タグ別アーカイブ: prog-metal

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【RIVERS OF NIHIL : WHERE OWLS KNOW MY NAME】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ADAM BIGGS FROM RIVERS OF NIHIL !!

27629412_10155570961834317_1067238401963773275_o

Pennsylvania Based Progressive Death Metal Quinted, Rivers Of Nihil Contribute To Re-branding Death Metal Into A Eclectic, Expressive Art-form With Incredible New Record “Where Owls Know My Name” !!

DISC REVIEW “WHERE OWLS KNOW MY NAME”

遂に食物連鎖の頂点へと躍り出たペンシルベニアの梟神 RIVERS OF NIHIL が、深遠かつエクレクティックなプログレッシブデスメタルへとドラスティックな変貌を果たす傑作 “Where Owls Know My Name” をリリースしました!!生と死、そして知性を司る伝承の神明は、猛禽の鋭さと神々しきアトモスフィアでシーンの潮流を支配します。
テクニカル、メロディック、デスコア、ブルータル。雨後の筍のごとく現れるデスメタルアクトの大半は、エモーションのスペクトルを怒りに起因する狭い領域へとフォーカスし、ある意味では檻の中で固定観念と共に囚われているようにも思えます。
「この作品では、僕たちが期待されているようなサウンドを放棄した。」と Adam が語るように、RIVERS OF NIHIL が “Where Owls Know My Name” で達成した偉業は、真にユニークな感性で鋼鉄の慣習から羽ばたいたその勇気にあると言えるでしょう。
多様で創造性に満ち、複雑でしかし凄艶な星の一生を目撃するサイエンスフィクションは、数年前に FALLUJAH がアトモスフィアと共に導入したジャンルのパラダイムシフトをも超越し、さらに時空を行き来するタイムマシンなのかも知れませんね。
アルバムオープナー “Cancer / Moonspeak” は来たるべき運命、旅路のムードを決定づけます。まるで CYNIC のような浮遊するアンビエントは、アコースティックの響き、レトロなシンセ、ムードに満ちたクリーンボイスを伴ってリスナーを深遠なるストーリーへと誘います。
刹那、雷鳴のように鋭利なギターリフが轟くと雰囲気は一変。革命的な “The Silent Life” がスタートします。揺るぎのない無慈悲なアグレッションとインテンスは、徐々に理知的なギターと官能のサクスフォンが支配するスロウなジャズブレイクへと転換していきます。その変化は驚くほどにナチュラルでオーガニック。そうして静と動、混沌と平穏のコントラストは終盤に向けて奇跡の融解を遂げるのです。まるで人生本来の姿を描くかのように。
CANNIBAL CORPSE と KING CRIMSON が果たした未知との遭遇。例えることは容易いですが、実際、獰猛な猟奇性と神々しき英知を寸分も失うことなく一つのサウンドクラフトに収めることがどれほど困難かは想像に難くありません。何より彼らのデザインはあまりに自然で、神々の創造物のように生き生きとした姿を晒しているのですから。
厳かなクリーンボーカルを導入し、モダンなメロディックデスメタルにサイケデリックな夢幻のアトモスフィアを付与した “A Home”、激烈なアサルトに一片の叙情を込めて老衰の無常を伝える “Old Nothing” を経て辿り着く “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)” はアルバムのハイライトだと言えるでしょう。
“Epitaph” を思わせる悲壮なアコースティックをイントロダクションに据えた8分30秒のエピックは 「KING CRIMSON は僕のオールタイムフェイバリットバンドなんだよ。」と Adam が語る通りクラッシックなプログロックの息吹を全身に宿した濃密な叙情のスロウダンス。ソフトでエレガントな繊麗と、野蛮で蒼然としたアグレッションは、ギターやサクスフォン、オルガンのトラディショナルで大胆ななソロワーク、プログロックのダイナミックな変拍子やシーケンスを抱きしめながら、詩情と偉観そして奇妙なカタルシスを伴って文明の移り変わりを描く壮大なマグナムオパスを形成するのです。
一方でこの大曲には、djenty なリフワークやシンフォブラックの狂騒などコンテンポラリーな一面も散りばめられており、幽玄なクリーンボイスが創出する崇高美とも相俟って、もしかすると NE OBLIVISCARIS が纏う神秘ともシンクロしているのかも知れませんね。
続くインストゥルメンタル “Terrestria III: Wither” では、情景を切り取るポストロックのデザインを導入し、コンテンポラリーなエレクトロニカやアンビエント、インダストリアルノイズのキャンパスに冷徹かつ耽美な絵巻物を描いてみせるのですから、バンドのエクレクティックな感性、タイムラインの混沌には驚かされるばかりです。
アルバムは、バンドの審美を全て詰め込んだタイトルトラックで再度サクスフォン、ヴィンテージシンセ、クリーンボイスの温もりを呼び起こし作品のコアを認識させた後、ダークなギターがメロトロンの海を切り裂く “Capricorn / Agoratopia” で荘厳にリリカルに、一握りの寂寞を胸に秘め星の死を見届けながらその幕を閉じました。
今回弊誌では、ベース/クリーンボーカルを担当する Adam Biggs にインタビューを行うことが出来ました。まさにメタルとプログのタイムラインに交差する異形のランドマーク。モダン=多様性とするならばこの作品ほど “モダン” なスピリットを抱いた奇跡は存在しないでしょう。ex-THE FACELESS の Justin McKinney、BLACK CROWN INITIATE の Andy Thomas もゲストとして素晴らしい仕事を果たしています。どうぞ!!

29512579_10155704433204317_8025556343368814659_n-2

RIVERS OF NIHIL “WHERE OWLS KNOW MY NAME” : 10/10

INTERVIEW WITH ADAM BIGGS

30571291_10155758717264317_9042077928237563904_n

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about you and band itself? What kind of music did you listen to, when you were growing up?

【ADAM】: I’m Adam Biggs, I play bass, write lyrics and do vocals for Rivers of Nihil. The band got started in Reading, Pennsylvania in 2009, we got signed to Metal Blade records in 2012 and we’ve been touring and putting out records ever since.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたのバックグラウンドからお話していただけますか?

【ADAM】: 僕は Adam Biggs。RIVERS OF NIHIL でベースをプレイし、歌詞を書いてボーカルも担当しているんだ。バンドは2009年に、ペンシルベニアのレディングで産声をあげたんだ。2012年に Metal Blade Records の契約を得て、以来ツアーとリリースを続けているよ。

Q2: What inspired you to start bass guitar or vocal? Who was your musical hero at that time?

【ADAM】: It’s hard to say really, I only barely knew what a bass was when I started playing. I got my first bass as a Christmas gift so I started looking more into the instrument then.
I think the first bassists I was really aware of were Feildy from Korn and Les Claypool, so I really wanted to emulate those styles. A little later on I discovered Cannibal Corpse and Alex Webster and that really set things off for me in a positive way.

Q2: では、ベースやボーカルを始めたきっかけや当時のヒーローについて教えていただけますか?

【ADAM】: その質問に答えるのはなかなか難しいね。というのも、僕はベースを始めた時、ベースという楽器についてほとんど何も知らなかったんだから。実は最初のベースはクリスマスプレゼントだったんだ。そして、そこからこの楽器について学んでいったんだよ。
最初に気になったベーシストは、おそらく KORN の Feildy と、PRIMUS の Les Claypool だったと思うんだ。だから、彼らのスタイルに匹敵するようなプレイをしたいと思っていたね。そらから少しして、CANNIBAL CORPSE の Alex Webster を発見したんだ。そしてその発見がポジティブな意味で、僕に火をつけたと言えるね。

Q3: How did the band come to be? What’s the meaning behind your band name “Rivers of Nihil”?

【ADAM】: The band, originally, was sort of a combination of members of a few bands from our area. We decided we wanted to take Music more seriously than a lot of our local peers at the time, so we put together a sort of “best of the best” of local metal talent, and thus Rivers of Nihil was born. The name was created by our vocalist and it sort of represents a “flow into nothingness”.

Q3: RIVERS OF NIHIL というバンド名にはどのような意味が込められているのでしょう?

【ADAM】: このバンドはもともと、僕たちの住むエリアでいくつかのバンドのメンバーが集まってプレイしていたところから始まったんだ。そこから、僕たちはその当時のローカルな雰囲気から脱して、より音楽をシリアスな段階へ進めようと決めたんだよ。だから、ペンシルベニアのメタルシーンで最強メンバー、メタルタレントを選りすぐって、RIVERS OF NIHIL が生まれたんだよ。
RIVERS OF NIHIL “虚無の川” というバンド名は、ボーカリスト Jake Dieffenbach が生み出したんだけど、”空虚へと流れ注ぐ” といった状態を表現しているんだよ。

Q4: So, let’s talk about your newest record “Where Owls Know My Name”. Actually, I really love your two previous albums, but I feel this one is your next stage. Definitely, it’s your milestone, I think. In the writing, recording process, how have you evolved or changed from your previous release?

【ADAM】: I think the major thing we accomplished with this record is we just sort of abandoned our expectations of what we’re supposed to sound like. We definitely didn’t want to feel pigeonholed into being a “technical death metal” band anymore, or at least not strictly that. We have a wide variety of music we enjoy as people, more things influence us than metal and we wanted to make “Where Owls Know My Name” really represent us in that way.

Q4: では最新作、”Where Owls Know My Name” について話しましょう。過去のレコードも良い作品でしたが、このアルバムは完全にネクストステージへと到達していますね?

【ADAM】: 僕たちがこのレコードで主に達成したのは、僕たちが期待されているようなサウンドを放棄したことだけだと思うんだ。間違いなく僕たちは、”テクニカルデスメタル” バンドみたいに狭い領域のレッテルを貼られたくはなかった訳だよ。少なくとも厳密にそう区別されたくはなかったんだ。
リスナーとしての僕たちは、幅広い音楽的な背景を持っていて、メタルよりも多くの影響を咀嚼して来ている訳さ。だから、”Where Owls Know My Name” ではそういった自分たちのありのままの姿を表現したかったんだ。

27747946_10155570961704317_882852906435289833_o

Q5: It’s not big secret, Rivers of Nihil have a main theme about life and death. In the Ancient Greece, Owl is a symbol of Wisdom, and in Japan, Owl is a symbol of Death. Anyway, could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【ADAM】: The story of the album follows the last intelligent being on Earth, who has walked for a millennia watching the world die around him. And, to be the sole intelligent witness of the death of the planet. This story, however, is sort of just an emotional framework for what’s going on in these songs. Really, there are a lot of very personal feelings being expressed in the album. It has a lot to do with getting older and feeling the world around you become unrecognizable, and maybe even becoming unrecognizable yourself.

Q5: 日本でフクロウは “死” の象徴で、古代ギリシャでは “知性” の象徴でした。RIVERS OF NIHIL の扱うビッグテーマが “生と死” についてであることは明らかですが、今回特にフォーカスしたコンセプトについてお話していただけますか?

【ADAM】: アルバムの物語は、地球上に残る最後の知性を持つ生物を主人公として追っているんだ。彼は何千年もの間、世界が彼の周りで滅ぶのを見ながら歩み続けて来たんだよ。そうして星の死を見届ける運命を背負っているんだよ。
だけどね、この話は、アルバムの楽曲で何が起こっているのかを写す感情的な枠組みのようなものなんだ。 アルバムには、本当に、非常に個人的な感情がたくさん存在しているんだからね。
そういった感情は、年を重ねる事ととても関係していてね。歳を取ると、周りの世界が認識できなくなり、遂にはきっと自分自身も認識できなくなってしまうんだよ。

Q6: I really surprised about songs like “The Silent Life” “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)”. Actually, there is no band who mixed death metal and prog such a natural way! OK, maybe most of music fans remind King Crimson from the songs and saxophone sound. Have you influenced by such a prog giants?

【ADAM】: Absolutely, King Crimson is my favorite band of all time. We (particularly Brody and myself) are huge classic prog fans. Influence from Crimson, Floyd, Genesis, and Yes really seeped into our minds while writing this one. But yes, it was always very important to us to include these influences naturally and not make them feel shoehorned into our sound. The emphasis is still heavily on the songcraft.

Q6: “The Silent Life” “Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)” といった楽曲には本当に驚かされましたよ。デスメタルとプログロックをこれほどナチュラルに融合させたアーティストは、あなたたちが初めてでしょうね。今回、KING CRIMSON をはじめとするプログロックの巨人は大きなインスピレーションの源だったと言えますか?

【ADAM】: 間違いないね!KING CRIMSON は僕のオールタイムフェイバリットバンドなんだよ。僕たちは、まあ特に Brody と僕なんだけど、クラッシックなプログロックの大ファンなんだ。KING CRIMSON, PINK FLOYD, GENESIS, そして YES からの影響はこの作品を書いている間中、僕たちの精神に浸透していたんだよ。
それに、うん、君が言うようにそういったプログロックの影響を自然に取り入れることは、僕たちにとってとても重要だったんだ。無理矢理サウンドに組み込むのではなくね。それでもソングクラフトの中でしっかりと強調されているんだよ。

Q7: Speaking of Saxophone, the instrument and clean vocal is kind of “Key” elements of the album. Do you agree that? What’s these elements to you?

【ADAM】: To me, honestly, they just feel like added pieces of the production. Metal is the only genre I can think of where the “traditional” instrumentation is such an integral piece of what the genre even is. If you listen to music from almost any “non-metal” genre you’re going to hear all sorts of elements pop up all over the place, not just in an album to album basis but a song to song basis too. So we figured we could just treat our record like anything else we would hear outside of the greater metal purview.

Q7: KING CRIMSON ともシンクロするサクスフォン、そしてクリーンボーカルは今作における肝だと感じました。

【ADAM】: 正直、そういった要素はプロダクションの中で僕たちが意図的に “付け加えた” ピースだと考えているんだ。つまりそれは、メタルはどんなジャンルであれ、”伝統的な” 楽器がとても不可欠なものと思える唯一の音楽だからなんだけど。
対して、ほとんどの “メタル以外”の音楽を聴いてみれば、アルバムとアルバムの違いだけじゃなくて、一つのアルバムでも曲と曲の間に様々な要素が飛び出してしてくることに気づくはずさ。 だから僕たちは、偉大なるメタルの範囲外で聞く何かのように、僕たちのレコードを扱うことができればと考えたわけさ。

Q8: Also, “Terrestria Ⅲ: Wither” and title track “Where Owls Know My Name” have definitely post rock, electrical elements. Off Course, Fallujah has mixed such an “Atmosphere” and death metal, but I think Rivers of Nihil did it in more drastic, experimental way, right?

【ADAM】: It’s true that Fallujah and us use a lot of similar elements, but I think we’ve each made distinctly different uses of our available tools. The attitudes present in the music of each band are, in my opinion, drastically different. I think there’s plenty to enjoy in both bands that are totally unrelated.

Q8: 一方で、”Terrestria Ⅲ: Wither” やタイトルトラック “Where Owls Know My Name” にはポストロックのアトモスフィアも根付いていますよね? FALLUJAH にもアトモスフェリックな要素は存在しますが、あなた達の方がより大胆に導入しているようにも感じます。

【ADAM】: そうだね、確かに FALLUJAH と僕たちの間にはたくさん似た部分が存在するよね。ただし、利用可能なツールの使い方ははっきりと違ったものにしてきたと思っているんだ。僕の意見では、互いのバンドの音楽に存在するアティテュードは大きく異なると思うんだよ。それ故に、両方のバンドを完全に無関係なものとして楽しむことのできる部分がたくさんあると思うな。

27629373_10155570961709317_1249437978338367685_o

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ADAM’S LIFE

KING CRIMSON “IN THE COURT OF THE CRIMSON KING”

In_the_Court_of_the_Crimson_King_-_40th_Anniversary_Box_Set_-_Front_cover.jpeg-2

NECROPHAGIST “EPITAPH”

Epitaph_cover-2

MARILYN MANSON “MECHANICAL ANIMALS”

Marilyn_Manson_-_Mechanical_Animals

THE FACELESS “PLANETARY DUALITY”

220px-Planetary_Duality

BETWEEN THE BURIED AND ME “COLORS”

220px-Colors1

MESSAGE FOR JAPAN

3540301156_photo

Hopefully we see you soon!

出来れば、みんなとすぐに会えるといいな!

ADAM BIGGS

RIVERS OF NIHIL Facebook Page
RIVERS OF NIHIL Twitter
RIVERS OF NIHIL Bandcamp
METAL BLADE RECORDS Facebook Page
METAL BLADE RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

EXCLUSIVE INTERVIEW 【CONCEPTION : ROY KHAN】2018 REUNION SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ROY KHAN OF CONCEPTION !!

30849024_1603631989684553_6844367916948977232_o-2

The Voice Of Prog-metal, Former Kamelot Singer Roy Khan Is Back With Reunited Norwegian Legend Conception !!

CONCEPTION IS BACK !!

時代に咲いた鮮やかな徒花、ノルウェーが産んだプログメタルレジェンド CONCEPTION が遂に帰ってきます!!長すぎた沈黙を破る伝説の帰還は、不世出のシンガー Roy Khan の復活を伴いシーンに歓喜の渦を巻き起こしています。
KAMELOT の金看板として、その艶やかで煽情的な歌唱を披露していたスーパースター Roy Khan がバンドからの脱退を表明したのは 2011年春の事でした。音楽大学でオペラと声楽を学んだ Roy の歌唱技術、歌に込めるエモーション、ファルセットの魔法は別格。「もし僕があの時 KAMELOT を辞めていなかったとしたら、今日僕はここにいないだろう。」とインタビューで語った通り、不可避な “燃え尽き症候群” の治療が要因とはいえ、作曲にも大いに貢献を果たしていたマエストロ突然の離脱はあまりにショッキングな出来事でした。
「僕は本当に音楽に関係する全ての人に対して、全てのコミュニケーションをシャットダウンしたんだからね。」音楽から離れていた7年間、Roy は教会の職員や教師として働いていたようです。その生活も悪くはなかったと話すシンガーは、しかし遂に自身の才能を再び世界に解放する準備が整ったと溢れる自信を漲らせます。
「実際に僕たちが解散したことはないんだよ。何と言うか、棚上げしていたって感じだったね。」 という言葉が裏付けるように、友人として連絡を取り続けていた CONCEPTION が Roy 復帰の舞台となったのは自然で最良の選択に思えます。実際に、バンドは2005年にライブ限定で一時的なリユニオンを果たしていますし、”ここ何年かは何度も、いつかある時点で何かやりたいねと話して” いた訳ですから。
神秘的で崇高、ある種哲学的とも言える CONCEPTION の “プログレッシブ” は、登壇が少し早すぎたのかもしれませんね。スパニッシュギターが夕日に映えるデビュー作 “The Last Sunset”、キャッチーでドラマティック、稀代のバラード “Silent Crying” を擁する “Parallel Minds”、複雑かつ荘厳な楽器の宗儀 “In Your Multitude”、そして冷徹でダークな歌の涅槃 “Flow”。
「僕たちはいつも、自分たちをリニューアルしようと心掛けて来たんだよ。それまでに作った楽曲のようなサウンドを持つ新曲を作らないというのが、バンドのポリシーだったんだ。」と語る通り、これまで CONCEPTION が残した4枚の作品は確かに全て合わせた焦点が異なります。
しかしそれでもその勇敢なる多様性、DREAM THEATER の “Awake” を推し進めたかのような独特の内省的なアトモスフィア、近年の FATES WARNING にも通じるインテリジェンスの糸を巡らすダークなインテンシティー、そして SEVENTH WONDER にも受け継がれた洗練のデザインは全ての作品に浸透しており、まだまだ与し易いスピード&パワーが全盛だった当時よりも、エクレクティックなモダンメタルのスピリットが透徹した現在こそ正当な評価が得られるはずです。
すでに先を見据えるバンドの復活EPは秋にリリースが予定されています。「僕たちの全ての歴史、要素がミックスされるわけさ。」と語る Roy ですが、その歴史にはもちろん自身が経験した KAMELOT での荘厳な旅路や、フラメンコの情熱をその身に宿すギターマイスター Tore Østby が ARK で育んだプログレッシブな冒険も含まれているはずです。期待に背くことはないでしょう。そして願わくば、失った20年を取り戻すコンスタントな活動を望みたいところですね。
今回弊誌では、ボイス・オブ・プログメタル Roy Khan にインタビューを行うことが出来ました!Welcome Back Roy, and CONCEPTION! Here We Go!!

INTERVIEW WITH ROY KHAN

RoyKhan-2

Q1: First of all, Japanese fans are really excited about Conception’s coming back! Do you remember Conception’s one and only Japan Tour with Gamma Ray in 1996?

【ROY】: Domo arigato! Yes…I remember when we were there right before the release of “Flow”. Great experience!!! I’ve always loved Japan. its people, its culture, its big pulsating cities and I simply LOVE Japanese food. I really hope we get a chance to play for you again!

Q1: 日本のファンは CONCEPTION の帰還を本当に嬉しく思っていますよ!1996年に GAMMA RAY とプレイした、唯一の来日公演は覚えていますか?

【ROY】: どうもありがとう!そうだね…確か日本に行ったのは “Flow” のリリース直前だったと思うんだ。素晴らしい経験だったね!!
僕はいつだって日本を愛して来たんだよ。人も、文化も、ビッグな鼓動を宿す都市も、そして単純だけど日本の食事が大好きなんだ。また CONCEPTION として君たちの前でプレイするチャンスが得られたらと本当に望んでいるんだよ!

Q2: Conception has released four albums and each albums have it’s own colors. For example, “Parallel Minds” was more straight catchy metal, although “In Your Multitude” had more complex prog elements. What was the reason of that?

【ROY】: We have always tried to renew ourselves. It was a policy within the band that no new song should sound like anything we’d done before. That may not be the recommended procedure to sell max amount of records, but we never cared about money or what other people think of us in that regard. We feel our new material is yet another step into new territory, but I can assure you we still sound like Conception.

Q2: CONCEPTION はこれまでに4枚のアルバムを残していますが、その全てが独自の色を有していますよね?例えば “Parallel Minds” がどちらかと言えばストレートでキャッチーなメタルだったのに対して “In Your Multitude” は非常に複雑でプログレッシブでしたね?

【ROY】: 僕たちはいつも、自分たちをリニューアルしようと心掛けて来たんだよ。それまでに作った楽曲のようなサウンドを持つ新曲を作らないというのが、バンドのポリシーだったんだ。
僕たちのこのポリシーは、沢山のレコードを売る方法としてはオススメ出来ないね。だけど、僕たちはお金なんて気にしたこともなかったし、他の人がどう思おうと関係なかったからね。
そして僕たちの新しいマテリアルは新たな領域に踏み込むまた別の一歩だと感じているんだ。とはいえ、勿論 CONCEPTION らしいサウンドでもあることは保証するよ。

Q3: After dark and heavy record “Flow”, Conception disbanded. Then Roy joined Kamelot and Tore started Ark. What was the trigger of that situation at that time?

【ROY】: We were kicked off a tour where tickets had been sold with our name on the billing. That was big bummer for us. We felt we had delivered our best release up to that point, but the support from our label was so and so. Grunge flowing all over didn’t help much either. We never broke up however. It was more like putting it on ice. Then I joined Kamelot, Tore formed Ark, Ingar had his Crest of Darkness going and Arve played in a supercool bluesband called Nickels & Dimes. We were all busy each with our own and time just flew by.

Q3: ダークで冷徹な “Flow” をリリースした後、CONCEPTION は解体して Roy は KAMELOT へと加入、Tore は Jorn Lande 等と ARK を立ち上げた訳ですが。

【ROY】: “Flow” をリリースした後、僕たちはヘッドライナーとしてツアーを開始したんだ。そしてそのツアーが僕たちにとっては大きな失望だったんだよ。
当時の僕たちはこれまでで最高のアルバムをリリースしたと感じていたんだけど、レーベルからのサポートは大して得られなかったんだ。あちこちで流れていたグランジも “Flow” を後押ししたとは言い難かったね。
だけど、実際に僕たちが解散したことはないんだよ。何と言うか、棚上げしたって感じだったね。その後、僕は KAMELOT に加わり、Tore は ARK を結成し、Ingar は自身の CREST OF DARKNESS を進め、Arve は スーパークールなブルーズバンド NICKELS & DIMES でプレイすることとなったんだ。つまり僕たちは全員が自分自身のことで忙しくなって、そのまま時間が流れて行ったんだよ。

Q4: Anyway, Conception’s discography haven’t uploaded on the streaming service. So, unfortunately it’s not easy for newcomers to listen to your music. Is that relate to the contract with Noise Records?

【ROY】: You’re right; these are contractual rights issues that we are trying to sort out. You can find all the songs on Youtube however.

Q4: CONCEPTION のディスコグラフィーはストリーミングサービスに対応していませんよね。入門者には敷居が高い状況とも言えますが、Noise Records との契約問題が理由ですか?

【ROY】: 君の言う通りだよ。たしかに契約に関する権利問題が存在するんだ。僕たちは解決しようと努力しているんだけどね。ただ、YouTube では全ての楽曲を聴くことが可能だよ。

942512_607351082645987_95014101_n

Q5: Once again, welcome back Roy and Conception! We can’t believe our dream comes true. It seems your friendship is still so strong. So, how did the reunion come to be?

【ROY】: The four of us have been good friends all the way, and there has been quite a bit of talk about doing something at some point these years. I believe Tore and Arve approached me with some ideas a couple of years ago that were so solid we felt it was something to build further on…and here we are with a EP and single coming out this autumn.

Q5: それにしても、あなたと CONCEPTION がシーンに戻ってきたことは未だに信じられませんよ。この奇跡のリユニオンは、バンドの強い友情に寄るところも大きいように思いますが?

【ROY】: 僕たち4人はずっと良い友人だったんだ。そしてここ何年かは何度も、いつかある時点で何かやりたいねと話していたんだよ。
確か Tore と Arve が2年くらい前に、いくつかのアイデアと共に僕にアプローチして来たんだと思う。そのアイデアがとてもソリッドだったから、先に進めるべきだと感じたわけさ。そうして僕たちはリユニオンを果たし、秋には EP とシングルをリリースするんだよ。

Q6: Roy, it seemed very hard decision to leave incredible band Kamelot. Looking back now, what was the decision to you?

【ROY】: It was hard as hell, but at the same time completely necessary. I wouldn’t be here today if I hadn’t quit. To some extent you may say I didn’t have much of a choice at all. It was tough on the other guys in Kamelot too. I just shut down all communication with anybody having anything to do with music at all.

Q6: あなたは2011年に KAMELOT を離れるという決断を下しましたね。とても難しい選択だったと思いますが…

【ROY】: そうだね、地獄のように難しい決断だったよ。ただ、完全に必要な決断でもあったね。もし僕があの時 KAMELOT を辞めていなかったとしたら、今日僕はここにいないだろう。
つまり、あの時僕に選択肢はほとんどなかったと言えるかも知れないね。KAMELOT の他のメンバーにとってもタフな決断だったと思うよ。僕は本当に音楽に関係する全ての人に対して、全てのコミュニケーションをシャットダウンしたんだからね。

roykhan

Q7: How do you feel when you see or listen to Kamelot with Tommy Karevik? Is there any kind of strange feeling?

【ROY】: Tommy is a phenomenal singer and I think he’s doing a great job in the band. Thomas and the rest of the guys have continued on the path I was part of creating and I am honestly very happy that they could keep on and enjoy more well deserved success without me. In the beginning everything was strange to me, but not anymore. I wish them all the best!

Q7: KAMELOT があなたの後任である Tommy Karevik とプレイするのを見たり聴いたりするのはどんな感じですか?

【ROY】: Tommy は驚異的なシンガーで、僕は彼は KAMELOT で偉大な仕事を果たしていると思っているよ。Thomas と残りのメンバーは、僕が創造者の一部だったバンドの道程を守り続けているね。
僕は、彼らが僕無しでバンドを続けることが出来て、そしてより実力に見合う成功を手に入れることが出来て、正直にとても嬉しいんだよ。 もちろん、最初は全てが奇妙に感じられたけど、今は全く違和感がないね。彼らの幸せを祈っているよ!!

Q8: So, we can’t wait your upcoming EP and live performance! I believe there will be Tore’s trademark Flamenco-ish guitar work and Roy’s one and only operatic singing. Could you tell us about that as much as you can?

【ROY】: As I said earlier I believe we have managed to renew ourselves and still sound unmistakably Conception. There will be elements from our whole history mixed with.

Q8: 最後に、復活作やライブについて、現時点で可能な限り教えていただけますか?

【ROY】: さっきも言ったように、僕たちは常に自分たちの音楽を更新し続けていると信じているんだ。それでいて疑いようもなく CONCEPTION のサウンド。つまり、僕たちの全ての歴史、要素がミックスされるわけさ。

551410_588030934578002_65249087_n

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ROY’S LIFE !!

MICHAEL JACKSON “THRILLER”

Michael_Jackson_-_Thriller-2

a-ha “HUNTING HIGH AND LOW”

Hunting_High_and_Low-2

TNT “KNIGHTS OF THE NEW THUNDER”

220px-Knights_of_the_New_Thunder

QUEENSRYCHE “RAGE FOR ORDER”

220px-Queensryche_-_Rage_for_Order_cover_2

JOKKE & VALENTINERNE “FRELST!”

Jokke_&_Valentinerne_-_Frelst!

MESSAGE FOR JAPAN

11222460_10153511908538767_1258608979191179794_n

Thank you so much for all your love & support! Without you none of this would have been possible! Hope to see you in soon…in Japan!!

全ての愛情とサポートを本当にありがとう!日本のファンなしでは、このリユニオンは起こり得なかっただろうね!すぐに会えたらいいな…もちろん日本でね!

ROY KHAN

CONCEPTION Facebook Page
CONCEPTION Pledge Music Campaign

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AUGURY : ILLUSIVE GOLDEN AGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATHIEU MARCOTTE OF AUGURY !!

26756898_10156548686826030_1455210049241378694_o

Augury Give Proof Why Montreal, Quebec Is The Prog/Tech Capital Of The Western Scene With Long-awaited New Record “Illusive Golden Age” !!

DISC REVIEW “ILLUSIVE GOLDEN AGE”

CYNIC の後には、そして BEYOND CREATION の前には彼らが居た。OBSCURA と共にテクニカルデスメタルのプログレッシブサイドを探求し先導し続けるカナダの SF メタル集団 AUGURY が実に9年振りとなる新作”Illusive Golden Age” をリリースしました!!
“黄金時代” が “幻” ではないことを確かに証明する一枚は、テクデスの燎火を明々と灯す躍動感に満ちています。
カナダが誇るモントリオールとケベックの二大都市は、テクニカルデスメタルのメッカだと言えます。GORGUTS, CRYPTOPSY に端を発するその潮流は、MARTYR, BEYOND CREATION などに引き継がれ、近年の “Stay-Tech” メタルマシーン ARCHSPIRE まで脈々と連なります。
中でも、AUGURY の宿すエモーションと有機的なサウンド、クリエイティビティーはジャンルの無慈悲でメカニカルな特性を超越し、明らかに異彩を放っているのです。
9年の沈黙を破るアルバムオープナー “Illusive Golden Age” は風雲児たるバンドの型破りな一面が存分に示された戦慄。このジャンルの定番であるシンフォニックなイントロダクションや、ファストな音の洪水には脇目も振らず、独特のエスニックなスケールとクリーンギターのアクセント、そしてフレットレスベースの浮遊感が奏でるユニークな三重奏こそ彼らの狼煙。
神秘と孤高のメロディーセンス、空間を残したミッドテンポのリフワークは襲い来るヒステリックで噛みつく牙のボーカルとブラストの狂気を際立たせ、ダーティーに歌うSFの奇妙なワルツへと収束して行きます。失われた文明と知識を探るリスナーの旅は、得体の知れない未知なるエキサイトメントでその幕を開けるのです。
ステレオタイプのテクニカルデスメタルからさらに距離を置いた “Carrion Tide” はバンドの緻密なタクティクスを象徴する楽曲かも知れませんね。メタルリスナーにまるで施しを与えるかの如く付与されたブラッケンドのアグレッションは、AUGURY の持つ個の力によって様々なエモーションへとその形を変えて行きます。
ディープなガテラルからヒステリックなスクリーム、ミドルレンジの雄々しきクリーンまでメタルボーカルのショウケースにも思える Patrick Loisel のワイドな才能は移り行く喜怒哀楽を完璧なまでに表現し、起伏に富んだ楽曲のメインパーソナリティーとして君臨します。
ギタリスト Mathieu Marcotte の DEATH や CYNIC に VOIVOD、さらには OPETH や EMPEROR の遺伝子を受け継ぐ複雑でスリリングなリフの猛攻は、カタストロフィーが眼前に迫るかのような錯覚を引き起こし、ex- BEYOND CREATION の怪物 Dominic “Forest” Lapointe はフレットレスベースの酩酊でサイケデリックな静謐の焼け野原を描くのです。
MESHUGGAH と CYNIC が凌ぎを削る “Mater Dolorosa”、ゲーム音楽の影響を感じさせるサイバーなインストゥルメンタル “Message Sonore” を経て辿り着く、最長8分の “Anchorite” でアルバムはその幕を閉じます。
“Anchorite” とは、抗し難い理由で社会や故郷を離れ一人で暮らす宿命の意。もしかするとそれは、大災害で滅びし失われた文明最後の生き残りだったのかも知れません。焦燥と惜別、そして寂寥感を込めた過去からのメッセージは、メランコリーとアンビエンス、そしてアグレッションが渾然一体となったオデッセイ。
最高のミュージシャンシップで「異なる感覚を持って独自のサウンドを築き上げた」AUGURY の神話は、そうしてさざめく波の音と共に自然の元へと帰って行きました。
今回弊誌ではバンドの中心人物 Mathieu Marcotte にインタビューを行うことが出来ました。「個人的には確かにテクデスを聴いてはいるんだけど、そのスタイルからそんなに多くの影響を受けている訳ではないからね。逆に言えば、そうでなければ同じ様なサウンドになってしまうからね。 」リリースは DARK MATTER SECRET, EQUIPOISE, INFERI 等を抱える超注目株 The Artisan Era から。どうぞ!!

29594613_10156794749481030_8281508778133795329_n-2

AUGURY “ILLUSIVE GOLDEN AGE” 9.8/10

INTERVIEW WITH MATHIEU MARCOTTE

30623679_10156824947206030_3164910543714648064_o

PHOTO BY ALICIA MONTAGUE
Q1: This is the first interview with you. So, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【MATHIEU】: Im one of the guitarist and composer in Augury, I also have a project called Humanoid in which I’m composing and playing different instruments, its instrumental and more on the ambient side. Im a former member of the band “Spasme” (1994 to 2001) which was a death metal band.
I started playing guitar in 1990 and started with bands like Metallica, Anthrax, Slayer, Sacrifice etc, and then moved on to death metal pretty quickly. I have also a lot of roots into prog rock as well. Since I was a kid, listening to bands like Pink Floyd, Supertramp, Led Zeppelin and stuff like that and that i still enjoy today.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【MATHIEU】: やあ、僕は Mathieu。AUGURY のギタリストでコンポーザーの一人だよ。他に HUMANOID というプロジェクトもやっているんだけど、そこでは僕が作曲を行い別の楽器もプレイしているんだ。HUMANOID はインストゥルメンタルでよりアンビエントな音楽性なんだ。1994年から2001年までは SPASME というデスメタルバンドのメンバーでもあったんだよ。
ギターを始めたのは 1990年だね。そして METALLICA, SLAYER, ANTHRAX, SACRIFICE のようなバンドを始めたんだ。それからすぐにデスメタルへと移行していったね。
僕はプログロックにも豊富なルーツを持っているんだよ。子供のころは PINK FLOYD, SUPERTRAMP, LED ZEPPELIN といったバンドを聴いていたし、そういった音楽は今でも楽しめるものなんだよ。

Q2: What inspired you to start your instrument? I feel sometimes Chuck Schuldiner’s influence from your guitar playing. Anyway, who was your musical hero at that time?

【MATHIEU】: Chuck is one of them, and theres so much to name them all, but i would say, for Augury (composition-wise) it would be: Chuck Schuldiner, Ihsahn, Mikael Akerfeldt, Jason Gobel, Rob Barrett, Karl Sanders, Dallas Toller Wade, to name a few.
for soloing i like to dig into other types of music like Al di Meola, Pat Metheny, David Gilmour, Strunz and Farah, Michael Hedges etc, and also into metal, like Chuck, Andy LaRocque, and Peter Lake.
For overall musicianship and musical production-wise, I really admire Ihsahn, Peter Tatgren, Dan Swano and Devin Townsend for being geniuses in so many fields.
For Humanoid my influences can range from Tangerine dream, Steve Roach and Pink Floyd to a kind of metal that I’m trying to put in there sometimes, and with lots of film soundtracks composers influences.

Q2: 切れ味鋭いあなたのギタープレイは時に DEATH の Chuck Schuldiner を想起させますね。

【MATHIEU】: Chuck は確かに僕のヒーローの一人だよ。ヒーローは本当に沢山いるんだけど、AUGURY のコンポジションに影響を与えたのは、Chuck, Ihsahn, Mikael Akerfeldt, Jason Gobel, Rob Barrett, Karl Sanders, Dallas Toller Wade といったところだね。
ギターソロに関しては、他のジャンルからも影響を受けているね。Al di Meola, Pat Metheny, David Gilmour, Strunz and Farah, Michael Hedges といった人たちだね。メタルだと Chuck, Andy LaRocque, Peter Lake といったところかな。
全体的なミュージシャンシップやプロダクションの分野では、Ihsahn, Peter Tatgren, Dan Swano, Devin Townsend といった様々なフィールドの天才たちを崇拝しているんだ。
一方で、HUMANOID では TANGERINE DREAM から Steve Roach, PINK FLOYD そしてメタルまで映画のサウンドトラックからの影響と共に幅広く織り込んでいるんだよ。

Q3: So, let’s talk about your newest record “Illusive Golden Age”. It’s definitely one of 2018’s most memorable death metal records! But 9 years have past since you released your previous record “Fragmentary Evidence”. Dominic and Antoine seemed to left the band once and come back, right? What was the reason of this long interval?

【MATHIEU】: Many things happened during that 9 years, Dominic was out of the band for 2 years for personnal reasons, and Antoine for 4 years after Etienne (former drummer) got back in the band, a couple of members changed. We toured intensively in 2009 and 2010 for the release of Fragmentary Evidence, and finally decided to take a brake from that and get back to day jobs at home. We had just bought a new trailer during that time and it was stolen shortly after so bad lucks after bad lucks we took that decision, to take a break, and started to work on that record. Some songs were dismissed, i pre-produced much of the album and we took a lot of time doing it. But also another thing is we like to take our time, it was basically 2 evenings a week ,we were recording and having fun, and thats the spirit of this band. Theres also a lot of experimentation and you need to take your time for doing that in the way we wanted to do it. We want to do our music as timeless as we can, so it doesn’t matter if a song was composed 8 years ago or last year, it just has to all blend together at the end.

Q3: では最新作 “Illusive Golden Age” について話しましょう。前作 “Fragmentary Evidence” から実に9年もの長いインターバルとなりましたね?

【MATHIEU】: この9年の間に多くのことが起こったんだ。Dominic は個人的な理由で2年間バンドを離れていたし、Antoine は前ドラマーの Etienne がバンドに戻った後4年間バンドに居なかったからね。メンバーチェンジが多発したんだ。
2009〜10年は “Fragmentary Evidence” のリリースに伴って精力的にツアーを行なっていたね。その余波で、しばらく休みをとって昼間の仕事に戻る決断を下したんだ。
僕たちはその間に新しいトレイラーを買ったんだけど、すぐに盗まれてしまってね。本当についてなかったんだけど、それでまた休みを取らなければならなかったんだ。そうして新作の制作を始めたんだよ。
いくつかの楽曲は却下されたものの、僕がアルバムの大半を前もって形作っていたから、時間をかけ腰を据えてアルバム製作に取り組むことが出来たね。まあ同時に僕たちは時間をかけるのが好きなんだと思う。基本的は週に二晩だけレコーディングを行って楽しむんだ。それが僕たちのスピリットなんだよ。
アルバムでは多くの実験も行ったんだ。納得の行く形で実験を行うために時間が必要だったというのもあるね。とにかく、時間を気にせず自分たちの音楽を追求したかったから、昨年までで作曲に8年も費やした訳さ。まあそういった理由が全て組み合わさったんだよね。

Q4: I really love mysterious artwork and album title “Illusive Golden Age”. Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【MATHIEU】: The theme in the album turns around lost civilizations and their knowledge, how they were destroyed and few fragments remains, telling us a story, often hidden or intentionally removed from our conventional history. The artwork concept was based on that theme. We asked Filip (Illustrator) to have a mummified creature holding an artefact in his hands, with a background where you can’t really tell if its earth or another planet, on which a certain cataclysm would have happened or something of that nature, in a dark environment, so people can use their imagination. As for the relationship between the music and the lyrical concept, I often try (and the other guys are doing it too in their ways) to compose riffs that are sci-fi in a way, that are weird and spacey so it fits the lyrical concept and as a whole.

Q4: アルバムのコンセプトや歌詞のテーマを教えていただけますか?

【MATHIEU】: このアルバムのテーマは、失われた文明とその知識。そしてその文明が破壊された方法とわずかに残る断片が伝えるストーリーさ。その断片は僕たちの伝統的な歴史において隠されているか意図的に取り除かれているんだけどね。
アートワークのコンセプトはそのテーマに基づいているよ。 僕たちは Phillip(イラストレーター)に、手に人工物を持っているミイラ化した生き物を依頼したんだ。その背景には、地球か他の惑星かは分からないけど、ある種の大災害や自然の猛威による暗い環境が提示されているんだよ。だからリスナーは想像力を働かせることが出来るね。
音楽と歌詞のコンセプトの関係については、僕はしばしば(そして他の人たちも同じように彼らの方法でやっていると思うけど)、奇妙でスペイシーなある意味SF的であるリフを作ることで、全体として歌詞のコンセプトにフィットさせているんだよ。

30738153_10156855250771030_6401914497199505408_o

PHOTO BY Chris Greschner Photography
Q5: How did you change or evolve since your previous release? What did you focus on in the record?

【MATHIEU】: There wasn’t really an agenda where we had to go a certain direction or evolve a certain way, we just wanted to do some Augury that would follow the previous albums like a logical continuity, each new songs calls for a specific approach but mainly it had to sound like us. Its the first album we do with a clic track so thats probably the biggest change, but even then we recorded often the riffs a second time when they come back so that they don’t sound copy pasted too much and keep it as organic as possible.

Q5: 前作と比較して、特にフォーカスした点や変化を遂げた部分はどの辺でしょうか?

【MATHIEU】: 僕たちの中に特定の方向に進まなければならない、ある種の進化を遂げなければならないといった議論はなかったね。ただ論理的な連続性を持った、以前のアルバムに続く AUGURY をやりたかっただけなんだよ。 新曲はそれぞれが特定のアプローチを要求したけど、大事なのは僕たちのサウンドを維持していることだったね。
クリックを使用した初めての作品だったから、それはおそらく最も大きな変化だと思う。それでも、僕たちはリピートするパートのリフも大抵はプレイしているから、あまりコピー&ペーストなサウンドにはなっていないし、演奏は可能な限りオーガニックに保っているよ 。

Q6: When we think about technical death metal, maybe it’s kind of machinery, cool and metallic image. But “Illusive Golden Age” is very organic, emotional record for me. And that makes Augury unique, separates lot’s of “Tech-death” acts. Do you agree that?

【MATHIEU】: Thank you for saying that, thats definitely our goal to try to be different and have our own sound. We listen to a lot of different types of music, and personally i do listen to tech death bands but not that much influenced by the style (if not it would end up sounding the same), so I’m a lot influenced by different things like movie soundtracks, retro games music, classical, folk, prog and so on. It starts often with a simple melody that we try to make more punishing with the ideas of each other that are added on top.

Q6: テクニカルデスメタルと言えば、やはりマシナリーでメタリックなイメージがあります。
オーガニックという言葉が出ましたが、それに反して “Illusive Golden Age” はとてもオーガニックでエモーションに満ちたレコードだと感じました。ジャンルの他のバンドとは一線を画していますよね?

【MATHIEU】: ありがとう。それこそがまさに僕たちの目指す場所なんだ。異なる感覚を持って独自のサウンドを築き上げるというね。
僕たちは沢山の異なるタイプの音楽を聴いているし、個人的には確かにテクデスを聴いてはいるんだけど、そのスタイルからそんなに多くの影響を受けている訳ではないからね。逆に言えば、そうでなければ同じ様なサウンドになってしまうからね。
だから僕は積極的な様々な異なる影響を取り入れているんだよ。映画のサウンドトラック、レトロゲーム、クラッシック、フォーク、プログといったね。
大抵はシンプルなメロディーから始まるんだ。そこからプッシュし、お互いにアイデアを出し合って最高の形まで持って行くんだよ。

10616628_10152650998526030_3821943765665984523_n

Q7: What’s Dominic “Forest” Lapointe to you? His fretless bass is really unique and impressive. Do you feel sometimes it’s like a “Triple guitar” in the band?

【MATHIEU】: Forest is one of a kind, and also one of my best friends since more than 20 years. The way he visualize and approach the music is different from any other bass player that I know. Rarely he will follow the melody line while other times he will goes around it if i can say, and in a way, chanting a melody over the guitar riffs, so definitely a different approach than a more standard player would do, in supporting the guitar with the low end. His composition style is also quite unique, its prog, complex and simple at the same time and catchy when it needs to be. I wouldn’t say a third guitarist approach because he still does some big low end with open strings and stuff like that, but obviously since theres a lot of higher notes with his playing, our albums have to be mixed a certain way and it shaped the way Augury sounds.

Q7: ユニークにフレットレスベースを操る Dominic “Forest” Lapointe の存在も大きいですよね?

【MATHIEU】: “Forest” はまさに唯一無二の存在だよ。それに20年以上、僕の親友の一人でもあるんだよ。彼の音楽を視覚的に捉えるアプローチは、僕の知る他のどのベーシストとも異なっているね。
まれに彼はメロディーラインをたどるんだけど、そうかと思えば遊び心を遺憾無く発揮したりする訳さ。ギターリフにメロディーを被せるから、間違いなくローエンドでギターを支える他の標準的なプレイヤーとはアプローチが異なるよね。
彼のコンポジションスタイルも非常にユニークで、プログレッシブかつ複雑なんだけど、同時に必要な時にはシンプルでキャッチーなんだ。
とは言え、彼のアプローチは3番目のギタリストという感覚ではないと思うよ。なぜなら、彼はオープンストリングとかそのようなテクニックを使ってビッグなローエンドもカバーしているからね。
だけど、明らかに彼の演奏によってハイノートが増えているのは確かだし、ミキシングもそれを意識して行っているんだ。それこそが AUGURY の音を形作っているんだからね。

Q8: CRYPTOPSY guitarist Chris Donaldson did mixing and mastering “Illusive Golden Age”. That’s typically, Canada seems to have great Tech-death scene, and strong friendship between bands. Do you agree that?

【MATHIEU】: Yes I think that the bond in the Montreal and Québec metal scene is pretty strong, lots of musicians are collaborating with each others in different bands. All the styles of metal are represented here and thats a very cool thing, as a matter of fact I moved to Montreal in 1997 only because of the metal scene, with my former band Spasme, to make contacts, play more shows and get signed. We came from a small town and Montreal is kinda the capital of metal in Canada.
We knew Chris and worked with him on other projects previously so we knew it would sound big, most of the details and ambiences were pre-mixed at my studio where I produced and record the album. Chris took care of the guitar reamping, mixed (incorporating all those elements together) and also mastered the album.

Q8: CRYPTOPSY のギタリスト Chris Donaldson がアルバムのミキシングとマスタリングを手がけていることからも、カナダの偉大なテクニカルデスメタルシーンの強固な繋がりが伺えますね?

【MATHIEU】: そうだね。確かにモントリオールとケベックにおけるメタルシーンの絆はとても強力だと思う。多くのミュージシャン達が互いに異なるバンドでコラボレートし合っているからね。全てのメタルのスタイルがここでは表現されていて、それってとてもクールなことだと思うな。
実際、僕が1997年にモントリオールへ引っ越してきたのは、メタルシーンだけが理由だったんだからね。前のバンド SPASME と共に契約とライブの機会を求めてね。小さな町から来た僕たちにとって、モントリオールはカナダにおけるメタルの首都のような感じだったんだ。
僕たちは Chris と知り合いだったし、以前に他のプロジェクトで仕事をしたこともあったから、アルバムのサウンドがビッグになることは分かっていたね。細かい部分の大半とアンビエンスは、僕がレコーディングとプロデュースを行った自分のスタジオでプレミックスは終えていたんだけど。
Chris はギターのリアンプや全ての要素を繋げるミキシング、そしてマスタリングを手がけてくれたんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MATHIEU’S LIFE

CYNIC “FOCUS”

220px-CynicFocus-2

MICHAEL HEDGES “AERIAL BOUNDARIES”

Aerial_Boundaries

GORGUTS “EROSION OF SANITY”

The_Erosion_of_Sanity

EMPEROR “ANTHEMS TO THE WELKIN AT DUSK”

220px-AnthemsToTheWelkinAtDusk

OPETH “STILL LIFE”

220px-Opeth_stilllife-2

MESSAGE FOR JAPAN

12919765_10154413121656030_5446180622145317822_n

Thanks a lot to our Japanese fans, we would love to play in your country! Contact us if you can make it happen. Im into japanese food for a long time so that would be a treat for me to experience it for real, haha. cheers to you all and keep it metal!

日本のファンのみんなに大きな感謝を伝えたいね。僕たちは本当に君たちの国でプレイしたいんだ!興味があるプロモーターの方々はぜひコンタクトをとって欲しいね。
僕は長年日本食にハマっていてね。だからぜひとも本場で体験してみたいんだよ(笑)Keep it Metal!!

MATHIEU MARCOTTE

AUGURY Facebook Page
AUGURY Official Site
AUGURY Bandcamp
THE ARTISAN ERA Facebook Page
THE ARTISAN ERA Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATT MOSS OF SLUGDGE !!

14691247_923037787829249_3806283631659252224_o

Mollusk-themed Tech Death King, Slugdge Has Just Released Their Most Adventurous, Complex And Progressive Album Yet, “Esoteric Malacology”!!

DISC REVIEW “ESOTERIC MALACOLOGY”

イングランドとスコットランドの稜線より這い出し軟体動物王 SLUGDGE が、カウンターカルチャーとしてのメタルを存分に追求した “深遠なる軟体動物学” “Esoteric Malacology” をリリースしました!!
メタルの狂騒と尊厳を等しく抱きしめ、ドラマ性と知性を高次元で融合させた独創的なレコードは “メタルの進化” を雄弁に物語ります。
「ヘヴィーメタルはアウトサイダーのための音楽さ。君たちが愛していようが嫌悪していようが、カウンターカルチャーとして永遠に存在し続けるんだ。」と Matt が語るように、SLUGDGE のはヘヴィーメタルのジョークにも思える過度なファンタジーや想像力を敢えて前面に押し出しながら、シリアスかつハイクオリティーなサウンドをデザインすることでアウトサイダーとしての矜持を保つ以上の存在感を発揮していると言えるでしょう。
“Esoteric Malacology” も、当然その彼らの流儀に乗っ取って制作されたレコードです。楽曲はバンドのビッグテーマである “カタツムリ” “ナメクジ” その他軟体動物に捧げられ、歌唱やリフの持つ莫大なエネルギーで軟体動物の神々を祝福しています。
そして、ギミックにも思えるその大袈裟で奇想天外な劇画的手法は、例えば CANNIBAL CORPSE がそうであるように、キラーでシリアスな楽曲を伴うことで異端の享楽を宿す巨大なカタルシスを誘うこととなるのです。
GOJIRA の楽曲 “Esoteric Surgery” へのオマージュにも思えるアルバムタイトルは、確かにフランスが生んだ不世出のプログレッシブメタラーへの接近を示唆しています。そして、”The Spectral Burrows” が “The Way Of All Flesh” の息吹を胸いっぱいに吸い込んだ傑出したプログメタルチューンであることは明らかでしょう。
EDGE OF SANITY の “The Spectral Sorrows” を文字ったに違いないドラマティックなエピックは、複雑かつ重厚なテクスチャーがテクニックの荒波に跋扈する濃密な5分50秒。荘厳でしかし闇深きそのアトモスフィアは、聴く者の脳波を直接揺さぶり音の酩酊へと誘います。
比率の増した神秘のクリーンボーカルは絶妙のアクセント。ENSLAVED に備わった全てを洗い流すかのような神々しさとは異なり、混沌も崇高も全てを包括したダークロード “Mollusa” への捧物、破滅的にキャッチーなその調べは、異世界への扉を厳かに開く確かな “鍵” として機能しているようにも思えます。
軟体動物の柔軟性を活かした “Putrid Fairlytale” は SLUGDGE を象徴するプログレッシブデスメタル。NAPALM DEATH の “Lucid Fairytale” をオマージュしたタイトルからは想像もつかない劇的なドラマが繰り広げられています。
ここまで記して来た通り、”Esoteric Malacology” の楽曲タイトルは偉大な先人たちの足跡に対するオマージュとなっています。 “War Squids” は BLACK SABBATH の “War Pigs”、”Slave Goo World” は SEPULTURA の “Slave New World”、”Transilvanian Fungus” は DARKTHRONE の “Transylvanian Hunger” 等。そして “Putrid Fairlytale” にはそういった彼らが愛する様々なジャンルのメタルが触手で繋がり凝縮されているのです。
プログの色合いを帯びた鋭利なリフワークと相対するブラストビート。一方で、粘度の高いミッドテンポのグルーヴと荘厳なるボーカルメロディー。繊細かつ印象的な電光石火のギターシュレッドを極上の味付けに展開する魅惑のテクデスオデッセイは、Matt が語る “ヘヴィネスの秘密” を見事に体現しながらまさにバンドが理想とするメタルを描き出していますね。
スロウでドゥーミー、ロマンチックとさえ言える “Salt Thrower” で塩に溶けゆくナメクジの悲哀を全身で表現した後、アルバムは “Limo Vincit Omnia” でその幕を閉じます。ラテン語で “スライムは全てを征服する” の意を持つエネルギッシュなナンバーは、「メタルが進化し続けるためには影響の外側から新たなアイデアを取得する必要があるように感じるね。」と語る通りエレクトリックなサウンドまで包括し、意義深き実験と学問の成果を誇らしく報告しています。
今回弊誌では、バンドのギター/ボーカル Matt Moss にインタビューを行うことが出来ました。ギタリスト Kev Pearson とのデュオでしたが、インタビュー後に THE BLACK DAHLIA MURDER のドラマー Alan Cassidy と NOVENA の ベースマン Moat Lowe が加わり完璧すぎるラインナップを完成させています。どうぞ!!

a1718888280_10-2

SLUGDGE “ESOTERIC MALACOLOGY” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INTO THE GREAT DIVIDE : INTO THE GREAT DIVIDE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ZACK ZALON OF INTO THE GREAT DIVIDE !!

into-the-great-divide

Incredible Multi-instrumental Player, Zack Zalon Creates Pure Prog-metal Epic “Into The Great Divide” With Dream Theater’s Maestro Mike Mangini !!

DISC REVIEW “INTO THE GREAT DIVIDE”

マルチインストゥルメンタリスト、伏竜 Zack Zalon が提唱し、Mike Mangini, Richard Chycki の DREAM THEATER 人脈が入眼へと導いた “ロックノベル” プロジェクト INTO THE GREAT DIVIDE が渾身のデビュー作をリリースしました!!プログメタルのレガシーを存分に咀嚼し忠実に新構築する彼らの純粋なる流儀は、細分化極まるモダンメタルの風土へ却って新鮮な風を運びます。
プログロックの中でも特に RUSH や YES の持つエピカルなメロディー、繊細なテクニック、数学的な変拍子、壮大なオーケストレーションをメタルと融合させたプログメタル。DREAM THEATER, FATES WARNING の二大巨頭を始祖とするジャンルは黎明期から様々にユニークなバンドを多く輩出しています。
SHADOW GALLERY, LIQUID TENSION EXPERIMENT, MAGELLAN, ICE AGE, DALI’S DILEMMA。プログメタル、シュレッドに特化した偉大な Magna Carta, Shrapnel 両レーベルが残した遺産は決して安易に風化させてしまうべきではないはずです。(余談ながら ICE AGE デビュー作のタイトルは奇しくも “The Great Divide”。)
「これは疑いようもなくプログミュージックだよ。自分自身で聴きたいような作品を作ることに決めたんだ。だから、ある意味この作品は僕が聴いて育ったバンドたちへのオマージュの意味も持つわけさ。」 Zack が語るように、INTO THE GREAT DIVIDE は確かにプログメタルの原点とも言えるトラディショナルなポリリズム、クラッシックロックのメロディー、フラッシーなギターとエピックなキーボードに彩られ、無類の遺産を相続するに相応しきヴィジョンを提示しています。
同時により洗練されたデリケートなアレンジメント、ピアノやストリングが生み出す静と動のダイナミックなコントラスト、幻想的でシネマティックなオーケストレーションは 「それでいてフレッシュで異なるものに仕上がっていればと思う。」 というマスターの言葉を裏付けますね。
オープナー、”The Crossing” や冒険へ誘う “A Call to Adventure” はまさにレガシーとコンテンポラリーが交差するグランドライン。Zack がドラムス以外全ての楽器を手がけることで、楽曲のデザインはより密にその完成度を高めます。
冒頭にピアノやギターで示される魅力的な楽曲のテーマが、リズムや音階を少しづつ変えながら優美に展開していく様は実に音楽的で圧巻。鬼才 Brendon Cassidy のオーケストラアレンジメントも呼応し溶け合い、プロジェクトが提唱する小説や映画のようなプログメタルは見事にリスナーの想像力を喚起するのです。
フレッシュと言えば、インストゥルメンタルでありながらアルバムに濃密なストーリーを抱かせる “ロックノベル” のアイデアに触れない訳にはいきませんね。楽曲毎に用意されたイントロダクション、ディープボイスのナレーションは雄弁にして簡潔に逆境に打ち勝つ勝利の道筋を語ります。確かに全曲に解説が付与されたインストルメンタルアルバムは前代未聞で、特に英語をネイティブとするリスナーにとっては画期的なコンセプトでしょう。
Zack の全く弾き控えしないシュレッドも本作の重要なセールスポイントです。Lukather や Huff にリスペクトを捧げる Zack。経過音を豊富に組み込んだリズミックでジャジーなマエストロの滑らかなギター捌きは真に卓越しています。
加えて、折に触れて出現する様々な Shrapnel ロースターをイメージさせる場面、パッセージも好き者には溜まりませんね。Petrucci は元より、Steve Morse や MacAlpine, ロマンチックなフレーズは Neil Zaza、さらには Michael Lee Firkins のカントリーテイストまで垣間見ることが出来るのですからあの時代を愛するリスナーにとっては堪えられない贈り物となるはずです。
“Challenge Accepted” で披露するトライバル&マシナリー、刻刻と移行する拍子の魔法を完全掌握した性格無比なプレイが代弁するように、クリエイティブかつ的確に楽曲を支える手数王の素晴らしさは最早語るまでもないでしょう。
今回弊誌では、Zack Zalon にインタビューを行うことが出来ました。「Mikeはプロジェクトの熱心な支持者として参加し、彼の並外れたスタイルと能力をアルバムにもたらしてくれたんだ。」 どうぞ!!

24129497_700469106805339_4569290642884705455_n-2

INTO THE GREAT DIVIDE “INTO THE GREAT DIVIDE” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INTO THE GREAT DIVIDE : INTO THE GREAT DIVIDE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GOOD TIGER : WE WILL ALL BE GONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DERYA NAGLE OF GOOD TIGER !!

good-tiger_photo03

“Some Kind Of Rock” Super Group, Good Tiger Shows their High-level Talent And Splendid Chemistry With Newest Record, Statement of Evolution “We Will All Be Gone” !!

DISC REVIEW “WE WILL ALL BE GONE”

TesseracT, THE FACELESS, THE SAFETY FIRE。コンテンポラリーなプログレッシブワールドを象徴する三傑から雄飛せし5人の寵児が集結したスーパーバンド GOOD TIGER が、確かな飛躍の証 “We Will All Be Gone” をリリースしました!!ウルトラキャッチーでエモーショナル、ハイパーテクニカルで、しかし素晴らしくコンパクトに設計されたレコードは、精強なる “雄々しき猛虎” の降臨を世界へと知らしめるでしょう。
2015年に “A Head Full Of Moonlight” で月光の下華麗に登壇した GOOD TIGER は、”Some Kind of Rock” “何かしらのロック” を指標し、その出自であるプログレッシブな感覚と共にポストハードコアのエモーションを枢軸としたモダンな多様性を披露し注目を集めて来ました。
PERIPHERY, VEIL OF MAYA, AUGUST BURNS RED, BETWEEN THE BURIED AND ME, DANCE GAVIN DANCE といったシーンを牽引するビッグアクトとのツアー、さらには古豪 Metal Blade Record との契約はその事実を端的に物語っているはずです。
追い風を受けリリースされた3年振りの新作 “We Will All Be Gone” は、そしてその大きな期待に真っ向から応え全ての面でスケールアップを果たした快作に仕上がりました。眩いメロディーは Elliot の透き通る詩情と共に磨き上げられ総天然色の輝きを放ち、侘び寂びを湛えた美しき至高のコードヴォイシング、思考の粋を尽くしたインストルメンタルパッセージを携えてリスナーに37分の “瞬間的な” カタルシスを届けるのです。
同時に、デビュー作に存在した Djent の潮流、プログレッシブの波動はよりナチュラルにまるで “痕跡” のように楽曲へと吸収され、成熟を果たした猛虎の今を伝えます。
あまりにソリッドでフックに満ちたアルバムオープナー “The Devil Thinks I’m Sinking” は進化の象徴です。CHON を想起させる甘やかなコードの響きに、エンジェリックな Elliot のファルセットが溶け合い昇華するアトモスフィアの洪水は、実にモダンなワイドスクリーン。一方、Alex Rüdinger はその広大かつ傑出したアビリティーで、ロックのグルーヴと的確なアクセント、そしてプロギーで複雑なタイム感とフィルインを司り楽曲を見事にドライブへと誘います。
実際、このプリティーで現代的なコードプログレス、クリーンで繊細なプロダクション、幾重にもレイヤーされた有機的なコーラスとギターの饗宴をプログメタルと称することは、時にその “痕跡”が素晴らしき隠し味、グルーヴのストライドとして見え隠れするにしても、些か的外れにも思えます。
むしろ、インタビューで Derya も認めているように、HAIL THE SUN, STOLAS, SIANVAR, そして何より Blue Swan ロースターの首領でもある DANCE GAVIN DANCE といったポストハードコアの文脈で語られるほうが、今作の感情とテクニックの爆発的なモメンタムを示すにはよりシックリとくるのではないでしょうか。
とは言え、バンドが一般的な “ポストハードコア” の狭い枠へと収まらないことも確かです。”Blueshift” や “Cherry Lemon” で提示したエレクトロニカの儚い響きとデジタルビートをフィジカルで再現する試みは楽曲のメランコリーや郷愁を想像以上に際立たせていますし、時には PINEGROVE をさえ思わせるチル感までをも創出し、さらにアルバムを締めくくる “I’ll Finish This Book Later” では Prince を愛する Derya の魂が R&B の風となり Robert Glasper とも共鳴しながら嫋やかに吹き抜けて行くのですから。
「GOOD TIGER は様々な形で理解され楽しんでもらうことが出来るバンドだと確信しているよ。そしておそらく、僕たちは自らをそれ故に “Some Kind Of Rock” “何かしらのロック” と呼んでいるんだと思うな。」 この刹那を喚起する瞬間の美学は、ジャンルもスタイルも飛び越えて”Some Kind of Important” 重要な何かをシーンに突きつけているのかも知れませんね。
Forrester Savell (KARNIVOOL, DEAD LETTER CIRCUS), Adam “Nolly” Getgood (PERIPHERY, AAL) が残した驚異的にクリアーなサウンドプロダクションの妙も付け加えておきましょう。
今回弊誌では、Derya Nagle にインタビューを行うことが出来ました!2度目の登場となります。「ありがたいことに、僕たちはある特定のジャンルに従う必要もないから、とにかく好きなことをやりたいようにやっているだけさ!」 どうぞ!!

21314644_1930203660578062_7430279026719449797_n-2

GOOD TIGER “WE WILL ALL BE GONE” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GOOD TIGER : WE WILL ALL BE GONE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORPHANED LAND : UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHEN BALBUS OF ORPHANED LAND !!

26239100_10155335466803036_5076795475446304632_n

Israel Based Middle-East’s Oriental Metal King, Orphaned Land Shows Their Protest & Anger To “Big Machine” With Their Newest Record “Unsung Prophets & Dead Messiahs” !!

DISC REVIEW “UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS”

オリエンタルメタルの創始者にして、愛と平和の伝道師。イスラエルの至宝 ORPHANED LAND が偏見の鎖を断ち切る最新作 “Unsung Prophets & Dead Messiahs” をリリースしました!!複雑で荘厳、そして何より怒れる正義のアルバムは、世界を支配する全ての権力、不条理に対する強烈なプロテストとなるはずです。
90年代初頭からまさに “孤立した地” イスラエルで生を受けた ORPHANED LAND は、自らの地理的、文化的出自と真っ直ぐに向き合いながら不屈の精神でその活動を続けて来ました。
あのドキュメンタリー映画 “グローバルメタル” で驚愕と共に世界が発見した、西洋を起源とするメタルのフレームに中東のオリエンタルなフレーバーや民族楽器を持ち込む独特の手法は勿論正直で真摯なバンドの象徴だと言えますね。しかし、それ以上にアラビアを起源とするユダヤ、イスラム、キリスト三つの大宗教の融和を願い貫かれるバンドの高潔なるスピリットこそが多くのファンを魅了する理由なのかも知れません。
バンドが掲げるその崇高な理念が結実した傑作 “All is One” から5年のインターバルを経てリリースされた “Unsung Prophets & Dead Messiahs” は、祈りと願いで満たされた前作とは異なりより具体的に人の革新を促すアルバムだと言えるでしょう。
バンドはこれだけ政治、戦争、経済が危機に面する世界で沈黙を貫く世論に疑問を投げかけます。この状況はプラトンの “洞窟の比喩” ではないかと。残念ながら民衆は抜け出す努力を嫌い、暗い日常でも耐え時にはそれにしがみつきます。事実、キリストからガンジー、キング牧師、ケネディ大統領まで世界を救う “預言者”、もしくは “メシア” といった存在の多くは変革を起こす前に暗殺されて “歌い続ける” ことも叶わなかったのですから。
沈黙、停滞への義憤を宿すアルバムは、ギターと民族楽器を操る Yossi Sassi 脱退後初のアルバムともなりました。とは言え、当然 ORPHANED LAND に停滞などは似合いません。
「バンドにメインコンポーザーは存在しないよ。誰もが作曲していて、僕たちは各自のリフを巧妙にマッシュアップしているんだ。さながら大きなジグソーパズルのようにね。」 と Chen が語るように、より奔放で展開の妙を増したエピカルな楽曲群に大黒柱不在の影は感じられませんね。
さらに思索を進めれば、「”All is One” では確かに僕たちは意図的にグロウルを避けていたね。だけど、”Unsung Prophets & Dead Messiahs” では、全ての側面でただ音楽にメッセージを語らせることにしたんだ。」 という言葉に目が止まるはずです。
怒りや嘆きがプログレッシブなデスメタルのムードへと幾分か変換された作風は確かに過去の “Mabool” や “The Never Ending Way of ORwarriOR” を想起させますが、同時にここには未だ前作で開花した祈りのオーケストレーションやシンフォニックなコーラスも華麗に息づいており、結果としてそのキャリアを集約したかのような進化を遂げたと言えるのかも知れませんね。
女性ボーカルと壮麗なストリングスが誘うオープナー “The Cave” はその進化の象徴。極上のエモーションを湛える当代きっての歌い手 Kobi Farhi が時に壮大なクワイアと、時に自らの凶暴なグロウルと繰り広げるコール & レスポンスは、コントラストの魔法、異国のメロディーとシンセサイザーの響きに抱かれオリエンタルメタルを一際尊きメタルオペラの高みへと導きます。
8分間の観劇の一方で、RAMMSTEIN を思わせるダンサブル & キャッチーな “We Do Not Resist” は、エレクトロニカとオーケストレーションの海原を中東の民族楽器がまるでモーゼのように闊歩する異端でしかし印象的な楽曲。コンパクトで強靭なデザインは確かに新機軸。ダイナミックで一切予定調和のない冒頭の2曲でリスナーは自らの “洞窟” から抜け出るはずです。
さらに PORCUPINE TREE や GENESIS, PINK FLOYD の面影を宿すプログレッシブメランコリックな “Chains Fall to Gravity” では Kobi の名唱とレジェンド Steve Hackett の名演を同時に堪能出来る佳曲。まるで演歌のような一期一会の熱唱が生み出す情念は、いつしか Steve の左手へと乗り移りブルースの優しさでリスナーを繋ぐ頑なな鎖を断ち切って行くのです。Jens Bogren のしなやかなサウンドデザインも相変わらずお見事。
BLIND GUARDIAN の Hansi Kursch がトレードマークのメロディーで色香を漂わせるトラディショナルなメタルアンセム “Like Orpheus”、AT THE GATES の Tomas Lindberg が唸りを上げるコンテンポラリーな “Only the Dead Have Seen the End of War” まで ORPHANED LAND はそうやって思想や人種、宗教のみならず音楽の世代やジャンルも繋いでいるのかも知れませんね。
今回弊誌ではギターと木琴、さらにブズーキ、サズ等の民族楽器を扱う Chen Balbus にインタビューを行うことが出来ました! 「影響力は僕たちが望むほど大きくはないんだよ。だけどね、一つくらいは希望が必要でしょ?」 4月の来日も決定しています。どうぞ!!

25289439_10155259140788036_7151430873757102733_n-2

ORPHANED LAND “UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORPHANED LAND : UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【IN VAIN : CURRENTS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JOHNAR HÅLAND OF IN VAIN !!

23000260_10150940749754990_6574500660160247846_o

Norwegian Progressive Extreme Metal Outfit, In Vain Has Just Released More Polished, More Varied, And More Intelligent Dynamic New Chapter “Currents” !!

DISC REVIEW “CURRENTS”

闇深きノルウェーの森から獰猛なる知性を叫喚する、プログレッシブエクストリームの至宝 IN VAIN がシーンの “潮流” を左右するマイルストーン “Currents” をリリースしました!!神々しきメランコリーと邪悪なブルータリティが融解するその奇跡の眺望は、古の摂理に贖ってリスナーを魂の冒険へと誘います。
IN VAIN にとって、前作 “Ænigma” における Jens Bogren との邂逅は、運命にして僥倖でした。暗騒と調和を司る音響の魔術師との出会いは、バンドに備わる神秘のメロディーや豊潤なコンポジションを一際研ぎ澄まし、多様で濃密なプログレッシブワールドへの扉をしめやかに開いたのです。
鍵盤奏者でクリーンボーカルの Sindre Nedland は “Currents” を “キャッチーでインテンスに満ち、そして普通ではない” レコードだと評しています。実際、バンドは “Ænigma” でついに発見したバンドの個性、対比と実験が生み出す魔法の緊張感を “Currents” で決定的なものへと昇華し、エクストリームメタルの頂きに鋭く光る知性の剣を突き立てたと言えるでしょう。
アルバムオープナー、”Seekers of the Truth” はバンドのルーツであるエクストリームサイドを探求したリフの覇道。ギターチーム Johnar Håland と Kjetil Domaas Petersen の繰り出す魔手は、プログレッシブメタルコアの猟奇性、ブラックメタルの中毒性、メロディックデスメタルの即効性、そして流麗で夢見るようなプログロックのリードプレイを操り、Andreas のスクリームを纏って怪しく疾駆します。
Johnar はアルバムのテーマである “潮流” について 「人々はまさに大陸や国境、さらに世代をも越えて移動しているんだよ。つまり、文化は融合しているんだ。」 と語ってくれました。米国、英国、北欧を股に掛けるワイドな “真実の探求” は、この多様な作品のオープナーに相応しい説得力を誇っていますね。
一方で、”Soul Adventure” はバンドのエセリアルな一面に特化した荘厳の極み。シャープでマスマティカルなリフワークは、ノルウェーに心酔する Matt Heafey のボーカルとも確かにシンクロし、重なり合うコーラスを携えて ENSLAVED にも匹敵する神々しきエピックフィールドを創造しています。
全面参加を果たした LEPROUS のドラマー Baard Kolstad の実力には今さら触れるまでもないでしょうが、それでもコーラスの最中に突如倍テンでブラストをお見舞いする迫真の瞬間には才能の煌めきを感じざるを得ませんね。
極上の対比で幕を開けたアルバムは、”Blood We Shed” では Johanar が近年バンドはブラックからデスメタルへと接近したと語るように OBITUARY の這いずる邪心と賛美歌を悪魔合体へと導き、さらにアルバムの肝であるハモンドが牽引する “En Forgangen Tid (Times of Yore Part II)” では SWALLOW THE SUN の持つドゥームの美意識を70年代のプログ性と溶融しながら対比の頂点 “Origin” まで、劇的なエクストリームミュージックを奏で続けるのです。
アルバムは7分のエピック “Standing on the Ground of Mammoths” でその幕を閉じます。シンセ、ストリングス、ブルーズギター、サックスを組み込み織り成すシネマティックな一大ドラマは、バンドの70年代への憧憬が遂に結実した楽曲なのかも知れません。
溢れ出すノスタルジックなエモーションとシアトリカルなイメージは、時代の “潮流” を飲み込み GENESIS の創造性ともリンクしてバンドを遥かなる高みへと到達させるのです。
今回弊誌では、Johnar Håland にインタビューを行うことが出来ました!初めてリリースされる日本盤には、”And Quiet Flows the Scheldt”, “Ghost Path” 2曲のロングエピックが追加され1時間を超えるランニングタイムでこの傑作をより深く楽しむことが可能です。インタビュー後にも、日本のみんなに僕の日本愛を伝えて欲しいと熱く語ってくれた Johnar の熱意が伝わるようなプレゼントですね。どうぞ!!

23559645_10150947623594990_4538056561823882047_n-2

IN VAIN “CURRENTS” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【IN VAIN : CURRENTS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIABLO SWING ORCHESTRA : PACIFISTICUFFS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DANIEL HÅKANSSON OF DIABLO SWING ORCHESTRA !!

DiabloSwing_0462_16x9_Medium-2000px-1024x576

Hybrid Of Old–style Swing jazz, Classial, and metal. Sweden Based Incredible Octet Diablo Swing Orchestra Has Released More Unique, Unexpected But Ultra-catchy Masterpiece “Pacifisticuffs” !!

DISC REVIEW “PACIFISTICUFFS”

メタルワールドのアウトオブボックス。世界で最もカラフルかつユニークな悪魔の楽団 DIABLO SWING ORCHESTRA が、遂にシーンへとより深く浸透すべき新作 “Pacifisticuffs” をリリースしました!!複雑怪奇とポップを過去最高の滑らかさで融解させた作品には、タイトルに冠した “平和主義” と “殴り合い” の二律背反が見事にフィットしています。
“ポストファーストメタルタイム”。WALTARI の Kärtsy Hatakka が弊誌のインタビューで証言したクラッシックメタルとモダンメタルの偉大なる架け橋に、スウェーデンが果たした役割はあまりにも絶大でした。
MESHUGGAH, OPETH の両巨頭を挙げるまでもなく、90年代初頭から此の地の先鋭は、ベーシックなメタルのデフォルトにプログレッシブの波動、エクストリームな残虐性、フォルクローレの優美、そして複雑なリズムアプローチ等を付加してモダンメタルの礎となる百花繚乱の多様性を創世し続けているのです。
中でも、チェロやホーンセクションを備えた8人組 DIABLO SWING ORCHESTRA のエクレクティックな存在感は飛び抜けて異端だったと言えます。その名が物語る通り、メタル、ジャズ、クラッシックを等しくベースとする狂気を孕んだクロスオーバーの濁流は、アヴァンギャルド、エクスペリメンタルの狭い定義に堰き止められ限定的ながら、間違いなく強烈な印象と影響を残して来たのです。
そして、前作 “Pandora’s Piñata” から5年という長いインターバルを経てリリースしたバンドの最新作 “Pacifisticuffs” は、囚われていたその狭い檻までをも突き破り、より幅広く認知と賞賛を受けるべき作品に仕上がったと言えるでしょう。
オペラティックな歌唱でバンドの顔とも言えた Annlouice Lögdlund が脱退し、新たに Kristin Evegård を迎えたことは、結果として変化の象徴となりました。より普遍的で、しかしアンニュイかつジャジーな魅力と個性を備えた Kristin の伸びやかな歌唱は、バンドのカルトなイメージを一新させるフレッシュな起爆剤だと言えますね。
爽快でキャッチー、そしてあまりに多様なオープナー “Knucklehugs (Arm Yourself with Love)” は楽団の新たなイメージへと誘う招待状。Daniel が 「僕たちはまず、強力なメロディーやリズミックなフックといった楽曲の強固な基盤にフォーカスする傾向があるんだよ。」と語る通り、ポップパンクのコマーシャルな突進力さえ喚起する Kristin と Daniel のデュエットは、メタリックなギターリフ、スウィングするホーンセクション、そしてバンジョーとストリングスを携えたエルヴィスの祝福を一身に受けて、至上なる創造性とフックを提示します。
陽気なブルーグラスから一転、オーケストレーションとホーンをさらに前面に配した感傷的なメタルポルカ “The Age of Vulture Culture” で Kristin の完璧なる融合を証明した後、バンドは “Superhero Jagganath” でトロピカルなレゲエにハワイアン、”Lady Clandestine Chainbreaker” ではフラメンコの邪悪な誘惑にフォーカスし、”Pacifisticuffs” の音楽が世界を巡る旅であると高らかに宣言するのです。
そうして辿り着く “Jigsaw Hastle” は、故郷スウェーデンへの凱旋と言えるのかも知れません。Kristin の透明な哀愁を生かしたウルトラキャッチーなダンスチューンは、同郷の ABBA を彷彿とさせる北欧の煌びやかな風。アートワークのトライアングルから注入された電気の魔法は、きっとこの楽曲のエレクトロニカな要素へと還元されたに違いありません。
Daniel が提唱する “異なるサウンドを独自のものへと昇華する偉大なる自由” は、究極のポップと巡るエクレクティックな世界旅行の果てに遂に完成を見たのかも知れませんね。
今回弊誌では、シンガーでギタリスト、バンドの中心人物 Daniel Håkansson にインタビューを行うことが出来ました。どうやら Daniel のボーカルパートが減った理由も、Kristin の加入による理想のオクテットの完成にある様ですね。「今まで成されてきたことの “外側” について考えなくてはいけないと思うんだ。」どうぞ!!

18058125_10158476492810316_6691910009199521822_n-2

DIABLO SWING ORCHESTRA “PACIFISTICUFFS” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIABLO SWING ORCHESTRA : PACIFISTICUFFS】