タグ別アーカイブ: Sludge

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CONJURER : MIRE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRADY DEEPROSE OF CONJURER !!

“Dan And I Bonded Over Our Mutual Frustration With How Shit The Local Scene Had Become And How Bored We Were With Metalcore. Conjurer Ended Up Being The Product Of This.”

DISC REVIEW “MIRE”

2015年、英国ミッドランズに突如として現れた魅力的なエクストリームミュージックの醸造所 CONJURER は、刺激に飢えたメタル中毒者を酔わせ、瞬く間に熱狂の渦を巻き起こしています。
スラッジ、ドゥーム、ハードコア、プログ、そしてブラック&デスメタル。香り高き金属片の数々をエクレクティックに調合し精製する芳醇なるアマルガムは、Holy Roar 主導で進められる Neo-New Wave of British Heavy Metal の象徴として踏み出す大胆で鮮烈な一歩です。
「僕にとっては GOJIRA と THE BLACK DAHLIA MURDER こそがスターティングポイントだった訳だからね。そして決定的な瞬間は YOB をライブで見た時だった。」
インタビューで Brady が語ってくれた通り、CONJURER が創成したのは圧倒的に面妖で不穏なスラッジ成分、神秘と思索のプログ成分に、相隔相反するファストで激烈なメタルコアの獰猛を配合した超俗の美酒 “Mire”。その崇高なる多様性の香気は、レーベルの理念とも完璧にシンクロしながら厳かに新時代の幕開けを告げています。
アルバムオープナー “Choke” は、この混沌と斬新を見渡す眺望。濾過以前の純粋な憤激。あまりにハングリーなテンポチェンジの妙。
GOJIRA と NEUROSIS の遺伝子を纏った野太くもエッジーな唸りは、不協和音の沼沢、閉所恐怖症のハーモニーを彷徨いながら瞬時にファストで狂乱のブラックメタルへとその色を変えていきます。さらにその底流は Frederik Thordendal のプライドとも合流し、ただ陰鬱で悲惨な音景を表現するためのみに結束を強くするのです。
実際、泥と霧に覆われた不気味で不透明な原始沼をイメージさせる “Mire” というタイトルは、明らかに限られたリスニングエクスペリエンスでは全貌を掴めない、繰り返しの再生を要求するアルバムの深みと間口、そして芸術性を象徴していますね。
「多くのバンドは一つか二つのメジャーな影響を心に留めながら作曲していると思うんだけど、僕たちはどの瞬間も30ほどの影響を考慮しながらやっているんだ。」との言葉を裏付けるように、バンドは様々な風景をリスナーの脳裏へと刻み続けます。
“Hollow” で示されたドゥーミーなメランコリー、クリーントーンの旋律はポストロックの景観さえ抱きしめた、陰鬱なアルバムに残る微かな希望。しかしその幽寂なるサウンドスケープは、やがて宿命の如く地の底から襲い来るブラッケンドハードコアの波動、濁流に巻き込まれ押し流されてしまうのです。その落差、静と動、速と遅が司るダイナミズムの効果はまさしく無限大。
それにしてもバンドの落差を支えるリズム隊は破格にして至妙。特に様々なリムショットを華麗に使い分け、楽曲のインテンスを高める Jan Krause のドラムワークは新たなヒーローの名に相応しい創造性に満ちていますね。
“Thankless” で敬愛する MASTODON に感謝なき感謝を捧げ、”The Mire” で再びホラー映画のテンポチェンジをショッキングに見せつけた後、アルバムは終盤にハイライトを迎えます。
静謐の谷と激情の山脈を不穏に繰り返し行き来する “Of Flesh Weaker Than Ash” で 「GOJIRA はデス/ブラックメタルの要素を作曲に活用しながら、ヘヴィーな音楽を実にキャッチーに変化させることが出来ると教えてくれた訳さ。」の言葉通りエクストリームメタルのフック、イヤーキャンディーを張り詰めたテンションの中で実現し、SLEEP のファズサウンドをフューネラルドゥームの寂寞とプログスラッジのエピックに封じた “Hadal” でレコードは新世界への扉を開きながらは威風堂々その幕を下ろすのです。
今回弊誌では、ギター/ボーカル Brady Deeprose にインタビューを行うことが出来ました。「ギター/ボーカルの Dan Nightingale と僕は、当時同じようなフラストレーションを抱えて仲良くなったんだ。ローカルシーンがいかにクソになったか、メタルコアがいかに退屈かという鬱憤だよ。」 どうぞ!!

CONJURER “MIRE” : 9.9/10

INTERVIEW WITH BRADY DEEPROSE

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and your band? What kind of music did you listen to when you were growing up?

【BRADY】: We’re 4 guys based in and around Rugby which is in The Midlands, England, UK. We all have vastly different tastes, backgrounds, and personalities and it’s kind of a miracle that this band is as functional as it is. We make heavy music and try to be as uncompromising as possible in our collective vision of what this band should be.
I first got into music when my Dad used to play me his Adam And The Ants & Oasis cassettes but it wasn’t until he got Permission To Land by The Darkness that my eyes were really opened to rock music. From then on, especially going into secondary school, I got into heavier and heavier music starting with bands like Bullet For My Valentine, Trivium, and Enter Shikari and progressing through to Gojira and The Black Dahlia Murder, the acts that kind of kicked of my love of more extreme music.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドから聞かせていただけますか?

【BRADY】: 僕たちはイングランドのウエストミッドランド、ラグビー周辺をベースとした4人組さ。全員が非常に異なるテイストやバックグラウンド、そして個性を持っているよ。
だから、このバンドがありのままの4人を抱えてそれでも機能しているのは奇跡のようなものだね。ヘヴィーな音楽を創造しているんだけど、とにかくバンドが何をすべきかという集団的ビジョンにおいて、出来るだけ妥協を許さないようにしているよ。
僕の最初の音楽との出会いは、父が良く聴かせてくれていた ADAM AND THE ANTS と OASIS のカセットテープだったね。だけど僕が本当にロックに開眼したのは、彼が THE DARKNESS の “Permission to Land” を聴かせてくれてからなんだ。それ以来、特に中学生の間はどんどんヘヴィーなバンドにのめり込み、バンドを始めるようになったのさ。
BULLET FOR MY VALENTAIN, TRIVIUM, ENTER SHIKARI, さらにそこから GOJIRA, THE BLACK DAHLIA MURDER といったバンドにね。そういったバンドたちが僕のエクストリームミュージックへの愛を深めてくれたのさ。

Q2: It all started with Facebook. Brady asked if anyone would like to form a death metal band in the vein of Gojira and The Black Dahlia Murder. Off course, later your music became more diverse, but why did you choose these two at first?

【BRADY】: Like I said, these two band were the starting point for me when it came to more extreme music – I’d always been fascinated by death metal but found blastbeats and that kind of intense, claustrophobic songwriting too difficult to get into. Gojira showed me that you can use those elements with a focus on songwriting and make heavy music really catchy. Dan (Nightingale, Guitar/Vocals) and I bonded over our mutual frustration with how shit the local scene had become and how bored we were with metalcore, which is what we’d mainly been doing beforehand – Conjurer ended up being the product of this. The defining moment, certainly for me, was when we saw Yob play at The Underworld – that performance was so powerful and life-affirming, we just had to make this band a reality. Also, Bast opened that show, who are a great UK doom band if you don’t know them.

Q2: 仰るように、GOJIRA と THE BLACK DAHLIA MURDER はバンドの始まりに大きな影響を与えたようですね?

【BRADY】: そうなんだ。さっきも言ったけどその2つのバンドこそ、エクストリームな音楽に関しては、僕にとってはスターティングポイントだった訳だからね。
というのも、それまで僕は確かにデスメタルに魅了されていたんだけど、ブラストビートやああいった強烈で閉ざされたソングライティングはなかなか理解出来ずにいたんだよ。
GOJIRA はそんな僕に、そういった要素を作曲に活用しながら、ヘヴィーな音楽を実にキャッチーに変化させることが出来ると教えてくれた訳さ。
ギター/ボーカルの Dan Nightingale と僕は、当時同じようなフラストレーションを抱えて仲良くなったんだ。ローカルシーンがいかにクソになったか、メタルコアがいかに退屈かという鬱憤だよ。その2つこそ、それまで僕たちが関わっていたものなんだけどね。そして CONJURER こそがそのフラストレーションの産物なんだよ。
僕にとって、後の CONJURER を決定づけた瞬間は YOB が The Underworld でプレイするのを見た時だろうな。とてもパワフルで、人生を肯定するようなパフォーマンスだったね。それでこのバンドを実現しなくてはと思ったのさ。
それに BAST がそのライブのオープニングを務めたんだ。偉大な UK のドゥームバンドなんだよ。(2014年、他に PALLBEARER も出演。)

Q3: OK, let’s talk about amazing debut full-length, “Mire”. At the top of the list is 5-K in the Kerrang!, lot’s of fans and critics praised your record so much. Even some says you are a savior of Metal, haha. Did you expected such a great reactions?

【BRADY】: Honestly not at all. I think a lot of bands start out with some sort of game-plan or aspirations for the project – we honestly just wanted to make cool music and as long as we’re doing that, we’re happy. Obviously, it’s been really cool to get the reception we’ve had to the record and the live shows, but it’s not why we do this. I’ve always said we’d be giving the same performance to 5 people in the back room of a local pub if that was all on offer to us, we fucking love these songs.

Q3: では素晴らしきデビューフル “Mire” について話しましょう。Kerrang! での “5K” を皮切りに、多くのファン、評論家から絶賛される作品となりましたね?

【BRADY】: 正直、こんな反響は予想もしていなかったよ。多くのバンドがゲームプランやある種の願望を持って活動を始めると思うんだけど、僕たちは正直ただクールな音楽を作りたかっただけで、そうある限り満足なんだよ。
明らかに、僕たちのレコードやライブがそういった歓迎を受けて来たのはクールだよ。でもだからって、そのためにこのバンドをやっている訳じゃないからね。
いつも言っているんだけど、僕たちは例えローカルパブの後方に陣取る5人のためにだって、同じパフォーマンスを披露するよ。ただ僕たちはこの楽曲たちをとても愛しているんだよ。

Q4: It seems there is kind of “Dark” “Gloomy” synchronicity between artwork, album title, and lyrics. Could you tell us about the theme of “Mire”?

【BRADY】: This is quite a weird one as there was no intentional or specific theme. We started writing and just didn’t stop, pretty much from day 1. When we decided to do the EP, we had several tracks that ended up on Mire finished and ready to record – it’s just that the 4 on the EP were the only ones that really worked together. So when it came to doing a full record, we only had a few songs left to finish off. This was great as we could get everything moving quickly, but did mean that nothing was particularly cohesive, which makes it really cool when people tell us how much the record sounds ‘like an album’ – it’s literally just a collection of songs. What I will say, however, is that we spent a fucking long time on the track listing, trying to make the songs flow together in a logical way as well as ensuring they fit on an LP.
The artwork is a concept based on the lyrics to ‘The Mire’, which is Dan’s interpretation of the Lyke-Wake Dirge – an old English folk song that depicts the soul’s journey from Earth to Purgatory. Rodrigo Almanegra did the artwork and we’re extremely pleased with it, he also did a sketch for each track which sit opposite their respective lyrics in the booklet. Speaking of lyrics, there’s no set concept for the record and really nothing that would be off-limits for us to talk about going forward. The record deals with folklore, nature, the idea of existence under a creator, fame & The Media, and loads more – I guess the thing tying everything together is, as you said, that it’s rooted in misery.

Q4: アートワーク、タイトル、リリックに音楽。”Mire” はダークでグルーミーなムードがある種シンクロしているようなレコードですね?

【BRADY】: 不思議なことに、この作品には特定の意図やテーマといったものは設けられていないんだ。僕たちは作曲を始めたその日からその勢いはとどまる事がなかったね。
EP “I” をリリースすると決めた時、すでに “Mire” を完成させるための楽曲がいくつかあったんだ。というのも EP に収録したのは4曲のみだったからね。だからフルアルバムを作るとなった時に、完成させなければならないのは本当に何曲かのみだったのさ。
もちろん、迅速に全てを進めることが出来たのは良かったんだけど、逆に言えばこの作品は特別な ‘纏まり” を意図して作られた訳ではないんだよ。だからみんなが、このアルバムがいかにアルバムらしい作品か話してくれるのは本当にクールなんだ。文字通り、楽曲をただ集めただけなんだけどね。
ただし、僕たちは本当に長い時間をかけて楽曲を聴き、論理的かつ LP に確かにフィットするよう楽曲の流れを考慮したんだよ。
アートワークは “Mire” の歌詞をベースのコンセプトとして描かれたんだ。そのコンセプトとは、Dan が地球から煉獄への魂の旅を描いた古いイギリスの民謡 “Lyke-Wake Dirge” を解釈したものなんだけどね。Rodrigo Almanegra がアートワークを手がけたんだけど、本当に満足しているよ。彼は各楽曲をイメージしたスケッチも残してくれてね。それはブックレットの歌詞の反対側に載せているよ。
歌詞について言えば、このレコードにコンセプトはないんだ。そして、今後も僕たちがテーマを限定されることはないよ。アルバムは、フォークロア、自然、クリエイターとして生きること、名声とメディア、そしてさらに多くのものを扱っているんだ。そして、君の言った通り、確かに全てが “悲惨” に根ざしているという意味では纏まっているんだよ。

Q5: Generally, Metalcore, Death metal is fast, aggressive and Doom, Sludge is slow, depressive. That’s why no one haven’t mixed these two elements. But you did it very organic way. What inspired you to mix such a contrasting aspects?

【BRADY】: The inspiration comes, quite simply, from the fact that we all have such varying tastes in music. I think a lot of bands come together with one or two major influences in mind – we’re attacking writing with 30 in mind at any given moment, and they’re always involving or being added to. This means we’re always open to new ideas and have no trouble trying lots of different stuff to try and find something exciting or new.

Q5: ファストでアグレッシブなメタルコアと、スロウでディプレッシブなドゥームはある意味正反対で、故にこれまで誰もミックスして来なかった訳ですが、CONJURER は実に自然にその融合を果たしていますね?

【BRADY】: 実にシンプルな話だよ。その試みのインスピレーションは、僕たち全員がバラエティー豊かに音楽を聴いているからこそ降りて来たんだよ。
恐らく、多くのバンドは一つか二つのメジャーな影響を心に留めながら作曲していると思うんだけど、僕たちはどの瞬間も30ほどの影響を考慮しながらやっているんだ。そしてそれらはいつも関係し、付加されながら完成に近づいて行くんだよ。
つまり、僕たちはいつも新たなアイデアにオープンだし、多くの異なる要素を試したり、エキサイティングで新たな何かを発見することを全く恐れないんだよ。

Q6: Also, from sludge, doom, to prog, black, death, hardcore, metalcore, your music has wider variety, more diverse world. Actually, I think such eclectic sound, diversity is cutting edge of metal scene, and definitely you are in the front line of it. Do you agree that?

【BRADY】: That’s very kind of you to say. While we’re certainly not the first band to cut down on traditional musical barriers we do it with a lot of care and attention to detail. Every single bar is argued over and practised and streamlined and perfected over many many months. We don’t like to waste time and would rather re-write a song that isn’t totally perfect that just live with it – this is essential when you don’t fit squarely into one genre as you can end up sounding like you’ve just tacked loads of different ‘bits’ together.
The real thing to mention here is that we don’t actually see any of what we do in terms of ‘genre’ – everything is just different techniques or ways of achieving a certain feel/mood. It’s only after a song is complete that we can sit back and say, ‘Okay, this is the Thrash bit and this is the Black metal bit…’ etc.

Q6: 仰る通り、スラッジ、ドゥームからプログ、デス、ブラック、ハードコーアにメタルコアと幅広いエクレクティックなサウンドはまさにメタルシーンの最前線に位置していますよね?

【BRADY】: そう言ってもらえるのは本当に嬉しいよね。ただし、トラディショナルな音楽のバリアを取り放ったのは僕たちが初めてではないんだよ。ただし、僕たちは非常に注意深く、細部までケアしながらその試みに挑戦しているんだけどね。
どのパートも何ヶ月に渡って議論、精査され尽くされているんだよ。もちろん時間を無駄にするのは嫌いだけど、完璧ではない楽曲をそのままにしておくよりは、書き直すことを選ぶね。あるジャンルが完璧にハマらない時、別の異なる要素を試してみるのは必然だからね。
ただし、ここで必ず言及すべきことは、制作中、僕たちが実際には “ジャンル” の面で何をしているのかわかっていないということだね。すべては異なるテクニック、もしくはその時々のある気分やムードを達成する方法でしかないんだよ。
「OK、ここはスラッシュメタルで、これはブラックメタル…」などと理解するのは、曲が完成した後なんだよ。

Q7: Is there anything you’re particularly proud of on the record? In your writing process, does everyone contribute to composition?

【BRADY】: The majority of the writing is Dan and Jan (Krause, Drums), but I put in a few bits on the record, specifically the majority of ‘Of Flesh Weaker Than Ash’ which I’m incredibly proud of. We do all add in ideas and structural bits as the rehearsing process goes on but yeah, Dan and Jan are the creative driving forces behind Mire. I think the fact that we’ve actually made a record we can all agree on is a fucking miracle so I’m sure all the guys would agree that we’re proud of that.

Q7: ライティングプロセスには全員が貢献したのでしょうか?

【BRADY】: 作曲の大半は Dan と ドラマーの Jan Krause が行ったんだけど、僕もこのレコードにはいくつかインプットを行ったよ。特に “Of Flesh Weaker Than Ash” は大半が僕の作曲だから、とても誇りに思っているんだ。
それにもちろん、バンド全員がリハーサルのプロセスからアイデアや構成の部分で貢献しているよ。ただ、Dan と Jan が “Mire” のクリエイティブなエンジンであったことは間違いないね。
僕は全員が納得のいくレコードを生み出せた事実は、ある意味奇跡だと思うんだ。だから全員が当然この作品を誇りに思っていると信じているんだ。

Q8: So, Holy Roar Records definitely catches a great deal of attention from metal scene. And you are one of the headliner of the label. What’s your perspective about the label’s view and rooster?

【BRADY】: It’s such an amazing place to be as a new band – Holy Roar only want to push and nurture creativity which is exactly what we’re about. Their attitude is completely aligned with ours too: no bullshit, absolute quality, fuck the norm. The roster is of an unbelievably and consistently high quality, I’m certain that this era will be looked back on as a really important time for UK heavy music in years to come.
With regards to hilights on the roster, I’ve been listening to both the upcoming OHHMS & Pijn records while writing this interview – these are two utterly phenomenal bands in the uk post-music scene that we’ve been lucky enough to tour with and their new albums both push their sounds into exciting new territories. I wholeheartedly recommend you check them out.
If Holy Roar is a label that excites you, you can subscribe via their bandcamp and get a new release each month mailed direct to you before they’re available to the public. You also get cool behind-the-scenes shit and a discount on merch. Through this service, I’ve discovered Apologies I Have None and Haast’s Eagled, both bands which I’m now a huge fan of and possibly wouldn’t have listened to otherwise.

Q8: 所属する Holy Roar Records もあなた達と同様、メタルシーンから大きな注目を集めていますよね?

【BRADY】: 新しいバンドにとってこんなに素晴らしいレーベルはないよ。Holy Roar はただクリエイティビティーをプッシュし、育みたいだけなんだ。まさに今の僕たちみたいなバンドのね。彼らのアティテュードは、僕たちのそれと完全に一致しているんだ。クオリティーが全て、規範なんてクソ喰らえってね。
実際、ロースターは最高だし、常に高いクオリティーを誇っているね。僕は何年かして振り返った時に、今この時代が UK のヘヴィーミュージックにとって本当に重要な時期だったとなるに違いないと思うね。
ロースターのハイライトについてだけど、ちょうど僕は OHHMS と PIJN の新作を聴いていたところなんだ。本当に彼らは UK のポストミュージックシーンにおいて絶対的に偉大なバンドだよ。彼らとツアー出来て実にラッキーだったね。彼らの新作は両方とも、さらにそのサウンドをエキサイティングで新たな領域へとプッシュしているね。心からチェックすることを勧めるよ。
もし Holy Roar のアーティストが気に入ったなら、リリースより早く毎月音源が送られてくるようなサブスクリプションも Bandcamp に用意されているからね。マーチも安くなるし。僕もそのサービスで、今では大ファンの APOLOGIES I HAVE NONE と HAAST’S EAGLED を見つけたからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BRADY’S LIFE

KENDRICK LAMAR “TO PIMP A BUTTERFLY”

THE DARKNESS “PERMISSION TO LAND”

GOJIRA “THE WAY OF ALL FLESH”

THE BLACK DAHLIA MURDER “RITUAL”

THE DECEMBERISTS “THE HAZRDS OF LOVE”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello! Thank you for taking the time to read this – we would fucking love to get out and tour in Japan in the next couple of years. I hope you enjoy our record, the next one will be much better.

やあ!時間を割いて僕たちのインタビューを読んでくれてありがとう!これから何年かのうちに、日本ツアーを実現させたいと本当に願っているよ!レコードを楽しんで。次のアルバムはもっと良くなるよ。

BRADY DEEPROSE

CONJURER Facebook Page
CONJURER Official Site
CONJURER Bandcamp
HOLY ROAR RECORDS Facebook Page
HOLY ROAR RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATT MOSS OF SLUGDGE !!

14691247_923037787829249_3806283631659252224_o

Mollusk-themed Tech Death King, Slugdge Has Just Released Their Most Adventurous, Complex And Progressive Album Yet, “Esoteric Malacology”!!

DISC REVIEW “ESOTERIC MALACOLOGY”

イングランドとスコットランドの稜線より這い出し軟体動物王 SLUGDGE が、カウンターカルチャーとしてのメタルを存分に追求した “深遠なる軟体動物学” “Esoteric Malacology” をリリースしました!!
メタルの狂騒と尊厳を等しく抱きしめ、ドラマ性と知性を高次元で融合させた独創的なレコードは “メタルの進化” を雄弁に物語ります。
「ヘヴィーメタルはアウトサイダーのための音楽さ。君たちが愛していようが嫌悪していようが、カウンターカルチャーとして永遠に存在し続けるんだ。」と Matt が語るように、SLUGDGE のはヘヴィーメタルのジョークにも思える過度なファンタジーや想像力を敢えて前面に押し出しながら、シリアスかつハイクオリティーなサウンドをデザインすることでアウトサイダーとしての矜持を保つ以上の存在感を発揮していると言えるでしょう。
“Esoteric Malacology” も、当然その彼らの流儀に乗っ取って制作されたレコードです。楽曲はバンドのビッグテーマである “カタツムリ” “ナメクジ” その他軟体動物に捧げられ、歌唱やリフの持つ莫大なエネルギーで軟体動物の神々を祝福しています。
そして、ギミックにも思えるその大袈裟で奇想天外な劇画的手法は、例えば CANNIBAL CORPSE がそうであるように、キラーでシリアスな楽曲を伴うことで異端の享楽を宿す巨大なカタルシスを誘うこととなるのです。
GOJIRA の楽曲 “Esoteric Surgery” へのオマージュにも思えるアルバムタイトルは、確かにフランスが生んだ不世出のプログレッシブメタラーへの接近を示唆しています。そして、”The Spectral Burrows” が “The Way Of All Flesh” の息吹を胸いっぱいに吸い込んだ傑出したプログメタルチューンであることは明らかでしょう。
EDGE OF SANITY の “The Spectral Sorrows” を文字ったに違いないドラマティックなエピックは、複雑かつ重厚なテクスチャーがテクニックの荒波に跋扈する濃密な5分50秒。荘厳でしかし闇深きそのアトモスフィアは、聴く者の脳波を直接揺さぶり音の酩酊へと誘います。
比率の増した神秘のクリーンボーカルは絶妙のアクセント。ENSLAVED に備わった全てを洗い流すかのような神々しさとは異なり、混沌も崇高も全てを包括したダークロード “Mollusa” への捧物、破滅的にキャッチーなその調べは、異世界への扉を厳かに開く確かな “鍵” として機能しているようにも思えます。
軟体動物の柔軟性を活かした “Putrid Fairlytale” は SLUGDGE を象徴するプログレッシブデスメタル。NAPALM DEATH の “Lucid Fairytale” をオマージュしたタイトルからは想像もつかない劇的なドラマが繰り広げられています。
ここまで記して来た通り、”Esoteric Malacology” の楽曲タイトルは偉大な先人たちの足跡に対するオマージュとなっています。 “War Squids” は BLACK SABBATH の “War Pigs”、”Slave Goo World” は SEPULTURA の “Slave New World”、”Transilvanian Fungus” は DARKTHRONE の “Transylvanian Hunger” 等。そして “Putrid Fairlytale” にはそういった彼らが愛する様々なジャンルのメタルが触手で繋がり凝縮されているのです。
プログの色合いを帯びた鋭利なリフワークと相対するブラストビート。一方で、粘度の高いミッドテンポのグルーヴと荘厳なるボーカルメロディー。繊細かつ印象的な電光石火のギターシュレッドを極上の味付けに展開する魅惑のテクデスオデッセイは、Matt が語る “ヘヴィネスの秘密” を見事に体現しながらまさにバンドが理想とするメタルを描き出していますね。
スロウでドゥーミー、ロマンチックとさえ言える “Salt Thrower” で塩に溶けゆくナメクジの悲哀を全身で表現した後、アルバムは “Limo Vincit Omnia” でその幕を閉じます。ラテン語で “スライムは全てを征服する” の意を持つエネルギッシュなナンバーは、「メタルが進化し続けるためには影響の外側から新たなアイデアを取得する必要があるように感じるね。」と語る通りエレクトリックなサウンドまで包括し、意義深き実験と学問の成果を誇らしく報告しています。
今回弊誌では、バンドのギター/ボーカル Matt Moss にインタビューを行うことが出来ました。ギタリスト Kev Pearson とのデュオでしたが、インタビュー後に THE BLACK DAHLIA MURDER のドラマー Alan Cassidy と NOVENA の ベースマン Moat Lowe が加わり完璧すぎるラインナップを完成させています。どうぞ!!

a1718888280_10-2

SLUGDGE “ESOTERIC MALACOLOGY” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SLUGDGE : ESOTERIC MALACOLOGY】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BELL WITCH : MIRROR REAPER】2017 X’MAS SPECIALL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DYLAN DESMOND OF BELL WITCH !!

21994060_1432087200193285_7588211872295704232_o

Seattle Based Doom-duo, Bell Witch Takes You Poetic And Philosophical Deathly Journey With Timless Masterpiece “Mirror Reaper” !!

DISC REVIEW “MIRROR REAPER”

シアトルに居を置くベース/ドラムスのドゥームデュオ BELL WITCH が、1曲83分の暗重なる叙事詩 “Mirror Reaper” をリリースしました!!生と死を投影する難解なるあわせ鏡は、昨年逝去した前ドラマー Adrien Guerra へ捧げるトリビュートとしてその崇高なるメランコリー、哀しみの影を増しています。
紫煙のヘヴィートリオ SLEEP が1曲が一時間にも及ぶスロウでアトモスフェリックな反芻の集合体 “Dopesmoker” をリリースして以来、ドゥーム/スラッジ/ドローンのフィールドはメタルの実験性を最も反映する先端世界の一つとして、創造性のリミットを解除し、定石を覆しながらその歩みを続けて来ていました。
勿論、JESU や BORIS のエピカルな長編も、ジャンルの音楽性とは対極に位置する瑞々しくも天真爛漫なムードを追い風に創造された濃厚なサウンドスケープであったに違いありませんね。それでも、BELL WITCH の新たなチャレンジ、1曲83分の野心は想像を遥かに超えるサプライズでした。
“Mirror Reaper” を形作る要素自体は、前作から大きく変化を遂げてはいません。確かにヘヴィーなレコードですが、ランニングタイムの大半はラウドでもブルータルでもなく非常にオープンでスペーシー。ベース、ドラムス、ボーカルにハモンドB3が生み出すその空間に巣食うは巨大な絶望、悲哀と、全てを掻き集めても片手で掬い取れるほど希少なる希望。
しかし Dylan が 「誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだ。」 と語るように、48分の “As Above” と35分の “So Below” が自然と連続して織り成す構成の進化、常識の破壊は、より妥協のない緻密なコンポジション、Adrian の死に手向けるメランコリックな花束と共に、生と死の安直でステレオタイプな二分法へ疑問を投げかけ、”死のメディテーション” を指標しているのです。
アルバムは、アトモスフィアの波に溺れる6弦ベースの幽玄な調べで幕を開けます。実際、「Michael Hedges のギタープレイは実に参考になったね。」 と語るバンドのマスターマインド Dylan Desmond のベース捌きは驚異的で卓越しています。
左手のみならず、右手を強い感情と共にフレットへと叩きつけ、時に滑らし、時に揺らして生み出すトーンは唯一無二。
ギタリストの不在を感じさせない、むしろそれを不必要と思わせる、独特のウォームでメロディックなマルチディメンショナルサウンドは、新たなベースヒーローの誕生を強くアピールし、同時に崇高な意思と純潔なるムードをアルバムにもたらしていますね。
加えて、地を這うグロウルとミスティックな詠唱のコントラスト、SIGUR ROS を想起させるファルセットのハーモニー、ハモンドオルガンのオーガニックなサステイン、Jesse のセットから流れ出すシンバルの漣。アルバムは、瞑想の荒野、空虚な嵐、美麗なる責め苦を経て、いつしか全てが緩やかな生命と音の大河に注がれドゥームの奇跡、反復の魔術を完璧に創出します。そして挿入される亡き Adrian のボーカルは、”生と死の間に存在する共通要素” “ゴースト” を信じるバンド独特の素晴らしきトリビュートなのでしょう。
NEUROSIS, SWANS などと共闘を続ける鬼才 Billy Anderson のインプットにも触れない訳にはいきませんね。Billy ほど暗闇と混沌、そして壮大なサウンドを巧みに精製するプロデューサーは決して多くはないでしょう。そしてこの作品ほど、型破りで威厳を湛えたアンタッチャブルなメタルレコードも実際ほとんど存在しないはずです。
時間、場所、もしかしたら自分自身さえも忘れてただ広大な闇の迷宮で彷徨うだけの地獄、もしくは天国。コマーシャルと最も遠い場所にあるアートのエリジウム。
そして、詩的で哲学的な “死の旅路” は、作品で最も哀しく最も愛すべきポートレート、バンドのコラボレーター Erik Moggridge の消え入るような歌唱で幕を閉じるのです。
今回弊誌では、Dylan Desmond にインタビューを行うことが出来ました。海外メタル誌では軒並みベストの上位に撰されている傑作。そして弊誌にとっては、最もクリスマスらしい作品です。どうぞ!!

22540113_1451003611634977_5745782468387801329_n-2

BELL WITCH “MIRROR REAPER” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BELL WITCH : MIRROR REAPER】2017 X’MAS SPECIALL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHELSEA WOLFE !!

Chelsea Wolfe by Bill Crisafi

PHOTO BY BILL CRISAFI

Certainly, Folk/Rock/Experimental Artist Chelsea Wolfe Took A Step Toward More Dark Side, Heavy Realm, Sludge World With Her Outstanding New Record “Hiss Spun” !!

DISC REVIEW “HISS SPUN”

ダークでスピリチュアルな崇高美を追求する、ノースカリフォルニアの堕天使 Chelsea Wolfe が、そのゴシカルなイメージをスラッジメタルの世界へと解き放つ最新作 “Hiss Spun” をリリースしました!!審美のダークサイドを司るエクストリームアートの女王は、至上の環境、チームを得てより鮮明にその印象を増しています。
近年、Chelsea と彼女の右腕 Ben Chisholm の冒険は、出自であるゴシックフォークの枠を容易く超越し、ドゥームの翳りを宿すインダストリアル、エレクトロニカ、ノイズ、ドローンにまでアプローチの幅を拡げて来ました。陰鬱にして甘美、アーティスティックで創造性豊かなそのジャンルの邂逅は、Chelsea の幽美なビジュアルやスピリチュアルな一面とも共鳴しながら、この混沌とした世界に安寧を喚起するメディテーションの役割を果たして来たのかも知れませんね。
“Spun” の凄艶なディストーションサウンドでスラッジーに幕を開ける “Hiss Spun” は、リスナーの思念、瞑想にある種の直感性を差し伸べる、よりヘヴィーで正直なアルバムです。
「これは、ヘヴィーなレコードでロックソングを求めていたの。」 実際、Chelsea はそう語っています。故にRED HOST 時代のバンドメイト、ドラマー Jess Gowrie とのリユニオンは必然だったとも。
確かにこのレコードの陣容は彼女の言葉を裏付けます。リードギタリストに QUEENS OF THE STONE AGE の Troy Van Leeuwen を起用し、ex-ISIS の Aaron Turner をゲストボーカルとして招聘。さらに CONVERGE の Kurt Ballou をプロデューサーに指名した采配の妙は間違いなくこのレコードの方向性を諮詢していますね。
セカンドトラック “16 Phyche” はアルバムを象徴する楽曲かも知れません。蝶の羽を得て人間から変異を遂げた美しき魂の女神、そして火星と木星の間を公転する小惑星の名を共有するこのコズミックで漆黒のヘヴィーバラードは、自由を奪われ制限される人生をテーマとしています。
「8年間、故郷ノースカリフォルニアを離れてロサンゼルスにいたんだけど、LAは私と共鳴することは一度もなかったの。私の心はいつもノースカリフォルニアにあったのよ。大きな木々、山や川の側にね。」 Chelsea はそう語ります。
遂に家族と自然、スピリチュアルなムードに溢れた故郷へと帰還し、心の平穏と安寧を取り戻した彼女は、閉塞的で捌け口のない当時の自分を反映させた魂の情歌へと辿り着いたのでしょう。
実際、”Twin Fawn” にも言えますが、彼女も認める通りこの楽曲における Chelsea の歌唱はよりパーソナルで内面全てを曝け出すような壮絶さを宿します。フィードバックと不穏なムードが支配する重密なサウンドとも絶妙にシンクロし、彼女のエモーションは現代社会の閉所恐怖症とも形容可能なイメージをも楽曲に映し出しているのです。
“Hiss” とはホワイトノイズ、つまり雨音や川のせせらぎ、鳥の囀りといった自然と人間を繋ぐ雑音を意味する言葉だと Chelsea は教えてくれました。トレモロリフとポストメタルの重厚で奏でられる “Vex” で Aaron Turner の剛胆な咆哮は大地の感覚、アーシーなホワイトノイズだとも。
Aaron の声が大地の咆哮なら、浮遊感を伴う Chelsea の声はさながら虚空のスキャットでしょうか。楽曲の最後に挿入された森のざわめきに耳を澄ませば、彼女のメッセージが伝わるはずです。ヘヴィーとエセリアルのコントラストで表現される自然に対する強い畏怖は、現代社会が忘れつつある、しかし忘れてはならない貴き精神なのかも知れませんね。
確かにヘヴィーでスラッジーなアルバムですが、同時に “Twin Fawn”, “Two Spirit” のような自身のアイデンティティー、ゴシック/フォークにフォーカスした楽曲や、近年養って来たインダストリアル/ノイズ要素を分断に盛り込むことで、作品は Chelsea の多面的な才能を映す鏡、ある意味集大成的な意味合いも保持しています。そして勿論、女性としての一面も。
アルバムは、魔女の如き甲高い歌声が印象的な “Scrape” で幕を閉じます。様々な怒りやヘヴィーな祈りが込められたアルバムには、当然 Chelsea の一人の女性としての怒りも封じられています。あの禍々しき魔女裁判が行われたセイラムでレコーディングが行われたことも、偶然ではないのかも知れませんね。
今回弊誌では、Chelsea Wolfe にインタビューを行うことが出来ました。彼女がゲスト参加を果たしている MYRKUR の最新作も同様に素晴らしい内容。併せてチェックしてみてくださいね。どうぞ!!

4PAN1T

CHELSEA WOLFE “HISS SPUN” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : HISS SPUN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SUBROSA : FOR THIS WE FOUGHT THE BATTLE OF AGES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH REBECCA VERNON OF SUBROSA !!

subrosa-band

Minnesota Based Dramatic-Doom Quartet, SubRosa Has Just Released Beautiful, Magnificent Masterpiece “For This We Fought the Battle of Ages”!!

DISC REVIEW “FOR THIS WE FOUGHT THE BATTLE OF AGES”

ソルトレイクシティの Dramatic-Doom マスター、SubRosa が自身の最高到達点 “For This We Fought the Battle of Ages” をリリースしました!!一世紀も前に書かれた SF ディストピア小説にインスピレーションを得て制作されたアルバムは、バンドのアイデンティティーである Dramatic-Doom のスケールを一層高めた、様々な音楽ファンに愛されるマイルストーンとなるでしょう。
SubRosa は Doom Metal バンドには珍しく、女性ボーカル Rebecca Vernon のミスティックな歌唱を中心に据えています。加えて、Sarah Pendleton と Kim Pack のダブルヴァイオリンとアディショナルボーカルが唯一無二の美麗な Doom を創出しているのです。
ALCEST や DEAFHEAVEN を見れば分かる通り、近年、メタルに “Beauty”, “Atmosphere” を持ち込む、才気溢れるバンドが注目を集め、シーンの限界を押し広げていますが、SubRosa のユニークなラインナップが生み出す手法、冒険、マジックは中でも際立っていると言えるでしょう。
インタビューにもある通り、”For This We Fought the Battle of Ages” はロシアの反体制活動家 Yevgeny Zamayatin の著書 “We” に触発された作品です。当時のソヴィエト初期社会主義時代の、閉塞された状況を描き揶揄したディストピア小説は、しかし、政府による管理、監視、支配という、実は現代社会が抱える問題に読み解くことも可能です。SubRosa はその命題を、人生、死、自由、愛といったテーマを与えた楽曲を通して、エピカルに、ドラマティックに、そしてドゥーミーに描いているのです。
アルバムオープナー、15分半のエピック、”Despair Is a Siren” は深化したバンドを象徴するような1曲です。Doom という特性上、勿論、長くなりがちな楽曲ですが、しっかりとストーリーやシーンを描写する彼女たちにとって、この長さは意図してデザインされた SubRosa’s Way。
静寂が支配するイントロとラウドで実験的なパートの対比が生むボリューム、テンポのダイナミクス、見事にレイヤーされたトリプルボーカルの魔術、そしてデュエットの如くメロディーとカウンターメロディーを行き来する、複雑で美麗なボーカルとヴァイオリン。バンドのトレードマークとも言える要素が、寄せてはは引く波のように揺らぎつつ、リスナーへと届きます。同時に、六拍子とリズムにフォーカスしたディストーションギターが交わり流れ出すカオスの潮流は、SubRosa が NEUROSIS 以来脈々と繋がる Experimental Metal の落胤であることを主張していますね。
アルバムの中心に据えられた “Black Majesty” も同様に15分を超える大曲。東洋的とも感じられるエスニックでエモーショナルなヴァイオリンが先導する、プログレッシブで極上の展開美を誇るこのエピックにおいて、Rebecca は “Isn’t it beautiful?” とリスナーに問いかけます。その1節、歌声からは “Doom Metal だけど美しいでしょ?” という自負心、アイデンティティーが強烈に伝わりますね。
後半の BLACK SABBATH meets GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR とでも形容したくなるパートでは、リズム隊を中心に、群を抜いたバンドアンサンブルを聴かせることも記して置くべきでしょう。
また、”Il Cappio” では Rebecca の多彩な一面を覗かせます。バンジョーと共に紡がれるリリックは何とイタリア語。囁くようにスイートなトーンで歌う新しいアプローチにより、陰影を帯びた切なくもフォーキッシュな楽曲は、続く “Killing Rapture” の完璧なプレリュードとして機能していると共に、作品の素晴らしいアクセントとして色を添えています。
ドラマティックでプログレッシブ。”美”にとことんまで拘り、”戦い”抜いた野心的な “For This We Fought the Battle of Ages” は、まさにモダンメタル、Experimental Metal, Post-Doom / Sludge の最新型、金字塔として、凛然と輝く名作に仕上がりました。今回弊誌では、バンドの創立メンバーで、ボーカル/ギター、無数の声を使い分ける才女 Rebecca Vernon にインタビューを行うことが出来ました。日本初取材です!どうぞ!!

13631487_1063869326992395_7746701681183952628_n

SUBROSA “FOR THIS WE FOUGHT THE BATTLE OF AGES” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SUBROSA : FOR THIS WE FOUGHT THE BATTLE OF AGES】

WORLD PREMIERE: “FOLLOWING THE VOICE” 【ANCIIENTS : VOICE OF THE VOID】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “FOLLOWING THE VOICE” OF ANCIIENTS !!

Vancouver Metal Quartet ANCIIENTS Will Return With Constant Tension And High Dynamics New Record “Voice Of The Void” On 10/14 !!

1510824_974965619198848_4033552651035898807_n

カナダはバンクーバーから現れた Modern Prog Metal 4人組 ANCIIENTS が待望の2ndアルバム “Voice of the Void” を10/14にリリースします!!
2013年にリリースされたデビューアルバム “Heart of Oak” は MASTODON や OPETH を想起させるエピカルなプログレッシブさを纏いつつ、よりエクストリームでスラッジーな音楽性が高く評価されました。実際、昨今のシーンにはプログレッシブに特化したバンド、エクストリームに振り切れたバンドが多い中、彼らのアグレッションとプログ性のバランスは白眉で、叙情性から攻撃性までカバーした “Falling in Line” はまさにモダンメタルの多様性を表現した名曲でした。
3年ぶりにリリースする新作 “Voice of the Void” はデビュー作に温かみ、ソリッドさ、ダークネス、を加えてまさに”オークのコークス”の中でウイスキーが熟成するがごとく、コンポジションに時間をかけたアルバムに仕上がっているそうです。グロウルとクリーンボーカルのデュエルが生み出すダイナミクス、クランチーなリフをカウンターパートとしたインストセクションの充実度も過去最高。実際、今回公開するシングル曲 “Following the Voice” を聴けば、その展開美、技術、メロディーに更なる進化があったことは明らかでしょう。ぜひアルバムリリースまで、過去作やシングルを聴いて待っていてくださいね!

unnamed-19

【MESSAGE FROM KENNY】

The new ANCIIENTS record is titled ‘Voice of the Void’ and somewhat of a step in a new direction lyrically and musically. I think, it still has the sound we developed on ‘Heart of Oak’, but the riffs are a lot heavier at times and the lyrics are far more cynical and dark. With all of the chaos happening on this planet as of late it seems as though things will get worse before they get better, and that kind of embodies the theme of this album as a whole. Jessie Gander did a great job capturing the music and his production far surpassed our expectations. The first new song out, ‘Following the Voice’ is about struggles with inner demons that many people face. Knowing what the right thing to do is, but not listening to your conscience and choosing the path that is best for yourself, but harms others in process. It is about following the evil voice in your head as opposed to the voice of reason.

新しい ANCIIENTS のレコード、タイトルは”Voice Of The Void”。音楽的にも歌詞の面でもいくらか新しい方向に進んだ作品さ。基本的には “Heart Of Oak” のサウンドを進化させたんだけど、リフはよりヘヴィーに、歌詞はシニカルでダークになっていると思うよ。
この星で最近起きている混沌は、より良くなる前の前兆だと思うんだ。このアルバムではそういったテーマを体現してみたよ。 Jessie Gandar はアルバムの音楽を見事に捉えて、期待よりはるかに素晴らしいプロダクションを行ってくれたね。
“Following The Voice” は多くの人が直面する、内なる悪魔との戦いについて。正しいことを行うべきだと知っているのに、自分にとってベストのチョイスを優先してしまうことは、その過程で他人を傷つけてしまうことにつながるよ。理性に反して悪魔の声に従ってしまうことについてだよ。

12341164_1187262774635797_6612052174056909956_n

Track-list
1. Following The Voice
2. Buried in Sand
3. Worshipper
4. Pentacle
5. Descending
6. Ibex Eye
7. My Home, My Gallows
8. Serpents
9. Incantations

1013930_655446524484094_1109052681_n

ANCIIENTS Facebook Page
Season Of Mist Facebook Page

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MOON TOOTH : CHROMAPARAGON】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK LEE OF MOON TOOTH & RIOT !!

12278938_1076812802351223_2191697537066466141_n

Aggressive Progressive, From Prog to Sludge!! Eclectic Talented band from NYC, MOON TOOTH has just released their incredible debut full-length “Chromaparagon” !!

NYC からまたカラフルで一風変わった音楽性の素晴らしいバンドが現れました!MOON TOOTH がリリースしたデビューフルレングス “Chromaparagon” のプログレッシブでアグレッシブなサウンドは多くのロックファンを惹き付けることでしょう。
バンドを率いるギタリストの Nick はあの RIOT が亡き Mark Reale の後任として指名した新たな才能でもあります。しかし、MOON TOOTH の音楽は RIOT のトラディショナルなメタルとは大きく異なります。
アルバムオープナーの”QUEEN WOLF”を聴けば、彼らのモダンで自由なコンポジションに圧倒されるでしょう。Mathy & Heavy で実にインテレクチュアルなリフの洪水に、PEARL JAM の Eddie Vedder を髣髴とさせる表情豊かな John のボーカルが乗る楽曲は、近年のプログロックシーンでも一際異彩を放っていますね。
畳み掛けるように “Offered Blood” がアルバムの世界観を確立します。MASTODON をさらにプログレッシブにしたかのようなヘヴィーでテクニカルなリフと、時にスポークン・ワードまで駆使する John のボーカルが生み出す個性は強烈で唯一無二。この楽曲での Nick のギタープレイ、またそれに呼応する手数の多い Ray のドラムスは本当に驚異的ですね。
同時に “Little Witch”, “Chorma” のようなストレートでパンキッシュな楽曲は彼らの多彩さを物語ります。その一癖も二癖もあるオルタナティブなキャッチーさは INCUBAS を想起させますね。
また組曲となっている “Vesvius Ⅰ” “Vesvius Ⅱ” の前衛的なポストハードコアサウンドは THE MARS VOLTA の精神性と近いものを感じさせます。
アルバムを通してリズムへの拘り、複雑で大胆なアプローチはバンドの一体感を伴って MOON TOOTH のアイデンティティになっていると感じました。そして Prog-Sludge を軸としながらもその枠には一切収まりきらないエクレクティックなサウンドは見事としか言いようがないですね。
今回弊誌では Nick に MOON TOOTH, そして RIOT について語っていただきました。Shine On!!

12631400_1116666321699204_1568467047627401089_n

MMM RATING IS…

MOON TOOTH “CHROMAPARAGON” : 9.5/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MOON TOOTH : CHROMAPARAGON】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRYAN FUNCK OF THOU !!

th2

HEATHEN, 4TH FULL ALBUM OF THOU, WAS SELECTED AS NO.1 METAL ALBUM OF PITCHFOLK!! PAINFUL AND RAW, BUT MELODIC AND TRANSPORTIVE. THAT’S EXACTLY RIGHT !!

thou

 ルイジアナの憎しみと混沌の支配者 THOU。彼らの創造してきた DOOM/SLUDGE サウンドに救いは全くありませんでした。ただ聴く者を地の底へ引きずり込むような闇のサウンドこそ THOU の真骨頂。ところが昨年発表した彼らの最新作 “HEATHEN” では少しばかり様子が違っていました。これまでの作品群に比べて明らかに叙情性、芸術性、構成美、アトモスフィアといった要素に重点が置かれ、ほんのりと救いのあるサウンドに変化していたのです。PITCHFOLK はそのあたりに目敏く反応し、昨年のベストメタルアルバムに “HEATHEN” を選出していました。現在要注目のバンドである事に間違いはありませんね。今回弊サイトではボーカルの BRYAN にバンドや作品について濃密に語って頂く事が出来ました。

tha0610068978_10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】