NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TERAMAZE : I WONDER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DEAN WELLS OF TERAMAZE !!

ALL PHOTO BY KARINA WELLS

“I Like To Push My Self As a Musician So That Style Lets Me Do All The Styles That I Like To Write, We Fall In And Out Of Progressive Metal Its Anything Goes Really In Teramaze, Thats What Makes It Fun.”

DISC REVIEW “I WONDER”

「僕はミュージシャンとして自分をプッシュするのが好きだから、好きなスタイル全部を込めて作曲が出来るんだよ。プログレッシブメタルの中に出たり入ったり……TERAMAZE では何でもありで、それが楽しいんだ。」
PLINI, HIATUS KAIYOTE, KARNIVOOL, KING GIZZ, CALIGULA’S HORSE, VOYAGER, NE OBLIVISCARIS。オーストラリアが今、多様で真にプログレッシブなアーティストの桃源郷であることは疑う余地もありません。TERAMAZE の Dean Wells はインタビューてその理由を意味不明だと笑いましたが、実は彼自身が意識する “プログメタルに出たり入ったり”、自由自在何でもありのスピリットが彼の地には浸透しているのかも知れませんね。
「Tera とは何兆億もの道を指し、Maze は迷宮。だから、基本的に TERAMAZE とは平和への一つの道を通って自分の進む場所を見つけることなんだ。」
実際、 プログメタルというエニグマティックな迷宮においても、TERAMAZE が辿り到達した道の先は稀有なる特異点だと言えるでしょう。結成は1993年、デビュー作のリリースが95年ですから実はかなりのベテラン。当初はスラッシュメタルや PANTERA の影響色濃いアグレッシブなメタルをプレイしていましたが、2002年の解散、そしてリユニオンを経て、旋律の色彩を解き放つプログレッシブの昴として瞬き躍動しているのですから。
Dean が人生を変えたアルバムの一枚に SAVAGE GARDEN の “Affirmation” を挙げていることは、彼らを紐解く重要なヒントなのかも知れません。90年代を席巻した同郷オーストラリアのポップレジェンドは、たしかに TERAMAZE の遺伝子を改変しました。
メランコリーを帯びた官能的な歌声と旋律。洗練と無機の狭間で揺らぐ未来型シンセとドラムパターン。そんな二極を混淆して新世界への扉を開けた SAVAGE GARDEN の哲学は、そのまま TERAMAZE のエモーション極まるポップログメタルへと通じています。
「”Lake 401″ はたしかにサクスフォンととてもよく似ているよね。面白い話だけど、サックスは僕が初めて習った楽器で、正直嫌いだったんだ。(笑) でも今はそのサウンドが大好きだよ。実に歌っているようだからね。」
Dean の別プロジェクト、エクストリームな MESHIAAK のアルバムを聴けば、彼のテクニックが今まさに臨界へと達していることは明らかです。それでも、Dean が TERAMAZE でギターを捌くのではなく語らせるのは、ポリリズムやプログレッシブに潜む歌心を何よりも重視しているからでしょう。
そうして遂に Dean は最新作 “I Wonder” で自らが歌うことを選びました。バンドにとっては3作連続で異なるシンガーがフロントを務めることになりましたが、どうやら Dean の感傷的なソフトボイスは TERAMAZE の進化へと完璧に寄り添っているようですね。
アルバムには10分に迫る大曲が多数配置され、構成の妙やリズムの魔法で目眩く闇と祈りの絵巻物を象っていきます。それでも作品で最も印象に残るのは、”Lake 401″, “A Deep State of Awake”, “I Wonder” のような甘く切ないメロディーの輝き。逆に言えば、きっとポップソングは5分以内という常識を打ち破るのが何でもありの TERAMAZE なポップログ。
今回弊誌では、Dean Wells にインタビューを行うことができました。「僕たちは自分たちを、信念に従い音楽を書こうとしている人間以外の何者でもないと思っているんだ…僕は自分の信念を持っているし、それが音楽に浸透していくこともあるんだけど…でも、俺たちはただの TERAMAZE なんだよ。どんなラベルも関係なくね。」 どうぞ!!

TERAMAZE “I WONDER” : 9.9/10

INTERVIEW WITH DEAN WELLS

Q1: First of all, Teramaze is a very impressive band name. It seems Teramaze was originally under the name Terrormaze, right? What is the meaning behind it?

【DEAN】: Thanks mate, well it was originally called terrormaze but after i found my faith i changed it to teramaze which tera means a zillion paths and maze is a labyrinth so its basically finding your way through out through one path to peace.

Q1: TERAMAZE というバンド名はとても印象的ですね?そもそもは TERRORMAZE だったそうですが?

【DEAN】: どうもありがとう!そうなんだ、もともとは TERRORMAZE だったんだけど、僕の中で信念を見つけてからは TERAMAZE に改名したんだよ。Tera とは何兆億もの道を指し、Maze は迷宮。だから、基本的には平和への一つの道を通って自分の進む場所を見つけることなんだ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【DEAN】: My father was a great musician and and great singer and so is my mother so i was around music all day every day, i wanted to be a sportsman and i did really well at it until i broke my ankle and could never really get back to full strength so i started playing guitar because i was bored and fell in love with it instantly and i also picked it up really fast I’ve still never had any lessons haha.

Q2: あなたがギターを始めたきっかけは何だったんですか?

【DEAN】: 両親が偉大なミュージシャンでシンガーだっからね。だから毎日ずっと音楽に囲まれて育ったんだよ。
ただ、僕はスポーツの道に進みたかったし、足首を怪我するまでは優秀な成績を納めていたんだ。でも全力を発揮することが出来なくなってね。それでギターを始めたんだよ。退屈だったし、すぐにギターが大好きになったからね。レッスンを受ける前からギターを選んでいたくらいにね。(笑)

Q3: Teramaze was once disbanded in 2006, right? Why have you shifted to a more progressive music style since the reunion, when you had a more heavy music style before?

【DEAN】: it actually disbanded around 2002 when i got a publishing deal to write commercial music for T.v shows and bigger pop artists and thats where i learned how to be a producer. it was a great experience but after awhile my publisher asked what to do with all these heavy riffs i was submitting haha and he convinced me to re establish Teramaze which I’m so glad he did.
the progressive side was always there especially on our 2nd album tears to dust i like to push my self as a musician so that style lets me do all the styles that i like to write, we fall in and out of progressive metal its anything goes really in teramaze, thats what makes it fun.

Q3: TERAMAZE は00年代に一度解散していますよね?それまではもっとヘヴィーな音楽性でしたが、再結成以降はよりプログレッシブな方向へと進みました。

【DEAN】: 実際には、2002年頃に解散したんだ。僕がテレビ番組や大物ポップアーティストのため商業音楽を書く出版契約を得たからなんだけどね。あの頃僕は、プロデューサーになる方法を学んだんだ。素晴らしい経験だったよ。でも、しばらくしてパブリッシャーから、僕が提出していたヘヴィーなリフをどうするんだ?と聞かれてね。(笑) それで彼は TERAMAZE を再結成するよう説得してくれたんだ。とても嬉しかったね。
TERAMAZE にプログレッシブな面は常にあったし、特に2ndアルバム “Tears to dust” ではね。僕はミュージシャンとして自分をプッシュするのが好きだから、好きなスタイル全部を込めて作曲が出来るんだよ。プログレッシブメタルの中に出たり入ったり…… TERAMAZE では何でもありで、それが楽しいんだ。

Q4: Your other band Meshiaak is also really great – how do you distinguish it from Teramaze?

【DEAN】: meshiaak i share with Danny Camelleri and we have a strong vision of it being an extreme metal band with hints of progressive music and thrash its where my inner metal head gets to play around with heavy tiones and aggressive vocals through danny, so thats the big difference to teramaze.

Q4: あなたの別バンド MESHIAAK も大好きなんですよ。TERAMAZE との住み分けはどうしているのですか?

【DEAN】: MESHIAAK で僕は Danny Camelleri と一緒に活動しているんだけど、プログレッシブな音楽やスラッシュを取り入れたエクストリームメタルバンドという強いビジョンを持っているんだ。
僕の中のメタルヘッドが Danny を通してヘヴィーなサウンドとアグレッシブなボーカルで表現できるようになっているんだよ。それが TERAMAZE との大きな違いだね。

Q5: Teramaze is also an excellent storyteller. What kind of story did you draw this time? Occasionally, we see the notation that you are Christian metal band, but what does the story have to do with Christianity?

【DEAN】: I’ve never seen myself as a story teller but thats very cool you see us like that, I Wonder(the new Album) was more a bunch of thoughts and almost prayers in a way about some extremely dark things that go on in the world unseen that i havesharied with people who have survived it, i was really trying to find answers in these songs and make people hopefully think a little deeper than the surface sometimes..
we don’t class ourselves as any thing other than some guys trying to write music i have my faith and it does infuse into the music sometimes but yeah are just teramaze no labels.

Q5: TERAMAZE はストーリーテラーとしても優れていますね。時にあなたたちがクリスチャンメタルに分類されているのを見かけますが、キリスト教はバンドのコンセプトに影響を与えていますか?

【DEAN】: 自分ではストーリーテラーだなんて考えてもいないけど、そう思ってくれるのはとてもクールだよ!
“I Wonder” (ニューアルバム)は、目に見えない世界で起こっている究極にダークな出来事、僕はそれをサバイバーたちとシェアしてきたんだけど、それに関するほとんど祈りにも似た思索なんだよ。アルバムの曲の中に答えを見つけようとしていたし、うまくいけばリスナーに表層よりも少し深く考えてもらおうとしていたんだ…
僕たちは自分たちを、信念に従い音楽を書こうとしている人間以外の何者でもないと思っているんだ…僕は自分の信念を持っているし、それが音楽に浸透していくこともあるんだけど…でも、俺たちはただの TERAMAZE なんだよ。どんなラベルも関係なくね。

Q6: “I Wonder” is the most melodic and melancholic Teramaze album I’ve ever heard. I thought your voice fits the band better than previous singers. Does that mean your vocals were needed for the evolution of the band?

【DEAN】: thank you! that means a lot.
it was Chris Zoupa that was pushing me to sing these songs after hearing the demo tracks, he was convinced that the emotion and delivery makes more sense with this style for me to sing and obviously the subject matter effecting me in a massive way. I’m glad he did tell me to sing its been a really fun and challenging process.

Q6: “I Wonder” は TERAMAZE の作品の中でも、最もメロディックかつメランコリックだと感じています。あなたの声は前任のどのシンガーよりもバンドにフィットしていますね!
ある意味、バンドの進化にあなたの声が必要だったということでしょうか?

【DEAN】: ありがとう!そう思ってくれるのは大きな意味があるよ。
デモを聴いたあと、僕に歌うよう勧めてくれたのは Chris Zoupa だったんだ。このアルバムのエモーションが僕のスタイルに適してるって確信してね。
そしてもちろん、”I Wonder” のテーマは僕に大きな影響を与えていたからね。彼が歌うよう勧めてくれて嬉しかったし、実際とても楽しかったよ。チャレンジングなプロセスだったね。

Q7: Of course, as a guitarist you are also excellent, your guitar solo on “Lake 401” especially surprised me as it sounded like a saxophone, really beautiful! It seems that even now you are pursuing a better guitar sound, technique, right?

【DEAN】: thanks well i like to play leads almost like singing and I’m always trying to get more emotion into the notes so I’m not sure if thats what your hearing or we just wrote better songs this time to play leads over haha, lake 401 solo is very much like a saxophone, funny story, the saxophone was the first instrument i learnt and i hated it haha but i love the sound now its very vocal.

Q7: もちろん、ギタリストとしてもあなたはずば抜けた実力の持ち主です。特に、”Lake 401″ におけるサックスのようなギターソロには驚かされましたよ!

【DEAN】: ありがとう。そうだね、僕はリードをほとんど歌うように弾くのが好きで、いつも音符にもっと感情を込めようとしているんだ。君がそう感じたから褒めてくれたのか、それとも今回はリードが映えるより良い曲を書いただけなのかは分からないけどね。(笑)
“Lake 401” はたしかにサクスフォンととてもよく似ているよね。面白い話だけど、サックスは僕が初めて習った楽器で、正直嫌いだったんだ。(笑) でも今はそのサウンドが大好きだよ。実に歌っているようだからね。

Q8: Recently, Australia is home to many diverse and talented artists such as Plini, Hiatus Kaiyote, King Gizzard, Caligula’s Horse and many more. Why do so many truly “progressive” bands emerge, including yourselves?

【DEAN】: i really don’t know haha it is a phenomenon that makes no sense why so many Prog bands come out of Australia its really a great thing all those bands are doing amazing things so thanks for making us apart of that.

Q8: 近年、オーストラリアからは PLINI, HIATUS KAIYOTE, KING GIZZ, CALIGULA’S HORSE, VOYAGER など多様でプログレッシブなバンドが多く登場していますね。
あなたたちも含め、真にプログレッシブなバンドが出現する要因は何なんでしょう?

【DEAN】: それは本当にわからないんだ!(笑) オーストラリアからこんなにたくさんの優れたプログバンドが出てくるのは意味不明な現象なんだ。
でも素晴らしい音楽をやっているバンドがオーストラリアにたくさんいるのは実に良いことだからね。その一部に加えてくれてありがとう。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DEAN’S LIFE

DREAM THEATER “AWAKE”

GUNS’N ROSES “APPETITE FOR DESTRUCTION”

SAVAGE GARDEN “AFFIRMATION”

MEGADETH “COUNTDOWN TO EXTINCTION”

ALICE IN CHAINS “DIRT”

MESSAGE FOR JAPAN

Oh japan! We so desperately want to come and play for you beautiful people and experience your culture and all the great things we have heard about the japanese metal community. We hope to see you very soon!

日本のみんな!僕たちはどうしても皆さんのために日本でプレイしたいし、皆さんの文化や日本のメタルコミュニティについてこれまで耳にした素晴らしい話を体験したいと思っているよ。すぐに会えることを楽しみにしているね!

DEAN WELLS

TERAMAZE Facebook
TERAMAZE Official
TERAMAZE Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です