タグ別アーカイブ: J-POP

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OMERTA : CHARADE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH OMERTA !!

“Even Many Of The Biggest Japanese Mainstream Hits Tout Musical Penmanship With Such Finesse That It Makes Western Music Look Amateur And Incompetent By Comparison.”

DISC REVIEW “CHARADE”

「日本のメディアは欧米のメディアよりも常にエッジが効いているんだ。だから、オルタナティブな文化に憧れを抱いて育った子供時代には、当然その方が魅力的だった。題材がより成熟していたのか、アートスタイルがそうだったのか、何にせよ、欧米で普通に見られるものよりも奥深さや意図があるように思えた。また、僕たちはインターネットとともに成長し、日本のメディアは多くのオンライン・コミュニティに信じられないほど強い影響力を持っている。日本の技術力は言うまでもないしね。だから自然と、今日のインターネット文化は、日本にルーツがあるだろうものの下流にある作品が多くなったんだよ」
先日、来日を果たし大盛況のうちにツアーを終えた BLIND EQUATION が最も影響を受けた音楽が、ZUN による東方サウンド・トラックでした。そう、現代ほど日本のサブカルチャーやアンダー・グラウンドの文化が世界中に “飛び火” し、花開いた時代はなかったはずです。なぜそんな状況が訪れたのか。今、日本のネット音楽界隈で最も “バズって” いるアメリカのバンド OMERTA は、その理由を日本のアートが異質で尖っていたから、そうした日本文化を敬愛するオンライン・コミュニティで育ったから、そしてそんなファンタジーの世界が、メタルと同様に暗い世界で増えつつある心を病んだ “メンヘラ” な人たちの逃避場所となっているからだと説明します。つまり、同時多発的な日本文化礼賛バンドのバイラルは、決して偶然ではなく必然なのでしょう。
「アメリカで育ってきた僕にとって、アメリカのメインストリーム音楽はとても “安全” な傾向があるんだよ。西洋音楽と非西洋音楽の断絶は驚くほど明白だよ。平均して、西洋の曲は不協和音、調の変化、半音階的表現、ポリリズムなどを避け、非常に無難な旋律とリズムの慣習に従っている。これとは対照的に、日本の音楽は曲作りやプロダクションのデフォルト・モードとして複雑さやテクニックを用いることが多い。日本ではメインストリームの大ヒット曲の多くでさえ、西洋音楽が素人や無能に見えるほど精巧な音楽的巧妙さを売り物にしている」
さらに、ラテン系やアジア系をルーツに持つ OMERTA にとって、欧米のメインストリーム・ミュージックはあまりに安全で、耳に馴染まず、冒険心のない音楽に聴こえました。移民の国アメリカのメインストリームは、すでに誰からも愛される音楽ではありません。
一方で、吸収と研究が得意な日本。様々な場所から無節操に思えるほど多くの影響を取り入れ、コード感や変調、リズムの豊かさを強調し、それでいて日本らしいポップなメロディを備える  J-Rock やアニメ、ゲームの音楽こそ、OMERTA にとってはよほど魅力的な挑戦に見えたのでしょう。
「メタルコアや Nu-metal、あるいは僕たちより前に存在していたかもしれない他のジャンルの既存の基盤の上に、僕たちの音楽を構築することではない。これらのジャンルにはそれぞれ理論的な天井があり、それを突破することはできないから。僕たちの作曲に対するアプローチは、ラベルを無視して、最も適切と思われるものをただ書くというもの。僕たちは、アーティストとは神のインスピレーションを直感し、解釈し、伝える媒介物に過ぎないと固く信じている。ジャンルの枠に自分を縛ることは、唯一無二の美しさを歪めてしまう危険性があるからだ」
そんな、BLIND EQUATION や OMERTA といった日本文化の “下流“ にある Z世代のアーティストが口を揃えて主張するのが “ジャンルの破壊” です。実際、OMERTA の音楽にジャンルのラベルを貼ることは決して簡単ではないでしょう。巨大なバイラルを得た最新シングル “Charade” を聴けば、メタルコアや Nu-metal はもちろん、プログレッシブ、J-Rock, K-Pop, ボカロやアニメ、ヒップホップなど実に多様な音のパレットが反発することもなく耳下に広がっていきます。
そう、ネット世代の若さは壁をたやすく突き破りました。彼らの使命は、芸術とはこうあるべきだという期待やステレオタイプに挑戦すること。結局、暴力的な芸術とは慣例の破壊。粉々に吹き飛ばされた瓦礫の上に、何か美しいもの、何か新しいものを構築することこそ “Hyperviolence” なのです。
今回弊誌では、OMERTA にインタビューを行うことができました。メタル魔法少年オメルたん。薄い本にも期待です。Vincente Void が生んだ、アメリカで “一番嫌われている” ボーイズ・バンドだそうですよ。どうぞ!!

OMERTA “CHARADE” : 10/10

INTERVIEW WITH OMERTA

Q1: First of all, how do you feel now that you are getting so much buzz in Japan?

【OMERTA】: We feel a combination of disbelief and elation. Being a relatively obscure American band, we could have only dreamed of the reception we’re receiving for our latest single, “Charade”. It’s still difficult to fathom, but we feel extremely grateful to Japan for giving us a chance.

Q1: まず、今 OMERTA が、日本でこれだけバズっていることをどう感じていますか?

【OMERTA】: 信じられない気持ちと高揚感が入り混じっているね。比較的無名のアメリカのバンドだった僕たちが、最新シングル “Charade” でこれほどの評価を受けるとは夢にも思っていなかったからね。まだ理解するのは難しいけど、チャンスを与えてくれた日本にとても感謝しているんだ。

Q2: Actually, I hear you guys are heavily influenced by Japanese music? How did you come to love it? What Japanese artists do you like?

【OMERTA】: We are extremely influenced by Japanese music. Actually, Japanese music was what some of us initially fell in love with. Growing up watching a lot of anime, much of our initial exposure to rock and metal came from anime opening and ending theme songs. We were obsessed with artists like Asian Kung-Fu Generation, UVERworld, Maximum the Hormone, flumpool, L’Arc~en~ciel, and more. Our producer and songwriter, Vincente Void, used to be in a band called Darke Complex, and they even toured with VAMPS – which you might know as the rock band started by Hyde and K.A.Z. Some of us also played a lot of video games when we were younger, and composers like Nobuo Uematsu (Final Fantasy) and Yasunori Mitsuda (Chrono Trigger) were our gateway to genres like jazz. We love too many Japanese artists to list here, but we can give you a list of some whose influence contributed to our music and aesthetic: Sheena Ringo/Tokyo Incidents, 笹川真生, moreru/yumesaki, Kikuo, Malice Mizer,ゆよゆっぺ, Joe Hisaishi,Asunojokei, ツミキ/NOMELON NOLEMON, Daoko/QUBIT,原口沙輔,ELFENSJoN, sora tob sakana, AiNA THE END, ARUKARA, EGO-WRAPPIN’, Ryuichi Sakamoto, Maison book girl, Cö shu Nie, Hakushi Hasegawa, tricot, Hikaru Utada, ゲスの極み乙女。, t +pazolite, NEE, DADARAY, Lie and a Chameleon, Kobaryo, Yokai Jaki, PSYQUI, youまん、みゆな、DJ Kawasaki, UNLIMITS, RYUTist, SHISHAMO, Rirugiliyangugili, Annabel, School, Food Punishment, la la larks, Hiromi Uehara, CVLTE, Utsu-P, MARETU, Mega Shinnosuke, FreeTEMPO, and MYTH & ROID. This is only a small portion of our favorite artists, but it should demonstrate the diversity among what we are inspired by. We also like Touhou music, haha.

Q2: バズった理由のひとつが、あなたたちが日本の音楽に大きな影響を受けている点ですね。なぜ日本の音楽を好きになったのですか?どんな日本のアーティストがお気に入りですか?

【OMERTA】: 日本の音楽には非常に影響を受けているよ。実は、メンバーの中には日本の音楽が最初に好きになった人もいるくらいでね。アニメをたくさん見て育った僕たちが最初にロックやメタルに触れたのは、アニメのオープニングやエンディングのテーマ曲からだったから。
Asian Kung-Fu Generation, UVERworld, Maximum the Hormone, flumpool, L’Arc~en~ciel といったアーティストに夢中になっていたよ。僕たちのプロデューサーでソングライターのVincente Void は、かつて DARKE COMPLEX というバンドに在籍していて、Hyde と K.A.Z が始めたロックバンドとして知られる VAMPS とツアーをしたこともあるんだよ。それに、僕たちの中には、若い頃にビデオゲームをよくプレイしていた人もいる。植松伸夫(ファイナル・ファンタジー)や光田康典(クロノ・トリガー)といった作曲家は、ジャズのようなジャンルへの入り口だった。
ここでは紹介しきれないほど多くの日本人アーティストを愛しているけど、僕たちの音楽や美学に影響を与えたアーティストをいくつか紹介しよう。椎名林檎/東京事変, 笹川真生, moreru/yumesaki, きくお, Malice Mizer, ゆよゆっぺ, 久石譲, 明日の叙景, ミキ/NOMELON NOLEMON, Daoko/QUBIT, 原口沙輔, ELFENSJoN, sora tob sakana, AiNA THE END,アルカラ, EGO-WRAPPIN’,坂本龍一, Maison book girl,Cö shu Nie,長谷川白紙, tricot, 宇多田ヒカル, ゲスの極み乙女。, t+pazolite, NEE, DADARAY,  嘘とカメレオン, kobaryo, Yokai Jaki, PSYQUI, youまん, みゆな, DJ KAWASAKI, UNLIMITS,  RYUTist, SHISHAMO, Rirugiliyangugili, Annabel, School, Food Punishment, la la larks, 上原ひろみ, CVLTE, 鬱P, MARETU, Mega Shinnosuke, FreeTEMPO, MYTH & ROID。これは僕たちの好きなアーティストのほんの一部だけど、それでも僕らがインスパイアされるものの多様性を示しているはずだ。あとは東方の音楽も好きだよ (笑)。

Q3: What do you think are the advantages of your beloved Japanese artists over their foreign counterparts? What parts in particular do you find attractive?

【OMERTA】: There are actually quite a few appealing distinctions to explore here. We could probably write an entire dissertation about the subject, but we’ll try to condense it as much as possible haha. First of all, it’s important to establish the context for our response. This might not make sense to Japanese people given that you’ve grown up listening to this kind of music, but, having grown up in the US, mainstream music here tends to be very “safe”. All of us come from either Asian or Latin backgrounds. As such, our tastes were primed from a very young age by the music of our respective cultures, and the disconnect between Western music and non-Western music is incredibly apparent. On average, Western songs follow very inoffensive melodic and rhythmic conventions, shying away from things such as dissonance, key changes, chromaticism, polyrhythms, and so on. Japanese music, by contrast, often employs complexity and virtuosity as a default mode of songwriting and production. Even many of the biggest Japanese mainstream hits tout musical penmanship with such finesse that it makes Western music look amateur and incompetent by comparison. In addition to this, Japanese music is less concerned with genre distinctions and will indiscriminately pull from different styles of music spanning decades of theory and culture. For example, funk-inspired bass, jazz-inspired chord progressions, disco-inspired drum beats, and punk-inspired guitars are all typical elements comprising what can broadly be defined as J-Rock. Japanese music, no matter how modern, also usually incorporates some base level of ethnic influence in compositional elements like vocal melodies or scales. This is something that we strive to do with our own music – glorifying our culture, which we take pride in, by imbuing our work with it. There is so much more that can be said on this topic, but hopefully this will suffice.

Q3: 日本のアーティストが海外のアーティストより優れている、耳を惹く点はどこだと思いますか?特にどんな部分に魅力を感じますか?

【OMERTA】: 魅力的な部分はたくさんあるよ。このテーマについては、おそらく論文一本書けるだろうけどできるだけ凝縮して紹介しよう。
まず第一に、僕たちのレスポンス、その文脈から確立することが重要だろう。日本の音楽を当たり前に聴いて育ってきた日本人には理解できないかもしれないけど、アメリカで育ってきた僕にとって、アメリカのメインストリーム音楽はとても “安全” な傾向があるんだよ。
僕たちは皆、アジア系かラテン系にルーツを持つ。だから、僕たちの嗜好は幼い頃からそれぞれの文化圏の音楽によって形成されがちだった。西洋音楽と非西洋音楽の断絶は驚くほど明白だよ。平均して、西洋の曲は不協和音、調の変化、半音階的表現、ポリリズムなどを避け、非常に無難な旋律とリズムの慣習に従っている。これとは対照的に、日本の音楽は曲作りやプロダクションのデフォルト・モードとして複雑さやテクニックを用いることが多い。日本ではメインストリームの大ヒット曲の多くでさえ、西洋音楽が素人や無能に見えるほど精巧な音楽的巧妙さを売り物にしている。
これに加えて、日本の音楽はジャンルの区別をあまり気にせず、何十年もの理論や文化にまたがるさまざまなスタイルの音楽を無差別に引っ張ってくる。例えば、ファンク風のベース、ジャズ風のコード進行、ディスコ風のドラム・ビート、パンク風のギターなどはすべて、広義にJ-Rock と定義できる音楽を構成する典型的な要素となった。
日本の音楽は、どんなに現代的なものであっても、ボーカルのメロディーや音階のような構成要素に、基本的に民族的な影響を取り入れている。これは僕たちが自分たちの音楽で心がけていることでもある。自分たちが誇りに思っている文化を自分たちの作品に反映させることによって、自分たちの文化を称揚しているんだ。このトピックについては、もっと多くのことを語ることができるけど、とりあえずはこれで十分だろう。

Q4: The artwork shows that you have a deep knowledge not only of music, but also of Japanese culture, such as anime, manga and video games. Can you tell us about some of your favorite works?

【OMERTA】: I don’t think we can fit all of our favorite Japanese media here, so we will try to keep these lists as brief as possible. We read Japanese novels and watch movies as well, but we’ll just stick to anime, manga, and video games for the sake of this interview.
Anime: Sonny Boy, Monster, Serial Experiments Lain, YuYu Hakusho, Bobobo-bo Bo-bobo, Ergo Proxy, Chainsaw Man, Magical Destroyers, A Silent Voice, Boogiepop Phantom, Angel’s Egg, Texhnolyze, Tekkonkinkreet, Made in Abyss, Terror in Resonance, Steins;Gate, Neon Genesis Evangelion, From the New World, Higurashi When They Cry, AnoHana, Belladonna of Sadness, Devilman Crybaby, Patema Inverted, Puella Magi Madoka Magica, Wonder Egg Priority, Alice to Therese no Maboroshi Koujou
Manga: Goodnight Punpun, Heavenly Delusion, Homunculus, Starving Anonymous, MPD Psycho, The Flowers of Evil, Chi no Wadachi, Pita-Ten, Super-Dimensional Love Gun, Shナo Tsubaki, The Laughing Vampire, PTSD Radio, The Drifting Classroom, Uzumaki, Cage of Eden, Dragon Head, Ajin, The Life of Namazuko, God’s Right Hand Devil’s Left Hand, Cat Soup, Scumbag Loser
Video games: Yume Nikki, Pokemon, Resident Evil, NieR, Phantasy Star Online 2, The Legend of Zelda, Kingdom Hearts, Chrono Trigger, Mother, Parasite Eve, Tekken, Fire Emblem, Soul Calibur, Aka Manto, Final Fantasy, Persona, Animal Crossing, Super Mario, Silent Hill, Dragon Quest, Super Smash Bros, Mega Man, Fatal Frame, Katamari Damacy, Sonic the Hedgehog, Yakuza, Shin Megami Tensei, Corpse Party .

Q4: 市場大介のアートワークを見れば、あなたたちが音楽だけでなく、アニメや漫画、ゲームなど日本の文化にも造詣が深いことが伝わります。好きな作品をいくつか教えていただけますか?

【OMERTA】: 僕たちが好きな日本のメディアをすべてここに載せることはできないと思うから、できるだけ簡潔にリストアップしたいと思う。僕たちは日本の小説も読むし、映画も見るけど、このインタビューではアニメ、漫画、ビデオゲームに限定するね。

アニメ: “Sonny Boy”, “Monster”, “Serial Experiments Lain”, “幽遊白書” “ボボボーボ・ボーボボ”, “Ergo Proxy”, “チェーンソー・マン”, “魔法少女マジカルデストロイヤーズ”, “サイレント・ヴォイス”, “ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom”, “天使のたまご”, “TEXHNOLYZE”, “鉄コン筋クリート”, “メイドインアビス”, “残響のテロル”, “シュタインズ・ゲート”, “新世紀エヴァンゲリオン”, “新世界より”, ひぐらしのなく頃に解”, “あの花”, “哀しみのベラドンナ”, “DEVILMAN crybaby”, “逆転裁判”, “魔法少女まどか☆マギカ”, “ワンダーエッグプライオリティ”、”アリスとテレスのまぼろし工場”

マンガ: “おやすみプンプン”, “天国大魔境”, “ホムンクルス”, “食糧人類-Starving Anonymous-“, “多重人格探偵サイコ”, “悪の華”, “血の轍”, “ぴたテン”, “Super-Dimensional Love Gun”, “少女ツバキ”, “笑う吸血鬼“, “後遺症ラジオ”, “漂流教室”, “うずまき”, “エデンの檻”, “ドラゴンヘッド”, “亜人”, “The Life of Namazuko,”, “神の左手悪魔の右手”, “ねこぢる”, “最底辺の男 -Scumbag Loser-”

ビデオゲーム: “夢日記”, “ポケモン”, “バイオハザード”, “NieR”, “ファンタシースターオンライン2”, “ゼルダの伝説”, “キングダムハーツ”, “クロノ・トリガー”, マザー”, “パラサイト・イヴ”, “鉄拳”, “ファイアーエムブレム”, “ソウルキャリバー”, “Aka Manto”, “ファイナル・ファンタジー”, “ペルソナ”, どうぶつの森”, “スーパーマリオ”, “サイレント・ヒル”, “ドラゴン・クエスト”, “大乱闘スマッシュブラザーズ”, “ロックマン”, “零”, “塊魂“, “ソニック・ザ・ヘッジホッグ”, “龍が如く”, “真・女神転生”, “コープスパーティー”

Q5: Nowadays, there is a real increase in the number of metal and hardcore artists influenced by such anime and games in Japan, but what is it about them that you and others share?

【OMERTA】: Personally, we believe this is due to being similar in age and coming from similar backgrounds. Japanese media always had more of an edge to it than Western media, and, naturally, this made it much more appealing as a child growing up with a fascination for alternative culture. Whether this was due to the more mature subject matter, the art style, or what have you, there just seemed to be more depth and intention behind it than what would normally be available in the West. We also grew up with the internet, and Japanese media has an incredibly strong influence on many online communities – that’s not even to mention Japanese technological prowess. This naturally results in a lot of today’s internet-informed culture being downstream from what might have its roots in Japan.

Q5: 今、世界では、そうした日本のアニメやゲームに影響を受けたメタルやハードコアのアーティストが本当に増えていますが、それはなぜなんでしょう?

【OMERTA】: 個人的には、そうしたアーティストたちは年齢が近いことと、同じようなバックグラウンドを持っていることが理由だと考えているよ。日本のメディアは欧米のメディアよりも常にエッジが効いているんだ。だから、オルタナティブな文化に憧れを抱いて育った子供時代には、当然その方が魅力的だった。題材がより成熟していたのか、アートスタイルがそうだったのか、何にせよ、欧米で普通に見られるものよりも奥深さや意図があるように思えた。
また、僕たちはインターネットとともに成長し、日本のメディアは多くのオンライン・コミュニティに信じられないほど強い影響力を持っている。日本の技術力は言うまでもないしね。だから自然と、今日のインターネット文化は、日本にルーツがあるだろうものの下流にある作品が多くなったんだよ。

Q6: When I think of Omerta I think of the Lamb of God song, why did you choose this name?

【OMERTA】: We can’t tell you that. It would violate our omerta.

Q6: “Omerta” といえば、LAMB OF GOD の曲が思い浮かびますが、なぜこの名前を選んだのですか?

【OMERTA】: それは言えない。我々の “オメルタ” “沈黙の掟” に反するから。

Q7: On social media you guys raised influences from Issues, System of a Down, Protest the Hero? All of the bands are quite technical and progressive, but is this complex yet catchy music like Metalcore, Nu-metal the foundation of your music?

【OMERTA】: It’s difficult to distill the foundation of our music within the space of a single post. To be honest, we consider genres to be an archaic way of classifying and conceptualizing music. Because of the internet, most young people have grown up with the ability to access the entire world’s digitally archived collection of music on a whim. Nowadays, normal listening habits usually consist of a wide array of genres and artists – due to social media algorithms shaping behavioral patterns – rather than the more narrow tastes of yesteryear. As a band, our intention is not necessarily to build our music atop the pre-existing foundations of metalcore, nu metal, or any other genre that might have existed before us. Each one of these genres has a theoretical ceiling to it that it cannot breach, otherwise it ceases to be that very thing altogether. Case in point, look at the very recent lack of innovation in most guitar-based music, and you will soon notice the increasingly popular trend of recycling older genres (post-hardcore, shoegaze, metalcore, etc.) outright with zero progression. If anything, their older incarnations might have been even more ambitious and experimental than their strangely reductive, modern counterparts. Rather, our approach to writing music is to just ignore labels and simply write whatever feels the most appropriate. We firmly believe that artists are simply mediums through which divine inspiration is intuited, interpreted, and communicated. To restrict yourself to the confines of a genre is to risk distorting the beauty of something that has no existing equivalent. To that end, “nu metal” and “metalcore” are two very flexible styles of expressing aggression that have both had their fair share of incredible, forward-thinking artists such as System of a Down, Issues, and Protest the Hero, who all seem to be cut from the same cloth as us. Sometimes the song demands a “nu metal”-style rhythm. Sometimes it demands a “slam”-style riff. We don’t decide that; the song does.

Q7: ソーシャルメディアで、あなたたちは ISSUES, SYSTEM OF A DOWN, PROTEST THE HERO から影響を受けていると言及していましたね。
どのバンドもかなりテクニカルでプログレッシブですが、メタルコアや Nu-metal のような複雑でありつつキャッチーな音楽があなたたちの音楽の基盤なのでしょうか?

【OMERTA】: 僕たちの音楽の基盤を1つのポストの中で抽出するのは難しいよ。正直に言うと、ジャンルは音楽を分類し概念化する古臭い方法だと考えているくらいでね。
インターネットのおかげで、ほとんどの若者は、デジタルアーカイブされた全世界の音楽コレクションに気まぐれにアクセスできるようになった。現在では、通常のリスニング習慣は、かつてのような狭い嗜好ではなく、ソーシャルメディアのアルゴリズムが行動パターンを形成しているため、幅広いジャンルやアーティストで構成されている。
バンドとしての僕たちの意図は、必ずしもメタルコアや Nu-metal、あるいは僕たちより前に存在していたかもしれない他のジャンルの既存の基盤の上に、僕たちの音楽を構築することではない。これらのジャンルにはそれぞれ理論的な天井があり、それを突破することはできないからだ。
例えば、最近のギター・ベースの音楽が革新的でないことを見れば、彼らが古いジャンル(ポスト・ハードコア、シューゲイザー、メタルコアなど)をそのまま流用し、進歩がないことに気づくだろう。どちらかといえば、古いジャンルのほうが、妙に還元的な現代音楽よりも野心的で実験的だったかもしれない。
むしろ、僕たちの作曲に対するアプローチは、ラベルを無視して、最も適切と思われるものをただ書くというもの。僕たちは、アーティストとは神のインスピレーションを直感し、解釈し、伝える媒介物に過ぎないと固く信じている。ジャンルの枠に自分を縛ることは、唯一無二の美しさを歪めてしまう危険性があるからだ。
とはいえ、その意味で、”Nu-metal “と “メタルコア “は、攻撃性を表現する2つの非常に柔軟なスタイルであり、どちらもISSUES, SYSTEM OF A DOWN, PROTEST THE HERO のような驚異的で先鋭的なアーティストを輩出してきた。僕らはどうやら同じような場所から生まれているようだ。ただ、僕らの楽曲は時に “Nu-metal” スタイルのリズムを要求することもあれば、”スラム” 風のリフを要求することもある。それを決めるのは僕たちではなく、楽曲なんだよ。

Q8: In Japan, visual-kei, heavy metal, anime and video games have become a place for mentally ill people “Menhera” to escape from reality. Perhaps you, too, can provide such people with a place where they can feel safe in the future?

【OMERTA】: Yes, that is our raison d’etre.

Q8: 日本では、ヴィジュアル系、ヘヴィ・メタル、アニメ、ビデオゲームが、心を病んだ “メンヘラ” と呼ばれる人たちの現実逃避の場になることがあります。もしかしたらあなたたちも、そうした人たちに将来、安心できる場所を提供することができるのではないでしょうか?

【OMERTA】: そうだね。まさにそれが僕たちの存在意義なんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED OMERTA’S LIFE!!

Nastyona “Another Secret”

笹川真生 “サニーサイドへようこそ”

Pierce the Veil “A Flair for the Dramatic”

きくおはな “第二幕”

The Number Twelve Looks Like You “Mongrel”

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you both for your support and for the unending inspiration you provide us with. We hope to make our way to your country someday soon. Until then, please continue to spread the word about Omerta and our extended team, END (Every Night Dawns). We have much more in store for you, and we can’t wait to share our violent art with the world. We love you.

応援をありがとう!日本の人たちが僕らに与えてくれる尽きることのないインスピレーションに感謝するよ。いつの日か、日本に行けることを願っているよ。それまでは、OMERTA と僕たちの拡張チーム、END(Every Night Dawns)のことを広めてほしい。僕たちの暴力的なアートを世界と共有するのが待ちきれないね。愛しているよ!

OMERTA 

OMERTA Facebook

OMERTA Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SAIDAN : ONRYO Ⅱ: HER SPIRIT ETERNAL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SAIDAN !!

“America Used To Have an Obsession With Remaking The Famous Japanese Horror Films, And To Me, They Were Never Scary, Because It Placed Those Stories In Our Culture. To Me What Makes Japanese Horror Stand Out, And What Makes It Scarier, Is The Differences In Our Surroundings, And Cultures.”

DISC REVIEW “ONRYO Ⅱ: HER SPIRIT ETERNAL”

「当初はバンド名に、宗教的な意味合いから英語の “Altar” (祭壇) を使おうと考えていたんだ。でも、その名前を使ったバンドはすでにたくさんあるし、日本をテーマにしたものを書き始めていたから、”Saidan” の方がしっくりくるかなと思ったんだよね」
ナッシュビルから登場した USBM の雄、SAIDAN のメンバー Saidan と Shadosai は、日本文化への大きな愛と興味を持ち続けています。例えば、TRIVIUM の Matt Heafy がそうであるように、日本の神話、芸術、大衆文化において恐怖の概念がどのように表現され、それがいかに西洋の手法、恐怖と異なるのかに彼らもまた着目しているのです。
もちろんこれまでも、日本のフォルクローレ、その表層をテーマとした海外のバンドは少なからず存在しました。しかし、Matt の IBARAKI や アルゼンチンの IER、そして SAIDAN のように、日本の民俗的伝承や日常の深層までふみこんで音に委ねるアーティストが近年増えています。これぞメタル好奇心の生命力と感染力のたまもの。
「アメリカはかつて、日本の有名なホラー映画をリメイクすることに執着していたよね。でも、僕にとってそれは決して怖いものではなかったんだ。だから、日本のホラーを際立たせ、より怖くしているのは、おそらく僕たちを取り巻く環境と文化の違いだと思うんだ」
人間が持つ恐怖の感情は、おそらくその対象が未知のものであればあるほど増大する。そういった意味からも、およそ恐怖や狂気、死を描くブラックメタルのテーマとして西洋には馴染みの薄い日本の怪談を選ぶことはなるほど、理にかなっています。ただし、興味深いことに SAIDAN は、精神疾患や社会病質といった見えざる恐怖を引き起こす日本の悪霊、幽霊、妖怪、呪いと西洋の魔女を恐怖のスープでコトコトと煮込んで混交させているのです。
「BALZAC, LOUDNESS, DOG inThe PWO, X Japan、ANTHEM, 神聖かまってちゃんといったバンドにね。そして、Mrs.GREEN APPLE、DISH//、PassCode、Dizzy Sunfist、YOASOBI みたいな新しいグループにも影響を受けている。その他にもたくさんの日本のアーティストが、僕の作品作りに大きな影響を与えてくれているよ」
驚くべきことに、SAIDAN の異文化交流は恐怖だけではありません。まさに日本との架け橋となるべく、彼らは日本のロックやポップス、メタルからの影響まで大胆に料理して、鍋の中へと放り込みました。それはさながら恐怖を際立たせるためのイヤー・キャンディー。それとも生への渇望でしょうか。”Onryo” のサウンドや構成はブラックメタルであるにもかかわらず、生き生きとした、喜びさえ感じさせる多幸感のスパイスが用意されているのです。
「日本のポップスには独自のスタイルとフィーリングがあるんだよね。コード進行やメロディーも独特で、本物の楽器が使われている。一方、アメリカのポピュラー音楽は、ほぼ100% “フェイク” なんだ」
ポップでフレンドリーなリフ、ダンスホールのリズム、叫び声と極北のアンビエンスの奇妙な組み合わせでハイテンションな “Kissed by Lunar’s Silvery Gleam” で幕を開けるアルバムは、とてつもなく多くの音楽を提供してくれる怨霊の玉手箱。J-Rock、J-Pop, パンク、ポスト・ブラック…そしてドリーミーなシューゲイザーまで、あらゆる影響を SAIDAN のスタイルに取り込み、それがどんなに矛盾していても必死ですべてを成立させていきます。この包括的な精神は、他の楽曲にも波及し、エネルギッシュでポップなリフ、チャギーなリズム、冷たいアンビエンス、苦悶の叫び、神々しき多幸感、儚さと喪失感、つまり黒さと白さが等しく溢れかえっているのです。
重要なのは、ただポップであるのではなく、生々しく肉感的ブラックメタルの嗚咽に沿ってメロディックであることでしょう。シンセのキラキラとあいまって “Queen of the Haunted Dell” には COB の華やかささえ感じますし、”Yuki Onna” の素晴らしきJ-POP感も出色。
今回弊誌では、SAIDAN にインタビューを行うことができました。「日本の怪談やホラー映画について書き始めたのは、それらを読んだり見たりすることで、当時の人生で起こっていたすべてのことを忘れることができたからなんだ。西洋の音楽の中では、日本の怪談をテーマとしたストーリーはほとんど語られていない気がしたしね」 どうぞ!!

SAIDAN “ONRYO Ⅱ: HER SPIRIT ETERNAL” 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SAIDAN : ONRYO Ⅱ: HER SPIRIT ETERNAL】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【JYOCHO : 互いの宇宙 (A PARALLEL UNIVERSE)】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAIJIRO OF JYOCHO !!

115820180214114318-2

Japanese Math/Post-Rock Icon, Daijiro Of Jyocho Has Just Released The Most Imaginative, Delicate, and Emotional Record To Date “A Parallel Universe” !!

DISC REVIEW “互いの宇宙”

「JYOCHO は自由な存在です。聞きたい時、あなたが必要な時に聞いてください。」 もはや宇宙コンビニの看板は不要でしょう。日本随一のギターシェフ、だいじろー氏が京都から世界へ和の “情緒” を伝える集合体 JYOCHO。アニメ “伊藤潤二『コレクション』” のエンディングテーマを含む “互いの宇宙 e.p” には、”鮮度” を何よりも愛おしむ料音人の拘りと力量が思うままに詰め込まれています。
デビュー作 “祈りでは届かない距離” から程なくして届けられた前作 “碧い家で僕ら暮らす” には、確かな変化と進化の証が封じ込められていました。童話やお伽噺、夢のある空想の物語から、よりリアルで自然体な世界観へとシフトした作品は、”碧い家” すなわち地球に暮らす私たちの刹那性とそれでも守るべきものについて、住人たちへナチュラルに寄り添い対話をはかります。
rionos から猫田ねたこに引き継がれたボーカルは変化の象徴かも知れませんね。「少年ぽい質感の声が好み」 とだいじろー氏が語るように2人の声質は共に中性的なイメージを特徴とします。ただし、rionos のドリーミーで凛とした歌唱に対して、猫田ねたこの紡ぐ歌は時に繊細で危うい印象を与えます。”悪いベクトルで良すぎない” 彼女の持つ不安定な人間らしさは JYOCHO の定めた新たな方向性とリンクしながら心地よい感情の揺らぎをリスナーへと届けるのです。
現実の大地へと降り立った JYOCHO にはその楽曲にも変化が訪れました。”情緒”、日本的な侘び寂びと歌心により焦点を定めたのは、大海へと漕ぎ出す彼らにとっては必然だったのでしょう。もちろん、トレードマークの数学的なリズムやテクニカルなフレーズは変わらず存在していますが、より自然でオーガニックに楽曲の一部として溶け込んだ目眩くプログレッシブな要素は、バンドの一体感と共に楽曲第一主義の立場を鮮明に知らしめているのです。
“互いの宇宙 e.p.” にはさらに鮮度を増した JYOCHO の今が込められています。
だいじろー氏と伊藤潤二氏、2人の宇宙を昇華する試みは、謀らずしも “互い” の意味を深く掘り下げることへと繋がりました。全てが “互い” で成り立つ宇宙。マクロの視点で世界を俯瞰した結果、だいじろー氏が感じたものはミクロの自分自身と孤独、寂寞でした。
その感情が見事に反映されたタイトルトラック “互いの宇宙”。繊細なドラムワークと美麗なアトモスフィアは斯くも見事に複雑なリズムを隠し通し、ピアノのアンビエンスとだいじろー氏の豊かなオブリガートは、桜の花びらの如く徐々に楽曲を淡く色付け、咲き誇り、そして儚く散るのです。猫田ねたこが強弱やシンコペーションで生み出すメロディーのバリエーションも全てはキャッチーなサウンドスケープのために広がる宇宙の一部分。
特にだいじろー氏の有機的なギターは狭義のマスロックから飛び出して、お気に入りにも挙げている Vahagni のフラメンコやジャズ、現代音楽まで包括したさらなる高みへと達しているように感じます。
もしかしたら、ここに収録された4つの楽曲はそのまま春夏秋冬を、”情緒” を表現しているのかもしれませんね。受け取り方は自由です。確かに言えるのは、”互いの宇宙 e.p.” は円環であるという事実でしょう。「一つのテーマから派生させて、また一つに帰還させるという方法をとりました。」 とだいじろー氏が語るように、作品には共通して流れる歌詞やメロディーが存在します。
寂寞と微かな希望を内包した “互いの宇宙” を起点に、フルートの躍動感を陽の光に重ねた壮大な JYOCHO 流ポストロック “pure circle”, 郷愁のマスエモ絵巻 “ユークリッド”、そしてアコースティックの響きが胸に迫る “互いの定義” まで、印象的な一つのテーマが千々に形を変え純粋な円環を流動する様はまさしく圧巻です。見方を変えれば、この EP 自体が18分の巨大なエピックと言えるのかも知れませんね。
相変わらずだいじろー氏は感覚でした。ただし、その瞬間の積み重ねは、悠久にも思える音楽との対話、思考の末に生まれた唯一無二の感覚なのです。彼がこの作品に落とし込んだ孤独や寂寞は、もしかしたら “互い” を感じる対象が究極的には音楽だけだからなのかも知れません。
今回弊誌では、だいじろー氏にインタビューを行うことが出来ました。「JYOCHOは、触れた人によって形を変える仕組みを持たせています。」 SNSにアップされる演奏動画も、楽曲へ繋がることがあり見逃せませんね。どうぞ!!

00106888.1520563533.022orig-2

JYOCHO “互いの宇宙” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【JYOCHO : 互いの宇宙 (A PARALLEL UNIVERSE)】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【tricot : 3】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH tricot !!

unnamed-28

The Best Girls Trio On Earth, tricot Makes Math-Rock Great Again With Their New Milestone “3” !!

DISC REVIEW “3”

日本のマスロック/ポストロックのランドマークとなった歴史文化都市、京都から世界へと進出し快進撃を続けるガールズトリオ tricot が時代を切り拓く一撃 “3” をリリースしました!!ポップ、パンク、そしてプログまで取り込んだ前人未到の方程式は世界を驚かせるに充分なインパクトを纏っています。
日英米同時リリースとなった最新作 “3” は、インタビューにもあるようにバンドが最も自由を謳歌した「何でもアリ」な作品に仕上がりました。ドラムス komaki♂ 脱退後リリースされた “A N D”, “KABUKU EP” は共に数名のサポートドラマーたちと共に制作されましたが、今作ではライブのサポートも務める吉田雄介氏がほぼ全ての楽曲でプレイ。フレキシブルにトリオの意思に反響するセンシブルなドラムスを得て、バンドはその野性味と知性を最高の形で開花させたと言えるかも知れませんね。
勿論、変幻自在なリズム、マスマティカル(数学的)な変拍子の洪水がシンボルとなり、特に海外では “マスロック” “Math-rock” と称される tricot の音楽ですが、多彩を極めるのはリズムだけではありません。”3″ で確かに実現したカラフルで鮮やかな楽曲群、世界観はしなやかにバンドの成熟、進化を伝えています。
また、tricot のその自由な実験精神は CD のパッケージングにも表層化しています。ブックレットもアートワークもなく、透明のケースにただ “3” と書かれただけのミニマルパッケージ盤(1500円)と同時に、クリエイター・チョーヒカルとのコラボレーションによるアートボックス、999枚限定デラックス盤(4500円)を用意。「今通常盤として世に出されている形が果たして今もみんなにとって通常であるのか」。拡散するリスナーの要望と改革の進まぬ音楽産業の落差に疑念を抱き、一石を投じるバンドのチャレンジは実に潔く、大いに賞賛されるべきでしょう。
アルバムオープナー、園子温監督のオリジナルドラマに使用された “TOKYO VAMPIRE HOTEL” を聴けば、tricot がロックの持つ原衝動とインテリジェンス、そしてポピュラリティーをナチュラルに凝縮させていることに気づくはずです。楽曲の持つインテンシティー、パンキッシュな衝動、コンテンポラリーな展開は AT THE DRIVE-IN をも想起させ、その凄みはポストハードコアの領域へと達していますね。
進化の証である、ファストでアグレッシブな2分30秒が過ぎ去ると、バンドは別の顔を見せ始めます。メロディックでキュートな “WABI-SABI” はバンドの真骨頂であり、”TOKYO VAMPIRE HOTEL” の素晴らしきカウンターとして存在しています。tricot らしいポップなヴァースに色を添える楽器隊のコーラス、ハーモニーは楽曲に極上のアトモスフィアをもたらし、同時に生々しいサウンドプロダクションとリズムアプローチの妙は “マスポップ” のパイオニアであることを高らかに宣言しているのです。
実際、椎名林檎のリリカルなムードを内包する “節約家” にも言えますが、2人のギタープレイヤーが創造するインテンスは峻烈で、その意外性に満ちた休符の配置、スタッカートの切れ味、テンションノートの煌めきは作品のコアとして揺るがぬ存在感を放っています。
ダンサブルな “よそいき”、ジャズの息吹を吸い込んだ “DeDeDe”、ボーカルエフェクトや中国語まで活用した “ポークジンジャー” と実にバラエティーに富み色とりどりの作品において、トリッキーなバンドの魅力は “18, 19″ で最高潮に達します。
インタビューで語ってくれた通り、「やりたいこと詰め込んで全部やってやろう」という意気込みで制作されたチャレンジングな楽曲は、実に複雑怪奇。異なるイントロとコーラスのリズムに加え、突然のストップ&ゴーが多発する変則リズムの氾濫は、tricot のクリエイティビティとテクニックを完膚無きまでに見せつけています。特にアクティブでダイナミックなベースラインは群を抜いていますね。
さらにイントロのリズムを注意深く数えれば、”9・9・10・9″ と進行していることに気づくはずです。つまり、”18, 19” とは楽曲の拍子を表しており、タイトルや歌詞、そしてその淡いメロディーから不安定な青春時代の恋愛を想像するリスナーを見事煙にまいているのです。平然と宿された衝撃の”ダブルミーニング”。tricot の虜となる音楽ファンが後を絶たないのも納得ですね。
アルバムは、シンプルにスタートし徐々にコーラスやセブンスコードが重ねられて行く不思議で魅力的なポップチューン “メロンソーダ” でその幕を閉じます。人生を変えたアルバムを見れば分かる通り、貫かれるポップセンスは3人にとって不可欠で、そしてあまりに当然のものとして常に存在しているのでしょう。
今回弊誌では tricot の3人にインタビューを行うことが出来ました。4月には日本が誇るポストロック/ハードコアの祝祭 “After Hours” でプレイし、さらに8月には UK ポストロック/ハードコアの祭典 ArcTanGent への出演も決定しています。
余談ですが、「世に出回ってる tricot の楽譜はだいたい間違っている」そうなので、こちらも画期的な試み “目コピ動画” を公式ショップから購入してみるのも一興です。どうぞ!!

unnamed-29

tricot “3” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【tricot : 3】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NEGICCO : ティー・フォー・スリー】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH Negicco !!

13139312_1073796416000290_3173685389498386031_n

Organic Idol Group From Niigata, Japan, Negicco Has Just Released Ultimate-POP New Record “Tea For Three” !! Why Don’t You Try Kawaii Flesh Green Onions ?!

DISC REVIEW “ティー・フォー・スリー”

2003年から活動を続け、今年で結成13周年を迎える新潟が誇る”楽曲派”アイドル Negicco が、新作 “ティー・フォー・スリー” をリリースしました!!
昨年リリースされた2ndアルバム “Rice&Snow” は、様々な音楽誌、音楽サイトで2015年のベストアルバムにランクするモンスターアルバムでしたね。”ティー・フォー・スリー” は前作のポピュラーミュージックとしての完成度はそのままに、ソウル、ディスコサウンドを取り入れ大人の Negicco に進化したマイルストーン的作品に仕上がりました。プロデューサー connie さんは勿論、豪華なゲストプロデュース陣の仕事も実に印象的ですね。
レキシの池田貴史さんがプロデュースを手がけたアルバムオープナー “ねぇバーディア” は間違いなく今年最高のポップチューンとなるでしょう。「あなたに あなたに あなたに 恋したんです 好きになってもいいのかな もう止められないけど」松田聖子さんを想起させるエモすぎる王道アイドル曲は、しかし同時により深い広がりも備えています。
音楽ファンなら誰しも “ねぇバーディア” というタイトルから EARTH, WIND & FIRE の名曲 “September” を連想することでしょう。実際、「ねぇバーディア、覚えてる?」「あの9月の日の出来事」というセリフに加えて飛び出す”アノ”ギターフレーズは、見事な EW&F のオマージュとしてワクワク感を誘います。さらに勿論、「床の間置いてた愛の兜」は越前上杉家の直江兼続を隠喩しており、しっかりと新潟への愛情も示して見せているのです。大人も楽しめるアイドルソングとしての完成度は絶大ですね。
大人と言えば、Spangle call Lilli line が提供した “江南宵唄” は Negicco の新しい一面を披露した重要な楽曲です。セクシーで大人の色気を発する囁くような歌唱には、「本当の恋」を教えてくれるような淡い期待を感じてゾクゾクしてしまいますね。同じような感覚は、渋谷系とも言えるオシャレな “矛盾、はじめました” にも存在するように思います。
“土曜の夜は”を聴けば、Negicco こそが何十年にも渡って積み重ねてきた J-POP の担い手であることが分かるでしょう。80’sをモダンにアップデートしたかのような、山下達郎さんを想起させるビート、アーバンな曲調に Negicco の見事なコーラス、ハーモニーが溶け合います。アルバムを通して Negicco 3人の生み出すボーカルハーモニーは素晴らしく、歌唱面でも著しく成長を遂げていることが分かりますね。
OKAMOTO’S の手によるモータウン調の “SNSをぶっとばせ” では「あなたっていい人だけど まるでわたしの心は シェアできないの」などと見事に世相を反映していますが、総じて歌詞が心にスーッと入って来る作品でもありますね。ストリングスとピアノが絶妙な “おやすみ”~”私へ” の流れで幕を閉じるまで、”ティー・フォー・スリー” は常にリスナーにエモーショナルなメッセージを届け続けます。
決して、最近のアイドルシーンで持て囃されているような、奇を衒ったアルバムではありません。ただ粛々と、音楽の良さを追求した先に完成した、ハイセンスな2016年 J-POP の決定盤、代表作だと思います。今回弊誌では Negicco メンバー全員にインタビューを行うことが出来ました。7/30には NHK ホールでのコンサートも決定しています!ネギネギ!!

13177596_1073797066000225_6481451407329916239_n

Negicco “ティー・フォー・スリー” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NEGICCO : ティー・フォー・スリー】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【クウチュウ戦 (KOOCHEWSEN) : SUKOSHI FUSHIGI】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RIYO OF KOOCHEWSEN !!

1909596_1059995290734655_6947884335897652018_n

Prog meets J-POP !! One of the brightest hope from Japan, KOOCHEWSEN has just released their great 2nd mini-album “Sukoshi Fushigi” !!

DISC REVIEW “SUKOSHI FUSHIGI”

70年代のプログロックとJ-POP/歌謡曲を融合し、見事現代に蘇らせた才能溢れる4人組 クウチュウ戦 が 2nd ミニアルバム “Sukoshi Fushigi” をリリースしました!!
最近の J-POP/ROCK シーンには ゲスの極み乙女 や パスピエ など、マスロックだったり、少しプログレッシブだったりする演奏と、なめらかでポップなサウンドを掛け合わせてセルアウトしたバンドが少なくありませんね。クウチュウ戦の音楽も確かにプログとポップの融合です。しかしそこにはもっと直接的で本質を捉えたプログロックからの影響が伺えます。
アルバムオープナー “光線” はまさに クウチュウ戦 を象徴するような楽曲です。YES や KING CRIMSON を想起させる、スリリングで複雑な所謂”キメ”のフレーズで幕を開けながら、楽曲は光の速さでその色を変えます。伸びやかだったりハスキーだったり、状況に応じて的確にその声質を使い分ける Vo/Gt、そしてメインソングライターのリヨさんが歌い上げる、優しくてどこか懐かしいメロディーは70年代や80年代の J-POP に通じますね。そしてその2つの要素が楽曲の中でカラフルに溶け合い、クウチュウ戦 を唯一無二のバンドに昇華させていると感じました。スリルとポップ。もしかしたら、WINGS の “Live and Let Die” に方法論は近いのかも知れません。
キーボード担当のベントラーカオルさんが手がけた “雨模様です” も非常に重要な楽曲だと思います。はっぴいえんどの遺産に再度光を当てるような試みが見事に成功していますね。後半の転調が実に効果的。「ですます調」を歌詞に使用しているのもポイントで、これははっぴいえんど、松本隆さんの歌詞に多く見られる手法です。さらに言えば、90年代にはサニーデイ・サービスがその手法を踏襲しており、彼らを発掘した渡邊文武氏がクウチュウ戦も手がけているのは偶然とも思えませんでした。
他にもロックの原衝動を喚起させる “台風” は John Frusciante も慄くようなプリミティブとインテリジェンスを内包したギターワークが必聴ですし、井上陽水さんが乗り移ったような “エンドレスサマー” での歌唱も見事。全曲にフックとテーマを備えた素晴らしいミニアルバムに仕上がっていますね。
今回弊誌ではリヨさんにインタビューを行うことが出来ました。”世直し”、”世界を浄化したい”・・・わかります。

12241209_1677013119201955_2904942917854999183_n

KOOCHEWSEN: “SUKOSHI FUSHIGI” 9.6/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【クウチュウ戦 (KOOCHEWSEN) : SUKOSHI FUSHIGI】