NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOMALGIA : INVERTED WORLD】【SPIDER GOD : BLACK RENDITIONS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TC OF SOMALGIA & SPIDER GOD !!

“Everything Is Backwards, Everything Is Upside Down. You Either Resonate With That Quote Or You Don’t – If You Do, Then You’ll Probably Understand ‘Inverted World”

DISC REVIEW “INVERTED WORLD”

「現在 Repose には、PAPANGU, LYKHAEON, SPIDER GOD, SOMALGIA. GATE MASTER, REIGN といったバンドが所属していて、非常に多彩な顔ぶれが揃っているんだ。こうしたバンドは全て、ブラックメタルの境界を押し広げ、現在革新の最前線にいると感じているよ。僕は同じものを何度も聴きたくないし、レーベルもその精神を反映している。 イノベーションか、時代遅れになるかの二択だよ。僕は、エクストリームとプログレッシブの間のギャップを埋めるという使命を担っているからね」
エクストリームとプログの架け橋 SOMALGIA でギター、ボーカル、シンセを担う TC は、楽器以外にも三足の草鞋を履いた英国メタル・アンダーグラウンドの鬼才。ZOPP で知られる Ryan S との蜜月 SOMALGIA 以外にも、BACKSTREET BOYS やブリトニー、果ては K-Pop のブラックメタル化で度肝を抜いた SPIDER GOD に携わり、さらにそうしたブラックメタルの革新を担う俊英たちを一手に引き受けた Repose Records まで立ち上げてしまいました。TC のそうしたイノベーションとチャレンジの哲学には、米国のエッセイスト、マイケル・エルナーの言葉が根幹にありました。
「マイケル・エルナーの言葉が、”Inverted World” “逆さまの世界” のコンセプトを完璧に言い表していると思っているんだ。”すべてが逆で、すべてがひっくり返ってる。医者は健康を破壊し、弁護士は正義を破壊し、精神科医は心を破壊し、科学者は真実を破壊し、主要メディアは情報を破壊し、宗教は精神性を破壊し、政府は自由を破壊する”。 この言葉に共鳴するかしないかだよ。もし共鳴するならば、おそらく “Inverted World” を理解することができるだろうね」
非常に陰謀論めいていて、非常に反抗的で、非常に極端な思想です。少なくとも、バランスのとれた思考の持ち主なら即座に笑い飛ばすでしょうし、当然これを鵜呑みにしてしまうわけにはいきません。
ただし、ここにはおそらく、真実も少なからず含まれています。メディアが情報を大事にしているのか?宗教が心を大事にしているのか?政治が人間を大事にしているのか?あなたがまともだとしても、この問いにはたして即答できるでしょうか? TC は、ややアレな面はあるにせよ、常識を疑い、権力を疑い、メディアを疑うことで、ブラックメタルにかつて宿っていた狂気じみた反抗の精神を、良きにせよ悪しきにせよ、現代に蘇らせているのです。
「僕はプログレッシブとポップ・ミュージックへの情熱を共有していて、ブラックメタルに著しく欠けているものはメロディ、フック、構造だと感じていた。もちろん、Varg が 構造、プロダクション、ハーモニーに反抗したことが、そもそもこのサウンドを生み出したのだと認識しているし、彼らのアルバムは永遠に不滅だよ。しかし、現状を打破して変える必要があるとも思うんだ。同じアイデアを繰り返せる回数は限られているからね。純粋主義者と破壊主義者の戦いは常に続いている」
もちろん、TC の疑いの眼差しは、閉塞的なメタル世界にも向けられています。彼らはメタルの常識を覆し、新しいものの見方(あるいは聴き方)の創造を、自分の頭で考えて、自分たちだけの力で実現しようとしています。例えば、アヴァンギャルドを極めた CREATURE や Igorrr がそうであるように、SOMALGIA はエレクトロニカ、トリップホップ、サイケ、プログレッシブとブラックメタルの複雑な婚姻を次のレベルへと旅出させています。ソマリアなのか、マトリックスの影響なのか、とにかくブラックメタルらしからぬ常夏のアートワークもまさに常識の破壊。
TC は20年後の音楽を生きていて、私たちは彼を通してそれを追体験することができるのかもしれません。さらに SOMALGIA は “The March of Tyranny” のように、ノルウェーの大物アーティストに負けず劣らずアンセム的な名曲を生み出すことができるのです。TC のそうしたポップセンスは、彼が携わるもう一つのブラックメタルの破壊、ポップの黒化を指標した SPIDER GOD にもありありと提示されています。
今回弊誌では、TC にインタビューを行うことができました。「僕たちは、このシーンがかなり陳腐化していて、ちょっとした揺り戻しが必要だと感じていたんだよね。確かに、境界線を押し広げ、常に優れた音楽をリリースしているレーベルやプロジェクトはあるんだけど、誰もがベッドルーム・スタジオとセルフ・リリースのプラットフォームを使えるようになったことの弊害として、クオリティ・コントロールが以前とは違ってきていることが挙げられると思うんだ」 どうぞ!!

SOMALGIA “INVERTED WORLD” : 9.9/10

INTERVIEW WITH TC

Q1: This is the first Interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【TC】: Currently, Somalgia is a two-piece made up of myself & Ryan S (Ryan’s other projects include Zopp & Rulum). Our current process is I come up with demos at varying levels of completion, some are finished songs, others may just be a simple beat or a chord progression with some vocal hooks on top and then we sit in a room together and go from there. Ryan is a much better producer than I am so the collaboration between us two is intrinsic to the Somalgia sound. We have very similar tastes and we were both weened on the teet of progressive music so it’s a very natural process for us to sit in a room together and create. The first artists to truly inspire me musically were Opeth, Dream Theater, Porcupine Tree – the whole progressive music scene around 2005-2008 was very exciting and it was the scene I first latched onto as a teenager. In my twenties I started delving more into extreme music and found black metal, naturally bands like Burzum, Mayhem, Satyricon fell onto my radar first and I was addicted.

Q1: 本誌初登場です!まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【TC】: 現在、SOMALGIA は僕と Ryan S(Ryan の他のプロジェクトには ZOPP と RULUM がある)の2人組で活動している。 完成度の高い曲もあれば、シンプルなビート、コード進行にボーカルのフックを乗せただけの曲もあるね。
Ryan は僕よりもずっと優れたプロデューサーだから、僕ら2人のコラボレーションは SOMALGIA のサウンドに不可欠なものなんだ。 僕たちは趣味がとても似ているし、プログレッシブ・ミュージックを聴いて育ったから、一緒に部屋で座って制作するのはとても自然なプロセスなんだよ。
僕は、OPETH, DREAM THEATER, PORCUPINE TREE といったアーティストに最初にインスパイアされたんだ。2005年から2008年にかけてのプログレッシブ・ミュージック・シーンはとてもエキサイティングで、僕が10代の頃に最初に夢中になったシーンだった。 20代になってからはエクストリーム・ミュージックに傾倒していき、ブラック・メタルに出会った。 BURZAM, MAYHEM, SATRYCON みたいなバンドが自然と僕のレーダーにかかり、まさに彼らの中毒になったよ。

Q2: Still, I was surprised to hear that Repose Records is your label. Because it’s a great label with innovative black metal bands! Why did you decide to start a label instead of signing with some other company?

【TC】: I’m on a mission to bridge the gap between the extreme and the progressive. Initially, I started the label as there were so many amazing albums out there that either didn’t have any physical release or had a small physical release that were impossible to find. Like any record collector, I need to have the physical edition of music I love so I thought, ‘I’ll just do it myself.’ Currently Repose has quite the eclectic roster with such bands as Papangu, Lykhaeon, Spider God, Somalgia, Gate Master & Reign. These are all bands I feel are pushing the boundaries of black metal and are on the forefront of innovation at the minute, I don’t want to hear the same thing over and over again and the label reflects that ethos. Innovate or fall behind.

Q2: Repose Records 自体があなたのレーベルだと聞いて驚きましたよ。革新的なブラックメタルが集まる素晴らしいレーベルですから!なぜ、どこかのレーベルと契約せず、自身のレーベルを立ち上げたのですか?

【TC】: 僕は、エクストリームとプログレッシブの間のギャップを埋めるという使命を担っているからね。 当初は、そういったアーティストのフィジカルのリリースがない、あるいはフィジカルのリリースが少なく入手不可能な素晴らしいアルバムがたくさんあったから、このレーベルを立ち上げたんだ。 他のレコードコレクターと同じように、僕も大好きな音楽のフィジカル版を手に入れる必要があるから、それならば “自分でやってしまおう” と思ったんだよ。
現在 Repose には、PAPANGU, LYKHAEON, SPIDER GOD, SOMALGIA. GATE MASTER, REIGN といったバンドが所属していて、非常に多彩な顔ぶれが揃っているんだ。こうしたバンドは全て、ブラックメタルの境界を押し広げ、現在革新の最前線にいると感じているよ。僕は同じものを何度も聴きたくないし、レーベルもその精神を反映している。 イノベーションか、時代遅れになるかの二択だよ。

Q3: Why did you choose this concept and album title “Inverted World”?

【TC】: I had the concept, title and artwork before I’d even written one note for the album. I felt like it was a message that needed to be said. I’d never written any form of music before this album so the whole project was an arduous journey of trying to write ambitious music while learning how to actually record it – it took 2 years from start to finish. I think this Michael Ellner quote encapsulates the ‘Inverted World’ concept perfectly, “Everything is backwards, everything is upside down. Doctors destroy health, lawyers destroy justice, psychiatrists destroy minds, scientists destroy truth, major media destroys information, religions destroy spirituality and governments destroy freedom”. You either resonate with that quote or you don’t – if you do, then you’ll probably understand ‘Inverted World’.

Q3: “Inverted World” というタイトルを選んだのはなぜですか?

【TC】: アルバムのコンセプト、タイトル、アートワークは、一音も書かないうちに決まっていたんだよ。これは、言わなければならないメッセージだと感じていたからね。実はこのアルバムを作るまで、僕はどんな形の音楽も書いたことがなかったから、このプロジェクト全体は、野心的な音楽を書こうとする一方で、実際にレコーディングする方法を学ぶという困難な旅となった。
マイケル・エルナーの言葉が、”Inverted World” “逆さまの世界” のコンセプトを完璧に言い表していると思っているんだ。「すべてが逆で、すべてがひっくり返ってる。医者は健康を破壊し、弁護士は正義を破壊し、精神科医は心を破壊し、科学者は真実を破壊し、主要メディアは情報を破壊し、宗教は精神性を破壊し、政府は自由を破壊する」。 この言葉に共鳴するかしないかだよ。もし共鳴するならば、おそらく “Inverted World” を理解することができるだろうね。

Q4: “Everything is backwards, everything is upside down. Doctors destroy health, lawyers destroy justice, psychiatrists destroy minds, scientists destroy truth, major media destroys information, religions destroy spirituality and governments destroy freedom”. It is very interesting that you quoted this quote from Michael Ellner on your Bandcamp page. This is, after all, the spirit of rebellion that you guys are questioning common sense, authority, and power, and such rebellion is definitely part of black metal, would you agree this spirit is alive today?

【TC】: Sure, but who knows what black metal is rebelling against today. Is hating on Christians even still a thing? Move on. I’m surprised more people aren’t burning down cell towers, although there are a few out there..
Most people hate whatever the screen tells them to hate. If you’re pointing the finger at any one demographic and blaming them for your own problems then you are pointing that finger in the wrong direction.
‘Final Utterance’ is about someone addicted to their smartphone – they see it taking a hold of their attention span like a leech and decide to revert back to a 2g phone, this to me, is a rebellious act in 2022. As is saying no to the supermarket GMO slop we are fed and seeking out local organic produce. The list goes on..
When I was writing the album during lockdown, I was shocked by the sheer power and hold that the media had over people – we were faced with one relentless message through all channels, all platforms and on all fronts day in, day out and the vast majority went along with whatever the screen told them to do. Of course, the message wasn’t just coming from the screens, it was on every newspaper and on every billboard – the whole world was under the spell. I was shocked that people thought closing independent businesses, isolating themselves from friends & family, staying indoors, restricting their vital airways and being injected with an experimental gene therapy from a notoriously nefarious corporation was in any way shape or form ‘healthy’. Like the psychopathic abusive husband tells his wife while he’s beating her ‘it’s for your own good!’.
So to answer your original question, no, it seems that the spirit of rebellion is not alive and well today – instead we are faced with the spirit of conformity, submission to authority and a hijacked hive mind descending into insanity. But what do I know, it’s all just a ‘conspiracy theory’ im sure…..

Q4: そのマイケル・エルナーの言葉は、突き詰めれば常識や権威、権力を疑うことにつながりますよね?そうした “反抗” “反権力” の姿勢はまちがいなくブラックメタルに備わっていたものでしょう。
今日でもその哲学は生きていると思いますか?

【TC】: 確かにそうだよね。でも、今のブラックメタルが何に反抗しているかなんて、誰にもわからないよ。キリスト教を憎むなんて、まだそんなことしてるの?前へ進めよ!教会よりも、5G携帯電話の電波塔を焼き払わない人が多いことに驚いているよ…まあちょっとは居たみたいだけど…。
ほとんどの人は、スマホのスクリーンに嫌うように指示されたものは、何でも嫌う。もし君が、ある特定の層を指差して、自分たちの問題のせいで彼らを非難しているとしたら、その指は間違った方向に向いている。
“Final Utterance” は、スマートフォン中毒の人の話。彼らは、スマホがヒルのように自分の注意力を奪うのを見て2G携帯に戻そうと決心するんだけど、僕にはこれが2022年の反抗的行為に思えるんだよ。スーパーマーケットで売られている遺伝子組み換え食品にノーと言い、地元の有機農産物を買い求めることもそう。数え上げればきりがない。
ロックダウン中、このアルバムを書いていたとき、メディアが人々を支配する力の大きさに衝撃を受けたんだよね。あらゆるチャンネル、あらゆるプラットフォーム、あらゆる面で、一つの容赦ないメッセージに毎日毎日直面し、大多数の人々はスクリーンが指示することに従っていった。もちろん、そのメッセージはスクリーンからだけでなく、すべての新聞や看板に掲載されていたんだ。 僕は、独立したビジネスを閉じ、友人や家族から孤立し、家に閉じこもり、重要な情報を制限し、悪名高い極悪企業から実験的な遺伝子治療を受けることが、いかなる形であれ “健康” だと人々が考えていることに衝撃を受けたんだ。 サイコパスの虐待夫が妻を殴りながら『お前のためだ!』と言うのと同じだよ。
だから質問の答えは No だ。反抗の精神は今日死に絶えている。その代わりに、僕たちは、順応の精神、権威への服従、そして狂気に陥っているハイジャックされた集団心理に直面している。 しかし、それに対する反抗はすべて単なる “陰謀論” として捉えられてしまうんだよな…。

Q5: In the 20s, the darker side and divisions of the world became more exposed with the pandemic, the murder of George Floyd, and the rise of the fascists. After the album’s release, the abominable war also began…did these world trends have an impact on the album?

【TC】: The talking points you mentioned above didn’t directly influence the album, no. Now days there’s so much disinformation, misinformation and such an unfathomable volume of information coming at us in general you could take your pick from any mainstream narrative and if you do enough digging and research I have no doubt you could totally debunk everything the screen tells you – so this drives the inquisitive person elsewhere to seek out the truth for themselves and because of this we’ve seen the rise of the online ‘conspiracy theorist’. The thing is, give that person a few more months and whatever they thought was true could probably be debunked all over again and it be replaced with a new theory.. and then a new theory. It’s an information war we’re in as much as it is a spiritual war and who ever controls the information, controls the narrative and whoever controls the narrative controls the minds of the people. This is a major aspect to the concept of the ‘Inverted World’ album – not knowing what’s true or false anymore.

Q5: 20年代に入り、パンデミックやジョージ・フロイドの殺害事件、ファシストの台頭といった暗い側面が目立ち始め、世界の分断はますます進んでいます。アルバムのリリース後には、侵略戦争まで始まりました。
こうした社会の動きは、アルバムに影響を与えていますか?

【TC】: 君が言ったような論点が直接アルバムに影響を与えたわけではないと思う。今は偽情報や誤報が多く、一般的に計り知れないほどの量の情報がぼたちに向かってくるから、どんな主流の情報でも選ぶことができるし、一方で十分に掘り下げて調べれば、スマホの画面に表示されていることを完全に否定することもできると信じている。
だから、好奇心の強い人は自分で真実を探そうと他所に走り、そうしてオンラインには “陰謀論者” が台頭することになった。しかし、そのような人が数カ月もすれば、彼らが真実だと思ったことはすべて否定され、また新しい “陰謀論” に取って代わられるかもしれないよね。
これは精神的な戦争であると同時に、情報戦でもある。情報を支配する者が、物語を支配し、物語を支配する者が、人々の心を支配する。 何が真実で何が嘘かわからなくなる、これがアルバム “Inverted World” のコンセプトの大きな特徴なんだよ。

Q6: Your music is a wonderful blend of trip-hop, folk, progressive, psychedelic rock with black metal. What inspired this eclectic experimentation?

【TC】: It was just what came out to be honest. I set out with the intention to write a black metal album and a lot of the early demos were just that, in fact, the first ever Somalgia release was a split cassette with Peasant back in 2019 – this was when we had a total black metal sound. As the competency increased with production as did the ambition for better songwriting and I started to experiment with other sounds. In the end I had a big melting pot of different sounds and that amalgamated into the 7 tracks you hear on the album. I’ve always massively admired the concept albums that progressive rock is known for so I wanted to take the listener on a journey from the opening note to the ending note, I love throwing curveballs so just when the listener thinks they know what they’re listening to a curveball will be thrown. I also love to defecate all over peoples expectations so it was assumed ‘Inverted World’ would be a black metal album it naturally had to be something totally different to that.

Q6: それにしても、あなたの音楽は、トリップホップ、フォーク、プログレッシブにサイケがブラックメタルと見事に融合した多様性の権化ですね!

【TC】: 正直、心から出てきたものだけなんだ。ブラックメタルのアルバムを作るつもりで始めたし、初期のデモの多くはまさにそれで、実際、SOMALGIA の最初のリリースは2019年の PEASANT とのスプリットカセットで、これは完全にブラックメタルのサウンドを持っていたんだよね。
制作の能力が上がるにつれて、より良い曲作りのための野心も高まり、他のサウンドを試すようになったんだ。 最終的には、様々なサウンドの大きな坩堝ができ、それがアルバムで聴くことのできる7つのトラックに融合されたんだよ。僕はいつもプログレッシブ・ロックで知られるコンセプト・アルバムにとても憧れているから、オープニングからエンディングまでリスナーを旅に連れ出したいと思っていたんだ。 同時に、人々の期待を裏切るのが好きだから、”Inverted World” はブラックメタルのアルバムになると思われていたけど、当然それとは全く異なるものにしなければならなかったんだよ。

Q7: I was surprised to learn that you are also involved with Spider God.” Black Renditions” was a bold black metal take on a well-known pop song! Why did you take on such a challenge?

【TC】: I play live guitar for Spider God but that project is entirely written and produced by G. ‘Black Renditions’ came about after G recorded a cover song for Halloween and I challenged him to record more, he ended up recording 12 covers which were released by Repose Records over the Christmas 2021 period – that morphed into ‘Black Renditions’. We knew exactly what we were doing by releasing black metal cover versions of Britney Spears and Backstreet Boys songs but we didn’t predict it would be as potent as it turned out to be.
We felt like the scene had become quite stale and needed a bit of a shake up. Yes there are labels & projects out there that are pushing the boundaries and are releasing consistently outstanding music, but one of the downfalls of giving everyone a bedroom studio and a platform to self-release means the quality control isn’t what it once was – there’s a lot of unlistenable garbage out there and there’s a lot of popular projects that are stale and rehashed –
At the same time, G & I share a passion for pop music and something that is severely lacking in black metal is melody, hooks & structure. We’re aware Varg rebelled against structure, production & harmony which is what spawned the sound in the first place – and those albums will forever be timeless – but there’s only so many times you can repeat the same idea before the status quo needs to be subverted and changed. It’s a constant battle of purists vs subversives and I feel like Black Renditions really ruffled a lot of feathers. Whether you like it or not is besides the point, you’ll be hard pressed to find a more controversial black metal album in 2022 that caused more outrage in the scene than Black Renditions did. To me, Spider God is the most exciting black metal project in the UK right now.

Q7: それにしても、あなたが SPIDER GOD にも携わっていると知って驚きましたよ。”Black Renditions” は有名なポップソングをブラックメタルに仕立てた非常に野心的な作品でしたからね。

【TC】: 僕は SPIDER GOD ではライブでギターを弾いているんだ。あのプロジェクトは、作曲もプロデュースもすべて G がやっているよ。”Black Renditions” は、G がハロウィンのためにカバー曲をレコーディングした後、もっとレコーディングするよう僕がけしかけて始まったんだ。彼は結局12曲のカバー曲をレコーディングし、2021年のクリスマスに Repose Records からリリースされたものが “Black Renditions” となったんだよ。 ブリトニー・スピアーズや BACKSTREET BOYS の曲のブラック・メタル・バージョンをリリースすることで、自分たちが何をやっているかはよく分かっていたんだけど、これほどまでに強力なものになるとは予想もしていなかった。
僕たちは、このシーンがかなり陳腐化していて、ちょっとした揺り戻しが必要だと感じていたんだよね。確かに、境界線を押し広げ、常に優れた音楽をリリースしているレーベルやプロジェクトはあるんだけど、誰もがベッドルーム・スタジオとセルフ・リリースのプラットフォームを使えるようになったことの弊害として、クオリティ・コントロールが以前とは違ってきていることが挙げられると思うんだ。
同時に、G と僕はポップ・ミュージックへの情熱を共有していて、ブラックメタルに著しく欠けているものはメロディ、フック、構造だと感じていた。もちろん、Varg が 構造、プロダクション、ハーモニーに反抗したことが、そもそもこのサウンドを生み出したのだと認識しているし、彼らのアルバムは永遠に不滅だよ。しかし、現状を打破して変える必要があるとも思うんだ。同じアイデアを繰り返せる回数は限られているからね。
純粋主義者と破壊主義者の戦いは常に続いているけど、たしかに “Black Renditions” は本当に多くの羽目を外してしまったと思う。このアルバムが好きかどうかは別として、2022年にリリースされたブラックメタル・アルバムの中で、”Black Renditions” 以上にシーンを騒がせた作品を見つけるのは難しいだろう。僕にとって SPIDER GOD は、今イギリスで最もエキサイティングなブラックメタルプロジェクトなんだ。

Q8: What experiments does your immense creative power have planned for the future?

【TC】: Ryan & I are working on the second Somalgia album – it’s a different sound & concept than the first, keep an eye on the Somalgia Instagram page for updates. There’s also a ‘Consumer’ remix 12” in the works.

Q8: あなたたちの底知れぬアイデアや野心、創造性には脱帽ですよ。これから、どんな挑戦を見せてくれますか?

【TC】: Ryan と僕は SOMALGIA のセカンドアルバムを作っているところさ。ファーストとは異なるサウンドとコンセプトになるよ。インスタのページでぜひ、アップデートをチェックしてほしい。”Consumer” の12インチリミックスも進行中だ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TC’S LIFE

OPETH “GHOST REVERIES”

PORCUPINE TREE “FEAR OF A BLANK PLANET”

THE 1975 “ILIWYS…”

DREAM THEATER “METROPOLIS PT.2: SCENES FROM A MEMORY”

THE STREETS “ORIGINAL PIRATE MATERIAL”

MESSAGE FOR JAPAN

I love Japan, I was there just a few years ago and had a great time in Osaka & Tokyo. I spent 4 hours in Disk Union! Arigatou Gozaimasu!

日本が大好きなんだ!ちょうど何年か前に大阪と東京で素晴らしい時間を過ごしたところさ。Disk Union で4時間いたよ!ありがとうございます!

TC

SOMALGIA INSTAGRAM
REPOSE RECORDS FACEBOOK
REPOSE RECORDS BANDCAMP

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です