NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SITHU AYE : SENPAI EP】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SITHU AYE !!

10298749_10155935695815142_603261566663275250_n

“I-i-it’s not like I wanted to hear “SENPAI EP” or Anything!!” One of the top modern prog guitarist, SITHU AYE has just released incredible Anime-Prog new record “SENPAI EP”!! Readers! Please notice SITHU-SENPAI!!

スコットランドから彗星の如く現れた才能溢れるモダンプログギタリスト SITHU AYE。インターネットの普及により誰もが音楽を発信出来るようになった現代の音楽シーン。彼はまさにそういったDIYミュージシャンの代表格的な存在だと思います。
インタビュー中でも触れていますが、BULB (MISHA MANSOOR) や BEN SHARP は勿論その分野のパイオニアです。ただ、兄貴感のある彼にインスパイアされて音楽を発信し始めたアーティストも多いのではないでしょうか?「作曲もギターもレコーディングもプログラミングもプロデュースもやろうと思えば一人で出来るんだ。」彼がモダンプログ/ギタリスト界隈に与えた影響は決して少なくありません。
そんな偉大な男 SITHU AYE が新作をリリースしました!”SENPAI EP”。アートワークからコンセプトまでどう見ても”OTAKU”!!そう、彼は偉大な”オタク”だったのです。ただ、内容は実に素晴らしいですね。勿論、コンセプトが「アニメのOPテーマのようなEP」なので以前よりキャッチーでファンシーになっている部分はあります。キラキラしたキーボードやシャムシェイドかよ!と突っ込まざるを得ないシンコペーションリフなどはやはり驚きです。しかしむしろそれがSITHU のプログ/フュージョン的ギターと未然の化学反応を引き起こし、何度もリピートせずにはいられない中毒性を生み出しています。
初期の SITHU の作品はより “DJENTY” な音作りやプログメタルの複雑さを強く内包していましたが、作品を重ねるに連れてどんどんメロディー重視の方向性にシフトしています。PLINI と波長が合い2人でEP”I”をリリースしたのも納得ですが、彼の中でそういったアニメのテーマソングのような強烈なキャッチーさに憧れる気持ちが膨らんで、遂に爆発したのかも知れませんね。勿論、彼の流暢でジャジーな独特のシュレッドは健在。ギタリストからモダンプログファン、そしてアニメファンまで幅広くアピールする作品に仕上がったのではないでしょうか?!?!
今回弊誌では SITHU AYE にインタビューを行うことが出来ました。読者の皆さん、ぜひ SITHU 先輩に気づいて下さい!

12039659_10156062425135142_518984851872773320_n

MMM RATING⭐️

SITHU AYE “SENPAI EP” : 9,8/10

【INTERVIEW WITH SITHU AYE】

11752553_10155766786745142_7404262177049446497_n

Q1: This is our first interveiw with you. So, at first, could you tell us about yourself? Sithu Aye seems very rare name, I think. how to pronounce? And is this your solo project or a band?

【SITHU】: こんにちわ!よろしくお願いします! Glad to be talking with you!
My name is Sithu Aye, and I’m a solo progressive metal guitarist, recording artist and producer. I’ve played guitar for about 13 years now and I’ve been writing and recording music for almost all of that times as well. I’ve been formally releasing music for about 4 years now with my first album ‘Cassini’ back in 2011, and this year I have just started playing live with a live band.
My full name is actually Sithu Maung Maung Aye, and I’m originally from Burma. The full name is a bit long, so I just go by Sithu Aye, which is pronounced C-2-A.

Q1: 初インタビューです。まずはあなた自身について聞かせてください。SITHU AYE は珍しい名前だと思いますが、どのように発音するのでしょう?また SITHU AYE はバンドですか?ソロプロジェクトですか?

【SITHU】: こんにちは!よろしくお願いします!僕の名前は SITHU AYE。プログメタルのソロギタリストで、レコーディングアーティストで、プロデューサーでもあるんだ。かれこれ13年くらいギターを弾いていて、作曲とレコーディングも同じくらいの期間続けているよ。ファーストアルバム “CASSINI” が2011年だから4年ほどオフィシャルに音楽をリリースしているんだ。そして今年は遂にバンドとライブも始めたよ。
僕のフルネームは SITHU MAUNG MAUNG AYE と言うんだ。ビルマ(ミャンマー)の家系なんだよ。フルネームはちょっと長いから SITHU AYE にしているんだ。C-2-A と発音するよ。

Q2: So, how did Sithu Aye project start? You graduated University of St.Andrews, and are working as Technology Consultant Analyst now. It seems hard to doing both. How about that?

【SITHU】: I’ve always been writing music it’s always been a big dream and passion of mine. However, when I was younger, I always thought that you had to go into guitar studios and record and track everything that way. After I heard about guys like Misha Mansoor and Ben Sharp recording and producing their own music at home and programming their own drums, that was something I immediately wanted to try out. So over about the course of a year, I slowly acquired some recording gear and practised production as much as I could. After about a year of that, I sat down to record my first album and that was how this all started!
Back when I began, I was still a student at the University of St Andrews and I still was until 2013, so my first 3 releases were recorded while I had time off from university. And now I’m working full time as a technology consultant, so I never have as much time as I would like to work on music. However, the money I make from work gets invested into gear to make my recordings and music better, as well as to invest into CDs and merch for people to buy! It also means I’m thankfully immune from some of the financial worries that some full time musicians have. I just need to find a way to get more time from work to invest into music.

Q2: SITHU AYE はどのように始まったのでしょう。あなたは St.ANDREWS 大学を出て今はアナリストとして働いていますが、両立は大変ですか?

【SITHU】: 僕はいつも音楽を書いているし、それこそが僕の大切な夢で情熱なんだ。若い頃はスタジオに入らないとレコーディングなんて出来ないと思っていたけど、MISHA MANSOOR や BEN SHARP がレコーディングもプロデュースもドラムのプログラミングも全て彼らの家で行っていると聞いてからは自分もやりたくて仕方がなくなったんだよ。だから1年以上かけてできる範囲で徐々にレコーディングの機材を揃えて、プロデュースの練習をしたんだ。その1年後くらいにはファーストアルバムのレコーディングをしていたね。それが全ての始まりだよ!!
当時はまだ St.ANDREWS 大学の学生で2013に卒業したから、最初の3枚のアルバムは学生時代にリリースしたことになるね。今僕はフルタイムのテクノロジーコンサルタントとして働いているから、音楽に十分な時間は割けないんだ。ただ、金銭的には機材やレコーディングに使えるお金は増えたから、より良いものを作れるようになったね。みんなに買ってもらうためのCDやマーチにも投資できるしね!!フルタイムのミュージシャンがよく抱えているような金銭的問題を免除されていることには感謝しているよ。あとは音楽に割ける時間を増やす必要があるね。

10537177_10155766787375142_3536886136653887841_n

Q3: How was your first ever gig at Tech-Fest? Do you want to do gigs constantly? And you played with Plini at after party. (His first live in Japan was awesome!) Off course, you and him released fantastic EP “I” on 2013. What is Plini to you?

【SITHU】: Tech-Fest was incredible! I am absolutely humbled to have my first ever gig in front of so many awesome people and it was an experience that I’ll never forget. The whole festival itself was incredible and you really got a sense of the amazing prog and tech community that we are so lucky to be a part of!
And yes, Plini and I played at the Tech-Fest after party on the Saturday, which was a lot of fun, if a bit frantic because we didn’t really get a chance to practice! We played our entire split EP “I” that night and it was amazing. As for Plini himself, he and I have been good friends for a while now! We started chatting over on sevenstring.org and Facebook about all things music and guitar related and it was good to finally meet him back in 2012. We still chat regularly with plans for musical world domination, although Plini has a bit of a head start in that regard!

Q3: 今年の TECH-FEST であなたは初のライブを行いました。感想を聞かせてください。また一昨年、共に素晴らしい EP”I” をリリースした PLINI ともアフターパーティーで共演しましたね。彼はつい先日来日して最高のショーを披露しました。彼はあなたにとってどういった存在ですか?

【SITHU】: TECH-FEST は信じられないくらい素晴らしかったよ!僕は沢山の最高の観客の前で初のライブを行うことに関して完全に謙虚になっていたんだ。そしてそれは決して忘れられない経験になったね。フェス自体も最高だったし、PROG/TECH コミュニティの盛り上がりを感じられたね。その一部になれてラッキーだったよ。
うん、PLINI と僕は土曜日のアフターパーティーで共演したんだ。とても楽しかったし、ちょっと正気ではなかったかもしれないね。だって僕たちは一度も一緒にリハーサルする機会がなかったんだからね!その夜は彼と EP”I” を全曲プレイしたんだ。素晴らしかったね。PLINI について話すと、ここのところしばらく彼とは実に良い友達なんた!sevenstring.org とFACEBOOK を通じてチャットを始めたんだけど、全てが音楽とギター関連の話だったな。2012年には遂に彼と会うことが出来たんだ!今でも彼とは定期的に音楽で世界を支配する計画について話しているんだけど、その点では彼の方が少しだけ幸先の良いスタートを切ったかも知れないね。

Q4: Anyway, you’ve just released your newest EP “Senpai EP”. It seems different from your past works. I think the concept of “Senpai EP” is influenced by Japanese “Otaku” culture and animations. What made you release that kind of EP?

【SITHU】: Yes, I am a big fan of anime and I watched a lot of it recently! One thing that really appealed to me about anime is how fantastic a lot of the music is, and there is also a lot of that in Japanese video games, like the music that Nobuo Uematsu did for Final Fantasy VII. The other thing that is very apparent in modern anime is that they follow a lot of genre specific tropes, so in romantic comedies, the main character would try to get noticed by his or her senpai, or that in slice of life, the main character would often be late for school. A lot of these tropes have become western internet memes, so back in April I did a little video as a mixtest for my new Mayones Regius 7 and my Axe-FX II where I tried to make the music sound like an anime OP. The video got popular to the point where I thought that maybe an EP of this music might actually go well down with my fans.
So I did a three track EP following three very common tropes in anime and tried to make the music fit with each of those tropes. Hopefully I succeeded!

Q4: 新作 “SENPAI EP” がリリースされましたね!今までの作品とは少し違っているようですね。日本の”オタク”文化やアニメから強く影響を受けているように感じました。こういった作品をリリースした理由を教えてください。

【SITHU】: うん、僕はアニメの大ファンで最近も沢山見ているんだよ。アニメについて1つ言っておきたいのはその音楽の素晴らしさだね。NOBUO UEMATSU の FINAL FANTASY Ⅶ に果たした役割を見れば分かるけど、日本のビデオゲームにも言えることだよ。 モダンなアニメにはどのジャンルにも特定の描写が存在するのは明らかだよね。ラブコメだと、主人公は”センパイ”に気持ちを気づいてもらおうとするし、日常系ではしばしば学校に遅刻する。そういった描写たちが西洋のインターネットではミームになっているんだ。4月に僕の新しい MAYONES REGIUS 7 と AXE-FX Ⅱ でミックステストとしてちょっとしたビデオを作ったんだ。アニメのオープニングのような感じでね。そのビデオが人気になったから、こういったEPもファンに受け入れられるんじゃないかと思ったんだよ。アニメによく出てくる3つのシュチュエーションを楽曲にしてEPを作ったんだ。音楽がそれらのシュチュエーションにフィットするようにしてね。上手くいっていればいいけど!

Q5: From Full-Stream movie, “Senpai EP” seems to have story about Megumi Uehara. She is called “Prog-Chan”. Is that right? Could you tell us the details of about that?

【SITHU】: Megumi Uehara is a 17 year old 2nd year high school girl who is nicknamed ‘Prog-chan’ by her friends. She loves progressive metal music and has been playing guitar since the age of 12. She is incredibly enthusiastic about playing guitar and music to the point that she stays up very late on school nights, hence why she often sleeps in and is late for school! I imagine her personality to be very bubbly and friendly, if a bit clumsy and scatterbrained due to the fact that she mostly only thinks about playing guitar and listening to prog!
The other two characters in the stream are Hanako Todaroki and Mari Matsumoto. Like Megumi, Hanako is a 17 year old 2nd year high school girl and is Megumi’s childhood friend – the two of them have been inseparable since elementary school. I imagine Hanako to be quite serious and studious about her school studies, and is always trying to make sure Megumi gets to school on time and focuses on her school work as well. However, she cares very deeply for her friend to the point that she started playing bass in middle school so that she could join the same club as Megumi. But since she’s a bit of a Tsundere if anybody asks her why she started playing bass, she’ll reply, “I-i-it’s not like I started playing bass to be in the same club as Megumi or anything!”
Mari Matsumoto is a 16 year old 1st year high school girl who is an aspiring guitarist who started playing in middle school. However, she has struggled to find a genre of music she really enjoyed until she joined high school and was looking for prospective clubs. She visited Megumi’s club room and heard her playing some prog, immediately falling in love with the genre (and possibly with Megumi herself…?). She immediately joined the club and has bugged Megumi to give her lessons ever since then, which makes Hanako really uncomfortable because she wants to be the one who bugs Megumi all the time!
So the stream basically just follows a day in the life of Megumi and these three. I’m almost tempted to do a slice of life manga to tell more of their story, although I’d probably have to get way better at drawing!

Q5: EPのフルストリーム動画には MEGUMI UEHARA という女の子が登場します。彼女は “PROG-CHAN” と呼ばれていますね?

【SITHU】: MEGUMI UEHARA は17才の高校2年生。友達からは “プログちゃん” と呼ばれているんだ。彼女はプログメタルを愛していて、12才からギターを弾いているよ。彼女はギターと音楽に信じられないほどの熱意を持っていて、おかげで学校のある日まで夜更かしをしてしまう。だから時々寝坊して遅刻するんだ!彼女はおそらくとても元気でフレンドリーな女の子だろうね。ただちょっと不器用でそわそわしているのも間違いないね。だって彼女はほとんどギターを弾くこととプログレを聴くことしか頭にないんだから!
動画には他にも HANAKO TODAROKI と MARI MATSUMOTO という2人の女の子が登場するよ。HANAKO も MEGUMI と同じく高校2年生の17才で、小学校から一緒なんだ。HANAKO はマジメっ子で、勉強大好き。MEGUMI を遅刻させないように頑張ったり、学校でも色々世話を焼いたりしているんだ。HANAKO は MEGUMI が好きすぎて中学校からベースを始めている。同じクラブに入るためにね。だけど彼女は少しツンデレ気味なので、誰かにベースを始めた理由を聴かれると「べっ、別に MEGUMI と同じクラブに入りたいからベースを始めたわけじゃないんだからねっ」と答えてしまうんだ。
MARI MATSUMOTO は16才の高校1年生。ギタリストに憧れて中学からギターを始めている。ただ、高校に入るまでは心から好きになれるジャンルが見つからず苦しんでいたんだ。良いクラブを探していたんだね。MEGUMI の部室を訪れて、彼女がプログレを弾いているのを聴いた時 MARI はプログレと恋に落ちたんだ(もしかしたら MEGUMI にも…)。MARI は即座に入部し、MEGUMI にレッスンをお願いしたんだけど、HANAKO は MEGUMI を独り占め出来なくてプンプンだよ!!
動画は基本的に MEGUMI たちの日常を描いただけなんだ。僕は日常系のマンガを書いたりストーリーを考えるのが大好きでね。絵はもっと上達しなきゃいけないね!

Q6: Musically, “Senpai EP” is definitely Sithu Aye like. But I felt it has more catchy feelings than your past records. (Especially, “Senpai, please notice me!”.) This time, are you influenced by Japanese animation’s soundtracks?

【SITHU】: Definitely. The whole aim of the EP was to capture the vibe and feel of anime theme songs. I want people to listen to “Oh Shit, I’m Late for School!” and imagine Megumi running to school with a piece of toast in her mouth. And since a lot of anime music is very fun and catchy, I really wanted to capture that as well!

Q6: 音楽的に、”SENPAI EP” はまさに SITHU AYE といった感じです。ただ、”SENPAI, PLEASE NOTICE ME!” は特にですが、いつもよりもさらにキャッチーな感じがしました。今回はアニメのサウンドトラックから強く影響を受けていますか?

【SITHU】: 間違いないね。EP全体の目的がアニメのテーマソングの感覚やヴァイブを捉えることだったんだからね。みんなには “OH SHIT, I’M LATE FOR SCHOOL!” を聴きながら MEGUMI がパンを一切れ加えて学校へ走る場面を想像して欲しいな。勿論、アニメ中に使われる音楽も楽しくてキャッチーだから、そういった雰囲気も取り入れたかったんだよ!

Q7: You influenced lots of artists from Metal/Prog Guitarists like Paul Gilbert, John Petrucci, Steve Vai, to Modern Prog artists like Periphery, AAL, TesseracT. And that’s wide variety makes you special, I think. Anyway, you say you are making happy prog metal tunes. Do you think you are involved with Djent movement? And do you listen to Jazz/Fusion artists like Larry Carlton or Pat Metheny?

【SITHU】: I think a lot of my older music has ‘djent’ elements to it, and I still think that will stay part of my stay moving forwards. There is a lot of crossover between people who enjoy djent, prog and tech-metal so I’m kind of in all three! And I do listen to jazz, Pat Metheny is one of my favourite guitarists! Recently, the main jazz group I’ve been listening to is Snarky Puppy. I saw them live very recently and they are absolutely incredible.

Q7: あなたは PAUL GILBERT, JOHN PETRUCCI, STEVE VAI といった METAL 系のギタリストから ANIMALS AS LEADERS, PERIPHERY, TesseracT といったモダンプログ系のアーティストまで幅広く影響を受けていますね。それがあなたを特別な存在にしていると感じます。あなたはご自身の音楽を “HAPPY PROG METAL” と称していますが、人気のDJENTシーンとの繋がりは感じますか?また LARRY CARLTON, PAT METHENY のようなジャズ/フュージョンは聴きますか?

【SITHU】: うん、僕の過去の作品には多くの DJENT 的要素が含まれていたと思うよ。そしてそれは今でも僕の一部として残り進化しているように感じるよ。DJENT, PROG, TECH-METAL のファン層はかぶっていることも多いから、僕もその3つの中には入るだろうね。
勿論ジャズも聴くよ。PAT METHENY は大好きなギタリストの1人なんだ!最近良く聴いているジャズグループは SNARKY PAPPY だね。ちょうど先日ライブを見たんだけど信じられないくらい素晴らしかったよ。

Q8: So, except for “Senpai EP”, what is your favorite album in your works? And why?

【SITHU】: I don’t really have a favourite, because all my releases represent where I was as a guitarist, musician and producer when I released them. It’s strange because when I try to relearn parts from previous, it never really feels that easy because the way I was playing back then is different to how I do now. So I don’t really have a favourite, they all mean different things to me! Sorry for the cop out answer!

Q8: 過去の作品で特に気に入っているものはありますか?

【SITHU】: 特別なお気に入りっていう作品はないんだ。なぜなら、全ての作品が当時のギタリストとして、ミュージシャンとして、プロデューサーとしての自分を表している訳だからね。不思議な話なんだけど、昔の曲を覚え直そうとする時、簡単に感じることがないんだよね。今と弾き方が違うからなんだろうけど。だからフェイバリットはないんだ。全てが違った意味を持っているからね。ちゃんと答えられなくてゴメン。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SITHU’S LIFE!!

RED HOT CHILI PEPPERS “BY THE WAY”

Rhcp9

DREAM THEATER “METROPOLIS PT2:SCENES FROM A MEMORY”

8283

ANIMALS AS LEADERS “S.T”

0005085371_10

PERIPHERY “S.T”

peripheryselftitled800

GRU “COSMOGENESIS”

cover_303215852011_r

Oh this is a tough one. First, I’d probably say “By the Way” by the Red Hot Chili Peppers, because that’s what made me want to start playing guitar in the first place. Second, I’d say “Scenes from a Memory” by Dream Theater, because I’d say that’s the album that got me into progressive metal. Next, probably the self titled Animals as Leaders and Periphery albums, because those made me get into the style of music I’m playing now, with the AaL one have a particular impact because it was instrumental. And finally, “Cosmogenesis” by Gru, because after seeing him release that, it pushed me over the edge to release my own album!

【MESSAGE FOR JAPAN】

11745847_944634962259555_7571553844812613256_n

A huge thanks to all my Japanese fans, all your support means so much to me. And I hope that the Senpai EP is appealing for all the Otaku prog fans 🙂
And finally, I have a special surprise for my Japanese fans as well. You might be seeing me there sooner than you think!
ありがとございました!!

全ての日本のファンに多大な感謝を送るよ。君たちのサポートは僕にとって本当に意味があるんだ。”SENPAI EP” が全ての”オタクプログファン”にアピールすればいいな。
最後になるけど、日本のファンのみんなに特別なサプライズがあるんだ。君たちが思っているよりも早く、日本で僕に会えると思うよ!!ありがとうございました!!

SITHU AYE

YOU CAN BUY HERE! SITHU AYE BANDCAMP!!
SHITU AYE YOUTUBE CHANNEL
SHITU AYE FACEBOOK

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です