NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PORTRAYAL OF GUILT : WE ARE ALWAYS ALONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATT KING OF PORTRAYAL OF GUILT !!

“At The End Of The Day, You Have No One To Depend On But Yourself. That’s Just My Opinion. Being Alone And Having To Do Things On Your Own Brings a Lot Into Perspective Sometimes.”

DISC REVIEW “WE ARE ALWAYS ALONE”

「そうだね、部屋から出ないというのはほとんどまちがってないよ。自分の部屋で一人で生きているというかね。だって、そこが一番快適な場所だから」
Matt King は、自分の部屋から出るのが好きではなく、 一日中パソコンに向かいながらオースティンの PORTRAYAL OF GUILT で “クソ悲しい音楽” を作ることが使命だと表明しています。それでも、「僕はなるべく楽観的にいようとしているよ。でも、同時に現実的でもあるんだよ」 との言葉通り、彼は自身が落ち込んでいるわけではないと、少なくとも本人はそう考えています。
たしかに孤独の中で社会と馴染まず生きているとしても、少なくとも Matt はクリエイティブであり続けています。実際、彼は自分のアンニュイな気持ちを表現することに長けており、PORTRAYAL OF GUILT のデビューアルバム “Let Pain Be Your Guide” では、Robotic Empire やEbullition Records の黄金時代以来、最も激しいスクリーモ/ポスト・ハードコア作品の1つを生み出すことに成功しました。
過酷で幅広いジャンルを1つの熱狂的なサウンドに融合させた彼らの冒険は、複数の “Best of 2018” リストに掲載され、人気者 TOUCHE AMORE からパンクのベテラン SCREANING FEMALES まで、百戦錬磨のツアーアクトをサポートしながらシーンの中へと完璧に融合することができたのです。
ギターはクラッシックなスクリーモを意識しながら、Matt のヴォーカルは通常よりも殊更低い音域に沈むことが多く、ノイズがあり、エレクトロニカがあり、パワーバイオレンスの断片があり、まるで井戸の底に鎖でつながれながら水が着実に迫ってきて、ついに目に入るものすべてを悲しみの暗闇が包み込んでくるようなイメージを植え付けます。
「結局、自分以外に頼れる人はいないんだよ。これは僕の意見だけどね。一人でいること、一人で何かをしなければならない状況によって、時に多くの視点を得ることができる。孤独をネガティブにとらえる人もいるけど、僕はポジティブでもネガティブでもないと思っているんだ。それよりもむしろ、人生の教訓を得られると考えているよ」
PORTRAYAL OF GUILT で語られるテーマは Matt のカタルシスを表現しており、世界に対する不満や無力感を叫んでいます。Matt の人生観とはまさに新たな作品のタイトル通り “We Are Always Alone”、自分以外に頼れる人がいないこと、そしてそれが現実であること。
結局、他人は何もしてくれない。つまり、世界で起こっているパンデミック、大統領が誰であるかとか、狂ったようなサイコな事象に対して私たち一人一人はあまりに無力であるという感覚…何よりもただ一人であるという感覚が、このアルバムの世界観を締めつけています。それでも Matt はただ “悲しい” 男だとは言えません。自分はわざわざ誰かに話しかけたりしない。誰かと一緒にいるよりも、一人でいる方が好きだから。
2017年に PORTRAYAL OF GUILT は MAJORITY RULE の Matt Michelle に誘われて、彼らと PAGENINETYNINE (PG.99) とショウを行う機会に恵まれました。初期の伝説的スクリーモはたしかに Matt の原点であり、この出会いがバンドをさらなる高みに引き上げましたが、それでも PORTRAYAL OF GUILT の音楽にはただの懐古主義ではなくこのジャンルを進化させたいという願望に満ちています。
例えば、UNDEROATH や THRICE がこれほど陰鬱なアトモスフィアやブラック・メタルに傾倒したことはありません。John Carpenter の “Halloween” にもリンクするインダストリアルな雰囲気から、教科書のようなブラストビートとノイジーなリフの黒い攻撃を伴う “Garden of Despair” はまさに PORTRAYAL OF GUILT の真骨頂と言えるはずです。
重要なのは、PORTRAYAL OF GUILT がこの10の悪夢に、心理的な絶望感をたっぷりと注入している点でしょう。その残忍さは単なるニヒリズムを超えて、純粋に悲しく絶望的な旅路へと到達しています。特に、”It’s Already Over” の歌詞は、ひどい鬱病を患っている人の視点から語られていて、重く、悲しく、動揺を伝えます。「投薬につぐ投薬。これから始まる朝に備えて、体を折り曲げ、痛みに悶える。まわりには誰もいない」
「僕は NINE INCH NAILS を愛しているんだ。僕たちのアルバムが彼らを思い起こさせてくれたというのは、嬉しい賛辞だね。彼らの音楽が僕に様々な面でインスピレーションを与えてくれたことはたしかだけど、まあその要素を僕たちのアルバムに盛り込もうとするほどではないと思うよ」
スクリーモに吹き込まれる新たな命。サンプリングは確かにスクリーモの一部ではありますが、ほとんどの場合、映画の引用のイントロや間奏に限定されていて、ランダムに個性を加えているに過ぎません。しかし、PORTRAYAL OF GUILT の音楽においてはエレクトロニカは DNA の不可欠な部分であり、音に完全な奇妙の階層を加え、Matt がバンドの将来に対して見ている幅広い可能性を表現しています。NINE INCH NAILS のように、多種多様な楽器を使ってシネマティックな世界を構築する。それが彼の狭い部屋から生まれた大きな夢なのかもしれませんね。
今回弊誌では、Matt King にインタビューを行うことができました。「僕は日常的に罪悪感を感じているとは言えないし、バンドとしても人としての罪悪感を “描いている” とは思っていないからね。それは僕たちのバンドの名前に過ぎないんだよ」 どうぞ!!

PORTRAYAL OF GUILT “WE ARE ALWAYS ALONE” : 10/10

INTERVIEW WITH MATT KING

Q1: First of all, I’ve heard that Matt doesn’t like to leave his room very often. Is that true?

【MATT】: That is true for the most part, I thrive alone in my room. It’s where I’m most comfortable.

Q1: あなたはほとんど自分の部屋から出ないそうですね?

【MATT】: そうだね、その逸話はほとんどまちがってないよ。自分の部屋で一人で生きているというかね。だって、そこが一番快適な場所だから。

Q2: People think that loneliness is a sad thing, but Matt thinks differently, would you agree?

【MATT】: At the end of the day, you have no one to depend on but yourself. That’s just my opinion. Being alone and having to do things on your own brings a lot into perspective sometimes. Some see loneliness as a negative, whereas I see it as neither a positive or negative. More of a life lesson.

Q2: 孤独は悲しいことだと思われがちですが、あなたの考えは違うようですね?

【MATT】: 結局、自分以外に頼れる人はいないんだよ。これは僕の意見だけどね。一人でいること、一人で何かをしなければならない状況によって、時に多くの視点を得ることができる。
孤独をネガティブにとらえる人もいるけど、僕はポジティブでもネガティブでもないと思っているんだ。それよりもむしろ、人生の教訓を得られると考えているよ。

Q3: I thought the title of the album, “We Are All Alone”, was an expression of the fact that we are essentially alone and helpless. Do you still find hope or consolation in life?

【MATT】: I try to stay optimistic, but realistic at the same time.

Q3: アルバムタイトルの “We Are All Alone” はまさに、私たちが皆根本的には一人であり、孤独であることを提示していますよね。
あなたはそんな人生の中にも希望を見出しているのでしょうか?

【MATT】: 僕はなるべく楽観的にいようとしているよ。でも、同時に現実的でもあるんだよ。

Q4: I really like the name of the band Portrayal of Guilt. Is the portrayal of guilt the most important task for the band in a way? What is the guilt that you feel every day?

【MATT】: I can’t say I feel guilt on a daily basis, I don’t believe we as a band “portray” any sense of guilt as people. That’s just the name of our band.

Q4: PORTRAYAL OF GUILT “罪の描写” というバンド名が好きなんですよ。
そうやって、人が日々感じる罪を楽曲に落とし込んでいくのがあなたたちのやり方なんでしょうか?

【MATT】: どうだろうね、僕は日常的に罪悪感を感じているとは言えないし、バンドとしても人としての罪悪感を “描いている” とは思っていないからね。
それは僕たちのバンドの名前に過ぎないんだよ。

Q5: Looking at the American presidential election and the pandemic, it seemed to me that, on the contrary, the world is being destroyed by those who have no guilt, those who flock together. What’s your opinion?

【MATT】: I can agree that those in charge don’t care about us and are shameless with their choices.

Q5: アメリカの大統領選挙やパンデミックを見ていると、逆に罪悪感のない、群れている人たちによって世界が破壊されているようにも思えてきました。あなたはどう思いますか?

【MATT】: そうだな、権力者が僕たちのことを全く気にかけていないこと、そして恥も外聞もなく誤った選択を行なっていることには同意するよ。

Q6: Musically, too, “We Are Always Alone” conveys more sadness than anger. In fact, were you particularly conscious of this kind of emotion when you recorded it?

【MATT】: Definitely. I relate personally with a lot of the lyrics I wrote for this record.

Q6: 音楽的にも、”We Are Always Alone” は怒りよりも悲しみを運んでいる気がします。

【MATT】: 間違いないね。このレコード、そして歌詞には個人的な感情をありったけ込めたからね。

Q7: Portrayal of Guilt are often described in the context of screamo or post-hardcore, but I find your crossover style appealing, incorporating elements as diverse as noise and electro. Are you aware that you are pushing the boundaries of the genre?

【MATT】: I can’t say we’re consciously pushing any boundaries. We’re just doing whatever we want.

Q7: PORTRAYAL OF GUILT は、スクリーモやポストハードコアの文脈で語られることが多いですが、ノイズやエレクトロニカまで貪欲に咀嚼したより多様なクロスオーバーですよね。

【MATT】: まあでも、意識的に音楽の境界を押し広げているわけじゃないんだ。ただ、やりたいようにやっているだけなんだよ。

Q8: Speaking of sampling, this album reminds me of Nine Inch Nails’ “The Downward Spiral”. It’s very cinematic and we can almost see the images in our mind’s eye. Are they an influence on you?

【MATT】: I love NIN. I appreciate the fact that our album brings them to mind. I can definitely say their music has inspired me on multiple levels, but not to the point where I’m trying to include those elements within ours.

Q8: ノイズやサンプリングという意味では、NINE INCH NAILS の “The Downward Spiral” を想起させるような場面もありますよね。シネマティックで、心の目で何かを覗き込むような感覚さえ覚えます。

【MATT】: 僕は NINE INCH NAILS を愛しているんだ。僕たちのアルバムが彼らを思い起こさせてくれたというのは、嬉しい賛辞だね。
彼らの音楽が僕に様々な面でインスピレーションを与えてくれたことはたしかだけど、まあその要素を僕たちのアルバムに盛り込もうとするほどではないと思うよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MATT’S LIFE !!

KORN “ISSUES”

NINE INCH NAILS “BROKEN”

DISCORDANCE AXIS “THE INALIENABLE DREAMLESS”

PG.99 & MAJORITY RULE “DOCUMENT #12”

NO COMMENT “DOWNSIDED”

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you so much for your time and interest in our band. We appreciate your support very much and we hope to head out to Japan as soon as humanly possible!

僕たちに興味を持って、時間を割いてくれてありがとう。サポートにはとても感謝しているし、出来るだけ早く日本に行けたらと思うよ!

MATT KING

PORTRAYAL OF GUILT Facebook
PORTRAYAL OF GUILT Bandcamp
3LA: PORTRAYAL OF GUILT

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です