NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE ARISTOCRATS : TRES CABALLEROS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH THE ARISTOCRATS!!

11115711_867848799925560_4834502992302946830_n

THE ARISTOCRATS, EXCELLENT THREE AMIGOS HAVE JUST RELASED THEIR AWESOME MEXICAN NEWEST ALBUM “TRES CABALLEROS” !!

ロックのフィールドにおいて現代最高峰の技術を誇る3人のミュージシャンが集結したバンド THE ARISTOCRATS が最新作 “TRES CABALLEROS” をリリースしました。ギタリストの GUTHRIE GOVAN はスーパーギタリスト不在の21世紀において1人気を吐いている偉人。幼少時からヴァイオリンを習得したその才能は徐々に認められ、ASIA に参加した後ソロアルバムをリリース。カラフルでエクレクティックな音楽性と正確すぎるピッキング技術、そしてスケールやアウトした音を自在に使いこなす創造性が高く評価されています。ベーシストの BRYAN BELLER は名門バークリー音楽大学卒業後、STEVE VAI, JOE SATRIANI といった超一流ギタリストたちに認められ共にプレイしてきた実力者。そしてドラマーの MARCO MINNEMANN はあの DREAM THEATER のドラマーオーディションで最終選考まで残り、STEVEN WILSON のバンドでもプレイする傍ら、自らも全ての楽器を高いレベルでこなすマルチミュージシャン。まさに三者三様の経歴を持つ三銃士が放つ新作はインタビューでも触れている通り、いつものユーモア満載ながらカントリーやメキシカンを強調したアルバムになっています。ただ全編がそういった音楽性では勿論なく、オールドロックンロールからサーフ、ジャズや変拍子にフランク・ザッパとカラフルな彼らの持ち味は健在です。今回弊誌では THE ARISTOCRATS の3人にインタビューを行うことが出来ました。VIVA LAS TRES AMIGOS!!

1907478_892524747457965_3327785222940324314_n

【INTERVIEW WITH THE ARISTOCRATS】

11866307_921505397893233_4257299281752463970_n

Q1: How was G4 experience with Joe Satriani, AAL, and Mike Keneally? Japanese fans really wanted to come and see the gig!

【BRYAN】: I personally had a great time, as I got to play with Joe Satriani, The Aristocrats, Mike Keneally, and even Tosin and Javier from Animals As Leaders when we jammed “War Pigs” by Black Sabbath. Sometimes it’s good to be a bassist at a guitar camp. 🙂 Marco had a moment where he and Matt Garska from AAL jammed together, just drums, for a while. And of course Guthrie mixed it up with all of the other guitarists. It was a totally unique experience. But I think both the teachers and the students got a lot out of the experience, and it was in a beautiful place. If anyone in Japan is thinking about attending a G4 camp in the future, I can say it would be a good choice!

Q1: JOE SATRIANI, ANIMALS AS LEADERS, MIKE KENEALLY との G4 EXPERIENCE はどうでしたか?本当に見たがっている日本のファンも多かったんですよ。

【BRYAN】: 個人的には素晴らしい時間を過ごせたね。と言うのも僕は THE ARISTOCRATS だけじゃなく JOE SATRIANI, MIKE KENEALLY, そして BLACK SABBATH の “WAR PIGS” をジャムる時は AAL の TOSIN, JAVIER ともプレイしたからね。時々、ギターキャンプはベーシストにとって嬉しい集まりになるんだよ(笑)MARCO は AAL の MATT
GARSKA とドラムだけでしばらくジャムったりしていたね。勿論、GUTHRIE も他のギタリスト全員とジャムったりしていたよ。完全にユニークな経験だったね。ただ、先生たちも生徒たちもこの経験から多く得るものがあったと思うんだ。実に美しい場所だったよ。もしいつか誰かが日本で G4 CAMP を開催しようと考えているなら、それは本当に良い選択だと言いたいね!

11031069_842481975795576_4036966440856334663_n

Q2: This is our first Interview with you. So, at first, would you tell us about THE ARISTOCRATS ? THE ARISTOCRATS is literary super band, all members are genius and have top skills in music scene now. How did the band start? And why did you named THE ARISTOCRATS?

【BRYAN】: The Aristocrats were formed by accident, when Marco and I were booked to do a gig with guitarist Greg Howe at the NAMM show in Anaheim, CA, USA in January of 2011, and then something came up for Greg and he couldn’t do the gig. Meanwhile some people on Facebook had been telling Marco and I about Guthrie, so we contacted him even though we didn’t know him at all. Fortunately he said yes to the gig, and then we played at the NAMM show…and the response was so overwhelming, we decided to become a band right then and there.
The band is named “The Aristocrats” because of what we would call “dirty” language and obscene subject matter of some of our songs from the first album! Guthrie noticed the titles like “Blues Fuckers” and said to us that we should be called “The Aristocrats” because there is a very, very dirty joke in English called “The Aristocrats” joke. I think it might be very difficult to translate it into Japanese – perhaps impossible! – but that’s how we got our name. 🙂 .

Q2: 初インタビューです。まずはバンドについて聞かせてください。THE ARISTOCRATS は文字通りスーパーバンドでシーンでも最高峰の技術を持ったメンバーが集結しています。バンドの始まり、名前の由来を教えて下さい。

【BRYAN】: THE ARISTOCRATS は偶然結成されたんだ。2011年の1月、僕と MARCO は アナハイムで開催される NAMM SHOW で GREG HOWE とギグをやる予定だった。だけど GREG に何かがあって彼が参加出来なくなったんだ。しばらくして FACEBOOK で何人かが GUTHRIE について教えてくれたから、僕たちは彼について何も知らなかったけど連絡を取ってみたんだよ。幸運なことに、彼は NAMM SHOW でプレイ出来ると言ってくれたんで一緒にやったんだ。ギグの反響が圧倒的だったから、そのままバンドを結成することにしたのさ。”THE ARISTOCRATS” って名前は僕たちのファーストアルバムで何曲かが”ダーティー” な言葉で猥褻な題材を扱っていたことに由来しているんだ。GUTHRIE が “BLUES FUCKERS” のようなタイトルに気づいて “THE ARISTOCRATS” にしようって言ったんだ。と言うのも英語には “THE ARISTOCRATS” ジョークっていうとても、とても、汚いジョークが存在するからなんだけど日本語に訳すのはかなり難しいだろうね…と言うかおそらく不可能だよ!だけどそれが由来なんだ。

Q3: Anyway, your newest album “Tres Caballeros” is just out now. How are you feeling now? And how are the reactions?

【MARCO】: Reactions are very good from what I was able to observe so far. Also, it feels good presenting the material live on the road as well. Judging the audience reaction, it pretty much confirms that the new album ‘works out’. It’s also good to have three Aristocrats studio albums out meanwhile, which makes it fun to have a wider song selection to pick and choose from .

Q3: 新作 “TRES CABALLEROS” がリリースされましたね。今はどういったお気持ちですか?また反響はいかがですか?

【MARCO】: 僕が知る限り、今のところ反響はとてもいいね。同時に、ライブで披露したマテリアルもいい感じなんだ。オーディエンスの反応から判断して新作が”認め”られているのは間違いないようだね。これで THE ARISTOCRATS のスタジオアルバムは3枚になったから、幅広いセットリストを作れるのも楽しいね。

Q4: THE ARISTOCRATS gives a little bit strange names to the titles of songs or albums. When you named this great album as “Tres Caballeros”, what was in your mind? Would you tell us the concept of the album?

【GUTHRIE】: Well… Tres Caballeros is a phrase for which the best English translation would probably be “three gentlemen”, although the original Spanish word Caballeros also implies men who ride horses – knights, perhaps, or cowboys. Obviously this makes sense on a literal level, given that there are three guys in the band, but we were also looking for a name which somehow reflected the musical mood of the album. Although it was not the result of a deliberate effort by any of us during the writing process, we realised at one stage that our new album contained a few moments which somehow evoked images of cowboys, the “Wild West” of the USA etc – a genre which we had never really explored before! – so we felt that having a Mexican-sounding album title would somehow complement this surprising new facet of our music. (Hopefully the cover art also provides an additional clue here!) Of course, the title also functions as a little humorous tribute to ZZ Top, who recorded an album called Tres Hombres (which translates as “three men”) .

Q4: THE ARISTOCRATS はアルバムや楽曲に少し変わった名前をつけてきました。今回 “TRES CABALLEROS” と名付けた時、心に在ったこと、アルバムのコンセプトを教えて下さい。

【GUTHRIE】: そうだな…”TRES CABALLEROS” を英語に訳した時最もしっくりくるのはおそらく “THREE GENTLEMANS” (3人の紳士たち)。けれどもオリジナルのスペイン語で CABALLEROS には馬に乗る男たち、騎士やおそらくカウボーイといった意味も含まれるんだよ。明らかに、文字通り3人の男たちがバンドにいるって意味もあるんだけど、僕たちはいくらかアルバムの音楽性を反映した名前を探していたんだ。別に作曲過程で僕たちの誰かが熟考した結果ではないんだけど、ある段階で新作はカウボーイのイメージを想起させる要素を含んでいることに気づいたんだよ。アメリカの “WILD WEST” のようなね。これは今まで全く開拓したことのなかったジャンルだよ!だからメキシコの響きがするこのアルバムタイトルは、僕たちの新しい音楽性を引き立たせると思ったんだ。(加えてアルバムジャケットもね。) 勿論、同時にタイトルは “TRES HOMBRES” (THREE MEN)というアルバムをリリースしている ZZ TOP へのユーモラスなトリビュートにもなっているけどね。

Q5: So, how was the writing process? THE ARISTOCRATS always write a credit one man name. Do other members input their ideas to the songs?

【BRYAN】: We actually write our own songs individually. We present our fully-formed song demos to each other, as we are all capable of playing the other instruments well enough to make it sound like a band. Then, when we play them together, they become “Aristocrats” songs, and we do make arrangement and orchestrational suggestions to each other. But for the most part, the songwriter becomes the “producer” of their song and we rotate the “producer” chair depending on whose song we are recording .

Q5: その作曲過程はどうでしたか?THE ARISTOCRATS の作曲クレジットは常に誰か1人の名前ですが、他のメンバーからインプットはありますか?

【BRYAN】: 実際、僕たちは個人個人で楽曲を書いているんだ。完全な状態のデモをお互いに聴かせているんだよ。と言うのも僕たちは全員他の楽器もデモを作るくらいなら扱えるからね。それから一緒にプレイして THE ARISTOCRATS の楽曲になるんだ。うん、お互いにアレンジやオーケストレーションには口を出すよ。ただ、ほとんどのパートでは作曲者がプロデューサーなんだ。だからレコーディング中は誰が作曲者かによってプロデューサーも変わるんだよ。

Q6: How do you separate “Tres Caballeros” and “Culture Crush” ? What’s the new challenges for you?

【GUTHRIE】: I think all three of us really want to make sure that our band continues to evolve, rather than simply repeating things which we’ve done before. This means that every album is like a blank canvas: we don’t really know what kind of album we’re going to get until we’ve finished recording it! For Tres Caballeros, the main difference was that we decided that we were comfortable with the idea of incorporating a lot of studio overdubs, in the quest for a more polished, orchestrated sound, to contrast with the “raw trio” feel of our first album. (The Culture Clash album falls somewhere in between, I think: there are certainly a few overdub-heavy moments on that album – such as Dance Of The Aristocrats or the middle section of Ohhhh Noooo – but most of it still sounds essentially like three people playing live in a room.)
With a band like the Aristocrats, it’s important to make sure that we can make all of the material work in a live context, without the luxury of additional overdubs. We have no interest in using any pre-recorded material to augment our live sound – we really want the music to sound complete when played in a pure trio format, as this gives us more flexibility to play the songs differently every night when we’re on tour – so, for the first time ever, we decided to test all the new material by playing a few live shows before we went into the studio. This definitely gave us more confidence when we did finally start the recording, and it also meant that we were better prepared. This, in turn, meant we had more studio time left for multi-tracking and experimentation after all the basic tracks were completed .

Q6: 前作 “THE CULTURE CRUSH と比較して “TRES CABALLEROS” はどんなアルバムですか?新しいチャレンジを行いましたか?

【GUTHRIE】: これは3人が全員思っているに違いないんだけど、僕たちは以前やったことを単純に繰り返すよりも進化し続けたいんだよ。つまり全てのアルバムが真っ白なキャンバスから始まっているんだ。レコーディングを終えるまでどんなアルバムになるか全く分からないんだよ!”TRES CABALLEROS” について言えば、1番大きな違いは、もっと磨かれてオーケストレートされたサウンドを求めてスタジオで多くのオーバーダブを行うというアイデアだね。ファーストアルバムの “RAW TRIO” 感と対比させるためにね。”THE CULTURE CRUSH” はその間くらいに位置するアルバムだと思っているよ。”DANCE OF THE ARISTOCRATS” や “OHHHH NOOOO” のミドルセクションのようにヘヴィーにオーバーダブされた部分もあったね。ただ、大部分は3人が部屋でライブ演奏を行うようなサウンドが不可欠だったんだ。THE ARISTOCRATS のようなバンドは、全てのマテリアルをライブで再現出来るということが重要なんだ。豪華なオーバーダブなしでね。ライブでレコーディングされたマテリアルを流して加えるなんてことに興味はないんだよ。ピュアなトリオという形で演奏してしっくりくるようなサウンドを求めているんだ。そうすればツアーで、フレキシブルに毎晩違った風に演奏することができるからね。だから今回は初めて、レコーディングの前に全てのマテリアルをライブでプレイしてテストしようと決めたんだ。それによってさらにレコーディングに対する自信を得たし、準備もより整ったと言えるね。だから今回は全てのベーシックな録音を終えてから、マルチトラックや実験にかける時間がより残されていた訳だよ。

Q7: THE ARISTOCRATS shifts from Rock to Jazz to Surf rock to Country and Jam with ease and they pull them all off with perfection. Your music and concepts are so eclectic and fan! You can write any songs even titled “ZZ Top”, haha.

【MARCO】: Well, speaking for my own material, I mostly don’t ‘plan’ ahead of what direction has to be pursued. I let the ideas fall from the sky and if I like the way a composition is heading towards, I go ahead with it. That can be weird idea such as purposely ruining a blues in a fun way, writing a piece like Pressure Relief, focused strictly on the vibe and dynamics, or something like a riff, reminding me of ZZTop, and I’ll tailor a ‘persiflage’ out of it .

Q7: THE ARISTOCRATS はロックからジャズ、サーフにカントリーと幅広い音楽性を完全に取り込んでいます。ZZ TOP というタイトルすら存在するくらいエクレクティックで面白いですよね。

【MARCO】: うん、僕のマテリアルについて言えばどういった方向に進めるか前もって”計画”したりはしないんだ。空からアイデアが降りてきてそれに従うようなやり方が好きなんだよ。”PRESSURE RELIEF” のようにワザとブルースを面白くぶち壊したり、ヴァイブやダイナミクス、リフを ZZ TOP ちっくにしてみたり。バカげたアイデアかもしれないけどちょっと”悪ふざけ”をしながら楽曲に仕立てているんだよ。

Q8: Marco has just released his solo album. So, do other members have plans to release solo album or some projects?

【GUTHRIE】: Bryan and I are both determined to write/record/release new solo albums at some point in the future. We’re so busy at the moment that we honestly don’t know when we’ll be able to make this happen, however, so… watch this space! .

Q8: MARCO はソロアルバムをリリースしたばかりですが、他の2人は何か新しいマテリアルをリリースする予定はありますか?

【GUTHRIE】: BRYAN と僕は将来的にソロアルバムをリリースすると決めているんだ。今僕たちはとても忙しいからいつリリース出来るかは正直わからないな…このサイトをチェックしていてくれよ!

11836858_915504101826696_3798904027419164967_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED THEIR LIFE!!

【GUTHRIE】: have been so many over the years… the following list is more of a random selection of albums that changed my life, rather than a “top 5” list:
Abbey Road – The Beatles
Electric Ladyland – Jimi Hendrix
Them Or Us – Frank Zappa
Virtuoso – Joe Pass
Debut – Björk

512XV1STWEL220px-JoePassVirtuoso-2

【BRYAN】: me, 5 is too few, so I will choose 10 (even though it could be 20!
Pink Floyd – “The Wall”
Yes – “Relayer”
Metallica – “Master Of Puppets”
John Scofield – “Bump”
Michael Landau – “Live 2000”
Jeff Buckley – “Grace”
Led Zeppelin – “II”
Rage Against The Machine – “Evil Empire”
Mike Keneally – “hat”
Chick Corea Electric Band – “Eye Of The Beholder”

62ce4c1aa5d8b62be003df47d19dfb79f9e60cdd_mmichael live2000 01 large

【MESSAGE FOR JAPAN】

11896034_920983164612123_5752274751989231354_n

I really love Japan. I could move there. I have many dear friends in Japan, always enjoy the reliability and reactions and also the food. So as I final message. Expect to see me again ….. And again!

僕は本当に日本を愛しているんだ。引っ越したいくらいさ。仲の良い友達も沢山いるし、信頼性、リアクション、そして食べ物までいつも楽しんできたんだ。最後になるけど、メッセージは僕にまた会えることを期待して欲しいな…そしてそれはもう一度あるかもね!

THE ARISTOCRATS – MARCO MINNEMANN

http://the-aristocrats-band.com/ 
https://www.facebook.com/aristocratsband
https://twitter.com/acratsband

2015superclinic

Guthrie Govan Charvel Guitar Clinic TOKYO/OSAKA 2015

img_0_m

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です