MATH-ROCK SPECIAL !!! LIVE REPORT: BAHAMAS FEST 【MATH-FEST JAPAN】


EXCLUSIVE: TAK YAMAMOTO, EXECUTIVE PRODUCER OF BAHAMAS FEST TALKS ABOUT MATHFEST JAPAN !!

fb10428672_587636234674508_3385617026045130003_n

世界の音楽シーンで日増しにその存在感を増しつつあるニュームーブメント、MATH-ROCK。まさに日の出の勢いである MATHMATICAL なアーティストたちを集めたロックフェス、第1回 “BAHAMAS FEST” が今年ここ日出づる国日本で開催され、非常に話題を呼びました。マスフェスト及びその発端となったマスコンピの立役者である TAK YAMAMOTO 氏にライブレポート、裏話などを語って頂きました。

bfa2661311604_2

続きを読む MATH-ROCK SPECIAL !!! LIVE REPORT: BAHAMAS FEST 【MATH-FEST JAPAN】

WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】


EXCLUSIVE: WORLD PREMIERE AND INTERVIEW WITH TONY MILLS!!

GOD GAVE HIM A VOICE・・・ex-TNT, SHY, SERPENTINE, LEGENDARY SINGER TONY MILLS SET TO RELEASE HIS NEW SOLO RECORD “OVER MY DEAD BODY” ON 2/23 !!

tm6799454
昨年 TNT を離脱しソロ活動を開始した TOMY MILLS。SHY, SIAM, SERPENTINE, TNT と渡り歩いてきた不世出のシンガーが送り出す久々のソロアルバム “OVER MY DEAD BODY” は W.E.T. , WORK OF ART でお馴染みメロハーマスターこと ROBERT SALL が共作、ROYAL HUNT の ANDREAS PASSMARK が参加、数々の傑作を生み出してきた伝説的プロデューサー NEIL KERNON がプロデュースという万全の体制で製作され彼のキャリアを総括したような素晴らしい作品に仕上がりました。今回、弊 WEBZINE ではその新作から TNT, W.E.T. を髣髴させる爽快なメロディックメタルナンバー “NORTHERN STAR” と SHY, JOURNEY 風な都会的メロディーが見事な AOR “4 IN THE MORNING” の2曲を世界初公開、並びに TONY の超ロングインタビューを掲載することが出来ました。

続きを読む WORLD PREMIERE & SPECIAL INTERVIEW 【TONY MILLS】

SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】


EXCLUSIVE COMMENT FROM MATT HALPERN OF PERIPHERY

Periphery-Juggernaut

MODERN PROG METAL NEW HERO, PERIPHERY SET TO RELEASE THE DUAL ALBUM “JUGGERNAUT: ALPHA” AND “JUGGERNAUT: OMEGA” ON 1/27 !!

periphery2013

PROG METAL/DJENT シーンのニューリーダー、PERIPHERY 待望の新作が来年の 1/27 に発売されます。“JUGGERNAUT: ALPHA” ” JUGGERNAUT: OMEGA”。コンセプトアルバムを2枚同時リリース!!勝負を賭けてきましたね!アルバムの出来如何では 2015 年が PERIPHERY の年になる可能性も充分にあります。MESHUGGAH を原点とした TECH-METAL でありながら同時に EMO, ELECTRONICA, JAZZ-FUSION, PROG, POP といった様々な音楽からのインプットをカラフルに巧みに配置し唯一無二の独自性を構築してきた PERIPHERY。彼らの素晴らしさはミュージシャンをも唸らせるような複雑でテクニカルな演奏、楽曲ながら、ティーンネイジャーが夢中になるようなキャッチーさやロックの原衝動を兼ね備えている点です。今回はタイトル、ジャケ共にポケモンリスペクトでバリバリにティーンを意識し、さらに勝負を賭けてきていますね。そして勿論、ポケモンを意識してきたというのは 2014 年二度に渡って訪れ最高のパフォーマンスでガッチリとそのハートを掴んだわれわれ日本のファンに対する更なるアピールでもあります。PERIPHERY を支える凄腕ドラマー、MATT HALPERN から日本のファンに向けて独占メッセージを公開します!!

pr10858633_10101837988483325_8869572862384305348_n

続きを読む SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PAOLO COLAVOLPE OF DESTRAGE

ITALIAN RISING STAR !! TECHNICAL, POWERFUL, AND CHAOTIC !! INTELLIGENCE MODERN METAL BAND DESTAGE ARE GONNA COMING TO JAPAN ON 2015 AGAIN !!

dr1011894_10153242557070104_679622586_n

 ボーニョボーニョボニョザガナノゴ~~で図らずも自らの狂信的ジブリ愛、日本愛を世の中に広く知らしめる事に成功したイタリアン・ライジングスター、DESTRAGE。DISARMONIA MUNDI の奇才 ETTORE RIGOTTI の肝入りで製作した 2nd アルバム “王様はデブで老いぼれである” のイカレっぷりが各所で好評を博し、あれよあれよという間にメタル界の大御所 METAL BLADE と契約を結んでしまいました。今年そこから発表した彼らの最新作 “ARE YOU KIDDING ME? NO.” は弊サイトのリーダーズポールにランクされたように実に素晴らしい彼らの最高傑作となりました。確かにアルバムタイトルや曲名に象徴されるように彼らのイカレた部分は非常に魅力的なのですがこのアルバムでは良い意味で成熟し、荒削りだった部分が改善されています。とは言え SIKTH, PROTEST THE HERO, BETWEEN THE BURIED AND ME などをさらに闇鍋化させたようなその INSANE なサウンドは十二分に健在。昨今のバンドたちよりギターヒーロー的なプレイを連発するギターチームも最高にクールですね。二度目の来日も決まったようで止まるところを知らない彼らの快進撃。ボーカルの PAOLO に話が聞けました。

dr10351677_10154393502840104_3706134212707193132_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【DESTRAGE】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】


EXCLUSIVE: INTEVIEW WITH ANNA MURPHY OF ELUVEITIE

ANNA MURPHY OF ELUVEITIE TALKS ABOUT THEIR NEW ALBUM “ORIGINS”, PADE KISTLER, HURDY-GURDY, AND LIVE IN JAPAN !!

ev10646974_10152605556766284_5478603399512808541_n

今年は FOLK / VIKING METAL が本格的に日本に上陸を開始した年になったように思います。11月には PAGAN METAL ALLIANCE という FOLK / VIKING 系のバンドを集めたフェスが開催され ENSIFERUM, MOONSORROW, OLPHANED LAND といったバンドの好演で盛り上がりました。そしてこのバンドの公演も大好評でしたね。ELUVEITIE。メンバーにハーディー・ガーディー、バグパイプ、ヴァイオリン奏者を含む本格的な FOLK METAL バンドです。8月に発表した最新作 “ORIGINS” も DARK TRANQUILIRY, IN FLAMES 直系の本格的なメロデスを骨格としながらケルト神話の世界観と民族楽器を使用したフォーキーなメロディーで肉付けを施した彼ららしい快作に仕上がっていますね。SWISS MUSIC AWARDS を獲得したり日本の HONDA とスポンサー契約を結んだりとバンドにとっても重要な年になりました。ただメンバーチェンジの多いバンドで先の来日公演でもバグパイプに日本国旗をブッ刺しながらステージ上をウロウロし、”KAMIKAZE WHISTLER” の異名を欲しい儘にした PADE KISTLER は脱退してしまいました。その辺りも含めてヴァイオリンの二コールちゃんと二人で ELUVEITIE の “KAWAII” を担当するボーカル/ハーディー・ガーディー奏者の ANNA MURPHY に話が聞けました。

ev10569059_10154397035060447_6015828543462868721_n

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【ELUVEITIE】

WORLD PREMIERE AND EXCLUSIVE MESSAGE: “CARBON PHRASES” 【ALKALOID】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “CARBON PHRASES” OF ALKALOID

THE WORLD’S MOST EXTREME SUPER PROG METAL BAND “ALKALOID” SET TO RELEASE THEIR DEBUT ALBUM “THE MALKUTH GRIMOIRE” ON 2015 !!

THE LINE UP IS:
・MOREAN (DARK FORTRESS, NONEUCLID)
・CHRISTIAN MUENZNER (SPAWN OF POSSESION, ex-OBSCURA, ex-NECROPHASIST)
・DANNY TUNKER (ABORTED, ex-GOD DETHRONED)
・LINUS KLAUSENITZER (OBSCURA, NONEUCLID)
・HANNES GROSSMANN (BLOTTED SCIENCE, ex-OBSCURA, ex-NECROPHASIST)

al10354932_807354669287120_8413516454139916687_n

衝撃の OBSCURA 解体から半年。OBSCURA を脱退したメンバーを中心に上記の凄まじい経歴を持つ歴戦の兵たちが結集した新バンド ALKALOID の新曲が遂に到着しました!!”CARBON PHRASES”。知性と展開美に凶悪さを刻み込んだようなそのサウンドは曲名からも”凶暴な CYNIC ” と形容したくなります。以前 MOREAN が弊サイトのインタビューで語ってくれた通り、各自の個性を生かしながらも過去所属したどのバンドとも違う独自性のある音楽を届けてくれたのではないでしょうか。今回、弊サイトではバンドの中心人物にして世界でも屈指のテクニックを誇るドラマー HANNES GROSSMANN に曲解説と バンドについて独占でコメントを頂く事が出来ました。

al1174732_620216998023107_1655172071_n

【HANNES GROSSMANN】

【ABOUT “CARBON PHRASES”】

Actually we just uploaded one whole track which is called “Carbon Phrases”. This song starts like modern rock/pop song but then transends into a tech death metal song. It is over 9 minutes long and the listener will be taken on a journey where tension is always created and reliefed. There are of course stunning guitar solos and blazing drum fills, but the main statement of this song is the variety in human life. The lyrics are about the tought process of a writer/artist, but in fact it has a double meaning. A “Carbon Phrase” literally would be a line of a script or play written on a paper with a pencil. But since carbon is the matter all physical beings on this earth share, “Carbon Phrases” is also a metaphor for our DNA.The other track is an album teaser. It’s just one minute of 4 different songs, just to get an impression of how the other material sounds.

“CARBON PHRASES” という新曲を公開したよ!この曲はモダンなロック/ポップ的に始まるんだけど徐々にテクデスに移行するんだ。9分を超える長尺曲でリスナーは緊張とその解放という旅に出る事になるね。勿論目を見張るようなギターソロと燃えるようなドラムフィルは健在だけどこの曲の要は人生の多様さについての主張なんだ。歌詞はライターやアーティストの思考プロセスについてなんだけど、これはダブルミーニング。”CARBON PHRASE” とは文字通りだと手書きの文章とか鉛筆で書き下ろしって意味だよね。だけどカーボンは地球上にある全ての物質の起源だから、”CARBON PHRASES” とは DNA の隠喩でもあるのさ。アルバムティーザーでは他の曲も聴けるよ。4曲が一分づつ。他の曲の印象も感じて欲しいな。

al10846087_826141704075083_185215868684087942_n

【ABOUT DIFFERENCE BETWEEN OBSCURA】

The difference between Obscura is, that we take the music and the lyrics to much wider places. It is much “more” considering contrasts. The contrast of the parts and the whole songs to another is drastic. We finally want to prove with Alkaloid that metal doesn’t have to stay in a narrow field of one particular style. Since I wrote the biggest part of the music on Obscura’s last two albums, and also Chris’ guitar work was one of the most crucial factors to Obscura’s sound, there are of course elements in Alkaloid which are fairly similar to Obscura. Maybe Alkaloid is just the most logical consequence when taking the music on Obscura’s “Omnivium” to the next higher level.

OBSCURA との違いだけど、僕らは音楽と歌詞をもっと広義に解釈しているんだ。思考の対比を強くしている。曲毎、パート毎の対比が顕著だよね。僕らは最終的にメタルが狭いフィールドや、ある一定のスタイルに止まらない事を ALKALOID で証明したいのさ。OBSCURA の過去2作において僕は音楽の大半を書いた。クリスのギターワークも OBSCURA サウンドの重要な要素の一つだったね。だから当然だけど ALKALOID には OBSCURA と似ている部分もあるよ。だからまあ ALKALOID の音楽は OBSCURA の “OMNIVIUM” を次の段階に進めたものっていうのが最も論理的な結論かもしれないね。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thank you for giving us the opportunity to share our music with Japanese listeners. I’ve been to Japan twice (with Obscura) and it was one of the best touring experiences ever. So I’d be psyched if people in Japan were receptive for the music of this new band as well.

日本のリスナーに僕らの音楽をシェアする機会をくれてありがとう!OBSCURA で日本には2回行っているんだけど最高のツアーのひとつだったよ。日本のみんなが新しいバンドも同じように受け入れてくれたら最高だね!!

HANNES GROSSMANN

こちらは同時に公開されたアルバム収録曲でクリスのギターソロ曲 “C VALUE ENIGMA” です。フランツ・リストのピアノ曲をギターにおこしたかのような超絶技巧で同時に刹那的な美しさを放っています。ギタリストなら聴いて損はなし!!

ABOUT CROWDFUNDING

al20141130233221-Guitar_Package

Producing a professional album is a lot of work. We need to invest a lot of time and money into recording our instruments. But this is just a small part of what needs to be done. We also need to get the album mixed and mastered. For this job we work with V Santura, who also has mixed most of the albums of the other bands we play(ed) in, like Obscura and Dark Fortress. But then we need to get the physical copies pressed, we need artwork, fotos, a booklet and a general album design. Even counting the unpaid hours of work we’ve to put into the album ourselves, we still need people to do all these jobs. And since we want to produce the best quality possible, we need to hire nothing but professionals. So none of the funded money will lead to personal enrichment! Everything will be used to deliver the best quality. We worked hard and are offering EXCLUSIVE perks which are LIMITED; and which YOU hopefully find interesting enough to eventually support our campaign.We appreciate everything you do in order to help us. May it be selecting a perk and thus advancing our album or just telling a friend about this campaign, consider our gratitude to be endless!

日本では未だあまり馴染みのない CROWDFUNDING というシステム。海外では昨今主流の音楽制作手段になってきています。ミュージシャンに直接いくらか払う事で音楽もしくはそれぞれの値段に見合った報酬を得るというシステムです。直接ミュージシャンにお金を届けられるしお互いにとってメリットがありそうですね。今回 ALKALOID もこの手段を採用しています。V SANTURA (TRIPTYKON, NOEUCLID) に MIX & MASTER 頼んだり、フィジカル作ったりするのにとにかくお金がかかるからぜひ助けて欲しいとの事です。

INDIEGOGO: ALKALOID DEBUT ALBUM

ぜひこちらからチェックしてみて下さい。

alkaloid-band

ALKALOID 結成後世界で初めて MOREAN に行ったショートインタビューはこちら

READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

【RELATED WORKS】

NONEUCLID “METATHEOSIS”

ala3019364325_2

昨年発表された 2nd アルバム。MOREAN と LINUS の別バンドです。TRIPTYKON の V SANTURA がギターを弾いています。古き良きオールドスクールな THRASH と DOOM, モダンな PROG METAL を掛け合わせたようなサウンドが非常に魅力的。

READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

DARK FORTRESS “VENEREAL DAWN”

MOREAN が参加しているドイツ産 MELODIC BLACK METAL。彼らの最新作は非常にクオリティーが高いですね。凶悪だった頃のOPETH にブラックメタルをやらせたかのような深遠さと崇高さを感じます。こちらにも V SANTURA が参加・・・

OBSCURA “OMNIVIUM”

HANNES, CHRIS, LINUS が参加していたドイツ産テクデスバンドの最新作。後に HANNES と CHIRIS は脱退。テクデス!!って感じだった前作に比べて今作ではプログレッシブ、アトモスフェリックなアプローチが格段に増え、非常に思考性の高いアルバムに仕上がりました。HANNES が ALKALOID はここと繋がっているというのも頷けますね。

ABORTED “NECROTIC MANIFESTO”

GOD DETHRONED, PROSTITUTE DISFIGURMENT などを渡り歩いたデスメタル渡り舟こと DANNY TUNKER が今作から参加。リフのフックが格段に増し、流暢でメロディックなギターソロと併せて非常に聴きやすいオールドスクールなデスメタルに仕上がっています。

BROTTED SCIENCE “THE ANIMATION OF ENTOMOLOGY”


HANNES, RON JARZOMBEK, ALEX WEBSTER というシーンきってのテクニシャン達が集結したプロジェクト。スリリングすぎてボーカルが全く不要ですね。

WORLD PRMIERE: “MADNESS” 【BATTLE BEAST】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “MADNESS” OF BATTLE BEAST !!

FINNISH FEMALE-FRONTED METALLERS BATTLE BEAST SET TO RELEASE THIER THIRD ALBUM “UNHOLY SAVIOR” ON 1/9 FROM NUCLEAR BLAST !!

bb10445128_738008479585915_1839991255388443524_n

今年、ラウドパークで二度目の来日を果たしその圧倒的なパフォーマンスで日本のファンを虜にしたフィンランドの鋼鉄戦闘獣こと BATTLE BEAST。彼らの2年ぶりの新作 “UNHOLY SVIOR” が日本先行で 1/7 に発売されます。デビュー作、2nd を続けざまにフィンランドのナショナルチャート BEST 10 に送り込み U.D.O などとのツアーでヨーロッパ全土にその名を知らしめまさしくノリにノッている彼らの本格的大ブレイクがこのアルバムから始まります!!

bb10710970_738248522895244_8490560131805171974_n

以前公開されたアルバム収録曲。彼らの良さは何と言ってもそのキャッチーなメロディー。歌って踊れる正統派メタルです。時折 ABBA を思い出す事も。

bb992819_527081954011903_550584563_n

AMZ MP3:      http://geni.us/BattleBeastMadAMZMP3

iTunes:            http://geni.us/BattleBeastMadiTunes

Google            http://smarturl.it/BATTLEBEASTMadGoogle

NB MP3          http://smarturl.it/BattleBeastMadness

The Track listing for »Unholy Savior« will be as follows:

  1. Lionheart
  2. Unholy Savior
  3. I Want The World….And Everything In It
  4. Madness
  5. Sea Of Dreams
  6. Speed And Danger
  7. Touch In The Night
  8. The Black Swordsman
  9. Hero’s Quest
  10. Far Far Away
  11. Angel Cry

Pre-order »Unholy Savior« here: http://smarturl.it/BATTLE-BEASTSaviorNB

bb1610779_714413865278710_7683623018233647894_n

bb10455192_679079268812170_6348623600719590922_n

購入はこちらから: DISKUNION

www.battlebeast.fi | www.facebook.com/battlebeastofficial | www.nuclearblast.de/battlebeast

WORLD PREMIERE: “BACK ON MY TRAIL” “TURN BACK TIME” 【REVOLUTION SAINTS】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “BACK ON MY TRAIL” OF REVOLUTION SAINTS !!

It’s a fun record. It’s not safe. It is a musician’s record,” states Castronovo.

revolution_saints_04

DOUG, DEAN, JACK のバンド REVOLUTION SAINTS がもう一曲新曲を公開しました。アルバムオープナーの “BACK ON MY TRAIL”です。コード進行、声、コーラスの付け方などまるで勢いのある JOURNEY といった趣で素晴らしさしかないですね!!アルバムを楽しみに待ちましょう!!

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “TURN BACK TIME” OF REVOLUTION SAINTS !!

DOUG ALDRICH (ex-WHITESNAKE, BMR, LION), JACK BLADES (NIGHT RANGER), DEAN CASTRONOVO (JOURNY) JOIN TOGETHER AS A NEW BAND “REVOLUTION SAINTS !! THEY SET TO RELEASE THEIR DEBUT ALBUM “REVOLUTION SAINTS” ON 2/20 !!

rs10432118_292035241000693_2775075025672280120_n

WHITESNAKE を脱退した DOUG ALDRICH が NIGHT RANGER, DAMN YANKYS の歌って弾けるベーシスト、JACK BLADES, JOURNY, BAD ENGLISH の歌って叩けるドラマー、DEAN CASTRONOVO と結成した新バンド REVOLUTION SAINTS。 彼らのデビューシングル “TURN BACK TIME” が遂に発表となりました。誰が歌うのか?という点にも注目が集まりましたがこの新曲ではディーンがメインで歌ってジャックがヴァースやボーカルハーモニーを担当という形のようです。そもそも歌唱には定評のあるディーンですが STEVE PERRY 譲りの絶品のボーカルを披露しています。ダグのカッティングリフもキレキレで正統派メロディックロックの素晴らしさを凝縮したような曲ですね。デビューアルバム “REVOLUTION SAINTS” は 2/20 、日本では 2/18 に FRONTIER RECORDS から発売です!!

rs10606037_300273150176902_3196252973155066836_n

From the opening notes of “Back On My Trail” to the piano outro on the album-closer “In The Name Of The Father (Fernando’s Song),” it is clear Revolution Saints is a musical force to be reckoned with. Songs “Locked Out Of Paradise,” “Dream On” and “Here Forever” showcase the diversity that permeates throughout the entire album. Deen’s band mates from Journey also make an appearance on the album with guitarist Neal Schon showing up on “Way To The Sun” and vocalist Arnel Pineda singing on “You’re Not Alone.” The album’s 80’s vibe is reminiscent of some of the biggest hard rock tracks of the day, but with a modern feel, backed by top-level musicianship.
デビュー作 “REVOLUTION SAINTS” にはディーンのバンド JOURNEY からギタリストの NEAL SCHON が “WAY TO THE SUN” に、ボーカルの ARNEL PINEDA が “YOU’RE NOT ALONE” にそれぞれゲスト参加しています。トップレベルのミュージシャンシップに支えられたアルバムは 80年代のビッグなハードロックのヴァイブを残しつつそこにモダンな雰囲気も加わって完成しました。

rs無題

The track listing for Revolution Saints is:
  1. Back On My Trail
  2. Turn Back Time
  3. You’re Not Alone (Feat. Arnel Pineda)
  4. Locked Out Of Paradise
  5. Way To The Sun (Feat. Neal Schon)
  6. Dream On
  7. Don’t Walk Away
  8. Here Forever
  9. Strangers To This Life
  10. Better World
  11. How To Mend A Broken Heart
  12. In The Name Of The Father (Fernando’s Song)
https://www.facebook.com/RevolutionSaints
http://www.frontiers.it

【RECOMMENDS】

LION – DANGEROUS ATTRACTION

KAL SWAN, DOUG ALDRICH, JERRY BEST, MARK EDWARDS という 80~90 年代のシーンにおいてそこそこ重要人物達を擁した悲運のバンド。何が悲運かは適当にググッて下さい。重要なのはカルとダグがこのアルバムでは非常に生き生きとしている事。

BAD MOON RISING – S/T

LION 解散後、ダグとカルの二人が結成したバンド。このアルバムはカルの歌唱が最大限生かされた英国の湿り気を帯びたメタルで実に素晴らしいです。グランジ/オルタナの台頭にしたがって徐々に彼らの音楽性も拡散して行きます。彼らの最終作 “OPIUM FOR THE MASSES” などはカルの歌唱力を生かしているとはお世辞にも言えませんがダグのギターはアイデア豊富でそれはそれで楽しめます。この後カルは音楽業を引退し、ダグは BURNING RAIN ~ WHITESNAKE, そして今に至ります。

HARDLINE – DOUBLE ECLIPSE

JOURNY 終了後、BAD ENGLISH で何か満たされなかった NEAL SCHON が新たに結成したバンド。ニール、ディーン以外にも JOHNNY GIOEL, TODD JENSEN というメロハー界隈ではそこそこ重要人物が参加しています。楽曲の出来はなかなか良いのですがニールのギタリストとしての良さを100%発揮しているかというと疑問です。ただこの曲は完璧な名曲。アーネル加入後の JOURNY がいかにロックとして素晴らしいかわかりますね。

TOP 30 ALBUMS OF 2014 【MMM READERS POLL, AS CHOSEN BY ARTISTS THEMSELVES】


10 BEST ALBUMS OF 2014, AS CHOSEN BY GREAT ARTISTS THEMSELVES !!

mmmA1366

NICK JOHNSTON

nj1503479_786594248053890_3321792376294212785_n
1. Mastodon – Once More ‘Round the Sun
2. Big Wreck – Ghosts
3. Lana Del Ray – Ultraviolence
4. Opeth – Pale Communion
5. Dirty Loops – Loopified
6. Devin Townsend – Z2
7. Destiny Potato – Lun
READ THE INTERVIEW HERE : MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE
8. Tom Petty – Hypnotic Eye
9. Pink Floyd – Endless River
10. Weezer – Everything Will Be Alright in the End
nj10014020_682008108512505_3546507148848230188_o
Hello Marunouchi Muzik Magazine! I’m Nick Johnston and here are some of favorite records from 2014. There was so much amazing music released this year, so it was very difficult to narrow it down. However, these records seemed to want to stay in my stereo the longest, so I feel it is my duty as a music lover to put them on my list. Thank you so much for having me as a guest!
やあ、MMM!僕は NICK JOHNSTON, 2014 年のベストアルバムを選んでみたよ。今年は傑作が多かったから選ぶのがとても難しかったね。だけどこの10枚は僕のステレオに長く留まりたがっているように思えたんだ。だから音楽好きとしてリストにするのは義務のように感じたよ。ゲストに呼んでくれてありがとう!

nja2687878666_2

ニックはカナダ出身のギタリスト。”ATOMIC MIND” は彼の3枚目のフルアルバムです。リズム隊に THE ARISTOCRATS, JOE SATRIANI で知られる BRYAN BELLER, MARCO MINNEMANN を迎え名実共に彼の最高傑作として仕上がりました。今回選んでくれた10枚を見ても判りますが彼の幅広い音楽的素養をそのままアルバムに閉じ込めたかのようなカラフルさです。ジョー的な正統派ギターインスト、ガスリー譲りのサーフミュージック、アイリッシュトラッドから OPETH な雰囲気の曲まで実に多彩。シングルコイルが生み出す絶妙なトーンコントロールがメロディーの良さを一層際立たせています。YOUNG GUITAR にコラムも執筆中。そちらもぜひチェックを!!

NICK’S FACEBOOK PAGE BUY HERE: DISKUNION

CLEFT

cf10491278_673402029414410_2289280836698074109_n

1. Alpha Male Tea Party – Droids
2. Axes – Glory
3. Body Hound – Rhombus Now
4. Gogo Penguin – v2.0
5. Tune Yards – Nikki Nack
6. First Aid Kit – Stay Gold
7. St Vincent – St Vincent
8. Bearcubbin’ – Girls With Fun Haircuts
9. Bad Grammar – Forced Fun
10. The Brackish – Big Guys
ct10390544_701289709958975_2374304925277874706_n
We’re having a lot of fun working on a new album at the moment, which we hope will be done by late 2015. We’re very grateful to our Japanese fans for liking our silly tunes! Hopefully we shall make it over there one day.
僕達は今新作に取り組んでいてとても楽しんでいるよ。2015年の後半までに仕上がると良いね。CLEFT の曲を気に入ってくれている日本のファンにとても感謝しているんだ!いつかライブで行けるといいね。

cfa1957886711_2

CLEFT は UK のギタードラムデュオ。MATH-ROCK の文脈で語られる事が多いですが本人達は “TURBO-PROG” を自称しています。確かに初期 ADEBISI SHANK のような無骨で激しいマスロックの影響も強く感じますが、同時に THE MARS VOLTA, 延いては RUSH の創造していたギターリフ主体のプログロックを体現しているように思います。マスロック特有のピロピロ、青さが苦手な向きもこのバンドは気に入るのではないでしょうか。今年のARCTANGENT でも非常に評判の高かったそのライブパフォーマンスは EXIT…STAGE CLEFT で確認する事が出来ますよ。今回、惜しくもTOP30入りを逃しましたが堂々の14PTを獲得しました。

CLEFT’S FACEBOOK PAGE CLEFT’S HP

YVETTE YOUNG

yy10593128_10203325240264764_2637779979833687814_n

1. Invalids – Strengths
READ THE INTERVIEW HERE : MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE
2. Kayo Dot – Coffins on Io
READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

3. Wander – Mourning
4. Future Islands – Singles
5. Polyphia – Muse
6. Uchu Combini – Feel the Dying Note
7. Animals as Leaders – The Joy of Motion
8. Maybeshewill – Fair Youth
9. Pretend (not yet out) – Tapestry’d life
10. Sleep Party People – Floating
yy1964820_10203581160873052_1662952332_n

美少女戦士セーラームーン ^____^V
☾ ☾ ☾ ☾ ☾ ☾
☽☽☽☽☽☽☽☽
☄♆ ● ◯ ☿ ♀ ⊕ ♁ ♂ ♃ ♄ ♅
╰☆╮╰☆╮╰☆╮
✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌✌

I guess I want to thank Japanese fans for giving me the best tour and travel experience i’ve ever had in my entire life! I had so much fun playing in Tokyo and I made so many great friends :) I am very thanksful. Also I am excited to release music with my band Covet and maybe return to Japan on tour!
日本のファンの皆さんに最高のツアーと旅をありがとうと言いたいの。人生でこんな素敵な経験は初めてだったわ!東京で演奏するのはとても楽しかったし素晴らしい友達もたくさんできた。とても感謝しているわ。今は私のバンド、COVET で音源をリリースする事にワクワクしているしツアーで日本にまた行けると思うわ!

yya1552709288_2

シンガーソングライターにしてイラストレーター、COVET というバンドの一員でもあるという才女 YVETTE YOUNG。幼い頃からクラッシックの英才教育を受けて育ちピアノ、ヴァイオリンも習得しているそうです。今年は INVALIDS, POLIPHIA のアートワークを手掛け、この自身のソロ作 “ACOUSTICS EP” をリリースしました。製作、プロデュースには彼女の敬愛する INVALIDS の PETE DAVIS が関わり、YVETTE の素朴で美しい声を活かしながらも複雑なマスロックのテイストを取り入れた革新的なアルバムに仕上がりました。このアルバムの好評も手伝って彼女は来日を果たし、公演でのパフォーマンスも絶賛されています。

YVEETE’S FACEBOOK PAGE BUY HERE: FRIEND OF MINE RECORDS

CLEMENT BELIO

CB858997_10151467233178908_1171205130_o

1. Animals as Leaders – The Joy of Motion
2. Lars Danielsson – Liberetto II
3. Itzamna – Metnal
4. A Sense of Gravity – Travail
READ THE INTERVIEW HERE: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

5. Stimpy Lockjaw – Self Titled
6. CHON – Whoohoo !
7. Eric Harland – V ipassana
8. Monuments – The Amanuensis
9. Intervals – A Voice within
10. Peculate – Bouazizi
cb188601_10150113466113908_4982397_n
3. Itzamna – Metnal (EP)
A french band from Bordeaux doing their own stuff. Jazz / Mathrock quartet, with strong implementations of progressive stuff.
Feel refreshing and veeery fun at the same time.
They do not take themselves seriously and yet make a very original music
Listen to dat pianist tho !
FFO : Tigran Hamasyan – John Zorn – Mr Bungle – The mars Volta – Lite – Mouse on the Keys – TOE

 

フランスはボルドー出身の JAZZ/MATHROCK カルテッド。強力にプログレッシブな音楽だよ。元気になるしとっても楽しいね。真面目じゃないんだけどとてもオリジナリティーがあるよね。ぜひこのピアニストを聴いてみて!

FFO : Tigran Hamasyan – John Zorn – Mr Bungle – The mars Volta – Lite – Mouse on the Keys – TOE
2. Lars Danielsson – Liberetto II (LP)
Just look at that line-up. Tigran Hamasyan on piano (well ok… already bought)
Magnus Ôström on drums (ex- e.s.t … ok… damn)
Arve Henriksen on bass and John Paricelli on trumpet (shit…)
Smooth, sweet, contemporary jazz melting the smoothness of e.s.t, rich harmonies of Tigran, magnificent trumpet tones and melodies.
This is intelligent, remarkable, bewitching for the soul and charming for the heart. I’m dead serious.
Definitely could have been a n°1 if I hadn’t to choose a “classic” haha
FFO : Tigran Hamasyan, Esbjörn Svensson Trio

 

ラインナップを見てみてよ。TIGRAN HAMASYAN (うん、了解。これだけで買うよね・・・), ドラムがMAGNUS OSTROM (ex-e.s,t・・・スゲエ), ARVE HENRIKSEN がベースで JOHN PARICELLI がトランペットだって?(シット・・・)。e.s,t のスムースさと TIGRAN のリッチなハーモニー、目を見張るようなトランペットのトーンとメロディーを融合したかのようなスムースでスウィートなコンテンポラリージャズだね。知的で群を抜いていて魂を捕らえ心を魅了する。マジで死んだよ。”クラッシック”を選ぶ必要がなければ一位だっただろうね。(笑)

FFO : Tigran Hamasyan, Esbjörn Svensson Trio
1. Animals as Leaders – The Joy of Motion (LP)
This one is already a classic. Everything has already been said on that.
Progressive metal trio, two 8 strings, one drummer… And what a drummer.
It’s probably n°1 in my mind thanks to Matt Garstka. Crazy skills.
You love gospel chops, ghost notes, crazy polyrhythmic grooves and double bass insanity over melodic and expressive guitar solos (at least tosin !), unreal djent riffs and brillant tones…
Basically Animals as Leaders got it all, all blended in one unique style alternating between metal, jazz and classical… Brilliant.
FFO : Meshuggah, Periphery, axe fx, gospel chops hehe

 

これは最早クラッシックだね。その一言に尽きるよね。プログメタルトリオで二人の8弦ギタリストと一人のドラマー。なんて凄いドラマーなんだろう。MATT GARSTKA はたぶん僕のNO.1 ドラマーだね。クレイジーなスキルだよ。ゴスペルチョップス(ゴスペル音楽をバックボーンに持つテクニカルなドラミング)、ゴーストノート、クレイジーなポリリズムのグルーブ、メロディックで表現力豊かなギターソロ(少なくとも TOSIN は!)を支える狂ったツーバス、最高の DJENT リフと素晴らしいトーン。基本的に AAL は全てを持っているよ。メタル、ジャズ、クラッシックを一つのユニークなスタイルに纏めているんだ。

FFO : Meshuggah, Periphery, axe fx, gospel chops hehe

cba1292266656_2

CLEMENT BELIO フランス出身のマルチプレイヤー。このアルバムでもA SENSE OF GRAVITYのメンバーをはじめとして多数のゲストが参加していますが基本的には全ての楽器を一人でこなしています。I SPY GAME と評され本人も以前の取材で語っているように “CONTRAST” は数々の偉大なミュージシャン達のマテリアルをオマージュし各所にちりばめています。以前弊サイトで公開した “KEIRO NO HI” は勿論坂本教授へのオマージュでしたし他にもメタルだけで DEVIN TOWNSEND, TESSERACT, AAL などのフレーズが確認できます。ただそれをただ切り貼りするのではなく彼の才能を存分に活用し、JAZZYでエクスペリメンタルなアレンジを施す事で唯一無二82分の大音楽絵巻が完成しました。彼のメッセージはこちらの過去記事からどうぞ。WORLD PREMIERE: KEIRO NO HI

WORLD PREMIERE: NEW SONG!! FRENESIA BY CLEMENT BELIO

今回の記事に併せて新曲を提供してくれました!!

CLEMENT’S FACEBOOK PAGE

OUR DIMENSIONS

oda2153494706_2

OUR DIMENSIONS !! JAPANESE NEWCOMER OF DJENT. TWO GUITARISTS JOIN OUR VOTE.
PekeyG∅D
1.Invent,Animate – Everchanger
2.Silent Planet – The night got slept
3.Chelsea Grin – Ashes to Ashes
4.Architects – Lost forever//Lost together
5.Breakdown of Sanity – Perception
6.Intervals – A voice whithin
7.Animal As Leaders – The joy of motion
8.Surroundings – Of bane,burden&change
9.Emarosa – Versus
10.Artifex Pereo – Time in place
ODDMAN
1. Destiny Potato – LUN
2. Skyharbor – Guiding Lights
3. Fallujah – The Flesh Preveils
4. INTERVALS – A Voice Within
5. The Contortionist – Language
6. The Helix Nebula – Meridian
7. Volumes – No Sleep
8. Mammmoth – Polymorphism
9. Sunday Crunch – Sunday Crunch
10. Lu7 – Azurite Dance

アジアの新興ロック。音楽のユビキタス化に伴って例えばインドの SKYHARBOR であったりフィリピンの TIDE/EDIT といった風に日本でも MONO, LITE, CYCLAMEN をはじめとした DJENT, MATH-ROCK, POST-ROCK の有望なバンドが輩出されつつあります。今年 CYCLAMEN がSIKTH を招致してギグを大成功させた事は日本のシーンにとってもエポックメイキングな出来事だったと思います。OUR DIMENSIONS もその中の一つ。今のところ音源はこの1曲だけですが海外のバンドにも全く引けを取らないテクニックとスケール感を誇っています。新曲も #2015comingsoon だそうなので期待しましょう!!

OUR DIMENSIONS FACEBOOK PAGE
OUR DIMENSIONS BANDCAMP

 cla4223050493_2

今年の作品ではありませんが 2013 年作、CYCLAMEN の名作 “ASHURA”。彼らの 2015 年にも要注目です!!

CYCLAMEN’S FACEBOOK PAGE

THANKS A LOT ALL ARTISTS WHO COOPERTE WITH US!! AND THANKS A LOT FOR READERS ALL!! HAVE A GREAT NEW YEAR! !

JUMP TO THE RESULT OF READER’S PALL

PLEASE PUSH “LIKE” OUR FB PAGE

TOP 30 BEST ALBUMS OF 2014 【MMM READERS POLL】


READERS POLL 2014: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

mmmA1366

48 PEOPLE VOTED !! THX THX THX !!

1: OPETH – PALE COMMUNION

op1393776_10152715969158410_2578177366856299948_n

POINT: 69.5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

2: ANIMALS AS LEADERS – THE JOY OF MOTION

aal1899980_10152282178211639_513755368_n

POINT: 57

READ THE REVIEW HERE – NEXT SENSE

3: INTERVALS – A VOICE WITHIN

iv1545035_612612432109005_1910997994_n

POINT: 51

READ THE REVIEW HERE – SPUTNIK

4: BABY METAL – S/T

bmmScreen Shot 2014-02-26 at 9_10_56

POINT: 42,5

READ THE REVIEW HERE – GRUMBLE MONSTER

4: BORIS – NOISE

bna0395701593_2

POINT: 42,5

READ THE REVIEW HERE – GUILTY FOREST

6: CYNIC – KINDLY BENT US FREE

cna2258119394_2

 POINT: 37,5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

7: ARCHITECTS – LOST FOREVER // LOST TOGETHER

architectsuk-lostforever

POINT: 37

READ THE REVIEW HERE – UNDER THE GUN

8: SKYHARBOR – GUIDING LIGHTS

sha3919737527_2

POINT: 33,5

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

READ THE INTERVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

9: VAMPILLIA – THE DIVINE MOVE

vps27223178

POINT: 32

READ THE REVIEW HERE – DECAYED SUN RECORDS

10: FALLUJAH – THE FLESH PREVAILS

fj51lmCH3kOAL__SY355_

POINT: 29,5

 READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

10: THE NOVEMBERS – RHAPSODY IN BEAUTY

nvndf30cb8d6d98309c09bc2ce0a7d14d16

POINT: 29,5

READ THE REVIEW HERE – GRUMBLE MONSTER

12: ANATHEMA – DISTANT SATELLITES

at無題          POINT: 28

READ THE REVIEW HERE: SONGMEMORIES IN MY HEAD

13: DEVIN TOWNSEND – Z2

dt無題              POINT: 27

DEVIN TOWNSEND FANS JAPAN
READ THE REVIEW HERE: DEVIN TOWNSEND FANS JAPAN

14: DESTRAGE: ARE YOU KIDDING ME? NO.

dr無題               POINT: 26

15: NE OBLIVISCARIS – CITADEL

10304788_10152605957594898_200598014682521613_n              POINT: 24

READ THE REVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

16: SUKEKIYO – IMMORTALIS

sk無題           POINT: 23,5

READ THE REVIEW HERE: DECAYED SUN RECORDS

17: A. C. T – CIRCUS PANDEMONIUM

act無題                POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: CAMELLETGO BLOG
NO.1 ALBUM 2014 (SO FAR) OF EMPTY LORD

17: ALCEST – SHELTER

alc無題             POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: DIES IRAE
READ THE REVIEW HERE: GRUMBLE MONSTER

17: AKAI KOUEN – MOURETSU RITOMI

ak無題                 POINT: 23

READ THE REVIEW HERE: NEXT SENSE

17: DESTINY POTATO – LUN

a2276940674_2             POINT: 23

READ THE INTERVIEW HERE – MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

17: INVENT, ANIMATE – EVERCHANGER

ia無題             POINT: 23

22: SIANVAR – S/T

sva3149165295_2              POINT: 21

22: POLYPHIA – MUSE

ph無題             POINT: 21

24: THE CONTORTIONIST – LANGUAGE

ct無題               POINT: 20

25: SITHU AYE – PULSE

sy無題              POINT: 19

25: WIDEK – OUTSIDE THE UNIVERSE

wd無題           POINT: 19

27: SOEN – TELLURIAN

se1505434_815641751819715_3276670940934560809_n             POINT: 18,5

READ THE INTERVIEW HERE -MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

28: THE KINDRED – LIFE IS LUCIDITY

tk無題           POINT: 17,5

29: TRAINWRECK – OLD DEPARTURES, NEW BEGINNINGS

twa0257776112_10           POINT: 17

READ THE REVIEW HERE – LONGLEGSLONGARMS RECORDS

30: VAMPILLIA – MY BEAUTIFUL TWISTED NIGHTMARES IN AURORA RAINBOW DARKNESS

vp無題                 POINT: 16,5

31: INSOMNUM – SHADOWS OF THE DYING SUN

is無題             POINT: 16

 

31: ISOLATE – HIBINOKOTO

isl無題                 POINT: 16

READ THE REVIEW HERE: GUILTY FOREST

 

【SUM-UP】

まずは読者の皆様ご投票ありがとうございました。おかげさまで48人もの方にご投票頂きました。結果として大変興味深い順位になったのではないでしょうか。基本的にほぼジャンルのくくりなしに投票頂いたのですが洋楽、邦楽、メタル、ロック、メジャー、インディーと、勿論弊 WEBZINE の特性上プログ系がやや多いにせよ、バランス良いランキングになったのが嬉しいですね。
今回リーダーズポールを行った理由の一つに、果たして日本の大きな音楽系雑誌はしっかりと扱うべきアーティストを扱っているのだろうかという疑問が沸いて来たからというのがありました。音楽通、音楽好き、海外
の意見とズレているのでは?と感じたからです。好きだから扱う、あまり好きではないから扱わない、では日本のシーンはまた何年も遅れてしまいます。勿論もっと細分化されジャンル毎に音楽系雑誌が乱立すれば素晴らしいのでしょうがそんな時代でもないですね。若者が雑誌を買わないという理由もあるでしょう。それでも雑誌は未だに音楽文化の最大の発信源であると思います。インタビューも弊サイトが申し込むよりもよっぽど熱心に答えてくれるでしょう。雑誌しか読まない読者はおそらく今回上位の AAL, INTERVALS も知らないのではないでしょうか。ベビメタちゃんは海外でベストメタルアルバムに選ばれました。また何作も発表した為にやや順位が落ちましたが(合計するとベスト3に入る)日本が誇る VAMPILLIA はどうでしょうか。SKYHARBOR は?FALLUJAH は? ALCEST は?もし知らないとしたらそれは非常に残念な事です。現在日本で人気のあるなしに拘らず、ジャンルどうこうに拘らず、クールなもの新しいものはどんどん発信していって欲しいものです。そうする事でファンも増えるでしょう。来年は PERIPHERY の年になる(はず)です。この結果を少しでも反映させて頂ければ幸いです。尚、今回30位に惜しくも入らなかったもの、入ったけれど詳しく取り上げられなかったものに関しては後日特集ページを作成しようと考えています。勝手にリンクを貼らせて頂いたサイトの皆様にはほとんどテロのような感じでしょうがご容赦下さいませ。最後にもう一度、読者の皆様ありがとうございました。来年もぜひ宜しくお願い致します。
MMM EDITOR IN CHIEF: SIN

JUMP TO THE ARTIST’S CHOISE

PLEASE PUSH “LIKE” OUR FB PAGE