NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WILDERUN : VEIL OF IMAGINATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DAN MULLER OF WILDERUN !!

“Epic Is Probably The Most Encapsulating Word You Could Use But I Feel Like It Still Leaves Out Some Of The More Progressive And Experimental Sides Of Our Music.”

DISC REVIEW “VEIL OF IMAGINATION”

「”エピック” はおそらく最も僕たちの音楽を要約した言葉だけど、ただ僕たちの音楽にあるいくつかのより進歩的で実験的な側面をそれでもまだ除外しているように感じるね。」
虚空に七色の音華を咲かせるフォーク-デス-ブラック-アトモスフェリック-シンフォニック-プログレッシブ-エピックメタル WILDERUN は、ジャンルという色彩のリミットを完全に排除してリスナーに名作映画、もしくは高貴なオペラにも似て胸踊るスペクタクルとドラマティシズムをもたらします。
「OPETH の音楽には特に昔の音源でダークな傾向があるんだけど、WILDERUN には常に見過ごされがちな明るく豊かな側面があったと思うんだ。」
時にアートワークから傑作を確信させるレコードが存在しますが、WILDERUNの最新作 “Veil of Imagination” はまさにその類でしょう。アートワークに咲き誇る百花繚乱はそのまま万華鏡のレコードを象徴し、”陽の”OPETHとも表現されるブライトでシンフォニックに舞い上がる華のモダンメタルは、シーンにおける “壮大” の概念さえ変えてしまうほど鮮烈なオーパスに仕上がりました。
「僕たちが様々な種類の音楽をブレンドする際に使用した最も重要なテクニックとは、単にストレートなフォークセクションをプレイしてから、お決まりのブラックメタルパートを始めるって感じじゃないんだよ。その代わりに、メタルと非常に異なるスタイルの音楽にしか存在しないと思われる特定の作曲テクニックを分析し、それをどうメタルの文脈に適応させるのか探っていったんだ。」
ベーシスト/オーケストレーター Dan Muller が語る通り、WILDERUN の多様性は単純な足し算ではなく複雑な掛け算により無限の可能性を見出しています。様々なジャンルの本質を抜き取り、その膨大なコンポーネントを最適に繋ぎネットワークを構築する彼らのやり方は、さながら人間の神経系統のように神々しくも難解な神秘です。
中でも、シンフォニックなアレンジメントは作品を通じて情炎と感奮、そして陶酔をもたらす WILDERUN のシナプスと言えるのかも知れませんね。メタルをはじめとした豊かな音の細胞は、優美でドラマティックなオーケストレーションにより有機的に結合し、思慮深くシームレスに互いを行き来することが可能となるのです。
オープナー “The Unimaginable Zero Summer” はその進化を裏付ける確固たる道標に違いありませんね。語りに端を発する抽象的かつファンタジックな15分の規格外に、目的のない誘惑など1秒たりとも存在していません。
オーケストラの名の下に、無慈悲なデスメタルからメランコリックアコースティック、浮遊するエレクトロニカ、オリエンタルな重量感、絶佳なワルツの大円団、そしてエセリアルなピアノのコーダまで、秩序と無秩序の間で悠々と整列した音の綺羅星はいつしか夜空にプログレッシブな夏の星座を映し出しているのです。WILDERUN に宿る平穏と焦燥の対比を完膚なきまでに描き象徴する Evanのボーカルレンジも白眉。
クライマックスは中盤に。”Scentless Core (Budding)” に蒔かれたエピックの種は、”Far From Where Dreams Unfurl” の青葉としてエアリーかつメランコリックな大合唱で天高く舞い上がり、”Scentless Core (Fading)” で老獪な叙情の花を咲かせるのです。まるでアルバムのテーマである無邪気から退廃へ、人の歩みを代弁するかのように。
例えばプログレッシブデスメタルなら “Blackwater Park”、シンフォニックエピックメタルなら “Imaginations From The Other Side”、オリエンタルフォークメタルなら “Mabool”。ファンタジックで知的なメタルには各方面に絶対のマイルストーンが存在します。しかし “Veil of Imagination” はOPETH よりも華やかに、BLIND GUARDIAN よりも多様に、ORPHANED LAND よりもシンフォニックに、数ある傑作の交差点として空想力に創造性、好奇心、そして多様性のモダンメタル新時代を切り開くのです。
今回弊誌では Dan Muller にインタビューを行うことが出来ました。「少なくとも僕にとってこのレコードの歌詞のゴールは、世界を実際あるがままに見せることなんだ。みんなの心の目を再度トレーニングしてね。」2度目の登場。どうぞ!!

WILDERUN “VEIL OF IMAGINATION” : 10/10

INTERVIEW WITH DAN MULLER

Q1: When I first saw beautiful artwork of “Veil of Imagination”, I believed it would be masterpiece of metal history. And that was true. “Veil of Imagination” is definitely one of the best metal record in decades! After all the creative process, did you feel confident about the results?

【DAN】: Thank you so much for the kind words! The response we’ve gotten thus far as been overwhelmingly positive and it certainly helps solidify my pride in this record. I certainly feel like this is the best record we’ve done yet.

Q1: “Veil of Imagination” の美しいアートワークを見た瞬間、傑作だと確信しました。実際、今世紀においてベストのメタルレコードの一枚だと感じています。
全ての作業を終えた時、手応えはいかがでしたか?

【DAN】: どうもありがとう!ファンからの反響は圧倒的にポジティブだし、それがこのレコードに対するプライドをより強固にしてくれているよ。うん、確実にこれまでで最高の作品だと感じているね。

Q2: It seems “Veil of Imagination” is your most natural, genuine thing you’ve created so far, right? Where did the inspiration or “imagination” of this record come from?

【DAN】: Definitely. We consciously tried to not lean on any one influence of ours too hard – favoring instead a healthy balance of very different kinds of music. Our influences on this album range from everything from electronic music to indie/folk music to classic death metal. I think the most important technique we used in blending all the different kinds of music is to not simply play a straight up folk section and then go into a straight up black metal part. Instead we’d try to analyze specific compositional techniques that seem to only exist in very different styles of music and figure out how that kind of technique could be applied in a more metal setting.

Q2: このアルバムは、WILDERUN にとって最も自然で、真摯な作品ではないでしょうか?”Veil of Imagination” の “イマジネーション” はどういった場所から得たのでしょう?

【DAN】: 間違いないね。今回僕たちは、意識的に一つの影響に頼りすぎないようにしたんだよ。その代わりに、様々にとても異なる音楽を “健康的な” バランスで結びつけるようにしたんだ。
“Veil of Imagination” には、エレクトロニカからインディー/フォーク、そしてクラッシックなデスメタルまで幅広い影響が存在する。そして、僕たちがその様々な種類の音楽をブレンドする際に使用した最も重要なテクニックとは、単にストレートなフォークセクションをプレイしてから、お決まりのブラックメタルパートを始めるって感じじゃないんだよ。
その代わりに、メタルと非常に異なるスタイルの音楽にしか存在しないと思われる特定の作曲テクニックを分析し、それをどうメタルの文脈に適応させるのか探っていったんだ。

Q3: Regarding concept, or lyrical themes, what’s the story of “Veil of Imagination”?

【DAN】: Veil of Imagination is all about the journey of transitioning from the innocence of the child mind to the corruption of the adult mind. As time goes on we become more jaded and cynical or simply indifferent to things that once filled us with wonder. The goal of the lyrics on the record, at least to me, is to force yourself to retrain your mind’s eye into seeing the world the way it really is, which is one of beauty. However, the journey to that goal is a difficult one and there are many pitfalls along the way.

Q3: では、アルバムのコンセプトや歌詞のテーマについてお話ししていただけますか?

【DAN】: “Veil of Imagination” は子供の無邪気な心から大人の腐敗した心へと移行する旅路を表現した物語だ。時間が経つにつれて、僕たちはかつて自分たちを満たしていた不思議に対して、うんざりし、冷笑的になり、もしくは単に無関心になっていくよね。
少なくとも僕にとってこのレコードの歌詞のゴールは、世界を実際あるがままに見せることなんだ。みんなの心の目を再度トレーニングしてね。だけどその目標への旅は困難で、途中多くの落とし穴もあるんだけどね。

Q4: Actually, I feel this is like a great movie or opera. If you compare, what kind of movie, novel, classical music or opera is this?

【DAN】: The most recent artistic work I’ve seen that kind of takes a similar approach in structure would be the film, The Ballad of Buster Scruggs. The film is comprised of what are essentially six short stories or vignettes that are independent from one another in plot yet all deal with similar settings and subject matters. It’s one of the most cohesive nonsingular films I’ve seen and I think Veil takes a similar approach.

Q4: 作品を聴き終えた後、名作映画やオペラを鑑賞したような感覚に陥りましたよ。”Veil of Imagination” をそういったアートに例えるならどういった作品を挙げますか?

【DAN】: 同様の構造を持ったアプローチとして最新のものは、映画 “バスターのバラード” “The Ballad of Buster Scruggs” だろうな。この映画は6つの短編小説、ビネットで構成されていて、プロットにおいては互いに独立しているけど、全ての短編が同じ設定とテーマを扱っているんだよ。
僕が見た中で最もまとまりのある非特異映画の1つであり、”Veil of Imagination” も同様のアプローチを取っていると思うんだ。

Q5: Regarding comparison, you are often compared with Opeth. But I feel “Veil of Imagination” is more bright, symphonic, eclectic, spectacular than Opeth music. What’s your perspective about that comparison?

【DAN】: We can’t deny that Opeth are a big influence on almost everyone in the band. I don’t think we can ever fully escape that comparison nor should we. We wouldn’t exist without them. But yes, I agree with you. Where Opeth’s music tends to linger in its darker tendencies (certainly in the older material), I think Wilderun has always had a brighter and more lush side that sometimes gets overlooked. I think a lot of that probably has to do with the fact that Sleep at the Edge of the Earth was the record that brought in a lot of new fans for us and that record in particular doesn’t stay to far from the darkness. But if you look at Veil and certainly Olden Tales you’ll see that we try to keep our sonic palette as large as possible.

Q5: “例え” と言えば、WILDERUN はしばしば OPETH の音楽性に例えられてきましたね? ただし、WILDERUN は彼らに比べてよりブライトでシンフォニックで多様にも思えます。

【DAN】: バンドのほとんど全員が OPETH から多大な影響を受けていることは否定できないね。だからその比較から完全に逃れることはできないだろうな。うん、彼らが居なければ僕たちは存在していないよ。
だけど君の見方には同意するよ。OPETH の音楽には特に昔の音源でダークな傾向があるんだけど、WILDERUN には常に見過ごされがちな明るく豊かな側面があったと思うんだ。その特徴が見逃されている理由の大部分はおそらく、新たに多くのファンを獲得したアルバム “Sleep at the Earth of the Earth” がダークな場所から遠い所に留まろうとはしていなかったからなんじゃかいかな。だけど “Veil of Imagination” や “Olden Tales & Deathly Trails” を聴けば、僕たちが音のパレットを可能な限り拡大しようとしているって伝わるはずだよ。

Q6: If it should be labeled, I’ll say this is perfect “Epic metal” record. Actually, when I first heard “Veil of Imagination”, I reminded Blind Guardian’s “Imagination from the Other Side”, or Orphaned Land’s “Mabool”. Are you comfortable to be labeled “Epic metal” than prog metal, folk metal, or something like that?

【DAN】: We always struggle with what to call ourselves these days. Epic is probably the most encapsulating word you could use but I feel like it still leaves out some of the more progressive and experimental sides of our music. Regardless of how you classify the sound of Wilderun, I always think of it in terms of that the vibe of Wilderun will always be one of fantasy and atmosphere – however that may translate from record to record.

Q6: もしジャンル分けが必要なら、私はこの作品を “エピックメタル” と称するでしょう。実際、BLIND GUARDIAN や ORPHANED LAND にも匹敵するスペクタクルですよね?

【DAN】: 確かに、最近は僕たちも WILDERUN を何と呼べばいいのか迷っているんだ。”エピック” はおそらく最も僕たちの音楽を要約した言葉だけど、ただ僕たちの音楽にあるいくつかのより進歩的で実験的な側面をそれでもまだ除外しているように感じるね。
まあ WILDERUN の音をどう分類するかに関係なく、僕は WILDERUN のヴァイブには常にファンタジーとアトモスフィアが存在すると考えていてね。ただそれはレコードからレコードで移り変わっていくかもしれないんだけどね。

Q7: For example, Enslaved started as viking, folk black metal, but they have been more eclectic, progressive as time goes by. It seems to me that the path you are walking is similar to them. Do you agree that?

【DAN】: I honestly don’t know what our path is. We’re just writing the music that inspires us at the time. In the case of Veil of Imagination, yes, the progressive elements took more of the forefront in the writing process. But that doesn’t mean at all that we’ll be operating the same way on the next record.

Q7: 例えば ENSLAVED は初期のヴァイキング/フォークブラックメタルからより多様でプログレッシブな領域へと進化を遂げています。WILDERUN も同様の道を辿っているようにも思えますが?

【DAN】: 正直言って、自分たちの方向性については僕たちもよく分かっていないんだ。その時々でインスパイアされた音楽を書くだけだからね。
ただ、”Veil of Imagination” に関しては、確かにライティングプロセスにおいてプログレッシブな要素が前面に出てはいるね。ただし、次のレコードで同じ道を辿るという意味では全くないんだよ。

Q8: Dan Swano & Jens Bogren’s production team is maybe one of the best in the scene. How was working with them?

【DAN】: Fantastic. Swanö was very easy to work with and he was incredibly accommodating in terms of our incessant mix notes. We have a tendency to go down the rabbit hole with the smallest details and ideas and he did a great job of leading us there when appropriate and holding us back when unnecessary. Jens was was also a pleasure to work with even though it was a fairly short period of time. We only had to revise the master once before it was where we wanted it to be and he made sure we were totally happy with it before we printed the final masters.

Q8: Dan Swano & Jens Bogren のプロダクションチームは、シーンでもベストの一つですよね?

【DAN】: 素晴らしかったよ。Dan Swano は非常に働きやすくて、僕たちの絶え間ない音をミックスすることにも実に親切だったんだ。僕たちには “ウサギの穴” のように細かいディティールとアイデアを掘り下げる傾向があるんだけど、彼は必要な時は導き、不必要なときには遠ざけるという素晴らしい仕事を行ってくれたね。
Jens とはかなり短期間だったけど、やはり一緒に仕事ができて嬉しかったね。マスターを修正する必要があったのは一度だけで、最終マスターを提出する前に、彼は僕たちが完全に満足していることを確認させてくれたのさ。

DAN’S RECENT FIVE FAVORITE ALBUMS 

OPETH “IN CAUDE VENENUM”

RAMMSTEIN “UNTITLED”

THE CURE “DISINTEGRATION”

HEILUNG “FUTHA”

FLEET FOXES “HELPLESSNESS BLUES”

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you guys for all your support throughout the years and I hope we can make it out to your neck of the woods soon! Cheers!

何年ものサポートをありがとう!近いうちに、君たちの場所にも行けることを願っているよ。ありがとう!

DAN MULLER

WILDERUN Facebook Page
WILDERUN Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【JINJER : MACRO】


COVER STORY : JINJER “MACRO”

“I Was Too Young To Remember Life In Soviet Union, But The Spirit Of Soviet Union Is Still Here. I’m Living In An Apartment Built Maybe 40 Years Ago, And My Parents Live In Such An Apartment, As Well. All Our Shops And Supermarkets Are Situated In Buildings Built Then. So It Is Still Sike Soviet Union. And There Are a Lot Of People Who Still Have Soviet Union In Their Heads And Their Minds.”

HOW JINJER SINGER TATIANA CROSSES MUSICAL, LYRICAL, AND UKRANIAN BORDER 

「時に穏やかで平穏。だけど時に人々は何かが起こるのをただ待っている。今現在、少なくとも爆撃はされていないわ。それは良い事ね。」
JINJER のボーカリスト Tatiana Shmailyuk はウクライナのドネツクにある故郷ゴルロフカについてそう話します。彼女とバンドメイト、ベーシストの Eugene Abdiukhanov、ギタリスト Roman Ibramkhalilov、そしてドラマー Vladislav Ulasevich が最初にドネツクから逃れたのは2014年のことでした。それから程なくして、ウクライナの内戦を装った現在も続くウクライナとロシアの衝突、クリミア危機が勃発したのです。
「良い時期に脱出したと思うわ。だって数ヶ月後には国境地域を跨ぐことさえ本当に不可能となっていたんだから。」
戦場から逃れる中で、JINJER は東部から西部へと800マイルを移動してポーランドとの国境に近いリヴィウに立ち寄りました。
「だけどすぐに退屈してしまったわ。旅行者のための街だったから。家も借りたんだけど、水道、電気、暖房設備に問題があって住むことは難しかった。だからもっと文明化された場所へ移ることにしたの。」そうして Tatiana 達はウクライナの首都キエフへと移り住んだのです。

では、ウクライナの風土や国民性は JINJER にどういった特徴をもたらしているのでしょうか?
「JINJER は優しさと弱さが等しい土地から生まれたの。ウクライナは経済的には厳しい国よ。特に90年代前半、私たちの親の世代は大変だった。父と母は最低の賃金を得るためでさえ一生懸命働かなければならなかったの。兄と私を養うために。学校や家の近くにもいつも犯罪があったしね。そこから私たちは人生の教訓を多く学んだわ。
だからウクライナ人は精神的にタフなのよ。例えば少々痛くても、医者には行かないわよ。最後まで我慢する。 だからショウもキャンセルなんてしないわ。ジュネーブの灼熱で喉が腫れ上がっても、私はセットを完遂したわ。根性ね。」
ただし、素顔の Tatiana はシャイな一人の女性です。「みんな私を鉄の女か何かだと思っているようだけど、私だって人生全てを恐れているわ。だから演じているようなものよ。みんなと同じようにセンシティブで傷つきやすいの。いつもスクリームしている訳じゃないしね。まあ毎晩叫んでいるけど、朝は叫ばないわ (笑)。」

Tatiana は JINJER を始めるずっと以前から歌い、そしてその咆哮を響かせていました。
「母に言わせれば、とても幼い頃からスクリームしていたそうよ。叫びすぎておなかにヘルニアができたくらいにね。」
稀に叫んでいない時には、ラジオで聴いたロシアやウクライナのポップソングを歌っていました。1989年のヒットソング “Lambada” も彼女のお気に入りです。「ポルトガル語は分からないけど、シンガロングしていれば楽しいわよね。」
シリアスにボーカルへ取り組み始めたのは8歳の時。レッスンを受け、コンサートホールで合唱隊としてコンサートを行いましたが、ダンスの振り付けに悩まされてしまいます。
「二度とやらないわ!ダンスを誰かとシンクロさせるなんて苦行。一人でなら全てをコントロール出来るんだけどね。」
しかしすぐに兄によってロシアンメタルの世界へと誘われ人生が変わりました。中でも、ロシアの IRON MAIDEN と称される ARIA の存在は別格。
「ドネツク、特に私の故郷ゴルロフカの人間は音楽的なのよ。メタルが大好きだしね。偉大なバンドも沢山あったわ。兄もミュージシャンでダークなドゥームバンドでギターを弾いていたの。」

1991年、ソヴィエト連邦が崩壊すると変化は猛烈な勢いで押し寄せました。MTVはウクライナにも NIRVANA や OFFSPRING のウイルスを運びます。
「NIRVANA を聴いてすぐにロシアのロックを忘れたわ (笑)。MTV は最高だった。すぐに OFFSPRING にハマったわ。私たちの街で私は一番の OFFSPRING ファンに違いなかったの。父がテレビの音をカセットに録音する方法を教えてくれてね。友人やクラスメイトとテープの交換を始めたのよ。そうしてリスナーとして音楽体験を共有していたのね。」
OTEP の Otep Shamaya は Tatiana の感性に衝撃を与えました。「この男の人は最高にクールね!って言ったら友人が女の子よって。OMGって感じよ!こんな女の子は初めてだったわ。そうやって私も彼女みたいに衝撃を与えたいって思うようになったの。
私も9歳からずっと男物の服を着ているわ。それって結局、性別で世の男性を虜にしたくないからなんでしょうね。それよりも中身や心で惹きつけたいのよ。去年ツアーで会えたんだけど、酔っ払っていてずっと彼女を賞賛していたことしか覚えていないの。」
2009年、キエフに訪れた SOULFLY が初めてのメタルコンサート。「めったにない機会だったのに、彼氏が誰かと喧嘩をはじめて途中でセキュリティーに追い出されたのよ。その夜はずっと彼を責め続けたわ。」

近年、ツアーで家を開けることも多い Tatiana ですが、それでも継続中の紛争は彼女をウクライナから完全に切り離すことはありませんでした。ただしソヴィエトのアティテュードに魅力を感じることはありません。ソ連が崩壊した時 Tatiana はわずか4歳でしたが、それでも強硬な共産主義の残影は彼女を未だに訶みます。
「ソビエト連邦での生活を思い出すには幼すぎたけど、それでもソ連の精神はまだここにあるの。私はおそらく40年前に建てられたアパートに住んでいて、両親も同様にそんな感じのアパートに住んでいるわ。お店だってスーパーマーケットだって当時建てられたもの。だからここは今でもまるでソ連よ。それにまだ多くの人々が頭や心にソ連を宿しているの。
古い人間をマトリョーシカって呼んでるわ。私の容姿はバスの中でもジロジロ見られるし。ウクライナでは男性でもタトゥーは受け入れられていないの。まだ U.S.S.R の考え方でいるから、異なる人間が気にくわないのよ。そういった年配の人たちはテレビばかり見ているけど、そこに現実は映っていないわ。タトゥー?あなた60歳になったらどうするの?って感じよ。」

青春期を東欧の貧困家庭で過ごした Tatiana の人間に対するダークな見方は、彼女の故郷に限りません。「私は人類が好きじゃないの (笑)。進化で何かがおかしくなったのよ。今では神様や自然を蔑ろにしている。それが私の内なる怒りを呼び起こすのよ。」
母なる自然への愛情は Tatiana をヴィーガンに変えようとしています。「私はまだビーガンになろうとしているところなの。子供の頃あまり裕福じゃない家庭で育ったから、肉を食べる余裕があまりなくてね。だから最近肉をやめて、肉が大好きだって気づいたの。肉の匂いがすると、気が狂いそうよ。でも動物の苦しみや環境を思うとね…。」
幸いなことに、Tatiana はヴィーガンへの願望と肉食への渇望を両立させる解決策を持っています。「人間の肉を食べることが許されるならそうするわ (笑)。そんなに食に貪欲なら、お互いを食べてみない?」

DISC REVIEW “MACRO”

Facebook に次いで世界で2番目に人気のあるソーシャルメディアプラットフォーム YouTube。JINJER が公開した “Pisces” のライブビデオはすでに2800万回の視聴数を誇ります。
当然そこには、ウクライナという出自、さらにジキルとハイドを行き来する女性ボーカル Tatiana の希少性、話題性が要因の一つとして存在するはずです。
ただし、JINJER の音楽がオンラインによくある、短命のインスタントなエンターテインメントでないこともまた事実でしょう。ベーシスト Eugene にとっては音楽が全てです。
「ウクライナ出身だから政治性を求められるのも分かるんだけど、僕らの音楽にかんしては何物にも左右されないんだ。仮にロシア出身だろうと、イタリア出身だろうと同じだよ。音楽と僕たち。全てはそれだけさ。」
つまり、JINJER は同時代の若者に表層から衝撃を与えつつ、実のところその裏側では幾度ものリスニング体験に耐えうる好奇心と思考の奥深きトンネルを掘り進めているのです。
実際、Tatiana は JINJER がスポットライトを燦々とその身に浴びるような集団ではないと語ります。
「有名になりたいって訳じゃないの。今でも私は車ももっていないし築40年のアパートに住んでいるわ。だから第2の “Pisces” を作ろうなんて思わない。JINJER は大人気になるようなバンドじゃないわ。」

とは言え、PROTEST THE HERO の精子と KILLSWITCH ENGAGE の卵子が受精し生まれたようにも思える2012年の “Inhale, Don’t Breath” から JINJER は異次元の進化を遂げています。比較するべきはもはやメタル世界最大の恐竜 GOJIRA でしょうか。それとも MESHUGGAH?
テクニカルなグルーヴメタルに Nu-metal と djent の DNA を配合し、R&B からジャズ、レゲエ、ウクライナの伝統音楽まで多様な音の葉を吸収した JINJER のユニークな個性は全てを変えた “King of Everything” から本格化へ転じたと言えるでしょう。
2019年に届けられた EP “Micro” とフルアルバム “Macro” は双子のような存在で、創造性のオーバーフローの結果でした。
「もともとフルアルバムの予定はなかったんだ。”Micro” は次の作品までの繋ぎって感じだったんだけど、完成が近づくともっともっと楽曲を書きたくなってね。クリエイティブなエナジーが溢れていたんだ。」

無慈悲なデスメタルから東欧のメランコリー、そしてレゲエの躍動までを描く“Judgement (& Punishment)” はJINJER の持つプログのダイナミズムを代弁する楽曲でしょう。
「僕たちの音楽に境界は存在しない。いいかい?ここにあるのは、多様性、多様性、そして多様性だ。」そう Eugene が語れば Tatiana は 「JINJER に加わる前、私はレゲエ、スカ、ファンクをプレイするバンドにいたの。だからレゲエの大ファンなのよ。頭はドレッドにしていたし、ラスタファリに全て捧げていたわ。葉っぱはやらないけど。苦手なの。JINJER は以前 “Who Is Gonna Be the One” でもレゲエを取り入れたのよ。レゲエをメタルにもっともっと挿入したいわ。クールだから。」と幅広い音楽の嗜好を明かします。
判決を下し罰するというタイトルは SNS に闊歩する魑魅魍魎を揶揄しています。「気に入らなければ放って置けばいい。私ならそうするわ。なぜ一々批判的なコメントを残すのかしら?それって例えばスーパーに行って質の悪いバナナを見る度、おいクソバナナ!お前が大嫌いだ!さっさと木に戻りやがれ!って叫び始めるようなものでしょ?(笑) 私は他にやるべきことが沢山あるの。そんなことに割くエナジーはないわ。」

“On The Top” は2020年代の幕開けを告げる新たなプログアンセム。SOULFLY を想わせるトライバルパーカッシブと djent の小気味よいスタッカートシンコペートは Tatiana のフレキシブルな歌呪術へと怪しく絡みつき融けあいます。
「ラットレースのラットを演じてるって感じることはある?世界はどんどんそのスピードを増し、誰もが成功と呼ばれるあやふやなものに夢中よね。”On The Top” で訴えたのは、名声や成功に伴う孤独と満たされない心。”トップ” に到達するため犠牲にするものは多いわ。その梯子は本当に登る価値があるの?犠牲を払うのは自分自信なんだから。」
ウクライナの陰影を抱きしめたコケティッシュな “Retrospective”、ポルトガルのライター José Saramago の著作にインスピレーションを受け、死を地球を闊歩するクリーチャーになぞらえた “Pausing Death”、大胆にも聖書を再創造したと語る “Noah” など、Tatiana の扱う題材は多岐に富み、世界をマクロ、そしてミクロ、両方の視点から観察して切り取るのです。
「ウクライナでは決してメタルは歓迎されていないの。にもかかわらず素晴らしいバンドは沢山存在するわ。ただ、チャンスを把み国境を超えることは本当に難しいの。」
アイコニックな女性をフロントに抱き、多様性を音楽のアイデンティティーとして奉納し、ウクライナという第三世界から登場した JINJER は、実はその存在自体が越境、拡散するモダンメタルの理念を体現しています。音楽、リリックのボーダーはもちろん、メタファーではなく実際に険しい国境を超えた勇者 JINJER の冒険はまだ始まったばかりです。

参考文献: FROM WARZONES TO MOSH PITS: THE EVOLUTION OF JINJER’S TATIANA SHMAILYUK: REVOLVERMAG

Jinjer Singer Didn’t Want ‘Pisces’ to Become So Popular [Exclusive Interview] Read More: Jinjer Singer Didn’t Want ‘Pisces’ to Become So Popular | LOUDWIRE

Ukrainian Metal Band Jinjer Delivers on Its Promise With New Album ‘Macro’

METAL INJECTION “JINJER”

JINJER Facebook Page
JINJER Official
NAPALM RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MAYHEM : DAEMON】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GHUL OF MAYHEM !!

“We Definitely Had In Mind That We Wanted Daemon To Be Some Sort Of Return To a Certain Mood From a Certain Era. Of Course Playing De Mysteriis So Many Times Over The Past Years Means It Bled Into The Creative Process For Sure.”

DISC REVIEW “DAEMON”

「俺もじきに Euronymous を殺ってやろうと思っていた。だからあの朝新聞であのニュースを読んで、家に帰って武器やドラッグを隠さねーとと思ったんだ。おそらく俺が第一容疑者だったはずだから。」
Necrobutcher が今年発したこの言葉は、ブラックメタルを司るノルウェーの闇司祭 MAYHEM に刻まれた、逃れられぬ呪われし過去の暗影を再び浮かび上がらせることとなりました。
MAYHEM 初期の歴史には死と犯罪の禍々しき臭気が立ち込めています。教会への放火は連鎖の序幕。オリジナルボーカル Dead は自らでその命を断ち、バンドの中心人物 Euronymous は Dead の死体写真を撮影し、彼の “死” をある種利用して MAYHEM の神秘性を高めました。ただしその宿悪は、1993年、MAYHEM でベースをプレイしていた BURZUM の Varg による Euronymous 殺害という狂気の終着駅を導く結果となったのです。
しかし一方で、その凄惨と背教、サタニズムに根差す闇の神秘が、異端に焦がれる数多の使徒を惹きつけ、今日の巨大で邪悪なメイヘム像を建築する下地となったのも確かでしょう。
「間違いなく、俺らの中には “Daemon” である特定の時代の、特定のムードへといくらか回帰したいという気持ちが存在したんだ。もちろん、ここ何年にも渡って “De Mysteriis Dom Sathanas” を何度もプレイしたことは、今回のクリエイティブプロセスに影響を与えたよ。それは確かだね。」
BEHEMOTH の Nergal をして “エクストリームメタルのマグナムオーパス” と言わしめる “De Mysteriis Dom Sathanas”。完全再現ツアーを続ける中で、MAYHEM は自身のマイルストーンを再発見し、拡散する音楽の進路を原点へと向かわせる決断を下したと Ghul は語ってくれました。
ただし5年ぶりとなる最新作 “Daemon” は、単純に “De Mysteriis Dom Sathanas” PT.2 を目論んだレコードではありません。何より、古典のインテグラルパートであった Euronymous と 歌詞を残した Dead は世界から失われて久しいのですから。
“De Mysteriis” は例えるならば悲愴と熾烈を意図的に掛け合わせたキメラ獣でした。ハンガリーのアクセントでさながら病んだ司祭のように歌い紡ぐ Attlia のシアトリカルでオペラ的なパフォーマンス、Euronymous のアイデアを基にしたエコーとリヴァーブ、マルチトラックの音の壁、Hellhammer の恐怖と抑制のドラミング。
圧倒的に悪意が貫かれたアルバムはブラックメタルのスタンダードでありながら、決してジャンルへの入り口となるようなアクセシブルな作品ではなく、むしろ部外者を拒絶し謝罪も譲歩も受けつけない唯一無二の無慈悲な威厳を纏っていました。
もちろん、旅路の果てに “Daemon” で取り払った装飾と実験性、そして時代を超えたプリミティブな獰猛と邪悪はオールドスクールな MAYHEM の姿を投影しています。しかし究極的には、”Daemon” で受け継いだと言われる “De Mysteriis” の遺産とは、原始的なピースとしての楽曲が、集合体として底知れない深み、知性を得る “De Mysteriis” のスピリット、構造そのものだと言えるのかもしれませんね。
そうして可能となった、内なる “悪魔” とのチャネリング。 Necrobutcher は “Daemon” こそがここ15年で MAYHEM の最高傑作だと断言します。
「2004年に “Chimera” をリリースしてから最も誇れる作品だ。ここ15年で最高のものだよ。おそらくそれは… “ライブフレンドリー” な仕上がりになったからだ。”Esoteric Warfare” や “Ordo Ad Chao” にはそこが決定的に欠けていたからね。
その2作も良いアルバムだったけど、ライブで再創造するのが難しかった。”Daemon” はそうじゃない。半数の楽曲はこれからライブでプレイする予定だよ。だから前2作とは全く関連がないとも言えるね。現行のメンバーで9, 10年は続けている。そうして成熟した成果なんだ。」
「俺らはこのレコードで全てを取り払い、”本質” へと戻したのさ。」”Daemon” に求めたものはブラックメタルの “本質”。ライブの原衝動は確かに本質の一部でしょう。では細分化、複雑化を極める現代のブラックメタル世界で Ghul の語る本質とは何を意味するのでしょう。初期の禍々しき “メイヘム” な記憶?
「俺にとってブラックメタルとは、いつだって精神を別の世界、領域へと誘う音楽なんだ。だから様々な表現方法があって然るべきだと思う。」
そう、彼らにとってサタニックテロリストの過激な姿はそれでも過ぎ去りし過去。それは Necrobutcher がかの “Lord Of Chaos” ムービーに放った 「全部でたらめだ。映画を見たけどただ悲しくなったね。良い映画じゃないよ。」 の言葉に投影されているようにも思えます。ブラックメタルの “本質” とは思想、信条にかかわらずリスナーを非日常の別世界、精神領域へと誘うパスポートだと言えるのかもしれませんね。
今回弊誌では、ギタープレイヤー Ghul にインタビューを行うことが出来ました。「彼らにとって大きな意味を持つ作品なんだと痛感したよ。だから、”De Mysteriis Dom Sathanas” を可能な限り忠実に、俺たちがライブで再創造することが重要だったんだ。」 どうぞ!!

MAYHEM “DAEMON” : 9.9/10

INTERVIEW WITH GHUL

Q1: First of all, how was playing whole “De Mysteriis Dom Sathanas” album? Definitely, it’s huge milestone not only for you, but also whole metal scene, right?

【GHUL】: A huge responsibility. So many people know the album so well, and it means so much to them, it was important that we recreated it live as faithfully as possible. We really worked extremely hard to respect the album and give people an authentic experience.

Q1: まずは “De Mysteriis Dom Sathanas” 完全再現ツアーのご感想からお聞かせいただけますか?あの作品はメタルシーンにとっても、MAYHEM にとっても巨大なマイルストーンですよね?

【GHUL】: もの凄い反響だったよ。多くの人があのアルバムについて良く知っていて、それだけ彼らにとって大きな意味を持つ作品なんだと痛感したよ。だから、”De Mysteriis Dom Sathanas” を可能な限り忠実に、俺たちがライブで再創造することが重要だったんだ。
俺らはマジで究極にアルバムをリスペクトすること、そしてオーディエンスに正真正銘の体験を届けることにに努めたんだよ。

Q2: During “De Mysteriis Dom Sathanas”, you stop at Japan and played with Sigh & Defiled. How was the Japan Tour? Did you like our culture and landscape?

【GHUL】: Always. I love Japan, I love the food, the people everything. I feel a sense of familiarity when I am there, I’m not sure why.

Q2: ツアーの一環として、日本でも SIGH, DEFILED と共演し、完全再現も行いました。

【GHUL】: いつだって俺は、日本が大好きなんだよ。食事や人間、その全てがね。日本にいると俺は親しみやすさを感じるんだ。なぜだかは分からないんだけどね。

Q3: I think you went back to the old school stuff somehow in your new record “Daemon”, right? Was it influenced by “De Mysteriis Dom Sathanas” tour?

【GHUL】: We definitely had in mind that we wanted Daemon to be some sort of return to a certain mood from a certain era. Of course playing De Mysteriis so many times over the past years means it bled into the creative process for sure. I think you can hear the spirit of that album in Daemon somehow.

Q3: 最新作 “Daemon” ではいくらかオールドスクールなルーツへと立ち返った感覚がありますね。
“De Mysteriis Dom Sathanas” のツアーを行ったことで、そこから影響を受けた部分はありますか?

【GHUL】: 間違いなく、俺らの中には “Daemon” である特定の時代の、特定のムードへといくらか回帰したいという気持ちが存在したんだ。もちろん、ここ何年にも渡って “De Mysteriis Dom Sathanas” を何度もプレイしたことは、今回のクリエイティブプロセスに影響を与えたよ。それは確かだね。
うん、きっと “Daemon” を聴けば “De Mysteriis Dom Sathanas” のスピリットがいくらかは感じられるはずさ。

Q4: I really love the artwork of “Daemon”. It’s beautiful but evil. And album title is simply “Daemon”. What did you want to tell our dark, ugly society with this Satan’s record?

【GHUL】: For me the title represents the word in many possible forms. Actual demons, personal demons, metaphorical ones. That’s the then that ties the album together.

Q4: タイトルをシンプルに”Daemon” と名付けた新作のアートワークは、とても美しくしかし邪悪です。
このサタンのレコードで現代の暗く濁った社会に伝えたかったことは何でしょう?

【GHUL】: 俺にとっては、この “Daemon” ってタイトルは様々な意味に解釈可能だと思うんだ。実際の悪魔だったり、個人が抱える内なる悪魔だったり、もっと隠喩的な意味だったりね。
そういった様々な解釈がアルバムを結びつけているんだよ。

Q5: So, Black metal becomes more complex, more subdivision, more artistic in a decade. What’s the meaning of this kind of simple, old school but really evil, strong record in this age?

【GHUL】: I think it was necessary. People become obsessed with categories and names and titles. Just create something of worth. Say something, express something. Let fans and journalists worry about categories. We stripped everything back to its essence with this record.

Q5: ブラックメタルというジャンルは、ここ10年ほどでより複雑に、細分化され、アーティスティックになったと言えるかも知れません。
そんな今のシーンにおいて、”Daemon” というある種シンプルでオールドスクール、そして邪悪なレコードはどういった意味を持つのでしょう?

【GHUL】: そういった複雑化、細分化は必要だったと俺は思う。リスナーはカテゴリーやジャンルの名前、タイトルに夢中になるものだからね。
俺らは価値のあるものを創造するだけさ。まあだから、君らも何かを発信し、何かを表現してファンやジャーナリストにジャンル分けについて心配させてやろうじゃないか。俺らはこのレコードで全てを取り払い、”本質” へと戻したのさ。

Q6: So, do you care or check recent Black metal bands? Some newcomers are not into satanism but into spiritualism or nature itself. What’s your perspective about that?

【GHUL】: I think it makes sense. For me Black Metal has always been about transporting the mind to another realm somehow. That could mean many things.

Q6: では、最近のブラックメタルバンドを聴くことはありますか?
サタニズムから離れ、スピリチュアリズムや自然そのものへの憧憬を露わにするバンドも多いですが。

【GHUL】: 理に適ったことだと思うよ。俺にとってブラックメタルとは、いつだって精神を別の世界、領域へと誘う音楽なんだ。だから様々な表現方法があって然るべきだと思う。

Q7: Recently, Necrobutcher said “I was on my way to kill Euronymous myself.” Actually, in the “Inner Circle” at that time, there was lots of “Unrealistic events” there, right? Do you think Mayhem now is different, far from Mayhem at that time?

【GHUL】: For me it’s hard to comment as I was not there at the time.

Q7: 最近では、Necrobutcher が 「俺もじきに Euronymous を殺ってやろうと思っていた。」 と発言して物議を醸しました。実際、当時の “インナーサークル” ではそういった非現実的な事件が起こっていた訳ですよね?
そういった意味で、現在の MAYHEM は当時の MAYHEM と異なる存在だと言えるのでしょうか?

【GHUL】: 俺はあの時バンドにいなかったから、それについてコメントするのは難しいね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED GHUL’S LIFE

EMPEROR “ANTHEMS TO THE WELKIN AT DUSK”

ENSLAVED “FROST”

DEVIL DOLL “SACRILEGE OF FATAL ARMS”

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

THE PRODIGY “MUSIC FOR THE JILTED GENERATION”

MESSAGE FOR JAPAN

I sincerely hope to visit you again soon, and I hope you enjoy Daemon!

心底また日本をすぐに訪れたいよ。”Daemon” を楽しんでくれよな!

GHUL

MAYHEM Facebook Page
MAYHEM Official
CENTURY MEDIA RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!