タグ別アーカイブ: Symphony X

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MICHAEL ROMEO (SYMPHONY X) : WAR OF THE WORLDS / PT.1】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MICHAEL ROMEO OF SYMPHONY X !!

“I’ll Take a Great Song Over Anything Else. The Technique And All That Stuff Is Fine, But Using It In a Tasteful And Musical Way Is What Is Important. “

DISC REVIEW “WAR OF THE WORLDS / PT.1”

Michael Romeo は自己超克を命題に刻む、ストイックなギターウィザードです。一定のスタイルを確立した後、そのクオリティーを安住の地とするプレイヤーが多い中、SYMPHONY X のマスターマインドはイノベーションを続けます。
90年代初頭、Yngwie Malmsteen と John Petrucci のハイブリッドとしてシーンに登壇した Michael は、プログメタル第ニの波にシンクロした SYMPHONY X 共々着実にその地位を築いて行きました。
PANTERA の獰猛かつ理知的なリフエージを自らのファンタジーへと取り込んだ “The Divine Wings of Tragedy” は序章にしてエレガントなマイルストーン。”ユリシーズ” をテーマにシンフォニックな24分の大曲をリリカルに演じる “The Odyssey”、そして TOOL や DISTURBED のコンテンポラリーで数学的なリフロマンスが冴え渡る “Paradise Lost”。
「僕にとっては、異なることに挑戦したり、新しく興味深い何かを創造したりといったことの方が大きな意味があるんだよ。」と語る通り、Michael は SYMPHONY X を通してその豊潤なビジョンと、アップデートを重ねた先鋭なる時代性を表現して来たのです。
94年に、今は亡きゼロ・コーポレーションからリリースしたクラシカルな “The Dark Chapter” をノーカウントとしてソロデビュー作の肩書きを得た “War of the Worlds/Pt.1” は、まさにそのビビッドな開拓的スピリットを体現した作品だと言えるでしょう。
インタビューで、「僕はこのアルバムでメタルに映画音楽の要素をミックスしたかったんだ。」 と語ったように、実際 “War of the Worlds/Pt.1” こそが、チャレンジングかつ前人未到のオーケストラルなシネマティックメタルであることは明らかです。
もちろん、RHAPSODY のようにクラッシックや民族音楽を、オーケストラルにメタルファンタジーへと落とし込む手法はこれまでもありました。しかし、Bernard Hermann や John Williams, Hans Zimmer といった、コンテンポラリーなシネマミュージックの息吹を濃厚に抱きしめる Michael の手法と慧眼は、近年の多様でカラフルなモダンメタルレボリューションの中でも際立っていますね。
アルバムを通して奏でられる印象的なテーマ、モチーフを内包した、ダークで荘厳な “Introduction” はスターウォーズメタルのファンファーレ。アルバムのテーマは “Conflict” “紛争”。”彼ら” と “私たち”、立場、人種、種族、生い立ち、様々な違いにより争いを余儀なくされる無慈悲なドラマはそうしてオーケストラルにその幕を上げます。
刹那、プログメタルのカタルシスを満載した “Fear of the Unknown” が鳴り響くと、リスナーは慣れ親しんだ “X のシンフォニー” に酔いしれるでしょう。ただし、Russell Allen に比べてよりデリケートでメロディックな Rick Castellano のボーカルアプローチは喝采と共に新鮮に映るはずです。
よりシリアスで陰鬱な領域を探求する “Black” はスターウォーズメタルの象徴かもしれませんね。壮大なオーケストレーションとギターの共闘で迫り来る闇を表現したイントロから、ファストにイマジネーティブに畳み掛けるメタルの牙はあまりにスリリング。
さらに、EDM/dubstep を大胆にそのメタルオーケストラへと導入した “Fucking Robots” は創造性と享楽の両面からアルバムのハイライトと言えるかも知れません。プログメタル、オーケストラ、EDM が三位一体となり、ビッグでキャッチーなコーラスを伴いながら畳み掛けるそのインパクトはまさに圧巻のトライデント。
シンフォニックなインタルードでシームレスに繋がり映画の体をしたアルバムは、オリエンタルトライバルな “Djinn”、胸を打つ壮大なパワーバラード “Believe”、TOOL のメソッドをメロディックメタルに封入した”Oblivion” と、いくつかのモチーフを音楽的に拡大し、オーケストラとメタルのシンクロ度をさらに高めながらエピックな世界を創り上げて行くのです。
そうしてアルバムは、”Constellations” で二者を完璧なまでに融合し、その幕を閉じました。
ARK, Yngwie との仕事で知られる達人 John Macaluso, 実は同じ学校に通っていたというBLSの John JD DeServio のオールスターキャストもファンにはたまりませんね。今回弊誌では、マエストロ Michael Romeo にインタビューを行うことが出来ました。「テクニックとか、ギターに纏わる様々な事柄も良いけど、それを絶妙に、音楽的な方法で使用することこそ重要なんだ。」どうぞ!!

MICHAEL ROMEO “WAR OF THE WORLDS / PT.1” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MICHAEL ROMEO (SYMPHONY X) : WAR OF THE WORLDS / PT.1】

WORLD PREMIERE: “NEVERMORE” 【SYMPHONY X】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “NEVERMORE” OF SYMPHONY X !!

SYMPHONY X SET TO RELEASE THEIR 9TH ALBUM “UNDERWORLD” ON 7/21!!

sxunnamed (2)

プログメタル通称プログメシーンの発展に最も寄与したバンドは間違いなく DREAM THEATERです。ただ彼らとは別の確固たる方法論、ベクトルを持ったプログメシーンの重要バンドが存在します。SYMPHONY Xです。DREAM THEATER が基本的にプログロックのメタル化という手法を採っていたのに対して SYMPHONY X の出自は MICHAEL ROMEO のシュレッドを軸としたネオクラシカル。クラッシックやオペラ的な大曲をも志向してきました。へヴィーなリフの導入にも積極的で PANTERA から最近では TOOL, MESHUGGAH のような数学的なセンスも巧みに採り入れています。また忘れてはならないのがボーカルの素晴らしさ。RUSSELL ALLEN という不世出のシンガーの情熱的な歌唱が SYMPHONY X の個性を決定づけています。そんな彼らの9枚目のアルバム “UNDERWORLD” のリリースがアナウンスされました!MICHAEL からコメントが届いています。

sxunnamed

“Musically, »Underworld« has things reminiscent of the bands previous albums but this one definitely has its own individuality, Every element added was in service of the song, so the album flows and becomes a total listening experience from start to finish. Every song is to-the-point and fine-tuned, with us paying a lot of attention to the hooks, voices, riffs, and keeping the interest and the energy high for the entire record. It is heavy and aggressive as fuck when it needs to be, yet soaring and emotional at other times. I think the balance is just right. It had to have all the elements of what we normally would do, just tweaked up a notch and really fine-tuned. You know, industry people have talked about how we’ll never see a complete album again, and that idea. I wanted to defend the reputation of the album, and really try to make »Underworld« worth listening to as a whole record. It’s what I love about great individual songs, but still an album experience. I don’t want to sound like I’m preaching, but it was a point we wanted to make. It was about the progression of the whole record. It speeds up here and then it dips down here. It all makes sense together, it all works together and it all flows together.”
音楽的に “UNDERWORLD” は過去のアルバムを想起させるものになるだろうね。ただこのアルバムは完全に独自の個性を持っているよ。全ての要素ひとつひとつは楽曲のために加えられているんだ。だからアルバムを通して最初から最後まで流れるように聴く事ができるんだ。全ての楽曲が的を得ていて微調整されている。フック、ボーカル、リフ、そしてアルバム全体が興味深く、高いエナジーを保つように注意したからね。必要ならばめちゃくちゃへヴィーでアグレッシブにもしているけど、時には高揚するエモーショナルを込めているよ。ちょうどいいバランスだと思うな。僕たちが普段からやっている音楽を詰め込んで後は微調整するだけだったよ。もう僕たちは完璧なアルバムを作れないんじゃないかって言われているけどそういった評判からアルバムを守りたかったんだ。そして “UNDERWORLD” をアルバム全体を通して聴く価値のあるものに仕上げたかった。僕は素晴らしい個々の楽曲を聴くのも好きだけど未だにアルバムというものに拘っているんだよ。別にその価値観を強要したい訳じゃないけど僕たちは今回そこを目指したんだ。アルバム全体を進化させる事にもなったね。アルバム1枚で意味をなす、効果を発揮する、一つの流れを作る…そんな作品さ。

sx221651_10150173336071577_1266515_n

Although »Underworld« is not a concept album

“like the last couple of records, there’s a theme that carries through, without it being storytelling. We try to find something to key in on and get the juices flowing, and here the goal was to find something a little dark but with emotional content. I started looking at Dante, and Orpheus in the underworld, where he’s going to go to Hades or hell to save this girl. So there’s the theme of going to hell and back for something or someone you care about.” Heavily inspired by the Italian poet Dante Alighieri, »Underworld« draws on the themes from »Divine Comedy« most notably the part on »Inferno«. As homage to Dante’s use of the number 3 and its multiples, the band utilizes this motif in its music either in a lyrical or melodic context. The first song on the album is a three syllable, three note melodic phrase, and in the verses there are three references to three songs on the bands third album, »The Divine Wings Of Tragedy«. “There’s cool shit like this all over the record,” Romeo reports.
とはいえ “UNDERWORLD” はコンセプトアルバムではないんだ。最近の二枚のレコードは物語ではないけれどアルバムを通してテーマがあったよね。今回は創造性に任せたんだけど、少しダークだけどエモーショナルな内容にたどり着いたんだ。ダンテと地獄のダンテに着目する事から始めた。少女を助けるためハーデスか地獄に向かおうとしている男の話さ。だからテーマは地獄から大事な物や人を取り返す事について。イタリアの詩人 DANTE ALIGHIERI には多大なインスピレーションをもらったよ。”UNDERWORLD” は “DIVINE COMEDY” 、とりわけ “INFERNO” のテーマを描いていているんだ。ダンテが数字の3を使用していた事のオマージュとしてそれを音楽や歌詞、メロディーに込めているよ。アルバムの最初の曲には3つの音節、3つのメロディックフレーズがあり、そしてヴァースは3rd アルバム “THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY” からの3曲に関連づけているんだ。

MICHAEL ROMEO

The track list for »Underworld«:

  1. Overture
  2. Nevermore
  3. Underworld
  4. Without You
  5. Kiss Of Fire
  6. Charon
  7. Hell And Back
  8. In My Darkest Hour
  9. Run With The Devil
  10. Swansong
  11. Legend

Pre-order »Underworld« here: http://nblast.de/SXUnderworldNB

Visit SYMPHONY X online at

www.SYMPHONYX.comwww.facebook.com/SYMPHONYX I www.nuclearblastde/symphonyx

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!