NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CARPENTER BRUT : LEATHER TERROR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FRANCK HUESO OF CARPENTER BRUT !!

“Metal Music Was Boring Me, I Thought The Genre Was Going In Circles. Then One Day I Watched a Justice Live Show And It Was The Trigger. Why Not Push Electro To The Point That It Sounds As Powerful As Metal Music? So Carpenter Brut Was Born.”

DISC REVIEW “LEATHER TERROR”

「Bret Halford は、POISON の Bret Michaels と JUDAS PRIEST の Rob Halford を混ぜた名前で、主人公が好きなグラム・ロックとヘヴィ・メタルという二つの音楽ジャンルにオマージュを捧げる私なりのやり方だった」
“若き科学者 Bret Halford は、恋愛が苦手な男。学校のチアリーダーである運命の女性は、すでにいじめっ子のひとりと付き合っている。ロックスターに扮した Bret は、Leather Teeth と名乗り彼女を口説こうとするが、大事故に巻き込まれ大やけどを負ってしまう。同じ頃、ミッドウィッチでは謎の殺人鬼 “ブギーマン” が街をうろついていた。この街では殺人、カニバリズム、暴力が進行中だ”
これは2018年の “Leather Teeth” で、フランスが誇るシンセウェーヴの天才 CARPENTER BRUT が書き起こした、ヘヴィ・メタルとホラーのレトロフューチャーな怪綺譚、3部作のサウンドトラック、その第1幕。CARPENTER BRUT の頭脳である Franck Hueso は、ギターをほとんど持たず、ボーカル曲も数曲のみであるにもかかわらず、”ターミネーター”、”エルム街の悪夢”、”バトルランナー” の完璧にデザインされた電子音楽を、華やかなヘアメタル、ディスコ風味、鋲付き革ジャンの光沢で鮮やかに彩ってみせました。Carpenter の名は伊達ではありません。
「僕はミュージシャンではないから、楽器を演奏するのは難しかった。でも一方で、僕は機械やプラグなどを扱う方法を知っていて、それを扱うのが好きなんだよね。自分が何をしているのか、どんな結果が得られるのか、よくわからないまま何時間もシンセサイザーをいじっていると本当に面白いし、”ハッピー・アクシデント” が発生して、思いがけない結果が得られることもあるんだよ」
第二幕 “Leather Terror” は、Bret が第一幕で受けた屈辱を晴らすため、復讐の鬼となるストーリー。興味深いことに、”Leather Teeth” の4年後にリリースされた “Leather Terror” は、その舞台設定も1987年から1991年、つまり4年後へと移行しています。”Serpence Albus” から “Black Album” へ。奇しくもそのストーリー・ラインと呼応するかのように、CARPENTER BRUT の音楽もまた、ナイフと血とレザーが織りなすダークでアグレッシブな領域へとより深く歩みを進めています。Franck のノスタルジアとは冷たく、硬く、しかしどこか居心地のよい恐怖。
「僕はポップスのフォーマットで、シンプルでキャッチーな曲も好きだし、A点からZ点まで、いろいろなムードを持った伸びていくような楽曲も両方好きなんだ。だから、ロックやポップスの音楽的な構成でありながら、すべてシンセサイザーで行う。人々が慣れ親しんでいる構造を保ちつつ、あまり馴染みのない音を使うという二律背反を多用しているのさ。そうやって様々な音楽をミックスしているよ」
シンセウェーヴ、インダストリアル、ダークウェーヴ、EDM、そしてメタルの境界線を曖昧にした “Leather Terror” は、80年代のホラー映画のような構成の魔法で、過去と現在、そして未来までも曖昧にします。不気味で威嚇的なリズム、反復の美学、重厚なサウンドスケープとアンセミックなメロディー、静謐で暗がりのムードにいたるまで、Franck はその武器化された電子機器でメタルとシンセウェーヴの華麗な “戦争” を “麻薬的” に描いているのです。
「メタルは退屈で、このジャンル自体が堂々巡りだと思っていたんだよ。そんなある日、JUSTICE のライブを観た。あれが引き金となったね。エレクトロもメタルと同じくらいまでパワフルなサウンドにできないか?…エレクトロを最もダンス的な方法で押し出し、メタルのパワーとクロスオーバーさせたいという欲求が生まれたんだ。それで CARPENTER BRUT が誕生したんだよね」
ギターを1本もフィーチャーしていないのに、私たちの望む荒々しいリフやメタリックな音像が生み出される奇跡。実はその根底には、メタルとディスコに共通する “パワー” や “エナジー” の底流がありました。陰と陽の音楽的な掛け算は殺人鬼のダンスホールを産み落とし、クリエイティブな自由を与えられた “ゲスト・ダンサー” ならぬゲスト・シンガーたちは、その場所で思いのままにトラックをハックし、恐怖に独自の色を加えていきます。
GUNSHIP の Alex Westaway、THE DILLINGER ESCAPE PLAN の Greg Puciato、CONVERGE の Ben Koller、TRIBULATION の Johannes Andersson、SYLVAINE の Kathrine Shepard、ULVER など、多数のゲストが踊る死の舞台は、あの時代の空気感を呼び覚ますだけでなく、多様なボーカル体験をも再現しています。つまり CARPENTER BRUT はメタルではない “電子音楽” であるけれど、メタルと同じくらい暗く、豊かで、感情的で、エクレクティックな音楽。ミュージシャンじゃなくてもミュージシャンにはなれる。CARPENTER BRUT のすべては楽しい二律背反が原動力なのです。
今回弊誌では、Franck Hueso にインタビューを行うことができました。「”北斗の拳” や “マッド・マックス” などのように、僕が特に大好きなポスト・アポカリプス的な精神に基づく “AKIRA” の世界観は、もちろん大好きさ。”ポスト・アポカリプティック” (終末論的) は、次のアルバムのテーマにもなっているからね」 GHOST の Tobias によると、Franck はあの DEATHSPELL OMEGA にも関わりがあるとかないとか…それにしても、PERTURBATOR といい、DAN TERMINUS といいフランスのダークウェーヴ恐るべし。どうぞ!!

CARPENTER BRUT “LEATHER TERROR” : 10/10

INTERVIEW WITH FRANCK HUESO

Q1: I have heard that you like Japan, and it is true that your music and art have something in common with Japanese art, such as Akira. Are you influenced by Japanese anime, movies, and video games?

【FRANCK】: So to be honest I would say that my music is more inspired by the American pop culture of the 80s. Growing up in the 80’s I really liked horror movies like Friday the 13th or John Carpenter movies like Halloween or The Thing. Obviously I loved the universe of Akira because it is in the Post Apocalyptic spirit that I particularly like, the universes like Hokuto No Ken or Mad Max. Post Apocalyptic will be the theme of the next album. As far as video games are concerned, I grew up with the very first consoles, so I spent hours playing games on Megadrive. I was always more Sega than Nintendo by the way. You had to pick a team, haha.

Q1: エージェントの方から伺ったのですが、あなたは大の日本贔屓だそうですね?

【FRANCK】: そうだね。ただ正直なところ、僕の音楽自体は80年代のアメリカのポップカルチャーにインスパイアされていると言える。80年代に育った僕は、 “13日の金曜日” のようなホラー映画や、”ハロウィン” “遊星からの物体X” のような John Carpenter の映画がとても好きだったんだよ。
だけど、”北斗の拳” や “マッド・マックス” などのように、僕が特に大好きなポスト・アポカリプス的な精神に基づく “AKIRA” の世界観は、もちろん大好きさ。”ポスト・アポカリプティック” (終末論的) は、次のアルバムのテーマにもなっているからね。
ゲームも大好きでね。僕はゲーム機の第1世代だから、メガドライブで何時間もゲームをしていたよ。ちなみに、僕はいつも任天堂よりセガ派だった。どちらか選ばないといけなかったからね、ハハハ (笑)。

Q2: Your music is described as synthwave, but interestingly, you yourself grew up listening to metal and progressive rock? What kind of music was your favorite?

【FRANCK】: Indeed Metal is the musical genre that I know best and that influenced me a lot in my life as a musician and in my professional life. I have several favorite styles : thrash, death, NWOBHM… I also listened to rap, pop, coldwave, funk, film scores…. I can’t be closed to one musical genre anyway. I think that when you compose music you have to feed yourself with a maximum of influences if you want your music to be rich and varied.

Q2: あなたの音楽はよく “シンセウェーヴ” “ダークウエーヴ” と表現されますが、興味深いことにメタルやプログを聴いて育ったそうですね?

【FRANCK】: 実際、メタルは僕が最もよく知る音楽ジャンルであり、ミュージシャンとしての人生や職業において多くの影響を与えてくれた。スラッシュ、デス、NWOBHM…といった具合にね。
また、ラップ、ポップ、コールド・ウェーヴ、ファンク、映画音楽なども聴いてきたんだ。とにかくひとつの音楽ジャンルに閉じこもることができないタチでね。作曲をするとき、自分の音楽を豊かで多様なものにしたいなら、最大限の影響を自分に与えなければならないと思っているから。

Q3: Why did you decide to express yourself in synthwave instead of metal?

【FRANCK】: Ten years ago when I started the Carpenter Brut project I was listening a lot to the electro band Justice. Metal music was boring me, I thought the genre was going in circles. Then one day I watched a Justice live show and it was the trigger: why not push electro to the point that it sounds as powerful as Metal music? So Carpenter Brut was born: from this desire to push electro in its most dancing way and to make a crossover with the power of metal. For me it was easier to make synthwave than metal, because not being a musician, I would have had difficulty playing an instrument. On the other hand, I know how to work with machines, plugs and so on, and I love doing that. Spending hours tinkering with a synth without really knowing what you’re doing or what result you’re going to get, it’s really interesting and it causes “happy accidents” which can give really unexpected results.

Q3: 自己表現の “器” をメタルではなく、シンセウェーヴに決めたのはなぜだったんですか?

【FRANCK】: 10年前、CARPENTER BRUT のプロジェクトを始めたとき、僕はエレクトロ・バンド、JUSTICE をよく聴いていたんだよね。メタルは退屈で、このジャンル自体が堂々巡りだと思っていたんだよ。
そんなある日、JUSTICE のライブを観た。あれが引き金となったね。エレクトロもメタルと同じくらいまでパワフルなサウンドにできないか?…エレクトロを最もダンス的な方法で押し出し、メタルのパワーとクロスオーバーさせたいという欲求が生まれたんだ。それで CARPENTER BRUT が誕生したんだよね。
僕にとっては、メタルよりシンセウェーヴの方がやりやすかったんだ。なぜなら、僕はミュージシャンではないから、楽器を演奏するのは難しかった。でも一方で、僕は機械やプラグなどを扱う方法を知っていて、それを扱うのが好きなんだよね。自分が何をしているのか、どんな結果が得られるのか、よくわからないまま何時間もシンセサイザーをいじっていると本当に面白いし、”ハッピー・アクシデント” が発生して、思いがけない結果が得られることもあるんだよ。

Q4: Having said that, the metal and prog aspects of your music are essential, right? How do you incorporate such music into synthwave?

【FRANCK】: I like both simple and catchy songs, in the Pop music format, but I also like when the songs stretch out from point A to point Z through various moods. Pop music is more about starting from point A and going to point B. So I try to have a rock and pop musical construction but to do everything with synths and keep a structure that people are familiar with while using sounds that are less familiar. The mix is created this way.

Q4: メタルやプログをシンセウェーヴに反映させるのは、簡単なことではないですよね?

【FRANCK】: 僕はポップスのフォーマットで、シンプルでキャッチーな曲も好きだし、A点からZ点まで、いろいろなムードを持った伸びていくような楽曲も両方好きなんだ。だから、ロックやポップスの音楽的な構成でありながら、すべてシンセサイザーで行う。人々が慣れ親しんでいる構造を保ちつつ、あまり馴染みのない音を使うという二律背反を多用しているのさ。そうやって様々な音楽をミックスしているよ。

Q5: Your music has a strong affinity with retro-futuristic game and movie soundtracks. For example, is 8-bit video game music in your roots?

【FRANCK】: Yes, but in a subconscious way in my opinion. I often see people telling me that a certain track reminds them of Castlevania for example. But when I compose, these video game musics are not at all part of my influences. It must be more about sounds than melodies. Indeed there is a whole music scene inspired by 8 bits music but it never inspired me.

Q5: あなたの音楽は、レトロ・フューチャーな映画のサウンド・トラックやゲーム音楽とも親和性が高いように感じます。例えば、8bit のゲーム音楽もまた一つのルーツなんでしょうか?

【FRANCK】: そう思うよ。ただ重要なのは、それが無意識のうちにそうなっていることなんだよ。よく、僕のある曲を聴いて “悪魔城ドラキュラを思い出す” と言う人を見かけるよ。でも、僕が作曲するとき、そういったビデオゲームの音楽はまったく直接的な影響の一部ではないんだよね。彼らにはメロディよりもサウンドが重要なのだろうな。
たしかに、8bit ミュージックにインスパイアされた音楽シーンはあるけど、僕にはまったく響かないんだよね。

Q6: The second album in the trilogy, “Leather Terror,” is another great effort! This story features Bret Halford, whose name sounds like Bret Michaels and Rob Halford rolled into one, doesn’t it? haha! How does the story unfold?

【FRANCK】: Yes, Bret Halford is a mixture of Bret Michaels from Poison and Rob Halford from Judas Priest, my way of paying homage to these two musical genres: glam rock and heavy metal, which my main character, Bret, is fond of.
In “Leather Terror”, we’re 4 years later (Leather Teeth’s story was set in 1987), Bret Halford – aka leather Teeth singer of the glam band Leather Patrol – has become a huge rock star. Even though he has become famous, he can’t stop thinking about all the people who humiliated him: Chip and his friends from the US football team, Kendra…he wants to get back at them. He has become a serial killer…well, mostly in his head. In Leather Terror, as we’re four years after; Bret Halford has become a rock star bent on revenge. The album was supposed to be more mature, dark and aggressive than the previous one. So the musical evolution follows the evolution of the character and his story. It also follows the musical evolution between 1987 (Leather Teeth story) and 1991 when the story takes place in Leather Terror.

Q6: 最新作 “Leather Terror” はトリロジーの二作目にあたります。”Leather” シリーズは主人公が Bret Halford という名前ですが、メタル・ファンには、Bret Michaels と Rob Halford が浮かんでくるような名前ですね?

【FRANCK】: そう、Bret Halford は、POISON の Bret Michaels と JUDAS PRIEST の Rob Halford を混ぜた名前で、主人公が好きなグラム・ロックとヘヴィ・メタルという二つの音楽ジャンルにオマージュを捧げる私なりのやり方だった。
“Leather Terror” は、前作 “Leather Teeth” の4年後の物語。舞台は1987年から1991年に移る。ブレット・ハルフォード、別名レザー・ティース、グラム・バンド LEATHER PATROL のボーカル Bret Halford 別名 Leather Teeth は、大スターになっている。だけど有名になっても、自分を辱めた人たちのことが頭から離れない。Chip と彼の友人であるアメフトチームの仲間たち、そして Kendra…彼らに仕返しをしたいんだ。そうして Bret は連続殺人犯になってしまった…まあ、ほとんど彼の頭の中でだけど。
“Leather Terror” で Bret は復讐に燃えるロック・スターになっている。このアルバムは前作よりも成熟し、ダークでアグレッシブなものになるはずだった。だから、音楽的な進化は、キャラクターと彼の物語の進化に沿ったものなんだ。同時に、1987年(Leather Teethの物語)と1991年(Leather Terrorの物語の舞台)の間の音楽的な進化も追っているんだよ。

Q7: There are many metal artists such as Greg Puciato, Ulver, Johannes of Tribulation, and many others who participate as guests. Why did you collaborate with them?

【FRANCK】: I wanted to work with them because I like their work and the bands they play in and also because the pandemic allowed these connections. They were all stuck at home because of Covid. Obviously in normal times I would have probably had less featurings on this album. They are artists that I admire and I am very happy that they accepted to participate in the record. There are a lot of people who don’t like my tracks with vocals, I think this album is not for them. But just because my songs started out instrumental doesn’t mean that I have to stick to that for my entire career. It doesn’t mean neither that on the last part of the “leather” trilogy there will be a lot of featuring again. I work on instinct and opportunity, so I don’t really know yet how it will work out.

Q7: Greg Puciato, ULVER, TRIBULATION の Johannes など、メタル系のアーティストが多数ゲスト参加していますね?

【FRANCK】: 彼らと仕事をしたいと思ったのは、彼らの作品や演奏しているバンドが好きだからだよ。それに、パンデミックによってこうしたつながりができた面もある。彼らは皆、パンデミックのせいで家に閉じこもっていたんだ。だからもし平時であれば、このアルバムでのゲスト陣はもっと少なかったかもしれないよね。彼らは僕が尊敬するアーティストで、このアルバムへの参加を受け入れてくれたことをとてもうれしく思っているよ。
というわけで、今回は沢山歌がある。ボーカル入りの僕のトラックを好まない人がたくさんいるから、このアルバムはそういう人には向かないと思う。でも、僕の音楽がインストゥルメンタルから始まったからと言って、僕のキャリア全体がそれに固執する必要はないと思っている。だから、それと同じで “Leather” 三部作の最後のパートで、再びゲストが多くなるというわけじゃないよ。僕は直感とチャンスで動くから、次がどうなるかはまだわからないんだ。

Q8: Compared to the 80’s you are describing, metal is very fragmented and diversified. In that sense, would you say that Carpenter Brut is one form of metal?

【FRANCK】: Well for me Carpenter Brut is not metal. Even if it sounds metal at times, that there is a guitarist and a drummer on stage and that I was strongly influenced by metal, it remains electronic music. But it’s not techno music. It’s a mix of atmospheres and energies that gives a genre of its own. But honestly I don’t care. People can call it what they want, I’m fine with anything, it’s not the most important thing I think.

Q8: “Leather” シリーズで扱っている時代と比べて、現在メタルはより細分化され、多様な音楽になっています。そういった意味では、CARPENTER BRUT の音楽もまた、メタルの一つの形とも言えるのでしょうか?

【FRANCK】: そうだね、少なくとも僕にとっては CARPENTER BRUT はメタルではない。ステージにギタリストとドラマーがいて、僕がメタルに強く影響を受けたということで、メタルに聞こえることがあったとしても、それが “電子音楽” であることに変わりはないんだ。
でも、テクノ・ミュージックというわけでもないんだよね。結局、アトモスフィアやエネルギーがミックスされた独自のジャンルを確立していると思うんだ。ただ、正直言ってどうでもいいんだよね。人々がそれをどう呼ぼうと、僕は何でもいいんだ。それは最も重要なことではないと思うから。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FRANCK’S LIFE

PINK FLOYD “THE WALL”

MESHUGGAH “CHAOSPHERE”

TYPE P NEGATIVE “OCTOBER RUST”

IRON MAIDEN “KILLERS”

SLAYER “DECADE OF AGRESSION”

MESSAGE FOR JAPAN

It may sound a bit cliché, but I’m really looking forward to going to Japan. But it’s still a bit complicated for me to go and tour there, with all the equipment for the show, it’s extremely expensive, so I hope to find an opportunity to go there soon.
ありがとうございました。

ちょっと陳腐な言い方かもしれないけど、いつか日本に行くのがとても楽しみだよ。でも、ツアーで行くのはちょっと複雑で、僕の場合はすべてのライブの機材を持ち込むのがものすごく高いんだよね。それでも、早く機会を見つけて行きたいと思っているよ。ありがとうございました。

FRANCK HUESO

CARPENTER BRUT Facebook
CARPENTER BRUT
CARPENTER BRUT Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です