タグ別アーカイブ: prog

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANEKDOTEN : UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICKLAS BAKER OF ANEKDOTEN !!

aneunnamed

SWEDISH PROG LEGEND ANKDOTEN HAS JUST RELEASED THEIR NEWEST RECORDS, AND MASTERPIECE,  “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” !!

現代プログロックシーン最重要バンドの1つ ANEKDOTEN が8年の沈黙を破り新作 “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” をリリースしました。
メジャーなバンドを除いて所謂プログロックが忘れ去られようとしていた 90年代、スウェーデンから彗星の如く現れたのが ANEKDOTEN でした。存在すら忘れ去られていたメロトロンを大胆に使用し、過去のプログロックを新しいエッセンスを取り入れながら独自の方法で再構成した彼らの音楽はシーンに衝撃を与えました。今でこそ新しく目を引くようなプログロックバンドが次々と現れていますが、彼らが現れなければシーンは変わっていたかもしれませんね。過去と未来を繋ぐミッシングリンク的存在と言えるでしょう。
新作 UATGAG ですが率直に素晴らしいです。STEVEN WILSON の傑作で始まり、OPETH の来日で沸く今年のプログロックシーンですが、このアルバムを聴かずして語ることは出来ないでしょう。PER WIBERG がゲスト参加している事も相まって OPETH の近作と比較され、脳天気に「似てる」とさえ言われています。しかしインタビューでも触れられている通りこれは ANEKDOTEN にとっては完全にチョットマテチョットマテオペスサン。内容はさらに進化しサウンドもグレードアップしていますがバンドの本質は変わっていません。へヴィーの解釈を転換し変わったのはオペスサンです。逆に言えば最近の OPETH が好きだ結婚したいという向きは ANEKDOTEN の過去作全て要チェックかも知れませんね。
今回弊誌ではバンドの要である NICKLAS に話を聞く事が出来ました。どうしても10枚挙げさせてくれ!と申し出ていただいたので今回は10枚のアルバム。メタルをプログロックにプログメタルとは全く異なった方法論で取り入れた NICK らしい選択!手前味噌ながら非常に内容は濃いと思います。どうぞ。

YOU CAN BUY AND LISTEN TO ENTIRE “UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE” ALBUM HERE !!

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANEKDOTEN : UNTIL ALL THE GHOSTS ARE GONE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RIKARD SJOBLOM OF BEARDFISH !!

bf7890_10151479667301344_390878346_n

SWEDISH PROG ROCKERS BEARDFISH SET TO RELEASE THEIR BRAND NEW ALBUM “+4626-COMFORTZONE”ON 1/12 !! RIKARD SJOBLOM TALKS ABOUT NEW ALBUM, HIS MUSICAL UPBRINGING, AND MORE !!

bf10806323_10152371895080667_4676909083101685853_n

ANEKDOTEN, ANGLAGARD といった名前を挙げるまでもなくスウェーデンが良質なプログロックの一大生産地であることはご存知の通り。昨今かの地から現れるバンドの多くはメロトロンやオルガンを駆使した古き良きヴィンテージロックに現代的な構成美や手法を取り入れ人気を博していますね。BEARDFISH もそんなバンドの一つ。ただ前作 “THE VOID” では特に荒々しいヘヴィーロックの部分を強調し彼らの個性を主張、確立し始めたような気がします。

【PRE-REVIEW “+4626-COMFORT ZONE”】

今回発売に先駆けて1/12発売の新作 “+4626-COMFORTZONE” を試聴させて頂く事が出来ました。非常に良いアルバムですね。完成度は間違いなく彼らの作品でも一番でしょう。こういったプログロック作品は作り手側の押し付けのような音楽になることが往々にしてあります。複雑で高尚ながら聴き手に伝わらない。現に彼らの初期作にはそういった面も見受けられました。しかし今作はフレーズやメロディーにフック、引っかかるフレーズが格段に増えましたね。 “COMFORT ZONE” “IF WE MUST BE APART” といった10分前後の長尺曲では彼らの敬愛する KING CRIMSON やその他諸々の有名フレーズをあざといまでに巧みにオマージュしながらも(インタビューでも認めているように)彼ら特有の瑞々しいメロディーと生々しく時に攻撃的なギターやオルガンのリックで発展させ息つく暇を与えません。後者などボーカル入りの “RED” が現代の FORCUS に展開し DOORS と共演!!みたいなトチ狂った感じが素晴らしいですよ。 他の5分前後の曲達はプログロックというよりは最早ただロックと表記したいですね。コンパクトでバラエティーに富んでいてどれをシングルに切っても問題なさそう。例えば FOO FIGHTERS とか SOAD とか QOTSA と同列に語ってもおかしくないというか。DOORS の持っていたムーディーさやサイケな雰囲気と ZEPとか THE WHO 的王道ギターロックを現代的にオルタナ感をまぶして融合させたような。とにかく非常に充実しています。プログファンにこういった楽曲群がどう評価されるのかは判りませんがもっと広いフィールドで勝負できる可能性を感じました。

RATING: +4626-COMFORT ZONE    9/10     

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BEARDFISH : +4626-COMFORTZONE】

WORLD PREMIERE: “SYMPHONIC POEM PART 1 (NAUSICAA) 【GARDENJIA】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “SYMPHONIC POEM PART 1” OF GARDENJIA

ITALIAN MODERN PROG/DJENT BAND GARDENJIA SET TO RELEASE THEIR NEW ALBUM “NAISICAA OF THE VALLEY OF THE WINDON 12/21. IT IS A CONCEPT ALBUM BASED ON “NAUSIKA” AND MOVIE SCORE OF JOE HISAISHI.

gd17772_629268973753966_1638794544_n

BANDIERA DO MODERN PROG !! イタリアが生んだモダンプログの旗手、GARDENJIA。今年発表した良作 “MATERIA OSCURA” に続く新作が12/21に早くも届きます。タイトルは “NAISICAA OF THE VALLEY OF THE WIND“。宮崎駿の名作「風の谷のナウシカ」と久石譲のサウンドトラックを基にしたコンセプトアルバムです。そこから “SYMPHONIC POEM PART 1” を世界初公開です!!

gd10389418_970929702921223_5533818170741878819_n

【ABOUT NAUSICAA AND MESSAGE FOR JAPAN】

“The album is inspired by 1984 Hayao Miyazaki masterpiece Nausicaä of the valley of the wind. We tried to create an image of Nausicaa a bit different, firstly to respect the master work because the original character is untouchable.  It is a conceptual album based on the film and on the original movie score of Joe Hisaishi, we selected the music to perform and re-arranged all in our style. The album turned out as one long song made of 16 chapters. The album art shows a “grown up” Nausicaä in a post-atomic context, she has also developed some special faculties as the third eye.
The reasons that led us to create this project are many, first of all to pass in a certain sense, the message of the work of the master Miyazaki based primarily on respect and love for nature, a message more relevant than ever in these times.
The hate for the war and to all manifestations of hate and violence that still reduces men to beasts.
Cooperation, the rediscovery of a life lived in a community whose life and whose work is in close relationship with the elements of nature. Today might sound almost like a utopian message, but we believe it is important to reiterate these concepts, especially for future generations, also because our generations are destroying any possibility of future created in harmony and peace.
Our work is also a tribute to the great geniuses, Hayao Miyazaki, Joe Hisaishi, Studio Ghibli, a large team of artists who created masterpieces that will remain in time forever. We recently had news of the announced end of the career of the master Miyazaki, who gave us a last masterpiece like “The Wind Rises”, an incredible work of extreme beauty, also giving us a great picture of us Italians. This work is also a tribute to Japan, wonderful land of contrasts.
Thank you Master.”
gdimg_0
このアルバムは1984年作、宮崎駿の「風の谷のナウシカ」にインスパイアされているんだ。少しだけ原作と違うものを作りたかったんだ。あくまで敬意を払いながらね。オリジナルのキャラクターはアンタッチャブルだから。
コンセプトアルバムでナウシカの映画と久石譲のサウンドトラックに基づいているんだ。採り上げる曲を選択し、全て僕達のスタイルに再アレンジしたんだ。16章から成る長い1曲のように仕上がったね。アートワークは”成長した”ナウシカなんだ。原爆以後という文脈でね。(注:ナウシカは反原爆の主張が込められていると言われている)サードアイのような特殊な能力もいくつか開花しているんだ。
このプロジェクトを始めた理由はいくつかあるんだけど、何よりもまず原作者宮崎駿の自然に対する愛と敬意というメッセージを届けたかったんだ。ある意味今こそ適切な時期なんじゃないかなあ。戦争と全ての憎しみ、暴力に反対する決意表明は獣と化す人間を減らすはずだよ。共生。生活したり働いたりしている君のコミュニティーを再発見してみよう。自然との緊密な関係が見えてくるはずなんだ。今日では桃源郷のようなメッセージに聞こえるかもしれないけどね。だけどこのコンセプトを繰り返し伝える事が大事だと信じているんだ。特に未来の世代にとってね。それに僕らの世代が調和と平和に満ちた未来の可能性を壊すべきではないんだ。
同時にこの作品は宮崎駿、久石譲、スタジオジブリという偉人達へのトリビュートでもある。傑作を作った大アーティスト集団で永遠に歴史に残るだろう。最近宮崎氏引退のニュースを聞いたよ。最後に傑作「風立ちぬ」を残してくれたね。信じられないほど究極に美しいし、イタリアの風景を扱っているのも嬉しいね。最後に多様性の国日本への敬意を表して挨拶を終えよう。ありがとう、巨匠。
                             GARDENJIA

Nausicaä of the Valley of the Wind (new album trailer)

a3209250750_2

GARDENJIA – MATERIA OSCURA

https://gardenjia.bandcamp.com/

https://www.facebook.com/GARDENJIA

https://www.youtube.com/user/GARDENJIA

https://twitter.com/Gardenjia

Gardenjia are based in Puglia, Italy

Giuseppe Miglietta: guitars, synths
Antonio Martire:drums synths
Raffaele Galasso: voice, guitars, synths, mix\mastering
Paolo Pezzuto: bass

additional musicians:
Ezio Contino: sax

WORLD PREMIERE: “HOLD ON” 【BEARDFISH】


WORLD PREMIERE: BEARDFISH LAUNCH “HOLD ON”. FIRST TRACK FROM THEIR FORTHCOMING ALBUM “+4626-COMFORTZONE”

bf10806323_10152371895080667_4676909083101685853_n
Swedish progressive-rockers Beardfish recently announced the release of their new album ‘+4626-COMFORTZONE’ for the 12th January 2015 in Europe. Now the band are pleased to reveal the first track to be taken from the album in the shape of ‘Hold On’ which you can listen to exclusively here:
http://prog.teamrock.com/news/2014-12-03/beardfish-premiere-hold-on

スウェーデンのプログバンド、BEARDFISH。来年の1/12に新作 “+4626-COMFORTZONE” を発売します。アルバムからのファーストカット、”HOLD ON” を公開です!!

http://prog.teamrock.com/news/2014-12-03/beardfish-premiere-hold-on

bf1395270_10151659979695667_91511684_n

The band had this to say about the track: “Hold On was one of the first songs that came along for +4626-COMFORTZONE and it sort of set the mood for the rest of the album with the rhythm and the intertwined guitar riffs and melodies. The lyrics deal with trying to hang on to something that is slipping out of grasp and not being in connection with your inner self, to the point that you don’t recognize yourself in the mirror. A song that felt great right from the start and it still keeps getting better every time we play it live! Hope you’ll like it!”
“HOLD ON” は新作 “+4626-COMFORTZONE” からのファーストカットだよ。リズムや絡み合うギターリフ、メロディーがアルバムの雰囲気を伝えるのに丁度良いと思ったんだ。今も良い感じだけど演奏するごとにさらに良くなるだろうね。気に入ってくれるといいな!」             BEARDFISH

The full track-listing for the album is as follows:

1. The One Inside Part 1 – Noise In The Background
2. Hold On
3. Comfort Zone
4. Can You See Me Now
5. King
6. The One Inside Part 2 – My Companion Throughout Life
7. Daughter Whore
8. If We Must Be Apart (A Love Story Continued)
9. Ode To The Rock’n’Roller
10. The One Inside Part 3 – Relief

Look out for more information in the coming weeks!

BEARDFISH Online:
www.beardfishband.com
www.facebook.com/beardfish
www.myspace.com/beardfishband

INSIDEOUTMUSIC online:
www.insideoutmusic.com
www.youtube.com/InsideOutMusicTV
www.facebook.com/InsideOutMusic
www.twitter.com/insideouteu

WORLD PREMIERE: “THE GRAND EXPERIMENT” 【NEAL MORSE】


WORLD PREMIERE: “THE GRAND EXPERIMENT” FROM NEAL MORSE’S UPCOMING ALBUM !!

nmunnamed

“I am thrilled with how this song came out. During the recording sessions for the album, I remember waking up one morning wondering what was going to happen that day and not having a clue what direction the album would take… and I was thinking, “Man, this is a grand experiment!”. And as I was lying there I thought of the chorus, but my original version was slower and more of a keyboard thing…then the band got to it and Mike had the rockin verse idea and it developed from there. The video was shot and edited by my son Chad. Hope you all like it!”

この曲が発表できてぞくぞくするほど嬉しいよ。アルバムのレコーディング中は朝起きて今日は何か起こるんだろうか、方向性の手がかりもないし・・・って思ったのを覚えているよ。それで考えたんだ、「これこそが A GRAND EXPERIMENT じゃないか!」ってね。横たわってコーラスを考えた。だけど私のオリジナルバージョンはスロウでもっとキーボード向きの曲だったんだ。バンドに渡したらマイク(ポートノイ)がロックなアイデアを加えて改良してくれたよ。このビデオは私の息子チャドが撮っているよ。気に入ってくれるといいね!

NEAL MORSE

nm10422009_10153500241636416_2170288966816078599_n

INSIDE OUT NEWS: NEAL MORSE BAND ANNOUNCE NEW ALBUM “THE GRAND EXPERIMENT” ON 2/16

sm

The Neal Morse Band are extremely pleased to announce the release of their new album ‘The Grand Experiment’ for the 16th February 2015 as well as a European tour for March 2015. For the first time ever prog icon Neal Morse came into a recording session with his long-time friend and collaborator Mike Portnoy, Randy George, Bill Hubauer and Eric Gillette…with NOTHING! He had no prepared material at all.

THE NEAL MORSE BAND は新作 “THE GRAND EXPERIMENT” を 2/16 にリリースします。参加メンバーは彼の長年の盟友 MIKE PORTNOY をはじめとして RANDY GEORGE, BILL HUBAUER, ERIC GILLETTE。レコーディングをセッションで行います。

sm10427221_10153450106646416_4930503206364182063_n

Neal comments: “I wanted to see what it would be like to create freely in the room with no preconceived notions. It was quite a risk!” On previous albums, like the Testimony album for example, Morse had the entire album written in advance. “I used to be rather paranoid about whether things would turn out in the short space of time we had available…so I would fill all the space in advance!” This album was totally different. “I made a lot of room for the other guys to create and express themselves and the result is outstanding! We wanted to experiment, do something a bit different, and see what everyone is capable of…we found out…in SPADES!” The results are obvious! This was a “grand experiment” that produced something far beyond anyone’s expectations! The main disc, containing 5 tracks, 2 long prog epics that are sure to be favorites for years to come, as well as 3 shorter songs including the catchy rocking title track “The Grand Experiment” is sure to blow the minds of all prog fans and appeal to anyone who loves hooky song writing with virtuoso performances from some of the best musicians in the world. The Grand Experiment was mixed by Rich Mouser.

「何の準備もなく全てセッションでアルバムを作るのは結構なリスクだよね。」 NEALは前作 TESTIMONY では前もって全てを書き終えていました。「前もって準備している方がしっくり来ていたんだ。」今回は全く違うようです。「今回は他のメンバーにも自由にやってもらうことにしたんだ。結果は最高だったよ!ちょっと違う事をやりたかったんだけど上手く行ったようだね。」 “THE GRAND EXPERIMNT” は5曲から成ります。2曲の大曲、プログエピックと3曲のキャッチーな小曲が収録されていますよ。                   NEAL MORSE

sm10150656_10153447880426416_4815195949566692297_n

The band will hit the road in Europe next year in support of the album, and the full list of dates can be found below. Swedish progressive-rockers Beardfish will support on all dates, playing music from their forthcoming new album ‘+4626-COMFORTZONE’ which is due out 12th January 2015.

同時にスウェーデンのプログバンド、 BEARDFISH とツアーを行う事が発表されました。

Tourdates:
5/03/15 Z7, Pratteln, Switzerland
6/03/15 De Boerderij, Zoetermeer, Netherlands
7/03/15 Islington Assembly Hall, London
8/03/15 Spirit of 66, Verviers, Belgium
9/03/15 Divan du Monde, Paris, France
11/03/15 Colos-Saal, Aschaffenburg, Germany
12/03/15 Alte Seilerei, Mannheim, Germany
13/03/15 Markthalle, Hamburg, Germany
14/05/15 Matrix, Bochum, Germany

The Neal Morse Band is:
Neal Morse: Vocals, Guitar and & Keyboards
Mike Portnoy: Drums
Randy George: Bass
Eric Gillette: Guitar and Vocals
Bill Hubauer: Keyboards and Vocals

NEAL MORSE online: www.nealmorse.com radiantrecords.com nealmorsefans.com facebook.com/nealmorse twitter@nealmorse   INSIDEOUTMUSIC online: www.insideoutmusic.com www.youtube.com/InsideOutMusicTV www.facebook.com/InsideOutMusic www.twitter.com/insideouteu www.myspace.com/insideoutlabel

WORLD PREMIERE: “HEART OF AMSTERDAM” “SILENT SEA” 【THE GENTLE STORM】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! HEART OF AMSTERDAM OF GENTLE STORM !!

“Heart Of Amsterdam is a tribute to the city of Amsterdam, the home town of the story’s leading character Susanne. Seventeenth-century Amsterdam was a centre of shipping, shipbuilding, and trade. Amsterdam flourished, and a wonderful city was the result. We shot the video in the centre of Amsterdam. It was freezing cold and I couldn’t move my fingers anymore during the last shots, but it was all worth it. I love how the video turned out!”

“HEART OF AMSTERDAM” はアムステルダムという街に対するトリビュートなの。ストーリーの主役、スザンヌの故郷でもあるわ。17世紀のアムスは航海、造船、交易の中心だったの。とても栄えていて素晴らしい街だったのね。アムスの中心で撮影したんだけど寒くて寒くて最後には指を動かす事も出来なかったくらいよ。でもやったかいがあったわ。このビデオが証明するはずよ。

ANNEKE

gssunnamed

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! SILENT SEA OF GENTLE STORM !!

Arjen Lucassen (Ayreon, Star One, Guilt Machine) & Anneke van Giersbergen (The Gathering, Devin Townsend Project) are set to release the debut album ‘The Diary’ from their new band The Gentle Storm on the 23rd March 2015, and now they are pleased to reveal the first music to be taken from the record!!

gsunnamed

“Endless Sea is the album opener and it serves as an introduction to our story-based album. Susanne, the main character, sings about her busband Joseph, who has just sailed out on another long voyage to the Far East. We are very excited to offer everybody a first taste of our forthcoming album with the release of these lyric videos. This is such a special album to the both us.”

“ENDLESS SEA” はアルバムの開幕を飾ると同時にこのアルバムのストーリーを紹介する役割を担っているんだ。主役の SUSANNE が夫の JOSEPH について歌っているよ。彼は極東へ長い航海に出たばかりなんだ。僕たちはこのビデオでみんなに新作の雰囲気を伝える事が出来て興奮しているよ。二人にとってとても特別なアルバムだからね。

gs1457571_1539699379601729_2026216345691443179_n

The album concept is a tale of love, loss, and separation told through the story of two fictional seventeenth-century lovers. A Dutch sailor embarks on a two-year voyage, leaving his wife at home in Holland. The only way for the couple to communicate and keep their love alive during the long separation is through letters. These letters form the basis for the songs on the album.

アルバムは愛の物語。17世紀の恋人たちのフィクションです。オランダの船乗りが妻を残して二年の航海に出ました。二人が長く離れている間、愛を確かめる手段は手紙だけ。その手紙がこのアルバムの曲になっているのです。

 

INSIDE OUT NEWS: GENTLE STORM

gs10425169_1524275737810760_4757588286690057928_n
Arjen Lucassen (Ayreon, Star One, Guilt Machine) & Anneke van Giersbergen (The Gathering, Devin Townsend Project) have joined forces for new band The Gentle Storm,  and they are extremely pleased to announce their debut album ’The Diary‘ will be released 23rd March 2015 in Europe.

AYREON で知られるオランダの長身元貴公子 ARJERN LUCASSEN と DEVIN TOWNSEND, THE GATHERING の美声ボーカル ANNKEKE VAN GIERSBERGEN が組んだ新バンドGENTLE STORM のデビュー作、 “THE DIARY”の発売が来年の 3/23 に決定しました!!

gs10734224_1543462839225383_3741246196816413633_n

They are also pleased to announce that in advance of The Gentle Storm full band shows, Arjen will join Anneke for a select few European live acoustic dates in what will be quite a rare and special occasion.
同時に ARJEN がヨーロッパで行われるアコースティックライブに数回参加する事も発表されました。

Anneke had this to say:

“I’m very excited that Arjen has agreed to join me for these acoustic shows. I will play a solo set and halfway through the show Arjen will join me on stage. We’ll perform some Ayreon classics together and premiere a couple of songs that will be on our upcoming The Gentle Storm album. This will be a unique opportunity to catch us performing together and I look forward to sharing the stage with Arjen a lot!”
「ARJEN がヨーロッパのアコースティックライブに参加してくれる事になって嬉しいわ。ソロセットをやって途中から ARJEN が参加するの。AYREON の名曲たちと GENTLE STORM のアルバムから何曲かやるわ。ユニークな機会だし本当に楽しみにしているの」                    ANNEKE
gs10389333_1540693286169005_5198124795240036763_n
 26/3/15 Melkweg, Amsterdam – Netherlands
28/3/15 ROCK Ittervoort Festival, Ittervoort – Netherlands
3/4/15 Hedon, Zwolle – Netherlands
3-5/4/15 Paaspop Festival, Schihndel – Netherlands
11/4/15 Paard van Troje, Den Haag – Netherlands
22/4/15 Divan Du Monde, Paris – France
23/4/15 The Garage, London – UK
24/4/15 The Musician, Leicester – UK
25/4/15 The Roadhouse, Manchester – UK
26/4/15 Prog-résiste Convention Festival, Soignies – Belgium

gs1457571_1539699379601729_2026216345691443179_n

The Gentle Storm live:

Anneke van Giersbergen (ex-The Gathering) – vocals
Merel Bechtold (Purest of Pain, MaYaN) – guitars
Ferry Duijsens (Anneke van Giersbergen, ex-Dreadlock Pussy) – guitars
Ed Warby (Hail of Bullets, Ayreon, ex-Gorefest) – drums
Johan van Stratum (Stream of Passion) – bass
Joost van den Broek (producer, ex-After Forever) – keyboards
Marcela Bovio (Stream of Passion) – background vocals

THE GENTLE STORM online:
www.facebook.com/TheGentleStorm/
www.twitter.com/gentlestormband

INSIDEOUTMUSIC online:
www.insideoutmusic.com
www.youtube.com/InsideOutMusicTV
www.facebook.com/InsideOutMusic
www.twitter.com/insideouteu
www.myspace.com/insideoutlabel
  

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KAYO DOT : COFFINS ON IO】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TOBY DRIVER OF KAYO DOT

AVANT GOTH? PROGRESSIVE EXPERIMENTAL DOOM? ABSTRACT ELECTRICACOUSTIC? ANYWAY, US MODERN GENIUS KAYO DOT RELEASED MARVELOUS NEW ALBUM COFFINS ON IO FROM THE FLENSER RECORDS !!

kd10437784_681511068564223_5777878199083737957_n

US 変態超常異能集団 KAYO DOT。昨年、彼らの10周年記念盤として製作され発売された二枚組みの大作 HUBARDO は各所で絶賛を博しました。弊サイトでも昨年のベストアルバムに選出、加えてKAYO DOT の頭脳 TOBY にインタビューを行う事が出来ました( INTERVIEW WITH TOBY DRIVER 2013 )。それから一年、THE FLENSER RECORDS という彼らにピッタリなレーベルに移って刺激を受けたのか驚くべき早さで新作が届きました。タイトルは COFFINS ON IO 。従来の EXPEIMENTAL, AVANT-GARDE, JAZZ, PROG 要素に加えてメタル要素を前面に押し出し、彼らの作品中で最も激しいアルバムとなった前作に対して今作はメタル要素は非常に薄めです。PROG, ELECTRONICA, NEW WAVE, その辺りをごちゃ混ぜにしてモダンな彩を加えたようなアルバムに仕上がりました。80年代と現在、そして未来を行き来しているような感覚に襲われますね。NOT MADE OF METAL, BUT HEAVY。そう表現したくなるような深みと知性に溢れたこれもまた KAYO DOT の素晴らしいアルバムです。彼らの代名詞となった SAX の使い方も相変わらず秀逸ですね。弊サイトでは初、二度目の登場となる歌に目覚めた TOBY DRIVER に話が聞けました。どうぞ。

kda2523643110_2

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KAYO DOT : COFFINS ON IO】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOEN : TELLURIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH  FORMER OPETH DRUMMER LEGENDARY MARTIN LOPEZ OF SOEN

FORMER OPETH DRUMMER MARTIN LOPEZ’S BAND SOEN RELEASED AWESOME NEW ALBUM “TELLURIAN”!!

se6055_0952014080505

EX-OPETH, AMON AMRATH の伝説的ドラマー、MARTIN LOPEZ。彼が自分のバンドとしてメンバーを集め立ち上げたのが SOEN です。2012年に発表された彼らの1stアルバム “COGNITIVE” では2つの話題がファンの関心を集めました。まずは EX-TESTAMENT, SADUS などで知られるこちらも伝説的フレットレスベーシスト STEVE DIGIORGIO が参加し伝伝説説のリズム隊を形成した事。もう一つはその音楽性がなぜかあの TOOL に似ていた事です。前者は驚きと感嘆を持って迎えられ、後者は物議を醸したような気がします。それから2年。彼らの新作が届きました。タイトルは “TELLURIAN”。個人的な感想ですが前作を遥かに超える出来の良さだと思います。SOEN と疎遠になると言うよりは TOOL とだいぶ疎遠になりましたね。一聴して彼と判るそのドラミングとリズムパターンを自然に繰り出している今作は、前作よりも OPETIC な雰囲気を感じさせます。奇しくもクリーンのみになった今の OPETH と近いような気さえしてきますね。もしくはRIVERSIDE。ただ前作で披露した無機質で数学的なリフも所々に点在し、その不思議なコントラストが魅力的。向上したメロディーとエモーションも相まって彼らの個性を確立しつつあるのではないでしょうか。8年経った今でも日本のOPETIAN 達は二言目にはロペスロペスと言いますがそれは OPETH 初来日@ラウパ直前の脱退が衝撃だったというのもあるでしょう。まだ見ぬ伝説 MARTIN LOPEZ です。どうぞ。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOEN : TELLURIAN】

WORLD PREMIERE: “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” 【ARCADE MESSIAH】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” BY ARCADE MESSIAH

 
UK PROG BAND “KINGBATHMAT” FRONT MAN JOHN BASSETT’S NEW PROJECT “ARCADE MESSIAH” IS ABOUT TO LAUNCH THEIR SELF TITLED DEBUT ALBUM. PROG ROCK MEETS STONER/POST METAL. FULL OF GUITAR RIFFS, ATOMOSPHERE, AND INTELLIGENCE.

AM10552615_815454721819367_8787795718166516098_n

UK の PROG/PSYCHEDLIC バンド KINGBATHMAT の中心人物 JOHN BASSETT が新しいインストプロジェクトを立ち上げました。その名も ARCADE MESSIAH 。サイケ寄りの要素が強い KINGBATHMAT に比べてこちらは POST-METAL/STONER 寄りの音。もちろん彼らしいプログロック譲りの知性は変わらず保たれているので例えば MASTODON や ISIS のファンにもオススメ出来ると思います。そして何よりイケメンなので推せます。アルバムは11/24 発売。要チェックです!!

sma2471364671_2

【MESSAGE TO JAPAN】

am10521202_828968273801345_8576922865001090651_n
Hello, I hope you like this song “The Most Popular Form Of Escape”, it is from the album Arcade Messiah, which comes out on November 24th and will be available as a (free pay what you want) download on bandcamp . The idea for this instrumental album was partly inspired from listening to the soundtrack of the Anime series “Death Note”. I watched that series at the start of this year and enjoyed it very much but it was the soundtrack and the vibe I took from it which stayed with me and initially got me thinking about making an instrumental album. Thankyou for checking out Arcade Messiah.
ハロー。みんなが “THE MOST POPULAR FORM OF ESCAPE” を気に入ってくれたら良いな。新作 “ARCADE MESSIAH” からの新曲だよ。11/24 に発売されるんだ。BANDCAMP では NAME YOUR PRICE でダウンロード出来るよ。このインストアルバムのアイデアは所々だけどアニメ DEATH NOTE のサントラにインスパイアされているんだ。今年の初めにあのシリーズを見てとても楽しんだんだ。だけど今回僕がインスパイアされたのはサントラとそのヴァイブ。それは頭を離れないし何と言ってもインストアルバムを作る原動力になったんだからね。ARCADE MESSIAH をチェックしてくれてありがとう!
                                                                       JOHN BASSETT
ANOTHER NEW SONG CALLED “SUN EXILE”

【RECOMMENDS】

ama0269774722_2

KINGBATHMAT 目下の最新作。コンセプト作。心の怪物(心理的障害物)は内なる不安と、私たちの知覚を操作する為マスメディアが恐怖を煽って生まれる外的な不安の二つから作られるという人間心理に迫った意欲作。ほぼ全曲が10分前後の長尺曲で、プログロックの繊細さとサイケロックの奔放さが交互に、時に同時に押し寄せる様は圧巻です。

ama2987409359_2

今年の3月に発売された JOHN BASSETT 氏のソロデビュー作。全編アコースティックで貫かれたその世界観は PINK FLOYD から PORCUPINE TREE まで脈々と受け継がれる仄暗くも美しい UKサイケフォークの薫りを強烈に放っています。オススメです。

 http://arcademessiah.com/
http://www.johnbassettmusic.com/

VIDEO MESSAGE + PRE-REVIEW : GUIDING LIGHTS 【SKYHARBOR】


VIDEO MESSAGE TO JAPAN FROM DEVESH DAYAL OF SKYHARBOR!!!

PRE-REVIEW : GUIDING LIGHTS BY SKYHARBOR

Skyharbor-Guiding-Lights-album-art

SKYHARBOR WILL RELEASE THEIR 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” ON 11/10 !!

インドの新鋭、DJENT/PROG 界期待の星、SKYHARBOR が11/10 に待望の 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” を BASICK RECORDS からリリースします。マネージメントのご厚意で発売に先駆けて全曲聴くことが出来ました。レヴューと ギタリスト/ソングライター、KESHV のコメントを掲載します。

Skyharbor042_1

ABOUT “GUIDING LIGHTS”

Guiding Lights offers 10 new tracks of exhilarating and heady progressive music, weaving a sonic tapestry of technically beautiful and imaginative melodies around crunchy metal riffs and sweeping, atmospheric vocals.
The album was funded by fans after a fast-paced and successful PledgeMusic campaign and has been mixed and mastered by legendary Australian producer Forrester Savell (Karnivool, Animals As Leaders, Dead Letter Circus).
“GUIDING LIGHTS” は爽快なプログロックの新曲が10曲収録されています。美しくテクニカルな音のタペストリーと創造性のあるメロディーがクランチーなメタルリフと押し寄せるアトモスフェリックなボーカルに共鳴しています。このアルバムは PLEDGEMUSIC CAMPAIGN をファンの方々によるファンドで成功させる事により製作されました。非常に早いペースで集まりましたね。ミックスとマスタリングはオーストラリアの伝説的プロデューサー、FORRESTER SAVELL (KARNIVOOL, ANIMALS AS LEADERS, DEAD LETTER CIRCUS) が手掛けていますよ。

sh10702082_719004961507810_7049492317523340737_n

Track-listing:
1. Allure  6:46
2. Evolution  5:39
3. Idle Minds  7:46
4. Miracle  5:59
5. Halogen  7:02
6. New Devil  6:55
7. Patience  4:42
8. Guiding Lights  9:22
9. Kaikoma  4:37
10. The Constant  9:33

【COMMENT FROM KESHAV DHAR】

“We are thrilled to announce that our second record is officially complete, and it is titled ‘Guiding Lights’. We have worked incredibly hard over the last two years on making this album the most spectacular effort we could create, and we thank our AMAZING fans for helping bring it to life and take it to the next level! We can’t wait for you to sink your teeth into it!”
公式に僕らの 2nd アルバムが完成したことを発表出来て興奮しているよ。タイトルは “GUIDING LIGHTS” 。このアルバムを作る為、過去2年以上に渡って僕らは信じられないくらい働いたね。僕らが作り得る最高の物が出来たと思うよ。このアルバムに息を吹き込み、一段上の段階に進む手伝いをしてくれた僕らの AMAZING なファンのみんなには本当に感謝しているよ!君達がこのアルバムに没頭するのが待ちきれないね!
                                                                          KESHAV DHAR

【REVIEW : GUIDING LIGHTS】

全てが一段も二段も進化した作品。そう評価せざるを得ないでしょう。彼らのデビュー作、“BLIDING WHITE NOISE: ILLUSION & CHAOS” MARTY FRIEDMAN (ex-MEGADETH), DANIEL TOMPKINS (TESSERACT), VISHAL J. SINGH (AMOGH SYMPHONY) といった錚々たるメンツをゲストに向かえ製作されましたがその事よりも作品の内容、質の高さで世界に驚きを持って迎えられました。LOG のクリス・アドラーをして”Right now, I am very much into a band called Skyharbor from India”(今、インドの SKYHARBOR ってバンドにクッソハマってるぜ)などと言わしめた訳ですから。
それから3年。DANIEL を正式メンバーに向かえ製作された本作は完全にアジアの音楽が世界レベルで戦える事を証明しています。まず KARNIVOOL やAAL, DLC などを手掛けたプロデューサー、FORRESTER SAVELL を起用した事により全体的に音の良さ、クリアさ、”圧”が際立っていますね。加えて、TESSERACT にも復帰しノリにノッているダニエルの歌唱には本当に目を見張るものがあります。彼らの目指す DJENT とアトモスフィアを融合させた POST-DJENT。その美しさを表現するのに彼以上の適任はいないでしょう。確かにガチガチの DJENT っぽさやスクリームはかなり減ったのでそこを求める向きには少々物足りないかも知れません。ただそこは僕達の PERIPHERY に任せれば良い訳で。SKYHARBOR は DEFTONES やTOOL の血を引く KARNIVOOL, DEAD LETTER CIRCUS といった新世代オルタナと SIGUR ROS やそれこそ日本が誇る MONO のような美しいポストロックの空気を目一杯吸い込んだ POST-DJENT 確立するべきだと思うし、このアルバムで確立したと言っても過言ではないと思います。
T5 HALOGEN, タイトル曲の長尺曲 T8 GUIDING LIGHTS を聴けば TESSERACT よりもさらにオーガニックなアトモスフィアを追求する彼らの挑戦が感じ取れると思います。だからと言ってキャッチーさが後退しているかというと全くそんな事はなくアルバム最後を飾る T10 THE CONSTANT などはこちらも10分近い大曲ですが DJENT の持つダイナミズム、ポストロックのアトモスフィア、プログロックの構成美、新世代オルタナのキャッチーさ全てを兼ね備えた DJEPICAL な曲に仕上がりました。T1 や先行公開された2曲も非常にキャッチーで新しいファン層を取り込む事に貢献するでしょう。T9 KAIKOMA で日本語のナレーションが使用されているのも嬉しいですね。SKYHARBOR が最早プロジェクトではなくタイトなバンドとなった事を証明する方向性のしっかり定まった傑作です。 THIS IS POST-DJENT!!

                   RATING 10/10

WAIT WITH LISTENING THEIR 1ST ALBUM

 

sh無題

Guiding Lights follows on from the critically acclaimed 2011 debut ‘Blinding White Noise: Illusion & Chaos’ which won the band fans worldwide, including Lamb of God who handpicked the band to support them in India and saw the band picked to play at festivals across the globe including Euroblast, Techfest, Download, and Graspop and resulted in awards for Best Song, Best Album and Best Band at the Rolling Stone India Metal Awards.

http://store.basickrecords.com/artist/skyharbor

https://www.facebook.com/skyharbormusic

AND YES!! WE NEED MORE, ANUP!!

as10712887_10103089444350608_5299098221859945523_nas10448749_660977830643857_219095336589683286_nas10666060_733760939994153_146060005848083736_n

asB1ZJS2RCcAE6ry9as10687117_10152690709272279_5202866403299764693_n