カテゴリー別アーカイブ: BEST NEW MUSIC

WORLD PREMIERE: “OVERLORD” 【LAMB OF GOD : VII: STURM UND DRANG】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “OVERLORD” OF LAMB OF GOD !!

LAMB OF GOD SET TO RELEASE THEIR NEWEST AND STRONGEST ALBUM “VII: Sturm und Drang” ON 7/24 !!

lg11351223_10153459354276435_1119257453644147144_n

現代最高のメタルバンドで後続に多くの影響を与え続けてきた LAMB OF GOD。DJENT が MESHUGGAH を始祖とするならば、彼らの3連を多用する知的でアグレッシブなリフワークはモダンメタルの基礎となっている感すらあります。その LAMB OF GOD が新作 “VII: Sturm und Drang” を7/24にリリースします。今回公開する “OVERLORD” は強力なレコードでも最もユニークかつ多様性を持った楽曲で RANDY BLYTHE のクリーンボーカルをフィーチャーしています。進化を止めない LAMB OF GOD の新境地を切り開く楽曲ではないでしょうか。RANDY の楽曲解説、メッセージと共にどうぞ!!

lg10268510_10153500122106435_2026391243549598440_n

For years I’ve wished that I could have a movie camera directly linked to my brain so that some of the ideas I see in my mind’s eye could be translated into film for others to watch,” Although that is obviously an impossibility (and probably a good thing- I find many things amusing that might not be so funny to everyone else), the video for ‘Overlord’ is the next best thing for me. I came up with the idea and wrote the treatment for this video myself- to see Jorge (the director) take my concept, add his own touches, and use his technical know-how to translate my “mental script” into a suitably dark visual narrative is just an awesome, awesome experience for me. I wrote the song about the dangers of self-obsession in our distressingly myopic and increasingly entitled “me-now/now-me” culture; just like the couple in the video, many people can’t seem to look past their own relatively small problems to see the bigger picture: the world is in serious trouble. Having a bad day at work, or a fight with your significant other, or getting a crappy haircut or table service does not in any way shape or form constitute an emergency. Sometimes things just don’t work out the way we want them to- deal with it. People who only see their own problems eventually wind up alone because no one wants to hear their crap anymore- we all know someone like that, always whining and complaining about some inconsequential setback as if it were the apocalypse. This song is for those people. Oh yeah- if you’re out and about, watching the video on your pocket hate machine (mobile phone), try not to wander into traffic. A little situational awareness goes a long way.”

何年もの間、僕は自分の脳と直接リンクする映画のカメラがあればなあと思っていたんだ。心の目で見たアイデアを他人が見られるようにフィルム化出来るようなね。ただそれは明らかに不可能で非現実的だよね。この “OVERLORD” のMVはそのアイデアの次にベストな方法で収録したんだ。僕はこの映像のアイデアを思いつくと監督の JORGE にコンセプトを伝え、彼の色、技術的なノウハウを加えて僕のダークな”心の映像”を具現化したんだ。ただただ素晴らしいし最高の経験だったね。この曲は悲惨なまでに狭量で自分のことばかり考えるようになっている僕たちの文化について書いたんだ。Me-Now/Now-Me と名付けたんだけどまさにこのビデオのカップルのような感じさ。確かに世の中は思ったように行かない事も多いよね。仕事で失敗したり、意見が対立したり、美容師やテーブルサービスが下手くそだったり。問題ばかり。だけど誰もそんなボヤキなんて聴きたくないんだ。自分の問題にしか興味のない人間なんてロクなヤツじゃないし結局独りぼっちになってしまうんだよ。そういう人間に対しての曲なんだ。もし今外出しているならスマホでこのビデオを見るだろうね。歩きスマホはダメだぞ!ちょっとした気遣いで充分なんだから。

RANDY BLYTHE

STILL ECHOES

512

lg10675575_10152864929306435_8305320925925758067_n

LAMB OF GOD is:

Randy Blythe – vocals
Mark Morton – guitar
Willie Adler – guitar
John Campbell – bass
Chris Adler – drums

www.lamb-of-god.com | www.facebook.com/lambofgod | www.nuclearblast.de/lambofgod

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GIFTSVAMP AND LINDWURM OF SVARTBY!!

sv10414600_10152445283400901_4495433551372607925_n

RUSSIAN FOLK/FAIRLY-TALE METAL, SVARTBY SET TO RELEASE THEIR NEWEST ALBUMS “SWAMP, MY NEIGHBOUR” IN AUTUMN !!

sv11350653_10153223190940901_3433945352801747355_n

ロシアの妖精フォークメタル、SVARTBY が待望の新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” を秋にリリースします。フォーキーなメロディーを伴った煌びやかなキーボードとへヴィーなリフワーク。一見パーティメタルのように思えますが、楽曲の構成は見事に考え抜かれていてプログレッシブ。 FINNTROLL や EQUILIBRIUM、果てはCHILDREN OF BODOM を想起させる彼らの音楽はもっと多くの人たちの耳に届くべきだと思います。ロシアの音楽はヨーロッパやアメリカに比べて情報が少なく日本にも上陸しにくい現状ですが、素晴らしい音楽を生み出しているアーティストは多く存在します。弊誌で扱う事でそのギャップが少しでも埋められたらと感じていますし、今回、バンドの創立メンバー GIFTSVAMP と LINDWURM 二人がインタビューに応じてくれた事からもロシアからの熱気が伝わるのではないでしょうか?

YOU CAN LISTEN TO NEW SONG “CLOCK TOWER” HERE !!

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTURUS : ARCTURIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ICS VORTEX OF ARCTURUS!!

arctumblr_n2fjb0QpPm1ru8367o6_500

NORWEGIAN LEGEND IS BACK!! ARCTURUS HAS JUST RELEASED ULTRA COSMIC ALBUM “ARCTURIAN”!!

ノルウェーが誇るアヴァン・プログ・シンフォニック・ブラックメタル ARCTURUS。2007年の解散を経て2011年に再結成、今年遂に2005年の “SIDESHOW SYMPHONIES” 以来10年ぶりの新作 “ARCTURIAN” をリリースしました。彼らにしか作り得ない暗黒宇宙絵巻で実に素晴らしい作品だと思います。
そもそも EMPEROR や ULVER といったブラックメタルのメンバーが集結したスーパーバンド的立ち位置だった ARCTURUS ですが、アルバムを重ねる毎に既存のブラックメタルから脱却。前作の “SIDESHOW SYMPHONIES” ではボーカルがやや猟奇的な GARM から、同様にオペラティックながらよりメロディックに歌い上げる ICS VORTEX に代わったこともあり、独自の”宇宙メタル”は浮遊感とキャッチーさを併せ持った形で完結したように思えました。
ただ、前衛性や奇怪さを極めた2nd “LA MASQUERADE INFELNAL” や、インダストリアル/エレクトロニカ風味が強く感じられるアヴァン・プログ・シンフォニック・ブラックメタル史に残る大名盤である3rd “THE SHAM MIRRORS” も勿論素晴らしかった訳で、彼らが再び集結してどのような方向性に進むのか、長いインターバルを経た新作” Arcturian” には大きな注目が集まっていたのです。
結論から言うと3rdから前作への流れをそのまま踏襲した正統進化盤だと感じました。アルバム1枚がまるで1曲のような統一感。大まかに記すと2ndのオペラ感覚、3rdのインダストリアル/エレクトロニカ、前作のキャッチーさといった各作品の特徴を見事に抽出して、宇宙の果てでレコーディングしたような傑作です。
特に ICS VORTEX の歌唱は白眉。作品のドラマ性を高めることに大きく寄与しています。ICS VORTEX はもちろん ex-DIMMU BOUGIR で BORKNAGAR にも所属するノルウェー界隈では超売れっ子シンガー。まだまだ日本ではその実力に見合った評価を得られていないような気がします。
快くインタビューを引き受けていただいたのでソロキャリア、そして IHSAHN, TRYM,その他ノルウェーのビッグネームたちが集結したプロジェクト GOD OF ATHEISTS の予定も尋ねてみました。どうぞ!!

arcturus_arcturian

YOU CAN STREAM AND BUY “ARUTURIAN” HERE !!

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTURUS : ARCTURIAN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KAMASI WASHINGTON : THE EPIC】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KAMASI WASHINGTON!!

kw11156330_1555387608057340_2549782041556419110_n

DEFINITELY, THE GREATEST JAZZ ALBUM IN 21 CENTURY!! KAMASI WASHINGTON EXPANDS JAZZ’S BOUNDARIES ON NEW ALBUM ‘THE EPIC’ !!

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/195187920″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

「コルトレーンの時代にヒップホップや YouTube があったら、ジャズは別物になっただろう。そんな時代に生まれたのが俺たちの世代だ」現代 JAZZ 界の風雲児、ロバート・グラスパーはそう嘯きます。
確かに今 JAZZ が面白い!バックカタログだけに支配された閉鎖的なシーンは終わろうとしています。件のロバート・グラスパーをはじめ、JAZZ THE NEW CHAPTER で紹介されているアーティストたちは JAZZ を HIP HOP, SOUL, R&B と融合させ て革新的なサウンドを作り上げています。
また FLYING LOTUS を頭目とするレーベル BRAINFEEDER のように HIP HOP からの JAZZ への接近で素晴らしい作品も生まれてきていますね。その FLYING LOTUS や KENDRICK LAMAR, THUNDERCAT といった超売れっ子アーティストが絶賛し自身の作品に招いたサックス奏者が KAMASI WASHINGTON です。彼ら以外にも ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ケニー・バレル、チャカカーン、ローリン・ヒルといった JAZZ 界の巨匠からポップス R&B に到るまで錚々たるメンツに引っ張りダコな LA JAZZ 最重要人物の1人と言えます。
“THE EPIC”。KAMASI が BRAINFEEDER より遂にリリースしたメジャーデビュー作は3枚組170分の大作にして JAZZ 新世紀を告げるような偉大な作品となりました。21世紀で最も素晴らしい JAZZ 作品だと断言出来るでしょう!!エピカルとしか表現出来ない世界観。コルトレーンの”至上の愛”、マイルスの “BITCHES BREW”、WEATHER REPORT の “HEAVY WEATHER” といった名盤たちの面影を感じさせつつそこに留まってはいません。
バップやモード、フュージョンに、より現代的でエクレクティックなエッセンスを加えてスピリチュアルで特別な作品に仕上がりました。特筆すべきは従来の JAZZ よりキャッチーさを増しアフロやR&Bの影響を感じさせるメロディーとストリングスの驚異的な美しさ、そしてKAMASI 自身の魂に訴えるかのようなソウルフルなサックスでしょう。音数は決して多くないのですが印象的なフレーズを次々に繰り出す KAMASI の演奏は本当に白眉。FLYING LOTUS が製作総指揮を取り、THUNDERCATをはじめとしたバンドメンバー達も豪華の一言。間違いなく今年最重要作だと思います。KAMASI WASHINGTON です!どうぞ!

【INTERVIEW WITH KAMASI WASHINGTON】

kw10403534_1571360533126714_3439318596778524196_n

Q1: Your major debut album “The Epic” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions?

【KAMASI】: I feel great! I worked for three years on this album and it has been complete since March of 2014 so I’m really happy to have it out! People have reacted very well to “The Epic”. Even though it’s a long album, most people that I have talked too have taken the time to listen to it all the way through. The spirit of the music is getting through to them and the people seem to really love it.

Q1: メジャーデビュー作 “THE EPIC” が遂にリリースされましたね。今のお気持ちはいかがですか?また反響はどうですか?

【 KAMASI 】: 最高だよ!このアルバムには3年掛けたし、2014年の3月からずっと完成した状態だったから本当にリリースすることが出来て嬉しいよ。”THE EPIC” に対する反響はとても良いね。とても長いアルバムなんだけど、僕が話した人たちは最初から最後まで時間を取って聴いてくれているよ。この音楽のスピリットが彼らに届いたんだね。本当に気に入ってくれているみたいだよ。

Q2: At first, I’d like to say “The Epic” is the greatest Jazz album in 21century!! I really love that, and “The Epic” make me believe “Jazz isn’t dead yet”. So, “The Epic” has three discs and over 170 minutes long. I think really epical album. When you named this masterpiece as “The Epic”, what was in your mind?

【 KAMASI 】: When I was working on writing the string and choir parts for The Epic after the main band had already recorded, I was listening to the music a lot. While I was writing the string and choir parts on “Change of The Guard” I had an amazingly vivid dream one night. It was about a man the guarded a gate on the top of a mountain and it was one of the most amazing dreams I ever had! So from then on I kept having this dream some times two or three night in a row. As I wrote for other songs the dream started to expand and I got really into the story and tried to write it down. By the time all the string and choir parts had been recorded I had a really long very elaborate story that really went along with the album track by track. In fact the track order for the album came from this story. So when I named the album The Epic it was because of this story so I really meant the word Epic as in a story.

Q2: まず、”THE EPIC” は21世紀で最も素晴らしい JAZZ アルバムだと言わせてください。本当に気に入っていますし、このアルバムを聴くと JAZZ はまだ死んでいないと思えます。170分で3枚組の大作。実にエピカルですね。この作品を “THE EPIC” と名づけた時、心に在ったことを教えてください。

【 KAMASI 】: メインのバンドがレコーディングを終えたあと、僕は “THE EPIC” のストリングスとコーラスパートを書いていたんだ。アルバムを何回も聴きながらね。そうして “CHANGE OF THE GUARD” のストリングスとコーラスパートを書いている時の事だ。ある晩素晴らしい鮮明な夢を見たんだ。山の頂上で門を守っている男の話だったね。今まで見た中でも最高の夢の一つだったよ!それ以来、時折その夢を二晩か三晩連続でみるようになったんだ。他の曲を書いている間に、その夢は広がって行き、僕は本当にそのストーリーにのめり込み書き留めるようになったのさ。全てのストリングスとコーラスパートを書き終える頃には、アルバムの各楽曲に適したとても長くて精巧な物語が出来上がっていたよ。実際アルバムの曲順はこの物語に沿っているんだ。だからアルバムを “THE EPIC” と名づけたのはこの物語を EPIC という言葉で表現したかったからなんだ。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/199843476″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

Q3: “The Epic” has three discs and three parts so called “The Plan”, “The Glorious Tale”, “The Historic Repetition”. Would you tell us the difference of these three parts?

【 KAMASI 】: The name of each volume of “The Epic” has a double meaning. It one, describes the part of the story that I dreamed that goes with those songs and two, it describes my inspiration in the real world for writing those songs. So to try to tell the story would take too long so I’ll tell you the real world explanation. So “The Plan” is about the time period in a person’s life when they are usually young and the gear their life towards what they think they want it to be. So for my friends and I growing up we wanted to be great jazz musicians that would change the world through this music that we really loved. So we practiced like eight to ten hours a day and went to every live concert and spent all of time energy and money on music. We poured every thing we had into music to make our selves the best musicians we could. So “Change of The Guard”, “Final Thought”, “The Next Step”, “The Rhythm Changes” all those songs were I made with that energy. So us after high school or when we where about 18 we’d all put so much in to music and jazz in particular we thought we would immediately have the doors of the world open to us and that’s where “The Glorious Tale” come in. So “The Glorious Tale” is about the way life doesn’t usually go the way you plan it but if you take the right perspective life is still always beautiful. So in my glorious tale I graduate from high school and my first big gig is not in jazz it was with Snoop Dogg. So here I was this young kid looking to change the world with jazz but that door wasn’t open to me but this other door was. So I joined Snoop Dogg’s band I really learned a lot playing with him. They heard music in a completely different way than we did in jazz. It was like they were listen to music through a Microscope and I had always been listening to music through a Telescope. What I mean by that is that Snoop never asked me to play anything that was technically difficult. But everything that we played had to be played with a very particular phasing. So the realm of possibilities as to how many different ways you could play the same simple phrase and how much of a huge impact that had on the music I learned from playing with Snoop. And I went on the play people like Raphael Saadiq, Lauryn Hill, Chaka Khan, and many others that I learned a lot from before I got my first big jazz gig. So “The Glorious Tale” is about seeing the beauty in the path your life goes even if it isn’t the one you planned for. “The Historic Repetition” is about the way history always repeats it self but depending on you perspective your role in this repetition will change. Knowing history is great way to control your place in the loop of history. My father is a musician so I saw the struggles that he and his friends went through. He had me read lots of books about the history of music and biographies of great musicians. So I was trying to display that loop of history and how we are going to change our position this go around.

Q3: “THE EPIC” は “THE PLAN”, “THE GLORIOUS TALE”, “THE HISTRIC REPETITION” の三部構成です。それらの違いを教えてください。

【 KAMASI 】: “THE EPIC” の各章の名称はダブルミーニングなんだ。夢に見た物語の場面を描写すると同時に、僕が現実世界に対して感じているインスピレーションも伝えているんだ。物語を伝えると長くなってしまうから現実世界の説明も導入しているんだ。”THE PLAN” は人生における時限について。若いころは理想に向かって人生を進めようとするよね。今まで友達も僕も、愛する JAZZ を通して世界を変えるような偉大なミュージシャンになりたいと思って成長してきた。1日8~10時間は練習し、全てのライブに出演し、持てるエナジーとお金をすべて音楽に注いできたよ。最高のミュージシャンになるため全てを注いできたんだ。だから “Change of The Guard”, “Final Thought”, “The Next Step”, “The Rhythm Changes” といった楽曲はそういったエナジーで作ったんだよ。高校を出て18かそこらのころ、僕たちは皆音楽と JAZZ に全てを注いでいたから、すぐに道は開かれ “THE GLORIOUS TALE” がもたらされると思っていたね。だから “THE GLORIOUS TALE” は人生は思うように行かないこともあるということについてなんだ。だけどね、上手くいかなくても自分が思う正しい人生を歩んでいれば美しいんだよ。僕にとっての “THE GLORIOUS TALE” は高校を卒業して最初の大きなライブが JAZZ ではなく SNOOP DOGG とだったこと。JAZZ で世界を変えたいと思っていたけどそのドアは開かなくて別のドアが開いたってワケ。だけど彼とプレイすることで沢山学んだよ。彼らは僕が JAZZ を聴くのとは全く違う音楽の聴き方をする。彼らはまるで顕微鏡を通して音楽を聴いているような感じなんだけど、僕は望遠鏡を通している感じだ。つまり、SNOOP は決して僕に技術的に難しいことは要求して来なかったんだけど、全て特別な、彼の音楽に特化したフレーズをプレイしなければならなかったんだ。同じシンプルなフレーズでもいくつ違った風にプレイ出来るか?どのくらい音楽的に大きなインパクトを与えられるか?という可能性の領域を SNOOP からは学んだね。それから RAPHAEL SAADIQ, LAURYN HILL, CHAKA KHAN, 他にも沢山の人とプレイし、最初の JAZZ ライブをやる前に多くを学んだんだ。”THE GLORIOUS TALE” は人生が思うように行っていなくても、逸れた小道にある美しさを見ればいいじゃないかって伝えているんだね。”THE HISTORIC REPETITON” は歴史は繰り返すけれど自分の役割をしっかり認識していれば歴史も変えられるということについて。歴史を知ることで歴史のループにおける自分の位置をコントロールすることが出来るんだ。僕の父もミュージシャンだったから、父やその友人が苦しんでいる姿を見てきたよ。父は僕に沢山の音楽の歴史と偉大なミュージシャンの自叙伝を読ませたね。だから僕たちは歴史のループをディスプレイして、僕たちの位置がどのようにしたら変えられるか試したんだ。

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/168192066″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

Q4: As you say, you’ve been played with lot’s of great artists. Recently, your performance with Flying Lotus and Kendrick Lamar made you more popular. Also, This time, Flying Lotus involved with “The Epic” deeply. So, what is Flying Lotus and Kendrick to you?

【 KAMASI 】: Flying Lotus and Kendrick Lamar are kindred spirits to me. They like myself and the musicians that I grew up with in my band have maintained their true artistic identity over the course of their careers. The fact that they appreciated my music enough to invite me to play on their albums was a huge honor for me! Through the creative and expansive nature of their music they have cultivated an audience of people that are open-‐minded and searching for something new. So in a way they are trail blazers for me in what I’m trying to do.

Q4: 先ほど仰られたように、あなたは数々の偉大なミュージシャンと共演されてきました。最近の FLYING LOTUS, KENDRICK LAMAR との共演が世の中にあなたの名前を知らしめた部分もありますよね。FLYING LOTUS は今作にも深く関わっていますが、彼ら二人はあなたにとってどんな存在ですか?

【 KAMASI 】: FLYING LOTUS, KENDRICK LAMAR とは本当に意気投合したよ。彼らは僕自身と、僕と共に育ったキャリアを通じて本物のアーティスティックなアイデンティティを保ち続けている僕のバンドのメンバーたちと似ているんだ。実際、彼らが僕の音楽を賞賛してくれてアルバムに招いてくれたのは大きな栄誉だよ!彼らの音楽に対するクリエイティブでエクスパンシブな姿勢が教養のあるオープンマインドで新しいものを探しているオーディエンスを惹き付けるんだろうね。だから、彼らは僕がやろうとしていることの先駆者とも言えるだろうね。

Thundercat will release his solo material next week on Brainfeeder.“Them Changes” was co-produced by Flying Lotus and features Washington on saxophone. Listen below!!

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/210910118″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

Q5: I think “The Epic” is revolutionary album. But also, “The Epic” seems the love letter to Jazz Giants like Coltrane, Miles, Weather Report. To tell the truth, “Bitches Brew” is one of my favorite records, and when I heard “The Epic”, I remind the masterpiece at first! Anyway, in the writing process, were they in your mind, soul?

【 KAMASI 】: I’ve lived with the Music of these legendary musicians for my whole life. Their music is a part of who I am not just musically but emotionally and spiritually as well. So yes they were on my mind but in a subconscious way. I never consciously tried to put any of their musical ideas in my music but so much of who I am comes their musical “language”. I always tried to just be my self and allow my musicians to be themselves when we were performing this music. And when I was writing this music I was just trying to tap into the spirit of where I was.

Q5: “THE EPIC” は革命的なアルバムです。ただ同時にコルトレーン、マイルス、WEATHER REPORT といった JAZZ の巨匠たちに対するラブレターのようなアルバムでもあると感じました。作曲段階で彼らのことは心に在りましたか?

【 KAMASI 】: 僕は人生を通してそういった伝説的ミュージシャンの音楽と共に生きてきたんだ。彼らの音楽は音楽だけでなくそのエモーションやスピリットまで僕の一部になっているんだよ。だからうん、彼らは僕の心に居たね。ただ潜在意識の中にだけれど。意識して彼らのアイデアを自分の音楽に使うことは決してないよ。ただ僕を形成している多くの部分が彼らの音楽的”言語”から成り立っているんだ。僕はいつだって僕らしくいるようにしているし、バンドにも自分らしく演奏して欲しいと言っている。作曲している時はただそこにある自分のスピリットに入り込もうとしているだけなんだ。

Q6: Do you think “JAZZ is dead” in the music scene now?

【 KAMASI 】: No I don’t think Jazz is dead. I don’t believe that the life or death music is based off that music’s commercial success. In my opinion music is a form of true expression and in some ways great music can’t really die and untrue music never really lives. So jazz isn’t dead it’s just that a lot of the musicians that have been making the true jazz haven’t been in the eyes of the public. But if a time came when people got to hear the real music everyone would know how live it really is.

Q6: 現代の音楽シーンにおいて”JAZZは死んだ”と思いますか?

【 KAMASI 】: JAZZ が死んだとは思わないな。商業的成功に応じた音楽の生や死なんて僕は信じないよ。僕の考えでは音楽とは真の表現方法で、偉大な音楽は死なないし不実な音楽が生きることもないんだ。だから JAZZ は死んでいないよ。陽の目を見ていないだけで真の JAZZ を作り続けているミュージシャンは沢山存在するからね。時が来て人々が真の音楽を聴くようになれば、みんないかに素晴らしい音楽が存在しているか気づくだろうね。

kw11148346_1573937122869055_7478560173495519824_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED KAMASI’S LIFE!!

ART BLALEY “LIKE SOMEONE IN LOVE”

kw220px-Like_Somone_in_Love_(Art_Blakey_album)

JOHN COLTRANE “TRANSITION”

kw41FKdP6dZ3L._SY300_

IGOR STRAVINSKY “STRAVINSKY CONDUCTS STRAVINSKY”

kw51OkpprCv2L

JAMES BROWN “BLACK CAESAR”

kw20120731_9213bd

BILLY HOLIDAY “LADY SINGS THE BLUES”

kwBillie+Holiday+-+Lady+Sings+The+Blues+-+LP+RECORD-346462

 

【MESSAGE FOR JAPAN】

kw11100436_1573572409572193_4660219784689558084_n

Hey I’m coming in October and we’re going to have something very special prepared just for you! So you have to come check us out! And then take me to the best jam sessions so I can hear the local musicians in town! Then we can go get the best sushi. Then got to Shinjuku Taito Station and play Street Fighter!

やあ、僕は日本に10月に行くよ!何かとても特別なものを君たちのために用意するよ!だからぜひライブに来て欲しいな。街のミュージシャンともジャムってみたいし、最高の寿司も食べたいね。それから新宿のタイトーステーションでストリートファイターをプレイするんだ!

KAMASHI WASHINGTON

Buy:
iTunes: https://found.ee/kamasiepic-it
Ninjashop: https://found.ee/kamasiepic
Amazon: https://found.ee/kamasiepic-am
Follow:
Twitter: https://twitter.com/KamasiW
Soundcloud: @kamasi-washington
Youtube: https://youtube.com/user/KamasiWashin…
http://kamasiwashington.com/

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【YOSHIDA YOHEI GROUP : PARADISE LOST, IT BEGINS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH YOHEI YOSHIDA OF YOSHIDA YOHEI GROUP !!

yy11147586_958630444182319_1429287938013733770_n

NEW WAVE OF EXPERIMENTAL INDY POP/ROCK FROM TOKYO !! YOSHIDA YOHEI GROUP HAS JUST RELEASED THEIR NEWEST & GREAT RECORD “PARADISE LOST, IT BEGINS” !!

日本のシティーポップ、インディーポップ界隈が2010年代、際立って面白くなってきています。実験性とポップスを見事に融合させたオルタナティブなアーティストが続々と現れているのです。面白い事に、トクマルシューゴ、cero、森は生きている、oono yuuki、蓮沼執太フィルといったモダンポップの新世代たちはお互い時につながりながら、室内楽的な管弦楽器を含む多くの音を交えて表現するという共通点があります。今回フューチャーする 吉田ヨウヘイgroup はその中でも東京インディーズの顔として一際異彩を放っていると言えるでしょう。和製 DIRTY PROJECTORS と評された鮮烈なデビュー。そして前作 “Smart Citizen” は各方面から非常に高く評価され彼らの出世作となりました。それから一年。彼らはメンバーチェンジ、フジロック出演を経てさらにバンドとしてタイトになった新作 “Paradise Lost, it begins” をリリースしました。改めてその豊かな音楽性、アイデアには驚くばかり。フォーキーな歌唱、ポストロックの質感、ジャズ/マスロック由来の複雑でダイナミックなリズム、クラッシックのようなバンドアンサンブル。メンバー各自の音楽に対する造詣の深さが滲みでるような素晴らしい作品だと思います。新たなギターヒーローの座を約束されたかのような西田さんのプレイは時に硬質で時に情感豊か。池田さんのクラッシックをルーツとするフルートの演奏、アレンジと素晴らしく噛み合いバンドとしての成長を感じさせます。USインディーもブルックリンの音楽シーンも咀嚼し、前作よりも確実にロックのダイナミクス、グルーヴを強固にした新作はまるでポップスとは何か?を我々に問いかけているようにさえ感じました。 Jazz The New Chapter が拡散していくジャズならば、この人の提示するポップスはポップス界の Jazz The New Chapter ではないでしょうか? !バンドのリーダーである吉田ヨウヘイさんが彼らしく客観的にインタビューに答えてくれました!!

yy00106888.1431480368.1269orig

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【YOSHIDA YOHEI GROUP : PARADISE LOST, IT BEGINS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EIDOLA : DEGENERATERRA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREW WELLS OF EIDOLA!!

ei11141230_612244075478717_3075586309301913206_n

NEW POST-HARDCORE HERO FROM BLUE SWAN RECORDS!! EIDOLA HAS JUST RELEASED THEIR 2ND ALBUM “DEGENERATERRA” !! REALLY MASTERPIECE, DON’T MISS THAT!!

前作、The Great Glass Elephantから2年半、ついに2ndとなるDegeneraterraをリリースしたEidola。The Great Glass ElephantではPost-hardcoreをメインに据えながらもテクニカルなギター、情感豊かなボーカル、ニクい曲展開を備えた幅広いサウンドを見せてくれました。Dance Gavin DanceのギタリストWill Swanが運営するBlue Swan Recordsとの契約も記憶に新しい彼らですが、BSRの支援の下リリースされた今作は前作と方向性を同じくしつつもよりアグレッシブに、よりプログレッシブなものへと進化を遂げています。まさに正統進化であるとともに他のポストハードコアバンドとの圧倒的違いを感じさせる今作は、Post-hardcoreファンのみならず、Math Rockファン、Progressive Rockファンにも必聴の一枚に仕上がったと言えるでしょう。今回はバンドのフロントマン、Andrew Wellsへのインタビューを掲載します!

<文&翻訳>トーマスくん

ei10406649_614335471936244_3633330941135974890_n (1)

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EIDOLA : DEGENERATERRA】

NEW DISC REVIEW + Q&A 【JOHN CARPENTER : LOST THEMES】


EXCLUSIVE: Q&A OF JOHN CARPENTER!!

john-carpenter-brand-smoke

LEGENDARY MOVIE DIRECTOR, JOHN CARPENTER HAS JUST RELEASED FANTASTIC FIRST SOLO ALBUM “LOST THEMES” !!

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/174606737″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

“ハロウィン” “遊星からの物体X” など、数多のホラー、怪奇映画を手がける、映画界の伝説 JOHN CARPENTER。音楽にも非常に明るく、制作する映画のサウンドトラックも自ら手がけてきました。クラッシック、プログロック、エレクトロニカ、実験音楽に通じるような彼独特のサウンドは映画の重要なファクターであり、多くの信奉者を生んでいます。そんな JOHN CARPENTOR 初のソロアルバム “LOST THEMES” が2月にリリースされ、近年のエレクトロニカなサントラ再評価の流れとも相まって大きな話題となっています。JOHN と息子の CODY が地下室でセッションを行っている中から生まれたアルバムは全9曲。全てにあの JOHN CARPENTER 印が刻まれています。実は息子の CODY CARPENTER も音楽家。LUDRIUM というプログバンドの中心メンバーなのです。これでよいものが生まれない訳がないですね。 心地よい反復とどこか無感情な風合いが生み出すミニマルな世界。そもそもは低予算での製作に適していると使用された、彼の代名詞であるシンセサイザーを中心に JOHN の名付け子である DANIEL DAVIES (父親は THE KINKS のDAVE) も加わって様々な楽器を適材適所に使用。彼らだけの世界観を表現しています。例えば GOBLIN, TANGERINE DREAM から自身がファンだという GENESIS, そして TRENT REZNOR のファンまで幅広い層にアピールする名作だと思います。今回弊誌では三顧の礼でお願いし倒したところ、一問一答という形で取材に協力していただくことが出来ました。

続きを読む NEW DISC REVIEW + Q&A 【JOHN CARPENTER : LOST THEMES】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KAMELOT : HAVEN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH THOMAS YOUNGBLOOD OF KAMELOT!!

kamelot_band

FLORIDA-BASED PROG/POWER METAL GOD, KAMELOT HAS JUST RELEASED THEIR THE NEWEST ALBUM “HAVEN”!!

結成は 1991年。今年で記念すべき25周年を迎えるシンフォニックなUS産 POWER/PROG METAL バンド KAMELOT。その存在感は作品を重ねるごとに増し、今では押しも押されぬ POWER METAL の代表的なバンドになりました。ただ彼らの歩んできた道は決して平坦ではなく、”POETRY FOR THE POISNED” 発表後バンドの顔であり KAMELOT サウンドの体現者であったボーカル ROY KHAN がメンタルの問題から突然脱退し騒然となった事は記憶に新しいですね。新任は SEVENTH WONDER の TOMMY KAREVIK。実力者であることは判っていましたが、はたして KAMELOT に合うのだろうかと多くのファンがヤキモキしながら待ちわびた前作 “SILVERTHORN” はトミーが KAMELOT に合わせ込んできた印象。違和感は驚くほど少なかった気がします。それから3年。最新作 “HAVEN” がリリースされました。前作ですでに感じていた事ですが、 ロイの脱退によりソングライティングチームがロイ/トーマスからトーマス/オリバーに移行。”GHOST OPERA” 以降増していた、良く言えば芸術性の高い悪く言えばとっつきにくいロイ色が減退しています。今作はキーボーディストの OLIVER PALOTAI がさらに積極的に関わる事でゴシック色を強め、妖艶さから美しい歌メロにシフトが完了したように感じました。傑作 “BLACK HALO” とはまた違ったベクトルを持った名作の誕生です。ギタリストでメインソングライターの THOMAS YOUNGBLOOD は決してシュレッダーではないですし、リフメイカーと言う訳でもありません。そこが物足りないというプログメタルファンもいるでしょう。ただストリングス、クワイア、コンセプトを駆使して KAMELOT 独特の世界観を構築する事に関しては並々ならぬ才能を持った総合プロデューサー的彼の手腕はやはり高く評価されて然るべきだと思います。THOMAS に話が聞けました。なぜかロイに関する質問はNGでしたがどうぞ!!

kmm

 

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KAMELOT : HAVEN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PASSPO☆ : BEEF OR CHICKEN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AI NEGISHI OF PASSPO☆!!

paimg_PASSPO_2015

JAPANESE “AMERICAN GIRLS ROCK” !! PASSPO☆ HAS JUST RELEASED CUTE AND CATCHY THEIR THE NEWEST ALBUM “Beef or Chicken” !!

“少女飛行” で女性グループとしては初のデビューシングルがオリコン1位を記録。華々しく音楽シーンに登場した PASSPO☆ もデビューから4周年を迎えました。メンバーを”クルー”、ライブを”フライト”、ファンを”パッセン(ジャー)”、サポートバンドを”グランドクルー”と呼び、CAさんをイメージさせるような衣装を着用(かわいい)。空と旅をテーマにしたガールズロックユニットとしてアイドルの乱立する2015年に置いても存在感を放ち続けています。ガールズロック。彼女たちはメジャーデビューから常にロックを意識して活動してきました。2012年にリリースされた “エアライン3部作” ではLAメタル、ジャパニーズパンク、ジャーマンメタルに挑戦。ロビン・フィンク、クリス・チェイニー、ジョシュ・フリース、といった海外の大物を招いてファンを驚かせました。グランドクルーにも故 横山氏をはじめ、PANTHER、HIMAWARI といった実力派を集めメンバー自身楽器に挑戦したりとアイドルの概念を覆すような存在として注目を集めています。遂にリリースされた待望の新作 “Beef or Chicken” で提示された方向性は”アメリカンガールズロック”。確かに前作 “JEJEJEJET!!” と比較すると、リードトラック “HONEY DISH” に代表されるようにキュートでキラキラした楽曲が増えたように思います。ただ、PASSPO☆ の1番の良さであるキャッチーで一緒に歌いたくなるような楽曲という点では全く変わっていませんね。独特の少し切なくなるようなメロディーも健在。ペンネとアラビアータ機長こと w-inds.、Folder5、中ノ森バンドなどを手がけてきた阿久津健太郎氏の手腕はやはり素晴らしいですし、メンバー各自の成長、作詞に関わるといった決意も感じ取れる好盤だと思いました。今回、弊誌ではキャプテン(リーダー)のわりにマイペース。プレイしてきたゲームは100を超えるというゲーマーで、清純派な見た目のわりに腹黒いとクルー間で評判の白担当。あいぽんこと根岸愛さんにインタビューする事が出来ました。

panews_xlarge_passpo_beeforchicken_first_jk

 

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PASSPO☆ : BEEF OR CHICKEN】

WORLD PREMIERE: “NEVERMORE” 【SYMPHONY X】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “NEVERMORE” OF SYMPHONY X !!

SYMPHONY X SET TO RELEASE THEIR 9TH ALBUM “UNDERWORLD” ON 7/21!!

sxunnamed (2)

プログメタル通称プログメシーンの発展に最も寄与したバンドは間違いなく DREAM THEATERです。ただ彼らとは別の確固たる方法論、ベクトルを持ったプログメシーンの重要バンドが存在します。SYMPHONY Xです。DREAM THEATER が基本的にプログロックのメタル化という手法を採っていたのに対して SYMPHONY X の出自は MICHAEL ROMEO のシュレッドを軸としたネオクラシカル。クラッシックやオペラ的な大曲をも志向してきました。へヴィーなリフの導入にも積極的で PANTERA から最近では TOOL, MESHUGGAH のような数学的なセンスも巧みに採り入れています。また忘れてはならないのがボーカルの素晴らしさ。RUSSELL ALLEN という不世出のシンガーの情熱的な歌唱が SYMPHONY X の個性を決定づけています。そんな彼らの9枚目のアルバム “UNDERWORLD” のリリースがアナウンスされました!MICHAEL からコメントが届いています。

sxunnamed

“Musically, »Underworld« has things reminiscent of the bands previous albums but this one definitely has its own individuality, Every element added was in service of the song, so the album flows and becomes a total listening experience from start to finish. Every song is to-the-point and fine-tuned, with us paying a lot of attention to the hooks, voices, riffs, and keeping the interest and the energy high for the entire record. It is heavy and aggressive as fuck when it needs to be, yet soaring and emotional at other times. I think the balance is just right. It had to have all the elements of what we normally would do, just tweaked up a notch and really fine-tuned. You know, industry people have talked about how we’ll never see a complete album again, and that idea. I wanted to defend the reputation of the album, and really try to make »Underworld« worth listening to as a whole record. It’s what I love about great individual songs, but still an album experience. I don’t want to sound like I’m preaching, but it was a point we wanted to make. It was about the progression of the whole record. It speeds up here and then it dips down here. It all makes sense together, it all works together and it all flows together.”
音楽的に “UNDERWORLD” は過去のアルバムを想起させるものになるだろうね。ただこのアルバムは完全に独自の個性を持っているよ。全ての要素ひとつひとつは楽曲のために加えられているんだ。だからアルバムを通して最初から最後まで流れるように聴く事ができるんだ。全ての楽曲が的を得ていて微調整されている。フック、ボーカル、リフ、そしてアルバム全体が興味深く、高いエナジーを保つように注意したからね。必要ならばめちゃくちゃへヴィーでアグレッシブにもしているけど、時には高揚するエモーショナルを込めているよ。ちょうどいいバランスだと思うな。僕たちが普段からやっている音楽を詰め込んで後は微調整するだけだったよ。もう僕たちは完璧なアルバムを作れないんじゃないかって言われているけどそういった評判からアルバムを守りたかったんだ。そして “UNDERWORLD” をアルバム全体を通して聴く価値のあるものに仕上げたかった。僕は素晴らしい個々の楽曲を聴くのも好きだけど未だにアルバムというものに拘っているんだよ。別にその価値観を強要したい訳じゃないけど僕たちは今回そこを目指したんだ。アルバム全体を進化させる事にもなったね。アルバム1枚で意味をなす、効果を発揮する、一つの流れを作る…そんな作品さ。

sx221651_10150173336071577_1266515_n

Although »Underworld« is not a concept album

“like the last couple of records, there’s a theme that carries through, without it being storytelling. We try to find something to key in on and get the juices flowing, and here the goal was to find something a little dark but with emotional content. I started looking at Dante, and Orpheus in the underworld, where he’s going to go to Hades or hell to save this girl. So there’s the theme of going to hell and back for something or someone you care about.” Heavily inspired by the Italian poet Dante Alighieri, »Underworld« draws on the themes from »Divine Comedy« most notably the part on »Inferno«. As homage to Dante’s use of the number 3 and its multiples, the band utilizes this motif in its music either in a lyrical or melodic context. The first song on the album is a three syllable, three note melodic phrase, and in the verses there are three references to three songs on the bands third album, »The Divine Wings Of Tragedy«. “There’s cool shit like this all over the record,” Romeo reports.
とはいえ “UNDERWORLD” はコンセプトアルバムではないんだ。最近の二枚のレコードは物語ではないけれどアルバムを通してテーマがあったよね。今回は創造性に任せたんだけど、少しダークだけどエモーショナルな内容にたどり着いたんだ。ダンテと地獄のダンテに着目する事から始めた。少女を助けるためハーデスか地獄に向かおうとしている男の話さ。だからテーマは地獄から大事な物や人を取り返す事について。イタリアの詩人 DANTE ALIGHIERI には多大なインスピレーションをもらったよ。”UNDERWORLD” は “DIVINE COMEDY” 、とりわけ “INFERNO” のテーマを描いていているんだ。ダンテが数字の3を使用していた事のオマージュとしてそれを音楽や歌詞、メロディーに込めているよ。アルバムの最初の曲には3つの音節、3つのメロディックフレーズがあり、そしてヴァースは3rd アルバム “THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY” からの3曲に関連づけているんだ。

MICHAEL ROMEO

The track list for »Underworld«:

  1. Overture
  2. Nevermore
  3. Underworld
  4. Without You
  5. Kiss Of Fire
  6. Charon
  7. Hell And Back
  8. In My Darkest Hour
  9. Run With The Devil
  10. Swansong
  11. Legend

Pre-order »Underworld« here: http://nblast.de/SXUnderworldNB

Visit SYMPHONY X online at

www.SYMPHONYX.comwww.facebook.com/SYMPHONYX I www.nuclearblastde/symphonyx

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/14373787″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!