カテゴリー別アーカイブ: PICK UP ARTIST

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MØL : JORD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT OF MØL !!

Denmark Based Five Piece Blackgaze Outfit, MØL Re-Mixes Agression And Beauty With Their Widscreen Debut Record “Jord” !!

DISC REVIEW “JORD”

興隆するデンマーク黄金世代の鋭鋒。常闇で光芒に焦がれしブラックゲイズの申し蛾 MØL がリリースした透徹のデビュー作 “Jord” は、ジャンルの虫籠を稀有なる羽音で切り裂きます。
前身となる ANTENNAS TO NOWHERE で、SLOWDIVE や MY BLOODY VALENTINE からインスピレーションを得たシューゲイズ/ドリームポップサウンドを追求していた Nicolai Hansen と Ken Klejs が MØL を立ち上げたのは2012年のことでした。
以来、セレスティアルな空気をエクストリームの白刃で裁断し巻き起こすバンドの “嵐” は、DEAFHEAVEN, GHOST BATH, OATHBREAKER, heaven in her arms 等と共にブラックゲイズの地図に新風を吹き込んでいます。
MØL がこの新興サブジャンルでまず傑出している点はコンパクトなバランス感覚から際立つコントラストかもしれませんね。エセリアルなシューゲイズサウンドとブラッケンドのアグレッションが双璧を成すジャンルにおいて、MØL ほどその両翼を巧みに美しく羽ばたかせるバンドはいないでしょう。
どちらか一方にに重心を振り、ともすれば片翼をほとんど犠牲にするバンドも多い中、8曲42分というコンパクトなデザインの中で光と闇を鮮明に浮き上がらせる彼らの手法は際立っています。
ツインピークスと Angelo Badalamenti のメランコリー、サスペンスを受け継ぐイントロダクションが印象的なアルバムオープナー “Storm” はまさにその MØL のシグニチャーウイングを大きく広げた春の嵐。リバーブの霧が晴れるやいなや、ハイピッチのスクリームとブラックメタルのフェロシティーがリスナーの眼前に広がります。
とはいえ、バンドがメロディーを放棄することはありません。鳴り響く雷鳴と騒乱のドラムワークを上昇気流に駆け上る、トレモロのハーモニーはあまりに気高く流麗。そうして対比に根ざしたインテンシティーは、ポストロックのアンビエンスを宿すアウトロへと収束していくのです。
「アルバムのテーマは、青く回転するこの星でいかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。」とインタビューで語るように、スカンジナビアの厳しくも壮大な自然を通して生と死、時間に焦点を当てたレコードは実際テーマと音楽が見事にシンクロしているように思えます。
“Penumbra” で緩やかに刻まれるミュートを施したギターの音色は、確かに時計の針を示しつつ終着駅へのカウントダウンを隠喩しているのでしょう。
“Vakuum” と “Lambda” に纏わるコントラストはアルバムのハイライトと言えるかもしれませんね。愛する人を失うことについて書かれた “Vakuum” は、ボーカル Kim がパーソナルな領域を追求したが故にデンマーク語で歌われる楽曲。怒りの感情が支配する作品で最もアグレッシブかつファストな真空の牙は、スラッシュやブラックメタルを前面に押し出しながら、ナチュラルに荘厳なる木漏れ日を浸透させていきます。
一方で、”Lambda” は80〜90年代のメロウなシューゲイズサウンドを意図的に狙ったインストゥルメンタルソング。Kevin Shields の理想を嫋やかに楽曲へと落とし込み、儚くも幻想的、エアリーな桃源郷を具現化しているのです。バンドのルーツ、闇と光はこの場所で交差し、極上のダイナミズムを創出し、再び羽搏き飛び立ちます。
「そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したい。」と Frederik が語るように、”Virga” には GOJIRA のプログレッシブな精神が宿っていますし、アルバムを締めくくるタイトルトラック “Jord” は LAMB OF GOD の息吹を吸い込むモダンメタルとシューゲイズの壮大なる交差点です。多様性まで手に入れたスカンジナビアの夜蛾は、そうしてシーンに煌めく鱗粉を散りばめていくはずです。
今回弊誌では、ギタリスト Frederik Lippert にインタビューを行うことが出来ました。LANTLOS の “.Neon” や DEAFHEAVEN の “Sunbather” との比較は避け難いでしょうが、よりワイドスクリーンなアプローチが魅力的な快作。
ROLO TOMASSI や CONJURER も揃えるレーベル Holy Roar Records にも注目です。「現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。」どうぞ!!

MØL “JORD” : 9.8/10

INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT

Q1: This is the first interview with you. So, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【FREDERIK】: Well, we have a slight age gap between some of the members of the band, so there is some difference in the music we listened to while growing up. I listened to Led Zeppelin and Deep Purple, because my father listened to it and that is my earliest memory of being exposed to rock and heavy metal.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【FREDERIK】: そうだね、実を言うとバンドのメンバーの中には少し世代間のギャップがあるんだよ。だから聴いて育った音楽には異なるものもあるんだ。
僕は LED ZEPPELIN や DEEP PURPLE を聴いて育ったね。父が聴いていたからなんだけど。ただ、それが僕にとって最初のロックやメタル体験となったのは確かさ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your musical hero at that time?

【FREDERIK】: I think it was listening to bands like Mastodon and Between The Buried and Me at a very young age and thinking: “Wow! There seems to be more to guitar than just blues licks. I’ve gotta learn how play stuff like this!” So probably Bill Kelliher and Paul Waggoner where the heroes at that time. But then, very quickly, my focus as a guitar play starting shifting to more experimental genres like shoegaze and post-metal. Then the heroes became Kevin Shields and Brian Eno.

Q2: ギターを始めたきっかけや、当時のヒーローについてはいかがでしょう?

【FREDERIK】: ギターを始めたのは、MASTODON や BETWEEN THE BURIED AND ME をとても若いころに聴いたのがきっかけになったと思うんだ。「彼らの作品にはブルースギターのリックだけじゃなくて、もっと広がったギターの可能性がある!弾き方を学ばないと!」と思ったね。だからおそらく、Bill Kelliher と Paul Waggoner が当時のヒーローだったと思うな。
ただ、そこからすぐに僕のギタープレイの焦点はシューゲイズやポストメタルといった、より実験的なジャンルへとシフトしていったんだ。つまりヒーローも Kevin Shields や Brian Eno へと変化したわけさ。

Q3: Nicolai and Ken have played together in Antennas To Nowhere, a shoegaze dream pop act. So, from there, how did MØL come to be? It seems MØL means moth in English. What made you choose that word for your band name?

【FREDERIK】: MØL was started by Nicolai and Ken after Antennas To Nowhere ended. They wanted to create heavier music, while still keeping some of the ethereal sounds they had adored in their previous shoegaze band. They, as well as the rest of the band, were inspired by bands like Alcest who seemed to bridge these two opposite genres. I initially joined on bass, but as the sound of the band evolved, I switched to guitar and we found another bass player. A few line-up changes later, here we finally are with a line-up we love.
Initially the idea behind the name was symbolic of the music we were trying to create. A moth is this creature that lives in the dark but is always searching for the light. It is a being of contradictions. That’s kinda what our music is an expression of. We know that we are rooted in “dark” music (various genres of metal), but we still try to create “light” ethereal and harmonious sounds as well.

Q3: Nicolai と Ken はシューゲイズ/ドリームポップアクト ANTENNAS TO NOWHERE で共にプレイしていたわけですが、そこから “蛾” の名を冠する MØL へどのように進展したのでしょうか?

【FREDERIK】: MØL は Nicolai と Ken が ANTENNAS TO NOWHERE が終わった後に立ち上げたんだよ。彼らは、ATN で志向していたエセリアルなシューゲイズサウンドを保ちつつ、よりヘヴィーな音楽を創造したかったんだよ。彼ら、そして残りのメンバーも、正反対にも思えるその二つのジャンルを繋ぐ架け橋、ALCEST のようなバンドにインスピレーションを得ていたんだ。
実は、最初僕はベースで加入したんだよ。だけどバンドのサウンドが進化するにつれて、僕はギターにスイッチし、新たなベースプレイヤーを探すことにしたんだ。そうして何度かのメンバーチェンジを経て、今の愛するラインナップに辿り着いたのさ。
バンド名を決める時に、鍵となったのは僕たちが作ろうとしている音楽をシンボライズすることだったね。”蛾” は闇に生きる生物だけど、いつも光を探しているよね。つまり、ある意味矛盾を抱えた生き物なんだよ。それって僕たちの音楽の表現方法と似ているよね。
僕たちはダークな音楽、メタルの様々なジャンルをルーツとしていながら、同時にエセリアルな “光”、ハーモニックなサウンドも創造しようとしているんだから。

Q4: Now, let’s talk about your amazing debut-full “Jord”. I think Jord means earth, mother nature or terra that we live in, right? Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【FREDERIK】: Well, the title is the Danish word for “Earth”, “soil” and “ground”. There are different ways to interpret it. It is an album about how we choose to spend our limited time that we are given on this blue marble spinning in space, and the ideas and contemplations that follow these questions of death and time. It is also about our environment and the its fleeting nature, reflected in our own existence. Most of the songs can be interpreted with this in mind and others are about some of the personal experiences our singer, Kim, has had, and how they relate to the overarching themes of death, time and nature.

Q4: では素晴らしきデビュー作 “Jord” について話しましょう。”Jord” とは私たちが住む地球、母なる自然を指しているようですね?

【FREDERIK】: そうだね、このタイトルはデンマーク語で “地球” “土壌” “地面” って意味を持つんだ。いくつか異なる訳し方があるんだよ。そしてアルバムのテーマは、この宇宙の中で青く回転する星で、いかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。
同時にこのレコードでは、環境、そして僕たち自身に反映される儚き自然にもフォーカスしているんだ。
楽曲のほとんどはそういったテーマに分類されるね。
そして他のいくつかは僕たちのシンガー Kim の個人的な経験によるものさ。

Q5: “Vakuum” is typically, I think your blackend aggression, heaviness, that kind of “anger” makes Møl stand out amongst others in the “Blackgaze” genre. It means your black metal, hardcore roots reflect on your music so deep, right?

【FREDERIK】: Yeah, we would like to think of ‘JORD’ as being a culmination of many of our influences, as well as, a contemplation and evolution of those influences. ‘Vakuum’ is an example of the aggression from different influences. Nothing is a constant and everything is changing, we’re all going to end up in the ground someday. We live very short lives, so whatever pleasure you derive from life, you really have to get as much as you possibly can out of it. You can’t escape the fact that we’re all going to die. Death is everywhere, in our news and in nature. Hardcore and black metal based on that are definitely some of the genres who influenced this song.

Q5: “Vakuum” は象徴的ですが、バンドの持つ “ブラッケンド” なアグレッションやヘヴィネス、怒りの感情は “ブラックゲイズ”のシーンにおいても MØL を際立った存在にしていますね?ブラックメタルやハードコアのルーツがより深く鮮明に根付いているように感じます。

【FREDERIK】: まさに、僕たちは “Jord” を様々な影響の集大成だと考えているんだよ。受けてきた影響は同時に熟慮され進化も遂げているんだけどね。
“Vakuum” はまさに異なる影響から生まれたアグレッションの証明だよ。永続的なものなんてないし、全ては変化していくんだ。そうして僕たちはいつか最終的に土に戻る。とても短い人生を生きているんだから、その間に出来るだけ多くを享受すべきなんだよ。
死からは逃れられないし、それは日常的なものだよ。そうした闇に根ざすハードコアとブラックメタルは間違いなくこの楽曲に影響を与えているね。

Q6: Also, ethereal, dreamy elements from 80’s, 90’s shoegaze and post-rock is your strong point. Title track “Jord” is typically, that contrast between beauty and aggression creates lot’s of emotions in your music, right? Anyway, whats your favourite track from your debut and why?

【FREDERIK】: That’s always a hard question. Personally, I would have to pick ‘Lambda’ since it is very contradictory to the rest of the album. Its an instrumental, slightly slower, shoegaze song. Plus, Jean-Michel from Gojira liked it on Instagram and who can argue with an endorsement like that?

Q6: とはいえ、もちろん先程仰ったように “闇” と “光” の対比こそがバンド、”Jord” のアイデンティティーです。中でもあなたが特に気に入っている楽曲を教えていただけますか?

【FREDERIK】: とても難しい質問だね。個人的には “Lambda” を推したいね。というのも、この曲は他の楽曲ととても毛色が異なっているからね。インストゥルメンタルで、すこしゆっくりしていて、シューゲイズソングだからね。
それに、この楽曲は GOJIRA の Jean-Michel がインスタでライクをしてくれたんだよ。これ以上に確かな保証はないでしょ?

Q7: So, you are often labeled as blackened shoegaze movement, alongside the likes of off course genre’s pioneers Alcest and Lantlôs and it’s successor, Deafheaven, Wolves in the Throne Room, Ghost Bath and Oathbreaker. Do you feel comfortable with that comparison?

【FREDERIK】: To a certain degree, sure. Some of our musical heroes, such as Alecst and Lantlos, were great inspirations in our early years as a band. The ethereal shoegaze mixed with the bleakness of black metal has always intrigued us, ever since we were younger and were exposed to the genre. We definitely identify with some of the characteristics of the genre, but we are in no way a traditionalistic band. We like to mix it up and draw upon more genres than just black metal and shoegaze. We appreciate being compared to such great bands as Oathbreaker and Deafheaven, but we don’t necessarily identify with that comparison.

Q7: 所謂、”ブラックゲイズ” として ALCEST, LANTLOS, その後続 DEAFHEAVEN や GHOST BATH, OATHBREAKER などと比較されることに関してはどう感じていますか?

【FREDERIK】: ある程度は納得しているよ。だって、その内のいくつか、ALCEST や LANTLOS は僕たちの音楽的なヒーローで、バンドとして初期に多大なインスピレーションを得ているんだからね。
ただ、エセリアルなシューゲイズサウンドと、ブラックメタルの荒涼をミックスする手法は、いつだって僕たちを魅了してきたんだ。僕たちがもっと若くてこのジャンルに晒される前からね。
だからもちろん、僕たちは間違いなくこのジャンルの特徴をある程度は受け継いでいるけど、決して伝統的なバンドというわけではないんだよ。
つまりね、僕たちはブラックゲイズを混ぜ合わせて、そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したいのさ。
OATHBREAKER や DEAFHEAVEN のような素晴らしいバンドとの比較には感謝するけど、その比較が必ずしも僕たちを特定するわけではないんだ。

Q8: I love recent Danish metal scene so much. There are lot’s of nice bands like you, Cabal, Vola, Ghost Iris. How do you describe Danish scene now?

【FREDERIK】: Vibrant and growing. Bands like Cabal, Vola and Ghost Iris completely deserve all the attention they get, but there are also other Danish metal bands that deserve more attention. Bands like Morild (an atmospheric black metal band) and Konvent (an all-girl doom band) are also deserving of some international attention. The entire scene in Demanrk is just exploding with talent at the moment. A golden age of metal might be on the horizon in Denmark.

Q8: 近年のデンマークシーンは、あなた方をはじめ、CABAL, VOLA, GHOST IRIS など新世代の台頭が著しいですよね?

【FREDERIK】: まさに活気に溢れ、成長を遂げているね。君が挙げたようなバンドは、完璧に彼らが集めている注目に値するよ。
ただ、デンマークには他にももっと注目に値するバンドがいてね。アトモスフェリックブラックメタルの MORILD、全員が女の子のドゥームメタル KONVENT なんかも海外から注目されるべきだろうな。
とにかく、現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FREDERIK’S LIFE

MY BLOODY VALENTINE “LOVELESS”

GOJIRA “FROM MARS TO SIRIUS”

ULVER “BERGTATT”

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

ALCEST “SOUVENIRS D’UN AUTRE MONDE”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello Japan! We love you all and cannot wait to play in your beautiful country someday! From day one, we’ve had support from Japan, despite the seemingly impossible distant between our two countries. We appreciate all the support through the years and hopefully we will see you all at a venue in Japan! Here’s to hope! Love – MØL

日本のみなさん、こんにちは! 君たちが大好きだし、いつか君たちの美しい国でプレイするのが待ちきれないね!MØL の始まりから、とても遠い場所にある日本からのサポートを受けてきたよ。何年ものサポートに本当に感謝しているし、みんなと日本のライブハウスで会いたいと思っているよ!愛を込めて。

FREDERIK LIPPERT

MOL Facebook Page
MOL Bandcamp
HOLY ROAR RECORDS Facebook Page
HOLY ROAR RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SUBSIGNAL : LA MUERTA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARKUS STEFFEN OF SUBSIGNAL !!

German Progressive Innovator, Subsignal Walk Toward More Melodic Path And Open To New Influences With Their New Record “La Muerta” !!

DISC REVIEW “LA MUERTA”

ジャーマンプログメタルの唱道者、SIEGES EVEN の血を受け継ぐ嫋やかなる残映。SUBSIGNAL がリリースした最新作 “La Muerta” は、サンタ・ムエルテの名の下にプログシーンの信仰を集め新たな拠り所、守護者となるはずです。
「当時起こったことはとても単純で、個人的な相違だったんだ。最終的にバンドは、Arno と僕、Oliver と Alex の二つに割れてしまったんだよ。」と Markus がインタビューで語った通り、80年代から活動を続ける巨星 SIEGES EVEN が長年の内なる闘争の末2008年に解散の道を選んだニュースは、プログメタルシーンに衝撃をもたらしました。
名手 Wolfgang Zenk がフュージョンに特化した支流 7for4 へと移行し、オリジナルメンバーの Markus が復帰。Andre Matos や Jens Johansson との実験場 Looking-Glass-Self の果てに邂逅したバンド史上最高のボーカリスト Arno Menses を得た 00年代のSIEGES EVEN。
そうして2005年にリリースした8つの楽章から成る “The Art of Navigating by the Stars” が、SIEGES EVEN 独特の世界観に研ぎ澄まされたメロディーが初めて重なり、FATES WARNING の “A Pleasant Shade of Gray” にも比肩し得る壮大なマイルストーンとなった事を鑑みれば、尚更バンドの消滅がシーンにとってどれ程の損失であったか推し量れるはずです。
しかし、Arno と Markus のメロディーとプログレッシブが奏でるケミストリーの二重奏はしっかりと SUBSIGNAL の音に刻まれています。
アルバムが相応に異なる風合いを醸し出していたように、SIEGES EVEN のスピリットはまさに実験と挑戦の中にありました。故に、二人が描く新たな冒険 SUBSIGNAL のサウンドが、プログレッシブワールドのトラディショナルな壁を突き破ることは自明の理だったのかも知れませんね。
キーワードはアクセシブルとエクレクティックでしょう。実際、「Arno と僕は他の異なるジャンルにも興味を持っていてね。」「僕にとって最も重要なのはメロディーなんだ。」と Markus が語るように、遂に本格化した SUBSIGNAL の最新作 “La Muerta” には近年のモダンプログレッシブが放つ波動とシンクロする瑞々しき血潮が注ぎ込まれているのです。
バンドのデビュー作 “Beautiful & Monstrous” 収録の “The Sea” が指針となったように、SUBSIGNAL は知性の額縁とプログレッシブなキャンパスはそのままに、よりソフィスティケートされた筆を携えドラマとエモーション、時にメランコリーをカラフルな多様性と共に一つの絵画、アートとして纏め上げて来ました。
ダンサブルなイントロダクション “271 Days” に導かれ示現するアルバムオープナー “La Muerta” は、バンドのトレードマークを保ちつつ、よりアクセシブルなメインストリームの領域へと舵を切る野心のステートメントです。
Steven Wilson の “To The Bone” を核として、HAKEN, FROST*, TesseracT, iamthemorning といったコンテンポラリーなプログレッシブロースターは恐れる事なくポップを知性や複雑性、多様性と結びつけモダンプログレッシブの潮流を決定的なものとしています。タイトルトラック “La Muerta” で示されたビジョンはまさにそのうねりの中にありますね。
Markus のシグニチャーサウンドであるコード感を伴うシーケンスフレーズは RUSH や THE POLICE のレガシー。現代的な電子音とマスマティカルなリフワークの中で舞い踊る Arno のメロディーは、眠れる John Wetton の魂を呼び覚ましたかのようにポップで優美。コーラスに華開く幾重にも重なるメランコリーは、暗闇から聖人へと向けられた全ての切実な祈り、請われた赦しなのかも知れませんね。
トライバルでシンフォニックな “Every Able Hand”、Markus の主専攻クラッシックギターから広がる雄大な音景 “The Approaches”、一転ブルースやカントリーの郷愁を帯びた “When All The Trains Are Sleeping” など Markus が語る通り実にエクレクティックなレコードで、全ては “Even Though the Stars Don’t Shine” へと収束していきます。
奇しくも Wilson の最新作とリンクするニューウェーブ、シンセポップの胎動、TEARS FOR FEARS や DEPECHE MODE の息吹を胸いっぱいに吸い込んだ楽曲は、同時にリズムのトリックやシーケンシャルなフレーズが際立つプログポップの極み。アルバムに貫かれるは旋律の躍動。
そうして “La Muerta” は iamthemorning の Marjana を起用し、荘厳なる Arno とのデュエット “Some Kind of Drowning” で平等に赦しを与えその幕を閉じました。
一片の無駄もなく、ただ日によってお気に入りの楽曲が変化する、そんな作品だと思います。ピアノからシンセ、エレクトロニカまで自由自在な Markus Maichel の鍵盤捌き、Dirk Brand の繊細極まるドラムワーク、そして RPWL の手によるクリアーなサウウンドプロダクションが作品をさらに一段上のステージへと引き上げていることも記しておきましょう。
今回弊誌では、ジャーマンプログメタルの開祖 Markus Steffen にインタビューを行うことが出来ました。「80年代に SIEGES EVEN を立ち上げたんだ。おそらくドイツではじめてのプログメタルアクトだったと思うよ。」どうぞ!!

SUBSIGNAL “LA MUERTA” : 10/10

INTERVIEW WITH MARKUS STEFFEN

Q1: First of all, I was really disappointed when I heard Sieges Even split up. Because “The Art of Navigating by the Stars” is one of my all time favorite prog metal record. What happened to the band at that time?

【MARKUS】: Pretty simple: personal differences. I mean, we were on a good way with Sieges Even. We had the ‘Navigating’-album and ‘Paramount’, recorded a live CD, and got the support slot for a tour with Journey. But when there is always fighting and argueing going on, it doesn’t make sense to continue. In the end it was Arno and me on one side, Oliver and Alex on the other. Arno and I decided to go… And the was the best decision.

Q1: SIEGES EVEN の解散は本当にショックでしたよ。”The Art of Navigating by the Stars” は間違いなくプログメタル史に残るレコードでしたからね。当時バンドに何が起こったのでしょう?

【MARKUS】: 当時起こったことはとても単純で、個人的な相違だったんだ。つまり、僕たちは SIEGES EVEN でとても順調だったんだ。”The Art of Navigating by the Stars” と “Paramount” を生み出し、ライブCDをレコーディングしたね。JOURNEY のツアーでサポートアクトとしての地位さえ勝ち取ったんだ。
だけど、そこにはいつも戦いと討論の日々があったのさ。そしてあのバンドを続けることに価値を見出せなくなったんだ。
最終的にバンドは、Arno と僕、Oliver と Alex の二つに割れてしまったんだよ。そして Arno と僕は別の道を選んだんだ…そしてそれは最高の選択となったね。

Q2: Subsignal started as Arno & Markus’s side project. Did you want to make more emotional, melodic, sophisticated prog music when you started? And how did Subsignal become your main band?

【MARKUS】: The idea was to write songs that were different to what we did with Sieges Even. Of course, it is not THAT different because it is still me who is writing. And I was also responsible for most of the Sieges Even-material. But Arno and I were also interested in different musical genres. So, we formed this little side-project which in the meantime has grown and become more successful than Sieges Even. It became our main band the day after Arno and I had decided to leave Sieges Even.

Q2: SUBSIGNAL はお二人のサイドプロジェクトとして始まりました。SIEGES EVENに比べてよりメロディックでエモーショナル、ソフィスティケートされた音楽を求めていたのでしょうか?

【MARKUS】: そうだね。確かに僕たちは、SIEGES EVEN の音楽とは異なるものを書こうとしていたね。もちろん、そこまで大きな違いはないはずだよ。というのも、SIEGES EVEN ではほとんどの楽曲で僕が中心となって書いていたし、このバンドでも僕が楽曲を書いているんだからね。
だけど、Arno と僕は他の異なるジャンルにも興味を持っていてね。だからサイドプロジェクトを立ち上げたんだ。
当初は小規模なバンドだったけど、今では成長を遂げて SIEGES EVEN より成功を収めているね。当然、Arno と僕が SIEGES EVEN を脱退してからは僕たちのメインバンドとなっているよ。

Q3: This is the first interview with you. So, could you tell us about your musical background and influences?

【MARKUS】: I started playing guitar at the age of 12. I was listening to AC/DC, Maiden, stuff like that. But I was always open-minded to different genres, e.g. Classical Music, Jazz and Pop. So I started to learn classical guitar as well. Rush soon became my heroes – and that hasn’t changed til now. But I always wanted to write my own music and my own lyrics. And that’s when I formed Sieges Even back in the Eighties. I think we were the first Progressive Metal act in Germany. After a couple of years we got our first record contract… and the rest is history.

Q3: 他のジャンルにも興味を持っていたと仰いましたが、あなたの音楽的なバックグラウンドについてお話していただけますか?

【MARKUS】: 僕は12歳の時にギターを始めたんだ。当時は AC/DC とか IRON MAIDEN みたいな音楽を聴いていたね。ただ、僕はいつだって異なるジャンルにオープンでね。クラッシックやジャズ、ポップスなども聴いていたね。それでクラッシックギターも学び始めたんだ。
その後 RUSH がすぐに僕のヒーローとなったね。それは今でも変わらないよ。ただ、僕の目標はいつも自分自身の音楽と歌詞を書くことだったから、80年代に SIEGES EVEN を立ち上げたんだ。おそらくドイツではじめてのプログメタルアクトだったと思うよ。そして2年後にはレコード契約を手に入れていたんだ。後はみんなが知っている通りだよ。

Q4: OK, let’s talk about your newest record “La Muerta”. Actually, it’s my year’s best so far! I feel “La Muerta” is a little bit different from your previous works. Off course, it’s natural progression, but perhaps this is the most mainstream-sounding record with lot’s of pop-like choruses and AOR mood. Do you agree that?

【MARKUS】: I am glad you like the new album! I wouldn’t go so far to say it is mainstream but it is certainly different. I mean, it had to be different! I don’t want to repeat myself. But even if it is more accessible it still has our trademarks. The most important thing to me is melody. And Arno has an enormous talent in creating haunting melodies and big choruses. But we had that before. This time the focus was on the song and its details. There is still a lot going on in the background and the songs are a challenge to play. But I agree with you that it might be easier to get into it than into the predecessor ‘the beacons of somewhere sometime’.

Q4: では最新作、”La Muerta” について話しましょう。実際、年間ベスト級の一枚ですね!これまでの作品と比較して、自然な進化だと思いますが、よりメインストリームなサウンド、AOR 的なムードを纏っているようにも感じました。

【MARKUS】: 君が新作を気に入ってくれて嬉しいよ!メインストリームとまでは言いたくないんだけど、それでも過去の作品と異なることは確かだね。と言うよりも、異なる作品にするべきだったんだ!僕は繰り返して同じような作品を作りたくはないからね。
ただ、もしこの作品がよりアクセシブルであるにせよ、僕たちのトレードマークは保っていると思うよ。とにかく、僕にとって最も重要なのはメロディーなんだ。そして Arno は心に残るメロディーとビッグなコーラスを生み出す驚異的な才能を持っているからね。
ただその試みは以前試したから、今作ではより楽曲それ自体とディティールに拘ったんだ。”La Muerta” ではバックの演奏で様々なことが常に行われていて、プレイするのが実にチャレンジングなんだよ。
ただ、君に同意できるのは、前作の “The Beacons of Somewhere Sometime” よりは聴きやすいサウンドになっているだろう点だね。

Q5: Regarding Pop, Steven Wilson changed his direction toward “Prog-pop” realm in his recent release “To the Bone”. Also, bands like Frost*, TesseracT, Haken, iamthemorning seem to think great deal of their pop senses with progressive aspects. Do you emphasize with such a new wave of “Prog-pop” in this record?

【MARKUS】: No, not really. We don’t go into the songwriting process with a plan and with an attitude to write pop or metal or whatever. I try not to look too much at what other artists do. I think the way ‘la muerta’ sounds like is a combination of different factors. It is an answer to the ‘beacons’-album which was massive in every sense of the word. To me it is a natural process when you finish an album, when you let go of it and venture into something new. I don’t plan anything, it simply happens. And of course, we were working with a new production team. They have their way of working, their ideas. So, here is where the new vision begins.

Q5: アクセシブル、ポップと言えば、Steven Wilson の “To The Bone” はプログポップとも言われていますし、FROST*, HAKEN, TesseracT, iamthemorning といったバンドもポップな要素をプログと併用し人気を博しています。そういった”潮流”は意識されていますか?

【MARKUS】: うーん、あまり意識してはいないね。ポップであれメタルであれ、僕たちは方向性を前もって計画したり狙ってソングライティングのプロセスに入ることはないんだよ。むしろ、他のアーティストが行なっていることをあまり観察し過ぎないようにしているくらいさ。
僕は異なるファクターを組み合わせたサウンドこそが “La Muerta” の手法だと思っているんだ。つまり、”La Muerta” は全ての意味で “マッシブ” だった “The Beacons of Somewhere Sometime” へのアンサーなんだ。
僕にとっては、アルバムを完成させた後にその成果を放棄して、新しいものへと挑戦することは自然な過程なんだ。僕は制作に関して何かを計画することはないし、作品はただ生まれるんだよ。 そしてもちろん、僕たちは新しいプロダクションチームと共にこの作品に臨んだんだ。 彼らは自分の仕事のやり方やアイデアを持っているね。だから、この作品で新しいビジョンが始まったと言えるんだよ。

Q6: Speaking of iamthemorning, Marjana Semkina contributed to “Some Kind of Drowning” with her angelic voice. Also, members of RPWL produced this record. How did you connect with them?

【MARKUS】: I heard Marjana on their ‘Lighthouse’-album and I liked her voice very much. Very natural… I thought, wow, that would be perfect for ‘some kind of drowning’. So I contacted her via Facebook and asked her if she would like to contribute. I am happy that she said yes because I think her voice fits perfectely for that song. As for the RPWL guys, I have known Kalle Wallner for some years. Actually, we were working on the guitar production on the ‘Touchstones’ album. So, I knew that working with him again would be fantastic. You know, he is a great guitar player and he has the ability to get the most out of a song. And of course it was good to work with a guitar player.

Q6: アルバムには先程名前を挙げた iamthemorning の Marjana Semkina がゲスト参加していますね。さらにその新たなプロダクションチームとして RPWL のメンバーが関与しています。

【MARKUS】: Marjana の歌声を初めて聴いたのは “Lighthouse” だったね。本当にとても気に入ったよ。とてもナチュラルなんだ…”Some Kind of Drowngng” にピッタリじゃないか!と思ったよ。だから Facebook を通じてコンタクトを取り、参加して欲しいと伝えたんだ。彼女が承諾してくれて嬉しかったよ。だって彼女の声はあの曲に完璧にフィットしているからね。
RPWL のメンバーに関してだけど、Kalle Wallner は何年か前から知っていたんだ。実際、”Touchstones” のギタープロダクションで共に仕事をしていた訳だからね。だから、彼とまた仕事をすれば素晴らしいことは分かっていたんだよ。何しろ、彼は偉大なギタープレイヤーでもあるから、楽曲から最高のものを引き出す才能を持っているんだよ。もちろん、ギタープレイヤーと仕事が出来るのは良いことだよ。

Q7: It’s clear there’s a special chemistry between Arno and Markus. How was the writing process of “La Muerta”? And which song most symbolizes this album?

【MARKUS】: There is a blind understanding between Arno and me. Working with him is pretty easy. I send my stuff to him and I know that he will come up with a great vocal arrangement in no time. I mean this was one of the reasons why we formed Subsignal, because we like each other, we respect each other and we get along pretty well. I can’t even remember a fight between the two of us. When we have different views about something we talk like adults should talk. It is always with respect and friendship. But it is hard to say which song symbolizes ‘La Muerta’ best. Perhaps the title track because it was the first song written for the album.

Q7: あなたと Arno の間には特別なケミストリーが存在するようですね? 彼とのライティングプロセスを通じて、特にアルバムを象徴していると感じる楽曲はどれでしょう?

【MARKUS】: Arno と僕は目を瞑っていても分かり合える間柄なんだ。彼とはとても仕事がやりやすいんだよ。僕は彼に楽曲のマテリアルを送るんだけど、彼がすぐに素晴らしいボーカルアレンジを思いつくことが分かっているんだよね。つまりそれこそが、僕たちが SUBSIGNAL を結成した理由の一つなんだよ。
僕たちはお互いが好きだし、尊敬し合っているし、とても上手くやっているんだ。二人の間の争いなんて思い出せないくらいさ。何か異なる意見を持つことがあっても、しっかり大人の話し合いで解決するしね。いつもリスペクトと友情が存在しているんだよ。
最もアルバムを象徴する楽曲を決めるのは難しいね。おそらくタイトルトラックだろうな。この作品のために最初に書いた楽曲だからね。

Q8: Despite of record’s mood, “La Muerta” seems to focus on “Lady of holy death” in Latin America. Anyway, could you tell us about concept or lyrical themes of “La Muerta”?

【MARKUS】: “La Muerta’ is female and refers to ‘La santisima Muerte’. She is a folk saint in Middle and Latin America, a patron for the underprivileged, associated with healing and protection. She is celebrated with colors and noise. I liked the idea that every person on earth, doesn’t matter if you are a good man or a crook, can have a saint or a god to pray to. And you receive your absolution. But ‘La Muerta’ is not a concept album. Each song stands on its own feet concerning the lyrics and the music.

Q8: レコードのムードに反して、アルバムのテーマはスカルを模した中南米の死の聖人を扱っているようですね?

【MARKUS】: “La Muerta” とは女性であり、サンタ・ムエルテを指しているんだ。彼女は中南米の地域における聖人で、癒しと保護を司る貧困層の守護者なんだよ。色とノイズで祝われているんだよ。
僕はこの信仰の考え方が気に入っていてね。地球上の全ての人は、良い人であれ犯罪者であれ等しく祈るべき聖人や神を持てるというね。そうして、それぞれの赦免を得ることができるんだ。ただ、”La Muerta” はコンセプトアルバムではないんだよ。どの楽曲も歌詞とテーマにかんして、それぞれのテーマを持っているんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARKUS’S LIFE

RUSH “POWER WINDOWS”

RUSH “MOVING PICTURES”

AC/DC “BACK IN BLACK”

JULIAN BREAM “PLAYS VILLA-LOBOS”

PETER GABRIEL “US”

MESSAGE FOR JAPAN

It is our dream to come over to your beautiful country one day and play for you. We get a lot of feedback and mails from Japan. So it would be fantastic if it happened some time in the future. And thanks for the interview!

いつか君たちの美しい国へと訪れ、プレイするのは僕たちの夢なんだ。日本からは多くのフィードバックやメールをもらっているからね。だからもし将来実現したら素晴らしいだろうな。インタビューをありがとう!

MARKUS STEFFEN

SUBSIGNAL Facebook Page
SUBSIGNAL Official Site
GENTLE ART OF MUSIC Facebook Page
GENTLE ART OF MUSIC OFFICIAL SITE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALKALOID : LIQUID ANATOMY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ALKALOID !!

German Extreme Metal Super Group Alkaloid Shows Amazing Musicianship And Creativity With Their Newest Record “Liquid Anatomy” !! Can You Imagine Yes & Rush Mixed With Modern Metal Aggression?

DISC REVIEW “LIQUID ANATOMY”

テクニカルデスメタルの牙城、ドイツに惹起する維新の兆し。千軍万馬の猛者が締盟したプログレッシブの絆 ALKALOID は、最新作 “Liquid Anatomy” で天壌の宇宙から中毒性のマイクロウエーブを発します。
ALKALOID ほどスーパーバンドの表現が相応しい音楽集団はそう多くはないでしょう。これまでメンバー5人がかかわってきたバンドは、DARK FORTRESS, NONEUCLID, SPAWN OF POSSESSION, OBSCURA, NECROPHAGIST, ABORTED, GOD DETHRONED, BLOTTED SCIENCE と文武両道の精鋭ばかり。
中でも、「僕たちが NECROPHAGIST と OBSCURA で始めたことを今では無数のバンドがやっているんだ。」と語る通り、局所性ジストニアによる中指の不遇をも覆す不屈のギターマエストロ Christian Muenzner、新たに HATE ETERNAL にも加入したギターとピアノを操るドラムユーティリティ Hannes Grossmann のかつての音楽的なアイデアが、現在の包括的な Tech-metal への崇高なるインスピレーションとなっていることは明らかですね。
とはいえ、「僕たちは新たなバンド、プロジェクト、アルバムの度に自分たちを”再発明”するようにしているんだよ。特定のスタイルに執着してしまわないようにね。」と Christian が語るように、 ALKALOID は定型化したテクデスの様式、さらには傑出したデビュー作さえ過去の時空へと置き去りにしながら、RIVERS OF NIHIL, IHSAHN, HAKEN, GHOST ともシンクロするクラッシックなプログのスピリットを昇華した新たなメタルの潮流に身を委ねているのです。
アルバムオープナー “Kernel Panic” こそ進化の象徴。ヴィンテージのシンセサウンドに導かれ、滔々と湧出するシーケンシャルなギターフレーズはまさに YES や RUSH の遺伝子を色濃く宿す鮮やかな落胤。DARK FORTRESS 等で残虐な威厳を浴びせる Morean は、驚くことにその歌唱を Jon Anderson のチャンネルへと接続し、神秘的でキャッチーなロックの崇高美を具現化していくのです。
イーヴィルなディストーションサウンドは変調の証。ナチュラルに獰猛なモダンメタルの領域へとシフトする、一体化したバンドの猛攻は衝撃的ですらありますね。一転、再びプログの多幸感が再臨し、時に相反する二つの次元が融解。TOOL と CYNIC、一方で YES と VAN HALEN が楽曲の中で流動し躍動する “In Turmoil’s Swirling Reaches” にも言えますが、ALKALOID の振るう奇想天外なタクト、コントラストの魔法は実際群を抜いています。
そして先述したバンドと同様に、クラッシックとコンテンポラリー、荘厳と嗜虐、ポップと知性の狭間を自由自在に行き来するこのシームレスなアイデアは、確かに多様なモダンプログレッシブの根幹を成しているはずです。ただし、ALKALOID のプログレッシブには特に “90125” や “Signals” など80年代の風を受けた独特の色香も存在しますが。
MORBID ANGEL と MESHUGGAH が同乗する重戦車 “As Decreed by Laws Unwritten”、トライバルで複雑なリズムに呪術と叙情のボーカルが映え GOJIRA の理念ともシンクロする “Azagthoth” でブラックホールの物理現象を追求した後、バンドはタイトルトラック “Liquid Anatomy” でさらに新たな表情を披露します。
実際、これほど感動的で心を揺さぶるバラードと、エクストリームメタルのレコードで出会えるとは僥倖以外何者でもないでしょう。GENESIS や PORCUPINE TREE の叙情、クラッシックや教会音楽のスピリットをダークに消化した荘厳の極みは、感情の波間を悲哀で染め抜きます。
アルバムを通して言えますが、特にこの楽曲で聴くことの出来る Christian のエモーションとテクニック全てを楽曲のためだけに捧げた神々しきソロワークは、最後の “ギターヒーロー” を誇示して余りある激情とスリルに満ちていますね。
アルバムを締めくくるは20分のラブクラフトモンスター、6つの楽章から成るエピック “Rise of the Cephalopods” は ALKALOID 版 “2112” もしくは “Cygnus X-1 Book II: Hemispheres” なのかも知れませんね。プログロックの構成美、モダンメタルの複雑なグルーヴ、モダンプログの多様性にアトモスフィア。全てがここには存在します。現存の南極大陸を葬り、頭足類が進化を遂げる “If” の SF ストーリーは、実はシーンと自らの立ち位置を密かに反映しているのかも知れませんね。
今回弊誌では、Morean, Hannes, Christian の3名にインタビューを行うことが出来ました。 NECROPHAGIST や OBSCURA についても重要な証言が飛び出したと思います。「Hannes がアルバムのいくつかの瞬間で “90125” の時代を超越したサウンドに近づいたという事実は、彼がそれを意図しているのかいないのかに関わらず、エンジニア、プロデューサーとしてのスキルに対する大きな賛辞だよ。 1983年に彼らが成し遂げたサウンドを超えるものは、今日でもほとんどないからね。」どうぞ!!

ALKALOID “LIQUID ANATOMY” : 10/10

INTERVIEW WITH MOREAN, CHRISTIAN MUENZNER, AND HANNES GROSSMANN

Q1: First of all, Alkaloid contracted with Season of Mist. Do you think it will be a big step for the band compared with independent era?

【MOREAN】: This remains to be seen, it’s too early to tell maybe how big the difference will be in the end. But we all appreciate Season of Mist for their catalogue of bands and how they value the artistic aspect of the albums they put out, and we’re proud to be part of their roster now. We hope for many happy years and albums to come!

Q1: 前作リリース後、ALKALOID は SEASON OF MIST と契約を果たしましたね。インディペンデント時代と比較して状況はいかがですか?

【MOREAN】: まだわからないんだよ。最終的にどのくらい大きな違いとなるのか見極めるのは早計だね。だけど、僕たちは全員 SEASON OF MIST の一員になることが出来て感謝しているんだよ。
彼らは作品のアーティスティックな一面に重きを置いてリリースしているし、彼らのロースターになれて誇らしいよ。これからも彼らと素晴らしき日々を過ごし、アルバムをリリースしていきたいね。

Q2: At our interview in 2014, Morean said “Considering the trademark style of playing and writing of the (ex-)Obscura members, there will definitely be recognizable elements. But Alkaloid will be its own entity.”. That was true about “The Malkuth Grimoire”. But I think “Liquid Anatomy” is far beyond Obscura or even Death metal. Definitely, there is very own color of Alkaloid. Do you agree that?

【MOREAN】: Definitely. Of course, if you listen closely, you can always identify the personal handwriting of the people in this band, so a certain overlap in style under the surface will be inevitable. But we have plenty of our own ideas to offer, and I think both albums prove that beyond the shadow of a doubt. It feels like we’ve only just begun to scan the unique musical horizons of our new band, and it’ll be as great a surprise to ourselves as it is for everyone else to see where the flow will take us next. It’s one of the things that make this band so gratifying to be in; we all like looking forwards, not backwards, and are eager to explore things that our other bands or ex-bands didn’t necessarily feature. There’s plenty left to be discovered.

【HANNES】: I’m happy that you say that. When I started the band with Morean I wanted to have an own musical identity, an own style that the band has. Many times we are described as a mix of our previous bands, but I think it’s not true. We sound very different from Obscura.

【CHRISTIAN】: Like Morean said, the sound of a band is always defined by the hand writing and personal style of the people responsible for the songwriting. When someone like Hannes Grossmann writes a song, it will carry his signature sound, no matter what band situation it is written for (for example, the song Centric Flow in Obscura was written for Hannes’ original band Devil’s Cry back in 2001, long before Obscura even existed), people who heard Morean’s and Linus’ band Noneuclid may also draw some comparisons, same with the individual playing styles of everyone involved. When our first album included Alter Magnitudes people said this sounds like Obscura, because I had written it, but they fail to see it was us who created this style of music and writing, which was later on copied by many bands and thus appears less original nowadays. It’s just an individual composition style regardless of the name tag. However, I do agree that on the first album at least on some tracks we still had a bit of a similar mindset and approach to the songwriting as in the Obscura days, it included 3 songs that were intended for the next Obscura album with us, but after the split were carried on to Alkaloid. Like I said, a million bands are doing nowadays what we started in Necrophagist and Obscura, which was unique back then, today when someone does that it’s just another tech death band. Our mindset was always to re-invent ourselves with every new band, album and project and not fall into a formulaic approach to a specific style of music. This “to go where no band has gone before” approach has always been with us. I agree that with Liquid Anatomy we came even closer to what can be defined as our own unique sound that at least for now no one else does like this. Writing and recording with incredible musicians like Morean and Danny who both bring and almost infinite amount of experience and knowledge and approaches we haven’t explored in Obscura before to the band further helps to establish our very own and unique sound and niche with Alkaloid.

Q2: 結成当時のインタビューで Morean は、「OBSCURA の元メンバーが中心となって作曲や演奏を行っているんだから間違いなくそういったトレードマークのサウンドは存在するんだけど、もちろん独自の要素も加えているよ。」と語り、デビュー作品はまさにその通りのサウンドになりました。
しかし、最新作 “Liquid Anatomy” は OBSCURA、さらにはデスメタルをも超越した領域へ差し掛かっていますよね?

【MOREAN】: 間違いないね。もちろん、注意深く聴けばメンバー個々の個性が浮かび上がり、ある程度はそれぞれの他のプロジェクトとオーバーラップすることは避けられないと思う。だけど、僕たちは抱えきれないほど独自のアイデアを生み出していて、2枚のアルバム共にその影を払拭するクオリティーを誇っていると思うな。
言ってみれば、僕たちは新バンドとしてユニークな音楽の地平を開拓し始めたところなんだ。そして、他の人たちと同じくらい僕たちにとっても、次に到達する場所は大きな驚きになるはずなんだ。
このバンドに加わって本当に良かったと思っていることがあってね。それは僕たち全員が後ろを振り返らずに、他のプロジェクトや元居たバンドの特徴を追い求めないことなんだ。まだまだ探求する余地はたくさん残っているからね。

【HANNES】: 君がそう言ってくれて嬉しいね。Morean とバンドを始めた時に、僕は独自のアイデンティティーを表現する、独特のスタイルを持ったバンドにしたかったんだ。これまで僕たちは何度も以前いたバンドのミックスだと言われて来たんだけど、それは正しくないね。特に OBSCURA とは全然違うと思うな。

【CHRISTIAN】: Morean が言ったように、バンドのサウンドは作曲を受け持った人物の個人的なスタイルや方針によって定義されるんだ。例えば、Hannes が作曲をするとして、バンドがどんな状況であれ彼のシグニチャーサウンドは持ち込まれる訳でしょ? OBSCURA の “Centric Flow” は、もともと彼が OBSCURA が存在もしなかった2001年に DEVIL’S CRY として書いた楽曲だったようにね。同様に、Morean と Linus のバンド NONEUCLID を聴いたリスナーも、他のメンバーの関わるバンドでやったように比較をしていくわけさ。
僕たちのファーストアルバムに “Alter Magnitudes” が収録されていたことで、みんなは「これは OBSCURA のようだ。」と言ったんだ。僕が書いた楽曲だったからだろうね。だけど彼らは、僕たちこそがこういったスタイルの音楽やコンポジションを創造したことを見逃しているね。そのスタイルは後に多くのバンドによってコピーされ今日ではオリジナリティーを失ってしまっているように思えるけどね。つまり、OBSCURA という名前は関係なく、ただ個人の作曲スタイルだった訳なんだ。
とは言え、ファーストアルバムでは少なくとも何曲かは、OBSCURA 時代に通じる思考やアプローチがまだ少し残っていたことは認めるよ。というのも、アルバムの中の3曲は次の OBSCURA のアルバムのために僕たちが用意した楽曲だったからね。だけど別々の道を歩むことになって ALKALOID に引き継がれた訳なんだ。
さっきも言ったけど、僕たちが NECROPHAGIST と OBSCURA で始めたことを今では無数のバンドがやっているんだ。当時はユニークだったけど、現在はもはやああまた別のテクデスバンドが出てきたねって受け取られるだけなんだよね。
だから僕たちは、新たなバンド、プロジェクト、アルバムの度に自分たちを”再発明”するようにしているんだよ。特定のスタイルに執着してしまわないようにね。誰にとっても未踏の領域へと進もうってアプローチはいつだって僕たちのモットーなんだよ。
“Liquid Anatomy” で僕たち独自のユニークなサウンドにより接近したことは認めるよ。少なくとも今は誰もこんなサウンドを志していないからね。Morean や Danny という無限の経験や知識をもたらしてくれるミュージシャンと共作しレコーディング出来たのは最高だったね。そして彼らとの新たなアプローチが OBSCURA では探求出来なかった ALKALOID 独自のユニークなサウンドを確立する大きな助けになったのさ。

Q3: Opening track, “Kernel Panic” seems to be the symbol of “Evolution”. 70’s〜80’s Yes, Genesis, and Rush is here, right? And that influence are mixed with your own extreme metal naturally. Actually, it’s extremely unique, I have never heard of this before. How did you come up such a great idea?

【HANNES】: The idea to write that song was in the back of my head for a long time, I just didn’t find the right elements that do the transition from Rock to Death Metal. When I wrote the music for that song I started with the intro when playing around with my guitar effect board. I thought it’s an interesting sound to start with. Somehow it automatically led to all other parts in the song naturally without even thinking too much about it. The song almost wrote itself. Those influences you mentioned are present because they are part of my musical DNA, having listened to those Prog bands constantly throughout the years. But also Death Metal is a style I play for many many years. So at some point it just had to come together naturally.

Q3: 実際、オープニングトラック “Kernel Panic” はそのユニークサウンドを象徴する楽曲ですね?70〜80年代の RUSH や YES がエクストリームミュージックと自然に融合しています。

【HANNES】: あの曲のアイデアは、長い間僕の頭の中にあったんだ。ただ、ロックからデスメタルへと移行する適切なエレメントを見つけることが出来ていなかったんだよ。
この楽曲を書き始めた時、僕はギターのエフェクトボードで色々と試していてイントロを思いついたんだ。この曲を始めるに相応しい興味深いサウンドだと思ったね。そうしていくらかは、考え過ぎることもなく自然とオートマティックに他のパートへと派生していったんだよ。ほとんど楽曲自体が自ら書いたと言えるほどにね。
君が指摘したような影響は確かに存在するよ。だってそれこそが僕の音楽的な DNA の一部で、僕はそういったプログバンドを何年もコンスタントに聴き続けてきた訳だからね。だけど、同時にデスメタルも僕が何年も追求してきたスタイルなんだ。だから、いつかは自然と融合する運命だったんだろうな。

Q4: On the other hand, there are also influences from modern prog like Tool, Meshuggah, Gojira, Cynic in this record. And it’s not big secret that members are big fan of Classical music and Jazz. So, album closer, twenty minutes amazing epic “Rise of Cephalopods” is typically, I feel “Liquid Anatomy” is very diverse, kind of timeline of music history. Do you agree that?

【HANNES】: I agree. To me there is only music, not genres. I just cannot work in the strict borders that all the metal sub-genres provide, even though I do love metal. All those styles are mixed in because they feel natural. If for example I wanted to mix in a style that I don’t listen to, for example Rap, that wouldn’t work well, because I’m not familiar with its elements.

【MOREAN】: It’s a compliment if it seems like that to the listener. But actually, we try not to be too busy with other people’s work when we write. Of course, bands like Tool, Meshuggah, Opeth, Morbid Angel, but also Yes, Pink Floyd etc have been essential in our growing up, and it would be a lie to say they haven’t left their mark in what we like and who we are as musicians. But not more so than for any other band, everyone’s influenced by something. I think making music always starts with imitation, but one has to try and move beyond that as soon as possible, in order to create your own sound. In that, I think we offer something richer and profounder than just throwing other people’s ingredients together. And we certainly don’t sit down for an eclectic shopping spree from what others have done. It’s much more that we do what we’ve always wanted to do but couldn’t in the corsets of our other bands. And, with the possible exception of a bit of shameless Morbid Angel worship here and there, we never say “let’s sound like this or that band”. Mind you, the fact that Hannes got so close to the timeless sound of 90125 in some moments of the album – whether he intended to or not – is actually a great compliment to his skills as an emerging engineer and producer. That album sounds as good today as did did in 1983, something that few producers achieve.

【CHRISTIAN】: I don’t think the influences in this band can be narrowed down to just a handful of bands, the musical background of each individual member is just too big, diverse and different. Even though I respect all of the bands mentioned, I don’t really listen to any of them personally. The musical backgrounds of each member combined contains almost all forms of metal from 80’s hard rock to the most extreme death and black metal, but also countless genres outside of the metal field, lots of 70’s and 80’s progressive rock, jazz, fusion, different areas and time periods of classical music, it is endless, and like Morean said, we don’t really try to sound like any other band on purpose, and it’s certainly not like we all exclusively listen to the same 5 bands and aspire to sound just like them.

Q4: 一方で、アルバムには TOOL, MESHUGGAH, CYNIC, GOJIRA といったモダンなプログレッシブミュージックの感覚も存在していますね。
メンバーがクラッシックやジャズの大ファンであることは有名ですし、20分のエピック “Rise of Cephalopods” はさながら音楽の歴史を凝縮したかのような素晴らしさです。実に多様な作品ですね?

【HANNES】: 同意するよ。ただ僕にとってアルバムにジャンルは存在せず、ただ音楽があるのみなんだ。僕がメタルを愛しているからといって、厳格に全てのサブジャンルの境界を把握している訳ではないからね。ここにある影響がミックスされたのは、それが自然だと感じられたからなんだ。
例えば、僕が普段聴かないラップなんかをミックスしようとは思わないよ。きっと上手くいかないからね。というのも僕はラップについて詳しくないからね。

【MOREAN】: リスナーがそう感じてくれたとしたら僕は褒め言葉だと受け取るよ。だけど、実を言うと僕たちは作曲中に他の音楽を聴き過ぎないようにしているんだ。もちろん、TOOL, MESHUGGAH, OPETH, MORBID ANGEL といったバンドだけじゃなく、YES, PINK FLOYD といったバンドも僕たちの成長に不可欠な要素だし、彼らがミュージシャンとしての僕たちに何の影響も与えていないなんて言えばそれは嘘になるよ。ただ、他のバンドたちよりも何かに影響されているとは思わないな。
僕は音楽制作ってたいていは模倣から始まると思っていてね。だけど独自のサウンドを生み出すために出来るだけ早く前に進むべきなんだよ。まあ少なくとも他の人の”食材”を鍋に入れてミックスするだけでなく、より豊かで深いものを提供していると思うよ。
そして、間違いなく他の人たちの成果をただ座ってショッピングするように取り入れている訳じゃないんだ。そして、恥ずかしげもなく MORBID ANGEL への崇拝が散りばめられていることを除けば、僕たちは決して「あのバンドやそのバンドみたいなサウンドにしよう。」なんて言わないんだよ。
忘れないで欲しいんだけど、Hannes がアルバムのいくつかの瞬間で “90125” の時代を超越したサウンドに近づいたという事実は、彼がそれを意図しているのかいないのかに関わらず、エンジニア、プロデューサーとしてのスキルに対する大きな賛辞だよ。 1983年に彼らが成し遂げたサウンドを超えるものは、今日でもほとんどないからね。

【CHRISTIAN】: 僕は ALKALOID に存在する影響は一握りのバンドのみに限られないと思うんだ。メンバーそれぞれのバックグラウンドは実に大きく、多様で、異なっているからね。君が挙げたバンドは全てリスペクトしているけど、個人的には全く聴いていないね。
各メンバーのバックグラウンドは80年代のハードロックから最もエクストリームなデス/ブラックメタルまでほぼ全てのメタルフォームをカバーしているけど、同時にメタルフィールドの外にも、無数の影響が存在しているんだよ。70〜80年代のプログロック、ジャズ、フュージョン、異なるエリアと時代のクラッシックなど本当に多岐に渡るね。
そして Morean が言ったように、意図的に他のバンドのようなサウンドを目指すことはないんだ。もちろん、同じ5つのバンドだけを聴いてそれらのように制作することもね。

Q5: So, Morean, your clean voice is increased so much in this record. Title track “Liquid Anatomy” is typically, your clean vocal is really emotional and impressive. Do you think the “Evolution” of Alkaloid required lot’s of your clean voice?

【MOREAN】: Apparently so, haha! We had cleans on the first album as well of course, and it seems we all liked the combined sound of growls and melodic vocals, so for some reason, this album seemed to call for doing a lot more with that – not just as a effect here and there, but as a substantial element to our music. I still feel I’m pretty new to the whole clean singing business, and I’m sure this can still improve a lot in the future. But I’m very proud how far we were able to go already. It’s all about colors and moods actually, and the broader your pallet of options, the more precisely you can give every song, every passage the sound that the music asks for. I’m more than happy to offer whatever my throat can do to support that effort, and if it helps to make the music richer, the hook lines more memorable, and the total experience of an album more interesting and varied, why not embrace it?

Q5: Morean のクリーンボイスは格段に増えていますよね?実にエモーショナルで印象的ですが、バンドの “進化” があなたのクリーンボーカルを求めたとも言えますか?

【MOREAN】: 明らかにそうだね。(笑) ファーストアルバムにももちろんクリーンはあったわけだけど、僕たち全員がそのグロウルとメロディックのコンビネーションがとても気に入ったようだね。だからこのアルバムはいくつかの理由でクリーンボーカルが増えることになったんだ。一時的なエフェクトとしてではなく、しっかりと実体を持った要素の一つとしてね。
僕にとってクリーンボーカルは今でもとても新しいチャレンジだし、将来的にはもっともっと改善すると思っているんだ。だけど、ここまでの成果にはとても誇りを持っているんだよ。実際、その色彩やムードは音楽のパレットを広げ、より的確に楽曲、パッセージ、サウンドに音楽が求めるオプションを加えることが出来るんだ。
何であれ僕の喉がその成果に貢献することが出来ていたら、もし音楽をよりリッチに、フックをより強固に、そしてアルバムの内容をより興味深く多彩に出来ていたら満足だよ。

Q6: “The Malkuth Grimoire” obviously had its own sci-fi story. So, is there any concept or lyrical themes in “Liquid Anatomy”? What’s the meaning behind the title “Liquid Anatomy”?

【MOREAN】: Like the first album, I’d call “Liquid Anatomy” an “almost”- or “loose” concept album. Certain parts of the albums, like all the Dyson saga, the Antarctica- / Cephalopods-thread of the album closers, the “Lovecraft” songs or the wild science fantasies of the title tracks, could almost be called little “concept EPs” within an album, which exist side by side, and which are connected by a certain viewpoint or subject that connects them on a more philosophical level. This approach works quite well because on the one hand, such an album becomes more than just a random collection of disconnected songs, but on the other hand leaves enough freedom for each of the 5 songwriters to tell their own stories without being a slave to a linear narrative that determines exactly what each song can or can’t do beforehand. And since I wrote most of the lyrics, it helps me to have a topic or story to guide me through the barrage of instrumental material without losing the thread too much. It feels a lot less random then when you’re in the thick of writing with no end in sight.
Summarizing, I’d say that the principal subject of The Malkuth Grimoire was the potential arising from rearranging the parts and particles in our world into something new, a fresh world built from the “old legos”, so to speak. On Liquid Anatomy, the main question takes the next step: what if you could manipulate matter directly, to create “new legos”, new matter, and worlds so different from what we know that the entire paradigm of how we define ourselves and our universe would have to fall? In the opener and the title track for example, this idea is projected onto our physical bodies, our flesh; Azagthoth investigates the principle of indeterminacy and mutability on a more metaphysical or spiritual level, while at the same time drawing a parallel with the physical phenomenon of black holes; the Dyson songs illuminate the same principle from the point of view of an advanced galactic civilisation that urgently needs to defeat the isolation of interstellar space and the limitations of a physical existence; and finally, Rise of the Cephalopods turns the geology-inspired scenario of Funeral for a Continent into a voluptuous evolutionary fantasy, with perpetual change and mutability extending far into the future of the planet, both geologically and biologically, but also where the evolution of a very different kind of intelligence is concerned.

Q6: 全作 “The Malkuth Grimoire” はSFのストーリーが印象的でしたが、今回はいかがでしょう?

【MOREAN】: ファーストアルバムと同様に、僕は “Liquid Anatomy” を “ほとんど” もしくは “ルーズな” コンセプトアルバムだと言いたいね。アルバムの部分部分で、例えば全てのダイソン球サーガ (ダイソン球とは、恒星を卵の殻のように覆ってしまう仮説上の人工構造物。恒星の発生するエネルギーすべての利用を可能とする宇宙コロニーの究極の姿) や、南極大陸の頭足類について扱ったアルバムクローサー、ラブクラフトについての楽曲やワイルドサイエンスのファンタジーを描いたタイトルトラックなど言ってみればアルバムの中に “コンセプトEP” をいくつか抱えているイメージだよね。
そういった EP が並立して存在し、哲学的なレベルにおいて僕たちはある観点や題材でそれらを繋げているんだよ。
このやり方はとても上手く機能したね。なぜなら、一方ではただのランダムな楽曲のコレクション以上の成果を残しながら、一方では5人のソングライターが前もって狭いストーリーラインに縛られることなく自分たちのストーリーを語る自由を与えることが出来たんだからね。
それに、僕がほとんどの歌詞を書いたんだけど、おかげで楽器のバリアを通しても筋道を失うことなくトピックやストーリーを保つことが出来たのさ。
要約すれば、”The Malkuth Grimoire” のメインテーマは、僕たちの世界の部品と粒子、つまり「古いレゴ」を並び替えて新たな世界を創生する可能性についての話だったね。”Liquid Anatomy” では、メインテーマが次の段階へと進んだんだよ。もし君が事象を直接操作して「新しいレゴ」、新しい物質、世界を創生出来るとしたら、我々自身と宇宙をどのように定義するかという全体のパラダイムはどう帰結するのだろう?
たとえばオープナーやタイトルトラックでは、このアイデアは僕たちの肉体に投影されるんだ。”Azagthoth” では、不確定性と不変性の原則をより形而上的または精神的なレベルで調査すると同時に、ブラックホールの物理現象を並行して描いているね。ダイソン球の楽曲 (“Interstellar Boredom” “Chaos Theory and Practice belong together”) では、星間空間の孤立と物理的存在の限界を緊急に打ち負かす必要がある高度な銀河文明の観点から、同様の原理を明らかにしているね。
そして最後に、”Rise of the Cephalopods” は地質学にインスピレーションを受けた大陸の葬儀のシナリオで、地質学的にも生物学的にも永遠の変化と変容が惑星の未来にまで及ぶ魅力的な進化の幻想を表現しているよ。つまり、この進化には非常に異なる知性が関わっているんだよ。

Q7: So, Christian, after recording the Obscura album Omnivium in 2011, you were diagnosed with focal dystonia. We, Japanese fans are really worried about your health. Are you OK now? So, actually I can’t believe your incredible performance in this record. How did you deal with technical issues due to health problem?

【CHRISTIAN】: Thank you! I’m also really happy with my performance on Liquid Anatomy and think this is my most fluent and natural playing ever since I started my recording career. I don’t really consider my focal dystonia so much like a health problem, as it does not really affect my life outside of guitar playing, even though that can be the case for some people. However, when having devoted the biggest part of your life to the mastery of your instrument and having it partly taken away due to a neurologic disorder this can be quite challenging to one’s spirit. It’s a fact though that I’ve been dealing with this disorder throughout the biggest part of my recording and touring career, cause even though I wasn’t properly diagnosed until 2011, I’ve already dealt with it since 2008 or 2009. By now it has simply become a part of me and it’s hard to remember the time when my fretting hand was working naturally and free. I have not recovered from the condition, but I can control it much better than ever before since the onset of the disorder and I’m finally able to do things again which I was not able to do for years and which I had to find work arounds for. I do a lot of movement based and body awareness therapy since 2012 and it has helped me a great deal to understand the reasons for the dystonia and what I can do in order to control or at times even prevent the symptoms. I also get Botox injections in the flexor muscles of my left hand middle finger twice a year and it helps quite a bit. In the first couple of years when it first started to spread I developed different techniques to be able to play the same note combinations I would play before, by incorporating more fingers of my fretting hand when doing legato and tapping stuff, and using more position shifts and slides with my left hand index finger or pinky in order to compensate for the loss of the use of my middle finger. Nowadays it’s a combination of compensation techniques and doing things the way I used to before the FD started. I actually do consider myself a much better guitar player nowadays than in my dystonia free days.

Q7: Christian は2011年に OBSCURA の “Omnivium” をレコーディングした後、局所性ジストニアと診断されましたね。日本のファンも非常に心配しています。体調はいかがですか? アルバムでは相変わらず驚異的なプレイを披露していますが、プレイスタイルをアジャストする必要はありましたか?

【CHRISTIAN】: ありがとう!僕も “Liquid Anatomy” でのパフォーマンスにはとても満足しているし、レコーディングを始めてから最も流暢で自然なギタープレイだと感じているよ。
僕はね、局所性ジストニアをあまり健康問題と捉えてはいないんだ。というのも、ギタープレイを除いては僕の人生に影響を与えている訳じゃないからね。この病気の誰もがそうではないと思うけどね。
だけど人生の大部分を捧げてマスターしてきた楽器を、神経伝達の問題で部分的にでも失ってしまうのは精神的にも実に厳しくチャレンジングな出来事だよ。ただ、実を言うとこの問題には僕のレコーディング、ツアーキャリア大部分で悩まされて来たんだよ。2008年、09年にはすでにこの問題と向き合っていたにもかかわらず、2011年まで適切な診断を受けることが出来なかったんだよ。
そして今では、シンプルに僕の一部となり、僕の手がフレッドボードを自然に自由に動いていたころを思い出すのが難しいくらいなんだ。回復はしていないんだけど、当初よりは上手く対処しコントロール出来るようになったね。そうして、ここ何年か出来なかったことが遂にまた出来るようになったんだよ。
2012年から受けているセラピーも助けになっているね。おかげで、ジストニアの原因を理解できるようになったし、症状をコントロールするために、あるいは症状を予防することにも大いに役立っているんだ。それに一年に2回、左手の中指の屈筋にボトックス注射も打っているんだよ。これもとても効果があるね。
病気になって最初の数年のうちに、以前に演奏していたのと同じ音符の組み合わせで演奏できるように、異なるテクニックを開発したんだ。レガートやタッピングの際に左手の指をもっと取り入れ、左手人差し指または小指のポジション移動やスライドを多用することで中指の損失を補うんだ。
今日では、ジストニアに侵される前の慣れ親しんだテクニックと、そういった代替のテクニックを組み合わせて使用しているね。そうして僕は実際、ジストニアに侵される前よりもさらに優れたギタープレイヤーになれたと考えているんだよ。

Q8: After keeping a distance from Necrophagist and Obscura, looking back now, what do you think about these band? Will Necrophagist not make an album anymore?

【CHRISTIAN】: Even though I didn’t realize it back then, it was quite a privilege to have played on Epitaph and having been a part of that band, all the personal problems that happened aside. I think that album had a huge impact on the metal scene as we have it today, it inspired a whole new generation of guitar players and literally thousands of bands who play a similar style and actually brought an interest to virtuoso playing within the extreme metal community. And although I find the music quite one dimensional in terms of the harmonic vocabulary being used and the lack of interesting chord progressions and colourful tonalities does bother me, I have to admit that Suicmez created something very unique that no one else has done before. I have been out of touch with Muhammed for over 12 years now, but I don’t think there will ever be a new album, from what I have heard he is not an active musician anymore.
As for Obscura, I do believe that the success that we had with this band was mostly possible due to what we had built up with Necrophagist and we benefitted from the fact that they were not really active and releasing new material anymore, so we came right in to fill the void so to say. We brought a bit of a more melodic element to that style and were able to incorporate more outside influences which made it more interesting and fulfilling for me as a musician back in the day. All in all that band was a lot more fun and rock’n’roll and I think back of many of the tours we played with joy, but it came to a point when we had different musical visions and also ideas of how the band should be run and what to set the priorities on so that I could not really identify with the band anymore. I did not really follow up on their new material.

【HANNES】: I haven’t spoken with anybody in Necrophagist since 2007. So I have no idea if that band still exists. Obscura is still active. I must say that I liked them better when I was part of the band, but that’s probably not a big surprise, haha. But most of the so-called Tech Death Metal bands I find very boring, because the songs often have ten thousand fills and artificial breaks, while most melodies don’t go anywhere and thus the songs have little suspense. Not my cup of tea to be honest. On their newest album Obscura at least do it slightly better than the average tech band.

Q8: Hannes と Christian は NECROPHAGIST, OBSCURA のメンバーだった訳ですが、改めてあの時代を振り返って今思うことを話していただけますか?

【CHRISTIAN】: その当時は感じていなかったんだけど、今となっては “Epitaph” でプレイし、NECROPHAGIST の一員だったことはとても誇らしく特別だと思うよ。全ての個人的な問題は置いておいてね。
あのアルバムはメタルシーンに莫大なインパクトを与えたし、今でもそうだと思っているよ。新世代のギタープレイヤー全体、そして同じようなスタイルを志す文字通り幾千のバンドをインスパイアしたんだよ。事実、エクストリームメタルで名手がプレイするスタイルに光を当てた訳だからね。
ハーモニックなボキャブラリーが使用され、興味深いコード進行やカラフルなトーナリティーを欠いた、一次元的な音楽には飽き飽きしていたんだけど、Suicmez がとてもユニークで未踏の領域を開拓したことは認めるべきだろうね。
もう彼とは12年も連絡を取っていないんだけど、NECROPHAGIST のニューアルバムが出ることはないと思うよ。聞いた話だと、彼はもうミュージシャンとして活動もしていないみたいだからね。
OBSCURA に関してだけど、あのバンドでの成功は多くが NECROPHAGIST で僕たちが築き上げた成果に寄ると信じているんだ。当時彼らは活動もほとんどしていなくて、新たなマテリアルも出していなかったんだから、言うならば僕たちが寄与して穴を埋めたと言えるんじゃないかな。
僕たちはあのスタイルによりメロディックな要素を持ち込んだよね。それに外からの影響も取り込んでより興味深く、ミュージシャンとして満足のいく成果を出すことが出来たね。
概して NECROPHAGIST よりも OBSCURA の方がだいぶ楽しくて、ロックンロールだったね。多くのツアーを思い返しても楽しくプレイしていたと思うな。ただ、ある時期に差し掛かった時、僕たちは異なる音楽的なビジョンを持ち、バンド運営のアイデアやプライオリティーの所在についても異なる意見を持つようになってしまったんだ。だからそれ以来あのバンドは追っていないし、新作も全然聴いていないんだよ。

【HANNES】: NECROPHAGIST のメンバーとは 2007年以来誰とも話していないんだ。だからあのバンドがまだ存在するのかも知らないんだよ。
OBSCURA はまだ活動しているね。一つ間違いないのは、あのバンドに居た時の方が彼らを好きだったということだね。当たり前だけど(笑)
ただ、ほとんどのテクデスバンドは僕にとってとても退屈なんだよ。楽曲には一万ものフィルイン、人工的なブレイクが散りばめられる一方で、メロディーの大半はどこにいったのか分からない始末でしょ?楽曲にほとんどサスペンスがないんだよ。正直、僕の好みではないね。
そう考えると、OBSCURA の新作は少なくとも平均的なテクデスバンドより少しはマシだったね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MOREAN & CHRISTIAN ‘S LIFE

YES “90125”

SLAYER “HELL AWAITS”

FIELDS OF THE NEPHILIM “ELYZIUM”

MORBID ANGEL “COVENANT”

MANOLO SANLUCAR “TAUROMAGIA”

(MOREAN)

CRIMSON GLORY “TRANSCENDENCE”

APOCRYPHA “THE FORGOTTEN SCROLL”

MERCYFUL FATE “MELISSA”

RUNNING WILD “PORT ROYAL”

TONY MACALPINE “EDGE OF SANITY” / VINNIE MOORE “MIND’S EYE” / JOEY TAFOLLA “OUT OF THE SUN” (TRILOGY FOR HIM)

(CHRISTIAN)

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you so much for checking us out! We hope you like what we offer, and we’d be over the moon to get to play in Japan one day; it’s a dream for all of us. And if that ever happens, I’ll have to postpone my return trip for at least a few weeks because going to Japan and not visiting Hokkaido and at least a few of the other nature landmarks in your amazing country would be a real waste! So here’s us keeping our fingers crossed… and until then, thank you for your support, and hope to see you soon! (MOREAN)

I really hope that we will play in Japan with Alkaloid sometime soon. I’ve toured in Japan 3 times now, and it is my favourite country in the world to play, every time these were my favourite concert experiences ever. I love the Japanese metal fans and I’m obsessed with all things Japan, the people, the culture, the food, the anime shows, the metal bands (I LOVE Galneryus, Versailles, X Japan, Loudness, Concerto Moon and so many more), I really hope we can take the trip with Alkaloid. (CHRISTIAN)

ALKALOID をチェックしてくれてありがとう!新作を気に入ってくれたら嬉しいな。日本でプレイ出来るなら月だって超えて行くよ。来日公演は僕たち全員の夢なんだ。
もし来日が実現したら、帰りの飛行機を何週間か延ばさなければならないだろうね。なぜなら、日本に行って北海道や素晴らしい自然のランドマークを訪れないなんて本当にあり得ないからね!
だから、本当に祈っているよ…その日が来るまでね!サポートをありがとう。きっとすぐに会えるよ!(MOREAN)
近い将来、 ALKALOID で日本へ行きたいと切望しているよ。これまで僕は3回日本ツアーを経験しているんだけど、世界で最もプレイするのが好きな場所だよ。日本へ行く度に最高のコンサート体験が増えていくんだからね。
日本のメタルファンを愛しているし、人、文化、食事、アニメなどすべてに魅了されているよ。もちろん、日本のメタルバンドもね。
僕は GALNERYUS, VERSAILLES, X JAPAN, LOUDNESS, CONCERTO MOON といったバンドの大ファンだからね。本当に ALKALOID で行きたいね。(CHRISTIAN)

ALKALOID

ALKALOID Facebook Page
ALKALOID Bandcamp Page
ALKALOID Official Site
SEASON OF MIST Facebook Page
SEASON OF MIST Official Site
日本盤のご購入はこちら。Marquee/Avalon

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RIOT V : ARMOR OF LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK LEE OF RIOT V !!

28058994_10156239178579914_6586146902039305188_n

The Pride of NYC, Legend of Metal History, Riot V is Still Alive And Kickin’!! “Armor Of Light” Unites Their Early Hard Rock Sounds With The Magic Of Power Metal ! Shine on!

DISC REVIEW “ARMOR OF LIGHT”

不撓不屈の不沈獣、終天のメタルウォーリアー RIOT V が、ハードロックの血潮とパワーメタルの魔法を等しく装填した光の英雄譚 “Armor of Light” をリリースしました!!メタルの教科書 “Thundersteel” 30周年に刻む新たな闘志の刻印は、40年のキャリアで通過した嵐、凪、そして帰天まで全ての逆境を力に変える躍動と眩耀に満ちています。
ブラックビューティ、黒のレスポールを抱えて独特の艶美な憂いと異国の薫りを奏でた Mark Reale はまさにバンドの心臓でした。2012年、Mark の逝去を受けて RIOT の存続を信じたファンは決して多くはなかったはずです。しかし絶佳なる遺言 “Immortal Soul” “不滅の魂” に Mark が刻んだ通り、バンドが立ち止まることは決してありませんでした。
70年代に生を受け、英国ハードロックにアメリカンな風を吹き込んだ RIOT のターニングポイントは徹頭徹尾パワーメタルへと変貌を遂げた “Thundersteel” だったと言えます。そして類稀なる鋼鉄の “道標” リリース時のベーシスト Don Van Stavern と、89年に加入して以降、Mark と共に流麗なツインリードでクラシカルオリエンタルのカタルシスを提供し続けたトリッキーなギターの名手 Mike Frintz は英雄抜きでバンドの存続を決断します。
MOON TOOTH でモダンなヘヴィープログレッシブを追求する Nick Lee、Tony Moore をフレキシブルに進化させた Todd Michael Hall、VIRGIN STEEL のダイナモ Frank Gilchriest を加えて2014年に日本以外では RIOT V の名でリリースされた復活作 “Unleash the Fire” には確かに Mark の魂が深く宿った鎮魂の焔でした。そして完全に RIOT V 名義でリリースされた “Armor of Light” は亡きギタリストと共に歩む新たなる歴史の幕開けです。
IRON MAIDEN の “Trooper” をイメージさせるエナジーに満ちた勝利のギャロップ “Victory”、ボーカル/ギターハーモニーが正しい場所に正しく配置されたウルトラキャッチャーで由緒正しき哀愁の”リアリズム” “End of the World”、”Thundersteel” のスピードデーモンに真っ向から立ち向かう “Messiah”。オープニングの三連撃はまさにアザラシ無双。KORN の最新作等でエンジニアを務めた Chris “The Wizard” Collier を得て SABATON にも匹敵する現代的なメタルプロダクションを纏った RIOT V は、目まぐるしくもダイナミックなパワーメタルの大斧で作品の冒頭を切り裂きます。
一方で、「Mike と Donnie は Mark の遺産を称えながら素晴らしい仕事を果たしていると思うな。楽曲やリフ、メロディーの中に初期 RIOT のハードロックサウンドと、後期のパワーメタルサウンドをミックスしながらね。」と Nick が語るように、新生 RIOT V の肝は初期と後期の融合。右手にパワーメタルの斧を握りしめ、左手にハードロックのシールドを携えたジョニーの勇姿はさながら無敵の獣神。
奇しくも今年は JUDAS PRIEST の “Firepower”、SAXON の “Thunderbolt”、そして RIOT V の “Armor of Light” と長年メタルを支え続けたベテランが、初期のキャッチーなハードロックテイストをナチュラルに復刻し復活の狼煙を上げています。
実際、後期 RAINBOW を彷彿とさせるロマンティックな “Burn the Daylight”、THIN LIZZY の美学を受け継ぐ神秘的な “Set the World Alight”、初期の RIOT らしいブルーズな響きとホーンセクションが溶け合った “Caught in the Witches Eye” など作品にはオーガニックでユーティリティーな色彩が調和し魅惑のコントラストが渦巻いているのですから。
それにしても、威風堂々の新たなアンセム “Angel’s Thunder, Devil’s Reign” や “Heart of Lion” を聴けば、ツインリードとボーカルハーモニーに加えて、リズムを捻ったクールなキメフレーズの数々がバンドのトレードマークであることを改めて再確認できますね。
後期 RIOT のアイデンティティーともなった、フォークトラッド、クラシカル、ケルトの響きを堪能できるドラマティックな “San Antonio” や “Ready to Shine” も出色の出来。そうしてアルバムは瑞々しい “Thundersteel” の再創生で大円団を迎えます。
まさに珠玉の逸品。今回弊誌では、バンドのレガシーを受け継ぐギタリスト Nick Lee にインタビューを行うことが出来ました。意外にも Sargent House の作品が並ぶプレイリストにも注目です。「アザラシのパワーを感じるんだ!」弊誌2度目の登場。どうぞ!!

28168098_10156239163414914_5425781835158314507_n-2

RIOT V “ARMOR OF LIGHT” : 10/10

INTERVIEW WITH NICK LEE

Riot_V_-_Nick_Lee_–_Headbangers_Open_Air_2014_02

Q1: First of all, how was the “Thundersteel 30th Special in Japan” in March? Actually, the title track “Thundersteel” is re-recorded in your new record. What’s the album “Thundersteel” to you?

【NICK】: The Anniversary shows were amazing! Both nights where really special and it was really cool to not only play the entire Thundersteel album but also debut two new songs from our new album Armor of Light. The Japanese fans are always so courteous and amazing and the Japanese stage crews are always the absolute best!
Yes we did a fun modern spin on the song as a bonus track for the new album ‘Armor of Light’. Thundersteel is the best and most important power metal record in history, hands down! And it is the record I spent the most time with getting ready for my first shows with Riot V back in 2014.

Q1: まずは、3月に日本で行われた “Thundersteel 30th Special in Japan” の感想から聞かせていただけますか?新作でも名曲 “Thundersteel” が再録されていますか、あのレコードはあなたにとってどのような意味を持つのでしょう?

【NICK】: あのアニバーサリーショウは素晴らしかったね。両日とも本当に特別な夜になったよね。ただ “Thundersteel” の完全再現を行うだけじゃなくて、新作 “Armor of Light” から2曲を初披露出来たのも実にクールだったからね。日本のファンはいつだってとても親切で最高だし、ステージクルーも間違いなくベストだね!
うん、僕たちは “Thundersteel” に楽しくモダンな感覚を与えて新作にボーナストラックとして収録したんだ。”Thundersteel” というアルバムは、メタル史において最高で最も重要なパワーメタルレコードなんだよ。疑いようもなくね!それに、2014年に僕が RIOT V に加入して最初のショウのために最も聴き込んだ作品でもあるね。

Q2: Six years have passed since Mark Reale passed away. You joined in the band as a successor of him and have played in the band five years. So. when you played the songs he wrote in this past 5 years, have you reconfirmed the wonderfulness of his composition, melody and legacy?

【NICK】: To be clear, Mike Flyntz really assumed Mark Reale’s role in the band, taking his leads and his parts. I took Mike’s parts when I joined the band in 2014. While I write my own guitar solos and I contribute ideas where I can, the bulk of the music is written by Donnie and Mike. I think they do an incredible job of honoring Mark’s legacy and including songs, riffs, and melodies that honor both the early Riot hard rock sound and the later power metal sound,

Q2: バンドの中心人物だった Mark Reale が亡くなってもう6年になりますね。あなたは彼の後任としてバンドに加入したわけですが、実際に RIOT V として活動を続ける中で Mark Reale のコンポジションやメロディーの素晴らしさを再確認することもありそうですね?

【NICK】: 一つ明らかにしておきたいのは、Mike Flyntz がバンドの中で Mark Reale の役割を引き継いでいるんだよ。Mark のリードやパートをね。だから2014年に加入した時点では、僕は Mike のパートを担当したことになるね。
そうして、創作活動に入っていく中で僕は自分のギターソロを書いて、可能な限り楽曲のアイデアを出しているんだよ。もちろん、音楽の大部分は Donnie と Mike が書いているんだけどね。
彼らは Mark の遺産を称えながら素晴らしい仕事を果たしていると思うな。楽曲やリフ、メロディーの中に初期 RIOT のハードロックサウンドと、後期のパワーメタルサウンドをミックスしながらね。

Q3: As a guitar player, what’s the difference between you and Mark Reale or Mike Frintz?

【NICK】: I aspire one day to be able to write guitar solos like Mark and Mike can. I’ve learned a lot from studying them and learning from Mike my whole life but I am still blown away by the world class caliber of their solos. I think I bring something new to the table because I grew up more influenced by thrash metal, death metal, sludge, punk, and noise rock. I like to think I bring a heavier, rhythm-focused intensity to the band.

Q3: Mark や Mike と比較して、あなたはどんなギタープレイヤーなのでしょう?

【NICK】: 僕はいつか Mark や Mike のようにギターソロを書きたいと切望しているんだよ。彼らのプレイを学ぶことで本当に沢山のことを吸収したし、Mike はギターの先生でもあったから人生の全てまで学んだ感じだね。今でも彼らのワールドクラスで熟練したソロを聴けばぶっ飛ぶしね。
ただ、僕は新たな風をバンドにもたらしていると思うんだ。というのも、僕は世代的によりスラッシュメタル、デスメタル、スラッジ、パンク、ノイズロックに影響されて育ったからね。だからよりヘヴィーでリズムにフォーカスしたインテンスをバンドにもたらしていると思うんだ。

Q4: OK, let’s talk about your newest record “Armor of Light”. Definitely, it’s new masterpiece not only for Riot V, but also entire metal scene. What made you choose this title for the album? Is there any concept or lyrical themes?

【NICK】: Thank you! Donnie came up with the name. I think it ties in with the “shine on” slogan that the band has used from the early days. There is not one lyrical theme but many. There are songs about real events in history, fantasy, and plenty about battling for what is right no matter what the cost!

Q4: では、最新作 “Armor of Light” について話しましょう。間違いなくバンドの、そしてメタルシーン全体の新たなマスターピースとなりましたね。まずはタイトルや歌詞のテーマについて教えていただけますか?

【NICK】: ありがとう!Donnie がタイトルを思いついたんだけど、”Armor of Light” とはバンドの象徴であり初期から使用している “Shine On” スローガンと結びついているんだよ。
歌詞のテーマは様々な話題に及んでいるよ。歴史上のリアルな出来事からファンタジーまで、多くの場合何を犠牲にしても正しさのために戦うことについてさ。

RiotV-Featured

Q5: Off course, Riot V is very popular in Japan. But also, “Johnny” is big name in our country, haha. This time, Johnny armed and ready with iron shield and massacre. Also, we are really surprised at lot’s of Johnny in the artwork. Johnny isn’t only one character, right?

【NICK】: The seal-man’s real name is The Mighty Tior but people call him Johnny because Riot has a running saga of songs about a soldier named Johnny so people sometimes call him Johnny. I love the seal! People are always asking me what that’s all about but I think it’s the most recognizable and original band mascot in metal! Feel the seal power!!!

Q5: もちろん、RIOT V は日本で絶大な人気を誇りますが、バンドの名物キャラクター “ジョニー” も同様にビッグネームだと言えます。(笑)今回彼は鉄のシールドと斧で武装していますが、驚くことにアートワークには様々なジョニーが出現していますね?ジョニーは多数存在するのですか?

【NICK】: あのアザラシ男の本名は “The Mighty Tior” (バンドのローディーだった Mike “Mighty” Tior から命名されたよう) って言うんだけどみんなは彼をジョニーと呼ぶね。なぜなら RIOT はジョニーという戦士のサーガを綴ってきたから、時に混同してジョニーと呼んでしまうんだね。まあとにかく僕はこのアザラシが大好きなんだ!
みんなはいつも僕に、あれはいったい何なんだい?って聞くんだけど、彼こそがメタルで最も認知されていてオリジナルなバンドのマスコットに違いないでしょ?!アザラシのパワーを感じるんだ!!!

Q6: Songs like “Heart of Lion”, “Burn the Daylight” and “Set the World Alight” have more progressive, complex phrases than Riot’s previous works, I feel. Your another band Moon Tooth has more progressive aspects, so I think these songs may have your inputs. How was the writing process?

【NICK】: With this album I got to influence some of the riffs a little more. I took a few riffs and made them crazier! Like the one in Heart of a Lion I changed a bit to add all the pull-offs and flashiness. I just think sometimes it’s more fun to play and to listen to if it’s challenging musically. I always want to push myself to be a better player so my way of doing that is writing riffs that are hard are next to impossible to play so I HAVE to practice! The other songs you mentioned were all Flyntz! Him and Donnie wrote some insane riffs for this one!

Q6: “Heart of Lion”, “Set the World Alight” といった楽曲では普段の RIOT よりもプログレッシブで複雑なフレーズが聴けるように思います。あなたの別バンド MOON TOOTH はプログレッシブなバンドなので、あなたのインプットがあったのではと推測しますが。

【NICK】: このアルバムで僕が、いくつかのリフに影響を及ぼしたのは確かだね。よりクレイジーに変更を施したんだ!その内の一つが、君の指摘した “Heart of Lion” だね。僕が少し変更を行い、全てのプリングオフとフラッシーな感覚を加えたんだよ。
僕は、音楽的にチャレンジングな方が、ただ時にはプレイするのも聴くのもより楽しいだろうと思うだけなんだけどね。いつだってより良いプレイヤーになるため自分をプッシュしているんだ。僕のやり方は、難易度が高くほとんどプレイが不可能なリフを書くことなんだけどね。だから練習しなきゃ!
他に君が言及したリフは全て Flyntz 流さ!彼と Donnie がこのアルバムに狂気のリフを用意したんだよ。

Q7: With Chris “The Wizard” Collier, production is so polished and become modern. It seems one of the big difference between Riot and Riot V. Do you agree that?

【NICK】: I think that Immortal Soul’s production was very modern sounding but beyond that album, you are correct. It was important that this record sounded modern, intense, and in your face so it kind of forced you to sit down and listen. Some people will prefer the classic, organic sound and I think Riot V should try that again in the future but I also think Armor of Light needed to be recorded and produced the way it is. It just made sense for the band right now.

Q7: Chris “The Wizard” Collier をプロデューサーに起用することでサウンドは磨き上げられモダンな薫りを帯びました。RIOT と RIOT V の違いはそういった部分にもありそうですね?

【NICK】: 僕は “Immortal Soul” のプロダクションはとてもモダンなサウンドだったと思うんだけど、あの作品以外で言えば君は正しいね。このレコードのサウンドをモダンでインテンスに満ち、大胆不敵にすることは重要だったんだよ。そうすることで、リスナーを惹きつけることが出来るからね。
もちろん、クラッシックでオーガニックなサウンドを好むリスナーもいる訳で、RIOT V は将来的にはまたそういったサウンドに回帰するべきだとも思うんだけどね。ただ、”Armor of Light” はこういったモダンなサウンドで録音されプロデュースされる必要があったんだ。今現在の、バンドの存在意義を映し出すためにね。

Q8: Also, you seem to making new Moon Tooth record. Could you tell us about that?

【NICK】: We are almost done recording our second LP, and the follow up to 2016’s ‘Chromaparagon’. We worked with two producers who were in or worked with bands we totally idolized growing up so it’s been an amazing process so far. The album is a huge step in a stronger, more mature direction for all of us as musicians and songwriters. We did preproduction with those producers in Virginia and we have done most of the tracking at our drummer Ray’s own Westfall Recording Company here on Long Island, NY where we live. By June we’ll be shopping it to labels and we’ll soon be releasing details and eventually songs but for now it’s still a secret! Keep an eye out for it!

Q8: MOON TOOTH の新作もレコーディングを行なっているようですね?

【NICK】: 2016年のデビュー作 “Chromaparagon” に次ぐセカンドアルバムのレコーディングはほぼ完了しているんだ。2人のプロデューサーを起用したんだけど、彼らは僕たちが完全にアイドル視して育った人物だから、今のところ素晴らしいプロセスだと言えるね。
このアルバムはミュージシャン、ソングライターとしての僕たち全員がより強くなり、成熟するための大きなステップだと思う。彼らとのプレプロダクションはヴァージニアで行い、トラッキングの大半は僕たちの住むニューヨーク、ロングアイランド、僕たちのドラマー Ray が所有する Westfall Recording Company で行ったんだ。6月にはレーベルに提出し、それからすぐに詳細を公開して楽曲を披露していこうと思っているよ。今のところは秘密だけどね!新作の情報から目を離さないで欲しいね!

21752332_10155823071599914_2637784197722952149_n

NICK LEE’S PLAY LIST

YASHIRA “SHRINE”

a2496524348_16

CHELSEA WOLFE “HISS SPUN”

220px-Hiss_Spun-CW

DYLAN CARLSON “CONQUISTADOR”

105557

SLEEP “THE SCIENCES”

220px-The_Sciences_(2018)

MELVINS “PINKUS ABORTION TECHNICIAN”

Melvins-pinkus-abortion-technician

MESSAGE FOR JAPAN

riot-v

Thank you for being kind to me and welcoming me into the Riot family. Thank you for keeping Riot alive for so long! We love you!

僕に親切にしてくれて、RIOT ファミリーの一員として迎えてくれてありがとう!RIOT がこれだけ長く続いているのは君たちのおかげだよ!愛しているよ!

Nick Lee

RIOT V Facebook Page
RIOT V Official Site
NUCLEAR BLAST Facebook Page
NUCLEAR BLAST Official Site
MOON TOOTH Facebook Page
“ARMOR OF LIGHT” 日本盤ご購入はこちら。WARD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RIVERS OF NIHIL : WHERE OWLS KNOW MY NAME】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ADAM BIGGS FROM RIVERS OF NIHIL !!

27629412_10155570961834317_1067238401963773275_o

Pennsylvania Based Progressive Death Metal Quinted, Rivers Of Nihil Contribute To Re-branding Death Metal Into A Eclectic, Expressive Art-form With Incredible New Record “Where Owls Know My Name” !!

DISC REVIEW “WHERE OWLS KNOW MY NAME”

遂に食物連鎖の頂点へと躍り出たペンシルベニアの梟神 RIVERS OF NIHIL が、深遠かつエクレクティックなプログレッシブデスメタルへとドラスティックな変貌を果たす傑作 “Where Owls Know My Name” をリリースしました!!生と死、そして知性を司る伝承の神明は、猛禽の鋭さと神々しきアトモスフィアでシーンの潮流を支配します。
テクニカル、メロディック、デスコア、ブルータル。雨後の筍のごとく現れるデスメタルアクトの大半は、エモーションのスペクトルを怒りに起因する狭い領域へとフォーカスし、ある意味では檻の中で固定観念と共に囚われているようにも思えます。
「この作品では、僕たちが期待されているようなサウンドを放棄した。」と Adam が語るように、RIVERS OF NIHIL が “Where Owls Know My Name” で達成した偉業は、真にユニークな感性で鋼鉄の慣習から羽ばたいたその勇気にあると言えるでしょう。
多様で創造性に満ち、複雑でしかし凄艶な星の一生を目撃するサイエンスフィクションは、数年前に FALLUJAH がアトモスフィアと共に導入したジャンルのパラダイムシフトをも超越し、さらに時空を行き来するタイムマシンなのかも知れませんね。
アルバムオープナー “Cancer / Moonspeak” は来たるべき運命、旅路のムードを決定づけます。まるで CYNIC のような浮遊するアンビエントは、アコースティックの響き、レトロなシンセ、ムードに満ちたクリーンボイスを伴ってリスナーを深遠なるストーリーへと誘います。
刹那、雷鳴のように鋭利なギターリフが轟くと雰囲気は一変。革命的な “The Silent Life” がスタートします。揺るぎのない無慈悲なアグレッションとインテンスは、徐々に理知的なギターと官能のサクスフォンが支配するスロウなジャズブレイクへと転換していきます。その変化は驚くほどにナチュラルでオーガニック。そうして静と動、混沌と平穏のコントラストは終盤に向けて奇跡の融解を遂げるのです。まるで人生本来の姿を描くかのように。
CANNIBAL CORPSE と KING CRIMSON が果たした未知との遭遇。例えることは容易いですが、実際、獰猛な猟奇性と神々しき英知を寸分も失うことなく一つのサウンドクラフトに収めることがどれほど困難かは想像に難くありません。何より彼らのデザインはあまりに自然で、神々の創造物のように生き生きとした姿を晒しているのですから。
厳かなクリーンボーカルを導入し、モダンなメロディックデスメタルにサイケデリックな夢幻のアトモスフィアを付与した “A Home”、激烈なアサルトに一片の叙情を込めて老衰の無常を伝える “Old Nothing” を経て辿り着く “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)” はアルバムのハイライトだと言えるでしょう。
“Epitaph” を思わせる悲壮なアコースティックをイントロダクションに据えた8分30秒のエピックは 「KING CRIMSON は僕のオールタイムフェイバリットバンドなんだよ。」と Adam が語る通りクラッシックなプログロックの息吹を全身に宿した濃密な叙情のスロウダンス。ソフトでエレガントな繊麗と、野蛮で蒼然としたアグレッションは、ギターやサクスフォン、オルガンのトラディショナルで大胆ななソロワーク、プログロックのダイナミックな変拍子やシーケンスを抱きしめながら、詩情と偉観そして奇妙なカタルシスを伴って文明の移り変わりを描く壮大なマグナムオパスを形成するのです。
一方でこの大曲には、djenty なリフワークやシンフォブラックの狂騒などコンテンポラリーな一面も散りばめられており、幽玄なクリーンボイスが創出する崇高美とも相俟って、もしかすると NE OBLIVISCARIS が纏う神秘ともシンクロしているのかも知れませんね。
続くインストゥルメンタル “Terrestria III: Wither” では、情景を切り取るポストロックのデザインを導入し、コンテンポラリーなエレクトロニカやアンビエント、インダストリアルノイズのキャンパスに冷徹かつ耽美な絵巻物を描いてみせるのですから、バンドのエクレクティックな感性、タイムラインの混沌には驚かされるばかりです。
アルバムは、バンドの審美を全て詰め込んだタイトルトラックで再度サクスフォン、ヴィンテージシンセ、クリーンボイスの温もりを呼び起こし作品のコアを認識させた後、ダークなギターがメロトロンの海を切り裂く “Capricorn / Agoratopia” で荘厳にリリカルに、一握りの寂寞を胸に秘め星の死を見届けながらその幕を閉じました。
今回弊誌では、ベース/クリーンボーカルを担当する Adam Biggs にインタビューを行うことが出来ました。まさにメタルとプログのタイムラインに交差する異形のランドマーク。モダン=多様性とするならばこの作品ほど “モダン” なスピリットを抱いた奇跡は存在しないでしょう。ex-THE FACELESS の Justin McKinney、BLACK CROWN INITIATE の Andy Thomas もゲストとして素晴らしい仕事を果たしています。どうぞ!!

29512579_10155704433204317_8025556343368814659_n-2

RIVERS OF NIHIL “WHERE OWLS KNOW MY NAME” : 10/10

INTERVIEW WITH ADAM BIGGS

30571291_10155758717264317_9042077928237563904_n

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about you and band itself? What kind of music did you listen to, when you were growing up?

【ADAM】: I’m Adam Biggs, I play bass, write lyrics and do vocals for Rivers of Nihil. The band got started in Reading, Pennsylvania in 2009, we got signed to Metal Blade records in 2012 and we’ve been touring and putting out records ever since.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたのバックグラウンドからお話していただけますか?

【ADAM】: 僕は Adam Biggs。RIVERS OF NIHIL でベースをプレイし、歌詞を書いてボーカルも担当しているんだ。バンドは2009年に、ペンシルベニアのレディングで産声をあげたんだ。2012年に Metal Blade Records の契約を得て、以来ツアーとリリースを続けているよ。

Q2: What inspired you to start bass guitar or vocal? Who was your musical hero at that time?

【ADAM】: It’s hard to say really, I only barely knew what a bass was when I started playing. I got my first bass as a Christmas gift so I started looking more into the instrument then.
I think the first bassists I was really aware of were Feildy from Korn and Les Claypool, so I really wanted to emulate those styles. A little later on I discovered Cannibal Corpse and Alex Webster and that really set things off for me in a positive way.

Q2: では、ベースやボーカルを始めたきっかけや当時のヒーローについて教えていただけますか?

【ADAM】: その質問に答えるのはなかなか難しいね。というのも、僕はベースを始めた時、ベースという楽器についてほとんど何も知らなかったんだから。実は最初のベースはクリスマスプレゼントだったんだ。そして、そこからこの楽器について学んでいったんだよ。
最初に気になったベーシストは、おそらく KORN の Feildy と、PRIMUS の Les Claypool だったと思うんだ。だから、彼らのスタイルに匹敵するようなプレイをしたいと思っていたね。そらから少しして、CANNIBAL CORPSE の Alex Webster を発見したんだ。そしてその発見がポジティブな意味で、僕に火をつけたと言えるね。

Q3: How did the band come to be? What’s the meaning behind your band name “Rivers of Nihil”?

【ADAM】: The band, originally, was sort of a combination of members of a few bands from our area. We decided we wanted to take Music more seriously than a lot of our local peers at the time, so we put together a sort of “best of the best” of local metal talent, and thus Rivers of Nihil was born. The name was created by our vocalist and it sort of represents a “flow into nothingness”.

Q3: RIVERS OF NIHIL というバンド名にはどのような意味が込められているのでしょう?

【ADAM】: このバンドはもともと、僕たちの住むエリアでいくつかのバンドのメンバーが集まってプレイしていたところから始まったんだ。そこから、僕たちはその当時のローカルな雰囲気から脱して、より音楽をシリアスな段階へ進めようと決めたんだよ。だから、ペンシルベニアのメタルシーンで最強メンバー、メタルタレントを選りすぐって、RIVERS OF NIHIL が生まれたんだよ。
RIVERS OF NIHIL “虚無の川” というバンド名は、ボーカリスト Jake Dieffenbach が生み出したんだけど、”空虚へと流れ注ぐ” といった状態を表現しているんだよ。

Q4: So, let’s talk about your newest record “Where Owls Know My Name”. Actually, I really love your two previous albums, but I feel this one is your next stage. Definitely, it’s your milestone, I think. In the writing, recording process, how have you evolved or changed from your previous release?

【ADAM】: I think the major thing we accomplished with this record is we just sort of abandoned our expectations of what we’re supposed to sound like. We definitely didn’t want to feel pigeonholed into being a “technical death metal” band anymore, or at least not strictly that. We have a wide variety of music we enjoy as people, more things influence us than metal and we wanted to make “Where Owls Know My Name” really represent us in that way.

Q4: では最新作、”Where Owls Know My Name” について話しましょう。過去のレコードも良い作品でしたが、このアルバムは完全にネクストステージへと到達していますね?

【ADAM】: 僕たちがこのレコードで主に達成したのは、僕たちが期待されているようなサウンドを放棄したことだけだと思うんだ。間違いなく僕たちは、”テクニカルデスメタル” バンドみたいに狭い領域のレッテルを貼られたくはなかった訳だよ。少なくとも厳密にそう区別されたくはなかったんだ。
リスナーとしての僕たちは、幅広い音楽的な背景を持っていて、メタルよりも多くの影響を咀嚼して来ている訳さ。だから、”Where Owls Know My Name” ではそういった自分たちのありのままの姿を表現したかったんだ。

27747946_10155570961704317_882852906435289833_o

Q5: It’s not big secret, Rivers of Nihil have a main theme about life and death. In the Ancient Greece, Owl is a symbol of Wisdom, and in Japan, Owl is a symbol of Death. Anyway, could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【ADAM】: The story of the album follows the last intelligent being on Earth, who has walked for a millennia watching the world die around him. And, to be the sole intelligent witness of the death of the planet. This story, however, is sort of just an emotional framework for what’s going on in these songs. Really, there are a lot of very personal feelings being expressed in the album. It has a lot to do with getting older and feeling the world around you become unrecognizable, and maybe even becoming unrecognizable yourself.

Q5: 日本でフクロウは “死” の象徴で、古代ギリシャでは “知性” の象徴でした。RIVERS OF NIHIL の扱うビッグテーマが “生と死” についてであることは明らかですが、今回特にフォーカスしたコンセプトについてお話していただけますか?

【ADAM】: アルバムの物語は、地球上に残る最後の知性を持つ生物を主人公として追っているんだ。彼は何千年もの間、世界が彼の周りで滅ぶのを見ながら歩み続けて来たんだよ。そうして星の死を見届ける運命を背負っているんだよ。
だけどね、この話は、アルバムの楽曲で何が起こっているのかを写す感情的な枠組みのようなものなんだ。 アルバムには、本当に、非常に個人的な感情がたくさん存在しているんだからね。
そういった感情は、年を重ねる事ととても関係していてね。歳を取ると、周りの世界が認識できなくなり、遂にはきっと自分自身も認識できなくなってしまうんだよ。

Q6: I really surprised about songs like “The Silent Life” “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)”. Actually, there is no band who mixed death metal and prog such a natural way! OK, maybe most of music fans remind King Crimson from the songs and saxophone sound. Have you influenced by such a prog giants?

【ADAM】: Absolutely, King Crimson is my favorite band of all time. We (particularly Brody and myself) are huge classic prog fans. Influence from Crimson, Floyd, Genesis, and Yes really seeped into our minds while writing this one. But yes, it was always very important to us to include these influences naturally and not make them feel shoehorned into our sound. The emphasis is still heavily on the songcraft.

Q6: “The Silent Life” “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)” といった楽曲には本当に驚かされましたよ。デスメタルとプログロックをこれほどナチュラルに融合させたアーティストは、あなたたちが初めてでしょうね。今回、KING CRIMSON をはじめとするプログロックの巨人は大きなインスピレーションの源だったと言えますか?

【ADAM】: 間違いないね!KING CRIMSON は僕のオールタイムフェイバリットバンドなんだよ。僕たちは、まあ特に Brody と僕なんだけど、クラッシックなプログロックの大ファンなんだ。KING CRIMSON, PINK FLOYD, GENESIS, そして YES からの影響はこの作品を書いている間中、僕たちの精神に浸透していたんだよ。
それに、うん、君が言うようにそういったプログロックの影響を自然に取り入れることは、僕たちにとってとても重要だったんだ。無理矢理サウンドに組み込むのではなくね。それでもソングクラフトの中でしっかりと強調されているんだよ。

Q7: Speaking of Saxophone, the instrument and clean vocal is kind of “Key” elements of the album. Do you agree that? What’s these elements to you?

【ADAM】: To me, honestly, they just feel like added pieces of the production. Metal is the only genre I can think of where the “traditional” instrumentation is such an integral piece of what the genre even is. If you listen to music from almost any “non-metal” genre you’re going to hear all sorts of elements pop up all over the place, not just in an album to album basis but a song to song basis too. So we figured we could just treat our record like anything else we would hear outside of the greater metal purview.

Q7: KING CRIMSON ともシンクロするサクスフォン、そしてクリーンボーカルは今作における肝だと感じました。

【ADAM】: 正直、そういった要素はプロダクションの中で僕たちが意図的に “付け加えた” ピースだと考えているんだ。つまりそれは、メタルはどんなジャンルであれ、”伝統的な” 楽器がとても不可欠なものと思える唯一の音楽だからなんだけど。
対して、ほとんどの “メタル以外”の音楽を聴いてみれば、アルバムとアルバムの違いだけじゃなくて、一つのアルバムでも曲と曲の間に様々な要素が飛び出してしてくることに気づくはずさ。 だから僕たちは、偉大なるメタルの範囲外で聞く何かのように、僕たちのレコードを扱うことができればと考えたわけさ。

Q8: Also, “Terrestria Ⅲ: Wither” and title track “Where Owls Know My Name” have definitely post rock, electrical elements. Off Course, Fallujah has mixed such an “Atmosphere” and death metal, but I think Rivers of Nihil did it in more drastic, experimental way, right?

【ADAM】: It’s true that Fallujah and us use a lot of similar elements, but I think we’ve each made distinctly different uses of our available tools. The attitudes present in the music of each band are, in my opinion, drastically different. I think there’s plenty to enjoy in both bands that are totally unrelated.

Q8: 一方で、”Terrestria Ⅲ: Wither” やタイトルトラック “Where Owls Know My Name” にはポストロックのアトモスフィアも根付いていますよね? FALLUJAH にもアトモスフェリックな要素は存在しますが、あなた達の方がより大胆に導入しているようにも感じます。

【ADAM】: そうだね、確かに FALLUJAH と僕たちの間にはたくさん似た部分が存在するよね。ただし、利用可能なツールの使い方ははっきりと違ったものにしてきたと思っているんだ。僕の意見では、互いのバンドの音楽に存在するアティテュードは大きく異なると思うんだよ。それ故に、両方のバンドを完全に無関係なものとして楽しむことのできる部分がたくさんあると思うな。

27629373_10155570961709317_1249437978338367685_o

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ADAM’S LIFE

KING CRIMSON “IN THE COURT OF THE CRIMSON KING”

In_the_Court_of_the_Crimson_King_-_40th_Anniversary_Box_Set_-_Front_cover.jpeg-2

NECROPHAGIST “EPITAPH”

Epitaph_cover-2

MARILYN MANSON “MECHANICAL ANIMALS”

Marilyn_Manson_-_Mechanical_Animals

THE FACELESS “PLANETARY DUALITY”

220px-Planetary_Duality

BETWEEN THE BURIED AND ME “COLORS”

220px-Colors1

MESSAGE FOR JAPAN

3540301156_photo

Hopefully we see you soon!

出来れば、みんなとすぐに会えるといいな!

ADAM BIGGS

RIVERS OF NIHIL Facebook Page
RIVERS OF NIHIL Twitter
RIVERS OF NIHIL Bandcamp
METAL BLADE RECORDS Facebook Page
METAL BLADE RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

EXCLUSIVE INTERVIEW 【CONCEPTION : ROY KHAN】2018 REUNION SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ROY KHAN OF CONCEPTION !!

30849024_1603631989684553_6844367916948977232_o-2

The Voice Of Prog-metal, Former Kamelot Singer Roy Khan Is Back With Reunited Norwegian Legend Conception !!

CONCEPTION IS BACK !!

時代に咲いた鮮やかな徒花、ノルウェーが産んだプログメタルレジェンド CONCEPTION が遂に帰ってきます!!長すぎた沈黙を破る伝説の帰還は、不世出のシンガー Roy Khan の復活を伴いシーンに歓喜の渦を巻き起こしています。
KAMELOT の金看板として、その艶やかで煽情的な歌唱を披露していたスーパースター Roy Khan がバンドからの脱退を表明したのは 2011年春の事でした。音楽大学でオペラと声楽を学んだ Roy の歌唱技術、歌に込めるエモーション、ファルセットの魔法は別格。「もし僕があの時 KAMELOT を辞めていなかったとしたら、今日僕はここにいないだろう。」とインタビューで語った通り、不可避な “燃え尽き症候群” の治療が要因とはいえ、作曲にも大いに貢献を果たしていたマエストロ突然の離脱はあまりにショッキングな出来事でした。
「僕は本当に音楽に関係する全ての人に対して、全てのコミュニケーションをシャットダウンしたんだからね。」音楽から離れていた7年間、Roy は教会の職員や教師として働いていたようです。その生活も悪くはなかったと話すシンガーは、しかし遂に自身の才能を再び世界に解放する準備が整ったと溢れる自信を漲らせます。
「実際に僕たちが解散したことはないんだよ。何と言うか、棚上げしていたって感じだったね。」 という言葉が裏付けるように、友人として連絡を取り続けていた CONCEPTION が Roy 復帰の舞台となったのは自然で最良の選択に思えます。実際に、バンドは2005年にライブ限定で一時的なリユニオンを果たしていますし、”ここ何年かは何度も、いつかある時点で何かやりたいねと話して” いた訳ですから。
神秘的で崇高、ある種哲学的とも言える CONCEPTION の “プログレッシブ” は、登壇が少し早すぎたのかもしれませんね。スパニッシュギターが夕日に映えるデビュー作 “The Last Sunset”、キャッチーでドラマティック、稀代のバラード “Silent Crying” を擁する “Parallel Minds”、複雑かつ荘厳な楽器の宗儀 “In Your Multitude”、そして冷徹でダークな歌の涅槃 “Flow”。
「僕たちはいつも、自分たちをリニューアルしようと心掛けて来たんだよ。それまでに作った楽曲のようなサウンドを持つ新曲を作らないというのが、バンドのポリシーだったんだ。」と語る通り、これまで CONCEPTION が残した4枚の作品は確かに全て合わせた焦点が異なります。
しかしそれでもその勇敢なる多様性、DREAM THEATER の “Awake” を推し進めたかのような独特の内省的なアトモスフィア、近年の FATES WARNING にも通じるインテリジェンスの糸を巡らすダークなインテンシティー、そして SEVENTH WONDER にも受け継がれた洗練のデザインは全ての作品に浸透しており、まだまだ与し易いスピード&パワーが全盛だった当時よりも、エクレクティックなモダンメタルのスピリットが透徹した現在こそ正当な評価が得られるはずです。
すでに先を見据えるバンドの復活EPは秋にリリースが予定されています。「僕たちの全ての歴史、要素がミックスされるわけさ。」と語る Roy ですが、その歴史にはもちろん自身が経験した KAMELOT での荘厳な旅路や、フラメンコの情熱をその身に宿すギターマイスター Tore Østby が ARK で育んだプログレッシブな冒険も含まれているはずです。期待に背くことはないでしょう。そして願わくば、失った20年を取り戻すコンスタントな活動を望みたいところですね。
今回弊誌では、ボイス・オブ・プログメタル Roy Khan にインタビューを行うことが出来ました!Welcome Back Roy, and CONCEPTION! Here We Go!!

INTERVIEW WITH ROY KHAN

RoyKhan-2

Q1: First of all, Japanese fans are really excited about Conception’s coming back! Do you remember Conception’s one and only Japan Tour with Gamma Ray in 1996?

【ROY】: Domo arigato! Yes…I remember when we were there right before the release of “Flow”. Great experience!!! I’ve always loved Japan. its people, its culture, its big pulsating cities and I simply LOVE Japanese food. I really hope we get a chance to play for you again!

Q1: 日本のファンは CONCEPTION の帰還を本当に嬉しく思っていますよ!1996年に GAMMA RAY とプレイした、唯一の来日公演は覚えていますか?

【ROY】: どうもありがとう!そうだね…確か日本に行ったのは “Flow” のリリース直前だったと思うんだ。素晴らしい経験だったね!!
僕はいつだって日本を愛して来たんだよ。人も、文化も、ビッグな鼓動を宿す都市も、そして単純だけど日本の食事が大好きなんだ。また CONCEPTION として君たちの前でプレイするチャンスが得られたらと本当に望んでいるんだよ!

Q2: Conception has released four albums and each albums have it’s own colors. For example, “Parallel Minds” was more straight catchy metal, although “In Your Multitude” had more complex prog elements. What was the reason of that?

【ROY】: We have always tried to renew ourselves. It was a policy within the band that no new song should sound like anything we’d done before. That may not be the recommended procedure to sell max amount of records, but we never cared about money or what other people think of us in that regard. We feel our new material is yet another step into new territory, but I can assure you we still sound like Conception.

Q2: CONCEPTION はこれまでに4枚のアルバムを残していますが、その全てが独自の色を有していますよね?例えば “Parallel Minds” がどちらかと言えばストレートでキャッチーなメタルだったのに対して “In Your Multitude” は非常に複雑でプログレッシブでしたね?

【ROY】: 僕たちはいつも、自分たちをリニューアルしようと心掛けて来たんだよ。それまでに作った楽曲のようなサウンドを持つ新曲を作らないというのが、バンドのポリシーだったんだ。
僕たちのこのポリシーは、沢山のレコードを売る方法としてはオススメ出来ないね。だけど、僕たちはお金なんて気にしたこともなかったし、他の人がどう思おうと関係なかったからね。
そして僕たちの新しいマテリアルは新たな領域に踏み込むまた別の一歩だと感じているんだ。とはいえ、勿論 CONCEPTION らしいサウンドでもあることは保証するよ。

Q3: After dark and heavy record “Flow”, Conception disbanded. Then Roy joined Kamelot and Tore started Ark. What was the trigger of that situation at that time?

【ROY】: We were kicked off a tour where tickets had been sold with our name on the billing. That was big bummer for us. We felt we had delivered our best release up to that point, but the support from our label was so and so. Grunge flowing all over didn’t help much either. We never broke up however. It was more like putting it on ice. Then I joined Kamelot, Tore formed Ark, Ingar had his Crest of Darkness going and Arve played in a supercool bluesband called Nickels & Dimes. We were all busy each with our own and time just flew by.

Q3: ダークで冷徹な “Flow” をリリースした後、CONCEPTION は解体して Roy は KAMELOT へと加入、Tore は Jorn Lande 等と ARK を立ち上げた訳ですが。

【ROY】: “Flow” をリリースした後、僕たちはヘッドライナーとしてツアーを開始したんだ。そしてそのツアーが僕たちにとっては大きな失望だったんだよ。
当時の僕たちはこれまでで最高のアルバムをリリースしたと感じていたんだけど、レーベルからのサポートは大して得られなかったんだ。あちこちで流れていたグランジも “Flow” を後押ししたとは言い難かったね。
だけど、実際に僕たちが解散したことはないんだよ。何と言うか、棚上げしたって感じだったね。その後、僕は KAMELOT に加わり、Tore は ARK を結成し、Ingar は自身の CREST OF DARKNESS を進め、Arve は スーパークールなブルーズバンド NICKELS & DIMES でプレイすることとなったんだ。つまり僕たちは全員が自分自身のことで忙しくなって、そのまま時間が流れて行ったんだよ。

Q4: Anyway, Conception’s discography haven’t uploaded on the streaming service. So, unfortunately it’s not easy for newcomers to listen to your music. Is that relate to the contract with Noise Records?

【ROY】: You’re right; these are contractual rights issues that we are trying to sort out. You can find all the songs on Youtube however.

Q4: CONCEPTION のディスコグラフィーはストリーミングサービスに対応していませんよね。入門者には敷居が高い状況とも言えますが、Noise Records との契約問題が理由ですか?

【ROY】: 君の言う通りだよ。たしかに契約に関する権利問題が存在するんだ。僕たちは解決しようと努力しているんだけどね。ただ、YouTube では全ての楽曲を聴くことが可能だよ。

942512_607351082645987_95014101_n

Q5: Once again, welcome back Roy and Conception! We can’t believe our dream comes true. It seems your friendship is still so strong. So, how did the reunion come to be?

【ROY】: The four of us have been good friends all the way, and there has been quite a bit of talk about doing something at some point these years. I believe Tore and Arve approached me with some ideas a couple of years ago that were so solid we felt it was something to build further on…and here we are with a EP and single coming out this autumn.

Q5: それにしても、あなたと CONCEPTION がシーンに戻ってきたことは未だに信じられませんよ。この奇跡のリユニオンは、バンドの強い友情に寄るところも大きいように思いますが?

【ROY】: 僕たち4人はずっと良い友人だったんだ。そしてここ何年かは何度も、いつかある時点で何かやりたいねと話していたんだよ。
確か Tore と Arve が2年くらい前に、いくつかのアイデアと共に僕にアプローチして来たんだと思う。そのアイデアがとてもソリッドだったから、先に進めるべきだと感じたわけさ。そうして僕たちはリユニオンを果たし、秋には EP とシングルをリリースするんだよ。

Q6: Roy, it seemed very hard decision to leave incredible band Kamelot. Looking back now, what was the decision to you?

【ROY】: It was hard as hell, but at the same time completely necessary. I wouldn’t be here today if I hadn’t quit. To some extent you may say I didn’t have much of a choice at all. It was tough on the other guys in Kamelot too. I just shut down all communication with anybody having anything to do with music at all.

Q6: あなたは2011年に KAMELOT を離れるという決断を下しましたね。とても難しい選択だったと思いますが…

【ROY】: そうだね、地獄のように難しい決断だったよ。ただ、完全に必要な決断でもあったね。もし僕があの時 KAMELOT を辞めていなかったとしたら、今日僕はここにいないだろう。
つまり、あの時僕に選択肢はほとんどなかったと言えるかも知れないね。KAMELOT の他のメンバーにとってもタフな決断だったと思うよ。僕は本当に音楽に関係する全ての人に対して、全てのコミュニケーションをシャットダウンしたんだからね。

roykhan

Q7: How do you feel when you see or listen to Kamelot with Tommy Karevik? Is there any kind of strange feeling?

【ROY】: Tommy is a phenomenal singer and I think he’s doing a great job in the band. Thomas and the rest of the guys have continued on the path I was part of creating and I am honestly very happy that they could keep on and enjoy more well deserved success without me. In the beginning everything was strange to me, but not anymore. I wish them all the best!

Q7: KAMELOT があなたの後任である Tommy Karevik とプレイするのを見たり聴いたりするのはどんな感じですか?

【ROY】: Tommy は驚異的なシンガーで、僕は彼は KAMELOT で偉大な仕事を果たしていると思っているよ。Thomas と残りのメンバーは、僕が創造者の一部だったバンドの道程を守り続けているね。
僕は、彼らが僕無しでバンドを続けることが出来て、そしてより実力に見合う成功を手に入れることが出来て、正直にとても嬉しいんだよ。 もちろん、最初は全てが奇妙に感じられたけど、今は全く違和感がないね。彼らの幸せを祈っているよ!!

Q8: So, we can’t wait your upcoming EP and live performance! I believe there will be Tore’s trademark Flamenco-ish guitar work and Roy’s one and only operatic singing. Could you tell us about that as much as you can?

【ROY】: As I said earlier I believe we have managed to renew ourselves and still sound unmistakably Conception. There will be elements from our whole history mixed with.

Q8: 最後に、復活作やライブについて、現時点で可能な限り教えていただけますか?

【ROY】: さっきも言ったように、僕たちは常に自分たちの音楽を更新し続けていると信じているんだ。それでいて疑いようもなく CONCEPTION のサウンド。つまり、僕たちの全ての歴史、要素がミックスされるわけさ。

551410_588030934578002_65249087_n

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ROY’S LIFE !!

MICHAEL JACKSON “THRILLER”

Michael_Jackson_-_Thriller-2

a-ha “HUNTING HIGH AND LOW”

Hunting_High_and_Low-2

TNT “KNIGHTS OF THE NEW THUNDER”

220px-Knights_of_the_New_Thunder

QUEENSRYCHE “RAGE FOR ORDER”

220px-Queensryche_-_Rage_for_Order_cover_2

JOKKE & VALENTINERNE “FRELST!”

Jokke_&_Valentinerne_-_Frelst!

MESSAGE FOR JAPAN

11222460_10153511908538767_1258608979191179794_n

Thank you so much for all your love & support! Without you none of this would have been possible! Hope to see you in soon…in Japan!!

全ての愛情とサポートを本当にありがとう!日本のファンなしでは、このリユニオンは起こり得なかっただろうね!すぐに会えたらいいな…もちろん日本でね!

ROY KHAN

CONCEPTION Facebook Page
CONCEPTION Pledge Music Campaign

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AUGURY : ILLUSIVE GOLDEN AGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATHIEU MARCOTTE OF AUGURY !!

26756898_10156548686826030_1455210049241378694_o

Augury Give Proof Why Montreal, Quebec Is The Prog/Tech Capital Of The Western Scene With Long-awaited New Record “Illusive Golden Age” !!

DISC REVIEW “ILLUSIVE GOLDEN AGE”

CYNIC の後には、そして BEYOND CREATION の前には彼らが居た。OBSCURA と共にテクニカルデスメタルのプログレッシブサイドを探求し先導し続けるカナダの SF メタル集団 AUGURY が実に9年振りとなる新作”Illusive Golden Age” をリリースしました!!
“黄金時代” が “幻” ではないことを確かに証明する一枚は、テクデスの燎火を明々と灯す躍動感に満ちています。
カナダが誇るモントリオールとケベックの二大都市は、テクニカルデスメタルのメッカだと言えます。GORGUTS, CRYPTOPSY に端を発するその潮流は、MARTYR, BEYOND CREATION などに引き継がれ、近年の “Stay-Tech” メタルマシーン ARCHSPIRE まで脈々と連なります。
中でも、AUGURY の宿すエモーションと有機的なサウンド、クリエイティビティーはジャンルの無慈悲でメカニカルな特性を超越し、明らかに異彩を放っているのです。
9年の沈黙を破るアルバムオープナー “Illusive Golden Age” は風雲児たるバンドの型破りな一面が存分に示された戦慄。このジャンルの定番であるシンフォニックなイントロダクションや、ファストな音の洪水には脇目も振らず、独特のエスニックなスケールとクリーンギターのアクセント、そしてフレットレスベースの浮遊感が奏でるユニークな三重奏こそ彼らの狼煙。
神秘と孤高のメロディーセンス、空間を残したミッドテンポのリフワークは襲い来るヒステリックで噛みつく牙のボーカルとブラストの狂気を際立たせ、ダーティーに歌うSFの奇妙なワルツへと収束して行きます。失われた文明と知識を探るリスナーの旅は、得体の知れない未知なるエキサイトメントでその幕を開けるのです。
ステレオタイプのテクニカルデスメタルからさらに距離を置いた “Carrion Tide” はバンドの緻密なタクティクスを象徴する楽曲かも知れませんね。メタルリスナーにまるで施しを与えるかの如く付与されたブラッケンドのアグレッションは、AUGURY の持つ個の力によって様々なエモーションへとその形を変えて行きます。
ディープなガテラルからヒステリックなスクリーム、ミドルレンジの雄々しきクリーンまでメタルボーカルのショウケースにも思える Patrick Loisel のワイドな才能は移り行く喜怒哀楽を完璧なまでに表現し、起伏に富んだ楽曲のメインパーソナリティーとして君臨します。
ギタリスト Mathieu Marcotte の DEATH や CYNIC に VOIVOD、さらには OPETH や EMPEROR の遺伝子を受け継ぐ複雑でスリリングなリフの猛攻は、カタストロフィーが眼前に迫るかのような錯覚を引き起こし、ex- BEYOND CREATION の怪物 Dominic “Forest” Lapointe はフレットレスベースの酩酊でサイケデリックな静謐の焼け野原を描くのです。
MESHUGGAH と CYNIC が凌ぎを削る “Mater Dolorosa”、ゲーム音楽の影響を感じさせるサイバーなインストゥルメンタル “Message Sonore” を経て辿り着く、最長8分の “Anchorite” でアルバムはその幕を閉じます。
“Anchorite” とは、抗し難い理由で社会や故郷を離れ一人で暮らす宿命の意。もしかするとそれは、大災害で滅びし失われた文明最後の生き残りだったのかも知れません。焦燥と惜別、そして寂寥感を込めた過去からのメッセージは、メランコリーとアンビエンス、そしてアグレッションが渾然一体となったオデッセイ。
最高のミュージシャンシップで「異なる感覚を持って独自のサウンドを築き上げた」AUGURY の神話は、そうしてさざめく波の音と共に自然の元へと帰って行きました。
今回弊誌ではバンドの中心人物 Mathieu Marcotte にインタビューを行うことが出来ました。「個人的には確かにテクデスを聴いてはいるんだけど、そのスタイルからそんなに多くの影響を受けている訳ではないからね。逆に言えば、そうでなければ同じ様なサウンドになってしまうからね。 」リリースは DARK MATTER SECRET, EQUIPOISE, INFERI 等を抱える超注目株 The Artisan Era から。どうぞ!!

29594613_10156794749481030_8281508778133795329_n-2

AUGURY “ILLUSIVE GOLDEN AGE” 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AUGURY : ILLUSIVE GOLDEN AGE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PORTICO QUARTET : ART IN THE AGE OF AUTOMATION, UNTITLED (AITAOA #2)】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JACK WYLLIE OF PORTICO QUARTET !!

PORTICO-QUARTET-2

With The Dreamy, Hypnotic Sound Of The Hang, Portico Quartet Creates Incredible Art In The Age Of UK New Jazz !!

DISC REVIEW “ART IN THE AGE OF AUTOMATION” “UNTITLED (AITAOA #2)”

エレクトロニカとバンドサウンドをシームレスに連結する UK ジャズ新世代 PORTICO QUARTET が、オートメーションの時代に贈る流麗なる記念碑 “Art in the Age of Automation” “Untitled (AITAOA #2)” をリリースしました!!2018年、人と機械の創造性が織り成す距離感は想像以上に接近しています。
エレクトロニカをベースとしつつ、全てにおいて細部までオーガニックであることに拘った GOGO PENGUIN の最新作 “A Humdrum Star” はリスナーの記憶に新しいところでしょう。
”Outer” をデジタルな世界、“Inner” をエモーショナルなヒューマンの領域に位置づけた作品は、例えるならば PC で精密にデザインされた建築物を、匠の手作業で一つ一つ忠実に再現して行くようなプロセスでした。
そして興味深いことに、同じ UK ジャズの新たな潮流から台頭した PORTICO QUARTET の最新作も相似的アイデアを提示して、人と機械が潮解した最先端のサウンドを立証しているのです。
「このアルバムはある種の解決策を提示しているんだよ。オートメーションと人間らしさという2つの異なる物事についてのね。」Jack がインタビューで語った通り、”Art in the Age of Automation” そして “AITAOA #2” がモダンミュージックが宿す苦悩にある種の解決策をもたらすことは明らかです。
“エモーション= 人間” “精密 = デジタル” という刷り込み。言い換えればその苦悩は固定観念という人の持つカルマ。そしてそのカルマに真っ向から挑んだ作品こそ “Art in the Age of Automation” だと言えるでしょう。
Jack は PORTICO QUARTET の音楽性をこう表現しています。「僕たちのサウンドには様々な音楽の側面が落とし込まれているよ。ジャズ、エレクトロニカ、アンビエント。時にはミニマリズムだって垣間見える。」Ninja Tune へ移籍しジャズとの距離を取り PORTICO の名の下でリリースしたポップな異色作 “Living Fields” を経ることで、ある種 “回帰” にも思える “Art in the Age of Automation” はデビュー以来最も深みを増しています。
アルバムオープナー “Endless” はその回帰と深みの象徴かも知れませんね。残響を帯びた電子音、嫋やかなブレイクビート、エセリアルなエレクトロニカの流れは、バンドのトレードマークであるハングドラムの風雅な響きを呼び込みます。”Portico” (前廊)を経由して辿り着くは神聖なるサクスフォンの嘶き。
ヒューマンとデジタルの境目が不可解な、カルマを凌駕した UK らしいダークな情緒はポストロックの雄大さを伴ってリスナーにエンドレスなサウンドスケープを届けるのです。
一方で、タイトルトラック “Art in the Age of Automation” を聴けば、独特の倍音を備えた音階をもつ打楽器ハングドラムが、ジャズとミニマリズムの蜜月を育み幻想的な電子の世界を映し出していることに気づくはずです。20世紀最後にして最大のアコースティック楽器発明、スティールパンのアップデートバージョンは、コンテンポラリーなデジタルの海にも良く映えます。
実際、アルバムを聴き進めるにしたがって、オーガニックな演奏とデジタルなマニュピレーションの境界は、英国の霧で覆われたかのように混迷を深めていきます。”A Luminas Beam” や “KGB” で見せる、生々しい楽器の音色と電子音の融合が育む浮遊感やダイナミズムは、変則拍子を身に纏いジャズとロックの境界さえ霞ませるその深き “霧” のたまものだといえるでしょう。
“Current History” でクラシカルとミニマルテクノの真髄を披露した後、辿り着く “Lines Glow” はまさに音のユーフォリア。神々しきハングの音色はトライバルな感覚をも伴って、カラフルなシンセサイザーの海へと溶け込みます。そうして育まれたサウンドスケープの種は “Undercurrent” で静謐と叙情の波を全身に浴びて終幕に相応しくヒプノティックに開花するのです。
壮麗なストリングスを含むアコースティックな楽器、オーガニックな演奏がモダンなプロダクション、テクニック、テクノロジーと融和した時、そこには鮮やかな PORTICO QUARTET の色彩が生まれます。PORTICO QUARTET の固定観念を解放するチャレンジは、”デジタルなエモーション”、”精密な演奏技術” を幾重にもレイヤーして最新作 “Untitled (AITAOA #2)” へと引き継がれているのです。
今回弊誌では、サクスフォン /キーボードプレイヤーの Jack Wyllie にインタビューを行うことが出来ました。PORTICO QUARTET、GOGO PENGUIN 両者共に、UK ジャズの特異性、革新性についても非常に近い切り口で回答していますね。注目です。どうぞ!!

portico-quartet_01-2

XATW-00145505

PORTICO QUARTET “ART IN THE AGE OF AUTOMATION” “UNTITLED (AITAOA #2) : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PORTICO QUARTET : ART IN THE AGE OF AUTOMATION, UNTITLED (AITAOA #2)】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATT MOSS OF SLUGDGE !!

14691247_923037787829249_3806283631659252224_o

Mollusk-themed Tech Death King, Slugdge Has Just Released Their Most Adventurous, Complex And Progressive Album Yet, “Esoteric Malacology”!!

DISC REVIEW “ESOTERIC MALACOLOGY”

イングランドとスコットランドの稜線より這い出し軟体動物王 SLUGDGE が、カウンターカルチャーとしてのメタルを存分に追求した “深遠なる軟体動物学” “Esoteric Malacology” をリリースしました!!
メタルの狂騒と尊厳を等しく抱きしめ、ドラマ性と知性を高次元で融合させた独創的なレコードは “メタルの進化” を雄弁に物語ります。
「ヘヴィーメタルはアウトサイダーのための音楽さ。君たちが愛していようが嫌悪していようが、カウンターカルチャーとして永遠に存在し続けるんだ。」と Matt が語るように、SLUGDGE のはヘヴィーメタルのジョークにも思える過度なファンタジーや想像力を敢えて前面に押し出しながら、シリアスかつハイクオリティーなサウンドをデザインすることでアウトサイダーとしての矜持を保つ以上の存在感を発揮していると言えるでしょう。
“Esoteric Malacology” も、当然その彼らの流儀に乗っ取って制作されたレコードです。楽曲はバンドのビッグテーマである “カタツムリ” “ナメクジ” その他軟体動物に捧げられ、歌唱やリフの持つ莫大なエネルギーで軟体動物の神々を祝福しています。
そして、ギミックにも思えるその大袈裟で奇想天外な劇画的手法は、例えば CANNIBAL CORPSE がそうであるように、キラーでシリアスな楽曲を伴うことで異端の享楽を宿す巨大なカタルシスを誘うこととなるのです。
GOJIRA の楽曲 “Esoteric Surgery” へのオマージュにも思えるアルバムタイトルは、確かにフランスが生んだ不世出のプログレッシブメタラーへの接近を示唆しています。そして、”The Spectral Burrows” が “The Way Of All Flesh” の息吹を胸いっぱいに吸い込んだ傑出したプログメタルチューンであることは明らかでしょう。
EDGE OF SANITY の “The Spectral Sorrows” を文字ったに違いないドラマティックなエピックは、複雑かつ重厚なテクスチャーがテクニックの荒波に跋扈する濃密な5分50秒。荘厳でしかし闇深きそのアトモスフィアは、聴く者の脳波を直接揺さぶり音の酩酊へと誘います。
比率の増した神秘のクリーンボーカルは絶妙のアクセント。ENSLAVED に備わった全てを洗い流すかのような神々しさとは異なり、混沌も崇高も全てを包括したダークロード “Mollusa” への捧物、破滅的にキャッチーなその調べは、異世界への扉を厳かに開く確かな “鍵” として機能しているようにも思えます。
軟体動物の柔軟性を活かした “Putrid Fairlytale” は SLUGDGE を象徴するプログレッシブデスメタル。NAPALM DEATH の “Lucid Fairytale” をオマージュしたタイトルからは想像もつかない劇的なドラマが繰り広げられています。
ここまで記して来た通り、”Esoteric Malacology” の楽曲タイトルは偉大な先人たちの足跡に対するオマージュとなっています。 “War Squids” は BLACK SABBATH の “War Pigs”、”Slave Goo World” は SEPULTURA の “Slave New World”、”Transilvanian Fungus” は DARKTHRONE の “Transylvanian Hunger” 等。そして “Putrid Fairlytale” にはそういった彼らが愛する様々なジャンルのメタルが触手で繋がり凝縮されているのです。
プログの色合いを帯びた鋭利なリフワークと相対するブラストビート。一方で、粘度の高いミッドテンポのグルーヴと荘厳なるボーカルメロディー。繊細かつ印象的な電光石火のギターシュレッドを極上の味付けに展開する魅惑のテクデスオデッセイは、Matt が語る “ヘヴィネスの秘密” を見事に体現しながらまさにバンドが理想とするメタルを描き出していますね。
スロウでドゥーミー、ロマンチックとさえ言える “Salt Thrower” で塩に溶けゆくナメクジの悲哀を全身で表現した後、アルバムは “Limo Vincit Omnia” でその幕を閉じます。ラテン語で “スライムは全てを征服する” の意を持つエネルギッシュなナンバーは、「メタルが進化し続けるためには影響の外側から新たなアイデアを取得する必要があるように感じるね。」と語る通りエレクトリックなサウンドまで包括し、意義深き実験と学問の成果を誇らしく報告しています。
今回弊誌では、バンドのギター/ボーカル Matt Moss にインタビューを行うことが出来ました。ギタリスト Kev Pearson とのデュオでしたが、インタビュー後に THE BLACK DAHLIA MURDER のドラマー Alan Cassidy と NOVENA の ベースマン Moat Lowe が加わり完璧すぎるラインナップを完成させています。どうぞ!!

a1718888280_10-2

SLUGDGE “ESOTERIC MALACOLOGY” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】