タグ別アーカイブ: doom

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU & EMMA RUTH RUNDLE : MAY OUR CHAMBERS BE FULL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRYAN FUNCK OF THOU !!

“I Think Most Folks Who Identify As “Metalheads” Or Whatever Probably Have a Lot More Nuance Than They Let On. I Just Wish They Would Embrace More Of a Balance Than Clinging To a Very Strict Set Of Rules. I Think That’s Why, As a Forty-Year-Old Man, I Still Identify As a Punk Or a Hardcore Kid.”

I STILL IDENTIFY AS A PUNK, OR HARDCORE KID

「”メタルヘッズ” と名乗る人たちの多くは、公平にみてもおそらく自分たちが言うよりもずっと多くの音楽的なニュアンスを持っていると思うよ。だから厳格なルールにしがみつくのではなく、バランスを取ってほしいと願うばかりだね。俺はしっかりバランスを取っているからこそ、40歳になった今でも、パンクやハードコアキッドなんだと思う。頭の中では、そういった概念がより曖昧で広がりを持っているように思えるからね。」
スラッジ、ドゥーム、メタル、ハードコア、グランジ。ルイジアナの激音集団 THOU はそんな音楽のカプセル化に真っ向から贖う DIY の神話です。
「ここ数年で培った退屈なオーディエンスではなく、もっと反応の良い(しかし少なくとも多少は敬意を払ってくれる)オーディエンスを獲得したいからなんだ。 堅苦しいメタル野郎どもを捨てて、THE PUNKS に戻る必要があるんじゃないかな!」
15年で5枚のフルアルバム、11枚の EP、19枚のスプリット/コラボレーション/カバー集。THOU の美学は、モノクロームの中世を纏った膨大なカタログに象徴されています。THE BODY を筆頭とする様々なアーティストとの共闘、一つのレーベルに拘らないフレキシブルなリリース形態、そしてジャンルを股にかける豊かなレコードの色彩。そのすべては、ボーカリスト Bryan Funck の言葉を借りれば “金儲けではなく、アートを自由に行う” ためでした。
2018年、THOU は自らのアートな精神を爆発させました。3枚の EP とフルアルバム、計4枚の4ヶ月連続リリース。ドイツのサイレント映画 “カリガリ博士” に端を発するノイズ/ドローンの実験 “The House Primodial”、Emily McWilliams を中心に女性ボーカルを前面に据えた濃密なダークフォーク “Inconsolable”、ギタープレイヤー Matthew Thudium が作曲を司りグランジの遺産にフォーカスした “Rhea Sylvia”、そしてスラッジ/ドゥームの文脈で EP のカオスを具現化した “Magus”。一般的なバンドが4,5年かけて放出する3時間を僅か4ヶ月で世界に叩きつけた常識外れの THOU が願うのは、そのまま頑ななステレオタイプやルールの破壊でした。
実際、Raw Sugar, Community Records, Deathwish, Sacred Bones とすべての作品を異なるレーベルからリリースしたのも、境界線を破壊し多様なリスナーへとリーチする自由な地平線を手に入れるため。自らが獲得したファンを “退屈” と切り捨てるのも、主戦場としてしまったメタル世界の狭い視野、創造性の制限、クロスオーバーに対する嫌悪感に愛想が尽きた部分はきっとあるのでしょう。
「このバンドはグランジの源流であるパンクのエートス、プログレッシブな政治的内容、メランコリックなサウンドから絶対的な深みへと浸っている。 間違いなく、10代の頃に NIRVANA, SOUNDGARDEN, PEARL JAM, ALICE IN CHAINS を聴いていたことが、音楽制作へのアプローチや、ロックスターのエゴイズムを避けることに大きな影響を与えている。」
“The Changeling Prince” の MV でヴァンパイアのゴシックロッカーを気取ってみせたように、THOU にとってはロックスターのムーブやマネーゲームよりも、音楽世界の常識を覆すこと、リスナーに驚きをもたらすことこそが活動の原動力に違いありません。そのスピリットは、パンク、そしてグランジに根ざす抑圧されたマイノリティーの咆哮が源流だったのです。全曲 NIRVANA のカバーで構成された “Blessings of the Highest Order” はまさにその証明。
「メンタルの病の個人的な影響を探求することがかなりの部分染み込んでいて、それは無慈悲なアメリカ資本主義の闇とは切っても切り離せないものだと思うんだ。」
THOU が次にもたらす驚きとは、10/30にリリースされる、ポストロック/ダークフォークの歌姫 Emma Ruth Rundle とのコラボレーション作品です。90年代のシアトル、オルタナティブの音景色を胸一杯に吸い込んだ偉大な反抗者たちの共闘は、壊れやすくしかしパワフルで、悲しくしかし怖れのない孤立からの脱出。精神の疾患や中毒、ストレスが容赦なく人間を押しつぶす現代で、灰色の世界で屍に続くか、希望の代わりに怒りを燃やし反抗を続けるのか。選択はリスナーの手に委ねられているのかも知れませんね。
今回弊誌では、Bryan Funck にインタビューを行うことができました。「大きな影響力とリソースを持っているレーベルの多くが、自分たちがリリースする音楽やリリースの方法に関して、リスクを負うことを最も嫌がっているように見えるのは本当に悲しいことだよ。彼らの成功により、クリエイティブな決定を下す自由がより広く与えられるはずだと思うんだけど、それは逆のようだね。」2度目の登場。どうぞ!!

INTERVIEW WITH BRYAN FUNCK

Q1: First of all, It is a big surprise that you have released three EPs and one album for four consecutive months. How did you come up with this unheard-of idea?

【BRYAN】: We had talked about working on an all acoustic record and an all drone record for some years. It had come up a few times when we had been talking about doing splits with our friends’ bands like Pygmy Lush or Sutekh Hexen. The idea came up again when we were trying to figure out what direction to push Magus. Originally, our thought was to work on these EPs, and then pull some ideas out of those really drastic (for us) experimentations and apply some of it to the full length. Instead, we dove right into Magus, and decided to work on those EPs after the full length had already been recorded. So the EPs became more about taking small ideas we had toyed around with on Magus and previous records and really digging in.
At the point when we were ready to start releasing these records, it had been a few years since we had put out anything substantial, so we thought it would be fun to just dump a ton of material out there all at once. The records were sonically different enough that it would, hopefully, be interesting for people and not get lost in the avalanche. We normally release some kind of “b-sides” EP along with each full length any way. Our experience has been that the companion piece tends to get lost in the wake of the full length―especially if a bigger label is promoting the main record―so we wanted to use the EPs as sort of “teasers” and release them ahead of Magus; that way, the shorter records would help promote the main record, but also get some attention.
Ultimately, the idea for doing all these records―as with any Thou record―is just an excuse for us to stretch our creativity a bit and have fun with the music we’re releasing.
Also, we can be quite mischievous; we like to create a bit of chaos. It’s fun, for me, to take a standard music industry approach to how a record is released or promoted and try and subvert that in some meaningful way. If anything, that’s a new standard for me, in how we’re rolling out records. How can I take this cookie cutter approach and make it more interesting?

Q1: 2018年に、3枚の EP と1枚のアルバムを4ヶ月連続でリリースしましたよね? いかにも THOU らしい常識破りのアイデアでした。

【BRYAN】: 俺たちは何年か前から、オールアコースティックとオールドローンのレコードを作ろうと話していたんだ。PYGMY LUSH や SUTEKH HEXEN みたいな友達のバンドとスプリットを作ろうと話していた時にね。そして “Magus” をどのような方向に進めていくかを考えていた時に、そのアイデアが再び出てきたんだ。
もともと僕らの考えでは、何枚かの EP に取り組むことで、(俺らにとっての)思い切った実験からいくつかのアイデアを引き出し、それをフルレングスに適用するというものだったんだ。だけどその代わりに、先に “Magus” に飛び込んで、本編がレコーディングされた後にEPを作ることにしたんだ。つまり、このEPは、”Magus” や前作のアルバムで遊んでいた小さなアイデアを、より深く掘り下げたものになったんだよ。
これらの作品をリリースする準備ができた時点では、何年も実体のあるものをリリースしていなかったから、たくさんの素材を一度に出してみたら楽しいだろうと思っていたんだ。そしてうまくいけば、雪崩の中で迷子にならないように、人々に興味を持ってもらえるような十分に異なる音楽性を持っていたね。
俺たちは通常、フルレングスのアルバムには必ず何かしらの “b-sides” EPをリリースしている。 だけど俺たちの経験では、そういった姉妹作は本編の後で迷子になってしまうことが多いんだ。特に大きなレーベルが本編のプロモーションを行っている場合はね。
だから最終的には、他の THOU のレコードと同様に、連続して EP をリリースするというアイデアは、自分たちの創造性を少し伸ばして、音楽を楽しむための口実に過ぎないんだよね。
それに、俺らはちょっとしたカオスを作るのが好きで、かなりお茶目なところもあるんだ。レコードをリリースしたり、プロモーションしたりする方法について、音楽業界の標準的なアプローチを意味のある方法で覆そうとするのは、俺にとっては楽しいことなんだよ。どちらかというと、あれは俺たちにとってレコードの出し方の新しい基準になったんだ。どうすれば、このクッキーカッターのようなアプローチをとって、もっと面白くすることができるのだろうか?

Q2: It seems each of EP’s focus on different realms. “The House Primordial” is noise/drone, “Inconsolable” is dark folk acoustic, and “Rhea Sylvia” is more alternative, grunge direction. Why did you make each piece emphasized for different elements?

【BRYAN】: Mainly because we thought it would be fun and interesting for us. And it has been! But we also liked the idea of doing something unexpected. The original idea for releasing these was going to involve zero hype or announcements. We wanted to just quietly post these on bandcamp each month and see how people reacted.
We also have very broad and nuanced tastes when it comes to the music we listen to. So it seemed like this would be a way to apply those interests the framework of the band’s output. We were hoping this would attract a more diverse audience and potentially open some doors up for us to perform with a wider range of bands. I think people can have really adverse feelings about mixing genres. We come from a more DIY punk background, so it’s always been less about genre and more about the people and ethos involved. But releasing albums that were so sonically distinct seemed like a way to say, “Hey, indie rock band we like, we can do this within the context of our band and fit in just fine on a tour with you.” “Hey, noise freakaleeks, we can make noise for an hour and tour basements across America with you.” I don’t know how well we’ve succeeded with any of this, unfortunately. But I think it’s still a good thing to put out into the universe, hoping that a likeminded group will latch onto it. If nothing else, any excuse to stretch ourselves creatively is healthy for the band.

Q2: 仰るとおり、3枚の EP はすべて異なる味付けがなされていましたね。”The House of Primordial” はノイズ/ドローン、”Inconsolable” はアコースティックなダークフォーク、そして “Rhea Sylvia” はオルタナティブやグランジを意識した作風でしたね?

【BRYAN】: その理由は主に、俺たちにとって楽しくて面白いアイデアだと思ったからだよ。そして、それが実現したんだ。それに俺たちは、予想外のことをやるってアイデアが好きだしね。連続リリースにかんする最初のアイデアは、誇大広告や発表を一切行わないというものだった。毎月静かに Bandcamp に投稿して、みんなの反応を見ようと思っていたんだ。
俺たちはまた、聴く音楽の好みも非常に幅広いし、ニュアンスのあるもの好んでいるからね。だから、そういった溢れる興味をバンドのアウトプットの枠組みに当てはめる良い方法だと思ったんだ。そうすることで、より多様なオーディエンスを惹きつけ、より多くのバンドと共演できるようになる可能性があると期待していたんだよ。
ジャンルをミックスすることにかんして、人々は本当に嫌悪感を抱くと思うんだ。そしてこれまで俺たちはよりDIY パンクのバックグラウンドを持っているから、ジャンルにこだわるよりも、関係する人々やエートスにこだわることが多かったんだ。
でも、音楽的に異なるアルバムをリリースすることで、「おい、俺たちが好きなインディー・ロックバンドよ、俺たちのバンドは君らの文脈の中でもやれるし、君らとのツアーでもうまくやっていけるんだ。」と言うことができるようになったんだよ。 「おい、ノイズフリーク、俺たちは1時間ノイズを出しつづけられるし、アメリカ中の地下室を君らと回れるぜ。」 とかね。
残念ながら、それがどれだけ成功したかは分からないけど。でも、同じ志を持ったグループがアンテナにひっかかることを期待して、世界に向けて発信するのはまだ良いことだと思う。何よりも、自分たちの創造性を伸ばす口実になるなら、それはバンドにとって健全なことなんだ。

Q3: A trio of EP’s were released by different labels. “The House Primordial” on Raw Sugar, “Inconsolable” on Community Records, and “Rhea Sylvia” on Deathwish, Inc. Were you trying to fit each one in with a label’s color? And does it mean you wanted to expand into new audiences?

【BRYAN】: Yeah, it would be great to bring in some folks who are less genre-focused, or even obliterate those kinds of self-imposed limitations. We’ve always tried to do that, with the bands we tour with or release music with, with the labels we work with, etc. This has just been a continuation of that tradition for us. Usually when we start to feel trapped within the sub-sub-genres of heavy metal or the metal scene or whatever, that’s about when we’ll start acting out a bit and become overly critical of the clichés and limitations involved with such narrow views. Although, to be fair, I think most folks who identify as “metalheads” or whatever probably have a lot more nuance than they let on. I just wish they would embrace more of a balance than clinging to a very strict set of rules. I think that’s why, as a forty-year-old man, I still identify as a Punk or a Hardcore Kid; those concepts just seem so much more ambiguous and expansive in my mind.
Anyway, we wrote and recorded all of these records before we reached out to any labels, so it was more about finding labels that fit the record in some way. We probably could’ve pushed that further, but it didn’t seem like many “bigger” labels were willing to take a chance on something like this. It’s really sad to me that a lot of these more established labels that have a lot more clout and resources seem the most unwilling to take any chances when it comes to the music they release or how they roll out those releases. I would think that their success should give them more freedom to make creative decisions, but it seems like the opposite. I’ve been really happy that Sacred Bones has taken so many chances with some of my wild ideas. Hopefully, they’ll let me keep pushing things in that direction.

Q3: “The House Primordial” は Raw Sugar, “Inconsolable” は Community Records, そして “Rhea Sylvia” は Deathwish からと、3枚の EP はすべて異なるレーベルからリリースされています。これも、オーディエンスやバンドをより多く惹きつけるための試みだったのでしょうか?

【BRYAN】: そうだね、ジャンルにあまりこだわらない人たちを俺たちの世界に連れてくるのは素晴らしいことだと思うし、自分で決めた制限を取り払うこともできるだろうな。俺たちは、一緒にツアーをしたり、一緒に音楽をリリースしたりしているバンドや、一緒に仕事をしているレーベルなどを考慮して、常にそうしようとしてきたんだ。
だから今回のアルバムはその伝統を受け継いでいるだけなんだよ。俺たちがヘヴィーメタルのサブサブジャンルやメタルシーンの中に閉じ込められたと感じ始めたとき、その時に少し演技を始めて、狭い視野の中の決まり文句や制限に対して過度に批判的になることが多いんだ。
とはいえ、”メタルヘッズ” と名乗る人たちの多くは、公平にみてもおそらく自分たちが言うよりもずっと多くの音楽的なニュアンスを持っていると思うよ。だから厳格なルールにしがみつくのではなく、バランスを取ってほしいと願うばかりだね。俺はしっかりバランスを取っているからこそ、40歳になった今でも、パンクやハードコアキッドなんだと思う。頭の中では、そういった概念がより曖昧で広がりを持っているように思えるからね。
とにかく、僕らはレーベルに連絡を取る前に連続リリースのレコード全てを書いて録音していたんだ。だからある意味、それに合うレーベルを見つけることの方がより重要だったね。もっと推し進めることもできたかもしれないけど、多くの “大手 “レーベルがこのようなチャンスを狙っているようには思えなかったんだ。
大きな影響力とリソースを持っているレーベルの多くが、自分たちがリリースする音楽やリリースの方法に関して、リスクを負うことを最も嫌がっているように見えるのは本当に悲しいことだよ。彼らの成功により、クリエイティブな決定を下す自由がより広く与えられるはずだと思うんだけど、それは逆のようだね。 Sacred Bones が僕のワイルドなアイデアに多くのチャンスを与えてくれたことを本当に嬉しく思っているんだ。彼らとさらに冒険を続けていきたいね。

Q4: Actually, these three EP’s are kind of proof of Thou’s diversity. Among them, “Inconsolable” may be big surprise for fans. Actually, Emily McWilliams sung all through the EP, and you didn’t even sing on the EP, right? Didn’t you hesitate to release it in the name of Thou?

【BRYAN】: Not at all. I probably had a heavier hand in the creation of Inconsolable than some of the ones I’m on like The House Primordial or Rhea Sylvia. Emily McWilliams (Silver Godling) sings on almost every track on Inconsolable, everything except the cover I think. We also got KC Stafford (one of our newer members), Melissa Guion (MJ Guider), Nicole Estill (True Widow), Jacques Boudreaux (Cajun Clam), Michael Moss (Baby Boy), Clayton Hunt (Heat Dust), and Scott Francioni (Secret Passage). Lots of voices on that one! By the time we recorded all of these folks, it just seemed like it would be overkill to try and work me in, and it seemed like an unnecessary headache for our engineer James Whitten. I mean, I wrote almost all of the lyrics, I handled a good chunk of the writing (in terms of vocal lines), and I had total control over the aesthetic of the record. Did I really have anything to prove by getting a few vocals on the record that I’d inevitably bury under all the more talented voices?
We recently contributed a Bad Religion cover to a Black Lives Matter benefit compilation being curated by Mani and Brent from Racetraitor. I basically commissioned Emily to learn, write, and record the bulk of the song, and Thou just fleshed it out. Originally, I had some big ideas for it, but Emily’s contribution was so much better than what I had come up with, that we shifted gears and worked around what she brought to the song. I think that’s a good metaphor for how the in-studio writing and recording decisions of Inconsolable went. We just brought in a lot of talented people, and when they had better ideas, we used those. Imagine if we had spent more time writing and collaborating with some of these folks!
I should also point out that Emily has sung on more Thou tracks than any of the regulars besides me. Even with all the songs Matthew sings on Rhea Sylvia, her cumulative total is higher. I think she has them all listed on the Silver Godling page now. So, it’s really not a huge departure for us to include her so much, as she’s been carrying us along almost as long as I’ve been in the band! She also helped a lot on the backend of Inconsolable, doing some rough vocal demo versions of almost all the tracks, so I could sort out lyrics and vocal melodies. She was a huge help!

Q4: お話しにも出ましたが、3枚の EP は THOU に備わる多様性の象徴にも思えます。中でも、”Inconsolable” は驚きでした。あなたのかわりに、Emily McWilliams が作品を通して歌っていますからね。
THOU の名でリリースすることにためらいはありませんでしたか?

【BRYAN】: まったくなかったね。”The House Primordial” や “Rhea Sylvia” のような他の作品よりも、俺はむしろ “Inconsolable” の制作に大きな影響力を持っていたと思うんだ。Emily McWilliams (SILVER GODLING)は “Inconsolable” のほぼ全ての楽曲で歌っている。同時に、KC Stafford (新メンバーの1人), Melissa Guion (MJ GUIDER), Nicole Estill (TRUE WIDOW), Jacques Boudreaux (CAJUN CALMC), Michael Moss (BABY BOY), Clayton Hunt (HEAT DUST), Scott Francioni (SECRET PASSAGE) も参加しているんだ。だから沢山の声が収録されているよ。
彼ら全員をレコーディングして、さらに自分を参加させるのはやり過ぎだと思ったし、エンジニアの James Whitten にとっても不必要な頭痛の種になってしまうからね。つまり、俺はほとんど全ての歌詞を書き、(ボーカル・ラインのかなりの部分を担当し、レコードの美学を完全にコントロールすることに専念したのさ。才能あるボーカリストたちの下に埋もれてしまうような俺の声をレコードに収録してまで、俺は本当に何かを証明する必要があったのだろうか?
最近、RACETRAITOR の Mani と Brent がキュレーションしている Black Lives Matter のコンピレーションに BAD RELIGION のカヴァーを提供したんだ。俺は基本的にその曲の大部分をEmily に学習、作曲、録音を依頼し、THOU はただそれを肉付けしただけだったんだ。元々、俺はこの曲のために大きなアイデアをいくつか持っていたんだけど、Emily の貢献は俺が考えていたものよりもはるかに優れていたから、俺らはギアをシフトして、彼女がこの曲に用意したものを中心に作業をしたんだ。これは、”Inconsolable” のスタジオにおいて作曲とレコーディングの決定がどのように行われたかを示す良い例だと思う。俺たちは才能のある人たちをたくさん集めて、彼らがより良いアイデアを持っていたら、惜しみなく使ったんだ。もし彼らとの共同作業にもっと時間を費やしていたらどうなっていたか想像してみてほしいね。
それに、Emily は俺以外のレギュラーの誰よりも多く THOU の曲で歌っていることも指摘しておかなければならないだろうな。 Matthew が “Rhea Sylvia” で歌っている曲を含めても、彼女の累計はもっと多いんだ。つまり俺がバンドをやっている間ほとんどの期間、彼女は僕らを支えてくれているから、彼女とさらに共演を進めることは僕らにとって新たな出発点というわけじゃないんだ。彼女は “Inconsolable” のバックエンドでも多くのことを手伝ってくれていて、ほとんど全てのトラックのラフなボーカルのデモバージョンを作ってくれたんだ。彼女には本当に助けられたよ。

Q5: OK, let’s talk about “Magus”. There was some humor, irony and The Body (haha) on “The Changeling Prince” MV, right? Anyway, in the last interview, you said “Heathen” was kind of about celebrating nature. I feel “Magus” is kind of opposition to that. What’s the theme or lyrical themes of the record? And is it tied to three EP’s?

【BRYAN】: Magus is essentially the response to Heathen. It’s an exploration of thought and philosophy, a deconstruction of the self, a journey through the Inner World. Magus is a celebration of individuality, a rejection of communal prostration, and the elevation of person power. It’s more of less diametrically opposed to the ego obliteration of Heathen.
Inconsolable was an examination of the deep sorrow and overwhelming bleakness that results from relationships and interactions; The House Primordial delved deeper into the bitter spirit of individual assertion in the face of homogeny. So these two records essentially took the more generalized ideas on Magus and allowed me to really hone in on a specific feeling or instance. Rhea Sylvia was mostly written by Matthew for his solo work a few years before we mangled it into Thou songs.
In terms of that video, yeah, we can’t help but be a bit self-critical and act out like little shits. It was fun playing with the image of the band. From when we first started touring, people have been so focused on what we look like. “I thought you’d be a bunch of burly, beareded fat dudes covered in tattoos, and wearing head to foot black denim.” Nope! Keeping in mind that we’d be reaching something of a new audience with the Sacred Bones release, it was kind of like, “Oh, now we can really mess with people, and just let them believe that we look like these goth death rockers. And then pepper the audience with us looking like bored normies. So many layers at play: hatred of the standard bored/boring Thou audience; criticism of the style-over-substance spectacle; love for DIY punk; love for the true freakaleeks.

Q5: では次に、”Magus” について話しましょう。”The Changeling Price” の MV にはユーモアや皮肉、それに THE BODY が映し出されていますね。(笑)
前回のインタビューであなたは、”Heathen” は自然を祝福するアルバムだと仰いましたが”Magus” にはどんなテーマが込められていますか?

【BRYAN】: “Magus” は本質的には “Heathen” へのリアクションなんだ。”Heathen” は思想と哲学の探求で、自己の脱構築であり、内なる世界への旅と言えたよね。一方で “Magus” は、個性の祭典であり、共同体としての崇拝を拒否し、個人の力を高めることを目的としている。だから、どちらかというと “Heathen” の自我の抹殺とは正反対だよね。
“Inconsolable” は、人間関係やその相互作用から生じる深い悲しみと圧倒的な暗さを考察したもので、”The House Primordial” は、均質性に直面した個人の主張の苦い精神を深く掘り下げたものだった。だから、この2枚のアルバムは、本質的には “Magus” のより一般化されたアイデアを取り入れて、さらにマクロな特定の感情や状況に焦点を当てることができたんだ。”Rhea Sylvia” は、THOU の曲を作る数年前に Matthew がソロ活動のために書いた曲なんだよね。
あのビデオに関しては、そうだね、俺らは自己批判的にならずにはいられないし、クソガキのように振る舞っている。バンドのイメージで遊ぶのは楽しかったね。最初にツアーを始めた時から、みんなが俺らのルックスに注目していたんだ。 “タトゥーを入れて、黒のパーカーに黒のデニムを履いているような太ったデブだと思っていたよ” 全然違う!
Sacred Bones からのリリースで、新しいオーディエンスを獲得することを念頭に置いていたんだ。 “これで人々を混乱させることができるぞ。ゴスデスロッカーのように見えるから。そう信じてもらえればいい” ってね。退屈な野暮ったい姿を見せてやるなんてね。
標準的で退屈な THOU のオーディエンスへの憎しみ、スタイル・オーバー・ザ・スペクタクルへの批判、DIYパンクへの愛、真のフリーカリークスへの愛、など様々な意図の層が存在しているんだ。

Q6: Why did you release Nirvana’s cover as an album now? What do you care about when you play?

【BRYAN】: That collection has actually been in the works for a year or two. It fell off the radar for us and Robotic Empire at some point, but with the quarantine, I’ve been trying to tie up a lot of loose ends. Same thing for the other digital collection of covers, A Primer of Holy Words.
Are you asking which Nirvana songs I like to play live? For me, any of the energetic ones–I Hate Myself and I Want to Die, Scentless Apprentice, Blew, Floyd. We used to play Aneurysm pretty much all the time. Basically played it to death.
If that’s more of a general question–I would love to get a more responsive (but at least marginally respectful) audience, rather than the bored/boring one we’ve cultivated over the last few years. I guess we need to really ditch all these uptight metal dweebos and get back to THE PUNKS.

Q6: 今、NIRVANA のカバー集をリリースする意味とはなんですか? 彼らの楽曲をプレイする時、特に気にかけていることはありますか?

【BRYAN】: NIRVANA をカバーしたコレクションは1、2年前から計画していたんだ。俺たちと Robotic Empire にとってその計画はある時点でレーダーから外れていたんだけど、コロナによる自宅隔離で多くの未解決の問題を解決する時間が出来たからね。デジタル・コレクションのカバー、”A Primer of Holy Words” についても同じことが言えるよ。
NIRVANA のどの曲をライブで演るのが好きなのかって? “I Hate Myself and I Want to Die”, “Scentless Apprentice”, “Blew”, “Floyd” といったエネルギッシュな曲だね。”Aneurysm” はいつもプレイしていたよ。 基本的に死ぬほどプレイしたな。
もしそれが一般的な質問であるならば、ここ数年で培った退屈なオーディエンスではなく、もっと反応の良い(しかし少なくとも多少は敬意を払ってくれる)オーディエンスを獲得したいからなんだ。 堅苦しいメタル野郎どもを捨てて、THE PUNKS に戻る必要があるんじゃないかな!

Q7: Regarding grunge, you are often called “The heaviest grunge band in the world”, like that. After all, do you have a deep attachment to the mood, spirit, sound of that era?

【BRYAN】: I’m not sure I’ve ever heard anyone call us that, but I’ll take it as high praise. This band absolutely drinks deep from the wellspring of grunge―the punk ethos, the personal content that easily veers into progressive politics, the melancholic sound. Without a doubt, our teenage roots listening to Niravan, Soundgarden, Pearl Jam, and Alice in Chains made a lasting impression on our approach to creating music and our avoidance of rockstar egoism. I think this is evident even now in our newest material. Maybe now more than ever.

Q7: NIRVANA、グランジという文脈でいえば、THOU は世界で最もヘヴィーなグランジバンドと形容されることもありますよね?

【BRYAN】: そんな風に呼ばれているのを聞いたことがないんだけど、これは褒め言葉として受け取っておこう。このバンドはグランジの源流であるパンクのエートス、プログレッシブな政治的内容、メランコリックなサウンドから絶対的な深みへと浸っているんだ。
間違いなく、10代の頃に NIRVANA, SOUNDGARDEN, PEARL JAM, ALICE IN CHAINS を聴いていたことが、音楽制作へのアプローチや、ロックスターのエゴイズムを避けることに大きな影響を与えているね。それは今の最新作にも表れていると思う。多分、今まで以上にね。

Q8: Why did you decide to collaborate with Emma? Does this work reflect the current darkness in America that stemmed from Corona and politics?

【BRYAN】: Emma had been on our short list of musicians to tour and collaborate with for a while. When we got asked to do the residency at Roadburn last year, one of Walter’s suggestions had been to do some kind of collaborative performance. It was kind of the perfect excuse to convince Emma to work on a record and then tour with us: we basically had to write the thing and we had a reason to tour it leading up to Roadburn, ostensibly to give us some practice.
We wrote the record at the very start of 2019 and recorded it August 2020, so it really doesn’t have much to do with the politics surrounding COVID. It is, however, steeped quite a bit in exploring the personal effects of mental illness, and I think that’s something inextricable from the darkness of unmerciful, American capitalism.

Q8: Emma Ruth Rundle とのコラボレーションは何がきっかけで始まったのですか?このレコードは、現在のアメリカを覆うコロナや政治の闇を反映しているのでしょうか?

【BRYAN】: Emma は以前からツアーやコラボレーションをしたいミュージシャンのリストに入っていたんだ。去年ロードバーンでのレジデンシーを依頼された時、責任者ウォルターの提案の一つに、何かコラボレーション・パフォーマンスをするというものがあったんだ。そしてそれは、エマにレコードを作ってから一緒にツアーをしようと説得するための完璧な口実になったんだ。
僕らはこのレコードを2019年の初めに書いて、2020年の8月にレコーディングしたから、COVIDを取り巻く政治とはあまり関係ないんだ。だけど、メンタルの病の個人的な影響を探求することがかなりの部分染み込んでいて、それは無慈悲なアメリカ資本主義の闇とは切っても切り離せないものだと思うんだ。

Q9: So, Internet, streaming service, and SNS made drastic changes to music industry. Actually, some said “Album is dead” and listening experience becomes more convenient, I feel. But you are still making 76 minutes epic album and over ten minutes long songs. That seems to be a kind of rebellion against the music industry and instant listeners. Do you agree that?

【BRYAN】: I own a record shop, so I don’t really think the album is dead. Catering to playlists and social media algorithms is probably more fiscally responsible and lucrative, but we’ve never really tried to contort our music that way. We’ve never been interested in playing the money-making game in terms of compromising much, if at all, on our approach to the band. Creatively, we’d prefer to let the art go where it wants, where we’re intuitively compelled to go.
All of that being said, I don’t think we’ve ever really set out, or made it our standard, to write ten minute songs. If a song or idea makes more sense to do in a thirty second burst, I don’t think we’d hesitate at all to go in that direction. Exploring riffs has just been, by and large, the way those guys write and what is most interesting for them. The pieces they have come up with usually demand that sort of lengthy exploration.
But one of the ideas we’ve been talking about for the next record is to do something more along the lines of the Rhea Sylvia songs―really verse chorus verse traditional structures. Shorter, more compacted. But again, it just depends on where each, particular song needs to go. And by the time we get to that stage in the writing process, things could drastically change. We’ll see!

Q9: インターネット、ストリーミングサービス、SNS の伸長は音楽産業にドラスティックな変化を及ぼしました。”アルバムは死んだ” と言われ、よりコンビニエントなリスニング体験が求められているようですね。
それでも THOU は76分のアルバムを作り、10分を超える楽曲を作り続けています。

【BRYAN】: 俺はレコード店を経営しているから、アルバムが死んだなんて思っていないよ。プレイリストやソーシャルメディアのアルゴリズムを利用した方が財政的にも責任が持て、儲かるかもしれないけど、俺らは自分たちの音楽をそれに沿って歪めようとしたことは一度もない。バンドへのアプローチについて、妥協することはあっても、金儲けのためのゲームをしようと思ったことは一度もないんだよ。 創造的には、自分たちが直感的にやりたいと思った分野で、アートを自由にやりたいんだよ。
そうは言っても、俺らは10分間の曲を書こうとは思っていないし、それがスタンダードになっているとも思っていない。30秒でやった方がいい曲やアイデアがあれば、その方向に進むことを躊躇することはないと思う。リフを探求することは、大抵の場合、俺らが曲を書く方法で、最も興味深いことなんだ。だから長い探究心が必要となることもあるね。
でも、次のアルバムに向けて話し合っているアイデアの一つとして、”Rhea Sylvia” の曲に沿ったものを作りたいと思っているんだ。より短く、よりコンパクトに。でも、それはそれぞれの曲がどこに向かうべきかにかかっているんだ。ライティングの段階に到達する頃には、状況は大きく変化しているかもしれないしね。今にわかるよ。

BRYAN’S RECENT FIVE FAVORITE ALBUMS

SILVER GODLING “RAVEL”

NORMA TANEGA “WALKIN’ MY CAT NAMED DOG”

IRIS DEMENTS “INFAMOUS ANGEL”

AKIRA ORIGINAL SOUND TRACK

SUZANNE VEGA “TOM’S DINER” (ACAPELLA VER. 1994 BBC)

Silver Godling “Ravel” is probably the only new release I’ve been listening to. Emily’s got another whole album she just finished that’s amazing, and she’s been working on some arrangements of Purcell that are incredible! Other than that, Norma Tanega’s Walkin’ My Cat Named Dog, Iris DeMent’s Infamous Angel, the Akira soundtrack, and the acapella version of “Tom’s Diner” Suzanne Vega did on the BBC in 1994. I also just started digging into Alice Phoebe Lou, but mainly the live solo stuff. The new Fiona Apple record is cool. I’m still listening to The Smiths on repeat. I guess Morrissey is my own personal Burzum. Nazz Mozz.

MESSAGE FOR JAPAN

Sacred Bones had worked out a CD release of Magus, but I think the label flaked and folded. We didn’t even get copies! If anyone has a few, we’d love to have some for our personal archives.
Yeah, it would be great if Daymare or someone cool would be interested in releasing all of our output on CD for Japan releases. There are plenty of tidbits we could add to the CDs. We would absolutely love to tour Japan someday before this band ends. I recently watched Ed Piskor’s video from Japan on the Cartoonist Kayfabe youtube channel, and now I wanna come over even more! I gotta get all the Katsuhiro Otomo manga. If anyone wants to trade for Thou records, let me know.

Sacred Bones は “Magus” のCDをリリースしていたんだけど、レーベルが在庫を切らしちゃったのかな。俺たちはコピーさえ手に入れられなかったんだよ! もし誰かが持っているなら、個人的なアーカイブ用にいくつか持っていたいんだけどね。
そうだね、だから Daymare Recordings か誰かクールな人が、日本で僕らの全作品をCDでリリースすることに興味を持ってくれたら最高なんだけどね。ボーナストラックになるような素材はたくさんあるし。
このバンドが終わる前に、いつか日本ツアーをしたいと思っているよ。最近、漫画家 Kayfabe の youtube チャンネルでエド・ピスコのビデオを見たんだけど、もっと日本に行きたくなってきたよ。大友克洋の漫画を全部手に入れなきゃ。漫画と THOU の レコードと交換したい人がいたら教えてほしいな。

BRYAN FUNCK

THOU Bandcamp
DAYMARE RECORDINGS
SACRED BONES RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PARADISE LOST : OBSIDIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AARON AEDY OF PARADISE LOST !!

“You Have To Follow Your Heart And Soul Or Else You Can Sound a Little Dishonest With Your Craft. I Think If We Had The Mentality Of “Draconian Times Did Well, Let’s Make Another One!”, We Would Have Probably Split Up With The Following Years As It Would Have Felt Empty And Void Of Soul.”

DISC REVIEW “OBSIDIAN”

「僕たちは自分自身のサウンドを完璧なまでに見つけていて、過去32年間でバラエティーに富んだスタイルを実現してきたんだ。つまり、悲惨のタペストリーを幅広く描いてきたわけだよ。」
抑圧と絶望渦巻くコロナ禍の2020年に求められるのは、希望と解放を宿した慈光の音楽でしょうか?少なくともメタル世界では、負を帯電したダークな響きに慰めとカタルシスを求める殉教者が決して少なくないようにも思えます。ただネガティブな感情を瓶に詰め覆い隠すだけでは、きっと自己破壊的な暴発が待っているだけでしょう。
「PARADISE LOST の精神はいつだって何よりも、まず自分たち自身の喜びのために音楽を作ることだからね。心と魂に従う必要があるんだよ。そうしなければ自らの創作物が少し不正直に見られ聞かれるかもしれないからね。 「”Draconian Times” は上手くいったから、もう1つ似たようなものを作ろう!」ってメンタリティーを持っていたとしたら、空虚な気持ちになって魂の欠如を感じ、おそらく次の年には解散していただろうな。」
つまり、PARADISE LOST が描くゴシックドゥームの “悲惨なタペストリー” こそが、暗澹たる黒雲を払い、導きの光となる可能性を秘めていると言っても過言ではないはずです。何しろ、30年以上のキャリアで16枚の歴史を刻む失楽園のメタルには、Aaron の言葉通り他のどの音楽より内なる絶望と憂鬱の真なる創造性が潜んでいるのですから。
色彩豊かな不朽の傑作 “Draconian Times” から25年。新たなマスターピース “Obsidian” でヨークシャーの仄暗き伝説は、デスドゥームの凶暴な起源を再創造しながら、貪欲にゴシックメタルの領域をも拡大していきます。
寂寞暗然を認める唯一無二のシンガー Nick Holmes はここ数年、1992年の “Shades of God” 以来四半世紀ぶりにデスボイスを解禁し、ライオンを再び檻から解き放っています。”The Plague Within” でエクストリームメタルのインテンスを、”Medusa” でドゥームの重苦しいメランコリーを現代に蘇らせた PARADISE LOST は、そうして “Obsidian” で獰猛と陰鬱を完璧なまでに黒の多様でマリアージュさせてみせたのです。
特筆すべきは、悲惨のパレットにキャッチーな音の葉を注いだ “Ghosts” や “Fosaken” の耽美な耳馴染みの良さでしょうか。それは “Host” のシンセポップでも、”Believe in Nothing” のオルタナティブでもなく、SIOUXSIE SIOUX や SISTER OF MERCY と同種のゴシックなダークポップに思えます。
もちろん、Nick の豊かな表現力と Gregor Mackintosh の鍵盤まで含めた扇情力がドラマを紡ぐ “The Devil Embraced” や “Serenity” には “Draconian Times” のゴシックな遺産で満たされていますし、”Fall From Grace” の絡みつくドゥーミーな重量感と慟哭の旋律は改めてバンドの出自を示し、一方で “Ravenghast” では “Gothic” に通じる物哀しきエレジーを紡いでいきます。
ヨークシャーローズに幸運のタリスマンやシンボルを集めたアートワーク、死へ向かう運命、人生の旅路を綴るテーマも完璧。
今回弊誌では、誇り高きリズムマン Aaron Aedy にインタビューを行うことができました。「単純に、僕たちのゴスとメタル両方への愛情が理由だよ。当時、僕らの地元であるイングランド北部には巨大なゴシックシーンが存在してね。そしてもちろん、僕たちはメタルファンとしても育った訳だよ。だから理にかなっているよね。
両方のダークな面は美しく合わさったし、僕らの仲間たちと少し違うことをするという意味でも良いやり方だったね。」 どうぞ!!

PARADISE LOST “OBSIDIAN” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PARADISE LOST : OBSIDIAN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GREEN CARNATION : LEAVES OF YESTERYEAR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KJETIL NORDHUS OF GREEN CARNATION !!

“In Some Ways We Are a “Child” Of that Norwegian Black Metal Era. Through The Years, Many Of Those Early Black Metal Bands Have Changed Quite a Lot, Developing Their Music And Bringing In Other Influences.”

DISC REVIEW “LEAVES OF YESTERYEAR”

「”Light of Day, Day of Darkness” は多くの点で “すべてを備えて” いるよね。まさに過剰な創造性だったよ。そして幸運にも僕たちはすべてをまとめて、音楽の長いリストとしてだけじゃなく1つの曲として見られるように仕上げることができたんだ。」
ノルウェーの闇皇帝 EMPEROR にも血を分けた Tchort 率いる翠色のカーネーションは、00年代に咲いたプログメタルの徒花にも思えました。しかし、音花のラボラトリーで生育された越境の種子は後続の遺伝子へと刻まれ、14年の時を経て遂に GREEN CARNATION 本体の再生をも誘ったのです。
インタビューに答えてくれた GREEN CARNATION の声、Kjetil が初めてバンドに加わった “Light of Day, Day of Darkness” は当時の常識をすべて覆すような異端の書でした。娘の逝去と息子の誕生を同時に体験した Tchort の感情もとにした闇と光の生命譚は、60分で一曲を成す異形の姿を誇っていました。
「最も重要なのはムードとアトモスフィアだからね。実際、”Light of Day, Day of Darkness” の大半かプログレッシブに属するなんて誰もが言えないだろう。僕たちの音楽には酩酊するような要素、ヘヴィーな要素、ドゥーミーな要素など、他にもたくさん存在するからね。」
サックスやシタール、クワイア、それに600を超えるサンプルまで使用して、ブラック、デス、プログはもちろんフォークからゴス、ドゥームまで縦横無尽に敷き詰めた音の絨毯は、ある意味ステレオタイプが定着してきた当時のプログメタル世界を震撼させたのです。
「このアルバムで僕たちにとって最も重要なことの1つは、GREEN CARNATION 最高の面をすべて1つのアルバムに取り込むことだったね。解散以前は5枚のアルバムで何度も実験を繰り返したんだけど、すべてのアルバムに “典型的なグリーンカーネーションの瞬間” があったわけさ。」
目眩く音旅を経て、経済的な不遇とモチベーションの喪失により2007年に活動を休止した GREEN CARNATION。しかし、マイルストーン “Light of Day, Day of Darkness” のワンオフショウを契機として再び翡翠の撫子に血が通い始めます。
5曲45分。最新作 “Leaves of Yesteryear” に純粋な新曲は3曲しか収録されていません。残りの2曲は “My Dark Reflections of Life and Death” の再録と BLACK SABBATH “Solitude” のカバー。しかし、過去曲の再訪を含め、この内容に不満を感じるファンはいないでしょう。
プログメタルでストーリーテリングを行う翡翠の煌めきは、14年の時を超えて成熟を導き一際その輝きを増していました。エピックという過去の忘れ物を取り戻すタイトルトラック、”Leaves of Yesteryear” には、たしかに ULVER, ENSLAVED, ANATHEMA, CANDLEMASS, KATATONIA といった異端メタルの巨人に宿る耽美や重厚、荘厳を想起させながら、より純粋化したプログメタルを紡ぐバンドの知性と哲学が込められています。
クラッシックロックへの憧憬を湛えた “Sentinels” のアラベスクな旋律、記憶に残るリフワーク、70年代に根ざす鍵盤の香りはまさにロックの黄金律。そうして輪廻の導きのもと、作品はよりドラマティックによりプログレッシブに生まれ変わった16分のセンターピース “My Dark Reflections of Life and Death” で “GREEN CARNATION 2020” の壮大を存分に見せつけるのです。
今回弊誌では、不世出のシンガー Kjetil Nordhus にインタビューを行うことができました。「ある意味僕たちはあのノルウェーブラックメタルシーンの “子供” なんだよ。あれから何年にもわたり、初期のブラックメタルバンドの多くは大きな変化を遂げ、音楽を発展させ、他からの影響をもたらしたね。
たとえば、最近 ULVER のファンになった人は、最初のアルバムを聴くとかなりショックを受けるはずだよ。もちろん、僕たちだってジャンルや影響に関して実験的なバンドだしね。 」 どうぞ!!

GREEN CARNATION “LEAVES OF YESTERYEAR” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GREEN CARNATION : LEAVES OF YESTERYEAR】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ELDER : OMENS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK DISALVO OF ELDER !!

“I’d Like To Think That We’re Channeling The Adventurous And Explorative Spirit Of The Prog Scene In The 70’s, But Not Directly The Sound. We Want To Be Our Own Band, But Also Push The Boundaries Of Our Own Creativity.”

DISC REVIEW “OMENS”

「僕は日本の浮世絵を購入したばかりでね。それをきっかけに、日本の文化について読んでいて”浮世”の意味を発見したんだ。読み進めるにつれて、僕がアルバムのために書いている歌詞と本当にシンクロしていて興味をそそられたよ。
住んだことのない場所についてはあまり多くは語れないけど、少なくとも僕の住む西洋世界では、人生に意味をもたらさない過剰な消費に執着し過ぎているように感じるね。必要のないものを買うために働いているように思えるよ。大きな家やファンシーな車を買い、意味のない人生を送り、ゴミ以外何も残さず死んでいく。
このアルバムの楽曲は、僕たちの多くが精神的奴隷として生きていることを悟り、人生を充足させるため自分自身の道を見つけることについて書かれているんだよ。」
前作 “Reflections Of A Floating World” リリース時のインタビューで、Nick DiSalvo はそう語ってくれました。古の日本に学び、物質世界よりも精神世界に重きを置く彼の哲学は、おそらく ALCEST の Neige とも通じています。
そして奇しくも、シンプルなストーナーアクトとしてスタートし、プログ/ヘヴィーサイケの方角へと舵を切った ELDER の音楽性は、ストーリーを喚起するシネマティックな創造と、ジャンルを縦横無尽に横断する精神性という意味でいつしか ALCEST と神話を共有できる数少ない語り部に成長を遂げていたのです。
「今日僕たちは、サウンドとアトモスフィアのスペクトルを広げて探求を続けている。だけど、君が “Omens” について “ブライト” で “アップリフティング” と評したのはとても興味深いね。だってこのアルバムのテーマはさっきも語った通り実にダークなんだから!まあ僕はいつも悲哀と喜びの2つの対照的な感情を描こうとしているんだ。そして両者のムードを全ての楽曲に落とし込もうとしているんだよ。」
前作で “浮世” の浄土を描いた ELDER は、”Omens” で対照的に欲望渦巻く物質世界の限界を鋭く描写することとなりました。さながら対となるレコードにも思える2枚のアルバム。その陰の “裏面” はしかし、映し出した深刻なテーマと反するように陽のイメージを以前とは比較にならないほどブライトに宿しています。
新たな輝きは明らかに、ANATHEMA, ALCEST, CYNIC といったモダンメタル/プログの革命家とも通じるように思えます。前作の時点でクラッシックプログ、クラウトロック、インディーからの影響がシームレスに芽生えるカラフルで多彩な浮世草子を創世していた ELDER ですが、その物語にシューゲイズやポストロックの息吹をふんだんに加えたことは確かでしょう。ただし Nick はその場所よりも、さらに純粋に澄み切ったプログジャイアントへの憧憬を隠そうとはしませんでした。
「彼らに比べて音楽的な才能が欠けているから、僕たちが直接的に YES の系譜に位置するかはわからないけど、彼らが僕たちの大きなインスピレーションと探求の源であることは間違いないね!どちらかと言えば、僕たちは70年代のプログシーンの冒険心と探究心を伝え、チャネリングしていると思う。サウンドを直接伝えているのではなくてね。」
ストーナーへの愛情を湛え、後ろ髪を引かれながらもその音心は確実にかつての恋人から遠ざかっています。実際、”Ember” は現代に突如として現れた “オルタナティブな YES” と表現したいほどに、70年代の宇宙的で英知的な “残り火” を灯しているのですから。
もちろん、”Omens”, “Halcyon” に漂うサイケデリックな営みは PINK FLOYD の遺産でしょう。ただし、”In Procession”, “One Light Retreating” に Nick が施した Steve Howe と Jon Anderson の彫刻、GENTLE GIANT の細工は、他の現代を生きるバンドには決して真似できない匠の孤高。
「“Elder” “長老” は僕にとって古の感覚、篝火に佇む古の賢人を想起させる言葉で、僕たちの歌うテーマにフィットすると思ったんだよ。今でも、この言葉は確かな美しさを持っていると感じるね。」
フェンダーローズ、メロトロン、ムーグ、さらに瑞々しきギターの百花繚乱を携えた長老の紡ぐ古の音楽は、”Omens” の物語と同様に、プログレッシブの新緑が世界中の廃墟から成長し、次世代のサイクルを始める美しき象徴に違いありません。
今回弊誌では、Nick DiSalvo に2度目のインタビューを行うことができました。「僕はこの時間を出来るだけ新たな音楽の作曲に当てて、生産的でいようと心がけているんだ。特にこの春はコンサートをキャンセルせざるを得ないからね。だから僕たちにできる最良のことは、出来るだけ賢くこの時間を使うことなんだよ。」
前回のインタビューでは ANEKDOTEN を挙げて驚かせてくれた Nick ですが、今回はノルウェー気鋭のジャズロック NEEDLEPOINT を2作も挙げている点にも注目です。どうぞ!!

OMENS TRACK BY TRACK BY ELDER

Omens

タイトルトラック “Omens” はレコードの舞台設定だね。その本質は、文明の衰退についてのコンセプトアルバム。悪い兆候のもとにある社会の有り様を描いているんだ。壮大な文明の城は高く聳えるけど、迫り来る変化の暗い雲に覆われているよ。
僕たちのレコードでは大抵、楽曲は書かれた順序で収録されている。実際にこのタイトルトラックはアルバムで最も古い曲なんだ。そのため、おそらく以前のレコードと最もイメージが似ていて、最もリフの多い楽曲になったね。だけど最後の部分は、ほぼシューゲイズとポストロックの領域に浸っているかな。
オープニングのピアノのリードは、もともとは曲のモチーフにしようと考えていたんだけど、レコーディング中はどういうわけか合わなかったんだ。そんな中で、Fabio がムーグでジャミングを開始し、オープニングリフに新たなモチーフを重ねてくれたんだ。こんな風に、スタジオでは瞬く間にひらめきで変更が加えられることがあるね。

In Procession

もともとはアルバムの最初の曲であり、シングルにしようと思っていたんだけど、おそらくこれほど多くの変更が加えられた楽曲はないね。2つの部分に分かれていて、最初の部分はクラッシックな ELDER のリフとサイケデリックなヴァースの間を行ったり来たりして、後半部分はジャムセッションが進展しながら構築され、グルーヴィーでポリリズミカルな終幕へとに至るんだ。
作曲の観点から見ると、”In Procession” は ELDER の基準としては非常にシンプルで、全体的な特徴も、”The Gold & Sliver Sessions” のジャムを基盤とした性質に近いよね。
非常にブライトかつ刺激的な楽曲で、常に前進している世界を説明するエネルギーに満ちた歌詞を伴うよ。これは、この架空の文明が創設された時から常に成長、消費、発展する必要を伝えているんだ。ただし、”In Procession” の “行進” は同時に、軍事的または葬式的なものとしても解釈できるよね。つまり崩壊につながることを示唆してもいるんだ。

Halcyon

このように長い曲だと、ボーカルは比較的少ないんだけど、音楽が代わりに語ってくれる。”Halcyon” はまさに今この時についての楽曲。崩壊の直前、この世界の美しさを理解する最後のチャンス。死を避けられないものとして受け入れてきた文明において、自由の中で生きる一種の陶酔の瞬間。
“Omens” は他のレコードよりも時間をかけ、それほど根を詰めず製作して、有機的に “部品” を開発していったんだ。オープニングの4分間はスタジオで行ったいくつかのライブジャムの1つで、このやり方をよく表しているね。もともとこのジャムは10分を超えてたんだけど。ファンの忍耐力もテストしているわけさ。ライブで何が起こるだろうね!
僕の考えでは Halcyonは、”Lore” に最も近いかもしれないね。レコードの中で最も長くて最も壮大なトラックとして、センターピースの機能を果たしているからね。何度も聴けばギターとキーボードの多重なるレイヤーを紐解き、時には複数のドラムまで明らかにしするよ。最後のリフは、ジョン・カーペンターと GOATSNAKE が出会ったような感じだね。まさにアルバムを代表するリフだよ。

Embers

比較的明るいトーンにもかかわらず、”残り火” というタイトルが示すように、燃え尽きて消えていく世界のシーンを描いた楽曲だよ。おそらく僕たちが今まで書いた中で最もオルタナティブな楽曲で、ストーナーやドゥームよりもオルタナティブロックとの共通点が多く存在するね。つまり、良くも悪くもジャンルにあまり注意を払わないとこうなるという一例なのかもしれないね。前代未聞だよ。
僕たちは未知の海で泳いでいるから、ELDER らしく聴こえるかどうかにはあまり関心がないんだ。だから “Embers” はすぐに完成したよ。最後のリフは “パールジャムリフ” と呼ばれているくらいさ。

One Light Retreating

オープナーとは逆に、”One Light Retreating”は、最後に作業を終えた曲だった。レコードの浮き沈みが激しいから、このようなヘヴィーかつモメンタムなリフで終了するべきだと感じだね。つまり前作から “Omens” へのジャンプを完全に要約する、ひねりを加えたクラシックな ELDER ソングだよ。アルバムのクリーンなプロダクションが、スペーシーなエンディングで輝いているよね。
物語が幕を閉じると、世界の光が1つずつ消え、夜の暗闇に消えていくんだ。だけど僕たちのアルバムすべてと同様に、強い希望も存在する。新しい緑の生命が世界中の廃墟から成長し、また新たなサイクルが始まるんだ。

ELDER “OMENS” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ELDER : OMENS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD INCANTATION : HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ISAAC FAULK OF BLOOD INCANTATION !!

“I Believe That Questioning Mainstream Archaeology, Even If The End Goal Isn’t Proving The Existence Of Aliens, Is a Great First Step To Questioning Everything We Have Been Taught About Our Own Society.”

DISC REVIEW “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE”

「僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。」
宇宙、異次元、エイリアンをビッグテーマに “アストラルデスメタル” の称号を得る BLOOD INCANTATION は、しかし自らの存在や哲学を “サイエンスフィクション” の世界に留め置くことはありません。SF を隠喩や象徴として扱う “デス・スター” 真の目的は、現実世界のリスナーに森羅万象あらゆる “常識” に対して疑問を抱かせることでした。
「主流の考古学に疑問を呈することは、例え最終的にエイリアンの存在を証明出来なかったとしても、僕たち自身の社会について教えられてきた全てに疑問を投げかける素晴らしい第一歩だと思うんだよ。」
BLOOD INCANTATION の叡智を司るドラマー Isaac にとって、ギョペグリ・テペやギザのピラミッド、ナスカの地上絵が宇宙人の創造物であろうがなかろうが、究極的にはどちらでも構わないのかも知れませんね。なぜなら、彼の最終目標は宇宙よりも未知である人の心、暗く危険な内部空間の探索にあるからです。
Isaac は現在の人間社会、政治システムを完全なる実験の失敗だと捉えています。故に、この文明社会こそ人類の最高到達点で良好な進歩を遂げているという固有概念に疑問符をもたらすため、寓話的に SF を使用しているにすぎないのです。
「僕たちの新しいレコードは、人類という種が記憶を失っていて、その過去はまだ明らかにされていないという概念に焦点を当てているんだ。」
“Hidden History of the Human Race” で描くのは忘却の彼方に追いやられた人類の隠された歴史。大胆不敵な宇宙旅行者が作成する、失われた古代の歩みを取り戻すアストラルレコードの使命は、そうしてデスメタルとプログレッシブのロマンを取り戻す旅ともリンクしていきます。
「僕はね、”プログレッシブデスメタル” ってタグはあまり気に入っていないんだよ。だってそこに分類されるバンドの大半が、僕がプログレッシブロックがもともと志していたと考える音楽をプレイしていないんだからね。」
プログレッシブの名を冠しながら、モダンなテクニックの博覧会を志向する昨今のバンドとは一線を画す BLOOD INCANTATION のロマンチシズム。それは YES, PINK FLOYD, RUSH, KING CRIMSON といった神代の巨人への憧憬を根源としています。
“Echoes”, “Close to the Edge”, “The Gates of Delirium” といったプログエピックを指標した18分の異次元探索 “Awakening from the Dream of Existence to the Multidimensional Nature of our Reality (Mirror of the Soul)” を聴けば、そこに古の技術やイデアを元にした音のペイガニズムが存在することに気がつくはずです。
同時に、テクニカルデスメタル、ブルータルデスメタル、デスコア等の台頭により次元の狭間に埋もれた “OSDM” オールドスクールデスメタルの “レコンキスタ” を司る十字軍の役割も忘れるわけにはいきません。
HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を従え津波となった OSDM リバイバルの中でも、BLOOD INCANTATION の映し出す混沌と荘厳のコントラスト、プログの知性やドゥームの神秘まで内包する多様性は傑出しています。その理由は、GORGUTS を筆頭に、DEATH, CYNIC, DEMILICH といったデスメタルに異世界を持ち込んだ異形の “血の呪文” を受け継いでいるからに相違ありません。
逆説的に言えば、ブラックメタルやドゥームメタルほど神秘や謎、アトモスフィアを宿していないデスメタルの領域でその世界の “DEAFHEAVEN” を演じる事は簡単ではないはずです。しかし、”Inner Paths (to Outer Space)” に内包された爆発的なエネルギー、リフノイズの海に鳴り響く美麗邪悪なアコースティックギター、複雑怪奇なフレットレスベースの胎動、アナログアンビエントな音の葉を浴びれば、彼らの野心が文字通りコズミックに拡大を続ける宇宙であることに気づくでしょう。
今回弊誌では、Isaac Faulk にインタビューを行うことが出来ました。「プログレッシブロックとは、様々なジャンルを過去のスタイルから生まれ出るテクニックと融合させ、異なる方向へと導くような音楽だよ。」 音楽にしても、時に “メインストリーム” に疑念を抱くことはきっと必要でしょう。どうぞ!!

BLOOD INCANTATION “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD INCANTATION : HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTIC SLEEP : KINDRED SPIRITS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KEITH D OF ARCTIC SLEEP !!

“So Much Metal Out There These Days Just Sounds Like a Bunch Of Random Riffs Pasted Together, With No Concern For Melody Or Song Structure Or Dynamics. It’s Just Not Memorable And So Much Of It Sounds The Same To Me.”

DISC REVIEW “KINDRED SPIRITS”

「僕は自分の音楽を表現する時、”ビタースイート” って言葉をよく使うんだけど、それは僕の音楽が憂鬱や悲しみと、心地よさや慰めのコンビネーションだからだと思う。」
“プログレッシブアトモスフェリックドゥーム”。ARCTIC SLEEP の音楽は、その耳慣れないラベルに反して実に雄弁です。スロウ&ドゥームとプログレッシブ&ビューティフル。相反する真逆の理念を見事に調和させるパラドックスの具現化は、ARCTIC SLEEP が結成当時からビッグテーマとする “生と死” を投影した対比の美学を源流としています。
ミルウォーキーのマルチ奏者 Keith D のソロプロジェクトとして2005年に産声をあげた ARCTIC SLEEP は、バンドとなり様々な紆余曲折、メンバーチェンジを繰り返して今再び Keith の手中へと戻ってきました。
ボーカル、ギター、ベース、チェロ、キーボード、ジャンベ、パーカッションなど多種多様な楽器をほぼ一人でこなす鬼才は、もはや人事やコミュニケーションに割く時間すらも惜しみながら荘厳壮大なエピックの建築を続けています。
「僕と愛猫 Yoda はとても強い絆で結ばれていたんだ。その絆がアルバムに影響を及ぼしているね。ただ、このテーマを世界中で “喪失” に苦しんでいる全ての人に届けたいという思いもあるんだよ。」
そうして完成をみた7枚目のフルアルバム “Kindred Spirits” は、亡き Keith の愛猫 Yoda に捧げられた作品であり、”喪失” に苦しむ全ての人々へ差し伸べられた救いの精神。そして、彼の根幹である “生と死” を再度見つめ直すレコードに添えられたアートワークの崇高美は、そのまま音の景色へと反映されているのです。
「僕はスロウでヘヴィーな音楽を愛している。だけど同時に、メロディックでキャッチーなソングライティングも愛しているんだ。」 暗くドゥーミーに沈み渡るリフの波、雲間をかき分け差し込むメロディーの光明、荘厳なるチェロの響き、そして押し寄せるハーモニーの洪水。バンド史上最も “聴きやすい” と語るアルバムにとって、明確なコントラストとフックを宿すオープナー “Meadows” は完璧な招待状となりました。
ANATHEMA の多幸感と KATATONIA の寂寞を同時に抱きしめるタイトルトラックで独特の牛歩戦術を披露して、OPETH の静謐を深々と “Connemara Moonset” に委ねたバンドは、8分のエピック “Cloud Map” でアートワークの黒烏と美姫の逢引を素晴らしく音で描いてみせました。それは例えば PORCUPINE TREE と ALICE IN CHAINS の理想的な婚姻。幽玄でどこか危うく、美麗でしかし憂鬱な交わりの音の葉は、全てを黒と白に決して割り切ることのできないあやふやで愛すべき世界の理をも投影しながらリスナーの感情を穏やかに喚起するはずです。
今回弊誌では、Keith D にインタビューを行うことができました。「最近は沢山のリフをランダムにコピペしたようなメタルバンドが多いけど、彼らはメロディーや構成、ダイナミズムには無関心だよ。だから記憶に残らないし、僕にとっては全部同じように聴こえるんだ。」 どうぞ!!

ARCTIC SLEEP “KINDRED SPIRITS” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTIC SLEEP : KINDRED SPIRITS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CANDLEMASS : THE DOOR TO DOOM】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LEIF EDLING OF CANDLEMASS !!

“In The End We Took a Band Desicion To Bring In Johan Again. Go Back To The Ground Zero Of Doom So To Speak.”

DISC REVIEW “THE DOOR TO DOOM”

CANDLEMASS はその30年以上に及ぶ悠遠なキャリアにおいて、幾度ものメンバーチェンジを繰り返しながら氷霧に煙るスカンジナビアの凍原に、絶望とエピックの哀城を築きあげて来ました。
そしてそのドゥームに宿る不吉な影は、シンガーの変遷を因果として先姿万態の表情を得ることとなったのです。
巨漢 Messiah Marcolin がオペラティックなテノールで魅了した80年代のトリロジーは、メランコリーとドラマティシズムが集積したエピックドゥームの耽美な教科書。一方で、Robert Lowe が Dio や Tony Martin を憑依させて躍動した21世紀の3枚は、メタルの様式と伝統をヨーロピアンなロマンへと昇華した至宝。
その他にも、Thomas Vikström, Björn Flodkvist, Mats Levén と多士済々、まさに錚々たる顔ぶれが並ぶ歴代シンガーの中で、”C-Mass” の忠実なる信徒が決して忘れられない名前があります。
Johan Längqvist。それは後にバンドが開拓するテリトリー、”エピックドゥームメタル” をラテン語で表記した記念すべき不朽のデビュー作 “Epicus Doomicus Metallicus” に歌唱を吹き込んだレジェンドの名。
CANDLEMASS は結成35周年を迎えるに当たり、一つの決断を下しました。その Johan の電撃復帰です。
「僕たちは CANDLEMASS の中で、再度火花が飛び散るようなインスピレーションを得るために、何かを行う必要があったんだ。そしてその答えが Johan だったんだよ。」バンドの創始者でグル Leif Edling は、慢性疲労症候群を患い戦いながらバンドを巡るビジネス、論争に身を削り、再度音楽を “楽しむ” ためにドゥームの “ゼロ地点” への回帰を決めたのです。
実に6年半振りとなったフルアルバムは、実際 “グラウンド・ゼロ” を創成したバンドの威厳と崇高に満ちています。ただし、この終焉からの始まりは、決して “Epicus Doomicus Metallicus” の安易なコピーではありません。
「今、まさに僕たちは新たなファンを獲得しているんだよ。ドゥームのテリトリーからだけじゃなくね。」タイトルは “The Door To Doom”。メタルワールドのニューヒーロー GHOST とのツアーで幅広い層のメタルファンから賞賛を得たバンドは、幽寂から激情までドゥームの陰影を須く投影した最新作で文字通り “Doom” への “Door” となります。
封入される幻惑のギターメロディーがリスナーを中世の暗黒へと導く “Splendor Demon Majesty”、静寂と喧騒、妖艶と情動を行き来するエピカルなメタルダイナミズムの権化 “Under the Ocean”、スロウバーンの真髄を提示する “Astorolus-The Great Octopus”、そして叙情と憂鬱を抱きしめたバンド史上初、悪魔のバラード “Bridge of the Blind”。
ドゥームメタルの美学を様々な手法で描き出すアルバムにおいて、Johan Längqvist のワイドで説得力のある歌唱は作品の骨子となっています。名手 Mats Leven が歌った “House of Doom” の再録で Johan が見せる深邃なるアトモスフィアは、まさしくその証明でしょう。
「僕たちはとにかく、”ストレート” なアルバムを作りたかったね。クソみたいな素材なしで、大胆不敵で…生々しくハードでヘヴィー。」事実、アルバムのサウンドは実にフィジカルで、バンドの猛攻が目前に迫ります。
シーン随一のギターチームとベースヒーローが繰り出す、時に幽玄、時に劇的、時に獰猛なアンサンブルは圧倒的。そうしてメタル/ドゥームのゴッドファーザー Tony Iommi のゲスト参加は、ファンにとっても、バンドにとっても何よりの祝祭となりました。
遂に共演を果たしたドゥームマスターの遺伝子は、確かに後続へと引き継がれています。その影響は、PALLBEARER, KHEMMIS, HOTH といったモダンドゥームの綺羅星はもとより、VISIGOTH, GATEKEEPER, HAUNT が志向するトラディショナルメタルのリバイバルまで、色濃く、深々と、多岐に渡って根付いているのです。
今回弊誌では、バンドのマスターマインド Leif Edling にインタビューを行うことが出来ました。「このバンド、もしくはこの体制が後1年、2年続くのかは分からないけど、少なくとも僕たちは残された時間を楽しむよ。」 “Psalms for the Dead” で終焉を宣言した不死鳥が、灰の中から蘇る完璧なレコード。どうぞ!!

CANDLEMASS “THE DOOR TO DOOM” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CANDLEMASS : THE DOOR TO DOOM】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHELSEA WOLFE !!

Chelsea Wolfe by Bill Crisafi

PHOTO BY BILL CRISAFI

Certainly, Folk/Rock/Experimental Artist Chelsea Wolfe Took A Step Toward More Dark Side, Heavy Realm, Sludge World With Her Outstanding New Record “Hiss Spun” !!

DISC REVIEW “HISS SPUN”

ダークでスピリチュアルな崇高美を追求する、ノースカリフォルニアの堕天使 Chelsea Wolfe が、そのゴシカルなイメージをスラッジメタルの世界へと解き放つ最新作 “Hiss Spun” をリリースしました!!審美のダークサイドを司るエクストリームアートの女王は、至上の環境、チームを得てより鮮明にその印象を増しています。
近年、Chelsea と彼女の右腕 Ben Chisholm の冒険は、出自であるゴシックフォークの枠を容易く超越し、ドゥームの翳りを宿すインダストリアル、エレクトロニカ、ノイズ、ドローンにまでアプローチの幅を拡げて来ました。陰鬱にして甘美、アーティスティックで創造性豊かなそのジャンルの邂逅は、Chelsea の幽美なビジュアルやスピリチュアルな一面とも共鳴しながら、この混沌とした世界に安寧を喚起するメディテーションの役割を果たして来たのかも知れませんね。
“Spun” の凄艶なディストーションサウンドでスラッジーに幕を開ける “Hiss Spun” は、リスナーの思念、瞑想にある種の直感性を差し伸べる、よりヘヴィーで正直なアルバムです。
「これは、ヘヴィーなレコードでロックソングを求めていたの。」 実際、Chelsea はそう語っています。故にRED HOST 時代のバンドメイト、ドラマー Jess Gowrie とのリユニオンは必然だったとも。
確かにこのレコードの陣容は彼女の言葉を裏付けます。リードギタリストに QUEENS OF THE STONE AGE の Troy Van Leeuwen を起用し、ex-ISIS の Aaron Turner をゲストボーカルとして招聘。さらに CONVERGE の Kurt Ballou をプロデューサーに指名した采配の妙は間違いなくこのレコードの方向性を諮詢していますね。
セカンドトラック “16 Phyche” はアルバムを象徴する楽曲かも知れません。蝶の羽を得て人間から変異を遂げた美しき魂の女神、そして火星と木星の間を公転する小惑星の名を共有するこのコズミックで漆黒のヘヴィーバラードは、自由を奪われ制限される人生をテーマとしています。
「8年間、故郷ノースカリフォルニアを離れてロサンゼルスにいたんだけど、LAは私と共鳴することは一度もなかったの。私の心はいつもノースカリフォルニアにあったのよ。大きな木々、山や川の側にね。」 Chelsea はそう語ります。
遂に家族と自然、スピリチュアルなムードに溢れた故郷へと帰還し、心の平穏と安寧を取り戻した彼女は、閉塞的で捌け口のない当時の自分を反映させた魂の情歌へと辿り着いたのでしょう。
実際、”Twin Fawn” にも言えますが、彼女も認める通りこの楽曲における Chelsea の歌唱はよりパーソナルで内面全てを曝け出すような壮絶さを宿します。フィードバックと不穏なムードが支配する重密なサウンドとも絶妙にシンクロし、彼女のエモーションは現代社会の閉所恐怖症とも形容可能なイメージをも楽曲に映し出しているのです。
“Hiss” とはホワイトノイズ、つまり雨音や川のせせらぎ、鳥の囀りといった自然と人間を繋ぐ雑音を意味する言葉だと Chelsea は教えてくれました。トレモロリフとポストメタルの重厚で奏でられる “Vex” で Aaron Turner の剛胆な咆哮は大地の感覚、アーシーなホワイトノイズだとも。
Aaron の声が大地の咆哮なら、浮遊感を伴う Chelsea の声はさながら虚空のスキャットでしょうか。楽曲の最後に挿入された森のざわめきに耳を澄ませば、彼女のメッセージが伝わるはずです。ヘヴィーとエセリアルのコントラストで表現される自然に対する強い畏怖は、現代社会が忘れつつある、しかし忘れてはならない貴き精神なのかも知れませんね。
確かにヘヴィーでスラッジーなアルバムですが、同時に “Twin Fawn”, “Two Spirit” のような自身のアイデンティティー、ゴシック/フォークにフォーカスした楽曲や、近年養って来たインダストリアル/ノイズ要素を分断に盛り込むことで、作品は Chelsea の多面的な才能を映す鏡、ある意味集大成的な意味合いも保持しています。そして勿論、女性としての一面も。
アルバムは、魔女の如き甲高い歌声が印象的な “Scrape” で幕を閉じます。様々な怒りやヘヴィーな祈りが込められたアルバムには、当然 Chelsea の一人の女性としての怒りも封じられています。あの禍々しき魔女裁判が行われたセイラムでレコーディングが行われたことも、偶然ではないのかも知れませんね。
今回弊誌では、Chelsea Wolfe にインタビューを行うことが出来ました。彼女がゲスト参加を果たしている MYRKUR の最新作も同様に素晴らしい内容。併せてチェックしてみてくださいね。どうぞ!!

4PAN1T

CHELSEA WOLFE “HISS SPUN” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ELDER : REFLECTIONS OF A FLOATING WORLD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK DISALVO OF ELDER !!

18076853_1493027850739101_2137956393990418469_o

Massachusetts Based Artistic Heavy Rock Act, Elder Take You An Adventure That Won’t Be Soon Forgotten With Their Progressive & Eclectic New Record “Reflections Of A Floating World” !!

17626428_1467810789927474_8938480281207226626_n-2

DISC REVIEW “REFLECTIONS OF A FLOATING WORLD”

マサチューセッツからストーナー/ドゥームの翼を広げるアートロックバンド ELDER が、革命的な新作 “Reflections Of A Floating World” をリリースしました!! 音のキャンバスに描かれる芸術的で想像性豊かな色彩は、リスナーを遥かなるサウンドスケープの旅路へと誘うことでしょう。
ファジーでスロウ。シンプルなストーナーアクトとしてスタートした ELDER は、プログ/ヘヴィーサイケの方角へと舵を切り、今や最もクリエイティブでアーティスティックなヘヴィーロックバンドと称されています。リスナーに豊潤なアドベンチャーやストーリーを喚起するあまりにシネマティックな作品と、ジャンルを縦横無尽に横断する精神性はその確かな証拠となっていますね。
中でも前作 “Lore” は、リフ、メロディー、コンポジションに最上級のデザインと創造性が施され、プログレッシブドゥームの傑作として各所で高い評価を得た作品でした。しかし、バンドは “Reflections Of A Floating World” で自身の最高到達点を易々と更新して見せたのです。
アルバムオープナー、”Sanctuary” の威風堂堂としたリフクラフトはまさに ELDER の真骨頂。揺るぎなきそのファジーな響きはバンドのルーツを主張し、リスナーを “浮世” という聖域へ導く道標と化していますね。
楽曲の中間部では、バンドのフロントマン、ボーカル/ギター Nick DiSalvo が演奏家としての実力を存分に見せつけます。エモーションとテクニック、そしてエピカルな旋律を意のままに操り融和させたロングリードは、仙境なるアルペジオや起伏の激しい山々の如きリズムアプローチをアクセントとして極上のアドベンチャーを紡いで行きます。
実際、これほどまでギターサウンドが的確に、存分に、華麗に設計、レイヤーされたレコードは簡単には見当たりません。それはすなわち、4人目のメンバーとなったセカンドギタリスト Michael Risberg、ペダルスティールのスペシャリスト Michael Samos を不可欠な存在としてアルバムに招聘する理由となったのです。
“The Falling Veil” では、”Lore” から一層上のステージへと移行した Nick のボーカリストとしての魅力も開花します。表現力とレンジが広がり、自信に満ちた彼のサイケデリックな歌唱は Ozzy Osbourne のような中毒性をも携え、決してメジャーとは言えないジャンルのバンドがリーチを拡大するための大きな武器となっていますね。
さらに、”The Falling Veil” はバンドの新たな地平も提示します。PINK FLOYD のムードを存分に浴びてスタートする楽曲は、クラッシックプログ、クラウトロック、インディーなどの影響がシームレスに芽生える、カラフルで多彩な浮世草子と言えるかも知れません。レトロとモダン、ヘヴィネスとアトモスフィア、シンプルとマスマティカルを行き来する楽曲のコントラスト、ダイナミズムはまさに唯一無二。インタビューで語ってくれた通り、「より複雑でプログレッシブ」となったアルバムを象徴する起伏に富んだ楽曲は、「音楽を聴いている時、頭の中にストーリーを描けるようなサウンド」として完成を見たのです。
バンドが誇るコンテンポラリーな多様性はジャンルのみに留まらず、百花斉放なその使用楽器にも及びます。人生を変えたアルバムのトップに ANEKTODEN をリストしていることからも、バンドのプログレッシブロックに対する造詣の深さが伝わりますが、”The Falling Veil” を引き合いに出すまでもなく、メロトロンを彼らほど巧みにヘヴィーロック/メタルへと取り入れた集団は OPETH を除いては存在しないでしょう。
アルバムを聴き進めれば、フェンダーローズが素晴らしき色を添える “Staving Off Truth”、ペダルスティールが主役を務め Miles Daves の遺伝子を宿した “Sonntag”、メロトロンとピアノがヘヴィーなリフストラクチャーと見事な対比を生み出す “Blind” など、Nick が語ってくれたように 「ヘヴィーロックではあまり聴くことの出来ない楽器」でヘヴィーロックを新たな領域に導いていることに気づくはずです。
ジャンルのマスターマインドである MASTODON がキャッチーであることにフォーカスした今、ELDER の切り開く新たなフロンティアはシーンにとって掛け替えのない財産となっているのかも知れませんね。
今回弊誌では Nick DiSalvo にインタビューを行うことが出来ました。日本の “浮世” ともリンクし、マテリアルワールドとスピリチュアルワールドを往来する64分の壮大な叙事詩。6曲全てが10分前後ながら、リッチで瑞々しく、全く冗長さを感じさせない圧倒的な構成力にぜひ酔いしれてみてくださいね。どうぞ!!

ELDER “REFLECTIONS OF A FLOATING WORLD”: 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ELDER : REFLECTIONS OF A FLOATING WORLD】