NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AYREON : THE SOURCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ARJEN ANTHONY LUCASSEN OF AYREON !!

18121952_1404689356254875_7019070396098332728_o

The Most Gorgeous Metal Opera In The World, Ayreon Are Back To “Forever” Saga With The Newest Record “The Source” !! Beautiful And Wonderful 70’s Vibes Are Here!

DISC REVIEW “THE SOURCE”

オランダを代表するコンポーザー、マルチプレイヤー、シンガー、そしてプロデューサー、Arjen Anthony Lucassen のメタルオペラプロジェクト AYREON が2枚組90分の一大スペクタクル “The Source” をリリースしました!!AYREON の宇宙を再び拡大し、過去最高とも思えるクオリティーを備えたよりギターオリエンテッドなレコードは、絶佳なる現代のスペースオペラとしてシーンに君臨するでしょう。
“Forever” サーガと称される AYREON のストーリーは、時代も時空も超越した壮大なるSFファンタジー 。まるで “Star Wars” と “The Lord of the Rings” が共鳴し溶け合ったかのような知的かつファンタジックな物語は、実際ロック史に残るエピックとして海外では絶大な人気を誇るのです。
“Forever” サーガのストーリーラインは、アルバムのリリース順に語られる訳ではありません。

「”Forever” とは技術の進歩により長寿の秘密を発見した “Planet Y” に住む水生知的生命体。感情を失い全てを”マシン”に頼るという生き方に進化してしまった彼らは、種族を再度活性化させるため彗星に自らのDNAを託し地球へと送ります。彗星の衝突は地球を支配していた恐竜を滅亡させ、破壊の灰の中から人類が登場したのです。
当初、”Forever” の実験は成功したように思えました。 “Forever”の遺伝子を有する人類は、”Forever” が “マシン”に頼るようになる以前の感情を有していたのですから。しかし、進化をスピードアップさせた “Forever” は、皮肉にも人類が彼らと同様の問題に直面したことを知ります。それはテクノロジーへの依存と感情の危機でした。人類のモラルは発展の速度に追いついてはいなかったのです。”Forever” は人類を自己破壊から救えるのでしょうか?」

これが前々作 “01011001” のプロットであり “Forever” サーガの”エピソード0″に位置する話です。
そこからストーリーはファーストアルバム “The Final Experiment”、つまりエピソード1” へと繋がります。2084年に最後の世界大戦が起こり、火星へと移住し滅亡する運命の人類。2084年の科学者たちはタイムテレパシーで過去へと警告を発し、さらに人類は “Forever” に導かれ様々な時代、人種が滅亡を回避するための行動を続けて行くのです。
“The Source” は “エピソード-1″ に位置するストーリー。さらに時を遡り”Forever” が “Planet Y” へと辿り着く以前の物語が描かれています。

「人類の大きな祖先とも言える “The Alphans” は、環境問題や政治的混乱により危機を迎えていました。彼らの星を守るため “The Alphans” はグローバルコンピューター “The Frame” に全てを託しますが、コンピューターが星を守るために下した結論は、”The Alphans” の根絶だったのです。星から脱出可能な宇宙船は1台だけ。搭乗が許されたのは技術や能力を備えた一部の “The Alphans” のみでした。そうして彼らがたどり着いた惑星こそ “Planet Y” だったのです。
“The Frame” から解放された “The Alphans” は “Forever” と称するようになりました。それはテクノロジーを進化させ開発した、”マシン” により永遠の命を保証されたからに他なりません。しかし同時に “Forever” はテクノロジーに依存しすぎたがためその感情を失い、より高く構築した建物は太陽の光を全て遮り “Age of Shadows” という暗黒の時代を迎えてしまったのです。そうして彼らは地球に DNA を送ることとなったのです。」

ここまで長きに渡り、しかもスムーズにストーリーが繋がると戦慄すら感じますが、作品を通じてテーマとし警鐘を鳴らし続けるのが、”テクノロジーへの依存” がもたらす危険であることは明らかですね。
音楽的には、インタビューにもあるように、Keith Emerson, Rick Wakeman, Jodan Rudess など鍵盤のレジェンドを起用してプログレッシブかつキーボードオリエンテッドに仕上げた前作 “The Theory of Everything”、そして Anneke van Giersberge とタッグを組んだ “女性的な” GENTLE STORM のリアクション、反動として、”The Source” は非常にキャッチーでヘヴィーなアルバムに昇華されています。
重厚かつ絢爛なアルバムオープナー “The Day That The World Breaking Down” から登場しアルバムの要所で現れる、ハモンドと絡むヘヴィーなメインギターリフが DREAM THEATER の “Erotomania”, “Voices” に極めて酷似している点にはギョッとしますが、James LaBrie が参加しているのでおそらく問題はありません。
実際、オマージュこそが “The Source” のキーワードだと言えるでしょう。 インタビューにもあるように、Arjen は彼のロック/メタル、特に70年代に対する憧憬を隠そうとはしていませんね。例えば “Everybody Dies” “Journey to Forever” が QUEEN への愛情が込められたラブレターだとすれば、”Run! Apocalypse! Run!” “Into The Ocean” は RAINBOW の新作に対する督促状かも知れません。何よりも、Freddie Mercury や Dio の役割を問題なく果たすことの出来る Mike Milles や Russell Allen といった極上のシンガーたちを発見し、適材適所にオペラの “俳優” として重用する Arjen の才覚には脱帽するばかりです。
あなたがもしクラッシックロックのファンならば、アルバムを聴き進めるうちに JETHRO TULL, STYX, PINK FLOYD, Kate Bush, さらには同郷の FOCUS などを想起させる場面に出くわしニヤリとすることでしょう。しかし同時に Arjen の巧みで見事過ぎるコンポジションにも気づくはずです。
多弦ギターやエレクトロニカなどモダンな要素も吸収し、インタビューにもあるようにフォーク、メタル、アトモスフィア全てを調和させメロディーとフック、そしてダイナミズムに捧げたアルバムはまさにエピカルなメタルオペラの金字塔として後世に語り継がれていくはずです。
今回弊誌では、Arjen Anthony Lucassen にインタビューを行うことが出来ました。残念ながらツアーは引退したそうですが、これだけの内容をメンバー集めから全てほぼ1人でを制作し続けているのですから当然という気もします。どうぞ!!

16114051_10153998466326152_174550645936548581_n-2

15665499_10153929081351152_4843989400406994019_n

AYREON “THE SOURCE” : 10/10

INTERVIEW WITH ARJEN ANTHONY LUCASSEN

16819503_1292044590865329_7727324512748469385_o

Q1: Ayreon’s “Forever/Planet Y” saga seemed to have reached its conclusion with the album “01011001”. But The newest album “The Source” revisits the Forever saga, adding a whole new chapter to your life work. You know, I feel “Forever/Planet Y” saga is similar to “Star Wars” methodology, haha. How far will Ayreon’s world spread?

【ARJEN】: Thanks for the comparison with Star Wars, big compliment! Yeah, I really didn’t expect to go back to the big story, but it seems the Ayreon Universe keeps showing me more and more details and exciting stories in my Waking Dreams, haha.

Q1: AYREON の “Forever / Planet Y” サーガはアルバム “01011001” で終結したかに思えました。しかし最新作 “The Source” では、再び “Forever” サーガを探求し、新たなチャプターを加えています。まるで映画 “Star Wars” シリーズのようですね(笑)。

【ARJEN】: “Star Wars” と比べてくれてありがとう。素晴らしい賛辞だね!
そうだね、僕も本当にあの “ビッグストーリー” (“Forever”サーガ)へ回帰するとは思わなかったんだ。だけど、AYREON の宇宙は僕にどんどんそのディティールとエキサイティングなストーリーを提示しつづけて来るんだよ、僕の白昼夢の中でね(笑)。

Q2: Usually, where does your ideas come from? Which comes first in music or theme?

【ARJEN】: I always start with the music, and then the music inspires me to come up with a story or concept. Then I choose the singers and finally I base the characters, the lyrics and the melody lines on the singers.

Q2: そういった途方もないアイデアは普段どのように思いつくのですか?音楽とテーマ、どちらが先なのでしょう?

【ARJEN】: いつも僕は音楽からスタートするんだ。それからその音楽にインスパイアされてストーリーやコンセプトを思いつくんだよ。そしてシンガーを選び、最後にキャラクターや歌詞、シンガーのメロディーラインを考えて行くんだ。

Q3: Off course, you have many projects like Ambeon, Guilt Machine, Star One, Stream of Passion, and The Gentle Storm. How do you distinguish between projects? Among them, is Ayreon special to you?

【ARJEN】: I always call Ayreon ‘the Mothership’. Ayreon contains all the styles of music that I like. Each time I do a side-project I single out one of these many styles and focus on that. Like Star One is the metal-side of Ayreon, Ambeon the atmospheric side of Ayreon and Gentle Storm the folky side of Ayreon. Once it has all the styles, it becomes an Ayreon.

Q3: あなたは他にも AMBEON, GUILT MACHINE, STAR ONE, STREAM OF PASSION, THE GENTLE STORM など様々なプロジェクトに関わっています。中でもやはり AYREON は特別なのでしょうか?

【ARJEN】: 僕はいつも AYREON を “The Mothership” (母艦) と呼んでいるんだ。AYREON には僕が好きな音楽のスタイルを全て詰め込んでいるからね。
サイドプロジェクトでは、その沢山のスタイルの中から一つを抽出し、フォーカスしている訳だよ。STAR ONE は AYREON のメタルサイドだし、AMBEON は AYREON のアトモスフェリックサイドで、GENTLE STORM は AYREON のフォークサイドなんだ。つまり全てのスタイルを兼ね備えれば、AYREON になるという訳だね。

Q4: OK, so, how did you come up with the concept of “The Source”? You know, I remind “Matrix” first movie or “Biohazard” from the artwork, haha. But definitely, this masterpiece relates to the science, technology, and future of our society. Could you tell us about the theme of the record?

【ARJEN】: This time I was inspired by the artwork of Yann Souetre. The general theme of this album is the dependence on technology. Scientists have predicted that in about 30 years we will reach the ‘technical singularity’ when computers have surpassed the intelligence of humans.

Q4: では最新作 “The Source” のアイデアはどのように浮かんできたのでしょう?アートワークはまるで “Matrix” の初作や “Biohazard” を想起させますが(笑)、間違いなくこの傑作は科学、テクノロジー、そして私たちの近未来の社会をも反映していますよね?

【ARJEN】: 今回は、Yann Souetre が制作したこのアートワークにインスパイアされたんだよ。確かにアルバムのテーマはテクノロジーと関係しているね。
科学者たちが、” The Alphans” は30年以内に”技術特異点”に達すると予測するんだ。つまり30年以内にコンピューターが人の知性を超えるとね。

13958294_519783571551857_971373321942292140_o

Q5: “The Theory Of Everything” was very much prog record, and it was to say keyboard Oriented. I feel “The Source” is definitely heavier and more diverse. Why did you change the direction in this album?

【ARJEN】: Every album I do is a reaction, a contrast to the previous album. I like to keep things fresh for myself, but also for the listeners. That’s true. And after the very ‘feminine’ Gentle Storm album I also wanted to make a very ‘masculine’ album.

Q5: 前作 “The Theory of Everything” は実にプログレッシブなレコードでしたね?さらに言えばキーボードが主役だったとも思います。対して “The Source” は、よりヘヴィーでバラエティーに富んだ作風だと感じました。

【ARJEN】: 僕が作って来たアルバムは全てがある意味リアクションなんだよ。前作を受けての対比なんだ。 僕はフレッシュな状態でいるのが好きなんだよ。リスナーのためにもね。
前作もそうだし、THE GENTLE STORM のアルバムがとても “女性的な” 作品だったから、”The Source” はとても “男性的な” アルバムにしたかったんだよ。

Q6: Definitely, there are Metal, Prog, Folk, and Electronica in the album. But also, I think 70’s is the keyword of “The Source”. I interviewed Mike Mills before. “Everybody Dies” is typically, his deep love of Queen made the album special. “Run! Apocalypse! Run!” and “Into the Ocean” reminds me Rainbow’s classic. I got Russell mistake to Dio, haha. “Condemned to Live” seems to be Floyd’s realm to me.
In other words, I feel you are reviving the era when music was the most challenging to the present age with modern production and elements. Do you agree that?

【ARJEN】: The 60’s and the 70’s were my formative years, I was born in 1960. The music I listened to then in my teens has inspired and influenced me more than anything. I don’t think I’m consciously trying to revive those times, but of course I can’t and won’t deny that they left a heavy mark mark on my musical style! Maybe the older ones gets, the more one goes back to the roots.

Q6: QUEEN や RAINBOW のような70年代のハードロックがアルバムの鍵となっているように思いますが?

【ARJEN】: 60年代、70年代は僕の形成期だったんだ。僕は1960年生まれだからね。10代の当時僕が聴いていた音楽は、何よりも僕に影響を与え、インスパイアしてきたんだ。
意識的に当時の音楽を再生しようと思っている訳ではないよ。ただ、勿論そういった影響が僕の音楽スタイルに大きな印を刻んでいることは否定出来ないし、する気もないよ!おそらく人は歳を取れば取るほど、よりルーツへと回帰するんだろうな。

Q7: In the typical style of the project, the album features several guest singers to portray the characters across the album. You usually prefers to work only once with a same singer in Ayreon. But this time, mostly cast returning performers for The Source together with newcomers such as Tommy Rogers. Anyway, how do you choose singers and guest players each time?

【ARJEN】: The rule of ‘only new singers’ only applied to two Ayreon albums: Human Equation and Theory of Everything. This time I didn’t want to restrict myself, I simply wanted the best singers in the world! Which means working with singers I worked with before. I think the division is about 50/50 on this album. I simply choose the musicians whom I think fit the music and the story.

Q7: AYREON であなたは、基本的に毎回新たなシンガーたちを起用して来ましたが、”The Source” では大半が以前共演してきたメンバーですよね?

【ARJEN】: “新たなシンガーだけ起用する” というルールは、実は2枚の AYREON のアルバムのみに適用されるんだ。”Human Equation”, “The Theory of Everything” の2枚だよ。今回は自分自身を限定したくなかったんだ。ただ世界でベストのシンガーたちを起用したかったんだよ!それはつまり以前共に仕事をしたシンガーたちを再度起用することに繋がる訳だよ。
以前共演したシンガーとニューカマーとの割合はちょうど半々くらいだと思うよ。単純に、音楽やストーリーにフィットするミュージシャンを選んだんだ。

Q8: If there is no limitation, who would you like to co-star with in Ayreon album in the future??

【ARJEN】: Of course I would like to work with my childhood heroes whom I used to listen to, like Robert Plant, David Gilmour, Ritchie Blackmore, Brian May etc! But I have to be fast, they are getting older every year. Luckily, there is great new talent surfacing all the time, and I’m always keeping my eye on them.

Q8: ではもし自由に選べるとして、AYREON の作品で将来的に共演したいミュージシャンを教えてください。

【ARJEN】: それなら、勿論子供の頃聴いていたヒーローたちと共演してみたいね。Robert Plant, David Gilmour, Ritchie Blackmore, Brian May といったレジェンドたちだよ!だけど急がないとね。彼らも日増しに年老いていっているんだから。まあ幸運なことに、新たな素晴らしいタレントは続々と現れて来ているし、僕は彼らにいつも注目しているんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ARJEN’S LIFE

THE BEATLES “MAGICAL MYSTERY TOUR”

TheBeatlesMagicalMysteryTouralbumcover

PINK FLOYD “WISH YOU WERE HERE”

Pink_Floyd,_Wish_You_Were_Here_(1975)-2

LED ZEPPELIN “Ⅲ”

Led_Zeppelin_-_Led_Zeppelin_III

QUEEN “Ⅱ”

31NDESP17FL

RAINBOW “RISING”

RainbowRainbowRising

MESSAGE FOR JAPAN

13221734_1138983616153396_3525386468953428193_n

Yeah.. sorry that I don’t tour anymore, I’ve really become the recluse I always wanted to be! I did play live in Japan though in the past, and I thoroughly enjoyed it. Beautiful country, great food and most of all… lovely people! Hugs to you all, and thanks for your interest in my music. Hope you will enjoy The Source, let me know!

みんな待ってくれているって?そうだね…もうしわけないんだけど僕はもうツアーを行わないんだ。いつもそうなりたいと願っていた隠遁者になったんだよ!過去に日本でライブ (LANA LANE) を行ったことがあるけど、本当に楽しめたよ。美しい国、美味しい食べ物、そして何よりもラブリーな人々!みんなにハグを贈りたいよ。そして僕の音楽に興味を持ってくれてありがとう。”The Source” を楽しんでくれたらいいな。感想を聞かせてね!

ARJEN ANTHONY LUCASSEN

AYREON Facebook Page
AYREON Official Site
Mascot Label Group Facebook Page
Mascot Label Group Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FULL OF HELL : TRUMPETING ECSTASY】JAPAN TOUR SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SPENCER & DYLAN OF FULL OF HELL !!

Full-of-Hell-2017

Maryland / Pennsylvania Quartet, Full OF Hell Has Just Released The Newest Album “Trumpeting Ecstasy”!! Diverse, But More Into Extreme Metal Realms!

DISC REVIEW “TRUMPETING ECSTASY”

メリーランド、ペンシルベニアのカルテット、破壊者 FULL OF HELL がフルアルバムとしては2013年の “Rudiments of Mutilation” 以来となる新作 “Trumpeting Ecstasy” をリリースしました!!日本が誇るノイズゴッド MERZBOW, アヴァンギャルドノイズデュオ THE BODY とのコラボレート、さらには NAILS, PSYWARFARE とのスプリットを血肉としてリリースした作品は、要となる自身のルーツを軸としつつ、同時にエクストリームミュージックの領域を一際押し広げる重要なレコードとなりました。
CODE ORANGE, 日本の ENDON と並んで FULL OF HELL はハードコアとノイズ要素を融合させるアプローチの先端に立つアーティスト。もはやハードコアの大家となった感のある CONVERGE の Kurt Ballou が斬新なその三者全ての新作を手がけることとなったのも偶然ではないでしょう。
実験的な作風にシフトするかとも思われた “Trumpeting Ecstasy” は、意外にもストレートな楽曲が軸となり押し寄せる暗く激しい11曲23分となりました。インタビューにもあるように、サウンド、リフワークなど、確かにバンドはよりメタルの領域に接近したようにも思えますし、楽曲が”密着”していると語るのも頷けます。
しかし、勿論彼らの野心が一所に留まるはずもなく、レコードは同時にパワーバイオレンス、ノイズ、スラッジ、インダストリアルといった多様なアイデアを見事に昇華しコンテンポラリーなブルータリティーを散りばめたハイブリッドなエクストリームミュージックとして仕上がったのです。
“木々も鳥たちも悲しみに満ちている。彼らは歌っているんじゃない。ただ悲鳴をあげているんだ。” ニュージャーマンシネマの巨匠 Werner Herzog の言葉で幕を開けるアルバムオープナー “Deluminate” は文字通り世界の悲惨さ、絶望感の象徴です。不協和音をスクラッチする悪夢のデスメタルライクなリフワークと、疾走する巧みで手数の多い狂気のドラミングは無慈悲にもリスナーに地獄絵図を投下して行きます。”人間は地球の顔に出来た膿だ” と喉が張り裂けるほどシャウトする Dylan の苦痛を伴う憤怒は即ちハードコアのリアルで、聴く者に畏敬の念さえ感じさせますね。
禍々しい何かを引き摺るようにスローダウンする、スラッジーな “Gnawed Flesh” はまさに FULL OF HELL の真骨頂。脱退したベーシスト Brandon Brown のデモニックなガテラルは、Dylan の鋭いスクリームと凶悪なインタープレイを繰り広げバンドの顔となっていましたが、新たに加わった Sam DiGristine もしっかりとその伝統を引き継ぎ、自身のハラワタに宿した魑魅魍魎を地の底でスラッジパートに全てぶつけています。
さらに “Crawling Back to God” には ex-ISIS の Aaron Turner が、”At the Cauldron’s Bottom” には CONVERGE の Nate Newton がそれぞれボーカルでゲスト参加し、様々な声を得た作品は実に多様な色を加えているのです。
GRIMES のレーベルに所属するカナダのアーティスト Nicole Dollanganger の声を得たタイトルトラック “Trumpeting Ecstasy” はバンドが経てきたコラボレートの旅が結実した成果だと言えるでしょう。THE BODY の Lee Buford が生み出すビートと Nicole の天上の歌声は、不穏なノイズを宿した惨忍なバンドの暴虐と溶け合うこともなく、奇妙な二分法のまま冷やかなまでに無機質に進行して行きます。
インタビューで Dylan は、”Trumpeting Ecstacy” というタイトルが「他人の不幸は蜜の味」といった意味を持つと語ってくれましたが、この純美と非業、”喜び”と”悲しみ”の奇妙な共存はそのまま彼の語る人間の心の最も醜く陰湿な場所を映し出しているように感じました。
今回弊誌では、フロントマン Dylan とギタリスト Spencer にインタビューを行うことが出来ました!8月には THE BODY, FRIENDSHIP と回る日本ツアーも決定しています。どうぞ!!

16938515_1433301400027093_5552512882354525535_n-2

FULL OF HELL “TRUMPETING ECSTASY” : 9.8/10

INTERVIEW WITH DYLAN & SPENCER

13006478_1155157871174782_863251292989194880_n

Q1: First of all, your Japan Tour 2017 is just announced! How do you feel now? You’ve come to Japan in 2015. What’s your impression of Japan?

【SPENCER】: Very excited to come back. Japan is truly a magical place.

【DYLAN】: Definitely our favorite place on Earth to visit and tour. The people are very kind, art is very extreme and potent and the food is excellent.

Q1: 8月の日本ツアーがアナウンスされましたね!今のお気持ちを聞かせてください。2015年にも一度来日を果たしていますが、日本についてはどういった印象をお持ちですか?

【SPENCER】: 日本に戻れることが決まってとても興奮しているよ。日本は本当に魔法のような場所なんだ。

【DYLAN】: 間違いなく、ツアーで訪れる場所としては、地球上で一番大好きだよ。日本人はとても親切だし、アートは実に先鋭的で勢いがあるし、食べ物も美味しいからね。

Q2: Off course, you played with Friendship last time, and you collaborated with The Body in “One Day You Will Ache Like I Ache”. What kind of impression do you have about The Body, Frendship, co-starring?

【SPENCER】: The Body are seriously some of our best friends and going to exotic places with them is very special and a unique bonding experience. We played with Friendship last time we came to Japan and they were awesome. Good band and super friendly people. I have checked out their new record yet but I heard from multiple people that it rips.

Q2: 日本で共演予定の THE BODY, FRIENDSHIP についてはどういった印象をお持ちですか?勿論、FRIENDSHIP とは前回も共演し、THE BODY とは “One Day You Will Ache Like I Ache” でコラボレートを果たしている訳ですが。

【SPENCER】: THE BODY は真面目に、僕たちのベストフレンドだし、彼らとエキゾチックな場所へ赴くのは、とてもスペシャルでユニークな体験なんだよ。
FRIENDSHIP は前回来日した時も共演したね。素晴らしかったよ。良いバンドだし、とてもフレンドリーな人たちなんだ。まだ彼らの新作はチェックしていないんだけど、何人かから最高だと聞いているよ。

Q3: Your band name, “Full of Hell” is very sensational. What made you choose it?

【SPENCER】: When we started the band years ago we were very much into ‘Wolverine Blues’ by Entombed. Our sound at that point was very much inspired by that album and bands like Crowbar/Eyehategod. I think as we have evolved as a band the name has taken on a new meaning.

Q3: それにしても、FULL OF HELL というバンド名は実にセンセーショナルですね。

【SPENCER】: 何年か前にバンドを始めた頃、僕たちは ENTOMBED の “Wolverine Blues” にどハマりしていたんだ。(Full of Hell というトラックが収録) あの時点では、僕たちのサウンドはあのアルバム、そして CROWBAR や EYEHATEGOD といったバンドにとてもインスパイアされていたんだよ。
それから僕たちはバンドとして進化を遂げたと思うから、バンド名は新たな意味を持つようになったね。

Q4: Anyway, let’s talk about your newest album “Trumpeting Ecstasy”. “Trumpeting Ecstasy” is really cool term, but what’s the meaning behind it? Does it relate to the impressive artwork by Mark McCoy?

【DYLAN】: I sent Mark all of the lyrics for the album so that he could create his visual interpretation of the entire body of work. Trumpeting Ecstasy is metaphorical for the feeling of rapturous joy in the face of human failure, death and non-existence.

Q4: では最新作 “Trumpeting Ecstasy” について話しましょう。非常にクールなタイトルですが、どういった意味が込められていますか? Mark McCoy の手によるアートワークとも関連しているのでしょうか?

【DYLAN】: 僕は Mark にアルバム全ての歌詞を送ったんだ。だから彼は作品全体を解釈してアートワークを制作することが出来たんだよ。”Trumpeting Ecstacy” とは、人間が他人の失敗、死、非存在化に直面した時、猛烈な喜びを感じることを比喩しているのさ。

Q5: This masterpiece starts with a quotes from Werner Herzog, “Of course, there’s a lot of misery. But it is the same misery that is all around us. The trees here are in misery, and the birds are in misery. I don’t think they sing. They just screech in pain.” What made you start the record like this?

【DYLAN】: We wanted an audio sample that encompassed the feeling of man being at odds with the natural world. Unable to come to terms or understand it, and being unable to coexist within it.

13343139_1186998331324069_5685979960885944671_n

Q5: アルバムはニュージャーマンシネマの代表的な監督 Werner Herzog の引用から幕を開けますね?

【DYLAN】: 僕たちは、自然界に調和しない人間の感情を内包したオーディオサンプルが欲しかったんだ。自然と折り合いを付けることも、理解することも、そして共存することも出来ないようなね。

Q6: How was the experience of working with Kurt Ballou? What did he bring to the record?

【SPENCER】: Recording with Kurt was a great experience. I think being in the studio with him brought us a new sense of confidence and drive. We knew we liked all of these songs and he didn’t really have any input on the songs except maybe giving him a tighter take. It was also intimidating working with such a legend, so it gave us the sense that we needed to go in there and play as best as we possibly could with every take.

Q6: Kurt Ballou との仕事はいかがでしたか?

【SPENCER】: Kurt との仕事は素晴らしい体験だったね。彼とスタジオに居ることで、新たな自信やエナジーといった感覚が湧いてきたんだからね。僕たちはアルバム全ての楽曲を気に入っていたから、よりタイトなテイクを録音すること以外で彼から特別なインプットはなかったんだけどね。
やはり彼はレジェンドだからオーラが凄かったんだよ。おかげで、全てのテイクで全力を尽くすことが求められ実現した訳さ。

a1935757465_10

Q7: “Trumpeting Ecstasy” seems to be best “Hybrid Extreme” record. You know, Mixing your Hardcore & death metal influences with grind, powerviolence, noise and industrial. I think it’s the best work of “Contemporary Brutal”. What is the best thing to call this record for you?

【SPENCER】: We have always just considered ourselves a hardcore band without of outside influence and I don’t think think this record any different except maybe more of an emphasis on the metal aspect. I feel as though these songs are much more cohesive and flow better compared to everything else we have done. I also don’t feel like combining elements of other “extreme” genres is anything new so it’s surprising when people point that out. Tons of bands we are influenced by have done similar things like having elements of sludge or industrial. I mean look at Napalm Death’s ‘Utopia Banished’ and Brutal Truth’s ‘Need to Control’ and other bands we’re influenced by like Man is the Bastard,Gasp and The Endless Blockade.

Q7: “Trumpeting Ecstasy” は “Hybrid Extreme” における最高のアルバムにも思えます。Death metal, Hardcore, Grindcore を軸にして、Powerviolence, Sludge, Noise, Industrial を見事にミックスした作品はまさにコンテンポラリーなブルータルミュージックの最高峰だと感じました。

【SPENCER】: 僕たちはいつも自分たちをただハードコアバンドとして見ているよ。外部の影響のないね。このレコードだって普段と別段変わった点はないよ。少しメタル要素を強調しているかも知れないけど。ただ言えるのは、このアルバムの楽曲は今までの作品に比べて、より密着していて良い流れを生んでいるということだね。
あと、他の “エクストリーム” なジャンルのエレメントをミックスすることが別に新しいとも思わないね。だからみんながそこを指摘するのは逆に驚きだったんだよ。僕たちが影響を受けている山ほどあるバンドたちがすでに似たようなことをしているんだからね。スラッジやインダストリアルの要素を加えるようなことだよ。
つまり、NAPALM DEATH の “Utopia Banished”、 BRUTAL TRUTH の “Need to Control” 他にも MAN IS THE BASTARD, GASP, THE ENDLESS BLOCKADE を聴いてみれば分かるでしょ?

Q8: You’ve done many collaborative works. Especially, we Japanese, are very proud of “Full of Hell & Merzbow”. What’s Masami Akita to you? And what made you collaborate with other artists?

【SPENCER】: Collaborating with Merzbow was seriously a dream come true. Looking back now there are things I would change about the collab records, but still being able to perform with him live is very surreal. I think collaborating with other artists lets us create music outside or our comfort zone and lets us create with a complete different mindset.

【DYLAN】: Yeah, I agree on all points. It was such a huge deal for us. Like anything else, there are always things we’d have done a little differently, but Masami was pleased and we are still very proud of what we’ve done with him.

Q8: FULL OF HELL は様々なコラボレーションを行ってきましたが、特に MERZBOW とのコラボレートは私たち日本人にととてとても誇らしい出来事でした。こういったコラボレーションがバンドの作品にも生かされているようですね?

【SPENCER】: MERZBOW とのコラボレートは真面目に夢が叶った瞬間だったよ。今振り返ってみると、あのコラボレートレコードには変更したい点が幾つかあるんだけど、それでも彼とライブで共演出来たことはとてもシュールで非現実的な感じがするね。
他のアーティストとコラボレートすることは、僕たちをクリエイティブなコンフォートゾーンの外へと導いてくれると思うんだ。完全に異なる心境で制作出来るしね。

【DYLAN】: 全くその通りだね。MERZBOW とのコラボレーションは僕たちにとって本当に大きな意味があったんだ。他のコラボレート作品と同様に、僕たちは少し違ったことをしているんだけど、Masami は喜んでくれたし、今でも彼と成し遂げたことをとても誇りに思っているんだよ。

a2883873483_10

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SPENCER & DYLAN’S LIFE

INSECT WARFARE “WORLD EXTERMINATION”

170603

THE ENDLESS BLOCKADE “PRIMITIVE”

spin019_blockade_400_1200x

GASP “DROME TRILER OF PUZZLE ZOO PEOPLE”

R-1524334-1225999795.jpeg

WEEZER “PINKERTON”

Pinkerton_cover

DISCORDANCE AXIS “THE INALIENABLE DREAMLESS”

Discordance_Axis_-_The_Inalienable_Dreamless

(SPENCER)

GASP “AN EARWIG’S GUIDE TO TRAVELING”

3874823

GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR “F# A# ∞”

F_sharp_a_sharp_infinity_vinyl_cover_street_sighn

SILVER MOUNT ZION “BORN INTO TROUBLE AS THE SPARKS FLY UPWARD”

220px-Born_into_Trouble_as_the_Sparks_Fly_Upward

CRYPTOPSY “NONE SO VILE”

NoneSoVile

JOANNA NEWSOM “Ys”

Ys_cover

(DYLAN)

MESSAGE FOR JAPAN

1119

See you soon!! Ready to rage.

すぐに会おう!!暴れる用意をしておけよ。

SPENCER & DYLAN

FULL OF HELL / THE BODY / FRIENDSHIP JAPAN TOUR 2017

mig

08/23(水)東京: 小岩Bush Bash w/ FRIENDSHIP, 黒電話666 (w/o ENDON)
open 18:30 / start 19:00
前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Bush Bash 03-6657-9939
08/24(木)愛知: 名古屋今池Huck Finn w/ BLACK GANION
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Huck Finn 052-733-8347
08/25(金)岡山: 岡山Pepper Land w/ DEATH DUST EXTRACTOR, DESERVE TO DIE, ilska
open 18:30 / start 19:00
前売 2,500yen / 当日 3,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Pepper Land 086-253-9758
08/26(土)大阪: 東心斎橋Conpass w/ SWARRRM
open 18:00 / start 18:30
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666
08/27(日)東京: 新代田Fever w/ ENDON, ENDZWECK
open 17:30 / start 18:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Fever 03-6304-7899

<TICKET>
5/27(土)より下記にて発売
東京/小岩: 会場、Daymare Recordings (daymarerecordings@gmail.com)
名古屋: ぴあ(P: 332-414)、e+、会場
岡山: 会場、Darkside oyc (darksideoyc@gmail.com)、Daymare Recordings (daymarerecordings@gmail.com)
大阪: ぴあ(P: 332-725)、ローソン(L: 54110)、e+、会場
東京/新代田: ぴあ(P: 332-334)、ローソン(L: 72880)、e+、会場

詳細はこちら Daymare Recordings
FULL OF HELL Facebook Page
FULL OF HELL Official Site
FULL OF HELL Bandcamp
PROFOUND LORE RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DRAGONFORCE : REACHING INTO INFINITY】JAPAN TOUR SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FRÉDÉRIC LECLERCQ OF DRAGONFORCE !!

dragonforce-2017-press-pic-source-facebook

UK Based Power Metal Speed Star, Dragonforce Reaches Into New Horizon With Their Newest Album “Reaching Into Infinity”!! Still Fast But Mature!

DISC REVIEW “REACHING INTO INFINITY”

英国が誇るパワーメタルスピードスター、DRAGONFORCE が7枚目のフルアルバムとなる “Reaching into Infinity” をリリースしました!!”無限大”の力と可能性を秘めたその魅力的な音時空は、素晴らしきカタルシスを伴って世界に光明と救いをもたらすことでしょう。
DRAGONFORCE は勿論、その計測不能なまでに狂速な bpm と、レトロゲームの影響を消化したチップチューンメタルのコンボで名を上げたバンドです。確かに、時に激しいギターデュエルを交えながら突き進む、その目まぐるしくも華麗で勇壮なスタイルは実にエキサイティング。バンドは暗雲漂うパワーメタルシーンの救世主として着実にその地位を築き上げて来たと言えるでしょう。
しかし、DRAGONFORCE は現在、そのパワーメタルという “檻” からゆっくりと着実にその領域を拡大させつつあります。
実際、ギタリスト Sam Totman という大黒柱がコンポジションの中心に座っていた “The Power Within” 以前のパワーメタル然とした作品と、マルチな才能を持つベーシスト Frédéric Leclercq が大々的に関わるようになり Sam との二頭体制を築いた後の作品には大きな差異が存在するようにも思えます。
二頭体制の幕開けとなった前作 “Maximum Overload” はバンド史上最高に芳醇な音楽性を誇る作品でした。インタビューにもあるように全てを2人で共作したというアルバムは、Frédéric が持ち込んだデス、スラッシュ、プログといった新たで多様な感覚と、奇跡の 235 bpm を実現した “The Game” が象徴するバンドのアイデンティティー “スピード” を共存させた完璧なる傑作だったと言えますね。勿論、Jens Bogren の類希なるセンスがバンドをまだ見ぬ高みへと導いたことも否定は出来ないでしょう。
ただ何より、Frédéric が日本のゲーム “悪魔城ドラキュラ” へのトリビュートとして制作した “Symphony of the Night” の妖艶なる美の調べは、以前のバンドには存在し得ない新たな至宝に違いありません。前世は日本人だったとまで語る Frédéric のメロディーには、コード進行をより意識することで生まれる日本的な “艶” が確かに備わっているのです。
二頭体制を引き継ぎながらも2人が別々に作曲を行い、結果として Frédéric が大半の楽曲を手がけることとなった新作 “Reaching into Infinity” は、”Maximum Overload” でのチャレンジをさらに1歩押し進めた作品に仕上がりました。
期待感を煽る荘厳なイントロダクションに導かれ幕開ける、アルバムオープナー “Ashes of the Dawn” はまさに歌劇”スピードメタル”。オペラティックな Marc Hudson の歌唱は、ファストでシンフォニックな舞台に映え、昇龍の如く天高く舞い上がります。自らのトレードマークをしっかりとアピールしながら、よりシアトリカルで洗練されたメロディーを提示する現在の DRAGONFORCE に死角はありませんね。
トランス的なイントロから HELLOWEEN を想起させるメジャーなコーラスを経てプログレッシブな展開を見せる新鮮な “Judgment Day”、新ドラマー Gee Anzalone の派手やかなお披露目から Frédéric の壮絶なベースソロまでリズム隊の活躍が顕著な “Astral Empire” と疾走するキラーチューンを畳み掛けたバンドは、徐々にその成熟を遂げたドラゴンの巨体を顕にして行きます。
“悪魔城ドラキュラ” トリビュートの続編、ディミニッシュの魔法が冴える “Curse of Darkness”、切なくも壮大なバラード “Silence”、そして ANTHRAX のエナジーを宿したスラッシュチューン “War!” と実に多彩なアルバムの中でもハイライトは11分の大曲 “The Edge of the World” でしょう。
IRON MAIDEN の長尺曲をも想起させる楽曲は、プログレッシブな展開美が白眉で実にエピカルかつドラマティック。ボーカル、ギターソロ、バッキングをよりオーガニックに誂え、しかし時にデスメタルの要素までも散りばめた世界の果ての景観は、静と動のコントラストが鮮やかに浮き彫りとなった新たな光景だったのです。それは様々なジャンルのバンドで経験を積んだフランス人の才能が、バンドのカラーと遂に溶け合った瞬間と言えるのかもしれませんね。
今回弊誌では、作品のキーパーソン Frédéric Leclercq にインタビューを行うことが出来ました!充分にファストですが、以前の良くも悪くもピーキーな DRAGONFORCE とは趣を異にする円熟の一作。同時に、今回も Jens Bogren は素晴らしい仕事を果たしたようですね。どうぞ!!

16473573_10154364911712379_7393985507913000580_n-2

DRAGONFORCE “REACHING INTO INFINITY” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DRAGONFORCE : REACHING INTO INFINITY】JAPAN TOUR SPECIAL !!

SITHU AYE SENPAI EXPLAINS IT ALL !! 【SENPAI EP Ⅱ: THE NOTICING】


So fast forward 1 year and 7 months and I have released “Senpai EP II: The Noticing”, the follow up to the first EP. It continues to follow the story of these three girls in the style of a slice of life anime. 

“Senpai EP” から1年7ヵ月ぶりに “Senpai EP Ⅱ: The Noticing” をリリースしたよ!!この作品でも、女の子3人の物語を日常系アニメのスタイルで追っているんだ。

unnamed-14

(There’s a new girl in there – we’ll get to her later! Artwork by me)

RECAP OF “SENPAI EP”

To start with, a little bit of a recap of the first Senpai EP and an introduction to the characters. Senpai EP follows the adventures of 3 girls who love to play progressive metal music and is heavily influenced by slice of life anime, especially K-On!. The main character is Megumi Uehara (上原めぐみ) who is nicknamed Prog-chan (プログちゃん), a 17 year old 2nd year in high school who loves to play the guitar. All Prog-chan wants to do is to have fun and to play music with her friends. Her childhood friend (幼馴染) Hanako Todoroki (轟花子) is also 17 and in her 2nd year of high school and plays bass. She is also her class rep and top student in her year. Finally, we have Mari Matsumoto (松本まり) who is 16 and in her 1st year of high school. She idolises Megumi as her guitar playing Senpai. The first Senpai EP followed the idea of slice of life anime, where it followed a day in the life of the girls. It starts with Megumi being late for school (Oh Shit, I’m Late For School! (やだ、遅刻しちゃう!)), Mari trying to get Megumi-senpai to notice her (Senpai, Please Notice Me! (先輩、私に気付いて下さい!)) and a dream Megumi has while asleep in class where she and her friends are magical girls (魔法少女) trying to battle evil guitar frets (The Power of Love and Friendship! (愛と友情のパワー! )). I hoped to parody anime tropes, yet also convey the feeling you get while listening to anime music with this EP. It also established these three as characters that would appear again in Senpai EP II.

“Senpai EP Ⅱ” の解説を始めるにあたって、まず少しだけ “Senpai EP” のおさらいと、キャラクター紹介をしておこう。
“Senpai EP” はプログメタルをプレイするのが大好きな3人の少女が繰り広げるアドベンチャーで、日常系アニメ、特に “けいおん!” に強く影響を受けていたんだ。
メインキャラクターは上原めぐみ、17歳の高校2年生。プログちゃんと呼ばれているようにギターが大好きな女の子さ。楽しく友達と音楽をプレイしたいと望んでいるんだ。
めぐみの幼馴染み、轟花子も17歳の高校2年生で、ベースをプレイするよ。花子はめぐみと同じクラスで学期委員長。学年でもトップの成績を誇るんだよ。
そして3人目が松本まり。16歳の高校1年生。めぐみのことをギターが上手い先輩としてアイドル視しているんだ。
“Senpai EP” の1作目は、日常系のアニメにアイデアを得て、彼女たちの日常を追ったものだったんだ。EP はめぐみが学校に遅刻しそうな場面から始まるよ (Oh Shit, I’m Late For School! (やだ、遅刻しちゃう!) )。
まりはめぐみ先輩に気づいてもらおうとしていてね (Senpai, Please Notice Me! (先輩、私に気付いて下さい!))。
めぐみが授業中に居眠りしていて見た夢は、彼女と友達が魔法少女となり悪のギターフレットとバトルするものだったんだ (The Power of Love and Friendship! (愛と友情のパワー! ))。
つまり僕は、この作品でアニメのトロープスをパロディーすることで、アニソンを聴いている時の感覚を伝えることが出来ればと思ったんだよ。”Senpai EP Ⅱ” にも登場する3人のキャラクターを確立することも出来たしね。

unnamed-13

(The three girls, from left to right: Mari (まり), Megumi (めぐみ) and Hanako (花子). Artwork by Ulrich)

続きを読む SITHU AYE SENPAI EXPLAINS IT ALL !! 【SENPAI EP Ⅱ: THE NOTICING】

WORLD PREMIERE : “Absolutego”【Boris : DEAR】


WORLD PREMIERE !! “Absolutego” From Boris’s Upcoming Record “DEAR” !!

The Most Dynamic & Energetic Heavy Rock Trio From Japan, Boris Will Celebrate Their 25th Anniversary With New Studio Album “DEAR” !!

Boris_DEAR_photo.MikiMatsushima

この秋、結成25周年を迎えるBorisが “NOISE” (2014)以来3年振りとなる最新スタジオ・アルバム “DEAR” を7/12にリリースします!!絶え間なく動き続け、先鋭であり続けるBorisの‘今現在’がこの “DEAR” にあるのです。
アルバムは、日本先行発売(全世界:7/14)、日本盤のみ3曲収録のボーナス・ディスクを追加した2枚組仕様でリリース。
本作も自らの息遣いや空気の振動まで封じ込めるセルフ・レコーディングで吹き込まれ、長年パートナーシップを続ける中村宗一郎氏(坂本慎太郎、OGRE YOU ASSHOLE 他)がミックスとマスタリングを担当。サウンド・プロデュースは直近2作同様に成田忍氏が手掛けています。
さらにアートワークは、大友克洋氏や多数のアパレル・ブランドとのコラボレーションで知られるコラージュ・アーティスト/グラフィック・デザイナー河村康輔氏の手に依ります。
4月の『After Hours』にヘッドライナーの一角として登場した際には、殆どが本作から演奏され、ライヴ映えする楽曲と世界観は大きな評判を呼びました。
冒頭を飾る “D.O.W.N” や “DEADSONG” のヘヴィ&ドローンはBorisのシンボルともいえるスタイルですが、メロディックなヴォーカルと多幸感を呼ぶ音の壁は、沈み込むヘヴィさとは一線を画すもの。ヘヴィを射抜いた先に拡がる音を体感したいですね。
最新ミュージック・ビデオとして公開された “Absolutego” は直感的反応を呼ぶロック・アンセム。ライヴ時にはアコーディオンもフィーチュアして聴かせる “Kagero” でも新しい表情が伺えます。そして、はかなさや切なさをまとった “Biotope” や “Dystopia” もまた Boris の真骨頂です。

unnamed-27

Boris “DEAR”

Disc one: DEAR
1. D.O.W.N -Domination of Waiting Noise-
2. DEADSONG -詩-
3. Absolutego -絶対自我-
4. Beyond -かのひと-
5. Kagero -蜉蝣-
6. Biotope -ビオトープ-
7. The Power
8. Memento Mori
9. Dystopia -Vanishing Point / 何処へ-
10. Dear
Disc two: [日本盤ボーナス・ディスク]
1. More
2. Evil Perspective
3. D.O.W.N -Domination of Waiting Noise- (Full Version)
レーベル:Daymare Recordings
2CD: DYMC-300 税抜価格:\3,200+税
3LP: DYMV-300 税抜価格:TBA
2017/7/12 日本先行発売 (全世界発売: 7/14)

Boris ARE:

92年より活動開始、96年にTakeshi、Wata、Atsuoという現在のメンバー編制へ。活動当初より自分達の居場所と方法論は自ら作り上げるスタンスで、ワールドワイドに展開。文字通り音を‘体感’するダイナミクスに満ちたライヴで熱狂的なファン・ベースを確立。そのパフォーマンスはナイン・インチ・ネイルズをも魅了し、USアリーナ・ツアーのサポートに抜擢。
断続的なスタジオ・セッションを通じ、ほぼ全て自ら録音する‘ひたすら音と向かい合うレコーディング’は、代表作『PINK』(05)、『SMILE』(08)、『NOISE』(14)をはじめとする30数作に及ぶフル・アルバム、サン O)))との共作『Altar』(07)他約20作品に及ぶコラボレーション作を産みました。『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』に書き下ろし新曲3曲と新録1曲を提供(15)したことも記憶に新しいですね。
また映画『リミッツ・オブ・コントロール』(09)『告白』(10)へも楽曲を提供、映像的と評されることが多い楽曲とのマッチングの良さで、音楽界以外でも注目を浴びています。
2013年より改めてゲスト・プレイヤーを含まない3人編成でのライヴ活動に主眼を置き、メンバー間の相互作用とバランスを更に強化。日本/北米/ヨーロッパ/オーストラリアを中心に行うワールド・ツアーは、現在も規模を拡大しながら2006年以降毎年行っています。
結成25周年を迎える2017年、最新スタジオ・アルバム『DEAR』を全世界同時発表。
Takeshi – Vocal, Bass & Guitar
Wata – Vocal, Guitar & Echo
Atsuo – Vocal, Drums, Percussion & Electronics
Boris “DEAR” 特設サイト
Boris Facebook Page
Boris Official Site
Daymare Recordings Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【川口千里 / SENRI KAWAGUCHI : CIDER ~Hard & Sweet~】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SENRI KAWAGUCHI !!

serri_kawaguchi_maina1-1_20161118143603774

20 Years Old Drum Maestro, Sernri Kawaguchi From Japan Has Just Released Hard & Sweet Fusion Record, “Cider” !!

DISC REVIEW “CIDER ~Hard & Sweet~”

“手数姫” こと女子大生スーパードラマー、川口千里が遂にメジャーデビュー作 “CIDER ~Hard & Sweet~” をリリースしました!!二十歳の節目にメンバーを固定して望んだ成長著しい快作は、まさに茫々と広がる世界への確かな切符となるでしょう。
インタビューにもあるように、5歳でドラムと運命的な出会いを果たし、8歳であの “手数王” 菅沼孝三氏に師事を始めたという彼女の物語は、さながら現代のお伽噺のごとく素敵な奇跡と共に幕を開けました。12歳で挑んだプレイスルー動画の総再生回数は4000万回に迫り、世界的なドラム関連サイト “ドラマーワールド” では世界のトップドラマー500に撰されるなど、もはやその存在はワールドワイドに熱い視線を浴びていると言えますね。
すでにインディーズで2枚のソロ作品をリリースしている川口千里。しかしその活躍は自身のリーダー作のみに留まりません。E-girls, Guthrie Govan のライブをサポートし、Lee Ritenour とも共演。さらには 映画 “さらばあぶない刑事” のサウンドトラック、ももいろクローバーZのアルバム “AMARANTHU” にも参加するなどその素晴らしくジャンルを股に掛けた活躍により、彼女はしっかりと自身の軌跡を刻んで行っているのです。
「20歳を記念するアルバムなので、大人をイメージしつつ爽やかな若さもあるタイトル」「私のドラミングの “Hard” な部分も “Sweet” な部分も両方感じてほしい」 という理由から名付けられた3作目のリーダー作 “CIDER ~Hard & Sweet~”。アニバーサリーの冒険で彼女がキーパーソンに指名し絶大な信頼を置いたのが、Philippe Saisse でした。THE ROLLING STONES, David Bowie から David Sanborn, Al Di Meora まで数多の巨人と共演しそのアレンジを手がけて来た、フランスの偉大なキーボーディストにしてコンポーザー、プロデューサーは自身のグループ PSP の “S” を Simon Phillips から Senri Kawaguchi に翻しその力を貸すことにも吝かではありませんでした。
アルバムオープナー “FLUX CAPACITOR” は “バックトゥザフューチャー”、時代を行き来する作品の予告編でしょうか?フュージョンがスムーズジャズと呼ばれる以前のクロスオーバーなエキサイトメントとフリーダムを掲げつつ、同時に Philippe のポップなセンスを活かすクリアーなプロダクションとモダンなテクニックを内包する楽曲は瑞々しさに満ちています。ゴーストノートやハイハットの細かな刻みまで隈なく見渡せるサウンドの透明度は本当に群を抜いていますね。
Philippe のビンテージな機材から繰り出されるキャッチーなテーマは、川口千里の刻々と拍子を移すダイナミックなリズムワークに牽引され、万華鏡のように鮮やかな広がりを見せて行きます。Pino Palladino の代役として参加したカメルーン生まれのテクニシャン Armand Sabal-Lecco は、低音域から高音域までフレキシブルなベース捌きを披露し、Philippe の Jan Hammer を想起させるスリリングなソロワークと相まってギターの不在を感じさせませんね。トリオのタイトなグルーヴがダブルタイムへ移行すると、そのカタルシスはさらに加速しロックの衝動をさえ孕みながら音のユーフォリアを創造していくのです。
マリンバを使用し野性的な雰囲気を演出する “Wupatki”、彼女自身が作曲を行ったロマンチックなバラード “Longing Skyline” を挟んで訪れる “Do Do Ré Mi” はアルバムのハイライトと言えるかもしれませんね。ジャズスタンダードの古典ようにスタイリッシュに幕を開ける楽曲は、突如その舞台を現代的なフュージョンへと移します。アルバムに収録するのが初めてとは思えないほど堂にいった4ビートから6/8拍子へと切り替わるその魔法の瞬間はリスナーに音楽の “楽しさ” を運ぶはずです。”間”を大切にしたという彼女の言葉通り、スティック一閃、バンドがピタリと完全に音を止める瞬間はあまりにクールで川口千里というコンダクターの実力を存分に見せつけています。
さらに 「現場での化学反応が想像以上に凄かった」 と語るように、楽曲終盤のサンバをベースとした、ドラムスがリード楽器に思えるほど壮絶なインタープレイは、”Ginza Blues~intro~” や “Senri and Armand Groove” と並んで “手数姫” の面目躍如であり、同時にメンバーの個性、そしてトリオのケミストリーが結実した得難き刹那だと感じました。
インタビューでフュージョンを音楽の “交差点” と位置づけた千里さんの想いを乗せたアルバムは、奇しくも個性的な三者の道が交差した証である “In Three Ways” でカラフルに幕を閉じました。「単なるスムーズジャズじゃない」という言葉に込められたプライドをしっかりと実現した充実の51分。
今回弊誌では、川口千里さんにインタビューを行うことが出来ました!世界を見据えつつ、同時に現役女子大生らしいかわいらしい部分も垣間見えると思いますよ。どうぞ!!

cider_jakcket

SENRI KAWAGUCHI “CIDER ~Hard & Sweet~” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【川口千里 / SENRI KAWAGUCHI : CIDER ~Hard & Sweet~】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KENT & KATSUTA OF heaven in her arms !!

170123_hiha_promo_pic_web

PHOTO: Taio Konisi

One Of The Most Dynamic Post-Hardcore Act From Japan, heaven in her arms Has Just Released Gorgeous and Awe-inspiring New Record “White Halo” !!

DISC REVIEW “白暈”

トリプルギターが映し出す濃密なシネマと、アーティスティックで詩的なリリックが交錯する東京のポストハードコアアクト heaven in her arms が実に7年ぶりとなる待望のフルレングス “白暈” を Daymare Recordings からリリースしました!!アートワークにも顕在する “White Halo”、白く差しそめし光芒の暈は、バンドの黒斑を侵食し遂にはその枷をも解き放ちました。
変化の予兆、耽美でアンビエントなイントロダクション “光芒の明時” が燭明のごとくリスナーを “白暈” の世界に導くと、作品は “月虹と深潭” でその幕を開けます。
激烈なトレモロの嵐はまさに深潭、エセリアルなクリーンパートはまさに月虹。前作 “幻月” で提示された、ひたすら深淵をのぞき込むがごときスラッジの閉塞はポストブラックの冷酷へと姿を移し、繊細で艶美なアルペジオは闇夜に映る月輪のように、”浄化” という名の詩情豊かなサウンドスケープをもたらします。
Kent の絶唱と朗読のコントラストは楽曲に豊潤な文体を与え、終盤に観せるリードギターとドラムスの知的で瑞々しいアプローチは風雅をすら運んでいますね。
「今回は”黒い”イメージを脱却したかった」 と Kent が語るように、闇と絶望を宿した黒を基調とするバンドの色彩に仄かな燐光をもたらしたのは、7年間の集大成とも言える “終焉の眩しさ” だったのかも知れません。
COHOL とのスプリットに収録された “繭” と “終焉の眩しさ” を融合し再録したこの名編は、狂気と正気を行き来する壮大な表現芸術です。Katsuta が「heaven in her arms ってどんなバンド?と聞かれた時に “終焉の眩しさ”はその答えとして分かりやすい」 と語るようにまさにバンドを象徴する名曲は、静と動、光と闇、絶望と救済が混淆するダイナミックな激情のドラマとして中軸に据えられ作品の趨勢を決定づけているのです。
奇数拍子と偶数拍子がせめぎ合う “終焉の眩しさ” の根幹はキャッチーとさえ言えるほどフックに満ち溢れたドラムスのアイデアに支えられ、同時にバンドのシグニチャーサウンドであるトリプルギターは轟音、アルペジオ、そして妖艶で耽美なメロディーを宿した極上のリードプレイを奏でます。
「ハーモニーに関して他のバンドとは一線を画したい」 と語るように、heaven in her arms のアンサンブル、コンポジションは決定的でプログレッシブと言えるほどに精密だと言えるでしょう。
実際、heaven in her arms はハーモニーのみならず、その巧みなリズムアプローチにおいても他のポストハードコアバンドと一線を画しています。パイプオルガンの荘厳な響きを “枷” として綯う “円環” は、”5″と”6″のリフレインが異国のメロディーを紡ぐ異形のロンド。ワルツに移行し踊るクラシカルな旋律は静謐も激情も平等に愛し、7年の月日で養ったバランス感覚を洗練という軌跡へと昇華させているように思えます。
“終焉” の先に見据えたものは何でしょう?ブラックゲイズの領域へと侵入したアルバムクローサー、11分のマボロシ “幻霧” では、儚き祈り、悲痛な叫びが霞む海霧の中、確実に希望という一筋の光がリスナーの元へと届くはずです。ワルツで始まりワルツに終わる45分。しかしどこか冷ややかな”光芒の明時” と “幻霧” の仄かな光明を比較した時、そこに更なる深淵が現れるのかも知れませんね。
今回弊誌では、Kent さん(Vo, Gt)と Katsuta さん(Gt)にインタビューを行うことが出来ました。先日出演を果たした日本が誇るハードコア/ポストロックの祭典 “After Hours” についても語ってくれました。どうぞ!!

17522864_10154335272480848_2161301912458109214_n-2

heaven in her arms “白暈” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CÁNDIDO GÁLVEZ OF VIVA BELGRADO !!

unnamed-26

One Of Spain’s Most Well Thought Screamo/Post-Rock Act, Viva Belgrado Will Come To Japan With Splendid New Record “Ulises” !!

DISC REVIEW “ULISES”

スペイン、コルドバから世界を見据える激情ハードコア/ポストロックバンド Viva Belgrado 待望の初来日が Tokyo Jupiter Records の招聘により決定しました!! スウェーデンの巨人 Suis La Lune、スペインの熱風 Viva Belgrado、そして日本の新たな才能 Archaique Smile, Of decay and sublime が集結する二夜は、激情と美麗が交差する奇跡の瞬刻となるでしょう。
「鮮明で美しいアトモスフィアと、スクリームのコントラストを創造するのが好きなんだ。」インタビューで語ってくれたように、Viva Belgrado は情熱的な激情サウンドと、ポストロックの壮観なる美装を兼ね備えた南欧の逸材です。すでに欧州ハードコア/ポストロックのメジャーフェス Primavera Sound, Fulff Fest, ArcTanGent に出演を果たし、2年間で5度のユーロツアーを行うなどその勢いはまさにとどまるところを知りません。
バンドがリリースした最新作 “Ulises” は、都市や空港、オフィスといった現代社会の日常を舞台とした21世紀の叙事詩です。インタビューを読めば Cándido が各所で “True” “Honest” “正直” “誠実” というメッセージを発していることに気づくでしょう。
「僕たち自身の叙事詩を伝えたかった。」と語る Viva Belgrado の目的地は決して薄っぺらなプレハブの仮設物語ではなく、正直で誠実なアティテュードを携えたリアルなストーリーだったのです。
成功を収めたファーストフルレングス “Flores, Carne” のフォローアップとなる “Ulises” は、前作のアートワークに描かれた優艶な花々が “Ulises” のアートワークにおいて奔放に成長を果たしたように、自身の鮮麗なスタイルを磨き上げ、伸び伸びとしかし着実にスケールアップを果たした意欲作に仕上がりました。
アルバムオープナー “Calathea” は Viva Belgrado のその芳醇な音楽を象徴する楽曲です。パンクの推進力、ハードコアの衝動、ポストロックの情景、スクリーモの直情は、カラテアの新緑のごとく純粋に溶け合いバンドのリアルを伝えています。楽曲の隅々まで見透せるほどにクリアなプロダクションも白眉ですね。
Cándido の声はまさにこの叙事詩の主人公だと言えるでしょう。スクリームし、ラップし、アジテートし、朗読するそのボーカルはまさしく規格外で、さらにその全てがスペイン語を介することにより唯一無二の魅力を発していますね。
時に幸福を、時に悲哀を、時に情熱を、そして常に真実を運ぶ彼のリズミカルなラテンの響きは、リスナーに想像を超えるインパクトを与えることとなるのです。
実際、”Por la mañana, temprano” や “Apaga la llum” は Cándido の存在が成立させた新たな風です。ローズピアノを使用しポストロックの論理で構築されたソフトで繊細な楽曲は、しかし同時にダンサブル。よりコンパクトでストレートな作品を目指したという “Ulises” において、パンクのエナジーで疾走する “Erida” のような楽曲と見事なコントラストを描き出していますね。
Cándido の囁くようなラップは、スペイン語のセクシーな語感を伴いながらエキゾチックで現代的なムードをもたらし、”Apaga la llum” では “En Tokio no paraba de nevar” / “東京では雪が止まなかったんだ” としっかり愛する日本についても触れています。
アルバムは DEAFHEAVEN の息吹を吸収した光のシューゲイズ “Ravenala” で壮大に幕を閉じました。
今回弊誌では、バンドのボーカリストでギターもプレイするCándido Gálvez にインタビューを行うことが出来ました。envy や La Dispute のファンもぜひチェックしてみて下さいね。どうぞ!!

a3808346354_10-2

VIVA BELGRADO “ULISES” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VIVA BELGRADO : ULISES】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!