タグ別アーカイブ: Cult Leader

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CULT LEADER : A PATIENT MAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANTHONY LUCERO OF CULT LEADER !!

“I Do Feel The Weeping Skull Represnts The Concept Of The Album. Musically And Lyrically We Want The Band To Be An Expression Of The Negativity In Our Lives.”

DISC REVIEW “A PATIENT MAN”

ソルトレイクに兆すエクストリームミュージックの胡乱なニューリーダー。異端の唱道者 CULT LEADER が掲げる教義は、陶酔を誘う魔性のカオスとノワールです。
グラインドコアとスラッジの蜜月を象徴したバンド GAZA の解散は、アンダーグラウンドの世界にとって二重の意味でショッキングな出来事でした。鋭利で野放図なその独創性が途切れることはもちろん、当時のボーカリストが起こしたスキャンダルもまた、リスナーの大きな落胆を誘ったことは確かでしょう。
しかし障害の根源を断ち切り、ベーシスト Anthony をボーカルに据えて再始動を果たした CULT LEADER のある種麻薬的で、妖気振りまく夜叉の佇まいは、GAZA の悲劇を振り払って余る程に鮮烈かつ混沌です。
もちろん、2014年のデビュー EP “Nothing for Us Here” 以来、CULT LEADER はメタリックでブルータルなハードコアの鼓動に、プログレッシブやドゥーム/スラッジの息吹と悲哀の情操を投影し、カオティックで多様な宇宙を創造して来ました。
実際、インタビューで Anthony も 「もし僕たちがある特定のジャンルに限定されてしまったら、もはやバンドとして機能しないとさえ思うんだ。それほど僕たちの音楽性は多岐に富んでいるんだよ。」 と語っています。
ただし、それでも黒の指導者が提示する新たなバイブル “A Patient Man” は、敬虔な信者にこれまで以上の圧倒的驚愕とカタルシスをもたらす大いなる預言書、もしくは洗礼だと言えるでしょう。
CONVERGE と Chelsea Wolfe,  Nick Cave の薄幸なる婚姻。涙するスカルをアートワークにあしらったこの作品を、端的に表せばこういった表現になるでしょうか。
言い換えれば、ランニングタイムのおよそ半分はグラインドとハードコアのカオス。一方で残りの半分はバリトンボイスで紡がれるデリケートなノワールへと捧げられているのです。
ブラストビートに導かれ、ポリリズミックなメロディーと無節操なブレイクダウンが花開くオープナー “I Am Healed” や、不協和のシャワーとスラッジのスロウバーンがしのぎを削る “Isolation in the Land of Milk and Honey” が慣れ親しんだ CULT LEADER の経典だとすれば、連続する “To: Achlys”, “World of Joy” の2曲はさながら新経典でしょうか。
Nick Cave, Chelsea Wolfe, DEAD CAN DANCE のプリミティブでノワールな世界観。NEUROSIS の放射線状にも位置する13分間の穏やかなフューネラルは、哀しみと闇、美しき孤独と終焉を反映しながら、ダークアメリカーナにフォークやゴスまで内包し作品に傑出したデュエル、コントラストをもたらしました。
「音楽的にも詩的にも、僕たちはこのバンドを人生におけるネガティブな部分の代弁者としたいんだよ。」と Anthony が語るように、黒雲の途切れないアルバムにおいて、ただ “テンション” という素材を主軸としてこれほどの落差、ダイナミズムを創出するレコードは極めて稀だと言えるでしょう。
「頼むから俺を癒してくれ。」Anthony の咆哮、絶唱はリアルな苦痛、苦悶を掻き立てるマスターの所業。一方で、「愛に満ちた光が世界中の人間に注いでも、俺の下には来ないだろう。」と孤独を綴るその声は、全てを受け入れ語りかけるような慰めと寂寞のトーンでした。
孤高の唱道者は墓標の上で踊る。もしかすると、彼らの新たな教義は、THOU や CONVERGE の最新作とも根底ではシンクロしているのかも知れません。Kurt Ballou のプロダクション、リリースは Deathwish Inc. から。
今回弊誌では、Anthony Lucero にインタビューを行うことが出来ました。「自分たちのコンフォートゾーンの外へと冒険することを、僕たちはいつも心掛けているんだよ。」どうぞ!!

CULT LEADER “A PATIENT MAN” : 10/10

INTERVIEW WITH ANTHONY LUCERO

Q1: First of all, I was really surprised at hearing the news of Gaza’s break up at that time. You know, that “incident” was so shocking…

【ANTHONY】: Well…there was great deal of conflict in that band and things happened that led us to kickicking out the vocalist. We then wanted to start fresh as a completely new band.

Q1: 前身バンド GAZA の解散に驚いたファンも多いと思います。とてもショッキングな出来事でしたね…

【ANTHONY】: そうだな…まあバンド内に大きな亀裂が生じ、争いが起こったんだよ。その結果、結局僕らはボーカリストを追い出すことにしたんだ。
それで僕たちは完全に新しいバンドとして、フレッシュなスタートを切りたかったんだよ。

Q2: But it seems right decision, looking back now. Actually, Cult Leader is incredible! But what made you choose Cult Leader for your band name? Musically, what was the initial blueprint of Cult Leader?

【ANTHONY】: Thank you, choosing a band name is incredibly difficult, Cult Leader was suggested by one of our friends and it captured the tone we were looking for and it’s very evocative artistically for me.

Q2: 実際、その決断は正解でしたね。 CULT LEADER の音楽は驚異的です!それにしても印象的なバンド名ですね?

【ANTHONY】: ありがとう。バンド名を決めるのは本当に難しかったんだ。CULT LEADER という名前は友人の1人に勧められたんだけど、まさに僕たちが探し求めているトーンを上手く捉えていると思ったんだよ。
それに、アートの見地からとても刺激的で、感情に訴える言葉だとも思ったね。

Q3: So, Anthony, you switched your part from bass guitar to vocal. That seems drastic change, but was that natural move for you?

【ANTHONY】: I had done vocals in bands when I was young and I’m really a guitarist so playing bass was fun but it was never a passion. When the opprotunity arose to move to vocals it was a chance to do something new and challenging. It was a difficult adjustment but I was happy to take it on.

Q3: CULT LEADER への移行に伴い、あなたはベースからボーカルへと担当パートをスイッチしましたね?

【ANTHONY】: 若いころ、僕はバンドでボーカルもやっていたし、実のところ本来はギタリストなんだ。だからベースを弾くのは楽しいけど、そこに情熱を感じたことはなかったんだよ。
そういった背景があったから、ボーカルを担当する機会が訪れた時、僕は新たな挑戦へのチャンスが来たと思ったんだ。
もちろん、順応するのは簡単ではなかったけど、それでも引き受けて良かったと思っているよ。

Q4: OK, let’s talk your newest record “A Patient Man”. It seems the skull in the artwork is kind of a symbol of “A Patient Man”. Do you agree that? What’s the concept or lyrical themes of this record?

【ANTHONY】: I do feel the weeping skull represnts the concept of the album. Musically and lyrically we want the band to be an expression of the negativity in our lives. However, I don’t wish to over explain the meanings or symbolism involved in the art or lyrics, I would like people to be able to engage with our band and draw whatever meaning they get from it in a personal way.

Q4: では最新作 “A Patient Man” について話しましょう。アートワークのスカルは、タイトルにもある “辛抱する人” を象徴しているようにも思えます。

【ANTHONY】: そうだね。僕もアートワークの涙するスカルはアルバムのコンセプトを表していると思うよ。音楽的にも詩的にも、僕たちはこのバンドを人生におけるネガティブな部分の代弁者としたいんだよ。
ただし、アートや歌詞について、その意味やシンボルをあまり説明し過ぎるようなことはしたくないんだ。僕はリスナーに歌詞としっかり向き合って欲しいし、そこから個人的な見解や意味を描き出して欲しいからね。

Q5: You know, it’s really eclectic, emotional record like chaotic, metallic, sludgy, hardcore, folk, post-rock and dark Americana. Do you think such a “diversity” is a key of “A Patient Man”?

【ANTHONY】: I do, but I would say that is key to our band in general. Our tastes in music very so much within the band that we couldn’t function if we were resrticted to any specific genre.

Q5: メタルからハードコア、スラッジ、フォーク、ポストロックにダークアメリカーナと作品のカオスは実に多様です。
エクレクティックというワードは一つ作品の鍵だと言えますか?

【ANTHONY】: そう思うよ。ただそれはこのアルバムに限らず、このバンド自体が目指すところだと思うんだ。
だって、もし僕たちがある特定のジャンルに限定されてしまったら、もはやバンドとして機能しないとさえ思うんだ。それほど僕たちの音楽性は多岐に富んでいるんだよ。

Q6: How was the writing process? I feel the mood of “Dark Americana” flows into this record.  How have you evolved from your debut-full “Lightless Walk”?

【ANTHONY】: The writting process for this record took longer than we expected it to because we had to focus on the things in life that exist outside the band. We always push ourselves outside our comfort zone which isn’t easy but it forces new things to happen and that’s how we like it.

Q6: ライティングプロセスはいかがでしたか? “ダークアメリカーナ” のムードが流入した作品にも思えますが、デビューフル “Lightless Walk” と比較して、どういった部分に進化が見られるのでしょうか?

【ANTHONY】: このレコードのライティングプロセスには、思っていたよりも長く時間を掛けたんだ。というのも、僕たちはバンドの外に存在する人生の出来事へとフォーカスする必要があったからなんだ。
つまり、自分たちのコンフォートゾーンの外へと冒険することを、僕たちはいつも心掛けているんだよ。それはもちろん、簡単ではないけどね。
だけどそうすることで新たな展開に出会えるし、僕たちはそのチャレンジが好きなんだよ。

Q7: You show not only converge-esque tension but also dark and gloomy atmosphere. That contrast creates incredible dynamism. It seems Kurt Ballou and God City Studios helped to catch such a dynamic mood. Do you agree that?

【ANTHONY】: I would say that Kurt is a friend and we trust his opinions and skill as an engineer which allows for a lot of freedom to experiment during the recording process.

Q7: “A Patient Man” では、CONVERGE のようなテンションを発する一方、ダークでスロウ、グルーミーなムードも濃厚で、素晴らしいコントラストを生み出しています。
Kurt Ballou と God City Studio がそのダイナミズムを捉える助けとなったようですね?

【ANTHONY】: Kurt は友人で、僕たちはエンジニアとしての彼の意見、スキルを信用しているんだよ。それによって、レコーディングプロセスの間中、僕たちには様々な実験を試みる大きな自由が与えられたんだ。

Q8: I think you are one of the brightest hope in the extreme music scene. So, what kind of bands do you empathize with or put into same category in the scene?

【ANTHONY】: Thank you! Well that’s a hard question to answer so I’ll just name a few bands who are putting out music I really dig and I look forward to hearing much more from. Author & Punisher, Primitive Man, Lingua Ignota and Of Feather And Bone.

Q8: CULT LEADER は明らかに、現在のエクストリームミュージックシーンで異彩を放っていますね。そのあなた達が、このカテゴリーで共感を覚えているアーティストを教えてください。

【ANTHONY】: ありがとう!難しい質問だけど、僕がその音楽を大好きで、もっと新たな音源を聴きたいと思っているバンドをいくつか挙げてみるね。
AUTHOR & PUNISHER, PRIMITIVE MAN, LINGUA IGNOTA, そして FEATHER AND BONE だよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ANTHONY’S LIFE

NINE INCH NAILS “THE DOWNWARD SPIRAL”

SWANS “FILTH”

MINOR THREAT “COMPLETE DISCOGRAPHY”

THE BODY “ALL THE WATERS OF THE EARTH TURN TO BLOOD”

NEUROSIS “A SUN THAT NEVER SETS”

MESSAGE FOR JAPAN

Japan you are beautiful and we look forward to visiting and playing some music with you.

日本のみんな、君たちは美しいよ。いつか日本を訪れてプレイする日を楽しみにしているよ。

ANTHONY LUCERO

CULT LEADER Facebook Page
CULT LEADER Official Site
DEATHWISH Inc. Facebook Page
DEATHWISH Inc. Official Site
日本盤のご購入はこちら。DAYMARE RECORDINGS
3LA “A PATIENT MAN”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!