タグ別アーカイブ: black metal

EXCLUSIVE INTERVIEW 【COLIN MARSTON : KRALLICE, GORGUTS, BEHOLD…THE ARCTOPUS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH COLIN MARSTON OF KRALLICE, GORGUTS, BEHOLD…THE ARCTOPUS, AND MORE !!

ColinMarston

New York’s Own All Around Dynamic Cult Metal Super-Hero, Colin Marston Talks About Krallice, Gorguts, Behold…The Arctopus, And More!!

ABOUT “COLIN MARSTON”

Colin Marston は34歳にして既にメタル、アヴァンギャルドシーンのカルトヒーローだと言えます。変質的でありながら高い賞賛を浴び続ける、4つの価値あるバンドを牽引する人物であることがその第一の要因でしょう。
盟友 Micc Barr と立ち上げた KRALLICE は NYC の個性的なブラックメタルシーンを代表するバンドです。2011年にリリースした “Diotima” はアトモスフェリックブラックの金字塔として今も語り継がれる名盤ですし、2015年には複雑なリズムやテクニックにフォーカスしたテクニカルデスメタルへと接近し、界隈のトレンドをお膳立てするフラッグシップ的役割、影響力を見せつけましたね。昨年は VAMPILLIA 他日本のバンドたちと共演するジャパンツアーも行い、その高いミュージシャンシップと鬼気迫るパフォーマンスが話題となりました。
BEHOLD…THE ARCTOPUS は実験性を極めた真のカルトインストスリーピース。奇想天外、一見無機質でツギハギのようなカオスの中に、メロディーや叙情味を織り込んで行くそのスタイルはまさしく唯一無二でしょう。”地獄の12弦ハープ”などと称される特異な楽器 Warr Guitar のベースとギターの領域をカバーする広いレンジを駆使し、嵐のようにフレットをタップする Colin の姿はアックスマンの称号に相応しい壮絶なオーラを纏っています。
Colin はカナダの暗黒神、アヴァンデスメタルレジェンド GORGUTS にも参加しています。インタビューにもある通り、ここではベースプレイヤーとして影となり日向となり、奇才 Luc Lemay を支えているようですね。彼らもまた KRALLICE と同様に ULCERATE や PYRRHON といったモダンで深みのある新鋭デスメタルアクトたちに多大な影響を与えたオリジネーターだと言えますね。
DYSRHYTHMIA はその GORGUTS のギタリスト Kevin Hufnagel とタッグを組んだこちらもインストスリーピース。BEHOLD…THE ARCTOPUS とは異なり、リフの迷宮、カオスの魔窟といった風体のよりダークで引き摺るような重さを纏ったバンドです。Kevin がプログレッシブドゥームの英雄 WHILE HEAVEN WEPT に所属していたこともあり、”Thrak” 期の KING CRIMSON をさらに陰鬱で重厚なサウンドに仕上げたような魅力が存在します。
インタビューにもあるように、Colin は昨年この4バンド全てで新作をリリースしただけでなく、他にも4、5プロジェクトに参加し作品を世に送り出しているのです。驚くべきハイペース、創作の鬼、羅刹。
特に近年 Colin の仕事からは音楽は勿論、何者も恐れない崇高な実験精神 まで KING CRIMSON の影を強く感じます。”知恵の館”をテーマとし、イスラムアッバース朝の繁栄から衰退までを描いた33分の大曲のみを収録し、プログレッシブデスメタルの新たな領域を開拓したと各所で絶賛された GORGUTS の “Pleiades’ Dust” をはじめとして、昨年リリースされたレコードは全てが音楽的冒険の末辿り着いた比類なきクオリティーを誇るのですから、そのストイックに研ぎ澄まされた感性や人となりからももはや”現代の Robert Fripp” の称号を得ても何ら不思議ではないですね。
Colin の”ワーカホリック”はとどまる事を知りません。彼がカルトヒーローである第二の理由。それは自身が所持する Menegroth: The Thousand Caves in Queens スタジオで辣腕を振るう優れたプロデューサー/エンジニアであるからに他ならないのです。ARTIFICIAL BRAIN, LITRUGY, KAYO DOT, EAST OF THE WALL, WOE, DEFEATIST, CASTEVET など多様性をアイデンティティーとした NYC の革新的なメタルの波はこのスタジオを起点として生まれたと言っても過言ではないでしょう。
インタビューでも自身がベジタリアンであることを認めていますが、シーンきってのナチュラリストとして知られる Colin のサウンドから生命、人間、感性を捉える能力が界隈のミュージシャンたちに強く信頼されリスペクトを受けていることは間違いないでしょうね。
今回弊誌では、二つの顔を持ち、アンダーグラウンドメタルシーンで今最も多忙かつ尊敬を集める Colin にインタビューを行うことが出来ました。あの Skrillex より先にサイドカットに手を染めた冒険者 Colin Marston 解体新書のようなインタビュー。どうぞ!!

【INTERVIEW WITH COLIN MARSTON】

BTA_lo

Q1: Hi, Colin! You looks so busy these days. Lot’s of your records like Krallice, Behold…the Arctopus, Dysrhythmia, Gorguts were released last year, adding that, you have even studio works. Do you think you are kind of workaholic? haha.

【COLIN】: Yes, i played on lots of things that were released in 2016. in addition to the ones you mentioned, i also self-released another Indricothere solo album, a very long double album of improvised music with Mossenek, an experimental metal record with Eliane Gazzard and Nandor Nevai called Glyptoglossio, as well played session bass on new albums from Crator and Withered. Mick Barr and I also have a few releases as Hathenter that are more or less finished, but we didn’t release them yet.
Workaholic isn’t a totally inaccurate term, but i really enjoy writing music and making recordings, and “workaholic” makes it sound like a negative tendency. i don’t feel negatively about it at all. although sometimes i regret not pursuing a wider variety of interests… but music still feels so vast and infinite to me that i keep getting sucked back in.

Q1: Colin、最近は特にお忙しそうですね。昨年は KRALLICE, BEHOLD…THE ARCTOPUS, DYSRHYTHMIA, GORGUTS で作品をリリースしましたし、スタジオワークも抱えていますよね?仕事中毒と言えば言い過ぎでしょうか?(笑)

【COLIN】: うん、確かに2016年は多くの作品でプレイしたね。君が挙げたものに加えて、ソロプロジェクト INDRICOTHERE をセルフリリースし、MOSSENEK ではとても長いインプロビゼーションのダブルアルバムをリリースしたね。
さらに Eliane Gazzard, Nandor Nevai とGLYPTOGLOSSIO というプロジェクトで実験的なメタルレコードを作ったし、CRATOR, WITHERED の新作ではセッションベーシストとしてプレイしているよ。Mick Barr と僕の HATHENTER もほとんど完成しているものがいくつかあるんだけど、それはまだリリースしていないんだ。
だからワーカホリックという言葉は完全に間違いというわけではないんだけど、僕は作曲やレコーディングを本当に楽しんでいるからね。ワーカホリックってネガティブな響きがあるんだけど、僕は音楽制作に全くそういった感情は抱いていないんだ。
時々はもっと音楽以外にも興味の対象が広がればいいのにとも思うんだけどね…だけど僕にとって音楽は未だに広大で無限の奥行を備えているんだ。だから今でも惹き込まれ続けているのさ。

Q2: Anyway, so, Behold…the Arctopus one of the most mysterious, cult act in the metal scene. I think there was no sign to making new record of Behold…the Arctopus. The new record “Congtive Emancipation” was really surprising release for your fans. What made you record “Congtive Emancipation” on this timing?

【COLIN】: The record label we were on dissolved and i don’t take part in any social media, so there was no promotion. maybe that’s why it seemed like a surprise. to me however, these were old songs that i was dying to finish and record for years. tracks 2 and 4 on the new album were actually written for Horrorscension, but we didn’t get them together in time. the other 2 songs were supposed to be the beginning of the next album, but then we lost Weasel to fatherhood and Lydia Lunch, and i spent a year playing with a different drummer as an experiment. then Jason Bauers came along in august of 2015 and in less than a year we had 4 songs ready to go. then Mike told me he was moving back to the west coast (where he’s originally from). rather than wait for him to get settled and try to keep working on the new album remotely, i suggested we just record right away and make a short album out of those 4 songs… then take our time and see what the future held in store. i do think this is a nice collection of songs even though they weren’t originally intended to exist together. BTA releases often work better as shorter denser chunks of music, often feeling like a full meal despite the brevity.

Q2: BEHOLD…THE ARCTOPUS はシーンでも最もミステリアスでカルトなバンドの一つでしょう。新作 “Congtive Emancipation” は全くリリースの兆候すら無かったので驚きでしたよ。

【COLIN】: 所属していたレコードレーベルは解散してしまったし、僕はSNSなんてやらないから、プロモーションは全く行われなかったんだ。だからサプライズのように思えたんだろうね。
だけど僕にとって “Congtive Emancipation” の楽曲は、長年完成させレコーディングしたかった古いマテリアルだったんだ。実際、アルバムの2曲目と4曲目は “Horrorscension” のために書かれたものだからね。ただ当時は完成が作品のリリースに間に合わなかったんだ。
他の2曲は、次のアルバムのオープナーになるはずだったんだよ。だけど Weasel が Lydia Lunch との子供が出来て脱退し、実験的に一年ほど他のドラマーとプレイしていたんだ。その後、2015年の夏に Jason Bauers が加入し、一年経たないうちに4曲が完成したんだよ。
そうしたら今度は Mike Lerner が出身地である西海岸に帰ると言い出してね。僕は、彼が落ち着くのを待ち離れた場所でフルアルバムを作るよりも、すぐに今ある4曲で短いアルバムを作ろうと指示したのさ。楽曲はこれからまた時間をかけて蓄えていけばいいからね。
元々は同じアルバムに収録するつもりのなかった4曲だけど、間違いなく素晴らしいコレクションになったと思うな。BEHOLD…THE ARCTOPUS は、しばしば短く密集した音楽の方が機能するんだよ。簡潔な食事なのにフルコースを食べたみたいにね。

14440810_10153890783436709_4332064403382644546_n

Q3: You know, Warr Guitar is essential piece of Behold…the Arctopus. Could you talk about Warr Guitar, and the importance in your music?

【COLIN】: So far, behold is the only band in which i’ve only used warr guitar. it’s also the bass/3rd guitar on all the Indricothere metal albums and i’ve used it for solos in Krallice, Glyptoglossio, and some guest moments for Imperial Triumphant and East of the Wall.
I was inspired to play warr guitar after seeing Trey Gunn and Tony Levin play in King Crimson back in 1996. i got a discounted instrument the following year.
The warr guitar is fitting for behold the arctopus because all the music is written away from the instrument. i find it challenging to compose music on the warr guitar, but it is very useful for learning music not written on the fretboard. i think this is because there are 2 tunings (upside down 5ths in the bass side, and right-side up 4ths in the guitar side), and many positions and registers one can use to play the same material. so if i’m trying to learn a BTA song, and one section proves difficult with a certain fingering, there are usually a few more positions/fingerings to try before giving up and saying, “this is unplayable!” i also enjoy the ambiguity of the instrument: is it a bass, a guitar, or both?? i’ve always enjoyed larger ranges of pitches on guitar-like instruments. i tune the lower strings of my guitar down (but not the higher strings) and play bass with an extra low and high string. the warr guitar has this extended range built into it, which i love. i find it more and more boring to stay in the same register for an entire song or album. one of my main complaints about metal is that guitarists often just use their lowest few strings and stay low on the neck in one position. sure riffs can sound heavy down there, but it’s also the muddiest-sounding region of a guitar. additionally, heaviness is relative: if your album has low heavy riffs the whole time, none of them will seem as heavy as they could if they were juxtaposed with something different.

Q3: Warr Guitar は BEHOLD…THE ARCTOPUS に欠かせない要素の一つですよね?

【COLIN】: 今のところ、僕が Warr Guitar をメインで使うのは BEHOLD…THE ARCTOPUS だけだね。あとは、INDRICOTHERE のメタルアルバムではベース/3rd ギターとして使用し、KRALLICE, GLYPTOGLOSSIO ではソロをプレイし、IMPERAL TRIUMPHANT, EAST OF THE WALL にゲスト参加した時にも使ったよ。
僕が Warr Guitar を手に取ろうと思ったのは、1996年に Trey Gunn と Tony Levin が KING CRIMSON でプレイするのを見たからなんだ。翌年には安売りされていたその楽器を手にしていたよ。
Warr Guitar が BEHOLD…THE ARCTOPUS にフィットするのは当たり前で、全ての音楽を Warr Guitar で書いているんだよ。Warr Guitar で作曲するのはとてもチャレンジングなんだ。フレットボードで作曲していく訳じゃないから、とても音楽の勉強になるんだよ。それはこの楽器が二種類のチューニングを備えているからなんだけどね。だから同じマテリアルでも、沢山のポジションや音域でプレイすることが可能性なのさ。つまり BEHOLD…THE ARCTOPUS の曲を覚える時は、フィンガリングが難しすぎるセクションがあったとしても、根をあげて「こんなのプレイ出来ないよ!」と言う前にいくつか他にトライすべきポジションやフィンガリングが残されているんだよ。
この楽器の両義性も重要なポイントだよ。ベースであり、ギターであり、その両方かもしれないんだから。いつだってこのギターのような、しかし幅広いレンジを持つ楽器を楽しんでいるよ。ギターの領域では低音弦だけチューンダウンしているんだ。そしてベースは究極に低音とハイストリングスをプレイしているよ。Warr Guitar の魅力は何と言ってもこのレンジの広さなんだ。同じ音域だけで楽曲やアルバムを構成するのは本当に退屈だからね。
メタルに対して僕が抱いている主な不満の一つは、しばしばギタリストが低音弦だけを使用し、ネックの同じ場所だけでプレイしていることなんだ。勿論、そうすることでサウンドはヘヴィーになるけど、ギターの中音域でだって同じことは可能なのさ。
さらに言えばヘヴィネスって相対的なものだよね。いつも低音でヘヴィーなリフを聴かせるアルバムよりも、異なる要素を並べて際立たせた方が重さを感じるはずさ。

Q4: Regarding Krallice, 2016 was great year for Japanese fans. Finally, we could see Krallice’s performance. On SNS, lot’s of fans said it was outrageous! How was the Japan Tour 2016? What’s your impresson about Japanese band Vampillia?

【COLIN】: We loved the Krallice/Vampillia tour! possibly the most enjoyable and best organized tour i’ve ever been on. i really appreciated that we played with a variety of japanese bands, from metal, to noise, to “idol pop,” to unclassifiable. my first time over to japan with gorguts was great, but we just played with metal groups and didn’t get to see a single japanese band! also Kei from Vampillia is an extreme food enthusiast and did an amazing job organizing food for us, which was especially great for me since i’m always the lone vegetarian (and eating a vegetarian diet while traveling in japan is way more difficult than i ever imagined).
Vampillia was great. i appreciate their sense of humor, theatrics, amazing musicianship, and disregard for genre commitment. they were wonderful travel companions as well!

Q4: KRALLICE は昨年、待望の来日も果たしましたね!SNSではバンドに対する賛辞が飛び交っていましたよ。VAMPILLIA をはじめ日本のバンドたちとのツアーでしたが、感想を聞かせていただけますか?

【COLIN】: KRALLICE と VAMPILLIA のツアーは素晴らしいものだったね!おそらくは、僕が今まで経験した中でも最高に楽しく、最も良くオーガナイズされたツアーだったと思うな。メタルからノイズ、アイドル、分類不明なバンドまでバラエティー豊かな日本のバンドたちと共演することが出来て本当に感謝しているんだよ。
僕が GORGUTS で初めて日本に行った時も良かったんだけど、その時は外国のメタルバンドと共演しただけで日本のバンドは全く見ることが出来なかったからね。
それに VAMPILLIA の Kei は食に対する情熱が凄くて、食事に関して最高の仕事をしてくれたんだ。僕はいつも孤独なベジタリアンだからとても助かったよ。日本ではビーガン料理を出して貰うことが想像していたよりずっと難しかったからね。
VAMPILLIA は偉大なバンドだったよ。ユーモアのセンス、演出方法、至高のミュージシャンシップ、そしてジャンルを股に掛ける音楽性。素敵な旅行仲間でもあったね。

15267675_1246418225429918_5354343469013868537_n

Q5: “Prelapsarian” was also surprising release. When I interviewed with Micc, he said “In Ygg Huur, we all seemed to be ready to try something less atmospherically black metal.”. So, what was your reason of the change of Krallice’s direction? Like Alcest, Deafheaven, Atmospheric Black is so popular now. Do you miss the fantastic atmosphere of “Diotima”?

【COLIN】: There wasn’t a concrete reason to evolve, we just wanted to push ourselves into some less charted territory. there was an idea early on in this band to make “black metal.” who cares whether or not we ever did? but over the past few years we haven’t had an agenda of making any style of music other than our own. it’s great because now we sound like the union of our 4 raw creative minds rather than the 4 if us making some particular kind of metal.

Q5: 昨年末にリリースされたKRALLICE の “Prelapsarian” もサプライズでした。Micc にインタビューを行った時彼は、「”Ygg Huur” では全員がアトモスフェリックなブラック要素を減退させようとした。」と語っていましたが、あなたはどういった理由でそう決めたのでしょう?

【COLIN】: その進化に関して具体的な理由はないんだよ。僕たちはただ、未知の領域へ自分たちをプッシュしたかっただけなんだ。
確かに KRALLICE の初期のアイデアは、ブラックメタルをやることだったね。でも僕たちがこれまでブラックメタルだろうとなかろうと誰が気にするんだい?
ここ数年間は、自分たち自身のスタイル以外の音楽を作ることは議題にも上がらなかったよ。それは素晴らしいことに思えるね。あるジャンルのメタルをプレイする4人ではなく、ただ4つのクリエイティブな精神が集まったバンドになったんだからね。

Q6: What’s Micc Barr to you? You two are also doing Encenathrakh. Is he kind of best friend, or great collaborator of music?

【COLIN】: Mick Barr is nothing to me!! just kidding.
Yes, in addition to being a fantastic best friend, Mick is one of my favorite collaborators. i find working with him to be extremely easy and enjoyable. i also find his often seemingly contradictory perspectives and creative brain to be one-of-a-kind. very open-minded, but also very opinionated in unexpected ways. he always keeps me thinking and healthfully questioning.

Q6: KRALLICE 以外にもいくつかのプロジェクトで共演してきた Micc Barr はあなたにとってどのような存在ですか?親友のような存在ですか?それとも最高のコラボレーターでしょうか?

【COLIN】: Micc Barr なんて関係ないよ!!ジョークだよ(笑)そうだね、Micc は素晴らしい最高の友人であることに加えて、大好きなコラボレーターの1人だよ。彼と仕事をするのは、究極に簡単で楽しいんだよ。
彼の時に一見矛盾した視点と、クリエイティブな頭脳は唯一無二だと思うな。とてもオープンマインドなんだけど、予想外の方法で意見を主張したりするんだよ。彼はいつも僕に思考させ健康的な疑問を与えてくれる存在さ。

12745500_1134558726562985_3855389306878355537_n

Q7: OK, so…Gorguts. Lot’s of Metal magazine choose “Pleiade’s Dust” as best album 2016. You know, off course, Luc Lemay is Gorguts. So, what’s your role in Gorguts?

【COLIN】: I joined Gorguts on bass when Luc resurrected the band in 2008. in addition to bass, i also recorded/mixed/mastered “colored sands” and “pleiades’ dust” (although for “colored sands” we did the basic tracking with Pierre Remillard). i wrote one entire song (guitar, bass and drums) on “colored sands,” called “forgotten arrows,” and all the bass on everything else. i also really like getting involved in writing the drum parts, so i had a hand in that too especially on “pleiades’ dust.”

Q7: では GORGUTS について話しましょう。”Pleiade’s Dust” は様々なメタルマガジンが2016年のベストアルバムにランクした作品となりましたね!勿論、GORGUTS は Luc Lemay のバンドですが、あなたの役割はどのようなものですか?

【COLIN】: 僕は Luc がバンドを復活させた2008年にベーシストとして加わったんだ。ベースに加えて、”Colored Sand”, “Pleiade’s Dust” のレコーディング、ミキシング、マスタリングも僕が手がけたんだ。ただ、”Colored Sand” のベーシックなトラッキングは Pierre Remillard が行ったんだけどね。
“Colored Sand” では “Forgotten Arrows” を一曲まるごと、ギター、ベース、ドラムスも僕が書いたんだ。ベースは全て自分でラインを考えているよ。僕はドラムパートを考えるのが本当に大好きだから、特に “Pleiade’s Dust” では手を加えているよ。

Q8: So, could you tell us about your plan of 2017? How many your projects can we hear in this year? haha.

【COLIN】: it’s always hard to say what will actually be released in any given year, since often there is a delay between completing a recording and other people hearing it. Mick and i plan on releasing at least 2 Hathenter records very soon, one of which is a collaboration with Brandon Seabrook, Eliane Gazzard, Yoshiko Ohara, and chfs. some copies of the Encenathrakh demo have been located. i just played on a new Withered song, which should be out soon. Krallice will record this spring or summer for sure. we already have 2 albums planned, one short and fierce and one long and less dissonant. the short, fierce album is coming together really quickly, so that will probably be recorded and released in 2017. i’m guessing the other album will take longer. Dysrhythmia, Arctopus, and Gorguts will all start writing again (or already have) but those bands all work slower, so i’m guessing nothing until 2018 or 19.

Q8: 最後に今後のリリース、活動予定を教えていただけますか?今年も沢山の作品が聴けるのでしょうか?(笑)

【COLIN】: どの年でも実際に何がリリースされるのか言及するのは難しいんだよね。レコーディングが遅れたりするのは日常茶飯事だから。とりあえず、Micc と僕は少なくとも2枚 HATHENTER のレコードを近々リリースするよ。そのうちの1枚は Brandon Seabrook, Eliane Gazzard, Yoshiko Oharaとのコラボレート作品さ。ENCENATHRAKH のデモも準備出来ているんだ。あと、僕は WITHRED の新曲でもプレイしたばかりでね。近々リリースされるよ。KRALLICE は春か夏に確実にレコーディングを行うよ。すでにアルバム2枚の計画があるんだ。1枚は短く獰猛な作品で、もう1枚は長くてあまり耳障りではない作品になるよ。前者は実に早く纏まりそうだから、今年中にはリリースされるだろうね。もう1枚はおそらくもっとかかるだろう。
DYSRHYTHMIA, BEHOLD…THE ARCTOPUS, GORGUTS はすでに作曲を始めていたり、これから始めるところなんだけど、どれも仕事が早いとは言えないバンドだから、来年か再来年までは何もないと思うな。

14219580660_20162df7aa_b

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED COLIN’S LIFE!!

ULVER “NATTENS MADRIGAL”

3612

one of my earliest exposures to black metal. i still really love the use of independent baselines and dual complimentary guitar parts. i also enjoy the strange noisy mix… like a gem hidden under mountains of muck. they also use this one trick that i love: changing from a 3 beat feel to a 2 beat feel without changing tempo or drum part. those moments feel like time is being expanded or contracted in a wonderfully smooth manner.

僕がブラックメタルにハマったころの作品の一つさ。今でも独立したベースラインと、双重のギターパートを本当に愛しているんだ。一風変わったノイジーなミックスも楽しめるね。まるで Gem が汚物の山に隠されているような感じだよね。
彼らが使うトリックで好きなのがあって、テンポやドラムパートを変えずに3ビートを2ビートのように変化させるやり方なんだ。まるで時間が拡張したり縮小したかのような印象を与えるくらいスムースで素晴らしいやり方だよ。

KING CRIMSON “THRAKATTAK”

220px-Thrakattak

certainly not a very representative King Crimson album, but definitely the darkest and ugliest. this one is just edited together live improvisations from the middle of various versions of the same song. great combination of dissonant shredding and tense ambience. this is one of my favorite improvised albums not from the jazz world.

確かに KING CRIMSON を代表するアルバムという訳ではないね。だけど間違いなく、最高にダークで醜い作品さ。この作品は “Thrak” の様々なライブインプロヴィゼーション部分を編集して、その冒頭と末尾を “Thrak” で挟み込む構成になっているんだ。
喧騒のシュレッドと張り詰めたアンビエンスのコンビネーションが素晴らしいね。ジャズ以外で最も気に入っているインプロビゼーション作品の一つだね。

KRZYSZTOF PENDERECKI “MATRIX 5”

51Vr+Bv5eML._SY300_QL70_

this album has the first version of “threnody…” that i heard. as a 16 or 17-year old, it really knocked my socks off. such masterful use of texture! it’s also a beautiful piece to see written out because of all the various idiosyncratic microtonal notation methods. each page looks like a different universe, and the sounds created are alien, but so viscerally familiar to the emotional brain.

この作品は僕が初めて聴いたバージョンの “広島の犠牲者に捧げる哀歌” が収録されているね。当時僕は16か17歳だったんだけど、本当に驚かされたね。完璧なテクスチャーだよ!
さらに特異な微分音表記法で書かれていることが楽曲を美しいものにしているんだよ。どのページも異なる宇宙のようで、そのサウンドはきっとエイリアンが作ったものだろう。ただし直感的に脳の感情的な部分に訴えかけるものがあるんだよ。

NEUROSIS “THE WORD AS LAW / TIMES OF GRACE”

220px-The_Word_as_Law_cover220px-TimesOfGrace-2

very hard to pick one album from Neurosis, a truly progressive rock band, not a “progressive rock” band… an important distinction. “The Word as Law” in my mind is one of the most successful marriages of hardcore and metal… but fuck that, it’s just amazing unique music, which has the feeling that it could go anywhere. A+ bass work on this record and an excellent reconciling of simplistic punk and intricate, epic tortured metal. “Times of Grace”/“Sovereign” needs a shoutout too because the combination of Neurosis in the 90s ,when they were still unbelievably heavy, and Steve Albini’s straightforward but masterful recording and mixing yields my favorite-sounding rock record maybe ever.

NEUROSIS のアルバムを1枚選ぶのはとても難しかったね。所謂プログレバンドではなく、真の意味でのプログレッシブなロックバンドだよ。重要な違いだね。僕の中で、”The Word as Law” は最も成功したハードコアとメタルの融合だと言えるね。ただ何よりも最高にユニークな音楽だよ。ベースはA+の仕事をしているし、シンプルなパンクと複雑でエピカルなメタルがこのレコードで最高の”和解”をしたと言えるかもしれないね。
“Times of Grace”/“Sovereign” にも感謝しているんだ。未だに信じられないくらいヘヴィーで、かつ Steve Alvini のストレートでライブ感満載のレコーディングとミキシング。まさに90年代の NEUROSIS だよ。僕にとっては最も気に入っているサウンドのロックレコードだね。

THE FLYING LUTTENBACHERS “INFECTION AND DECLINE”

R-2528581-1289212023.jpeg

the first “brutal prog” Luttenbachers record. this version of the band had so much raw energy and the compositions inspired a lot of my own music. a perfect combination of raw punk aesthetic, intricate asymmetrical riffs, drumming that seems equally inspired by metal and Xenakis… what more could you want?

Luttenbachers 初の”ブルータルプログ”レコードだよ。このバージョンのバンドは生々しいエナジーを持ち、僕のコンポジションに多大な影響を与えているよ。パンクの美学と複雑で非対称なリフとドラミング。メタルとクセナキスから平等に影響されているように思えるね。それ以上何が必要なんだい?

【MESSAGE FOR JAPAN】

cloud_nothings_lj_221116

Thank you to all japanese listeners! i hope i can home back and play for you again soon!
Sin, thanks for the interview!

日本のリスナー全員にありがとうと言いたいね。出来ればすぐに戻ってまたプレイしたいよ!

COLIN MARSTON

KRALLICE Facebook Page
BEHOLD…THE ARCTOPUS Facebook Page
GORGUTS Facebook Page
DYSRHYTHMIA Facebook Page
いいにおいのする Vampillia Twitter

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALCEST : KODAMA】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NEIGE OF ALCEST !!

13975490_1254260777939853_9121865998646674986_o

The Pioneer Of Post-Black Metal From France, ALCEST Returns To Roots And Opens Up The New Chapter With Their Newest Album “Kodama” Influenced By Japanese Folklore !!

DISC REVIEW “KODAMA”

今や世界規模で注目を集める、儚くも美しいフランスの Post-Black Metal デュオ ALCEST が Neige の幼少期、そして宮崎駿さんの名作”もののけ姫”にインスピレーションを得たという新作 “Kodama” をリリースしました!!これまでも、寺院でプレイしたり、”Souvenirs d’un Autre Monde” 収録 “Tir Nan Og” でゲーム”クロノトリガー”に対するオマージュを行うことにより日本に対するリスペクトを表していた ALCEST ですが、彼らのその想いが本格的に詰まった作品は、さらにこの地でのファンを増やすことでしょう。
ALCEST は所謂 “Blackgaze”、Black Metal と Shoegaze を融合させたパイオニア的存在です。幻想的で内省的。メランコリックな繊細さと悲痛な激しさが生み出す圧倒的なダイナミズム、神々しいまでの美しさはシーンに衝撃を与え、DEAFHEAVEN などに続く Post-Black のうねりを創出したのです。
一つの潮流を生み出した ALCEST が発表した前作 “Shelter” は “Sun-Kissed” などとも表現される、言わば”光”のアルバムでした。メタルらしさを極力排し、多幸感溢れる Shoegaze / Indie サウンドを前面に押し出した作品は、確かに彼らの特徴であるダイナミズムが失われたという点では物議を醸しましたが、それ以上に極上の Post-Rock へと進化し、溢れ出る目も眩むような光の渦、SIGUR ROS にも似たアトモスフィアが 「やはり ALCEST は凄い!」 と世の中を納得させたように思います。
“Kodama” は “Shelter” と対になるカウンターパーツ的な作品と言えるかもしれません。インタビューにあるように、もののけ姫と通じる自然を食い物にする現代社会、そしてその闇の部分でもあるテロリズムが ALCEST を動かしました。ある意味メタルのルーツに戻り、よりダークな1面にフォーカスした”最も怒れる”作品は、それでもやはり徹頭徹尾 ALCEST です。そして同時に、彼らの新しいチャレンジである POP センスが花開いたアルバムであるとも言えるでしょう。
アルバムオープナー、タイトルトラックの “Kodama” はレコードを象徴するような楽曲です。確かにここには ALCEST のシグニチャーサウンドである、 Black Metal の冷たいギターや、Shoegaze のドリーミーなメロディーがレイヤーされていますが、同時にアリーナポップに由来する要素も存在します。COCTEAU TWINS や DEAD CAN DANCE に触発されたというボーカルは何と全てがインプロヴァイズされたもの。非常にキャッチーかつ神秘的なそのメロディーラインはリスナーをもののけの森へと誘い、楽曲をよりスピリチュアルな高みへと押し上げています。この手法は、”Je suis d’ailleurs” の冒頭などでも聴くことが出来ますね。
加えて、インタビューで語ってくれた通り、グランジやインディーロックからの影響も新たな可能性を提示します。楽曲後半に見せる Neige のギターワークは群を抜いていて、シンプルかつ少ない音数で空間を意識した印象的なフレーズを奏で、故意にラフなプロダクション、サウンドで NIRVANA のようにコードをのみ激しくストロークすることで、楽曲の幅を広げることに成功していますね。Neige のコンポジションスタイルである、光と影のバランスを完璧なまでに復活させながら、さらに進化を遂げた凄みがここにはあります。
ファーストシングル、”Oiseaux de Proire” は王者がメタルへの帰還を高々と告げるアルバムのハイライトでしょう。TOOL や SMASHING PUNPKINS さえ想起させるオルタナティブな感覚を備えたギターリフと、ノスタルジックで郷愁を誘う珠玉のボーカルメロディーで幕を開ける楽曲は、Neige の咆哮を合図に突如としてその怒りの牙を剥きます。Winterhalter の鬼気迫るブラストビートに乗って疾走する、メランコリックなトレモロリフはまさしく ALCEST のアイデンティティー。挿入されるキャッチーなアコースティックパートは進化の証。溢れるようなそのエナジーは、もののけ姫終盤にししがみが首を落とす場面をイメージさせますね。インタビューで言及している通り、”二面性” “対比” “進化” に拘るアートの開拓者らしい完璧な展開美を持ったシネマティックな楽曲だと思います。
タイトル、山本タカトさんをオマージュしたアートワークからコンセプト、”対比”の妙まで強く日本を意識した “Kodama”。今回弊誌では、Neige にインタビューを行うことが出来ました。音楽、歌詞、コンセプト、演奏、全てを司るまさに ALCEST の心臓が非常に深く丁寧に語ってくれました。日本の雑誌だからこそ行えた価値あるインタビュー。どうぞ!!

13775883_1236687363030528_6024899683831844032_n

ALCEST “KODAMA” : 9.7/10

【INTERVIEW WITH NEIGE】

unspecified-2

Q1: Hi, Neige! First of all, how was the experience playing in Japanese traditional temple? Actually, I was there, and it was very special night for me.

【NEIGE】: Hi Sin ! You know, with Alcest we had a lot of wonderful experiences during our tours, in many different countries, but playing in the traditional Japanese temples was probably the best of all of them. I always loved Japan and wanted to go there since I am a kid, so it was a dream come true for me. These two temples were absolutely gorgeous; the atmosphere inside was so serene and surreal. Definitely the most perfect setting for an Alcest show ! It was an incredible experience that we will remember all our life.

Q1: まず、日本の伝統的な寺院でプレイするのはどのような体験でしたか?実際、私もあの場所に居たのですが、本当に特別な夜になりました。

【NEIGE】: ALCEST で様々な国をツアーしていると、たくさんの素晴らしい経験をするんだけど、日本の伝統的な寺院でプレイ出来たのは、その全ての中でもおそらくベストだと思う。僕はいつも日本を愛してきたし、子供の頃から訪れてみたかったんだよ。だから、あの体験は夢が叶った瞬間だったね。
僕たちが演奏した2つの寺院は極めて美しかった。寺院内の雰囲気は、非常に穏やかで非現実的だったよ。間違いなく、ALCEST のショーで最も完璧なステージセットだったね!信じられないような体験だったし、人生を通して忘れることはないだろうな。

Q2: We, Japanese fans, are really excited about your new album “Kodama”. Because, it’s named in Japanese and influenced by Hayao Miyazaki’s “Princess Mononoke”. What made you take up this concept?

【NEIGE】: It has been inspired by this movie yes, along with other things like my own personal stories and feelings. In « Princess Mononoke » the idea of two worlds, the human and nature one, trying to live together and the confrontations/conflicts that arise as a result of that. I also really liked San, the strong female character of the movie. San has a part of these two worlds within her, as she is human, but was raised by the animal gods in the forest. She fights against the human tribes and their damaging technologies and hates them for tearing apart her beloved forest, but yet she is born one of them. I could identify myself a lot with this character, also feeling this duality inside me and the sensation of not belonging to this place, as if living in between two worlds, city/nature, physical world/spiritual world. I also love the message of this movie; the fact that we should take more care of the beautiful nature around us and live in harmony with it. This is an utopia of course, considering how society works in our times, but everyone can feel that people are more and more concerned by these type of subjects. As for the name « Kodama » I chose a Japanese name as an hommage to Japanese culture and also because I think it’s a really beautiful name !

Q2: 待望の新作 “Kodama” は日本語のタイトルですし、内容も宮崎駿の名作”もののけ姫”にインスパイアされているそうですね?日本のファンにとっては、まさにスペシャルなリリースとなりました。

【NEIGE】: うん、”Kodama” は、僕の個人的な体験や感情と同様に、”もののけ姫”にもインスパイアされているんだ。
“もののけ姫”は、人間界と自然界、2つの世界が対立、衝突の結果として共生を試みるというアイデアだよね。僕はストーリーと同時に、強い女性のキャラクター、サンが本当に好きなんだよ。
サンは自身の中にその2つの世界を内包しているんだ。というのも、彼女は人間だけど、森で獣神に育てられたからね。彼女は人間の部族と森にダメージを与えるテクノロジーと戦うよ。彼女の愛する森を引き裂く人間を嫌悪するんだ。だけど皮肉にもサンは人間の子なんだよ。
僕にはサンと共感出来る部分がたくさんあってね。自分の中に存在する2面性、なにか自分の居場所ではないという感覚、まるで都市と自然、物質世界と精神世界の2つに生きているような気がしているんだよ。
同時に僕はこの映画のメッセージも愛しているんだ。事実、人類はもっと周りの自然をケアするべきだし、共生していくべきだよね。現代社会を考えれば、それがユートピア構想なのは間違いないんだけど、同時にみんなの自然に対する関心がどんどん増しているのも確かなんだ。”Kodama” というタイトルに関しては、日本文化に対するオマージュとして、同時にとても美しい名前だから選んだんだよ!

Q3: We know French people are tend to love Japanese culture, food, and Anime. So, are you a fan of that kind of our culture like Hayao Miyazaki’s films?

【NEIGE】: I think French and Japanese people have a lot of things in common actually. For example we both love food, haha ! Just like you said, people in France love Japanese culture, food, animation, video games, etc… After Japan, I think France is the second largest market in the world for manga, anime etc. The reason is that people of my generation (who are born in the 80’) grew up with Japanese animation on T.V. There was this kid show that was playing all kinds of great anime like Saint Seiya (I am a big Saint Seiya fan, the old anime), Dragon Ball, Grendizer, Harroku, Hokuto No Ken, and many many more. There were a lot of Japanese video games imported to France in the 90’ too, Super Famicom was huge here (I have one and still play!). People of my generation discovered the culture of Japan thanks to all of this and got interested in a lot of other things related to this country. Later when I was a teenager, I discovered Hayao Miyazaki and his amazing movies like Mononoke Hime, Sen to Chihiro no kamikakushi, Hauru no ugoku shiro. Miyazaki is adored in France and even the most renowned cinema critics consider his movies to be masterpieces. What is fascinating about Japanese culture is the contrasts; the fact for example that you have a very modern and hyper-technologic society, but at the same time a big respect for traditions, nature, spirituality. Also I find it really fascinating that there so many social rules and codes to respect, especially at work, but on the other hand, Japanese art can be very extravagant and theatrical. Also the difference between the day and the nightlife. When people go out to eat and drink after work at night the social rules tend to change a bit and the atmosphere is more relaxed. .

Q3: 実際、フランスの人たちは、食事、アニメ、映画など日本文化を愛しているように思えます。あなたもそうですよね?

【NEIGE】: そうだね、フランス人と日本人には多くの共通点があると思うんだ。例えば、両者とも食事が大好きじゃないか!(笑)
君が言うように、フランス人は日本の文化、アニメ、食事、ゲームなんかが大好きなんだよ。フランスはアニメやマンガの日本に次ぐ大きなマーケットだと思うよ。その理由は、僕の世代 (80年代生まれ) が日本のアニメを見て育ったからだと思うんだ。
聖闘士星矢 (僕は”昔の”聖闘士星矢の大ファンなんだ)、ドラゴンボール、グレンダイザー、キャプテンハーロック、北斗の拳などたくさんの名作アニメがテレビで放映されていたんだよ。90年代には日本のゲームもたくさんフランスに輸入されていたね。スーパーファミコンはとても人気があったんだ (僕は今でも持っていてプレイしているんだ!)。
そうやって日本文化を発見していった僕たちの世代は、日本に感謝し、日本に関係する他の事柄にも目を向けていったんだ。僕も後にティーンネイジャーになって、宮崎駿さんと、彼の素晴らしい映画、”もののけ姫”、”千と千尋の神隠し”、”ハウルの動く城”なんかを見つけていったんだよ。宮崎さんはフランスで崇拝されていて、最も名高い評論家でさえ彼の映画を傑作と評しているんだからね。
日本文化がここまでフランスを魅力しているのは”対比”が理由だと思う。実際、日本にはとてもモダンで高度なテクノロジーを備えた社会が存在するのに、伝統や自然、スピリチュアルなものに大きな敬意を抱いているよね。
同時に、僕は日本には、特に仕事において、リスペクトすべき社会のルールや常識のようなものが存在すると気づいたんだ。その一方で、日本のアートは非常に贅沢で大掛かりなものも存在するよね。つまり、日常と歓楽の差がある訳さ。仕事の後で夜にご飯や飲みに行く時は、社会のルールも少し変わって、リラックスした雰囲気になるんだよ。

Q4: Your previous release, “Shelter” was kind of optimistic, and “Sun-kissed” softer record, I think. And I felt “Kodama” becomes darker, and more spiritual. What caused this change?

【NEIGE】: « Shelter » was a airy record, very ethereal and luminous, focusing mainly on the guitars and the atmospheric side of Alcest, so we really felt the need to go back to something more punchy and dynamic for « Kodama » ; something a bit darker too. Evolution and change are really important for us to keep being creative, and with every new album we tend to take a different direction than the album that we released before. It goes for the music, but also for the overall mood, the visuals, etc… we needed to explore the wilder side of the project. The world in general isn’t doing very well and there is a kind of ecological theme flowing through the record. Also the recent terrorist attacks in Paris affected me a lot and I think it influenced the sound of the record.

Q4: 前作 “Shelter” は、オプティミスティックで、”光”が強いレコードでしたね。対して “Kodama” はよりダークでスピリチュアルな作品だと感じました。

【NEIGE】: “Shelter” はエアリーなレコードだったよね。とても霊妙で、輝きを放ち、主にギターと ALCEST のアトモスフェリックな1面にフォーカスした作品だったんだ。だから “Kodama” では、よりパンチーでダイナミックな何かを戻す必要があると強く感じていたんだよ。ダークになったのもその一端だろうね。
進化と変化は、クリエイティブであるために、僕たちにとって非常に重要なんだ。だから全てのアルバムで、以前の作品とは異なる方向性を取るようにして来たんだよ。音楽もそうだし、全体のムード、ヴィジュアルなんかもそうだよね。僕たちはこのプロジェクトのワイルドな1面を探求する必要があったのさ。
一般的に言って、世界は上手くいっていないから、アルバムを通してエコロジカルなテーマが存在するよ。同時に、最近パリで起こったテロにも非常に考えさせられたんだ。あの一件がレコードのサウンドに影響しているのは明らかだね。

13243824_1186857434680188_8627738661244973835_o

Q5: Do you think you returns to your roots somehow in “Kodama”? Or, reached to the new realm of Alcest?

【NEIGE】: It’s a bit of both ! On one hand, « Kodama » comes back to the roots of Alcest, but at the same time it also has new elements and a different energy. It’s probably the most cinematic and angry record that we made. The production is also quite specific compared to what we have done in the past; rougher and more organic. We were inspired by the grungy and unpolished sound of bands like Dinosaur Jr for example.

Q5: では、ある意味、新作ではルーツに戻ったと言えますか?それとも ALCEST の新しい領域に踏み込んだのでしょうか?

【NEIGE】: 両方が少しづつかな!一方で、”Kodama” は ALCEST のルーツに戻っているけど、同時に、新しい要素、異なるエナジーも存在するよ。おそらく、”Kodama” は僕たちの作品の中でも最もシネマティックで怒れるレコードだね。
プロダクションも過去作に比べて実に特殊に仕上がっていて、ラフでオーガニックなんだ。実はグランジや磨かれていないサウンドのバンドにインスパイアされていてね。それこそ、DINOSAUR JR. のようなバンドにね。

Q6: Alcest and Deafheaven are the symbols of “Blackgaze”. What’s Deafheaven to you? And what’s your thought about “Blackgaze” scene these days?

【NEIGE】: Deafheaven are good friends of mine and I really like their music ! The « blackgaze » term was invented by the medias, so I don’t really have an opinion about it. I don’t think Alcest belongs to any genre; we have so many different influences in our music. Most of the blackgaze bands are too metal for my taste, and I don’t think there are a lot of them that can mix metal with some other genres like post-rock, indie rock or shoegaze in a balanced way. Some of the bands in this scene are really good though, just like Sylvaine for example. She’s released her album « Wistful » on Season Of Mist earlier this year and I am quite sure that our fans would like it a lot.

Q6: ALCEST と DEAFHEAVEN は所謂 “Blackgaze” を象徴するバンドですが、DEAFHEAVEN や最近の “Blackgaze” シーンについてはどう思っていますか?

【NEIGE】: DEAFHEAVEN は良い友人なんだ。僕は彼らの音楽も大好きなんだよ!
“Blackgaze” という言葉はメディアによって作られたね。だから僕はそれについては関知していないんだ。ALCEST はどのジャンルにも属さないと思うよ。音楽に様々な影響を含んでいるからね。僕にとって、”Blackgaze”と呼ばれるバンドの大半はちょっとメタル過ぎるんだよ。メタルとポストロックやインディーズ、シューゲイズをバランス良くミックスしているバンドはあまりいないと思う。
ただ、シーンにもいくつかは良いバンドが存在するね。SYLVAINE はその良い例だろう。彼女は今年の初めに Season of Mist から新作 “Wistful” をリリースしたんだけど、僕たちのファンはとても気に入ると思うな。

Q7: So, your tour with Mono will start on October. You’ve played with other Japanese bands like Vampillia, envy. What’s your impression about Japanese bands?

【NEIGE】: I absolutely love Vampillia, both musically and on a human level, and in a way I think their music also had an influence on « Kodama »! They are amazing people and their music and concerts are incredible; they deserve a lot of success. We would like to bring them on tour in Europe with us, people would like them a lot over here. Mono and Envy are really good too. The first Japanese band I discovered was Sigh, the black metal band. They are friends of mine too, really nice people. Otherwise I also know Baby Metal, which became really huge in Europe, but it’s not really my style of music, haha. I would love to discover new Japanese bands, but they are hard to find and most of the time people in Europe are not aware of the Japanese scene unfortunately. Parallel to rock bands, I am a big admirer of composers like Ryuishi Sakamoto (the song « Forbidden Colours » is gorgeous), and also Joe Hisaishi.

Q7: 日本を代表するバンド、MONO とのツアーも始まりますが、ALCEST は彼ら以外にも、VAMPILLIA や envy といった日本のバンドと共演して来ています。彼らに対する印象はどうですか?

【NEIGE】: 僕は本当にめちゃくちゃ VAMPILLIA が大好きなんだよ。音楽的にも人間的にもね。ある意味、彼らの音楽も “Kodama” に影響を与えているんだよ!素晴らしい人たちで、音楽とライブも驚異的。もっと大きな成功に値するよ。
僕たちは彼らに ALCEST のヨーロッパツアーに帯同してもらいたいんだ。ヨーロッパの人たちはきっと気に入ると思うな。
MONO と envy も本当に良いバンドだよね。僕が最初に知った日本のバンドは SIGH なんだ。Black Metal バンドだよ。彼らも友人なんだけど、本当に良い人たちだね。
後は Babymetal も知っていて、彼女たちはヨーロッパで本当にビッグになったんだけど、僕の好きな感じではないね(笑)。
新しい日本のバンドも知りたいんだけど、こちらからはあまり知ることが出来ないんだ。ヨーロッパの人たちは残念ながら、普段あまり日本のシーンを気にかけていないんだよ。
ロックバンド以外では、コンポーザーの坂本龍一さんをとても崇拝しているし (“Forbidden Colours” は実に美しい楽曲だよ)、久石譲さんも大好きだね。

Q8: Japanese fans are still having troubles about pronouncing your band name. Which do you like, “A-ru-se-su-to” or “A-ru-se”?

【NEIGE】: None of them is completely right…Actually it’s « A-ru-se-su-t », without « o » in the end. But you can say “A-ru-se-su-to” if you want !

Q8: 最後に、日本のファンは未だに ALCEST の発音で困っています。正しいのはアルセストですか?アルセですか?

【NEIGE】: どちらも完璧には正しくないね(笑)実は”A-ru-se-su-t”なんだよ。最後のOが要らないんだ。まあでもアルセストでも構わないと思うよ!

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NEIGE’S LIFE!!

SMASHING PUMPKINS “SIAMESE DREAM”

220px-smashingpumpkins-siamesedream

GRIMES “VISIONS”

grimes_-_visions_album_cover

THE CURE “DISTINTEGRATION”

curedisintegration-2

TYPE O NEGATIVE “OCTOBER RUST”

220px-octoberrust

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

souvlaki_album_cover

【MESSAGE FOR JAPAN】

12047206_1047809445251655_3500314409511037427_n

We love our Japanese fans and Japan is one of our favorite countries in the world ! We will tour in Japan again soon, to promote « Kodama » and we hope to see many people at the shows !

日本のファンが大好きだよ。そして日本は世界でも最も好きな国の1つなんだ!すぐにまた “Kodama” をブロモートする日本ツアーを行うよ。たくさんの人に会えたらいいな!

NEIGE

C3LfArPVMAUsZLa.jpg-large

ALCEST Facebook Page
ALCEST Official Site
Prophecy Productions Official Site
ALCEST “KODAMA” 日本盤のご購入はこちら
ALCEST JAPAN TOUR 2017

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ENSLAVED : IN TIMES】LOUD PARK 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH Ivar Bjørnson OF ENSLAVED !!

10623572_10153386542117201_5153777554599637039_o

Finally, Enslaved Are Going To Play For Japan For The First Time! Don’t Miss Their Amazing Performance At Loud Park 16 !!

DISC REVIEW “IN TIMES”

ノルウェーを代表する Viking / Progressive Black Metal バンド, ENSLAVED が Loud Park 16 で遂に日本初上陸を果たします!!ライブバンドとしても名高い彼らのパフォーマンスは、日本のメタルファンを確実にノックアウトすることでしょう。
初期にはプリミティブな Black Metal 色の濃い Extreme Metal を追求していたENSLAVED ですが、近年はプログレッシブな要素を多分に取り入れた、荘厳で唯一無二の Progressive-Black サウンドを指標しています。
最も頻繁に比較されるのは OPETH でしょうが、PINK FLOYD を思わせるサイケデリックな瞬間も存在し、Herbrand Larsen の美麗なクリーンボイスは KATATONIA をも想起させる、実にフレキシブルで才能豊かななバンドです。同時に Herbrand のオルガンからメロトロン、シンセサイザーまで自在に操るエピカルなキーボードサウンドが、他の Extreme Metal との大きな差異を生んでいるとも言えますね。
特に、”Axioma Ethica Odini” でシーンの売れっ子プロデューサー Jens Bogren を起用してからは神がかっており、前作 “Riitiir” ではもはや Extreme Metal の枠にさえ収まり切らない、完璧な構成美を誇る神々しいまでに進化したエピックサウンドを完成させていました。
昨年リリースした “In Times” は、”Riitiir” という一つの完成形を経て、現在の成熟したバンドが新たに勇壮でプリミティブな原点に立ち返ったレコードと言えるでしょう。
アルバムオープナー、”Thurisaz Dreaming” はバンドの過去と現在が溶け合った “In Times” を象徴するような楽曲です。ノルウェーが誇る強烈なブラストビートを元にした、怒りに満ちた Blackend のブリザードで幕を開ける巨人の夢は、確かに初期の ENSLAVED を彷彿とさせます。Grutle Kjellson の邪悪で無慈悲な叫びは、彼らが今でも”古い価値観”を守り続けていることの証です。しかし、楽曲はスムーズに、違和感もなく、バンドのメロディック、プログサイドへと移行し、彼らの武器であるクリーンボーカルを伴った優雅でアンビエントなサウンドを響かせるのです。
ブリットロック的な感覚さえ存在する、キャッチーで美しく、オーガニックな “Building With Fire” にしても、残虐なオーラを纏ったスクリームと共に、ダークなパッセージが用意されていますし、”One Thousand Years of Rain” ではメロディックに疾走するエクストリームパートに呼応する、彼ら独特の浮遊感溢れるコーラスが白眉です。この振れ幅の大きさを自然に感じさせる、見事なバランス感覚こそが、アルバムの肝だと言えるのではないでしょうか。
同時に、前作に比べて、良い意味でラフで空間が目立つ “In Times” は、ドラマー Cato Bekkevold の強靭なタイム感、バラエティー豊かで個性的なフィルインの数々がリスナーを惹き付ける重要なランドマークとなっていることは記して置くべきでしょう。
特筆すべきは、タイトルトラック “In Times”。ENSLAVED の先進的で型にはまらないドラマ性を集約したかのような楽曲は、虚無なる宇宙を漂うかのようなサイケデリックなイントロから、バンドの光と影を反映するかのように、幻想的な神秘性と無慈悲な残忍さが交差します。ブラック、サイケ、プログ、アグレッション、アトモスフィア、ハーモニー、そして至高の構成美。ENSLAVED を形作る全ての要素が内包されたかのような10分間の大曲は、間違いなく彼らの新たなシンボルとなるはずです。
今回弊誌では、バンドの創立メンバーでギタリスト、Ivar Bjørnson にインタビューを行うことが出来ました。90年代からシーンを牽引し続けてきた人間の言葉はやはり重いです。どうぞ!!

10926435_10152553841612201_2498582060292300594_n

ENSLAVED “IN TIMES” : 9.5/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ENSLAVED : IN TIMES】LOUD PARK 2016 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLDWORLD : AUTUMN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH G.B. OF COLDWORLD !!

11025744_824232180958089_5577298361988298082_n

One Man Atmospheric Black Metal From Germany, COLDWORLD Has Just Released Gorgeous New Album “Autumn” For The First Time In 8 Years !!

DISC REVIEW “AUTUMN”

8年の沈黙を経て、German Atmospheric Black の雄、COLDWORLD が復活作 “Autumn” をリリースしました!!洗練され、スケール感、アンビエンス、メロディーの質共々格段に進化した作品は、シーンに衝撃を与えています。
COLDWORLD は G.B. のワンマンプロジェクト。すべての楽器、そしてグロウルからクリーンボーカルまで見事にこなす彼の才能は “Autumn” において素晴らしく開花していますね。前作 “Melancholie²” のメロディックなスタイルは引き継ぎながら、よりウォームでナチュラルなサウンドを具現化したアルバムは、最早ストレートな Black Metal の領域には収まり切らないようにも思えます。
Depressive Black Metal の首領、SHINING の近作がプログレッシブな1面を提示している事実とリンクするかのように、同様にデプレッシブなサウンドを奏でる COLDWORLD も Post-Progressive への接近を隠そうとはしません。
9分の大曲、”Womb of Emptiness” を聴けば、彼らの新しいチャレンジを感じることが出来るでしょう。ピアノとキーボードの荘厳でクラシカルなコードプログレッションに導かれ紡がれる G.B. のクリーンボーカルは、深い悲しみを湛えつつ、ダークでディープなアトモスフィアを創出します。KATATONIA の Jonas Renkse を想起するファンも多いでしょう。
実際、楽曲の前半は KATATONIA のモダンなプログレッション、リリシズム、耽美性と共通する部分も多く感じられます。
一転、壮絶なトレモロリフとグロウル、ダブルベースドラムが切れ込むと、楽曲は激しい絶望を宿した美しさにその色を変えていきます。冷ややかな空気の中、創出される対比の妙は、アルバムの重要なポイントとなっていますね。さらに、プログレッシブという観点から見れば、”Climax of Sorrow” においても OPETH のようなヘヴィープログレッシブに知性を湛えた極上のリフを聴くことが出来ます。
一方で、”Autumn” には、ALCEST, DEAFHEAVEN といった人気と飽和の渦中にある Post-Black / Blackgaze 勢に通じるような、多幸感すら感じさせるサウンドも存在します。アルバムオープナー、”Scars” での大胆なストリングスの使用や、”Void” における美麗な女性コーラスの導入も、絶望の先に暖かい光が射すような楽曲のムードを見事に強調しており、作品に多彩で豊かな表情を植え付けています。
インタビューで語ってくれた通り、幼少時からヴァイオリンを習得している G.B. の音楽は非常に緻密かつ知的で、エピカル。完成まで8年もの長い月日を要したことにも頷けます。今回弊誌では、G.B. にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

11855793_886330618081578_4007551362969880570_n

COLDWORLD “AUTUMN” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLDWORLD : AUTUMN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KVELERTAK : NATTESFERD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERLEND HJELVIK OF KVELERTAK !!

1401x788-Kvelertak-PUB-2-Stian-Andersen

Norwegian “Black n’ Roll” Sextet, Kvelertak Has Just Released Genre-Breaking, Acceptable New Record “Nattesferd” !!

DISC REVIEW “NATTESFERD”

Black Metal と Rock’n Roll, Classic Rock, Punk, Hardcore を見事に融合し、シーンから熱い注目を浴び続ける、ノルウェーの”Black n’ Roll” 6人組 KVELERTAK が新作 “Nattesferd” をリリースしました!!
前作までタッグを組んでいたプロデューサー、CONVERGE の Kurt Ballou、そしてアートワークを手がけて来た BARONESS の John Baizley と袂を分かち、地元ノルウェーでレコーディングを行った今作は、最もキャッチーで、具体的には80年代のメタルやロックを強く意識した作品に仕上がりました。HAKEN のインタビューでも触れましたが、80’s 回帰という音楽シーンの流れは確実にメタル/プログシーンにも影響を与えています。
アルバムオープナー、”Dendrofil for Yggdrasil” はまさに “Black n’ Roll”、KVELERTAK のスタイルを見事に表現しています。イントロの畳み掛けるようなブラストビート、トレモロリフは Black Metal 的で実にアグレッシブですが、同時に BOSTON のようなキャッチーなロック/アルペジオパートも存在し、その対比が強烈なフックを生んでいますね。
新作における彼らの主張を象徴するのが、文字通りあの時代の空気を強く内包した “1985” でしょう。スローテンポ、メジャーキーで執拗なまでに繰り返されるキャッチーなリフは VAN HALEN の “1984” に収録されていても不思議でないほど80年代しています。Simple But Effective。KVELERTAK の目指す先がこの楽曲、言葉に集約されることは明らかです。
勿論、US だけではなく、ヨーロッパからの影響も存在しますね。自慢のトリプルギターを活かしたタイトルトラック “Nattesferd” は Punk meets Metal の先駆者、IRON MAIDEN の初期2作を想起させます。大曲 “Heksebrann” のイントロでも聴けますが、Steve Harris、時に MOTORHEAD の Lemmy のような Marvin の縦横無尽なベースプレイに、アイデア豊富なトリプルギターが対峙するパートは鳥肌が立つほどエキサイティングです。さらに、メロディーもスクリームも自在に操るエネルギッシュな Erlend の歌唱は Paul Di’Anno を凌ぐほど。
一方、”Berserkr” では JUDAS PRIEST の “Exciter” を思わせるハードドライビングでストレートなリフが素晴らしく印象的ですね。メタルのアンセミックな1面に殊更フォーカスしている点も作品の重要なポイントとなっています。
80年代、ストレート&シンプル。今回 KVELERTAK は、シンプルかつキャッチーなリフを、リスナーの予想以上に何度も何度も繰り返し印象付ける手法を多く使用しています。それは本当に、ギターを始めて2ヶ月でコピー出来るようなフレーズばかりですが、最高に楽しく、繰り返しリピートを誘うものばかり。勿論、ただ単純な訳ではなく、考え抜かれた展開、エクレクティックな音楽性があるからこそ映えるのでしょう。遂に彼ら自らが公言する “Scandi-Rock” のガイドラインが固まったようにも思えますね。
サブジャンルの拡大や、新しい人気ジャンル Djent の勃興でテクニカルなものが持て囃される傾向が強い現代のメタルシーンですが、彼らがこのレコードでトライしたことはそれに対する強力なカウンターであり、見事に成功を収めていると感じました。
今回弊誌では、バンドのボーカル Elrend Hjelvik にインタビューを行うことが出来ました。神戸で生まれた彼が世界的に成功を収めていることは非常に誇らしいですね。どうぞ!

kvelertaknattesferd

KVELERTAK “NATTESFERD” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KVELERTAK : NATTESFERD】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COBALT : SLOW FOREVER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERIK WUNDER OF COBALT !!

12496041_1088185584545362_5450327998149425831_o

“American Black Metal” has evolved ! Cobalt Return With Full-of-intensity Discs and a New Screamer on “Slow Forever”!!

DISC REVIEW “SLOW FOREVER”

“American Black Metal” という唯一無二のジャンルを確立した COBALT が衝撃的な2枚のレコードと新たなスクリーマーを得てシーンに戻って来ました!!
Black Metal の出自は勿論欧州です。しかし、当然ながら、シーンが人気を博し拡散するに連れて世界中から Black Metal バンドが現れるようになりました。US から現れる Black Metal は興味深いバンドが多いようにも感じますね。
WOLVES IN THE THRONE ROOM, PANOPTICON に代表される自然崇拝を掲げたアトモスフェリックなカスカディアンブラック、KRALLICE, LITRUGY といったエクスペリメンタルなブラックメタルなど多種多様で実に個性的。中でも COBALT は前作 “Gin” においてヨーロッパの Black Metal にUSロック/メタルからの影響を多大に持ち込み、シーンを驚かせました。
残念ながら、それから7年という長いインターバルの間に、強い絆で結ばれていた不世出のボーカル Phil と 全ての楽器をこなす Erik は袂を分かちます。事の詳細はインタビューを参照していただくとして、残った Erik は新たに LORD MANTIS などで知られる Charlie Fell とタッグを組むこととなりました。そうして、難産の末生まれた新作 “Slow Forever” は、キャッチーかつアグレッシブ、非常に濃厚で革命的なダブルアルバムとして遂にリリースされたのです。あの Pitchfork誌で8.4という高得点をマークしたことも記憶に新しいですね。
まず記して置くべきは、Erik もインタビューで認めている通り、もはや Black Metal の要素はほとんど残っていないという点でしょう。音楽だけにフォーカスすれば、”Slow Forever” は強烈なインテンシティーと高度なインテリジェンスを纏った純粋な “American Metal” と言えるのではないでしょうか。
アルバムを通して、作品は Erik の TOOL に対する憧れが見事に開花していますが、大曲 “King Rust” は特に象徴的です。ブラストビートの代わりに使用される、プリミティブでトライバルな本能的ビートはまさに Danny Carey のそれで、リスナーの思考に直接訴えかけるような力強さを持っています。
有機物質のように形を変えながら、次々と繰り出される印象的なリフワークとミニマルでマスマティカルなアプローチも実に効果的。同時に、新加入 Charlie の野性的で獰猛なスクリームにより、TOOL 以上に NEUROSIS を感じるリスナーも多いでしょう。
しかし勿論、アメリカンミュージックからの影響は TOOL のみにはとどまりません。アルバムオープナー “Hunt the Buffalo” に代表されるように、クリーンギターを使用したブルース/カントリー/フォークミュージックに通じるリックの数々も彼らの重要なアイデンティティーとなっていますし、それは、突き詰めれば Mark Tremonti が CREED, ALTER BRIDGE といった Post-Grunge の重要バンドたちの中で行ってきた挑戦にも通じます。
さらに、彼らを語る時、ニューオリンズのスラッジモンスター EYEHATEGOD と USアンダーグラウンドの雄 SWANS をイメージすればより理解が深まるでしょう。メタルとハードコア、パンク、オルタナティブロックとフォーク、ノイズなど、彼らのダークでクロスオーバーな精神性はまさに COBALT と深く通じているからです。特に、”Elephant Graveyard” はここ数年でも傑出した地下音楽のクロスオーバーチューンだと感じました。
今回弊誌ではバンドの頭脳、Erik Wunder にインタビューを行うことが出来ました。以前から敬愛する、ヘミングウェイの有名なノーベル賞受賞スピーチ “at best, writing is a lonely life” の一節を “Iconoclast” で使用していますが、同様の気持ちだったのかも知れませんね。どうぞ!!

12644814_1088186114545309_2611345978569716902_n

COBALT “SLOW FOREVER” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COBALT : SLOW FOREVER】

WORLD PREMIERE : “WINTER BANE” 【ABBATH : ABBATH】


WORLD PREMIERE:NEW SONG !! “WINTER BANE” OF ABBATH !!

ABBATH WILL RETURN WITH BLACK METAL SUPER GROUP ABBATH !! THEY SET TO RELEASE KILLER SELF-TITLED ALBUM “ABBATH” ON 1/22 !!

12049195_983678421655566_4241825159511902335_n

先日の LOUD PARK 2015 において鮮烈なパフォーマンスを披露した ABBATH が遂にデビューアルバムをリリースします!!セルフタイトル “ABBATH” と名付けられた作品は来年の 1/22 にベールを脱ぐこととなりました。今回公開するのは、そのアルバムからキラーチューンとしか表現しようのない素晴らしいファーストトラック “WINTER BANE” です。

12049575_983676044989137_8625725335330004459_n

ABBATH が IMMORTAL を離れるというアナウンスはメタルシーンを揺るがせました。なぜなら彼と彼のイメージ、スタイルは長らくノルウェーブラックメタルシーンの”顔”だったからです。しかし彼は帰ってきました!ABBATH という自身の名を冠したバンドと共に!!

SOM366-Abbath--500X500px-72dpi-RGB

アルバムには今回公開した “WINTER BANE” が示すように、北欧のブリザードのような凄みを持った楽曲から”OCEAN OF WOUND” のようなミッドテンポのアンセムまで収録されています。ABBATH のヘヴィーで強烈ながらキャッチーさも伴うリフワークは BATHORY, MOTORHEAD さらには KISS までも想起させます。再び ABBATH と手を組むこととなった KING のソングライティング、ドラマー CREATURE の驚異的なドラミングも加わって、アルバムは最初から最後までブラックメタルファンが望むものを100%提供しています。

11541922_940957615927647_7719439162007949127_n

NOW the Norwegian giant returns with his new band ABBATH and a crushing debut album of the same name. The opening triplet “To War”, “Winter Bane”, and “Ashes of the Damned” unleashes all the fury of a Nordic blizzard at full force. Yet the following “Ocean of Wounds” proves that his new band is equally at home in writing anthemic mid-tempo hymns. Abbath’s characteristic riffing shines clearly through it all: heavy, harsh, and yet catchy and melodic with a touch of epic BATHORY, MOTÖRHEAD, and even KISS. At the same time there is no danger of repeating the formula of IMMORTAL or the mastermind’s other project under the moniker I, which was shared with King. The bass player from Bergen has again joined Abbath and brought his impressive song-writing skills to the battlefield. GORGOROTH, GOD SEED, and OV HELL bear witness to King’s exceptional talent as a composer, while contributions to AUDREY HORNE and SAHG demonstrate his wide stylistic range. The final keystone to ABBATH lies in the outstanding drumming delivered by the mysterious Creature. The trio has already proved its worth as a live entity at several headlining festival shows as well, where ABBATH were joined by an additional guitarist. ‘Abbath’ impresses from start to finish. This is exactly the album that all fans of this particular Bergen brand of black metal have been hoping for. Hold on tight or get blown away. ABBATH are here now and ready to conquer the world!

Tracklisting
01. To War
02. Winter Bane
03. Ashes of the Damned
04. Ocean of Wounds
05. Count the Dead
06. Fenrir Hunts
07. Root of the Mountain
08. Eternal
09. Nebular Ravens Winter [bonus]

www.facebook.com/abbathband
www.abbath.net

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KRALLICE : YGG HUUR】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MICK BARR OF KRALLICE!!

Krallice_2015-500x281

MODERN BLACK METAL QUARTET FROM NYC, KRALLICE HAS JUST RELEASED HYPER-TECHNICAL, BRUTAL, BEAUTIFUL, AVANT-GARDE NEW ALBUM “YGG HUUR”!!

krallice-560x560

新世代ブラックメタルのみならず、現代のメタルシーンに大きな影響力を持つ NYC のバンド KRALLICE。彼らの新作 “YGG HUUR” が遂にリリースされました。トレモロリフとグロウルというブラックメタルの看板をアトモスフェリックで高度な芸術にまで昇華した彼らの作品群は常に高い評価を受けて来ましたが、全く違った方向性を提示した今回の “YGG HUUR” は問題作と言えるかも知れません。
傑作 “DIOTIMA” に存在した神々しいまでの情景美、アトモスフィアやトレモロリフへの拘りは薄れ、複雑でカオティック、アヴァンギャルドな世界が構築されています。本作発表前、創立メンバーの COLIN MARSTON が GORGUTS に加入し “COLORED SANDS” を発表。そのアバンギャルドでテクニカルな音楽性が各方面から高い評価を得た事も無関係ではないでしょう。この作品をテクニカルなデスメタルと呼ぶことさえ出来そうです。
また MICK が影響を受けたアルバムに挙げている VOIVOD の奇妙なコードワークやプログレッシブな展開を想起させる場面もあるように思います。
NYC のメタルシーンは LITURGY, SANNHET, KAYO DOT, ABIGAIL WILLIAMS など芸術性を重視し、何か新しいことにチャレンジして行くバンドが多数存在します。そういったバンドたちがお互いに競い合って何か面白いものを生み出そうとしているのは事実でしょう。結果 LITURGY の “THE ARK WORK” のように批判を受けたとしても、「いいぞ、もっとやれ!!!」と注視してしまう何かがこのシーンにはありますね。
今回弊誌では KRALLICE の強力なツインギターの一人で、同時に実験的なソロプロジェクトを追求するリフの求道者 MICK BARR に話を聞くことが出来ました。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KRALLICE : YGG HUUR】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHINING : Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NIKLAS KVARFORTH OF SHINING!!

ShiningEsterSegarra_6086_small

SWEDISH DEPRESSIVE/PROGRESSIVE BLACK METAL, SHINING HAS JUST RELEASED THEIR NEWEST ALBUM “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” !!

今年、遂に来日も果たしたスウェーデンのディプレッシヴ/プログレッシヴ ブラックメタル SHINING が通算9枚目のフルアルバム、 “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” をリリースしました。何と言ってもフロントマンで唯一の創立メンバー、ボーカル、ギター、キーボードを担当する NIKLAS KVARFORTH の抜きん出た才能とエキセントリックな言動が常に話題に登るバンドです。”SUICIDAL BLACK METAL” と呼ばれるように自殺を奨励しているとの噂もありますし、実際に1度失踪し自殺したのではないかと囁かれたことすらあります。今回のタイトルを聞けばまさにそういった人生や物事の幕引きについて連想し、考慮せざるを得ないでしょう。実際、 “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” は全ての瞬間最後の時を刻んでいるような、絶望的なまでに美しく、ダークで、哀しみを湛えた素晴らしいアルバムです。音楽的には、近年彼らが目指しているブラックメタルと実験性の隗囂を推し進め、静と動の対比がより際立ってきているように感じました。特に、アルバムの最後を飾る “Besök Från I(ho)nom” は今現在彼らが作り得る最高の楽曲ではないでしょうか?NIKLAS の囁くようなクリーンボイスと美しいアルペジオの組み合わせから、完全に我を忘れたかのような、狂気を孕んだグロウルとノイジーなギターリフに移行する瞬間は本当にカタルシスを感じゾクゾクします。 ジャズやプログロック、ポップスまでをも取り込んで、魂のダークサイドをエモーショナルに揺さぶるような彼らの表現力は、ブラックメタルのファンはもとより OPETH のようなプログメタルファンにもぜひ聴いていただきたいですね。NIKLAS に話が聞けました。どうぞ!!

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHINING : Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GIFTSVAMP AND LINDWURM OF SVARTBY!!

sv10414600_10152445283400901_4495433551372607925_n

RUSSIAN FOLK/FAIRLY-TALE METAL, SVARTBY SET TO RELEASE THEIR NEWEST ALBUMS “SWAMP, MY NEIGHBOUR” IN AUTUMN !!

sv11350653_10153223190940901_3433945352801747355_n

ロシアの妖精フォークメタル、SVARTBY が待望の新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” を秋にリリースします。フォーキーなメロディーを伴った煌びやかなキーボードとへヴィーなリフワーク。一見パーティメタルのように思えますが、楽曲の構成は見事に考え抜かれていてプログレッシブ。 FINNTROLL や EQUILIBRIUM、果てはCHILDREN OF BODOM を想起させる彼らの音楽はもっと多くの人たちの耳に届くべきだと思います。ロシアの音楽はヨーロッパやアメリカに比べて情報が少なく日本にも上陸しにくい現状ですが、素晴らしい音楽を生み出しているアーティストは多く存在します。弊誌で扱う事でそのギャップが少しでも埋められたらと感じていますし、今回、バンドの創立メンバー GIFTSVAMP と LINDWURM 二人がインタビューに応じてくれた事からもロシアからの熱気が伝わるのではないでしょうか?

YOU CAN LISTEN TO NEW SONG “CLOCK TOWER” HERE !!

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】