NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : V】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD OF SCALE THE SUMMIT !!

11075167_567170806718837_5895959050362557921_n

HUSTON’S INSTRU-METAL MAESTRO, SCALE THE SUMMIT HAS JUST RELASED MELODIC, CATCHY, TECHNICAL, AND PROGRESSIVE RECORD “V” !! IT MUST BE REMAINED IN INSTRU-METAL HISTORY!!

ANIMALS AS LEADERS の登場でにわかに注目を集めるようになったモダンプログシーンのインストゥルメンタル部門。彼らの音楽は非常にテクニカルでありながら耳を捉えて離さないキャッチーさも共存していて、それが DJENTY な新しさも伴って人気を集めているのだと思います。今回取り上げる SCALE THE SUMMIT はそういったバンドたちの先駆け的存在です。結成は2004年ですからもう10年選手。2009年には MIKE PORTNOY に認められ DREAM THEATER の PROG NATION ツアーに招かれるなど、4枚の作品をリリースし徐々に人気を高めて来ましたが、記念すべき5作目の新作、その名も “V” が遂にリリースされました!内容的には成功を収めた “THE COLLECTIVE” のメロウでダークな雰囲気と前作 “THE MIGRATION” のメジャー感、プログレッシブさを併せ持ったような作品に仕上がったと感じました。確実にキャリアで最も優れたレコードでしょう。アルバムの大半はヘヴィーでグルーヴィーな演奏に CHRIS LETCHFORD と TRAVIS LEVIER の時にメロディアスで時に驚異的なシュレッドが乗るというスタイル。AAL ほど DJENTY ではなく、CYNIC, DREAM THEATER のようなプログメタルらしい雰囲気も多分に残しているのがポイントです。ただ、このレコードを傑出した出来にしているのは、”SORIA MORIA” と “OORT CLOUD” の2曲です。AAL のデビュー作にも “SORAYA” というメロウでアダルトな魅力を持った1曲が収録されていましたが、まさにそういった役割を果たす優れた2曲です。CHRIS は昨年 “LIGHTBOX” という味わい深いジャズ/フュージョン寄りのソロ作品をリリースしましたがその影響もあるのでしょうか。実に良いアクセントになっていますね。優れた楽曲群の中でも “PONTUS EUSINIS” はヘヴィーなグルーヴとメロウさ、そして複雑な構成を巧みに合わせ込んでいて、今後の彼らにとっても重要な意味を持つ1曲のような気がします。とにかく、表情豊かで聴き所が満載のギタープレイ、楽曲が見事で”インストゥル-メタル”アルバムということを忘れるくらいエモーションに満ちていますね。今回弊誌では、バンドの創立メンバーでモダンプログ界隈で最も注目されるギタリストの1人 CHRIS LETCHFORD にインタビューを行うことが出来ました。8歳からギターを始め、MIとバークリーで学んだ秀才です。エンドース契約を結んでいる新進気鋭のヘッドレスギターメーカー STRANDBERG の使い手としても知られていますね。どうぞ!!

YOU CAN STREAM AND BUY “V” HERE !!

11836668_614796118622972_2051705542921482481_n

MMM RATING⭐️

SCALE THE SUMMIT “V” : 9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : V】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TESSERACT : POLARIS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAN TOMPKINS OF TesseracT!!

1280x720

The most important band in the modern prog scene now, TesseracT has just released definitely masterpiece “Polaris” from Kscope!! It must be the “Guiding Light” of lot’s of prog rock fans and bands!!

モダンプログロックシーンにおける最重要バンド TesseracT が待望の新作 “Polaris” をリリースしました!!
界隈でも一二の実力を誇る不世出のボーカリスト Dan Tompkins がバンドに復帰。モダンプログを牽引する Kscope からのリリースと万全の体制で制作された本作はロック史に名を残す傑作に仕上がりましたね。Djent 黎明期から他とは異なりアトモスフェリックなポスト系の音像を強く意識して来た TesseracT ですが、”Alterd State” での成功を経て彼らがたどり着いた超立方体な境地は、Djent がムーブメントとなって以降数多出現したバンドたちを置き去りにするようなまさに Post-Djent な世界観でした 。バンドの矜持であるグルーヴィーでポリリズミックなリフはそのままに、Kscope が提示する Post-Prog の領域にもさらに大きく踏み込み、彼らにしか表現し得ない極上の音楽を生み出すことに成功しています。
Acle Kahney の Mayones と James Montieth の 27スケールの Ibanez が創造する強烈なリフの数々を聴けば彼らが現代最高のギターチームの1つであることが判るでしょう。特筆すべきは “Polaris'” の音質の素晴らしさで、4D Sounds としてプロデュース業も行う Acle が持てる力を全て注いだそのサウンドは、まるで目の前でライブが行われているかの如く生々しくダイナミズムに満ち、アタック音の1つ1つが明確に聞き取れるほどクリアーです。その音質の良さがAmos Williams の自由自在で躍動感溢れるベースラインを際立たせていることは記して置かなければなりません。彼はなかなか存在感を得られない昨今のベーシストたちの中では明らかに群を抜いていますね。
特に “UTOPIA” から “PHOENIX” への流れは現在の TesseracT を象徴している様に感じました。また、”Alterd State” の Ashe O’hara も “Perspective” の Elliot Coleman も自身の持ち味を発揮し素晴らしい歌唱を聴かせていましたが、やはりTesseracT は Dan Tompkinsです。彼のアトモスフェリックで美しいボーカルはさらに洗練され際立っています。新境地であるラップにも挑戦するなど聴き所は満載です。
今回弊誌ではその “スーパーボーカリスト” Dan Tompkins にインタビューを行うことが出来ました。TesseracT と “Polaris” については勿論、Skyharbor や彼が最近 Chimp Spanner の Paul と立ち上げた新バンド Zeta についても話していただけました!!

FULL ALBUM STREAM  “POLARIS”

MMM RATING⭐️

“POLARIS” 9,8/10

【INTERVIEW WITH DAN TOMPKINS】

10849744_10153016915971614_4838886768037862412_n

Q1: Hi, Dan! TesseracT’s newest album “Polaris” is just out now!! How are you feeling now?

【Dan】: We’re all feeling very excited, like waiting in queue for a rollercoaster! We can’t wait to see how the album is received by our fans but at the same time we also feel quite relieved to be at the end of the writing process so we can take the album on tour!

Q1: TesseracT の新作 “Polaris” がリリースされましたね!!今はどういったお気持ちですか?

【Dan】: とても興奮しているよ!まるでジェットコースターの順番待ちをしているような気持ちだね。このアルバムがファンにどう受け取られるか反応が待ちきれないよ。同時に作曲のプロセスを無事終えることが出来てとても安心したね。やっと”Polaris” を引っさげてツアーに出られるよ!

Q2: You quit TesseracT once at 2011, and returned to the band at last year. Could you tell us about the story behind that?

【Dan】: Unfortunately a few years ago the intensity of the touring schedule became unrealistic to maintain but over the course of the 3 or so years apart we’ve all made it possible to commit to the demands of a 24/7 TesseracT.

Q2: あなたは2011年に1度 TesseracT を脱退し、昨年復帰しましたね。その経緯を教えてください。

【Dan】: 残念ながら、何年か前はツアーのスケジュールが忙し過ぎて活動を続けるのが非現実的になってしまったんだ。ただ、3年かそのくらい別れているうちに、常に TesseracT に全てを捧げるという要求にコミット出来ると思ったから、再びバンドに加入することになったのさ。

11949266_10156047006680164_266187678820319140_n

Q3: When you named this album as “Polaris”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of new record?

【Dan】: The album was named after the North Star; a symbol of a guiding light but also change.

Q3: アルバムを “Polaris”というタイトルに決めた理由、アルバムのコンセプトを教えてください。

【Dan】: このアルバムは北極星にちなんで名付けられたんだよ。人々を導く “Guiding Light” のシンボルだね。だけど常にその姿を変えるんだ。

Q4: “Polaris” is amazing!! Groovy, beautiful, and atomospheric. We can realize what TesseracT is from them. So, this time, what’s the new challenge for you and TesseracT?

【Dan】: The only challenge we face now is being apart from our loved ones whilst on tour. Every other aspect of TesseracT life is perfect. We have a great team behind us and a fan base to follow!
.

Q4: “Polaris” は素晴らしいアルバムですね!グルーヴィーで美しく、アトモスフェリック。まさに TesseracT を象徴する様な作品に仕上がりました。あなたと TesseracT にとって今回特に挑戦したことはありますか?

【Dan】: 今直面している唯一のチャレンジは愛するツアーから遠ざかっていることだよ。TesseracT に関しては他は全てが完璧なんだ。偉大なチームだし、ファンも最高だよ。

10516875_10155435742285164_3156830736376712990_n

Q5: “Polaris” is first studio release from Kscope. I think Kscope is the label of Prog and Atomspheric music. Off course, Kscope is the most important label in the modern prog scene. Do you think TesseracT parts ways with Djent and Metal?

【Dan】: We’ve never considered ourselves as Djent, Metal of course however we see ourselves more of a progressive rock band in all honesty. We are definitely happy to be paired with Kscope but also eOne music in the US and now Ward Records in Japan!
.

Q5: “Polaris” は Kscope から初のスタジオ作品となります。Kscope はプログロックやアトモスフェリックな音楽に特化したモダンプログの最重要レーベルだと思っています。では TesseracT は Djent や Metal とは距離を置くのでしょうか?

【Dan】: 僕たちは勿論、自らを Djent とか Metal だと思ったことはないよ。ただ、全て正直に言うけど、僕たちはプログロックバンド以上の存在だと考えているんだよ。Kscope、そしてアメリカのeOne music、日本の Ward Records と契約出来て本当に満足しているんだ。

Q6: Anyway, you and Anup parted ways with Skyharbor. What happend to the band? Guiding Lights” was lanked high in our Reader’s Poll at last year, and your voice was really beautiful. So, we are so sorry to hear that

【Dan】: My brothers in Skyharbor will always be brothers. I felt I was holding the band back from really achieving their full potential. They wanted to tour far afield but my other commitments just got in the way for them. We’re very proud of what we achieved together. Music is eternal.
.

Q6: ではあなたが所属していた別バンド Skyharbor の話をしましょう。先日、あなたとドラマーの Anup はバンドを脱退しましたね。最新作 “Guiding Lights” はあなたの美しい声を生かした素晴らしい作品だっただけに残念です。バンドに何があったのでしょう?

【Dan】: Skyharbor のメンバーたちは離れてもずっと兄弟だよ。僕の存在がバンドのポテンシャルをフルに発揮する妨げになっていると思ったんだ。彼らは遠くまでツアーをしたいと考えていたんだけど、僕の他の活動がその妨げになってしまっていたんだ。共に成し遂げたことをとても誇りに思っているよ。音楽は不滅だからね。

Q7: You parted ways with Skyharbor, but you look still busy. Last year, you released with Skyharbor, Piano, and White Moth Black Butterfly, and joind with lots of bands as a guest singer. Personally, Piano’s “Salvage Architecture” was special record for me. What’s your favorite?

【Dan】: It’s true I’ve been busy, I have an insane love for music and singing. I couldn’t name a favourite but Guiding lights and Polaris are two of my greatest creations vocally.

Q7: なるほど。そうして Skyharbor を離脱した訳ですが、それでもあなたはとても忙しそうに見えます。昨年だけでも、Skyharbor, Piano, White Moth Black Butterfly でアルバムをリリースしましたし、ゲスト参加も多数です。そういった作品の中で特に気に入っているものはどれですか?

【Dan】: 間違いないね。とても忙しくしているよ。音楽と歌うことに狂気とも言えるほどの愛を注いでいるんだ。お気に入りを上げるのは難しいけど、”Guiding Lights” と “Polaris” はボーカルの面では自分の最高の作品だと思っているよ。

Q8: You’ve just launched new band Zeta with Paul Ortiz of Chimp Spanner, and Katie Jackson. It seems have lots of Electronic music aspects. Can’t wait for new material. When it will be? Could you tell us about Zeta?

【Dan】: ZETA is a great project that I hope to see remain creative for years to come. Myself Paul and Katie are good friends and have a great casual process for recording and writing. We love that 80’s iconic sound but we’re also fans of synthwave so it’s a no brainer for us to express ourselves and have some fun! We released our first single 24th September called Silent Waves
.

Q8: お忙しいという話をしましたが、新しいバンドを立ち上げましたね。Chimp Spanner の Paul Ortiz、Katie Jackson と共にエレクトロニカの要素を多分に持つ Zeta というバンドを結成しています。

【Dan】: Zeta は偉大なバンドだよ。これから先何年もクリエイティブでいられるように望むよ。僕と Paul、Katie は良い友達なんだ。だからレコーディングや作曲もカジュアルにやれるんだよ。僕たちは80年代のアイコニックなサウンドを愛しているし、同時にシンセウェーブも大好きなんだ。だから頭を悩ます必要もなく自己表現出来るしただ楽しいって感じだね。ファーストシングル “Silent Wave” を9/24に公開するよ!。

YOU CAN STREAM “SILENT WAVE” OF ZETA !!

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DAN’S LIFE!!

DREDG “EL CIELO”

51BChVRoFUL

TEXTURES “DRAWING CIRCLES”

Textures_drawing_circles

TOOL 10,000 DAYS

10000days-2

A PERFECT CIRCLE “MER DE NOMS”

51dHFT0GkML

ENIGMA “MCMXC a.d”

Enigma-MCMX

【MESSAGE FOR JAPAN】

10811697_10152957200996614_661099461_n

I have toured Japan previously twice with my old band ‘Piano’ It was the most memorable trip of my life. We and I cannot wait to tour Japan and meet all our amazing fans!

僕は以前、昔のバンド Piano で日本ツアーを2回行っているんだ。人生の中でも記憶に残る旅だったな。TesseracT と僕は日本をツアーして素晴らしいファンのみんなに会うのが待ちきれないんだよ!

DAN TOMPKINS

www.tesseractband.co.uk
www.facebook.com/tesseractband
www.kscopemusic.com/artists/tesseract

11078074_10155435738970164_7537534489514316722_n

THANKS A LOT, SARAH OF KSCOPE, AND DAN!!

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANGLAGARD : HYBRIS】JAPAN TOUR 2015 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH Erik Hammarström OF ANGLAGARD!!

10247250_10152711765241223_9007795891974811107_n

SWEDISH PROG LEGEND, ANGLAGARD WILL RETURN TO JAPAN !! 1992 MASTERPIECE “HYBRIS” SET TO BE PERFORMED FROM BEGINING TO END !! 

1991年にスウェーデンにて結成。低迷していたプログロックシーンに復興の起爆剤ともなる2枚の傑作を投下し、1995年に突然解散した伝説のバンド ANGLAGARD。2000年代初頭にライブのみの再結集はあったものの、15年ほどほぼ沈黙していたバンドが2012年に復活作 “VILJANS OGA” をリリースしたことは歓喜を伴う大きな驚きでした。メンバーチェンジを経て翌年には初来日を果たし素晴らしいショーを行いました。そして2015年。彼らが再び日本に戻って来ます!11/8には、以前弊誌でもインタビューを行った同郷の ANEKDOTEN と共演、11/10には単独公演で傑作デビューアルバム “HYBRIS” の完全再現を行います。”HYBRIS” を語る時まず重要なのは、バンドがそれ以降使用しなくなったボーカルが収録されている点です。彼らがキャリアを通じて拘りを見せるスウェーデン語で歌われるボーカルの不思議に美しい響きには、惹き込まれ神秘性を感じずにはいられません。音楽的にはクリムゾンもしくは硬質なイエスのようなギターリフとオルガンが生み出す凶暴な動のパートと、フルートやメロトロンを使用した叙情的でトラッド色を濃くする静のパートが織り成すダイナミズムがとにかく驚異的。目まぐるしく静と動が入れ替わる場面ではそのレンジの大きさを感じることが出来ますね。70年代のプログロック、バロック音楽、トラッドフォーク、現代音楽などを取り込み、強烈な哀愁や慟哭を織り込んで作り上げた紛うことなき傑作と言えるでしょう。アルバムを曲順通りに再現してくれる機会はなかなかないと思います。忘れられない夜になることでしょう。また、音楽的にも出自的にも共通点の多い ANEKDOTEN との共演は非常にエキサイティングであるに違いありません。今回弊誌では 2012年からバンドに加わり一時期は THE FLOWER KINGS にも在籍していたドラマー Erik Hammarström に話を聞くことが出来ました。

11986340_10153504031146223_6857615992152245667_n

続きを読む DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANGLAGARD : HYBRIS】JAPAN TOUR 2015 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MODERN DAY BABYLON : THE OCEAN ATLAS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH Tomáš Raclavský OF MODERN DAY BABYLON!!

11745967_1037778799573220_7097791416420818488_n

ONE OF THE NEXT GENERATION OF MODERN METAL, MODERN DAY BABYLON HAS JUST RELEASED THEIR AWESOME NEW EP “THE OCEAN ATLAS” !!

次世代ギターヒーローの1人 Tomáš Raclavský 率いるチェコのスリーピースモダンプログバンド MODERN DAY BABYLON。JAKUB ZYTECKI, SERGEY GOLOVIN という2人の天才プレイヤーがゲスト参加した前作 “TRAVELERS” はヘヴィーグルーヴとキャッチーなメロディー、そしてアトモスフィアを高次元で融合し、世界中の DJENT, モダンプログファンにその存在を知らしめた名作でした。それから3年、彼らの待望の新EP “THE OCEAN ATLAS” が遂にリリースされました!ジャンル自体の拡散により様々な方面で使用されるようになっている DJENT というワードですが、彼らはあくまでもその原体験に拘り突き詰めているように感じます。EPを通して貫かれるグルーヴに対する美学。そしてそれと相反するような美しいリードプレイやアトモスフェリックパートが幾重にも折り重なるようにして展開していく様はまさに圧巻です。TOMAS は SKERVESENというポーランドのギターメーカーとエンドース契約を結んでいるのですが、新世代ギタリストたちの中でも非常に音作りが巧みなのではないでしょうか?また、今回のEPで最も MDB を象徴するような名曲 “WATER DROPS” には先日の初来日公演で多くのファンを魅了した PLINI がゲスト参加し楽曲をネクストステージに引き上げています。ANIMALS AS LEADERS や PERIPHERY のファンにはぜひ聴いていただきたいアルバムだと思います。今回弊誌ではバンドの創設者でギタリスト、幼少時からピアノを学んだ音楽人 Tomáš Raclavský に話が聞けました!!

MMM RAITING⭐️

“THE OCEAN ATLAS” 8,2/10

a2337420285_10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MODERN DAY BABYLON : THE OCEAN ATLAS】

WORLD PREMIERE : “KAKUMEI TO KANWA”【SeeK : 4WAY SPLIT】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “KAKUMEI TO KANWA” OF SeeK FROM “4WAY SPLIT” !!

JAPAN & US FOUR UNDERGROUND POWERS UNITE !! SeeK, STUBBORN FATHER, ALTER OF COMPLAINTS, AND THETAN SET TO RELEASE “4WAY SPLIT” LP ON 9/29 !!

0003683972_10

日本とアメリカのローカルアンダーグラウンドシーンで独自の存在感を発揮する4バンドがここに集結!!”4WAY SPLIT” という形で LONGLEGSLONGARMS RECORDS (JAPAN), MEATCUBE LABEL (US), KAKUSAN RECORDS (NOR) の3レーベルから 9/29 に同時リリースされます!!大阪からは SeeK と STUBBORN FATHER の2バンドを収録。今回弊誌で公開させていただいた”革命と緩和”は SeeK にとって2枚のEPをリリース後初のアナログ、海外向け音源となります。以前は NEUROSIS, ISIS, LIGHT BEARER に通じるような叙情性/ポスト・メタル感が強かった彼らですが、前EPに収録の”崇高な手”や今回の”革命と緩和”を聴けば分かるように、ツインベースという希少な編成を生かした強力な重低音は破壊力、その凶悪性を増しており孤高の領域に足を踏み入れつつあると言えるでしょう。STUBBORN FATHER はジャパニーズ・エモバイオレンスの開拓者ともいうべき重鎮です。まさに激情・カオティックの最高峰。ただ何かとっつきにくい、もしくはご存知なくてこの両バンドを未聴の読者の方も多いかもしれません。激情・ハードコア・ポストメタル・エモバイオレンスといった専門用語を介さずとも彼らの音楽はフックや感情に満ちていて癖になるような魅力的なサウンドだと思います。彼らの魅力に気づいたなら SWARRRM, REDSHEER といった共鳴者の音源を聴いてみるのも良いかも知れませんね。世界的なアンダーグラウンドシーンの流行とは距離をとった日本の激情シーン、その「ドス黒い」部分が海外マーケットに流出するという意味でも本作のリリースは非常に大きいと考えます。US の2バンドはテネシーはナッシュビルから。ALTER OF COMPLAINTS はナッシュビルで2000年代前半より活動していたCease Upon The Capitol, Dolcim, Dawn, Karoshi といった同地域を代表するバンドのメンバーによって結成されたスーパーグループで、「激情ハードコア+シューゲイズ」と形容された Cease Upon The Capitol や Dolcim のスタイルを引き継ぎつつ、更に新しい領域へと自らを押し進めたサウンドが特徴的です。ポスト・ハードコアのその先を見据えた音楽性を確認できるでしょう。THETAN の次々とショートチューンを畳み掛けるスタイルは他の3バンドとは異なっています。エモと言うよりはグラインドコア、パワーバイオレンスに近いかも知れませんね。ただ彼らもナッシュビルのポストハードコア/スクリーモシーンから生まれており、根底にある精神は共鳴しています。流行の中で洗練されることとは無縁、4者4様のサウンドをお楽しみ下さい!!

SEEK

a3637914275_16

STUBBORN FATHER

a4217625728_16

ALTER OF COMPLAINTS

a3099762137_16

THETAN

a0902479097_16

【ALTER OF COMPLAINTS/SeeK/STUBBORN FATHER/THETAN 4WAY SPLIT】

4way split artwork

Artist:
Altar of Complaints
SeeK
Stubborn Father
Thetan
Labels:
Meatcube Label(USA)
http://meatcube.com/
Kakusan Records(Norway)
https://www.facebook.com/kakusanrecords
LongLegsLongsArms Records(Japan)
http://longlegslongarms.jp/
tracking list:
Altar of Complaints
1. Leif
2. Alone in the Middle of All That Madness
3. Toughcoupleoctopus
SeeK
4. 革命と緩和
Stubborn Father
5. 未定
6. 創造の山
Thetan
7. Those Once Here
8. Que Sera
9. Shooting Gallery
10. —
11. Canned Rebellion
12. The Path
13. Call Of The Master
日本販売価格:2,000円(税抜)

【TJLA FEST 2015】

tumblr_static_bja78ws3580sowggww48s8wo4

STUBBORN FATHER, SeeK も出演する Tokyo Jupiter Records と LongLegsLongArms 初の共同イベント
「TJLA FEST (ティー・ジェル・エー・フェス)」 開催決定!!
詳細はこちら http://tjlafest.com

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AMORPHIS : UNDER THE RED CLOUD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICLAS ETELAVUORI OF AMORPHIS!!

10313123_10155580752200276_5235087501854382520_n

LEGENDARY FINISH MELANCHOLIC METAL BAND AMORPHIS HAS JUST RELEASED THEIR NEW MASTERPIECE “UNDER THE RED CLOUD” !!

フィンランドの国民的メランコリックメタルバンド AMORPHIS が新たな傑作となるであろう新作 “UNDER THE RED CLOUD” をリリースしました!!
フルート奏者に ELUVEITIE の CHRIGEL GRANZMAMN, パーカッションに MARTIN LOPEZ 、そして大人気プロデューサー JENS BOGREN をプロデューサーに迎えて万全の体制で制作された本作はまさに AMORPHIS 第3章の幕開けを告げるような傑作に仕上がりました。
ご存知の通り、彼らの第1章は “TALES FROM THE THOUSAND LAKES”, “ELEGY” という2枚の傑作を残したオリエンタルで哀愁に満ちたメロディックデスメタル時代。第2章は停滞していたバンドに不世出のボーカル TOMI JOUTSEN が加入し、彼の表現力豊かなクリーンボーカルを生かしたメランコリックかつプログレッシブな70’s リスペクトのフォーキーなヘヴィーミュージックを展開した “SKYFORGER” を頂点とする時代。そしてこの “UNDER THE RED SKY” は彼らの過去と未来を繋ぐような作風だと思います。
まず前作 “CIRCLE” で復活しつつあったヘヴィネスとグロウルが完全に戻って来ています。加えて、シタールを使用したオリエンタルなサウンド、ハモンドオルガンのような音色のキーボードソロは “ELEGY” や “TUONELA” の雰囲気を感じさせますね。同時にフルートやアコースティックギターを効果的に使用したフォーキーでプログレッシブな昨今の音楽性も引き継いでおり、両者が高次元で融合し新たな AMORPHIS を形作っているのです。インタビューにもありますが本当にさすが JENS BOGREN と賞賛するしかないですね。
これまで不満があるとすれば細かい部分の構成やリックの雑さだったのですが、今回は実に洗練されつまらないと感じる部分がありませんでした。さらに言うと、その時々で重要視している要素がデスメタルであれ、ゴシックであれ、ハードロックであれ、プログメタルであれ、フォークメタルであれ、彼らは常に極上のメランコリックなメロディーを作品に封じ込めて来ましたが、今回は別格です。全曲シングルレベル。メロディーの洪水警報が発令してしまっています。
実はバンドは10年メンバーチェンジがないのですが、弊誌では BARREN EARTH の Oli の後任として中期からバンドを支え、今回は特に素晴らしいベースラインを聴かせる NICLAS ETELAVUORI に話を聞くことが出来ました!!

MMM RATING ⭐️

“UNDER THE RED CLOUD” : 9,7 / 10

11392901_10155580751510276_6936271461885986015_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AMORPHIS : UNDER THE RED CLOUD】