タグ別アーカイブ: us

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BELL WITCH : MIRROR REAPER】2017 X’MAS SPECIALL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DYLAN DESMOND OF BELL WITCH !!

21994060_1432087200193285_7588211872295704232_o

Seattle Based Doom-duo, Bell Witch Takes You Poetic And Philosophical Deathly Journey With Timless Masterpiece “Mirror Reaper” !!

DISC REVIEW “MIRROR REAPER”

シアトルに居を置くベース/ドラムスのドゥームデュオ BELL WITCH が、1曲83分の暗重なる叙事詩 “Mirror Reaper” をリリースしました!!生と死を投影する難解なるあわせ鏡は、昨年逝去した前ドラマー Adrien Guerra へ捧げるトリビュートとしてその崇高なるメランコリー、哀しみの影を増しています。
紫煙のヘヴィートリオ SLEEP が1曲が一時間にも及ぶスロウでアトモスフェリックな反芻の集合体 “Dopesmoker” をリリースして以来、ドゥーム/スラッジ/ドローンのフィールドはメタルの実験性を最も反映する先端世界の一つとして、創造性のリミットを解除し、定石を覆しながらその歩みを続けて来ていました。
勿論、JESU や BORIS のエピカルな長編も、ジャンルの音楽性とは対極に位置する瑞々しくも天真爛漫なムードを追い風に創造された濃厚なサウンドスケープであったに違いありませんね。それでも、BELL WITCH の新たなチャレンジ、1曲83分の野心は想像を遥かに超えるサプライズでした。
“Mirror Reaper” を形作る要素自体は、前作から大きく変化を遂げてはいません。確かにヘヴィーなレコードですが、ランニングタイムの大半はラウドでもブルータルでもなく非常にオープンでスペーシー。ベース、ドラムス、ボーカルにハモンドB3が生み出すその空間に巣食うは巨大な絶望、悲哀と、全てを掻き集めても片手で掬い取れるほど希少なる希望。
しかし Dylan が 「誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだ。」 と語るように、48分の “As Above” と35分の “So Below” が自然と連続して織り成す構成の進化、常識の破壊は、より妥協のない緻密なコンポジション、Adrian の死に手向けるメランコリックな花束と共に、生と死の安直でステレオタイプな二分法へ疑問を投げかけ、”死のメディテーション” を指標しているのです。
アルバムは、アトモスフィアの波に溺れる6弦ベースの幽玄な調べで幕を開けます。実際、「Michael Hedges のギタープレイは実に参考になったね。」 と語るバンドのマスターマインド Dylan Desmond のベース捌きは驚異的で卓越しています。
左手のみならず、右手を強い感情と共にフレットへと叩きつけ、時に滑らし、時に揺らして生み出すトーンは唯一無二。
ギタリストの不在を感じさせない、むしろそれを不必要と思わせる、独特のウォームでメロディックなマルチディメンショナルサウンドは、新たなベースヒーローの誕生を強くアピールし、同時に崇高な意思と純潔なるムードをアルバムにもたらしていますね。
加えて、地を這うグロウルとミスティックな詠唱のコントラスト、SIGUR ROS を想起させるファルセットのハーモニー、ハモンドオルガンのオーガニックなサステイン、Jesse のセットから流れ出すシンバルの漣。アルバムは、瞑想の荒野、空虚な嵐、美麗なる責め苦を経て、いつしか全てが緩やかな生命と音の大河に注がれドゥームの奇跡、反復の魔術を完璧に創出します。そして挿入される亡き Adrian のボーカルは、”生と死の間に存在する共通要素” “ゴースト” を信じるバンド独特の素晴らしきトリビュートなのでしょう。
NEUROSIS, SWANS などと共闘を続ける鬼才 Billy Anderson のインプットにも触れない訳にはいきませんね。Billy ほど暗闇と混沌、そして壮大なサウンドを巧みに精製するプロデューサーは決して多くはないでしょう。そしてこの作品ほど、型破りで威厳を湛えたアンタッチャブルなメタルレコードも実際ほとんど存在しないはずです。
時間、場所、もしかしたら自分自身さえも忘れてただ広大な闇の迷宮で彷徨うだけの地獄、もしくは天国。コマーシャルと最も遠い場所にあるアートのエリジウム。
そして、詩的で哲学的な “死の旅路” は、作品で最も哀しく最も愛すべきポートレート、バンドのコラボレーター Erik Moggridge の消え入るような歌唱で幕を閉じるのです。
今回弊誌では、Dylan Desmond にインタビューを行うことが出来ました。海外メタル誌では軒並みベストの上位に撰されている傑作。そして弊誌にとっては、最もクリスマスらしい作品です。どうぞ!!

22540113_1451003611634977_5745782468387801329_n-2

BELL WITCH “MIRROR REAPER” : 10/10

INTERVIEW WITH DYLAN DESMOND

Bell_Witch_4_525x439

Q1: This is the first interview with you. First of all, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【DYLAN】: Thank you for the interview! I own a bar/music venue in Seattle Washington and play in a few bands. One is Bell Witch, the other is a death metal band, and one other is a goth/experimental band. I grew up in a very small town in the middle of the US. My father was a professional musician, and we listened to a lot of rock and roll, country, and R&B when I was young. There was an older kid that lived nearby who would sometimes watch over me when my parents were away at work. He introduced me to bands like The Scorpions, Judas Priest, Megadeth, and Slayer when I was very young.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドについて話していただけますか?

【DYLAN】: インタビューをありがとう!僕はワシントン州のシアトルにライブバーを持っていて、そこでいくつかのバンドでプレイしているんだ。その内の一つが BELL WITCH なのさ。他にはデスメタルバンドや実験的なゴシックバンドもやっているよ。
僕はアメリカ中部のとても小さな街で育ったんだ。父はプロのミュージシャンで、僕が子供の頃はロックやカントリー、R&B なんかを一緒に良く聴いていたね。
両親が仕事で家を離れる時は、近所に住んでいた年上の子供が時々面倒を見てくれていたんだ。そして彼が僕に、SCORPIONS, JUDAS PRIEST, MEGADETH, SLAYER なんかを教えてくれたのさ。本当に幼い頃の話だね。

Q2: So, Dylan, your six-strings bass sound and playing is very unique. I can’t believe Bell Witch is consisted by only two musicians, and there is no guitar. So, What inspired you to start playing bass guitar? Who was your bass hero at that time?

【DYLAN】: My father always told me that if I wanted to join bands, I should play either the bass or the drums, as those were the two positions bands always needed. I chose the bass. I learned about a guitarist named Michael Hedges who used both of his hands to play the guitar. He sounded like three people at once. Sometimes the style of music he played wasn’t my favorite, but his talent and skill are unmatched.

Q2: それにしても、あなたの6弦ベースプレイとサウンドは実にユニークですね。BELL WITCH の音楽がギターレスだとはとても信じられませんでした。あなたのベーステクニックはどのように形作られたのでしょう?

【DYLAN】: 父はいつも僕に、もしバンドに入りたいなら、ベースかドラムをプレイするべきだと言っていたんだ。なぜなら、その二つはバンドにいつも必要とされているポジションだからってね。僕はそれでベースを選んだんだ。
Michael Hedges のギタープレイは実に参考になったね。彼は両手タッピングを自在に使いこなすんだ。まるで3人が一度にプレイしているように聴こえるんだよ。
彼がプレイしていた音楽自体は僕の好みではない時もあるんだけど、その才能とスキルは本当に比類がないよ。

Q3: But lot’s of metal band has guitar player, and there are few metal bands consisted by only two instruments, bass and drums (Off course, sometimes organ is used though). What made you choose that kind of “Duo” style?

【DYLAN】: Bell Witch started when our different band’s guitarist moved out of town. That left just the drummer and I. A local promoter asked us to play a show she was setting up. We declined, because we had no guitarist. She said “just play without a guitarist!.” I think we both enjoyed the challenge, so we worked together some songs I had been working on for a death/doom project. Those turned into our first two songs called “I Wait” and “Rows (of endless waves).” We were happy with the results, so we kept moving forward with the arrangement.

Q3: では、多くのメタルバンドがギターを擁するのに対して、BELL WITCH がベース/ドラムスのデュオに拘っているのはなぜでしょう?

【DYLAN】: そもそも BELL WITCH は、前身バンドのギタリストが引越した時に始まったんだ。それで残されたのが僕とドラマーだった訳だよ。
ちょうどプロモーターが、彼女が主催するショウに出演しないか聞いて来てね。最初は断ったんだ。ギタリストがいないからってね。だけど彼女は、「じゃあギタリスト抜きでプレイすればいいだけじゃない!」 って。
結果として、僕たち2人はそのチャレンジを楽しんだんだ。だから、そのまま僕がデス/ドゥームプロジェクト用に書いていた何曲かを一緒にやってみたんだよ。そしてそのマテリアルが、バンドの最初の2曲、“I Wait”, “Rows (of endless waves)” になったんだ。僕たちはその結果に満足し、続けることを決めたんだ。

Q4: Let’s talk about your newest release “Mirror Reaper”. You suggested “The title ‘Mirror Reaper’ is indicative of the Hermetic axiom ‘As Above, So Below,’ written with two sides to form one whole.”. Bell Witch has always focused on “Life/Death” matter. In the theme, what did you emphasized particularly this time?

【DYLAN】: This record was intended to explore the identical elements between life and death. The “mirror reaper” is intended to be a living reflection of death to show that they are, in a perspective, two parts of one whole.

Q4: では最新作 “Mirror Reaper” について話しましょう。BELL WITCH は常に生と死にフォーカスしてきましたね。今回特に強調したテーマを教えていただけますか?

【DYLAN】: このレコードは、生と死の間に存在する同一の要素を探究することを意図しているんだ。”Mirror Reaper” とは、死を反映して生きることを意味しているのさ。
つまりその二つは表裏一体なんだよ。そしてそういった観点から、二つのパートを一つにしてリリースしたんだ。

15873059_1185766311492043_1157127251991394552_n

Photo by Samantha Marble
Q5: Surprisingly, “Mirror Reaper” has only one song, and it’s 83 minutes long. It seems unprecedented challenge in the metal history. Definitely, it’s ambitious approach for the scene. What made you create such a long epic?

【DYLAN】: Our original idea was the write two movements with 7 sub movements. As the song began to come together, it became clear to us that it was best handled as one arrangement as opposed to smaller sections. Personally, I appreciate music that challenges me when I listen to it. I want something that is difficult. I would say the same of Jesse. We decided that there was nothing about this record that needed to be made easy for anyone.It was difficult for us, and to present it differently would be taking away it’s potency.

Q5: その二つのパートを一つにする試みは、1曲83分のモンスターを生み出しました。実に野心的なアプローチですね?

【DYLAN】: もともとのアイデアは、七つのサブパートから成る二つの楽章を書く予定だったんだ。ただ楽曲が纏まってくると、小さなセクションに分割せず、一つの楽曲としてアレンジするべきだと分かって来たんだよ。
個人的に僕は、聴くことが一つのチャレンジであるような音楽に感謝するね。結局、難解なものを欲しているんだろうね。そして Jesse もきっと同じことを言うだろうな。僕たちは、誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。
確かに大変だったけど、楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだよ。

Q6: Anyway, we lost founding Bell Witch drummer and vocalist Adrian Guerra in May 2016. It seemed to be during the writing process of “Mirror Reaper”. How did his passing change the record?

【DYLAN】: Jesse Shreibman and I had finished composing roughly 1/2 of the record at the time of Adrian’s death. When he died, the writing process slowed down very much. Adrian was my best friend for many years, but we had been fighting and disagreeing with each other. Likewise, Jesse and Adrian were also great friends. Jesse and I both needed time to process what had happened after his death. When a few months had passed, we returned to the writing process with a new determination to finish the record. I believe we both wanted to make it extra special for both Adrian and ourselves.

Q6: BELL WITCH は昨年、創立メンバーでドラム/ボーカルの Adrian Guerra を亡くしました。おそらく、”Mirror Reaper” のライティングプロセスの最中でしたよね?

【DYLAN】: Adrian が亡くなった時、僕と Jesse Shreibman は大まかにレコードの作曲を半分ほど終わらせていたんだ。彼の死によって、ライティングプロセスはとても停滞してしまったね。
Adrian は何年間も僕の親友だったんだけど、お互いに意見を違えて喧嘩をしてしまっていたんだ。同様に、新メンバーの Jesse と Adrian も仲の良い友達だったんだ。だから、Jesse と僕は彼の死の後、気持ちを整理する時間が必要だったのさ。
何ヶ月か経って、僕たちはレコードを完成させるため、新たな決意と共にライティングプロセスへ戻ったね。僕は二人共、Adrian と僕たち自身にとってこのレコードを本当に特別なものにしたいと思っていたと信じているよ。

Q7: “Mirror Reaper” was engineered and mixed by veteran producer Billy Anderson. Off course, he was involved in Swans, Sleep, Neurosis’s masterpieces. What did he bring to your masterpiece?

【DYLAN】: Billy Anderson is a genius. He has such unique vision and so many ideas about how to manipulate sounds. When I hear a record he’s been working on I can always hear what he did because it’s so unique to him. Billy contributed countless things to this record. One, he found and edited Adrian’s vocals that are used in the middle of the song. Two, he helped me manipulate and piece together a noise track that was played to the length of the album. With it, he took pieces and made preliminary placement in the section we reserved for it. He did a magnificent job. Third, he spent a lot of time editing things with us to try out a million ideas. He is very patient. I could go on forever to explain all the brilliance of Billy Anderson.

Q7: SWANS, SLEEP, NEUROSIS などを手がけてきたベテランプロデューサー Billy Anderson がアルバムのプロダクションを受け持ちました。彼がこの傑作に持ち込んだものは決して少なくないですよね?

【DYLAN】: Billy Anderson は天才だよ。サウンドを操作するための、とてもユニークなヴィジョンと沢山のアイデアを持っているんだ。
彼が手がけてきたレコードを聴けば、僕はいつも彼のサウンドを感じ取ることが出来るんだ。実にユニークだからね。
Billy はこのレコードにも数え切れないほどの貢献を残してくれたね。第一に、彼が発見し、編集してくれたアルバム中盤の Adrian のボーカル。
第二に、彼は僕がアルバムの長さに合わせて演奏したノイズトラックを操作し、一緒に纏めるのを助けてくれたね。それに際して、彼は各ピースを取り出し、適切なセクションに適切な配置をしてくれたんだ。素晴らしい仕事だったな。
第三に、彼は百万のアイデアを試すために、多くの時間を私たちと共に過ごし編集を受け持ってくれたね。彼はとても我慢強くもあるんだ。とにかく僕は、Billy Anderson の素晴らしさなら、永遠に説明することが出来るよ。

Q8: From artwork, music to concept, “Mirror Reaper” is perfect art for me. But maybe, this 83 minutes epic is not “Commercial”. Why are you keep staying in this dark, slow, and heavy “Doom World”?

【DYLAN】: The band started in this world and it will always stay in it. We chose this style because we wanted to work within it. While I think our musical style will expand and let in new room for more things complimentary to it, those things will always reside in a very uncommercial fashion.

Q8: 最後に、アートワーク、コンセプト、そして音楽。”Mirror Reaper” は完璧なアートですが、決して “コマーシャル” とは言えません。それでもこのダークでスロウ、ヘヴィーな “ドゥームワールド” に留まる理由は何ですか?

【DYLAN】: バンドがまさにその世界から始まったからだよ。そして、そこに留まり続けるのさ。僕たちがこのスタイルを選んだのは、そこが気に入ってその世界で作品を作りたかったからなんだよ。
同時に僕たちの音楽スタイルは拡大し続け、賞賛と共に新たな要素を取り入れる柔軟さを身につけていると思うんだ。確かに僕たちの音楽性はコマーシャルとは程遠いけどね。

Bell-Witch-interview-2-960x640

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DYLAN’S LIFE

WORSHIP “DOOOM”

20121231_abc642

TOWNES VAN ZANDT “OUR MOTHER THE MOUNTAIN”

Ourmother1

MOURNFUL CONGREGATION “THE MONAD OF CREATION”

61947

CORRUPTED “EL MUNDO FRIO”

220px-El_mundo_frio

BOLT THROWER “… FOR VICTORY”

220px-...For_Victory_(Bolt_Thrower_album)_cover_art

MESSAGE FOR JAPAN

Bell-Witch-interview-1420x946

We’re hoping to come there sooner than later! We’re very big fans of many Japanese bands and can’t wait to finally come visit!

いつか日本へ行きたいと思っているよ!僕たちは多くの日本のバンドの大ファンだし、待ちきれないね!

DYLAN DESMOND

BELL WITCH Facebook Page
BELL WITCH Bandcamp
BELL WITCH Twitter
PROFOUND LORE RECORDS Facebook Page
PROFOUND LORE RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VEIL OF MAYA : FALSE IDOL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARC OKUBO OF VEIL OF MAYA !!

veil-of-maya-press-photo-2015-billboard-650

Sumerian Giant, Chicago Based Tech-Metal Quartet, Veil Of Maya Opens New Chapter Of Metal With Their Game-Changing New Record “False Idol” !!

DISC REVIEW “FALSE IDOL”

スメリアンの巨人、プログレッシブデスコアの先導者 VEIL OF MAYA が、メタルの領域を拡大しエクレクティックに羽ばたく新作 “False Idol” をリリースしました!!オーガニックかつ複雑な、アートロックやアヴァンギャルドの世界へとより接近した真なるメタルアイドルは、その偉大なる変革を推し進めて行きます。
00年代の中盤から、モダンプログメタル革命の中核に Sumerian Records が存在し続けることは明らかです。BORN OF OSIRIS, ANIMALS AS LEADERS, PERIPHERY, そして VEIL OF MAYA。”スメリアンロースター” は常にシーンの最前線に立ち、多様でコンテンポラリーなメタルの革新を色鮮やかに後押しし続けて来たのです。
中でもこのシカゴのカルテットが2008年に残した “The Common Man’s Collapse” の印象は鮮烈です。重圧のブレイクにビートダウン。デスコアサウンドを要としつつ、変幻自在なテンポと拍子、カオティックなデザインとトリッキーなアイデア全てを共存させて、コンテンポラリーかつ不可思議な独自のプログレッシブワールドでリスナーを魅了したのです。
シュメール帝国の拡大と歩調を合わせるかの如く、アステカの名を冠したバンドはそのサウンドを磨き上げ、ワイドに進化を続けています。グロウルとクリーンを併用する新ボーカル Lukas Magyar が加入し、ポップでキャッチーなイメージを開拓した前作 “Matriarch” は確かに驚きでしたが、決してその大変革は彼らの創造性を損なうものではありませんでした。
Marc が “Survive” と語るように、”Mikasa” という名曲とともに、バンドは自由な翼を手にしたようにも思えます。そしてよりダークでミステリアス、複雑性とダイナミズムを増した “False Idol” はポップとアートの枠を超えダイハードなファンをも唸らせるはずです。
「力に目覚めた男がダークサイドへと落ちていくフィクションなんだ。」 Marc は “False Idol” のテーマについてそう語ります。このアイデアが Lukas のものであることも、バンドの現在の一体感を物語りますが、”False Idol” が大統領ドナルド・トランプを隠喩していることは想像に難くありませんね。そしておそらくは、アルバムを支配する緊張の陰はそこに起因しているのでしょう。
電子の海で揺蕩うコズミックなイントロ “Lull” に導かれ幕を開けるオープナー “Fructure” はバンドのクリエイティブな進化の象徴です。”Unbreakable” を再訪するかのようなクリケットを活かしたマスマティカルでグリッチーなギターリフと、アトモスフェリックなシンセサウンドの奇想天外な融合は、メタルからの Kendrick Lamar や Flying Lotus への回答とも言えるほどに瑞々しく創造的です。
「実際、僕は最近はあまりメタルを聴いていないんだよ。だから君がコンテンポラリーなジャズや、Hip Hop、エレクトロニカなんかの影響を発見して言及してくれたことは嬉しいね。」 Marc はそう語ります。「少なくとも僕は、新たな要素を加えることは、メタルの進化を促す良い方法だと感じているよ。」 とも。
確かにアルバムには、現代的なジャンルのクロスオーバー、音楽のモダニズムを感じる場面が多く存在します。アグレッシブで複雑怪奇な Marc のリフワークと、光のシンセに映えるLukas のソフトでメランコリックなウィスパーは、”Doublespeak”, “Overthrow” と聴き進めるに従って、より絶妙なコントラストとインテンスを描き始めるのです。
そしてアルバムのハイライト、ダイナミズムの洪水は “Whistleblower” で訪れます。近年、Tigran Hamasyan へのリスペクトを公言してはばからない Marc のコンポジションは、遂にデスコアの猛進とジャズの優美な響きを同時に抱き締めました。Lukas の激情とメランコリーを行き来するボーカリゼーションも相俟って、イマジネーションを激しく刺激するアヴァンギャルドな楽曲はメタルの新たな可能性を指し示す期待感に満ち溢れてています。
また、インタビューにもある通り、Marc のゲームミュージックへの傾倒ぶりを見れば、初期の VEIL OF MAYA が究極にメカニカルでチップチューンライクな構成やリフを有していたことにも納得がいきます。つまり “False Idol” はバンドのオーガニックな変化の証。
伸びやかでキャッチーなクリーンボーカルのみで設計したポジティブな “Manichee”、Jacob Collier を思わせるコーラスのタペストリーが印象的な “Citadel”、そしてアルバムを締めくくるアンセミックな “Livestream”。全てはアンビエントなストリングスがバンドのデザイン、エモーションへナチュラルに溶け込んだ新機軸。同時にそれは、すでに “Djentrain” を降りたバンドの新たなる目的地なのかも知れませんね。
今回弊誌では、バンドのマスターマインド Marc Okubo にインタビューを行うことが出来ました。今年の2月には、Realising Media の劇的な招聘で来日公演を成功させています。「いつか Djent が死ぬその時も、きっと僕たちは VEIL OF MAYA らしいサウンドの音楽を作っているだろうね。」 どうぞ!!

22519286_10155837449391214_8433439180248001032_n-2

VEIL OF MAYA “FALSE IDOL” : 9.8/10

INTERVIEW WITH MARC OKUBO

13735530_10154368448606214_3245495117943165149_o

Q1: First of all, how was Japan Tour 2017? The tour was once canceled due to the problem of the promoter, but at the end, it was successful with the help of Realising media and Hayato san, right?

【MARC】: Yes! Hayato san was very good to us and I am very grateful that he took us on our tour. The shows were very fun! I got a little sick towards the end because I am vegetarian and it was very hard to find good food to eat. Next time I will come more prepared.

Q1: まずは今年行われた日本ツアーの感想を聞かせていただけますか?
一度はプロモーターの問題でキャンセルされましたが、Realising Media の今西さんがそこから助け舟を出す形で再度招聘を行い、成功に導きましたね?

【MARC】: まさに!(今西)ハヤトさんは本当に良くしてくれたよ。彼が僕たちのツアーを組んでくれてとても感謝しているんだ。実に楽しいショウだったね!
ただ、終盤になるにつれて、少し体調を崩してしまってね。僕はベジタリアンなんだけど、日本でそういった食事を出す店はなかなかなくてね。次はもっと準備してから行くよ。

Q2: Regarding Japan, you seem to have big love with our country and culture. Your previous album “Matriarch” is typically, Japanese dancer Natumi Suziki was in the artwork, and maybe, ”Aeris” connected “Final Fantasy 7”, “Mikasa” connected “Shingeki No Kyojin”. Also, off course, Marc has Japanese blood. So, could you tell us about your influences from Japanese culture, video game, and animations?

【MARC】: Japanese entertainment has been a huge part of my life. I have a sleeve of tattoos that are all from Japanese video games. One of my earliest musical influences is the Final Fantasy VII soundtrack. I think a lot of my friends were very influenced by it too and you can hear it in a lot of our writing. I am a fan of some anime as well. Not as much as everyone thinks though. My favorite anime/manga at the moment is Berserk.

Q2: 日本と言えば、Final Fantasy を想起させる “エアリス” や “モーグリ”、それに進撃の巨人を思わせる “ミカサ” など、日本のアニメやゲームからの影響を楽曲のタイトルに使用する VEIL OF MAYA にはとても親しみが持てます。

【MARC】: 日本のエンターテインメントは、僕の人生の大きな部分を占めて来たんだよ。僕が両腕に入れて来たタトゥーは、全てが日本のビデオゲームをモチーフとしたものであるくらいだからね。
僕の最も初期の音楽的な影響は、Final Fantasy Ⅶ のサウンドトラックなんだ。僕の友人の多くもあの作品からとても影響を受けているよ。僕たちの楽曲を聴けばその影響が伝わるはずさ。
確かに、日本のアニメにも大好きなものはあるね。だけどアニメに関しては、みんなが思っているほどではないんだ。今、最もハマっているアニメ/マンガはベルセルクだね。

Q3: OK, so, your fantastic new record “False Idol” is just out now! The artwork, a man with octopus is very impressive and strange. Is the man “False Idol”?

【MARC】: Yes I think so. That was the artist’s interpretation of the storyline we presented to him.

Q3: では、最新作 “False Idol” について話しましょう。アートワークには非常に奇妙な “タコ男” のようなものが描かれていますが、彼が “False Idol” (偽物の偶像)なのでしょうか?

【MARC】: うん、そう思うよ。僕たちが渡したストーリーラインを元に、アーティストが解釈して書いたものなんだ。

Q4: So, could you tell us about the concept or lyrical themes of “False Idol”? Is there any Japan based theme this time?

【MARC】: No not this time. The concept of the album was Lukas’ idea and it is fiction about a man coming into power and turning evil. I stayed out of it this time and focused on the music.

Q4: ではそのストーリーラインについて話していただけますか?今回も、日本のゲームやアニメをテーマとした部分はありますか?

【MARC】: いや、今回は日本のアニメやゲームをテーマとした部分はないんだよ。アルバムのコンセプトは Lukas のアイデアで、力に目覚めた男がダークサイドへと落ちていくフィクションなんだ。
僕は今回、そういったコンセプトには関わらないで、ただ音楽にフォーカスしたんだよ。

C_CHfBNV0AARELy

Q5: “False Idol” is your second record with Lukas Magyar. His participation expanded the possibilities of clean vocal realm. But did the band choose him because he could sing both growl and clean?

【MARC】: Yes that was a big factor. We had wanted to add singing for awhile and the timing worked out perfectly. For this album, we wrote the music knowing that we would have him singing so we focused on him a bit more than before.

Q5: その Lukas Magyar にとって、”False Idol” はバンド加入後2枚目のアルバムとなります。クリーンボーカルとグロウルを併用する彼の加入はバンドの可能性を広げましたね?

【MARC】: そうだね。彼がクリーンとグロウルを両方こなせることは重要な決め手だったね。しばらくの間、僕たちはクリーンボイスを加えたいと考えていたんだ。だからタイミングは完璧だったよ。
今回のアルバムでは、ライティングプロセスから Lukas が居て、クリーンボーカルを使用出来ると分かって作曲を行えたからね。だから勿論、前作より少し多く彼にフォーカスすることが出来たんじゃないかな。

Q6: Definitely, Lukas’s voice brings pop, commercial elements to the band and this should appeal to more fans. But also, Suicide Silence is typically, some of your core fans may be away from you. What’s your perspective about that?

【MARC】: I think we survived the major transition with Matriarch. This time I feel more people expected us to have singing and it worked out in our favor.

Q6: キャッチーなクリーンボイスを導入することで、より多くのファンにアピールする可能性がある反面、SUICIDE SILENCE は典型的ですが、ダイハードなファンが離れる可能性もありますよね?

【MARC】: “Matriarch” で僕たちはその大変革を生き延びたと思うんだ。
僕は今作で、より多くのリスナーがクリーンボーカルを期待していると感じたし、それは僕たちの好みとも合致して上手く運んでいると思うな。

Q7: “Manichee”, maybe the first VoM’s song that’s 100% singing, is typically, “False Idol” seems to be more diverse, wide variety record than “Matriarch” for me. Actually, when I listen to “False Idol”, I remind some Jazz the New Chapter, rap, electronic music. Do you agree that?

【MARC】: Yes! I like that a lot actually. You can hear my influences through the music. Actually, I don’t listen to very much metal these days so it pleases me that you can hear what I have been listening to. I feel like adding new influences is a good way to help metal grow.

Q7: VEIL OF MAYA の歴史の中で初めて100%クリーンボーカルを使用した “Manichee” は典型的ですが、”False Idol” は本当にエクレクティックなレコードですね!例えば Jazz The New Chapter とか、メインストリームの Hip Hop、エレクトロニカからの影響等も感じましたよ。

【MARC】: まさに!実際、最近は君が挙げたような音楽を本当に良く聴いているんだ。そういった影響は、アルバムの音楽を聴けば伝わると思うな。
正直に言って、僕は最近はあまりメタルを聴いていないんだよ。だから君がその影響を発見して言及してくれたことは嬉しいね。
少なくとも僕は、新たな要素を加えることは、メタルの進化を促す良い方法だと感じているよ。

Q8: I feel djent movement is about to end. Definitely, “The Common Man’s Collapse” is one of the most influential record in that scene, and 2018 will be 10th anniversary of the record. Looking back now, What’s ‘The Common Man’s Collapse” and djent movement to you?

【MARC】: There was no such thing as djent when I wrote that album. People labeled us as “progressive death core” or something like that. People started saying djent when Periphery started putting it on their merch. Now I associate that term with Periphery. I think because we are so close that people group us together but in my opinion both bands sound different. I honestly don’t care to be labeled as djent. When djent dies we will still be making music that sounds like Veil of Maya.

Q8: 来年は、Djent シーンに大きな影響を与えた “The Common Man’s Collapse” の10周年にあたります。最近はメタルをあまり聴いていないと仰いましたが、確かに Djent シーンは終焉へと向かっているように思えます。

【MARC】: そもそも、僕があのアルバムを書いた時に Djent なんてものはなかったんだよ。みんなは僕たちのことを “プログレッシブデスコア” とかそんな感じにジャンル分けしていたね。
世の中が Djent という言葉を使い始めたのは、PERIPHERY が彼らのマーチにそのワードを入れてからだよ。そうして今では僕も関連付けられて、PERIPHERY と共にそのジャンルに入れられている訳さ。おそらくは、僕たちがとても親しかったから、同じグループに入れられたんだろうね。だけど、僕の考えでは二つのバンドのサウンドは異なっているよ。
まあ、正直に言って Djent にジャンル分けされようがされまいが気にしないよ。だっていつか Djent が死ぬその時も、きっと僕たちは VEIL OF MAYA らしいサウンドの音楽を作っているだろうからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARC’S LIFE

YES “CLOSE TO THE EDGE”

Yes-close-5

MR. BUNGLE “CALIFORNIA”

MrBungle-California-2

NAS “ILLMATIC”

81oJg8R1C4L._SY438_

THE MAHAVISHUNU ORCHESTRA “THE INNER MOUNTING FLAME”

220px-MahavishnuOrchestraInnerMountingFlamealbumcover

VICTOR WOOTEN “A SHOW OF HANDS”

Showofhands

MESSAGE FOR JAPAN

veil-of-maya

I love you Japan! I can’t wait to come back!

日本のみんな、愛してるよ!日本に戻るのが待ちきれないね!

MARC OKUBO

VEIL OF MAYA Facebook Page
VEIL OF MAYA Official Site
Marc Okubo Twitter
SUMERIAN RECORDS Facebook Page
SUMERIAN RECORDS Official Site
REALISING MEDIA Twitter

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DAVE KERZNER : STATIC】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAVE KERZNER !!

DKB-Band-Shot-for-CTTE17-1-800x500

One Of The Most Creative Artists In The Progressive Rock World Now, Dave Kerzner Becomes A Bridge From Retro to Modern, With His Most Ambitious Work, “Static” !!

DISC REVIEW “STATIC”

レトロとモダン、そして米国と英国の架け橋を演ずる、マイアミのプログレッシブコンダクター Dave Kerzner が濃密なるロックオペラ “Static” をリリースしました!!”アクセシブル” を座右の銘とする天分豊かなコンポーザー/マルチプレイヤーは、現代社会の混沌と真なる幸福の追求をそのキャッチーなサウンドデザインで雄弁に語り尽くします。
近年のプログシーンで、Dave ほど八面六臂な活躍を見せるタレントはいないでしょう。Steven Wilson のマスターピース “Grace For Drowning” にサウンドデザインで貢献し、Steve Hackett の “Genesis Revisited II” にも参加。その GENESIS、Phil Collins の息子 Simon Collins と結成した SOUND OF CONTACT でベストニューカマーを受賞する一方、MOSTLY AUTUMN の才媛 Heather Findlay と結成した MANTRA VEGA でも高い評価を勝ち取ります。
何より、亡き Keith Emerson もゲスト参加した 2014 年のソロデビュー作品 “New World” で提示した壮大なコンセプトと世界観、美麗なメロディーと緻密なデザインは、多くのプログロックファンを魅了したのです。
二年の月日を経て届けられた新作ソロアルバム “Static” も同様に近未来の重厚なコンセプトを内包しています。ただし、”New World” が砂漠化した世界での冒険譚、躍動する物語であったのに対して “Static” はより人間の内面へと深くフォーカスしているのです。
Dave は短絡的かつ享楽的な SNS や TV、ドラッグやアルコールに捌け口を求める現代社会を嘆き、 「最近は誰もが自分が正しいと思う傾向があって、とにかく自分の意見を主張するね。僕たちすべてが偽善者であることも、不快な真実の一つだよ。僕だって時には偽善者だし。それはほとんど不可避なことに思えるよ。」 とその混沌を自らの罪も交えて語ります。しかし同時に、その事実を認識し、日常生活のバランスを考慮することから幸福の価値を変えていこうとも提案しているのです。
妖しくも印象的なプレリュードで幕を開けるアルバムは、”Hypocrites” で人間のエゴイスティックな内面を露わにします。オルタナティブなエッジとダークなムードはまさにアルバムの皮肉なコンセプトを体現し、同時に甘美で気怠いメロディーがリスナーをディストピア “遊園地の街” へと誘います。
Dave Gilmour が憑依したかのような Kerzner のボーカルに、幾重にもコーラスをレイヤーする巧みな手法は Alan Parsons にも似て、まるで砂糖のコーティングの如くスイートでスーパーキャッチーな瞬間をもたらしていますね。
Dave のピアニストとしての実力が遺憾無く発揮された “Static”, “Trust” では、彼のソフィスティケートされた作曲術、スキルが自身の理想と呼応し見事に開花しています。あくまでプログロックの枠組みの中で “アクセシブル” 受け入れ易い音楽性や歌詞に拘るコンポーザー Dave Kerzner は同時に、アルバムを映画に見立てて全体のムードにプライオリティーを置くある意味ディレクター的なポジションをも兼ねています。
「実際、より明るく高揚した楽曲を何曲か、ただフィットしないからという理由で外さなければならなかったくらいさ。」 と語る通り、音楽監督が望んでメランコリックな一面を強調した美麗なる調べのバラードは、アルバムを一つのアートと捉えた GENESIS や PINK FLOYD の創造性と Steven Wilson や ANATHEMA のアトモスフィア、そしてコンテンポラリーなメインストリームの魅力を同時に従えシーンの過去と現在の架け橋となっているのです。勿論、チェロを効果的に使用したドリーミーな “Trust” では特に John Lennon へのリスペクトが深い愛情と共に表層化していることも記しておくべきですね。
同様に、BIG BIG TRAIN の Nick D’Virgilio と GENESIS の Steve Hackett がゲスト参加した “Dirty Soap Box” は顕著ですが、アルバムを通してエレクトロニカサウンドやノイズを縦横無尽に張り巡らせ、効果的にディストピアを演出するそのアイデアからも彼の豊かなイマジネーションを感じ取ることが出来るのです。
75分の壮大なるプログレッシブオペラは、17分に及ぶラストエピック “The Carnival of Modern Life” でその幕を閉じます。よりカオティックに “Hypocrites” のテーマへと回帰する実にプログロックらしいこのクローザーを聴けば、メロディー、ハーモニー、オーケストレーション、ダイナミズム、そしてエモーションをどれ一つ欠くことなく細部にまで情熱と知性を注ぐ Dave の類稀なる才能が伝わるはずです。「僕は現実を砂糖でコーティングするような真似はあまりしたくないんだ。」と語る Dave の音楽はどこまでも真摯で正直にその進化を続けていくのです。
今回弊誌では Dave Kerzner にインタビューを行うことが出来ました。様々な音楽プロジェクトを抱えながら、二つの会社で CEO を務める多能な才気。どうぞ!!

a0129160493_10

DAVE KERZNER “STATIC” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DAVE KERZNER : STATIC】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XANTHOCHROID : OF ERTHE AND AXEN ACT I & Ⅱ】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SAM MEADOR OF XANTHOCHROID !!

18518132_1712836618734250_485832773851021512_o

More Extreme, Yet More Delicate. More Vast, Yet More Intimate. Xanthochroid’s “Of Erthe and Axen” Attempts To Further Broaden The “Cinematic Black Metal” Horizons !!

DISC REVIEW “OF ERTHE AND AXEN”

プログレッシブエクストリームのイノベーションを志望する、南カリフォルニアの野心的なカルテット XANTHOCHROID が至高なる2枚組の新作 “Of Erthe and Axen” をリリースしました!! “ロードオブザリング” や “ゼルダの伝説 時のオカリナ” にインスピレーションを得たというその壮麗かつ耽美なファンタジックワールドは、”シネマティックブラックメタル” の呼称に相応しいロマンとイマジネーションを運びます。
ブラックメタル、プログメタル、プログロック、シンフォニック、フォーク、クラシカル。XANTHOCHROID のカラフルで奥深いタペストリーは、OPETH, EMPEROR, ENSLAVED, JETHRO TULL, RENAISSANCE の豊潤なるミックスなどとも評されます。ただし、デビュー作から続く壮観なコンセプトストーリーをベースとした、大作映画や RPG のサウンドトラック的なアプローチは確かにバンドの確固たるアイデンティティーとなっているのです。
XANTHOCHROID が紡ぐ “Etymos” の物語は、王の血を引く Thanos と Sindir (後に Ereptor) 兄弟による闘争憚。”Of Erthe and Axen” では、”Incultus”, “Blessed He With Boils” 以前、二人の子供時代の出来事を、愛、嫉妬、魔法、戦争、そして欺瞞のエッセンスを交えつつ克明に描いているのです。
“Etymos” のエピック第一幕は、壮大なオーケストレーションと繊細でフォーキッシュな二つの小曲で幕を開けます。作品の全体像を暗示するような意を異にする二つのイントロダクションは、多彩な楽器の導入と新加入の女性シンガー Ali Meador の美麗なる歌声を披露し、共にバンドの拡がる可能性を伝えていますね。
不穏で不気味なディストーションサウンドが静寂を切り裂く “To Higher Climes Where Few Might Stand” はまさに XANTHOCHROID の真骨頂。EMPEROR や OPETH の面影を、クワイアやシンセサイザーで大仰にドラマティックに味付けしたシアトリカルな8分間は、Sam の邪悪なグロウルと伸びやかなクリーンを羅針盤に、ジギルとハイドの如く静と動を行き来します。6拍子のフォルクローレが、ホーンとストリングスを伴って鮮やかにメタリックな華を満開とする中盤の超展開は筆舌に尽くし難いほど見事です。
“To Souls Distant and Dreaming” で DREAM THEATER の遺伝子を垣間見せた後、Sam のパーカッシブギターは進化の証である “In Deep and Wooded Forests of My Youth” を導きます。マンドリンやアコーディオン、フルートを取り入れた JETHRO TULL をも想起させるフォーキーでロマンチックなデュエットは、朗々とした Ali と Sam の歌声でリスナーを月明かりが差し込む深き森、木々の騒めきへと誘うのです。
「”Act Ⅱ” は “Act I” に比べてメタルの要素が強調され、より長いアルバムになっているね。」 とSam が語るように、アルバムの第二幕はアートワークの変化も伴って、大円団に向けてその硬質と絢爛を増して行きます。
男声と女声のクワイアとピアノの流麗な響をイントロとしたあまりに豪壮でドラマティックな “Through Chains That Drag Us Downward” はその象徴でしょう。Sam の背徳的アジテイトや時折挿入されるブラストビートは、確かにバンドのルーツを示しますが、とは言えあまりに拡大された楽曲全体のデザインを鑑みれば、Sam が 「自分たちをブラックメタルと呼んでいるのはジョークのようなもの」 と語ることにも頷けます。
実際、Sam の歌唱が Hansi Kursch を思わせる “Of Aching Empty Pain” などではシンフォニック/シネマティックメタルのパイオニア BLIND GUARDIAN の領域、絢爛さにまで接近しているようにも思えます。
アルバムは、クラッシックなオペラの如く華麗で重厚な11分の大曲 “Toward Truth and Reconciliation” で濃密でダイナミックな作品をリトレイスするかのように幕を閉じました。
今回弊誌では、ボーカル、ギター、キーボードを担当する Sam Meador にインタビューを行うことが出来ました。今回も Jens Bogren がマスタリングを担当しています。全てを DIY で賄っているため知名度こそ低いものの、そのクオリティーは最上級。どうぞ!!

19959358_1787200591297852_1024487884777074018_n

XANTHOCHROID “OF ERTHE AND AXEN ACT I & Ⅱ” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XANTHOCHROID : OF ERTHE AND AXEN ACT I & Ⅱ】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GIZMODROME : GIZMODROME】JAPAN TOUR SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ADRIAN BELEW OF GIZMODROME !!

Gizmodrome_Group_1_c-Massimiliano-Cardelli_small-1501783559

The Police, PFM, Level 42, And King Crimson Got Together, Making An Strange But Absolutely Fantastic Record As Gizmodrome !!

DISC REVIEW “GIZMODROME”

ロック四半世紀の時を刻む、四人の傑出したミュージシャンが集結したスーパーグループ GIZMODROME が唯一無二の色彩を放つデビュー作 “Gizmodrome” をリリースしました!!マエストロが紡ぐ多彩かつユニークな “パンクプログ” “プログレッシブポップ” の造形は、ある種定型化したシーンに贖いがたい魅力的な誘惑を放ちます。
THE POLICE の大黒柱 Stewart Copeland を中心として、鍵盤の魔術師 PFM の Vittorio Cosma、LEVEL 42 のスラップキング Mark King、そして KING CRIMSON のギターイノベーター Adrian Belew が参集。GIZMODROME はパンク、ポップ、ニューウェーブが花開いた80年代初頭の風をプログレッシブのテクニックに乗せて運ぶ素晴らしき “Gizmo” “仕掛け” の体現者だと言えるでしょう。
「レコーディングの鍵は素早さだったね。長々と時間をかけることなく、ただ楽しんで行ったんだ。」 と Adrian が語る通り、アルバムは音楽本来のワクワク感、楽しさ、多幸感に満ちています。
アルバムオープナー、”Zombies In The Mall” は GIZMODROME の “生態” を目の当たりに出来る楽曲かも知れませんね。THE POLICE が遺したポップパンクの遺産と、LEVEL 42 のジャズファンクが、プログレッシブなポルカの上でダンスを踊る奇跡。Stewart 自らがプレイしたというトロンボーン、Adrian の巧みなアコースティックギターも重要なアクセントになっていますね。
実際、バンドはポップパンク、ロック、ジャズファンク、プログレッシブという異なるジャンルから一名づつ選抜されたハイブリッドな “多音籍軍”の 顔を持ちます。そしてその4人の選ばれしヴァーチュオーソは究極に楽しみながら、ユーモラスなまでにエクレクティックな音楽のショーケースを披露しているのです。
“イタリア” というロケーションが、この自由で楽観的なムードに更なる追い風となった可能性もありますね。Stewart もレコーディングにおいて、話題の大半が音楽ではなく、パスタやピザについてだったと認めています。
勿論、GIZMODROME のフレキシビリティーが Frank Zappa に通じると感じるリスナーも多いでしょう。事実、レコードの大部分でリードボーカルを務めた Stewart のモノトーンな声質やイントネーションは、Zappa のそれと近いようにも思えます。
インタビューで Adrian が語る通り、Adrian & King のメロディックなコーラスが Stewart のボーカルを際立たせ、VAN HALEN におけるダイヤモンドデイヴの如く極上のストーリーテラーに仕立てあげている部分も、マルチに歌えるバンドならではの実に興味深いチャレンジですね。”Summer is Coming” の BEACH BOYS もしくは TOTO を想起させるコーラスワークは、まさに GIZMODROME の豊潤な可能性の一つだと言えるでしょう。
もしかしたら GIZMODROME は最も成功した音楽の “Back to the Future” なのかも知れません。「僕は二つの要素をミックスするのが好きだね。テクノロジーとオーガニックをね。」 と Adrian が語るように、確かに “Gizmodrome” には古き良き時代の大らかな空気と、現代的なサウンド、コンテンポラリーで多様な創造性のエッセンスが奇想天外に共存しています。
“American People” を文字ったユーモラスな “Amaka Pipa” はまさにその象徴でしょう。Stewart のトライバルなリズムは、Adrian の異質でしかし温もりのある “Foxtone” と溶け合いラップ調のボーカルを誘います。ジャズのビートやブルースの精神まで内包したユニークかつ多彩な一曲は、ルーズで発想豊かなジャムセッションのムードとモダンなデザインを共有するバンドのランドマークなのかも知れませんね。
それにしても Rolling Stone 誌 “100 Greatest Drummers of All Time” で10位にランクした Stewart のドラミングはやはり伊達ではありませんね。左利きにも関わらず右利きのセットでプレイする彼の稀有なスタイルは、スネア、リムショット、ハイハットのダイナミズムに特別な魔法をかけ、THE POLICE 時代から培ったレゲエを初めとする世界中のリズムを見事にロックと融合させています。”Gizmodrome” の楽曲の大半がワールドミュージックを隠し味としているのは、Stewart がメインコンポーザーであることと密接にリンクしているのです。
今回弊誌では Adrian Belew にインタビューを行うことが出来ました。”Stay Ready” は象徴的ですが、彼の風変わりでイタズラ心満載のリックがなければ作品の魅力は半減していたことでしょう。さらには KING CRIMSON, Robert Fripp に対する愛憎入りまじる複雑な感情を、これほど顕にしたインタビューは世界でも初めてかも知れません。来年4月には来日公演も決定しています。どうぞ!!

20841122_1953629398252449_5073016089475384877_n-2

GIZMODROME “GIZMODROME” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GIZMODROME : GIZMODROME】JAPAN TOUR SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SONS OF APOLLO : PSYCHOTIC SYMPHONY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DEREK SHERINIAN FROM SONS OF APOLLO !!

20767826_203182030215604_1880617281830659371_n

Prog-Metal Super Group, Sons Of Apollo Brings A Lethal Combination Between True Rock N’ Roll Swagger And The Virtuosity With Amazing Debut Record “Psychotic Symphony” !!

DISC REVIEW “PSYCHOTIC SYMPHONY”

古今無双の勇士達が肝胆相照らすメタル/ロックシーンのドリームチーム SONS OF APOLLO が、威風堂々たるデビュー作 “Psychotic Symphony” をリリースしました!!夢劇場のロックサイドを司り、そして幽寂に退場した二人のソウルメイトを軸として紡がれる類まれなるシンフォニーは、芸術の神アポロンの遺伝子を稠密なまでに引き継いでいるのです。
“God of The Drums”, Mike Portnoy がプログメタルの天照帝 DREAM THEATER を半ば追われるような形で後にしたのは2010年のことでした。残念ながら自身の核とする大切な場所を離れざるを得なくなった Mike でしたが、しかし以降も前向きに幅広くその唯一無二なるクリエイティビティを発揮して行きます。
SONS OF APOLLO の種が撒かれたのは2012年。Instru-metal を追求するため結成した Portnoy, Sheehan, MacAlpine, Sherinian (PSMS) で、Mike は98年に同じく DREAM THEATER を離れていた Derek “ディストーション・キーボード” Sherinian と再び相見えることとなったのです。
元々、DREAM THEATER においてロックなアティテュードを最も体現していた “The Del Fuvio Brothers”。再度、意気投合した二人は Billy と Mike の THE WINERY DOGS が休止に向かうと新天地創造へと動き出したのです。
「君たちは今夜、歴史を目撃している。」 Yngwie Malmsteen や TALISMAN の活躍で知られる “Voice of Hard Rock”、Jeff Scott Soto は、バンドのファーストギグとなった David Z のトリビュートライブでまずそう高らかに宣言しました。そして確かに “Psychotic Symphony” は、彼らの “過去”を目撃し愛してきたファンにとって、意義深い新たな歴史の1ページに仕上がりました。
アルバムはオリエンタルなイントロが印象的なオープナー “God of The Sun” で早くも一つのクライマックスを迎えます。Jeff の雄々しき歌唱と Mike のシグニチャーフィルが映える11分のエピックにして三部構成の組曲。まさにファンがバンドに待ち望む全てを叶えた濃密なるプログメタル絵巻は、静と動、美麗と衝動、プログレッシブとメタルをすべからく飲み込み卓越した技術と表現力でリスナーの心を酔わせます。
とは言え、アルバムを聴き進めれば、SONS OF APOLLO の本質がプログメタルよりもルーツであるクラッシックなハードロックやプログロックに一層焦点を当てていることに気づくでしょう。
“Coming Home” は彼らのホームグラウンドへと回帰し、同時にフレッシュな息吹を吹き込んだバンドの象徴的楽曲です。RUSH を想起させるシーケンシャルかつメロディックなテーマと、VAN HALEN のエナジーがナチュラルに同居するコンパクトなアンセムは、”プログレッシブハードロック” とでも呼ぶに相応しい煌めきと胎動を誇示します。
「確かにオリジナルコンセプトはプログメタルだったんだ。だけど作曲を始めると、完全に異なる方向へと進んでいったね。僕たちのクラッシックロックやハードロックからの影響が前面に出て来て、それに従うことにしたんだよ。新たなサウンドを創造したと思う。」
そう Derek が語るように、SONS OF APOLLO は “Psychotic Symphony” でプログメタルを切り札、エッセンスの一つとして、よりマスリスナーへとアピールする普遍的でオーガニックな “ロック” を追い求めたと言えるでしょう。硬質と有機性の共存。それは、DREAM THEATER が “Falling Into Infinity” で一度進みかけた”If”の道だったのかも知れませんね。
ただ、”Signs of The Time” はこの5人でなければ生まれなかった奇跡にも思えます。マエストロ Billy Sheehan の踊るように躍動するベースラインを骨子として幕を開けるエネルギッシュでハードな調べは、しかし中盤でガラリとその表情を変化させるのです。
アトモスフェリックな7拍子へと場面が転換し Ron “Bumblefoot” Thal のリードプレイが切れ込むと、多くのリスナーは UK の “In the Dead of Night” を思い浮かべることでしょう。ここには確かにダイナミックな展開美とジャンルの融合が誘う震駭、そして彼らの理想が深々と織り込まれているのです。
実際、元 GN’R は伊達ではありません。Allan Holdsworth さえ凌ぐのではと思わせる圧倒的な7拍子のシュレッドは彼のベストワークと言えるほどに強烈な存在感と個性を放っています。
加えてBumblefoot の千変万化なギターワークは各楽曲のルーツを指し示す大きなヒントともなっており、例えば “Divine Addiction” で Derek と共にまるで DEEP PURPLE の一員が如く振る舞う瞬間などは、実に興味深くエキサイティングだと言えますね。
勿論、アルバムには Derek と Mike が DREAM THEATER で共に残した “A Change of Seasons”, “Falling Into Infinity” の二作が蘇る瞬間も存在します。”Labyrinth” のヴァースや連続音を執拗に鳴らす Derek のリフワーク、”Opus Maximus” でスケールの上下動をフルピッキングで繰り返す場面などではニヤリとほくそ笑むファンも多いでしょう。
Billy の存在意義を改めて確認出来る11分の “Opus Maximus” で、あたかも自らの理想、新たなチャレンジを再びプログレッシブな啓示で包み込むかの如く幕を閉じる “Psychotic Symphony”。今回弊誌では、Derek Sherinian にインタビューを行うことが出来ました。「僕たちは、個々にこれまでやって来たバンドやプロジェクトよりビッグになることを目標にしているんだ。」 つわものどもが”夢”の先。どうぞ!!

20708004_203182026882271_8840906427511213568_n

SONS OF APOLLO “PSYCHOTIC SYMPHONY” : 9.6/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SONS OF APOLLO : PSYCHOTIC SYMPHONY】

MASTERPIECE REVIEW + INTERVIEW 【BETWEEN THE BURIED AND ME : COLORS】10 YEARS ANNIVERSARY !!


METAL SUCKS PRESENTS: INTERVIEW WITH DAN BRIGGS OF BETWEEN THE BURIED AND ME !!

08f0717a-ade9-4623-b739-fd6f0bf41d47

Between The Buried And Me Are Currently Out On Tour Celebrating The Tenth Anniversary Of Their Landmark Album “Colors” By Playing It From Start To Finish Every Night. Bassist Dan Briggs Talks About A Retrospective Essay About How The Band Wrote Was Has Come To Be Considered As A Landmark Modern Progressive Metal Record !!

DISC REVIEW “COLORS”

“We are Between The Buried And Me, and this is Colors.”
“Colors Live” のオープナー “Foam Born (A) The Backtrack” が厳かに幕を開け、ピアノのイントロが一旦静まると Tommy Rogers はそう呟きます。
不朽の名作 “Colors” から10年。Tommy, Paul, Dustie, Dan, Blake の5人で紡ぐ BETWEEN THE BURIED AND ME は確かにこの場所から始まり、その豊かな色彩のスペクトルは現在でも決して色褪せることを知りません。
振り返ってみれば、2003年にリリースした “The Silent Circus” における “Mordecai” はバンドのターニングポイントだったのかも知れませんね。トレードマークであった直感的な衝動のカウンターとして崇高なメロディーを発見した彼らは、”Alaska” でエクスペリメンタルなエクストリーム領域の下地を示した後、現在の5人 “ファンタスティック・ファイブ” を揃えて素晴らしき “Colors” へとたどり着くことになります。そして、この64分の万華鏡が放つプリズムは、バンド自身のみならず、現在のモダンメタル/プログレッシブシーンにとってあまりに鮮烈かつ至高のマイルストーンとなりました。
“モダン=多様性” と定義するならば、”Colors” ほど “モダン” なレコードは未だかつて存在しないでしょう。TOOL の “Lateralus”、THE MARS VOLTA の “Frances the Mute”、PROTEST THE HERO の “Kezia”、SikTh の “Death of a Dead Day”、COHEED AND CAMBRIA の “Good Apollo, I’m Burning Star IV, Volume One: From Fear Through the Eyes of Madness”、MESHUGGAH の “Catch Thirtythree”, ISIS の “Panopticon”、THE DILLINGER ESCAPE PLAN の “Miss Machine”、GOJIRA の “From Mars to Sirius”。ミレニアムを迎え、モダンメタル/プログレッシブに多大な影響を与えたエクレクティックな作品が続々と登場する中で、変革の決定打となったアルバムこそ “Colors” だったのかも知れませんね。
実際、メタル、ハードコア、メタルコアをルーツとしながらも、”Colors” には数え切れないほど豊かな色彩が織り込まれています。ジャズ、クラッシック、プログレッシブ、ワールドミュージック、ブルース、ポルカ、ブルーグラス、デスメタル、ブラックメタル…精密かつ大胆に配置されたインフルエンスの数々は、彼らのルーツとナチュラルに混ざり合い、時にエクストリームに、時にテクニカルに、時にアトモスフェリックに、時にメロディックにリスナーの元へとこの偉大なるエピックを届けるのです。
この作品が後続にとってインフルエンタルであることは、何よりあの DREAM THEATER のマスターマインド John Petrucci でさえ、彼らのセルフタイトルのアルバムが PERIPHERY, ANIMALS AS LEADERS と並んで BTBAM から「影響を受け、インスピレーションとアルバムを形作る助けになった。」 と語っていることからも明らかです。
ギタリスト Paul Waggoner は、「重要なのは、”Colors” の究極なまでにエクレクティックな音楽の数々は、誰か1人のメンバーが思いついた訳ではなく、全員が貢献して達成された点だよ。」 と語っています。確かに Dan もインタビューで、「僕は彼らに OINGO BOINGO とか GENTLE GIANT のようなバンドを紹介したし、彼らは EMPEROR や ULVER を教えてくれたんだ。」 と語ってくれました。ファンタスティック・ファイブがジグソーパズルのピースのごとく完璧に、奇跡的にフィットし補完し合い起こった化学反応。それが “Colors” の本質だと言えるのかも知れませんね。
よりミクロな観点で見れば、ギターリフのフレキシビリティを飛躍的に高めたこともこのレコードの功績だと言えるでしょう。メタルコアの興隆により、リードプレイのようにテクニカルなリフワークは徐々に浸透して行きましたが、それでもやはり “リフ” と “リード” の境界線は確実に存在したはずです。
あくまでも “リフ” はボーカルの伴奏として繰り返されるもの。”リード” は自由な自己表現の舞台。そんなトラディショナルな考え方を根底から覆したのが “Colors” であり、PROTEST THE HERO の “Kezia” であり、SikTh の “Death of a Dead Day” だったのではないでしょうか?
“Colors” のリフワークを聴けば、低音弦ではパターンやリズムを細かく変えながら、高音弦では自由自在にフレットを駆け巡る、フレキシブルかつ創造性豊かな “バッキング” が伴奏として見事に成立していることが分かります。そして、AAL 革命、Djent 前夜に繰り広げられたあまりに重要なこのコペルニクス的転回は、言うまでもなく様々なメタルジャンルにおいて今では定石として根付いているのです。
Dan は “Colors” を収録曲 “White Walls” になぞらえ “空間や考え方に限定されず、僕らの周りにある壁を全て壊してしまうように色彩たちがが鮮やかさを増していく” アルバムだと語ります。バンドは当時プログやメタルの既成概念を破壊した後、夜空に美しき虹をかけました。そして10年を経た今、”Colors” 10周年を祝う完全再現ツアーを終えた後、バンドは再び “未来” へと向かい新たな色彩のマジックを掲げてくれるでしょう。
今回弊誌では、US Metal Sucks, Gear Gods 誌と連携してベーシスト Dan Briggs の “Colors” 製作秘話を完全掲載することが出来ました。NOVA COLLECTIVE に続き今年2度目の登場です。「僕たちはいかにして “Colors” を制作したのか」どうぞ!!

Between_The_Buried_y_Me-Colors-Frontal

BETWEEN THE BURIED AND ME “COLORS” : ∞/10

続きを読む MASTERPIECE REVIEW + INTERVIEW 【BETWEEN THE BURIED AND ME : COLORS】10 YEARS ANNIVERSARY !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHELSEA WOLFE !!

Chelsea Wolfe by Bill Crisafi

PHOTO BY BILL CRISAFI

Certainly, Folk/Rock/Experimental Artist Chelsea Wolfe Took A Step Toward More Dark Side, Heavy Realm, Sludge World With Her Outstanding New Record “Hiss Spun” !!

DISC REVIEW “HISS SPUN”

ダークでスピリチュアルな崇高美を追求する、ノースカリフォルニアの堕天使 Chelsea Wolfe が、そのゴシカルなイメージをスラッジメタルの世界へと解き放つ最新作 “Hiss Spun” をリリースしました!!審美のダークサイドを司るエクストリームアートの女王は、至上の環境、チームを得てより鮮明にその印象を増しています。
近年、Chelsea と彼女の右腕 Ben Chisholm の冒険は、出自であるゴシックフォークの枠を容易く超越し、ドゥームの翳りを宿すインダストリアル、エレクトロニカ、ノイズ、ドローンにまでアプローチの幅を拡げて来ました。陰鬱にして甘美、アーティスティックで創造性豊かなそのジャンルの邂逅は、Chelsea の幽美なビジュアルやスピリチュアルな一面とも共鳴しながら、この混沌とした世界に安寧を喚起するメディテーションの役割を果たして来たのかも知れませんね。
“Spun” の凄艶なディストーションサウンドでスラッジーに幕を開ける “Hiss Spun” は、リスナーの思念、瞑想にある種の直感性を差し伸べる、よりヘヴィーで正直なアルバムです。
「これは、ヘヴィーなレコードでロックソングを求めていたの。」 実際、Chelsea はそう語っています。故にRED HOST 時代のバンドメイト、ドラマー Jess Gowrie とのリユニオンは必然だったとも。
確かにこのレコードの陣容は彼女の言葉を裏付けます。リードギタリストに QUEENS OF THE STONE AGE の Troy Van Leeuwen を起用し、ex-ISIS の Aaron Turner をゲストボーカルとして招聘。さらに CONVERGE の Kurt Ballou をプロデューサーに指名した采配の妙は間違いなくこのレコードの方向性を諮詢していますね。
セカンドトラック “16 Phyche” はアルバムを象徴する楽曲かも知れません。蝶の羽を得て人間から変異を遂げた美しき魂の女神、そして火星と木星の間を公転する小惑星の名を共有するこのコズミックで漆黒のヘヴィーバラードは、自由を奪われ制限される人生をテーマとしています。
「8年間、故郷ノースカリフォルニアを離れてロサンゼルスにいたんだけど、LAは私と共鳴することは一度もなかったの。私の心はいつもノースカリフォルニアにあったのよ。大きな木々、山や川の側にね。」 Chelsea はそう語ります。
遂に家族と自然、スピリチュアルなムードに溢れた故郷へと帰還し、心の平穏と安寧を取り戻した彼女は、閉塞的で捌け口のない当時の自分を反映させた魂の情歌へと辿り着いたのでしょう。
実際、”Twin Fawn” にも言えますが、彼女も認める通りこの楽曲における Chelsea の歌唱はよりパーソナルで内面全てを曝け出すような壮絶さを宿します。フィードバックと不穏なムードが支配する重密なサウンドとも絶妙にシンクロし、彼女のエモーションは現代社会の閉所恐怖症とも形容可能なイメージをも楽曲に映し出しているのです。
“Hiss” とはホワイトノイズ、つまり雨音や川のせせらぎ、鳥の囀りといった自然と人間を繋ぐ雑音を意味する言葉だと Chelsea は教えてくれました。トレモロリフとポストメタルの重厚で奏でられる “Vex” で Aaron Turner の剛胆な咆哮は大地の感覚、アーシーなホワイトノイズだとも。
Aaron の声が大地の咆哮なら、浮遊感を伴う Chelsea の声はさながら虚空のスキャットでしょうか。楽曲の最後に挿入された森のざわめきに耳を澄ませば、彼女のメッセージが伝わるはずです。ヘヴィーとエセリアルのコントラストで表現される自然に対する強い畏怖は、現代社会が忘れつつある、しかし忘れてはならない貴き精神なのかも知れませんね。
確かにヘヴィーでスラッジーなアルバムですが、同時に “Twin Fawn”, “Two Spirit” のような自身のアイデンティティー、ゴシック/フォークにフォーカスした楽曲や、近年養って来たインダストリアル/ノイズ要素を分断に盛り込むことで、作品は Chelsea の多面的な才能を映す鏡、ある意味集大成的な意味合いも保持しています。そして勿論、女性としての一面も。
アルバムは、魔女の如き甲高い歌声が印象的な “Scrape” で幕を閉じます。様々な怒りやヘヴィーな祈りが込められたアルバムには、当然 Chelsea の一人の女性としての怒りも封じられています。あの禍々しき魔女裁判が行われたセイラムでレコーディングが行われたことも、偶然ではないのかも知れませんね。
今回弊誌では、Chelsea Wolfe にインタビューを行うことが出来ました。彼女がゲスト参加を果たしている MYRKUR の最新作も同様に素晴らしい内容。併せてチェックしてみてくださいね。どうぞ!!

4PAN1T

CHELSEA WOLFE “HISS SPUN” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TONY MACALPINE : DEATH OF ROSES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TONY MACALPINE !!

20369791_10156542511729517_3712328381922289182_o

One Of the Most Satisfying Listens In The Shred Scene, “Death of Roses” Represent A Triumphant Comeback For Virtuoso, Tony MacAlpine !!

DISC REVIEW “DEATH OF ROSES”

癌との戦いに打ち勝った不撓不屈のギターマスター Tony MacAlpine が、復活の狼煙を上げる “Death of Roses” をリリースしました!!マエストロの新たなチャプターは、自身の “ハイライト” と断言する煌めく七つのモメンタムから始まります。
Tony が癌を患っている事実を公表したのは、2015年8月のことでした。快作 “Concrete Gardens” をリリースし、翌月には来日公演を控えて順風満帆まさに第二の全盛期を謳歌していた Tony のショッキングなニュースは即座にギター、メタルコミュニティーを駆け巡り、世界中のファンが彼の身を案じたのです。
祈りと支援の輪は当然ミュージシャンにも広がりました。2015年の12月に開かれた Tony のベネフィットコンサートには、Steve Vai, Zakk Wylde, John 5, Mike Portnoy, Billy Sheehan, Derek Sherinian といったレジェンドが集結。さらに Steve Stevens, Paul Gilbert, Steve Lukather, Joe Satriani 等のビッグネームも Tony のために自身のギターをドネートしたのです。
「Tony は親友で、実にスイートな人間で、最も才能のあるミュージシャンの一人だよ。」 コンサートを牽引した元バンドメイト Mike Portnoy はそう語ります。実際、インタビューを読めば彼の真摯で優しい人間性と音楽に対するストイックな考え方が浮き彫りになるはずです。
実は Tony を見舞った悲運は自らの病のみではありませんでした。時を同じくして愛する妻も癌に侵されていたのです。「病床からずっと妻のこと、彼女が経験しているであろうこと全てを心配していたんだよ。」 彼のこの言葉には、しばしば音楽の中にまでも滲み出るTony の豊かで温かな人間性が反映されていると感じました。
家族と共に困難な時を乗り越えた Tony が遂に音楽の世界へと帰還を果たす新作 “Death of Roses”。ハイライトであり新たなチャプターだと語る作品はまさに Tony の過去と未来の架け橋です。
31年のキャリアを通して、Tony はプログレッシブメタル、インストゥルメンタル、ジャズ/フュージョンの世界を股に掛けコアな音楽ファンに自身の純粋なる音のメッセージを伝え続けて来ました。
ヴァイオリンの技術を投影したシュレッドのみならずピアノまでをも自由自在に操り、クラシカルな旋律と流暢なギターハーモニーでエセリアルな美のシンフォニーを奏でた初期のソロアーティスト時代。Derek Sherinian, Virgil Donati とタッグを組みメタルとフュージョンを融合させた画期的なプロジェクト PLANET X。よりジャズ/フュージョンへとフォーカスしグラミーにもノミネートされたミュージシャンシップの権化 CAB。Steve Vai との共闘。Mike Portnoy, Billy Sheehan, Derek Sherinian、歴戦の強者たちとの邂逅、プログレッシブスーパーグループ PSMS。現代音楽への傾倒、そして多弦ギターと Djenty な要素まで吸収した近年のコンテンポラリーなスタイル。
復活の Tony が奏でる音楽は、その全てのエレメントがジグソーパズルのピースの如く集約し組み上げられた美しき曼荼羅、すなわち彼の本質であり中心なのかも知れませんね。
オリエンタルでキャッチーなメロディーと Vai ライクなスケールのチョイスが秀逸なアルバムオープナー “Chrome Castle”、スリリングなフュージョンの遺伝子を宿すシステマティックなコンポジションが Djenty でソリッドなリズムに映える “Axiomatic Jewels”、持ち前のクラシカルな素養とピアノの響きが多弦ギターの重低音と調和する “Synthetic Serenity”。実際、様々な要素が絡み合いレイヤーされた複雑でしかし頭に残る楽曲の数々は、Tony のミュージシャンとしての深潭、度量、奥深さを感じさせるに充分なクオリティーを誇ります。
中でもタイトルトラック “Death of Roses” のブルースを著しくエッジーに深化させる試みは、Scott Henderson, Hiram Bullock といった “本物” と浮名を流してきたハンガリアンセンセーション Gergő Borlai​ の助力も得て、作品に類まれなるダイナミズムをもたらしていますね。Jeff Beck, そしてその Henderson とはまた異色のブルースに対する切り口が光ります。
アルバムは、MESHUGGAH が奏でる現代音楽といった様相の低音リフと、アンビエントで優雅な調べが交互にダンスを踊る “Shundor Prithibi” で幕を閉じました。もしかしたら、Tony はここに病床で感じた闇と光を投影しているのかもしれません。そしてベンガル語で “美しい地球” を意味する “Shundor Prithibi” は、2枚組として設計された “Death of Roses” の後半、新たな宇宙へと繋がっていくのです。
今回弊誌では、Tony MacAlpine にインタビューを行うことが出来ました。「インストゥルメンタルミュージックは人間の精神世界への道であり、僕たち全員を結びつけるものなんだよ。」 二度目の登場です。どうぞ!!

21032577_10156651314894517_8929387060795538029_n-2

TONY MACALPINE “DEATH OF ROSES” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TONY MACALPINE : DEATH OF ROSES】