NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLOOD INCANTATION : HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ISAAC FAULK OF BLOOD INCANTATION !!

“I Believe That Questioning Mainstream Archaeology, Even If The End Goal Isn’t Proving The Existence Of Aliens, Is a Great First Step To Questioning Everything We Have Been Taught About Our Own Society.”

DISC REVIEW “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE”

「僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。」
宇宙、異次元、エイリアンをビッグテーマに “アストラルデスメタル” の称号を得る BLOOD INCANTATION は、しかし自らの存在や哲学を “サイエンスフィクション” の世界に留め置くことはありません。SF を隠喩や象徴として扱う “デス・スター” 真の目的は、現実世界のリスナーに森羅万象あらゆる “常識” に対して疑問を抱かせることでした。
「主流の考古学に疑問を呈することは、例え最終的にエイリアンの存在を証明出来なかったとしても、僕たち自身の社会について教えられてきた全てに疑問を投げかける素晴らしい第一歩だと思うんだよ。」
BLOOD INCANTATION の叡智を司るドラマー Isaac にとって、ギョペグリ・テペやギザのピラミッド、ナスカの地上絵が宇宙人の創造物であろうがなかろうが、究極的にはどちらでも構わないのかも知れませんね。なぜなら、彼の最終目標は宇宙よりも未知である人の心、暗く危険な内部空間の探索にあるからです。
Isaac は現在の人間社会、政治システムを完全なる実験の失敗だと捉えています。故に、この文明社会こそ人類の最高到達点で良好な進歩を遂げているという固有概念に疑問符をもたらすため、寓話的に SF を使用しているにすぎないのです。
「僕たちの新しいレコードは、人類という種が記憶を失っていて、その過去はまだ明らかにされていないという概念に焦点を当てているんだ。」
“Hidden History of the Human Race” で描くのは忘却の彼方に追いやられた人類の隠された歴史。大胆不敵な宇宙旅行者が作成する、失われた古代の歩みを取り戻すアストラルレコードの使命は、そうしてデスメタルとプログレッシブのロマンを取り戻す旅ともリンクしていきます。
「僕はね、”プログレッシブデスメタル” ってタグはあまり気に入っていないんだよ。だってそこに分類されるバンドの大半が、僕がプログレッシブロックがもともと志していたと考える音楽をプレイしていないんだからね。」
プログレッシブの名を冠しながら、モダンなテクニックの博覧会を志向する昨今のバンドとは一線を画す BLOOD INCANTATION のロマンチシズム。それは YES, PINK FLOYD, RUSH, KING CRIMSON といった神代の巨人への憧憬を根源としています。
“Echoes”, “Close to the Edge”, “The Gates of Delirium” といったプログエピックを指標した18分の異次元探索 “Awakening from the Dream of Existence to the Multidimensional Nature of our Reality (Mirror of the Soul)” を聴けば、そこに古の技術やイデアを元にした音のペイガニズムが存在することに気がつくはずです。
同時に、テクニカルデスメタル、ブルータルデスメタル、デスコア等の台頭により次元の狭間に埋もれた “OSDM” オールドスクールデスメタルの “レコンキスタ” を司る十字軍の役割も忘れるわけにはいきません。
HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を従え津波となった OSDM リバイバルの中でも、BLOOD INCANTATION の映し出す混沌と荘厳のコントラスト、プログの知性やドゥームの神秘まで内包する多様性は傑出しています。その理由は、GORGUTS を筆頭に、DEATH, CYNIC, DEMILICH といったデスメタルに異世界を持ち込んだ異形の “血の呪文” を受け継いでいるからに相違ありません。
逆説的に言えば、ブラックメタルやドゥームメタルほど神秘や謎、アトモスフィアを宿していないデスメタルの領域でその世界の “DEAFHEAVEN” を演じる事は簡単ではないはずです。しかし、”Inner Paths (to Outer Space)” に内包された爆発的なエネルギー、リフノイズの海に鳴り響く美麗邪悪なアコースティックギター、複雑怪奇なフレットレスベースの胎動、アナログアンビエントな音の葉を浴びれば、彼らの野心が文字通りコズミックに拡大を続ける宇宙であることに気づくでしょう。
今回弊誌では、Isaac Faulk にインタビューを行うことが出来ました。「プログレッシブロックとは、様々なジャンルを過去のスタイルから生まれ出るテクニックと融合させ、異なる方向へと導くような音楽だよ。」 音楽にしても、時に “メインストリーム” に疑念を抱くことはきっと必要でしょう。どうぞ!!

BLOOD INCANTATION “HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE” : 10/10

INTERVIEW WITH ISAAC FAULK

Q1: 1. This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【ISAAC】: Hello and thank you for your interest and this thoughtful interview. My name is Isaac and I am the drummer of Blood Incantation. The band is a vehicle for some of our more eccentric ideas and a platform for the music that we like.
I grew up with hippie parents, they listened to stuff like The Beatles, Sting, Yes, Kansas, King Crimson, Enya, Black Sabbath, Kitaro, Jethro Tull, Loreena McKennit, all of that type of stuff. That music has always stuck with me, although when I started looking for my own path I diverged a bit. I found heavier music in my early teen years and went down the rabbit hole trying to find the darkest and heaviest music possible. I was primarily interested in Black Metal in those years, favoring the Norwegian scene specifically. It took me some time to get into Death Metal, even though I owned albums by the classic bands, I generally preferred other styles. Then I discovered Gorguts and their landmark album Obscura and everything changed.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【ISAAC】: やあ!僕たちに興味を持ってくれて、そして思慮深いインタビューをありがとう。僕は Isaac。BLOOD INCANTATION のドラマーだよ。このバンドは、僕たちのよりエキセントリックなアイデアを具現化する乗り物であり、好みの音楽のためのプラットフォームでもあるんだよ。
僕自身はヒッピーの両親と育ったんだ。彼らは THE BEATLES, Sting, YES, KANSAS, KING CRIMSON, Enya, BLACK SABBATH, 喜多郎、JETHRO TULL, Loreena McKennit といった様々なタイプの音楽を聴いていたんだ。自分の道を探し始めた時に少しの分岐はあったにせよ、そういった音楽はいつだって僕のそばにあったんだよ。
10代のはじめによりヘヴィーな音楽を発見した僕は、それから可能な限り最高にダークでヘヴィーな音楽を探してその世界にのめり込んでいったんだ。そんな時期にまず興味を持ったのがブラックメタルだったね。特にノルウェーのシーンが大好きだったな。
それからしばらくして、デスメタルにもハマったんだ。もちろん、それまでもデスメタルのクラッシックな名作は持っていたんだけど、少し好みからズレていたんだよ。だけど GORGUTS と彼らのランドマーク “Obscura” を発見してから全てが変わったんだ。

Q2: How did Blood Incantation come to be? Where did your band name Blood Incantation come from?

【ISAAC】: Paul and I formed the band in 2011 after we had met playing a gig with our other bands, Stoic Dissention and Velnias. We discovered we had many mutual interests and went from there. The name Blood Incantation was originally for an improvisational Illuminati-inspired grind project Paul would mess around with back in 2009/2010 while living in Oregon. This general aesthetic interest in secret societies and the occult gradually morphed into the Sumerian/Annunaki blood sacrifice aesthetic we have now. The name specifically represents the human spell itself, this mystery of flesh and spirit and the nature of universal creation: humans are the Blood Incantation.

Q2: では、BLOOD INCANTATION 結成の経緯、バンド名の由来を教えていただけますか?

【ISAAC】: 僕と Paul はそれぞれ STOIC DISSENTION, VELNIAS というバンドでプレイしていて、あるギグで顔を合わせたんだ。そこで様々な共通の興味を発見し、意気投合して BLOOD INCANTATION を結成したんだよ。
BLOOD INCANTATION という名前はもともと、イルミナティにインスパイアされたグラインド・プロジェクトの名前だったね。Paul がオレゴン州に住んでいた2009/2010年に関わっていたものさ。 “血の呪文” という秘密結社とオカルトに対するこの一般的な審美的関心は、徐々に僕たちが現在入れ込んでいるシュメール/アヌンナキの血の犠牲の審美性へと変化したんだ。
この名前は人間の呪文そのもの、肉体と精神の神秘、そして普遍的な創造の性質を具体的に表しているんだよ。人間は血の呪文なんだから。

Q3: Space, Alien and Death are one of the main topics of Blood Incantation. So, I imagine you were abducted by aliens once and that made you were into these topics, haha. Is that true?

【ISAAC】: I have never had a close encounter with extraterrestrials. However, I have experienced some inexplicable meetings with beings I could dub as extradimensional. There is much going on in this plane of existence that we just don’t know about so it is fascinating to me to explore those avenues.

Q3: 宇宙、エイリアン、死といったテーマも BLOOD INCANTATION の揺るぎなきメイントピックだと思います。
宇宙人に拐われる “アブダクション” を経験したのではないかと想像してしまいますが (笑)

【ISAAC】: 僕は地球外生命体と接近遭遇したことはないんだ。とは言え、余次元の生命体と不可思議な出会いを経験したことは何度かあるんだよ。
この存在平面では僕たちの知り得ない様々なことが起こっているから、そのミステリーを深く掘り下げることは僕にとってとても魅力的なんだ。

Q4: Ok, let’s talk about your newest record “Hidden History of the Human Race”. For example, some people believe that Giza, or Nasca was made by Aliens, and we were slaves or made by Aliens. I feel you are one of the believer of that kind of “Hidden History”, right?

【ISAAC】: Our new record focuses on the notion that our species has amnesia, that our past is something we have yet to uncover. Mainstream archaeology has set a certain timeline, a story that is convincing. However, new evidence over the last few decades has begun to peel back the inconsistencies in our history. Whether or not the builders of such megalithic structures as Gobekli Tepe or the Pyramids of Giza were extraterrestrials, there is something to the origin of these undeniably mysterious buildings that is out of our understanding.
The main goal of our music, imagery and lyrics is to make people question their preconceived notions. It is important to us to push boundaries, not just musically but conceptually. For this reason, it is not just the existence of aliens or interdimensional entities that are our main focus, it is also the expansion of one’s own inner world that inspires us. I believe that questioning mainstream archaeology, even if the end goal isn’t proving the existence of aliens, is a great first step to questioning everything we have been taught about our own society.

Q4: では最新作 “Hidden History of the Human Race” について話しましょう。
例えば、ギザのピラミッドやナスカの地上絵はエイリアンの創造物で、人類は彼らによって作られた奴隷だったと信じる人もいますよね。BLOOD INCANTATION もそういった “Hidden History” 隠された歴史の信奉者にも思えますが?

【ISAAC】: 僕たちの新しいレコードは、人類という種が記憶を失っていて、その過去はまだ明らかにされていないという概念に焦点を当てているんだ。
主流の考古学は人類の歴史に一定のタイムラインを設定していて、それは確かに説得力のあるストーリーだよね。だけど、過去数十年に渡って見つかった新たな証拠によって、歴史の矛盾が明らかになり始めているんだよ。ギョペグリ・テペやギザのピラミッドなど巨石構造の建設者が地球外生命体であったかどうかにかかわらず、こういった紛れもなく神秘的な建物の起源には、僕たちの理解を超えた何かが存在するんだから。
僕たちの音楽、アートワーク、歌詞の主な目標は、人々に先入観を疑わせることなんだ。音楽的にだけじゃなく、概念的にも限界を押し広げることが重要なんだよ。そのため、エイリアンや次元を股にかける存在だけじゃなく、何かにインスパイアされて自分自身の内なる世界を拡大することもまた重要なテーマなんだ。
主流の考古学に疑問を呈することは、例え最終的にエイリアンの存在を証明出来なかったとしても、僕たち自身の社会について教えられてきた全てに疑問を投げかける素晴らしい第一歩だと思うんだよ。

Q5: I believe “Hidden History of the Human Race” is one of the year’s best record and year’s best artwork. What does the “Pink Floyd-ish” artwork express? Does it reflect the concept of this record?

【ISAAC】: Thank you, we worked hard to make the record and its presentation reflect the ideas and aesthetic of the music. The art for Hidden History of the Human Raceis a piece from the 1970s by Bruce Pennington, the artist behind many great science fiction books like those of Frank Herbert and Isaac Asimov. We have used his art for many different releases since the beginning of the band and the piece we used for this album just stuck out. Once we saw it we were certain we had to use it for this record.

Q5: “Hidden History of the Human Race” はその音楽はもちろんですが、アートワークも実に素晴らしいですね。かつての PINK FLOYD を思い出しましたよ。

【ISAAC】: ありがとう。レコードとその表現法が音楽のアイデアと審美性を反映するためにとても苦心したからね。”Hidden History of the Human Race” のアートワークは、1970年代に Bruce Pennington によって描かれたものなんだ。Frank Herbert や Isaac Asimov なんかの偉大な SF 小説の陰にはいつも彼が居たんだよ。
僕たちはバンド創設以来、様々なレコードで彼の作品を使用して来たね。中でこの作品のアートワークは傑出していたんだ。アートを見た瞬間に、レコードに使わなきゃって思ったんだよ。

Q6: Regarding Pink Floyd, “Hidden History of the Human Race” has proggy time-signature tricks and expansive song-lengths in it’s music. Actually, there is few death metal band who has only 4 songs but 36 minutes running time. Do you think you are mixing old-school death metal and prog world?

【ISAAC】: We are all fans of progressive rock, psychedelic rock, and anything from the 1970s that is left of center. I appreciate the Pink Floyd comparison because they are a big influence. On the track listing, the song “Awakening from the Dream of Existence to the Multidimensional Nature of our Reality (Mirror of the Soul)” was very much influenced by the side-longtracks of bands like Pink Floyd and Yes, specifically “Echoes,” “Close to the Edge,” and “The Gates of Delirium.” I don’t think that “progressive death metal” is a great tag only because much of the music under that classification doesn’t do what I think progressive rock originally intended which was to push the music in different directions using many genre styles and incorporating musical techniques from styles of the past.

Q6: PINK FLOYD の名前を出しましたが、プログレッシブな変拍子と長尺な楽曲にはブログ世界の影響も色濃いように感じます。36分で全4曲のデスメタルバンドなど、なかなか存在しないですからね。
オールドスクールデスメタルとプログロックをこれほど巧みに融合するバンドは前代未聞です。

【ISAAC】: 僕たちは全員が70年代、左寄りのプログロックやサイケデリックロックの大ファンなんだ。PINK FLOYD との比較は嬉しいね。だって彼らからは多大な影響を受けているから。
アルバムに収録されている “Awakening from the Dream of Existence to the Multidimensional Nature of our Reality (Mirror of the Soul)” って楽曲は、PINK FLOYD, YES といった長尺曲を得意とするバンドにとても影響されているんだ。特に、”Echoes”, “Close to the Edge”, “The Gates of Delirium” みたいな楽曲にね。
僕はね、”プログレッシブデスメタル” ってタグはあまり気に入っていないんだよ。だってそこに分類されるバンドの大半が、僕がプログレッシブロックがもともと志していたと考える音楽をプレイしていないんだからね。
プログレッシブロックとは、様々なジャンルを過去のスタイルから生まれ出るテクニックと融合させ、異なる方向へと導くような音楽だよ。

Q7: I said “Old-school”, along with Horrendous, Tomb Mold, Gatecreeper, you are great successor of golden age of death metal. I think old-school death metal revival is big trend of metal scene now. Do you think you are involved in the movement?

【ISAAC】: I think we were just doing what we wanted to do and it landed at the right time. Many people are very into this style now and it has helped us gain popularity. However it was never our intention to be part of a scene or anything. We just make the music we like.

Q7: オールドスクールと言ったのは、あなた達はもちろん、HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER といったデスメタル黄金世代の素晴らしき後継者が続々と現れているからです。
あなたは、自身がオールドスクールデスメタルのリバイバルというビッグトレンドに関与していると考えていますか?

【ISAAC】: 僕たちはやりたいようにやっているだけだよ。タイミングが合っただけだろうね。現在、多くの人がこういったスタイルにハマっていて、おかげで僕たちも人気を得る助けにはなっている。
だけど意図してトレンドを狙った訳では決してないし、このシーンに属したいと思った訳でもないんだよ。僕たちはただ好きな音楽を作るだけさ。

Q8: Bands like Death, Cynic, Atheist, Gorguts brought technical, atmospheric, avant-garde aspects to death metal. I feel you have all these experimental aspects in your music. That kind of diversity is one of your trademark, do you agree that?

【ISAAC】: All of the bands you listed are huge inspirations to us. I take it as a big compliment to be placed in the same breath as these bands. Our goal as a band is to push ourselves as musicians and not to repeat ourselves too much. That style of Death Metal is a great way to keep the music fresh and challenging.

Q8: 冒頭で GORGUTS の名前が出ましたが、お話を伺うにつれ DEATH, CYNIC, ATHEIST などデスメタルに他の音楽的影響、多様性をもたらしたバンドからのインスピレーションが大きいように感じられました。

【ISAAC】: 君が挙げたバンドは全てが僕たちの大きなインスピレーションとなっているよ。だから、彼らと同じ場所にいるって言ってくれるのはとても大きな賛辞なんだ。
バンドとしての僕たちの目標は、ミュージシャンとして自分たちをプッシュし、過去の音楽性を繰り返し過ぎないこと。彼らが残したデスメタルのスタイルならば、音楽を新鮮で挑戦的に保つことが出来るからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ISAAC’S LIFE

GORGUTS “OBSCURA”

PORCUPINE TREE “FEAR OF A BLANK PLANET”

KING CRIMSON “IN THE COURT OF THE CRIMSON KING”

THE BEATLES “SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND”

EMPEROR “ANTHEM TO THE WELKIN AT DUSK”

Each one took me to new places and has influenced me in so many different ways, I could write a whole essay on each one.

MESSAGE FOR JAPAN

We can’t wait to get our hands on all of those Japanese versions of sick records. Till then, Cheers!

いつか日本で、クールなレコードの日本盤を全て手に入れるのが待ちきれないね。楽しみだよ!

ISAAC FAULK

BLOOD INCANTATION Facebook Page
BLOOD INCANTATION Official
DARK DESCENT RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です