タグ別アーカイブ: Post-Black

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SVALBARD : IT’S HARD TO HAVE HOPE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SERENA CHERRY OF SVALBARD !!

Definitely, It’s Hard To Have Hope Now, But Svalbard’s Protest Music Represents a Turning Point In This Dark World !!

DISC REVIEW “IT’S HARD TO HAVE HOPE”

越流するエモーションをプロテストミュージックへと昇華し、英国ブリストルから咆哮を貫く至宝 SVALBARD。熾烈なメタル/ハードコアにポストロックの叙情と風光、ポストメタルの思索と旅路を織り込みさらなる多様化の波動を導いた新作 “It’s Hard to Have Hope” はシーンの革新であり、同時に閉塞した世界が渇望する変化への希望です。
2015年にリリースしたデビューフル “One Day All This Will End” でアグレッション極まるメタル/ハードコアに仄かなアトモスフィアを帯同したバンドは、新作までの道程で困難な時を経験します。Serena がインタビューで語ってくれた通り、メンバー間の恋愛が終焉を迎え、それに伴う心身の病、さらにはベーシストの離脱と、一時は同じ部屋で過ごすことですら苦痛を伴うほどにバンドの状況は崩壊していたのです。
しかし、メンバーのバンドに対する強い愛情は見事に SVALBARD を死の淵から救いました。見方を変えればバンドには、希望を持つことすら困難な世界に対して果たすべき重要な仕事が残っていたとも言えるでしょう。
確かに “It’s Hard to Have Hope” は怒れるアルバムで、中絶、性的暴力、リベンジポルノ、インターンシップの無賃雇用など不条理でダークな社会問題をテーマとして扱っています。
さらには、「このアルバムは、ステージに女の子が立つことにネガティブなコメントを寄せる人たちに対する私からの返答よ。”女性をメタルから追い出せ!” と言うような人たち、コンサートで女性にハラスメント行為を行う人たち。これは彼らに対する私からの恐れなき怒りの返答なの。」と語るように、女性フロントマンとして Serena が長年メタルシーンで苦しんできたハラスメント行為の数々も、作品の持つ怒りの温度を “フェミニストのメタルアルバム” の名の下に上昇させていることは明らかです。
とはいえ、この類稀なる感情と表情の結晶が、唯一怒りにのみ根ざすわけではないこともまた事実でしょう。実際、Serena はこの作品の目的が “人々にこういった社会的不公平を伝えるだけではなく、なぜそういった問題が起き続けるのか疑問を投げかけることだった” と語っています。「誰が正しいのか互いに主張し合うのを止めてこう尋ねるの。一緒に前進するために何ができるだろう?より良き変化のためお互い助け合えないだろうか?とね。」とも。
そうして世界のターニングポイントとなるべくして示現した “It’s Hard to Have Hope” に、一筋の光明にも思える尊きアトモスフィア、荘厳なる音の風景がより深く織り込まれていることはむしろ当然の進化だと言えるでしょう。
勇敢にリベンジポルノの卑劣に怒り、勇敢にハードコア、ブラックメタル、そしてポストロックをブレンドした “Revenge Porn” はまさにその光と陰を見事に体現した楽曲です。バンドが近年注目されるネオクラストの領域を通過していることは明らかです。
静謐なイントロダクションから一転、バンドは正々堂々とハードコアの強さで怒りの鉄槌を下していきます。突如降臨する Serena の慈愛に満ちた歌声はさながら蜘蛛の糸でしょうか。CULT OF LUNA や MY BLOODY VALENTINE のイメージこそ深化の証。そうしてポストブラックの激しさと光明を背負った彼女は悲痛な叫びを投げかけます。「いったい誰が女性を守ってくれるの?」
一方で、もちろんよりストレートな激情も彼らの魅力。何より、無給で酷使されるインターンの憤怒を代弁するオープナー “Unpaid Intern” では、Serena と Liam のボーカルデュエルが牙の鋭さで迫り、沸騰する千変万化なギターリフ、ブラッケンドのリズムセクションを従えてポストハードコアとブラックゲイズの境界を恍惚と共に熔化させていくのですから。
とはいえ、やはりアルバムの肝は Serena が創出する神々しきアトモスフィアと激情の稀有なるコントラストです。アルバムを締めくくるエピック “Try Not To Die Until You’re Dead” でバンドは再びその陰影を鮮明に浮き上がらせた後、美しきインストゥルメンタルのブックエンド “Lorek” で負の感情のみを綺麗に洗い流し、リスナーに思考の為の優しき残余を与えました。
今回弊誌では、ボーカル/ギターのフロントウーマン Serena Cherry にインタビューを行うことが出来ました。メッセージとエモーション、そして音楽がこれほどまでに融解しシンクロする作品はまさしく珠玉。そしてぜひ真摯な彼女の言葉に耳を傾けてください。「感情こそが私たちにとって最も重要なものだから。」リリースは MØL と同じく Holy Roar Records から。どうぞ!!

SVALBARD “IT’S HARD TO HAVE HOPE” : 10/10

INTERVIEW WITH SERENA CHERRY

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【SERENA】: Hi, I’m Serena Cherry, I play guitar and sing in Svalbard. We are a heavy band from Bristol, UK who sing about women’s rights, animal rights and sociopolitical issues. Musically we don’t fit neatly into one genre, we try to sound expansive and unpredictable – from hardcore to black metal to post rock to shoegaze, we like to throw together all these little elements and hopefully create music that is heartfelt. That is the main aim of the band: to never play something without feeling, regardless of what we play.
When I was growing up I had eclectic music taste, I never ascribed to the belief that you must only listen to one type of thing. I loved pop music like Spice Girls at the same time as Slipknot; goth bands like The Cure at the same time as thrash bands like Nuclear Assault. I never believed in the idea of ‘guilty pleasure’ – I think if you find music that you love, then love it with all your heart, no matter what is it.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【SERENA】: こんにちは、Serena Cherry よ。SVALBARD というバンドでボーカルとギターを担当しているの。私たちは英国、ブリストル出身のヘヴィーなバンドで、女性の権利、動物の権利、社会的政治的な問題について歌っているのよ。
音楽的には一つのジャンルに収まるとは思わないわ。私たちはサウンドを拡大し、予測出来ないようなものにしたいから。それこそ、ハードコアからブラックメタル、ポストロックにシューゲイズまで様々な要素を少しづつミックスして、願わくば心からの音楽を創造出来ればと思っているのよ。それはバンドの最も重要な目標なの。感情を込めないで何かを演奏することはないわ。どんな音楽をプレイしようともね。
私自身も、非常にエクレクティックなセンスを持って育ったの。一つのジャンルだけを追求して聴くという考えに辿り着いたことはなかったわ。SPICE GIRLS みたいなポップミュージックも好きだったし、同時に SLIPKNOT やゴスバンドの THE CURE、それに NUCLEAR ASSAULT みたいなスラッシュバンドだって聴いていたんだから。そうやって雑多に音楽を聴いていても、後ろめたさのようなものは決して感じなかったわね。もし好きな音楽を見つけたら、それが何であれ心の底から愛するべきよ。

Q2: What inspired you to start playing guitar, and singing? Who was your musical hero at that time?

【SERENA】: Before I played guitar, I learned the drums when I was 12 years old. I wanted to be just like Joey Jordison from Slipknot. I was inspired by Slipknot to pick up an instrument. But I got frustrated with drums because I had all these melodies in my head and nothing to get them out on. So over the next few years, I started sneaking into my sisters room to play on her guitar. I taught myself to play. I wasn’t very good for a long time because I did it in secret with no lessons. But I finally had found the right instrument for me. It took a lot of patience and effort to get to where I wanted to be on guitar. With singing, back in the early 2000’s, there was not many women singing in metal bands, so it was a real inspiration to me when Angela Gossow joined Arch Enemy and I heard her powerful voice. I wanted to sound just like her.

Q2: では、あなたがギターやボーカルを始めた直接のきっかけ、当時のヒーローについて教えていただけますか?

【SERENA】: ギターをプレイする前に、私は12歳のころドラムスを習っていたのよ。SLIPKNOT の Joey Jordison みたいになりたかったのね。つまり私は SLIPKNOT に触発されて楽器を始める決意を固めたの。
だけどドラムスはフラストレーションが溜まったわ。だって頭の中では沢山のメロディーが鳴っているのに、それを表現することが出来ないんだもの。だからそれからの何年かは姉の部屋に忍び込んで彼女のギターを弾いていたのよ。
自己流で身につけていったの。そのために長い間とても上手くはなれなかったわ。レッスンも受けず秘密でやっていたんだから当然よね。だけど遂に自分に合った楽器を見つけたのよ。ただし自分の思うような演奏が出来るようになるまでには、多くの忍耐と努力を必要としたの。
歌唱に関しては、2000年代初頭にメタルバンドで歌っていた女性ボーカルは決して多くはなかったわ。だから Angela Gossow が ARCH ENEMY に加入してそのパワフルな声を聴いた時は、リアルなインスピレーションになったわね。彼女みたいに歌いたいと思っていたわ。

Q3: How did Svalbard come to be? What’s the meaning behind your band name “Svalbard”?

【SERENA】: I used to have a post-rock solo project where I used lots of pedals to make walls of sound. I played a solo show in 2009 and Liam (Phelan: guitars/vocals) saw me play. He told me he wanted to do a band similar to the music I was playing, but with heavy elements too. He already had lots of ideas so we started working on those together, then we met Mark (Lilley: drums) at the same studio we were writing music in. He was in another band at the time but we three had a jam together and everything just fell into place naturally. We’ve had many different bass players, but we think we have finally found ‘the one’ with Adam!
The band name is taken from Phillip Pullmans ‘His Dark Materials’ trilogy of books, which myself and Liam were both reading at the same time that we formed the band. Svalbard is the tough but beautiful, icy setting in these books and the visual of this place in my head seemed to fit the music we make.

Q3: そこから SVALBARD 結成に至る経緯を教えていただけますか?

【SERENA】: もともと私はソロプロジェクトでポストロックを指標していたの。沢山のペダルを使ってサウンドの壁を築くようなね。
そして2009年に行った私のソロコンサートをギター/ボーカルの Liam Phelan が見ていたのよ。彼は私の音楽に似たような、それでいてよりヘヴィーな要素も持ったバンドをやりたいと話しかけてきたの。彼はすでに沢山のアイデアを持っていたからそこから共作が始まったのよ。
その後、私たちが作曲を行なっているスタジオでドラムスの Mark Lilley に会ったわ。当時彼は別のバンドにいたんだけど、3人でジャムを始めると全ては自然に形になっていったのよ。それから沢山のベースプレイヤーを試したけど、遂にしっくりきたのが Adam だったの!
バンドの名前は Phillip Pullmans の ‘His Dark Materials’ ライラの冒険三部作から取っているの。私と Liam がバンドを結成する時同時に読んでいたからなんだけど。本の中の SVALBARD スヴァールバル諸島は厳しくしかし美しい氷の場所で、頭に浮かんだこの場所の景色が私たちの作る音楽にとてもフィットしたのよ。

Q4: So, let’s talk about your newest record “It’s Hard to Have Hope”. There is a fiery indictment of wage theft, sexual violence, and the repression of women’s rights. Literally, it’s hard for new generations to have hope in this world now a days. Is this record kind of the soundtrack to the end of the old world?

【SERENA】: It’s a cry for change. We really wanted to make an album that generates healthy, nuanced discussion on very specific issues such as abortion, revenge porn and unpaid internships. The idea with our lyrics isn’t to tell people about these social injustices, but to question why they keep occurring. I’d like the album to represent a turning point in this world, one where people stop shouting at each other about who is right, and start asking: what can we do to move forward together? How can we help each other change for the better?

Q4: では最新作 “It’s Hard to Have Hope” について話しましょう。アルバムは、賃金の搾取、性的な暴行、女性の権利問題について激しく告発するような内容が印象的です。
タイトルが示すように、世界は若い世代にとって希望を持つ事自体、とても難しくなっています。ある意味、旧態依然の世界に終わりを告げるサウンドトラックとも言えそうですね?

【SERENA】: この作品は変化への叫びなの。私たちは、中絶、リベンジポルノ、無給のインターンシップなど特定の問題について、健全で異なる議論を起こすアルバムを作りたいと思っていたの。
私たちの歌詞のアイデアは、人々にこれらの社会的不公平を伝えるのが目的ではなく、なぜそういった問題が起き続けるのか疑問を投げかけることだったのよ。
私はこのアルバムで、今ある世界のターニングポイントを表現したかったの。誰が正しいのか互いに主張し合うのを止めてこう尋ねるの。一緒に前進するために何ができるだろう?より良き変化のためお互い助け合えないだろうか?とね。

Q5: Among them, “Revenge Porn” “Feminazi?!” “Pro-Life”, and “How Do We Stop It?” seem to be about sexual violence and women’s right. Unfortunately, Women in the world of metal and hardcore are still a minority. That’s why, It seems like you want to change something strongly at the forefront of the scene. Svalbard’s political fangs are really sharp, right?

【SERENA】: Personally, I have suffered so much sexism in the metal scene that I think the time is right to kick against it and make an outwardly feminist metal album. This album is my reply to anyone who makes negative comments to a girl onstage. To people who say “keep women out of metal.” To people who harass women at shows. This is my fearless, angry reply. Women are so often made to feel degraded and unwelcome in metal, but we love metal. So I wanted to harness all that aggression in our music to shout against sexism and to take a stand. We will not take this abuse anymore. We will not be made to feel unwelcome anymore. Interestingly, since I have written these lyrics, we have got even more hate from guys who don’t want women in metal. But sometimes I think that hateful reactions mean you are doing something right. You are challenging small minds.

Q5: 中でも、”Revenge Porn” “Feminazi?!”, “Pro-Life”, “How Do We Stop It?” は女性の権利や女性が受ける性的暴力について鋭くメスを入れた楽曲です。
メタルやハードコアの世界において残念がら女性はまだまだマイノリティーですが、故にあなたが代表して何かを発言したい、変えていきたいという気持ちが伝わるようにも思えます。

【SERENA】: 個人的に、私はメタルシーンで多くのセクシャルハラスメントに苦しんできたの。だから、それに立ち向かい表面上はフェミニストのメタルアルバムを作るべき時が来たと思ったのよ。
このアルバムは、ステージに女の子が立つことにネガティブなコメントを寄せる人たちに対する私からの返答よ。「女性をメタルから追い出せ!」と言うような人たち、コンサートで女性にハラスメント行為を行う人たち。これは彼らに対する私からの恐れなき怒りの返答なの。
女性はメタルの世界で、堕落するような印象と共に歓迎されない感覚をしばしば感じることがあると思うの。でも女性だってメタルを愛しているのよ!だから私はそういった全てのアグレッションを音楽に込めて、セクシズムに声を上げ戦いたかったの。
私たちはこれ以上そういった迷惑行為を受け入れる気はないわ。これ以上歓迎されていないと思いたくもないわ。
興味深いのは、フェミニズムに関する歌詞を書いて以来、私たちはよりメタルに女性を迎えたくない人たちから嫌われるようになったのよ。だけど、時々そういった憎しみの反応を見るにつけ私は正しいことをしていると思うようになったわ。狭い心にチャレンジしているってね。

Q6: How was the writing process? It seems band spent really hard times after you released “One Day All This Will End”. Do you agree that?

【SERENA】: We did have a hard time at first. 2 years ago, when we began writing It’s Hard To Have Hope, we all thought it would be our last album. Liam and I had just ended our 7 year relationship, I had fallen seriously ill and our old bassist had quit. Everything felt like it was falling apart. There were times when we struggled to be in the same room together. But we kept giving it more time. Then eventually we began to draw strength from getting through the tough times together. We realized that, despite everything, we all loved doing the band and didn’t want to quit just because situations were suddenly making it harder. We were determined not to give up. In the dark times we found a new glimmer of hope, and we clung to it with all our might.
By the time we went to The Ranch to record the album in September 2017, things were much better. We felt like a stronger unit because of everything we went through.

Q6: とは言え、ライティングプロセスではバンドも難しい時間を過ごしたようですね?

【SERENA】: 確かに最初はなかなか大変だったわ。2年前に、”It’s Hard To Have Hope” を書き始めた頃、私たちは全員これが最後のアルバムになると思っていたの。
Liam と私は7年にも及ぶ恋人関係をちょうど終わらせたところで、私は重く病んでしまっていて、ベーシストも辞めてしまったの。全てがバラバラに壊れていくような感じだったわ。同じ部屋に一緒にいるだけでも苦痛を伴うような時期だったわね。
だけど、なんとか時間で解決しようとしてみたの。そうすると徐々に、共に厳しい時を過ごした経験から、より力を引き出せるようになったのね。そうして私たちは悟ったの。何を置いても、全員がこのバンドを愛していて、突然状況が難しくなってしまっただけで止めてしまいたくないってね。私たちは諦めないことに決めたわ。暗い時期を過ごす中で希望の微かな光を見出し、私たちは全力でその希望にしがみついたの。
昨年9月にアルバムをレコーディングするため The Ranch へ向かう頃には、状況はかなり改善されていたわ。経験した全てのことが、私たちをユニットとして強力なものにしたと感じたわね。

Q7: Musically, Svalbard are exploring the more expansive avenues within the realm of black metal and hardcore. OK, we can hear Cult of Luna, Architects, and even Mono from the record. It’s definitely eclectic and diverse, right?

【SERENA】: Yeah! We all have really diverse taste in music, we don’t want to listen to or play the same thing over and over again. I think it’s important to be open to inspiration in many different forms, rather than be too concerned with fitting your sound neatly into one genre box. I am really inspired by bands like Mono, that is the main influence on my guitar sound. Liam likes grindcore like Human Remains, and Mark is a fan of technical bands like Meshuggah. We all love post metal bands like Cult of Luna too, I love the way their music takes you on a journey. We don’t necessarily try to directly emulate the music that inspires us. When we write music, we focus on the feeling. If the music hits us in the heart, then we stick with it because the emotion is the most important thing to us.

Q7: 冒頭で SVALBARD は一つのジャンルに収まるバンドではないと仰いましたが、”It’s Hard To Have Hope” ではより多彩なバンドの姿が顕になっていますね。CULT OF LUNA や ARCHITECTS、MONO からの影響さえアルバムには感じられます。

【SERENA】: まさに!メンバー全員が本当に多彩な音楽の嗜好を持っているのよ。私たちは何度も何度も同じような音楽を聴き続けたりプレイしつづけたりしたくはないの。私は様々な異なるフォームのインスピレーションに対してオープンであることが重要だと思っているわ。ジャンルという狭い箱の中にサウンドをフィットさせることばかり考えるよりもね。
正直に言って、MONO のようなバンドにはとてもインスパイアされているのよ。ギターに関しては主要な影響元だと言えるほどにね。Liam は HUMAN REMAINS みたいなグラインドコアが好きだし、Mark は MESHUGGAH みたいにテクニカルなバンドのファンなのよ。
そしてバンド全員が CULT OF LUNA のようなポストメタルバンドを愛しているの。音楽で旅に誘う彼らの手法が大好きなのね。
ただし、直接的にインスピレーションを得た音楽を模倣する必要はないのよ。私たちが音楽を書く時は、フィーリングにフォーカスするの。もしその音楽が私たちの心を打てば、そこから膨らませていくことにするのよ。なぜなら、感情こそが私たちにとって最も重要なものだから。

Q8: You are really artistic person, because you can write, compose, paint, and play. I really love the artwork. It looks kind of “Circle” center of woods. What did you represent in this artwork?

【SERENA】: The artwork was inspired by the art of Kentaro Miura in his manga Berserk. I was reading Berserk at same time that we wrote the album, and I really liked Kentaro Miura’s extremely detailed backgrounds that he draws. He makes trees look really dark and expressive, his drawing is so detailed that it has a beautiful claustrophobic element. As soon as I saw his drawings of trees I knew I wanted something similar for our artwork, to represent that same feeling of darkness and despair closing in. But the circle in the middle represents the unyielding hope at the center of everything.

Q8: アーティストとして、あなたはミュージシャンであるのはもちろん、アートワークまでも手掛けていますね。木々がサークルを暗示する今回のアートワークも実に素晴らしいですね!中央のサークルは何かを象徴しているようですが?

【SERENA】: このアートワークは、三浦健太郎さんのマンガ “ベルセルク” のアートにインスパイアされているのよ。私はアルバムを書いている間にちょうどベルセルクを読んでいたの。そうして、極めて詳細な背景まで描く彼の手法を本当に気に入ってしまったのよ。彼は木々を実にダークで表情豊かに描く。繊細すぎて美しき閉所恐怖症のように感じるくらいにね。
彼の木々を見てすぐ、私は似たような描写をアートワークに採用したいと考えたわ。暗くて消え入るような感情を表現するためにね。ただし中央のサークルは全ての物事の中心に存在する揺るぎない希望を表しているのよ。

PHOTO BY STEVE GERRARD

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SERENA’S LIFE

MONO “ONE MORE STEP AND YOU DIE”

This was the album that inspired me to start using reverb and delay pedals to create soundscapes, I love how cinematic and emotive the music of Mono is.

NIGHTWISH “CENTURY CHILD”

Nightwish are one of my favourite bands and this was the first album I heard by them. When I was a teenager, if I felt sad I would go for a walk in the woods and listen to this album. I love how grandiose and atmospheric it is.

IMMORTAL “AT THE HEART OF WINTER”

This was one of the first black metal bands I heard. I fell in love with the guitar melodies and intense drumming, it inspired me to start playing more black metal style on guitar.

DRY THE RIVER “SHALLOW BED”

This is lyrically my favourite album of all time. It taught me the power of lyrics and how you don’t have to be afraid to say something simple, but really meaningful, in a song.

THE CURE “DISINTEGRATION”

Every winter I listen to this album a lot. It is so timeless and romantic. I am always striving to create music that has a similar dark yet hopeful atmosphere and emotion, and this album is one of the best examples of that.

MESSAGE FOR JAPAN

Kon’nichiwa! Mata rainen o ai shimashou. I visited Tokyo in 2015 and I had the best time of my life. I love your country. In case you can’t tell already, I am a huge anime nerd (an ‘otaku’ maybe as you say?!) One song on our new album is named after a quote from Hunter X Hunter (‘Try not to die until you’re dead’) Insupireshon o arigatogozaimshita! We can’t wait to play for you next year. I will fly out early to visit J-World, Tokyo One Piece Tower, DisneySea and Sega Joypolis if anyone wants to join me or say hi! Thank you!

こんにちは!また来年お会いしましょう。私は2015年に東京を訪れたの。人生で最良の時だったわ。あなたたちの国が大好きよ。
もしかしたら知らないかもしれないけど、私は大のアニメ “オタク” なの。実際、アルバムに収録されている “Try not to die until you’re dead” は “HUNTER x HUNTER” から引用してつけたタイトルなのよ。(おめーも死ぬまで死ぬなよ) インスピレーションをありがとうございました!
来年、日本でプレイするのが待ちきれないわ。私は日本に前乗りして、J-WORLD、東京ワンピースタワー、ディズニーシー、そしてセガジョイポリスに行くの。一緒に行きたい人、挨拶したい人は言ってね!ありがとう!

SERENA CHERRY

SVALBARD Facebook Page
SVALBARD Twitter
SVALBARD Bandcamp
HOLY ROAR RECORDS Facebook Page
HOLY ROAR RECORDS Official Site
TOKYO JUPITER RECORDS
3LA LongLegsLongArms

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MØL : JORD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT OF MØL !!

Denmark Based Five Piece Blackgaze Outfit, MØL Re-Mixes Agression And Beauty With Their Widscreen Debut Record “Jord” !!

DISC REVIEW “JORD”

興隆するデンマーク黄金世代の鋭鋒。常闇で光芒に焦がれしブラックゲイズの申し蛾 MØL がリリースした透徹のデビュー作 “Jord” は、ジャンルの虫籠を稀有なる羽音で切り裂きます。
前身となる ANTENNAS TO NOWHERE で、SLOWDIVE や MY BLOODY VALENTINE からインスピレーションを得たシューゲイズ/ドリームポップサウンドを追求していた Nicolai Hansen と Ken Klejs が MØL を立ち上げたのは2012年のことでした。
以来、セレスティアルな空気をエクストリームの白刃で裁断し巻き起こすバンドの “嵐” は、DEAFHEAVEN, GHOST BATH, OATHBREAKER, heaven in her arms 等と共にブラックゲイズの地図に新風を吹き込んでいます。
MØL がこの新興サブジャンルでまず傑出している点はコンパクトなバランス感覚から際立つコントラストかもしれませんね。エセリアルなシューゲイズサウンドとブラッケンドのアグレッションが双璧を成すジャンルにおいて、MØL ほどその両翼を巧みに美しく羽ばたかせるバンドはいないでしょう。
どちらか一方にに重心を振り、ともすれば片翼をほとんど犠牲にするバンドも多い中、8曲42分というコンパクトなデザインの中で光と闇を鮮明に浮き上がらせる彼らの手法は際立っています。
ツインピークスと Angelo Badalamenti のメランコリー、サスペンスを受け継ぐイントロダクションが印象的なアルバムオープナー “Storm” はまさにその MØL のシグニチャーウイングを大きく広げた春の嵐。リバーブの霧が晴れるやいなや、ハイピッチのスクリームとブラックメタルのフェロシティーがリスナーの眼前に広がります。
とはいえ、バンドがメロディーを放棄することはありません。鳴り響く雷鳴と騒乱のドラムワークを上昇気流に駆け上る、トレモロのハーモニーはあまりに気高く流麗。そうして対比に根ざしたインテンシティーは、ポストロックのアンビエンスを宿すアウトロへと収束していくのです。
「アルバムのテーマは、青く回転するこの星でいかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。」とインタビューで語るように、スカンジナビアの厳しくも壮大な自然を通して生と死、時間に焦点を当てたレコードは実際テーマと音楽が見事にシンクロしているように思えます。
“Penumbra” で緩やかに刻まれるミュートを施したギターの音色は、確かに時計の針を示しつつ終着駅へのカウントダウンを隠喩しているのでしょう。
“Vakuum” と “Lambda” に纏わるコントラストはアルバムのハイライトと言えるかもしれませんね。愛する人を失うことについて書かれた “Vakuum” は、ボーカル Kim がパーソナルな領域を追求したが故にデンマーク語で歌われる楽曲。怒りの感情が支配する作品で最もアグレッシブかつファストな真空の牙は、スラッシュやブラックメタルを前面に押し出しながら、ナチュラルに荘厳なる木漏れ日を浸透させていきます。
一方で、”Lambda” は80〜90年代のメロウなシューゲイズサウンドを意図的に狙ったインストゥルメンタルソング。Kevin Shields の理想を嫋やかに楽曲へと落とし込み、儚くも幻想的、エアリーな桃源郷を具現化しているのです。バンドのルーツ、闇と光はこの場所で交差し、極上のダイナミズムを創出し、再び羽搏き飛び立ちます。
「そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したい。」と Frederik が語るように、”Virga” には GOJIRA のプログレッシブな精神が宿っていますし、アルバムを締めくくるタイトルトラック “Jord” は LAMB OF GOD の息吹を吸い込むモダンメタルとシューゲイズの壮大なる交差点です。多様性まで手に入れたスカンジナビアの夜蛾は、そうしてシーンに煌めく鱗粉を散りばめていくはずです。
今回弊誌では、ギタリスト Frederik Lippert にインタビューを行うことが出来ました。LANTLOS の “.Neon” や DEAFHEAVEN の “Sunbather” との比較は避け難いでしょうが、よりワイドスクリーンなアプローチが魅力的な快作。
ROLO TOMASSI や CONJURER も揃えるレーベル Holy Roar Records にも注目です。「現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。」どうぞ!!

MØL “JORD” : 9.8/10

INTERVIEW WITH FREDERIK LIPPERT

Q1: This is the first interview with you. So, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【FREDERIK】: Well, we have a slight age gap between some of the members of the band, so there is some difference in the music we listened to while growing up. I listened to Led Zeppelin and Deep Purple, because my father listened to it and that is my earliest memory of being exposed to rock and heavy metal.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【FREDERIK】: そうだね、実を言うとバンドのメンバーの中には少し世代間のギャップがあるんだよ。だから聴いて育った音楽には異なるものもあるんだ。
僕は LED ZEPPELIN や DEEP PURPLE を聴いて育ったね。父が聴いていたからなんだけど。ただ、それが僕にとって最初のロックやメタル体験となったのは確かさ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your musical hero at that time?

【FREDERIK】: I think it was listening to bands like Mastodon and Between The Buried and Me at a very young age and thinking: “Wow! There seems to be more to guitar than just blues licks. I’ve gotta learn how play stuff like this!” So probably Bill Kelliher and Paul Waggoner where the heroes at that time. But then, very quickly, my focus as a guitar play starting shifting to more experimental genres like shoegaze and post-metal. Then the heroes became Kevin Shields and Brian Eno.

Q2: ギターを始めたきっかけや、当時のヒーローについてはいかがでしょう?

【FREDERIK】: ギターを始めたのは、MASTODON や BETWEEN THE BURIED AND ME をとても若いころに聴いたのがきっかけになったと思うんだ。「彼らの作品にはブルースギターのリックだけじゃなくて、もっと広がったギターの可能性がある!弾き方を学ばないと!」と思ったね。だからおそらく、Bill Kelliher と Paul Waggoner が当時のヒーローだったと思うな。
ただ、そこからすぐに僕のギタープレイの焦点はシューゲイズやポストメタルといった、より実験的なジャンルへとシフトしていったんだ。つまりヒーローも Kevin Shields や Brian Eno へと変化したわけさ。

Q3: Nicolai and Ken have played together in Antennas To Nowhere, a shoegaze dream pop act. So, from there, how did MØL come to be? It seems MØL means moth in English. What made you choose that word for your band name?

【FREDERIK】: MØL was started by Nicolai and Ken after Antennas To Nowhere ended. They wanted to create heavier music, while still keeping some of the ethereal sounds they had adored in their previous shoegaze band. They, as well as the rest of the band, were inspired by bands like Alcest who seemed to bridge these two opposite genres. I initially joined on bass, but as the sound of the band evolved, I switched to guitar and we found another bass player. A few line-up changes later, here we finally are with a line-up we love.
Initially the idea behind the name was symbolic of the music we were trying to create. A moth is this creature that lives in the dark but is always searching for the light. It is a being of contradictions. That’s kinda what our music is an expression of. We know that we are rooted in “dark” music (various genres of metal), but we still try to create “light” ethereal and harmonious sounds as well.

Q3: Nicolai と Ken はシューゲイズ/ドリームポップアクト ANTENNAS TO NOWHERE で共にプレイしていたわけですが、そこから “蛾” の名を冠する MØL へどのように進展したのでしょうか?

【FREDERIK】: MØL は Nicolai と Ken が ANTENNAS TO NOWHERE が終わった後に立ち上げたんだよ。彼らは、ATN で志向していたエセリアルなシューゲイズサウンドを保ちつつ、よりヘヴィーな音楽を創造したかったんだよ。彼ら、そして残りのメンバーも、正反対にも思えるその二つのジャンルを繋ぐ架け橋、ALCEST のようなバンドにインスピレーションを得ていたんだ。
実は、最初僕はベースで加入したんだよ。だけどバンドのサウンドが進化するにつれて、僕はギターにスイッチし、新たなベースプレイヤーを探すことにしたんだ。そうして何度かのメンバーチェンジを経て、今の愛するラインナップに辿り着いたのさ。
バンド名を決める時に、鍵となったのは僕たちが作ろうとしている音楽をシンボライズすることだったね。”蛾” は闇に生きる生物だけど、いつも光を探しているよね。つまり、ある意味矛盾を抱えた生き物なんだよ。それって僕たちの音楽の表現方法と似ているよね。
僕たちはダークな音楽、メタルの様々なジャンルをルーツとしていながら、同時にエセリアルな “光”、ハーモニックなサウンドも創造しようとしているんだから。

Q4: Now, let’s talk about your amazing debut-full “Jord”. I think Jord means earth, mother nature or terra that we live in, right? Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【FREDERIK】: Well, the title is the Danish word for “Earth”, “soil” and “ground”. There are different ways to interpret it. It is an album about how we choose to spend our limited time that we are given on this blue marble spinning in space, and the ideas and contemplations that follow these questions of death and time. It is also about our environment and the its fleeting nature, reflected in our own existence. Most of the songs can be interpreted with this in mind and others are about some of the personal experiences our singer, Kim, has had, and how they relate to the overarching themes of death, time and nature.

Q4: では素晴らしきデビュー作 “Jord” について話しましょう。”Jord” とは私たちが住む地球、母なる自然を指しているようですね?

【FREDERIK】: そうだね、このタイトルはデンマーク語で “地球” “土壌” “地面” って意味を持つんだ。いくつか異なる訳し方があるんだよ。そしてアルバムのテーマは、この宇宙の中で青く回転する星で、いかに限られた時間を過ごすかについてなんだ。死と時間に関する疑問への思考や黙想なんだよ。
同時にこのレコードでは、環境、そして僕たち自身に反映される儚き自然にもフォーカスしているんだ。
楽曲のほとんどはそういったテーマに分類されるね。
そして他のいくつかは僕たちのシンガー Kim の個人的な経験によるものさ。

Q5: “Vakuum” is typically, I think your blackend aggression, heaviness, that kind of “anger” makes Møl stand out amongst others in the “Blackgaze” genre. It means your black metal, hardcore roots reflect on your music so deep, right?

【FREDERIK】: Yeah, we would like to think of ‘JORD’ as being a culmination of many of our influences, as well as, a contemplation and evolution of those influences. ‘Vakuum’ is an example of the aggression from different influences. Nothing is a constant and everything is changing, we’re all going to end up in the ground someday. We live very short lives, so whatever pleasure you derive from life, you really have to get as much as you possibly can out of it. You can’t escape the fact that we’re all going to die. Death is everywhere, in our news and in nature. Hardcore and black metal based on that are definitely some of the genres who influenced this song.

Q5: “Vakuum” は象徴的ですが、バンドの持つ “ブラッケンド” なアグレッションやヘヴィネス、怒りの感情は “ブラックゲイズ”のシーンにおいても MØL を際立った存在にしていますね?ブラックメタルやハードコアのルーツがより深く鮮明に根付いているように感じます。

【FREDERIK】: まさに、僕たちは “Jord” を様々な影響の集大成だと考えているんだよ。受けてきた影響は同時に熟慮され進化も遂げているんだけどね。
“Vakuum” はまさに異なる影響から生まれたアグレッションの証明だよ。永続的なものなんてないし、全ては変化していくんだ。そうして僕たちはいつか最終的に土に戻る。とても短い人生を生きているんだから、その間に出来るだけ多くを享受すべきなんだよ。
死からは逃れられないし、それは日常的なものだよ。そうした闇に根ざすハードコアとブラックメタルは間違いなくこの楽曲に影響を与えているね。

Q6: Also, ethereal, dreamy elements from 80’s, 90’s shoegaze and post-rock is your strong point. Title track “Jord” is typically, that contrast between beauty and aggression creates lot’s of emotions in your music, right? Anyway, whats your favourite track from your debut and why?

【FREDERIK】: That’s always a hard question. Personally, I would have to pick ‘Lambda’ since it is very contradictory to the rest of the album. Its an instrumental, slightly slower, shoegaze song. Plus, Jean-Michel from Gojira liked it on Instagram and who can argue with an endorsement like that?

Q6: とはいえ、もちろん先程仰ったように “闇” と “光” の対比こそがバンド、”Jord” のアイデンティティーです。中でもあなたが特に気に入っている楽曲を教えていただけますか?

【FREDERIK】: とても難しい質問だね。個人的には “Lambda” を推したいね。というのも、この曲は他の楽曲ととても毛色が異なっているからね。インストゥルメンタルで、すこしゆっくりしていて、シューゲイズソングだからね。
それに、この楽曲は GOJIRA の Jean-Michel がインスタでライクをしてくれたんだよ。これ以上に確かな保証はないでしょ?

Q7: So, you are often labeled as blackened shoegaze movement, alongside the likes of off course genre’s pioneers Alcest and Lantlôs and it’s successor, Deafheaven, Wolves in the Throne Room, Ghost Bath and Oathbreaker. Do you feel comfortable with that comparison?

【FREDERIK】: To a certain degree, sure. Some of our musical heroes, such as Alecst and Lantlos, were great inspirations in our early years as a band. The ethereal shoegaze mixed with the bleakness of black metal has always intrigued us, ever since we were younger and were exposed to the genre. We definitely identify with some of the characteristics of the genre, but we are in no way a traditionalistic band. We like to mix it up and draw upon more genres than just black metal and shoegaze. We appreciate being compared to such great bands as Oathbreaker and Deafheaven, but we don’t necessarily identify with that comparison.

Q7: 所謂、”ブラックゲイズ” として ALCEST, LANTLOS, その後続 DEAFHEAVEN や GHOST BATH, OATHBREAKER などと比較されることに関してはどう感じていますか?

【FREDERIK】: ある程度は納得しているよ。だって、その内のいくつか、ALCEST や LANTLOS は僕たちの音楽的なヒーローで、バンドとして初期に多大なインスピレーションを得ているんだからね。
ただ、エセリアルなシューゲイズサウンドと、ブラックメタルの荒涼をミックスする手法は、いつだって僕たちを魅了してきたんだ。僕たちがもっと若くてこのジャンルに晒される前からね。
だからもちろん、僕たちは間違いなくこのジャンルの特徴をある程度は受け継いでいるけど、決して伝統的なバンドというわけではないんだよ。
つまりね、僕たちはブラックゲイズを混ぜ合わせて、そこからブラックメタルとシューゲイズよりも多くのジャンルを引き出したいのさ。
OATHBREAKER や DEAFHEAVEN のような素晴らしいバンドとの比較には感謝するけど、その比較が必ずしも僕たちを特定するわけではないんだ。

Q8: I love recent Danish metal scene so much. There are lot’s of nice bands like you, Cabal, Vola, Ghost Iris. How do you describe Danish scene now?

【FREDERIK】: Vibrant and growing. Bands like Cabal, Vola and Ghost Iris completely deserve all the attention they get, but there are also other Danish metal bands that deserve more attention. Bands like Morild (an atmospheric black metal band) and Konvent (an all-girl doom band) are also deserving of some international attention. The entire scene in Demanrk is just exploding with talent at the moment. A golden age of metal might be on the horizon in Denmark.

Q8: 近年のデンマークシーンは、あなた方をはじめ、CABAL, VOLA, GHOST IRIS など新世代の台頭が著しいですよね?

【FREDERIK】: まさに活気に溢れ、成長を遂げているね。君が挙げたようなバンドは、完璧に彼らが集めている注目に値するよ。
ただ、デンマークには他にももっと注目に値するバンドがいてね。アトモスフェリックブラックメタルの MORILD、全員が女の子のドゥームメタル KONVENT なんかも海外から注目されるべきだろうな。
とにかく、現在デンマークシーンは才能と共に爆発的な進化を遂げているよ。まさにメタルの黄金世代が勃興しているのさ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FREDERIK’S LIFE

MY BLOODY VALENTINE “LOVELESS”

GOJIRA “FROM MARS TO SIRIUS”

ULVER “BERGTATT”

SLOWDIVE “SOUVLAKI”

ALCEST “SOUVENIRS D’UN AUTRE MONDE”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello Japan! We love you all and cannot wait to play in your beautiful country someday! From day one, we’ve had support from Japan, despite the seemingly impossible distant between our two countries. We appreciate all the support through the years and hopefully we will see you all at a venue in Japan! Here’s to hope! Love – MØL

日本のみなさん、こんにちは! 君たちが大好きだし、いつか君たちの美しい国でプレイするのが待ちきれないね!MØL の始まりから、とても遠い場所にある日本からのサポートを受けてきたよ。何年ものサポートに本当に感謝しているし、みんなと日本のライブハウスで会いたいと思っているよ!愛を込めて。

FREDERIK LIPPERT

MOL Facebook Page
MOL Bandcamp
HOLY ROAR RECORDS Facebook Page
HOLY ROAR RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KENT & KATSUTA OF heaven in her arms !!

170123_hiha_promo_pic_web

PHOTO: Taio Konisi

One Of The Most Dynamic Post-Hardcore Act From Japan, heaven in her arms Has Just Released Gorgeous and Awe-inspiring New Record “White Halo” !!

DISC REVIEW “白暈”

トリプルギターが映し出す濃密なシネマと、アーティスティックで詩的なリリックが交錯する東京のポストハードコアアクト heaven in her arms が実に7年ぶりとなる待望のフルレングス “白暈” を Daymare Recordings からリリースしました!!アートワークにも顕在する “White Halo”、白く差しそめし光芒の暈は、バンドの黒斑を侵食し遂にはその枷をも解き放ちました。
変化の予兆、耽美でアンビエントなイントロダクション “光芒の明時” が燭明のごとくリスナーを “白暈” の世界に導くと、作品は “月虹と深潭” でその幕を開けます。
激烈なトレモロの嵐はまさに深潭、エセリアルなクリーンパートはまさに月虹。前作 “幻月” で提示された、ひたすら深淵をのぞき込むがごときスラッジの閉塞はポストブラックの冷酷へと姿を移し、繊細で艶美なアルペジオは闇夜に映る月輪のように、”浄化” という名の詩情豊かなサウンドスケープをもたらします。
Kent の絶唱と朗読のコントラストは楽曲に豊潤な文体を与え、終盤に観せるリードギターとドラムスの知的で瑞々しいアプローチは風雅をすら運んでいますね。
「今回は”黒い”イメージを脱却したかった」 と Kent が語るように、闇と絶望を宿した黒を基調とするバンドの色彩に仄かな燐光をもたらしたのは、7年間の集大成とも言える “終焉の眩しさ” だったのかも知れません。
COHOL とのスプリットに収録された “繭” と “終焉の眩しさ” を融合し再録したこの名編は、狂気と正気を行き来する壮大な表現芸術です。Katsuta が「heaven in her arms ってどんなバンド?と聞かれた時に “終焉の眩しさ”はその答えとして分かりやすい」 と語るようにまさにバンドを象徴する名曲は、静と動、光と闇、絶望と救済が混淆するダイナミックな激情のドラマとして中軸に据えられ作品の趨勢を決定づけているのです。
奇数拍子と偶数拍子がせめぎ合う “終焉の眩しさ” の根幹はキャッチーとさえ言えるほどフックに満ち溢れたドラムスのアイデアに支えられ、同時にバンドのシグニチャーサウンドであるトリプルギターは轟音、アルペジオ、そして妖艶で耽美なメロディーを宿した極上のリードプレイを奏でます。
「ハーモニーに関して他のバンドとは一線を画したい」 と語るように、heaven in her arms のアンサンブル、コンポジションは決定的でプログレッシブと言えるほどに精密だと言えるでしょう。
実際、heaven in her arms はハーモニーのみならず、その巧みなリズムアプローチにおいても他のポストハードコアバンドと一線を画しています。パイプオルガンの荘厳な響きを “枷” として綯う “円環” は、”5″と”6″のリフレインが異国のメロディーを紡ぐ異形のロンド。ワルツに移行し踊るクラシカルな旋律は静謐も激情も平等に愛し、7年の月日で養ったバランス感覚を洗練という軌跡へと昇華させているように思えます。
“終焉” の先に見据えたものは何でしょう?ブラックゲイズの領域へと侵入したアルバムクローサー、11分のマボロシ “幻霧” では、儚き祈り、悲痛な叫びが霞む海霧の中、確実に希望という一筋の光がリスナーの元へと届くはずです。ワルツで始まりワルツに終わる45分。しかしどこか冷ややかな”光芒の明時” と “幻霧” の仄かな光明を比較した時、そこに更なる深淵が現れるのかも知れませんね。
今回弊誌では、Kent さん(Vo, Gt)と Katsuta さん(Gt)にインタビューを行うことが出来ました。先日出演を果たした日本が誇るハードコア/ポストロックの祭典 “After Hours” についても語ってくれました。どうぞ!!

17522864_10154335272480848_2161301912458109214_n-2

heaven in her arms “白暈” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【heaven in her arms : 白暈 / WHITE HALO】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GHOST BATH : STARMOURNER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DENNIS MIKULA OF GHOST BATH !!

3ee8dfac-dbc6-4514-bace-97bd10f6fcb4

The Most Mysterious Black Metal 2nd Generation, Ghost Bath Mixed DSBM And Japanese Video Game Music With Their Newest Album “Starmourner” !!

DISC REVIEW “STARMOURNER”

インパクトと芸術性、そして崇高さを内包する多種多彩なブラックメタル第二世代の中でも、一際ミステリアスな存在として異彩を放つ GHOST BATH。彼らがリリースした最新作 “Starmourner” は、DEAFHEAVEN や ALCEST, LITURGY が押し広げたジャンルの壁をさらに拡張する、遠大な可能性に満ちた作品に仕上がりました。
GHOST BATH は当初、中国出身のバンドだと考えられていました。メンバーの顔を伏せた上で “鬼浴” と名乗り、アルバムをリリースしたレーベル、そしてバンドのロケーションも中国としていたのですからそれも当然です。しかしインタビューにもあるように、実際はノースダコタに拠点を置くアメリカのバンドだったのです。
Bandcamp にロケーションを要求された時、”No Location” が受け入れられなかったため、地球の反対側にある中国を何となく選んだら中国のレーベルからコンタクトが来たというのがどうやら真相のようですね。Dennis はそういった一連の流れについて「人間よりも音楽それ自体により直接コネクトして欲しかった」からと説明してくれました。
しかし、2ndアルバム “Moonlover” のヒットとそれに伴うメガレーベル Nuclear Blast との契約により全てを秘匿することが困難になったバンドは、メンバーの顔写真とロケーション、そして首謀者 Dennis Mikula の名前だけは明らかにすることとなったのです。(とは言え現在でも公式にはその名前は “Nameless” とされていますが。)
そういった経緯を経てリリースされた3rdアルバム “Starmourner” は、インタビューで Dennis が語ってくれた通り、”Moonlover” を序章とするトリロジーの第2章。バンド名が象徴するように、DSBM (デプレッシブスイサイダルブラックメタル) を自称する GHOST BATH ですが、天国や天使にフォーカスしたというアルバムはポジティブでハッピーとさえ言えるサウンドを前面に押し出し、デプレッシブなムードと夢幻に対比させた異例のブラックメタル作品となりました。
作品は天駆けるピアノが流麗な旋律を紡ぐ “Astral” でその幕を開けます。他のブラックメタル第二世代と比較して GHOST BATH をさらに特異な存在としているのは、明瞭でキャッチーなメロディーがアルバムの主役となっている点でしょう。”Seraphic” のパワーメタル的とさえ言える優美で凛々しいメロディーの洪水と、そのカウンターパートとして示されるダークでヒステリックなブラストの海原が手を取り合い創造する類希なるカタルシスは決定的にユニークで、バンドの新たなチャプターの始まりを告げています。
勿論、アルバムには DEAFHEAVEN に通じるようなインディー、シューゲイズからの影響も存在します。”Luminescence” を聴けば GHOST BATH がパワーメタルの手法を周到にその光の世界へと取り入れていることが伝わるでしょう。同様のチャレンジを試みる ASTRONOID と現在ツアーを行っていることは、決して偶然ではありません。
アルバムを語る時、Dennis の日本に対する愛情を欠かすことは出来ませんね。実は以前弊誌に登場いただいた時点で、日本に新婚旅行で訪れることを誇らしげに伝えてくれていた Dennis。すでに簡単な日常会話はマスターしており、本気でこの国に移住を考えていると言うのですから、日本のメタルファンにとってそれは大きな、そして喜ばしいサプライズに違いありません。
Dennis の日本とその文化に対する真情は “Celestial” に結実しています。彼が愛してやまない、日本のロールプレイングゲームに起因する勇壮なファンファーレがブラックメタルのタッチで描かれた時、リスナーはノスタルジーと共に生じる多幸感、恍惚感が新鮮な情動であることに気づくでしょう。その場所からさらに楽曲は、ULVER が “Perdition City” で見せたシンセワークとアトモスフィアを伴って静謐でプラトニックな “Angelic” へと歩みを進めて行くのです。その神聖なまでに巧みな構成力はまさに別世界の高みにあると言えるでしょう。
「ブラックメタルとゲーム音楽を融合させる。」  “Thrones”, “Elysian” と聴き進める内に、リスナーはその野望が完遂されたことを知るでしょう。そこには “Final Fantasy”、”ゼルダの伝説” といった私たちのクラッシックが見事に GHOST BATH のブラックメタルとして新たな生を与えられているのですから。今回も Dennis がほぼ1人で制作したアルバムは、狂気とアトモスフィア、耽美と悲愴を携えた、新鮮で文字通りプログレッシブな音楽として世界に衝撃を与えることでしょう。
70分を超える壮大な神曲は、ジブリの世界観を宿し、不思議に悲哀を称えた鍵盤とドラムスのピース “Ode” で静かに幕を閉じます。
今回弊誌では、Dennis Mikula にインタビューを行うことが出来ました。6月には Ward Records から日本盤の発売も決まっています。どうぞ!!

1000x1000-2

GHOST BATH “STARMOURNER” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GHOST BATH : STARMOURNER】

WORLD PREMIERE: “ÍSAFOLD” 【SÓLSTAFIR: BERDREYMINN】


WORLD PREMIERE!! “ÍSAFOLD” FROM SÓLSTAFIR’S UPCOMING RECORD “BERDREYMINN” !!

The Innovative Four Icelanders, SÓLSTAFIR Aboard On A New Adventurous Musical Journey Into Uncharted Territories With Upcoming New Record “Berdreyminn” !!

Solstafir-04600-Steinunn_Lilja_Draumland

Sigur Rós, Björk, Ben Frost。圧倒的で極限の自然環境と神が与えし清明な美しさを併せ持つアイスランドという土壌が育んだアーティストは、神々しいまでのアトモスフィア、アンビエンスを Post-Rock, Electronica のフィールドに注ぎ込み自らのアイデンティティーを主張してきました。Black Metal をそのルーツとする SÓLSTAFIR も、自らの出自であるアイスランドの原風景、光と影のサウンドスケープを、濃密に幽玄にその作品へと落とし込み進化を続けてきたバンドの一つです。2015年には ANATHEMA とのカップリングで奇跡の来日公演も大成功させていますね。
5/26にリリースする新作 “Berdreyminn” は、”来るべき出来事を夢想する者” というアルバムタイトルが物語るように、彼らの印象的なその進化をさらに一歩先の領域へと歩みを進めた野心的かつ充実した作品に仕上がりました。ここでは、キャッチーで忘がたいメロディー、サイケデリックなフレーズ、そしてクラッシックロックの豊かな源流を、元来のメタルの素養、幻想世界と融合させ、所謂 “Post-Black Metal” の可能性をさらに押し広げる試みが行われているのです。
前作 “Ótta” で起用した、Sigur Rós や ALCEST を手掛ける Birgir Jón Birgisson を再度プロデューサーに指名したことからもバンドがメタルの地平のみに留まらないことは明らかですね。
ただ、SÓLSTAFIR が “Berdreyminn” で目指したものはスタイルではなくピュアな感情です。幅広いジャンルから集積した音楽的な影響は、再構築され、アルバムに新たなパターンとして織り込まれていきました。つまり、ジャンルの境界線が遂に壊されたのではなく、単にその存在すら彼らの目に止まらないという訳でしょう。憂鬱、憧れ、怒り、喜び、快感、痛みといった感情がアルバムを深く満たしているのです。
SÓLSTAFIR embody the ever-turning wheel of seasons with their shifting light, darkness, and colours, extreme Northern climate, the stark contrasts, the closeness of beauty and deadly forces of nature, the impressive sceneries that have the bones of ancient gods enshrined in them like hardly any other band in every aspect of their existence.
SÓLSTAFIR are not like any other band. Their latest album, ‘Berdreyminn’ underscores this statement. As its title “a dreamer of forthcoming events” aptly describes, the four Icelanders have taken their already impressive evolution one step further. The band has continued to amalgamate haunting melodies, psychedelic phases, as well as strong undercurrents of classic rock and hard rock with echoes of their metal past. Yet SÓLSTAFIR’s focus is not on style but pure emotion. ‘Berdreyminn’ is eclectic by a conscious choice to make feelings audible and transform taste as well as texture to sound. Genre borders are not broken but simply ignored. Musical influences are gathered from a wide range of sources, re-arranged, and woven into new patterns. Melancholy, longing, anger, joy, pleasure, pain, and other emotions are fulling this album.
Despite leaning clearly towards an expression that can be described as rock today, SÓLSTAFIR have their roots in metal as their debut full-length ‘Í Blóði og Anda’ (2002), which translates as “In Blood and Spirit” still witnesses. Instead of today’s Icelandic gravel throated siren chants, frontman Aðalbjörn Tryggvason spat forth vitriolic crusty vocals and all strings were forged with black metal. Already their next albums ‘Masterpiece of Bitterness’ (2005) and ‘Köld’ (2009) marked stations of a continuous evolution. SÓLSTAFIR went further along their solitary path and obviously left any categorising box with the ground-breaking follow-ups ‘Svartir Sandar’ (2011) and ‘Ótta’ (2014), which received high critical acclaim and attracted new fans in equal measure, while managing the difficult feat of keeping most of their earlier following too.
SÓLSTAFIR have set sails to new horizons with ‘Berdreyminn’. Yet the Icelanders brought their home with them and the silhouette of their vessels remains easily recognisable. Welcome aboard on a new adventurous musical journey into uncharted territories.

unnamed-24

“Berdreyminn” Track-list
1. Silfur-Refur (6:54)
2. Ísafold (4:59)
3. Hula (7:07)
4. Nárós (7:23)
5. Hvít Sæng (7:22)
6. Dýrafjörður (7:32)
7. Ambátt (8:08)
8. Bláfjall (8:00)

【MESSAGE FROM SÓLSTAFIR】

Solstafir-04657-Steinunn_Lilja_Draumland

僕たちが今回公開する “Ísafold” はとても自発的に誕生したと言えるね。その日は THIN LIZZY のスピリットが舞い降りてきたように感じるよ。クラッシックな Phil Rudd (AC/DC) のビートを加えることも正しいように思えたね。
確かに最も典型的な SÓLSTAFIR の楽曲とは言えないだろう。だけどこういった少し変わった感覚こそがこのアルバムを表現しているかも知れないんだよ。短い楽曲だけど、様々な異なる音風景が存在するよ。
別に”車輪の再発明”を行った訳ではないんだけど、それでも”クラッシックロック”へのトリビュート、関連性を多く見出すことが出来ると思うな。以前やったこととは全く異なるアイデアも存在するね。だからこそこの曲が気に入っているし、僕にとって “Ísafold” はすでに僕たちの全ての楽曲の中でもフェイバリットとなっているんだ。
Our first premiere song ‘Ísafold’ came very spontaneously to light. It felt like the spirit of THIN LIZZY paid us a visit that day. Adding a classic Phil Rudd beat to that seemed the only right thing to do. This is not the most typical SÓLSTAFIR track but in some odd way it could be taken to represent this album. For such a short song, it offers many different sonic landscapes. And although we are not re-inventing the wheel and you will find many references to ‘classics’ as tributes, I find it quite different from anything that we have done before. That is the way, I like it and to me ‘Ísafold’ is already an all-time favourite among all our tracks.”

SOLSTAFIR Facebook Page
SEASON OF MIST Facebook Page
PRE-ORDER “BERDRYMINN” HERE !!

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SAOR : GUARDIANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDY MARSHALL OF SAOR !!

13701102_608385996010912_8102886586933055750_o

Scottish Pride Is Here! Pioneer Of Mixing Celtic Folk Music And Post Rock / Metal, SAOR Has Just Released Definitely Epic New Album “Guardians”!! 

DISC REVIEW “GUARDIANS”

ボーカルも担当するマルチプレイヤー Andy Marshall の DIY プロジェクト SAOR がスコットランドのプライドをかけた最新作 “Guardians” をリリースしました!!ケルトの響きと Metal, Post 系の音楽を見事に融合した佳麗で雄大な作品は、シーンに大きな衝撃を与えています!
バンドのマイルストーンとなった前作 “Aura” から磨き上げられ、お馴染みのフィドル、バグパイプ、ストリングスといったケルトの民族楽器がよりクリアーでストレートに使用されたという “Guardians”。確かに、全5曲、全てが10分以上というエピックの極みを体現したかのようなアルバムを聴けば、リスナーはスコットランドへと旅することが可能です。
眼下に広がるのは、雄々しくも鮮やかな彼の地の景色かも知れませんし、独立のために誇り高く戦うハイランドの戦士たちかも知れません。ただ、間違いなく聴く者をスコットランドと結びつけ、その場所、文化、歴史から何かを強く喚起させる作品であることは確かですね。
インタビューで Andy は Black Metal のみにカテゴライズされることに嫌悪感を表していますが、とは言え、”Guardians” の神秘的、瞑想的な至上の美を際立たせているのが、鋭利なトレモロリフと猛々しくもダークな激情のボーカルにあることも事実でしょう。その感情のコントラスト、波打つようなアトモスフィア、音楽的多様性は彼の巧みな演奏とコンポジションの技術によって生み出されているのです。
注意深く “Autum Rain” を聴けば、彼の独特なギターの使用法を感じることが出来るでしょう。冒頭からストリングスの優美な響きが支配する楽曲において、Andy のリードギターは寸分の違和感もなく、まるで第1バイオリンのようにオーケストラに参入します。決して圧倒せず、主役になることもなく、自然にアンサンブルへと調和するこのロックを代表する楽器によって、アルバムにはクラッシックでも既存のロック/メタルでもない前衛的な美しさが生まれているのです。
また、モチーフの展開にも彼独特の方法論が活用されています。10分を超える楽曲群には、当然同じメロディーが何度か現れるのですが、Andy はそのモチーフを決して2度同じアンサンブルで奏でることはありません。楽器の数、種類、そしてダイナミズムを見事に操りながら、交響曲のように楽曲に表情を生んでいきます。
ボーカル、ギター、ドラムス、フルート、バグパイプ、フィドル、バイオリンといったマキシマムな楽器陣で圧倒したかと思えば、一方でピアノやドラムスとリード楽器のみでミニマムな静寂の世界を演出。その対比の妙は、ケルトの魅力的なメロディーと相まってアルバムを実にカラフルに磨き上げています。
そして勿論、インタビューでも語ってくれた通り、使用される民族楽器がデジタルではなく、全てリアルに演奏されている事実がより作品を本物にしていることは明らかですね。
“Hearth” に象徴されるように、今作で実に多彩なバリエーションを見せるようになったドラムスのフィルインやリズムワークを基にしたプログレッシブなアプローチも “Guardians” を際立たせていることを付け加えておきましょう。
今回弊誌では、SAOR の首謀者 Andy Marshall にインタビューを行うことが出来ました。映画 “Braveheart” を想起させるまさにシネマティックな音楽世界。ALCEST のファンは勿論、MOONSORROW や SIGUR ROS のファンにもぜひ聴いていただきたい1枚です。どうぞ!!

14079673_627895920726586_1965108407290021928_n

SAOR “GUARDIANS” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SAOR : GUARDIANS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALCEST : KODAMA】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NEIGE OF ALCEST !!

13975490_1254260777939853_9121865998646674986_o

The Pioneer Of Post-Black Metal From France, ALCEST Returns To Roots And Opens Up The New Chapter With Their Newest Album “Kodama” Influenced By Japanese Folklore !!

DISC REVIEW “KODAMA”

今や世界規模で注目を集める、儚くも美しいフランスの Post-Black Metal デュオ ALCEST が Neige の幼少期、そして宮崎駿さんの名作”もののけ姫”にインスピレーションを得たという新作 “Kodama” をリリースしました!!これまでも、寺院でプレイしたり、”Souvenirs d’un Autre Monde” 収録 “Tir Nan Og” でゲーム”クロノトリガー”に対するオマージュを行うことにより日本に対するリスペクトを表していた ALCEST ですが、彼らのその想いが本格的に詰まった作品は、さらにこの地でのファンを増やすことでしょう。
ALCEST は所謂 “Blackgaze”、Black Metal と Shoegaze を融合させたパイオニア的存在です。幻想的で内省的。メランコリックな繊細さと悲痛な激しさが生み出す圧倒的なダイナミズム、神々しいまでの美しさはシーンに衝撃を与え、DEAFHEAVEN などに続く Post-Black のうねりを創出したのです。
一つの潮流を生み出した ALCEST が発表した前作 “Shelter” は “Sun-Kissed” などとも表現される、言わば”光”のアルバムでした。メタルらしさを極力排し、多幸感溢れる Shoegaze / Indie サウンドを前面に押し出した作品は、確かに彼らの特徴であるダイナミズムが失われたという点では物議を醸しましたが、それ以上に極上の Post-Rock へと進化し、溢れ出る目も眩むような光の渦、SIGUR ROS にも似たアトモスフィアが 「やはり ALCEST は凄い!」 と世の中を納得させたように思います。
“Kodama” は “Shelter” と対になるカウンターパーツ的な作品と言えるかもしれません。インタビューにあるように、もののけ姫と通じる自然を食い物にする現代社会、そしてその闇の部分でもあるテロリズムが ALCEST を動かしました。ある意味メタルのルーツに戻り、よりダークな1面にフォーカスした”最も怒れる”作品は、それでもやはり徹頭徹尾 ALCEST です。そして同時に、彼らの新しいチャレンジである POP センスが花開いたアルバムであるとも言えるでしょう。
アルバムオープナー、タイトルトラックの “Kodama” はレコードを象徴するような楽曲です。確かにここには ALCEST のシグニチャーサウンドである、 Black Metal の冷たいギターや、Shoegaze のドリーミーなメロディーがレイヤーされていますが、同時にアリーナポップに由来する要素も存在します。COCTEAU TWINS や DEAD CAN DANCE に触発されたというボーカルは何と全てがインプロヴァイズされたもの。非常にキャッチーかつ神秘的なそのメロディーラインはリスナーをもののけの森へと誘い、楽曲をよりスピリチュアルな高みへと押し上げています。この手法は、”Je suis d’ailleurs” の冒頭などでも聴くことが出来ますね。
加えて、インタビューで語ってくれた通り、グランジやインディーロックからの影響も新たな可能性を提示します。楽曲後半に見せる Neige のギターワークは群を抜いていて、シンプルかつ少ない音数で空間を意識した印象的なフレーズを奏で、故意にラフなプロダクション、サウンドで NIRVANA のようにコードをのみ激しくストロークすることで、楽曲の幅を広げることに成功していますね。Neige のコンポジションスタイルである、光と影のバランスを完璧なまでに復活させながら、さらに進化を遂げた凄みがここにはあります。
ファーストシングル、”Oiseaux de Proire” は王者がメタルへの帰還を高々と告げるアルバムのハイライトでしょう。TOOL や SMASHING PUNPKINS さえ想起させるオルタナティブな感覚を備えたギターリフと、ノスタルジックで郷愁を誘う珠玉のボーカルメロディーで幕を開ける楽曲は、Neige の咆哮を合図に突如としてその怒りの牙を剥きます。Winterhalter の鬼気迫るブラストビートに乗って疾走する、メランコリックなトレモロリフはまさしく ALCEST のアイデンティティー。挿入されるキャッチーなアコースティックパートは進化の証。溢れるようなそのエナジーは、もののけ姫終盤にししがみが首を落とす場面をイメージさせますね。インタビューで言及している通り、”二面性” “対比” “進化” に拘るアートの開拓者らしい完璧な展開美を持ったシネマティックな楽曲だと思います。
タイトル、山本タカトさんをオマージュしたアートワークからコンセプト、”対比”の妙まで強く日本を意識した “Kodama”。今回弊誌では、Neige にインタビューを行うことが出来ました。音楽、歌詞、コンセプト、演奏、全てを司るまさに ALCEST の心臓が非常に深く丁寧に語ってくれました。日本の雑誌だからこそ行えた価値あるインタビュー。どうぞ!!

13775883_1236687363030528_6024899683831844032_n

ALCEST “KODAMA” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ALCEST : KODAMA】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLDWORLD : AUTUMN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH G.B. OF COLDWORLD !!

11025744_824232180958089_5577298361988298082_n

One Man Atmospheric Black Metal From Germany, COLDWORLD Has Just Released Gorgeous New Album “Autumn” For The First Time In 8 Years !!

DISC REVIEW “AUTUMN”

8年の沈黙を経て、German Atmospheric Black の雄、COLDWORLD が復活作 “Autumn” をリリースしました!!洗練され、スケール感、アンビエンス、メロディーの質共々格段に進化した作品は、シーンに衝撃を与えています。
COLDWORLD は G.B. のワンマンプロジェクト。すべての楽器、そしてグロウルからクリーンボーカルまで見事にこなす彼の才能は “Autumn” において素晴らしく開花していますね。前作 “Melancholie²” のメロディックなスタイルは引き継ぎながら、よりウォームでナチュラルなサウンドを具現化したアルバムは、最早ストレートな Black Metal の領域には収まり切らないようにも思えます。
Depressive Black Metal の首領、SHINING の近作がプログレッシブな1面を提示している事実とリンクするかのように、同様にデプレッシブなサウンドを奏でる COLDWORLD も Post-Progressive への接近を隠そうとはしません。
9分の大曲、”Womb of Emptiness” を聴けば、彼らの新しいチャレンジを感じることが出来るでしょう。ピアノとキーボードの荘厳でクラシカルなコードプログレッションに導かれ紡がれる G.B. のクリーンボーカルは、深い悲しみを湛えつつ、ダークでディープなアトモスフィアを創出します。KATATONIA の Jonas Renkse を想起するファンも多いでしょう。
実際、楽曲の前半は KATATONIA のモダンなプログレッション、リリシズム、耽美性と共通する部分も多く感じられます。
一転、壮絶なトレモロリフとグロウル、ダブルベースドラムが切れ込むと、楽曲は激しい絶望を宿した美しさにその色を変えていきます。冷ややかな空気の中、創出される対比の妙は、アルバムの重要なポイントとなっていますね。さらに、プログレッシブという観点から見れば、”Climax of Sorrow” においても OPETH のようなヘヴィープログレッシブに知性を湛えた極上のリフを聴くことが出来ます。
一方で、”Autumn” には、ALCEST, DEAFHEAVEN といった人気と飽和の渦中にある Post-Black / Blackgaze 勢に通じるような、多幸感すら感じさせるサウンドも存在します。アルバムオープナー、”Scars” での大胆なストリングスの使用や、”Void” における美麗な女性コーラスの導入も、絶望の先に暖かい光が射すような楽曲のムードを見事に強調しており、作品に多彩で豊かな表情を植え付けています。
インタビューで語ってくれた通り、幼少時からヴァイオリンを習得している G.B. の音楽は非常に緻密かつ知的で、エピカル。完成まで8年もの長い月日を要したことにも頷けます。今回弊誌では、G.B. にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

11855793_886330618081578_4007551362969880570_n

COLDWORLD “AUTUMN” : 9.7/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COLDWORLD : AUTUMN】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ASTRONOID : AIR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BRETT BOLAND OF ASTRONOID !!

327f07e2-7f40-4133-8fdd-9a060d981036

Five Piece From Massachusetts, ASTRONOID Has Just Released Their Phenomenal Debut Full-Length “Air” !! “Dream Thrash” Reaches New Realm Of Metal Music !!

DISC REVIEW “AIR”

ミュージックシーンには、時にリスナーの想像を遥かに超えて、ジャンルの壁を平然と、無慈悲なまでに叩き壊すような存在が現れます。マサチューセッツを拠点とし、”Dream Thrash” を指標する5人組 ASTRONOID はまさにそういったバンドでしょう。彼らが Blood Music からリリースしたデビューフルレングス “Air” は、メタルシーンのトレンドを左右しかねないほどの傑作にして重要作となりました。
Black Metal に新たな要素を加えた Post-Black と呼ばれるジャンルが注目を集める、昨今のメタルシーン。多幸感を伴うアトモスフィア、Shoegaze 要素を融合させた ALCEST, DEAFHEAVEN、WOLVES IN THE THRONE ROOM, 実験的な Math / Prog 要素を果敢に取り入れた KRALLICE, LITRUGY は間違いなく Post-Black シーンのフラッグシップだと言えますね。
ASTRONOID はその両輪、 Shoegaze, Math / Prog 要素のみならず、Thrash Metal, Prog, Post-Rock, Power Metal, Dream Pop など実に多様なジャンルをミックスし、”Black Metal の最終形態” とでも表現したくなるような新しい音楽を生み出したのです。
“Up and Atom” は彼らの革新性を象徴するような1曲です。基本的には ALCEST のような Post-Black のフォーマットに適応した楽曲は、しかし冒頭から独自の顔を見せてくれます。キーワードはボーカルハーモニー。幾重にもレイヤーされた天上の歌声、ファルセットが紡ぐ極上のメロディーはリスナーをユートピアへと誘います。MEW の緻密に構築された幻想世界を思い出すファンも多いでしょう。時にブラストビートをも織り交ぜた、アグレッシブでテクニカルなバックの演奏との対比、マッチングの妙はアルバムを通して存在し、 ASTRONOID を”ネクストレベル”のバンドへ引き上げています。
さらに、中盤に用意された、あの HELLOWEEN を想起させるような、Power Metal 的展開はショッキングとさえ言えますね。なぜなら、モダンメタルバンドがこういった明白なメタルらしさをアピールする機会はほとんど無いからです。ツインギターハーモニーやアルペジオを多様したこのパートは、違和感なく楽曲に溶け込み、トレモロリフへと繋がりながら見事なドラマティシズムを演出していますね。
続く “Resin” も傑出した楽曲で、ボーカルの”壁”とでも形容したくなるような荘厳なるハーモニーは Devin Townsend の遺伝子を引き継いでいるようにも感じます。音の”壁”はボーカルだけではありません。シンガーでマルチプレイヤーの Brett を加えたトリプルギターとベース、4本の弦楽器が創出する、美しくも圧倒的なサウンドウォールは壮観で、心から生で体感してみたいと思えますね。
一方、タイトルトラック “Air” は比較的ストレートな “Up and Atom” と比べて実験的な一面を覗かせます。思わずカウントしたくなるマスマティカルな構成はブルックリンのシーンを意識しているようにも感じました。
さらに、プログレッシブという見地からみれば、”Obsolate” は明らかに CYNIC のリフワーク、浮遊感を独自の方法で体現しており、後半のボコーダーから難解なギターソロへと続くパートは彼らのチャレンジが身を結んだ瞬間だと言えるでしょう。
51分間のシネマティックなドリームスケープは、多幸感と希望に満ち、ポップさの限界までプッシュしながら、アグレッションと実験性をも多分に盛り込んだ、Black Metal のマイルストーン的な作品となりました。個人的には今年のベストアルバムであると確信しています。
今回弊誌では、バンドの中心人物、ボーカル/ギター担当の Brett Boland に話を聞くことが出来ました。間違いなく近い将来、大ブレイクするバンドです。日本から火が着けば嬉しいですね。尚、作品は下記の Blood Music Bandcamp から Name Your Price でダウンロード可能です。どうぞ!!

12986965_1050732118317440_8864427566629277774_n

ASTRONOID “AIR” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ASTRONOID : AIR】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COBALT : SLOW FOREVER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERIK WUNDER OF COBALT !!

12496041_1088185584545362_5450327998149425831_o

“American Black Metal” has evolved ! Cobalt Return With Full-of-intensity Discs and a New Screamer on “Slow Forever”!!

DISC REVIEW “SLOW FOREVER”

“American Black Metal” という唯一無二のジャンルを確立した COBALT が衝撃的な2枚のレコードと新たなスクリーマーを得てシーンに戻って来ました!!
Black Metal の出自は勿論欧州です。しかし、当然ながら、シーンが人気を博し拡散するに連れて世界中から Black Metal バンドが現れるようになりました。US から現れる Black Metal は興味深いバンドが多いようにも感じますね。
WOLVES IN THE THRONE ROOM, PANOPTICON に代表される自然崇拝を掲げたアトモスフェリックなカスカディアンブラック、KRALLICE, LITRUGY といったエクスペリメンタルなブラックメタルなど多種多様で実に個性的。中でも COBALT は前作 “Gin” においてヨーロッパの Black Metal にUSロック/メタルからの影響を多大に持ち込み、シーンを驚かせました。
残念ながら、それから7年という長いインターバルの間に、強い絆で結ばれていた不世出のボーカル Phil と 全ての楽器をこなす Erik は袂を分かちます。事の詳細はインタビューを参照していただくとして、残った Erik は新たに LORD MANTIS などで知られる Charlie Fell とタッグを組むこととなりました。そうして、難産の末生まれた新作 “Slow Forever” は、キャッチーかつアグレッシブ、非常に濃厚で革命的なダブルアルバムとして遂にリリースされたのです。あの Pitchfork誌で8.4という高得点をマークしたことも記憶に新しいですね。
まず記して置くべきは、Erik もインタビューで認めている通り、もはや Black Metal の要素はほとんど残っていないという点でしょう。音楽だけにフォーカスすれば、”Slow Forever” は強烈なインテンシティーと高度なインテリジェンスを纏った純粋な “American Metal” と言えるのではないでしょうか。
アルバムを通して、作品は Erik の TOOL に対する憧れが見事に開花していますが、大曲 “King Rust” は特に象徴的です。ブラストビートの代わりに使用される、プリミティブでトライバルな本能的ビートはまさに Danny Carey のそれで、リスナーの思考に直接訴えかけるような力強さを持っています。
有機物質のように形を変えながら、次々と繰り出される印象的なリフワークとミニマルでマスマティカルなアプローチも実に効果的。同時に、新加入 Charlie の野性的で獰猛なスクリームにより、TOOL 以上に NEUROSIS を感じるリスナーも多いでしょう。
しかし勿論、アメリカンミュージックからの影響は TOOL のみにはとどまりません。アルバムオープナー “Hunt the Buffalo” に代表されるように、クリーンギターを使用したブルース/カントリー/フォークミュージックに通じるリックの数々も彼らの重要なアイデンティティーとなっていますし、それは、突き詰めれば Mark Tremonti が CREED, ALTER BRIDGE といった Post-Grunge の重要バンドたちの中で行ってきた挑戦にも通じます。
さらに、彼らを語る時、ニューオリンズのスラッジモンスター EYEHATEGOD と USアンダーグラウンドの雄 SWANS をイメージすればより理解が深まるでしょう。メタルとハードコア、パンク、オルタナティブロックとフォーク、ノイズなど、彼らのダークでクロスオーバーな精神性はまさに COBALT と深く通じているからです。特に、”Elephant Graveyard” はここ数年でも傑出した地下音楽のクロスオーバーチューンだと感じました。
今回弊誌ではバンドの頭脳、Erik Wunder にインタビューを行うことが出来ました。以前から敬愛する、ヘミングウェイの有名なノーベル賞受賞スピーチ “at best, writing is a lonely life” の一節を “Iconoclast” で使用していますが、同様の気持ちだったのかも知れませんね。どうぞ!!

12644814_1088186114545309_2611345978569716902_n

COBALT “SLOW FOREVER” : 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【COBALT : SLOW FOREVER】