NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CRYPTIC SHIFT : VISITATIONS FROM ENCELADUS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH RYAN SHEPERSON OF CRYPTIC SHIFT !!

“We Love Voivod, Especially The Records “Killing Technology” And “Dimension Hatross”. Those Records, Along Side Nocturnus “Thresholds” Really Showed Us How It Was Possible To Write a Massive Sci-Fi Tale Within a Metal Record.”

DISC REVIEW “VISITATIONS FROM ENCELADUS”

「僕たちは VOIVOD を愛していて、特に “Killing Technology” と “Dimension Hatross” がお気に入りなんだ。NOCTURNUS の “Thresholds”と並んで、この2枚はメタルレコードの中に大規模なSFの物語を書くことが可能であることを教えてくれたんだ。」
英国で最も奇妙かつ革新的な “フェノメナルテクノロジカルアストロデスアーティスト” CRYPTIC SHIFT。VOIVOD や VEKTOR のコズミックな SF スラッシュメタルと、MORBID ANGEL や GORGUTS のおどろおどろしい猟奇的デスメタルを完膚なきまでに融合させる彼らのやり方は、メタルの仄暗いファンタジーをさらにまた一歩推し進めます。
「CRYPTIC SHIFT はスラッシュ/デスメタルの境界を押し広げることを目指している一方で、広義のメタルシーンにおけるソングライティングと創造的なコンセプトのストーリーライティングの境界線をも押し広げることも目指していると言えるだろうな。2020年にスラッシュとデスメタルを推進している素晴らしいバンドはたくさんあるけど、プログレッシヴでテクニカルなSFソングライティングを推し進めているバンドはそれほど多くはないからね。」
BLOOD INCANTATION, TOMB MOLD が昨年放った2枚のレコードは、20年代のメタルが向かう先をある種予見するような作品でした。オールドスクールデスメタルの遺伝子を濃密に受け継ぎながら、奇々怪界なサイエンスフィクションをテーマに仰ぎ、サイケデリックにストーナー、プログレッシブと多様な音の葉を纏う異次元の世界線。
CRYPTIC SHIFT のデビュー作 “Visitations from Enceladus” は彼らの異形とシンクロしながら、スラッシュメタルのメカニカルな衝動と長編の空想宇宙小説を衝突させ、メタルの核融合を誘発しているのです。
「”Moonbelt Immolator” は歌詞の中にストーリーがあるから長い曲になることはわかっていたんだけど、トラックをまとめるうちに、どんどん長くなっていったんだ。ただそれを恐れてはいなかったよ。」
その華々しき化学反応の証明こそ、26分の宇宙譚、オープナー “Moonbelt Immolator” でしょう。Away の正当後継者 Ryan の言葉通り、恐れを知らない SF メタルの開拓者は、26分を6つの独立した楽章に分割してスリリングで摩訶不思議な空の物語を描き切ってみせました。そのオペラ的な手法は、ただメタルのエピックというよりも、RUSH の “2112” や “Hemispheres” と同等の性質を持つ叙事詩という方が適切なのかもしれませんね。
重要なのは、CRYPTIC SHIFT がプログレッシブなデスメタルやテクニカルなスラッシュメタルが切望する音符の密度、激しいダンスを少しも損なうことなく、全体をホログラフィックに見渡せる抜きん出た俯瞰の構成力を身につけている点でしょう。
ゆえに、デス/スラッシュの単純な枠を超え、ドゥーム、ジャズ、ノイズ、アンビエントのタトゥーが音肌の上に絶え間なく露出を続ける不浄のオベリスクでありながら、決して彼らの宇宙譚は量子力学レベルの理解不能な方程式に収まってはいないのです。
つまり、宇宙的な和音、歪んだAI言語、洗練と粗野のバランスが絶妙なd-beatとブラスト、多面的なキャラクターを宿すデスボイス、不協和を恐れないギターに絡みつく蛇のようなフレットレスベース、その全てがメタル世界の大衆を観客に迎えた舞台 “エンセラドゥスからの来訪者” を彩る小道具にすぎないと言えるのかもしれませんね。
逆にいえば、耳障りになりかねない不協和音、ノイズ、グロウルにブラストビートも、CRYPTIC SHIFT の手にかかれば生命力に満ち溢れたキャッチーな舞台装置へと変化を遂げるのです。
ある意味、エレクトロニカを大胆に咀嚼した NOCTURNUS を VOIVOD と並んで崇拝する理由もそこにあるのかもしれません。ATHEIST, PESTILENCE, MARTYR に SADUS。全ての奇妙は物語のために。
今回弊誌では、ドラムス Ryan Sheperson にインタビューを行うことができました。「僕とXanderは信じられないほどのスター・ウォーズの大ファンで、その全てが大好きなんだよ。 おそらく夕食を食べた回数よりも多く、スター・ウォーズの最初の6作品を観ているだろうな。好きな順番をつけるなら、I、VI、V、IV、III、IIかな。 “ファントム・メナス” が一番好きだと嫌われるかもしれないけど、それはきっと世代の問題だろう。」 どうぞ。

CRYPTIC SHIFT “VISITATIONS FROM ENCELADUS” : 10/10

INTERVIEW WITH RYAN SHEPERSON

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【RYAN】: Hey, how’s it going? Thanks a lot for taking the time to interview me! My name is Ryan and I perform drums in the United Kingdom’s ultimate Phenomenal Technicological Astrodeath artist CRYPTIC SHIFT. We have just released our debut record “Visitations from Enceladus” on Blood Harvest Records, a perfect blend between Extreme Music and Sci-Fi Art. I have been performing drums for around ten years, and have performed in Cryptic Shift for six years. My biggest influences in Metal Drumming comes from drummers such as Sean Reinert, Gene Hoglan, Michel “Away” Langevin and Dave Lombardo. I got into Metal music pretty young, maybe when I was around eight years old, listening to bands like Metallica, Slayer, Pantera, Slipknot, Machine Head through videos on TV, before getting into Thrash and Death Metal around the start of my teenage years.

Q1: 本誌初登場です。まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【RYAN】: やぁ、元気かい? インタビューに時間を割いてくれてありがとう! UK における究極の “フェノメナルテクノロジカルアストロデスアーティスト”、CRYPTIC SHIFT でドラムを叩いている Ryan だよ。エクストリームミュージックとSFアートを完璧に融合させたデビュー作 “Visitations from Enceladus” を Blood Harvest Records からリリースしたばかりなんだ。
僕は10年ほどドラムをやっていて、6年前から CRYPTIC SHIFT に参加している。メタルドラミングで最も影響を受けたのは、Sean Reinert, Gene Hoglan, Michel “Away” Langevin, Dave Lombardo といった人たちからだよ。
メタルにハマったのはかなり若い頃で、たぶん8歳くらいかな。METALLICA, SLAYER, PANTERA, SLIPKNOT, MACHINE HEAD なんかをビデオで聴いていたね。10代に入ってスラッシュやデスメタルにハマるまではね。

Q2: How did Cryptic Shift come to be? Of course, there were demos and EPs, but It took eight years to release the first full “Visitations from Enceladus” since the beginning. Why?

【RYAN】: When I joined the band in later 2013, I was sixteen and the band was more or less just a group of friends jamming out. We hadn’t found our sound and we didn’t have any sort of musical direction, we just wanted to play Metal music together. As the years progressed, so did myself and Xander (Bradley, Guitars/Vocals). We evolved into more serious musicians and wanted to take the band in a different direction to the other members. So for a period of time we were trying out new people to join the band and eventually found John Riley (Bass) and Henry Parker (ex-Guitarist), which followed with the release of our first EP “Beyond the Celestial Realms”. At this point in time, we were still young and developing our performance and style, however we knew we wanted to go in the direction of Sci-Fi Thrash Metal. After a few years of playing the EP in the UK we released the single “Cosmic Dreams”, which was an extreme step up for us as performers. Our playing style is a lot more technical and influenced from Death Metal acts such as Gorguts and Morbid Angel on this single. Shortly after this release we parted way with Henry Parker and welcomed Joe Bradley to the band as new guitarist. Together we started writing “Visitations from Enceladus”, which took around two years to put together. Then we spent around a year and a half recording and producing the record – we just wanted it to be right. This would be the first record the world would hear from Cryptic Shift. It had to be taken seriously.

Q2: デモや EP があったとはいえ、CRYPTIC SHIFT はこのデビュー作 “Visitations from Enceladus”のリリースまで8年の時間を要しましたね?

【RYAN】: 2013年後半にバンドに加入した時、僕は16歳で、バンドはよくある友達のグループでジャムをしていただけって感じだった。自分たちの音を見つけられていなかったし、音楽的な方向性もなく、ただ一緒にメタルを演奏したかっただけだったんだ。
時が経つにつれ、僕と Xander Bradley(ギター/ボーカル)はより本格的なミュージシャンへと進化し、他のメンバーとは違う方向にバンドを持っていきたいと思うようになった。だから、しばらくの間、新しいメンバーの加入を検討して、最終的には John Riley(ベース)と Henry Parker(元ギタリスト)を見つけて、最初のEP “Beyond the Celestial Realms” をリリースしたのさ。まだ若く、パフォーマンスとスタイルを発展させている途中だったけど、SFスラッシュメタルの方向に進みたいと思っていたね。
UK でEPをプレイしたりして過ごした数年後、シングル “Cosmic Dreams”をリリースしたんだけど、これはパフォーマーとしての僕らにとって飛躍的なステップアップとなった。このシングルにおいて僕達の演奏スタイルはよりテクニカルで、GORGUTS や MORBID ANGEL のようなデスメタルの影響を受けているんだ。
このリリース後すぐに Henry と別れ、新しいギタリストとして Joe Bradley をバンドに迎えたんだ。そして一緒に “Visitations from Enceladus “を書き始めたね。
それから約1年半かけてレコーディングとプロデュースを行ったんだよ。ただ正しいものにしたくてね。これは CRYPTIC SHIFT が世界に向けて発表した最初のレコードになる。だから真剣に受け止めなければならなかったのさ。

Q3: So, “Visitations from Enceladus” was released on “May the 4th”. Did it relate to your big love of “Star Wars” and Sci-fi movies?

【RYAN】: Absolutely! I’m glad you picked up on that reference. We wanted to make sure that the record would be released on May the 4th as a homage to our biggest inspiration outside of Music – Star Wars! Myself and Xander are incredibly big Star Wars fans, we love everything about it. We’ve probably watched the first six Star Wars movies more than we’ve had hot dinners. My favourites in numerical order would be I, VI, V, IV, III, II. People will probably hate me for liking “The Phantom Menace” the most, however it’s a total generation thing. It was ‘the movie’ when I was really young, and it’s still ‘the movie’ now, for me at least. Plus it‘s just totally the best one! We enjoy other Sci-Fi movies and tales, stuff like the X-Files, Stargate, Aliens, Predator, Terminator, the Fifth Element, Waterworld etc., but non more than Star Wars. Star Wars is the BEST!!! Apart from the Disney Star Wars trilogy, that sucks, but we won’t talk about that.

Q3: “Visitations from Enceladus” は “May the 4th” 5月4日にリリースされました。バンドのスター・ウォーズや SF映画に対する愛が感じられますね?

【RYAN】: 間違いないね!君がその事実に気づいてくれて嬉しいよ。5月4日に発売日を設定して、音楽以外で最も大きなインスピレーションを与えてくれたスター・ウォーズへのオマージュを捧げたかったのさ!
僕とXanderは信じられないほどのスター・ウォーズの大ファンで、その全てが大好きなんだよ。 おそらく夕食を食べた回数よりも多く、スター・ウォーズの最初の6作品を観ているだろうな。好きな順番をつけるなら、I、VI、V、IV、III、IIかな。 “ファントム・メナス” が一番好きだと嫌われるかもしれないけど、それはきっと世代の問題だろう。僕にとっては若いころも、今もあれこそがスター・ウォーズなんだよ。それに、内容も単純に最高の映画なんだ!
もちろん、X-ファイル、スターゲイト、エイリアン、プレデター、ターミネーター、フィフス・エレメント、ウォーターワールドなど、他のSF映画や物語も楽しんでいるけど、スター・ウォーズ以上のものはないと思う。スターウォーズ最高!! ディズニーのスターウォーズ三部作を除けばね。あれは最悪だよ、話したくもない。

Q4: Speaking of Sci-fi, there have been some great “Sci-fi” metal bands like Voivod, Nocturnus, Vektor, Cynic. Among them, “Dimension Hatross” of Voivod is one of my favorites and I feel the same spirit in “Visitations From Enceladus”. Do you think your band inherits their heritage?

【RYAN】: We love Voivod, especially the records “Killing Technology” and “Dimension Hatross”. Those records, along side Nocturnus “Thresholds” really showed us how it was possible to write a massive Sci-Fi tale within a metal record. Awesome. It’s great to carry the torch for Sci-Fi Metal as a whole, there’s not many bands out there which push themselves creatively like this. It’s way more exciting for us to write music this way, pushing ourselves to come up with our own techniques when creating these Sci-Fi soundscapes and organic passages.

Q4: SF といえば、VOIVOD, NOCTURNUS, VEKTOR, CYNIC など、メタル世界にも SF を取り入れた SF メタルが存在します。
特に、”Visitations From Enceladus” からは VOIVOD の “Dimension Hatross” と似たスピリットを感じましたよ。

【RYAN】: 僕たちは VOIVOD を愛していて、特に “Killing Technology” と “Dimension Hatross” がお気に入りなんだ。NOCTURNUS の “Thresholds”と並んで、この2枚はメタルレコードの中に大規模なSFの物語を書くことが可能であることを教えてくれたんだ。最高だよ。
僕たちが SF メタルのの聖火を引き継ぐことができるのは素晴らしいことだよ。だってこの分野で創造性を最大限に引き出しているバンドは、そう多くないからね。SF のサウンドスケープや有機的なパッセージを作る時に、こんな風に自分たちのテクニックを駆使して楽曲を作るのは、僕らにとってとてもエキサイティングなことなんだ。

Q5: I really love the artwork of “Visitations from Enceladus”. Definitely, it seems there is a big Sci-fi story in this record, right? Could you tell us about that?

【RYAN】: Indeed there is, and we have plans to bring out merchandise like novels about the story and even fighting fantasy style game-books. I encourage you to read the lyrics and study the artworks to create your own imagination of the landscapes and occurrences in the story, however I can put you in the shoes of the main character at the start of Moonbelt Immolator… You awaken. A great feeling of bewilderment befalls you, yet it is laced with purpose. A hideous wailing pierces your ears and forces you to consciousness as you pry your eyes open; a task that should not be difficult. You see an array of flashing lights and display screens; one reads “sleep count: unknown”, adding to your confusion. Like a dream where you have no recollection of how you arrived here, only what is presently occurring. You feel weak but your veins are surging with intent as you step up from a cockpit seat and observe the spacecraft you appear to be in, you step over to a viewglass to the outside. Elongated stars stream past at incredible speeds while simultaneously, some are rotating closer as if you could reach out and halt their movement with your hands. The cosmic mist you assume your craft is travelling through is unlike any place you can remember. Suddenly, more beeping from the command console draws you back to the seat and you see something approaching on the scanners. Some sort of opening in the vortex, it looks like square but is behaving like a sphere. As the ships trajectory reaches the pulsing phenomena, a blinding light of unknown colours engulfs you. You exit the time wound into reality and your mind and body feel much more grounded than the previous place. Objects stretch back into place and you witness an enormous planet; a glowing orange gas giant encircled by an asteroid field, and in orbit thousands of starships engaged in battle. Your own craft is hurtling towards the skirmish as the display screen informs you of an INCOMING TRANSMISSION. With no knowledge of the controls, a slimy voice orders you to identify yourself or you shall be blasted! What would you do next? Find out in Visitations From Enceladus!

Q5: アートワークも実に SF チックで、想像力を刺激しますね?

【RYAN】: そうだね、実際、このストーリーを題材にした小説のようなグッズや、バトルファンタジー風ゲームブックの発売も予定しているんだよ。だから歌詞を読んだり、その作品を読んだりして、物語の中の風景や出来事を想像してもらえればなあと思うんだけど、”Moonbelt Immolator” の冒頭における主人公の立場になって作品のヒントを話してみるね。
目を覚ます。 大きな戸惑いが襲うけど、なにかの目的がある。恐ろしい叫び声が耳を突き刺し、目をこじ開けて意識を取り戻すんだ。点滅するライトやディスプレイ画面の配列を見て、混乱は増し、”睡眠数:不明” の文字を読み取る。さながら夢のようで、ここにどのようにして到着したかの記憶はなく、現在発生していることだけを理解しているんだ。
コックピットの座席から起き上がり、宇宙船の内部を観察していると、脈拍は意図的にあがっていく。そして窓に目をやるんだ。信じられないほどのスピードで通り過ぎていく星々。同時に、手を伸ばせば捕まえられそうなほど、そのいくつかはより近くで回転している。船が旅していると思われる宇宙の霧は、記憶にあるどの場所にもないものだった。突然、コンソールからのビープ音でシートに引き戻され、スキャナーで何かが近づいているのに気づく。
正方形のように見えるけど、球体のように振る舞う渦。 船の軌道がその現象に到達すると、未知の色のまばゆい光が包み込む。 現実の時間から出て、心と体は、前の場所よりもはるかに地面を踏みしめる。物体は所定の場所に引き戻され、巨大な惑星を目撃するんだ。
オレンジ色に輝くガスの巨人が小惑星帯に囲まれ、軌道上には何千もの宇宙船が戦っていた。自分の船は小競り合いに向かって疾走している。コントロールの知識もないまま、コンソールにはデータを入力してくださいの文字と、「認証してください。認証してください。そうしなければ爆発します」の声が!さあどうしよう?続きはアルバム本編でね!

Q6: You know, lot’s of metal bands make long epics, but “Moonbelt Immolator” breaks the mold of the metal scene. 26 minutes! Wow! What made you create such a huge song?

【RYAN】: There was no desire to create a twenty six minute long song, it sort of just happened. We knew that “Moonbelt Immolator” was going to be a longer song because of the storyline within the lyrics, however when putting the track together it just became longer and longer. We didn’t fear this, we wanted the first track on “Visitations…” to be a huge showcase of Cryptic Shift and our range of capabilities as performers. We also wanted it to showcase our musical influences from Technical Death Metal, to Thrash, to Prog, to Jazz, to Avant-Garde, to Sci-Fi Soundtracks, I think it would be difficult to write a track this long if we were only interested in performing Thrash or Death Metal. Maybe because of our vast influences and writing style, ”Moonbelt Immolator” has an incredible amount of replay-ability. Every member of the band worked really hard to make sure their performance and writing efforts on this track was their highest level of playing, and it really worked out that way. We’re really proud of “Moonbelt…” and it’s awesome that you appreciates our efforts putting that track together! This track represents the style of Cryptic Shift the best.

Q6: それにしても、オープナー “Moonbelt Immolator” はメタル世界の常識を覆しましたね?26分のエピックはさすがに規格外ですよ。

【RYAN】: もともと、26分間の長さの曲を作ろうと思ったわけじゃなくて、たまたまその長さになったんだ。”Moonbelt Immolator” は歌詞の中にストーリーがあるから長い曲になることはわかっていたんだけど、トラックをまとめるうちに、どんどん長くなっていったんだ。ただそれを恐れてはいなかったよ。”Visitations From Enceladus” の1曲目は、バンド CRYPTIC SHIFT と、パフォーマーとして僕たちの能力の幅広さを示すビッグなショーケースにしたかったからね。
テクニカルデスメタルからスラッシュ、プログ、ジャズ、アヴァンギャルド、SFサウンドトラックまで、僕たちの音楽的な影響元を示す曲にもしたかった。もし僕たちがスラッシュやデスメタルのみに興味を持っていたとしたら、これほど長い曲を書くのは難しかっただろうな。そんな幅広い影響と作曲スタイルのおかげかな、”Moonbelt Immolator” は驚くほどの “聞き込み要素” が潜んでいるんだ。
メンバー全員が、演奏と曲作りの努力を最高レベルとするため懸命に努力し、それが本当にうまくいったんだよ。この曲を本当に誇りに思っているし、僕たちのその努力を評価してくれて嬉しいね。この楽曲は CRYPTIC SHIFT のスタイルを最もよく表しているからね。

Q7: Regarding long epic, when I hear “Visitations from Enceladus”, sometimes I remind King Crimson from your odd time, dissonance, and dynamism. Do you think old prog giants are one of the inspirations of this record?

【RYAN】: We’re not directly influenced by classic Prog Rock as much as it would appear, however I think we are indirectly influenced by their music filtered through other acts. Growing up, I always had an interest in progressive music, but I only really got truly into the bands Opeth and Rush. For “Visitations from Enceladus”, I would say that the main progressive influences came from the record “Pleiades’ Dust” by Gorguts, and “Dimension Hatross” / “Target Earth” by Voivod. From being fans of records that carry these progressive themes it didn’t seem unnatural for us to write a track twenty six minutes long. I would say we’re more influenced by the musicianship and individual performances from classic Prog records, than the music itself.

Q7: アルバムに宿る変拍子や不協和音は、時に KING CRIMSON を想起させますね? プログロックの巨人はかつて、”Moonbelt Immolator” のような壮大なエピックを創造していたわけですが…

【RYAN】: クラシックプログに直接影響を受けているわけではないけど、他のバンドの音楽から間接的には影響を受けていると思う。子供の頃からプログに興味を持っていたんだけど、本格的にハマったのは OPETH と RURH だけだったからね。
“Visitations from Enceladus” において、プログレッシブからの影響といえば GORGUTS の “Pleiades’ Dust” と VOIVOD の “Dimension Hatross” “Target Earth” だと思うね。ずっとそういったプログレッシブなテーマを持ち込んだレコードのファンだったから、26分という長さの曲を作るのは不自然じゃなかったね。
だから音楽そのものよりも、クラシックプログレコードのミュージシャンシップや個々の演奏に影響を受けていると言えるだろうな。

Q8: Recently, Old-school death metal are revivaling with new talents like Blood Incantation, Tomb Mold, Gatecreeper. And some of them also use Sci-fi themes. It seems you are between Thrash metal and Death metal, I feel. But do you think you are involved with that movement?

【RYAN】: Cryptic Shift doesn’t really consider ourselves part of the “Old-School Revival” movement, we are more interested in the idea of being recognised in creating music that keeps Thrash/Death Metal relevant. It would appear that for years and years, ‘modern’ bands would appear to sound the same, especially in blast-beat heavy Death Metal styles. The bands you mentioned above are doing something different by taking that classic sound and adding their own personal touches to the music. We love the bands Blood Incantation, Tomb Mold, Voidceremony, who all push themselves as performers, which is the most influencing part for us. I would say that whilst Cryptic Shift aims to push the boundaries of Thrash/Death Metal, we’re also aiming to push the boundaries of songwriting and creative concept story-writing in the general metal music scene. There are a great amount of incredible bands pushing Thrash and Death Metal forward in 2020, but not so many pushing progressive, technical, Sci-Fi songwriting – I believe this is where “Visitations from Enceladus” really stands out from the rest.

Q8: 近年、オールドスクールデスメタルのリバイバルが加速する中、BLOOD INCANTATION や TOMB MOLD といったバンドは奇しくも SF のテーマをコンセプトに掲げていますね?

【RYAN】: CRYPTIC SHIFT は自分たちを “オールドスクール・リバイバル” ムーブメントの一部とは考えていない。それよりも、スラッシュとデスメタルに的を絞った音楽を作ることに興味があるね。何年も何年もの間、”モダンな” バンドは、特にブラストビートでヘヴィーなデスメタルスタイルでは、同じように聴こえるように感じるからね。
君が挙げたバンドは、そのクラッシックなサウンドを取り入れつつ、自分たちの個性的なタッチを音楽に加えることで、他とは違うことをしているよね。だから BLOOD INCANTATION, TOMB MOLD, VOIDCEREMONY といったバンドは大好きなんだ。
CRYPTIC SHIFT はスラッシュ/デスメタルの境界を押し広げることを目指している一方で、広義のメタルシーンにおけるソングライティングと創造的なコンセプトのストーリーライティングの境界線をも押し広げることも目指していると言えるだろうな。
2020年にスラッシュとデスメタルを推進している素晴らしいバンドはたくさんあるけど、プログレッシヴでテクニカルなSFソングライティングを推し進めているバンドはそれほど多くはないからね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED RYAN’S LIFE

ATHEIST “UNQUESTIONABLE PRESENCE”

The first choice would be “Unquestionable Presence” by Atheist. The overall performances across all members on this record is beyond incredible and inspirational. This may be the only record out there which TRUELY influenced all members of Cryptic Shift when developing as musicians, and the record still does to this day – a timeless classic lesson in how to perform true Technical Death Metal.

最初に選んだのは、ATHEIST の “Unquestionable Presence”。 このレコードのメンバー全員のパフォーマンスは、信じられないほど素晴らしく、インスピレーションを与えてくれるね。CRYPTIC SHIFT のメンバー全員に影響を与えた唯一のレコードかもしれない。

PESTILENCE “SPHERES”

Second would be “Spheres” by Pestilence, this record is awesome and has a really cool Sci-Fi vibe to it throughout. The Allan Holdsworth influence on this record is amazing, and I love the Jazz feel to it. Also just look at the artwork! How cool is that? Where is that ship going? Is it even a ship? Who knows!

2番目は PESTILENCE の “Spheres “だね。このレコードも素晴らしくて、全体的にクールなSF的雰囲気を持っている。Allan Holdsworth からの影響も素晴らしくて、僕はこのジャズの雰囲気が大好きなんだ。あと、アートワークを見てみてよ。最高だよね?あのの船はどこに行くんだろう? そもそも船なのか? 誰が教えてよ!

GORGUTS “OBSCURA”

Third would have to be “Obscura” by Gorguts – the scariest record of all time. If you haven’t awaken to ‘sleep paralysis but it’s the ghost of Big Steeve Hurdle screaming The Cardinal State’ at least once – then you’re really missing out at the true terrors of existence. This record really pushes the boundaries of being totally weird. People hate this record because they can’t appreciate the level of musicianship, and that’s super unique and motivating to push myself.

3位は GORGUTS の “Obscura “だろう。このレコードは完全に”奇妙であること” の境界線を押し広げている。この作品を嫌う人たちは、その音楽性のレベルを理解できないだけさ。実にユニークで、僕自身を追い込むモチベーションになるアルバムさ。

DEATH “INDIVIDUAL THOUGHT PATTERNS”

Forth would be “Individual Thought Patterns” by Death. This record is great because it’s pretty laid back however Gene and Steve really hammer down on being creative with the rhythm section, which really influences myself and Cryptic Shift Bass player John Riley when jamming together. The drumming on this record made me realise how much more substance I can give to my performances by adding a little bit of flare, something which I’m constantly working on improving.

4枚目は DEATH の “Individual Thought Patterns “だ。 このアルバムはかなりレイドバックされていて素晴らしいんだけど、Gene と Steve はリズム・セクションの創造性を高めていて、それが僕と ベーシストJohn Rileyに影響を与えているんだ。このアルバムのドラミングは、自分のパフォーマンスにちょっとした炎を加えることで、どれだけ自分のパフォーマンスを充実させることができるか気づかせてくれたね。

MORBID ANGEL “FORMULAS FATAL TO FLESH”

The final choice would have to be “Formulas Fatal to the Flesh” by Morbid Angel. I don’t really know what to say about this choice other than it is no doubt the most extreme record of all time. Trey is totally in his own world the entire time, and the lyrics/songwriting efforts are ferocious. Steve Tucker appears to be possessed by whichever ancient spells Trey has decided to cast on him, and it’s terrifying. Pete Sandoval could more others less be considered insane, I have no idea how he could perform this fast, and live footage is even more off putting – this record makes me wanna quit playing drums and music all together. Just thinking about this record gives me the creeps, in the most overpowering and positive way possible.

最後のチョイスは、MORBID ANGEL の “Formulas Fatal to the Flesh ” だろうな。このアルバムは間違いなく今までで最も過激なアルバムだ。それ以外には何も言えないよ。Treyは終始自分の世界にどっぷり浸かっていて、歌詞やソングライティングの努力は猛烈。Steve Tucker は、Trey が彼にかけた古代の呪文に取り憑かれているように見えて恐ろしいね。Pete Sandoval は正気とは言い難く、どうやってこんなに速く演奏できるのか分からないし、ライヴ映像にはもっとビビるよ。このレコードのことを考えるだけでゾッとしてしまう。

MESSAGE FOR JAPAN

Keep and eye on the sky, I don’t know much about UFO sightings in Japan, but don’t let anyone tell you that there isn’t something visiting our planet. May the force be with you. Continue to support Sci-Fi Metal, give “The Phantom Menace” another try. Don’t trust anyone in power, because you are the most powerful being on this planet. Long live the music of Tomoko Aran. Support the invasion of Cryptic Shift in Japan, so that we can come and showcase our art to you, it’s a dream of mine to visit your country and perform for you! Check out “Visitations from Enceladus”, close your eyes and concentrate, let your mind be transported to deep space! Arigatou Gozaimasu!

空を見つめ続けようね。日本におけるUFOの目撃情報はあまり知らないけど、この星に何かが訪れていないとは誰にも言わせないようにしよう。フォースがあなたと共にありますように。これからもSFメタルを応援し続けて欲しい。権力者を誰も信用しないで欲しい。君はこの地球上で最も強力な存在だよ。亜蘭知子の音楽万歳。
CRYPTIC SHIFT の日本への侵攻を応援してね。君たちの国でプレイするのはずっと夢だったから。”Visitations from Enceladus” をチェックして、目を閉じ集中して、心を深宇宙へと誘うんだ! アリガトウゴザイマス

RYAN SHEPERSON

CRYPTIC SHIFT Facebook
CRYPTIC SHIFT Bandcamp
BLOOD HARVEST RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です