sin23ou のすべての投稿

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FEN : THE DEAD LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH THE WATCHER OF FEN !!

“I Am Huge Advocate Of a Lot Of The 60s/70s Prog Scene – Yes, Genesis, King Crimson, Rush, Pink Floyd, These Sorts Of Acts And Many More Are a Big Influence On My Approach To Song/Riff-Writing.”

DISC REVIEW “THE DEAD LIGHT”

「僕が育ったかつては湿地帯だった荒野。この風景とそれが体現する感覚の両方を伝えようとすることが、僕の音楽に真のフィーリングと信憑性をもたらす唯一の方法だったんだ。FEN の音楽は大部分がこの特別な雰囲気をリスナーに届けるためのメカニズムで、彼らを荒涼として風にさらされた冷たい旅に誘うんだ。」
古い修道院、朽ちた電信柱、鄙びた風力タービンが唯一人の存在を感じさせる不毛の湿地帯フェンズ。イングランド東部の仄暗い荒野を名前の由来とする FEN は、キャリアを通してその白と黒の景色、自然の有り様と人の営みを伝え続けて来ました。そして奇妙な静けさと吹き付ける冷厳な風、くぐもった大地の荒涼を音に込めた彼らのダークな旅路は、”The Dead Light” に集約しています。
「当時は本当に小さなシーンだったな。僕たち、Neige のプロジェクト、ALTAR OF PLAGUES, それからおそらく LES DISCRETES。数年間は小さなままだったけど、ALCEST がより有名になるとすぐに爆発したね。 彼らのセカンドアルバム “Ecailles De Lune” は、ジャンルの認識を本当にターボチャージさせたと思うね。」
今では飽和さえ感じさせるポストブラック/ブラックゲイズの世界で、FEN は最初期からジャンルを牽引したバンドの一つです。ALCEST に親近感を覚え敬意を抱く一方で、DEAFHEAVEN には少々辛辣な言葉を投げかける The Watcher の言葉はある種象徴的でしょう。
なぜなら、FEN の心臓である “シューゲイズ、ポストロック、ブラックメタルの意識的な融合” は、決して奇をてらった “クレバーなマーケティング” ではなく、フェンズを表現するための必然だったのですから。
「僕は60年代/​​70年代のプログレシーンの強力な支持者なんだ。YES, GENESIS, KING CRIMSON, RUSH, PINK FLOYD といったバンドは、僕のソング/リフライティングに対するアプローチに大きな影響を与えているよ。ほとんど僕の作曲 DNA の本質的な部分と言っても過言ではないね。」
FEN がその ALCEST や他のポストブラックバンドと一線を画すのは、自らの音の葉にプログレッシブロマンを深く織り込んでいる部分でしょう。
実際、”The Dead Light” は PINK FLOYD のスロウダンスを想わせるドゥームの質量 “Witness” でその幕を開けます。ポストロックのメランコリーとプログレッシブなサイケデリアは、2部構成のタイトルトラック “The Dead Light” へと引き継がれ、メタリックな星の光を浴びながら ENSLAVED や VOIVOD にも迫るアグレッシブな酩酊のダンスを誘います。
「光が人間の目に届くまでに消滅した天体だってあるよ。つまり地球から遠い過去への窓を見ているようなもので、光子の量子が空虚を通して力を与え、最終的にアルバムタイトルのまさに “死の光” “長い死” のイメージを届けるんだ。」
もしかすると今、瞳に映る輝きはもはや存在しない死んだ星雲の残像なのかも知れない。そんな空想を巡らせるに十分なロマンチシズムと荘厳さを併せ持つ “Nebula” の魔法でポストブラックに酔いしれたリスナーは、”Labyrinthine Echoes” でプログレッシブとブラックメタルが交差する文字通り宇宙の迷宮へと迷い込み、そうして “Breath of Void” で遥かな天空から荒野の虚無を体感するのです。
もちろん、蒼く冷たい失血のロンド “Exanguination” はきっと彼の地に住まう人々の苦難、喪失、孤立、そして誇りを体現しているはずです。
今回弊誌ではフロントマン The Watcher にインタビューを行うことが出来ました。「ブラックメタルシーンは生き生きとしていて、魅力的な作品を作成する熱意を持ったアーティストで溢れているんだ。全くエキサイティングな時代だよ!」 冷厳でしかしロマンチックなブラックメタルファンタジー。どうぞ!!

FEN “THE DEAD LIGHT” : 9.9/10

INTERVIEW WITH THE WATCHER

Q1: This is the first interview. So, at first, could you tell us about yourself and the band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【THE WATCHER】: Firstly, may I start by just saying thank you for the interview Sin – it is very much appreciated and it is great to have the opportunity to spread the message to our listeners in Japan.
As for my own musical journey, I guess it started in the 1980s really – I was exposed to a lot of interesting music courtesy of my parents. One of my earliest musical memories is my mother blasting our the Cocteau Twins loudly in our house when I was just a young lad! I also used to listen to a lot of electronic & synth music when I was a bit younger – Jean Michel Jarre was a big one as was the first ‘Enigma’ album. It was my father who was more into the ‘rock’ side of things and when I turned 12-13 years old, I think he though to himself ‘right, the lad is old enough now!’ and decided to start initiating me into all things ‘loud guitar’ related.
It was at this point that Whitesnake’s ‘1987’ entered my world and effectively blew my mind apart – I’d never heard anything so powerful, heavy or atmospheric in my life. The first time I heard the midsection of ‘Still of the Night’ was literally unbelievable. So that really was an absolutely milestone record for me, I was obsessed with it. And you know what? Here we are, 26-27 years later and my opinion hasn’t really changed – it’s one of the all-time classic rock albums and I still regularly listen to it. The songwriting, performances and guitar tone are absolutely best in class, it cannot be denied!
From that point on, I swiftly immersed myself in rock and metal music – moving from W.A.S.P. (they were huge for me), Saxon and Iron Maiden quickly into heavier territory. Machine Head, Paradise Lost, Fear Factory, White Zombie and then the inevitable descent into the extreme metal scene – Cannibal Corpse, Cradle of Filth, Dark Funeral, Opeth, Emperor, In Flames, all this sort of thing. Within the space of a couple of years, I had gone from taking my first few tentative steps listening to classic rock music to moshing to Cannibal Corpse, Vader and Immolation at the LA2 in London!
It was around this time that I got my first guitar also so my induction into the ways of extreme metal went very much hand-in-hand with learning to play an instrument. I think this has meant that the two have pretty much been a synonymous concept for me – there has never been a time when I have listened to extreme metal without playing it. I believe this is a key reason as to why I have been so determined in terms of making my own music and contributing to the genre as much as I can. It has simply added to the intrigue and fascination of this very special form of music.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【THE WATCHER】: まず、インタビューアー Sin に感謝を伝えさせて欲しい。日本のリスナーに、僕たちのメッセージを広める機会を得ることが出来たからね。とても感謝しているよ。
僕自身の真の音楽の旅は、1980年代に始まったと思う。両親のおかげでたくさんの興味深い音楽に触れることが出来たんだ。最初の音楽的な思い出だって、僕がまだ幼い頃に母が家で COCTEAU TWINS を大声で歌っていたことなんだから!
少し成長すると、沢山のエレクトロニカやシンセ音楽を聴いたね。Jean Michel Jarre からは ENIGMA のファーストアルバムと同様に大きな影響を受けたよ。よりロックサイドに目覚めさせてくれたのは父だったね。僕が12-13歳になったとき、きっと父はもうそろそろ良いだろうと思ったんだろうね。”ラウドギター” に関係する全てを僕に仕込み始めたんだ。
そうして WHITESNAKE の “1987” が僕の世界に入ってくると、本当にぶっ飛ばされたね。人生でこれほど強力で、重く、それでいて雰囲気のある音楽は聴いたことがなかったからね。”Still of the Night” のミドルセクションを初めて聴いた時なんて、文字通り信じられないって感じだったよ。僕にとってあのアルバムは絶対的なマイルストーンで、心底夢中になったんだ。あれから26~27年後の現在でも、僕の意見は変わっていないよ。”1987″ は最高のクラシックロックアルバムの1つで、今でも定期的に聴いている。ライティング、パフォーマンス、ギタートーン、どれをとっても最高クラス。それは否定出来ないよね。
その時から、僕はすぐにロックとメタルに没頭していったね。W.A.S.P (僕にとって大きな存在だった)、SAXON, IRON MAIDEN。そこからよりヘヴィーな領域へと移行して、MACHINE HEAD, PARADISE LOST, FEAR FACTORY, WHITE ZOMBIE。さらに不可欠なエクストリームメタルへと足を踏み入れ、CANNIBAL CORPSE, CRADLE OF FILTH, DARK FUNERAL, OPETH, EMPEROR, IN FLAMES へと進んでいったんだ。つまり最初にクラシックロックを聴いてから数年のうちに、ロンドンのLA2で CANNIBAL CORPSE, VADER, IMMOLATION のギグに赴きモッシュしていたんだよ!
ちょうどその頃、初めてギターを手に入れたから、エクストリームメタルへの接近は、楽器の演奏を学ぶ事ととても密接に関連していたね。その2つは、僕にとってほぼ同義の概念であったとまで言えると思う。エクストリームメタルを聴いて、その音楽を演奏しないことなんてなかったね。それこそが、自分の音楽を作り、可能な限りこのジャンルに貢献するという決意をこれほどまで固めてきた重要な鍵だと思うんだ。ギターの演奏が、この非常に特殊な形の音楽の魅力に単純にさらに追加されたわけさ。

Q2: There are lot’s of genres in metal. What made you get into and start to play black metal?

【THE WATCHER】: As I explained, I descended into extreme metal very quickly and it was at this time that I was starting to learn the guitar also. So the sheer excitement of discovering this whole new world of music literally occurred in tandem with the thrill of starting to learn how to play it also – it was a truly intoxicating combination!
And of all the extreme metal subgenres, it was black metal that really resonated with me the most – whilst I certainly enjoyed the death and doom metal that I was exposed to, it was those early-to-mid-90s black metal releases that really set my imagination afire. There was so much atmosphere to it – it was unlike anything I’d ever come across and back in these pre-internet days, the whole genre was shrouded in real, GENUINE mystery. Who were these shadowy figures creating this unholy, dark music? Also being a Tolkien/fantasy literature fan, the fact that so many of these acts referenced such things was just the icing on the cake.
So those early records I encountered – Cradle of Filth’s ‘Vempire’, Dark Funeral’s EP and debut, Emperor’s ‘In the Nightside Eclipse’, Setherial’s ‘Nord’ – these were absolutely pivotal and swiftly set the tone for me. I immersed myself in the genre and began to dedicate my own guitar playing to creating this form of music. I simply felt a real compulsion to express myself in this way and began to work on very rudimentary recordings and demos almost straight away. And despite the many years that have passed since this point, I guess this compulsion still very much continues!

Q2: 非常に幅広い音楽遍歴ですが、その中からブラックメタルを主戦場に選んだ理由を教えていただけますか?

【THE WATCHER】: さっき話したけど、僕はとても早急にエクストリームメタルにハマって、ちょうどその頃ギターを学び始めたんだ。だからこの全く新しい音楽の世界を発見する興奮が、それを演奏する方法を学ぶスリルと並行して倍増しながら発生したわけさ。
そして、全てのエクストリームメタルのサブジャンルの中で、僕に最も共鳴したのがブラックメタルだったんだ。確かに、デスメタルとドゥームメタルは楽しんでいたけど、真に僕の想像力に火をつけてくれたのが90年代初期から中期にかけてのブラックメタルだったんだ。素晴らしいアトモスフィアがあったからね。
それにインターネットの前の時代に出会ったブラックメタルって、ジャンル全体が “本物の” 謎に包まれていたんだよ。こんな不気味でダークな音楽を作っていた影姿は誰だったんだろう?僕がトールキン/ファンタジー文学のファンで、彼らの多くがそういった作品を参照していた事実は、それでもケーキの上の飾り付けに過ぎなかったんだ。
だから僕出会った初期のレコード、CRADLE OF FILTH の “Vempire”、DARK FUNERAL の EPとデビュー作、EMPEROR の “In the Nightside Eclipse” 、SETHERIAL の “Nord” といった作品は絶対的に重要で、僕のトーンを決定づけたんだ。
僕はブラックメタルに没頭し、このフォームの音楽の作成に自分のギタープレイを捧げるようになったんだ。そうやって自分を表現したいという強い衝動を感じたことで単純に、非常に初歩的なレコーディングやデモに取り組み始めたんだ。あの頃から何年も経ったけど、この衝動はまだ強く続いていると思うんだ!

Q3: You got your band name from the Marshlands in Eastern England, right? Did you think that place fit into your dark and atmospheric soundscape?

【THE WATCHER】: Absolutely. The fens are a strange and unusual place but to draw inspiration from this area just feels right. I grew up there from about ten years old until I left home and so it was very much the landscape that surrounded me during my own evolution into adulthood and also truly ‘finding myself’ with music. It really isn’t an area that many people visit – there is no tourist industry there and the landscape itself is not traditionally captivating. It certainly doesn’t have the immediate appeal or splendour of the traditional ‘rolling green English countryside’ that many people enjoy.
However, what it does have is a very unique and deeply individual bleakness. It is flat – incredibly flat – with much of the land now big stretches of blackened peat fields that were once marshland (most of the area was drained in the 1800s). It is flat, sparsely populated, with only the occasional (very functional/industrial) farm to break up the monotony. Long, small roads stretch on in straight lines across these fields whilst telegraph poles lurch sideways as they sink into the soils. For me, it is redolent with a sense of loss, a sense of isolation and desolation – the perfect embodiment of the mindscape of a lonely young man.
So when truly looking to craft a sound of reflective, affecting black metal, attempting to channel both this landscape and the sensations it embodies were the only way I could drive true feeling and authenticity into the music. In many ways, the music of Fen really is a mechanism to deliver this special atmosphere to our audience – to bring them with us on this cold, windswept journey across these invigoratingly bleak landscapes.

Q3: 東イングランドの沼地がバンド名の由来だそうですが、その場所が FEN のダークでアトモスフェリックなサウンドにフィットしたのでしょうか?

【THE WATCHER】: その通りだよ。”The Fens” は奇妙で非日常的な場所だけど、インスピレーションを引き出すにはちょうどいい感じのエリアさ。僕はそこで10歳くらいの頃から家を出るまで育ったから、大人になり自分自身を音楽で真に “発見” するまでの間、まさに僕を取り巻いていた風景だったんだ。多くの人が訪れる場所じゃないよ。観光業はなく、景観自体も伝統的な魅力を持っている訳じゃない。間違いなく多くの人が楽しめる伝統的な “ローリンググリーンな英国の田舎” の、即効的な魅力や素晴らしさは存在しないね。
だけど非常にユニークで個人的な深き憂鬱があるんだよ。平らで、信じられないほど平らで、かつては湿地帯であった黒い泥炭地が広がっているんだ。(1800年代にほとんどの地域が排水されたんだ)
平坦で人はまばら、そんな単調さを時に解消するのは(非常に機能的/産業的な)農場だけだよ。長い小さな道路がそんなフィールドを横切って直線状に伸びている中で、電信柱は土壌に沈み傾いている。僕にとって、その景色は喪失感、孤立感、荒廃感に溢れているんだよ。孤独な若者の心風景を完璧に具現化したものさ。
だからブラックメタルに影響を与える音を作りたいと思った時、この風景とそれが体現する感覚の両方を伝えようとすることが、僕の音楽に真のフィーリングと信憑性をもたらす唯一の方法だったんだ。FEN の音楽は大部分がこの特別な雰囲気をリスナーに届けるためのメカニズムで、彼らを荒涼として風にさらされた冷たい旅に誘うんだ。

Q4: Regarding dark, winter is inseparable with Fen. Of course, you released “The Dark Light” in December and that soundscape is really cold and wintry. Is the concept or lyrical themes relate to winter?

【THE WATCHER】: It’s actually just a coincidence that the album was released in the winter if I’m honest – in an unusual twist, our previous record was actually called ‘Winter’ and whilst not addressing that topic literally, dealt with the idea of the concept of winter representing a phase of finality and eventual ending.
‘The Dead Light’ instead deals with more cosmological, metaphysical and existential topics – how consideration of the stars, the universe and the cosmos has impacted upon mankind’s thinking since the very dawn of human civilisation. One only has to look at some of the greatest monuments from antiquity – the pyramids of Giza, Aztec temples and Stonehenge here in England – to see how even the earliest examples of our societies, despite being scattered across the globe, demonstrated a real fascination with the heavens.
It is not hard to see why so many thinkers become fascinated with the topic. The depths of our universe yield breathtaking beauty and unimaginable destruction in equal measure. The sheer scale and vastness of the cosmic depths and the entities that lurk within it have ever been the tempter for the human mind to consider, to ponder and theorise upon. It is therefore no surprise that so many seek their truths in the depths of the multiverse and it is this aspect the ‘The Dead Light’ above all others looks to address.
This is most evident on the song ‘Nebula’ which deals specifically with mankind’s quest for truth – and how, when faced with truths that go against firmly-held principles or beliefs that even the most open-minded of thinkers can retreat into denial and dogma than face the soul-crushing horror of reality. Elsewhere, the album addresses humanities willingness to absolve themselves of the responsibility of logical thought and instead retreat into fortresses of monotheism (‘Rendered in Onyx’) or simply dissolve into a mindless, meaningless existence, bereft of any real value and wallowing in empty ignorance (‘Exsanguination’).
The most direct reference to the cosmic concepts addressed however is of course the album title track itself – ‘The Dead Light’. This song deals specifically with the phenomenon of light travelling across the cosmos from celestial bodies that are unimaginable distances away from us here on earth – celestial bodies that may well have become extinct in the time it has taken for their light to reach our mortal, human eyes. It is like looking upon a window into the distant past, quanta of photons powering through the fathomless void to ultimately deliver to us an image of something long dead – the very ‘dead light’ of the album title in question.

Q4: 暗く冷たい冬の季節と FEN の音楽は密接に繋がっているように思えます。実際、最新作 ”The Dark Light” は12月のリリースでしたね?

【THE WATCHER】: 正直、このアルバムが冬にリリースされたのは偶然の一致なんだ。シュールなことに前作は “Winter” ってタイトルだったけど、季節としての冬ではなく、最後、最終的っていう概念としての冬を扱っていたんだ。
“The Dead Light” は、より宇宙論的、形而上学的、実存的トピックを扱っているよ。星、宇宙、コスモは、人間文明の最初期から人類の思考にどう影響を与えてきただろう?ギザのピラミッド、アステカの神殿、ここイギリスのストーンヘンジなど、いくつか古代の偉大なモニュメントを見るだけで、世界中に散らばっているにもかかわらず、社会の最も初期段階でさえも天上に魅了されていたことが分かるよね。
なぜそんなに多くの思想家がこのトピックに魅了されるのかを理解するのは難しくないだろう。僕たちの宇宙の深さは、息をのむような美しさと想像を絶する破壊を同等にもたらすからね。宇宙の深さとその中に潜む実体の純粋な規模と広大さは、人間の心が考慮し、熟考し、理論化するための誘惑だったんだ。だから非常に多くの人が多元宇宙の奥深くでその真実を求めていることは驚きではないだろう。そしてその全てが “The Dead Light” で扱おうとしたことなんだ。
これは、人類の真実の探求を具体的に扱った “Nebula” が最も明白だね。最もオープンマインドな思想家でさえ、教義を否定し、堅固な原則や信念に反する真実に直面した時、どうやって現実の魂を砕く恐怖に直面するのか。
他にも、論理的思考の責任から自らを解き放ち、代わりに一神教の要塞へと退却する “Rendered in Onyx”、無意味な存在として、空虚な無知に漂う “Exsanguination” などが象徴的かな。
ただ、宇宙の概念への最も直接的な言及は、もちろんアルバムのタイトルトラックそのものである “The Dead Light” だね。この楽曲は、地球から想像を絶する距離にある天体から宇宙を旅する光の現象を具体的に扱っているんだ。光が人間の目に届くまでに消滅した天体だってあるよ。つまり地球から遠い過去への窓を見ているようなもので、光子の量子が空虚を通して力を与え、最終的にアルバムタイトルのまさに “死の光” “長い死” のイメージを届けるんだ。

Q5: I think this is your best work to date. It’s really beautiful but brutal, atmospheric but progressive. Compared your past works, what’s the difference about writing and recording process?

【THE WATCHER】: Thanks for your kind words on this and we are certainly pleased with how the record turned out – it is definitely a good representation of the atmosphere we wanted to achieve. From a writing perspective, we were very clear from the get go about what we wanted to achieve with this album. We normally have an idea about how we want the songs to sound and the generally ‘feel’ we want to underpin each track on the album – for ‘The Dead Light’, we all agreed quite early on that we wanted to create material that was more concise, sharper and focussed than it was on our previous record ‘Winter’. This really tied in with the more celestial, ethereal and spacious concepts that the lyrics were addressing – this needed to married to colder, more crystalline songwriting.
In terms of the actual process, we approached the writing much as we have done all of our previous records – myself and Grungyn generally work individually in isolation to write riffs, passaged and sometimes even complete songs. These frameworks are then presented to the whole band in the rehearsal environment and then are worked on to build up the arrangements, textures and feels to develop the final pieces. This for me is the most exciting part of the process – hearing ideas unfurl, expand and breathe as they move towards full realisation as complete pieces.
Some of the material really evolves at this point – the addition of drums can really influence how a song feels or moves – whilst others can remain more or less as they were originally conceived. We do occasional experiment with rehearsal improvisation and jamming but this has to be carefully controlled as the temptation to simply ‘meander’ can be hard to resist sometimes! That said, some of our most powerful sections or moments have originated from a rehearsal studio jam.
As for the recording, we decided to record ‘The Dead Light’ with Chris Fielding at Foel Studios for the first time. Foel is a beautiful place that is located deep within the wilderness of Wales – it’s incredibly remote and surrounded by great rural landscapes that really help us focus on our job. Chris is also a great producer – the albums he has worked on sound amazing! – and he also really understood what it is we wanted to achieve. One thing we did do differently with this record process-wise is work with click tracks to ensure the material was as tight and as sharp as possible. So all in all, we embraced a number of new challenges this time around and I think the results of this speak for themselves.

Q5: 美しくしかしブルータル、アトモスフェリックな一方でプログレッシブな “The Dark Light” は、FEN の最高傑作だと確信しています。制作段階で、これまでと異なる試みはありましたか?

【THE WATCHER】: どうもありがとう。確かにアルバムの仕上がりには満足しているね。それは間違いなく、僕たちが表現したかったアトモスフィアを実現出来たからだね。ライティングについて、このアルバムの目的は最初から非常に明確だったね。
僕たちは通常、どのように曲を鳴らすか、そしてアルバムの各トラックを支える “フィーリング” についてのアイデアを持っているんだ。”The Dead Light” の場合、”Winter” よりも簡潔で、シャープで、焦点が合っていたね。このことは、今作の歌詞のより天界的で、エセリアルで広々としたコンセプトと密接に結びついているんだ。それがより冷たく、よりクリスタルのソングライティングとの婚姻で必要だったんだ。
実際のプロセスは、以前の全てのレコードを作成したのと同じようにライティングにアプローチしたんだ。僕と Grungyn はそれぞれ個別にリフやパッセージ、時には楽曲まで仕上げるんだ。こうしたフレームワークは、リハーサルでバンド全体に提示され、最終的な作品に仕上げるため、アレンジメント、テクスチャー、フィーリングを構築していくんだ。僕にとってこれは制作段階の最もエキサイティングな部分なんだ。アイデアを完全に実現するため展開し、拡大し、呼吸させるんだよ。
この時点でマテリアルのいくつかは目覚ましい進化を遂げる。ドラムを加えることで曲の感じ方や動きに大きな影響が出るからね。一方で、他のマテリアルは当初考えられたままの状態を保つことが出来ている。
リハーサルでは即興演奏とジャミングの実験を時折行っているけど、単に “蛇行” してしまう誘惑に抵抗するのは難しいから、慎重に制御する必要があるね!そうは言っても、僕たちの最も強力なセクションやモーメントのいくつかは、リハーサルのジャムから生まれたんだ。
レコーディングに関しては、”The Dead Light” で Foel Studios の Chris Fielding と初めてレコーディング行うことにしたんだ。Foel はウェールズの荒野の奥深くにある美しい場所。信じられないほど遠くて、仕事に集中できる素晴らしい田園風景に囲まれているんだ。
クリスも素晴らしいプロデューサーでね。彼が手掛けたアルバムたちは実に素晴らしいサウンドだよ! それに、彼は僕たちが達成したいことを心から理解していたね。
今回、以前と異なる方法を取ったことの一つが、クリックトラックの使用だったね。マテリアルを出来るだけタイトでシャープに保つためにね。全体として、今回は多くの新たな課題を採用したんだけど、”The Dead Light” という素晴らしい結果がその成功を物語っていると思うな。

Q6: There are lot’s of post-black, atmospheric black bands now. But I think you mix progressive aspects really well among them. Sometimes, I remind even Enslaved. Did 70’s prog influences from Yes, Genesis, Floyd, Rush reflect “The Dark Light”?

【THE WATCHER】: Oh definitely, I am huge advocate of a lot of the 60s/70s prog scene – Yes, Genesis, King Crimson, Rush, Pink Floyd, these sorts of acts and many more are a big influence on my approach to song/riff-writing. It’s almost an intrinsic part of my compositional DNA these days I fear – it’s almost impossible for me NOT to inject the occasional progressive touch or passage into a song! We need to be careful with this however – what I don’t want is for us to disappear TOO far down a ‘prog-metal’ rabbit-hole, progressive touches need to be balanced with directness, simplicity and minimalistic writing after all.
It is definitely something myself and Grungyn like to work with however and it definitely forms a backdrop to a lot of our writing approaches. With ‘Winter’, I had been listening to frankly obscene amounts of 70s Yes – Close to the Edge, Relayer, The Yes Album and Tales From Topographic Oceans – which really served as a platform for us to make that album as winding, indulgent and as progressive as possible.
With ‘The Dead Light’, we did decide to reign in some of the more excessive prog touches – as explained in the previous album, we consciously wanted to make the pieces more direct and concise. Nevertheless, those 70s progressive rock classics are part of my intrinsic musical make-up so there will always be a vague sense of that sort of music drifting across everything I write I guess!

Q6: 今となってはアトモスフェリックな “ポストブラック” メタルをプレイするバンドは決して少なくありませんが、FEN のようにプログレッシブな要素を巧みに注入するバンドは多くはありませんね?

【THE WATCHER】: 間違いないね。僕は60年代/​​70年代のプログレシーンの強力な支持者なんだ。YES, GENESIS, KING CRIMSON, RUSH, PINK FLOYD といったバンドは、僕のソング/リフライティングに対するアプローチに大きな影響を与えているよ。ほとんど僕の作曲 DNA の本質的な部分と言っても過言ではないね。最近はプログレッシブなタッチやパッセージを挿入しないことがほとんど不可能で、それを恐れてさえいるんだよ!
ただし、注意深くやる必要があるね。”プログメタル” という小さな穴にのめり込み過ぎたくはないから、プログレッシブなタッチはダイレクトで、シンプルに、最小限とバランスを取る必要があるんだよ。
とは言え、プログレッシブは間違いなく僕自身と Grungyn が共に取り組むのが好きな分野で、僕たちにとって多くのライティングアプローチの背景を形成しているよ。
“Winter” で、僕は率直に相当な量の70’s プログを聴いていたんだ。YES の “Close to the Edge”、”Relayer”、”The Yes Album”、そして “Tales From Topographic Oceans”… そういった作品は “Winter” を甘美で、可能な限りプログレッシブとする僕たちにとってのプラットフォームとなったね。
“The Dead Light” では、さっき説明したように、より広義のプログレッシブタッチを導入することに決めたんだ。作品をより直接的かつ簡潔にしたかったからね。
それでも、こういった70年代のプログロッククラシックは僕の本質的な音楽構成の一部だから、僕の書いたもの全てにはプログロックの漠然とした感覚が常に漂っていると思うな。

Q7: Regarding post-black, you are one of the pioneer of genre. What’s your perspective about the success of Defheaven or Alcest?

【THE WATCHER】: It’s great to see what was originally a fairly disparate and niche approach to the genre gain real traction and become commercially recognised. With Alcest and Amesoeurs, Neige is certainly the key figure in the post/shoegaze black metal scene it has to be said. We were in contact in the early days of the band – when we started rehearsing in early 2006 and put out the Ancient Sorrow demo in the earliest days, we had no awareness of any other acts who were playing this style of black metal (a very conscious merging of shoegaze, post rock and black metal).
We started to hear people referencing Amesouers and Alcest so gave it a listen – it was something of a shock to hear someone else ploughing a very similar furrow to the sounds we were exploring! It was a really small scene back then – us, Neige’s projects, Altar of Plagues, perhaps Les Discretes (though they may have come along a little later). That was kind of it for a couple of years but it quickly exploded once Alcest become more well known. ‘Ecailles De Lune’ (their second album) really turbo-charged recognition of the genre I think.
We’ve played with Alcest a few times since – indeed, we supported their first UK show back in 2008 – and it’s been fascinating to watch their career develop since then and simply get bigger and bigger. They’re a very respected band now and fully deserve it – Neige’s songwriting skills are peerless!
Deafheaven came along a little bit later and by this point, I’d already started to feel that ‘blackgaze’ was becoming a little homogenous. Deafheaven really didn’t do a lot to change that perspective for me if I’m honest – it all felt pretty ‘blackgaze by numbers’, relying on clever marketing/aesthetics and presenting the band as something utterly different simply because they had short hair, glasses and didn’t profess to be ‘metal guys’. If they had long hair and were all wearing Setherial shirts, I suspect reactions may have been a little different… however, I digress. They’ve done very well, captured a lot of people’s imaginations, got a lot of attention from sources way outside the metal spectrum – and ultimately, if they act as a ‘gateway’ to listeners to dig deeper into genre and discover the wealth of quality it has to offer then that HAS to be a good thing!

Q7: FEN はジャンルの初期からポストブラックのラベルを当てはめられていたバンドだと思います。同じジャンルのタグを持つ ALCEST や DEAFHEAVEN の成功についてはどう感じていますか?

【THE WATCHER】: もともとブラックメタルに対するかなりバラバラでニッチなアプローチだったものが真の牽引力を獲得し、商業的に認知されるようになるのは素晴らしいことだよ。ALCEST と AMESOEURS を立ち上げた、Neige は間違いなくポスト/シューゲイズブラックメタルシーンの重要人物だね。実は僕たちは初期に連絡を取り合っていたんだよ。2006年初頭にリハーサルを開始し、”Ancient Sorrow” のデモを発表した頃だね。当時僕らは自分たちのようなスタイルのブラックメタルを演奏している他のバンドを知らなかったんだ。シューゲイズ、ポストロック、ブラックメタルの意識的な融合という意味で)。
だけど AMESOEURS と ALCEST を引き合いに出す人が多かったから聴いてみたんだよ。他の誰かが僕たちが探求している音と非常によく似た畑を耕しているのを聴くのはショックだったよ!
当時は本当に小さなシーンだったな。僕たち、Neige のプロジェクト、ALTAR OF PLAGUES, それからおそらく LES DISCRETES(彼らは少し遅れて登場したかも知れないけど)。数年間は小さなままだったけど、ALCEST がより有名になるとすぐに爆発したね。 彼らのセカンドアルバム “Ecailles De Lune” は、ジャンルの認識を本当にターボチャージさせたと思うね。
ALCEST とは数回プレイしたよ。実際、2008年には彼らの最初のUKショウをサポートしたからね。それ以来、彼らのキャリアが発展し、単純にどんどんビッグになっていくのを見るのは嬉しいことだよ。今ではとても尊敬されているバンドで、実際その評価に相応しいと思う。Neige のソングライティングスキルは比類なきものなんだ!
少し遅れて DEAFHEAVEN が登場したんだけど、僕はこの時点で “ブラックゲイズ” が少し同質的になっていると感じ始めていたんだ。DEAFHEAVEN は正直なところ、僕のその視点を変えてくれたとは言い難いね。型通りのブラックゲイズに思えたんだ。クレバーなマーケティングに頼っているようにね。短髪にメガネで “メタルヘッド” であると公言せず、異なるテイストを演出してね。
彼らが長い髪で、全員が “Setherial” のシャツを着ていたら、反応が少し違っていたのではないかと疑うね…ちょっと話が逸れちゃったね。
とは言え、彼らはとてもうまくやっていて、多くの人々の想像力を捕らえ、メタル世界以外の場所から多くの注目を集めたよね。そして最終的に、そういった人たちがポストブラックをより深く掘り下げ、埋もれている “富” を発見するための “ゲートウェイ” “扉” として機能するならそれは素晴らしいことだよ!

Q8: Black metal started from satanism, but now, lot’s of bands opened the door to nature worshipping or another themes. Do you think it’s natural black metal expands it’s realm? Is there any modern band you emphasize with now?

【THE WATCHER】: I think a more pastoral, landscape-inspired approach to black metal has been very much an accepted element of the genre since the early 90s really when many of the Norwegian bands began to draw inspiration from the unique, dramatic landscapes that surrounded them. The first Emperor album is as much about landscapes and sky as it is about good old-fashioned devil worshipping after all! Black metal has always attracted individual thinkers, auteurs, experimenters, those who like to push against the envelope – it has acted as a lodestone for those who see no value in creative boundaries.
One only has to look at the experimental nature of a number of the Scandinavian bands in the late 90s – Dodheimsgard, Arcturus, In the Woods and Solefald to name but four – to identify how creatively rich the genre has been. Of course, as is always the way with experimentation, some of this was successful, others less so – but the crucial thing is that it was attempted, that the participants involved felt the creative drive to push their material in the directions that they did. And this sense of adventure is something that still persists within the black metal scene – acts like Deathspell Omega, Blut Aus Nord and The Ruins of Beverast continue to create diverse, idiosyncratic music that drips with authenticity and controlled experimentation.
Whilst I really admire these sorts of bands for the quality and conviction of their output, they are in a bit of a different sonic space from us – I do however empathise with them very much so as artists and as acts fully committed to pushing themselves forwards and creating something of genuine creative worth. There are of course other bands we admire and feel a certain kinship with – Enslaved of course have been pioneers since the early days and continue to evolve gloriously (and their enthusiasm for progressive music is well documented). Yob are another band I massively admire – they may not be black metal but they are distinctive, heavy, have excellent songwriting and they manage to conjure up a huge soundscape with just the three of them. A real inspiration for me. We also saw Vemod at Prophecy Fest and we spent a long time chatting to them after the show – another band that are really on our wavelength also.
Ultimately, the black metal scene is alive, well and absolutely full of motivated individuals striving to create compelling works. It’s an exciting time!

Q8: サタニズムから始まったブラックメタルは、近年自然崇拝など様々なテーマへと拡散していますね?

【THE WATCHER】: だけどブラックメタルに対するより牧歌的で風景的なアプローチは、90年代初頭からとても受け入れられて来たと思うんだ。ノルウェーのバンドの多くが、彼らを取り巻くユニークでドラマチックな風景からインスピレーションを引き出していたようにね。EMPEROR のファーストアルバムは、結局のところ、オールドファッションな、悪魔崇拝と同じくらい、風景と空に関するものだったんだから!ブラックメタルは常に、個々の思想家、作家、実験者、境界を押し広げようとする人々を魅了して来たんだ。創造性の境界に価値を見出さない人々にとって、宝石としての役割を果たして来たわけだよ。
このジャンルがどれほど創造的に豊かであるかを理解するには、90年代後半のスカンジナビアのバンド(DODHEIMSGARD, ARCTURUS, IN THE WOODS, SOLEFALD の4つ)の実験的な性質を見れば十分だろう。もちろん多くの実験と同様に、成功したものもそうでないものもあるけれど、重要なのは彼らが自らの枠を押し拡げる創造的な意欲を感じさせたことなんだ。
そして、この冒険感覚はブラックメタルシーンに今も存続しているよ。DEATHSPELL OMEGA, BLUT AUS NORD, THE RUINS OF BEVERAST のようなバンドは、オーセンティックかつ制御された実験で滴り落ちる多様で特異な音楽を作り続けているからね。
アウトプットの質と信念に関して、僕はそういったバンドを心から賞賛するけど、彼らは僕たちとは少し異なる音の空間にいるんだ。だけどアーティストとして、そして自分自身を前進させることに全力を尽くす彼らの行為に共感するよ。真に創造的な価値のあるアートを制作している。
もちろん、他にも賞賛し、親近感を感じるバンドは存在するよ。当然 ENSLAVED は初期から先駆者で、今も輝かしく進化し続けているね。(そしてプログレッシブな音楽に対する彼らの熱意は十分に表現されているね)。
YOB は僕がとても尊敬するまた別のバンドだ。ブラックメタルではないかもしれないけど、独特で重く、優れた作詞作曲能力を備え、わずか3人で巨大なサウンドスケープを創造するんだから。僕にとってリアルなインスピレーションだよ。それに Prophecy Fest で VEMOD を見て、ショウの後に彼らと長い時間語り合った。彼らもまた共感を覚えるバンドの一つさ。
結局、ブラックメタルシーンは生き生きとしていて、魅力的な作品を作成する熱意を持ったアーティストで溢れているんだ。全くエキサイティングな時代だよ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED THE WATCHER’S LIFE

WHITESNAKE “1987”

PARADISE LOST “ICON”

EMPEROR “IN THE NIGHTSIDE ECLIPSE”

FIELDS OF THE NEPHILIM “THE NEPHILIM”

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

MESSAGE FOR JAPAN

It’s been our honour to share our words with our Japanese listeners. We all hope we are granted the privilege of playing for you guys at some point in the future – I’m sure it would be something truly special.

日本のリスナーに僕たちの言葉を届けることが出来て光栄だよ。将来的に日本でプレイしたいとバンド全員が望んでいるんだ。きっと本当に特別なショウになるはずさ。

THE WATCHER

FEN Facebook Page
FEN Bandcamp
PROPHECY PRODUCTIONS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCHAMMASCH : HEARTS OF NO LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH C.S.R OF SCHAMMASCH !!

“To Me, The Question For The Source Of Inspiration Is The Same Question As “Where Does Life Come From?”. My Answer For Both Questions Would Be “The Cosmic Energy That Creates All And Destroys All”

DISC REVIEW “HEARTS OF NO LIGHT”

「スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。」
バーゼルに居を構えるスイスメタルの灯火 SCHAMMASCH は、内省的でスピリチュアル、多義性に富んだトランセンドブラックメタルで CELTIC FROST, SAMAEL, CORONER といった同郷の巨人たちの偉大な影を追います。
「”Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。」
SCHAMMASCH がメタルワールドの瞠目を浴びたのは、2016年にリリースした “Triangle” でした。3枚組、16曲、140分の壮大極まるコンセプトアルバムは、様々な恐怖、不安から解脱し悟りと真の自由を得るためマスターマインド C.S.R にとって避けては通れない通過儀礼だったと言えるでしょう。
もちろん、彼らが得た自由は音楽にも反映されました。ポストロック、プログレッシブ、オーケストラル、さらにはダウンテンポのエレクトロニックなアイデアまで貪欲に咀嚼し、広義のブラックメタルへと吐き出した怪物は、BATUSHKA, LITURGY, BLUT AUS NORD, SECRETS OF THE MOON などと並んで “アウトサイドメタル” へと果敢に挑戦する黒の主導者の地位を手に入れたのです。
「ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。」
実際、初期に存在した “具体的” なデスメタリック要素を排除し、ある意味 “抽象的” なメタル世界を探求する SCHAMMASCH が、概念のみをメタルに住まわせる ULVER に親近感を抱くのは当然かも知れませんね。そして最新作 “Hearts of No Light” は、”Triangle” の多義性を受け継ぎながらアヴァンギャルドな音の葉と作品の完成度を両立させた二律背反の極みでしょう。
ブラッケンドの容姿へと贖うように、ピアニスト Lillan Lu の鍵盤が導くファンファーレ “Winds That Pierce The Silence” が芸術的で実験的で、しかし美しく劇的なアルバムの扉を開くと、狂気を伴うブラックメタリックな “Ego Smu Omega” がリスナーへと襲いかかります。
プリミティブなドラミングと相反するリズムの不条理は暗闇の中を駆け抜けて、レイヤードシンセと不穏でしかし美麗なギターメロディーの行進を導きます。悪魔のように囁き、時に脅迫するボーカルと同様に楽曲は荘厳と凶猛を股にかけ、リスナーに社会の裏と表を投影するのです。
故に、一気に内省と憂鬱のアンビエント、ピアノと電子の “A Bridge Ablaze” へ沈殿するその落差はダイナミズムの域さえ超越しています。”Ego Smu Omega” や “Qadmon’s Heir” の壮大劇的なプログレッシブブラックを縦糸とするならば、”A Bridge Ablaze” や “Innermost, Lowermost Abyss” の繊細でミニマルなエレクトロピースはすなわち “光なき心” の横糸でしょう。
そうして静と動で織り上げた極上のタペストリーは、さらにゴスとポストロックの異様なキメラ “A Paradigm of Beauty” のような実験と芸術のパッチワークが施され SCHAMMASCH をブラックメタルを超えた宇宙へと誘うのです。その制限なきアヴァンギャルドな精神は、32年の時を経て再来する “Into the Pandemonium” と言えるのかも知れませんね。
今回弊誌では、ボーカル/ギター C.S.R にインタビューを行うことが出来ました。「僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。」 どうぞ!!

SCHAMMASCH “HEARTS OF NO LIGHT” : 10/10

INTERVIEW WITH C.S.R

Q1: Regarding Switzerland, there was great Coroner and Celtic Frost, but not so many bands have existed. How was growing up there and being into metal music?

【C.S.R】: Don’t forget Samael &, Messiah. Considering how small a country Switzerland really is, there were quite a few bands that had an impact on the early extreme metal scene and its development. When I seriously started listening to extreme metal, Celtic Frost just released their final album, ‘Monotheist’ & Samael were at the peak of their electronic experimentation. There were a few local bands I looked up to at that time, and eventhough there was a scene of people being into that kind of music, there weren’t many bands that were actually serious about being musicians. Nowadays it has changed a lot, for the better.

Q1: スイスが CORONER や CELTIC FROST といった巨人を輩出しているのは確かですが、とは言えメタル大国というイメージはありません。そんなスイスでメタルに目覚め、プレイし始めたきっかけからお話ししていただけますか?

【C.S.R】: SAMAEL と MESSIAH を忘れる訳にはいかないよ。スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。
僕が真剣にエクストリームメタルを聴き始めた時、ちょうど CELTIC FROST が最後のアルバム “Monotheist” をリリースした頃だったんだ。彼らと SAMAEL がエレクトロニカの実験のピークにいた時なんだよ。
当時僕が尊敬していた地元のバンドがいくつかあって、エクストリームな音楽に夢中になっているシーンもあったんだけど、ミュージシャンになることに真剣な奴らはあまりいなかったね。今日では大きく変わって、良くなっているよ。

Q2: The visual of Schammasch is very unique. Where does the inspiration come from? What do you want to express by your visual?

【C.S.R】: Every visual aspect of Schammasch aims to reflect the other existing aspects, and by that, creating an overall vivid, vibrant work of art. To me, the question for the source of inspiration is the same question as “where does life come from?”. My answer for both questions would be “the cosmic energy that creates all and destroys all”.

Q2: SCHAMMASCH のビジュアルは実にユニークですよね?インスピレーションはどこから得て、何を表現しているのでしょう?

【C.S.R】: SCHAMMASCH の全てのビジュアル的要素は、他の現存する側面を反映することを目指していて、それによって全体的に鮮やかで活気のあるアート作品を作成しているんだ。
僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。

Q3: “Triangle” was 100 minutes spread across three discs, you know, there was big concept in big framework. I feel it was game changing, historical metal record in 21st century. But what made you create that style of art?

【C.S.R】: Triangle was an attempt to carve a path leading to a state of mind that is free from the terrors of the mind, or at least has them under control, instead of being controlled by them. Some ideologies would call that a state of enlightenment.
Nowadays I would say that it was a naïve endeavor, one that could only fail. And so it did of course, but writing that album was a personal necessity, and resulted in a different kind of freedom for me, which I’m very grateful for.

Q3: “Triangle” は3枚のアルバムで100分に渡って紡がれる、ビッグなフレームに収まったコンセプト作品でした。21世紀のメタルを変えたと言っても過言ではない、歴史的なアルバムでしたね?

【C.S.R】: “Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。
今日振り返れば、失敗するに違いないと言われたナイーブな試みだったと思うよ。それは当然のことだったけど、それでもあのアルバムを書くことは個人的に必要で、結果として僕に別の種類の自由をもたらしてくれたんだ。それが嬉しかったんだ。

Q4: Maybe, your music is labeled as Avant-garde Black metal. But your newest record “Hearts of No Light” transcends even Black metal realm, I feel. Do you think you are still in the world of Black metal?

【C.S.R】: There are key aspects that we use, but I don’t like calling Schammasch a black metal project, just because there are musical aspects that would fit the term. Being a black metal band, in my opinion, requires a different set of qualities than the ones that define Schammasch.

Q4: アヴァンギャルドブラックメタルなどと称される SCHAMMASCH の音楽ですが、最新作 “Hearts of No Light” ではすでにブラックメタルの領域を超越したようにも感じます。それでも SCHAMMASCH はブラックメタルバンドですか?

【C.S.R】: 確かにブラックメタルは僕たちが使用する鍵となる要素だね。だけど僕は SCHAMMASCH をブラックメタルプロジェクトと呼びたくはないんだよ。ただ、ブラックメタルという言葉にフィットする音楽的な要素が存在するだけなのさ。
ブラックメタルバンドであるためには、僕の考えだけど、SCHAMMASCH を定義するものとは異なるクオリティーのセットが必要だね。

Q5: With mixing post-rock, progressive music, orchestral music, and even mild downtempo electronic ideas, you have evolved metal world. Is there any band you empathize with who is mixing “outside metal” aspects?

【C.S.R】: There are a few electro projects working with certain metal aspects, that I find interesting, There’s Ulver, who maybe aren’t inheriting any musical metal aspects anymore for a long time, but still emerged from that genre. It’s very impressive what they have become.

Q5: ポストロック、プログロック、オーケストレーションにエレクトロニカまで、SCHAMMASCH はメタルの領域を確実に拡大しています。あなたが共感を覚える、”アウトサイドメタル” の要素を取り込むバンドはいますか?

【C.S.R】: メタルの要素を加えたエレクトロニカのプロジェクトなら、興味を惹かれるものはいくつかあるね。ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。

Q6: I feel the album title “Hearts of No Light” reflects the darkness around modern society. Is there any political or cultural message on the concept?

【C.S.R】: Sociocritical aspects are definitely to be found, political ones definitely aren’t.
Schammasch has always been, among other things, a reflection of the dualistic nature of the human mind and spirit in their many forms, often leading to conclusions that support a viewpoint of giving more weight to nameless, formless, sideless spirit and less weight to mind, ego and ideology.

Q6: “Hearts of No Light” は現代社会に巣食う闇を反映しているようにも思えます。

【C.S.R】: 現代社会にたいする批判は間違いなく存在するね。政治的なメッセージは全くないけれど。
SCHAMMASCH は常に、様々な形で人間の心と精神の二元性を反映している。名前のない、形のない、サイドレスのスピリットをより重視し、心や自我、イデオロギーの重みを減らすという視点を支持する結論に至ることが多いんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED C.S.R’S LIFE

IRON MAIDEN “SEVENTH SON OF A SEVENTH SON”

METALLICA “…AND JUSTICE FOR ALL”

SLAYER “GOD HATES US ALL”

SECRETS OF THE MOON “ANTITHESIS”

DEATHSPELL OMEGA “SI MONVMENTVM REQVIRES, CIRCUMSPICE”

MESSAGE FOR JAPAN

This interview has actually been the first real sign of interest in Schammasch, coming from Asia – which we are grateful for of course. Some who read this might be glad to hear that we just extended the shipping options on our shop to some Asian areas – https://schammasch.com/shop/ And furthermore we hope to be able to play in Japan one day.

このインタビューは、アジアでも SCHAMMASCH に興味があると知ることが出来た最初のリアルなサインなんだ。もちろん、とても感謝しているよ。インタビューを読んでくれたみんなには、アジアにもシッピングオプションを拡大したと伝えたいね。https://schammasch.com/shop/ 
日本でいつかプレイ出来たらいいな!

C.S.R

SCHAMMASCH Facebook Page
SCHAMMASCH Offical
PROSTHETIC RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GATECREEPER : DESERTED】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHASE MASON OF GATECREEPER !!

PHOTO BY PABLO VIGUERAS

“Gatecreeper Started When I Met Our Drummer, Matt, And Discussed Our Shared Love For Old School Death Metal. We Both Talked About Dismember And Decided To Start a Band. Our Formula Has Always Been The Same Since The Beginning.”

DISC REVIEW “DESERTED”

「GATECREEPER は僕がドラマーの Matt と出会って始まったんだ。僕たちのオールドスクールデスメタルに対する愛をシェアしようぜってね。あの時僕たちは DISMEMBER について熱く語って、それでバンドを始めようって決めたんだよ。」
アリゾナに生を受けたメタリックハードコアの牽引者 GATECREEPER は、その溢れるデスメタル愛でエクストリームミュージックを遂に巨大なスタジアムへと導きます。
「僕たちは “スタジアムデスメタル” という言葉を世界へもたらし、それが取り上げられるようになった。要は、しっかりとエクストリームでありながらキャッチーなデスメタルを作ることが出来るということなんだ。狂気のサウンドでありながら、記憶に残るデスメタルは存在し得るんだ。DEICIDE の “Once Upon A Cross” のようにね。」
今回インタビューに答えてくれた ボーカリスト Chase Mason は Revolver のインタビューでそう怪気炎を上げ、スタジアムでプレイする自らの姿を夢想します。
実際、Chase の前人未到なその野心は決して夢物語ではないのかも知れませんね。
「フロリダデスメタルとスウェディッシュデスメタル。間違いなくその2つは僕たちのサウンドにおいて欠かせない重要な要素だよね。ただ、僕たちはそういったバンドたちの大好きな要素を抽出して、ユニークな僕等のサウンドとなるよう形成していくだけなんだ。」
HORRENDOUS, TOMB MOLD, BLOOD INCANTATION 等と共に OSDM 復興の波を牽引する GATECREEPER。中でも彼らは米国の凶凶と欧州の叙情を繋ぐ大胆な架け橋となり、初期の DEATH や OBITUARY と ENTOMBED, DISMEMBER が完璧なバランスで交わる “スイートスポット” の発見を誰よりも得意としています。
もちろんそこには、BOLT THROWER を頂点とする UK デスメタルの鼓動、さらには Kurt Ballou のサウンドメイクが象徴するように VEIN や CODE ORANGE のメタリックなハードコアとも共鳴する先鋭性も存分に垣間見ることが出来るでしょう。
ただし、”ポストヒューマン” な人類滅亡の世界を描いたアリゾナの “Deserted” で最も目を惹くエイリアンは、ポップである種単純化とまで言えそうなストラクチャーに宿された究極のキャッチーさでしょう。サバスの時代に巻き戻ったかのような凶悪でしかしシンプルなリフワークは、複雑化を極めた現代メタルに対するアンチテーゼの如く鮮烈に脳裏へと刻まれます。
その真の意味での “オールドスクール” の利点は、GATECREEPER ではベースを担当する Nate Garrett がマイクに持ち替え、Chase がベースをプレイ、さらに Eric Wagner もギターを兼任する SPIRIT ADRIFT にもシェアされています。GATECREEPER と SPIRIT ADRIFT、メンバー3名が重複し古を敬う2つのバンドの作品が、海外主要紙2019年のベストに多く選されている事実は複雑化の終焉と単純化への兆しを意味しているのかも知れませんね。
ただし、残念ながら GATECREEPER & SPIRIT ADRIFT の古式ゆかしくしかし斬新な共闘は終わりを迎えるようです。
「僕はもう SPIRIT ADRIFT ではプレイしないし、Nate も GATECREEPER でプレイすることはもうないよ。そうすることで、(同じマネージメントの) 2つのバンドが円滑に、互いに争わずやっていくことができるんだよ。」
Post Malone がアリゾナのショウで GATECREEPER のTシャツを着用したシーンは、今のところ彼らが最もメインストリームへと接近した瞬間だったのかも知れません。ただし、あのメタルを愛するポップアイコンに見初められた音の葉は、いつかスタジアムへと到達するに違いありません。
今回弊誌では、Chase Mason にインタビューを行うことが出来ました。「僕は COFFINS が大好きだし、他にも FRAMTID, DISCLOSE, GAUZE, BASTARD といった日本のハードコアやパンクバンドも気に入っているんだ。」日本盤は DAYMARE RECORDINGS から。どうぞ!!

GATECREEPER “DESERTED” : 10/10

INTERVIEW WITH CHASE MASON

PHOTO BY JOEY MADDON

Q1: It seems so busy for Chase and Nate this year. Because, you two released two incredible record with Gatecreeper and Spirit Adrift, right?

【CHASE】: Yes, we had a busy year! Both bands recorded and released LPs as well as touring in the US and Europe.

Q1: あなたと Nate にとって、2019年は忙しい年になりましたね。GATECREEPER と SPIRIT ADRIFT、2つのバンドで素晴らしい2枚のレコードをリリースしましたから。

【CHASE】: うん、僕たちにとってとても忙しい年だったよ!両方のバンドでレコーディングを行い、作品をリリースし、アメリカとヨーロッパをツアーしたんだから。

Q2: When I had interview with Nate before, he said “Of course Chase will contribute here and there to Spirit Adrift, and I will contribute here and there to Gatecreeper, but there is an obvious separation. I manage Spirit Adrift and Chase manages Gatecreeper.”. Do you agree that? What’s your perspective about the musical or managing separation?

【CHASE】: Yes there is a separation as far as management and creative direction. Moving forward into 2020, we have decided to split up the overlap between the two bands so we can operate in a truly independent manner. I will no longer be playing in Spirit Adrift and Nate will no longer be playing in Gatecreeper. This way both bands can run parallel and not conflict with each other.

Q2: 先日、SPIRIT ADRIFT として Nate にインタビューを行った際、「もちろん、Chase は様々に SPIRIT ADRIFT に貢献してくれているし、僕も GATECREEPER に貢献するよ。(2人共両バンドに所属。) だけどそこには明確な線引きが存在するんだ。つまり、僕が SPIRIT ADRIFT を運営し、Chase が GATECREEPER を運営しているんだよ。」 と語っていました。

【CHASE】: うん、バンドのマネージメント、創造性の方向については線引きが存在するよ。
実は2020年に向けて、僕たちの2つのバンドを掛け持ちするオーバーラップを解消することにしたんだ。だからそれぞれ、真に独立してバンドを運営することになる。つまり、僕はもう SPIRIT ADRIFT ではプレイしないし、Nate も GATECREEPER でプレイすることはもうないよ。そうすることで、(同じマネージメントの) 2つのバンドが円滑に、互いに争わずやっていくことができるんだよ。

Q3: So, how did Gatecreeper come to be? What was the initial idea of the band?

【CHASE】: Gatecreeper started when I met our drummer, Matt, and discussed our shared love for old school death metal. We both talked about Dismember and decided to start a band. Our formula has always been the same since the beginning. Swedish death metal, Bolt Thrower, Obituary and Crowbar were the main influences to start and still remain the same.

Q3: GATECREEPER 結成の経緯、当初描いた青写真について教えていただけますか?

【CHASE】: GATECREEPER は僕がドラマーの Matt と出会って始まったんだ。僕たちのオールドスクールデスメタルに対する愛をシェアしようぜってね。あの時僕たちは DISMEMBER について熱く語って、それでバンドを始めようって決めたんだよ。
僕たちの領域は最初からずっと変わっていないよ。スウェディッシュデスメタル、BOLT THROWER, OBITUARY, CROWBER が主な影響元さ。その場所から始まって、今も同じ場所に居るんだよ。

Q4: Mixing 80’s Florida and 90’s Swedish death metal are two of the characteristic of Gatecreeper, right? How did you find the “sweet spot”?

【CHASE】: Those are definitely two big parts of our sound. We try to just take our favorite elements of those bands and put them together to form our own unique sound.

Q4: 仰るように、フロリダ産デスメタルと、スウェディッシュデスメタルは GATECREEPER の核だと感じます。両者を融合する際、”スイートスポット” はどのように見つけているのでしょう?

【CHASE】: うん、間違いなくその2つは僕たちのサウンドにおいて欠かせない重要な要素だよね。ただ、僕たちはそういったバンドたちの大好きな要素を抽出して、ユニークな僕等のサウンドとなるよう形成していくだけなんだ。

PHOTO BY PABLO VIGUERAS

Q5: Also, it seems Spirit Adrift has a huge respect about 80’s metal. What’s your perspective about the “respect” and “revival” of rock & metal music?

【CHASE】: Yeah, that is more Nate’s thing. I like it but it’s not my area of expertise.

Q5: リスペクト&リバイバルという意味合いでは、SPIRIT ADRIFT も同様に80’sメタルへの憧憬を前面に押し出していますよね?

【CHASE】: うん、まあでもあのバンドは Nate のものだから。僕も SPIRIT ADRIFT のやり方は好きだけど、僕の専門とするエリアではうからね。

Q6: I love the artwork of “Deserted”. It’s really psychedelic, grotesque but beautiful. How does it connect to the lyrical theme or concept of the record?

【CHASE】: We gave the artist, Brad Moore, a very vague concept. We had not finished writing the album yet, but I knew I wanted to call it “Deserted”. I told him I wanted a desolate desert landscape… a “post-human” landscape. He ran with that simple direction. His interpretation of the world after mankind is alien-like and that is cool with me!

Q6: 最新作 “Deserted” のグロテスクながらサイケデリックで美しいアートワークは秀逸ですね。レコードのテーマとはどのように繋がっているのでしょう?

【CHASE】: Brad Moore というアーティストにとても漠然としたコンセプトを渡したんだ。その時はまだアルバムの楽曲さえ書き終わっていなかったんだけど、作品を “Deserted” (見捨てた) と呼びたいことは分かっていたんだ。だから Brad に、荒廃した砂漠の景色が欲しいと伝えたのさ。それはつまり、”ポストヒューマン” 人類滅亡後の風景さ。
彼はシンプルにその方向性を追求してくれたね。人類以降の世界についての彼の解釈は、エイリアンの世界で、クールだと感じたよ!

Q7: When I had an interview with Devil Master, Hades said “Japanese underground scene has had a huge impact on us musically and aesthetically.”. Are you interested in our Japanese underground scene?

【CHASE】: Yes. I love Coffins and Japanese hardcore or punk bands like Framtid, Disclose, Gauze, Bastard, etc.

Q7: DEVIL MASTER とのインタビューで Hades は、「日本のアンダーグラウンドシーンからは、音楽的にも審美的にも強大なインパクトを受け続けている。」 と語っていました。
GATECREEPER は日本のアンダーグラウンドシーンからインスピレーションを受けていますか?

【CHASE】: うん。僕は COFFINS が大好きだし、他にも FRAMTID, DISCLOSE, GAUZE, BASTARD といった日本のハードコアやパンクバンドも気に入っているんだ。

Q8: Regarding “revival”, vinyl and cassette are coming back now. What’s your thought about these “physicals” in this digital age?

【CHASE】: I love physical copies of albums. Admittedly, I listen to most music digitally, but I still try to own a physical copy of music I really like. Even if I’m going to push play on my computer or phone more regularly, it’s still cool to hold the record in your hand and look at the art up close.

Q8: リバイバルと言えば、近年ヴァイナルやカセットの復興が顕著ですよね。デジタル全盛の時代に、そういったフィジカルの存在価値とは何だと思いますか?

【CHASE】: 僕はアルバムのフィジカルコピーを愛している。ほとんど音楽はデジタルで聴いていることは認めざるを得ないけど、それでも心底気に入っている作品はフィジカルで手に入れようと今でも心がけているんだよ。
例え、日常では PC や携帯で音楽をかけているとしても、レコードを所持してそのアートを間近で眺めるのはクールなものだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CHASE’S LIFE

BLINK 182 “DUDE RANCH”

BLACK SABBATH “WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N ROLL”

EYEHATEGOD “DOPESICK”

ENTOMBED “LEFT HAND PATH”

THREE 6 MAFIA “SMOKED OUT, LOCKED OUT”

MESSAGE FOR JAPAN

PHOTO BY JOEY MADDON

We cannot wait to get to Japan in the near future. We are hoping to play our first shows in Japan sometime in 2020. Thanks for listening!

近い将来、日本へ行くのが待ちきれないね。2020年のどこかで、日本での初ライブを行いたいね。聴いてくれてありがとう!

CHASE MASON

GATECREEPER Facebook Page
GATECREEPER Bandcamp
RELAPSE RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OBSEQUIAE : THE PALMS OF SORROWED KINGS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TANNER ANDERSON OF OBSEQUIAE !!

“For Example, Satyricon’s “Dark Medieval Times” Does Not Have Medieval Riffs. And That’s The Point. Metal Often Alludes To These Themes Without Actually Using Them. I Want To Use Them. And That’s The Difference.”

DISC REVIEW “THE PALMS OF SORROWED KINGS”

「SATYRICON の “Dark Medieval Time” には中世のリフなんて含まれていないよ。そこが重要なんだ。メタルはしばしば、中世の音楽を使用することなく、そのテーマを仄めかして来た訳さ。僕は実際に中世の音楽を使用したい。そこが違いさ。」
黒死病の蔓延、階級社会、厳格なキリスト教倫理、貧困、多産多死。”Near-Death Times”、死の香りや足音があまりに身近であった暗美な中世ヨーロッパを現代へと映し出す “古城メタル” OBSEQUIAE は、メタルお得意のメディーバルな世界観、ドラゴンのファンタジーをよりリアルに先へと進めます。
「多くのメタルバンドが中世のイメージやテーマを扱っている。だけど、ほとんどの人はリアルな中世の音楽がどんなサウンドなのか知らないよね。例えばそれはケルティック音楽でも、多くの映画で流れるファンファーレでもないんだよ。音量がとても小さくなる危険を孕んでいるけど、もっと複雑でやり甲斐のある音楽なんだ。」
“歌う宗教” とも例えられるキリスト教を基盤とし、1000年の悠久をへて単旋律から複旋律へと進化を遂げた中世西欧音楽は、現代の音楽家にとって未だ探索の余地に満ちた白黒写真だと OBSEQUIAE のマスター Tanner Anderson は語ります。故にアーティストは自らのイマジネーションやインスピレーションを色彩に描きあげることが可能だとも。
「あの時代の音楽にはまだまだ発見すべき余地が沢山残されているからね。今日僕たちが音楽を記すように記されていた訳じゃないし、拍子だってなかったんだからとても “自由” だよね。」
リュートやハープ、ダルシマーを画筆として中世の音景に命を吹き込む “The Palms of Sorrowed Kings” で OBSEQUIAE はリスナーの “不思議” をより鮮明に掻き立てました。
「実のところ、僕は OBSEQUIAE をブラックメタルだなんて全く考えたこともないんだよ。僕の影響元は、SOLSTICE (UK), WARLORD (US), FALL OF THE LEAFE, EUCHARIST, OPHTHALAMIA みたいなバンドだからね。」
メロディックブラックメタル、メディーバルブラックメタルと称される OBSEQUIAE の音楽ですが、城主の思惑は異なります。
「トラディショナルなメタルに自らのインスピレーションを加えるようなアーティストは尊敬するよ。」
DARK TRANQUILLITY や IN FLAMES といった “最初期の” メロディックデスメタルに薫陶を受けた Tanner は、トレモロやアトモスフィアといったブラックメタルのイメージを抱きながらも、むしろ兄弟と呼ぶ CRYPT SERMON, VISIGOTH と共にトラディショナルメタルのリノベーション、”メタルレコンキスタ” の中心にいます。
「僕はギターのレイヤーとテクスチャーに重量感をもたらしたいんだ。そして、多くの場合、メロディーのフレージングは “声” として聴こえてくるんだよ。」
“In The Garden of Hyasinths” を聴けば、輝きに満ちたギターのタペストリーが十字軍の領土回復にキリストの奇跡をもたらしていることを感じるはずです。その福音は “伴奏、即興、編曲、演奏のテクニック、モードの変曲、リズムなどに関しても多くの考え方が存在する” 中世音楽の独自性を基に構築され、そうして咲き乱れる在りし日のヒヤシンスの庭を蘇らせるのです。
前作 “Aria of Vernal Tombs” に収録されていた4曲のメディーバルインタルードの中でも、”Ay Que Por Muy Gran Fermousa” のミステリアスな美麗は群を抜いていましたが、5曲と増えた今作のインタルードでもメディーバルハーピスト Vicente La Camera Mariño の描き出す耽美絵巻は浮世の定めを拭い去り、リスナーを中世の風車たなびく丘陵へと連れ去るのです。
クリーンボーカルの詠唱がクライマックスを運ぶタイトルトラックや “Morrigan”で、新たに加わったドラムス Matthew Della Cagna の Neil Part を想わせるプログレッシブなスティック捌きが楽曲にさらなるダイナミズムをもたらしていることも付け加えておきましょう。
今回弊誌では、Tanner Anderson にインタビューを行うことが出来ました。「情報も音楽も全てが利用可能なんだから、当時の “アンダーグラウンド” な感覚は感じることが出来ないよ。僕の成長期には、こういった音楽を作っている人について知ることは全く出来なかったからね。時には名前や写真さえないほどに。」 どうぞ!!

OBSEQUIAE “THE PALMS OF SORROWED KINGS” : 10/10

INTERVIEW WITH TANNER ANDERSON

Q1: 1. This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and Obsequiae? What kind of music were you listening to, when you were growing up?.

【TANNER】: Hi Sin. Thank you for the interview. I started Obsequiae with the intention of creating dark, melodic heavy metal that approached authentic musical themes from Medieval Europe (which also includes the Arab world and its influence on our interpretation of that music). Growing up, I listened to a lot of Celtic/Breton music. My mother is a harp player. Naturally, I also ended up playing Celtic/Breton music for harp and hammered dulcimer. But I also played guitar as well and had an interest in heavier music. My playing and influences (musical and non-musical) are very much a result of my experience listening to metal as a teenager in the mid-90s. Around that time, underground metal was starting to become available through some speciality metal stores near me. So, as the story goes, I never looked back. Not feeling any allegiance to one specific genre, I instead found something to appreciate in bands that I found to be sincere, unconventional, and truly underground in spirit. Nowadays, that’s a little harder! There isn’t really the same sense of an “underground” when everything is available. Growing up, the people making this music were people you never knew anything about. Sometimes not even names or pictures. I liked the distance that created between myself and an artist. It allowed some mystery. And, while some might think that’s gimmicky or cheap, it really was powerful back then.

Q1: 本誌初登場です。まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【TANNER】: インタビューをありがとう!OBSEQUIAE を始めたのは、中世ヨーロッパのオーセンティックな音楽に根ざしたダークでメロディックなメタルを創造したかったからなんだ。その中にはアラブ世界のその影響も入っているんだけどね。
成長期には、沢山のケルト/ブルトン音楽を聴いて育ったね。母がハープの演奏家なんだ。だから自然とケルト/ブルトン音楽をハープやダルシマーでプレイするようになったんだ。同時にギターでヘヴィーな音楽をプレイすることにも興味を持っていたんだけどね。
音楽的にも非音楽的にも、僕の演奏や影響は90年代中盤のメタルリスニング体験に大きく根ざしているんだよ。当時、アンダーグラウンドなメタルも近所のメタル専門店で流通をはじめていたんだ。
それ以降、後ろを振り返ることはなかったね。特定のジャンルへの忠誠心を感じる代わりに、誠実で、型破りで、真にアンダーグラウンドな精神を持つバンドに感謝を捧げるようになったんだ。
最近、そういったやり方は難しくなっているね!情報も音楽も全てが利用可能なんだから、当時の “アンダーグラウンド” な感覚は感じることが出来ないよ。僕の成長期には、こういった音楽を作っている人について知ることは全く出来なかったからね。時には名前や写真さえないほどに。
僕はその頃の自分とアーティストとの距離が好きだったんだ。ミステリアスで謎を生み出すことが出来たからね。それをギミックや安っぽいと思う人もいるかもしれないけど、当時は本当に強力だったんだよ。

Q2: Obsequiae’s music always bring me to journey of medieval times. But where did the idea mixing metal and medieval music come from?

【TANNER】: It’s certainly not an original idea. So many bands have used medieval imagery or themes. With that said, most people don’t know what real Medieval music sounds like. It’s not Celtic music or fanfare you hear in most films, for example. At the risk of sounding enormously petty, it’s much more complicated (and rewarding). For example, Satyricon’s “Dark Medieval Times” does not have medieval riffs. And that’s the point. Metal often alludes to these themes without actually using them. I want to use them. And that’s the difference.

Q2: 仰るように、OBSEQUIAE の音楽を聴けば、リスナーは中世ヨーロッパへと旅立つことが出来ますね。
メタルと中世の文化、音楽をミックスし始めたきっかけについて教えていただけますか?

【TANNER】: ただ、それは僕のオリジナルなアイデアという訳ではないよね。多くのバンドが中世のイメージやテーマを扱っている訳だから。
とは言え、ほとんどの人はリアルな中世の音楽がどんなサウンドなのか知らないよね。例えばそれはケルティック音楽でも、多くの映画で流れるファンファーレでもないんだよ。音量がとても小さくなる危険を孕んでいるけど、もっと複雑でやり甲斐のある音楽なんだ。
例えば、SATYRICON の “Dark Medieval Time” には中世のリフなんて含まれていないよ。そこが重要なんだ。メタルはしばしば、中世の音楽を使用することなく、そのテーマを仄めかして来た訳さ。僕は実際に中世の音楽を使用したい。そこが違いさ。

Q3: Regarding medieval times, What part of medieval history, architecture and art attracts you? I mean, that was very dark and “near-death” age I think, right?

【TANNER】: Yes, “near-death” is correct. Depending on where you were during that time, of course. The plague didn’t hit everywhere at the same time. My interest in this era is purely musical. There is so much yet to discover in the music left to us. This music was not notated as we notate music today. And it was without meter and very “free”. In many ways, it’s like a black and white photograph. Every ensemble or performer can color these photographs with their interpretations of the source material. And there are many schools of thought in regards to accompaniment, improvisation, arrangement, techniques of performance, modal inflection, rhythms, etc.

Q3: 当時はおそらく、”死” がすぐ側にあった時代だと思いますが、中世のどういった部分に惹かれているのでしょう?

【TANNER】: うん、死が側にあったのは確かだよね。あの時代はどこに居ようがもちろんね。ペストが同時に全てを覆った訳ではないにしてもね。
僕のこの時代に対する興味は純粋に音楽的なものさ。あの時代の音楽にはまだまだ発見すべき余地が沢山残されているからね。今日僕たちが音楽を記すように記されていた訳じゃないし、拍子だってなかったんだからとても “自由” だよね。
様々な意味で白黒写真みたいなものさ。全てのアンサンブル、演奏者がその写真たちを自らの解釈で様々な色に染めることが出来るんだから。それに、伴奏、即興、編曲、演奏のテクニック、モードの変曲、リズムなどに関しても多くの考え方が存在するんだ。

Q4: The artwork of ”The Palms of Sorrowed Kings” is really beautiful. Does it reflect the concept or lyrical themes of this great record?

【TANNER】: It is meant to inspire wonder which, in and of itself, is the purpose of the lyrics as well. I choose to be purposely ambiguous with lyrics because I think it serves listeners better. It allows them to use their own imaginations and interpret their own personal meaning.

Q4: それにしても、最新作 “The Palms of Sorrowed Kings” のアートワークは実に美しいですね。アルバムのコンセプトや歌詞のテーマが反映されているのでしょうか?

【TANNER】: このアートワークには、それ自体が歌詞の目的でもあるんだけど、みんなの中にある “不思議” を刺激する意図が宿っているんだ。
僕は歌詞を意図的に曖昧ににすることを選択している。それはリスナーが自身の想像力を使用し、個人的な意味合いで解釈することを可能にするからなんだ。

Q5: Of course, there is Black metal elements here and there. But also, I can hear some melodic death metal aspects like Dark Tranquillity, or Edge of Sanity. Was there any inspiration from them?

【TANNER】: I have never considered Obsequiae a Black Metal band at all. My influences are from bands like Solstice (UK), Warlord (US), Fall of the Leafe, Eucharist, Ophthalamia, etc. The earliest material from Dark Tranquillity (especially “A Moonclad Reflection” 7″ and “Skydancer”) were enormously influential to my playing growing up. The same goes for Edge of Sanity on “Nothing But Death Remains” as well as Pan-Thy-Monium and assorted Swano projects. Also the earliest material by In Flames – like their “Subterranean” EP was important in how it linked folk music with death metal. So, yes, the very EARLY stylings of melodic death metal were important. At the same time, I think it’s important to distinguish what melodic death metal was back then versus what it became. Unanimated is a melodic death metal band. But they’re not “melodic death metal” by the standards assigned by the genre retroactively. I think that’s important for people to understand.

Q5: ブラックメタルの要素はもちろんなのですが、例えば DARK TRANQUILLITY や EDGE OF SANITY といったメロディックデスメタルからの影響も多分に感じさせるアルバムですよね?

【TANNER】: 実のところ、僕は OBSEQUIAE をブラックメタルだなんて全く考えたこともないんだよ。僕の影響元は、SOLSTICE (UK), WARLORD (US), FALL OF THE LEAFE, EUCHARIST, OPHTHALAMIA みたいなバンドだからね。
最初期のDARK TRANQUILLITY は確かに僕の成長期に多大な影響をもたらしているね。特に7インチの “A Moonclad Reflection”, それに “Skydancer” とかね。同じことは EDGE OF SANITY の “Nothing But Death Remains”、そして PAN. THY. MONIUM みたいな Dan Swano のプロジェクトにも言えるね。
それに、フォークミュージックとデスメタルを融合させたという意味では、”Subterranean” EP みたいな最初期の IN FLAMES も重要な存在だったな。そうだね、だからうん、とても “初期の” メロディックデスメタルのスタイルは重要だったんだ。
同時に、当時のメロディックデスメタルと、それが到達した場所を区別することが重要だと思う。UNANIMATED はメロディックデスメタルバンドだ。だけど彼らは後の “メロディックデスメタル” というジャンルの基準には当てはまらないよね。その違いを理解することが重要だと思うな。

Q6: I also love your beautiful guitar tapestry. Actually, your way of guitar layer is like church choral music, I feel. Do you agree that?

【TANNER】: Thank you so much. Yes, I agree. I want to convey a feeling of weight to the layers and textures in the guitars. And I do hear the melodic phrasing as voices in many instances. I’d hope someone would be able to listen to Theatre of Voices/Paul Hillier and also Obsequiae on the same day!

Q6: OBSEQUIAE のレイヤーされたギターは、美しいタペストリーのようです。教会のコーラル音楽を思い出しますよ。

【TANNER】: どうもありがとう。うん、同意するね。僕はギターのレイヤーとテクスチャーに重量感をもたらしたいんだ。そして、多くの場合、メロディーのフレージングは “声” として聴こえてくるんだよ。
だから、誰かが同じ日に THEATER OF VOICES / Paul Hillier に耳を傾け、OBSEQUIAE にも耳を傾けられることを願っているんだ!

Q7: So, in the metal world, is there any band you can really empathize with?

【TANNER】: Yes, there are several. My friends in Crypt Sermon and Visigoth are all like-minded musicians that I consider brothers. In the greater metal community, I resonate with Solstice (UK), Atlantean Kodex, Chevalier, Gatekeeper (CAN), Eternal Champion, and many other bands that honor traditional heavy metal with their own inspiration.

Q7: 現在のメタル世界で、あなたが共感を覚えるバンドはいますか?

【TANNER】: うん、いくつか存在するよ。まず、友人でもある CRYPT SERMON, VISIGOTH は、兄弟だと思っているくらい心を共にするミュージシャンだね。
偉大なメタルコミュニティーの中では、SOLSTICE (UK), ATLANTEAN KODEX, CHEVAILER, GATEKEEPER (Can), ETERNAL CHAMPION, 他にも沢山いるよ。トラディショナルなメタルに自らのインスピレーションを加えるようなアーティストは尊敬するよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED TANNER’S LIFE

ATROCITY “HALLUCINATIONS”

FALL OF THE LEAFE “EVANESCENT, EVERFADING”

SAMAEL “BLOOD RITUAL”

KATATONIA “DANCE OF DECEMBER SOULS”

LARDIAN GUARD “LORDIAN GUARD”

I’m assuming you’re interested in metal records! So I’ll list those!

MESSAGE FOR JAPAN

Cheers to you and thank you for the questions, Sin. I hope we have a chance to play for our friends in Japan one day!

いつか日本の友人のためにプレイ出来たらいいね!ありがとう!

TANNER ANDERSON

OBSEQUIAE Facebook Page
OBSEQUIAE Bandcamp
20 BUCK SPIN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

THE 40 MOST IMPRESSIVE ALBUMS OF 2019: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE


THE 40 MOST IMPRESSIVE ALBUMS OF 2019: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

1: VENOM PRISON “SAMSARA”

「私は “フィーメールフロンテット” って言葉が好きじゃないの。だってこの言葉はただフロントを務める人物のジェンダーのみによって、サブジャンルのようなものを形成してしまうから。その女性ボーカルを擁するバンドたちが生み出す音楽関係なしにね。」
これまで虐げられてきたシーンに対するリベンジにも思える女性の進出は、2010年代のモダンメタルにとって最大のトピックの一つでしょう。
VENOM PRISON の牙は上顎にデスメタルを、下顎にハードコアの “毒” を宿した音楽の鋭き牙。そうしてセクシズムやミソジニーのみならず、彼らは負の輪廻を構築する現代社会全域に鋭い牙を向けるのです。
“クロスオーバー” の観点から見れば、CODE ORANGE や VEIN がハードコアとメタルの禍々しき婚姻をハードコア側のプロポーズで成立させたのに対し、VENOM PRISON はデスメタルの血統で見事にクロスオーバーの美学を体現してみせました。当然、両者の凶悪なマリアージュ、さらに英国の復権も2010年代を象徴する混沌でした。
「セクシズムと言えば私たちはすぐにメタルを批難するけれど、性差別や女性嫌いは音楽業界だけでなく、私たちの生活のあらゆる面で直面する世界的な問題なの。だからセクシズムとの闘いについて話すとき、私はメタルという自分のミクロな宇宙の中だけでなく、あらゆるレベルで戦いたいと思うのよ。」
ファンタジーにかこつけたミソジニーを負の遺産と捉え始めたシーンの潮流において、VENOM PRISON のフロントウーマン Larissa Stupar は潮目を違える天変地異なのかも知れません。”Samsara” がそんな10年の閉幕にスポットライトを浴びたのはある種象徴的な出来事でした。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

2: DEVIN TOWNSEND “EMPATH”

「現在の Devin Townsend が持つ音楽的な興味全てが、一つの場所へ収まったとしたらどうなるだろうか?」
フォーク、シンフォニック、ポップ、プログ、ファンク、ブラックメタル、ジャズ、ニューウェーブ、アメリカーナ、ワールドミュージック、そして EDM。Devin の中に巣食うマルチディメンショナルな音楽世界を一切の制限なく投影したレコードこそ “Empath” です。そして “エンパス” “感情を読み取る者” のタイトルが意味する通り、Devin がアルバムに封じた万華鏡のエモーションを紐解くべきはリスナーでしょう。
「アルバムは、喜びと人々の助けになりたいという思いに根ざしている。楽曲に多様性を持たせたのは、”Empath” “共感”が弱さと捉えられてきた歴史の中で、人生を様々な観点から見る必要性を表現したかったから。僕にとっても長い間狭い場所に閉じ込められていた創造性を解き放ち、恐怖から脱却するためのやり方だったね。多様性が増す時代において、他人の気持ちになって物事を見ることは他者を理解する上で欠かせないプロセスさ。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

3: WILDERUN “VEIL OF IMAGINATION”

「”エピック” はおそらく最も僕たちの音楽を要約した言葉だけど、ただ僕たちの音楽にあるいくつかのより進歩的で実験的な側面をそれでもまだ除外しているように感じるね。」
虚空に七色の音華を咲かせるフォーク-デス-ブラック-アトモスフェリック-シンフォニック-プログレッシブ-エピックメタル WILDERUN は、ジャンルという色彩のリミットを完全に排除してリスナーに名作映画、もしくは高貴なオペラにも似て胸踊るスペクタクルとドラマティシズムをもたらします。
「OPETH の音楽には特に昔の音源でダークな傾向があるんだけど、WILDERUN には常に見過ごされがちな明るく豊かな側面があったと思うんだ。」
時にアートワークから傑作を確信させるレコードが存在しますが、WILDERUNの最新作 “Veil of Imagination” はまさにその類でしょう。アートワークに咲き誇る百花繚乱はそのまま万華鏡のレコードを象徴し、”陽の”OPETHとも表現されるブライトでシンフォニックに舞い上がる華のモダンメタルは、シーンにおける “壮大” の概念さえ変えてしまうほど鮮烈なオーパスに仕上がりました。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

4: JINJER “MACRO”

「時に穏やかで平穏。だけど時に人々は何かが起こるのをただ待っている。今現在、少なくとも爆撃はされていないわ。それは良い事ね。」
アイコニックな女性をフロントに抱き、多様性を音楽のアイデンティティーとして奉納し、ウクライナという第三世界から登場した JINJER は、実はその存在自体が越境、拡散するモダンメタルの理念を体現しています。テクニカルなグルーヴメタルに Nu-metal と djent の DNA を配合し、R&B からジャズ、レゲエ、ウクライナの伝統音楽まで多様な音の葉を吸収した JINJER のユニークな個性は双子の “Micro” と “Macro” で完璧に開花します。
無慈悲なデスメタルから東欧のメランコリー、そしてレゲエの躍動までを描く“Judgement (& Punishment)” はJINJER の持つプログのダイナミズムを代弁する楽曲でしょう。
「僕たちの音楽に境界は存在しない。いいかい?ここにあるのは、多様性、多様性、そして多様性だ。」そう Eugene が語れば Tatiana は 「JINJER に加わる前、私はレゲエ、スカ、ファンクをプレイするバンドにいたの。だからレゲエの大ファンなのよ。頭はドレッドにしていたし、ラスタファリに全て捧げていたわ。葉っぱはやらないけど。苦手なの。JINJER は以前 “Who Is Gonna Be the One” でもレゲエを取り入れたのよ。レゲエをメタルにもっともっと挿入したいわ。クールだから。」と幅広い音楽の嗜好を明かします。
比較するべきはもはやメタル世界最大の恐竜 GOJIRA でしょうか。それとも MESHUGGAH? 音楽、リリックのボーダーはもちろん、メタファーではなく実際に険しい国境を超えた勇者 JINJER の冒険はまだ始まったばかりです。

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

5: LINGUA IGNOTA “CALIGULA”

「世界に正義を見出すこと、私を傷つけた人間に責任を見出すことにずっと苦労してきたの。だから音楽は奴らに責任を負わせ、正義を見つける私のやり方なの。私なりの復讐なのよ。」
家庭内暴力、虐待の生還者 Kristin Hayter のパワフルな言葉です。そして彼女の受けた恐ろしき痛みと攻撃性は、オペラからノイズ、インダストリアル、フォークに教会音楽、スピリチュアル、そしてメタルまで全てを渾淆した婀娜めきのプロジェクト LINGUA IGNOTA に注がれています。
マイノリティーの逆襲、虐待というタブーに挑む女性アーティストは今後増えて行くはずだと Kristin は語ります。事実、SVALBARD はリベンジポルノを糾弾し、VENOM PRISON は代理出産やレイプについて叫びをあげているのですから。
「どれだけの人が女性を嫌っているか、どれだけ世界が女性を嫌っているか知れば知るほど、”サバイバー” として他の女性への責任を感じるの。これからどこに行くのでしょうね?だけど最も重要なことは、リアルであり続けること。だから音楽を作ったり、暴力について語る必要がなくなればそうするわ。永遠に虐待の被害者になりたくはないからね。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

6: LITURGY “H.A.Q.Q.”

「哲学は思慮深い政治的スタンスを持つための非常に重要なツールだと、僕は心から思うんだ。だって今の世の中、特定の強い意見を持つ人にしたって、大抵そこに本当の根拠はないんだからね。」
もしかすると、Hunter Hunt-Hendrix の原動力は全てこの言葉に集約するのかもしれませんね。つまり彼は音楽、芸術、哲学の三原則を新たな三位一体とした、資本主義を超越する新世界の到来を啓蒙も厭わないほどに心から願っているのです。
「音楽コミュニティは一般的に反知的だから、アルバムの表紙に哲学システムを載せることで少なくともリスナーにそれを見てもらい、それが何を意味するのか気にして欲しかったんだ。」
世界を少しでもより良い場所へと導きたい。その想いは、アートワークのダイアグラムから始まり徹頭徹尾、”超越的な神” であり現実世界の活動原理である “H.A.Q.Q.” と、それを理想として生まれ来る未来都市 “Haelegen” の実現へと注がれています。
「ほとんどの人は、意志、想像力、理解の間に根本的な違いがあることには同意するけれど、誰もその理由を知らないんだ。実はこれら3つは音楽、芸術、哲学にそのままマッピングすることができて、この分野を発展させれば歴史的な運命の道筋を作ることが出来るんじゃないかな。」
“H.A.Q.Q.”、いや LITURGY でさえ、Hunter Hunt-Hendrix が標榜するより良い世界 “Haelegen” への道筋でしかありません。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE !

7: TOOL “FEAR INOCULUM”

待てば海路の日和あり。長すぎる13年の潮待ちはしかし TOOL アーミーにエルドラドの至福をもたらしました。三度グラミーを獲得し、Billbord 200のトップ10を独占した今でも、TOOL はアートメタル、オルタナティブ、サイケデリア、マスメタル、プログレッシブが交わる不可視境界線に住んでいて、ただ己の好奇心とスキルのみを磨き上げています。
“Thinking Persons Metal”。知性と本能、静謐と激情、懇篤と獰猛、明快と難解、旋律とノイズ、美麗と醜悪、整然と不規則といった矛盾を調和させる TOOL の異能は思考人のメタルと評され、多様性とコントラストを司るモダンメタルの指標として崇められてきました。そして4750日ぶりに届けられたバンドの新たなマイルストーン “Fear Inoculum” は、日数分の成熟を加味した “Think” と “Feel” の完璧なる婚姻だと言えるでしょう。
「完成させたものは良いものとは言えない。良いものこそが完成品なんだ。」 Adam Jones のマントラを基盤とした作品には確かに想像を遥かに超えた時間と労力が注がれました。ただし、その遅延が故にファンから死の脅迫を受けた Maynard に対して Danny が発した 「みんなが楽しんでいる TOOL の音楽は TOOL のやり方でしか作れないのに。簡単じゃないよ。」の言葉通り難産の末降臨した “Fear Inoculum” には徹頭徹尾 TOOL の哲学が貫かれているのです。
年齢を重ねるごとに、ポロポロと感受性や好奇心の雫がこぼれ落ちるアーティスト、もっと言えば人間を横目に、瑞々しさを一欠片も失わないレジェンドがテーマに選んだのは “成熟” でした。
TOOL, TOOLER, TOOLEST。反抗、進化、融和、魂の同化。そして遂に最上級へと達した TOOL の成熟。TOOL のタイムラインはきっと人間の “人生” と密接に関連しているはずです。次の啓示がいつになるのかはわかりませんが、自身の経験やドラマとバンドのメッセージを重ね合わせることが出来るならそれはきっと素晴らしい相関関係だと言えるでしょう。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

8: CHELSEA WOLFE “BIRTH OF VIOLENCE”

フォーク、ゴス、ポストパンク、インダストリアル、メタル…2010年、デビューアルバム “The Grime and the Glow” を世に放って以来、Chelsea Wolfe はジャンヌダルクの風姿で立ち止まることなく自らの音の葉を拡張し続けてきました。10年続いた旅の後、千里眼を湛えたスピリチュアルな音求者は、本能に従って彼女が “家” と呼ぶアコースティックフォークの領域へと帰り着いたのです。
「批判を受けやすく挑戦的な作品だけど、私は成長して開花する時が来たと感じたのよ。」
ダークロックのゴシッククイーンとして確固たる地位を築き上げた Chelsea にとって、アコースティックフォークに深く見初められたアルバムへの回帰は確かに大胆な冒険に違いありません。ただし、批判それ以上に森閑寂然の世界の中に自らの哲学である二面性を刻み込むことこそ、彼女にとって真なる挑戦だったのでした。
「私はいつも自分の中に息づく二面性を保持しているのよ。重厚な一面と衷心な一面ね。それで、みんながヘヴィーだとみなしているレコードにおいてでさえ、私は両者を表現しているの。」
”目覚め始めるレコード” において鍵となるのは女性の力です。
「そろそろ白か黒か以外の考え方を受け入れるべき時よ。”ジェンダー” の概念は流動的なの。そして全ての種類の声を音楽にもたらすことで沢山の美しさが生まれるのよ。今まさにその波が押し寄せているの!素晴らしいわ!」
長い間会員制の “ボーイズクラブ” だったロックの舞台が女性をはじめとした様々な層へと解放され始めている。その事実は、ある種孤高の存在として10年シーンを牽引し続けた女王の魂を喚起しインスピレーションの湖をもたらすこととなりました。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

9: ALCEST “SPIRITUAL INSTINCT”

“Spiritual Instinct” の製作は Neige にとってある意味ヒーリングプロセスとも言えるものでした。
「生きづらいと感じる原因の一つが自己評価の低さなんだ。自分が全然好きじゃなくてね。それってクールじゃないんだけどね。自分を貶めながら生きている訳だから。普通の生き方じゃないよ。だからこのアルバムは疑問と疑いに満ちている。だけど今はあの頃より良い場所にいる。だからこの作品は治療の意味合いもあったんだ。」
Neige が厳格に成文化されたブラックメタルの基準を回避して来たのは、その音楽の大部分が怒りに根差していないからとも言えます。自然からインスピレーションを受けるノルウェーのミュージシャンに共感する一方で、常に希望を伝える Neige の有り様はコープスペイントで木々に五芒星を書き殴るよりも、森の中のアニミストのようにも思えます。
実際、Neige は5歳のころから約4年間自らの精神が肉体を離れる幽体離脱、臨死体験のような超感覚的ビジョンを経験しています。
「何度も何度も、完全にランダムに起こる現象だった。この世界には存在しないような場所のイメージや感情、時にはサウンドまで心の中に浮かんで来るんだ。まさにスピリチュアルな体験で、人生を永遠に完全に変えたんだ。」
そうして物質宇宙を超えて別の領域が存在するという確信を得た Neige は、スピリチュアルに呼吸する” 音楽 “Spiritual Instinct” を完成へと導きました。
「あの臨死体験を経て、僕は死後の世界、魂とは何か、そして人生の意味を問うようになったんだ。ビッグクエッションだよね。」
つまり、Neige がフランス語で紡ぐ憂鬱と悲しみのイントネーションには、彼が憧れの中に垣間見た魔法の場所へと回帰するロマンチックな目的まで含まれているのです。ALCEST の動力源は審美の探求。例えその場所が死によってのみでしか到達できないとしても。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

10: BLOOD INCANTATION “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE”

「僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。」
宇宙、異次元、エイリアンをビッグテーマに “アストラルデスメタル” の称号を得る BLOOD INCANTATION は、しかし自らの存在や哲学を “サイエンスフィクション” の世界に留め置くことはありません。SF を隠喩や象徴として扱う “デス・スター” 真の目的は、現実世界のリスナーに森羅万象あらゆる “常識” に対して疑問を抱かせることでした。
もちろん、その非日常、非現実は音の葉にも反映されています。HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を従え津波となった OSDM リバイバルの中でも、BLOOD INCANTATION の映し出す混沌と荘厳のコントラスト、プログの知性やドゥームの神秘まで内包する多様性はまさに異能のエイリアンだと言えるでしょう。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

続きを読む THE 40 MOST IMPRESSIVE ALBUMS OF 2019: MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE

THE 100 BEST MODERN METAL ALBUMS OF THE DECADE: 2010 – 2019


THE 100 BEST MODERN METAL ALBUMS OF THE DECADE: 2010 – 2019 

1: GOJIRA “MAGMA” (2016)

音源の試聴はもちろん、音源を流せる動画でのレビューや分析、インタビューがどんどんその勢力を拡大している音楽世界で、活字に残された場所はもはやストーリーや背景を伝えるという使命のみにも思えます。
ストーリーは音楽を聴くだけでは伝わりません。弊誌がモダンメタル=多様性と主張し続けるのも、メタルの今に音楽的な多様性だけではなく人種、性別、地域、宗教を超えたエクレクティックな文化、世界が勃興しつつあるからです。マイノリティーの逆襲と言い換えても良いかもしれませんね。そこに環境問題や政治的な主張を織り込むアーティストも多いでしょう。
故に、メタル先進国とは言えないフランスから現れ、その是非はともあれ環境問題に立ち向かい、プログ、デス、スラッジ、マス、トライバルの稜線を闊歩する GOJIRA は、弊誌がそのストーリーを最も伝えたいアーティストだと言えました。
コンパクトな43分という作品でフォーカスされたのは、エモーションとアトモスフィアを前面に押し出した、キャッチーさとアート性の共存。MASTODON やBARONESS もチャレンジしていますが、芸術性とコマーシャリズムの融合という点でこの作品を超えるモダンメタルのレコードはないと断言出来るように思います。

2: DEAFHEAVEN “SUNBATHER” (2013)

新世界との “クロスオーバー” は、2010年代のメタルバンドにとって重要な成功のための条件でした。 メタルに似つかわしくないピンクのアートワークを纏った “Sunbather” は、完璧なタイミングでブラックメタルとシューゲイズの深き海溝に橋を掛けた “クロスオーバー” の先鋭です。
DEAFHEAVEN の雄弁に交差する激情と音景の二律背反は、ブラックゲイズ、ポストブラックと称されるムーブメントの核心となり、インディーロックのリスナーまでも惹きつけましたが、一方でブラックメタルの信者からはそのルックスも相俟って無慈悲な反発も少なからず招きました。
ただし7年の時を経て顧みれば、そこには拡大する宇宙となったブラックメタルにとって美しきビッグバンにも思える桃色の陽火が崇高に、超然と此方を眺めているだけでしょう。

3: VENOM PRISON “SAMSARA” (2019)

「私は “フィーメールフロンテット” って言葉が好きじゃないの。だってこの言葉はただフロントを務める人物のジェンダーのみによって、サブジャンルのようなものを形成してしまうから。その女性ボーカルを擁するバンドたちが生み出す音楽関係なしにね。」
これまで虐げられてきたシーンに対するリベンジにも思える女性の進出は、2010年代のモダンメタルにとって最大のトピックの一つでしょう。
VENOM PRISON の牙は上顎にデスメタルを、下顎にハードコアの “毒” を宿した音楽の鋭き牙。そうしてセクシズムやミソジニーのみならず、彼らは負の輪廻を構築する現代社会全域に鋭い牙を向けるのです。
“クロスオーバー” の観点から見れば、CODE ORANGE や VEIN がハードコアとメタルの禍々しき婚姻をハードコア側のプロポーズで成立させたのに対し、VENOM PRISON はデスメタルの血統で見事にクロスオーバーの美学を体現してみせました。当然、両者の凶悪なマリアージュ、さらに英国の復権も2010年代を象徴する混沌でした。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

4: GHOST “PREQUELLE” (2018)

近年、MASTODON, VOLBEAT, Steven Wilson, PALLBEARER, Thundercat、さらに2018年は GODSMACK, ALICE IN CHAINS, DISTURBED, SHINEDOWN など様々なジャンルの旗手とも呼べるアーティストが “ポップ” に魅せられ、レガシーの再構築を試みる動きが音楽シーン全体の大きなうねりとして存在するように思えます。当然、邪悪とポップを融合させた稀有なるバンド GHOST もまさしくその潮流の中にいます。
「JUDAS PRIEST はポップミュージックを書いていると思う。彼らはとてもポップな感覚を音楽に与えるのが得意だよね。PINK FLOYD も同様にキャッチー。ちょっと楽曲が長すぎるにしてもね。」
Tobias のポップに対する解釈は非常に寛容かつ挑戦的。さらにモダン=多様性とするならば、70年代と80年代にフォーカスした “Prequelle” において、その創造性は皮肉なことに実にモダンだと言えるのかもしれません。実際、アルバムにはメタル、ポップを軸として、ダンスからプログ、ニューウェーブまでオカルトのフィルターを通し醸造されたエクレクティックな音景が広がっているのですから。

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

5: YOB “OUR RAW HEART” (2018)

2010年代の記憶から、ドゥーム/スラッジの “スロウバーン” な台頭を切り離すことは不可能です。オレゴンの悠久からコズミックなヘヴィネスと瞑想を標榜し、ドゥームメタルを革新へと導くイノベーター YOB。
バンドのマスターマインド Mike Scheidt は2017年、自らの終焉 “死” と三度対峙し、克服し、人生観や死生観を根底から覆した勝利の凱歌 “Our Raw Heart” と共に誇り高き帰還を遂げました。
「死に近づいたことで僕の人生はとても深みを帯びたと感じるよ。」と Mike は語ります。実際、”楽しむこと”、創作の喜びを改めて悟り享受する Mike と YOB が遂に辿り着いた真言 “Our Raw Heart” で描写したのは、決して仄暗い苦痛の病床ではなく、生残の希望と喜びを携えた無心の賛歌だったのですから。
ゆえに、蘇った YOB の作品を横断するスロウバーン、全てを薙ぎ倒す重戦車の嗎は決して怒りに根ざしたものではありません。むしろそれぞれの人生や感情を肯定へと導くある種の踏み絵、あるいは病室で眺望と光陽を遮っていたカーテンなのかも知れませんね。結果として YOB はドゥームに再度新風を吹き込むこととなりました。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

6: PERIPHERY “PERIPHERY” (2010)

10年代の前後、Djent はエクストリームミュージックの世界に突如、爆発的に勃興したマスマティカルテクニカルなムーブメントです。MESHUGGAH, SikTh, 新進の “スメリアンコア” などが育んだシンコペーティブで技術的に洗練されたプログレッシブサウンドに、よりアクセシブルにフィルタリングをかける実にエキサイティングな “再発明”。そのリノベーションを担った第1世代こそ CLOUDKICKER, ANIMALS AS LEADERS の Tosin, そして PEPIPHRY の Bulb こと Misha Mansoor でした。
“Nerd” と呼ばれる所謂 “オタク” 文化と密接に繋がりを持ったことも革新的で、レコーディング技術の進歩により自宅でプロフェッショナルな音源を製作する “ベッドルームミュージック” DIY の台頭にも大きな役割を果たしました。
2010年代初頭、シーンを席巻したテクニカルな波。しかし、多くのトレンド、サブジャンルと同様に、Djent はしばらく後、飽和状態を迎え減退期を迎えます。
ただし、歴戦の猛者 Anup Sastry が 「Djent とは、どちらかと言えば、プログメタルというもっと大きな傘の中で探求を続ける、また違った推進力になったと思えるね。」 と語るように、オリジネーター PERIPHERY が “Periphery IV: Hail Stan” で証明したように、Djent はその根を地下へと這わせながら、モダンメタルの核を担っているのです。

7: ZEAL & ARDOR “STRANGER FRUIT” (2018)

過酷な奴隷制、差別の中から産声を上げた嘆きと抵抗、そして救いを包含するゴスペル、ブルース、ソウル。スピリチュアルで魂宿る黒人音楽をエクストリームメタルへと織り込み、刻下の不条理を射影する ZEAL & ARDOR はヘヴィーミュージック未踏の扉を開く真なる救世主なのかもしれません。
「 “ブラック” メタルと “黒人” 音楽をミックスしてみろよ。」その人種差別主義者からの言葉は、アフロ-アメリカンの血を引くアーティスト Manuel を掻き立てるに十分の悪意を纏っていました。
そうして Manuel は、”もし黒人奴隷がイエスではなくサタンを信仰していたら?” をコンセプトにブラックメタルとスピリチュアルを融合し、ZEAL & ARDOR を完成へと導きました。つまり、エクストリームミュージックにとって肝要な未踏の領域への鍵は、皮肉にも人種差別主義者に対する究極の “Fxxk You” だったと言えるのです。そして当然、そのスピリットはマイノリティーの逆襲、モダンメタルのスピリットともシンクロしています。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

8: ROLO TOMASSI “TIME WILL DIE AND LOVE WILL BURY IT” (2018)

「MOL や CONJURER といったバンドはモダンメタルの最前線にいるよ。」エクレクティックを御旗に掲げる Holy Roar Records の躍進は、英国メタルの復権と合わせて2010年代後半のビッグトピックでした。そして、発言の主 James Spence は妹と Eva とレーベルの理念を最も体現する ROLO TOMASSI を牽引しています。
デビュー作 “Hysterics” から10年。バンドは常に再創造、再発明によるコアサウンドの “羽化” を続けながら、気高き深化を遂げて来ました。シンセ-レイドゥンのデジタルなマスコアサウンドから旅立つ分岐点、ターニングポイントは “Grievances”。アグレッションやマスマティカルな理念はそのままに、より有機的でアトモスフェリックな方法論、パッセージを導入したアルバムは、仄暗い暗澹たる深海に息継ぎや空間の美学を投影したユニークかつ思慮深き名品に仕上がったのです。
一方で、”Time Will Die and Love Will Bury It” は闇に際立つ光彩。時に悪魔にも豹変する Eva Spence のスイートサイド、エセリアルに漂う歌声は実際、奔放かつ痛烈なマスコアにシューゲイズやエモ、インディーロックを渾融する彼らの新たなレジスタンスを想像以上に後押ししているのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

9: PALLBEARER “FOUNDATIONS OF BURDEN” (2014)

アーカンソーのドゥームカルテット PALLBEARER は、セカンドアルバム “Foundations of Burden” で鬼才 Billy Anderson と出会った瞬間、有望な若手の一団から突如としてフォワードシンキングなシーンのペースセッターへと進化を果たしました。バンドのトラディショナルでカルトなコンポジションはより洗練され、現代的なアトモスフィアをプログレッシブなセンスに添えて具現化する先進的なドゥームバンドへと変化を遂げたのです。
ドゥーム世界の DEAFHEAVEN にも思えるその異形は、後に “Heartless” でキャッチーなメロディーの洪水に重なるプログレッシブドゥームな誘惑を具現化し、MASTODON とも共鳴するメインストリームへの挑戦を企てました。

10: HAKEN “THE MOUNTAIN” (2013)

英国の誇り、プログレッシブ最後の希望 HAKEN がレトロフューチャーな音のタイムマシンを追求し始めたアルバムこそ “The Mountain” でした。
「僕に関して言えば、”YES-90125″、”RUSH-Signals”、”GENESIS-Duke”、”KING CRIMSON-Discipline” といった作品とは多くの共通点があると思うね。」
80年代のポップカルチャーを胸いっぱいに吸い込んだ “Affinity” で Ross Jennings はそう語ってくれましたが、よりエピックを志向したドラマティックな “Mountain” では古のプログレッシブな息吹を一層その身に宿していたのです。
「Djent はメタルシーン、そしてギター界にとっても重要なムーブメントだよね。MESHUGGAH や KILLSWITCH ENGAGE のようなバンドは全てのジャンルにその影響をタペストリーのように織り込んでいるんだよ。その影響は、今日、ミュージシャンとしてやっている僕たちを形成してくれているんだ。」
そこに交差するは近代的なグルーヴと設計図。時代の架け橋となった HAKEN は、特有のメロウな旋律を伴ってプログの遺伝子を受け継いでいくのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

11: CHELSEA WOLFE “BIRTH OF VIOLENCE” (2019)

フォーク、ゴス、ポストパンク、インダストリアル、メタル…2010年、デビューアルバム “The Grime and the Glow” を世に放って以来、Chelsea Wolfe はジャンヌダルクの風姿で立ち止まることなく自らの音の葉を拡張し続けてきました。10年続いた旅の後、千里眼を湛えたスピリチュアルな音求者は、本能に従って彼女が “家” と呼ぶアコースティックフォークの領域へと帰り着いたのです。”目覚め始めるレコード” において鍵となるのは女性の力です。
「そろそろ白か黒か以外の考え方を受け入れるべき時よ。”ジェンダー” の概念は流動的なの。そして全ての種類の声を音楽にもたらすことで沢山の美しさが生まれるのよ。今まさにその波が押し寄せているの!素晴らしいわ!」
長い間会員制の “ボーイズクラブ” だったロックの舞台が女性をはじめとした様々な層へと解放され始めている。その事実は、ある種孤高の存在として10年シーンを牽引し続けた女王の魂を喚起しインスピレーションの湖をもたらすこととなったのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

12: JINJER “KING OF EVERYTHING” (2016)

「時に穏やかで平穏。だけど時に人々は何かが起こるのをただ待っている。今現在、少なくとも爆撃はされていないわ。それは良い事ね。」
アイコニックな女性をフロントに抱き、多様性を音楽のアイデンティティーとして奉納し、ウクライナという第三世界から登場した JINJER は、実はその存在自体が越境、拡散するモダンメタルの理念を体現しています。テクニカルなグルーヴメタルに Nu-metal と djent の DNA を配合し、R&B からジャズ、レゲエ、ウクライナの伝統音楽まで多様な音の葉を吸収した JINJER のユニークな個性は全てを変えた “King of Everything” から本格化へ転じたと言えるでしょう。
比較するべきはもはやメタル世界最大の恐竜 GOJIRA でしょうか。それとも MESHUGGAH? 音楽、リリックのボーダーはもちろん、メタファーではなく実際に険しい国境を超えた勇者 JINJER の冒険はまだ始まったばかりです。

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

13: ANIMALS AS LEADERS “THE JOY OF MOTION” (2014)

Tosin Abasi, Javier Reyes, Matt Garstka のマエストロ3名は、プログレッシブミュージックを新たなチャプターへと導きました。2010年代前半、津波のように押し寄せたテクニカルな波は、絶対的に Tosin Abasi のビジョンや新技術に端を発していました。しかし震源地 ANIMALS AS LEADERS をもはやその Djent という枠のみで括ることは難しいでしょう。
拍子やテンポの変化、複雑でヘヴィーなグルーブは彼らにとってイマジネイティブな楽曲を生み出すツールの一つに過ぎません。作品を彩るユニークで魅力的なテーマ、効果的なエレクトロニカサウンド、アンビエントなパッセージに驚異的なリードプレイ。”The Joy of Motion” はあらゆる面でモダンプログのランドマークとなるレコードです。

14: SVALBARD “IT’S HARD TO HAVE HOPE” (2018)

越流するエモーションをプロテストミュージックへと昇華し、英国ブリストルから咆哮を貫く至宝 SVALBARD。熾烈なメタル/ハードコアにポストロックの叙情と風光、ポストメタルの思索と旅路を織り込みさらなる多様化の波動を導いた新作 “It’s Hard to Have Hope” はシーンの革新であり、同時に閉塞した世界が渇望する変化への希望です。
確かに “It’s Hard to Have Hope” は怒れるアルバムで、中絶、性的暴力、リベンジポルノ、インターンシップの無賃雇用など不条理でダークな社会問題をテーマとして扱っています。女性フロントマンとして Serena が長年メタルシーンで苦しんできたハラスメント行為の数々も、作品の持つ怒りの温度を “フェミニストのメタルアルバム” の名の下に上昇させていることは明らかです。
とはいえ、この類稀なる感情と表情の結晶が、唯一怒りにのみ根ざすわけではないこともまた事実でしょう。実際、Serena はこの作品の目的が “人々にこういった社会的不公平を伝えるだけではなく、なぜそういった問題が起き続けるのか疑問を投げかけることだった” と語っています。「誰が正しいのか互いに主張し合うのを止めてこう尋ねるの。一緒に前進するために何ができるだろう?より良き変化のためお互い助け合えないだろうか?とね。」とも。
そうして世界のターニングポイントとなるべくして示現した “It’s Hard to Have Hope” に、一筋の光明にも思える尊きアトモスフィア、荘厳なる音の風景がより深く織り込まれていることはむしろ当然の進化だと言えるでしょう。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

15: ALCEST “LES VOYAGES DE L’AME” (2012)

「以前とは比較にならないほどコンセプトを推し進めた。だからこの異世界的で、ドリーミーな音楽が生まれたんだ。とても複雑かつプログレッシブなやり方でね。」
ALCEST をブラックメタルと呼ぶ事に長い間葛藤を抱いていた Neige。もちろん、ブラストビートやトレモロアタックは “基盤” ですが、それでも繊細で愛情さえこもったディティールとムードへの拘りは30年前ブラックメタルが生まれた時代には想像も及ばなかった創造的成果であり、ジャンルに対するある種のクーデターでしょう。そもそも Neige はメタルファンがダークなサウンド、イメージに惹かれる理由さえ当初は理解さえしていませんでした。
「全然理解できなかったんだよ。なぜいつもダークである必要があるんだい?だからこそ ALCEST のファーストアルバムが出た際に大きな論争を呼んだんだ。なんでメタルなのにブライトで繊細なんだ?ってね。ただ僕は憎しみに触れたくなかっただけなんだけどね。そこに興味が持てないから。それでも今でもオールドスクールなブラックメタルはよく聴くんだ。ただ最近のブラックメタルバンドはちょっと怠惰だと思うよ。ブラックメタルの慣習に従い、紋切り型の演奏を披露しているだけだからね。残念だよ。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

16: MESHUGGAH “THE VIOLENT SLEEP OF REASON” (2016)

MESHUGGAH はモダンメタル、エクストリームミュージックの帝王でありパイオニアです。Djent は勿論、Jazz/Fusion を取り入れた Instru-metal, より数学的な要素にフォーカスした Mathcore などそのポリリズミックでローチューンドなヘヴィーサウンドが後続に与えた影響は計り知れません。
“The Violent Sleep of Reason” において、メカニカルで精密に計算されたグルーヴを、率直で生々しいプロダクションで包み込んだ理由。それはアルバムのコンセプトに通じます。”危険な睡眠状態” とは、世界中で起きている無慈悲なテロリズムに対して、何ら行動を起こさない一般の人々を指しています。MESHUGGAH が作品に有機的な感覚、エモーションを強く取り入れたのは、世界の人たちにに手を挙げて欲しい、テロリズムと戦わなければならないというメッセージでもあるのです。
ダイナミックで、インテンスに溢れ、エナジーに満ちたレコードで MESHUGGAH はその価値を再度証明しました。この作品を受け止める私たちには何が出来るでしょうか?

17: BARONESS “PURPLE” (2015)

「全ては色相環、カラーホイールから始まったんだ。」
アートメタルを切り開く BARONESS のフロントマン John Baizley は、色彩をテーマとしたアルバムタイトル、アートワークの起源をそう明かします。赤、青、黄緑、紫と色を紡ぎ続ける音画家は、プログ、スラッジ、サイケデリック、エレクトロニカ、マスロック、インディーロックとサウンドにおいてもカラフルを極めストーナー/スラッジ台頭の旗頭となったのです。
”hipster metal” “通好みのメタル” などと懐柔的にもとられていた BARONESS が、10年間、4枚のアルバムを経てメタルワールドの盟主にまで登り詰めたことには理由がありました。
SLEEP や KYUSS、そしてもちろん BLACK SABBATH の血を引きながら、彼らは決して最高にヘヴィーでも、最高にスロウなバンドでもありません。当然、最高にファストでも、最高にキャッチーでも、もしかしたら最高にクールなバンドでもないのかも知れませんね。
ただし、彼らは時にヘヴィーに、時にスロウに、時にファストに、時にキャッチーに、時にクールに変化する最高にビッグな変幻自在の化け物だったのです。

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

18: KARNIVOOL “ASYMMETRY” (2013)

“Sound Awake” で Nu-metal の重厚と TOOL の知的探求を交差させ、一躍メタル世界の中心に躍り出たオーストラリアの寵児は、”Asymmetry” で浮遊するアトモスフィアを体全体で受け止め、さらにその場所から深化を遂げてポストプログレッシブの牽引者となりました。
その音の葉は、TesseracT, RIVERSIDE, PINEAPPLE THIEF とも共鳴しながら、2010年代プログレッシブのイメージとなっていくのです。

19: CONVERGE “THE DUSK IN US” (2017)

ボストンのマスコアレジェンド CONVERGE は、四半世紀に渡って不安と恐怖、そして怒りをその獰猛な音楽に封じ込めその強固な影響力を保ち続けています。そして勿論、そのキャリアの前半では、数学的なブルータリティーを存分に発揮しましたが、しかし近年ではグルーヴやアトモスフィアを発見し、よりインテンスと多様性を備えたようにも思えます。事実 Bannon は、「僕たちはとても人間味のあるバンドで、楽曲はいつだって現実の経験に基づいているんだ。」 とそのハードコア精神を語っています。
“The Dusk In Us” で、バンドはかつてのクラッシックサウンドをキャプチャーしながら、アーティストとして更なる進化を遂げています。彼らの中に映る “Dusk” “夕暮れ” とは、おそらくバンドとしての成熟を示唆しているとも解釈出来ますね。ブルータルでしかし美しきモンスターレコードは、闇と希望、不快感と恍惚、そしてカリスマティックな威厳をリスナーへと運ぶのです。

20: MASTODON “EMPEROR OF SAND” (2017)

00年代、スラッジ/ストーナー革新の首謀者であったアトランタの巨人 MASTODON が “The Hunter”, “Once More Round the Sun” で舵を切ったメインストリームへの接近、ラジオフレンドリーなアプローチは、確かに新たなリスナーを獲得する一方で、それ以上に長年バンドへ忠誠を捧げてきたダイハードなファンを失う結果となりました。
一握りの称賛と山ほどの批判を背に受けてリリースしたコンセプトアルバム “Emperor of Sand” は、結果としてメインストリームとルーツ、ポップとプログレッシブの狭間で揺蕩う完璧なバランスを実現することとなりました。それは多様性の海に溶け込むイヤーキャンディー。
バンドは変化を遂げ成長を続けて行くものです。MASTODON は確かな進化の証を刻みつつ、バンドが失ったかに思われたロマンを取り戻すことに成功しました。それ以上に重要なことがあるでしょうか?ロックの根幹はロマンなのですから。

21: BEHEMOTH “THE SATANIST” (2014)

アートワークをフロントマン Nergal の血で描いた BEHEMOTH の傑作 “The Satanist” を理解するには、誇り高き彼のポーランド政府との、そして白血病との戦いを掘り下げる必要があるでしょう。
ステージでの聖書に対する冒涜で起訴され、ポーランドのポップスターと浮名を流し、癌で死に直面する。そうした全ての出来事は、2011年のポーランドの選挙と相まって、Nergal を母国で最も中傷的で物議を醸す公人へと変えました。
「分断と帝国化。それがポーランド政府の念願だ。彼らは敵を必要とし、スケープゴートを必要としている。俺は彼らのお気に入りのスケープゴートと敵なんだよ。」
“The Satanist” はそうした障害や戦いを乗り越える自己啓発と忍耐の表れでした。
「オリジナリティーなんてものは俺の辞書には存在しない。だけど俺はアートのユニークさを信じているし、唯一無二の個性も信じているんだよ。」

22: LINGUA IGNOTA “CALIGULA” (2019)

「世界に正義を見出すこと、私を傷つけた人間に責任を見出すことにずっと苦労してきたの。だから音楽は奴らに責任を負わせ、正義を見つける私のやり方なの。私なりの復讐なのよ。」
家庭内暴力、虐待の生還者 Kristin Hayter のパワフルな言葉です。そして彼女の受けた恐ろしき痛みと攻撃性は、オペラからノイズ、インダストリアル、フォークに教会音楽、スピリチュアル、そしてメタルまで全てを渾淆した婀娜めきのプロジェクト LINGUA IGNOTA に注がれています。
マイノリティーの逆襲、虐待というタブーに挑む女性アーティストは今後増えて行くはずだと Kristin は語ります。事実、SVALBARD はリベンジポルノを糾弾し、VENOM PRISON は代理出産やレイプについて叫びをあげているのですから。
「どれだけの人が女性を嫌っているか、どれだけ世界が女性を嫌っているか知れば知るほど、”サバイバー” として他の女性への責任を感じるの。これからどこに行くのでしょうね?だけど最も重要なことは、リアルであり続けること。だから音楽を作ったり、暴力について語る必要がなくなればそうするわ。永遠に虐待の被害者になりたくはないからね。」

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

23: CODE ORANGE “FOREVER” (2017)

2017年、CONVERGE の名将 Kurt Ballou が手掛けた “ノイズ三部作” とも言える、ENDON, FULL OF HELL, そして CODE ORANGE の作品の中で、最も普遍的な魅力を備えるのが本作なのかも知れませんね。実際、彼らはそれ程大胆なアプローチを志向している訳ではありません。ハードコアとメタルのクロスオーバーらしく、細やかにテンポチェンジ、ストップ&ゴーを繰り返す強烈なリフワーク。シャウト、グロウル、そして女声のトリプルボーカルが生み出すカオスの濁流。不穏や無慈悲なアトモスフィアを演出するエレクトロノイズはあくまで隠し味。
しかし、そういったバンドがデフォルトとするデザインは、非常に豊富なアイデアと深く練られたコンポジションによりフックと中毒性に満ち溢れた音の暴力へと形を変えるのです。彼らの予測不能な危険は、有機体のようなしなやかさとインテリジェンスを備えます。
NINE INCH NAILES や RAMSTEIN の登場に例える識者が多いことにも納得ですね。

24: LEPROUS “MALINA” (2017)

プログメタル、アヴァンギャルド、オルタナティブにポストハードコアと作品ごとにフォーカスするサウンドテーマを変転させつつ、巧みに Djent やポスト系、ブラックメタルの要素も取り入れ多様なモダンプログレッシブの世界観を構築して来たバンドは、しかし同時に Einar の絶対的な歌唱を軸とした仄暗く美麗なムードをトレードマークとして近年掲げています。
2010年代最高のプログメタルオペラとなった “Coal” の後、彼らはより “硬質” でデジタルな作品 “The Congregation” をリリース。そしてメタリックな音像、正確性と複雑性を極めたバンドが次に “Malinar” で見据えた先は、よりオーガニックでナチュラルなサウンドとジャンルの破壊でした。
「僕たちは典型的な所謂 “ビッグメタルサウンド” を求めていなかったんだ。」 様々な要素、テクニックが “オーガニック” というキーワード、そして哀切のストーリーに注がれた純然たる “ロック” の傑作は、同時にキャッチーなメロディーと複雑でスタイリッシュなコンポジションを両立させた時代の象徴でもあります。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

25: POWER TRIP “NIGHTMARE LOGIC” (2017)

2017年、IRON REAGAN と共に大きな話題を攫ったクロスオーバーツインズの片割れ POWER TRIP が “Nightmare Logic” で残した印象は強烈でした。スラッシュメタル、ハードコア、パンクを股に掛け、正々堂々と正面突破を挑むそのアティテュードはあまりにエキサイティング。
麻薬中毒や製薬業界のスキーム、宗教的汚職など様々なトピックに本気で中指を立てながら、歌詞のパワーを楽曲のエネルギー、突進力へと伝導するバンドの気概にはただただ脱帽です。

26: NE OBLIVISCARIS “PORTAL OF I” (2012)

2010年代、オーストラリアは多様なオルタナティブ/プログの新天地として大きな飛躍を遂げましたが、その象徴的存在が NE OBLIVISCARIS でした。メロディックデスメタルのロマン、ブラックメタルのダークな審美、OPETH や CYNIC のプログレッシブな感性、そしてヴァイオリンのクラシカルな調べ。絶対的にミステリアスで知的な “Portal of I” は2010年代前半、メタル世界のムードをある種代弁していたと言えるでしょう。
もちろん、この10年を代表するプロデューサー Jens Bogren のスタイルを表象するレコードであるとも言えますね。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

27: DEFTONES “KOI NO YOKAN” (2012)

DEFTONES の情熱的な “恋の予感” は、”Saturday Night Wrist” のロマンとアトモスフィアを、”Diamond Eyes” で採用し始めたヘヴィーギターのテクスチャーと組み合わせたカップリングの妙。当時 Chino Moreno はポストメタルのスーパーグループ PALMS でも仕事をしており、その青々と響き渡るサウンドスケープは知らず知らずのうちにのうちに “Koi No Yokan” へと投影されたのかも知れませんね
“Leathers” や “Tempest” には、エロティックで重苦しい淫夢のような雰囲気が渦巻いています。 実際、Deftonesほど “セクシー” なメタルを作るバンドはなく、中でも “Koi No Yokan” にはロックに潜む奔放な “性” が溢れているのです。

28: CULT OF LUNA “MARINER” (2016)

ポストメタルのパイオニアとして、存在感を保ち続ける CULT OF LUNA が2016年にリリースしたレコードは NYC の女性ボーカル Julie Christmas とのコラボレート作品でした。
宇宙探査をテーマとしたコンセプト作品 “Mariner” は確かにその静と動の見事なコントラスト、美麗なメロディー、シンセサイザーの効果的な使用などアーティスティックな CULT OF LUNA を体現する要素に満ちています。しかし、同時に Julie の時に激しく、時に陰鬱、時にキュートなボーカルがこれまでにはない感覚を作品に生み出しています。
アルバムの最後を飾る15分の “Cygnus” は彼らのマイルストーンである “Vertikal” を想起させる一大絵巻。”2001年宇宙の旅”にインスピレーションを受けたという CULT OF LUNA らしい映画のサウンドトラックのような一曲は、同時に Julie の平穏から混沌を物語る能力により完成を見たとも言えるでしょう。

29: DEVIN TOWNSEND “EMPATH” (2019)

「現在の Devin Townsend が持つ音楽的な興味全てが、一つの場所へ収まったとしたらどうなるだろうか?」
フォーク、シンフォニック、ポップ、プログ、ファンク、ブラックメタル、ジャズ、ニューウェーブ、アメリカーナ、ワールドミュージック、そして EDM。Devin の中に巣食うマルチディメンショナルな音楽世界を一切の制限なく投影したレコードこそ “Empath” です。そして “エンパス” “感情を読み取る者” のタイトルが意味する通り、Devin がアルバムに封じた万華鏡のエモーションを紐解くべきはリスナーでしょう。
「アルバムは、喜びと人々の助けになりたいという思いに根ざしている。楽曲に多様性を持たせたのは、”Empath” “共感”が弱さと捉えられてきた歴史の中で、人生を様々な観点から見る必要性を表現したかったから。僕にとっても長い間狭い場所に閉じ込められていた創造性を解き放ち、恐怖から脱却するためのやり方だったね。多様性が増す時代において、他人の気持ちになって物事を見ることは他者を理解する上で欠かせないプロセスさ。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

30: ENDON “THROUGH THE MIRROR” (2017)

エクストリームミュージックの光彩にして特異点。東京から世界を見据えるノイズの狂信者 ENDON がリリースした最新作 “Through the Mirror” は、シーンに “救い” という名の不可逆性をもたらすマスターピース。
「ENDON はメタルという言葉でイメージする音楽の領域を拡大する役目の一端を担っていると思います。言い換えれば私にはメタルの延命措置に関わっているという認識があります。」 と語る彼らの欲望は、残酷なまでに率直です。
ボーカル、ギター、ドラム、そして2名のノイズマニュピレーターを擁する ENDON。ノイズをその多様なソングストラクチャーへ大胆不敵に織り込む彼らの方法論は、エクストリームミュージックの最先端にあると言えます。
ENDON にとってノイズとは “有機性” の象徴なのかも知れません。つまり、音符や調に囚われないノイズは自由な胎動、母性。逆に緻密な楽曲の構築、音楽的な束縛は父性。二性の融合によりフォーカスした『THROUGH THE MIRROR』は、ENDON という稀代のバンドが産み落とした寵児だと言えるのではないでしょうか。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

31: WILDERUN “VEIL OF IMAGINATION” (2019)

「”エピック” はおそらく最も僕たちの音楽を要約した言葉だけど、ただ僕たちの音楽にあるいくつかのより進歩的で実験的な側面をそれでもまだ除外しているように感じるね。」
虚空に七色の音華を咲かせるフォーク-デス-ブラック-アトモスフェリック-シンフォニック-プログレッシブ-エピックメタル WILDERUN は、ジャンルという色彩のリミットを完全に排除してリスナーに名作映画、もしくは高貴なオペラにも似て胸踊るスペクタクルとドラマティシズムをもたらします。
「OPETH の音楽には特に昔の音源でダークな傾向があるんだけど、WILDERUN には常に見過ごされがちな明るく豊かな側面があったと思うんだ。」
時にアートワークから傑作を確信させるレコードが存在しますが、WILDERUNの最新作 “Veil of Imagination” はまさにその類でしょう。アートワークに咲き誇る百花繚乱はそのまま万華鏡のレコードを象徴し、”陽の”OPETHとも表現されるブライトでシンフォニックに舞い上がる華のモダンメタルは、シーンにおける “壮大” の概念さえ変えてしまうほど鮮烈なオーパスに仕上がりました。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

32: THE DILLINGER ESCAPE PLAN “ONE OF US IS THE KILLER” (2013)

THE DILLINGER ESCAPE PLAN 5枚目のアルバムは、雷鳴鳴り響くマスコアマッドネス、技術的に超越したジャズの要素、そして同時に明らかにラジオフレンドリーなイヤーキャンディーの圧倒的な融合でした。そうして、アドレナリンに満ちた創造性と不思議なポップフィールを交差させたマスコアの創始者は、名前の由来である強盗のようにリスナーの心を奪ってシーンから逃走する完全犯罪を犯したのです。

33: TESSERACT “POLARIS” (2015)

「僕たちは勿論、自らを Djent とかメタルだと思ったことはないよ。ただ、全て正直に言うけど、僕たちは自分たちをプログロックバンド以上の存在だと考えているんだよ。」
界隈でも一二の実力を誇る不世出のボーカリスト Dan Tompkins がバンドに復帰。モダンプログを牽引する Kscope からのリリースと万全の体制で制作された本作はロック史に名を残す傑作に仕上がりましたね。
Djent 黎明期から他とは異なりアトモスフェリックなポスト系の音像を強く意識して来た TesseracT ですが、”Alterd State” での成功を経て彼らがたどり着いた超立方体な境地は、Djent がムーブメントとなって以降数多出現したバンドたちを置き去りにするようなまさに Post-Djent な世界観でした 。
バンドの矜持であるグルーヴィーでポリリズミックなリフはそのままに、Kscope が提示する Post-Prog の領域にもさらに大きく踏み込み、彼らにしか表現し得ない極上の音楽を生み出すことに成功しています。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

34: AMENRA “MASS Ⅳ” (2017)

アントワープに聳える大聖堂の如き凛々たる威厳を放つ、ベルギーのポストメタル-ルミナリエ AMENRA。5年振りとなる最新作 “Mass Ⅵ” は、2017年、DREADNOUGHT や CELESTE が先陣を切った、ポストメタル、ドゥーム、スラッジ、そしてアンビエントなポストハードコアを融合させる “スロウメタル” の快進撃を決定付けました。
AMENRA のレコードは全てが “Mass” の名の下にナンバリングされています。”ミサ” の名を冠したバンドの最も重要な典礼儀式は、”ピュアな感情に掻き立てられ” “バンド全員がパワフルな個人的理由を得るまで” 行われることはありません。故に、ある意味祈りを宿した究極にパーソナルな “自己反映” “自己反省” のプラットフォームこそが “Mass” シリーズの正体だと言えるかも知れませんね。
「両親の死、両親や子供の病気、関係の終焉、愛の喪失と剥奪。全てが存在を空虚にしてしまうような経験だよ。」 実際、バンドのマスターマインド Colin は 、今回の “Mass Ⅵ” を制作するきっかけについてそう語ってくれました。”Mass” シリーズで最もヴィヴィッドかつ群を抜いてダイナミックなレコードは、人間の避けがたき悲痛と喪失を深く探求、そして埋葬する41分間なのかも知れません。「真の感情には国境はないんだよ。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

35: FALLUJAH “DREAMLESS” (2016)

“Death Metal Revolution” (デスメタル革命) とまで評された出世作 “The Flesh Prevails” から2年。メタル界のメガレーベル、Nuclear Blast に移籍して初の作品は、より美しく、よりキャッチーで、同時にシンセサウンドや女性ボーカルをチャレンジングに取り入れた、多様なモダンメタルを象徴する作品に仕上がりました。
「実は今現在、僕は FALLUJAH を “Tech-Death” だとは全く思っていないんだ。だから、そう呼ばれるのは心外でもあるね。
僕たちは徹頭徹尾メタルバンドなんだけど、アトモスフィアやメロディックな要素によって大きな進化を遂げているんだよ。どの楽曲もエネルギッシュでパワフルでありながら、独自のユニークなエモーションを喚起させるんだからね。」

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

36: BRING ME THE HORIZON “AMO” (2019)

ファンとの間の愛憎劇は、創造性を追求するアーティストならば誰もが背負う十字架なのかも知れません。とは言え、BRING ME THE HORIZON ほど荊の枷にもがき苦しみ、愛憎の海に溺れながら解脱を果たすミュージシャンは決して多くはないでしょう。
BRING ME THE HORIZON は新たなる宿業 “Amo” でラディカルな変革を遂げ、リスナーを文字通り地平線の向こうへと誘っています。それはロック、ポップ、エレクトロ、トランスにヒップホップをブレンドした野心極まる甘露。
しかし「15年経った現在でも、ヘヴィーじゃないとかブラストビートがないことが問題になる。そういった障害を壊し続けて来たんだけどね。」とフロントマン Oli Sykes が NME のインタビューで語った通り、確かにデスコア時代からのダイハードなメタルヘッドに “Amo” は堪え難い冒険だったのかも知れませんね。そういった斬新なアイデアを思いつくのは大抵 Oli だと Lee は証言しています。ではなぜ Oli はメタルのルーツから離れて “背水の” 進化を続けるのでしょうか。その理由は音楽と感情の繋がりを保つためでした。
「だからこそラッパーはほとんど新たなロックやパンクなんだよ。ロックはソフトになってしまった。悲惨で退屈なね。もうエキサイト出来る部分がほぼないんだよ。それ故に、僕らがクロスオーバーすることが重要なんだ。そうすることで、僕たちは音楽がどれだけヘヴィーかで評価する場所じゃなく、ただ音楽が好きな人のいる場所へと属することが出来るんだからね。」

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

37: RIVERS OF NIHIL “WHERE OWLS KNOW MY NAME” (2018)

テクニカルデスメタルのプログレッシブな胎動も2010年代後半におけるビッグトピックの一つでしょう。
テクニカル、メロディック、デスコア、ブルータル。雨後の筍のごとく現れるデスメタルアクトの大半は、エモーションのスペクトルを怒りに起因する狭い領域へとフォーカスし、ある意味では檻の中で固定観念と共に囚われているようにも思えます。
「この作品では、僕たちが期待されているようなサウンドを放棄した。」と Adam が語るように、RIVERS OF NIHIL が “Where Owls Know My Name” で達成した偉業は、真にユニークな感性で鋼鉄の慣習から羽ばたいたその勇気にあると言えるでしょう。
まさにメタルとプログのタイムラインに交差する異形のランドマーク。モダン=多様性とするならばこの作品ほど “モダン” なスピリットを抱いた奇跡は存在しないのかも知れませんね。多様で創造性に満ち、複雑でしかし凄艶な星の一生を目撃するサイエンスフィクションは、BLOOD INCANTATION ともシンクロして時空を行き来するタイムマシンなのかも知れませんね。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

38: ELDER “REFLECTIONS OF A FLOATING WORLD” (2017)

マサチューセッツからストーナー/ドゥームの翼を広げるアートロックバンド ELDER がリリースした、新作 “Reflections Of A Floating World” はロックアートの革命です。
ファジーでスロウ。シンプルなストーナーアクトとしてスタートした ELDER は、プログ/ヘヴィーサイケの方角へと舵を切り、今や最もクリエイティブでアーティスティックなヘヴィーロックバンドと称されています。リスナーに豊潤なアドベンチャーやストーリーを喚起するあまりにシネマティックな作品と、ジャンルを縦横無尽に横断する精神性はその確かな証拠だと言えますね。
レトロとモダン、ヘヴィネスとアトモスフィア、シンプルとマスマティカルを行き来する楽曲のコントラスト、ダイナミズムはまさに唯一無二。インタビューで語ってくれた通り、「より複雑でプログレッシブ」となったアルバムを象徴する起伏に富んだ楽曲は、「音楽を聴いている時、頭の中にストーリーを描けるようなサウンド」として完成を見たのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

39: CATTLE DECAPITATION “MONOLITH OF INHUMANITY” (2012)

ベジタリアンのメタルとして生を受けたサンディエゴのデスグラインドマスター、CATTLE DECAPITATION は、”Monolith of Inhumanity” で、自然愛護の感情を掲げた環境問題のメタルを強固に打ち出しました。
「緑を保とうなんて歌を通して伝えている訳じゃないけど、社会としてどこに向かっているのかは重要だろうな。多くの社会的、政治的バンドが語っているようなことだけど、俺たちはわずかに異なる角度、人道的な角度で物事を見ているんだ。憂鬱で、一方的で、残酷で、不公平な世界をね。そこに答えはないよ。俺たちは問題の提起しか出来ないから。」

40: BELL WITCH “MIRROR REAPER” (2017)

シアトルに居を置くベース/ドラムスのドゥームデュオ BELL WITCH がリリースした、1曲83分の暗重なる叙事詩 “Mirror Reaper” は生と死を投影する難解なるあわせ鏡。
Dylan が 「誰にでも簡単に作れるようなレコードにする必要は全くないと決めたんだよ。楽曲を別々に分けてしまうと、説得力が失われる気がしたんだ。」 と語るように、48分の “As Above” と35分の “So Below” が自然と連続して織り成す構成の進化、常識の破壊は、より妥協のない緻密なコンポジション、Adrian の死に手向けるメランコリックな花束と共に、生と死の安直でステレオタイプな二分法へ疑問を投げかけ、”死のメディテーション” を指標しているのです。
紫煙のヘヴィートリオ SLEEP が1曲が一時間にも及ぶスロウでアトモスフェリックな反芻の集合体 “Dopesmoker” をリリースして以来、ドゥーム/スラッジ/ドローンのフィールドはメタルの実験性を最も反映する先端世界の一つとして、創造性のリミットを解除し、定石を覆しながらその歩みを続けて来ていました。それでも、巨大な絶望、悲哀と、全てを掻き集めても片手で掬い取れるほど希少なる希望を宿す、1曲83分の野心は想像を遥かに超えるサプライズでした。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

41: TRIBUATION “DOWN BELOW” (2018)

“Down Below” の出現で、TRIBULATION を単なるメタルバンドと呼ぶことはこれまで以上に困難となりました。スウェーデンの “ヴァンピリック” カルテットは、今でも誇らしげにコープスペイントで身を包み、ボーカリスト/ベーシストの Johannes Andersson は、地球の深部から悪魔を召喚するほどに邪悪な声で叫んでいます。
しかし、ブラッケンドなデビュー作のリリースから9年間で、TRIBULATION はより繊細で大胆となり、サイケデリック、シューゲイズ、ポストロックの多様でシネマティックな世界へと手を伸ばしました。それでも実にアクセシブルなその音の葉はさながら “トワイライト” でしょうか?TRIBULATION がヴァンパイアを再びクールな存在へ復権させる鍵であることは確かです。

42: KHEMMIS “HUNTED” (2017)

KHEMMIS のデビュー作 “Absolution” は MASTODON と PALLBEARER のちょうど中間に位置するようなモダンなドゥーム/スラッジ作品で、近年活気を得て来たスロウバーンな世界にまた新たな才能が舞い降りたことを知らしめました。
しかし博士号を持つメンバー2人が牽引する、この知的でメタルに忠誠を誓ったバンドが同じ場所へと留まることはありませんでした。デビューフルから僅か15ヵ月で届けられた KHEMMIS の次章 “Hunted” はよりクラッシックロック、トラディショナルメタルの領域へと接近したレコードとなりました。全5曲、44分の作品は全てがロックの美学に捧げられています。
確かにレトロリバイバルの波はメタルシーンにも押し寄せています。ただ焼き直すだけではなくモダンなレンズを通して音楽を見ていることが重要で、興味深いレトロフューチャーなサウンドはこれからさらに拡がりを見せていくことでしょう。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

43: BLOOD INCANTATION “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE” (2019)

「僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。」
宇宙、異次元、エイリアンをビッグテーマに “アストラルデスメタル” の称号を得る BLOOD INCANTATION は、しかし自らの存在や哲学を “サイエンスフィクション” の世界に留め置くことはありません。SF を隠喩や象徴として扱う “デス・スター” 真の目的は、現実世界のリスナーに森羅万象あらゆる “常識” に対して疑問を抱かせることでした。
もちろん、その非日常、非現実は音の葉にも反映されています。HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を従え津波となった OSDM リバイバルの中でも、BLOOD INCANTATION の映し出す混沌と荘厳のコントラスト、プログの知性やドゥームの神秘まで内包する多様性はまさに異能のエイリアンだと言えるでしょう。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

44: THE OCEAN “PELAGIAL” (2013)

「MASTODON が “白鯨” の作者 Melville についての文学の教室なら THE OCEAN は地球科学の教室だろう。」”地球の地質に対するドイツからの賛歌” と讃えられるポストメタルの研究者 THE OCEAN は、全てのアートの母である自然とその摂理を音のビジュアルプレゼンテーションとして誰よりも濃密に響かせます。
「僕は音楽が直接、環境問題に対するポリシーに影響を与えるなんて妄想は持っていないんだ。だけどね、僕たちの音楽を聴く人の関心を高めることは出来ると思っているよ。」
アルバムや楽曲タイトル、リリックにサウンドスケープ。時にマジカル、時に険しい自然のイメージを知性的なメタルのフレームへと織り込み、エモーショナルで革新的なポストメタルの森羅万象を司るドイツの賢人は、そのディスコグラフィーさえも変化を繰り返す地球環境のクロニクルとしてメタルの図書館へと寄贈するのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

45: BETWEEN THE BURIED AND ME “THE PARALLAX Ⅱ: FUTURE SEQUENCE” (2012)

2002年に BETWEEN THE BURIED AND ME がデビュー作を放って以来、リスナーは彼らのウルトラテクニカルな側面を一際待ち望んで来ました。
“Goodbye to Everything”。宇宙で全てに別れを告げる、バンド史上最も結束のとれたエピックで、バンドはファンの期待や重圧にも別れを告げたのかも知れませんね。この場所で培われたオーガニックでエモーショナルなプログ絵巻は、後に Tommy が 「新しいサウンドだなんて言いたくはないんだけど、新作はあまりヘヴィーじゃないし時に奇妙な感じだ。成長したというのかな。ALASKA から COLORS の時くらい大きくスタイリスティックな変化だよ。」と語る “Coma Ecliptic” へと引き継がれていくのです。

READ OUR REVIEW & STORY HERE!

46: GORGUTS “COLORED SANDS” (2013)

ドラマーの自殺を受け、2005年 GORGUTS が一時的に解散した後、バンドのリーダーである Luc Lemay は森での生活へとライフスタイルそのものを変化させました。後に Luc は短期間ギタリストとして短期間 NEGATIVA へと加わり、最終的には Steeve Hurdle の提案に基づいて GORGUTS を再編へと導きました。
Century Mediaとの長年の契約論争の後、2013年にバンドはあまりに完璧な “Colored Sands” でカムバックを果たします。それは彼らの輝かしいキャリアの中で、最もおどろおどろしくしかし精巧極まるテクニカルデスメタルの完成でした。 その後の7年で “Colored Sands” の精密な狂気をトレースしたバンドは決して少なくありません。
MORBID ANGEL に触発されたバンド形成期のゴアなメタルよりもはるかに成熟していて、”An Ocean of Wisdom” といった知の扉を開くタイトルで奇想天外を尽くすトラックは、新たなラインナップ Lemay、ベーシスト Colin Marston、リードギタリスト Kevin Hufnagel、 ドラマーの John Longstreth という異能の百鬼夜行が奇跡的に噛み合った結果とも言えるのです。

47: IGORRR “SAVAGE SINUSOID” (2017)

Igorrr とは誇り高きフランスのコンポーザー/マルチプレイヤー Gautier Serre のソロプロジェクト。ブレイクコア、グリッチホップ、トリップホップ、バロック、クラシカル、ワールドミュージック、サイバーグラインド、デスメタル、ブラックメタルなど百花斉放、極彩色のインスピレーションを濃縮し、時代もジャンルも超越したそのサウンドスケープは即ち規格外のモンスターだと言えるかもしれませんね。
そして Gautier は、その至高の怪物を各ジャンルのスペシャリストを招集することで制御し、自らの意のままに操っているのです。”Savage Sinusoid” のアートワークに描かれた結合のスフィアは、まさにそのシンボルだった訳ですね。
ムーブメントとしての djent が終焉を迎えシーンに定着した中で、Igorrr の”Savage” と “Sinusoid” を融合させる時代も空間も超越したユーフォリアは EDM や hip-hop が席巻する現在の音楽シーンだからこそ、新たなトレンドとしてモダンメタルをさらに前進させる可能性を多分に孕んでいます。少なくともこのジャンルは未だに進化を続けているのですから。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

48: RUSSIAN CIRCLES “GUIDANCE” (2016)

シカゴの Instru-Metal トリオ、RUSSIAN CIRCLES がリリースしたオーガニックでエモーショナルな新作 “Guidance” は傑出していました。Post-Rock の持つダイナミズムを最も体現しているとも言われる3人は、この新しい作品において、静と動、陰と陽、単純化と複雑化を見事に使い分け、シーンにインストゥルメンタルミュージックの更なる可能性を提唱しています。
2014年の初来日公演、”Leave Them All Behind” がすでに伝説となっているように、ライブに定評のある彼ら。インタビューで Brian が語ってくれた通り、そのライブのエクスペリエンスを詰め込んだというレコードは、非常に生々しいサウンド、感情に満ちています。Chelsea Wolfe のボーカルさえフィーチャーして、整合性の高いコンセプチュアルなサウンドを提示していた前作 “Memorial” から、再度ボーカルを排除し、原点回帰とも言える進化を見せていますね。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

49: VEKTOR “TERMINAL REDUX” (2016)

スラッシュリバイバルのムーブメントで頭角を現し、SF的な世界観と Proggy なインテリジェンスで黄金世代にも匹敵する個性を作り上げた US の4人組 VEKTOR。
73分にも及ぶ大作SF映画のような “Terminal Redux” は、アグレッションとアトモスフィア、直情性と実験性の対比が見事で、リスナーにランニングタイムの長さを感じさせないフックに満ちた傑作に仕上がりました。
VOIVOD meets WATCHTOWER とでも例えたくなる “Charging The Void” はまさに VEKTOR を象徴するような楽曲です。キャッチーかつアグレッシブなリフワーク、ブラックメタルにも通じるようなトレモロとブラストビート、効果的に挿入されるテンポチェンジ。彼らが指標する “Sci-fi Prog-Thrash” のレシピを惜しげも無く披露していますね。近未来感を演出するドラマティックなコーラスも実に効果的です。
エピカル&ドラマティック。”Terminal Redux” は間違いなく以前の作品よりも大幅にドラマ性が増しています。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

50: THE HU “THE GEREG” (2019)

「僕たちの音楽を通して送る世界へのメッセージ。それは両親への感謝、生まれ育った地を愛する心、自然の保護、女性への愛と敬意、母国の歴史や祖先への愛などの重要性を思い起こさせることなんだよ。そうして最終的には、リスナーそれぞれの内なる力を目覚めさせ、未来を信じられるようにしたいんだ。」
モンゴルの大草原に示現したロックの蒼き狼は、遊牧民のプライドと自然に根差す深い愛情、そして西洋文明に挑む冒険心全てを併合する誇り高き現代のハーンです。
THE HU が提示する “Hunnu Rock” “匈奴ロック” の中で主役にも思えるホーミーは、もしかすると西洋文明に潜む欺瞞や差別を暴く “正直な” メッセージなのかも知れませんね。なぜなら彼らは、”誰も除くことなく世界中全ての人間に” 自らの音楽、モンゴルの魂を届けたいのですから。
デビューアルバムのタイトル “The Gereg” とは、モンゴル帝国のパスポートを意味しています。多くのモンゴル人にとって、ロマンチックに美化された騎馬の遊牧民や自由を謳歌するモンゴル帝国のヒーローは西洋のストーリーテラーによって描かれた征服者のフィクションなのかも知れません。
しかし、ステレオタイプなメタルファンを惹きつけるそのイメージを入り口に、THE HU は “The Gereg” をパスポートとして、モンゴル本来のスピリチュアルで愛と敬意に満ちた美しき文化、景色、音の葉を少しづつでも伝えていきたいと願っているのです。

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

51: PERTURBATOR “NEW MODEL” (2017)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

52: NEUROSIS “HONOR FOUND IN DECAY” (2012)

53: SUNN O))) “LIFE METAL” (2019)

54: SHINING “BLACK JAZZ” (2010)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

55: ANATHEMA “WEATHER SYSTEMS” (2012)

56: THE CONTORTIONIST “LANGUAGE” (2014)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

57: OBSCURA “DILUVIUM” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

58: ULVER “THE ASSASSINATION OF JULIUS CAESAR” (2017)

59: FROST* “FALLING SATELLITES” (2016)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

60: LITURGY “H.A.Q.Q.” (2019)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

61: ARCHITECTS “LOST FOREVER // LOST TOGETHER” (2014)

62: THE FACELESS “AUTOTHEISM” (2012)

63: SOEN “LOTUS” (2019)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

64: VEIL OF MAYA “ID” (2010)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

65: THANK YOU SCIENTIST “TERRAFORMER” (2019)

66: ALIEN WEAPONLY “TU” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

67: DAUGHTERS “YOU WON’T GET WHAT YOU WANT” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

68: VEIN “ERRORZONE” (2018)

69: KATATONIA “DEAD END KINGS” (2012)

70: PROTEST THE HERO “VOLITION” (2013)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

71: SWALLOW THE SUN “WHEN A SHADOW IS FORCED INTO THE LIGHT” (2019)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

72: BORN OF OSIRIS “THE DISCOVERY” (2011)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

73: WOLVES IN THE THRONE ROOM “CELESTIAL LINEAGE” (2011)

74: INTER ARMA “PARADISE GALLOWS” (2016)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

75: KVELERTAK “MEIR” (2013)

76: HORRENDOUS “IDOL” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

77: INTERVALS “A VOICE WITHIN” (2014)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

78: SUMAC “WHAT ONE BECOMES” (2016)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

79: ASTRONOID “AIR” (2016)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

80: MUTOID MAN “WAR MOANS” (2017)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

81: OATHBREAKER “RHEIA” (2016)

82: INTRONAUT “THE DIRECTION OF LAST THING” (2015)

83: CLOUDKICKER “BEACONS” (2010)

84: ORPHANED LAND “ALL IS ONE” (2013)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

85: RIVERSIDE “SHRINE OF NEW GENERATION SLAVES” (2013)

86: MOL “JORD” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

87: POLYPHIA “MUSE” (2014)

88: CAR BOMB “w^w^^w^w” (2012)

89: SKYHARBOR “BLINDING WHITE NOISE: ILLUSION & CHAOS” (2011)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

90: MYRKUR “M” (2015)

91: DESTINY POTATO “LUN” (2014)

92: BOTANIST “Ⅳ: FLORA” (2014)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

93: MYRATH “LEGACY” (2016)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

94: HEILUNG “LIFA” (2018)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

95: FULL OF HELL “TRUMPETING ECSTACY” (2017)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

96: DISPERSE “LIVING MIRRORS” (2013)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

97: UNEVEN STRUCTURE “FEBRUUS” (2011)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

98: KING GIZZARD & THE LIZARD WIZARD “POLYGONDWANALAND” (2017)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

99: EMPLOYED TO SERVE “ETERNAL FORWARD MOTION” (2019)

READ OUR REVIEW & INTERVIEW HERE!

100: TOOL “FEAR INOCULUM” (2019)

READ EVERYTHING ABOUT TOOL!

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MORON POLICE : A BOAT ON THE SEA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SONDRE SKOLLEVOLL OF MORON POLICE !!

“A Lot Of The Music From The Super Famicom Was Also Very Proggy! The Soundtrack Of Secret of Mana (Seiken Densetsu 2) Was Mindblowing When I First Heard It! Beautiful Melodies Mixed With Interesting Technical Parts, Weird Time-Signatures And Atmospheric Landscapes.”

DISC REVIEW “A BOAT ON THE SEA”

「ノルウェーにおけるプログの “魔法” って何なんだろうね。60年代後半からプログバンドはずっとここにあって、長い間人気を博して来たから、若い世代に刷り込まれているんじゃないかな。だから僕たちがここにいるんだよ!」
“プログレッシブ” の遺産と血脈を受け継ぐ綺羅星の中でも、2019年特に印象的なレコードを残した寵児がノルウェーを拠点とすることは偶然ではないのかも知れませんね。
電子の海で主流とプログを交差させた LEPROUS、エピックの中で多様とハーモニーを追求する MAGIC PIE、そしてプログレッシブポップの革命を牽引する MORON POLICE。共通するのは、プログレッシブ世界の外へと目を向ける野心でしょう。
「様々なジャンルを股にかけることも大好きだね。メタルの要素が減退したから、これまでより多様になれた部分はあるだろうね。ポップミュージックは完膚なきまで崇高になり得るし、ポップミュージックがテクニックと重ね合った時、僕にとって最高に魅力的なものとなるんだ!」
ノルウェーの異形 MAJOR PARKINSON にも籍を置くユーティリティープレイヤー Sondre Skollevoll は、これまで充分に探索が行われて来なかったポップと崇高、ポップとテクニックの融合領域へと MORON POLICE で海図なき船出を果たしました。ノアの箱船で GENESIS の息吹、プログレッシブの遺伝子を守りながら。
「アートワークは、僕たちは “この地球の一員” ってメンタリティーと、音楽のメランコリックな側面を反映しているんだ。」
メタリックな一面を切り離すことで音楽的自由を謳歌する “A Boat on the Sea” で、Sondre は以前に増して表現の自由をも享受し世界を覆う暗雲を薙ぎ払っていきます。
米国の小説家 Kurt Vonnegut がポストベトナム世界を風刺した、”Hocus Pocus” からタイトルを頂くメランコリックなピアノ語りを序曲とするアルバムは、”The Phantom Below” で無機質なデジタルワールドへの皮肉と憧憬を同時に織り込みます。
「大半のスーパーファミコンの音楽はとてもプログレッシブだよね!”聖剣伝説2 Secret of Mana” のサウンドトラックを初めて聴いた時はぶっ飛んだよ!美しいメロディーが、興味深いテクニカルなパート、奇妙な変拍子、アトモスフェリックなサウンドスケープとミックスされていたんだからね。」
最終的にSondre の目指す場所とは、幼き日に熱中したスーパーファミコンの、アナログとデジタルが交差する、目眩く色彩豊かな音楽世界なのかもしれませんね。
ノルウェーという小さな国のプログシーンが注目を集めるきっかけとなったストリーミングサービスの恩恵を認識しながらも、8bit のオールドスクールな情味と温もり、知性の頂きはバンドの原点であり精髄でしょう。狂気のスキルとイヤーキャンディー、それに北欧のメランコリーをミニマルなゲームサウンドと同期させる “Isn’t It Easy” はその象徴に違いありません。
“Beaware the Blue Skies” のレゲエサウンドで、平和大使の仮面の裏で米国の戦術ドローンを大量生産する母国ノルウェーの偽善を暴き、”The Dog Song” のカリビアンや “Captain Awkward” の奇妙なスキャットで自らの多様性を証明する MORON POLICE。それでも、一貫して燃え盛る灯台の炎となったのは煌びやかで心揺さぶるメロディーの光波でした。
「僕はね、強力なメロディーは、きっといつだって純粋なポップ世界の外側に居場所を得ると思っているんだ。そしてそんな音楽がより注目を集めつつあることが実に嬉しいんだよ。」
THE DEAR HUNTER を手がける Mike Watts の航海術も旅の助けになりました。そうして MORON POLICE はプログ世界の外洋へと船を漕ぎだします。
今回弊誌では、Sondre Skollevoll にインタビューを行うことが出来ました。「僕はゲーム音楽の大ファンなんだよ。特に任天堂のね。近藤浩治、植松伸夫、菊田裕樹、David Wise のような音楽家を聴いて育ったんだよ。僕はそういったゲーム音楽にとても影響を受けていると思うし、そのやり方を音楽に取り込んでいるんだ。」MARQUEE/AVALON から日本盤の発売も決定。どうぞ!!

MORON POLICE “A BOAT ON THE SEA” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MORON POLICE : A BOAT ON THE SEA】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD INCANTATION : HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ISAAC FAULK OF BLOOD INCANTATION !!

“I Believe That Questioning Mainstream Archaeology, Even If The End Goal Isn’t Proving The Existence Of Aliens, Is a Great First Step To Questioning Everything We Have Been Taught About Our Own Society.”

DISC REVIEW “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE”

「僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。」
宇宙、異次元、エイリアンをビッグテーマに “アストラルデスメタル” の称号を得る BLOOD INCANTATION は、しかし自らの存在や哲学を “サイエンスフィクション” の世界に留め置くことはありません。SF を隠喩や象徴として扱う “デス・スター” 真の目的は、現実世界のリスナーに森羅万象あらゆる “常識” に対して疑問を抱かせることでした。
「主流の考古学に疑問を呈することは、例え最終的にエイリアンの存在を証明出来なかったとしても、僕たち自身の社会について教えられてきた全てに疑問を投げかける素晴らしい第一歩だと思うんだよ。」
BLOOD INCANTATION の叡智を司るドラマー Isaac にとって、ギョペグリ・テペやギザのピラミッド、ナスカの地上絵が宇宙人の創造物であろうがなかろうが、究極的にはどちらでも構わないのかも知れませんね。なぜなら、彼の最終目標は宇宙よりも未知である人の心、暗く危険な内部空間の探索にあるからです。
Isaac は現在の人間社会、政治システムを完全なる実験の失敗だと捉えています。故に、この文明社会こそ人類の最高到達点で良好な進歩を遂げているという固有概念に疑問符をもたらすため、寓話的に SF を使用しているにすぎないのです。
「僕たちの新しいレコードは、人類という種が記憶を失っていて、その過去はまだ明らかにされていないという概念に焦点を当てているんだ。」
“Hidden History of the Human Race” で描くのは忘却の彼方に追いやられた人類の隠された歴史。大胆不敵な宇宙旅行者が作成する、失われた古代の歩みを取り戻すアストラルレコードの使命は、そうしてデスメタルとプログレッシブのロマンを取り戻す旅ともリンクしていきます。
「僕はね、”プログレッシブデスメタル” ってタグはあまり気に入っていないんだよ。だってそこに分類されるバンドの大半が、僕がプログレッシブロックがもともと志していたと考える音楽をプレイしていないんだからね。」
プログレッシブの名を冠しながら、モダンなテクニックの博覧会を志向する昨今のバンドとは一線を画す BLOOD INCANTATION のロマンチシズム。それは YES, PINK FLOYD, RUSH, KING CRIMSON といった神代の巨人への憧憬を根源としています。
“Echoes”, “Close to the Edge”, “The Gates of Delirium” といったプログエピックを指標した18分の異次元探索 “Awakening from the Dream of Existence to the Multidimensional Nature of our Reality (Mirror of the Soul)” を聴けば、そこに古の技術やイデアを元にした音のペイガニズムが存在することに気がつくはずです。
同時に、テクニカルデスメタル、ブルータルデスメタル、デスコア等の台頭により次元の狭間に埋もれた “OSDM” オールドスクールデスメタルの “レコンキスタ” を司る十字軍の役割も忘れるわけにはいきません。
HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を従え津波となった OSDM リバイバルの中でも、BLOOD INCANTATION の映し出す混沌と荘厳のコントラスト、プログの知性やドゥームの神秘まで内包する多様性は傑出しています。その理由は、GORGUTS を筆頭に、DEATH, CYNIC, DEMILICH といったデスメタルに異世界を持ち込んだ異形の “血の呪文” を受け継いでいるからに相違ありません。
逆説的に言えば、ブラックメタルやドゥームメタルほど神秘や謎、アトモスフィアを宿していないデスメタルの領域でその世界の “DEAFHEAVEN” を演じる事は簡単ではないはずです。しかし、”Inner Paths (to Outer Space)” に内包された爆発的なエネルギー、リフノイズの海に鳴り響く美麗邪悪なアコースティックギター、複雑怪奇なフレットレスベースの胎動、アナログアンビエントな音の葉を浴びれば、彼らの野心が文字通りコズミックに拡大を続ける宇宙であることに気づくでしょう。
今回弊誌では、Isaac Faulk にインタビューを行うことが出来ました。「プログレッシブロックとは、様々なジャンルを過去のスタイルから生まれ出るテクニックと融合させ、異なる方向へと導くような音楽だよ。」 音楽にしても、時に “メインストリーム” に疑念を抱くことはきっと必要でしょう。どうぞ!!

BLOOD INCANTATION “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD INCANTATION : HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE】

COVER STORY + NEW DISC REVIEW 【HEILUNG : FUTHA】


COVER STORY : HEILUNG “FUTHA”

“We’re Trying To Place Ourselves In The Minds Of People From 2,000 Years Ago, 3,000 Years Ago, 4,000 Years Ago. What Are The Sounds The People Heard? Of Course, It’s The Nature Sounds. There’s An Ever-changing Use Of Instruments And Sounds That We Collect In Nature.”

HOW HEILUNG DESCRIBES “THE DOWNFALL OF THE KNOWN WORLD” AND SURVIVAL WITH PAGANISM

「過去と繋がるためには、現在と断絶する必要がある。」とChristopher Juul は語ります。この言葉は発言主であるデンマークのプロデューサーがドイツの Kai Uwe Faust、ノルウェーの Maria Franz、2人の歌い手を誘うヒプノティックなプロジェクト HEILUNG のマニフェストとなっています。
アンプから歴史を紡ぐ HEILUNG。青銅器の芽生えからヴァイキングの荒波まで、北欧の野生と原始を呼び起こすグループの使命は、鹿と水牛の角、動物の皮、人骨、剣、世界最古の片面太鼓フレームドラム等の古代遺物とルーンストーンやアミュレットから再文脈化された陰鬱なリリックを融合させることとなりました。
Christopher が充すパーカッシブな海洋の中で、チベットの聲明を醸し出す Faust とノルウェーの伝統を紡ぐ Maria はせめぎ合い、闇と生命の複雑なバランスを構築します。

「みんなの感情にほんの少し火花を散らしたいんだ。自然に囲まれ、自身の牛を屠殺し、ドラムを作り、つまり地球からの恵みで生きるためにね。」 Faust にとって悲しみを生むだけの “現代文明” と積極的に繋がることは決して重要ではないのです。つまり、ドイツ語で “癒し” を意味する HEILUNG とは、そのドローンと詠唱を背景とした祭祀的なコンサートはもちろんですが、何よりも階級、宗教、政治など現代生活の障壁から距離を置き解き放たれること、トライバルな精神への接近をこそ象徴しているのです。

「幼い頃、私は自分が世界で一番醜いと信じていたの。」その考えが長い間自身を訶み、破壊していたと Maria は打ち明けます。
「周りの人たちと繋がることが出来るなんて思いもしなかったわ。だけど11歳の時、全てが変わったの。故郷でヴァイキングの再現に目覚めたのよ。ドラムを演奏し、弓矢を放ち、当時の服装を再現し着用してコミュニティーとスピリチュアリズムの深い意味に気づく。友人を作り、10歳も歳上の人たちと焚き火を囲んで人生を語らう。10代の若者から、物語や知恵を共有できる祖父母までね。美しい場所で成長し、私はそこに救われたの。だから、私たちが HEILUNG を結成した時は、パズル全てのピースが集まったようだったの。」
かつてヴァイキング、ユングリング家が拠点としたノルウェー海沿いの街ボッレで育ったことも彼女の感性を羽ばたかせました。
「私と妹は、幼い頃から国立公園を遊び場として使っていたの。王と女王が埋葬されている墓の塚を滑り降りていたわ。歴史の風があの公園を吹き抜けているから、そこを歩いて前時代の何かを感じないなんて不可能なのよ。」
HEILUNG 究極の目的は、人々の心の状態を変えることだと Maria は語ります。
「年をとると、ありがとうの言葉の必要性を感じ始めたわ。私は自分の小さな儀式を作っているの。それは宗教や社会を知る遥か以前から知っていたものよ。」

Faust の人生はヴァイキング文化によってより劇的に救われました。厳格なキリスト教徒の両親は彼にテレビを禁止し、文学の探求を推奨していました。そして古代の謎や墓などが記された “The Last Secrets of Our Planet”、祖父が所持していたギリシャ神話は確かに幼い彼を魅了していたのです。ただし、10代に差し掛かると組織化された宗教に反発し問題を起こします。
「両親との支配的な生活の中で、キリスト教に嫌気が差したんだ。学校でも暴力やトラブルが付き物だったね。物を壊したり、人を殴ったりしていたんだ。それで知能テストを受けさせられたんだけど、僕は非常に賢いが学校には馴染めない子供だと判明したんだよ。それでサタニズムに傾倒したんだ。ちょっと早熟だったかもね。14歳で逆さ十字のタトゥーを刻んでいたんだから。」
Faust に再び光が射したのは、シャーマニズムとヴァイキング文化に出会った17の時でした。酷い皮膚病にも悩まされていた彼は “シャーマニックワーカー” に招かれて癒しとトランスの旅を経験し、眼前に黄金の門が開くのを感じます。
「21日間毎朝、朝露を患部に塗りなさいって。当時僕は全身黒ずくめのサタニストだよ。全然信じてなかったけどとりあえず16日か18日かだけやってみたんだ。そうしたらすっかり治ってしまったんだ。10年間悩まされ続けた痒みや痛みが全てなくなったんだ。キリストを信じようが悪魔を信じようが、目の前で “癒し” を目撃したんだから。以来、信仰に悩まされることはなくなったね。おかげで両親に謝罪して和解したんだ。それ以来創造性は爆発を続けているよ。」

ただし Faust の反抗はまだ終わりではありませんでした。次なる闘争はキャリアや家族といった従来の社会システムへと向けられたのです。キャンプファイヤー、ヒーリングワークショップ、数々の旅を経てシャーマンへと近づいた彼は “愚か” だと自嘲する行動を起こしました。
「失業率の高い中、コンクリート工場の仕事を辞めたんだ。ちょうど工場長へと昇進した時、僕はここを去らなければならないと言ったんだ。何百万のドイツ人が夢見る暮らしを捨てたんだよ。誰も僕の決断を理解出来なかったね。人生を台無しにしてるって。」
仕事を辞しアートや歴史を学ぶことを意識していた Faust ですが、奇しくも黄金の門はタトゥーの世界へと開かれました。”見て盗め” タイプの女師匠と出会った彼は子供の頃からの夢であった創作の世界に没頭し、数年後、デンマークに移住した Faust はヴァイキングのスタイルに敬意を表しながら北欧のタトゥーシーンに定着し、2013年には “ノルディックタトゥー” をテーマとした書籍を出版するまでに至ったのです。

チベットの聲明を身につけたことも人生を大きく変えました。
「SLAYER や SEPULTURA も聴いていたけど、あれはメタルよりダークだよ。チベットの歌い手たちは、どんなメタルシンガーよりも深い。まさに探し求めていたサウンドだった。」
タトゥーへの情熱は遂に音楽への目覚めと交差します。戦士、古代のシンボル、鹿をフィーチャーした華やかなネオノルディックの印。Faust のアートは Christopher の目に留まり、2人はスタジオで一気に HEILUNG の原型を創造しました。ただし、あまりに狂気じみていたため、よりメロディックでエセリアルなイメージを求めて Christopher のガールフレンド、元バンドメイト Maria を呼び寄せることになったのです。そうして3人のミュージシャンは、奇しくもヴァイキングの文化によって集うこととなりました。

「癒しとは、人々に内なる自己と再接続するための枠組みや空間を与えること。言い換えれば、私たちは安定したビートを長時間浴びる時に起こる魔法、トランス状態で我を忘れる経験を提供したいのよ。」
HEILUNG のマニフェストである “増幅される歴史” とは、考古学用語 “Living History” 生きた歴史の体感と繋がっています。Maria の言葉通りライブという儀式の共同体験と、アルバムのよりプライベートなリスニング体験の両方を掛け合わすことでその癒し効果は深遠さを増します。
「自然から得たサウンドや楽器はいつも変わり続けるんだよ。」骨や剣といった古代の遺物や自然を音楽に取り込む型破りな HEILUNG のやり方も偶然という魔法をその音の葉に宿す、モダンミュージック革命だと言えるのかもしれませんね。
「森を走り回って滝の音、悠久の年月が築き上げた岩清水、それに降雪の音までレコーディングしたんだ。これは本当に難しいかったね。」
HEILUNG において自分は生産者はでシェフは Christopher だと Faust は続けます。
「僕はあるがままのサウンドを収集する、言ってみれば音の農家なんだよ。自然のサウンドという新鮮な果物や野菜を Christopher に提供して、彼がコンピューターやソフトウェアで料理の腕を振るう。するとまるで古いノルウェーの教会で演奏しているようなサウンドが広がるんだ。彼には教会や洞穴の引き出しが沢山あってね。どうやっているのかは分からないんだけど。」

自然の息吹はすなわち太古のサウンドで、彼らの使命はそれを現代に蘇らせること。”Othan” こそ古代のトランス。
「2000年、3000年、4000年前の人の心の中に自分を住まわそうとしているんだ。当時彼らが聞いていたのはどんな音だろう?もちろん、風や滝といった自然の音だよね。それにお酒を飲んでリズムに合わせて歌って踊っていたんだろうね。だから僕たちは、そのリズムを当時のまま骨や頭蓋骨、武器なんかで刻むんだ。スタジオの前に巣を作っているカモメの鳴き声までね。Christopher はそれをクレージーなまでに歪めてサイケデリックに仕上げるんだよ。」
信仰や社会のシステムから解き放たれた Faust にとって、当然音楽はいかなる制約も受けるものではありません。
「僕たちはサッカーを “プレイ” するように音楽を “プレイ” はしない。むしろ遊ぶという “プレイ” に近いだろうな。全く新しい要素を繋ぎ、全く新しい方法で進み、不可能なことを実現する。完全なる自由なんだよ。」
骨をマイクや打楽器にするのも Faust 流 “遊び” の一環です。
「骨や頭蓋骨のコレクターなんだよ。大学が研究のために所持していたものを買い受けたりしてね。”Krigsgaldr” はまさにそんな骨を使用したんだ。」

男性と女性が存在する自由も HEILUNG の強みでしょう。さらに、”Ofnir” が男性的に振れたアルバムだとすれば、振り子の針は”Futha” で女性側へと振れました。事実 ‘Svanrand”, “Norupo” といった不気味な聖歌、神々のため息において女声の存在感は確実に増していますし、歌詞にしても 1000年前の女性が暗唱したアイスランドのマジカルな呪文がもとになっているのですから。
「自然な流れだと思う。自然界ではバランスが重要なんだ。プラスとマイナス、昼と夜、黒と白。全ては両極の間を浮遊しているのだから。」
オープナー、”Galgaldr” はアルバムのテーマである “既知の世界の崩壊” とそこから生まれる “避け難き再生” を象徴する楽曲です。同時にそのテーマは、”Futha” のレコーディング中 Christopher と Maria が区画整理によって愛する家を手放さざるを得なくなった事象とリンクしています。
「Maria は庭で過ごし草花を育てることを愛していた。重機や業者は彼女の目の前でその庭を引き裂いたんだ。彼女は涙を流していたよ。だから彼女に大丈夫、今は恐ろしいけど全てを見ておくんだ。いつか全てが解決する日が来ると伝えたんだ。」
実は異教の司祭の息子で、幼い頃から儀式を幾度も取り扱ってきた Christopher が語るストーリーはおとぎ話ではなく現実ですが、それでも彼らはいつかより素敵な家を見つけ新たな幸せを噛みしめるはずです。それこそが再生の精神だと彼らは感じています。暗闇から現れる黄金の門。慣れ親しんだ価値観の破壊から生まれ来る真なる癒しと自由。人生という3人の旅路は、まさにアルバムの意思と見事にシンクロしているのです。

2020年代を前にして、メタル世界は自然崇拝や地霊信仰といったペイガニズムの波を全身に浴びています。Anna Von Hausswolff, Myrkur, Chelsea Wolfe など女性がムーブメントを後押ししているのは確かでしょう。そして HEILUNG はその最前線に位置しています。
「人間は自然と繋がることで、肉体的、精神的オーガニズムを感じるんだ。生命は全てが一つ。人間だけじゃなく、植物や海だって養ったり捕食したりしながら僕たちと関係しているんだから。」
しかしなぜ、エクストリームミュージックの住人は特段異教の世界に惹かれるのでしょうか? Christopher はその理由を理解しています。
「ルーン文字やペンタグラム、オカルトのシンボルは若者が大半を占めるエクストリームメタルの文化において重要な背徳感を備えているからね。」

ただし、もちろんそれだけではありません。過去にロマンチシズムを求めるメタル世界の住人だからこそ、古の息吹ペイガニズムの再発見へと繋がったのではないでしょうか。
「祖先になじみ深い知識や力への道は、現代世界の多くの人々にとって隠されているようなものだ。支配的な一神教信仰によって抑制されたか、産業革命以来単に忘れられたか、農村から都市環境への移動が原因かは分からないけどね。オカルトのシンボルはこの古代の力を指し示し、繋がるためのヒントなんだよ。だから、それが音楽によって生み出される感情的に満たされた空間内に反映されると、実に刺激的なんだ。」
今では “Game of Thrones” や “Vikings” のサウンドトラックにまで使用され、メタル世界最大の現象となった HEILUNG。「 僕たちの大きな夢は、オペラハウスや古代の円形劇場、自然環境で演奏すること。ゆっくりと実現に近づいているよ。もちろん、様々なリスナーが混在するフェスも楽しいよ。だけど、古代の音楽だから自然環境やオペラハウスこそが相応しいんだ。」

参考文献: HOW DENMARK’S HEILUNG ARE CREATING “AMPLIFIED HISTORY” WITH HUMAN BONES, THROAT SINGING: REVOLVER MAG

Heilung: The force of nature that’s leaving metalheads spellbound: METAL HAMMER

Folk-Metal Group Heilung Talks Second Album ‘Futha,’ Soundtracking Primetime TV and Finding a New Female Energy: Billboard

HOW PAGANISM IS INFLUENCING A NEW BREED OF HEAVY ARTIST: Kerrang!

HEILUNG Facebook Page
HEALING SEASON OF MIST

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!