NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【STANDARDS : FRUIT TOWN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARCOS MENA OF STANDARDS !!

“Fruit Is Cute! Fruit Is a Great Symbol For Our Music And When You Listen To It You Become a Citizen Of Fruit Town.”

DISC REVIEW “FRUIT TOWN”

「僕も、今世界で起こっている出来事に対して、精神的に迷うことはあるんだ。だけど、それでも僕たちが一緒になって楽しめる音楽が世界に存在できるように、作り続けていこうという気持ちになるんだよ」
クロス・タップのギタリスト Marcos Mena のキュートで陽気なメロディーに導かれ、LAのデュオ STANDARDS は、情熱のリフと白熱のドラムスを緻密なインストゥルメンタル・マス・ロックのパレットへと描き出していきます。一見、無節操なパリピの音楽にも思える “Fruit Town”。しかし、そんな LA の太陽の裏側には、マスロックを明るい日差しのもとに連れ出したい、そして世界を覆うネガティヴをポジティブな日焼けで覆いたい、そんな想いが潜んでいるのです。
「このバンドは、本当にギターリフひとつとドラムに単純化できると思うんだ。ドラムの友人と一緒に演奏するときに、ギターリフだけをカバーしたのが始まりだったと思う。ベースやボーカルがいないと物足りない部分もあるんだけど、一方でギターとドラムのシンプルさを楽しむこともできる。最近は、曲の要素をどんどん増やしているんだけど、ギターとドラムが中心であることは変わりないよ」
インストゥルメンタルでプログレッシブであるにもかかわらず、このバンドのモットーは常にキャッチーで歌いやすくあるべし。そうして、リスナーをフルーツのマスコットが踊り狂う果物の街へと誘います。新鮮で多種多様な果実の味わいや匂いは、そのまま彼らのカラフルな個性につながっているのです。
ギターとドラムスというシンプルなデュオが構築するフルーティーな島や街は、ニヤリと笑うメロンやベリーが、心地よく捻れるリフと重く癖のあるリズムに合わせて揺れ動くような異世界です。フルーツ・アイランドの砂のようにきらめく6弦のさざ波は、計算されたものでありながら、どこかのんびりとしていて、明るく、人々を笑顔にしていきます。
「どんなものでも見せ方次第で魅力的になるんだ。よりテクニカルな音楽を、キャッチーなメロディーとキュートなイメージでアピールできるよう、これからも挑戦していきたいと思っているよ」
他の新進気鋭なギタリストと比較して、ジミヘンをヒーローと仰ぎ、TERA MELOS の Nick Reinhart, LITTLE TYEBEE の Josh Martin に師事し、タッピングの魔法使い Stanley Jordan の研究に勤しんだ Marcos のギタリズムは、斬新のみに絡め取られることなく、温故知新のユニークさを宿しています。そして、これまで難解でシリアスというイメージが先行していたジャンルに、ゆるキャラのポップでキュートな親しみやすさを落とし込みました。
それは例えば、メインストリームに目配せするクールな POLYPHIA, アニメの主題歌やキャラクターを自身の音に昇華する Sithu Aye, 音楽でチルアウトを企む CHON, そしてコスプレやヒーロー物で MV を飾り立てる COVET といったマスロック、プログレッシブの新鋭たちと同様に、 このジャンルのステレオタイプを破壊してマスリスナーに届けたいという想いのあらわれに違いありません。
今回、弊誌では Marcos Mena にインタビューを行うことができました。「だって、フルーツはキュートじゃないか!だから、フルーツは僕たちの音楽の最高のシンボルなんだよ。君たちが STANDARDS の音楽を聴いた瞬間から、フルーツタウンの住人さ!」 どうぞ!!

STANDARDS “FRUIT TOWN” : 9.9/10

INTERVIEW WITH MARCOS MENA

Q1: First of all, what kind of music were you listening to, when you were growing up?

【MARCOS】: I was raised on so much, my mom really pushed classical onto me and my dad loved lots of latin and world music acts. I really loved The Beach Boys as well. When I got a bit older I really got into metal music like Disturbed, System Of A Down, Slipknot, and many more. Then as I grew older, I began paying less attention to genre and more just trying to listen to as much as I could.

Q1: 本誌初登場です!まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【MARCOS】: 母からはクラシックを、父からはラテンやワールドミュージックをたくさん聞かされて育ったんだ。THE BEACH BOYS も大好きだったな。もう少し大きくなってからは、DISTURBED, SYSTEM OF A DOWN, SLIPKNOT といったメタル・ミュージックにのめり込んでいったね。その後、年齢が上がるにつれて、ジャンルにこだわらずに、とにかくたくさんの音楽を聴くようになったんだ。

Q2: Your guitar is very technical, but at the same time the melody is really outstanding! What guitarists were your heroes?

【MARCOS】: Thank you! I really loved Jimi Hendrix growing up, but technically got very inspired by prob guitarists Nick Reinhart, Josh Martin and tapping extraordinaire Stanley Jordan. I was actually able to study with Nick and Josh and learned quite a bit from them. Regardless of technique, I still very much enjoy keeping things as melodic as possible!

Q2: あなたのギターは、非常にテクニカルでありながら、歌心が際立っていますよね?

【MARCOS】: ありがとう!僕は Jimi Hendrix を愛してそだったんだ。それから、Nick Reinhart, Josh Martin そしてタッピングの名手 Stanley Jordan から技術的に非常に大きな影響を受けているね。実際に Nick と Josh に師事することができ、彼らからかなりのことを学ぶことができたよ。テクニックに関係なく、できるだけメロディックに演奏することを楽しんでいるよ。

Q3: You have toured with such distinguished talents as Polyphia, Covet, Delta Sleep, and Sithu Aye. Have they inspired you in any way?

【MARCOS】: I am always inspired by everyone we play with, I love watching bands before we play and feeling this great onstage connection. Live performances are my favorite because you can really feel the energy in the room, so I feel that everyone we’ve played with has given me the energy I need to put into my live shows.

Q3: あなたはこれまで、POLYPHIA, COVET, DELTA SLEEP, Sithu Aye といった素晴らしい才能とツアーを共にしてきました。彼らからインスパイアされることはありましたか?

【MARCOS】: 一緒に演奏するみんなからは、いつも刺激を受けているよ。演奏する前にバンドを見て、ステージ上で素晴らしいつながりを感じるのが好きなんだよね。
ライブは会場のエネルギーを感じられるから大好きさ。これまで一緒に演奏したみんなから、ライブに必要なエネルギーをもらっている気がするんだ 。

Q4: I have a simple question, why are you so obsessed with fruit? Who lives in Fruit Town and Fruit Island?

【MARCOS】: Fruit is cute! Fruit is a great symbol for our music and when you listen to it you become a citizen of Fruit Town .

Q4: 素朴な疑問なんですが、なぜあなたはこれほどフルーツにこだわっているんですか?フルーツタウンやフルーツアイランドにはいったい誰が住んでいるんでしょう?

【MARCOS】: だって、フルーツはキュートじゃないか!だから、フルーツは僕たちの音楽の最高のシンボルなんだよ。君たちが STANDARDS の音楽を聴いた瞬間から、フルーツタウンの住人さ!

Q5: Why do you work as a simple duo, guitar and drums?

【MARCOS】: I think the band can really be simplified down to a single guitar riff and drums. I think the beginnings of this came from when I’d play with drummer friends of mine and just cover guitar riffs. Without bass and vocals there were things missing, but also there was a lot to enjoy about the simplicity of guitar and drums. Recently we’ve added more and more to the song, but kept the focus on guitar and drums.

Q5: ギターとドラムスという、シンプルなデュオで活動しているのはなぜですか?

【MARCOS】: このバンドは、本当にギターリフひとつとドラムに単純化できると思うんだ。ドラムの友人と一緒に演奏するときに、ギターリフだけをカバーしたのが始まりだったと思う。ベースやボーカルがいないと物足りない部分もあるんだけど、一方でギターとドラムのシンプルさを楽しむこともできる。最近は、曲の要素をどんどん増やしているんだけど、ギターとドラムが中心であることは変わりないよ。

Q6: Those fruit characters in the artwork are so adorable! There are many such characters called “yuru-chara” in Japan. Of course, they have grown up along with the Japanese culture of anime and video games. Are you influenced by Japanese culture?

【MARCOS】: 100%! These are very fun and important to me!-Death Note, Cowboy Bebop, Naruto, Demon Slayer, Hunter X Hunter, Yu-Gi-Oh, Super Smash Bros…Not all made their way to the music but I have fond memories of all of these! I think Japanese culture has been so influential on many Americans like myself, from anime to video games to trading cards. I really like the style and have obviously incorporated many things into the imagery that goes with the music, it just works so well!

Q6: アートワークのフルーツのキャラクターはとても可愛らしいですね!日本では、こうしたかわいいキャラクターたちかま “ゆるキャラ” としてしのぎを削っているんですよ。もちろん、それらは日本のアニメやゲームとも関連しています。そうした日本の文化に影響を受けていますか?

【MARCOS】: 100%、間違いないね! デスノート、カウボーイ・ビバップ、ナルト、デーモン・スレイヤー、ハンター×ハンター、遊戯王、大乱闘スマッシュブラザーズ・・・全てが僕の音楽になったわけではないけれど、どれも思い出深いね!
こうした作品は、僕にとってとても楽しく、大切なもの。日本の文化は、アニメやゲーム、トレーディングカードなど、僕のようなギークなアメリカ人に大きな影響を与えていると思うよ。日本のスタイルがとても好きで、音楽に合わせたイメージに様々なものを取り込んでいるんだ。

Q7: Math-rock and progressive music have an image of being basically serious and esoteric, but you, Covet, Polyphia, and Sithu Aye seem intent on turning that image on its head and appealing to a variety of people while also actively incorporating melodies and mainstream music, would you agree?

【MARCOS】: I do agree! Anything can be appealing with the right presentation and I hope to keep trying to make more technical music appealing with catchy melodies and cute imagery.

Q7: マスロックやプログレッシブな音楽には、シリアスで難解なイメージがつきまといます。そんな中で、あなたや COVET, POLYPHIA, CHON, Sithu Aye といったアーティストは、そうしたイメージを変えようと努力し、より多くの人々にアピールすることを望んでいるようにも思えます。

【MARCOS】: そう思うよ。どんなものでも見せ方次第で魅力的になるんだ。よりテクニカルな音楽を、キャッチーなメロディーとキュートなイメージでアピールできるよう、これからも挑戦していきたいと思っているよ。

Q8: The world is currently in a dark situation: pandemics, wars, division, discrimination, etc. Listening to your music, I feel like I can escape from such a negative world. Are you happy that Standards’ music has that effect?

【MARCOS】: Yes very much so! I also find myself sometimes mentally lost when it comes to events that are occurring now in the world, but I think it just inspires me to keep creating so that we can have music to connect and enjoy together.

Q8: 20年代の世界は、パンデミックや戦争、人々の分断で実に暗いものとなっています。ただ、あなたの音楽を聴いていると、そんな憂鬱を忘れられるような気がしますよ。そうしたポジティブな影響をリスナーに与えることは、あなたにとってうれしいことですか?

【MARCOS】: うん、本当にうれしいよ!僕も、今世界で起こっている出来事に対して、精神的に迷うことはあるんだ。だけど、それでも僕たちが一緒になって楽しめる音楽が世界に存在できるように、作り続けていこうという気持ちになるんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARCOS’S LIFE

BEACH BOYS “PET SOUNDS”

I really appreciate this album for its groundbreaking arrangements and musically rich compositions. The genius of Brian Wilson is all over this album and the creation of the album is also an interesting story. I learned a lot from this record and will listen now and again to remind myself of how amazing music can be!

画期的なアレンジと音楽的に豊かな構成。本当に感謝しているよ。Brian Wilson の天才的な才能がこのアルバムの至る所に存在し、アルバムの制作自体も興味深い物語となっているね。このアルバムから多くのことを学んだし、音楽がいかに素晴らしいものであるかを思い出すために、これからも何度も聴くことになるだろうね。

SLIPKNOT “S.T.”

Heavy music is done completely different on this record and I think nobody can deny the raw visceral energy on this album. It really got me passionate about music and continues to inspire me with regards to the performances and musical ideas!

このアルバムでは、ヘヴィ・ミュージックが全く違ったものに仕上がっていて、生のエネルギーは誰にも否定できないものだと思う。このアルバムで音楽に対する情熱が高まり、パフォーマンスや音楽的なアイデアに関してもインスピレーションを受け続けているんだ。

DIRTY PROJECTS “SWING LO MAGELLAN”

I think my musical journey can be marked by the time I spent before hearing this album and all of the time after I had listened to every track on it over and over. This album is mostly a folk album with tinges of world music, experimental and rock and it is as unique as it is infectious. The guitar work is also very unique, taking influence from equal parts African stylings and rock and roll. A more out there listen, but a rewarding one that changed how I think about music.

僕の音楽の旅は、このアルバムを聴く前に費やした時間と、このアルバムの全曲を何度も聴いた後に費やした時間によって特徴づけられると思う。このアルバムは、ワールドミュージック、エクスペリメンタル、ロックの色合いを持つフォークアルバムで、そのユニークさと感染力の強さは折り紙付き。ギターワークも非常にユニークで、アフリカンスタイルとロックンロールの影響を等しく受けている。このアルバムは、僕の音楽に対する考え方を変えてくれた、とても価値のある作品さ。

THE 1975 “A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS”

This is a more modern album that toys with the concept of genre, with each track having a unique flavor. Seeing The 1975 flex their creative muscles on this album inspired me to also play around with different sounds and genres, while still having a consistent tone. I love every track on this album so much!

ジャンルという概念にとらわれない、より現代的なアルバムで、各曲がユニークな味わいを持っている。このアルバムでThe 1975がクリエイティブな力を発揮しているのを見て、僕も様々なサウンドやジャンルで遊びつつも、一貫したトーンを持っていたいと思うようになった。このアルバムはどの曲もとても気に入っているよ。

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

It’s hard to find better inspiration than in the story of Jimi Hendrix. Side man turned blues and turned psychedelic hero. A shining star that burned out so quickly, but made such an impact. Are You Experienced? has blues songs, experimental and psychedelic with mind blowing guitarisms, from unique chord work to blistering solos I still find so much in this work. A true classic that got me on my way and still inspires me.

ジミ・ヘンドリックスの話ほど良いインスピレーションを見つけるのは難しい。ブルースからサイケデリック・ヒーローに転身した男。すぐに燃え尽きてしまったけど、強大なインパクトを与えた輝く星。ブルース、エクスペリメンタル、サイケデリック、ユニークなコード・ワークから強烈なソロまで、僕は今でもこの作品の中に多くのものを見出している。僕の進むべき道を示してくれた真のクラシックであり、今でも僕をインスパイアしてくれるよ。

MESSAGE FOR JAPAN

I wanna come and visit so badly! Hopefully we can come soon and play for all of you!

日本に本当に行きたいんだ!できたらすぐ行って、君たちのためにプレイしたいよ!

MARCOS MENA

STANDARDS Facebook
STANDARDS Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です