タグ別アーカイブ: prog-metal

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FEN : THE DEAD LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH THE WATCHER OF FEN !!

“I Am Huge Advocate Of a Lot Of The 60s/70s Prog Scene – Yes, Genesis, King Crimson, Rush, Pink Floyd, These Sorts Of Acts And Many More Are a Big Influence On My Approach To Song/Riff-Writing.”

DISC REVIEW “THE DEAD LIGHT”

「僕が育ったかつては湿地帯だった荒野。この風景とそれが体現する感覚の両方を伝えようとすることが、僕の音楽に真のフィーリングと信憑性をもたらす唯一の方法だったんだ。FEN の音楽は大部分がこの特別な雰囲気をリスナーに届けるためのメカニズムで、彼らを荒涼として風にさらされた冷たい旅に誘うんだ。」
古い修道院、朽ちた電信柱、鄙びた風力タービンが唯一人の存在を感じさせる不毛の湿地帯フェンズ。イングランド東部の仄暗い荒野を名前の由来とする FEN は、キャリアを通してその白と黒の景色、自然の有り様と人の営みを伝え続けて来ました。そして奇妙な静けさと吹き付ける冷厳な風、くぐもった大地の荒涼を音に込めた彼らのダークな旅路は、”The Dead Light” に集約しています。
「当時は本当に小さなシーンだったな。僕たち、Neige のプロジェクト、ALTAR OF PLAGUES, それからおそらく LES DISCRETES。数年間は小さなままだったけど、ALCEST がより有名になるとすぐに爆発したね。 彼らのセカンドアルバム “Ecailles De Lune” は、ジャンルの認識を本当にターボチャージさせたと思うね。」
今では飽和さえ感じさせるポストブラック/ブラックゲイズの世界で、FEN は最初期からジャンルを牽引したバンドの一つです。ALCEST に親近感を覚え敬意を抱く一方で、DEAFHEAVEN には少々辛辣な言葉を投げかける The Watcher の言葉はある種象徴的でしょう。
なぜなら、FEN の心臓である “シューゲイズ、ポストロック、ブラックメタルの意識的な融合” は、決して奇をてらった “クレバーなマーケティング” ではなく、フェンズを表現するための必然だったのですから。
「僕は60年代/​​70年代のプログレシーンの強力な支持者なんだ。YES, GENESIS, KING CRIMSON, RUSH, PINK FLOYD といったバンドは、僕のソング/リフライティングに対するアプローチに大きな影響を与えているよ。ほとんど僕の作曲 DNA の本質的な部分と言っても過言ではないね。」
FEN がその ALCEST や他のポストブラックバンドと一線を画すのは、自らの音の葉にプログレッシブロマンを深く織り込んでいる部分でしょう。
実際、”The Dead Light” は PINK FLOYD のスロウダンスを想わせるドゥームの質量 “Witness” でその幕を開けます。ポストロックのメランコリーとプログレッシブなサイケデリアは、2部構成のタイトルトラック “The Dead Light” へと引き継がれ、メタリックな星の光を浴びながら ENSLAVED や VOIVOD にも迫るアグレッシブな酩酊のダンスを誘います。
「光が人間の目に届くまでに消滅した天体だってあるよ。つまり地球から遠い過去への窓を見ているようなもので、光子の量子が空虚を通して力を与え、最終的にアルバムタイトルのまさに “死の光” “長い死” のイメージを届けるんだ。」
もしかすると今、瞳に映る輝きはもはや存在しない死んだ星雲の残像なのかも知れない。そんな空想を巡らせるに十分なロマンチシズムと荘厳さを併せ持つ “Nebula” の魔法でポストブラックに酔いしれたリスナーは、”Labyrinthine Echoes” でプログレッシブとブラックメタルが交差する文字通り宇宙の迷宮へと迷い込み、そうして “Breath of Void” で遥かな天空から荒野の虚無を体感するのです。
もちろん、蒼く冷たい失血のロンド “Exanguination” はきっと彼の地に住まう人々の苦難、喪失、孤立、そして誇りを体現しているはずです。
今回弊誌ではフロントマン The Watcher にインタビューを行うことが出来ました。「ブラックメタルシーンは生き生きとしていて、魅力的な作品を作成する熱意を持ったアーティストで溢れているんだ。全くエキサイティングな時代だよ!」 冷厳でしかしロマンチックなブラックメタルファンタジー。どうぞ!!

FEN “THE DEAD LIGHT” : 9.9/10

INTERVIEW WITH THE WATCHER

Q1: This is the first interview. So, at first, could you tell us about yourself and the band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【THE WATCHER】: Firstly, may I start by just saying thank you for the interview Sin – it is very much appreciated and it is great to have the opportunity to spread the message to our listeners in Japan.
As for my own musical journey, I guess it started in the 1980s really – I was exposed to a lot of interesting music courtesy of my parents. One of my earliest musical memories is my mother blasting our the Cocteau Twins loudly in our house when I was just a young lad! I also used to listen to a lot of electronic & synth music when I was a bit younger – Jean Michel Jarre was a big one as was the first ‘Enigma’ album. It was my father who was more into the ‘rock’ side of things and when I turned 12-13 years old, I think he though to himself ‘right, the lad is old enough now!’ and decided to start initiating me into all things ‘loud guitar’ related.
It was at this point that Whitesnake’s ‘1987’ entered my world and effectively blew my mind apart – I’d never heard anything so powerful, heavy or atmospheric in my life. The first time I heard the midsection of ‘Still of the Night’ was literally unbelievable. So that really was an absolutely milestone record for me, I was obsessed with it. And you know what? Here we are, 26-27 years later and my opinion hasn’t really changed – it’s one of the all-time classic rock albums and I still regularly listen to it. The songwriting, performances and guitar tone are absolutely best in class, it cannot be denied!
From that point on, I swiftly immersed myself in rock and metal music – moving from W.A.S.P. (they were huge for me), Saxon and Iron Maiden quickly into heavier territory. Machine Head, Paradise Lost, Fear Factory, White Zombie and then the inevitable descent into the extreme metal scene – Cannibal Corpse, Cradle of Filth, Dark Funeral, Opeth, Emperor, In Flames, all this sort of thing. Within the space of a couple of years, I had gone from taking my first few tentative steps listening to classic rock music to moshing to Cannibal Corpse, Vader and Immolation at the LA2 in London!
It was around this time that I got my first guitar also so my induction into the ways of extreme metal went very much hand-in-hand with learning to play an instrument. I think this has meant that the two have pretty much been a synonymous concept for me – there has never been a time when I have listened to extreme metal without playing it. I believe this is a key reason as to why I have been so determined in terms of making my own music and contributing to the genre as much as I can. It has simply added to the intrigue and fascination of this very special form of music.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【THE WATCHER】: まず、インタビューアー Sin に感謝を伝えさせて欲しい。日本のリスナーに、僕たちのメッセージを広める機会を得ることが出来たからね。とても感謝しているよ。
僕自身の真の音楽の旅は、1980年代に始まったと思う。両親のおかげでたくさんの興味深い音楽に触れることが出来たんだ。最初の音楽的な思い出だって、僕がまだ幼い頃に母が家で COCTEAU TWINS を大声で歌っていたことなんだから!
少し成長すると、沢山のエレクトロニカやシンセ音楽を聴いたね。Jean Michel Jarre からは ENIGMA のファーストアルバムと同様に大きな影響を受けたよ。よりロックサイドに目覚めさせてくれたのは父だったね。僕が12-13歳になったとき、きっと父はもうそろそろ良いだろうと思ったんだろうね。”ラウドギター” に関係する全てを僕に仕込み始めたんだ。
そうして WHITESNAKE の “1987” が僕の世界に入ってくると、本当にぶっ飛ばされたね。人生でこれほど強力で、重く、それでいて雰囲気のある音楽は聴いたことがなかったからね。”Still of the Night” のミドルセクションを初めて聴いた時なんて、文字通り信じられないって感じだったよ。僕にとってあのアルバムは絶対的なマイルストーンで、心底夢中になったんだ。あれから26~27年後の現在でも、僕の意見は変わっていないよ。”1987″ は最高のクラシックロックアルバムの1つで、今でも定期的に聴いている。ライティング、パフォーマンス、ギタートーン、どれをとっても最高クラス。それは否定出来ないよね。
その時から、僕はすぐにロックとメタルに没頭していったね。W.A.S.P (僕にとって大きな存在だった)、SAXON, IRON MAIDEN。そこからよりヘヴィーな領域へと移行して、MACHINE HEAD, PARADISE LOST, FEAR FACTORY, WHITE ZOMBIE。さらに不可欠なエクストリームメタルへと足を踏み入れ、CANNIBAL CORPSE, CRADLE OF FILTH, DARK FUNERAL, OPETH, EMPEROR, IN FLAMES へと進んでいったんだ。つまり最初にクラシックロックを聴いてから数年のうちに、ロンドンのLA2で CANNIBAL CORPSE, VADER, IMMOLATION のギグに赴きモッシュしていたんだよ!
ちょうどその頃、初めてギターを手に入れたから、エクストリームメタルへの接近は、楽器の演奏を学ぶ事ととても密接に関連していたね。その2つは、僕にとってほぼ同義の概念であったとまで言えると思う。エクストリームメタルを聴いて、その音楽を演奏しないことなんてなかったね。それこそが、自分の音楽を作り、可能な限りこのジャンルに貢献するという決意をこれほどまで固めてきた重要な鍵だと思うんだ。ギターの演奏が、この非常に特殊な形の音楽の魅力に単純にさらに追加されたわけさ。

Q2: There are lot’s of genres in metal. What made you get into and start to play black metal?

【THE WATCHER】: As I explained, I descended into extreme metal very quickly and it was at this time that I was starting to learn the guitar also. So the sheer excitement of discovering this whole new world of music literally occurred in tandem with the thrill of starting to learn how to play it also – it was a truly intoxicating combination!
And of all the extreme metal subgenres, it was black metal that really resonated with me the most – whilst I certainly enjoyed the death and doom metal that I was exposed to, it was those early-to-mid-90s black metal releases that really set my imagination afire. There was so much atmosphere to it – it was unlike anything I’d ever come across and back in these pre-internet days, the whole genre was shrouded in real, GENUINE mystery. Who were these shadowy figures creating this unholy, dark music? Also being a Tolkien/fantasy literature fan, the fact that so many of these acts referenced such things was just the icing on the cake.
So those early records I encountered – Cradle of Filth’s ‘Vempire’, Dark Funeral’s EP and debut, Emperor’s ‘In the Nightside Eclipse’, Setherial’s ‘Nord’ – these were absolutely pivotal and swiftly set the tone for me. I immersed myself in the genre and began to dedicate my own guitar playing to creating this form of music. I simply felt a real compulsion to express myself in this way and began to work on very rudimentary recordings and demos almost straight away. And despite the many years that have passed since this point, I guess this compulsion still very much continues!

Q2: 非常に幅広い音楽遍歴ですが、その中からブラックメタルを主戦場に選んだ理由を教えていただけますか?

【THE WATCHER】: さっき話したけど、僕はとても早急にエクストリームメタルにハマって、ちょうどその頃ギターを学び始めたんだ。だからこの全く新しい音楽の世界を発見する興奮が、それを演奏する方法を学ぶスリルと並行して倍増しながら発生したわけさ。
そして、全てのエクストリームメタルのサブジャンルの中で、僕に最も共鳴したのがブラックメタルだったんだ。確かに、デスメタルとドゥームメタルは楽しんでいたけど、真に僕の想像力に火をつけてくれたのが90年代初期から中期にかけてのブラックメタルだったんだ。素晴らしいアトモスフィアがあったからね。
それにインターネットの前の時代に出会ったブラックメタルって、ジャンル全体が “本物の” 謎に包まれていたんだよ。こんな不気味でダークな音楽を作っていた影姿は誰だったんだろう?僕がトールキン/ファンタジー文学のファンで、彼らの多くがそういった作品を参照していた事実は、それでもケーキの上の飾り付けに過ぎなかったんだ。
だから僕出会った初期のレコード、CRADLE OF FILTH の “Vempire”、DARK FUNERAL の EPとデビュー作、EMPEROR の “In the Nightside Eclipse” 、SETHERIAL の “Nord” といった作品は絶対的に重要で、僕のトーンを決定づけたんだ。
僕はブラックメタルに没頭し、このフォームの音楽の作成に自分のギタープレイを捧げるようになったんだ。そうやって自分を表現したいという強い衝動を感じたことで単純に、非常に初歩的なレコーディングやデモに取り組み始めたんだ。あの頃から何年も経ったけど、この衝動はまだ強く続いていると思うんだ!

Q3: You got your band name from the Marshlands in Eastern England, right? Did you think that place fit into your dark and atmospheric soundscape?

【THE WATCHER】: Absolutely. The fens are a strange and unusual place but to draw inspiration from this area just feels right. I grew up there from about ten years old until I left home and so it was very much the landscape that surrounded me during my own evolution into adulthood and also truly ‘finding myself’ with music. It really isn’t an area that many people visit – there is no tourist industry there and the landscape itself is not traditionally captivating. It certainly doesn’t have the immediate appeal or splendour of the traditional ‘rolling green English countryside’ that many people enjoy.
However, what it does have is a very unique and deeply individual bleakness. It is flat – incredibly flat – with much of the land now big stretches of blackened peat fields that were once marshland (most of the area was drained in the 1800s). It is flat, sparsely populated, with only the occasional (very functional/industrial) farm to break up the monotony. Long, small roads stretch on in straight lines across these fields whilst telegraph poles lurch sideways as they sink into the soils. For me, it is redolent with a sense of loss, a sense of isolation and desolation – the perfect embodiment of the mindscape of a lonely young man.
So when truly looking to craft a sound of reflective, affecting black metal, attempting to channel both this landscape and the sensations it embodies were the only way I could drive true feeling and authenticity into the music. In many ways, the music of Fen really is a mechanism to deliver this special atmosphere to our audience – to bring them with us on this cold, windswept journey across these invigoratingly bleak landscapes.

Q3: 東イングランドの沼地がバンド名の由来だそうですが、その場所が FEN のダークでアトモスフェリックなサウンドにフィットしたのでしょうか?

【THE WATCHER】: その通りだよ。”The Fens” は奇妙で非日常的な場所だけど、インスピレーションを引き出すにはちょうどいい感じのエリアさ。僕はそこで10歳くらいの頃から家を出るまで育ったから、大人になり自分自身を音楽で真に “発見” するまでの間、まさに僕を取り巻いていた風景だったんだ。多くの人が訪れる場所じゃないよ。観光業はなく、景観自体も伝統的な魅力を持っている訳じゃない。間違いなく多くの人が楽しめる伝統的な “ローリンググリーンな英国の田舎” の、即効的な魅力や素晴らしさは存在しないね。
だけど非常にユニークで個人的な深き憂鬱があるんだよ。平らで、信じられないほど平らで、かつては湿地帯であった黒い泥炭地が広がっているんだ。(1800年代にほとんどの地域が排水されたんだ)
平坦で人はまばら、そんな単調さを時に解消するのは(非常に機能的/産業的な)農場だけだよ。長い小さな道路がそんなフィールドを横切って直線状に伸びている中で、電信柱は土壌に沈み傾いている。僕にとって、その景色は喪失感、孤立感、荒廃感に溢れているんだよ。孤独な若者の心風景を完璧に具現化したものさ。
だからブラックメタルに影響を与える音を作りたいと思った時、この風景とそれが体現する感覚の両方を伝えようとすることが、僕の音楽に真のフィーリングと信憑性をもたらす唯一の方法だったんだ。FEN の音楽は大部分がこの特別な雰囲気をリスナーに届けるためのメカニズムで、彼らを荒涼として風にさらされた冷たい旅に誘うんだ。

Q4: Regarding dark, winter is inseparable with Fen. Of course, you released “The Dark Light” in December and that soundscape is really cold and wintry. Is the concept or lyrical themes relate to winter?

【THE WATCHER】: It’s actually just a coincidence that the album was released in the winter if I’m honest – in an unusual twist, our previous record was actually called ‘Winter’ and whilst not addressing that topic literally, dealt with the idea of the concept of winter representing a phase of finality and eventual ending.
‘The Dead Light’ instead deals with more cosmological, metaphysical and existential topics – how consideration of the stars, the universe and the cosmos has impacted upon mankind’s thinking since the very dawn of human civilisation. One only has to look at some of the greatest monuments from antiquity – the pyramids of Giza, Aztec temples and Stonehenge here in England – to see how even the earliest examples of our societies, despite being scattered across the globe, demonstrated a real fascination with the heavens.
It is not hard to see why so many thinkers become fascinated with the topic. The depths of our universe yield breathtaking beauty and unimaginable destruction in equal measure. The sheer scale and vastness of the cosmic depths and the entities that lurk within it have ever been the tempter for the human mind to consider, to ponder and theorise upon. It is therefore no surprise that so many seek their truths in the depths of the multiverse and it is this aspect the ‘The Dead Light’ above all others looks to address.
This is most evident on the song ‘Nebula’ which deals specifically with mankind’s quest for truth – and how, when faced with truths that go against firmly-held principles or beliefs that even the most open-minded of thinkers can retreat into denial and dogma than face the soul-crushing horror of reality. Elsewhere, the album addresses humanities willingness to absolve themselves of the responsibility of logical thought and instead retreat into fortresses of monotheism (‘Rendered in Onyx’) or simply dissolve into a mindless, meaningless existence, bereft of any real value and wallowing in empty ignorance (‘Exsanguination’).
The most direct reference to the cosmic concepts addressed however is of course the album title track itself – ‘The Dead Light’. This song deals specifically with the phenomenon of light travelling across the cosmos from celestial bodies that are unimaginable distances away from us here on earth – celestial bodies that may well have become extinct in the time it has taken for their light to reach our mortal, human eyes. It is like looking upon a window into the distant past, quanta of photons powering through the fathomless void to ultimately deliver to us an image of something long dead – the very ‘dead light’ of the album title in question.

Q4: 暗く冷たい冬の季節と FEN の音楽は密接に繋がっているように思えます。実際、最新作 ”The Dark Light” は12月のリリースでしたね?

【THE WATCHER】: 正直、このアルバムが冬にリリースされたのは偶然の一致なんだ。シュールなことに前作は “Winter” ってタイトルだったけど、季節としての冬ではなく、最後、最終的っていう概念としての冬を扱っていたんだ。
“The Dead Light” は、より宇宙論的、形而上学的、実存的トピックを扱っているよ。星、宇宙、コスモは、人間文明の最初期から人類の思考にどう影響を与えてきただろう?ギザのピラミッド、アステカの神殿、ここイギリスのストーンヘンジなど、いくつか古代の偉大なモニュメントを見るだけで、世界中に散らばっているにもかかわらず、社会の最も初期段階でさえも天上に魅了されていたことが分かるよね。
なぜそんなに多くの思想家がこのトピックに魅了されるのかを理解するのは難しくないだろう。僕たちの宇宙の深さは、息をのむような美しさと想像を絶する破壊を同等にもたらすからね。宇宙の深さとその中に潜む実体の純粋な規模と広大さは、人間の心が考慮し、熟考し、理論化するための誘惑だったんだ。だから非常に多くの人が多元宇宙の奥深くでその真実を求めていることは驚きではないだろう。そしてその全てが “The Dead Light” で扱おうとしたことなんだ。
これは、人類の真実の探求を具体的に扱った “Nebula” が最も明白だね。最もオープンマインドな思想家でさえ、教義を否定し、堅固な原則や信念に反する真実に直面した時、どうやって現実の魂を砕く恐怖に直面するのか。
他にも、論理的思考の責任から自らを解き放ち、代わりに一神教の要塞へと退却する “Rendered in Onyx”、無意味な存在として、空虚な無知に漂う “Exsanguination” などが象徴的かな。
ただ、宇宙の概念への最も直接的な言及は、もちろんアルバムのタイトルトラックそのものである “The Dead Light” だね。この楽曲は、地球から想像を絶する距離にある天体から宇宙を旅する光の現象を具体的に扱っているんだ。光が人間の目に届くまでに消滅した天体だってあるよ。つまり地球から遠い過去への窓を見ているようなもので、光子の量子が空虚を通して力を与え、最終的にアルバムタイトルのまさに “死の光” “長い死” のイメージを届けるんだ。

Q5: I think this is your best work to date. It’s really beautiful but brutal, atmospheric but progressive. Compared your past works, what’s the difference about writing and recording process?

【THE WATCHER】: Thanks for your kind words on this and we are certainly pleased with how the record turned out – it is definitely a good representation of the atmosphere we wanted to achieve. From a writing perspective, we were very clear from the get go about what we wanted to achieve with this album. We normally have an idea about how we want the songs to sound and the generally ‘feel’ we want to underpin each track on the album – for ‘The Dead Light’, we all agreed quite early on that we wanted to create material that was more concise, sharper and focussed than it was on our previous record ‘Winter’. This really tied in with the more celestial, ethereal and spacious concepts that the lyrics were addressing – this needed to married to colder, more crystalline songwriting.
In terms of the actual process, we approached the writing much as we have done all of our previous records – myself and Grungyn generally work individually in isolation to write riffs, passaged and sometimes even complete songs. These frameworks are then presented to the whole band in the rehearsal environment and then are worked on to build up the arrangements, textures and feels to develop the final pieces. This for me is the most exciting part of the process – hearing ideas unfurl, expand and breathe as they move towards full realisation as complete pieces.
Some of the material really evolves at this point – the addition of drums can really influence how a song feels or moves – whilst others can remain more or less as they were originally conceived. We do occasional experiment with rehearsal improvisation and jamming but this has to be carefully controlled as the temptation to simply ‘meander’ can be hard to resist sometimes! That said, some of our most powerful sections or moments have originated from a rehearsal studio jam.
As for the recording, we decided to record ‘The Dead Light’ with Chris Fielding at Foel Studios for the first time. Foel is a beautiful place that is located deep within the wilderness of Wales – it’s incredibly remote and surrounded by great rural landscapes that really help us focus on our job. Chris is also a great producer – the albums he has worked on sound amazing! – and he also really understood what it is we wanted to achieve. One thing we did do differently with this record process-wise is work with click tracks to ensure the material was as tight and as sharp as possible. So all in all, we embraced a number of new challenges this time around and I think the results of this speak for themselves.

Q5: 美しくしかしブルータル、アトモスフェリックな一方でプログレッシブな “The Dark Light” は、FEN の最高傑作だと確信しています。制作段階で、これまでと異なる試みはありましたか?

【THE WATCHER】: どうもありがとう。確かにアルバムの仕上がりには満足しているね。それは間違いなく、僕たちが表現したかったアトモスフィアを実現出来たからだね。ライティングについて、このアルバムの目的は最初から非常に明確だったね。
僕たちは通常、どのように曲を鳴らすか、そしてアルバムの各トラックを支える “フィーリング” についてのアイデアを持っているんだ。”The Dead Light” の場合、”Winter” よりも簡潔で、シャープで、焦点が合っていたね。このことは、今作の歌詞のより天界的で、エセリアルで広々としたコンセプトと密接に結びついているんだ。それがより冷たく、よりクリスタルのソングライティングとの婚姻で必要だったんだ。
実際のプロセスは、以前の全てのレコードを作成したのと同じようにライティングにアプローチしたんだ。僕と Grungyn はそれぞれ個別にリフやパッセージ、時には楽曲まで仕上げるんだ。こうしたフレームワークは、リハーサルでバンド全体に提示され、最終的な作品に仕上げるため、アレンジメント、テクスチャー、フィーリングを構築していくんだ。僕にとってこれは制作段階の最もエキサイティングな部分なんだ。アイデアを完全に実現するため展開し、拡大し、呼吸させるんだよ。
この時点でマテリアルのいくつかは目覚ましい進化を遂げる。ドラムを加えることで曲の感じ方や動きに大きな影響が出るからね。一方で、他のマテリアルは当初考えられたままの状態を保つことが出来ている。
リハーサルでは即興演奏とジャミングの実験を時折行っているけど、単に “蛇行” してしまう誘惑に抵抗するのは難しいから、慎重に制御する必要があるね!そうは言っても、僕たちの最も強力なセクションやモーメントのいくつかは、リハーサルのジャムから生まれたんだ。
レコーディングに関しては、”The Dead Light” で Foel Studios の Chris Fielding と初めてレコーディング行うことにしたんだ。Foel はウェールズの荒野の奥深くにある美しい場所。信じられないほど遠くて、仕事に集中できる素晴らしい田園風景に囲まれているんだ。
クリスも素晴らしいプロデューサーでね。彼が手掛けたアルバムたちは実に素晴らしいサウンドだよ! それに、彼は僕たちが達成したいことを心から理解していたね。
今回、以前と異なる方法を取ったことの一つが、クリックトラックの使用だったね。マテリアルを出来るだけタイトでシャープに保つためにね。全体として、今回は多くの新たな課題を採用したんだけど、”The Dead Light” という素晴らしい結果がその成功を物語っていると思うな。

Q6: There are lot’s of post-black, atmospheric black bands now. But I think you mix progressive aspects really well among them. Sometimes, I remind even Enslaved. Did 70’s prog influences from Yes, Genesis, Floyd, Rush reflect “The Dark Light”?

【THE WATCHER】: Oh definitely, I am huge advocate of a lot of the 60s/70s prog scene – Yes, Genesis, King Crimson, Rush, Pink Floyd, these sorts of acts and many more are a big influence on my approach to song/riff-writing. It’s almost an intrinsic part of my compositional DNA these days I fear – it’s almost impossible for me NOT to inject the occasional progressive touch or passage into a song! We need to be careful with this however – what I don’t want is for us to disappear TOO far down a ‘prog-metal’ rabbit-hole, progressive touches need to be balanced with directness, simplicity and minimalistic writing after all.
It is definitely something myself and Grungyn like to work with however and it definitely forms a backdrop to a lot of our writing approaches. With ‘Winter’, I had been listening to frankly obscene amounts of 70s Yes – Close to the Edge, Relayer, The Yes Album and Tales From Topographic Oceans – which really served as a platform for us to make that album as winding, indulgent and as progressive as possible.
With ‘The Dead Light’, we did decide to reign in some of the more excessive prog touches – as explained in the previous album, we consciously wanted to make the pieces more direct and concise. Nevertheless, those 70s progressive rock classics are part of my intrinsic musical make-up so there will always be a vague sense of that sort of music drifting across everything I write I guess!

Q6: 今となってはアトモスフェリックな “ポストブラック” メタルをプレイするバンドは決して少なくありませんが、FEN のようにプログレッシブな要素を巧みに注入するバンドは多くはありませんね?

【THE WATCHER】: 間違いないね。僕は60年代/​​70年代のプログレシーンの強力な支持者なんだ。YES, GENESIS, KING CRIMSON, RUSH, PINK FLOYD といったバンドは、僕のソング/リフライティングに対するアプローチに大きな影響を与えているよ。ほとんど僕の作曲 DNA の本質的な部分と言っても過言ではないね。最近はプログレッシブなタッチやパッセージを挿入しないことがほとんど不可能で、それを恐れてさえいるんだよ!
ただし、注意深くやる必要があるね。”プログメタル” という小さな穴にのめり込み過ぎたくはないから、プログレッシブなタッチはダイレクトで、シンプルに、最小限とバランスを取る必要があるんだよ。
とは言え、プログレッシブは間違いなく僕自身と Grungyn が共に取り組むのが好きな分野で、僕たちにとって多くのライティングアプローチの背景を形成しているよ。
“Winter” で、僕は率直に相当な量の70’s プログを聴いていたんだ。YES の “Close to the Edge”、”Relayer”、”The Yes Album”、そして “Tales From Topographic Oceans”… そういった作品は “Winter” を甘美で、可能な限りプログレッシブとする僕たちにとってのプラットフォームとなったね。
“The Dead Light” では、さっき説明したように、より広義のプログレッシブタッチを導入することに決めたんだ。作品をより直接的かつ簡潔にしたかったからね。
それでも、こういった70年代のプログロッククラシックは僕の本質的な音楽構成の一部だから、僕の書いたもの全てにはプログロックの漠然とした感覚が常に漂っていると思うな。

Q7: Regarding post-black, you are one of the pioneer of genre. What’s your perspective about the success of Defheaven or Alcest?

【THE WATCHER】: It’s great to see what was originally a fairly disparate and niche approach to the genre gain real traction and become commercially recognised. With Alcest and Amesoeurs, Neige is certainly the key figure in the post/shoegaze black metal scene it has to be said. We were in contact in the early days of the band – when we started rehearsing in early 2006 and put out the Ancient Sorrow demo in the earliest days, we had no awareness of any other acts who were playing this style of black metal (a very conscious merging of shoegaze, post rock and black metal).
We started to hear people referencing Amesouers and Alcest so gave it a listen – it was something of a shock to hear someone else ploughing a very similar furrow to the sounds we were exploring! It was a really small scene back then – us, Neige’s projects, Altar of Plagues, perhaps Les Discretes (though they may have come along a little later). That was kind of it for a couple of years but it quickly exploded once Alcest become more well known. ‘Ecailles De Lune’ (their second album) really turbo-charged recognition of the genre I think.
We’ve played with Alcest a few times since – indeed, we supported their first UK show back in 2008 – and it’s been fascinating to watch their career develop since then and simply get bigger and bigger. They’re a very respected band now and fully deserve it – Neige’s songwriting skills are peerless!
Deafheaven came along a little bit later and by this point, I’d already started to feel that ‘blackgaze’ was becoming a little homogenous. Deafheaven really didn’t do a lot to change that perspective for me if I’m honest – it all felt pretty ‘blackgaze by numbers’, relying on clever marketing/aesthetics and presenting the band as something utterly different simply because they had short hair, glasses and didn’t profess to be ‘metal guys’. If they had long hair and were all wearing Setherial shirts, I suspect reactions may have been a little different… however, I digress. They’ve done very well, captured a lot of people’s imaginations, got a lot of attention from sources way outside the metal spectrum – and ultimately, if they act as a ‘gateway’ to listeners to dig deeper into genre and discover the wealth of quality it has to offer then that HAS to be a good thing!

Q7: FEN はジャンルの初期からポストブラックのラベルを当てはめられていたバンドだと思います。同じジャンルのタグを持つ ALCEST や DEAFHEAVEN の成功についてはどう感じていますか?

【THE WATCHER】: もともとブラックメタルに対するかなりバラバラでニッチなアプローチだったものが真の牽引力を獲得し、商業的に認知されるようになるのは素晴らしいことだよ。ALCEST と AMESOEURS を立ち上げた、Neige は間違いなくポスト/シューゲイズブラックメタルシーンの重要人物だね。実は僕たちは初期に連絡を取り合っていたんだよ。2006年初頭にリハーサルを開始し、”Ancient Sorrow” のデモを発表した頃だね。当時僕らは自分たちのようなスタイルのブラックメタルを演奏している他のバンドを知らなかったんだ。シューゲイズ、ポストロック、ブラックメタルの意識的な融合という意味で)。
だけど AMESOEURS と ALCEST を引き合いに出す人が多かったから聴いてみたんだよ。他の誰かが僕たちが探求している音と非常によく似た畑を耕しているのを聴くのはショックだったよ!
当時は本当に小さなシーンだったな。僕たち、Neige のプロジェクト、ALTAR OF PLAGUES, それからおそらく LES DISCRETES(彼らは少し遅れて登場したかも知れないけど)。数年間は小さなままだったけど、ALCEST がより有名になるとすぐに爆発したね。 彼らのセカンドアルバム “Ecailles De Lune” は、ジャンルの認識を本当にターボチャージさせたと思うね。
ALCEST とは数回プレイしたよ。実際、2008年には彼らの最初のUKショウをサポートしたからね。それ以来、彼らのキャリアが発展し、単純にどんどんビッグになっていくのを見るのは嬉しいことだよ。今ではとても尊敬されているバンドで、実際その評価に相応しいと思う。Neige のソングライティングスキルは比類なきものなんだ!
少し遅れて DEAFHEAVEN が登場したんだけど、僕はこの時点で “ブラックゲイズ” が少し同質的になっていると感じ始めていたんだ。DEAFHEAVEN は正直なところ、僕のその視点を変えてくれたとは言い難いね。型通りのブラックゲイズに思えたんだ。クレバーなマーケティングに頼っているようにね。短髪にメガネで “メタルヘッド” であると公言せず、異なるテイストを演出してね。
彼らが長い髪で、全員が “Setherial” のシャツを着ていたら、反応が少し違っていたのではないかと疑うね…ちょっと話が逸れちゃったね。
とは言え、彼らはとてもうまくやっていて、多くの人々の想像力を捕らえ、メタル世界以外の場所から多くの注目を集めたよね。そして最終的に、そういった人たちがポストブラックをより深く掘り下げ、埋もれている “富” を発見するための “ゲートウェイ” “扉” として機能するならそれは素晴らしいことだよ!

Q8: Black metal started from satanism, but now, lot’s of bands opened the door to nature worshipping or another themes. Do you think it’s natural black metal expands it’s realm? Is there any modern band you emphasize with now?

【THE WATCHER】: I think a more pastoral, landscape-inspired approach to black metal has been very much an accepted element of the genre since the early 90s really when many of the Norwegian bands began to draw inspiration from the unique, dramatic landscapes that surrounded them. The first Emperor album is as much about landscapes and sky as it is about good old-fashioned devil worshipping after all! Black metal has always attracted individual thinkers, auteurs, experimenters, those who like to push against the envelope – it has acted as a lodestone for those who see no value in creative boundaries.
One only has to look at the experimental nature of a number of the Scandinavian bands in the late 90s – Dodheimsgard, Arcturus, In the Woods and Solefald to name but four – to identify how creatively rich the genre has been. Of course, as is always the way with experimentation, some of this was successful, others less so – but the crucial thing is that it was attempted, that the participants involved felt the creative drive to push their material in the directions that they did. And this sense of adventure is something that still persists within the black metal scene – acts like Deathspell Omega, Blut Aus Nord and The Ruins of Beverast continue to create diverse, idiosyncratic music that drips with authenticity and controlled experimentation.
Whilst I really admire these sorts of bands for the quality and conviction of their output, they are in a bit of a different sonic space from us – I do however empathise with them very much so as artists and as acts fully committed to pushing themselves forwards and creating something of genuine creative worth. There are of course other bands we admire and feel a certain kinship with – Enslaved of course have been pioneers since the early days and continue to evolve gloriously (and their enthusiasm for progressive music is well documented). Yob are another band I massively admire – they may not be black metal but they are distinctive, heavy, have excellent songwriting and they manage to conjure up a huge soundscape with just the three of them. A real inspiration for me. We also saw Vemod at Prophecy Fest and we spent a long time chatting to them after the show – another band that are really on our wavelength also.
Ultimately, the black metal scene is alive, well and absolutely full of motivated individuals striving to create compelling works. It’s an exciting time!

Q8: サタニズムから始まったブラックメタルは、近年自然崇拝など様々なテーマへと拡散していますね?

【THE WATCHER】: だけどブラックメタルに対するより牧歌的で風景的なアプローチは、90年代初頭からとても受け入れられて来たと思うんだ。ノルウェーのバンドの多くが、彼らを取り巻くユニークでドラマチックな風景からインスピレーションを引き出していたようにね。EMPEROR のファーストアルバムは、結局のところ、オールドファッションな、悪魔崇拝と同じくらい、風景と空に関するものだったんだから!ブラックメタルは常に、個々の思想家、作家、実験者、境界を押し広げようとする人々を魅了して来たんだ。創造性の境界に価値を見出さない人々にとって、宝石としての役割を果たして来たわけだよ。
このジャンルがどれほど創造的に豊かであるかを理解するには、90年代後半のスカンジナビアのバンド(DODHEIMSGARD, ARCTURUS, IN THE WOODS, SOLEFALD の4つ)の実験的な性質を見れば十分だろう。もちろん多くの実験と同様に、成功したものもそうでないものもあるけれど、重要なのは彼らが自らの枠を押し拡げる創造的な意欲を感じさせたことなんだ。
そして、この冒険感覚はブラックメタルシーンに今も存続しているよ。DEATHSPELL OMEGA, BLUT AUS NORD, THE RUINS OF BEVERAST のようなバンドは、オーセンティックかつ制御された実験で滴り落ちる多様で特異な音楽を作り続けているからね。
アウトプットの質と信念に関して、僕はそういったバンドを心から賞賛するけど、彼らは僕たちとは少し異なる音の空間にいるんだ。だけどアーティストとして、そして自分自身を前進させることに全力を尽くす彼らの行為に共感するよ。真に創造的な価値のあるアートを制作している。
もちろん、他にも賞賛し、親近感を感じるバンドは存在するよ。当然 ENSLAVED は初期から先駆者で、今も輝かしく進化し続けているね。(そしてプログレッシブな音楽に対する彼らの熱意は十分に表現されているね)。
YOB は僕がとても尊敬するまた別のバンドだ。ブラックメタルではないかもしれないけど、独特で重く、優れた作詞作曲能力を備え、わずか3人で巨大なサウンドスケープを創造するんだから。僕にとってリアルなインスピレーションだよ。それに Prophecy Fest で VEMOD を見て、ショウの後に彼らと長い時間語り合った。彼らもまた共感を覚えるバンドの一つさ。
結局、ブラックメタルシーンは生き生きとしていて、魅力的な作品を作成する熱意を持ったアーティストで溢れているんだ。全くエキサイティングな時代だよ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED THE WATCHER’S LIFE

WHITESNAKE “1987”

PARADISE LOST “ICON”

EMPEROR “IN THE NIGHTSIDE ECLIPSE”

FIELDS OF THE NEPHILIM “THE NEPHILIM”

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

MESSAGE FOR JAPAN

It’s been our honour to share our words with our Japanese listeners. We all hope we are granted the privilege of playing for you guys at some point in the future – I’m sure it would be something truly special.

日本のリスナーに僕たちの言葉を届けることが出来て光栄だよ。将来的に日本でプレイしたいとバンド全員が望んでいるんだ。きっと本当に特別なショウになるはずさ。

THE WATCHER

FEN Facebook Page
FEN Bandcamp
PROPHECY PRODUCTIONS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCHAMMASCH : HEARTS OF NO LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH C.S.R OF SCHAMMASCH !!

“To Me, The Question For The Source Of Inspiration Is The Same Question As “Where Does Life Come From?”. My Answer For Both Questions Would Be “The Cosmic Energy That Creates All And Destroys All”

DISC REVIEW “HEARTS OF NO LIGHT”

「スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。」
バーゼルに居を構えるスイスメタルの灯火 SCHAMMASCH は、内省的でスピリチュアル、多義性に富んだトランセンドブラックメタルで CELTIC FROST, SAMAEL, CORONER といった同郷の巨人たちの偉大な影を追います。
「”Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。」
SCHAMMASCH がメタルワールドの瞠目を浴びたのは、2016年にリリースした “Triangle” でした。3枚組、16曲、140分の壮大極まるコンセプトアルバムは、様々な恐怖、不安から解脱し悟りと真の自由を得るためマスターマインド C.S.R にとって避けては通れない通過儀礼だったと言えるでしょう。
もちろん、彼らが得た自由は音楽にも反映されました。ポストロック、プログレッシブ、オーケストラル、さらにはダウンテンポのエレクトロニックなアイデアまで貪欲に咀嚼し、広義のブラックメタルへと吐き出した怪物は、BATUSHKA, LITURGY, BLUT AUS NORD, SECRETS OF THE MOON などと並んで “アウトサイドメタル” へと果敢に挑戦する黒の主導者の地位を手に入れたのです。
「ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。」
実際、初期に存在した “具体的” なデスメタリック要素を排除し、ある意味 “抽象的” なメタル世界を探求する SCHAMMASCH が、概念のみをメタルに住まわせる ULVER に親近感を抱くのは当然かも知れませんね。そして最新作 “Hearts of No Light” は、”Triangle” の多義性を受け継ぎながらアヴァンギャルドな音の葉と作品の完成度を両立させた二律背反の極みでしょう。
ブラッケンドの容姿へと贖うように、ピアニスト Lillan Lu の鍵盤が導くファンファーレ “Winds That Pierce The Silence” が芸術的で実験的で、しかし美しく劇的なアルバムの扉を開くと、狂気を伴うブラックメタリックな “Ego Smu Omega” がリスナーへと襲いかかります。
プリミティブなドラミングと相反するリズムの不条理は暗闇の中を駆け抜けて、レイヤードシンセと不穏でしかし美麗なギターメロディーの行進を導きます。悪魔のように囁き、時に脅迫するボーカルと同様に楽曲は荘厳と凶猛を股にかけ、リスナーに社会の裏と表を投影するのです。
故に、一気に内省と憂鬱のアンビエント、ピアノと電子の “A Bridge Ablaze” へ沈殿するその落差はダイナミズムの域さえ超越しています。”Ego Smu Omega” や “Qadmon’s Heir” の壮大劇的なプログレッシブブラックを縦糸とするならば、”A Bridge Ablaze” や “Innermost, Lowermost Abyss” の繊細でミニマルなエレクトロピースはすなわち “光なき心” の横糸でしょう。
そうして静と動で織り上げた極上のタペストリーは、さらにゴスとポストロックの異様なキメラ “A Paradigm of Beauty” のような実験と芸術のパッチワークが施され SCHAMMASCH をブラックメタルを超えた宇宙へと誘うのです。その制限なきアヴァンギャルドな精神は、32年の時を経て再来する “Into the Pandemonium” と言えるのかも知れませんね。
今回弊誌では、ボーカル/ギター C.S.R にインタビューを行うことが出来ました。「僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。」 どうぞ!!

SCHAMMASCH “HEARTS OF NO LIGHT” : 10/10

INTERVIEW WITH C.S.R

Q1: Regarding Switzerland, there was great Coroner and Celtic Frost, but not so many bands have existed. How was growing up there and being into metal music?

【C.S.R】: Don’t forget Samael &, Messiah. Considering how small a country Switzerland really is, there were quite a few bands that had an impact on the early extreme metal scene and its development. When I seriously started listening to extreme metal, Celtic Frost just released their final album, ‘Monotheist’ & Samael were at the peak of their electronic experimentation. There were a few local bands I looked up to at that time, and eventhough there was a scene of people being into that kind of music, there weren’t many bands that were actually serious about being musicians. Nowadays it has changed a lot, for the better.

Q1: スイスが CORONER や CELTIC FROST といった巨人を輩出しているのは確かですが、とは言えメタル大国というイメージはありません。そんなスイスでメタルに目覚め、プレイし始めたきっかけからお話ししていただけますか?

【C.S.R】: SAMAEL と MESSIAH を忘れる訳にはいかないよ。スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。
僕が真剣にエクストリームメタルを聴き始めた時、ちょうど CELTIC FROST が最後のアルバム “Monotheist” をリリースした頃だったんだ。彼らと SAMAEL がエレクトロニカの実験のピークにいた時なんだよ。
当時僕が尊敬していた地元のバンドがいくつかあって、エクストリームな音楽に夢中になっているシーンもあったんだけど、ミュージシャンになることに真剣な奴らはあまりいなかったね。今日では大きく変わって、良くなっているよ。

Q2: The visual of Schammasch is very unique. Where does the inspiration come from? What do you want to express by your visual?

【C.S.R】: Every visual aspect of Schammasch aims to reflect the other existing aspects, and by that, creating an overall vivid, vibrant work of art. To me, the question for the source of inspiration is the same question as “where does life come from?”. My answer for both questions would be “the cosmic energy that creates all and destroys all”.

Q2: SCHAMMASCH のビジュアルは実にユニークですよね?インスピレーションはどこから得て、何を表現しているのでしょう?

【C.S.R】: SCHAMMASCH の全てのビジュアル的要素は、他の現存する側面を反映することを目指していて、それによって全体的に鮮やかで活気のあるアート作品を作成しているんだ。
僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。

Q3: “Triangle” was 100 minutes spread across three discs, you know, there was big concept in big framework. I feel it was game changing, historical metal record in 21st century. But what made you create that style of art?

【C.S.R】: Triangle was an attempt to carve a path leading to a state of mind that is free from the terrors of the mind, or at least has them under control, instead of being controlled by them. Some ideologies would call that a state of enlightenment.
Nowadays I would say that it was a naïve endeavor, one that could only fail. And so it did of course, but writing that album was a personal necessity, and resulted in a different kind of freedom for me, which I’m very grateful for.

Q3: “Triangle” は3枚のアルバムで100分に渡って紡がれる、ビッグなフレームに収まったコンセプト作品でした。21世紀のメタルを変えたと言っても過言ではない、歴史的なアルバムでしたね?

【C.S.R】: “Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。
今日振り返れば、失敗するに違いないと言われたナイーブな試みだったと思うよ。それは当然のことだったけど、それでもあのアルバムを書くことは個人的に必要で、結果として僕に別の種類の自由をもたらしてくれたんだ。それが嬉しかったんだ。

Q4: Maybe, your music is labeled as Avant-garde Black metal. But your newest record “Hearts of No Light” transcends even Black metal realm, I feel. Do you think you are still in the world of Black metal?

【C.S.R】: There are key aspects that we use, but I don’t like calling Schammasch a black metal project, just because there are musical aspects that would fit the term. Being a black metal band, in my opinion, requires a different set of qualities than the ones that define Schammasch.

Q4: アヴァンギャルドブラックメタルなどと称される SCHAMMASCH の音楽ですが、最新作 “Hearts of No Light” ではすでにブラックメタルの領域を超越したようにも感じます。それでも SCHAMMASCH はブラックメタルバンドですか?

【C.S.R】: 確かにブラックメタルは僕たちが使用する鍵となる要素だね。だけど僕は SCHAMMASCH をブラックメタルプロジェクトと呼びたくはないんだよ。ただ、ブラックメタルという言葉にフィットする音楽的な要素が存在するだけなのさ。
ブラックメタルバンドであるためには、僕の考えだけど、SCHAMMASCH を定義するものとは異なるクオリティーのセットが必要だね。

Q5: With mixing post-rock, progressive music, orchestral music, and even mild downtempo electronic ideas, you have evolved metal world. Is there any band you empathize with who is mixing “outside metal” aspects?

【C.S.R】: There are a few electro projects working with certain metal aspects, that I find interesting, There’s Ulver, who maybe aren’t inheriting any musical metal aspects anymore for a long time, but still emerged from that genre. It’s very impressive what they have become.

Q5: ポストロック、プログロック、オーケストレーションにエレクトロニカまで、SCHAMMASCH はメタルの領域を確実に拡大しています。あなたが共感を覚える、”アウトサイドメタル” の要素を取り込むバンドはいますか?

【C.S.R】: メタルの要素を加えたエレクトロニカのプロジェクトなら、興味を惹かれるものはいくつかあるね。ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。

Q6: I feel the album title “Hearts of No Light” reflects the darkness around modern society. Is there any political or cultural message on the concept?

【C.S.R】: Sociocritical aspects are definitely to be found, political ones definitely aren’t.
Schammasch has always been, among other things, a reflection of the dualistic nature of the human mind and spirit in their many forms, often leading to conclusions that support a viewpoint of giving more weight to nameless, formless, sideless spirit and less weight to mind, ego and ideology.

Q6: “Hearts of No Light” は現代社会に巣食う闇を反映しているようにも思えます。

【C.S.R】: 現代社会にたいする批判は間違いなく存在するね。政治的なメッセージは全くないけれど。
SCHAMMASCH は常に、様々な形で人間の心と精神の二元性を反映している。名前のない、形のない、サイドレスのスピリットをより重視し、心や自我、イデオロギーの重みを減らすという視点を支持する結論に至ることが多いんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED C.S.R’S LIFE

IRON MAIDEN “SEVENTH SON OF A SEVENTH SON”

METALLICA “…AND JUSTICE FOR ALL”

SLAYER “GOD HATES US ALL”

SECRETS OF THE MOON “ANTITHESIS”

DEATHSPELL OMEGA “SI MONVMENTVM REQVIRES, CIRCUMSPICE”

MESSAGE FOR JAPAN

This interview has actually been the first real sign of interest in Schammasch, coming from Asia – which we are grateful for of course. Some who read this might be glad to hear that we just extended the shipping options on our shop to some Asian areas – https://schammasch.com/shop/ And furthermore we hope to be able to play in Japan one day.

このインタビューは、アジアでも SCHAMMASCH に興味があると知ることが出来た最初のリアルなサインなんだ。もちろん、とても感謝しているよ。インタビューを読んでくれたみんなには、アジアにもシッピングオプションを拡大したと伝えたいね。https://schammasch.com/shop/ 
日本でいつかプレイ出来たらいいな!

C.S.R

SCHAMMASCH Facebook Page
SCHAMMASCH Offical
PROSTHETIC RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OBSEQUIAE : THE PALMS OF SORROWED KINGS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TANNER ANDERSON OF OBSEQUIAE !!

“For Example, Satyricon’s “Dark Medieval Times” Does Not Have Medieval Riffs. And That’s The Point. Metal Often Alludes To These Themes Without Actually Using Them. I Want To Use Them. And That’s The Difference.”

DISC REVIEW “THE PALMS OF SORROWED KINGS”

「SATYRICON の “Dark Medieval Time” には中世のリフなんて含まれていないよ。そこが重要なんだ。メタルはしばしば、中世の音楽を使用することなく、そのテーマを仄めかして来た訳さ。僕は実際に中世の音楽を使用したい。そこが違いさ。」
黒死病の蔓延、階級社会、厳格なキリスト教倫理、貧困、多産多死。”Near-Death Times”、死の香りや足音があまりに身近であった暗美な中世ヨーロッパを現代へと映し出す “古城メタル” OBSEQUIAE は、メタルお得意のメディーバルな世界観、ドラゴンのファンタジーをよりリアルに先へと進めます。
「多くのメタルバンドが中世のイメージやテーマを扱っている。だけど、ほとんどの人はリアルな中世の音楽がどんなサウンドなのか知らないよね。例えばそれはケルティック音楽でも、多くの映画で流れるファンファーレでもないんだよ。音量がとても小さくなる危険を孕んでいるけど、もっと複雑でやり甲斐のある音楽なんだ。」
“歌う宗教” とも例えられるキリスト教を基盤とし、1000年の悠久をへて単旋律から複旋律へと進化を遂げた中世西欧音楽は、現代の音楽家にとって未だ探索の余地に満ちた白黒写真だと OBSEQUIAE のマスター Tanner Anderson は語ります。故にアーティストは自らのイマジネーションやインスピレーションを色彩に描きあげることが可能だとも。
「あの時代の音楽にはまだまだ発見すべき余地が沢山残されているからね。今日僕たちが音楽を記すように記されていた訳じゃないし、拍子だってなかったんだからとても “自由” だよね。」
リュートやハープ、ダルシマーを画筆として中世の音景に命を吹き込む “The Palms of Sorrowed Kings” で OBSEQUIAE はリスナーの “不思議” をより鮮明に掻き立てました。
「実のところ、僕は OBSEQUIAE をブラックメタルだなんて全く考えたこともないんだよ。僕の影響元は、SOLSTICE (UK), WARLORD (US), FALL OF THE LEAFE, EUCHARIST, OPHTHALAMIA みたいなバンドだからね。」
メロディックブラックメタル、メディーバルブラックメタルと称される OBSEQUIAE の音楽ですが、城主の思惑は異なります。
「トラディショナルなメタルに自らのインスピレーションを加えるようなアーティストは尊敬するよ。」
DARK TRANQUILLITY や IN FLAMES といった “最初期の” メロディックデスメタルに薫陶を受けた Tanner は、トレモロやアトモスフィアといったブラックメタルのイメージを抱きながらも、むしろ兄弟と呼ぶ CRYPT SERMON, VISIGOTH と共にトラディショナルメタルのリノベーション、”メタルレコンキスタ” の中心にいます。
「僕はギターのレイヤーとテクスチャーに重量感をもたらしたいんだ。そして、多くの場合、メロディーのフレージングは “声” として聴こえてくるんだよ。」
“In The Garden of Hyasinths” を聴けば、輝きに満ちたギターのタペストリーが十字軍の領土回復にキリストの奇跡をもたらしていることを感じるはずです。その福音は “伴奏、即興、編曲、演奏のテクニック、モードの変曲、リズムなどに関しても多くの考え方が存在する” 中世音楽の独自性を基に構築され、そうして咲き乱れる在りし日のヒヤシンスの庭を蘇らせるのです。
前作 “Aria of Vernal Tombs” に収録されていた4曲のメディーバルインタルードの中でも、”Ay Que Por Muy Gran Fermousa” のミステリアスな美麗は群を抜いていましたが、5曲と増えた今作のインタルードでもメディーバルハーピスト Vicente La Camera Mariño の描き出す耽美絵巻は浮世の定めを拭い去り、リスナーを中世の風車たなびく丘陵へと連れ去るのです。
クリーンボーカルの詠唱がクライマックスを運ぶタイトルトラックや “Morrigan”で、新たに加わったドラムス Matthew Della Cagna の Neil Part を想わせるプログレッシブなスティック捌きが楽曲にさらなるダイナミズムをもたらしていることも付け加えておきましょう。
今回弊誌では、Tanner Anderson にインタビューを行うことが出来ました。「情報も音楽も全てが利用可能なんだから、当時の “アンダーグラウンド” な感覚は感じることが出来ないよ。僕の成長期には、こういった音楽を作っている人について知ることは全く出来なかったからね。時には名前や写真さえないほどに。」 どうぞ!!

OBSEQUIAE “THE PALMS OF SORROWED KINGS” : 10/10

INTERVIEW WITH TANNER ANDERSON

Q1: 1. This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and Obsequiae? What kind of music were you listening to, when you were growing up?.

【TANNER】: Hi Sin. Thank you for the interview. I started Obsequiae with the intention of creating dark, melodic heavy metal that approached authentic musical themes from Medieval Europe (which also includes the Arab world and its influence on our interpretation of that music). Growing up, I listened to a lot of Celtic/Breton music. My mother is a harp player. Naturally, I also ended up playing Celtic/Breton music for harp and hammered dulcimer. But I also played guitar as well and had an interest in heavier music. My playing and influences (musical and non-musical) are very much a result of my experience listening to metal as a teenager in the mid-90s. Around that time, underground metal was starting to become available through some speciality metal stores near me. So, as the story goes, I never looked back. Not feeling any allegiance to one specific genre, I instead found something to appreciate in bands that I found to be sincere, unconventional, and truly underground in spirit. Nowadays, that’s a little harder! There isn’t really the same sense of an “underground” when everything is available. Growing up, the people making this music were people you never knew anything about. Sometimes not even names or pictures. I liked the distance that created between myself and an artist. It allowed some mystery. And, while some might think that’s gimmicky or cheap, it really was powerful back then.

Q1: 本誌初登場です。まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【TANNER】: インタビューをありがとう!OBSEQUIAE を始めたのは、中世ヨーロッパのオーセンティックな音楽に根ざしたダークでメロディックなメタルを創造したかったからなんだ。その中にはアラブ世界のその影響も入っているんだけどね。
成長期には、沢山のケルト/ブルトン音楽を聴いて育ったね。母がハープの演奏家なんだ。だから自然とケルト/ブルトン音楽をハープやダルシマーでプレイするようになったんだ。同時にギターでヘヴィーな音楽をプレイすることにも興味を持っていたんだけどね。
音楽的にも非音楽的にも、僕の演奏や影響は90年代中盤のメタルリスニング体験に大きく根ざしているんだよ。当時、アンダーグラウンドなメタルも近所のメタル専門店で流通をはじめていたんだ。
それ以降、後ろを振り返ることはなかったね。特定のジャンルへの忠誠心を感じる代わりに、誠実で、型破りで、真にアンダーグラウンドな精神を持つバンドに感謝を捧げるようになったんだ。
最近、そういったやり方は難しくなっているね!情報も音楽も全てが利用可能なんだから、当時の “アンダーグラウンド” な感覚は感じることが出来ないよ。僕の成長期には、こういった音楽を作っている人について知ることは全く出来なかったからね。時には名前や写真さえないほどに。
僕はその頃の自分とアーティストとの距離が好きだったんだ。ミステリアスで謎を生み出すことが出来たからね。それをギミックや安っぽいと思う人もいるかもしれないけど、当時は本当に強力だったんだよ。

Q2: Obsequiae’s music always bring me to journey of medieval times. But where did the idea mixing metal and medieval music come from?

【TANNER】: It’s certainly not an original idea. So many bands have used medieval imagery or themes. With that said, most people don’t know what real Medieval music sounds like. It’s not Celtic music or fanfare you hear in most films, for example. At the risk of sounding enormously petty, it’s much more complicated (and rewarding). For example, Satyricon’s “Dark Medieval Times” does not have medieval riffs. And that’s the point. Metal often alludes to these themes without actually using them. I want to use them. And that’s the difference.

Q2: 仰るように、OBSEQUIAE の音楽を聴けば、リスナーは中世ヨーロッパへと旅立つことが出来ますね。
メタルと中世の文化、音楽をミックスし始めたきっかけについて教えていただけますか?

【TANNER】: ただ、それは僕のオリジナルなアイデアという訳ではないよね。多くのバンドが中世のイメージやテーマを扱っている訳だから。
とは言え、ほとんどの人はリアルな中世の音楽がどんなサウンドなのか知らないよね。例えばそれはケルティック音楽でも、多くの映画で流れるファンファーレでもないんだよ。音量がとても小さくなる危険を孕んでいるけど、もっと複雑でやり甲斐のある音楽なんだ。
例えば、SATYRICON の “Dark Medieval Time” には中世のリフなんて含まれていないよ。そこが重要なんだ。メタルはしばしば、中世の音楽を使用することなく、そのテーマを仄めかして来た訳さ。僕は実際に中世の音楽を使用したい。そこが違いさ。

Q3: Regarding medieval times, What part of medieval history, architecture and art attracts you? I mean, that was very dark and “near-death” age I think, right?

【TANNER】: Yes, “near-death” is correct. Depending on where you were during that time, of course. The plague didn’t hit everywhere at the same time. My interest in this era is purely musical. There is so much yet to discover in the music left to us. This music was not notated as we notate music today. And it was without meter and very “free”. In many ways, it’s like a black and white photograph. Every ensemble or performer can color these photographs with their interpretations of the source material. And there are many schools of thought in regards to accompaniment, improvisation, arrangement, techniques of performance, modal inflection, rhythms, etc.

Q3: 当時はおそらく、”死” がすぐ側にあった時代だと思いますが、中世のどういった部分に惹かれているのでしょう?

【TANNER】: うん、死が側にあったのは確かだよね。あの時代はどこに居ようがもちろんね。ペストが同時に全てを覆った訳ではないにしてもね。
僕のこの時代に対する興味は純粋に音楽的なものさ。あの時代の音楽にはまだまだ発見すべき余地が沢山残されているからね。今日僕たちが音楽を記すように記されていた訳じゃないし、拍子だってなかったんだからとても “自由” だよね。
様々な意味で白黒写真みたいなものさ。全てのアンサンブル、演奏者がその写真たちを自らの解釈で様々な色に染めることが出来るんだから。それに、伴奏、即興、編曲、演奏のテクニック、モードの変曲、リズムなどに関しても多くの考え方が存在するんだ。

Q4: The artwork of ”The Palms of Sorrowed Kings” is really beautiful. Does it reflect the concept or lyrical themes of this great record?

【TANNER】: It is meant to inspire wonder which, in and of itself, is the purpose of the lyrics as well. I choose to be purposely ambiguous with lyrics because I think it serves listeners better. It allows them to use their own imaginations and interpret their own personal meaning.

Q4: それにしても、最新作 “The Palms of Sorrowed Kings” のアートワークは実に美しいですね。アルバムのコンセプトや歌詞のテーマが反映されているのでしょうか?

【TANNER】: このアートワークには、それ自体が歌詞の目的でもあるんだけど、みんなの中にある “不思議” を刺激する意図が宿っているんだ。
僕は歌詞を意図的に曖昧ににすることを選択している。それはリスナーが自身の想像力を使用し、個人的な意味合いで解釈することを可能にするからなんだ。

Q5: Of course, there is Black metal elements here and there. But also, I can hear some melodic death metal aspects like Dark Tranquillity, or Edge of Sanity. Was there any inspiration from them?

【TANNER】: I have never considered Obsequiae a Black Metal band at all. My influences are from bands like Solstice (UK), Warlord (US), Fall of the Leafe, Eucharist, Ophthalamia, etc. The earliest material from Dark Tranquillity (especially “A Moonclad Reflection” 7″ and “Skydancer”) were enormously influential to my playing growing up. The same goes for Edge of Sanity on “Nothing But Death Remains” as well as Pan-Thy-Monium and assorted Swano projects. Also the earliest material by In Flames – like their “Subterranean” EP was important in how it linked folk music with death metal. So, yes, the very EARLY stylings of melodic death metal were important. At the same time, I think it’s important to distinguish what melodic death metal was back then versus what it became. Unanimated is a melodic death metal band. But they’re not “melodic death metal” by the standards assigned by the genre retroactively. I think that’s important for people to understand.

Q5: ブラックメタルの要素はもちろんなのですが、例えば DARK TRANQUILLITY や EDGE OF SANITY といったメロディックデスメタルからの影響も多分に感じさせるアルバムですよね?

【TANNER】: 実のところ、僕は OBSEQUIAE をブラックメタルだなんて全く考えたこともないんだよ。僕の影響元は、SOLSTICE (UK), WARLORD (US), FALL OF THE LEAFE, EUCHARIST, OPHTHALAMIA みたいなバンドだからね。
最初期のDARK TRANQUILLITY は確かに僕の成長期に多大な影響をもたらしているね。特に7インチの “A Moonclad Reflection”, それに “Skydancer” とかね。同じことは EDGE OF SANITY の “Nothing But Death Remains”、そして PAN. THY. MONIUM みたいな Dan Swano のプロジェクトにも言えるね。
それに、フォークミュージックとデスメタルを融合させたという意味では、”Subterranean” EP みたいな最初期の IN FLAMES も重要な存在だったな。そうだね、だからうん、とても “初期の” メロディックデスメタルのスタイルは重要だったんだ。
同時に、当時のメロディックデスメタルと、それが到達した場所を区別することが重要だと思う。UNANIMATED はメロディックデスメタルバンドだ。だけど彼らは後の “メロディックデスメタル” というジャンルの基準には当てはまらないよね。その違いを理解することが重要だと思うな。

Q6: I also love your beautiful guitar tapestry. Actually, your way of guitar layer is like church choral music, I feel. Do you agree that?

【TANNER】: Thank you so much. Yes, I agree. I want to convey a feeling of weight to the layers and textures in the guitars. And I do hear the melodic phrasing as voices in many instances. I’d hope someone would be able to listen to Theatre of Voices/Paul Hillier and also Obsequiae on the same day!

Q6: OBSEQUIAE のレイヤーされたギターは、美しいタペストリーのようです。教会のコーラル音楽を思い出しますよ。

【TANNER】: どうもありがとう。うん、同意するね。僕はギターのレイヤーとテクスチャーに重量感をもたらしたいんだ。そして、多くの場合、メロディーのフレージングは “声” として聴こえてくるんだよ。
だから、誰かが同じ日に THEATER OF VOICES / Paul Hillier に耳を傾け、OBSEQUIAE にも耳を傾けられることを願っているんだ!

Q7: So, in the metal world, is there any band you can really empathize with?

【TANNER】: Yes, there are several. My friends in Crypt Sermon and Visigoth are all like-minded musicians that I consider brothers. In the greater metal community, I resonate with Solstice (UK), Atlantean Kodex, Chevalier, Gatekeeper (CAN), Eternal Champion, and many other bands that honor traditional heavy metal with their own inspiration.

Q7: 現在のメタル世界で、あなたが共感を覚えるバンドはいますか?

【TANNER】: うん、いくつか存在するよ。まず、友人でもある CRYPT SERMON, VISIGOTH は、兄弟だと思っているくらい心を共にするミュージシャンだね。
偉大なメタルコミュニティーの中では、SOLSTICE (UK), ATLANTEAN KODEX, CHEVAILER, GATEKEEPER (Can), ETERNAL CHAMPION, 他にも沢山いるよ。トラディショナルなメタルに自らのインスピレーションを加えるようなアーティストは尊敬するよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TANNER’S LIFE

ATROCITY “HALLUCINATIONS”

FALL OF THE LEAFE “EVANESCENT, EVERFADING”

SAMAEL “BLOOD RITUAL”

KATATONIA “DANCE OF DECEMBER SOULS”

LARDIAN GUARD “LORDIAN GUARD”

I’m assuming you’re interested in metal records! So I’ll list those!

MESSAGE FOR JAPAN

Cheers to you and thank you for the questions, Sin. I hope we have a chance to play for our friends in Japan one day!

いつか日本の友人のためにプレイ出来たらいいね!ありがとう!

TANNER ANDERSON

OBSEQUIAE Facebook Page
OBSEQUIAE Bandcamp
20 BUCK SPIN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VINNIE MOORE : SOUL SHIFTER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH VINNIE MOORE !!

“It Has Been a Great Time Since I Joined UFO In 2003. We Still Have Shows Coming Up In 2020. It Is Always Sad When Something Comes To An End, But Nothing Lasts Forever.”

DISC REVIEW “SOUL SHIFTER”

「SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND に関する君の指摘は全くもって正鵠を得ているね。なぜなら、僕がとても若い頃非常に入れ込んでいたのがその2つのバンドだったからなんだ。」
Tony MacAlpine, Jason Becker 等と共に、ネオクラシカルの申し子として虎の穴シュラプネルから登場した Vinnie Moore は、しかし大半のギターヒーローたちと同様に格調高きあの始まりの場所から大きく羽ばたいています。
1985年、”Mind’s Eye” で披露した正確無比なピッキング、知性と工夫を施したスケールの階段、そして身を焦がすクラシカルロマンティックなメロディーラインは、Vinnie を一躍ポストイングヴェイの筆頭へと押し上げました。インタビューで語ってくれたように、Al DiMeola, Paco Delucia のイマジナリーなスパニッシュギター、そしてクラッシック音楽そのものは確かに彼の断片として存在します。
ただし、Vinnie の名声を確立した “ネオクラシカル” は彼の音楽を形成するパズルのピースでしかありませんでした。実際、あのジャズマスター Pat Martino の弟子に師事し、ブルースロックやフュージョンを原点とする Vinnie のカラフルな音の葉は、”Out of Nowhere” で一つの完成形を高次元で提示したにも関わらず、むしろネオクラシカルの足枷が評価の焦点を曇らせているようにさえ感じます。
「このレコードには僕の初期の影響が色濃く反映されているんだ。LYNYRD SKYNYRD なんかも同様にね。」
実は “Meltdown” 以降、全てをリセットし自らの望む音旅を追求して来た Vinnie。UFO での古式ゆかしいロックドライブは旅の追い風となり、最新作 “Soul Shifter” は遂にその “移行” が身を結んだ魂の地平へと達しました。
初期の SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND のフィルモアを想起させるスリリングなリアルジャム “Funk Bone Jam” の迫力は圧倒的。Tommy Bolin をフィーチャーした Billy Cobham の “Spectrum” を思い浮かべるオールドファンも多いでしょう。
以前のように音数のギネス記録へ挑む訳ではありませんが、百戦錬磨の Rudy Sarzo を従え緩急自在、千変万化にグルーヴし、スタッカートとレガートの追憶をエモーションに見染める Vinnie の英姿は、まさに自らの過去と未来が交差したギタリズム。匂い立つトーンの官能美も群を抜いています。
クラッシックロックへの郷愁は追悼、称賛の名の下にさらなる深みを増していきます。Larry Carlton にも肉薄するセンチメンタルなスロウブルース”Mystified” で Chris Cornell への溢れる感情を認めた後、”Brother Carlos'” で SANTANA の偉業を称え、遂には LYNYRD SKYNYRD の Steve Gaines を追悼する “Gainesville Station” では Jordan Rudess の魔法を借りてサザンロックのライブ会場を音に宿してみせました。
もちろん、”Soul Rider” はかの Gregg Allman に捧げられた楽曲ですし、さらに言えば、”Heard You Were Gone” は自身の愛機 Dean Guitar の CEO Elliott Rubinson の逝去を聞いてしたためられたスピリチュアルピースでした。
そうして訪れる時をかけるギターの祝祭 “Across The Age”。ピッキングのニュアンス、ハーモニクスダイナミクス、ビブラートの魔法に煌めくトーンコントロール。永遠にも思えるソロワークは、しかし刹那に Steve Lukather の銀河を超え Hendrix のビッグバンまで到達するのです。
「僕は Phil の決断を完全に理解しているよ。彼は何年も何年もツアーを続け、歳を重ねていったんだ。何かが終わる時はいつも悲しいものさ。だけど何事も永遠に続けることは出来ないよ。」
もしかすると、我々が愛する古き良きロックの鼓動もいつかは終焉を迎えてしまうのかもしれません。とは言え、今この時、少なくとも幾ばくかのセンチメントと共にその醍醐味を伝えてくれる英雄はまだここにいます。引き継がれる魂と遺産。”Soul Shifter”。そう、数多のソウルを受け継ぎし者、Vinnie Moore です。どうぞ!!

VINNIE MOORE “SOUL SHIFTER” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VINNIE MOORE : SOUL SHIFTER】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XOTH : INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH XOTH !!

“We All Were Highly Influenced By Video Game Soundtracks Growing Up. Those Are Some Of The Best Compositions Ever Created In My Opinion.”

DISC REVIEW “INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS”

「全ての偉大なメタルのサブジャンルは明らかだけど、それ以外にもプログ、映画やゲームのサウンドトラック、古き良きロックンロールにパンク、ジャズフュージョン、カントリーのチキンピッキングでさえね!ただ愛する、様々な音楽をミックスしているんだよ。」
HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を中心とする OSDM、オールドスクールデスメタル復興の波。REVOCATION, RIVERS OF NIHIL, VEKTOR が牽引するモダンな Tech-death の潮流。
デスメタルの世界は現在、2つの新興勢力が切磋琢磨を重ねつつネクストステージへとジャンルを誘っています。彼らに共通する理念は、偉大な過去の遺産へユニークな独自のフレイバーを注ぎ込み、創造性のレコンキスタを果たしている点でしょう。
そういった観点からシアトルの新鋭 XOTH を眺めれば、彼らが両軍の長所を御旗に掲げる勇敢な十字軍にも見えてきます。
「DEATH は間違いなく、僕たちに多大な影響をもたらしているね。彼らは耳と精神を等しく惹きつけるバンドの素晴らしい例だと思うんだ。」
オープナー “Casting the Sigil” が示すように、XOTH の最新作 “Interdimensional Invocations” には、知性とテクニック、そしてイヤーキャンディーに残虐性を併せ持った DEATH のレガシーが確かに眠っています。
ウルトラメロディックで、ジャズの波動を享受するエクストリームメタル。同時に VOIVOD や CYNIC にも滞留する “耳と精神を惹きつける” 飽くなき SF への挑戦、音楽のフラスコにしても間違いなく XOTH の血肉であるはずです。
「僕の意見だけど、ゲーム音楽の中には、これまでの音楽でも最高のコンポジションを誇るものがあるよ。全員気に入っているのは、オールドスクールなゲームのサントラさ。例えば、魂斗羅、悪魔城ドラキュラ、ロックマン、忍者龍剣伝、ソニック、マザー、スーパードンキーコング、ゼルダの伝説なんかだね。」
とは言え、XOTH の中にも他の新興勢力と同様に際立ったユニークスキルが備わっています。ゲーム/映画音楽のサウンドトラックからのインスピレーションはその筆頭格でしょう。
“Mountain Machines” のファストでファンタジックな未来志向のギターハーモニーは、”F-Zero metal” と称される XOTH の真骨頂。”Plague Revival 20XX” のディストピアな世界観ももちろん、忍者龍剣伝や魂斗羅のイメージとも繋がります。
同時に、”シュレッド” をバンドの心臓に据えた理由にも思えるミュージシャンシップの最高峰 “Back to the Jungle”、VOIVOD のカオスとメロデスのパトスを抱きしめる宇宙誘拐譚 “Unsenn Abductor”、THIN LIZZY のデスメタル “Haruspex”、トレモロやブラストを引き連れた “The Ghost Hand of God” のブラッケンドなアグレッション、そして7分のプログエピック “Melted Face of the Soul” まで、メタル/ノンメタル入り乱れた配合の妙に構築されるコズミックかつミステリアス、マルチディメンショナルで時をかける SF ワールドは XOTH をデスメタルのニューフロンティアへ導くに充分のインパクトを備えているのです。
SUFFOCATION, OBITUARY から THE BLACK DAHLIA MURDER まで手がける Joe Cincotta のスタジオも、過去と未来を繋ぐデスメタルのタイムリープに相応しき地の利となりました。
今回弊誌では、XOTH のメンバー全員にインタビューを行うことが出来ました。「特定のスタイルにきちんと収まらないバンドは最初、リスナーを見つけるのが難しいんだ。だけどね、その時期を超えれば、ユニークな方法論を創造し多くのリスナーを獲得するチャンスが巡ってくるんだよ。」 この曲者感。次の MASTODON を狙える逸材に違いありません。どうぞ!!

XOTH “INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XOTH : INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VOYAGER : COLOURS IN THE SUN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ALEX CANION OF VOYAGER !!

“As For a Band That Has Influenced The Band’s Sound As a Whole, It’d Have To Be Type O Negative. They’ve Been a Huge Inspiration.”

DISC REVIEW “COLOURS IN THE SUN”

「世界の生は今ほど良くなったことはないという事実と、同時にそうして実現しつつある人間としてのカラフルな多様性を祝うべきであるというテーマを扱っているよ。」
燦々と輝くオーストラリアの太陽の下、集結した5つの異なる個性は VOYAGER の名が表す通り人類の多様性を探求する音の船を大洋へと導きます。
メタル第三世界から現れた VOYAGERは、拡散と多様化のモダンメタルを象徴するのみならず、個性を尊重して育む現代世界の潮流まで確かに体現したバンドです。実際、彼らは音楽のルーツも各自の特徴も異なりながら、あたかも南天の夜空を彩る南十字のごとくそれぞれが際立って輝いているのです。
ショルダーキーボードを携え見た目もゴージャスなボーカリスト Danny Estrin は、紅旗からトヨタの MR2 までオールドスクールな車に情熱を燃やし、MODERN TALKING のようなシンセポップを崇拝。
一方で TesseracT の Dan Tompkins と ABSENT HEARTS も牽引するギタリスト Scott Kay は、”Dungeons & Dragons” のようなゲームを愛し、ARCHITECTS 的モダンギターの世界に心酔するニュータイプ。
今回インタビューに答えてくれたベーシスト Alex Canion にしても、バンドの外では声優の夢を追いマーシャルアーツに情熱を捧げ、LEVEL 42, THE CURE といった80’sをインスピレーションの中心に挙げているのですから。
ただし、VOYAGER という星座の中ではむしろそのバラバラにも思える個性が化学反応を起こします。
「出来るだけ単純化したプログレッシブポップメタルという言葉で、みんなが僕たちのプレイする音楽のイメージを掴みやすくしているんだけど、実際は、シンセウェーブメタルという表現が僕たちのマテリアルに対して最もしっくり来ると思うんだ。」
Danny のシンセポップ、Scott のモダンギター、Alex の80’s、それに紅一点 Simone の Devin Townsent 愛。全ての糸が絡み合い溶け合うことで、VOYAGER のカラフルかつアクセシブルな “シンセウェーブメタル” が織り上げられるのです。
「このアルバムではキーボードとシンセサイザーが大きな役割を果たしていて、アルバムを通して作品に “カラー” を仄めかし続けているね。」
Alex が語るように、バンドの最新作 “Colours in the Sun” は、これまで以上にキーボードとシンセサイザーを核に据えた、最もポップでしかし最もヘヴィーな作品だと言えるでしょう。
ノスタルジックなシンセサイザーの緩波と先鋭なポリリズムジェンティズムがせめぎ合うオープナー “Colours” はまさにアルバムの未来予想図。嫋やかで優雅な Danny の歌声は音のパレットへと染み渡り、アンセミックでダンサブルなビッグコーラスを導きます。
「バンド全体のサウンドに影響を与えたという意味では、TYPE O NEGATIVE だろうな。彼らからは巨大なインスピレーションを受けているよ。」
VOYAGER がゴシックメタルの偉大なる先駆者を最大のインスピレーションに挙げるのは、少々意外かもしれませんが理に適っています。事実、刻々と移ろうテンポの中で繊細なシンセサイザーのさざめきとメランコリー極まるメロディーを奏でる “Saccarine Dream” を聴けば “October Rust” の幽玄なゴシックホラー、TYPE O NEGATIVE に潜むニューウェーブへと連続性を認めるのも難しくはないでしょう。
当然、それ以上に彼らの実験性にシンクロニシティーを感じているのは確か。無論、これは祝祭のレコードですが、それでも耽美とメランコリーは VOYAGER を VOYAGER たらしめる絶佳の魔法です。
クライマックスは Alex も当代きってのシンガーと認める LEPROUS の Einar がゲスト参加を果たした “Entropy” で訪れます。最も才能に満ちたプログメタル最北端と最南端の衝突は、超常的なエナジーとエモーションを創出しました。
その実、エントロピーはレコードで最もスタンダードなメタルチューンかもしれませんが、故に VOYAGER のヘヴィーでプログレッシブな一面を深々と堪能出来る一つの熱量でしょう。
“Water Over the Bridge” で MESHUGGAH までもシンセウェーブに染めた後、”Runaway” でこの世のポップを追求するまさに千変万化、カラフル極まる祝祭のフィナーレ。PERTURBATOR や TesseracT に目配せをしながらよりレトロフューチャーに舞う太陽の蝶。
今回弊誌では Alex Canion にインタビューを行うことが出来ました。「パースはとても孤立している場所だから、故に世界の他の地域に追いつきたいという意欲が少なくとも小さな役割は果たしていると思うね。だから小さくてもオリジナルなシーンがとても繁栄してきたように思えるね。」 どうぞ!!

VOYAGER “COLOURS IN THE SUN” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VOYAGER : COLOURS IN THE SUN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WILDERUN : VEIL OF IMAGINATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAN MULLER OF WILDERUN !!

“Epic Is Probably The Most Encapsulating Word You Could Use But I Feel Like It Still Leaves Out Some Of The More Progressive And Experimental Sides Of Our Music.”

DISC REVIEW “VEIL OF IMAGINATION”

「”エピック” はおそらく最も僕たちの音楽を要約した言葉だけど、ただ僕たちの音楽にあるいくつかのより進歩的で実験的な側面をそれでもまだ除外しているように感じるね。」
虚空に七色の音華を咲かせるフォーク-デス-ブラック-アトモスフェリック-シンフォニック-プログレッシブ-エピックメタル WILDERUN は、ジャンルという色彩のリミットを完全に排除してリスナーに名作映画、もしくは高貴なオペラにも似て胸踊るスペクタクルとドラマティシズムをもたらします。
「OPETH の音楽には特に昔の音源でダークな傾向があるんだけど、WILDERUN には常に見過ごされがちな明るく豊かな側面があったと思うんだ。」
時にアートワークから傑作を確信させるレコードが存在しますが、WILDERUNの最新作 “Veil of Imagination” はまさにその類でしょう。アートワークに咲き誇る百花繚乱はそのまま万華鏡のレコードを象徴し、”陽の”OPETHとも表現されるブライトでシンフォニックに舞い上がる華のモダンメタルは、シーンにおける “壮大” の概念さえ変えてしまうほど鮮烈なオーパスに仕上がりました。
「僕たちが様々な種類の音楽をブレンドする際に使用した最も重要なテクニックとは、単にストレートなフォークセクションをプレイしてから、お決まりのブラックメタルパートを始めるって感じじゃないんだよ。その代わりに、メタルと非常に異なるスタイルの音楽にしか存在しないと思われる特定の作曲テクニックを分析し、それをどうメタルの文脈に適応させるのか探っていったんだ。」
ベーシスト/オーケストレーター Dan Muller が語る通り、WILDERUN の多様性は単純な足し算ではなく複雑な掛け算により無限の可能性を見出しています。様々なジャンルの本質を抜き取り、その膨大なコンポーネントを最適に繋ぎネットワークを構築する彼らのやり方は、さながら人間の神経系統のように神々しくも難解な神秘です。
中でも、シンフォニックなアレンジメントは作品を通じて情炎と感奮、そして陶酔をもたらす WILDERUN のシナプスと言えるのかも知れませんね。メタルをはじめとした豊かな音の細胞は、優美でドラマティックなオーケストレーションにより有機的に結合し、思慮深くシームレスに互いを行き来することが可能となるのです。
オープナー “The Unimaginable Zero Summer” はその進化を裏付ける確固たる道標に違いありませんね。語りに端を発する抽象的かつファンタジックな15分の規格外に、目的のない誘惑など1秒たりとも存在していません。
オーケストラの名の下に、無慈悲なデスメタルからメランコリックアコースティック、浮遊するエレクトロニカ、オリエンタルな重量感、絶佳なワルツの大円団、そしてエセリアルなピアノのコーダまで、秩序と無秩序の間で悠々と整列した音の綺羅星はいつしか夜空にプログレッシブな夏の星座を映し出しているのです。WILDERUN に宿る平穏と焦燥の対比を完膚なきまでに描き象徴する Evanのボーカルレンジも白眉。
クライマックスは中盤に。”Scentless Core (Budding)” に蒔かれたエピックの種は、”Far From Where Dreams Unfurl” の青葉としてエアリーかつメランコリックな大合唱で天高く舞い上がり、”Scentless Core (Fading)” で老獪な叙情の花を咲かせるのです。まるでアルバムのテーマである無邪気から退廃へ、人の歩みを代弁するかのように。
例えばプログレッシブデスメタルなら “Blackwater Park”、シンフォニックエピックメタルなら “Imaginations From The Other Side”、オリエンタルフォークメタルなら “Mabool”。ファンタジックで知的なメタルには各方面に絶対のマイルストーンが存在します。しかし “Veil of Imagination” はOPETH よりも華やかに、BLIND GUARDIAN よりも多様に、ORPHANED LAND よりもシンフォニックに、数ある傑作の交差点として空想力に創造性、好奇心、そして多様性のモダンメタル新時代を切り開くのです。
今回弊誌では Dan Muller にインタビューを行うことが出来ました。「少なくとも僕にとってこのレコードの歌詞のゴールは、世界を実際あるがままに見せることなんだ。みんなの心の目を再度トレーニングしてね。」2度目の登場。どうぞ!!

WILDERUN “VEIL OF IMAGINATION” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WILDERUN : VEIL OF IMAGINATION】

COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【JINJER : MACRO】


COVER STORY : JINJER “MACRO”

“I Was Too Young To Remember Life In Soviet Union, But The Spirit Of Soviet Union Is Still Here. I’m Living In An Apartment Built Maybe 40 Years Ago, And My Parents Live In Such An Apartment, As Well. All Our Shops And Supermarkets Are Situated In Buildings Built Then. So It Is Still Sike Soviet Union. And There Are a Lot Of People Who Still Have Soviet Union In Their Heads And Their Minds.”

HOW JINJER SINGER TATIANA CROSSES MUSICAL, LYRICAL, AND UKRANIAN BORDER 

「時に穏やかで平穏。だけど時に人々は何かが起こるのをただ待っている。今現在、少なくとも爆撃はされていないわ。それは良い事ね。」
JINJER のボーカリスト Tatiana Shmailyuk はウクライナのドネツクにある故郷ゴルロフカについてそう話します。彼女とバンドメイト、ベーシストの Eugene Abdiukhanov、ギタリスト Roman Ibramkhalilov、そしてドラマー Vladislav Ulasevich が最初にドネツクから逃れたのは2014年のことでした。それから程なくして、ウクライナの内戦を装った現在も続くウクライナとロシアの衝突、クリミア危機が勃発したのです。
「良い時期に脱出したと思うわ。だって数ヶ月後には国境地域を跨ぐことさえ本当に不可能となっていたんだから。」
戦場から逃れる中で、JINJER は東部から西部へと800マイルを移動してポーランドとの国境に近いリヴィウに立ち寄りました。
「だけどすぐに退屈してしまったわ。旅行者のための街だったから。家も借りたんだけど、水道、電気、暖房設備に問題があって住むことは難しかった。だからもっと文明化された場所へ移ることにしたの。」そうして Tatiana 達はウクライナの首都キエフへと移り住んだのです。

では、ウクライナの風土や国民性は JINJER にどういった特徴をもたらしているのでしょうか?
「JINJER は優しさと弱さが等しい土地から生まれたの。ウクライナは経済的には厳しい国よ。特に90年代前半、私たちの親の世代は大変だった。父と母は最低の賃金を得るためでさえ一生懸命働かなければならなかったの。兄と私を養うために。学校や家の近くにもいつも犯罪があったしね。そこから私たちは人生の教訓を多く学んだわ。
だからウクライナ人は精神的にタフなのよ。例えば少々痛くても、医者には行かないわよ。最後まで我慢する。 だからショウもキャンセルなんてしないわ。ジュネーブの灼熱で喉が腫れ上がっても、私はセットを完遂したわ。根性ね。」
ただし、素顔の Tatiana はシャイな一人の女性です。「みんな私を鉄の女か何かだと思っているようだけど、私だって人生全てを恐れているわ。だから演じているようなものよ。みんなと同じようにセンシティブで傷つきやすいの。いつもスクリームしている訳じゃないしね。まあ毎晩叫んでいるけど、朝は叫ばないわ (笑)。」

Tatiana は JINJER を始めるずっと以前から歌い、そしてその咆哮を響かせていました。
「母に言わせれば、とても幼い頃からスクリームしていたそうよ。叫びすぎておなかにヘルニアができたくらいにね。」
稀に叫んでいない時には、ラジオで聴いたロシアやウクライナのポップソングを歌っていました。1989年のヒットソング “Lambada” も彼女のお気に入りです。「ポルトガル語は分からないけど、シンガロングしていれば楽しいわよね。」
シリアスにボーカルへ取り組み始めたのは8歳の時。レッスンを受け、コンサートホールで合唱隊としてコンサートを行いましたが、ダンスの振り付けに悩まされてしまいます。
「二度とやらないわ!ダンスを誰かとシンクロさせるなんて苦行。一人でなら全てをコントロール出来るんだけどね。」
しかしすぐに兄によってロシアンメタルの世界へと誘われ人生が変わりました。中でも、ロシアの IRON MAIDEN と称される ARIA の存在は別格。
「ドネツク、特に私の故郷ゴルロフカの人間は音楽的なのよ。メタルが大好きだしね。偉大なバンドも沢山あったわ。兄もミュージシャンでダークなドゥームバンドでギターを弾いていたの。」

1991年、ソヴィエト連邦が崩壊すると変化は猛烈な勢いで押し寄せました。MTVはウクライナにも NIRVANA や OFFSPRING のウイルスを運びます。
「NIRVANA を聴いてすぐにロシアのロックを忘れたわ (笑)。MTV は最高だった。すぐに OFFSPRING にハマったわ。私たちの街で私は一番の OFFSPRING ファンに違いなかったの。父がテレビの音をカセットに録音する方法を教えてくれてね。友人やクラスメイトとテープの交換を始めたのよ。そうしてリスナーとして音楽体験を共有していたのね。」
OTEP の Otep Shamaya は Tatiana の感性に衝撃を与えました。「この男の人は最高にクールね!って言ったら友人が女の子よって。OMGって感じよ!こんな女の子は初めてだったわ。そうやって私も彼女みたいに衝撃を与えたいって思うようになったの。
私も9歳からずっと男物の服を着ているわ。それって結局、性別で世の男性を虜にしたくないからなんでしょうね。それよりも中身や心で惹きつけたいのよ。去年ツアーで会えたんだけど、酔っ払っていてずっと彼女を賞賛していたことしか覚えていないの。」
2009年、キエフに訪れた SOULFLY が初めてのメタルコンサート。「めったにない機会だったのに、彼氏が誰かと喧嘩をはじめて途中でセキュリティーに追い出されたのよ。その夜はずっと彼を責め続けたわ。」

近年、ツアーで家を開けることも多い Tatiana ですが、それでも継続中の紛争は彼女をウクライナから完全に切り離すことはありませんでした。ただしソヴィエトのアティテュードに魅力を感じることはありません。ソ連が崩壊した時 Tatiana はわずか4歳でしたが、それでも強硬な共産主義の残影は彼女を未だに訶みます。
「ソビエト連邦での生活を思い出すには幼すぎたけど、それでもソ連の精神はまだここにあるの。私はおそらく40年前に建てられたアパートに住んでいて、両親も同様にそんな感じのアパートに住んでいるわ。お店だってスーパーマーケットだって当時建てられたもの。だからここは今でもまるでソ連よ。それにまだ多くの人々が頭や心にソ連を宿しているの。
古い人間をマトリョーシカって呼んでるわ。私の容姿はバスの中でもジロジロ見られるし。ウクライナでは男性でもタトゥーは受け入れられていないの。まだ U.S.S.R の考え方でいるから、異なる人間が気にくわないのよ。そういった年配の人たちはテレビばかり見ているけど、そこに現実は映っていないわ。タトゥー?あなた60歳になったらどうするの?って感じよ。」

青春期を東欧の貧困家庭で過ごした Tatiana の人間に対するダークな見方は、彼女の故郷に限りません。「私は人類が好きじゃないの (笑)。進化で何かがおかしくなったのよ。今では神様や自然を蔑ろにしている。それが私の内なる怒りを呼び起こすのよ。」
母なる自然への愛情は Tatiana をヴィーガンに変えようとしています。「私はまだビーガンになろうとしているところなの。子供の頃あまり裕福じゃない家庭で育ったから、肉を食べる余裕があまりなくてね。だから最近肉をやめて、肉が大好きだって気づいたの。肉の匂いがすると、気が狂いそうよ。でも動物の苦しみや環境を思うとね…。」
幸いなことに、Tatiana はヴィーガンへの願望と肉食への渇望を両立させる解決策を持っています。「人間の肉を食べることが許されるならそうするわ (笑)。そんなに食に貪欲なら、お互いを食べてみない?」

DISC REVIEW “MACRO”

Facebook に次いで世界で2番目に人気のあるソーシャルメディアプラットフォーム YouTube。JINJER が公開した “Pisces” のライブビデオはすでに2800万回の視聴数を誇ります。
当然そこには、ウクライナという出自、さらにジキルとハイドを行き来する女性ボーカル Tatiana の希少性、話題性が要因の一つとして存在するはずです。
ただし、JINJER の音楽がオンラインによくある、短命のインスタントなエンターテインメントでないこともまた事実でしょう。ベーシスト Eugene にとっては音楽が全てです。
「ウクライナ出身だから政治性を求められるのも分かるんだけど、僕らの音楽にかんしては何物にも左右されないんだ。仮にロシア出身だろうと、イタリア出身だろうと同じだよ。音楽と僕たち。全てはそれだけさ。」
つまり、JINJER は同時代の若者に表層から衝撃を与えつつ、実のところその裏側では幾度ものリスニング体験に耐えうる好奇心と思考の奥深きトンネルを掘り進めているのです。
実際、Tatiana は JINJER がスポットライトを燦々とその身に浴びるような集団ではないと語ります。
「有名になりたいって訳じゃないの。今でも私は車ももっていないし築40年のアパートに住んでいるわ。だから第2の “Pisces” を作ろうなんて思わない。JINJER は大人気になるようなバンドじゃないわ。」

とは言え、PROTEST THE HERO の精子と KILLSWITCH ENGAGE の卵子が受精し生まれたようにも思える2012年の “Inhale, Don’t Breath” から JINJER は異次元の進化を遂げています。比較するべきはもはやメタル世界最大の恐竜 GOJIRA でしょうか。それとも MESHUGGAH?
テクニカルなグルーヴメタルに Nu-metal と djent の DNA を配合し、R&B からジャズ、レゲエ、ウクライナの伝統音楽まで多様な音の葉を吸収した JINJER のユニークな個性は全てを変えた “King of Everything” から本格化へ転じたと言えるでしょう。
2019年に届けられた EP “Micro” とフルアルバム “Macro” は双子のような存在で、創造性のオーバーフローの結果でした。
「もともとフルアルバムの予定はなかったんだ。”Micro” は次の作品までの繋ぎって感じだったんだけど、完成が近づくともっともっと楽曲を書きたくなってね。クリエイティブなエナジーが溢れていたんだ。」

無慈悲なデスメタルから東欧のメランコリー、そしてレゲエの躍動までを描く“Judgement (& Punishment)” はJINJER の持つプログのダイナミズムを代弁する楽曲でしょう。
「僕たちの音楽に境界は存在しない。いいかい?ここにあるのは、多様性、多様性、そして多様性だ。」そう Eugene が語れば Tatiana は 「JINJER に加わる前、私はレゲエ、スカ、ファンクをプレイするバンドにいたの。だからレゲエの大ファンなのよ。頭はドレッドにしていたし、ラスタファリに全て捧げていたわ。葉っぱはやらないけど。苦手なの。JINJER は以前 “Who Is Gonna Be the One” でもレゲエを取り入れたのよ。レゲエをメタルにもっともっと挿入したいわ。クールだから。」と幅広い音楽の嗜好を明かします。
判決を下し罰するというタイトルは SNS に闊歩する魑魅魍魎を揶揄しています。「気に入らなければ放って置けばいい。私ならそうするわ。なぜ一々批判的なコメントを残すのかしら?それって例えばスーパーに行って質の悪いバナナを見る度、おいクソバナナ!お前が大嫌いだ!さっさと木に戻りやがれ!って叫び始めるようなものでしょ?(笑) 私は他にやるべきことが沢山あるの。そんなことに割くエナジーはないわ。」

“On The Top” は2020年代の幕開けを告げる新たなプログアンセム。SOULFLY を想わせるトライバルパーカッシブと djent の小気味よいスタッカートシンコペートは Tatiana のフレキシブルな歌呪術へと怪しく絡みつき融けあいます。
「ラットレースのラットを演じてるって感じることはある?世界はどんどんそのスピードを増し、誰もが成功と呼ばれるあやふやなものに夢中よね。”On The Top” で訴えたのは、名声や成功に伴う孤独と満たされない心。”トップ” に到達するため犠牲にするものは多いわ。その梯子は本当に登る価値があるの?犠牲を払うのは自分自信なんだから。」
ウクライナの陰影を抱きしめたコケティッシュな “Retrospective”、ポルトガルのライター José Saramago の著作にインスピレーションを受け、死を地球を闊歩するクリーチャーになぞらえた “Pausing Death”、大胆にも聖書を再創造したと語る “Noah” など、Tatiana の扱う題材は多岐に富み、世界をマクロ、そしてミクロ、両方の視点から観察して切り取るのです。
「ウクライナでは決してメタルは歓迎されていないの。にもかかわらず素晴らしいバンドは沢山存在するわ。ただ、チャンスを把み国境を超えることは本当に難しいの。」
アイコニックな女性をフロントに抱き、多様性を音楽のアイデンティティーとして奉納し、ウクライナという第三世界から登場した JINJER は、実はその存在自体が越境、拡散するモダンメタルの理念を体現しています。音楽、リリックのボーダーはもちろん、メタファーではなく実際に険しい国境を超えた勇者 JINJER の冒険はまだ始まったばかりです。

参考文献: FROM WARZONES TO MOSH PITS: THE EVOLUTION OF JINJER’S TATIANA SHMAILYUK: REVOLVERMAG

Jinjer Singer Didn’t Want ‘Pisces’ to Become So Popular [Exclusive Interview] Read More: Jinjer Singer Didn’t Want ‘Pisces’ to Become So Popular | LOUDWIRE

Ukrainian Metal Band Jinjer Delivers on Its Promise With New Album ‘Macro’

METAL INJECTION “JINJER”

JINJER Facebook Page
JINJER Official
NAPALM RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【OPETH : IN CAUDA VENENUM】


COVER STORY: OPETH “IN CAUDA VENENUM”

“The Last Death Metal I Bought Because I Was Interested Was “Domination” by Morbid Angel. That’s 1995, a Long Time Ago Now. I’m Not Saying It’s Just Been Bad Releases Since Then, Of Course Not, But That’s The Last Time I Felt Like I Wanted To Hear What’s New.”

THE STORY BEHIND “IN CAUDA VENENUM”

1995年 “Orchid” で闇の蘭を咲かせた “月の都” は、デス/ブラックメタルを縦糸にプログロックを横糸に織り上げる華麗なタペストリーを創造し続け、尊き北欧の激情とメランコリーをロック史へと刻んでいます。昨今、デス/ブラックメタルへの傾倒は確かに薄れましたが一方でクラッシックロック、フォーク、サイケデリックとそのテリトリーは拡大を遂げ “In Cauda Venenum” は魅力的な音楽の交差点にも思えます。
マスターマインド Mikael Akerfeldt はスウェーデン語と英語の二ヶ国語でこの新たなタペストリーを織り上げる決定を下します。OPETH がスウェーデン語でレコーディングを行ったのは、ROXETTE のシンガー Marie Fredrikkson のカバー “Den Standiga Resan” 以来。
そのアイデアは、Mikael が娘を学校に送った時に降りて来たようです。「別にクールな理由がある訳じゃないんだ。ただやりたいからやっただけさ。いつも俺は、アルバムごとに新たなアイデアを試そうとしているからね。そしてたまたま今回はそれがスウェーデン語だった訳さ。」

ただし音楽を先に生み出し、後に歌詞をつけるのが Mikael のライティングスタイルです。普段は50分ほどのマテリアルで “打ち止め” する Mikael ですが、”In Cauda Venenum” のライティングプロセスでは溢れ出るアイデアは留まるところを知りませんでした。
「この作品ではこれまで以上に書いて書いて書きまくった。それで3曲もボーナストラックがつくことになったんだ。」
スウェーデン語のアイデアは、当初メンバーたちの同意を得られなかったと Mikael は語っています。ただし、何曲かのデモを聴かせるとその考えは180度変わりました。
「奇抜なアイデアと思われたくはなかったんだ。いつも通りやりたかったからね。ただ別の言語を使っているというだけでね。」
スウェーデン語バージョンと英語バージョンの違いは Mikael の歌唱のみ。「言葉がわからないからアルバムをスキップしてしまうのでは」という不安から英語でも吹き込むことを決めた Mikael ですが、彼のクリーンボイスはビロードの揺らぎで溶け出し、スウェーデン語の違和感を感じさせることはありません。むしろ際立つのは言葉に宿るシルクの美しさ。

実際、その不安はすっかり杞憂に終わりました。Billbord のハードロックアルバムチャート3位、ロックアルバム9位の健闘ぶりはそのアイデアの魅力を素直に伝えています。
どちらかと言えば Mikael はスウェーデン語のバージョンを推奨しているようです。
「スウェーデン語がオリジナルで最初に出てきたものだから、やはりイノセントだし少しだけ良いように思えるよ。まあ選ぶのはリスナーだけどね。」
故にアルバムタイトル “In Cauda Venenum” はどちらの言語にもフィットするようラテン語の中から選ばれました。「尾には毒を持つ」ローマ人がサソリの例えで使用したフレーズは、フレンドリーでも最後に棘を放つ人物のメタファー、さらには “想像もつかない驚きを最後に与える” 例えとして用いられるようになりました。
Travis Smith が描いたアートワークもその危機感を反映します。窓辺に映るはメンバーそれぞれのシルエット。ヴィクトリア建築の家屋は悪魔の舌の上に聳えます。「悪魔に飲み込まれるんだ。最後には不快な驚きを与えるためにね。」

ではアルバムに特定のコンセプトは存在するのでしょうか?
「イエスと言うべきなんだろうがノーだ (笑)。コンセプトアルバムとして書いた訳じゃない。ただ、”Dark Side of the Moon” みたいなアルバムだと思うんだ。あの作品を聴いてもコンセプトは分からないけど、循環する密接なテーマは感じられる。KING DIAMOND みたいに明確なコンセプト作じゃないけどね。だから俺は言ってみれば現代の “リアル” をテーマにしたんだと思う。」
2016年にリリースした “Sorceress” との違いについて、Mikael は前作はより “イージー” なアルバムだったと語ります。
「”Sorceress” はストレートなロックのパートがいくつか存在するね。構成もそこまで入念に練った訳じゃないし、ストリングスもあまり入ってはいないからね。」
一方で “In Cauda Venenum” は 「吸収することが難しく、”精神分裂病” のアルバム」 だと表現します。その根幹には、深く感情へと訴えかける遂に花開いた第2期 OPETH のユニークな多様性があるはずです。

さらにギタープレイヤー Fredrik Åkesson もここ10年で最も “練られた” アルバムだと強調します。
「”Watershed” 以来初めてレコーディングに入る前にバンドでリハーサルを行ったんだ。僕はいつもそうしようと主張してきたんだけどね。おかげで、スタジオに入る頃には楽曲が肉体に深く浸透していたんだ。そうして、可能な限りエピックなアルバムを製作するって目標を達成することができたのさ。」
そして Mikael からのプレッシャーに苦笑します。
「僕はギタリストにとって “トーン” が重要だと思っている。理論を知り尽くしたジャズプレイヤーでもない限り、トーンを自分の顔に出来るからね。”Lovelorn Crime” では Mikael から君が死ぬ時みんなが思い出すようなギターソロにしてくれって言われたよ。(苦笑)」
では Fredrik は現在の OPETH の音楽性をどう思っているのでしょうか?
「もし “Blackwater Park” のような作品を別のバージョンで繰り返しリリースすれば停滞するし退屈だろう。ただあの頃の楽曲をライブでプレイするのは間違いなく今でも楽しいよ。Mikael のグロウルは今が最高の状態でとても邪悪だ。だからまたいつかレコードに収録だってするかも知れないよ。」

Mikael が OPETH を政治的な乗り物に利用することはありません。それでも、スウェーデンの “偽善に満ちた” 社会民主労働党と右派政党の連立、現代の “リアル” を黙って見過ごすことは出来ませんでした。
「”Hjartat Vet Vad Handen Gor/Heart in Hand” はそうした矛盾やダブルスタンダードについて書いた。俺の社会民主的な考え方を誰かに押し付ける気はないんだけどね。アイツらと同じになってしまうから。だけど奴らの偽善だけは暴いておきたかった。」
Mikael にとってそれ以上に重要なことは、涙を誘うほどにリスナーの感情を揺さぶる音楽そのものでしょう。
「もっとリスナーの琴線にふれたかったんだ。究極的にはそれこそが俺の愛する音楽だからね。ただ暴れたりビールを飲んだり以外の何かを喚起する音楽さ。つまり、このアルバムをリスナーの人生における重要な出来事のサウンドトラックにしたかったんだ。上手くいったかは分からないけどね。」

もちろん、Mikael は2011年の “ウルトラ-プログレッシブ” な “Heritage” 以降、ファンが “OPETH は今でもメタルか?” 論争を繰り広げていることに気づいています。
「それについて話す前に定義しておくことがある。彼らの言う “メタル” って何なんだい?彼らは俺と同世代?若いの?年上なの?俺の “メタル” って何なんだよ?」
そうして様々なファンと話をするうち、Mikael は一つの結論へと達します。「みんなが考えている”メタル” と俺の “メタル” は決して相容れない。」
“Heritage” の顔面リンゴが象徴するように、マッチョなメタルのイメージに疲れ果てたとも。
「アー写をマッチョでシリアスに撮るのもバカらしくなってね。”Watershed” から自分たちを美化するのはやめたんだ。あのアルバムの裏面には俺たち全員の顔をミックスした醜い男が写っているだろ?彼は “Jorge” って言うんだ。」

では、なぜ Mikael はデスメタルから距離を置いたのでしょう?
「最後に買ったデスメタルのレコードは、1995年 MORBID ANGEL の “Domination” だ。以来良いデスメタルレコードがないとは全然思わないけど、俺が新作を聴きたいと思ったのはあれが最後だったんだ。MORBID ANGEL はデスメタルの先頭を走っていた。David Vincent にあなたがいなければバンドをやってなかったと伝えたくらいにね。だからデスメタルは俺にとって間違いなく重要だ。
ただ、”Watershed” でやり切ってしまったんだ。あれ以上良いものは作れない。スクリームボーカルも古い物以外聴かないしね。」
とはいえ、Mikael も音楽ファンが特定のジャンルに所属することを重要視する習性は理解しています。それは何より、過去の自分が生粋のメタルヘッドだったから。数十年の時を経て、彼のアティテュードを変えた大きな要因の一つは確かに年齢でした。そうして、よりエクレクティックに “ジャンルレス” なバンドへと進化を遂げた OPETH。

「もう俺たちがどこかのジャンルに所属しているとは思っていないよ。俺らのファン、特に若いファンの多くはメタルヘッドでいたいと思っていると感じるね。だから俺は自問自答を始めるんだ。俺にとってメタルでいることは重要か?いやそうじゃないってね。だけどまあ、まだケツの青いキッズから KILLSWITCH ENGAGE の新作は聴いた?あれこそが真のメタルだ。あんたはそうじゃないなんて教えられたくはないんだけどね。」
常にポジティブに思える Mikael ですが、OPETH の成功にあぐらをかいているわけではありません。この10年、彼は全てのアルバムでこれが最後の作品かもしれないと思いながら臨んできました。
「俺にとってこの考え方は良いんだよ。怠惰にならず、過去の焼き直しにも用心するからね。」
Mikael はファンのヤキモキした気持ちさえ楽しんでいるフシがあります。
「リスナーが決して確信できないところが気に入っている。いつも期待するものや望むものを届けようとしていると安心して欲しくないんだよ。彼らが完璧にクソだと思うものをリリースするかもしれないけど、俺らはいつも “これが俺たちのやりたいこと” ってアティテュードでやるからね。君がもしデスメタルのファンで、”Blackwater Park” みたいなアルバムを望んでもそれは叶わないよ。だって俺らはもうあの場所に興味がないし、もっとチャレンジングな地点にいるからね。」

続きを読む COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【OPETH : IN CAUDA VENENUM】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE CONTORTIONIST : OUR BONES, CLAIRVOYANT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERIC GUENTHER OF THE CONTORTIONIST !!

“After Being Established As a Band Securely In a Genre, It Takes a Lot Of Courage To Move Past That And Try To Evolve At The Risk Of Losing Fans, And That Was Always a Goal Of The Contortionist.”

DISC REVIEW “OUR BONES” “CLAIRVOYANT”

「Djent というジャンルの中でしっかりとバンドとして確立された後、それを乗り越えて、ファンを失うリスクを負ってまで進化しようとするには多くの勇気が必要なんだけど、だけどその進化こそ THE CONTORTIONIST の目標だったんだからね。」
プログレッシブデスメタル/Djent の傘の下で生を受けたインディアナのセクステットは、生来のブルータルな刃を徐々にムーディーでスペーシーな蜃気楼へと転化させ、”曲芸師” のイリュージョンでその名を完璧に体現しています。
「本質的に、僕たちはアトモスフィアやテクスチャーを引き出して、当時自分たちの周りで起こっていた Djent のような他の音楽と対比できることを知っていたんだよ。そうして、バンドの特徴、アイデンティティをさらに強化するため、これまでの自分自身と距離を置く必要性を感じたんだ。 」
奇しくも THE CONTORTIONIST の見つめる先は、彼らが深いリスペクトを捧げ記念すべき “Colors” 10周年のツアーにも帯同することとなった BETWEEN THE BURIED AND ME と共振の路にあるように思えます。重激から衷心へ。他者との対比を野心とした2017年のフルアルバム “Clairvoyant” は、かつての自分自身を千里の彼方に仰ぎ見る “ノースクリーム” な “Post-Whatever” の傑物でした。
“Clairvoyant” とそのプロトタイプである “Language” は、連続する壮大なアシッドトリップのオデッセイとして産み落とされています。”Language” は成長と生を、”Clairvoyant” は死を司るレコード。アトモスフィアを宿したポストロックの血縁と、ヘヴィーシンセのエニグマでボーカル Lessard が友人の薬物中毒を綴る光と陰のエピック。荘厳なクリーンボーカルは完全なる主役となり、テクニックはテクニックのためではなくストーリーのために存在することとなりました。
深遠なるテクスチャー、畝り寄せるインテンス、シンセの絶景、美麗極まるアレンジメントの宇宙。もはや比較対象は KARNIVOOL や Kscope の詩人たちなのかもしれませんね。インタビューに答えてくれたシックスマン、Eric Guenther のシネマティックなセンスは確かにバンドのイデア変えました。
ただし、最初期の “Exoplanet” や “Intrinsic” が UNEVEN STRUCTURE, TesseracT と並んで “Post-Djent” の一翼と目されていたことを鑑みれば、”Clairvoyant” の音の葉にはバンドのスピリットであったメタリックな複雑性と知的な展開美をより艶めかしく赤裸々に再創造した曲芸師の美学をも同時に感じ取れるはずです。
「僕たちのコンセプトは、新たな音楽と共に日々進化しているからね。」そうしてリリースを迎えた新 EP “Our Bones” はバンドの歴史全てを骨子とした進化のステイトメントです。
「”1979″ は楽曲として強力なムードを湛えていて良い選択に思えたね。それにプログメタルバンドは、音楽にあれほど多くのフィーリングを付与することはなかなかしないからね。」
SMASHING PUMPKINS のエモーショナルなカバーは、自らを、そしてリスナーを別次元の宇宙へと誘います。
TOOL の残影を自らの美意識と深く重ねた “Follow”、メインストリームを多彩なサウンドで抱きしめる “Early Grave”。プログメタルの典型から確かに距離を置いたしかしプログレッシブな楽曲群は、ポスト/モダンプログの旗手に相応しきチャレンジの凱歌でしょう。そうしてその音の波は、きっと LEPROUS や HAKEN,
現在の TesseracT ともシンクロし共鳴していくのです。
今回弊誌では、Eric Guenther にインタビューを行うことが出来ました。「SikTh こそがおそらく Djent というジャンルにとって最も重要な真の創造主なんだよ。SikTh は MESHUGGAH が始めたことを、よりポップでメロディックなフォーマットへと拡張していったんだ。特別名前を挙げるまでもなく、Djent バンドの全てが MESHUGGAH よりも SikTh のサウンドに寄っていたと思う。」 どうぞ!!

THE CONTORTIONIST “OUR BONES” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE CONTORTIONIST : OUR BONES, CLAIRVOYANT】