タグ別アーカイブ: post-hardcore

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KENT & KATSUTA OF heaven in her arms !!

170123_hiha_promo_pic_web

PHOTO: Taio Konisi

One Of The Most Dynamic Post-Hardcore Act From Japan, heaven in her arms Has Just Released Gorgeous and Awe-inspiring New Record “White Halo” !!

DISC REVIEW “白暈”

トリプルギターが映し出す濃密なシネマと、アーティスティックで詩的なリリックが交錯する東京のポストハードコアアクト heaven in her arms が実に7年ぶりとなる待望のフルレングス “白暈” を Daymare Recordings からリリースしました!!アートワークにも顕在する “White Halo”、白く差しそめし光芒の暈は、バンドの黒斑を侵食し遂にはその枷をも解き放ちました。
変化の予兆、耽美でアンビエントなイントロダクション “光芒の明時” が燭明のごとくリスナーを “白暈” の世界に導くと、作品は “月虹と深潭” でその幕を開けます。
激烈なトレモロの嵐はまさに深潭、エセリアルなクリーンパートはまさに月虹。前作 “幻月” で提示された、ひたすら深淵をのぞき込むがごときスラッジの閉塞はポストブラックの冷酷へと姿を移し、繊細で艶美なアルペジオは闇夜に映る月輪のように、”浄化” という名の詩情豊かなサウンドスケープをもたらします。
Kent の絶唱と朗読のコントラストは楽曲に豊潤な文体を与え、終盤に観せるリードギターとドラムスの知的で瑞々しいアプローチは風雅をすら運んでいますね。
「今回は”黒い”イメージを脱却したかった」 と Kent が語るように、闇と絶望を宿した黒を基調とするバンドの色彩に仄かな燐光をもたらしたのは、7年間の集大成とも言える “終焉の眩しさ” だったのかも知れません。
COHOL とのスプリットに収録された “繭” と “終焉の眩しさ” を融合し再録したこの名編は、狂気と正気を行き来する壮大な表現芸術です。Katsuta が「heaven in her arms ってどんなバンド?と聞かれた時に “終焉の眩しさ”はその答えとして分かりやすい」 と語るようにまさにバンドを象徴する名曲は、静と動、光と闇、絶望と救済が混淆するダイナミックな激情のドラマとして中軸に据えられ作品の趨勢を決定づけているのです。
奇数拍子と偶数拍子がせめぎ合う “終焉の眩しさ” の根幹はキャッチーとさえ言えるほどフックに満ち溢れたドラムスのアイデアに支えられ、同時にバンドのシグニチャーサウンドであるトリプルギターは轟音、アルペジオ、そして妖艶で耽美なメロディーを宿した極上のリードプレイを奏でます。
「ハーモニーに関して他のバンドとは一線を画したい」 と語るように、heaven in her arms のアンサンブル、コンポジションは決定的でプログレッシブと言えるほどに精密だと言えるでしょう。
実際、heaven in her arms はハーモニーのみならず、その巧みなリズムアプローチにおいても他のポストハードコアバンドと一線を画しています。パイプオルガンの荘厳な響きを “枷” として綯う “円環” は、”5″と”6″のリフレインが異国のメロディーを紡ぐ異形のロンド。ワルツに移行し踊るクラシカルな旋律は静謐も激情も平等に愛し、7年の月日で養ったバランス感覚を洗練という軌跡へと昇華させているように思えます。
“終焉” の先に見据えたものは何でしょう?ブラックゲイズの領域へと侵入したアルバムクローサー、11分のマボロシ “幻霧” では、儚き祈り、悲痛な叫びが霞む海霧の中、確実に希望という一筋の光がリスナーの元へと届くはずです。ワルツで始まりワルツに終わる45分。しかしどこか冷ややかな”光芒の明時” と “幻霧” の仄かな光明を比較した時、そこに更なる深淵が現れるのかも知れませんね。
今回弊誌では、Kent さん(Vo, Gt)と Katsuta さん(Gt)にインタビューを行うことが出来ました。先日出演を果たした日本が誇るハードコア/ポストロックの祭典 “After Hours” についても語ってくれました。どうぞ!!

17522864_10154335272480848_2161301912458109214_n-2

heaven in her arms “白暈” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CÁNDIDO GÁLVEZ OF VIVA BELGRADO !!

unnamed-26

One Of Spain’s Most Well Thought Screamo/Post-Rock Act, Viva Belgrado Will Come To Japan With Splendid New Record “Ulises” !!

DISC REVIEW “ULISES”

スペイン、コルドバから世界を見据える激情ハードコア/ポストロックバンド Viva Belgrado 待望の初来日が Tokyo Jupiter Records の招聘により決定しました!! スウェーデンの巨人 Suis La Lune、スペインの熱風 Viva Belgrado、そして日本の新たな才能 Archaique Smile, Of decay and sublime が集結する二夜は、激情と美麗が交差する奇跡の瞬刻となるでしょう。
「鮮明で美しいアトモスフィアと、スクリームのコントラストを創造するのが好きなんだ。」インタビューで語ってくれたように、Viva Belgrado は情熱的な激情サウンドと、ポストロックの壮観なる美装を兼ね備えた南欧の逸材です。すでに欧州ハードコア/ポストロックのメジャーフェス Primavera Sound, Fulff Fest, ArcTanGent に出演を果たし、2年間で5度のユーロツアーを行うなどその勢いはまさにとどまるところを知りません。
バンドがリリースした最新作 “Ulises” は、都市や空港、オフィスといった現代社会の日常を舞台とした21世紀の叙事詩です。インタビューを読めば Cándido が各所で “True” “Honest” “正直” “誠実” というメッセージを発していることに気づくでしょう。
「僕たち自身の叙事詩を伝えたかった。」と語る Viva Belgrado の目的地は決して薄っぺらなプレハブの仮設物語ではなく、正直で誠実なアティテュードを携えたリアルなストーリーだったのです。
成功を収めたファーストフルレングス “Flores, Carne” のフォローアップとなる “Ulises” は、前作のアートワークに描かれた優艶な花々が “Ulises” のアートワークにおいて奔放に成長を果たしたように、自身の鮮麗なスタイルを磨き上げ、伸び伸びとしかし着実にスケールアップを果たした意欲作に仕上がりました。
アルバムオープナー “Calathea” は Viva Belgrado のその芳醇な音楽を象徴する楽曲です。パンクの推進力、ハードコアの衝動、ポストロックの情景、スクリーモの直情は、カラテアの新緑のごとく純粋に溶け合いバンドのリアルを伝えています。楽曲の隅々まで見透せるほどにクリアなプロダクションも白眉ですね。
Cándido の声はまさにこの叙事詩の主人公だと言えるでしょう。スクリームし、ラップし、アジテートし、朗読するそのボーカルはまさしく規格外で、さらにその全てがスペイン語を介することにより唯一無二の魅力を発していますね。
時に幸福を、時に悲哀を、時に情熱を、そして常に真実を運ぶ彼のリズミカルなラテンの響きは、リスナーに想像を超えるインパクトを与えることとなるのです。
実際、”Por la mañana, temprano” や “Apaga la llum” は Cándido の存在が成立させた新たな風です。ローズピアノを使用しポストロックの論理で構築されたソフトで繊細な楽曲は、しかし同時にダンサブル。よりコンパクトでストレートな作品を目指したという “Ulises” において、パンクのエナジーで疾走する “Erida” のような楽曲と見事なコントラストを描き出していますね。
Cándido の囁くようなラップは、スペイン語のセクシーな語感を伴いながらエキゾチックで現代的なムードをもたらし、”Apaga la llum” では “En Tokio no paraba de nevar” / “東京では雪が止まなかったんだ” としっかり愛する日本についても触れています。
アルバムは DEAFHEAVEN の息吹を吸収した光のシューゲイズ “Ravenala” で壮大に幕を閉じました。
今回弊誌では、バンドのボーカリストでギターもプレイするCándido Gálvez にインタビューを行うことが出来ました。envy や La Dispute のファンもぜひチェックしてみて下さいね。どうぞ!!

a3808346354_10-2

VIVA BELGRADO “ULISES” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ETERNITY FOREVER : FANTASY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BEN ROSETT OF ETERNITY FOREVER !!

15356590_220423855070735_1151837294685536294_n

Dance Gavin Dance, Chon And Strawberry Girls Get Together !! The Super Group, Eternity Forever Mixed Prog Rock And R&B With Their Amazing Debut EP “Fantasy” !!

DISC REVIEW “FANTASY”

ex-DANCE GAVIN DANCE, A LOT LIKE BIRDS の Kurt Travis、ex-CHON の Brandon Ewing、そして STRAWBERRY GIRLS で活躍する Ben Rosett という類い稀なる駿才が集結した新たなファンタジー、ETERNITY FOREVER が鮮烈なデビューEP “Fantasy” をリリースしました!!メンバーが誇る芳醇なキャリアを引き継ぎながらも、新たな冒険へと誘う作品は、近年稀に見る衝撃を伴って永遠に愛される不朽のエバーグリーンとなるはずです。
インタビューにもあるように、ETERNITY FOREVER の物語は昨年行われた CHON と STRAWBERRY GIRLS、そして POLYPHIA が一堂に会した “Super Chon Bros” ツアーから始まりました。
全世界で30万枚のセールスを上げる US インディーの雄 LOCAL NATIVES のベースプレイヤー Nick Ewing を兄に持つ Brandon は当時、CHON の一員としてツアーに帯同していました。Sumerian と契約し今や飛ぶ鳥を落とす勢いで邁進する、カリフォルニアの日差しを全身に浴びたマスマティカルでポジティブなプログレッシブ集団は、Camarena 3兄弟の次男が脱退したためベーシストを必要としていたのです。
一方、Ben Rosett が所属する STRAWBERRY GIRLS は、日本ではまだあまり馴染みのないバンドかも知れませんね。彼らもインストゥルメンタルを主戦場とする実験的なトリオ。ex-DANCE GAVIN DANCE のギタリスト Zachary Garren 率いる異能の集団は、可能性を発掘することにかけては定評のある Tragic Hero Records からダーク&セクシーな名作群をリリースしています。
ポストハードコア、マスロック、プログレッシブが魅力的に交差したツアーで Brandon と Ben は意気投合。Blue Swan, Equal Vision をセンターとしたシーンの中でもずば抜けた歌唱力を有する Kurt Travis との邂逅により、バンドはまさにスーパータレントブラザーズとしての生を受けたのです。
デビューEP “Fantasy” は4曲という僅かなボリュームにもかかわらず、圧倒的な躍動感と無限の可能性を感じさせる作品に仕上がりました。
アルバムオープナーでタイトルトラック、”Fantasy” の幕が上がるとリスナーは、Brandon が奏でる透明で繊細なギターの音色に酔いしれるでしょう。
ビビッドでリリシズムを湛えたその思索的な響きは、アイデアの潮流に乗り、宵闇の風に帆をはらませ無上のサウンドスケープを運びます。確かにここには CHON や DANCE GAVIN DANCE が持つ複雑にして軽快、難解にして耳馴染みの良い、モダンでイマジネーティブなセンスが開花しています。Brandon がベースのみならず、ギターのマイスターでもあることがここに証明されたと言えますね。
Kurt Travis の鮮烈で “黒い” ファルセットが切り込むと、楽曲は新たな顔を啓示しバンドの個性を主張し始めます。Prince を想わせるシルクのように滑らかで心地よいそのファルセットは、彼らの “Fantasy” に濃厚なブラックミュージックの風を誘います。Kurt が過去にどのバンドでも見せることのなかったその切り札は、プログレッシブでマスマティカルなロックとエモーショナルでトライバルな R&B やソウルが遂に溶け合うための重要な魔法の触媒となっているのです。
“Movies” の郷愁と慕情が入り混じった美しきポストロックのキャンパスが、Kurt のソウルフルな黒い歌唱で染めあげられ、未だ見ぬ奇跡の景色を宿す様はまさに ETERNITY FOREVER の真骨頂だと言えるでしょう。
4曲15分のEPを通して流れるのは、作品のプロデュース、ミキシング、マスタリング全てを手がけた Ben Rosett のイデオロギーかも知れませんね。STRAWBERRY GIRLS ではあの Kendrick Lamar のカバーも披露しているように、オープンで瑞々しい感性を持つ彼のアンテナは “Jazz The New Chapter” のマインドと通じます。
Hip Hop やネオソウルに接近し、ジャズの領域をブラックミュージックへと浸透、拡大。インプロビゼーションよりも、明確でソフィスティケートされたプロデュースを主張する Robert Glasper や HIATUS KAIYOTE の方法論を、Ben はプログレッシブロックの分野でチャレンジしたように感じられます。そして彼らの “New Chaper”は、コンパクトでキャッチー、エキサイティングで新鮮な、プログレッシブワールドの稀有なる地殻変動として”永遠永久に”歴史に刻まれることでしょう。
今回弊誌では Ben Rosett にインタビューを行うことが出来ました。今年一番のサプライズ。どうぞ!!

17799446_280607719052348_7126269121912767328_n

ETERNITY FOREVER “FANTASY” : 10/10

INTERVIEW WITH BEN ROSETT

12898295_1002241873156513_7248815556628432844_o

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? You know, Eternity Forever is definitely super band. ex-Dance Gavin Dance, ex-Chon, and Strawberry Girls got together. How did Eternity Forever come to be?

【BEN】: Strawberry Girls toured with CHON in 2016. That’s where I met Brandon, who was playing bass for CHON at the time. I didn’t even know he played guitar. We became friends and started talking about collaborating together. Eventually, Brandon drove to my studio to record his solo guitar music, which he wanted me to play drums on. After we recorded the drums and guitar, we sent some rough mixes to Kurt Travis. He loved what he heard and the trio was born.

Q1: ETERNITY FOREVER は DANCE GAVIN DANCE, CHON の元メンバー、そして STRAWBERRY GIRLS のメンバーが集結したスーパーバンドです。まずはバンド結成に至る経緯を話していただけますか?

【BEN】: 2016年に STRAWBERRY GIRLS は CHON とツアーを行ったんだ。そこで僕は Brandon と会ったんだよ。当時彼は CHON でベースをプレイしていたからね。その時は彼がギターも弾けるなんて知らなかったんだよ。
僕たちは友達になり、それからコラボレーションについて話し始めたんだ。Brandon は彼のギター作品をレコーディングするために、僕のスタジオまでドライブして来たね。ドラムスは僕に頼みたかったんだ。
ドラムスとギターをレコーディングした後、ラフミックスのいくつかを Kurt Travis に送ってみたんだよ。彼はとても気に入ってくれて、このトリオが誕生したんだ。

Q2: Actually, Eternity and Forever seems to be almost same meaning. What made you choose “Eternity Forever” for your band name?

【BEN】: Brandon’s brother plays bass in Local Natives. We wanted a “redundant” name similar to that. I went through my list of band names on my phone and found Eternity Forever. We all liked it and so that became the band name.

Q2: バンド名は “永遠” という意味の似た単語を組み合わせた ETERNITY FOREVER になりましたね?

【BEN】: 実は、Brandon の兄弟は LOCAL NATIVES のベースプレイヤーなんだよ。僕たちも、似たような”冗長な”名前が欲しかったんだ (Local と Native が似た意味であるため)。
僕は携帯を使って、バンド名のリストを検討していったんだよ。ETERNITY FOREVER はそうやって見つけた名前なんだ。全員が気に入ったから、バンド名に決めたんだよ。

Q3: You know, Brandon plays guitar and bass. And sometimes, Ben plays bass. Off course, I think you could add other members, but why did you choose “Trio”?

【BEN】: the less members the better. It’s hard to have lots of people in a band because you have more scheduling conflicts and you get less money per person.

Q3: バンドは Brandon がギターとベースをプレイし、時にはあなたがベースをプレイしている楽曲もあります。メンバーを増やす選択もあったと思いますが、なぜトリオに拘ったのでしょう?

【BEN】: メンバーが少ない方がベターなんだよ。バンドにたくさんのメンバーがいると、スケジュールが衝突したり、一人一人の収入が減ってしまうからね。

Q4: Anyway, your amazing debut EP “Fantasy” is just out now! When you named it “Fantasy”, what was in your mind?

【BEN】: we just wanted a word that had a similar vibe to eternity Forever and “fantasy” has that magical, mystical, beautiful vibe to it.

Q4: 素晴らしいデビューEP “Fantasy” がリリースされましたね!タイトルを “Fantasy” としたのはなぜですか?

【BEN】: ETERNITY FOREVER というバンド名が持つヴァイブと似たような言葉にしたかったんだ。”Fantasy” はまさにそのマジカルで、ミステリアスで美しい感覚を持っていたからね。

11046425_951372471553973_8131152781439310371_o

Q5: When I first listened to “Fantasy”, I reminded D’angelo, or Prince. But, R&B, Soul is not everything of “Fantasy”. Also, here is exciting, technical instrumental parts. And your way of mixing these two elements is very unique. I feel it made “Fantasy” great. Do you agree that? What was the inspiration of this album?

【BEN】: I absolutely love D’angelo and Prince. And of course I love technical progressive rock as long as it makes sense melodically and harmonically. The inspiration for this album was to make an EP that everyone could love. It just requires very good and fitting tones and quality production. I spent about two weeks on each song, editing and mixing until they were perfect.

Q5: 最初に “Fantasy” を聴いた時感じたのは、D’angelo や Prince に似た感覚でした。ただ R&B やソウルだけが “Fantasy” の全てではありませんね?作品では、エキサイティングでテクニカルなインストパートも重要な役割を果たしています。

【BEN】: まさに僕は D’angelo と Prince を敬愛しているんだよ。同時に、勿論テクニカルなプログロックも愛しているんだ。メロディーとハーモニーを壊さない限りね。
この EP を作ろうと思ったのは、つまりどちらのファンも気に入る、みんなが愛せる作品を生み出したかったからなんだ。そのためには、極上のトーンとプロダクションのクオリティーが要求されたね。僕はどの楽曲にも2週間ほど費やし、完璧になるまでミキシングと編集を繰り返したんだ。

Q6: Do you think “Fantasy” is different from member’s discography? or continuation of Dance Gavin Dance, Chon and Strawberry Girls to a certain extent?

【BEN】: Eternity Forever is its own thing. Of course there are similarities to each of our respective bands, but we tried to make it unique and different. It’s honestly right up my alley. I love the music we created. It’s probably my favorite thing I’ve ever done.

Q6: “Fantasy” はメンバーの過去の冒険の続きですか?それとも全く新しい船出ですか?

【BEN】: ETERNITY FOREVER は独自のものだよ。勿論、僕たちの過去のバンドとの類似点はあるけど、ユニークで異なるものにしようとしたんだ。
正直に言って、このバンドの音楽は僕の好みにピッタリなのさ。作品を本当に気に入っているよ。おそらく、僕が今まで作ったものの中でもフェイバリットだよ。

Q7: I feel your music can be compared with Hiatus Kaiyote, Robert Glasper, and Flying Lotus. I mean, there is kind of eclectic, new jazzy feelings. Do you have an empathy with “Jazz the New Chapter” artists?

【BEN】: I love Haitus Kaiyote a lot and they were definitely an inspiration during the recording process. I’m not super into jazz, unless it’s catchy, produced well, and NOT jammy. I like stuff that is written out and thought about. Freestyle stuff can be good, but I’d rather listen to something that someone actually took the time to figure out and be intentional about.

Q7: 作品のエクレクティックな感覚は HIATUS KAIYOTE や Robert Glasper のような “Jazz The New Chapter” にも通じるように思いますが?

【BEN】: HIATUS KAIYOTE は本当に大好きだよ。彼らはレコーディングプロセスの間、間違いなくインスピレーションとなっていたね。
とは言え、僕はあまりジャズにのめり込んではいないんだ。キャッチーだったり、良くプロデュースされていたり、ジャムっぽくないものは別だよ。つまり僕はしっかりと構成されて考えられている音楽が好きなんだ。
フリースタイルのジャムも悪くはないけど、それよりも作者がしっかりと時間をかけて練り上げた作品を聴く方が良いね。

Q8: So, what’s next? Do you have a plan for making full-length album, and live performance?

【BEN】: we are planning on recording another EP in July. Hopefully it will have 5 songs at least. We are all really excited to get back in the studio and create some more magic.

Q8: 次の計画はフルアルバムでしょうか?

【BEN】: 僕たちは、7月からもう1枚 EP をレコーディングする予定なんだ。次は少なくとも5曲は収録したいね。バンド全員が、スタジオに戻って新たなマジックを創造することにエキサイトしているよ。

a3876697617_16

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN’S LIFE !!

THE FALL OF TROY “THE FALL OF TROY”

Fall_of_troy-st

FACING NEW YORK “FACING NEW YORK”

Facing_New_York_(album)

D’ANGELO “VOODOO”

homepage_large.8f50f1bb

KENDRICK LAMAR “TO PIMP A BUTTERFLY”

Kendrick_Lamar_-_To_Pimp_a_Butterfly

HIATUS KAIYOTE “CHOOSE YOUR WEAPON”

81KYvR+CgJL._SY355_

MESSAGE FOR JAPAN

15123254_221048255008295_7396101545858311172_o

hopefully one day we’ll get the opportunity to tour Japan! It’s just really expensive. But it would be awesome if it happened one day.

いつか日本をツアーするチャンスが来れば良いね!日本ツアーは本当にお金がかかるんだよ。だけど実現したら本当に素晴らしいだろうな。

BEN ROSETT

ETERNITY FOREVER Facebook Page
ETERNITY FOREVER Bandcamp
SPIRIT VISION RECORDS Facebook Page
STRAWBERRY GIRLS Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE DEAR HUNTER : ACT Ⅳ: REBIRTH IN REPRISE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CASEY CRESCENZO OF THE DEAR HUNTER !!

the-dear-hunter-1

Progressive/Post Hardcore act from US, THE DEAR HUNTER has just released amazing Rock Opera “Act Ⅳ: Rebirth in Reprise”! Yes, they returned to “Act” series !!

US産 プログロック/ポストハードコアバンド THE DEAR HUNTER が新作 “Act Ⅳ:Rebirth in Reprise” をリリースしました!!
THE DEAR HUNTER は元々、THE RECEIVING END OF SILENCE に所属していた Casey Crescenzo のソロプロジェクトとして始まりました。彼は THE DEAR HUNTER という自身をモチーフにした主人公が、生まれてから死ぬまでの人生譚を”Act” シリーズとして壮大な6章のレコードとして綴っているのです。COHEED & CAMBRIA は5枚のアルバムでSFを完成させましたが、彼は6枚の予定で今作はその4枚目。
実は “Act” シリーズのリリースは3枚目でしばらく頓挫していました。Ⅲ がリリースされたのは2009年。6年の間に彼は、9色の色に対応する9枚のコンセプトEPシリーズ “Colour Spectrum” や、ソロ名義でシンフォニーアルバム “Armor and Attrition” をリリースしていました。今回、帰って来た “Act” シリーズの新作 “Rebirth in Reprise” はそういった経験が見事に生きた74分のドラマに仕上がっていますね。
非常にシアトリカルで、エモーションとフィロソフィーに満ちたレコードです。完成されたパズルのように、全てが収まるべき場所に収まったロックオペラ。特筆すべきはやはり、Casey のボーカルです。ジャジーにスウィングしたり、美しく歌い上げたり、激しくロックしたり、ダンサブルなグルーヴを表現したり。素晴らしくキャッチーなメロディーたちが彼の声によって命を吹き込まれます。日本のプログロックファンならば、美麗でビッグなコーラスワークと時に70/80’s的なメロディーラインから A.C.T や MOON SAFARI に例える人も多いでしょう。ただ、THE DEAR HUNTER は彼らと異なり、楽曲にオルタナティブやポスト・ハードコアの要素を巧みに取り入れていて、リスナーに新鮮味をも感じさせることに成功しています。MUSE や COLDPLAY のようなメジャー感すら感じさせますね。
今回から、他のメンバーたちも作曲にも関わっているため、ピアノ、オーケストラサウンド、そしてそれに協調する楽器たちのアレンジメントも実に見事で、非常にバンドらしいサウンドに進化している点も記して置くべきでしょう。74分というランニングタイムながら、カラフルで常に耳を惹くアルバムは彼がフェイバリットアルバムで挙げている The BEATLES の “Abbey Road” にも例えることが出来そうな傑作と表現せざるを得ないですね。今回弊誌では、バンドの中心人物 Casey Crescenzo にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

10418497_10153383774629166_5242692122698119632_n

MMM RATING⭐️

THE DEAR HUNTER “ACT Ⅳ: REBIRTH IN REPRISE” : 9,8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE DEAR HUNTER : ACT Ⅳ: REBIRTH IN REPRISE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE AFTERIMAGE : LUMIERE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KYLE ANDERSON AND THE AFTERIMAGE !!

12019903_890430174343901_684761613607076264_n

CANADIAN NEW COMMER, THE AFTERIMAGE HAS JUST RELEASED FULL OF MELODIC PASSAGE & DYNAMICS NEW EP “LUMIERE” !!

カナダのモダンメタルニューカマー、THE AFTERIMAGE が素晴らしい新作EP “LUMIERE” をリリースしました。”SEEKING” “UNSEEN” “ONYX” の3曲は以前シングルとしてリリースされていたものをリレコーティングし収録という少し変則的なEPですが内容は非常に充実しています。
新作で THE AFTERIMAGE が提示した方向性はテクニカルでヘヴィー、DJENTY な感覚と DANCE GAVIN DANCE, THE FALL OF TROY を想起させる ポストハードコア的な感覚を見事にミックスしたまさに “UNSEEN” なものでした。POLYPHIA, ERRA, INVENT. ANIMATE とツアーを行ったばかりですが、四者四様ながらも全バンドがメタルの先端に立っており確実にそれぞれがシーンの未来を切り開いて行くでしょう。
特に新曲 “DISTANCE” を聴いていただければ彼らの進化が伝わると思います。ハイレンジでキャッチーな”エモい”ボーカル、ピロピロと派手でメロディックなリードは DANCE GAVIN DANCE 直系ですが、楽曲の中盤でブレイクダウンからボーカルが切り込む場面やアトモスフェリックなパートを加えて DJENTY な感覚を見事に融合していますね。”SEEKING” で見せるテクニカルでカオティックな攻撃性と美しいメロディーの対比からは PROTEST THE HERO の影響も垣間見ることが出来ます。”UNSEEN” のイントロで使用しているクリーンギターは CHON のような雰囲気もありますね。アルバム最後を飾る “REACH” のギターを重ねたマスいアプローチも興味深く感じました。
捨て曲なし、フルアルバムが待ちきれませんね。今回のインタビューではボーカルの KYLE ANDERSON が バンドの意見を纏めて答えてくれました。どうぞ!!

11905405_874947842558801_2544402382154675150_n

MMM RATING⭐️

THE AFTERIMAGE “LUMIERE” : 8,6/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE AFTERIMAGE : LUMIERE】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【GOOD TIGER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DERYA NAGLE OF GOOD TIGER!!

0005590138_10

NEW SUPER GROUP HAS JUST RISED!!THE SAFETY FIRE + TESSERACT + FACELESS ARE REALLY STRONG GOOD TIGER !!

メジャーレーベル INSIDE OUT からデビュー作をリリースし、将来を嘱望されたモダンプログバンド THE SAFTEY FIRE。突然の解散を表明したのは今年の7月のことでした。惜しむ間もなくバンドのギターチーム DERYA と JOAQUIN は GOOD TIGER という新バンドを結成しました。発表されたメンバーは2人に加えて ex-TesseracT の ELIOT COLEMAN, ex-FACELESS の ALEX RUDINGER という強力な布陣で、新たなスーパーバンドの誕生と言えると思います。11月にリリースされるデビュー作からファーストシングル “SNAKE OIL” が公開されましたが、メンバー各自が以前所属していたバンドたちの音像とは少し異なっていて非常に面白いと感じました。CONVERGE のようなカオティックなエナジー、THE MARS VOLTA のような知的な躍動感、そして MASTODON のようなへヴィーでプログレッシブなリフを兼ね備えた新しいサウンドには期待感しかないですね。今回弊誌ではバンドの中心人物である DERYA NAGLE に GOOD TIGER としては世界初インタビューを行うことに成功しました。

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【GOOD TIGER】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EIDOLA : DEGENERATERRA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREW WELLS OF EIDOLA!!

ei11141230_612244075478717_3075586309301913206_n

NEW POST-HARDCORE HERO FROM BLUE SWAN RECORDS!! EIDOLA HAS JUST RELEASED THEIR 2ND ALBUM “DEGENERATERRA” !! REALLY MASTERPIECE, DON’T MISS THAT!!

前作、The Great Glass Elephantから2年半、ついに2ndとなるDegeneraterraをリリースしたEidola。The Great Glass ElephantではPost-hardcoreをメインに据えながらもテクニカルなギター、情感豊かなボーカル、ニクい曲展開を備えた幅広いサウンドを見せてくれました。Dance Gavin DanceのギタリストWill Swanが運営するBlue Swan Recordsとの契約も記憶に新しい彼らですが、BSRの支援の下リリースされた今作は前作と方向性を同じくしつつもよりアグレッシブに、よりプログレッシブなものへと進化を遂げています。まさに正統進化であるとともに他のポストハードコアバンドとの圧倒的違いを感じさせる今作は、Post-hardcoreファンのみならず、Math Rockファン、Progressive Rockファンにも必聴の一枚に仕上がったと言えるでしょう。今回はバンドのフロントマン、Andrew Wellsへのインタビューを掲載します!

<文&翻訳>トーマスくん

ei10406649_614335471936244_3633330941135974890_n (1)

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EIDOLA : DEGENERATERRA】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DANCE GAVIN DANCE : INSTANT GRATIFICATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH WILL SWAN OF DANCE GAVIN DANCE !!

dg10891971_867665116622955_7624337420763238633_n

POST-HARDCORE/EXPERIMENTAL FROM SACRAMENT, DANCE GAVIN DANCE HAS JUST RELEASED AWESOME NEWEST ALBUM “INSTANT GRATIFICATION” !!

US POST-HARDCORE の雄、DANCE GAVIN DANCE が通産 6枚目のアルバム “INSTANT GRATIFICATION” をリリースしました。
クリーンボーカルが ex-TIDES OF MAN の TILIAN PEARSON に交代した前作 “ACCEPTANCE SPEECH” も佳作でしたが、この新作は熟成期間を経てさらに TILIAN の良さを引き出した正真正銘の傑作に仕上がりましたね。彼独特の EMO/POP なセンスが全開。トリプルボーカルという異例な陣容も相まって、凡百の POST-HARDCORE バンドと決定的な差を生み出しています。
メンバーの変更が多いバンドですが、今回はラインナップを維持できた事が大きいと思います。MATT MINGUS/WILL SWAN のメインソングライターチームもさらに円熟。楽曲のバラエティーの豊かさには舌を巻くばかりです。そこに STRAWBERRY GIRLS の JOSH BENTON, ZACHARY GARREN, SECRET BAND の MARTIN BIANCHINI, HAIL THE SUN の ARIC GARCIA といった錚々たるゲスト陣を迎えることで、アルバムは一際多彩かつ雄弁になっています。
加えて初期の作品でプロデュースを行っていた KRIS CRUMMETT を再び抜擢。前作よりボーカルが明瞭になり際立つと共に、ピロピロ感とハードにドライブするギターリフの配分が過去最高に絶妙です。
実際 WILL のギターワークは今回神掛かっていると思います。自身で BLUE SWAN RECORDS (余談ですがこのレーベルのバンドは全て要チェック!) というレーベルも立ち上げ、SIANVAR, SECRET BAND にも所属。POLYPHIA, HAIL THE SUN とのツアー中、新作リリースも相まって現在確実に激多忙中のところを、ありがたい事に短いですが本誌のインタビューにお時間を割いて下さいました。WILL SWAN です。どうぞ!!

dgdDANCE__07512_zoom

FULL ALBUM STREAM “INSTANT GRATIFICATION” HERE !!

【INTERVIEW WITH WILL SWAN】

dgd11156215_10202680058241599_7574432041548280299_n

Q1: Dance Gavin Dance has just released the newest album “INSTANT GRATIFICATION” on 4/14!! How are you feeling now?

【WILL】: Fucking great! I’m super excited for people to hear this album.

Q1: 遂にDANCE GAVIN DANCE の新作 “INSTANT GRATIFICATION” が発売されましたね!どういったお気持ちですか?

【WILL】: FUCKING GREAT! みんなにこのアルバムを聴いて貰えてスーパーエキサイトしているよ。

Q2: I listened to “INSTANT GRATIFICATION”. And that’s really awesome!! I believe that it will be your new masterpiece. Anyway, could you explain about the music of “INSTANT GRATIFICATION”? How did you progress from “ACCEPTANCE SPEECH”?

【WILL】: We had time for both vocalists to work together for a year and get to know each other’s strengths. I as a songwriter also had the opportunity to work with Tilian on Acceptance Speech and going into Instant Gratification, knew what type of songs to write that would allow him to shine.

Q2: “INSTANT GRATIFICATION”, 聴かせていただきましたが本当に素晴らしいですね。DGDの新しいマスターピースになることは確実でしょう。前作 “ACCEPTANCE SPEECH” からどのように進化したとお考えですか?

【WILL】: 2人のボーカルと1年間仕事をして、お互いの強みを理解する時間が持てたんだ。ソングライターの僕としては、”ACCEPTANCE SPEECH” で TILIAN と仕事を出来てどんなタイプの曲を書けば彼を輝かせられるのか判ったんだ。それが “INSTANT GRATIFICATION” に生かされているよ。

dgd18911_867652489957551_518928132068631461_n

Q3: I really love all songs. So, Emotional, so POP, and so techinical! Especially, which songs are you most proud of? Or do you recommend us?

【WILL】: I really love shark dad. It’s the heaviest song dgd has done so far. And Legend is extremely catchy. Its on the opposite spectrum.

Q3: 本当にこのアルバムは全曲気に入っているのですが、あなたが特に誇りに思ってオススメしたい曲はどれでしょう?

【WILL】: 僕は本当に “SHARK DAD” が気に入っているんだ。DGD が今までやった中でも一番ヘヴィーな曲だよ。”LEGEND” は究極にキャッチー。真逆のスペクトルだね。

Q4: What does the title “INSTANT GRATIFICATION” and artwork mean? Is that kind of metaphor of modern society that we live in? 

【WILL】: It’s a nod the the singularity and the possible human vs. robot war. We don’t agree with a lot of the things that are happening in society and the ways that people think. A lot of this record has Jon and Tilian speaking from these perspectives that we dislike in a sarcastic manner.

Q4: アルバムタイトルの “INSTANT GRATIFICATION” そしてアートワークの意味を教えて下さい。私達の暮らす現代社会を暗喩しているのでしょうか?

【WILL】: 同意するよ。奇妙だけど起こりうる”人対ロボット”の戦争についての警鐘だよ。現代社会で起こっている多くの事や人々の考え方に僕たちは納得がいっていないんだ。このレコードの大部分は JON と TILIAN が僕たちの嫌っているそういった考えを皮肉を使って伝えているんだ。

dgd10430830_813230935386243_6236986115442361916_n

Q5: There is no member change this time. Is that right? I think Tilian Pearson really fits in the band. He has great voice and Pop/Emo sence. So, what’s the difference between Kurt Travis and Tilian?

【WILL】: They’re very different in a lot of ways. I think Tilian is the greatest hook writer i’ve ever worked with. I also really like the broad range of subjects he enjoys writing about.

Q5: 今回はメンバーチェンジがありませんでしたね?TILIAN はとてもバンドにフィットしているように思います。実に素晴らしい POP/EMO センスを持っていますよね。彼と前任の KURT TRAVIS の違いを教えて下さい。

【WILL】: 彼らは多くの点で全く異なっているね。TILIAN は僕が仕事をしてきた中でも最もフックのあるライターだね。彼の扱う題材の幅の広さもとても気に入っているよ。

Q6: Anyway, you are also owner of Blue Swan Records. Roster is so cool and attractive!! Stolas, Sianvar, Secret Band, Hail the Sun, Ediola…They are generally called as Post-Hardcore. So,what is the purpose of managing Blue Swan? What kind of bands do you want to contract with?

【WILL】: I want to help good young bands get to the next level and expand the popularity of the genre. Heavy music is getting bogged down with breakdowns and generic hair cuts. Its time for progress.

Q6: あなたは BLUE SWAN RECORDS のオーナーでもあります。非常に魅力的なロースターですね。STOLAS, SIANVAR, SECRET BAND, HAIL THE SUN, EDIOLA・・・一般的に POST-HARDCORE と呼ばれるバンドを集めていますが、このレーベルを運営している目的を教えて下さい。

【WILL】: 僕は若くて才能のあるバンドたちが次のレベルに進む手助けがしたいんだ。そしてこのジャンルの人気を拡大したい。ブレイクダウンと同じような髪型のヘヴィーミュージックはどんどん行き詰ってきているよ。進化する時が来たんだ。

THANK YOU SO MUCH, WILL !!

DANCE GAVIN DANCE FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRYAN FUNCK OF THOU !!

th2

HEATHEN, 4TH FULL ALBUM OF THOU, WAS SELECTED AS NO.1 METAL ALBUM OF PITCHFOLK!! PAINFUL AND RAW, BUT MELODIC AND TRANSPORTIVE. THAT’S EXACTLY RIGHT !!

thou

 ルイジアナの憎しみと混沌の支配者 THOU。彼らの創造してきた DOOM/SLUDGE サウンドに救いは全くありませんでした。ただ聴く者を地の底へ引きずり込むような闇のサウンドこそ THOU の真骨頂。ところが昨年発表した彼らの最新作 “HEATHEN” では少しばかり様子が違っていました。これまでの作品群に比べて明らかに叙情性、芸術性、構成美、アトモスフィアといった要素に重点が置かれ、ほんのりと救いのあるサウンドに変化していたのです。PITCHFOLK はそのあたりに目敏く反応し、昨年のベストメタルアルバムに “HEATHEN” を選出していました。現在要注目のバンドである事に間違いはありませんね。今回弊サイトではボーカルの BRYAN にバンドや作品について濃密に語って頂く事が出来ました。

tha0610068978_10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THOU : HEATHEN】