shining

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHINING : Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NIKLAS KVARFORTH OF SHINING!!

ShiningEsterSegarra_6086_small

SWEDISH DEPRESSIVE/PROGRESSIVE BLACK METAL, SHINING HAS JUST RELEASED THEIR NEWEST ALBUM “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” !!

今年、遂に来日も果たしたスウェーデンのディプレッシヴ/プログレッシヴ ブラックメタル SHINING が通算9枚目のフルアルバム、 “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” をリリースしました。何と言ってもフロントマンで唯一の創立メンバー、ボーカル、ギター、キーボードを担当する NIKLAS KVARFORTH の抜きん出た才能とエキセントリックな言動が常に話題に登るバンドです。”SUICIDAL BLACK METAL” と呼ばれるように自殺を奨励しているとの噂もありますし、実際に1度失踪し自殺したのではないかと囁かれたことすらあります。今回のタイトルを聞けばまさにそういった人生や物事の幕引きについて連想し、考慮せざるを得ないでしょう。実際、 “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” は全ての瞬間最後の時を刻んでいるような、絶望的なまでに美しく、ダークで、哀しみを湛えた素晴らしいアルバムです。音楽的には、近年彼らが目指しているブラックメタルと実験性の隗囂を推し進め、静と動の対比がより際立ってきているように感じました。特に、アルバムの最後を飾る “Besök Från I(ho)nom” は今現在彼らが作り得る最高の楽曲ではないでしょうか?NIKLAS の囁くようなクリーンボイスと美しいアルペジオの組み合わせから、完全に我を忘れたかのような、狂気を孕んだグロウルとノイジーなギターリフに移行する瞬間は本当にカタルシスを感じゾクゾクします。 ジャズやプログロック、ポップスまでをも取り込んで、魂のダークサイドをエモーショナルに揺さぶるような彼らの表現力は、ブラックメタルのファンはもとより OPETH のようなプログメタルファンにもぜひ聴いていただきたいですね。NIKLAS に話が聞けました。どうぞ!!

【INTERVIEW WITH NIKLAS KVARFORTH】

shbio2

Q1: Hi, Niklas! “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” is just released! How are you feeling now? And how are the reactions?

【 NIKLAS 】: Hello there! It’s been a few intense couple of months of course trying to get everything done on time, something that is always way harder than what I initially expect it to be for some strange reason, but in retrospect I believe my hard work has truly paid off. Reactions from people aren’t really something I have been presented with yet but the few who have spoken to me about it seem to be thinking along the same lines as myself – these being that I have managed to create the ultimate Shining album and that the aura of the band is darker and more sinister than it’s ever been before. .

Q1: 新作 “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” がリリースされましたね!!今はどういったお気持ちですか? また反響はいかがですか?

【 NIKLAS 】: やあ!ここ数ヶ月はなかなかキツかったよ。もちろん、全てを締切に間に合わせなければならないからね。おかしな理由で最初に思っていたより厳しくなってしまったんだ。ただ振り返ってみると、僕のハードワークは真に報われたと信じられるね。リアクションはまだそんなにもらってないんだけど、何人か話した人たちはだいたい僕と同じような考えだったね。僕は究極の SHINING のアルバムを作ろうとしてきたんだ。バンドのオーラは以前よりダークで不吉になってきているよ。

Q2: At first, When you named this great album as “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends”, What was in your mind? Would you tell us the lyrical themes of this album?

【 NIKLAS 】: The title itself is something that has been lying dormant in the back of my mind since I lived in Oslo back in 2006, but for whatever reason it hasn’t felt appropriate to use until now. People seem to have very divided opinions on what the title refers to, which I find truly delightful as it’s always a gift having people philosophizing about what the title might, or might not, mean. The lyrical themes on the album are more or less the same as always, focusing on the darker aspects of the human condition in general. However, this time around slightly more hostile in its approach. It’s very hard for me to give a deeper, and lengthier, answer about respective lyrics but I am releasing a third edition of my book, “When Prozac No Longer Helps”, at the end of this year, and this will include translations of the new lyrics as well. If you’re interested in knowing more about my universe I suggest you keep your eyes open for that or order one of the last remaining copies of the second edition which can be found in our web shop at http://www.shininglegions.com  .

Q2: まず、この素晴らしい作品を “Ⅸ – Everyone, Everything, Everywhere, Ends” と名づけた時、心に在ったことを教えてください。アルバムの歌詞はどういったことに触れていますか?

【 NIKLAS 】: タイトルそれ自体はオスロに住んでいた2006年からずっと心に在ったんだ。ただ、何かしら適さないと感じて今まで使わずにきたんだよ。タイトルが何を意味するかについては意見が分かれているようだね。そうやって正誤にかかわらずみんなが思索してくれることこそ本当に僕の喜びなんだよ。アルバムの歌詞は多かれ少なかれいつもと同じように、人間性の暗い部分に焦点を当てているよ。僕にとって、それぞれの歌詞について深く長く答えるのはとても難しいんだけど、今年の終わりに” WHEN PROZAK NO LONGER HELPS” って自著の三版を出すんだ。これには新しい歌詞の翻訳も掲載されているよ。もし僕の世界に興味があってもっと知りたいなら、これを待つかもしくは第二版の残ったコピーをオーダーすればいいんじゃないかな。 http://www.shininglegions.com  から購入できるよ。

sh22823_10152892286701896_2220566524065954354_n

Q3: I really love your vocal. And it’s getting better than before. This time, your way of expression of emotions using clean and growl is awesome. Do you think you’ve progressed from your past works?

【 NIKLAS 】: Thank you. When I hear the album now I somewhat agree with you and obviously to progress with each album you make is inevitable. Also, the fact that we have toured quite a bit over the last couple of years has most probably contributed in furthering my knowledge of how to use my voice. Needless to say, whenever I do something as an artist, be it singing or writing, I put the very depths of my heart and soul into it so therefore, and I hope others take notice of this as well just as you yourself have done, my work is expressed in a truly genuine way .

Q3: あなたのボーカルが大好きなのですが、以前よりさらに良くなっているように思えます。クリーンとグロウルを使い分けて巧みに感情を表現出来ていますね。

【 NIKLAS 】: ありがとう。改めてアルバムを聴いてみると、君の意見にはいくらか同意できるね。明らかにアルバム毎に進化している。同時に、ここ何年かかなりの数ツアーを重ねたことで、おそらくさらに声の使い方が解ったんだと思う。言うまでもないことだけど、僕がアーティストとして歌ったり作曲したりするときは、心の奥底から魂を込めているんだ。だから君のように、僕の作品が真の表現方法だって気づいてくれることを望むよ。

Q4: And you still keep singing with your mother tongue. Recently, lots of band (who are not English Native) use English only. I think it’s close to sell out. Why do you stick to your mother tongue?

【 NIKLAS 】: We have released songs in both English and Swedish actually, but this all depends on what comes out at that particular moment in time as I am writing you know. It’s not like I sit down and decide that this or that song will be sung in English or Swedish, it just all comes out naturally and this time around it all happened to come out exclusively in my native tongue. Again, this is one of the main reasons I decided to publish the book a few years back, because I wanted to provide our fans with a deeper knowledge of what my lyrics deal with instead of having them being misled by all the countless Google-translated versions that can be found online. To sum up, I don’t think anyone is selling out based solely on which language you happen to write in, certainly not me, as I just follow wherever my heart demands I should go, and if that means I have to write my lyrics in say, Latin or Spanish one day (although I doubt that would happen), then so be it. It is the darkness itself that controls where Shining is heading, not me, and certainly not the opinions of others .

Q4: あなたは今でも母国語で歌っています。英語のみを使用しセルアウトするバンドが大半な訳ですが。

【 NIKLAS 】: 実際僕たちは英語とスウェーデン語の両方を使っているよ。ただそれはその時書いている楽曲がその言語を必要としているからなんだ。別に最初からこの曲は英語で歌おう、スウェーデン語で歌おうと決めている訳ではないんだ。全く自然に出てくるものだし、特に今回はたまたま全てがスウェーデン語になったんだよ。これが何年か前に本を出そうと思った主な理由の一つなんだけどね。ファンに僕の歌詞を深く知ってもらいたかったんだ。ネットで見つかるグーグル翻訳を使った無数の酷い誤訳の代わりにね。要するに、僕は誰がどの言語で歌詞を書こうともそれがセルアウトのためだなんて全く思わないし、間違いなく僕は違う。心の声に従っているだけだからね。つまり心の声がそう言えば、いつかラテン語やスペイン語でも歌詞を書くかもしれないね(そうなるとは思わないけど)。SHINING の舵取りを出来るのは暗黒の意志だけで僕じゃない。ましてや他人の意見は関係ないんだ。

Q5: Shining has prog, jazz, experimental aspects. And I think these aspects have been incleasing. Is “Eclectic” important word for Shining?

【 NIKLAS 】: Same thing here really. I believe all these aspects are a part of the natural evolution of my writing skills. If I could have written a song like, “Besök Från I(ho)nom” for instance, back in 1996, I would have done that in the blink of an eye, but it just happens that I didn’t have the necessary skills back then. Many people seem to believe that we are heading towards more progressive realms with each release we put out, but I just consider these “leaps” between each album to be something natural and not something that’s being done because of the need for change so to speak.

Q5: SHINING の音楽にはブラックメタルだけではなく、プログ、ジャズ、エクスペリメンタルな要素も存在し、アルバムを重ねる毎に増えているように感じます。エクレクティックという言葉は SHINING にとってどういった意味を持つのでしょう?

【 NIKLAS 】: これも歌詞と同じだよね。全ての要素は僕の作曲技術の自然な進化の一部分なんだろうな。例えば、1996年にもし “Besök Från I(ho)nom” のような曲を書けていたとしたら、瞬時に書いていただろうね。ただ、当時はそんなスキルはなかったから今やっとスキルが追いついてきた気がするね。みんなは僕らがアルバムを出す度によりプログレッシブな領域を目指していると思うみたいだけど、そういった”信仰”は自然なもので、必要にかられた進化なんだよ。

Q6: So, what is oldschool-Black metal to you? Still Respect or boring??

【 NIKLAS 】: I got involved with the scene in the mid-nineties and obviously many of the albums that I was listening to back then still mean a great deal to me, however, when one talks about “Old School” Black Metal in 2015, whilst referring to all these new bands who seem to call themselves such I’m not interested in hearing it. Not to be arrogant, but I am satisfied with still drowning in Thorns, Strid, Sigh, Burzum and all those magical jewels of my generation, and I feel no connection whatsoever to what might be going on today. I am more interested in other types of genres which I find way darker and appealing to be honest with you .

Q6: オールドスクールなブラックメタルはあなたにとってどのようなものですか?今でもリスペクトしています?それとももはや退屈なものですか?

【 NIKLAS 】: 僕は90年代中期のシーンに関わっていたし、振り返ってみると明らかに沢山のアルバムを聴いていたよ。それは未だに大きい意味を持っているんだ。だけどね、2015年の”オールドスクール”ブラックメタル、つまりそう自称する新しいバンドを敢えて聞こうとは思わないんだ。別に高慢な訳じゃないよ。ただ、THORNS, STRIDE, SIGH, BURZUM, といった僕の世代の魔法の宝石たちに満足しているからね。だから今のシーンと繋がりは感じないなあ。正直言ってダークな他のジャンルの音楽の方が魅力を感じるよ。

Q7: Anyway, how was Japan tour 2015? Did you enjoy that? What was the most impressive thing?

【 NIKLAS 】: Ahh, touring Japan was one of the greatest moments of my career. A great and respectful audience, a slightly alien atmosphere and, all in all, generally a flawless organization. Travelling with Marduk also had its benefits of course as we both come from the same country, and to a certain extent share somewhat the same kinds of interests. Then we have the Asian culture in general of course which, not only I, but all of my band appreciate. The only thing I regret was not being able to pay a visit to the Aokigahara. But when we return next time, which I hope won’t be too far away, I’ll make sure to do that and learn more about the concept of the Yurei for example, amongst other things connected to the spiritual traditions of your culture .

Q7: 今年行った日本ツアーはどうでしたか?

【 NIKLAS 】: 僕のキャリアの中でも日本ツアーは最高の時の一つだったよ。丁重で素晴らしいオーディエンス、漂う外国の雰囲気、全てが完璧なオーガニゼーション。MARDUK と回れたことも良かったね。もちろん彼らは同郷だから興味もある程度似ているんだよ。アジアの文化は僕だけじゃなく、バンド全員が称えているんだ。青木ヶ原に行けなかったことだけが心残りだね。次日本に行く時は、あまり先にならないことを願うけど、青木ヶ原には絶対行きたいし、例えば幽霊のような君たちのスピリチュアルな伝統文化をもっと学びたいと思っているんだ。

Q8: Except for new album, in your works, which album and song are you most proud of?

【 NIKLAS 】: That’s extremely hard for me to say as I consider them all children of mine. However, I feel that each album is a manifestation of that particular period of time in my life so therefore some of them, or who am I kidding? ALL of them, are connected to some very bad memories and whenever I happen to hear and song from any of the albums, some of these memories obviously come flooding back. But it’s not all bad, as it is these negative emotions that make the albums so powerful and demanding, which is something not only myself, but probably many of our fans can sense when hearing them.

Q8: 新作を除いて、最も誇りに思う作品はどれでしょう?

【 NIKLAS 】: 最高に答えるのが難しい質問だね。作品は全て自分の息子みたいなものだからね。それぞれのアルバムは僕の人生のその時々を表していると感じているんだ。全ての作品は僕の最悪の想い出たちと繋がっている。どのアルバムを聴いてもその想い出たちが鮮明に蘇ってくるんだ。だけどそれは悪いことばかりじゃないよ。そういったネガティブなエモーションによってアルバムがパワフルでチャレンジングになっているんだからね。それは僕だけじゃなく、おそらくファンの多くも感じていることだろう。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NIKLAS’S LIFE!!

GUN’S N’ ROSES “APPETITE FOR DESTRUCTION”

shguns-n-roses-appetite_17428

THE DEPECHE MODE “VIOLATOR”

shDepeche_Mode_-_Violator

BURZUM “FILSOPHEM”

shburzum

DEVIL DOLL “THE GIRL WHO WAS…DEATH”

shthe_girl_who_was_death

KING DIAMOND “THE SPIDER’S LULLBY”

shKing_Diamond_-_The_Spider's_Lullabye

【 NIKLAS 】: Definitely “Appetite For Destruction” which was the album that made me want to be a musician myself and I still consider that album to be the best Rock album ever made. Then Depeche Mode’s “Violator”, Burzum’s “Filosofem”, Devil Doll’s “The Girl Who Was… Death” & King Diamond’s “The Spiders Lullaby” have all in one way or the other formed me into who I am as an artist today. There are several other albums of course, but we’ll save that discussion for next time.

【 NIKLAS 】: 間違いなく、”APPETITE FOR DESTRUCTION” は今まで作られた中でも最高のロックアルバムだと今でも思っているし、僕にミュージシャンになろうと思わせてくれた作品なんだ。THE DEPECHE MODE の “VIOLATOR”, BURZUM の “FILOSOFEM”, DEVIL DOLL の “THE GIRL WHO WAS…DEATH”, そして KING DIAMOND の “THE SPIDERS LULLABY” といった作品たちは何らかの形で今のアーティストとしての僕を形成しているよ。他にももちろん沢山あるけど、それは次回のために置いておこう。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Shining-cover-Terrorizer-2015

Thank you for your amazing support and it was fantastic to cast our shadow over your great nation earlier this year! Now run as fast as hell to your nearest record shop and buy the new album so that we can return with a new, darker show sooner rather than later. See you very,Soon!!

素晴らしいサポートをありがとう!今年の早い時期に日本に行けたのは最高だったよ!さあ、出来るだけ速く1番近いレコードショップに走って僕たちの新作を買ってくれよ。そうしてくれたら、僕たちも早く日本に戻って新しく、よりダークなショーを見せられるんだからね。すぐにまた会おう!!

NIKLAS KVARFORTH

www.facebook.com/shiningofficial
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/ShiningShop

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です