディアの間でも、バンドを受け入れようとする明確な動きが出てきました。バンドの成熟したロック・ブランドには “プログレ” の面影はほとんどなく、その一方で、最近のアラン・パートリッジの映画でバンドは小さいながらも重要な役割を果たすなど、否定的な人たちよりも長生きすることで、MARILLION の正しさが証明されたと言えるかもしれませんね。
MARILLION はロックの歴史に自分たちの特別な場所を残しました。彼らはあらゆる変化を乗り越えて、80年代の MARILLION に対する先入観が過去のものとなりつつある今、さらに多くの人々を、増え続けるファンの一員にしようとしています。ANATHEMA や PORCUPINE TREE のようなバンドがこのバンドに脱帽しているように、彼らが “Brave” で勇気を持って橋から飛び降りたことは、長い目で見れば奇跡的な “Made Again” だったのです。

参考文献: THE THIN AIR:20 Years of Being Brave – How Marillion Crawled Back From Obscurity

CLASSIC ROCK REVIEWMarillion Brave (1994) – The inside story behind Brave

MARUNOUCHI MUZIK MAG: FEAR INTERVIEW

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOULMASS : PRINCIPALITY OF MECHANICAL VIOLENCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SOULMASS !!

“Gundam’s Anti-war Message Has Endured Long Enough To Affect Many Generations Now And We Are Glad If We Introduced Others To It With This Album.”

DISC REVIEW “PRINCIPALITY OF MECHANICAL VIOLENCE”

「僕たちが年を重ねるにつれて、ガンダムを厳密に善と悪の物語として見なくなった。例えば、EFSFとジオンの二項対立だけじゃなく、その両組織内のさまざまな人々の人間ドラマは、良い例だと思う。”どちらの側にも良い人がいる” という議論ではなく、腐敗はどのようなスペクトラムにも起こり得るというテーマ。それは最初からメタルにおいてかなり語られていたと言えるね。権力を持つことによる腐敗、戦争に誇りなどないこと。今のところ、KREATOR と METALLICA が思い浮かぶね」
数あるロボット・アニメ/特撮ものの中で、ガンダム・シリーズが常にトップを走り続ける理由。それは、善と悪で割り切れる単なる勧善懲悪のストーリーではなく、何層にも折り重なる複雑かつ深淵な世界設定の中で、権力や腐敗に振り回される、抑圧を受けて苦悩する近未来の私たちの姿が描かれているから。ガンダム・シリーズはそして、例えばバスク・オムの暴走で、例えばミハルの悲惨な最後によって、権力の腐敗と戦争の無惨を浮き彫りにしていきました。
これはまさに、KREATOR が “Flag of Fate” で、METALLILA が “One” で語ってきたテーマそのものでしょう。すなわち、反戦、反権力、反抑圧はガンダムとメタルの間で長く共有されてきた重要なミノフスキー・核融合炉だったわけです。だからこそ、デスメタルのホワイトベースであるフロリダから、”ガンダムのメタル” を描く SOULMASS がこの時代に登場することは、ある意味必然でした。
「こうした世界で絶望を感じたり、無力感を感じたりするのは普通のことだよ。ガンダムの曲を作ることは、権威主義や社会的不公正の問題を現実に直接取り上げることに、間違いなく最も近いところにいる。ガンダムの反戦のメッセージは、今や多くの世代に影響を与えるほど長く続いているし、このアルバムで他の人たちにそれを紹介できたならうれしいね」
オープナーの “Jet Stream Attack” は、まさに権力が暴走し、抑圧が放置される2024年に向けて繰り出された黒い三連星の強撃。そうしてアルバムは、星の屑作戦からのコロニー落としで、平穏な暮らしを営む普通の人々が、いかに権力の欲望や歪んだ理想の犠牲となるのかをドゥーム・デスの獰猛で描き出していきます。
「力強さや残虐さを描いていることもあるけれど、僕らのアルバムの根底にあるのは、想像を絶する恐怖に直面してもアイデンティティーの感覚を保つということで、それは偶然にもガンダムと見事に合致していると思う」
バンドは BOLT THROWER や ENTOMBED、そしてもちろん往年のスラッシュやドゥーム・クラシックにインスパイアされていますが、それ以上に人間の暗い思考を反映した陰鬱と冷徹、そして暴力性をその身に宿しています。以前彼らがテーマとした “Bloodborne” 的死にゲーを思わせるその中毒性の高さは、まさに “重力に魂を惹かれた” 者たちの心も、”地球を知らぬ” 者たちの心もを鷲掴みにしていきます。
スペースノイドにも、アースノイドにも、いや誰にだってそれぞれの主張があり、それぞれに一理があるのは当然。重要なのは、どんな理不尽や恐怖に晒されても、一人一人が人間性を失わないこと。自分であり続けること。いつでも調和を目指すこと。ソロモンよ、SOULMASS は帰ってきた。
今回弊誌では、SOULMASS の二人にインタビューを行うことができました。「”Ζガンダム” は全シリーズの中で最も美しく、大仰な音楽だけど、最近の “鉄血のオルフェンズ” や “水星の魔女” の音楽も大ファンだね。Man With A Mission の “Raise Your Flag” は間違いなく僕の心に残るアンセムだ。アイナ・ジ・エンドの “Red:birthmark” も大好きだね」 どうぞ!!

SOULMASS “PRINCIPALITY OF MECHANICAL VIOLENCE” : 10/10

INTERVIEW WITH SOULMASS

Q1: First of all, the combination of death metal and Gundam is clearly a world first. Why did you decide to incorporate the world view of Gundam into death metal?

【LUX】: There have definitely been some bands before us, but it looks like this new album is spreading around and we are happy to see it! Gundam always deserves more attention, especially from metal bands. Brett and I have both been fans of Gundam longer than we have known each other, so it felt natural to share that mutual love of Gundam through our music. There is plentiful violence, horror, and despair in Gundam to fit the sound of death metal!

【BRETT】: I have a vague recollection of various hardcore/punk/crust/grind bands that came before us, but their names elude me now. Gundam is probably a more natural fit to us than Dark Souls/Bloodborne, even, just because we’ve both been watching since we were kids. I think as far back as seven or eight years ago we knew we would do Gundam material at some point, even. I seem to remember Thunderbolt’s release spurring us when it came out due to its intensity as well.

Q1: まず、デスメタルとガンダムの組み合わせは明らかに世界初だと思います。なぜガンダムの世界観をデスメタルに取り入れようと思ったのですか?

【LUX】: 僕らの前にも明らかにいくつかのバンドがいだと思うけど、でもこの新しいアルバムが広まっているようで嬉しく思っているよ!ガンダムは常に、特にメタル・バンドからもっと注目されるべきなんだ。
BRETT も僕も、お互い知り合う前からの長いガンダムのファンだから、音楽を通じてガンダムへの愛を共有するのは自然なことだと思った。ガンダムには、デスメタルのサウンドに合うような暴力、恐怖、絶望がふんだんに盛り込まれているからね!

【BRETT】: 僕らの前にいた様々なハードコア/パンク/クラスト/グラインド・バンドのことはぼんやりと覚えているんだけど、今は名前が思い出せない。ガンダムは僕らにとって、”ダークソウル” や “ブラッドボーン” よりも自然にフィットしていると思う。
7、8年前から、いつかはガンダムの題材をやるだろうと思っていた。”サンダーボルト” が公開されたときも、その強烈さで盛り上がったのを覚えている。

Q2: The great thing about Gundam is that there is not only good and evil, but also a solid portrayal of soldiers and citizens who are swept up in authoritarianism, even among the two opposing forces. There is a connection to the anti-authority, anti-oppression, anti-totalitarianism in metal, would you agree?

【BRETT】: I would say so, yes, and I think Lux would probably agree that as we’ve aged, we’ve stopped really seeing Gundam as strictly good and evil narratives. The dichotomy of say, EFSF and Zeon and the various people within the organizations I think is always a good one. Not in the “there’s good people on either side” argument, but more of that corruption exists on any spectrum, and that narrative has been pretty persistent in metal from the beginning. The corruption of having power over people, of no war being waged honorably. Kreator and Metallica come to mind for me, at the moment.

【LUX】: I definitely agree with Brett. When I think of anti-authoritarianism and anti-oppression in metal my mind immediately goes to thrash bands like Kreator, Metallica, and Artillery. Everything in Gundam touches on these topics and it would be interesting to see a thrash band do an album about Gundam’s politics someday.

Q2: ガンダムの素晴らしいところは、ただ単純な善と悪の二項対立を描くのではなく、対立する二つの勢力の中に権威主義に振り回される兵士や市民がしっかりと描かれていることでしょう。多くのメタルに宿る反権威、反抑圧、反全体主義とのつながりも感じますね?

【BRETT】: そう思うよ。そして Lux も、僕たちが年を重ねるにつれて、ガンダムを厳密に善と悪の物語として見なくなったことにおそらく同意すると思う。例えば、EFSFとジオンの二項対立だけじゃなく、その両組織内のさまざまな人々の人間ドラマは、良い例だと思う。
“どちらの側にも良い人がいる” という議論ではなく、腐敗はどのようなスペクトラムにも起こり得るというテーマ。それは最初からメタルにおいてかなり語られていたと言えるね。権力を持つことによる腐敗、戦争に誇りなどないこと。今のところ、KREATOR と METALLICA が思い浮かぶね。

【LUX】: Brett の意見に賛成だよ。メタルにおける反権威主義や反抑圧といえば、すぐに KREATOR, METALLILA, ARTILLERY のようなスラッシュ・バンドが思い浮かぶね。ガンダムのすべてがこれらのトピックに触れているし、いつかスラッシュバンドがガンダムの政治についてアルバムを出したら面白いだろうね。

Q3: In particular, the dropping of the colonies is a symbol of power run amok, which you guys also use as a theme for your songs, right? In fact, humanity can use violence far more viciously than death metal, and the world today seems to be going from bad to worse, doesn’t it? What can music and animation do to make the world a better place?

【LUX】: Artists in general have always been a valuable voice for the voiceless when it comes to areas of extreme violence and suffering in the world. Artists help spread awareness through the impact their work has on others. While we don’t always touch on world issues in our music, we do strive to make songs that others can relate to. Music that lets others know they are not alone, and it is normal to feel desperate and helpless in a world like this. Making songs about Gundam is definitely the closest we have come to directly addressing the issues of authoritarianism and social injustice in reality. Gundam’s anti-war message has endured long enough to affect many generations now and we are glad if we introduced others to it with this album.

【BRETT】: I think there’s some degree of obligation on artists, if they feel capable, to address reality in some form. I think no matter what fiction you create or interpret, you will end up doing this, it’s just how much you’re willing to be responsible for it, directly or otherwise. Lux and I have both been involved in politically direct projects because we believe music―and by extension, any art―has the ability to emotionally and practically inform the listener of the world. I think it’s maybe not so obvious since we’re open with our influences coming from video games, but really what we’re doing is interpreting stories we find meaningful. Sometimes things aren’t quite so deep and are sheer depictions of force and brutality, but I think the throughline of our albums speaks strongly to retaining a sense of identity in the face of unimaginable horrors, which also, coincidentally, fits in wonderfully with Gundam.

Q3: 特にコロニー落としは、権力の暴走の象徴であり、あなた方も曲のテーマにしていますよね?
実際、人類はデスメタルよりもはるかに凶悪な暴力を使うことがあり、世界は今、悪い方向に向かっているように思えます。音楽とアニメは、世界をより良い場所にするために何ができるでしょうか?

【LUX】: 一般的にアーティストは、世界の極端な暴力や苦しみを受ける、声なき人々の常に貴重な代弁者だった。アーティストたちは、自分たちの作品が他者に与える影響を通して、意識を広める手助けをしているんだ。僕たちは常に世界の問題に触れているわけではないけれど、他の人が共感できるような曲を作るよう努力しているよ。
こうした世界で絶望を感じたり、無力感を感じたりするのは普通のことだよ。
ガンダムの曲を作ることは、権威主義や社会的不公正の問題を現実に直接取り上げることに、間違いなく最も近いところにいる。ガンダムの反戦のメッセージは、今や多くの世代に影響を与えるほど長く続いているし、このアルバムで他の人たちにそれを紹介できたならうれしいね。

【BRETT】: アーティストには、何らかの形で現実を訴える義務があると思うんだよ。どんなフィクションを作ろうが、どんな解釈をしようが、結局はそうなる。直接的にせよ、そうでないにせよ、そこにどれだけ責任を持とうかということだと思う。
Lux と僕は2人とも政治的に直接的なプロジェクトに携わってきたけど、それは音楽、ひいてはどんな芸術にも、聴く人に感情的かつ実践的に世界を知らせる能力があると信じているからなんだ。
ビデオゲームから影響を受けていることをオープンにしているからあまり目立たないかもしれないけど、僕たちがしていることは、自分たちが有意義だと思うストーリーを解釈することなんだ。時には、それほど深い話ではなく、力強さや残虐さを描いていることもあるけれど、僕らのアルバムの根底にあるのは、想像を絶する恐怖に直面してもアイデンティティーの感覚を保つということで、それは偶然にもガンダムと見事に合致していると思う。

Q4: The opener “Jet Stream Attack” is truly a classic First Gundam scene, and the music projects the Black Triple Star attack wonderfully, doesn’t it?

【BRETT】: I’d love to take some credit and say this was thought out beforehand, but truth of the matter is that it was the first song I had written for the album and I had named it “Beam Saber Dismemberment” as a placeholder, because I was watching a particularly gruesome scene from Gundam Thunderbolt: December Sky. Lux was the one to pick that one for Jet Stream Attack. Unlike with “Let Us Pray,” our previous album, where everything was narratively outlined by Lux before I wrote music, the opposite was true here, and I just kept sending them material as I finished and they decided what went where. I knew a few topics we’d touch on, but this album was done kind of free-form from me writing music and Lux assigning themes and lyrics.

【LUX】: The first time I heard the song I knew it would be the best one to start the album. After thinking about what in Gundam could match the fast and relentless assault of its guitars and rhythm, my mind immediately went to the Jet Stream Attack. It is a perfect fit, I think. It is also just a great song title!

Q4: オープニングの “Jet Stream Attack” はまさにファースト・ガンダムの名シーンで、あなたたちの音楽に黒い三連星の攻撃が見事に投影されています。

【BRETT】: この曲は事前に考えていた曲だと言いたいところだけど、実はアルバムのために最初に作った曲で、”ガンダム・サンダーボルト: December Sky ” の特に陰惨なシーンを観ていたから、とりあえず “ビームサーベル四肢切断” と名付けていたんだ。
ジェット・ストリーム・アタックをこの曲を選んだのは Lux だった。前作の “Let Us Pray” では、僕が曲を書く前に彼がすべてを物語的にまとめていた。今回はその逆で、僕が完成させるごとに素材を送り続け、彼らがどこに何が入るかを決めていったんだ。僕が曲を書き、Lux がテーマや歌詞を割り振るという、ある意味フリーフォームなやり方だったな。

【LUX】: 初めてこの曲を聴いたとき、アルバムの冒頭を飾るのに最適な曲だと思った。ガンダムの中で、このギターとリズムの速くて容赦ない攻撃にマッチするものは何だろうと考えた結果、すぐにジェット・ストリーム・アタックが頭に浮かんだんだ。ぴったりだと思う。曲名も素晴らしいね!

Q5: Why did you use a fallen Zaku for the artwork?

【LUX】: The theme of the album is focused around the leaders and soldiers caught in the influence of authoritarianism and war, as well as the grim fates that their lives lead toward. Since all of the songs are about Universal Century stories, we felt the iconic Zaku, shown defeated and ruined, was the best visual representation of the overall concept we were presenting.

【BRETT】: The Zaku is really a legendary symbol of oppression and authoritarianism in fiction. The would-be footsoldier of the fascist forces, but also one that, by simply making it red, adds a lot to the nature of it. I could probably speak way too long about this, Lux even longer I’m sure, but suffice it to say having a ruined Zaku felt like the obvious choice.

Q5: 撃墜されたザクをアートワークに使ったのはなぜですか?

【LUX】: アルバムのテーマは、権威主義と戦争の影響に巻き込まれた指導者や兵士たち、そして彼らの人生が導く過酷な運命。すべての曲が宇宙世紀の物語をテーマにしているから、敗れて廃墟と化した象徴的なザクが、僕たちが提示する全体的なコンセプトを視覚的に表現するのに最適だと感じたんだよ。

【BRETT】: ザクは、フィクションにおける抑圧と権威主義の伝説的なシンボルだ。ファシストの歩兵となるべき存在であると同時に、単純に赤くすることで、その本質を大きく際立たせるものでもある。
このことについては、Lux はもっと長く語れるだろうが、まあ廃墟と化したザクを登場させるのが当然の選択だと感じたと言えば十分だろう。

Q6: This time around, I think basically everything from the artwork to the theme speaks in the realm of First Gundam. However, the Gundam series has a really vast history. Are there any other series you would like to draw, or any series, characters, or mobile suits that you particularly like?

【BRETT】: I’m overly fond of 08th MS Team, it was my introduction into Gundam in the mid-to-late 90s. The RX-79 and Gouf remain my two favorite lines of mobile suits to this day. I think a lot of my favorite characters end up being villains simply for how they’re written. Haman Karn is an eternal favorite, but on the “good” side of things (or perhaps not?) is Claudia Peer from Gundam Thunderbolt: December Sky/Bandit Flower. I’m actually only familiar with this arc via the films, so I’m very curious to see where her character goes.

【LUX】: The mobile suits designed by Izubuchi Yutaka are definitely my favorites, especially the Sazabi and Nightingale. I would like to do something about Char’s Counterattack in the future. I’m also a big fan of alternate universe series like Mobile Fighter G Gundam and the Build Fighters spin-offs. Brett and I both enjoy building gunpla kits, so I wonder how we could interpret that into metal music? That challenge intrigues me. When it comes to characters, I am also fond of the villains in Gundam. Char Aznable, Haman Karn, and Ramba Ral are clear favorites from First Gundam and its sequels. I also loved Lady Prospera in the recent Witch From Mercury.

Q6: 今回は、アートワークからテーマまで、基本的にすべてがファースト・ガンダムからZまでの領域で語られていると思います。
ただ、ガンダム・シリーズには本当に膨大な歴史がありますよね。他に描いてみたいシリーズや、特に好きなシリーズ、キャラクター、モビルスーツなどはありますか?

【BRETT】: 僕は第08MS小隊が大好きで、90年代半ばから後半にかけて、ガンダムに出会ったきっかけだったんだ。RX-79とグフは、今でも僕の好きなモビルスーツの2つだ。
僕の好きなキャラクターの多くは、単純に書かれ方によって悪役になってしまうと思う。ハマーン・カーンは永遠のお気に入りだけど、”善” の面では(もしかしたら違うかもしれないが)”ガンダム・サンダーボルト” のクローディア・ペールだ。実は彼女のストーリーは映画でしか知らないので、そこからキャラクターがどうなっていくのかとても興味があるんだ。

【LUX】: 特にサザビーとナイチンゲールがお気に入りだね。”逆襲のシャア” については、将来的に何かやってみたいね。”機動武闘伝Gガンダム” や “ビルドファイターズ” のようにスピンオフのような別世界のシリーズも大好物だ。Brett も僕もガンプラを作るのが好きだから、それをメタル音楽でどう解釈できるか?その挑戦には興味があるね。
キャラクターに関しては、ガンダムの悪役も好きだ。シャア・アズナブル、ハマーン・カーン、ランバ・ラルはファースト・ガンダムとその続編の中で明らかに好きなキャラクターだ。最近の “水星の魔女” のレディ・プロスペラも大好きだ。

Q7: The Gundam series is also known for its amazing soundtracks, what songs inspire you guys?

【LUX】: Zeta Gundam has the most beautiful and bombastic score in the entire series for me, but I am also a huge fan of the more recent music for Iron-Blooded Orphans and Witch From Mercury. “Raise Your Flag” by Man With A Mission is definitely an anthem that stays in my thoughts. I also love “Red:birthmark” by Aina The End.

【BRETT】: Lux beat me to it with Zeta Gundam, it’s really hard not to pick that one. I’d have to revisit a lot to see what I like the most, but Zeta always sticks out for me.

【LUX】: It’s also worth mentioning the great music from Gundam Wing. It’s the series that most people in the U.S. first experienced when it aired on television here, so it is iconic to the fans of our generation. That includes our friend Joshua Payne who played a guest guitar solo on “Victory is Mine.” He has been in a band for a long time called Epyon after the mobile suit from Gundam Wing.

Q7: ガンダム・シリーズはサウンド・トラックが素晴らしいことでも知られていますが、お二人はどんな曲にインスパイアされていますか?

【LUX】: “Ζガンダム” は全シリーズの中で最も美しく、大仰な音楽だけど、最近の “鉄血のオルフェンズ” や “水星の魔女” の音楽も大ファンだね。Man With A Mission の “Raise Your Flag” は間違いなく僕の心に残るアンセムだ。アイナ・ジ・エンドの “Red:birthmark” も大好きだね。

【BRETT】: “Zガンダム” は Lux に先を越されたよ。何が一番好きかは何度も見直してみないとわからないけど、Ζはいつも印象に残ってる。

【LUX】: “新機動戦士ガンダムW” の音楽の素晴らしさも特筆に値する。アメリカでテレビ放映されたとき、ほとんどの人が最初に体験したガンダム・シリーズなので、僕たちの世代のファンにとっては象徴的な作品なんだ。
その中には、”Victory is Mine” でゲスト・ギターソロを弾いた友人の Joshua Payne も含まれているよ。彼は長い間、ガンダム・ウイングのモビルスーツにちなんで EPYON というバンドを組んでいるよ。

Q8: Are there any other Japanese anime or games that you guys have been influenced by or have a strong affinity with death metal?

【BRETT】: Ghost in the Shell was monstrously influential on me, not just as an anime but as a piece of narrative and a study on character and identities. Shinkai Makoto’s films have been a must for me since The Place Promised In Our Early Days. As a cyberpunk fan I’m obliged to say Akira, but a lot of 80s and 90s anime really stood out to me. Macross (Robotech), Patlabor, Appleseed, anything mecha obviously as well. I had a very uncontrolled exposure to anime in the 90s through the Sci-fi Channel television network here in the U.S. on Saturdays, which kind of just seemed to show any old thing they could broadcast. I remember Black Magic M-66 from when I was a kid, and being wowed by the animation. I must mention Kon Satoshi as well, as I’m going to see a theatrical showing of Paprika tomorrow night. Love his films.

【LUX】: I was also attracted to mecha and science fiction anime as a child. Macross (via Robotech here in the U.S.) was one of my first exposures to anime, and captured my imagination because I was also really interested in military aircraft at the time. I have been a big fan of anything Kawamori Shoji is involved with ever since. I was able to see Macross Plus in theater here a few years ago and that was extremely nostalgic. Macross 7 is probably my favorite from that franchise. The music of Fire Bomber is great! I was also exposed to Galaxy Express 999 from an early age, so I love anything from Matsumoto Leiji. I have a tattoo dedicated to Captain Harlock. Like Brett, I am also a big fan of Shinkai Makoto and was introduced to his work by The Place Promised In Our Early Days and Voices From A Distant Star. It’s difficult not to mention anime like Akira, Ghost in the Shell, or the works of Kon Satoshi. All have been very popular here in the U.S. Anime that mix elements of fantasy or westerns with sci-fi are good too, like RahXephon, Escaflowne, Trigun, and Outlaw Star. When it comes to games, I think it is obvious Brett and I both love what Fromsoftware have been releasing over the last decade or so. The way they took influence from Miura Kentaro’s Berserk really created a dark and depressing atmosphere that was perfect for death metal. We also released an EP inspired by Final Fantasy IX, because we are big Final Fantasy fans. I think if there are any other games that would be perfect for death metal, we might consider classic survival horror series like Resident Evil (Biohazard) or Silent Hill.

Q8: ガンダムの他にあなたたちが影響を受けた、あるいはデスメタルと親和性の高い日本のアニメやゲームはありますか?

【BRETT】: “GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊” は、アニメとしてだけでなく、物語作品として、またキャラクターやアイデンティティに関する研究として、僕に多大な影響を与えたよ。新海誠監督の作品は”雲の向こう、約束の場所” 以来、僕にとって欠かせないものだね。サイバー・パンク・ファンとしては “AKIRA” を挙げざるを得ないけど、80年代から90年代にかけてのアニメは本当にたくさん素晴らしいものがある。マクロス(ロボテック)、パトレイバー、アップルシード、メカものなら何でもね。90年代のアニメは、アメリカのSFチャンネルで土曜日に放送されていたんだ。子供の頃に見た “ブラックマジック M-66″ を覚えていて、そのアニメーションに驚かされた。明日の夜、”パプリカ” の劇場上映を見に行くので、今敏のことも言及しておかなければならないね。彼の映画は大好きだよ。

【LUX】: 僕も子供の頃、メカやSFアニメに惹かれていたね。”マクロス”(アメリカでは “ロボテック”)は僕が初めてアニメに触れた作品のひとつで、当時は軍用機にもとても興味があったので、想像力をかきたてられたよ。それ以来、河森正治が関わる作品の大ファンだよ。数年前に “マクロスプラス” を劇場で見ることができ、とても懐かしかった。”マクロス7″ はシリーズの中で一番好きかもしれないな。ファイヤーボンバー (劇中のバンド) の音楽は最高だ!
幼い頃から “銀河鉄道999” にも触れていたので、松本零士の作品は何でも大好きだね。キャプテンハー・ロックに捧げたタトゥーも入れているんだ。Brett と同じように新海誠の大ファンで、彼の作品を知ったのは “雲の向こう、約束の場所” と “ほしのこえ” だった。”AKIRA” や “攻殻機動隊”、そして今敏の作品を挙げないわけにはいかないね。
ファンタジーや西部劇とSFの要素をミックスしたアニメもいい。”ラーゼフォン”、”天空のエスカフローネ”、”トライガン”、”星方武侠アウトロースター” などだ。
ゲームに関しては、Brett も僕も、フロム・ソフトウェア がここ10年ぐらいでリリースしてきたものが大好きなのは明らかだと思う。三浦建太郎の “ベルセルク” から影響を受けた方法論は、デスメタルにぴったりの暗くて鬱屈した雰囲気を作り出していた。僕たちはファイナル・ファンタジーの大ファンでもあれから、”ファイナル・ファンタジーIX” にインスパイアされたEPもリリースしているんだ。他にデスメタルにぴったりなゲームがあるとすれば、”バイオハザード” や “サイレント・ヒル” のような古典的なサバイバル・ホラーシリーズかな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SOULMASS’S LIFE!!

Iron Maiden “Brave New World”
Coheed and Cambria “The Second Stage Turbine Blade”
Florence + The Machine “How Big, How Blue, How Beautiful”
TWRP “Together Through Time”
Yes “Drama”

(Lux)

Iron Maiden “Brave New World”
Ayreon “Into the Electric Castle”
Opeth “Ghost Reveries”
Metallica “Master of Puppets”
Blind Guardian “Imaginations From the Other Side”

(Brett)

MESSAGE FOR JAPAN

Brett: Endless thanks for the support and recognition. It means a lot to us that our music has made its way all the way there from our humble swamp in Florida.

Lux: Thank you for listening and supporting our music. We are always excited to see new friends in different places that love the same things that we love. You are awesome!

BRETT:君たちのサポートと評価に限りない感謝を。僕らの音楽がフロリダの質素な沼地からはるばる日本まで届いていることは、僕らにとってとても意味のあることなんだ。

LUX: 僕らの音楽を聴いてくれて、応援してくれてありがとう。僕らと同じものを愛する、いろいろな場所にいる新しい友達に会えることにいつも興奮しているんだ。君たちは素晴らしい!

SOULMASS

SOULMASS Facebook

SOULMASS Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MADDER MORTEM : OLD EYES, NEW HEART】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AGNETE M. KIRKEVAAG OF MADDER MORTEM !!

“Globalisation Means a More Diverse Culture Generally, Which Also Goes For Metal. It’s Not Only a White Male 18-25 Scene Anymore, Which Suits Me Fine.”

DISC REVIEW “OLD EYES, NEW HEART”

「私たちはますます個人主義になり、自分の内面や感情に焦点を当てるようになっている。その良い面は、人々が自分の課題や悩みをより自由に共有できるようになったことだと思う。また、世界のグローバル化は多様な文化を促進し、それはメタルにも当てはまる。メタルシーンは18~25歳の白人男性だけのシーンではなくなっているの。私にとっては素敵なことだわ。みんな自分の経験を書く傾向があるからね」
ノルウェーのメタル・バンド、MADDER MORTEM とそのボーカル Agnete M. Kirkevaag のドキュメンタリーが話題を呼んでいます。彼女は、ステレオタイプなイメージに取り憑かれていたメタル世界で過食摂食障害と闘い、内なる悪魔と闘うために手術を受けることを決意します。新曲のレコーディング、ヨーロッパ・ツアー、オスロでの元メンバー全員によるライブなど、バンド結成20周年記念の年に撮影した本作は、そうしたバンドの日常を追いながら内なる悪魔、スカンジナビアの文化的規範、イメージに取り憑かれたメタル世界との齟齬と葛藤を巧みに描いていきます。
「私にとっては、ブラックメタルの音楽的アプローチの一部、特にダーティなサウンドと雰囲気が好きだった。でもね、シーンの半ファシズム的、人種差別的な側面は本当に好きではなかった。社会不安を抱えた18歳の男たちが自分たちのことを “エリート” だと言っていたのよ。バカらしく思えたわ。女性として、そのシーンには私が興味を持てるような部分はなかった。私が感じたところでは、自己主張の強い女性ミュージシャンが活躍できる場はほとんどなかったと思うわ」
“私たちは社会やメタル・エリートの中では負け犬かもしれない。でもね、負け犬は負け犬なりに吠えることができるのよ” はみ出し者にははみ出し者の意地がある。社会とも、メタルの伝統ともうまくやれなかった Agnete が、いかにして世界中のファンに届く感動的な音楽を生み出したのか。それはきっと、21世紀に花開いたメタルの多様性に対する寛容さ、そしてメタルに宿った “回復力” と密接に関係しているはずです。そう、もはやメタルは限られた “メタル・エリート” だけのものではないのですから。ドキュメンタリーのタイトルは “Howl of the Underdogs” “負け犬の遠吠え”。しかし、もはや彼女は負け犬ではありませんし、彼女の声は遠吠えでもありません。
「このアルバムは父に捧げられたものなんだよ。彼の思い出を称えるには、それが一番だと思った。彼はいつも私たちの活動を誇りに思ってくれていたし、このアルバムには彼のアートワークも入っているから、とてもしっくりきたの。でも、同じような喪失感を感じている人たちが、この音楽の中に慰めを見出すことができれば、それが最高の結果だと思う。だれかに理解されたと感じることが最高の慰めになることもある」
回復力といえば、喪失からの回復もメタルに与えられた光。MADDER MORTEM の中心人物 Agnete と BP 兄弟は多才な父を失い悲嘆に暮れましたが、その喪失感を最新作 “Old Eyes, New Heart” で埋めていきました。バンドのゴシック、ドゥーム、プログレッシブ、ポストメタル、アメリカーナとジャンルの垣根を取り払った “アート・メタル” は、あまりにも美しく、哀しく、そして優しい。そうして亡き父の描いた絵をアートワークに仰ぎながら、MADDER MORTEM は、同様に喪失感に溺れる人たちが、この音楽に慰めを、光を見出すことを祈るのです。
今回弊誌では、Agnete M. Kirkevaag にインタビューを行うことができました。「音楽は精神を高揚させ、慰める最も偉大なもののひとつであり、耐え難いことに耐えるための方法だと思う。そして願わくば、私たちの周りにある醜いものすべてに美を見出す方法でもあればいいわね」 どうぞ!!

MADDER MORTEM “OLD EYES, NEW HEART” : 9.9/10

INTERVIEW WITH AGNETE M. KIRKEVAAG

Q1: First, you guys have been a band since 1993. At that time, Norway was experiencing a big wave of black metal, what did you guys think about that movement? Were you approaching it? Or were you keeping your distance?

【AGNETE】: I mean, it was impossible to be into metal or playing metal in Norway then without being affected by the black metal wave in some way. People outside the metal scene would often assume we were satanists, especially in my little home town. Musically, it had a huge impact, especially on BP, I think. I guess we found out really quickly that the more theatrical side of that scene was not really our thing, maybe because we came more from a death metal background. But also because we came up in a small town, where if you wanted to play, you had to be willing to play all kinds of genres, and where there simply wasn’t enough musicians around to have separate scenes for different types of music.
For me, I loved some of the musical approaches of black metal, especially the dirty sound and the atmosphere, but I really didn’t like the semi-fascist or racist aspects of the scene, that’s contrary to everything I believe in. There was a lot of 18-year-old guys with social anxiety describing themselves as “elite”, which was just silly to me. And as a woman, that scene didn’t have any roles to offer that I was ever interested in – there was very little room for assertive female musicians, as I perceived it.

Q1: あなたたちは1993年からバンドを続けていますね。当時、ノルウェーではブラックメタルの大きな波が押し寄せていましたが、あなたたちはあのムーブメントをどう捉えていましたか?

【AGNETE】: そうね、当時のノルウェーでは、ブラックメタルの波に何らかの影響を受けずに、メタルにのめり込んだり、メタルを演奏したりすることは不可能だったのよ。だからメタル・シーン以外の人々は、特に私の小さな故郷では、私たちを悪魔崇拝者だと決めつけることが多かった。音楽的には、ブラックメタルは特にBPに大きな影響を与えたと思う。
ただ、デスメタルのバックグラウンドが強かったからかもしれないけど、あのシーンのシアトリカルな側面は、私たちにはあまり向いていないことがすぐにわかったんだ。でも、私たちが育ったのは小さな町で、そこで演奏しようと思ったら、あらゆるジャンルを演奏することを厭わないことが必要だった。音楽の種類ごとにシーンを分けるほどミュージシャンがいなかったからね。
私にとっては、ブラックメタルの音楽的アプローチの一部、特にダーティなサウンドと雰囲気が好きだった。でもね、シーンの半ファシズム的、人種差別的な側面は本当に好きではなかった。社会不安を抱えた18歳の男たちが自分たちのことを “エリート” だと言っていたのよ。バカらしく思えたわ。女性として、そのシーンには私が興味を持てるような部分はなかった。私が感じたところでは、自己主張の強い女性ミュージシャンが活躍できる場はほとんどなかったと思うわ。

Q2: Why did you change your band name from Mystery Tribe to Madder Mortem?

【AGNETE】: Simple answer: We found out another band was already using that name! I don’t know if they still exist, though.

Q2: バンド名を Mystery Tribe から Madder Mortem に変えたのはなぜですか?

【AGNETE】: 答えは簡単。他のバンドがすでにその名前を使っているのを知ったから!そのバンドがまだ存在しているかどうかは知らないけれどね。

Q3: Can you tell us about your documentary, “Howl of The Underdogs”? First of all, why did you decide to make that film?

【AGNETE】: We did a crowdfunding campaign for Marrow, and part of our stretch goal was that we wanted to make a short documentary about the band. We crossed paths with Randy M. Salo, a movie maker and a long-time Madder fan, and agreed on a plan. When Randy came up to Norway for the first week of filming, he thought there was much more of a story to be told than just the typical chronological run-through of albums and tours, and so a relatively small project became a huge one.

Q3: ドキュメンタリー “Howl of The Underdogs” “負け犬の遠吠え” について教えてください。まず、なぜこの映画を作ろうと思ったのですか?

【AGNETE】: “Marrow” のクラウドファンディング・キャンペーンで、バンドについての短編ドキュメンタリーを作りたいというのがゴールの一部だったんだ。私たちは、映画製作者で長年の Madder ファンであるランディ・M・サロと出会い、計画に合意した。
撮影の最初の週にランディがノルウェーに来てくれたとき、彼は、アルバムやツアーを時系列に並べるだけでなく、もっと多くのストーリーがあるべきだと考え、比較的小さなプロジェクトが大きなものになっていったのよ。

Q4: “Howl of the Underdogs” features eating disorders and gender stories as some of its themes. Recently, we have seen more and more metal bands dealing with such minority, hurtful and outcast themes that they have actually experienced theirself, right? Do you feel that the world has changed since you started?

【AGNETE】: Oh, indeed! I mean, I grew up before mobile phones and the Internet – those two developments have completely changed the way we interact and treat information. I think it should be compared to the invention of writing, the change is that profound.
But more specifically for music, I think it’s not only in metal you can see that change. We are becoming more and more individualistic, focussing on our inner selves and our feelings. A positive side of that is that I think people feel a lot more free to share their challenges and troubles. Also, globalisation means a more diverse culture generally, which also goes for metal. It’s not only a white male 18-25 scene anymore, which suits me fine. And with a more diverse scene I think it’s quite natural that we see more of topics like that. People tend to write their own experience, you know.
On the negative side, sometimes talking about it doesn’t do much good, you have to actually do something about it. And I think we’re losing sight of the importance of “for the good of others”, sometimes giving the needs of others priority instead of your own.

Q4: “負け犬の遠吠え “では、摂食障害やジェンダーの話がテーマの一部となっていますね。最近のメタル世界は、自分たちが実際に経験したような、マイノリティで、傷つき、はみ出し者であることを抱きしめるようなバンドが増えていますよね。
自分たちが音楽を始めた頃と比べて、世界は変わったと感じますか?

【AGNETE】: ああ、確かに!携帯電話やインターネットが普及する前に私は育ったんだけど、この2つの発展によって、交流の仕方や情報の扱い方が完全に変わってしまったよね。これは文字の発明と比べるべきものだと思う。そのぐらい深い変化だよ。
でも、もっと具体的に音楽に関して言えば、メタルにだけその変化が見られるわけではないと思う。私たちはますます個人主義になり、自分の内面や感情に焦点を当てるようになっている。その良い面は、人々が自分の課題や悩みをより自由に共有できるようになったことだと思う。また、世界のグローバル化は多様な文化を促進し、それはメタルにも当てはまる。メタルシーンは18~25歳の白人男性だけのシーンではなくなっているの。私にとっては素敵なことだわ。みんな自分の経験を書く傾向があるからね。
否定的な面もあるけれど、話しているだけではあまり意味がないこともある。そして、”for the good of others”(他人のために)の重要性を見失っているように思う。時には、自分のことよりも他人のニーズを優先させるべきときもあるの。

Q5: Still, “Old Eyes, New Heart” is a great album! It breaks down the barriers between gothic, doom, progressive, Post-metal, Americana and other genres, and is simply “art metal” with great emotion and perfection. In a way, is it possible to say that your music is characterized by being diverse and not bound by metal conventions?

【AGNETE】: Yes, I think so. It’s very hard to find any kind of genre label that really fits us, I think it’s music you need to hear, really. But the reason is just that we don’t have any specific boundaries, we just write what we feel like and try to develop the ideas we have in the direction they seem to want to go – and that leads us a lot of different places.

Q5: “Old Eyes, New Heart” は素晴らしいアルバムですね!ゴシック、ドゥーム、プログレッシブ、ポストメタル、アメリカーナなどジャンルの垣根を取り払い、シンプルに “アート・メタル” としての情感と完成度を高めています。
ある意味、あなたの音楽の特徴は、メタルの慣習にとらわれず、多様であることだと言えますか?

【AGNETE】: そうね。私たちに本当に合うジャンルのラベルのようなものを見つけるのはとても難しいの。本当に、まず聴いてほしい音楽だと思う。でもその理由は、私たちに特定の境界線がないからなんだよ。私たちはただ、自分たちが好きだと思うものを書くし、自分たちが持っているアイデアを、それが行きたいと思う方向に発展させようとするだけなの。

Q6: I understand that Agnete and BP’s father passed away during the making of the album…there is a lot of sadness and a hint of hope in this record. Is it dedicated to the many people around the world who are hurting from loss?

【AGNETE】: Actually, the album is dedicated to dad – it felt like the best way to honour his memory. He was always so proud of what we did, and this album also has his artwork on it, so it felt very right. But if others who are feeling the same kind of loss can find some comfort in the music, that is the best possible outcome. Sometimes feeling understood is the best comfort you can find.

Q6: アルバム制作中にあなたとBPの父親が亡くなったそうですが、このアルバムにはたくさんの悲しみとほのかな希望が込められています。
このアルバムは、喪失感で傷ついている世界中の多くの人々に捧げられているのでしょうか?

【AGNETE】: 実は、このアルバムは父に捧げられたものなんだよ。彼の思い出を称えるには、それが一番だと思った。彼はいつも私たちの活動を誇りに思ってくれていたし、このアルバムには彼のアートワークも入っているから、とてもしっくりきたの。
でも、同じような喪失感を感じている人たちが、この音楽の中に慰めを見出すことができれば、それが最高の結果だと思う。だれかに理解されたと感じることが最高の慰めになることもある。

Q7: This beautiful painting left by your father became the artwork, right? Is there any connection between the album title “Old Eyes, New Heart” and this painting?

【AGNETE】: We asked dad if he wanted to paint something for the cover. He jumped right into it, and painted a whole series of paintings, based on the album title and the demo recordings he had heard. And then we chose the two that ended up on the cover (front and back side). We’re also using some symbols from a few of the other painting he made in our new stage design and on t-shirts.
In some way, too, that title is actually a good description of what our father was like. He lived such an interesting life, had so many different careers and so much experience, but he always kept his heart young, and was still curious about the world and interested in learning new things, all the way up until he passed.

Q7: お父様が遺されたこの美しい絵がアートワークになりましたね。アルバム・タイトルの “Old Eyes, New Heart” とこの絵には何か関係があるのでしょうか?

【AGNETE】: ジャケットのために何か描いてほしいと父に頼んだんだ。彼はすぐその話に飛びつき、アルバム・タイトルと彼が聴いたデモ音源をもとに、一連の絵を描いたのよ。そして、最終的にジャケットになった2枚(表と裏)を選んだんだ。彼が描いた他の絵のシンボルも、新しいステージのデザインやTシャツに使っているんだ。
ある意味、このタイトルは私たちの父がどんな人だったかをよく表しているとも言える。彼はとても興味深い人生を送り、様々なキャリアを持ち、多くの経験を積んだのだけど、亡くなるまで常に心を若く保ち、世界に対して好奇心を持ち、新しいことを学ぶことに興味を持っていたよ。

Q8: As we enter the 2020s, the world seems to be getting darker, with wars, pandemics, and divisions. In such a world, can your music and metal be a safe haven for the weak, the outcast, and the oppressed?

【AGNETE】: I don’t know that there are any safe havens to be found anymore – dark clouds seem to be gathering at an increasing rate all over the world. And that is me speaking from one of the richest and safest countries in the world, and I realise how privileged we are to live here. But I think music is one of the greatest spirit lifters and comforters there is, a way to endure the un-endurable, perhaps. And hopefully also a way to find some beauty in all the ugliness we can see around us.

Q8: 2020年代に入り、戦争、パンデミック、分断など、世界はどんどん暗くなっているように思えます。
そのような世界で、あなた方の音楽やメタルは、傷つき、社会からはみ出した人、虐げられた者の安住の地となり得るでしょうか?

【AGNETE】: この世界に安全な天国なんてあるのかと思うわ。とにかく、世界中に暗雲がますます立ち込めているよう。世界で最も豊かで安全な国のひとつであるこの国で、私たちがいかに恵まれた生活を送っているかを実感しているわ。
しかし、音楽は精神を高揚させ、慰める最も偉大なもののひとつであり、耐え難いことに耐えるための方法だと思う。そして願わくば、私たちの周りにある醜いものすべてに美を見出す方法でもあればいいわね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED AGNETE’S LIFE!!

Faith No More “Angel Dust”

Neurosis “Times of Grace”

Arvo Pärt “Alina / Spiegel Im Spiegel”

Soundgarden “Superunknown”

Madder Mortem “Mercury”

No other albums have changed my life as much as that one did, it set the course for what I’m still doing, almost 30 years later.

MESSAGE FOR JAPAN

I don’t know nearly enough about the Japanese music scene, I’m ashamed to say! I’ve picked up the occasional comic, and played some video games, I suspect, but my strongest connection to Japan is the food culture. I absolutely love Japanese food, and dream of one day travelling to taste it in its rightful setting. A friend of mine from my kickboxing class is actually studying Japanese right now, and as a language teacher and translator, I’m really fascinated by what she’s telling me about the language system. I’d love to learn more about that if I ever have the possibility.
But most of all: We’d love to come play in Japan! So please tell your local promoters and festivals about us?

日本の音楽シーンについては、恥ずかしながらほとんど知らないの!漫画は時々手に取るし、ビデオゲームもいくつかプレイしたことがあるかな。でも、日本とのつながりで一番強いのは食文化かな。日本食は本当に大好きで、いつか旅をして、日本食を味わうことを夢見ているの。
キックボクシングのクラスで一緒だった友達が今、日本語を勉強しているんだけど、語学教師兼翻訳者として、彼女が言語システムについて話してくれることにとても惹かれているんだ。もし機会があれば、もっと勉強してみたい。
でも、何よりも…日本で演奏したい!だから、地元のプロモーターやフェスティバルにぜひ私たちのことを伝えてほしいな!

AGNETE M. KIRKEVAAG

MADDER MORTEM Facebook

MADDER MORTEM Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NOSPUN : OPUS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NOSPUN !!

“The Truth Is That We Write Prog Music Because It’s What We Love. Basically We Are Writing Songs That We Want To Hear.”

DISC REVIEW “OPUS”

「10代の頃に DREAM THEATER を聴きはじめたんだけど、彼らの音楽はプログレッシブ・ミュージックを作り始めるという僕たちの決断に間違いなく影響を与えたんだ。だからこそ、自分たちの楽器を使いこなすために本当に時間をかけなければ、彼らのような音楽は作れないと思っていた。何時間も、何時間も練習して、今に至るんだよ!」
SNSやストリーミングの伸長でインスタントになった音楽世界。さらにAIまでもが音楽を生み出し始め、すべてが “ワン・クリック、ワン・セカンド” を要求される現代の音楽世界において、プログレッシブ・ミュージックは、主流とは真逆の異端です。長時間の練習、長い産みの苦しみを経ることでしか誕生し得ない、複雑で知的な音楽は今や風前の灯なのかもしれません。
「僕たちがプログを書くのは、自分たちが好きだからという部分が大きいね。だから基本的には、自分たちが聴きたい音楽を書いているんだ。そして、このスタイルが好きな人が他にもいることを期待して、想定して、その曲を世に送り出す。例え誰にも聴いてもらえなくても、僕たちはプログをやるだろう。だからこそ、それを楽しんでくれる人がいるというのは、本当にうれしいことなんだ!」
しかし、だからこそ、現代でプログレッシブ・ミュージックを綴る音楽家には本物の情熱、本物の才能が存在します。苦労のわりにまったくあわない報酬や名声。その差額を埋めるのは “好き” という気持ちしかありません。アメリカに登場した NOSPUN は、自分の愛する音楽を徹底的に突き詰めながら、プログの延命措置に十分すぎる電気ショックをお見舞いしました。
「予想外のことをやってみようというバンドとしての意欲。メタル・バンドが曲の途中にポルカ・セクションを入れるのは普通じゃないけど、僕らにとってしっくりくるなら、やってみたいんだよね。”Earwyrm” のスキャット・セクションは、実はスタジオでふざけていて、そのまま使おうと決めただけなんだ」
明らかに、NOSPUN の音楽は DREAM THEATER と SYMPHONY X、つまりプログ・メタル二大巨頭の遺伝子を平等に受け継いでいます。例えば、”Change of Seasons” で唸りを上げる Russell Allen のような “夢の共闘”。それを体験できる機会は、実はこれまでほとんどなかったと言えます。なぜなら、多くの後続たちは巨頭のどちらかに寄っていたから。その点、NOSPUN の旋律と重さ、テクニックとカタルシス、伝統とモダンのバランスは実に優れていて、HAKEN のやり方とつながる部分も見え隠れします。
一方で、NOSPUN はシリアスなムードが支配するプログ世界に笑顔をもたらし、その意外性をトレードマークとしていきます。突然のポルカ、突然のディスコ、突然のスキャット。彼らの目指す “予想外” は、クリシェと化したプログ・メタルの定型に風穴を開け、リスナーに新鮮な驚きを届けます。そう、彼らはそもそも、スプーンをないものだと思いたいのです。
用意された物語も、この “Opus” に相応しいもの。”若い作曲家が両親や他の入居者たちと下宿している。傑作を作曲するという破滅的な強迫観念が、彼と世界や周囲の人々とのつながりを断ち切ってしまう。ある日下宿人が殺されているのが発見される。徐々に他の入居者も姿を消し始め、ついには彼はこの家にひとり閉じ込められる。彼を取り巻く宇宙は崩壊し、残されたのは彼と彼の傑作、そして家だけとなる。そのすべてがひとつの球体の中に閉じ込められ、孤立した空っぽの宇宙となる。そして彼の前に見覚えのある目が現れ、犠牲を払わなければならなくなる” 彼らの “傑作” は世界に評価されるのでしょうか?それとも、小さな球体に閉じ込められたままなのでしょうか?
今回弊誌では、NOSPUN にインタビューを行うことができました。「映画 “マトリックス” の中で僕らが好きなシーンのひとつに、ネオが予言者のもとを訪れるシーンがある。そこには小さな修道僧の子供がいて、心でスプーンを曲げているんだ。ネオがスプーンを曲げようとすると、その子供が “スプーンを曲げようとするのではなく、スプーンなど存在しないという真実を悟るんだ” という意味のことを言うんだよ。そこで僕たちは、その “No Spoon” の部分をユニークな綴りにして、ネット上で簡単に見つけられるようにしたんだ」 どうぞ!!

NOSPUN “OPUS” : 10/10

INTERVIEW WITH NOSPUN

Q1: First of all, what kind of music were you listening to, when you were growing up?

【NOSPUN】: We each came from unique musical backgrounds. Paul and James listened to a lot of classic rock, while Cole was more influenced by 80’s pop acts. But we all came together when we developed a love for Prog Metal in our teens.

Q1: 本誌初登場です!まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【NOSPUN】: 僕たちはそれぞれユニークな音楽的背景を持って育ったね。Paul と James はクラシック・ロックをよく聴いていたし、Cole は80年代のポップ・アクトに影響を受けていた。でも、10代でプログ・メタルが好きになったとき、僕ら全員がひとつになったんだ。

Q2: What’s the meaning behind your band name Nospun?

【NOSPUN】: One of our favorite scenes from The Matrix is the scene when Neo visits the Oracle, and there’s a little monk kid that is bending a spoon with his mind. When Neo tries to bend the spoon, the kid says something like “Don’t try to bend the spoon, instead try realizing the truth, that there is no spoon.” So we took the “No Spoon” part of that and spelled it in a unique way so that it could be easily found online.

Q2: バンド名 “Nospun” にはどんな意味が込められているのですか?

【NOSPUN】: 映画 “マトリックス” の中で僕らが好きなシーンのひとつに、ネオが予言者のもとを訪れるシーンがある。そこには小さな修道僧の子供がいて、心でスプーンを曲げているんだ。ネオがスプーンを曲げようとすると、その子供が “スプーンを曲げようとするのではなく、スプーンなど存在しないという真実を悟るんだ” という意味のことを言うんだよ。そこで僕たちは、その “No Spoon” の部分をユニークな綴りにして、ネット上で簡単に見つけられるようにしたんだ。

Q3: You guys have really great technique! What made you start to play your instrument? Who was your musical hero?

【NOSPUN】: We’ve each been inspired by a variety of different musicians, but probably the most influential band common to all four of us is Dream Theater. We listened to them in our teens and their music definitely influenced our decision to start making progressive music. And we knew we couldn’t make that kind of music without really putting in the time to gain proficiency with our instruments. Many many hours of practice later, here we are!

Q3: それにしても、あなたたちのテクニックは本当に素晴らしいですね!楽器を始めたきっかけや、当時のヒーローを教えていただけますか?

【NOSPUN】: 僕たちはそれぞれ、様々なミュージシャンから影響を受けてきたけど、おそらく4人に共通して最も影響を受けたバンドは DREAM THEATER だと思う。
僕たちは10代の頃に彼らを聴きはじめたんだけど、彼らの音楽はプログレッシブ・ミュージックを作り始めるという僕たちの決断に間違いなく影響を与えたんだ。だからこそ、自分たちの楽器を使いこなすために本当に時間をかけなければ、彼らのような音楽は作れないと思っていた。何時間も、何時間も練習して、今に至るんだよ!

Q4: “Opus” is a really great album! It is clearly outstanding among recent prog-metal releases. The heroes of prog-metal are Dream Theater and Symphony X. There are bands that have inherited the best aspects of one or the other, but you guys seem to have inherited the best of both. Would you agree?

【NOSPUN】: We’re flattered by the comparison! We have had appreciation for their respective songwriting styles for a long time, so we have no objection to the idea that our style is reminiscent of theirs.

Q4: “Opus” は本当に素晴らしいアルバムですね!最近リリースされたプログ・メタルの中では、明らかに傑出していますよ。プログ・メタルの二大ヒーローといえば、DREAM THEATER と SYMPHONY X ですが、どちらか片方の良い面を受け継いでいるバンドならありますが、あなた方は両方の良い面を受け継いでいるように思えます。

【NOSPUN】: 比較されて光栄だよ!僕たちは長い間、両バンドそれぞれのソングライティング・スタイルを高く評価してきたから、僕たちのスタイルが彼らを彷彿とさせるという意見に異論はないよ。

Q5: But, of course, that’s not all. The album also incorporates modern prog-metal influences such as Haken, Between the Buried and Me, Periphery, and Djent, as well as some Queen-esque chorus and scat changes. Is such musical diversity a result of the individuality of each member?

【NOSPUN】: That diversity definitely comes from each member’s individuality, but also just our willingness to try something unexpected. It’s not the norm for a metal band to throw a polka section in the middle of a song, but if it feels right to us we’re going to do it. The scat section in “Earwyrm” was actually just us goofing off in the studio and deciding to keep it. The same is true for the off-kilter guitar solo in the second half of “Within the Realm of Possibility”, James was just trying to be funny with guitar sounds and it wound up on the record.

Q5: ただし、もちろんそれだけではありません。このアルバムには、HAKEN, BETWEEN THE BURIED AND ME, PERIPHERY といったモダン・プログメタルや Djent からの影響も取り入れられていますし、QUEEN 風のコーラスやスキャットの変化球もありますね。このような音楽的多様性は、各メンバーの個性によるものなのでしょうか?

【NOSPUN】: その多様性は、間違いなく各メンバーの個性によるものだけど、それだけでなく、予想外のことをやってみようというバンドとしての意欲によるものでもあるんだ。メタル・バンドが曲の途中にポルカ・セクションを入れるのは普通じゃないけど、僕らにとってしっくりくるなら、やってみたいんだよね。
“Earwyrm” のスキャット・セクションは、実はスタジオでふざけていて、そのまま使おうと決めただけなんだ。”Within the Realm of Possibility” の後半にある変則的なギター・ソロも同じで、James はただギターの音で笑いを取ろうとしていて、それがレコードに収録されたんだよ。

Q6: I think “Opus” is a concept work with a story, but when you look at the title and artwork, it seems like it’s a metaphor for the history and future of humanity as a story about a family, How about that?

【NOSPUN】: What is funny to us is how the album was written to be a story first, but over time many different metaphors and allegories in the story became apparent to us. Themes of obsession and failure are more obvious, but also the melancholy of having to pass on your work to someone else, having your passion for your art becoming something more mechanical than self-expressive… These are just a couple that we thought about some time after writing the record. Listeners seem to be finding their own personal meanings in it too, and we encourage that.

Q6: “Opus” はタイトルやアートワークを見ると、家族の物語の中で人類の歴史と未来を暗喩しているように思えます。

【NOSPUN】: 僕たちにとって面白いのは、このアルバムはまず一つの物語として書かれたのだけど、時間が経つにつれて、物語の中のさまざまな隠喩や寓意が明らかになってきたことなんだ。
強迫観念や挫折というテーマはより明白だけど、自分の作品を誰かに譲らなければならない憂鬱、自分の芸術への情熱が自己表現よりも機械的なものになってしまうこと……これらは、レコードを書いた後しばらくしてから考えたことだった。リスナーもこのアルバムに自分自身の個人的な意味を見出しているようだし、僕たちもそれを後押ししているよ。

Q7: Speaking of prog and metal, the world of fantasy is the main focus, and many people use it as a place to escape from the harsh reality of the real world. Japan is a mecca for fantasy such as games and anime, are you interested in Japanese culture?

【NOSPUN】: Definitely! A couple of us do regularly consume parts of Japanese culture, or at least what of it is available to us here in the United States. Cole and Phil particularly really enjoy anime and manga, like Attack on Titan, Boku No Hero Academia, Dragonball Z, and One Piece. And we all love Japanese cuisine! One day we hope to make it over there so we can get a taste of the real thing.

Q7: プログやメタルといえば、ファンタジーの世界が中心で、多くの人が現実世界の厳しい現実から逃避する場所としてここを第二の家としています。日本はゲームやアニメなどファンタジーのメッカですが、日本の文化に興味はありますか?

【NOSPUN】: 間違いなくね!僕たちのうちの何人かは、日本文化の一部を定期的に消費しているんだ。少なくとも、ここアメリカで手に入るものをね。Cole と Phil は特にアニメや漫画が好きで、”進撃の巨人”、”僕のヒーローアカデミア”、”ドラゴンボールZ”、”ONE PIECE” などを愛している。日本料理も大好きだ!いつか本場の味を堪能するために、日本へ行きたいと思っているよ。

Q8: Many of the prog giants are old and have passed away. Meanwhile, the world is dominated by the instant culture of social networking and clippings, and few young people will bother to take the time and trouble to pursue a epic and complex prog. So, What was it that drove you guys to the prog in such a situation?

【NOSPUN】: The truth is that we write prog music because it’s what we love; basically we are writing songs that we want to hear. We then release that music to the public in case there are others who like this style, but even if no one else liked the music we would still write it. So really it’s just icing on the cake that there are some people who seem to enjoy it!

Q8: プログの巨人の多くは高齢となり、この世を去った人も少なくはありません。一方、世の中はSNSや切り抜きなどのインスタント文化に支配され、わざわざ時間と手間をかけて壮大で複雑なプログレを追求する若者はほとんどいないのが現状です。そんな逆風の中で、あなたたちをプログに駆り立てたものは何ですか?

【NOSPUN】: 実は、僕たちがプログを書くのは、自分たちが好きだからという部分が大きいね。だから基本的には、自分たちが聴きたい音楽を書いているんだ。そして、このスタイルが好きな人が他にもいることを期待して、想定して、その曲を世に送り出す。例え誰にも聴いてもらえなくても、僕たちはプログをやるだろう。だからこそ、それを楽しんでくれる人がいるというのは、本当にうれしいことなんだ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NOSPUN’S LIFE!!

DREAM THEATER “Octavarium”

PERIPHERY “Periphery II: This Time It’s Personal”

HAKEN “Affinity”

ANIMALS AS LEADERS “The Joy of Motion”

MESHUGGAH “Koloss”

Four of those came out during the 2010’s, so it must have been a good decade for prog metal!

このうち4枚は2010年代にリリースされている。プログ・メタルにとって10年代は良い10年だったに違いない!

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you Japan for your support and for listening to Opus! We look forward to performing there one day so we can share our music with you more directly!

日本のみんな!”Opus” を聴いてサポートしてくれてありがとう!いつか日本にいって、直接君たちのためにプレイすることを楽しみにしているね!

NOSPUN Facebook

NOSPUN Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

COVER STORY 【NECROPHAGIST : ONSET OF PUTREFACTION / EPITAPH 25TH, 20TH ANNIVERSARY】


COVER STORY : “ONSET OF PUTREFACTION” / “EPITAPH” 25TH, 20TH ANNIVERSARY

“I Don’t Think Every Death Metal Maniac Should Buy My Album, But Anyone Who Is Tired Of All These Average Shit, Where One Band Sounds Like The Other.”

NECROPHAGIST

「”ネクロ “を名前に持つバンドは多すぎる。でも、1988年当時、”ネクロ” を含む名前を選んだバンドはほとんどなかった。今となっては、そんなことをするバンドはクソつまらないし、バカげてる。
僕らの名前が “Necrophagist” だからといって、世間からつまらないと思われるのは良くない。”Necropha-gist” は、音楽にのみ優先順位を設定し、それを改善し、独自の新しいスタイルのデスメタルを開発するためのバンド。だから僕のせいにしないで、ネクロを使っているデスメタル・バンドの “新時代” のせいにしたいね。君たち、想像力は一体どこにあるんだ?」
今からちょうど四半世紀前。Muhammed Suiçmez は、ギターとマイクとコンピューターを持ってスタジオに閉じこもり、史上最もユニークで影響力のあるメタル作品のひとつを録音しました。今にして思えば、 “Onset of Putrefaction” が1999年という前世紀に発表されたことが信じられません。音楽的なスタイルもプロダクションも、明らかに未来。案の定、この作品は、来るべき現代のテクデス・ワールドほとんどすべての規範となったのです。

「リハーサル・ルームで録音したんだけど、プロフェッショナルなサウンドに仕上がったよ。レコーディングに使った機材もプロ仕様。ミックスも最終的に、その道のプロと一緒にやったんだ。だから、リハーサル室で作ったとは思えない仕上がりになっている。そう、とても大変だったんだ。時間も神経も使ったけど、それだけの価値はあったよ」
2000年代に入る前、SUFFOCATION のようなデスメタル・バンドは、ハイゲインの氾濫とカオティックなエネルギー、そしてブルータルな重量が本質的ににじみ出る音楽を生み出していました。ただし、彼らのデスメタルはテクニカルな複雑さとは裏腹に、オーガニックな人間味が多く残されていたのです。NECROPHAGIST は、テクデスを次のステップに進め、より臨床的で冷たく、マシナリーで極めて正確なスタイルを打ち立てました。
「多くの人はデスメタルにおけるドラム・マシーンを好まないが、ドラム・ラインをプログラムするのに3週間、毎日12時間かかった。その結果、このCDはほとんど自然なサウンドになったんだよ」

それまでもテクデスは、もちろんある種の几帳面さを好む傾向がありましたが、”Onset of Putrefaction” は、強迫的な細菌恐怖症と例えられるほどに、無菌状態の完璧主義が貫かれています。プログラムされたドラムは、ロボットのような正確さと非人間的な冷たさを加え、偽物のように聞こえる以上にデスメタルのエッジとAIの無慈悲を獲得するのに役立っています。一方で、テクデスの命ともいえるリフは、当時の常識以上に可動性が高く、慌ただしく、細部まで作り込まれていました。さらにそれらはすべて、ディミニッシュ・アルペジオ、ホールトーン・スケール、クロマティック・ムードといった異端を最大限に活用して、流動的かつリズミカルな魅惑的な”音楽” に加工する魔法に覆われています。
そんな高度に機械化された無菌室は、デスメタル本来の穢れを祓い、過度に衛生化されるという懸念を、次から次へと収録される楽曲の超越したクオリティで薙ぎ払っていきます。一方で、ステレオタイプな低いうなり声のボーカルは、単に楽曲の意味を伝えるものとなり、リズム楽器の一つとして有効に機能しています。
「歌詞のほとんどは昔の CARCASS のようにゴアなテーマを扱っているけど、もっとセンスのあるものもある。これらはより新しいものだ。新しい歌詞はもっと哲学的なものになると思う」

NECROPHAGIST(ギリシャ語で「死者を喰らう者」の意)は、トルコ系ドイツ人のギタリスト/ボーカリスト Muhammed Suiçmez が結成し、フロントを務め、彼がすべてを決定するワンマン・バンドでした。
彼らのデビュー・アルバム “Onset of Putrefaction” は、Hannes Grossmann が制作したドラム・サンプルを使った新版が作られています。
「僕はドイツで生まれたので、1975年からここに住んでいる。ドイツの社会は奇妙で退屈だ。大学を卒業したら、この国を離れると思う。母国にはあまり行ったことがないし、トルコとの関係が希薄なんだ。
偏見を感じることはある。人々は異なる文化を恐れ、偏見を持ち、奇妙な振る舞いをする。とはいえ、僕はここで何人かのドイツ人と友好関係を築いた。彼らとの間には常に距離があるけれどね。私の親友は非ドイツ人であることを明言しなければならないよ。ドイツ人は、僕を自分自身や友人とは異なるものとして理解しているのだ」

そうしたある種の “孤高” と “孤独” の中でも、Muhammed は2010年の解散までに Christian Münzner, Hannes Grossmann, Marco Minnemann, Sami Raatikainen といったドイツの才能を次々と発掘し、彼らが OBSCURA のような次世代の旗手となっていったのはご承知の通り。そうした人を活かすアルバムとして発表された2004年の “Epitaph” は、その完璧な仕上がりとは裏腹に、文字通りバンドの墓標となってしまっています。アルバムでは、Muhammed自身も、7弦と27フレットを備えた新しいカスタムショップのIbanez Xiphosギターで攻めていました。唯一無二であることにこだわるが故の、消滅。
「昔から他のバンドをコピーするバンドはいたし、オリジナルなバンドもいた。その点では何も変わっていないが、レーベルが生き残るために利益を上げる必要がある限り、彼らは手に入るものは何でもリリースするだろう。少なくとも一部のレーベルはそうだ。特にアンダーグラウンドの小さなレーベルは、今でも利益を最も必要としている。それがビジネスであり、ある程度は理解できるが、これでは音楽の発展はない。
NECROPHAGIST は主に自分自身のためにやっているが、もちろん、人々が我々の音楽に影響を受けていると聞くのは光栄なことだ。
音楽的には、確かに僕らのルーツはデスメタルの最初の時代にある。それを除けば、僕たちはどんな音楽にもオープンだし、みんなかなり多様な音楽を聴いている。自分のことしか言えないけど、マルムスティーンのソロ・スタイルはかなり影響を受けていると思う。あとは、パワーメタルは影響を受けているが、それはある程度までだ。SONATA ARCTICA 以外によく聴くパワー・メタル・バンドは思いつかない。とにかくさまざまな角度から影響を受けてもいるよ。重要なのは、自分たちの音楽がどう聞こえるかだ」

“Onset of Putrefaction” から25年。”Epitaph” から20年。年月を経た2枚のアルバムは、今やテクデスの聖典として、様々な後続に崇め奉られています。
「まあ、すべてのデスメタル・マニアが僕のアルバムを買うべきだとは思わないけど、他のバンドと同じように聴こえるような、平均的なクソにうんざりしている人なら誰でも買うべきだよ。申し訳ないけど、バンドはギターやドラムスティックを持てるようになったら、すぐにCDをレコーディングするべきではないと思うんだ。だから、NECROPHAGIST が10年前から存在し、音楽が年々向上していることを知っておいてほしい。新しい、あるいは違ったスタイルの音楽を聴いてもらいたいんだ。”Onset” が他のバンドに似ていると言っている人は、みんなよく聴いていない。だから、この音楽は間違いなくデスメタル・マニアのために作られたものだけど、ブラストビートやダウンチューニングのギターだけがここにあるわけじゃないんだ」

デスメタル・アルバムにおいて、ラジオ・ソングのように、すべての曲が他の曲とまったく違うと自信を持って断言できることがどれほどあるでしょう?NECROPHAGIST は魔法の公式を見つけたと思い込んで、それを繰り返し、同じようなサウンドの濫用になるようなバンドではありませんでした。すべての異なるトラックを全く異なる雰囲気で収録し、そのどれもが地獄のようにキャッチーであるという最も野心的な目標を達成してきました。つまり、彼らが残した2枚の聖典はジャンルを超越し、デスメタルの専門家でない人にとっても潜在的な興味対象であるという特殊性を持つ、史上数少ない真に偉大なアルバムとなったのです。
「ハードドライブのどこかに新しいアルバムは録音してある。でも今はもうバンドをやる気はないんだよな」
これが2019年、Muhammedからの最後の便り。今はエンジニアの資格をとって BMW でエンジニアとして働いているとも噂されていますが、このアニバーサリーの年に何か動きはあるでしょうか…


参考文献: MASTERFUL MAGAZINE : NECROPHAGIST

NIHILISTIC HOLOCAUST: NECROPHAGIST

ZWAREMETALEN Interview

COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【BERRIED ALIVE : BERRIED TREASURE】


COVER STORY : BERRIED ALIVE “BERRIED TRASURE”

“Balenciaga Or Moschino Are Great Examples In Fashion For Being Incredibly Technical Clothing That Doesn’t Take Itself Too Seriously. That’s Really What We Want The Most In Music, To Connect With People.”

BERRIED TREASURE

「Charles Caswell というギタリストがいる。彼は奥さんと BERRIED ALIVE というデュオをやっている。彼は、私が今まで聴いた中で最もクレイジーなギターを弾いている。彼のプレイスタイルは、私がこれまで聴いた中で最も速いプレイヤーなんだ」
ギターレジェンド Joe Satriani がこれほど興奮して紹介するギタリスト。その人物が凡庸なはずはありません。そして当然、世界中が注目します。そのギタリストとは、BERRIED ALIVE というデュオでの活動で知られる Charles Caswell です。
BERRIED ALIVE は、Charles と妻の Kaylie Caswell によるデュオ。彼らのジャンルを説明するのは少し難しいかもしれません。一応、彼らのウェブサイトには、”トラップ、ハードロック、メタル、ヒップホップ、アバンギャルドの要素を取り入れたEDMポップ” のようなものだと書かれています。
Satriani は興味深い比較をしながら、こう付け加えました。
「BERRIED ALIVE の音楽は、Tosin Abasi とかと同じくらい複雑だ。しかし、彼が何を選択し、どのように作曲するのか…それは他の誰とも違っている。人生は挑戦だ。そうして若いギタリストたちは、今この現代を生きることがどういうことなのか、私たちに教えてくれているんだ。美しいことだよ。インスタグラムを見に行って、スマホの前で誰かが僕が弾けないものを弾いているのを見るたびに、”やったー!” って思うんだ。誰かがギターを前に進めているんだからね!」
Satriani の賛辞に、Charles も応えます。
「Joe Satriani は偉大なレジェンドだ。僕が初めてギターを手にして “Surfing With The Alien” を弾いて以来、多大なインスピレーションを受けてきた人物からこんな優しい言葉をかけてもらえるなんて、信じられないほどうれしくて勇気づけられるよ!」

BERRIED ALIVE の芸術的な活動は、2012年に “音楽ベンチャー” という冒険的な形態で始まりました。それ以来、2人はレコードやシングルを精力的にリリースしています。現在までに、BERRIED ALIVE のカタログは、7枚のスタジオ・アルバムと30枚以上のシングルにまで及んでいるのです。その音楽はたしかに、トラップ、ハードロック、メタル、ヒップホップ、アヴァンギャルドの要素を取り入れたEDMポップという表現がぴったりなのかもしれません。バンドの大胆不敵で感染力のある楽曲、まばゆいばかりの音楽性、そしてシアトリカルなセンスは、YouTubeの総再生回数950万回、Spotifyのリスナー数12万人以上という数字に直結し、多くのリスナーを魅了しています。そして、Satriani のみならず、RAGE AGAINST THE MACHINE の Tom Morello, AVENGED SEVENFOLD の Synyster Gates, MOTLEY CRUE の Tommy Lee といったアイコンたちからの喝采までも集めているのです。
「僕たちは普段、いつもギターを弾いているわけでもなく、ただ好きな音を見つけているだけなんだ。ギターで音を模倣する方法を学んだから、音を見つけたら、それがどんな音なのか、たとえクレイジーな音のドラムか何かであっても、それを自分なりに再現することができる。
自分自身や自分たちに対して批判的になるのは好きではないんだ。厳しいやり方は健康的じゃない。僕はギターに3時間、ボーカルに3時間、作曲に2、3時間、マーチャンダイズやソーシャルメディアに2、3時間といった具合に。グッズの注文もすべてこなさなければならない。ギターを弾いているだけじゃなく、何かを作り、リハーサルをし、人々とつながる。運動などで心身の健康に気を配りながらね。1日の中で少しずつでもすべてのことをやっていれば、終わる頃にはかなり満足感があるし、自分を過小評価しなかったように感じる」

重要なのは、彼らがただ驚異的で “リディキュラス” なバンドであるだけでなく、”音楽ベンチャー” という形態をとっている点でしょう。BERRIED ALIVE は、冒険的な音楽と多感覚的なグッズの厳選された世界を構築していて、最近ではビール会社との提携までも行っています。
「空港のレンタカーで、カウンターのお姉さんにおすすめのお店を聞いたんだ。彼女は Heathen Brewing を勧めてくれた。料理も雰囲気もビールも気に入った。数年後、彼らから連絡があり、ビールのコラボをしないかと誘われた。僕たちは彼らの醸造所で会い、数ヶ月かけてすべてのロジスティクスを考え、ビールを造った。かなりクレイジーだったよ!
乳糖を混ぜて、ろ過した後の穀物をすくい取って…僕たちがワインやシャンパンが好きだと知っていたので、自家ぶどう園のぶどうを収穫してくれて、自家栽培のぶどうを使うことができた!醸造所の文化にも本当に感化されたね。みんな協力し合い、助け合うことを厭わないから、僕が音楽の世界で経験してきたことと比べると新鮮だ。Heathen とも将来的にもっとコラボできる可能性がある。そこから生まれたビールの名前が、アルバム “The Mixgrape” にちなんでいるんだ」
マーケティング用語で言えば、BERRIED ALIVE 社は気まぐれでカラフルなライフスタイル・ブランドであり、彼らが提供する商品メニューは拡大し続けているのです。ただし、創業者である Caswell 夫妻は、それほど計算高くはありません。ジャンルにとらわれない音楽、遊び心がありながらも高級感のある服、巧みなマーケティングのアイデアの裏には、自由奔放な芸術的対話がつねにあります。
「僕たちは聴かれて、着られて、berry だけに味あわれるものなんだ (笑) 。すべての感覚にクリエイティブなものを提供したいんだよ!最近、友人が DEFTONES のコンサートに行ったとき、少なくとも10人以上の人が BERRIED ALIVE のグッズを身に着けていて、とても目立つから気づいたと言われてね。たしかに目立つ!僕たちはあまり外に出ないから、反響を知るのはとても楽しいよ」

BERRIED ALIVE の服は明るくポップで遊び心があり、常に人気のあるイチゴと十字架のデザインがトレードマークです。Supreme を彷彿とさせる高級ストリートウェア・ラインとして作られていますが、それは夫妻の甘く歪んだ心と密接に結びついているのです。
2人は、曲作り、服のデザイン、商品ラインにそれぞれ意見を出しながら、流れるようにいつも一緒に創作しています。Charles は、BERRIED ALIVE の楽曲のプロデュース、ミックス、マスタリングを担当し、ブランドとバンドの予算を洋服や没入型ビデオ、将来の作品に充て、Kaylie が歌詞、服のデザイン、ベースラインを担当し、一緒にマーケティング・コンセプトを考えています。実は、そうした阿吽の呼吸には確固たる理由がありました。
BERRIED ALIVE の幻想的な世界のはじまりは、おとぎ話のような出会いにまでさかのぼります。2人が出会ったのは中学1年生のときでしたが、付き合い始めたのは高校に入ってからでした。付き合い始めて早々、Charles は Kaylie がファッションの溢れんばかりの才能と適性を持っていることに気づいたのです。
当時、Charles はバンドやツアーで演奏するテック・メタル・ギターの魔術師 (あの REFLECTIONS にも在籍していた) でしたが、バンドでのドラマや苦労から離れ、孤独なアーティストへと進化していきました。そんな中で、BERRIED ALIVE という音楽団体は当初、Kaylie が提案したサイドプロジェクトのようなものだったのです。
「名前は当時のメタル界にあったダークな名前をもじったダジャレのようなものだったわ。私は芸術としての服がずっと好きだったの。私たちは本当に小さな町の出身で、そこではみんな同じような服を着ていた。そこで私が着ている服について人々が話しているのを耳にすることがあって、それは必ずしも良いことばかりではなかったのよね。でも、服装は自己表現で、人と話す前にその人について知ることができる大事なアイデンティティ。同時に、いつでも脱ぐことができる、表面的なものでもある」

2人の美学はやがて融合し、既存のバンドTシャツを超えたユニークな商品ラインを開発しようと試みます。これが BERRIED ALIVE のアパレル・ラインとなっていきました。彼らがこだわるのは、”深刻になりすぎないこと”。
「僕たちがやっていることはとても深い要素を持っているけど、決して深刻に考えすぎることはない。深刻になりすぎると、どんなメッセージや音楽からも命が吸い取られてしまうと思うからね。それをうまくやっている芸術は他にもあるよ。ドラマを見ても笑える瞬間があるし、漫画を見ても絵が美しいと思う一方で笑ってしまう。
バレンシアガやモスキーノは、ファッションの世界では信じられないほどテクニカルな服でありながら、深刻になりすぎず、時には派手であることに感動するという素晴らしい例だね。派手でありたいときもあれば、ソフトでありたいときもある。それが僕たちが一番望んでいることで、結局は人々とつながりたいんだよ」
そうして今日に至るまで、BERRIED ALIVE は、ビジョンを持ち、それを追求するために努力した2人のマーケティング能力によって、自立したビジネスとなっています。彼らの成功はすべて、直感と芸術的ビジョンに基づくもの。
「レコード・レーベルを持ち、ツアーをするという伝統的な道を歩むことなく、自分たちの夢を叶えることができたのは、大きな成果だと思っているよ。僕たちが一緒にこの仕事をできるのはとても意義深いことだし、フルタイムの仕事になったのはとても特別なこと。とても感謝しているんだ」

実際、Charles がかつてのようにツアーとレコーディングで疲弊するメインストリームの音楽業界にまだいたとしたら、彼らの夢は叶わなかったでしょう。
「あのころ僕はツアー生活をしていて、いつも大事なものから離れていて、自分のベッドで寝たことがなかった。”Melon-choly” は、”スマホを見ながら、君に電話できたらいいなと思う” という一節から始まったんだけど、この曲を書いたとき、その生活の大変な部分をたくさん思い出していたんだ。
今はインターネットがあるから、内向的な人や、何らかの理由で家族と家にいなければならない人でも、アートを作ったり音楽を作ったりできる方法がある。ある意味 DIY でパンクだよね。Kaylie はヴィヴィアン・ウエストウッドが大好きなんだ (笑)。
僕もパンク・ロックがきっかけでギターを弾くようになった。そうやって楽器を愛するようになったし、ルールなんてクソくらえで、みんながやれと言うことの反対をやればいいんだと学んだ。それが BERRIED ALIVE の本質なんだ!僕たちがツアーやライブをやらないことは、ギター界の門番たちを怒らせた。でも僕たちは気にしていないし、それは何の問題にもなっていない」
結局、彼らが求めるのは好きな人たちとつながること。
「ギター世界を敵に回してもかまわないさ。僕らがレコーディングしたものをスピードアップしてるなんていう陰謀論者のいる世界なんだから (笑) 。ボブ・ディランじゃないけど “Go Where They’re Not”。年々、それが身に染みていると思う。僕はただ、歌がうまくなること、より強力な曲を書くこと、そして人々とつながることに集中するようにしている。目標のひとつは、音楽が上手になることとは関係ないレベルで、もっと多くの人とつながろうとすることだ。以前はCNCの機械工で、調剤薬局でも働いていたんだけど音楽とはまったく関係のない、信じられないほどクールな人たちによく会ったよ。音楽の趣味よりも、性格が一致する方が話したいと思うんだよな」

とはいえ、Charles はギターに対する情熱をなくしたわけではありません。
「スタイルは本当に様々。とてもアバンギャルドなんだ。頭の中にアイデアが浮かんだら、それを演奏できるようにするためにまったく新しいテクニックを編み出さなければならないこともある。ある日は超クレイジーなテクニックを駆使した曲を書き、次の日はアコースティックで伝統的な構成のシンガーソングライターの曲を演奏する。完全に自由な表現なんだよ。
ギターや音楽に何か新しいものをもたらすことは、僕にとって本当に重要なことなので、作曲や練習をするときは、今まであまり見たり聴いたりしたことのないようなものになるよう最善を尽くす。そうすることで、より多くの人に聴いてもらえるから。僕は自分の音楽にできる限りの価値を込めたいと思っている。そのためには、楽器をいじったり、練習したり、プロデュース・スキルを磨いたりすることが必要なんだ」
そして、音楽世界を改革し続けることにも熱心です。
「僕たちはエルトン・ジョンが大好きで、マーチャンダイジングをしながらよく聴いているよ。それから SPARKS!僕が彼らにインスパイアされたのは、80年代、もしかしたら70年代後半かもしれないけれど、彼らが自分でレコーディングする方法を学んだからなんだ。当時は前代未聞だった。今では誰でもできる。でも、そんな前例がなかった時代に努力を重ねたことは先進的だし、今もそれを続けているのは超クールだよ!
彼らは自分たちを改革し続けている。何年もかけて、いろんなフェーズやスタイルを作り上げてきた。Jimi Hendrix もそう。彼がギターで話すことに興味を持たせてくれた。それかOzzy Osbourne, PANTERA, BLACK SABBATH でメタルにのめり込んだ。今はあまり音楽を聴いていなくて、オーディオブックや瞑想的なものを聴いている。友人の曲がリリースされたときなどはチェックするけど、ほとんどは頭の中でクレイジーなものを作っているだけだよ!(笑)」

彼らの理想の音楽世界には、エゴも嫉妬も憂鬱もありません。
「僕たちは自分たちが世界最高のギタリストであることを証明したいわけじゃない。もし普通の仕事に戻らなくてはならなくなったとしても、僕らが作る音楽に十二分に満足しているし、お金を稼ぐためにそれを変えようとは思わないから、全然平気だよ。お金儲けのために自分たちの音楽を変えようとは思わない。
自分たちがやっていることにとてもポジティブなメッセージを持つようにしている。そしてみんなにも、自分たちがやっていることが何であれ、自分たちの芸術性や創造性だけで十分だと感じてほしいんだ。メタル世界では、ポジティブであることは一般的ではないけれど、それが僕たちの気持ちなんだよ」
では、BERRIED ALIVE にとっての “成功” とは?
「”ヒーローが友達になったとき、お前は到達したんだ “って父が言っていた。それは究極の成功だ。そもそも自分がやっていることをやりたいと思わせてくれた誰かに認められることがね。
そうしたサポートは、誰かにひどいことを言われたとしても、それを帳消しにしてくれる。最小限のストレスの中で、アートを通して自分たちを維持できることだけが望んでいたことなんだ。誰が見ているかわからないし、誰とつながるかもわからない。数年前には、こんな人生になるとは想像もしていなかったからね!」

BERRIED ALIVE Bandcamp

参考文献: CURIOSITY SHOT:Berried Alive | Feature Interview

OUTBURN:BERRIED ALIVE: In Praise

COVER STORY + INTERVIEW 【ARCH ENEMY : JOEY CONCEPCION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JOEY CONCEPCION OF ARCH ENEMY !!

“Guitar Kids have to do it for the love of the music and find music that inspires them. In doing that, they will find their own sound. They should practice guitar every single day, and do it with passion or not at all.”

SHRED WITH PASSION

「音楽への愛情を原動力とすること。そしてインスピレーションを与えてくれる音楽を見つけることだね。そうすることで、自分の音を見つけることができる。毎日毎日ギターを練習し情熱を持ってやるべきで、それ以外は全くやらないのと同じだと思うよ」
“Shred With Passion”。情熱を秘めたシュレッド。それが新たに ARCH ENEMY に加わった新進気鋭、33歳のギタリスト Joey Concepcion の座右の銘です。コネチカット州出身のアメリカ人ギタリストは、メロデスへの愛とシュレッドへの情熱でついにビッグ・バンドへの挑戦権を勝ち取りました。しかし、栄光までの道のりは決して平坦なものではなかったのです。
「この10年間、たくさんのバンドとツアーをすることができて、信じられないような旅だった。ARMAGEDDON, THE ABSENCE, JASTA、そして SANCTUARY は、ツアー・ミュージシャンとしての僕を形成し、現在の僕へと導いてくれたんだ」
2008年、敬愛する LOUDNESS にも参加していた Mike Vescera からの依頼で、Joey のキャリアは幕を開けます。当時まだ17歳だった Joey は、アルバム “Sign of Things To Come” でギター・ソロを披露し、その若さとルックス、そしてハイパー・テクニカル&クラシカルなシュレッドで、あの偉大なる Jason Becker の後継者と目されるようになります。そう、彼のギターには、Jason 同様、天使と悪魔が宿っています。
「2012年に Christopher Amott から Skype でギターのレッスンを受け始めて、すぐに彼と親友になったんだ。その時に ARMAGEDDON に加入して、何年も一緒にプレイする中で、ARCH ENEMY と一緒にライヴをしたこともあったんだ。2015年のラウド・パークでの来日公演や、2016年のメキシコ・シティでの公演もあった。その時に、みんなでつるんで素晴らしい時間を過ごし、ARCH ENEMY のメンバーと仲良くなったんだ」
ただし、物事は、人生は決して一足飛びには進みません。THE ABSENCE, Jamie Jasta の JASTA, SANCTUARY と流浪し渡り歩く中で、徐々にその確かな才能と輝きが認められた Joey は、ギターの師匠で親友、ARMAGEDDON のバンド・メイトでもあった Christopher Amott の橋渡しによって ARCH ENEMY とのつながりを築きました。
2018年には Jeff Loomis の代役として ARCH ENEMY と欧州ツアーを敢行。そこで信頼を得た Joey が、Jeff の脱退に際してリストのトップにあがるのは当然でした。もちろん、あの NEVERMORE でテクニカル・メタルの真髄を極めた Jeff の後任というポジションは生半可なものではありません。それでも、Joey のシュレッドに対する情熱の炎は、きっと ARCH ENEMY をさらに前進させることでしょう。
同時に Joey は、自身のソロ・アルバムも2枚発表しています。デビュー作 “Alignment” のリリースに際して、Joey はこんな言葉を添えていました。
「このアルバムを、強迫性障害、不安障害、うつ病の患者たちに捧げたい。自分を信じ、ポジティブに、忍耐強く、常に最終的な結果を考えながら前に進めば、夢は必ず叶う。運命や宿命が生まれた時から決まっているかどうかはわからないよ」
そう、彼も多くのメタル戦士たちと同様に、不安と共に傷ついた心を抱える孤独なたちの味方です。それはきっと、自らも不遇な時代を過ごしてきたから。そう、どんなに世界から見放され、1人だと感じたとしても、愛するものを信じてやり続ければ、Joey のようにきっと夢はかなうのです。
今回弊誌では Joey Concepcion にインタビューを行うことができました。「LOUDNESS, CRYSTAL LAKE, EZO といったバンドも大好きだよ。ARCH ENEMY が日本ツアーで制作したライブ・アルバムは僕のお気に入りのひとつだし、武道館での Yngwie Malmsteen のライブ・アルバムや、Paul Gilbert と Mr.BIG のライブ・アルバムも大好きだ。僕の最も大切な瞬間のひとつは、ラウド・パーク15で ARCH ENEMY の演奏を観ることができた時なんだ」 どうぞ!!

続きを読む COVER STORY + INTERVIEW 【ARCH ENEMY : JOEY CONCEPCION】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD COMMAND : WORLD DOMINATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH YNGVE ANDERSEN OF BLOOD COMMAND !!

“Metal Is a Cult, Metal Is Definitely a Religion For Many Ans a Safe Haven For So Many Freaks And Outcasts. Its Really Beautiful.”

DISC REVIEW “WORLD DOMINATION”

「メタルやハードコア・パンクはまさにはみ出し者にとっては完璧な避難所だ。パンク・ロックに出会うまで、僕はずっとアウトサイダーだった。パンク・ロックは僕の人生を救ってくれたんだ。今では本当の友達がたくさんいて、僕の人生はまるでおとぎ話のようだ。こんなことができるようになったことを、毎日神に感謝しているんだよ。Nikki は間違いなく BLOOD COMMAND で自分の居場所を見つけた。Nikki はステージに立つために生まれてきたし、BLOOD COMMAND のフロントになるために生まれてきた。僕たちは死ぬまでこの仕事を続けるつもりだし、それができることをとても幸運に感じているよ。ライヴでフリークたちを見ると…涙が出るんだ」
人生で最も重要かつ困難なこと。もしかしたらそれは、自分の居場所を見つけることかもしれません。ノルウェーを拠点とする “デス・ポップ” バンド BLOOD COMMAND は、自らも彷徨い、傷つき続けた過去を振り払い、幸せな居場所を見つけることの大切さを音楽に込めています。
オーストラリアで PAGAN というバンドに人生をかけていたボーカリスト Nikki Brumen は、バンドの解散、親の死、そして恋人との別れによって心に大きな傷を負っていました。そんな時、遠く離れた地球の反対側、ノルウェーから一通のメールが届きます。
「フェイスブックだったと思うけど、ようやく彼女と連絡が取れた。”君に提案がある” と言うと、彼女は即座に “イエス” と答えたんだ。人生で最も幸せな瞬間だったね。彼女は今ではノルウェーに住んでいて、僕たちは一緒にプレイしたり、出かけたりしている。とても幸せだよ」
メールの送り主は Yngve Andersen。BLOOD COMMAND の中心人物。Yngve は Yngve で、2度目のボーカルの脱退に心が折れかけていました。音楽性はもちろん、互いに人生を取り戻す、回復しようとするもの同士、即座に意気投合。Nikki はすぐにスーツケースに荷物を詰め込んで、名前の発音もできない新たな友人の故郷、ノルウェーへと渡りました。自分の居場所は自分で見つける。彼らの場合、その媒介者が、メタルやハードコア・パンクだったのです。
「僕はノルウェーの極端なキリスト教福音派の分派出身のカルトの子供で、その全てが好きだったんだ。そのカルトの教育は僕に音楽を教え、幼い頃から楽器に触れさせ、他の人たちと一緒に演奏することを考えさせてくれた。彼らの教育にとても感謝している。あと、僕が普通でないことに慣れていて、のけ者にされることに慣れているという事実にも。それ以来、僕はカルトに魅了されている。少人数で、自分たちだけが真実であり、他の人たちは、論理的ではないにせよ、みんな間違っていると確信している、強く美しい集団だ」
居場所という意味では、Yngve は自らが育ったカルト集団と BLOOD COMMAND、そしてメタルやハードコア・パンクを重ねて見ています。社会からはぐれたのけ者たちにも、いえ、のけ者だからこそ安心できる居場所は必要。一風変わった “デス・ポップ” というアウトローの音楽で、お揃いのアディダスに身を包み、同じ夢を見られるメンバーで強く美しく生きていく。”World Domination” という新たな作品で居場所を見つけた彼らを遮るものは、もうありません。
「シーンの門番たちを怒らせるためにこのバンドを始めたかったんだよ。ハードコアにポップなものを混ぜて、邪悪なミックスを作ろうとね。当時はそれが新しいことだったけど、今はそういうバンドがたくさんいる。僕自身はハードコア・キッズであり、ポップミュージックが大好きだ。好きなアーティストの一人は Belinda Carlisle だしね」
野蛮なメタリック・リフとシャーベットのような甘いポップ・メロディーが溶け合ったサウンド・スープ。実際、彼らの “居場所” であるそのサウンドや形式は愛すべきエキセントリックを貫いています。
グラインド・コアの尺に凝縮されたエクストリーム・メタルのクランチと幼きメロディーは、テクノ、エレクトリック・ポップ、そしてジギーなギャングスタ・ラップと共に溢れんばかりのメルティング・ポットで撹拌され、散漫にも思える設計図はいつしか酩酊のような聴き心地を醸し出していきます。そう、カルトにはカルトの “世界を支配する” 譲れない美学が存在するのです。
今回弊誌では、Yngve Andersen にインタビューを行うことができました。「メタルはカルトだよ。そして、カルトがメタルのように大きくなれば、それを宗教と呼ぶこともできる。だからね、メタルは宗教なんだよ。多くのはみ出し者やマニアといった信者たちにとって、安全な天国のようなもの。本当に美しいよ」 どうぞ!!

BLOOD COMMAND “WORLD DOMINATION” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD COMMAND : WORLD DOMINATION】