タグ別アーカイブ: Hard Rock

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【W.E.T. : EARTHRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ROBERT SÄLL OF W.E.T. !!

12_0109_01

Melodic Hard Super-Stars, W.E.T. Has Just Released Definitely One Of The Best Record In The Genre “Earthrage” !! Are You Ready For “Burn” And “Watch Their Fire” ?

DISC REVIEW “EARTHRAGE”

WORK OF ART, ECLIPSE, TALISMAN。メロディックハードの幾星霜に足跡を刻んだ三雄を頭文字に戴くスーパーグループ W.E.T. が、捲土重来を期すジャンルの王政復古 “Earthrage” をリリースしました!!瑞々しいアリーナロックの雄々しき鼓動は、地平の年輪に印されしかつての栄光を確かに呼び覚まします。
WORK OF ART と ECLIPSE。2000年代以降、メロディックハード希望の星は明らかにこの両雄でした。片や洗練の極みを尽くす AOR、片や情熱と澄明のハードロック。
しかしインタビューで語ったように、スウェーデンの同じ学校から輩出された2つの綺羅星 “W” の象徴 Robert Säll と “E” の象徴 Erik Mårtensson は、至上のメロディーを宿すシンクロニティー、宿命の双子星だったのです。実際、2人の邂逅は、AOR とハードロックの清新なる渾融を導き、ジャンルのレジェンド Jeff Scott Soto の熱情を伴って唯一無二の W.E.T. カラーを抽出することとなりました。
故に Robert の 「最初の2枚では、僕と Erik がかなりコラボレートして楽曲を書いていたんだ。だけど、今回の作品のソングライティングに僕は全く関わらなかったんだよ。」という発言はある意味大きな驚きでした。
それは何より、”Earthrage” が疑いようもなくバンドの最高傑作となり得たのは、前作 “Rise Up” で顕著であった硬質なサウンド、メタルへの接近をリセットし、Robert の得意とする80年代初頭のオーガニックなメロディックロックを指標したからに他ならないと感じていたからです。
つまり、「”Earthrage” を制作する際に Erik と話し合ってあのオーガニックなスタイルを取り戻すべきだと感じた訳さ。」と語るように、もちろん Robert から方向性についてのサジェスチョンはあったにせよ、”Earthrage” における奇跡にも思える有機的な旋律の蒸留、ハーモニーの醸造、ダイナミズムの精錬には改めて責任を一手に負った Erik Mårtensson というコンポーザーの開花と成熟を感じざるを得ませんね。
予兆は充分にありました。ECLIPSE のみならず、NORDIC UNION, AMMUNITION 等、歴戦の猛者達との凌ぎ合いは、明らかに Erik の持つ作曲術の幅を押し広げ、効果的で印象に残るコーラスパートの建築法を実戦の中で磨き上げて行ったのですから。
アルバムオープナー、”Watch The Fire” はまさに Erik とバンドが到達した新たな高みの炎。冒頭に炸裂する生の質感を帯びた強固なリズムと、期待感に満ちたギターリフはまさしく ECLIPSE 人脈から Magnus Henriksson & Robban Bäck 参加の功名。凛として行軍するヴァースでは Jeff と Erik がボーカルを分け合い、さながら DEEP PUPLE の如き伝統のインテンスを見せつけます。
コーラスパートは巨大なフックを宿す獣。トップフォームの Jeff は、久方振りに発揮する本領で徹頭徹尾リスナーのシンガロングを誘うのです。そしてパズルのラストピースは、Desmond Child 譲りのアンセミックなチャントでした。
BOSTON の奥深き音響に Robert のキーボードが映える “Kings on Thunder Road”、MR. BIG の “Nothing But Love” を彷彿とさせるストリングスの魔法 “Elegantly Wasted” を経て辿り着く “Urgent” はアルバムを象徴する楽曲かも知れませんね。
同タイトルのヒットソングを持つ FOREIGNER の哀愁とメジャー感を、コンテンポラリーなサウンドと切れ味で現代へと昇華した楽曲は、あまりに扇情的。
畳み掛けるように SURVIVOR の理想と美学を胸いっぱいに吸い込んだ “Dangerous” で、リスナーの感情は須らく解放され絶対的なカタルシスへと到達するはずです。
そうして一部の隙も無駄もないメロディックハードの殿堂は、”決して終わらない、引き返せない” 夢の続き “The Never-Ending Retraceable Dream” でその幕を閉じました。楽曲のムードが Jeff にとって “引き返せない” 夢である JOURNEY を想起させるのは偶然でしょうか、意図的でしょうか?
今回弊誌では、WORK OF ART でも活躍する稀代のコンポーザー Robert Säll にインタビューを行うことが出来ました。想像以上に明け透けな発言は、しかしだからこそ興味深い取材となっているはずです。「メロディックハードロックがまたチャートの頂点に戻れるとは思えないね。そして僕はそれで構わないと思っているんだよ。」どうぞ!!

24852353_1516319281736513_3470139053805153298_n-2

W.E.T. “EARTRAGE” : 10/10

INTERVIEW WITH ROBERT SÄLL

robert sall 001 240516-2

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about you and W.E.T itself? What kind of music did you listen to, when you were growing up?

【ROBERT】: I grew up in Stockholm, Sweden, during the 80ies and fell in love with music pretty early. At that time melodic rock/AOR was very popular and I became an instant fan of this type of music. My first favorite band where Kiss, Bon Jovi and Van Halen. But at the same time my older brother fed me with more pop/prog stuff like Prince, Genesis, Level 42 etc so it was really a mix bag of musical styles I grew up with. Then, later on I discovered Toto which introduced me to the whole L.A. scene and all the great records produced by David Foster & Jay Graydon etc. And that is still today the music I enjoy the most. Once I started high school and got serious about studying music, I was introduced to jazz music by the teachers at school. I spent many years playing jazz, soul and funk as it was the only kind of music that was accepted at school. But I learned so much from it and I’m really glad I spent time learning jazz, even though it’s not the music I prefer to play these days, it gave me a greater understanding of music theory and arranging etc. and that is still very helpful to me. And the good thing about going to high school was meeting the other guys in Work of Art. So, I guess you could say that we studied jazz during the weeks and wrote AOR songs on the weekends in those days. Anyway, fast forward to 2008 when we released our first Work of Art Album. Serafino from Frontiers records took a shine to my song writing and wanted me to be part of a new project which became W.E.T. The original idea was to have me write six songs, Erik write six songs and then have Jeff Scott Soto to sing them. That’s was the basic concept behind W.E.T.. But we took it a bit further and turned it to a real band.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【ROBERT】: 僕は80年代にスウェーデンのストックホルムで育ったんだ。そこでとても幼い頃から音楽と恋に落ちていたんだよ。当時はメロディックロック/ AOR がとても人気があってね。すぐにそういったタイプの音楽のファンになったよ。最初にハマったのは KISS, BON JOVI, VAN HALEN といったバンドだったね。
ただ、同時に僕の兄が Prince, GENESIS, LEVEL 42 などのよりプログレッシブな音楽を教えてくれていてね。だから、僕は素晴らしい音楽の素養を背景に育ったと言えるだろうね。
その後に僕は TOTO をはじめとした David Foster & Jay Graydon が手がけた偉大なレコードと L.Aのシーンを発見したんだ。そういった音楽こそ、僕が今日でも最も楽しめるものなんだよ。
高校に入ると、より真剣に音楽を学び始めたね。学校では先生からジャズを教わったんだ。僕は何年もジャズやソウル、ファンクをプレイし続けたね。それらの音楽だけが学校で認められていたからなんだけど。
ただ、そういった音楽からは本当に多くを学んだし、当時自分が好んでいた音楽ではないにしろジャズに時間をかけて良かったと思っているんだ。音楽理論やアレンジについてとても理解が深まったからね。今でもとても助けになっているよ。
それに高校に通うことで WORK OF ART の他のメンバーに巡り会うことも出来たしね。つまり当時の僕たちは、平日にジャズを学んで、週末に AOR を作曲するって感じだったんだ。
そうして、2008年には WORK OF ART のファーストアルバムをリリースすることが出来たんだ。そして、Frontiers Music の Serafino は僕のソングライティングを殊更気に入っていて、後に W.E.T. となる新たなプロジェクトに加わって欲しいと考えたんだよ。
元々のアイデアは、僕が6曲、Erik が6曲を書いて Jeff が歌うというものだったね。それが W.E.T.の基本コンセプトだったんだ。だけど僕たちはそこから更に進んでリアルなバンドになったのさ。

Q2: You’re a guitar player in Work of Art, but in W.E.T. you are credited as a keyboard player, right?

【ROBERT】: Let me start by saying that I’m not a keyboard player but a guitar player. I know this is a bit confusing because of W.E.T. where I’m credited as a keyboard player. The only reason I play keyboards in W.E.T. is because we are three guitars players in W.E.T., Erik, Magnus and myself .And someone had do play keyboards for the live shows. So the other guys said ”It will have to be you Robert because you are the only one who at least knows how to turn on a keyboard”. hahaha So, all of the sudden, I was a ”keyboard player”. But I know the basics of how a to play piano/keyboards and the W.E.T. songs a really easy to play. Anyone with a little bit of piano training could do it. For me it’s not really playing, it’s more about pressing down the right keys at the right time. At least, that’s how playing keyboards live with W.E.T. feels. But in the studio, I do a lot of keyboards on my own songs for Work of Art and any other song writing I’ve done for other artists. And Erik have heard those keyboards and wanted me to do more keyboards for W.E.T. as well. But having said that, on the W.E.T. records it’s both me and Erik doing keyboards.

Q2: WORK OF ART でのあなたはギタープレイヤーですが、W.E.T. ではキーボードプレイヤーとクレジットされていますね?

【ROBERT】: まず断っておきたいんだけど、僕はキーボードプレイヤーではなくギタープレイヤーだよ。確かに W.E.T. ではキーボードプレイヤーとクレジットされているから少し混乱を招いているかもしれないね。
僕が W.E.T. でキーボードをプレイする唯一の理由はバンドに3人のギタリストが存在するからなんだ。Erik, Magnus, そして僕だね。そして誰かがライブではキーボードをプレイしなくてはならなかったからね。だから他のメンバーが、「ねえ、Robert。少なくともキーボードのスイッチの入れ方を知っているのは君だけなんだから、君がプレイするべきだ。」と言った訳だよ。(笑)。それで突然僕は “キーボードプレイヤー” になったんだ。
まあ、僕はピアノやキーボードの基本的な演奏は知っているし、W.E.T. のキーボードパートは本当に簡単だからね。少しでもピアノのトレーニングを積んだ人なら誰でもプレイ出来るようなね。だから、僕の場合はプレイするというよりも、正しい鍵盤を正しいタイミングで押しているという感じかな。少なくとも W.E.T. のライブでのプレイはそんな感じだよ。
ただ、スタジオでは WORK OF ART の自分の楽曲や他のアーティストに提供した楽曲で沢山キーボードをプレイしているよ。Erik はそういった楽曲を聴いていたから W.E.T. でもっと僕にキーボードをプレイして欲しかったのもあるだろうね。ただ、W.E.T. のアルバムでは Erik もキーボードをプレイしているんだよ。

Q3: It’s not big secret that W.E.T is melodic hardrock supergroup From W (Work of Art), E (Eclipse), and T (Talisman). But how did the “Big Three” come to be? Have you known them each other before starting W.E.T.?

【ROBERT】: Erik, Magnus and I went to school together for a year (that’s when Magnus and Erik formed Eclipse) and me and Erik often talked about writing songs together. So when Frontiers approached us both about W.E.T. we both felt, great, this is the perfect situation that we have been waiting for to work together. And then to have Jeff Scott Soto, who we didn’t know but was such a hero to both of us, to sings those songs was like a dream come true!!!

Q3: W.E.T. がメロディックハードのスーパーグループであることは揺るぎのない事実ですが、”Big 3″ が集結した経緯について話していただけますか?3人は以前から知り合いだったのでしょうか?

【ROBERT】: Erik, Magnus, そして僕は同じ学校に一年間通っていたんだよ。そこで Erik と Magnus は ECLIPSE を結成したんだ。その当時、僕と Erik はよく共作したいねなんて話していたんだよ。
だから Frontiers Music が W.E.T. の話を持ちかけて来た時、僕たち2人は待ち望んだ共作の完璧なシチュエーションだ、素晴らしいと感じた訳だよ。
Jeff Scott Soto とは面識はなかったけど、もちろん彼は僕たち2人のヒーローだったからね。僕たちの楽曲を歌ってくれるなんて、まさに夢が実現したって感じだったよ!!!

Q4: So, let’s talk about your newest record “Earthrage”. You know, definitely it’s melodic hard masterpiece in the decade. Actually, Frontiers’s label owner Serafino Perugino said “by far one of the best records in Frontiers’s history.”. Have you expected such a great reactions?

【ROBERT】: Well, to be honest, I kind of expected it would be a success as both Erik and Jeff is such stars in this genre. And based on the songs and the performances on this record, I don’t think any fans of Jeff or Erik will be let down.

Q4: では、最新作 “Earthrage” について話しましょう。その Frontiers Music のオーナー Serafino 氏はこれまでのレーベルの歴史において最高の作品の一つだと発言していますね。
個人的にもここ10年で最高のハードロック作品だと感じています。これほど素晴らしいリアクションを期待していましたか?

【ROBERT】: そうだね。正直に言って、このジャンルにおけるスター2人、Erik と Jeff が居るんだから成功を期待していたのは確かだね。そしてこのレコードの楽曲とパフォーマンスが、Jeff と Erik 双方のファンをがっかりさせることはないと思っているよ。

14114880_1073294479372331_5560319651491816566_o

Q5: Five years have passed since you released previous record “Rise Up”. Off course, it’s natural because all members have other bands and projects. But How did the writing, recording process change? Did you three get together in the creative process?

【ROBERT】: The first two records was very much a collaborative song writing effort from Erik and me whereas this record, I didn’t get involved in the song writing process at all. But instead, Jeff has been involved and written lyrics for a bunch of the songs. So that’s a change but I think it’s a good one because I think the key to W.E.T.’s success is Eriks songwriting style and Jeff’s voice. They have a lot in common musically, Erik grew up listing to Swedish bands like, Europe, Talisman and Yngwie Mamsteen and we all know how involved Jeff has been in that scene.

Q5: 前作 “Rise Up” からは5年の月日が経過しています。もちろん、各自が様々なバンドやプロジェクトで忙しくしていて、長期のインターバルは仕方がないように思えます。
ただ今回、制作のプロセスに変化はあったのでしょうか?

【ROBERT】: 最初の2枚では、僕と Erik がかなりコラボレートして楽曲を書いていたんだ。だけど、今回の作品のソングライティングに僕は全く関わらなかったんだよ。その代わりに、Jeff が以前より多く関わって楽曲の歌詞も沢山書いたんだ。変化と言えばそのことだろうな。
だけど僕はポジティブな変化だと考えているよ。なぜなら、W.E.T. が成功するための鍵は Erik のソングライティングスタイルと Jeff の声だからね。彼ら2人には音楽的な共通点も多くて、何より Erik は EUROPE, TALISMAN, Yngwie Malmsteen といったスウェーデンのバンドを聴いて育った訳だからね。Jeff がそういったバンドやシーンに関わって来たことはみんな知ってるでしょ?

Q6: I really love “Earthrage” because I feel it’s a little bit far from metal realm compared with your previous two records. I mean, this record has definitely more early 80’s organic vibes like Foreigner, Queen, Boston, Asia, Toto. I’m not saying because of “Urgent”, haha. Do you agree that?

【ROBERT】: I know that we said going in to making Rise Up, that we wanted it to be a bit more heavy than our debut record which had a bit more ”fluffy” feeling. So with Earthrage, I remember discussing this with Erik and we felt it was time to go back to a bit more ”fluffy” style so we wouldn’t be making a ”Rise Up part two”. I think ”Earthrage” is somewhere in middle of the first two records, at least that’s how it feels to me.

Q6: “Earthrage” が傑作に仕上がった理由の一つは、メタルから少し距離を取った “メタル過ぎない” コンポジションだと感じました。
“Urgent” という楽曲が収録されているから言う訳ではありませんが、FOREIGNER, BOSTON, SURVIVOR や TOTO といった80年代初期のオーガニックなヴァイブが以前より増えましたよね?

【ROBERT】: 確かに僕たちは、”Rise Up” を制作する際、”ナチュラル” な感覚を持ったデビュー作より少しヘヴィーにしたかったんだよ。だから、”Earthrage” を制作する際に Erik と話し合ってあのオーガニックなスタイルを取り戻すべきだと感じた訳さ。確かなことは、”Rise Up” パート2を作る気はなかったってこと。
“Earthrage” はファーストとセカンドの中間くらいに位置していると思うんだ。少なくとも、僕にはそう感じられるね。

Q7: Actually, melodic hardrock is not popular genre like 80’s. Do you think it’s possible to make “melodic hardrock” great again?

【ROBERT】: No not really. But I think thanks to the internet, nowadays, it’s easier to for people to discover the genre and I think it really has helped keeping it alive. But for it to be back on the top lists again, no I don’t think so and that’s fine by me.

Q7: 昨今、所謂メロディックハードロック、AOR は80年代ほど人気がある訳ではありません。復興は可能だと思いますか?

【ROBERT】: 簡単ではないだろうけど、どうだろうね。ただ、インターネットには感謝しなければね。おかげで今日、このジャンルを発見することは容易になっているからね。その恩恵でこのジャンルが生かされているとさえ思うんだよ。
だけど、だからと言ってまたチャートの頂点に戻れるとは思えないね。そして僕はそれで構わないと思っているんだよ。

Q8: So, we can’t wait next Work of Art’s record. Is there any plan to release?

【ROBERT】: I’m writing the new album right now and we will finish it in September this year. So I guess it will be released probably sometime late 2018 or early 2019. Whenever Frontiers feels the timing is right!

Q8: WORK OF ART の新作も待ち切れませんね?

【ROBERT】: 今ちょうど新作を書いているところなんだ。今年の9月には完成すると思う。だから今年の終わりか、2019年の初頭にはリリースされるはずさ。Frontiers が正しいと思うタイミングでね!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ROBERT’S LIFE

TOTO “THE SEVENTH ONE”

220px-Toto_-_The_Seventh_One

GIANT “TIME TO BURN”

220px-Giant_time_to_burn_font

VAN HALEN “1984”

Van_Halen_-_1984

3RD MATINEE “MEANWHILE”

MI0000876066

STEELY DAN “ROYAL SCAM”

The_Royal_Scam_album_cover

MESSAGE FOR JAPAN

WET-Band-03-1040x695

First of all, thank you so much for all the support! I really hope for all of my bands to become even more popular in your country. I have such good memories of meeting Japanese fans at different live shows around the world, always so kind and dedicated to the music. I hope to meet many more of you in the future!!!

まずは、多くのサポートを本当にありがとう!僕は関わっているバンド全てが君たちの国でもっと人気が出ることを心から願っているんだよ。
世界中の様々なライブで出会う日本のファンたちとは、素晴らしく良い思い出があるんだ。いつだってとても親切で音楽に捧げているんだからね。もっともっと多くの日本のファンと会ってみたいね!!

ROBERT SÄLL

W.E.T. Facebook Page
WORK OF ART Facebook Page
Robert Sall Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL Official Site
日本盤のご購入はこちら。”王様ロック”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BAND-MAID : WORLD DOMINATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KANAMI OF BAND-MAID !!

BandMaid_アー写レイアウト_1213

Welcome Home, Master & Princess. Band-Maid Are Back With Their Second Full Length Record “World Domination”. Literally, They Are Ready For World Domination!

DISC REVIEW “WORLD DOMINATION”

「お帰りなさいませ、ご主人様お嬢さま!」国内、海外で数多の “お給仕” を行い格段の進化を遂げた日本が誇る戦うメイド集団 BAND-MAID が、世界征服を目論む挑戦状 “WORLD DOMINATION” をリリースしました!!ヴァレンタインに届いた57分の峻烈なる宣告は、ワールドクラスの自信と決意に満ちています。
まさに有言実行。前回のインタビューで 「次の作品も、その次の作品も自分たちの作詞作曲を増やしていきたいと思っています!」 と語ったように、最新作 “WORLD DOMINATION” は3つの共作曲を含め全てがオリジナルの楽曲で占められています。そしてその事実はまさしく本物の証。5人を包むメイド服は貫禄さえ纏い、徹頭徹尾 BAND-MAID 色に染め上げられた純粋なハードロックチューンの数々は、瑞々しさと共に偉大な先人たちのスピリットや美学を濃密に継承しているのです。
アルバムオープナー “I can’t live without you.” の圧倒的な躍動感はもはや事件です。KANAMI の創造する不穏で重厚なリフワークはまさに世界征服の狼煙。斬れ味鋭いリズム隊が牽引するファスト&ソリッドな楽曲は、扇情力を増しながら SAIKI の激情を込めたコーラスで制御不能のカタルシスを浴びせます。
「終わらぬ夢を見たいんだ 終わらぬ夢を見たいんだ 音もなく 堕ちていく それでも まだ… I can’t live without you. 」 同時に MIKU の投げかける熱情の詩は、男女間の恋愛以上にバンドとファンの間に存在する熱い想いを代弁し、渦巻くロックのロマンの中で互いに不可欠な関係であることを宣言しているのでしょう。これ以上ないほどに素晴らしき闘いの幕開けです。
“DOMINATION” や “CLANG” を聴けば、バンドの一体感やテクニックの飛躍的な向上が伝わるはずです。楽曲の複雑なデザインを掻い潜り、小節ごとにパターンを変えながら豊かなバリエーションを生み出す AKANE と MISA のアレンジメントは卓越していて、勿論、ファストなフレーズからアウトラインのスケールまで自由自在の KANAMI を加えバンドの創造性はかつて無いほどに沸騰しています。
“One and only” や “Carry on living” は象徴的ですが、散りばめられたブレイクダウン、四つ打ち、エレクトロニカといった現代的なフックの数々もバンドの広がる可能性を示唆していますね。
何より、根幹にブルーズが存在する BAND-MAID のハードロック道は、WHITESNAKE や MR. BIG の持っていたマジックを濃厚に共有しています。同時に、和の精神、J-POP の豊かなメロディーをも引き継いだ5人の戦士は、先述のコンテンポラリーなメタルやラウドの方法論まで総括しながら唯一無二の “メイド・イン・ジャパン” を築き上げているのです。
アルバム後半、連続して収録されたバラードタイプの心揺さぶる2曲、”Daydreaming”, “anemone” はその証明なのではないでしょうか。相川七瀬、B’z、JUDY AND MARY から延々と連なるジャパニーズロックの血脈はフックに満ちたバラードなしでは語れません。モダンなアレンジとセンス、過去と未来のバランス感覚、そして空間の魔法を駆使した多幸感まで誘って聴かせる “BAND-MAID のハードロック” はここに極まっているのかも知れませんね。
今回弊誌では、KANAMI さんにインタビューを行うことが出来ました。”BAND-MAID が世界征服に向け、先に進む1枚”、ハードロックの Up to Date。どうぞ!!

61BUhTJ-fvL._SX355_

BAND-MAID “WORLD DOMINATION” : 9.8/10

INTERVIEW WITH KANAMI

304_CF3_4903

Q1: First of all, your newest record “WORLD DOMINATION” is definitely perfect “Hard Rock” record, right?

【KANAMI】: Thank you so much!! As you say, this album was made with the spirit of hard rock.
But also, It is often said that we are a metal band, and I myself listen to metal and loud music, so I think that I’m influenced by these without noticed.
It is difficult to find the boundaries of the music genre, but I am making the music as we are hard rock band.
If you think “This is a hard rock of BAND-MAID!”, that’s true!

Q1: 最新作 “WORLD DOMINATION” 拝聴させていただきました。MR.BIG やWHITESNAKE のスピリットを受け継ぐ、ハードロックの美学が貫かれた素晴らしい作品ですね!
実際、作品を紐解くキーワードはメタルでもポップでもラウドでもなく”ハードロック”だと感じましたがいかがですか?

【KANAMI】: そんな風に言っていただき恐れ多いですが、とても嬉しいです。ありがとうございます! 仰る通りで、今回のアルバムはハードロックを意識して制作しました。
BAND-MAID の場合、メタルバンドと言われることがよくありますし、私自身がメタルもラウドも聴いているので気づかない内に影響されていると思います。
音楽ジャンルの境界線をみつけるのが難しいのですが、私は「BAND-MAID の音楽はハードロックだ」と思って作っています。
このアルバムは「これが BAND-MAID のハードロックか!」と思って聞いていただければ幸いです。

Q2: As Album title shows, are you ready to dominate the world?

【KANAMI】: Actually, after releasing the CD, until I see the reaction of audiences in the show, I’m always worried about whether new music is accepted.
Through domestic one-man tours and overseas tours last year, I felt that the music we made was enjoying for our listeners, and I got confidence.
And I am glad that this album named “World Domination” became ninth place for the first appearance of Oricon! ! I thought that the direction of our music is not wrong.

Q2: “WORLD DOMINATION” を聴けば、タイトル通りバンドの “世界征服” の準備が整ったことが伝わります。
BAND-MAID にとって飛躍の年となった昨年の国内ワンマンツアー、海外ツアーを通して身についた自信、手応えがこのタイトルを導いたとも言えそうですね?オリコン初登場9位はまさに快挙です!

【KANAMI】: 実はCDを発売して、お給仕(ライブ)でご主人様、お嬢様の反応を観ないと、この作っている音楽が受け入れてもらえるかどうかがいつも心配なんです。
昨年の国内ワンマンツアーや海外ツアーを通して、自分たちのやっている音楽がご主人様お嬢様にとって、 楽しんでいただけているんだと実感しましたし、自信に繋がりました。
そして、今回の”世界征服”を掲げたこのアルバムがオリコン初登場9位となり本当に嬉しいです!!自分たちの音楽の方向性は間違っていないと思いました。

Q3: So, how is your “Maid-Style” accepted in the abroad?

【KANAMI】: The audiences in the abroad seem to accept our “Maid-Style” as well as animation and cartoon of Japanese culture.
In overseas, lot’s of fans came to our shows with maid’s clothes! haha.

Q3: 海外ツアーも大盛況だったようですね?アニメや漫画の文化が根付く日本ではわりとすんなり定着したように思えるそのメイドスタイルですが、海外では現在どのように受け止められているのでしょう?

【KANAMI】: 海外のご主人様、お嬢様は、アニメや漫画の文化と同じように BAND-MAID のようなメイドスタイルを日本の文化として受け入れてくれているようです。
海外公演では、メイド服を着てお給仕へ来てくれるお嬢様や、ご主人様 (笑) もたくさんいらっしゃいました!

Q4: In our previous interview, you said “I think that the we’d like to increase our songwriting composition in the next record!” and that comes true, right?

【KANAMI】: It seems like a dream to be able to record our own songs so much! !
In domestic tours, overseas tours, a lot of music production…Although it was quite a hard schedule, it is truly glad that our songwriting composition has been put so much.
Actually, there were a lot of songs that couldn’t be a part of this album.
SAIKI said that she wanted songs like Kentaro Akutsu who produced “Thrill” which became a trigger for BAND-MAID ‘s hard rock. However, I could not make songs that satisfied the expectations of SAIKI quite well, and I am supposed to cooperate with Mr. Akutsu this time!
Also, although it was decided to make one out of boxed song in the album, I could not get OK from SAIKI · · so, we offered to TIENOWA who helped “Puzzle” recorded in “Just Bring It”.
This time, I was able to produce songs with people other than the members, and I was able to broaden my composition.

Q4: 前作 “Just Bring It” リリース時のインタビューで KANAMI さんは「次の作品も、その次の作品も自分たちの作詞作曲を増やしていきたいと思っています!」と仰いましたが、実際その通りになったようですね?
全ての楽曲が BAND-MAID のクレジットで阿久津健太郎さん、TIENOWAとの共作も3曲のみです。

【KANAMI】: 自身の作品がこんなに詰められるなんて、夢のようです!!
国内ツアーや、海外ツアーの中、大量の楽曲制作・・なかなかのハードスケジュールでしたが、本当にこんなに自分たちの作詞作曲が入れられて嬉しいです。
実は今回のアルバム制作でボツになった楽曲もたくさんありました。
BAND-MAIDのハードロックという方向性のきっかけになった ”Thrill” を制作してくれた阿久津健太郎さんのような楽曲が欲しいとVo.SAIKI にずっと言われていました。ただ、なかなか SAIKI の期待に応える曲が作れず、 今回阿久津さんにご協力いただくことになりました!
また、アルバムの中で一つ変化球の曲を作ろう!ということになりましたが、SAIKI からのOKが貰えず・・ “Just Bring It” に収録されている “Puzzle” でも、制作のお手伝いをいただいたTIENOWAさんにオファーをしました。
今回は、メンバー以外の人と一緒に一つの曲を制作させていただき、自分の作曲の幅の広げることができました。

Q5: You also produced demos this time, and then started to inflate the idea as a band from there, right?
Even so, did you say that the demands on the rhythm section becomes more harsh, like “Collorado Bulldog” of Mr. Big. Do you agree that?

【KANAMI】: Is it the same type of madness as “Colorado Bulldog”! haha.
Although I wanted to make a song that was extreme anyhow in any case in “DOMINATION”, it seems that there were a lot of drum phrases that human beings can’t play in my demos (laugh), so drum’s AKANE can beat It arranged to.
Since the bass included only the root note almost at the stage of the demo, the bass player MISA was coolly arranged!
But, It is not only my fault that the rhythm section is harsh … ? !
They seem to be good at arranging songs rather than producing from 0, they are trying to do things a bit above their marginal line at the same time as they are steadily improving their arrangement ability, so they are getting harsh I think, haha.

Q5: 今回も KANAMI さんがデモを制作され、そこからバンドとしてアイデアを膨らませていったのですよね?
それにしても、特にリズム隊への要求が過酷と言うか、かなり複雑で入り組んだエキサイティングなプレイが増えましたよね? “DOMINATION” “CLANG” などでは、全く曲調は異なりますが MR.BIG の “Colorado Bulldog” と同種の狂気を感じました(笑)

【KANAMI】: “Colorado Bulldog”と同種の狂気ですか・・!(笑)
“DOMINATION” は、とにかくめっちゃ攻めた楽曲にしたかったんですが、そのせいでデモの段階でドラムが人間業ではないようなフレーズが多くなってしまったようで (笑)、ドラムの AKANE が叩けるようにアレンジしてくれました。
ベースはデモの段階でほぼルート音しか入れていなかったので、ベースの MISA がかっこよくアレンジしてくれました!
リズム隊が過酷になっているのは、私のせいだけではないんですよ・・?!
二人は0から作り出すよりも楽曲をアレンジするという方が得意みたいで、どんどんアレンジ能力が上がっているのと同時に自分の限界ラインよりちょっと上のことをやろうとしているので、過酷になっているんだと思います (笑)

Q6: “Daydreaming” & “Anemone”, Why did you record ballad songs in a row?

【KANAMI】: Actually I am specializing in making songs. Deciding the songs on the album, deciding the order of the songs, and attending MIX are basically is the vocal SAIKI and the guitar vocal Kobato.
So, I asked Kobato directly about this!
“When considering the order of songs, I’d like you to feel like you’re coming to our show when you heard our record, through a single album. This album is have a concept of “World Domination”. Because we cherished momentum to feel battle and a strong will under the concept of first, since we started listening to continuously tuneful musical songs, probably once it was full of furiousness with fierce , I want you to listen slowly and resonate in your heart, so continuously recorded these two songs. “.

Q6: “Daydreaming” は KANAMI さんが見せる JUDY AND MARY の TAKUYA さんを彷彿とさせるバッキングがクリエイティブでとても気に入っているのですが、”Daydreaming” “anemone” という毛色の違うしかしバラードタイプの楽曲を続けて収録したのはなぜですか?

【KANAMI】: TAKUYA さんを思い浮かべていただけて光栄です!
昔、JUDY AND MARY のギターをコピーしていた時期もあったので、それが影響されていたら嬉しい限りです。
収録した理由ですが・・実は私は曲を作る専門で、アルバム収録曲を決めたり、曲順を決めたり、MIX に立ち会ったりをするのは基本的にボーカルの SAIKI と、ギターボーカルの小鳩なんです。
そこで、こちらについては小鳩に直接聞いてみました!
「曲順を考える際、アルバムを一枚通して聞いたときに私達のお給仕 (ライブ) にご帰宅しているように感じてほしいと思い考えていますっぽ。
今回のアルバムは世界征服というコンセプトの元、戦いや強い意志を 感じてもらえるよう勢いを大切にしていたので、まずは初めから連続して勢いのある曲達を聞いてもらい、 おそらく一旦、激しさでお腹いっぱいになったところで、ゆっくり聞いて心に響いてもらいたいこの2曲を続けて収録しましたっぽ。」
・・小鳩はいつも語尾に「ぽ」が付くのですが、そこは気にしないでくださいね (笑)。

Q7: I felt that the content of the lyrics was more radical and instantaneous, right?

【KANAMI】: I agree! I also felt that Kobato’s lyrics of this time had lots of extreme words. Even here, I asked Kobato directly!
“As I was thinking about packing the declaration and feelings of the world domination for us in the lyrics this time, I was more conscious of the impressive words than usual. Sometime I was writing lyrics during the tour last year, “I want to increase call and response in this part” or “It would be cool if Saiki sings this word” There are many places I wrote while imagining the reaction of audiences.”
Kobato always adds lyrics afterwards with melody precedence, but puts words so as not to destroy the melody. And it is thought that SAIKI sings lyrics of Kobato, so I feel that one song will be completed for the first time by SAIKI singing.

Q7: 歌詞は全て小鳩ミクさんが手がけています。 “DOMINATION” の 「黙れ」 とか 「叫べ」 は象徴的ですが、 さらに過激で扇動的な内容が増えているように感じました。
ライブでのパフォーマンス、オーディエンスの反応をより考慮したバンドの総意のように思えるのですが、いかがですか?

【KANAMI】: そうですね!私も今回の小鳩の歌詞は、過激な言葉が多いと感じていました。
こちらについても、私から小鳩へ直接聞いてみました!
「今回はやはり私達にとっての世界征服の宣言や気持ちを歌詞の中にも詰め込もうと考えていたので、いつもより更に強く印象的な言葉を意識しましたっぽ。昨年のツアー中に歌詞制作をしていたこともあり、『この部分はコールアンドレスポンスを増やしたいな」とか「SAIKIがこの言葉を歌ったら凄くかっこいいだろうな』とかお給仕中のご主人様お嬢様の反応をイメージしながら書いたところが多いですっぽ。」
いつも、メロディ先行でそのあとに小鳩が歌詞を付けてくれるのですが、メロディを壊さないように言葉を入れてくれます。そして、小鳩の歌詞は SAIKI が歌うことも考えられているので、SAIKIが歌うことで初めて一つの楽曲が完成すると感じています。

Q8: Which songs, riffs do you like the most in this record?

【KANAMI】: This time, SAIKI wanted me to make the most difficult bass phrase so far, so, “DICE ” was produced. Always MISA plays the phrases I make easily, but she seems to fought quite a bit about this song, it got as expected and I said “great!!” haha. Therefore, the riff is quite favorite for me!!

Q8: 個人的にはオープナー “I can’t live without you.” が本当に気に入っています。国内外を問わずここ何年かで最もリピートを重ねているハードロックチューンの1曲です。
KANAMI さんが “WORLD DOMINATION” で最も気に入っている、もしくはチャレンジングだった楽曲、リフ、ソロについて話していただけますか?

【KANAMI】: 今回、SAIKI から今までで一番難しいベースフレーズを作ってほしいと言われて制作したのが、”DICE” でし た。 いつも、MISAは私が作るフレーズを余裕でこなしてしまうのですが、この曲に関してはかなり苦戦したようで、思惑通りになり「よっしゃ!」となっていました (笑) そのため、このリフについてはかなりお気に入りであります!!

29402797_307190999810909_7960622317204144128_n

KANAMI’S RECENT FIVE FAVORITE ALBUMS

Aimer “Ref:rain / 眩いばかり”

61gMxgOn2YL

Ed Sheeran “Divide”

91RcEkLHlML._SY355_

中田ヤスタカ “Digital Native”

810LB4TrVZL._SY355_

coldrain “FATELESS”

61SswfpdXwL._SY355_

People In The Box “Kodomo Rengou”

71NV5tecNmL._SX355_

MESSAGE FOR THE READERS

26868521_2029716797315783_7606152107850203136_n

Major 2nd album “WORLD DOMINATION” has become one piece for BAND-MAID to advance to world domnation.
If you hear it, you can feel our strong will headed for our future. Also, with this album I’m glad if we become energy of mind of listners!

メジャー2ndアルバム”WORLD DOMINATION” は、BAND-MAID が世界征服に向け、先に進む1枚になりました。
聴いていただければ、この先に向かう私たちの強い意志が伝わるかなと思います。 また、このアルバムでご主人様、お嬢様の心のエネルギーになれば嬉しいです。 そしてそして、BAND-MAIDは4月から東名阪のツアーを行います!
その名も BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】です!
・2018年4月4日(水)愛知・ダイアモンドホール
・2018年4月6日(金)大阪・なんばHatch
・2018年4月13日(金)東京・ZEPP TOKYO
是非このアルバムをたくさん聴き込んでご帰宅していただければと思います。 メンバー一同、世界征服に向けて頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします!!

KANAMI

チケットのご購入はこちら!

BAND-MAID Facebook Page
BAND-MAID Official Twitter
BAND-MAID Instagram
BAND-MAID Official Site
KANAMI Official Twitter
KANAMI Instagram
日本クラウン Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VON HERTZEN BROTHERS : WAR IS OVER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MIKKO OF VON HERTZEN BROTHERS !!

f52ac95e-cb9e-4688-84e3-6a08b64f764d

Finland’s Prog Rocking Brothers, Von Hertzen Brothers Are Firmly Back In Dynamic Prog Territory With Their Masterpiece “War is Over” !!

DISC REVIEW “WAR IS OVER”

フィンランドミュージックシーンにおける至高のファミリービジネス、VON HERTZEN BROTHERS。母国、そして UK では押しも押されぬビッグバンドのロックモンスターがリリースした最新作 “War is Over” は、更なる大望を抱き変化を志した新たなチャプターの幕開けです。
Kie, Mikko, Jonne の三兄弟を中心とする VON HERTZEN BROTHERS の音楽は、多様で豊潤なカレイドスコープです。ピュアなクラッシックロックからプログ、ポップ、オルタナティブにワールドミュージックまでナチュラルに横断する神秘のコンポジションは、パワフルかつイマジネーティブなジャンルの交差点として異彩を放っていますね。
特筆すべきは、そのソフィスティケートされた思慮深い作曲術と同次元で繰り出されるワイルドでエネルギッシュなロックマインドでしょう。
柔と剛を自由自在に操舵する血の伝統と絆は、ウルトラキャッチーなメロディーライン、耳を捉えて離さない艶やかなフック、そして洞察力に富んだ深遠なるリリックを纏ってリスナーにモノリシックの意味を伝えるのです。
とは言え、短いリリースインターバルに反して局所的な成功しか収められない焦りで、バンドは疲れ切っていたと Mikko は語ります。もしかすると、ロックサイドに特化した前作 “New Day Rising” でバンドは自由を失い、少し方向性を限定しすぎたのかも知れません。
つまり、KINGSTON WALL のレジェンドで、VHB の2ndアルバムでもプレイしていたドラマー Sami Kuoppamäki が復帰を果たし、HIM の Janne ‘Burton’ Puurtinen をキーボードに起用して制作された ‘War is Over” は、メンバーのみならずレコード会社やマネージメントをも変更し、”燃料切れ” だったバンドが 「前に進み、上昇するため」 の再生の作品なのです。
勿論、バンドが大きな賞賛を捧げる John Lennon へのリスペクトを表明するタイトルトラック “War is Over” は12分のエピックにしてまさにリヴァイブの象徴。アトモスフェリックな電子音に導かれ躍動を始める楽曲は、瑞々しさとダイナミズムに満ちています。
DIZZY MIZZ LIZZY のバランス感覚と KINGSTON WALL のサイケデリカを内包した素晴らしき平和への祈りは、絶え間なく変動するテンポやメロディーで自由の喜びを表現し、コンテンポラリーな音楽が失いつつあるフレキシブルなエナジーを濃密に宿しているのです。
さらに楽曲終盤のファンファーレでは、100本のギターを重ねフィンランドの自由と独立100周年を祝うセレブレーションの意味まで持たせているのですからその豊富なアイデアとロマンチシズムには驚愕の一言ですね。
実際、この壮大なオープナーを皮切りに、アルバムはよりプログレッシブで多様に深化したバンドの “現在” を克明に投影して行きます。
日本やインドのオリエンタルなスケールを導入した BLACK SABBATH と Chick Corea の神々しき融解 “To The End Of The World”、Burton の荘厳なシンセサイザーが映える新天地 “Jerusalem” を経て辿り着く “Frozen Butterflies” はアルバムのハイライトだと言えるでしょう。
根本的にはポップロックの美しきワルツ。しかし幼生が蛹を経て美麗な蝶になるように、プログとポップ、そしてロックの姿を宿命の如く宿した楽曲はまさにバンドの “現在の” クリエイティビティーを象徴しています。
クリーントーンのミニマルな反復リフ、ファストなリズムとシンコペーションはリスナーへ複雑な変拍子を伴うマスロックのような印象すら与え、同時にヘルシンキの大空に羽搏き舞う情熱と冬の凍てつく生命を見事に描写した絶佳のサウンドスケープを保持する楽曲は、バンドのスケールが一次元や二次元の狭い檻では収まらない確固たる証明なのかも知れませんね。
アルバムは作品で最もクラッシックな VHB ソング “Beyond the Storm” でその幕を閉じます。”War is Over” のタイトルが回帰する完璧なまでにスピリチュアルな楽曲は、バンドの祈りと野心をしたためてアルバムのリピートを誘い “円” “サークル” の形態へと導来ました。それは、西洋と東洋の哲学、音楽を等しく学んだ VHB故の絶妙なるエンディングだと言えるでしょう。
恐らくは、彼らの理想とする “エピックロック” に最も接近した傑作。今回弊誌ではボーカルとギターを担当する Mikko von Hertzen にインタビューを行うことが出来ました!本誌二度目の登場。「混乱し、多くの苦難に直面している世界で、平和と思いやりを見ようとすることがどれほど重要かという考えを人々に思い起こさせたいと思ったんだよ。」 どうぞ!!

cover_543502892017_r-2

VON HERTZEN BROTHERS “WAR IS OVER” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VON HERTZEN BROTHERS : WAR IS OVER】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【LOVEBITES : AWAKENING FROM ABYSS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH midori OF LOVEBITES !!

LOVEBITES_pic_ALBUM_mid

Female Power Metal Band From Japan,  LOVEBITES Make Their Mark On The Heavy Metal Scene, With Bigger, Louder Debut Full-length “Awakening From Abyss”!! Are You Ready For “Muse Metal”? 

DISC REVIEW “AWAKENING FROM ABYSS”

荒廃した”世界”に舞い降りた凛々しくも美しき女神たち。ミューズメタルの使者 LOVEBITES が下す怒りと希望の鉄槌 “Awakening From Abyss” は、文字通り世界を深淵から “覚醒” へと導きます!
欧州、米国、そして日本の香りが入り交じるオーセンティックかつダイナミックなメタルを、卓越した技術と豊潤なるエモーションで具現化したデビューEP “The Lovebites EP” から約6ヵ月。早くも届けられたバンド初のフルレングス “Awakening From Abyss” は、ギター/キーボード、さらに作曲でもバンドを支える mi-ya をオフィシャルメンバーとして加え、楽曲の幅、サウンド、メロディー共に全てがスケールアップを果たしたまさに “ネクストレベル” の黙示録です。
女神の “ネクストレベル” が世界を見据えていることは、その制作環境からも充分に伝わります。NIGHTWISH, CHILDREN OF BODOM で知られる Mikko KarmilaとMika Jussila のフィンランドチームがサウンドを司り、アートワークを HELLOWEEN の “Sweet Seductions” などを手がけたスペインチームが制作。さらに全てのリリックを英語詞に拘り、ヨーロッパ、北米、メキシコなど海外でのリリース及び、ロンドンでの初ライブに至る道程は既に世界基準と呼ぶに相応しいスケールです。
荘厳なるストリングスのタペストリー、序曲 “The Awakening” がバンドの強固なアンサンブルを導くと、アルバムは IRON MAIDEN を思わせるオリエンタルなテーマが印象的な “The Hammers of Wrath” で幕を開けます。
TESTAMENT の鋭角で迫り来るファストでシャープなリフワーク、メロディックヒステリックな本能のボーカル、タイトでラウドなリズムの息吹は、バンドがリアルなエクストリーム領域に在ることの確かなる証です。
リードトラック “Shadowmaker” を聴けば、必ずやメタルファンの血は湧き肉も躍るはずです。より複雑さと繊細さ、そしてダイナミズムを増した素晴らしき新たなバンドのアンセムは、あまりに扇情的かつドラマティック。細かなギミックを織り込んだ捻りの効いたプログレッシブなリフや、シンフォニックなシンセワーク、中盤のテクニカルなツインリードは、明らかに ANGRA の遺伝子を宿しつつリスナーにエキサイトメントを運びます。
R&B やブルーズの表情を垣間見せるスリージーな “Warning Shot”, “Scream For Me”、さらにストリングスやキーボードを効果的に使用しバラード的な感覚を内包させた “Liar” “Inspire” といった楽曲たちはバンドの持つ多様性、引き出しの多さをまざまざと見せつけています。元々、R&B やソウルを主戦場としていたボーカル asami の黒く眩いエモーションが、メタルの持つ重厚なアグレッションと融合し、想像以上の化学反応をもたらしているとも言えますね。
そして LIGHT BRINGER の Mao が作曲を担当した “Edge of the World” はバンドの未来を象徴する楽曲かも知れません。アコースティックギターとピアノの麗しき調べで幕を開ける世界の果ての物語は、さながら SYMPHONY X の如く、耽美な響きとプログレッシブな展開美でリスナーのイマジネーションを掻き立てます。切なく、甘く、そして激情をも孕んだ魅力的なメロディーの洪水は、リスナーを叙情の海へと沈降させるに充分のメランコリーを湛えているのです。
midori はインタビューで 「残念ながら、LOVEBITES も見た目のせいで “聴かない” “メタルじゃない” という意見があることは知っています。ですが喜ばしいことに、それ以上に、私たちの音楽を正当に評価してくれる人が増えてきていることも知っています。私たちには、”最高のヘヴィ・メタルをやる” という強い信念があるのです。」 と語ってくれました。実際、その想いに一点の曇もないことは、”Awakening From Abyss” のミューズメタルを聴けば伝わるはずです。
アルバムは、文字通りバンド全員の “勇敢な心” を乗せた “Bravehearted” で、闘い続けることを誓いながら勇壮に幕を閉じました。
今回弊誌では、バンドのギタリスト midori さんにインタビューを行うことが出来ました!PERIPHERY, ANIMALS AS LEADERS, そして abstracts という名前まで飛び出す、弊誌読者の皆さまにも非常に共感、シンクロする内容だと思います。どうぞ!!

1710Lovebites_AwakeningFromAbyss_cover_mid-2

LOVEBITES “AWAKENING FROM ABYSS” : 9.6/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【LOVEBITES : AWAKENING FROM ABYSS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ART OF ANARCHY : THE MADNESS】BUMBLEFOOT SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RON “BUMBLEFOOT” THAL !!

13118946_1733879800186094_4744865948529704724_n

Mega-Super Group, Art Of Anarchy Seek To Reinvent Themselves From 90’s Glory, With New Masterpiece “The Madness” !!

DISC REVIEW “THE MADNESS”

90’s~00’s にかけて人気を博した “オルタナティブメタル” の空気をリフレッシュし、見事現代へと再誕させる US スーパーグループ ART OF ANARCHY が、傑出した2ndアルバム “The Madness” をリリースしました!!極上のコンポジションに5人の個性が溶け合った揺るぎなきロックのメタモルフォーゼは、極限まで多様化したシーンに王道の何たるかを見せつけています。
ART OF ANARCHY は、ギターとドラムスをプレイする双子の Votta 兄弟と、GUNS N’ ROSES で気を吐いていたマエストロ Ron “Bumblefoot” Thal が意気投合し始まったバンドです。そこに、STONE TEMPLE PILOTS や VELVET REVOLVER で活躍した天賦のシンガー Scott Weiland, DISTURBED の切れ味鋭いベースマン John Moyer が加わることで、大きな注目と期待を集めるメガアクトが誕生したのです。バンド全員のレコードセールス(当時)は1億5000万枚と言うのですから、数字の面からも彼らの凄みは伝わるでしょう。
セルフタイトルのデビュー作をリリース後、Weiland はバンドを脱退。アルバムをプロモートするツアーを拒否した彼は結局、人生を通じて苦しんできた薬物との戦いに敗北し、命を落としてしまいました。
バンドは Weiland の後任に CREED の Scott Stapp を指名します。実は2014年には Stapp も薬物問題、さらには路上生活にまで転落するなど負の話題で世間を騒がせましたが、彼は挑戦し困難に打ち勝ちました。そして Weiland と同様、まさに時代の寵児として活躍した Stapp の加入は再度バンドのエンジンに屈強なエナジーを注ぐ結果となったのです。
“The Madness” には、ただスーパーグループという事実以上のケミストリー、そしてメッセージ性が間違いなく存在します。Ron がインタビューで語ってくれた通り、Votta 兄弟のアリーナロック、DISTURBED の鋭利でマスマティカルなリフワーク、CREED の瑞々しく雄大なメロディー、そして Bumblefoot、もしくは “Chinese Democracy” の型破りで独創的なアイデア全ては淀みなく渾融し、濃密なマグマとなって作品を流動します。
オルタナティブが王道へと以降した21世紀初頭のソリッドな空気を DNA に深く刻んだ5人の古兵たちは、しかし同時に時代の推移により”オルタナティブであること” から遂に解放され、その雄弁なコンポジション、華麗なテクニック、そして唯一無二のタレント性を制限なくここに開花させているのです。
また、アルバムタイトル “The Madness” が表象するように、作品にはまさに Stapp が苦しんできた”狂気”がそのまま描かれています。新たなアンセム “1,000 Dgrees” では「僕自身が最悪の敵だ。僕は呪われている。」と当時の地獄を独白し、至上のバラード “Changed Man” では「もう一度チャンスをくれないか?僕は変わったんだ。家に帰る時が来たんだよ。」と最愛の妻に過去の自分との決別を告げます。果たして妻は “With Arms Wide Open” で待っていてくれたのでしょうか?
とにかく、”僕たちはこのアルバムを Scott、そして同じチャレンジに直面する人たちの成功に捧げることとしたんだ” と Ron が語るように、作品はアメリカが抱える大きく暗い闇に対する贖いとして生を受けました。自身の魂を声と詩に宿した Stapp の歌唱には深みとリアルが込められ、その美しく、切なく、雄々しく、そして芳醇なメロディーは懺悔であり赦しであり、希望の灯火でもあるように聞こえます。
アルバムの主役は間違いなく Stapp ですが、Ron のトリッキーでカラフルなギターワークが作品にクリエイティブで類まれなる神通力のようなフックをもたらし続けていることは記して置かなければなりませんね。
指ぬき、フレットレス、ロングスケールなど様々な武器を持つ “Bumblefoot” ですが、インタビューでも語ってくれたように彼は決して楽曲の破壊者ではありません。ソロプロジェクト、ガンズ時代を通して歌ものに強い拘りを持ち、エモーショナルで耳に残りリピートを誘うギターフレーズを追い求めてきた彼の真価は “Somber” のアメジストのように燐光を発するソロパートに集約されているのかもしれませんね。
王道とは何か。彼らの”王道”の先には必ず唯一、アリーナでシンガロングし、拳を振り上げるファンの姿が透けて見えます。彼らにはもはやトレンドを意識する必要などありません。ただ、キャッチーでフックと起伏に満ちたアルバムは、エゴを廃し全てが楽曲とストーリーに捧げられ、世代を超えて愛される魔法を備えた新たな栄光への幕開けであると信じます。
今回弊誌では、Ron “Bumblefoot” Thal にインタビューを行うことが出来ました。余談ですが、再発が決定した彼の2ndアルバム “Hermit” もぜひ併せて聴いていただきたいと思います。変態としてのみ語られがちな彼ですが、FAITH NO MORE や RAGE AGAINST THE MACHINE のインテンスと独特のポップセンス、そしてユニークなギターファンタジーをミックスした極上のコンポジションが炸裂した名作。どうぞ!!

16143304_1852295201677886_7970296710421173317_n

ART OF ANARCHY “THE MADNESS” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ART OF ANARCHY : THE MADNESS】BUMBLEFOOT SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KXM : SCATTERBRAIN】GEORGE LYNCH SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GEORGE LYNCH OF KXM !!

1798422_686584754716454_101929357_n

On “Scatterbrain”, Tight And Energetic Performance Of KXM’s Three Giants Will Tell You What The Musicianship, Creativity Is !!

DISC REVIEW “SCATTERBRAIN”

Ray Luzier (KORN)、 dUg Pinnick (KING’S X)、そして George Lynch (LYNCH MOB) というシーンの英傑3名が集結したスーパーバンド KXM が新作 “Scatterbrain” をリリースしました!!三雄の魂が通い合い、個性が溶け合った秀絶な作品は、ロックの持つオーガニックな衝動と、知性を擽るエキサイトメントを織り込みリスナーの直感へと波動するはずです。
“Scatterbrain” は僅か12日間という短い期間で制作されたレコードです。インタビューで George は「もしもさらに時間をかけていたら、いったいどんなものが完成していたのかと考えると、恐ろしいくらいだよ!」 と語ってくれましたが、同時に70年代を思わせる短期集中形のクリエイティブ環境が作品にマジックを産んだとも言えるような気がしますね。
スライドバーを使用したブルースの響きから一転、アルバムはインテンスとカオスが支配するタイトルトラック “Scatterbrain” でその幕を開けます。Ray Luzier の操る不敵な変拍子は George Lynch のシャープで粋なリフワークと共鳴し、その潮流はプログレッシブとさえ言えるムードを創造していますね。ペースダウンし、凪の静穏を献ずる中間部では、Mr. Scary がブルースの熱情を宿した魂魄のシュレッドで楽曲に生命を吹き込み、バンドの破天荒な技巧を伝えています。
“Breakout” や “Big Sky Country” を聴けば、dUg Pinnick の一筋縄ではいかないソウルフルでポップな独特の流儀、歌唱が驚くほど作品にフィットしていることが分かるでしょう。ダークに鬱屈したメロディーが得意のハーモニーを重ねてポップに花開く瞬間。直感的に楽曲を解釈し、ボーカルラインを自然とインプロヴァイズに導く瞬間。そして激情に任せ、咆哮に情念を乗せる瞬間。dUg の持つ類稀なセンスはスポンテニアスにトリオの鼓動と呼応し、無上のカタルシスをリスナーの元へともたらすのです。
同時に、”Breakout” で Ray が魅せる、パーカッションを使用したエスニックなサウンドはデビュー作から進化した KXM の潤色です。ロック、メタル、プログ、ファンク、ブルース、オルタナティブが淀みなく循環する多様な “Scatterbrain” の中で、ワールドミュージックからの影響は確実にアルバムを更に一段上のレベルへと押し上げています。
情熱と哀愁を湛えた dUg の歌唱が光る “Calypso”、カリブの風、グルーヴに乗る George のシュレッドが新鮮な “Not A Single Word” は殊更に、バンドがラテンやレゲエのリズム、モチーフを探求し血肉としていることの証明だと言えますね。
KING’S X でもエクレクテイックなサウンドをトレードマークとする dUg。David Lee Roth, STEEL PANTHER, STONE TEMPLE PILOTS で華々しく経歴を重ね、MI で教鞭もとっていた知性派 Ray。そしてインタビューでも語ってくれた通り、新たな領域へと自己を導き続ける George。ダイナミックなハードロックのルーツの上で、エキゾチックなダンスを華麗に披露する KXM 固有のサウンドは、3人の個性と手練、そしてフロンティアスピリットが結実しシンクロした成果だと言えるでしょう。
エキサイティングでエネルギーに満ちたアルバムは意外にも、ヘンドリックスの遺伝子を受け継いだブルージーなララバイ “Angel” で静かに幕を閉じます。無類で奇抜なタイム感、鋭くアウトやインを繰り返す異端のスリル、瞬間の奇跡。”Scatterbrain” における George のギターワークは近年でも群を抜いていますが、Jeff Healey をも想起させるエモーションを纏った “Angel” のリードは彼が未だに第一人者であることを、改めてシーンに宣言しています。
今回弊誌では George Lynch にインタビューを行うことが出来ました。DOKKEN のリユニオンについても重大な内容を語ってくれています。どうぞ!!

17264114_1454807964560792_8940117458359998440_n

KXM “SCATTERBRAIN” 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KXM : SCATTERBRAIN】GEORGE LYNCH SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BAND-MAID : JUST BRING IT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KANAMI OF BAND-MAID !!

15585189_1760805534244767_7399047431229458965_o

Welcome Home, Master & Princess. Are You Ready For The Next Babymetal ?! OK, Just Bring It! Japanese Hard-Rock Maid Girls BAND-MAID Has Just Released Really Cool Debut Full-Length “Just Bring It” !!

DISC REVIEW “JUST BRING IT”

ロマン溢れるメイド服に身を包み、タイトな正統派ハードロックサウンドを継承する BAND-MAID が遂に待望のメジャーデビューフルレングス “Just Bring It” をリリースしました!!楽曲の幅を広げ、著しい成長を遂げたメンバーの全てが注ぎこまれた作品は、世界を制圧するに充分なクオリティーを備えています。
Babymetal が日本が生んだ最高の女性メタルアーティストであることは、METALLICA, GUNS’N ROSES との共演、世界の熱狂ぶりをみれば明らかでしょう。しかし同時に彼女たちを認めない、アンチの存在も少なからず目に付く事も確かです。
先日、海外大手”トゥルーメタル”系レーベルのパブリッシャーと話す機会があったのですが、彼は Babymetal について「アイコンとして華があり、バンドも素晴らしいね。だけど彼女たちは自ら楽曲を作らないし、演奏もしない。さらにどれだけメタルを愛しているのかについても疑問だね。」 と語っていました。おそらくこれが Babymetal アンチの総意だと思います。
弊誌は別段”トゥルーメタルマガジン”と言う訳でもありませんので、その高い楽曲のクオリティー、kawaii×metal の新たなアプローチ、モダンな視点、ハイレベルなパフォーマンス、そして何より世界が認めてしまっているという事実から、結果が全てを語るというスタンスです。しかし、確かに演奏も作曲も出来る新たなロックンロールヒロインが日本から生まれたとしたら、この日出づる国の音楽ファンはさらに誇れるものが増えるはずですね。
BAND-MAID はまさにその Next-Babymetal の可能性を大いに秘めたアーティストだと思います。実際、彼女たちがまずブレイクを果たしたのは海外のラジオ局からでした。Facebook で150万ものフォロワーを持つ巨大ラジオ局 “Jrock Radio” が “Thrill” の PV を紹介するやいなや、BAND-MAID の名は一気に海外へ広まることとなりました。”Thrill” の Youtube 再生回数は 400万に迫る勢い。さらに昨年は国内と併せて本格的なワールドツアーも成功させており、”結果”をみれば間違いなくワールドクラスのアーティストへと成長しつつあると言えるでしょう。
では、BAND-MAID はそのインパクトだけで注目を浴びたのでしょうか?答えは否です。確かにライブを「お給仕」と言い、ファンを「ご主人様」「お嬢様」と呼ぶ5人の可愛らしいメイドには仄かな出オチ感がフンワリと漂っているかも知れません。しかし、ギャップ萌え極まる硬派な “Just Bring It” を聴けばその実力が本物であることが伝わるでしょう。
Just Bring It…「かかってこいや!」と名付けられた自信に満ちた作品は、13曲中9曲がメンバーの手によるもので、その事実は”バンド” BAND-MAID としての強みを存分にアピールしています。
アルバムを通して、とにかくギターリフがクール。トラディショナルとモダンを行き来するツインギターはその確かなテクニックと共にフックとメロディー、アグレッションを提供し続けます。そこに緩急織り交ぜたカラフルなツインボーカル、骨太で強烈なスラップまでお見舞いするベースにダイナミックなドラムスが加われば、彼女たちの可能性が無限に広がっていることを感じるはずです。
“CROSS” は BAND-MAID の今を象徴するような楽曲です。彼女たちがすんなりと海外で受け入れられた理由の一つはそのブルーステイストかもしれません。アルバムを通して活躍するブルーノートの響きは特にUSのリスナーにとっては非常に馴染み深いもの。しかし BAND-MAID はしっかりと J-Rock 由来のキャッチーさやギミックを同時に織り込んでオリジナリティーを創出しています。見事なフックを生む転調とシンコペーション、ブルージーなギターリフ、耳馴染みのよいメロディー、シンガロングパート。”CROSS” は端的に BAND-MAID の長所を物語っていますね。
加えて、マスロックテイストさえ感じさせるプログレッシブな “Awkward” は “CROSS” と対極に存在し新鮮な驚きをリスナーに与えます。ストリングを効果的に使用したこの感動的なピースは BAND-MAID の未来をチャレンジングスピリットと共に明るく照らしているように思えますね。
おそらく日本のロックファンが思うよりも、海外の音楽シーンは現在 EDM, hiphop に席巻されています。ピュアなハードロック、メタルを渇望する”トゥルーファッキンメタラー”の逆襲が BAND-MAID に託されていることは間違いないでしょう。
今回弊誌では、ギタリストでメインコンポーザー KANAMI さんにインタビューを行うことが出来ました。Mr. Big を想起させるスリリングな “モラトリアム” や “YOLO” の流暢なリードプレイを聴けば彼女の驚異的な才能が分かるはずです。Welcome Home, Master & Princess! どうぞ!!

15590107_1760801900911797_8711672781825526759_n

BAND-MAID “JUST BRING IT” : 9.6/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BAND-MAID : JUST BRING IT】

EXCLUSIVE INTERVIEW 【JEFF SCOTT SOTO : TALISMAN, KUNI, SOTO】LOUD PARK 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JEFF SCOTT SOTO !!

jeff-scott-soto-gunther-moens-122

Legendary Vocalist, Jeff Scott Soto Talks About Japan Tour With Kuni, Talisman, Yngwie Malmsteen, And More !!

“A GUIDE TO JEFF SCOTT SOTO”

Jeff Scott Soto。Yngwie Malmsteen のバンド RISING FORCE の初代シンガーとして華々しくシーンに登場した唯一無二のボーカリストは、ソロとしては勿論、TALISMAN, JOURNEY, W.E.T. など数多のバンド、プロジェクトでその際立った才能を発揮し続けて来ました。ソウルフルでエモーショナル、”黒い”感覚を保持しながらも、キャッチーな歌メロに絶妙なボーカルハーモニーを乗せる、彼独特の個性は常にハードロックシーンを牽引して来たと言えますね。
同時に、Jeff はオフィシャルメンバーとしてではなく、ゲスト的な立ち位置で素晴らしい作品に貢献し続けた引く手あまたな人物でもあります。Axel Rudi Pell, Alex Masi, Vinnie Vincent, TAKARA などの名作群を懐かしく思うファンも多いでしょう。
80年代に、世界で勝負したマスクマン、日本人ギタリスト Kuni の 2nd アルバム “Lookin’ For Action” も、彼の参加でグレードが上がったアルバムの1枚です。
Billy Sheehan をはじめ、多数の豪華なゲストとともに制作されたデビュー作 “Masque” とは一味違い、固定されたメンバーで勝負した作品で、SLAUGHTER の秀才 Dana Strum プロデュースの下、Jeff のソウルフルな歌唱は勿論、Kuni のツボを得たフレージングの良さ、B’z でもお馴染み Mike Terrana のキレの良いドラムスを味わうことが出来る秀作でしたね。
そして今回、Kuni のデビュー30周年を祝い Loud Park 16 出演が決定、Jeff の参加もアナウンスされました。メンバーは、Kuni, Jeff に加えて GREAT WHITE の Tony Montana, HAREM SCAREM でお馴染み Darren Smith と実に豪華。素晴らしいショーになることでしょう。
今回インタビューを行った Jeff にとっては何と23年振りの来日となります。23年!最後の来日は、1993年の TALISMAN 初来日まで遡らなければなりません。しかし、インタビューで Jeff が語ってくれた通り、TALISMAN の音楽はその長い期間、世代を超えて引き継ぐべきものだと思います。
今は亡き Marcel Jacob というベースの名手にして優れた作曲家が存在したこと、Jeff と Marcel の素晴らしきケミストリー、爽快で、キャッチーで、ファンキーで、複雑なサウンド、その全てが忘れ去られてしまうには惜し過ぎると感じています。Jeff はインタビューで、意外にも Marcel 抜きの TALISMAN の未来に前向きな発言をしてくれました。勿論、ファンにはビッグニュースでしょうし、キッズのためにもぜひ実現してほしいと思います。
また同時に、彼自身の新しいバンド SOTO にも強く力を入れていることが伝わりますね。個人的な感想を述べれば、SOTO の新作 “Divak” はダークでヘヴィー、確かに若干メロディーが弱いものの、楽器陣が想像以上にテクニシャン揃いで、これからの活動に期待が出来そうです。今回の来日が契機となり、TALISMAN や SOTO でも、再度彼の姿を日本で見ることが出来るようになるかも知れませんね!
Jeff は Yngwie との現在の関係についても語ってくれました。メロディックハードの歴史の登場です。どうぞ!!

13886418_10154042639768192_3581429764931172334_n

続きを読む EXCLUSIVE INTERVIEW 【JEFF SCOTT SOTO : TALISMAN, KUNI, SOTO】LOUD PARK 2016 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TREMONTI : DUST】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARK TREMONTI !!

Tremonti-2016

One Of The US Top Guitarist, Legendary Mark Tremonti Has Just Released His Modern And Flesh New Album “Dust” !!

DISC REVIEW “DUST”

CREED, ALTER BRIDGE の大成功で、文字通り US ギタリストの頂点に君臨する Mark Tremonti が自身の名前を冠したバンド TREMONTI で最新作 “Dust” をリリースしました!!
グランジムーブメントが下火になりかかっていた90年代中盤から終盤にかけて現れた “ポスト・グランジ” バンドたちは、静と動のダイナミズム、うねるようなグルーヴといった点で、明らかにグランジムーブメントから強く影響を受けながらも、よりラジオフレンドリーなメロディー、楽曲とプロダクションで瞬く間に US ロックシーンの主役となりました。NICKELBACK, PUDDLE OF MUDD といったバンドと並んで CREED は勿論その1つ。グラミー賞も獲得し、全世界で4000万枚以上を売り上げたバンドを牽引していたのが不世出のギタリスト、Mark Tremonti でした。
ただ、彼の魅力は、CREED が一旦解散した後 (2009年に再結成を遂げた後、現在は休眠中) Mark が CREED の楽器隊とあの Slash も目をつけた Myles Kennedy という本格派ボーカリストを得て結成した ALTER BRIDGE、そしてよりソロプロジェクトに近いこの TREMONTI で一層伝わるのかも知れませんね。
Myles のブルージーな歌唱を活かし、LED ZEPPELIN を現代に蘇らせたかのような ALTER BRIDGE のロックサイド、自らがボーカルを務めよりメタルに特化した TREMONTI。どちらのバンドでも、Mark のトレードマークである独特のアルペジオ、キックドラムとシンクロするアグレッシブな低音リフ、何よりアイデア豊富で強烈なエモーションを発するリードプレイを存分に楽しむことが出来ますね。
TREMONTI の最新作 “Dust” は、前作 “Cauterize” の続編で、2枚はレコーディングも同時に行われた実質2枚組の大作です。アルバムオープナー “My Last Mistake” から “The Cage” への流れは TREMONTI を象徴しています。変拍子をも織り交ぜたヘヴィーなリフは実に複雑で、リズムセクションとのシンクロが実に見事。究極にキャッチーなコーラスパートは NWOAHM の流れを組んでいるようにも感じます。”The Cage” のカントリーミュージックで主に使用される、チキンピッキングを組み込んだリードプレイはただただ圧倒的で、彼が長年トップに立っている理由が伝わりますね。
加えて、リフの嵐、畳み掛けるような “Catching The Fire” のオリエンタルなミドルセクションなどは、プログレッシブとも言えるほどで、アルバムをフレッシュなモダンメタル作品へと昇華させています。
一方、タイトルトラック “Dust” は彼が CREED で培ったものが見事に結実していると感じました。具体的には、 “One Last Breath” で聴くことの出来る、ユニークなコードワーク、アルペジオ、そして情熱的なメロディー。Mark の歌唱、リードプレイは共に究極なまでにエモーショナルで、それは逆に、つまり彼が CREED を眠らせている意味がこの楽曲に存在するような気さえしますね。
そして、Mark は現在 ALTER BRIDGE でも新作を制作中。”Dust” から伝わる、今こそが絶頂期だと確信してしまうほど充実している Mark の状態を考えれば、素晴らしい作品になることは間違いないでしょう!
今回弊誌では、Mark Tremonti にインタビューを行うことが出来ました。残念ながら、日本では Mark の実力、音楽があまり浸透していないと思います。ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね!どうぞ!!

426_10154030729849521_7781552087918402835_n

TREMONTI “DUST” : 9.2/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TREMONTI : DUST】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIZZY MIZZ LIZZY : FORWARD IN REVERSE】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHRISTENSEN OF DIZZY MIZZ LIZZY !!

Dizzy Mizz Lizzy Rødovre Rådhusplænen 27 maj 2016

Danish Legend is back!! DIZZY MIZZ LIZZY has just released their new milestone, “Forward In Reverse” for the first time in twenty years!!

DISC REVIEW “FORWARD IN REVERSE”

リユニオンを果たしたデンマークの巨人、DIZZY MIZZ LIZZY が遂に待望の復活作 “Forward In Reverse” を日本先行リリースしました!!
ロック/メタルの概念が再構築された90年代初頭、ヨーロッパから登場した DML は確実にゲームチェンジングな存在でした。主に US 主導で発生した大きなオルタナティブの波は、革新的でしたが、”メロディー” に対する考え方の違いから1部で拒否反応を生んだのも事実です。しかし、ユーロという土壌で育まれた DML の音楽は、両者の優れた部分を併せ持ったハイブリッドな存在として、2枚のアルバムしか残さなかったにもかかわらず、解散後もデンマーク本国はもとより、日本、そして世界中で愛され続けて来たのです。
20年振り、通算3枚目のフルレングスとなる “Forward In Reverse” には3曲ものインストゥルメンタルトラックが収録されています。そしてこの3曲こそが DIZZY MIZZ LIZZY の Yesterday & Today を紐解く鍵となるような気がします。
アルバムオープナー “Phyling Pharaoh” はタイトルが示す通り、オリエンタルなムードを纏っています。こういった浮遊感のあるエスニックなメロディーは、90’s オルタナバンドにも通じ、例えば、名曲 “Waterline” のインストパートなどでも聴くことが出来ますね。
“Frey” は美しいアコースティックな小曲。Tim が強く影響を受け、名作”Ram”を完全再現してしまうほど敬愛している Paul McCartney が THE BEATLES 時代に残した “Blackbird” を彷彿とさせます。
そして “Mindgasm”。彼らの特徴である “リズム遊び” を最大限に活かした楽曲は、躍動感に満ち、少しずつ音の並びやリズムパターンを変化させていくことで、独特のスリルとダイナミズムを生み出していますね。
言い換えれば、「Alternative, Beatles, Progressive」。この3要素こそ DML の解体新書だとアピールしているように思えたのです。余談ですが、”3″ という数字には、インタビューで語ってくれたように思い入れがあるようで、勿論、バンドは3ピースですし、タイトルトラック “Forward In Reverse” は3拍子で構築された復活の狼煙です。
では、彼らは単にノスタルジアのためだけに再結集したのでしょうか? 否。”Rotator” からの20年は作曲家としての Tim、演奏家としての DML を見事に成熟させました。
Loud Park 2015 で目撃した DIZZY MIZZ LIZZY は非常にオーガニックでスポンティニュアスなライブバンドでした。次々と繰り出される、インプロヴィゼーションやインタープレイは、あの Jimi Hendrix を想起させるほどで、ロックの源衝動を喚起させるに充分な凄みがありましたね。そして、彼らは “Forward In Reverse” にもその空気感をそのまま持ち込んでいます。インタビューにもある通り、インストを多数収録したのは、”今”の彼らの演奏家としての充実ぶり、自信の現れでしょう。
楽曲面で見れば、”Made to Believe” “Love At Second Sight” のような新しい DML のアンセムとなるような楽曲と並んで、Tim がソロで養ってきたより内省的でメロディアスな “Something So Familiar” “Say It To Me Anyway” も収録されており、さらに音楽性の間口が広がった印象です。また、Tim はトレードマークであるギターとボーカルのユニゾンを過去作よりも多用しており、DML のカムバックを強く印象付けています。
結果として、リユニオン作品としては異例の、瑞々しさに満ちたフレッシュで新たな代表作が誕生したように思います!
今回弊誌では、Tim にインタビューを行うことが出来ました。5月には単独公演も控えています。どうぞ!!

12832513_1159228684111468_6590611399365013670_n

DIZZY MIZZ LIZZY “FORWARD IN REVERSE” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DIZZY MIZZ LIZZY : FORWARD IN REVERSE】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!