タグ別アーカイブ: metalcore

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【LEE MCKINNEY (BORN OF OSIRIS) : INFINITE MIND】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LEE MCKINNEY FROM BORN OF OSIRIS !!

“I Love Metal Just Like The Rest Of Us, But It’s SUCH a Shame When I See “Metal Heads” Talk Shit On Things That Aren’t Metal Or a Band Changing Their Sound. How Sad Of a World It Must Be To Only Love ONE Style Of Music.

DISC REVIEW “INFINITE MIND”

「全てはシカゴの小さなシーンから始まったんだ。僕たちは本当に才能とインスピレーションに溢れたミュージシャン、グループに囲まれていただけなんだよ。僕は MESHUGGAH さえ聴いていなかったんだから。僕が聴いていたのは友人の VEIL OF MAYA と AFTER THE BURIAL だったんだ。」
例えば VEIL OF MAYA の “The Common Man’s Collapse” が、例えば AFTER THE BURIAL の “Rareform” が、そして例えば BORN OF OSIRIS の “The New Reign” が、後のプログレッシブデスコア/メタルコア、Djent シーンに与えた影響は計り知れないものがあります。
シカゴ周辺に兆したプログレッシブでポリリズミックなグルーヴの胎動。中でも、オリエンタルなテーマと荘厳なシンセサウンドを背景に紡がれる BORN OF OSIRIS のドラマティックな宇宙観は、新時代の神秘と野心に満ちていました。
BORN OF OSIRIS のギタリスト Lee McKinney は、一時期バンドに参加していた Jason Richardson や Tosin Abasi ほどの英名や声価を得ている訳ではないのかも知れません。しかし遂に完成を見たソロデビュー作 “Infinite Mind” で、Lee に備わった多彩なエモーショナルジャーニー、シュレッドロマンが証明されるはずです。
実際、メインストリームのロックフィールドへと接近した IN MOTIVE の結成を皮切りに、Lee はここ数年 “クリエイティブモード” の最中にあります。BORN OF OSIRIS では、初期の鼓動と傑作 “The Discovery” 以降培った多様性を周到にミックスした最新作 “The Simulation” を1月にリリースし、さらにその仮想現実へと警鐘を鳴らすビッグテーマを引継いだ作品が今年中に完成予定。そして3月にはソロレコード “Infinite Mind” が到着。
実は、Lee のその旺盛な創作意欲は以前のハードなツアー生活がもたらした “不安感” に対処するある種のセラピーで、薬物中毒から抜け出す平穏への道こそ “Infinite Mind” のテーマとなりました。
「僕はあらゆるジャンルを取り入れたいのさ。なぜかって? 僕はジャンルの意味さえ見出せないんだよ。ジャンルの役割って、リスナーが中にとどまるための箱を提供することだけだと思うからね。」
BORN OF OSIRIS で否が応にも期待されるメタルコア/デスコアサウンドは、Lee のカラフルな音の絵の具の一色にしか過ぎません。オープナー “Clock Without A Craftsmen” を聴けば、Lee のシグニチャーサウンドであるシンメトリーな旋律に悠久のサクスフォンが溶け合って、有機と無機の絶妙なバランスを描き出していることに気づくでしょう。
実際、サクスフォンが醸し出す官能の音色は、”Rising Tide” や “A Neverending Explosion” においてもアンビエントなサウンドスケープを創出し、メカニカルメタリックなパレットの中でダイナミズムのダンスを踊ります。
ジャズやアンビエントの絵の具以外にも、”The Sun and The Wind” ではトレンドでもある Fu-djent のイメージを追求し難解なリズムをキャッチーに因数分解し、”Astrolabe” ではエスニックでクラシカルな描写が情緒の陰影をより色濃く時の回廊へと刻みます。
「一つの音楽スタイルしか愛せない世界なんて間違いなく悲しいじゃないか!」
Lee の率直な叫びは平穏を実現するアルバムクローサー “Infinite Mind” “制限のない心” へと収束して行きます。カントリーをも想起させるオールドスタイルのリックを芽生えとして、近未来感溢れるシンセサイザーとギターの狂想曲へと展開する楽曲で Lee が提示したのは、ジャンルも時間も超越したまさに無限の可能性でした。
今回弊誌では、Lee Mckinney にインタビューを行うことが出来ました。「”メタルヘッズ” を自称する野郎が、これはメタルじゃないとか、メタルじゃなくなったなんてクソみたいな批判をしているのを見ると、本当に残念すぎるって感じるね。」どうぞ!!

LEE MCKINNEY “INFINITE MIND” : 9.9/10

INTERVIEW WITH LEE MCKINNEY

Q1: First of all, I’m sorry to hear your equipment had been robbed. I’m just glad no one was harmed, but the intruders did leave a knife behind, it was so scary situation, right?

【LEE】: It was 100% an eye opening situation. The scariest part is that who knows what could have happened if my wife was home. I lost a lot of equipment. In the end it’s important to realize nobody got hurt and material things can be replaced.

Q1: 自宅で機材が盗難にあったそうですね?お怪我がなくて何よりでしたが、犯人はナイフを置き忘れて去ったそうで恐ろしい状況でしたね…

【LEE】: 完全に目を丸くするような状況だったね。もし妻が家にいたらと思うと本当にゾッとするよ。多くの機材を失ったよ。
だけど最終的に、誰も傷つかなかったことが重要だとわかったよ。そういった機材は換えが効くからね。

Q2: Your partner, Kiesel Guitars seemed to be very supportive at that time. Actually, as your new headless 7-strings series shows, they have been around for 70 years but the instruments they now produce are far from retro, I feel. What do you like about the guitar brand?

【LEE】: Kiesel often says “come join the family.” That’s not a punch line or a quote, it’s how they operate. Jeff Kiesel and his family are my family and he immediately had my back after the robbery to help me get serial numbers, see if I needed any immediate replacements, etc. Aside from being a one of a kind human, he is at the top of the game when it comes to making guitars. His DRIVE is fascinating. He has an incredible product, but every day he walks in to work and tries to think of ways to improve it. While other companies that are successful operate on an “if it’s not broke don’t fix it mindset,” he is making his product better every year. I think that says a lot. You can see companies now starting to steal his ideas left and right.

Q2: その機材の盗難に際して、あなたが提携している Kiesel ギターから非常に献身的なサポートがあったそうですね?
あなたの新しいシグニチャーモデルは7弦のヘッドレスですし、70年の歴史を持ちながら実に先進的なブランドだと感じます。

【LEE】: Kiesel はよく “家族になろう” と言うんだ。これは決してパンチラインとか引用じゃなくて、それが彼らの姿勢なんだよ。Jeff Kiesel と彼の家族は僕の家族だと言えるし、実際彼は盗難にあった後、すぐにそのギターのシリアルナンバーを確認したり、代替の機材を用意しようとして僕を守ってくれたんだよ。
もちろん彼は、とにかく親切な人物と言うだけじゃなく、ギター制作においてトップの一人だよ。彼のドライブは魅力的だ。驚異的な製品を持っているのに、毎日仕事に励み改良する方法を考え続けているね。
他のギター会社が “壊れていないならそのままでいい” という心持ちでいる中、彼は毎年毎年製品を改良しているんだよ。他の会社が四方八方で彼のアイデアを盗み始めているのも分かるよね。

Q3: Born of Osiris released “The Simulation” in January. And here is your solo record “Infinite Mind”, and it seems Born of Osiris will release another record in this year, right? What inspired you to be into such a “Creative mode”?

【LEE】: I’ve been in this mode for a few years now. I basically work in my studio 9am-5pm 5 days a week. I treat it like a job and something I need to hold myself accountable to. That being said, writing music is my favorite part of playing guitar or being in a band. If I didn’t love it and treated it like a job then that intense studio schedule wouldn’t be beneficial. Since I love it, I’ve not only done what you listed but also have been writing for my rock band IN MOTIVE as well as doing music for Ash Avildsen’s shows and movies.

Q3: BORN OF OSIRIS は1月に “The Simulation” をリリースしたばかりですが、あなたのソロアルバム “Infinite Mind” も届きました。さらに BORN OF OSIRIS は今年もう一枚新譜をリリースするそうですね?
間違いなくあなたは “クリエイティブモード” に入っていますね?

【LEE】: 僕は数年前からこの “クリエイティブモード” に入っているんだ。僕は基本的に自分のスタジオで週に5日、9時から5時まで仕事をしているんだ。つまり創作を仕事のように扱って責任を持たせているんだよ。
とは言え、創作はギターを弾いたり、バンドをやる中で大好きな部分なんだ。だから創作が嫌いで仕事のように扱ったとしたら、こんな張り詰めたスケジュールでは有益な成果は出ないだろうね。
創作を愛しているからこそ、君が挙げた作品以外にも僕のロックバンド IN MOTIVE, それに Ash Avildsen のショウや映画音楽までやれるんだよ。

Q4: When I listen to “Infinite Mind”, I feel it’s more free, more diverse compared with Born of Osiris record. I mean, jazz, ambient and even country like lick are there. Do you think you can “experiment” and find a lot of “space” to breath in your solo project?

【LEE】: Absolutely. With Born of Osiris you have these expectations of the bands sound being rooted in heavy metal. With this, there were no expectations. Being the only person responsible for creating it means you can ultimately do what you want and the only one that can prosper or suffer is you in that sense. I decided it was going to be honest. Everything I ever make in my solo career is going to be all over the place. I want to incorporate all genres. Why not? I don’t even see the point of genres. I think all they do is provide boxes for people to stay inside of.

Q4: “Infinite Mind” は、BORN OF OSIRIS の音楽に比べてより自由で多様な作品だと感じました。ジャズやアンビエント、クラッシック、それにカントリー的なリックまで登場しますね。
言い換えれば、ソロプロジェクトでは BORN OF OSIRIS よりも多くの “スペース” を活用出来ているようにも思えます。

【LEE】: 間違いないね。BORN OF OSIRIS では、メタルをルーツとしたサウンドを期待されるよね。一方でソロプロジェクトでは、そういった先入観が全くないんだよ。
創作の責任を負うのが僕一人であるということは、僕がやりたいことを究極に追求出来るということ。同時に、成功も苦しみも味わうのは自分だけなんだ。だから正直な作品を作ろうと決めたんだ。
ソロキャリアの中で僕が今までに作った全ては、実に拡散しているよ。つまり僕はあらゆるジャンルを取り入れたいのさ。なぜかって? 僕はジャンルの意味さえ見出せないんだよ。ジャンルの役割って、リスナーが中にとどまるための箱を提供することだけだと思うからね。

Q5: Touring life is very hard both physically and mentally. How to cope with that “anxiety” seemed to be big theme of “Infinite Mind”. Do you think making this record is kind of “therapy” for you?

【LEE】: Writing music is 100% therapy. I was prescribed and addicted to Xanax for the longest time for anxiety. It just turned my brain off. Maybe I wanted it at the time but in hindsight it’s horrifying. I’ve learned to use anxiety as a pawn in MY game instead of some imaginary opponents game. My brain is constantly going and thinking of every possibility here and there and while that can be stressful in day to day life, it’s a beautiful thing in the studio. I wouldn’t change a thing at this point. Realizing anxiety in evolutionary terms is your body’s “fight of flight” response and seeing that it’s a positive evolutionary trait made me come to terms with it. Then bringing it on my team and embracing it in the studio finally helped put it to rest for me. I live with it now and I’m OK with feeling it.

Q5: 精神的にも、肉体的にもハードなツアー生活によって生まれた “不安感”。それこそが “Infinite Mind” のビッグテーマのようですね?この作品の制作が、ある意味セラピーにもなったのではないですか?

【LEE】: 音楽を書くことは100%セラピーだよ。僕は不安感に苛まれて Xanax (抗不安剤) を処方され、長い間中毒になっていたんだよ。あの薬は僕の脳をオフ状態にするだけなんだけどね。当時は薬を渇望していたけど、今となっては恐ろしいことだよね。
僕はね、不安感を架空の対戦相手としてではなく、自分のポーン (歩兵) として上手く使うことを学んだんだよ。僕の頭脳は絶えず行き来していて、あちこちであらゆる可能性を考えているよ。(Infinite Mind) そしてそれは日々の生活においてはストレスになるかもしれないけど、スタジオでは素晴らしいことなんだ。だから現時点では変わらないことにしたんだよ。
つまりね、不安感という言葉を進化させて、体の闘争/逃走反応 (ストレスのかかる事態に対処するための自律神経系の働き) と受け止めたんだ。ポジティブな意味で捉えることで、不安感に慣れることが出来たんだ。そうしてついに休息を感じることが出来た。
僕は今不安感と一緒に暮らしていて、でももうそれを感じても大丈夫なんだ。

Q6: Instrumental guitar record is kind of “dream” for all guitar players. So, is there any Instrumental guitar record you referred to, when you making “Infinite Mind”?

【LEE】: Growing up it was Eric Johnson’s ‘Ah Via Musicom,’ Satriani’s ‘Surfing With the Alien,’ Vai’s ‘Passion and Warfare,’ and basically anything from Ozzy Osbourne’s catalogue. Randy Rhodes was everything to me. Those records showed me that I NEEDED to play guitar and that eventually I’d have my own album. These days I’ve been enjoying a lot of my friends albums. Aaron Marshall (Intervals), Plini, David Maxim Micic, Sithu Aye, Animals as Leaders, Javier (Mestis), etc. I’m absolutely surrounded with talented friends and acquaintances in the music industry. It’s so inspiring. Now I should say – I didn’t REFER to their records when making mine, but I’m sure all of the above guitar players and albums helped shape my mind and playing into what it is today.

Q6: ギタリストにとって、インストゥルメンタルのソロレコードは夢の一つだと思います。”Infinite Mind” を制作するにあたり、目標としたインストゥルメンタルの作品はありましたか?

【LEE】: 僕は Eric Johnson の “Ah Via Musicom”、Joe Satriani の “Surfing With the Alien”、Steve Vai の “Passion and Warfare” なんかを聴いて育ったんだ。それに Ozzy Osbourne のカタログなら何でもね。Randy Rhodes は僕の全てだったんだ。そしてそういったレコードたちが僕にギターをプレイしろと働きかけ、遂には自分のソロアルバムを制作することが出来たんだ。
最近は主に友人たちのアルバムを楽しんでいるよ。INTERVALS, PLINI, David Maxim Micic, Sithu Aye, ANIMALS AS LEADERS, MESTIS なんかをね。本当に僕は才能のある友人や知り合いに囲まれていると思うよ。とてもインスパイアされるね。
ただ一つ言って置きたいのは、誰かの作品を参考にして “Infinite Mind” を制作した訳じゃないんだ。とはいえ、先程挙げたギタリストとアルバムたちが今日の僕を作り上げたのは確かなんだけどね。

Q7: In 2017, Born of Osiris re-recorded debut EP “The New Reign”. Definitely, it becomes standard for progressive metal/deathcore and djent thing. I mean, lot’s of flesh bands doesn’t exist without that record. Looking back now, how did you open the door to new era of metal at that time?

【LEE】: I think it was just being stuck in our own little bubble in Chicago. We were playing shows with After the Burial and Veil of Maya before Sumerian Records had even found out about any of us. Like I said in that last question, we were just surrounded with talent and inspiring musicians and groups. I wasn’t listening to Meshuggah. I was listening to my friends in Veil of Maya and After the Burial. We were all feeding off of each other. As a matter of fact, Marc Okubo (VoM) showed me Meshuggah in my late teens and was blown away when he found out we had never heard of them. I’m sure glad he showed me though!

Q7: 2017年に BORN OF OSIRIS はデビュー EP “The New Reign” を再録しましたね。間違いなくプログデスコア/Djent の雛形となった作品ですし、あのレコードがなければ存在していないバンドもいるはずです。
メタルにとって新たな時代はどのようにもたらされたのか、振り返っていただけますか?

【LEE】: 何というか、シカゴの小さなシーンで生み出されたと言えるかも知れないね。Sumerian Records がまだ僕たちの誰をも見つけていないうちから、AFTER THE BURIAL, VEIL OF MAYA とショウを行なっていたんだから。つまりさっきの質問でも言ったけど、僕たちは本当に才能とインスピレーションに溢れたミュージシャン、グループに囲まれていただけなんだ。
僕は MESHUGGAH さえ聴いていなかったんだよ。僕が聴いていたのは友人の VEIL OF MAYA と AFTER THE BURIAL だったんだ。つまりお互いを情報源として活用していた訳さ。
実際、VEIL OF MAYA の Marc Okubo が僕の10代後半に MESHUGGAH を聴かせてくれたんだけど、彼は僕たちがあのバンドを聴いたことがなかったことにとても驚いていたよ。僕は教えてくれて嬉しかったけどね!

Q8: Regarding metalcore/djent scene, I think kind of a “Rule” like riffage, growl, and breakdown have born in this ten years. And bands like Bring Me The Horizon breaks that rule and becomes more eclectic or more catchy. Of course, there are pros and cons to their way. What’s your perspective about the metalcore manner?

【LEE】: I think BMTH is doing what they WANT to do and in turn that’s something they NEED to do. I actually never listened to them as a metalcore band. I know their last three records and I dig them all and I like their differences. As someone who clearly listens to and supports all genres, I think it’s cool what they’re doing. I love metal just like the rest of us, but It’s SUCH a shame when I see “metal heads” talk shit on things that aren’t metal or a band changing their sound. How sad of a world it must be to only love ONE style of music.

Q8: ここ10年で、メタルコア/Djent シーンには、リフ、グロウル、ブレイクダウンなどある種のルールが確立されたように感じます。
BRING ME THE HORIZON のようなバンドは、そういったルールを破壊して、よりエクレクティックでキャッチーな方向性を打ち出していますね?

【LEE】: BRING ME THE HORIZON は彼らがやりたいことをやっていて、裏を返せば彼らがそうする必要があったということだろうね。実際、僕は彼らをメタルコアバンドとして聴いたことは一度もないんだよ。彼らの最近の3枚は知っているし、全て気に入っていてそれぞれの違いも面白いと思っているんだ。
様々なジャンルを聴いてサポートしてくれる人がいれば、僕はクールだと思うよ。僕だって他のメンバーと同じくらいメタルを愛しているんだ。だけどね、”メタルヘッズ” を自称する野郎が、これはメタルじゃないとか、メタルじゃなくなったなんてクソみたいな批判をしているのを見ると、本当に残念すぎるって感じるね。一つの音楽スタイルしか愛せない世界なんて間違いなく悲しいじゃないか!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED LEE’S LIFE

KARNIVOOL “SOUND AWAKE” (Favorite album of all time)

NECROPHAGIST “EPITAPH”

SIKTH “DEATH OF A DEAD DAY”

OZZY OSBOURNE “TRIBUTE”

PANTERA “COWBOYS FROM HELL”

MESSAGE FOR JAPAN

We’re REALLY hoping to come back as soon as possible. We love Japan. As soon as we get the offer, we’ll be back. Can’t wait!

本当に出来るだけ早く、日本に戻りたいと望んでいるよ。日本が大好きなんだ。オファーをもらえれば、すぐにでも飛んでいくよ。待ちきれないね!

LEE MCKINNEY

LEE MCKINNEY Facebook Page
LEE MCKINNEY Instagram
BORN OF OSIRIS Facebook Page
SUMERIAN RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【POLARIS : THE MORTAL COIL】JAPAN TOUR 2019 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RICK SCHNEIDER OF POLARIS !!

“I Feel Like Contrast Is Very Understated In Heavy Music, But I Consider It One Of The Most Important Things When Approaching Songwriting. “

DISC REVIEW “THE MORTAL COIL”

北天に広がるこぐま座の中でも一際輝く綺羅星一つ。旅人を導く北極星の名は、図らずも南半球オーストラリアのブライテストホープ POLARIS に冠せられ、メタルコアの船影を照らしながら地平の彼方へ誘います。
満点の星空のごとく新鋭がひしめくメタルコアシーンにおいて、リスナーに発見、観測されることは決して容易ではありません。EMMURE が Nu-Metal を組み込み、ISSUES が R&B を配合しジャンルの実験を加速させるのも、そうした背景が一因としてあるのかも知れませんね。
故に メロディックメタルコアとプログレッシブメタルコアをハイブリッドさせた、ある種王道のサウンドでしかし世界中から注目を浴びる子の星の瞬きは、南半球から鮮やかな光芒を放っているのです。
「PARKWAY DRIVE は僕たち全員にとって最も重要なバンドだったと思うんだ。」同郷オーストラリア出身の先駆者は確かな指針となりました。
同時に、POLARIS の羅針盤は ARCHITECTS, UNDEROATH, AUGUST BURNS RED, BRING ME THE HORIZON といった巨人たちの方角をも指し示し、王者の遺伝子をしっかりとその身に受け継いでいるのです。
「ヘヴィーな音楽において、コントラストは非常に軽視されていると思うんだ。だけど僕はソングライティングのアプローチにおいて、最も重要な要素の1つだと考えているよ。」
音楽面における POLARIS の頭脳 Rick Schneider は北極星の輝きが仄暗く重厚な宇宙空間の存在によることを心得ています。そして斬新さを無闇に追い求めるのではなく、ソングライティングのビジョンとクオリティーで麻薬のような中毒性を注入するバンドの方針は、ブレイクダウンに頼ることなく、ビッグでソフィスティケートされたデュアルギターとフック満載のボーカルラインを陰影にキッズの感受性へと直接訴えかけるのです。
“The Remedy” で見せるアグレッションとメインストリームのせめぎ合い、”Relapse” で誇示する AUGUST BURNS RED 譲りの爽快なハイテクニック、”Consume” に宿る LAMB OF GOD や MESHUGGAH といった骨太な先達への敬意、ポストロックのイメージさえ内包する叙情の極み “In Somnus Veritas”~”Dusk to Day”、そして TesseracT の哲学に接近した “Sonder”。
しっかりとメタルコアのカタルシスを宿しながら、起伏と工夫を施しバラエティーに富んだ星座の煌きは、眺めるものを決して飽きさせることはありません。
沸騰するオーストラリアのメタル/プログシーン。中でも活性化の一途を辿るメタルコア/デスコアコミュニティーにおいて、”The Mortal Coil” のデビュー作としての光度は、例えば PARKWAY DRIVE の “Killing With a Smile”, THE AMITY AFFLICTION の “Severed Ties” もしくは NORTHLANE の “Discoveries” にも比肩するはずです。
そうして恒星 POLARISは、きっとその光彩を増しながらモダンメタルコアの未来を照らすクリエイティブな軌道を進んでいくでしょう。
今回弊誌では Rick Schneider にインタビューを行うことが出来ました。初の来日公演も決定!「メタルコアというジャンルは常に進化し続けていると思うし、どんどん異なるスタイルやジャンルを組み合わせていっているよ。」どうぞ!!

POLARIS “THE MORTAL COIL” : 9.9/10

INTERVIEW WITH RICK SCHNEIDER

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and your band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【RICK】: I grew up listening to a few different genres, but in my early teen years I began getting into metal/metalcore by hearing bands like Bullet for my Valentine and Avenged Sevenfold. I slowly moved to listening to heavier bands like August Burns Red and our hometown heroes Parkway Drive. I guess it was this transition into heavier listening that made me want to start playing in a metalcore band. Attending a show became one of the things I looked forward to most, and I actually met Daniel and Jake at a local show only about 10 minutes from my house.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【RICK】: 僕はいくつかの異なるジャンルを聴いて育ったんだ。ただ、BULLET FOR MY VALENTINE, AVENGED SEVENFOLD といったバンドを聴いて、10代の初め頃からメタル/メタルコアにのめり込むようになったんだよ。
それから徐々に、AUGUST BURNS RED や僕らのホームタウンヒーロー PARKWAY DRIVE といったもっとヘヴィーなバンドへと移っていったね。そういったヘヴィーなバンドを聴いているうちに、自分もメタルコアバンドでプレイしたいと思うようになったんだ。
当時は、ライブに行くことが最も楽しみになっていたね。実際、Daniel と Jake と会ったのは僕の家から歩いて10分のライブハウスだったんだ。

Q2: It seems the history of Polaris started from high school, right? How did the band come to be?

【RICK】: That’s right! As I said above I met Daniel and Jake at a local show, though they had conceptually started the band years before that. Both of them had gone through high school and had many different members trying to form a full lineup, but nobody stuck around in the long term. We met each other in 2011 and by mid 2012 we had a full lineup with Jamie, Jake’s brother Matt on bass (Jake was playing guitar at the time) and at the time a synth player named James. Over the next 12 months we released a single and the members shuffled around a lot, ending up with no synth player and Ryan on guitar with Jake moving to bass. Since then we’ve remained the exact same!

Q2: POLARIS の始まりは高校時代に遡るようですね?

【RICK】: その通り!さっきも言ったように、Daniel と Jake とはローカルショウで出会ったんだけど、彼らはその一年前からバンドのコンセプトを固め始めていたんだ。2人は高校生活を通して沢山のメンバーを試したんだけど、結局長期的には誰もハマらなかったんだよ。
僕たちは2011年に出会ったんだけど、2012年の中頃までには Jamie と Jake の兄弟 Matt をベーシストに (当時 Jake はギターを弾いていたからね)、さらにシンセプレイヤーに James を加えてフルラインナップを完成させていたんだ。
それから12ヶ月でシングルをリリースし、メンバーを何度もシャッフルして、最終的にシンセプレイヤーなしで、僕と Ryan がギター、Jake がベースに落ち着いたのさ。それからは全く同じラインナップだよ!

Q3: Basically, Polaris isn’t able to be seen in Australia. But what made you choose the star for your band name?

【RICK】: Getting a band name was a very difficult process, and we went through hundreds of potential names before finally landing on the name Polaris. It was Daniel that suggested it, and it was the first name that everyone didn’t immediately shut down. After a few days we decided to stick with it, knowing it would be near impossible to find something else that we could all agree on.

Q3: バンド名となった “Polaris” 北極星は基本的にあなたの故郷オーストラリアで見ることは出来ないですよね?

【RICK】: バンド名の決定は非常に難しいプロセスだったね。最終的に POLARIS に決まるまで、僕たちは何百も候補を出したんだ。Daniel が POLARIS を提案したんだけど、この名前はメンバーの誰も即座に否定しなかったんだ。
何日かして僕たちはこの名前を選んだんだ。他に全員が納得する名前を挙げるのは不可能に近いと分かったからね。

Q4: You are Australian, so touring with Parkway Drive seemed to be big event for you, right? Also, touring with Architects brought you next stage, Do you agree that?

【RICK】: I think Parkway Drive was one of the most important bands to all of us growing up, as I said they’re one of the bands that personally contributed to me wanting to be in a metalcore band. To be able to tour with them let alone on their Horizons anniversary tour was something that made us all feel very grateful and fortunate for the opportunities we’ve been given. It was our best support tour that we have done in Australia without a doubt, and when we went to America with them it was arguably even more amazing. Architects in Europe/UK was another thing entirely – the venues and arenas we played were gigantic, and we’ll be lucky if we can every play in them again. It’s a dream to be playing your music in front of thousands of people, and while we’re at the stage where we can headline shows in Australia and play to many, Architects gave us a much bigger taste when they brought us over to Europe.

Q4: オーストラリア出身の POLARIS にとって PARKWAY DRIVE とのツアーはビッグイベントでしたよね?
さらに ARCHITECTS とのツアーで完全にビッグバンドの仲間入りを果たした印象です。

【RICK】: PARKWAY DRIVE は僕たち全員にとって最も重要なバンドだったと思うんだ。さっきも言ったように、僕にとってはメタルコアバンドを始めるきっかけにもなった訳だからね。だから彼らのツアー、ましてや “Horizons” 10周年のアニバーサリーに帯同出来たのは、本当に感謝しているし幸運だと思っているんだ。
疑いようもなく、あれが僕たち最高のオーストラリアにおけるサポートツアーだったよ。彼らとの US ツアーは間違いなくさらに素晴らしかったね。
ARCHITECTS とのユーロツアーはまた完全に別の体験だったな。僕たちがプレイしたライブハウスやアリーナはとても巨大で、またプレイ出来たらラッキーだと思うような代物だったからね。
何千もの観客を前に自分の音楽をプレイするなんて本当に夢のようだし、もちろん僕らもオーストラリアでは沢山の人を前にプレイしているけど、ARCHITECTS はヨーロッパに連れ出してくれてさらに大きな世界を見せてくれたのさ。

Q5: Your first full-length “The Mortal Coil” was incredible! Actually, I really love your melodic clean part, and the contrast between beauty and heaviness is outstanding. What’s your vision about creative process, and contrast?

【RICK】: I feel like contrast is very understated in heavy music, but I consider it one of the most important things when approaching songwriting. Something I like to say is that a heavy part is only heavy if the rest of the song is contrasting it, and different. Obviously there are examples of songs that are heavy the whole way through and they’re still great for it, but I feel like we work best when our songs contrast the light and the heavy. I think our overall creative process is making sure that each song has enough “moments” to sustain pace or interest through to the end. Beyond that, we don’t like to set too many limitations, and instead just see where the ideas take us.

Q5: デビューフル “The Mortal Coil” のメロディックなクリーンパートは傑出していて、ヘヴィネスとのコントラストも絶妙ですね!

【RICK】: ヘヴィーな音楽において、そういったコントラストは非常に軽視されていると思うんだ。だけど僕はソングライティングのアプローチにおいて、最も重要な要素の1つだと考えているよ。
ただ言っておきたいのは、楽曲の他の部分が対照的で異なっていても、ヘヴィーなパートはあくまでただヘヴィーだと言うことだね。明らかに全体を通してヘヴィーな楽曲も存在し、それはまたそれで素晴らしいんだよ。だけど、僕たちの楽曲は “光” とヘヴィネスを対比する時こそ、最高にハマっていると感じるんだ。
僕たちは全体的なクリエイティブプロセスで、各曲がリスナーの興味やペースを最後まで持続させために十分な “瞬間” を必ず持つように取り組んでいるんだ。僕たちはあまり多くの制限を設けるのが好きじゃないし、それよりもアイデアが僕たちを運ぶ場所をただ探していくんだよ。

Q6: Actually, there was horrible terrorism in New Zealand yesterday. So, I listened to “The Mortal Coil” and became really emotional. Actually, it’s definitely emotional record. What’s your inspiration about the music and lyrics?

【RICK】: Daniel writes most of the lyrics and the rest of us help to put little finishing touches, but almost all of the concepts and ideas start with him. I think he prefers to write from an emotional and personal point of view compared to telling a story or something like that. Most of the inspiration comes from personal struggles or experiences that he has faced, or things that he has observed others go through, and I feel like that approach is something that brings people together in music, and is one of the things that our fans attach to.

Q6: “The Mortal Coil” は非常にエモーショナルなレコードですよね。インスピレーションの源を教えていただけますか?

【RICK】: Daniel が歌詞の大半を書いていて、残りのメンバーは最後の仕上げを少し手伝うだけなんだ。だからほとんど全てのコンセプトとアイデアは彼から始まるんだよ。僕が思うに、彼は何かストーリーを伝えるよりも、感情や個人的な感じ方から歌詞を書くのを好んでいると思う。
故にインスピレーションの大半は、彼が直面する個人的な苦悩や体験、もしくは観察して感じた他人の経験から得ていると思うよ。そして僕はそういった彼のアプローチこそ、音楽で人々を一体にし、僕たちのファンも気に入っている部分だと感じているよ。

Q7: I think there is a kind of “Rule” like riffage, growl, and breakdown in the Metalcore scene. And bands like Bring Me The Horizon breaks that rule and becomes eclectic. Of course, there are pros and cons to their way. What’s your perspective about the Metalcore manner? Do you want break the rule more?

【RICK】: I think metalcore is a genre that is always evolving, and always being spliced with different styles and genres as well. August Burns Red are an example of a band that have only ever released metalcore albums, but each one has twists and turns that you wouldn’t expect to hear on the album prior. Bring Me The Horizon are similar, but I think it’s fair to say that they have all but left the metalcore tag behind and are now much more in the “Rock” field, but that’s not to say that they don’t have heavy moments. I’m all for genres changing and for bands to do more within a genre, I feel like that is what makes bands stand out and what makes newer releases more memorable in the end.

Q7: メタルコアシーンには、リフワークやブレイクダウンといったある種の “ルール” が存在するようにも感じます。
例えば BRING ME THE HORIZON は昨今、そういったルールを破ってよりエクレクティックな方向性を選んでいますが、あなたは “メタルコアマナー” についてどう思っていますか?

【RICK】: 僕はメタルコアというジャンルは常に進化し続けていると思うし、どんどん異なるスタイルやジャンルを組み合わせていっているよ。
例えば AUGUST BURNS RED はメタルコアアルバムだけをリリースして来たけど、どの作品も起伏があって、前のアルバムからは予想もつかない工夫が施されているんだ。
BRING ME THE HORIZON も似ているけど、彼らの場合はメタルコアの “タグ” を残していることを除けば、今ではよりロックのフィールドにいると言うべきだろうね。だからと言って、ヘヴィーな瞬間がない訳じゃないんだけど。
つまり、僕はジャンルが変わっても、バンドが様々な変化を遂げても、結局はその変化がバンドを際立たせ、新たな作品をより記憶に残るものにすると感じているんだよ。

Q8: Recently, Like Plini, Karnivool, Ne Obliviscaris, lot’s of great bands are emerged from Australia in Metal and Prog territory. Are you acquainted with them? Why do you think lot’s of modern Australian bands including you gather attention from the world?

【RICK】: The only band (person) I’ve been able to get to know in that list is Plini, but he is an absolute legend. We did a tour with him and Intervals back in 2016, and while it was a very short tour, it was incredibly nice to get to know both of those bands. I’ve always respected and loved many instrumental/prog artists and even though I’ve grown out of listening to many of them, I still listen to Plini quite regularly and look back on our shows together very fondly.

Q8: 近年、オーストラリアからは、あなた達も含め KARNIVOOL, PLINI, NE OBLIVISCARIS といった世界的に注目を集めるメタル/プログアクトが多く現れていますよね?

【RICK】: 君が挙げたリストで繋がることが出来ているのは PLINI だけなんだけど、彼は完全にレジェンドだよね。2016年に彼と INTERVALS とツアーを行ったんだけど、期間がとても短かったんだ。だけど彼らと知り合いになれて、とても素晴らしかったね。
僕はずっと彼らみたいなインストゥルメンタル/プログアーティストを多くリスペクトして来たんだ。だからそういった音楽を山ほど聴いて成長したにもかかわらず、PLINI は今でもよく聴いていて、共に行ったショウを思い返しているくらいなんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED RICK’S LIFE

YELLOWCARD “OCEAN AVENUE”

AVENGED SEVENFOLD “CITY OF EVIL”

ARCHITECTS “LOST FOREVER // LOST TOGETHER”

PARKWAY DRIVE “HORIZONS”

AUGUST BURNS RED “MESSENGERS”

MESSAGE FOR JAPAN

We cannot wait to go, and I have been looking forward to this for sooo long! Any friends that have travelled to Japan in the past have had amazing stories and things to tell me, so I’ve always wanted to go there myself. I can’t wait to experience the culture, the food, and maybe go to a karaoke bar or 2 – but most of all I can’t wait for the shows! We hope that people over there are just as excited to see us, because we would all love to come back to Japan as much as possible in the future. It might be a shorter trip compared to the USA or Europe, but I’m just as excited to get over there, if not more! Thank you!

日本に行くのが待ちきれないよ。ずーーっと楽しみにしていたんだからね!日本に旅行した友達の誰もが素晴らしい話をしてくれたよ。だから1人でも行きたかったくらいなんだ。日本の文化、食事、それにカラオケバーを体験するのが待ちきれないんだ。もちろん1番楽しみにしているのはライブだけどね!
みんなが来てくれてただエキサイトしてくれれば嬉しいよ。だって僕たち全員が、将来的に何度も日本に行ければいいと願っているからね。アメリカやユーロツアーに比べれば短い滞在になるけど、行けるだけでも本当に興奮しているよ。ありがとう!

RICK SCHNEIDER

POLARIS “SPRING JAPAN TOUR 2019”

4月12日(金)仙台 MACANA
4月13日(土)渋谷CYCLONE
4月14日(日)大阪CLAPPER
4月15日(月)新宿Zirco Tokyo
チケットのご購入はこちら。MHz FEST
POLARIS Facebook Page
POLARIS Official Site
RESIST RECORDS Facebook Page
SHARPTONE RECORDS Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + COVER STORY 【BRING ME THE HORIZON : AMO】


BRING ME THE HORIZON: WHEN LOVE AND HATE COLLIDE – STORY BEHIND “AMO”

WHEN LOVE AND HATE COLLIDE

ファンとの間の愛憎劇は、創造性を追求するアーティストならば誰もが背負う十字架なのかも知れません。とは言え、BRING ME THE HORIZON ほど荊の枷にもがき苦しみ、愛憎の海に溺れながら解脱を果たすミュージシャンは決して多くはないでしょう。
BRING ME THE HORIZON は新たなる宿業 “Amo” でラディカルな変革を遂げ、リスナーを文字通り地平線の向こうへと誘っています。それはロック、ポップ、エレクトロ、トランスにヒップホップをブレンドした野心極まる甘露。
しかし「15年経った現在でも、ヘヴィーじゃないとかブラストビートがないことが問題になる。そういった障害を壊し続けて来たんだけどね。」とフロントマン Oli Sykes が NME のインタビューで語った通り、確かにデスコア時代からのダイハードなメタルヘッドに “Amo” は堪え難い冒険だったのかも知れませんね。
実際、UK Billboard チャートで初の No.1 を獲得したとは言え、フィジカルのセールス自体はまだメタルの範疇にあった前作 “That’s the Spirit” と比較して75%も落ち込んでいます。もちろん、ストリーミングの大きな躍進は考慮するべきでしょうが、それにしても決して無視出来る数字ではありません。

“I think we’ve been ahead of some of the other bands. To Oli’s credit, he’s quite good at that. He has ideas before anyone else.”


続きを読む NEW DISC REVIEW + COVER STORY 【BRING ME THE HORIZON : AMO】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHOKRAN : ETHEREAL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREW IVASHCHENKO OF SHOKRAN !!

“Oriental Elements Decreased In This Album. But The Compositions Matured, We’ve Gone More Progressive, Less Djent!”

DISC REVIEW “ETHEREAL”

プログレッシブメタルコアのモーゼ、SHOKRAN はジャンルを約束の土地へと導く預言者なのかも知れません。ロシアから世界を窺う指導者は、文字通り天上の美を体現する最新作 “Ethereal” で海を割ります。
ギタリスト Dmitry Demyanenko のソロプロジェクトとして始まった SHOKRAN は、デビューフル “Supreme Truth” で BORN OF OSIRIS の革新にオリエンタルで壮大なサウンドスケープをもたらし、遅れて来た “Djent スター” として一躍脚光を浴びました。
リリース後にはボーカル、リズムギター、ベーシストの脱退という非常事態に見舞われますが、グレードアップしたメンバー、さらにキーボーディストを加え盤石の体制でセカンドアルバム “Exodus” をドロップします。
そうしてバンドは旧約聖書に記された “出エジプト記” をテーマとしたコンセプト作品で、シンセサイザーの煌びやかな響きと、一際エクレクティックなビジョンを携え自らのオリエンタルドラマティックなサウンドを確立することとなったのです。
最新作 “Ethereal” は、メロディーと多様でプログレッシブな方向性をさらに追求し、バンドのドラマ性を飛躍的に高めたマイルストーンです。
「確かにこのアルバムでオリエンタルな要素は減ったと思うよ。だけどコンポジションはより成熟を遂げているね。つまり、僕たちはよりプログレッシブに、Djent の要素を減らして進化を果たしたんだ!」レジェンド THE HAARP MACHINE にも請われて参加することとなったシーンきってのシンガー Andrew Ivashchenko が語るように、典型的な Djent サウンドやあからさまなオリエンタルフレーズを減退させ、”エセリアル” なムードを研ぎ澄ますことで、アルバムは結果として唯一無二のダイナミズム、エピック世界を得ることとなりました。
実際、冷ややかで透明なリードギターとシンセサイザーの景色、ミステリアスなオリエンタルフレーズ、複雑でメカニカルなグルーヴ、スポークンワード、クリーン、グロウルを自在に行き来する声の表現力、全てで荘厳を体現したオープナー “Unbodied” がバンドの DNA をしっかりと受け継ぐ一方で、”Ascension” のサウンドスケープは完璧なコントラストを創出します。
「”Ascension” はアルバムで最も多様な楽曲さ。まさにドラマさ。緩やかに実にメロディックに始まり、メロディーが躍動し始め、アグレッションが加わり、ハッピーなコーラスが流れ出し、突如ヘヴィネスで期待を激しく裏切るんだ。まさに楽曲で最もドラマティックな瞬間だね。そうしてドラマを繰り返し、感情をもたらす訳さ!」Andrew の言葉通り、多幸感や神秘性を抱きしめた夢見心地の崇高美は、メジャー感を伴って SHOKRAN 劇場の素晴らしきアクセントとなっていますね。
そうして SHOKRAN が描く多次元の自己探求は、DREAM THEATER からハチャトリアンまで Tech-metal の粋を尽くした “Superior”、PERIPHERY や MONUMENTS の最新作にも通じるキャッチーさとヘヴィーグルーヴの対比を封じた “Golden Pendant” と、まさにマルチディメンショナルな世界観を提示していくのです。
幕引きは “Destiny Crucified”。ロシアの血が育んだ絶対零度のメランコリーは、ストリングスやアコースティックの蜃気楼を写しながら夢幻泡影のワルツを踊るのです。
今回弊誌では、Andrew Ivashchenko にインタビューを行うことが出来ました。THE HAARP MACHINE の新作についても語る Tech-metal ファン必読の内容だと思います。「今では大きな感情の変化を音楽で表現出来るんだ。僕たちは成熟を遂げ、集団として働けるようになったのさ。」 どうぞ!!

SHOKRAN “ETHEREAL” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHOKRAN : ETHEREAL】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLD NIGHT FOR ALLIGATORS : FERVOR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NIKOLAJ SLOTH LAUSZUS OF COLD NIGHT FOR ALLIGATORS !!

“You Can Have The Most Unique Mix Of Influences And Gimmicks In The World, But If You Can’t Write a Catchy Or Captivating Piece Of Music, Nobody’s Going To Care.”

DISC REVIEW “FERVOR”

鋭利な牙鰐には冷たい夜を。無機質なテクニックには色彩豊かな旋律を。瑞々しきプログメタルの都コペンハーゲンに郡居する奔放なアリゲーター、COLD NIGHT FOR ALLIGATORS は甘美なるフックとインテンスを同時に捕食しモダンプログの水面を貪欲に揺らします。
「僕たちの音楽はエモーショナルかつ実験的だと紹介したいね。グルーヴィーで風変わりなメタルを楽しむ人にはピッタリさ。テクニカルな要素もありながら、リスナーを惹きつけるフックとメロディーにもフォーカスしているんだよ。」 Nikolaj が語るように COLD NIGHT FOR ALLIGATORS の音楽は実際、肉食獣の貪欲さに満ちています。
ダウンチューンのチャグリズム、エレクトロニカの華麗なダンス、洗練のハイテクニックにシルクのプロダクションは、VEIL OF MAYA や BORN OF OSIRIS が育んだモダンメタルコアの Djenty なニュアンスを漂わせ、一方で感情の泉に湧き出でるエセリアルなメロディーラインと多様なポストモダニズムはバンドの確固たるオリジナリティーをまざまざと見せつけるのです。最新作のタイトル “Fervor” はまさに情熱と創造性の証。
アルバムのムード、デザインを濃縮した “Violent Design” で光と闇の劇場はその幕を開けます。新世代らしい不協和のグルーヴで始まる Tech-metal の獰猛は、しかし神々しきギターラインとクリーンボーカルでその姿を瞬時に変化させました。
緊張と緩和をシームレスに繋ぐ虹色のメロディーは天国への階段でしょうか? THE CONTORTIONIST にも通じる夢幻の回廊は、いつしかアートロックとポップに祝福を受けながら、アップリフトなコードワークとエモーショナルなコーラスワークでリスナーを至上のカタルシスへと誘うのです。
「リスナーをフックやメロディー、楽曲構成に浸れる機会を作りたいんだよ。その上で、リスナーの注意を引く方法の一つとしてテクニカルな要素を散りばめていると言う訳さ。アルバムを通してテクニックにフォーカスするんじゃなくね。」ポストハードコア、プログレッシブ、そして R&B まで織り込まれたフックの魔境 “Canaille” は、”ノン・メタル” な素材を存分に発揮してその言葉を実証するアルバムのメインディッシュだと言えるでしょう。
実際、ヘンドリックスが憑依するブルースの哀愁がミニマルな電子音、マスマティカルなデザイン、現代的なアグレッションと溶け合う楽曲は、モダンプログレッシブの理念をあまりに的確に、しかしドラマティックに描き出しているのです。
隠し味としてアルバムを彩る R&B のフレイバーは ISSUES に、キャッチーな旋律の煌めきは VOLA にもシンクロし、さらに “Nocturnal” では TesseracT のアトモスフィアを、”Get Rid of the Wall” ではジャズのモーションをもその血肉として消化する雑食の王。そこに “テクニカルであるためのテクニック” は一欠片も存在してはいません。
今回弊誌では、ドラマー Nikolaj Sloth Lauszus にインタビューを行うことが出来ました。Euroblast, Tech-Fest などで鍛え上げた実力は本物。さらにマスタリングは Jens Bogren が手がけます。「世界で最もユニークな要素やギミックをミックスしたとしても、キャッチーで魅力的な音楽を書かなければ誰も注目しないんだよ。」どうぞ!!

COLD NIGHT FOR ALLIGATORS “FERVOR” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLD NIGHT FOR ALLIGATORS : FERVOR】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CONJURER : MIRE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRADY DEEPROSE OF CONJURER !!

“Dan And I Bonded Over Our Mutual Frustration With How Shit The Local Scene Had Become And How Bored We Were With Metalcore. Conjurer Ended Up Being The Product Of This.”

DISC REVIEW “MIRE”

2015年、英国ミッドランズに突如として現れた魅力的なエクストリームミュージックの醸造所 CONJURER は、刺激に飢えたメタル中毒者を酔わせ、瞬く間に熱狂の渦を巻き起こしています。
スラッジ、ドゥーム、ハードコア、プログ、そしてブラック&デスメタル。香り高き金属片の数々をエクレクティックに調合し精製する芳醇なるアマルガムは、Holy Roar 主導で進められる Neo-New Wave of British Heavy Metal の象徴として踏み出す大胆で鮮烈な一歩です。
「僕にとっては GOJIRA と THE BLACK DAHLIA MURDER こそがスターティングポイントだった訳だからね。そして決定的な瞬間は YOB をライブで見た時だった。」
インタビューで Brady が語ってくれた通り、CONJURER が創成したのは圧倒的に面妖で不穏なスラッジ成分、神秘と思索のプログ成分に、相隔相反するファストで激烈なメタルコアの獰猛を配合した超俗の美酒 “Mire”。その崇高なる多様性の香気は、レーベルの理念とも完璧にシンクロしながら厳かに新時代の幕開けを告げています。
アルバムオープナー “Choke” は、この混沌と斬新を見渡す眺望。濾過以前の純粋な憤激。あまりにハングリーなテンポチェンジの妙。
GOJIRA と NEUROSIS の遺伝子を纏った野太くもエッジーな唸りは、不協和音の沼沢、閉所恐怖症のハーモニーを彷徨いながら瞬時にファストで狂乱のブラックメタルへとその色を変えていきます。さらにその底流は Frederik Thordendal のプライドとも合流し、ただ陰鬱で悲惨な音景を表現するためのみに結束を強くするのです。
実際、泥と霧に覆われた不気味で不透明な原始沼をイメージさせる “Mire” というタイトルは、明らかに限られたリスニングエクスペリエンスでは全貌を掴めない、繰り返しの再生を要求するアルバムの深みと間口、そして芸術性を象徴していますね。
「多くのバンドは一つか二つのメジャーな影響を心に留めながら作曲していると思うんだけど、僕たちはどの瞬間も30ほどの影響を考慮しながらやっているんだ。」との言葉を裏付けるように、バンドは様々な風景をリスナーの脳裏へと刻み続けます。
“Hollow” で示されたドゥーミーなメランコリー、クリーントーンの旋律はポストロックの景観さえ抱きしめた、陰鬱なアルバムに残る微かな希望。しかしその幽寂なるサウンドスケープは、やがて宿命の如く地の底から襲い来るブラッケンドハードコアの波動、濁流に巻き込まれ押し流されてしまうのです。その落差、静と動、速と遅が司るダイナミズムの効果はまさしく無限大。
それにしてもバンドの落差を支えるリズム隊は破格にして至妙。特に様々なリムショットを華麗に使い分け、楽曲のインテンスを高める Jan Krause のドラムワークは新たなヒーローの名に相応しい創造性に満ちていますね。
“Thankless” で敬愛する MASTODON に感謝なき感謝を捧げ、”The Mire” で再びホラー映画のテンポチェンジをショッキングに見せつけた後、アルバムは終盤にハイライトを迎えます。
静謐の谷と激情の山脈を不穏に繰り返し行き来する “Of Flesh Weaker Than Ash” で 「GOJIRA はデス/ブラックメタルの要素を作曲に活用しながら、ヘヴィーな音楽を実にキャッチーに変化させることが出来ると教えてくれた訳さ。」の言葉通りエクストリームメタルのフック、イヤーキャンディーを張り詰めたテンションの中で実現し、SLEEP のファズサウンドをフューネラルドゥームの寂寞とプログスラッジのエピックに封じた “Hadal” でレコードは新世界への扉を開きながらは威風堂々その幕を下ろすのです。
今回弊誌では、ギター/ボーカル Brady Deeprose にインタビューを行うことが出来ました。「ギター/ボーカルの Dan Nightingale と僕は、当時同じようなフラストレーションを抱えて仲良くなったんだ。ローカルシーンがいかにクソになったか、メタルコアがいかに退屈かという鬱憤だよ。」 どうぞ!!

CONJURER “MIRE” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CONJURER : MIRE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BETRAYING THE MARTYRS : THE RESILIENT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AARON MATTS OF BETRAYING THE MARTYRS !!

BETRAYING-THE-MARTYRS-thumb-1200xauto-39682

Paris Heavyweights, Betraying The Martyrs Has Just Released Catchy-Orchestrated New Album “The Resilient” !!

DISC REVIEW “THE RESILIENT”

フランスが生んだモダンメタルの殉教者 BETRAYING THE MARTYRS がバンドのポテンシャル全てを注ぎ込んだ新作 “The Resilient” をリリースしました!!Metalcore, Deathcore, Hardcore をベースにシンフォニックでエレクトロニカな味付けを施したユニークかつ際立った作品は、フレンチメタルレボリューションの中核に位置する重要なレコードとなりました。
“The Resilient” は前作 “Phantom” で提示した、獰猛なヘヴィネスとメロディックなモーメントの華麗な融合をさらに1歩進め、キャッチーとさえ言えるフックをふんだんに使用したチャレンジングなアルバムです。WHITECHAPEL, SUICIDE SILENCE といったデスコアオリジネーターが挙ってオリジナルのジャンルから離れ独自の進化を辿る中で、BETRAYING THE MARTYRS も遂に自らのアイデンティティーを築き上げたと言えるのかも知れませんね。
アルバムオープナー、”Lost for Words” はそのキャッチーな一面を突き詰めたバンドの新たなアンセムであり、アルバムタイトルが示す通り BETRAYING THE MARTYRS がさらなる強さを得て戻って来たことを証明する一曲でもあります。
デスコア由来の激しくクランチするリフワークはバンドの帰還を高らかに告げますが、シンフォニックでキャッチーなコーラスが訪れるとリスナーは、彼らの進化、モダンに拡大する視野を実感することになるでしょう。勿論、シンフォニックな要素は BETRAYING THE MARTYRS に欠かせないものとして存在してきた訳ですが、今作では完全に別次元の劇的な魅力を提示しているのです。
その新たな地平をを象徴するのが “Won’t Back Down” でしょう。ヘヴィーでアンダーグラウンドなルーツを枢要としながらも、美麗で大仰ななオーケストレーションを前面に押し出した楽曲は、バラードとは呼べないまでも明らかにスロウでプログレッシブ。傑出した耽美なドラマ性を誇ります。2015年にフランスで起きたテロに衝撃を受けて書かれたというエモーショナルな一曲は、アルバムに類稀なチェンジオブペースをもたらすと共に、バンドの確かな成長を伝えていますね。
インタビューでも触れているように、この美しくシアトリカルな世界観と獰猛なデスコアサウンドの見事な融合は、クリーンボーカル/キーボード Victor Guillet の果たす役割が飛躍的に増し、その才能が素晴らしく開花したことに由来しています。
オーケストレーション、エレクトロニカだけでなく、シンプルなピアノの響きも効果的に使用する彼の鍵盤捌きは特異かつ至妙。”Take Me Back” を聴けば、ピアノが導く甘美なボーカルメロディーが CREED や LINKIN PARK が持つロマンチシズムと通じることに気づくはずです。
飽和気味で数多のステレオタイプなデスコアアクトと彼らを分かつ無上の武器 Victor の開眼は、同時にアメリカナイズとも呼べるメジャーなポップネスを纏い、アンダーグラウンドなジャンルに革新をもたらす一際印象的なメジャー感を織り込むことに成功していますね。
結果として、BETRAYING THE MARTYRS は共にツアーを行った ASKING ALEXANDRIA の大きな成功をしっかりと目に焼き付け、自らの血肉としながらも、デスコア、Djent という重厚でテクニカルなルーツを忘れることはありませんでした。それは正式メンバーとして加入した CHIMP SPANNER のドラマー Boris Le Gal が繰り出す凄まじきスティック捌き、”Dying to Live” の煽情的なリードプレイ、綿密に構成されタイトに進化したギターリフ、そして猛悪なグロウルとエピカルなクリーンのコントラストが見事に代弁していると言えるでしょう。
今回弊誌ではバンドのフロントマン Aaron Matts にインタビューを行うことが出来ました。アナ雪の “Let It Go” をヘヴィーにカバーしたことでも話題になりましたね。どうぞ!!

Betraying-the-Martyrs-The-Resilient-Album-Art-2017

BETRAYING THE MARTYRS “THE RESILIENT” : 9.3/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BETRAYING THE MARTYRS : THE RESILIENT】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NAPOLEON : NEWBORN MIND】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SAM OSBORN OF NAPOLEON !!

13592721_1248721418472212_4394339070005372845_n

UK Based Melodic Hardcore Four Piece, NAPOLEON Has Just Released The Genre-Breaking Debut Full-length, “Newborn Mind” !! “Melodiposipassiongroove” Is Here !!

DISC REVIEW “NEWBORN MIND”

ユーロモダンメタルコアシーンの皇帝 NAPOLEON が満を持して待望のデビューフルレングス “Newborn Mind” をリリースしました!!ハイセンスなシングルや EP で注目を集め、将来を期待されながらデビューフルレングスまで長い時間をかけたのは、NOVELISTS と同様の手法。そして36分のレコードは、長く待ち続けた Melodilc Hardcore ファンの期待に十分に応える内容となっています。
Tech-Metal シーンにおいて有数の実力を持つギタリスト、 Sam Osborn 擁する NAPOLEON は自らのサウンドを”melodiposipassiongroove” と称しています。実際、INTERVALS meets KILLSWITCH ENGAGE, POLYPHIA meets ARCHITECTS などと例えられる彼らの音楽性は見事にメロディー、ポジティブ、パッション、グルーヴを共存させていますね。
他の Tech-Metal バンドと比較して、NAPOLEON のサウンドを強く特徴付ているのはその大胆なクリーンギターの使用法でしょう。”Stargazer”,”Utopia” のイントロが効果的なのは勿論、”Maps” を聴けば、彼らがまさに “Newborn” な音楽を創造していることが分かります。メジャーキーで、クリーンギター&クリーンボーカルにより紡がれる2分間の小曲は、Math-Rock, Instru-Metal の影響下にありながら、同時にしっかりと Metalcore の土台も感じさせるのです。非常にカラフル、エモーショナルでフレッシュな “Maps” は NAPOLEON のバンドとしての可能性、多様性を証明していますね。
さらに、”Of Jams, Smokes & Promises” のイントロなどは、And So I Watch You From Afar を彷彿とさせるアイリッシュなメロディーが白眉。ユニークなタイムストラクチャーと相俟って Math-Rock からの影響を強く誇示しています。人生を変えたアルバムに、TTNG の作品をチョイスしているように、ここまで Math-Rock とメタル要素の融合を推し進めたアーティストは前代未聞なのではないでしょうか?
新ボーカル、ex-CLIMATES 、Wes Thompson の荒々しいスクリームからエモーショナルなクリーンまで見事にこなす幅広いレンジも実に魅力的です。時に流暢に、時にカオティックに駆け巡る Sam の多彩なフレットワークとの相性も抜群。タイトルトラック “Newborn Mind” では、スーパータイトなリズム隊、特に James Mendoza のスピーディーでメカニカルなドラミングはアルバムを通して素晴らしいですが、の協力もあり、メロディックでありながらテクニカルでヘヴィーという命題をいとも簡単に達成していますね。
“Dystopia” で歌われる “get awake and defeat this” というフレーズは “Utopia” でも再度現れます。「目を覚ませ、挫けるな」、NAPOLEON の音楽は、インタビューでも語ってくれた通り、リスナーに常にポジティブなグルーヴを届けてくれるのです。
今回弊誌では、Sam Osborn にインタビューを行うことが出来ました。日本ツアーも視野に入っていそうですね、どうぞ!!

12717997_1185592421451779_7179919454834328641_n

NAPOLEON “NEWBORN MIND” : 9.2/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NAPOLEON : NEWBORN MIND】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EARTHISTS. : WINTERFELL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH YUTA OF Earthists.!!

Earthists-563x353

New wave of Japanese Djent/Prog-Metalcore is coming!! Earthists. has just contracted with Tragic Hero Records and released new single “Winterfell”. “Naturecore” is ready to conquer the world!!

東京発、新世代 Djent/Prog-metalcore バンド Earthists. が ERRA や Crossfaith を輩出し、The Afterimage, A Skylit Drive など有望な新鋭を多数抱える Tragic Hero Records と契約。新曲 “Winterfell” をリリースしました!!
才能を感じさせるバンドが続々と出現している日本の Djent/Prog-metalcore シーンですが、Earthists. がUSの人気レーベルと契約を果たしたことは非常に意味があると思います。彼ら自身は勿論、後続たちにも道を開く可能性を秘めているからです。昨年、”FLUX” で The Afterimage の Sam との共演を実現させたバンドはさらに新しい一歩を踏み出しました!
Earthists. は “Naturecore” を掲げ、自然に関する事象を自らの音楽、リリック、アートワークなどに反映させています。これも魅力的な試みで、海外のリスナーの興味を引く可能性は充分。テクニカルなギターワーク、グルーヴィーなリズムにエモーショナルなボーカルを載せた彼らの楽曲は決して海外の先鋭、そしてレーベルメイト The Afterimage や Invent, Animate にも劣ってはいませんね。加えて彼ら独特の Jazzy なピアノが非常に良いアクセントとなり Earthists. の個性を作り上げています。
今回、公開された”Winterfell” はまさにその個性を炸裂させた素晴らしい新曲です。イントロの流れるような美しいピアノはゲーム音楽ともクロスするような美麗さで、ドラマティックな世界観を構築します。ブリッジの複雑なコード展開にも Jazz の影響が伺えますが、不思議と Yui さんのボーカルが乗るとキャッチーさが際立ちますね。ブレイクダウンの SikTh を想起させるカオティックな Yuta さんのリフワークも白眉。そこからバンドが一体となり畳み掛ける終盤は圧巻の一言でした。
Field of Forest, Abstracts, Our Dimensions, Story of Hope といったバンドと共にシーンを盛り上げる Earthists.。今回弊誌ではギタリスト/コンポーザーの Yuta さんにお話を伺うことが出来ました。どうぞ!!

10176078_1082912958440018_8676319879312060352_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EARTHISTS. : WINTERFELL】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NORTHLANE : NODE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ALEX MILOVIC OF NORTHLANE!!

Photo by Elder

THE NORTH WILL RISE AGAIN !! NEW WAVE OF AUSTRALIAN METALCORE, NORTHLANE HAS JUST RELEASED AWESOME NEW ALBUM “NODE” !!

オーストラリアが産んだ新世代メタルコアのホープ、NORTHLANE が新作 “NODE” をリリースしました。昨今、オージーメタルコア勢の進境は著しく PARKWAY DRIVE, THY ART IS MURDER, I KILL THE PROM QUEEN, IN HEARTS WAKE, AMITTY AFFLICTION, STORM THE SKY と世界的に人気、名声を得て大きなムーブメントとなっています。その中でも NORTHLANE はプログレッシブな展開、アトモスフェリックな美意識を併せ持つブライテストホープと言えるでしょう。新作 “NODE” は名作との声も多かった前作 “SINGULARITY” を遥かに凌駕し、バンドの成長と新たなるチャプターの幕開けを告げています。昨年、前任ボーカルの ADRIAN FITIPALDES が脱退。彼の持つカリスマ性故、バンドの将来が心配されましたが、”NODE” を聴く限りその心配は杞憂だったようです。新加入 MARCUS BRIDGE の実力は前任者と比べても遜色なく、むしろレンジの広さ、クリーンの巧さでは上回っているのではないかと思うほどです。ADRIAN の持っていたブルータリティーは確かに魅力でしたが、MARCUS のより深い感情表現はさらに多くのファンを獲得する強い武器になるでしょう。加えてプロデューサー WILL PUTNEY と再びタッグを組んだことも吉と出ました。MISS MAY I, MISERY SIGNALS, STRAY FROM THE PATH, FOR TODAY, UPON A BURNING BODY などなど次世代メタルコアの大半を手掛けているのではないかと思うほどの実力派人気プロデューサーですが、アトモスフィアとへヴィネスのバランス感覚が素晴らしく流石の手腕を発揮しています。MARCUS のボーカルによってポストハードコア的キャッチーさを以前よりも多く導入し、MONUMENTS が “THE AMANUENSIS” で見せたようなへヴィネスの””質””も変化。さらに大きなバンドになる準備は整いました。今回弊誌ではバンドの創立メンバーでベーシストの ALEX MILOVIC に話が聴けました。

YOU CAN LISTEN TO “NODE” STREAM IN FULL !!

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NORTHLANE : NODE】